「喝采」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 喝采とは

2022-08-07

anond:20220807082951

そもそも政治家にまず危害を加えるのは共感しないなあ。親と業者と両方を害するのが筋だとは思う

例示の中で実際にやられたら喝采を上げそうなのはソシャゲ業者宗教団体かな。単に自分の嫌いなものがやられて欲しいというお気持ちなので、正当性どうこうを言えるものだとは思っていない

2022-08-06

anond:20220806100835

この辺面白いよな

役人独断喝采してみたり、他方ジャップランドと言ってみたり

自身を律する正しさを法や立憲主義におかないと、人民裁判をやっちまう

2022-07-15

わが国は暴力に屈せず、統一教会(との関係)を断固と守り抜く

「岸田首相は「国葬儀を取り行うことで、安倍元首相を追悼するとともに、わが国は暴力に屈せず、民主主義を断固と守り抜くという決意を示していく。(以下略)」

https://www.sankei.com/article/20220714-VE7D2ZTVS5M5LLHQGBQGEFDXYU/


への当て擦り、ではない。

この事件きっかけに自民党統一教会との関係を断つとすれば(暗黙のうちにではなく、明確な宣言をするのであれば)、それはすなわち、暴力政治を変えたことになるのではないか自民党は、あるいは他党の政治家たちは、この事件を契機に統一教会との関係を絶ってはならないのではないか。それこそがテロへの敗北、民主主義破壊なのだから


統一教会のような悪質なカルトを、政治から排除したいという願いは、多くの共感を得るだろう。それに、それは正義の行いかもしれない。だが、民主主義教条には、「共感が集まるから」「正義から」という理由で、何かを成していいとは書いていない。「この事件を契機に統一教会排除されれば」などと呟く人々は、自らの言動暴力革命の容認と、同軸上であることに気づく必要がある。それは、テロリスト予備軍の振る舞いだ。


安倍晋三銃撃事件より前、政府自民党は「霊感商法資金を集め、信者破産まで追い込み、数々の訴訟を抱え、他国韓国)の利益を優先すべきと唱える統一教会は、とはいえ法的に問題がなく首相がその関連団体祝辞を送るに相応しい」と、考えていた。

安倍晋三銃撃事件の後も、政府自民党は同じことを繰り返さなければならない。これは、岸田が安倍晋三国葬において「我々は暴力に屈しない。統一教会とその関連団体問題がない、という政府立場には一点の揺らぎもない」と国民の前で宣言する、みたいなことだ。そして、モリカケで黒塗りの資料に憤り、民主主義冒涜するな、と叫んでいた人々たちが、「よくぞいった岸田。それこそが民主主義だ」と喝采を送るーー。

これは、とてもシュールな状況だと思う。皮肉屋が皮肉を当て擦りたいがために作った、出来の悪いSFのようだ。


山上自身は、この犯行政治的な意図はないのだと供述しているのだという。だとすれば、政府自民がこの事件を契機に統一教会との関係を絶ったとて、別段山上意図通りになった訳ではないのだからテロに屈したことにはならないーーそんな言い訳通用するだろうか?

安倍晋三銃撃事件政治的に利用し、従前の社会では存続が許容されていた団体を、民主主義プロセスを経ることなく吊るし上げる、という事実に変わりはない。その後ろめたさはなくならないだろうか?あるいは、どこかに不条理な禍根を残さないのか?

統一教会排除するために、民主主義破壊を許すのか?

民主主義を守るために、統一教会容認するのか?


もちろん、我々に突きつけられた二択は、このような極端なものではない。岸田は国葬において統一教会には触れないだろう。自民党政府は、世論に鑑みて徐々に統一教会との関係を断ち、公安警察による統一教会への締め付けが緩やかに強まっていく、社会が変容するとすれば、そんなところではないか

そんな、雰囲気で、空気感で、なんとなく動いていく世の中。

何かを選ぶ訳ではないから誰も責任を負わないが、ただ、なんとなく偏っていく。

それがいつもの日本だし、これからもそうだろう。


ーー本当に?

これからもそうなのだろうか?

ずっと続けられるのだろうか?

我々はまた一段、階段を降りたのではないか

どこかで決定的にツケを払わなければいけない瞬間が来るのではないか

2022-07-08

もっと優先順位高いやついるじゃん

そっちだったら、左右上下わず全員喝采だったんじゃない

2022-06-19

トップガンマーヴェリックを観てきた(ネタバレあり)

「おじさんのためのお子様ランチ」っていう評がTwitterで流れてるけどまさにそのとおりだった。以下ネタバレあり。

かいリアリティとかはどうでもいいんだ。

全部乗ってて満足した

トップガンマーヴェリックを観てきた(ネタバレあり)

「おじさんのためのお子様ランチ」っていう評がTwitterで流れてるけどまさにそのとおりだった。以下ネタバレあり。

かいリアリティとかはどうでもいいんだ。

全部乗ってて満足した

2022-06-15

1992-1993年頃、法隆寺五重塔入り口階段から落ちた男子学生! 

