「脅迫罪」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 脅迫罪とは

2020-11-25

  幼少時は特に検討する価値があるようなことはなく、

   平成10年10月から突然自分勉強を開始して、 平成11年に地区高校トップ合格し、破竹の勢いで自分勉強して、担任からも絶賛されていた

   平成12年にZ会を受けていたが、添削先生からも答案がいいと言われていたが、3年次に失調して田舎なので東大は無理で、一浪し、平成14年に福岡

     猛勉強し、東大模試などでも中盤の成績を維持し、平成15年に奇跡的に東京大文Ⅰ合格し、学内でもよくしていたが、平成16年に司法試験に落ちた

   平成17年に東大法学部に進学したが授業には行かず数学研究ばかりしていて、平成18年にインターネットが今のようになって廃人化しながら

    平成19年に東京大法学部卒業した。

      しかし、平成20年にブログに書いたことで悪人から脅迫罪を作られ、小池クソ雅から懲役にされて田舎に帰された。田舎に帰りネットで遊んでいる最中

   書いたことで警察事件を作り、平成24年から留置場拘置所滞在し、平成25年に東京拘置所数学研究、6月から黒羽刑務所で受刑訓練を受けながら

    数学オリンピックの研究をして出てきた。出所後は田舎に居たが、平成30年に東京生活保護採用され、現在にいたるも、上記経緯が最悪なので、法公共機関および

   医者から最悪との認定を受け、働かないでいいような結果になっているが、極めて最悪。

https://anond.hatelabo.jp/20201125015834


   平成11年から自分勉強し、死ぬほど勉強して平成15年に東大文Ⅰ平成19年に東大法学部法学士までが人生の本当の宗教的断行で

     平成20年の脅迫罪は、小池勝雅とかい平成ゴミ裁判官が作った事件だし、鈴木秀行による平成24年判決ゴミ平成25年に黒羽刑務所も最悪。

       なお、俺が本当に凄かったことは、任介も、栃木力も、水上あまねも、宮島文邦も、誰も知らないし、裁判官もクソばかり。ゴミが。

2020-11-24

   実態が最悪なので

     平成14年北予備在学 平成15年東大文Ⅰ合格 平成19年東大法学部卒業 平成21年 脅迫罪懲役2年の有罪判決執行猶予3年)

     平成24年10月18日にさいたま地裁越谷支部警察官に対する威力業務妨害懲役1年10月の実刑判決平成25年4月12日、東京高裁第3刑事部

    控訴棄却平成25年2月19日に弁護士にあてた手紙の発信差し止め処分東京拘置所長)に対し東京矯正管区に審査請求平成25年12月に却下の裁決)

     平成25年6月11日に黒羽刑務所移送、6月20日から教育訓練工場、7月から同所10工場配属、10月に受刑者類級3類、平成26年2月に手紙反省していない

     記載があり仮釈放取消し、4月に満期釈放、平成27年に精神障害等級1級で年金支給平成29年4月開始)、平成30年生活保護開始

      平成30年12月に年金支給額変更、平成31年3月8日に関東信越厚生局により審査請求棄却決定、令和元年に軽犯罪法違反書類送検(不起訴)、

      令和2年1月に厚生労働省審査調整室で再審査棄却決定(確定) 平成30年6月再審請求棄却(任介辰哉)、10月即時抗告棄却栃木力)、11月、特別抗告棄却最高裁

     令和元年10月再審請求棄却さいたま地裁越谷支部)、同月、即時抗告棄却東京高裁第3刑事部)、令和2年7月、特別抗告棄却最高裁

2020-11-22


  平成11年から突然勉強を開始し、平成15年に東大文科一類採用され、東大法学部卒業した貴重な存在に対し、脅迫罪などと抜かし

     その者を懲役2年に処した小池は史上最悪な人間のクズ

2020-11-21


 現在社会通念では 数年以上にわたり、明らかに法的公共的な日本語を用いてブログ運営しており、その中で殺害予告をした場合脅迫罪に問われる可能性があるのは

  当然だが、単にインターネットで遊んでいる学生が、数週間程度、法的な言語で突発的にブログ運営して犯罪予告をしたとしても、それによって社会的にどうなるか

    知っていたとは思われないので、仮に社会的に当該行為脅迫罪で処理されても、故意が認められない。

2020-11-20


     被告人インターネットを様々な者が遊んでいる空間認識しており、本件の警官殺害するなどの書き込みをした目的

     2ちゃんねるスレッドを伸ばすことにあったのであるから書き込みによって警官業務妨害されることを知らなかった

       と言われればおしまいだろカス

   脅迫罪の件でも同じ。   気が大きくなって書いただけで、知らなかったといえば終わり

2020-11-18

anond:20201118230734

法的拘束力はないけどだいたいの企業ビビるでしょう。そして無理なら労働審判にかかるしかないぞ。「死ね」と言われているのであれば脅迫罪から警察行けば一発アウト。

   東大法の私法コース卒業したが、  金ももらえなかったし、ガチで笑えない最悪なことがあったので、 

      脅迫罪懲役2年に処され、  平成24年に警察への威力業務妨害罪逮捕され、10月18日にさいたま地裁越谷支部実刑になり、

    東京高裁第3刑事部金谷裁判長から控訴棄却され(平成25年4月12日づけ)、裁判平成25年4月27日に確定し、平成25年5月から東京拘置所にて

     刑の執行が開始され、平成25年6月11日に黒羽刑務所移送され、平成26年4月24日に満期出所した。

       なお、東京拘置所に在所中に私選弁護人に出した信書において弁護士を著しく侮辱する記載があったため東京拘置所職員から指導されたことに対する取消の請求

     東京拘置所から東京矯正区長にしたところ(平成25年2月19日付)

       東京矯正区長は、平成25年12月に、却下の裁決を行い、黒羽刑務所に送付し、刑務官を介して、独居房にいる俺に通達された。

       平成30年6月に東京地裁刑事11部の任介辰哉に対して脅迫罪再審請求をしたが、任介裁判長は、独自立場から意見にとどまり裏付け証拠がないとして棄却した。

       威力業務妨害罪に対する再審請求は、令和1年10月に、さいたま地裁越谷支部にしたが、杉田