あなたの見事な落ち方により、他の学校の生徒集団から喝采を受けましたね。

覚えていますよ。

2022-06-06

おい!ブクマカーが『知的誠実さ』を求め出したぞ!

はてなブックマーカーらの間で、にわかに『知的誠実さ』が注目されるようになった。

先日、とあるブックマークコメントを『知的に不誠実だ』とする意見喝采を浴びた。その視点が斬新だったのか、増田はてブロメタブを通して議論が賑わっている。

はてなブックマーク界隈の意見をまとめると、こんな感じになるだろうか。

知的に誠実であるために…

ブコメには必ず論拠を書け

ブコメ記事の内容に応答せよ

ブコメが及ぼす政治的影響を考慮しろ

議論を発散させるようなブコメをするな(横道にそれるな)

ブクマカーが知的に誠実になるというのなら、それは喜ばしいことだし、諸手を挙げて歓迎したい。

しかし、現実にそんな事が可能なのか、という疑念がある。

僕は、知的に誠実なブクマカーを見た事がない。

あなたたちブクマカーは我々増田がどれだけの時間をかけて増田を書いているか、ご存知か?

構想・執筆推敲編集… それらが一時間に収まるケースはほとんど無い。

あなた方が大喜利材料として消費した、掃いて捨てるような増田にも、現実を生きる僕らの心血が注がれているんですよ。

それを 100 字かそこらで笑い飛ばすのに一体、何秒の時間を割いてくれたのかな?

あと、何故か議論では気にされてないけど、肯定的意見ゼロ根拠でいい、って理由もないでしょう。

「僕はこの記事賛同します」ってブコメを書いたとき

賛同する論拠は、述べられていない。

批判には根拠必要なのに、賛同には根拠不要、というのはまったく合理性を欠いていると思う。

から知的に誠実になった未来はてなブックマークには二種類のコメントしかない。

すなわち、

あとで読む

「書いた → …」

2022-05-23

クラシック音楽はわからないけど、何か自分のことに気がついたか

NHKクラシック音楽(以下クラシック)の番組放送されていたので、食事をしながらぼんやりと見ていた。私はクラシックをたまに聞くことはあるが、好みの曲はあるけどそれ以外の曲は皆同じに聞こえる、程度の浅さで楽しんでいる。つまりよくわかっていない。

NHK放送されていたクラシック番組は『クラシック音楽館「次世代挑戦者たち」』で、次世代を担うであろう才能のある若手を特集していた。クラシック音痴の私は、若手が上手に演奏していてすごいのだろうなあとぼんやり見ていた。流れていた曲の良し悪しとか難易度とかはよくわからないけど、聞いていて不快ではないので食事をしたり薬を飲みながらなんとなく楽しんでいた。

ある若手ピアニストを紹介していたときだった。高校2年生のときコンクール挫折したが、その後大学自分らしい表現を追求する楽しさを発見。翌年のコンクールで優勝した上で観客賞も受賞したという。

優勝したとき演奏ダイジェスト放送されたのだが、そのピアニストはノリノリで実に楽しそうに演奏していた。そのさまは終盤には顔にはっきりとした笑顔という形であらわれる。そして曲を終えた直後の満面の笑み。観衆が大喝采するなかで、礼をしながらやりきったという表情を浮かべるさま。

これはいい、とその時私は感じた。具体的に何がいいと感じたのかは、まだ言語化できないけれど。私にとって好ましく感じる何かが、今のこのシーンにありそうな気がする、と感じた。

それはもしかすると、自分らしさを追求して楽しくやり遂げることかもしれない。それはもしかすると、自分らしさを楽しく追求しながらどこかに向かっている人をサポートして一緒に喜びを分かち合いたいのかもしれない。それはもしかすると……なんだろうね。

ともかく、今回の気づき迷宮に迷い込んでいる今の自分にとって、一筋の光になるのではないか、と思っている。まあ、脳が雰囲気に流されて勘違いをしただけかもしれないけれども。

5月29日23時ごろ追記

トラバはてブで色々なコメントありがとう

うれしいです。

該当のシーンを見直してみたけど、やっぱりいいね

紹介してくれたものを参考にしながら、なんとなく同じような感覚の再来を探しつつ、一歩ずつ手探りで進んでみようと思う。無理のない程度で。

2022-05-11

こころに残る昭和の歌 ベスト100

ジャムの若手アーティスト平成の曲を選ぶアンケート企画話題になっている。

https://guatarro.hatenablog.com/entry/2022/05/08/234252

そういえば昭和から平成に変わった当時でも同じような企画NHKがやってたなと思い出しちょっと調べてみた。

無作為抽出2000人に対する電話アンケートで思い出の曲を聞くという当時のNHKらしい力強さを感じるが平成になったばかりなんでこんな曲が何故そこにというのもゴロゴロ

NHK昭和の歌・心に残るベスト100(1989年10月10日発表)

Best 1位~100位

1位 ◇青い山脈(1949_昭24藤山一郎奈良光枝

2位 ◇影を慕いて(1932_昭7)藤山一郎

3位 ◇リンゴ追分(1952_昭27)美空ひばり

4位 ◇上を向いて歩こう(1961_昭36)坂本 九

5位 ◇悲しい酒(1966_昭41)美空ひばり

6位 ◇柔(1964_昭39)美空ひばり

7位 ◇瀬戸の花嫁(1972_昭47)小柳ルミ子

8位 ◇岸壁の母(1954_昭29)菊池章子/二葉百合子昭和51年カバー

9位 ◇リンゴの歌(1945_昭20並木路子霧島 昇

10位 ◇津軽海峡景色(1977_昭52)石川さゆり

11位 ◇星影のワルツ(1966_昭41)千 昌夫

12位 ◇北の宿から(1975_昭50)都はるみ

13位 ◇お富さん(1954_昭29)春日八郎

14位 ◇高校三年生(1963_昭38)舟木一夫

15位 ◇シクラメンのかほり(1975_昭50)布施 明

16位 ◇有楽町で逢いましょう(1957_昭32)フランク永井

17位 ◇恋人よ(1980_昭55)五輪真弓

18位 ◇知床旅情(1970_昭45)加藤登紀子

19位 ◇矢切りの渡し(1983_昭58)細川たかし 他(競作)

20位 ◇丘を越えて(1931_昭6)藤山一郎

21位 ◇人生並木路(1937_昭12ディック・ミネ

22位 ◇北国の春(1977_昭52)千 昌夫

23位 ◇酒は涙か溜息か(1931_昭6)藤山一郎

24位 ◇昴(すばる)(1980_昭55)谷村新司

25位 ◇襟裳岬(1974_昭49)森 進一

26位 ◇南国土佐を後にして(1959_昭34)ペギー葉山

27位 ◇ここに幸あり(1956_昭31大津美子

28位 ◇湯の町エレジー(1948_昭23近江俊郎

29位 ◇別れの一本杉(1955_昭30)春日八郎

30位 ◇アカシアの雨が止む時(1960_昭35)西田佐知子

31位 ◇君恋し(1929_昭4)二村定一/フランク永井昭和36年カバー

32位 ◇雪国(1986_昭61)吉 幾三

33位 ◇こんにちは赤ちゃん(1963_昭38)梓みちよ

34位 ◇神田川(1973_昭48)南こうせつかぐや姫

35位 ◇誰か故郷を想わざる(1940_昭15)霧島 昇

36位 ◇君の名は(1953_昭28織井茂子

37位 ◇銀座の恋の物語(1961_昭36)石原裕次郎&牧村旬子

38位 ◇赤城の子守唄(1934_昭9)東海林太郎

39位 ◇くちなしの花(1973_昭48)渡 哲也

40位 ◇涙の連絡船(1965_昭40)都はるみ

41位 ◇黒い花びら(1959_昭34)水原 弘

42位 ◇この世の花(1955_昭30)島倉千代子

43位 ◇悲しき口笛((1949_昭24))美空ひばり

44位 ◇せんせい(1972_昭47)森 昌子

45位 ◇さざんかの宿(1982_昭57)大川栄策

46位 ◇王将(1961_昭36)村田英雄

47位 ◇喝采(1972_昭47)ちあきなおみ

48位 ◇ブルーライトヨコハマ(1968_昭43)いしだあゆみ

49位 ◇娘よ(1984_昭59)芦屋雁之助

50位 ◇月がとっても青いから(1955_昭30)菅原都々子

51位 ◇港町十三番地(1957_昭32)美空ひばり

52位 ◇いつでも夢を(1962_昭37)橋 幸夫&吉永小百合

53位 ◇長崎は今日も雨だった昭和44年_1969)内山田洋とクールファイブ

54位 ◇長崎の鐘((1949_昭24))藤山一郎

55位 ◇奥飛騨慕情(1980_昭55)竜 鉄也

56位 ◇函館の女(1964_昭39)北島三郎

57位 ◇与作(1978_昭53)北島三郎

58位 ◇人生いろいろ(1987_昭62)島倉千代子

59位 ◇湖畔の宿(1940_昭15)高峰三枝子

60位 ◇夜霧よ今夜も有難う(1967_昭42)石原裕次郎

61位 ◇誰よりも君を愛す(1959_昭34)松尾和子和田弘とマヒナスターズ

62位 ◇命くれない(1986_昭61)瀬川瑛子

63位 ◇氷雨(1977_昭52)佳山明生/日野美歌昭和57年カバー

64位 ◇君といつまでも(1965_昭40)加山雄三

65位 ◇異国の丘(1948_昭23)竹山逸郎

66位 ◇東京だよおっ母さん(1957_昭32)島倉千代子

67位 ◇東京ブギウギ(1948_昭23笠置シヅ子

68位 ◇贈る言葉(1979_昭54)海援隊

69位 ◇おーい中村君(1958_昭33若原一郎

70位 ◇世界は二人のために(1967_昭42)佐良直美

71位 ◇酒よ(1988_昭63)吉 幾三

72位 ◇三百六十五歩のマーチ(1968_昭43)水前寺清子

73位 ◇憧れのハワイ航路(1948_昭23)岡 晴夫

74位 ◇ルビーの指環(1981_昭56)寺尾 聰

75位 ◇二人は若い(1935_昭10ディック・ミネ&星玲子

76位 ◇夢追い酒(1979_昭54)渥美二郎

77位 ◇わたしの城下町(1971_昭46)小柳ルミ子

78位 ◇また逢う日まで(1971_昭46)尾崎紀世彦

79位 ◇おもいで酒(1979_昭54)小林幸子

80位 ◇潮来笠(1960_昭35)橋 幸夫

81位 ◇人生劇場(1938_昭13)楠木繁夫/村田英雄昭和34年カバー

82位 ◇見上げてごらん夜の星を(1963_昭38)坂本 九

83位 ◇北酒場(1982_昭57)細川たかし

84位 ◇てんとう虫のサンバ(1973_昭48)チェリッシュ

85位 ◇大阪しぐれ(1980_昭55)都はるみ

86位 ◇上海帰りのリル(1951_昭26)津村 謙

87位 ◇かえり船(1946_昭21)田端義夫

88位 ◇からたち日記(1958_昭33島倉千代子

89位 ◇テネシーワルツ(1952_昭27)江利チエミ

90位 ◇喜びも悲しみも幾歳月(1957_昭32)若山 彰

91位 ◇アンコ椿は恋の花(1964_昭39)都はるみ

92位 ◇真赤な太陽(1967_昭42)美空ひばり

93位 ◇ブルーシャトー(1967_昭42)ジャッキー吉川ブルーコメッツ

94位 ◇みちづれ(1979_昭54)牧村三枝子

95位 ◇赤いハンカチ(1962_昭37)石原裕次郎

96位 ◇おふくろさん(1971_昭46)森 進一

97位 ◇もしもピアノが弾けたなら(1981_昭56)西田敏行

98位 ◇骨まで愛して(1966_昭41)城 卓矢

99位 ◇浪花節だよ人生は(1984_昭59)木村友衛/細川たかし

100位 ◇雪の降る町を(1953_昭28)高 英男

Best 101位~200位

101位 ◇バラが咲いた(1966_昭41)マイク真木

102位 ◇啼くな小鳩よ(1947_昭22)岡 晴夫

103位 ◇白いブランコ(1969_昭44)ビリーバンバン

104位 ◇無法松の一生(1958_昭33村田英雄

105位 ◇よこはまたそがれ(1971_昭46)五木ひろし

106位 ◇別れても好きな人(1979_昭54)ロス・インディオス&シルヴィア

107位 ◇昔の名前で出ています(1975_昭50/昭52年ヒット)小林 旭

108位 ◇君こそわが命(1967_昭42)水原 弘

109位 ◇東京ナイトクラブ(1959_昭34)フランク永井松尾和子

110位 ◇東京キッド(1950_昭25)美空ひばり

111位 ◇星はなんでも知っている(1958_昭33平尾昌晃

112位 ◇小指の想い出(1967_昭42)伊東ゆかり

113位 ◇青葉城恋唄(1978_昭53)さとう宗幸

114位 ◇銀座カンカン娘(1949_昭24))高峰秀子

115位 ◇星の流れに(1947_昭22)菊池章子

116位 ◇千曲川(1975_昭50)五木ひろし

117位 ◇大利根月夜(1939_昭14)田端義夫

118位 ◇俺は待ってるぜ(1957_昭32)石原裕次郎

119位 ◇イヨマンテの夜(1950_昭25)伊藤久男

120位 ◇花街の母(1973_昭48/昭52年ヒット)金田たつえ

121位 ◇チャンチキおけさ(1957_昭32)三波春夫

122位 ◇恋の季節(1968_昭43)ピンキーとキラーズ

123位 ◇古城(1959_昭34)三橋美智也

124位 ◇いとしのエリー(1979_昭54)サザンオールスターズ

125位 ◇港が見える丘(1947_昭22)平野愛子

126位 ◇勘太郎月夜唄(1943_昭18)小畑 実

127位 ◇兄弟船(1982_昭57)鳥羽一郎

128位 ◇哀愁列車(1956_昭31三橋美智也

129位 ◇長良川艶歌(1984_昭59)五木ひろし

130位 ◇祝い酒(1988_昭63)坂本冬美

131位 ◇青春時代(1976_昭51)森田公一トップギャラン

132位 ◇麦と兵隊(1938_昭13)東海林太郎

133位 ◇夜霧のブルース(1947_昭22)ディック・ミネ

134位 ◇東京バスガール(1957_昭32)コロムビア・ローズ

135位 ◇九段の母(1939_昭14)塩 まさる

136位 ◇若いお巡りさん(1956_昭31曽根史郎

137位 ◇高原列車は行く(1954_昭29)岡本敦郎

138位 ◇ふたり酒(1980_昭55)川中美幸

139位 ◇月の法善寺横丁(1960_昭35)藤島桓夫

140位 ◇東京ラプソディ(1936_昭11藤山一郎

141位 ◇みちのくひとり旅(1980_昭55)山本譲二

142位 ◇時には母のない子のように(1969_昭44)カルメン・マキ

143位 ◇星のフラメンコ(1966_昭41)西郷輝彦

144位 ◇東京音頭(1933_昭8)小唄勝太郎三島一声

145位 ◇夢は夜ひらく(1966_昭41)園まり

146位 ◇愛と死をみつめて(1964_昭39)青山和子

147位 ◇白い花の咲く頃(1950_昭25)岡本敦郎

148位 ◇北上夜曲(1961_昭36)多摩幸子&和田弘とマヒナスターズ

149位 ◇嫁に来ないか(1976_昭51)新沼健治

150位 ◇私は街の子(1951_昭26)美空ひばり

151位 ◇時の流れに身をまかせ(1986_昭61)テレサ・テン

152位 ◇別れのブルース(1937_昭12淡谷のり子

153位 ◇野崎小唄(1935_昭10東海林太郎

154位 ◇ジョニイへの伝言(1973_昭48)ペドロ&カプリシャス

155位 ◇ガード下靴みがき(1955_昭30)宮城まり子

156位 ◇下町太陽(1962_昭37)倍賞千恵子

157位 ◇旅笠道中(1935_昭10東海林太郎

158位 ◇国境の町(1934_昭9)東海林太郎

159位 ◇あなた(1973_昭48)小坂明子

160位 ◇笑って許して(1970_昭45)和田アキ子

161位 ◇学生街喫茶店(1972_昭47)ガロ

162位 ◇愛ちゃんはお嫁に(1972_昭47)鈴木三重子

163位 ◇お座敷小唄(1964_昭39)松尾和子和田弘とマヒナスターズ

164位 ◇桃色吐息(1984_昭59)高橋真梨子

165位 ◇赤いランプの終列車(1952_昭27)春日八郎

166位 ◇おひまなら来てね(1961_昭36)五月みどり

167位 ◇好きになった人(1968_昭43)都はるみ

168位 ◇知りたくないの(1965_昭40)菅原洋一

169位 ◇東京の花売娘(1946_昭21)岡 晴夫

170位 ◇圭子の夢は夜ひらく(1970_昭45)藤 圭子

171位 ◇浪花恋しぐれ(1983_昭58)都はるみ&岡 千秋

172位 ◇裏町人生(1937_昭12上原 敏

173位 ◇関白宣言(1979_昭54)さだまさし

174位 ◇北帰行(1961_昭36)小林 旭

175位 ◇黄色さくらんぼ(1959_昭34)スリー・キャッツ

176位 ◇りんどう峠(1955_昭30)島倉千代子

177位 ◇夜明けのスキャット(1969_昭44)由紀さおり

178位 ◇魅せられて(1979_昭54)ジュディ・オング

179位 ◇スーダラ節(1961_昭36)植木 等

180位 ◇涙を抱いた渡り鳥(1964_昭39)水前寺清子

181位 ◇蘇州夜曲(1940_昭15)霧島 昇&渡辺はま子

182位 ◇ダンシングオールナイト(1980_昭55)もんた&ブラザーズ

183位 ◇希望(1970_昭45)岸洋子

184位 ◇愛人(1985_昭60)テレサ・テン

185位 ◇ゲイシャワルツ(1952_昭27)神楽坂はん子

186位 ◇待つわ(1982_昭57)あみん

187位 ◇高原の駅よさようなら(1951_昭26)小畑 実

188位 ◇舟歌(1979_昭54)八代亜紀

189位 ◇サン・トワ・マミー(1964_昭39)越路吹雪

190位 ◇僕は泣いちっち(1959_昭34)守屋 浩

191位 ◇島育ち(1966_昭41)田端義夫

192位 ◇真夜中のギター(1969_昭44)千賀かおる

193位 ◇天城越え(1986_昭61)石川さゆり

194位 ◇港町ブルース(1969_昭44)森 進一

195位 ◇新妻鏡(1940_昭15)霧島 昇&二葉あき子

196位 ◇柳ケ瀬ブルース(1966_昭41)美川憲一

197位 ◇哀愁波止場(1960_昭35)美空ひばり

198位 ◇東京行進曲(1929_昭4)佐藤千夜子

199位 ◇女のみち(1972_昭47)ぴんからトリオ

200位 ◇プレイバック・パート2(1978_昭53)山口百恵

2022-04-24

からリベラル意見賛同してる人って少ないんじゃね

リベラル意見賛同しているというより、周囲にリベラルと思われたほうが正義っぽいし、いい人っぽいし、なんならちょっと賢そうと思われそうだから、みんなしてリベラル大喜利してるんじゃないかと思ってる。


フェミオタクコンテンツに火付けすると、「リベラル派」がいろんな理屈をひっさげて、次々に登場したじゃん。

普通意見賛同してるなら、その意見が全員バラバラってのはおかしいだろ。

あれ、大喜利していて、リベラル傍観者喝采を浴びるコンテストしてんじゃないの。


そう考えると、無茶苦茶憲法解釈披露して弁護士たちからぶっ叩かれても、そいつ以外のリベラルは平然としているのも理解できる。

演芸場芸人が滑っても、恥をかくのは芸人であって観客じゃないからね。

2022-04-11

anond:20220411114510

実際はてなー映画見たらめっちゃまらなそうだとは思う。

もしも100人はてなー集めて映画鑑賞会やったら絶対地獄になるわ。

まず精神を病んでて風呂入ってない奴や突然奇声上げる奴がいるだろう時点で悪臭騒音が予想できる。

続いて上映する映画マイナーだったら見下しまくるアホが出てきて有名なら逆張りしてくるバカで溢れる。

俳優の役と人種が違っていたら騒ぐやつはいるに決まってるし、逆に同じなら同じでそれに文句が出るだろう。

ステレオタイプキャラクターは許されないが、そこを外せば今度はどういう役なのか分からないとブー垂れる。

偉そうに「NOT FO ME」と叫んで途中退席した癖に寂しそうに後ろから「お前らこんな映画見て消費してるのー」って必死に叫んで仲間を増やそうとするアホは確実に出てくるだろうな。

聞いてもないのにどこそこのパクリパロディだと教えたがりの奴に隣に座られたら最悪だ。

性器乳首が映った途端にキレ始めるやつもいるだろうし、逆に諸手を挙げて喝采をあげる脳みそ海綿体もいるだろう。

自分伏線見落としただけなのにプロット文句つける奴もいるだろうし単なる勘違いのくせに話が繋がってないと叫びだすアホもいるだろうな。

2周目の奴らは平気でネタバレを語るし、初見の奴らは考察サイトを見てからじゃないと話が理解できないのでずっと変な顔してる。

賢ぶりたがる間抜けの集まりと一緒に映画なんて見るもんじゃなかったと100人100人が後悔して帰路につくだろう。

そんなサイト

はてなブックマーク

2022-04-09

anond:20220409231859

『「不快ものを目にしない権利」はある!』と主張するやつらが不快広告規制喝采してたんじゃない?

屏風から出してくれる?

たわわ広告で「不快ものを目にしない権利」はない!って燃えてるけど

Yahoo不快広告規制喝采されてたよな

せめて逆じゃない?

ネットでは広告ブロック使える(=目に入るのは自己責任と言える)けどリアルでは使えないんだから

2022-04-06

フェミニストアフガニスタンに行ってタリバンに抗議しろの次はウクライナに行ってロシアに抗議しろかあ

ネットではマザー・テレサの「遠くの途上国貧困よりも身近な貧困に目を向けましょう」(本当は言ってないらしいとも聞くが)みたいな言葉喝采される一方で

フェミニストがまさに常日頃身近に接する広告のような問題に対して苦言を呈すると、

何故か遠いウクライナだのアフガニスタンだのに行って問題解決しろ(どうやって?)という難癖が沸いて出てくるね

遠い国の事よりも自分達が今まさに接している問題に関心を持って騒ぐのって何もおかしな事ではないと思うし

逆だったらそれこそおかしいと思うんだけど

2022-03-30

日本暴力の敷居が低くて野蛮って

仮にそうだとしても暴力を奮った当人あくまアメリカ人だろうに

あくま日本sage海外ageは欠かさない所がすげーよ

このダブスタぶりだとそのうち何処かのゲイが同性パートナー男性のために暴力振って

その時は何故かポリコレ勢は喝采!まで行く気がする

2022-03-19

軍事クラスタが既に指摘してるが個人携行兵器はここまで効果出ない

このエントリ目的

わかってる人はわかってるけれども、そこまで軍事に明るくない人たちが現代戦はジャベリンが物凄く有効みたいに勘違いしているようで、日本有事に巻き込まれた際に誤った認識へ陥るのを避けるため情報共有として断言しなければならないとし、このエントリ作成された。

長々とは語らず断言する

長々と語っても読まない人が居るので直ぐに断言しよう。

現代戦の基本では指定エリアで本作戦を実行する前に、砲弾ミサイルなどで爆撃をし、2次元平面的に指定エリアを一掃してから作戦を実行するので、本来ならば個人携行兵器バカスカ撃てる環境存在しないとされている。

ロシアジャベリンなど個人携行兵器効果を見せているのは、ウクライナ軍誘導したのか偶然なのかは別として、ロシア軍が何故か2次元平面的に指定エリアを一掃できていないからであり、物量で押しつぶそうとする敵軍へ対して個人携行兵器対抗手段とならないのが普通だ。

普通じゃない

普通じゃない戦況で個人携行兵器を主兵装とする普通じゃない戦術が選ばれているだけなので、例えば「これから時代大量破壊兵器よりもジャベリンだ」などと勘違いしちゃ絶対ダメ

本来、物量を抑え込むのにはより広範囲を一掃できる大量破壊兵器必要というのが基本なので、日本自衛隊の装備を個人携行兵器主体にしようなどと勘違いしては絶対にいけない。

古代からの基本

古代から戦術基本は「如何に敵軍の攻撃を受けず如何に自軍一方的攻撃するか?」である

それが投石であり、ストーンスリング(石もっこ)であり、弓矢であり、鉄砲であり、大砲であり、ミサイルである

個人携行兵器の射程や効果範囲など大量破壊兵器比較すると限定的に過ぎず、日本自衛隊個人携行兵器主体になれば侵略しようとする国々はミサイルなどの物量でアウトレンジから一方的攻撃を仕掛けるのは明白。

勘違いしてはいけない。ウクライナの戦況は基本から外れた珍しい戦況に過ぎず、珍しいからこそ個人携行兵器が珍しく効果的に活躍してるんだ。

ウクライナ軍は物凄くよくやっている

ウクライナ軍は非常に素晴らしい。この点に関しては諸手をあげて喝采を送りたい。

しかウクライナ軍戦術をそのまま日本へ置き換えては決してダメだ。

どうしても日本自衛隊の装備を個人携行兵器主体にしたいならば、侵略してくる敵軍へ個人携行兵器主体戦術効果的になるような戦況を押し付け戦術戦略がまず必要

それをせずに日本自衛隊の装備を個人携行兵器主体にするという発想は愚の骨頂、危険思想なのでジャベリン現代戦でものすごい効果を発揮すると勘違いしていた人は、ジャベリン効果的になる戦況も稀にはある程度に認識を改めておこう。

補足

このエントリ別に日本自衛隊へより一層の大量破壊兵器配備せよ軍備を強化せよと皆さんの意志誘導しようとするものではないのです。

ジャベリンSUGEEEE!!!現代戦は個人携行兵器やで!!!!!となってしまっているのにちょっと待ったをかけたいだけです。

2022-03-15

全体への奉仕者

海難事故に遭ってしまいました。船はまもなく沈没しますが、救命胴衣が一着だけ足りません。どうすればいいか考えましょう』

そして、とある解決策が喝采を浴びる。

どんな策?

公務員を探し出して、あきらめさせる」

その心は?

「いまこそ全体へ奉仕してもらう」

公務員がいなかったら?

公務員親族に持つ人を探し出す」

…なんでまた?

奉仕だろ?自分だけで済むとでも?」

えっ…

「早く救命胴衣をよこせ」

2022-02-01

北京冬季五輪転けたら東京都民喝采今年の祭り高潮花火上げて万々歳!

2022年北京五輪五輪史上例を見ない黒歴史となるだろう。

北京五輪は2020東京五輪顔負けの大運動会だとさ!

次の国家主席は誰になることやら

2022-01-25

九条の力を信じている人たちは

ぜひ、「ウクライナは今こそ平和憲法を導入し軍隊解散せよ、そうすれロシアは手を引く!」と現地でデモやって欲しい。

きっと喝采をもって受け入れられるはず。

anond:20220124234358

ハイバイ(という劇団)の『投げられやすい石』のラストシーンで歌われる『喝采』に、

どういう感情になったらいいのか混乱して、周囲の観客がゲラゲラ笑う中、しゃくり上げるほど号泣した思い出。

2022-01-24

ちあきなおみの「喝采」に衝撃を受けた話

ちあきなおみの「喝采」を聞いて衝撃を受けた。

 

私は1992年まれなので、「喝采」は生まれ20年前の曲である

両親が世代なのもあり、日頃から昭和歌謡曲を何曲か耳にしていたが、「喝采から受けた印象は他の曲とはまったく異なっていた。

激しい喪失感と、とんでもない説得力があり、聞いた後耳の後ろがじんわりと熱くなっていた。

 

喝采」がなぜ、平成生まれにこんなにも刺さったのがが気になった。

曲がリリースされた当時を知る人からすれば、「何を今更」と言われるかもしれないが、とにかく私の「喝采」への思いを文章にしてみたいと思う。

ストーリー構成

まずは、順を追って、ストーリーについて思うところを書いてみたいと思う。

 

いつものように幕が開き

恋の歌うたうわたし

届いた報らせは 黒いふちどりがありました

歌い出しで、ストーリー主人公歌手だということがわかる。

そして、いきなり人が死ぬ。とんでもない急展開。

いきなりすぎて聞き手が一気に臨戦態勢に入る。入らざるをえない。

 

あれは三年前 止めるアナタ駅に残し

動き始めた汽車に ひとり飛び乗った

さら唐突時間を遡り、聞き手を置き去りにする。

しかも、何やら複雑な事情連想させるような「アナタ」との別れである

臨戦態勢に入った聞き手想像力掻き立てる

なぜ「アナタ」を駅に残すのか、なぜひとり飛び乗るのか。

その情報の少なさと、リアルな情景描写が、一気に聞き手を曲の世界へと引きずり込む。

 

ひなびた町の昼下がり

教会のまえにたたずみ

喪服のわたしは 祈る言葉さえ 失くしてた

時系列がぐっと現在へ引き戻される。

「黒い縁取り」という唐突ショッキングでそして曖昧表現が、「教会」や「喪服」といったキーワードから、徐々に確かな死であったという確信へと変わる。

それはまるで、主人公が徐々に死を実感していったのを聞き手追体験させる。

 

つたがからまる白い壁

いかげ長く落として

ひとりのわたしは こぼす涙さえ忘れてた

曲が2番に入っても、なおも事態好転しておらず、悲しみの中にあることがわかる。

このあたりで、「止めるアナタ駅に残し」という、奥歯に引っかかるようなストーリーが、じわじわと悲しみに追い打ちをかける。

どうしても、悲しみの底に沈む主人公共感してしまう。

 

暗い待合室 話すひともないわたし

耳に私のうたが 通りすぎてゆく

アナタ」とどういう関係だったのかは分からないが、「待合室」の中で話すひともなく孤独わたし

そんな「わたし」にトドメの一撃をカマすのは、なんと冒頭に出てきた「わたしの歌」という伏線の回収。

アナタをなくし、悲しみの底にありながら、そこに流れるのは自分の「恋の歌」という大変皮肉の効いた状況となる。悲しい。

 

いつものように幕が開く

降りそそぐライトのその中

それでもわたしは 今日も恋の歌 うたってる

そんなに辛い状況であっても、恋の歌を歌わないといけない。歌手から

という大変アッパレな落ち。悪い意味で。

 

以上がストーリーというか歌詞である

 

時系列が飛び飛びになるので、私は正直1回聞いただけでは理解できなかったが、最終的に以下の時系列だと解釈した。

死んだ(ちょっと前)→別れた(3年前)→教会で喪服(ちょっと前)→待合室(ちょっと前)→歌ってる(今)

おそらくだが、順を追って説明されたらここまでの感動と共感は無かっただろう。

曲調

とんでもない急展開で、しかショッキングな内容を、ゆったりとしたテンポ聞き手に伝えてきている。

そのため、「黒い縁取りがありました」や、「暗い待合室 話すひともないわたしの」といった、直接的な描写だけれども、婉曲的な表現意味をじっくりと考える間が与えられる。

考える時間が与えられるほど、ストーリー主人公に親近感が湧くし、衝撃的な落ちにも感動を受ける。

題名

歌詞の中には「喝采」という言葉は出てこない。

しかし、ストーリーに引き込まれ主人公に同情した状態での、今日も恋の歌を歌わなければならない「わたし」へは、たしか喝采を贈りたくなるなぁという気持ちになった。

そういう意味では「喝采」という題名には大変納得する。

 

まさか歌詞の冒頭が「曲の終盤」と「曲の題名」への2つの伏線になっているとは思わなかった。

 

まとめ

色々思ったことはあるが、まとめると、以下の4つの要素が盛り込まれているということに気づいた。

そして、それを短い歌詞でやってのけた表現力や構成力。加えて、曲調や歌手歌唱力などからくる説得力に圧倒され、総合的に私に刺さったのではないかと思った。

2022-01-10

anond:20220110082354

findup 文春のスクープには喝采するのに、この件では綺麗事を言って叩くのな。

B2igwzEE 平均よりよほど多くのニュースを日々消費してると思われるブクマカがグレーな取材行為を無邪気に非難してるの笑えるんだが。君らが大本営発表以外の記事を読めるのは記者あの手この手情報をとってくるからだぞ?

これで何か当て擦った気になってるの笑えるんだが。文春も不法侵入したら逮捕されるだろ

こういう人ら、産経新聞記者不法侵入して取材しても擁護してくれるんだろうか?ねとらぼ記者なら?GIGAZINE記者なら?もし認められないとしたら、どんな理屈で?気になる

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん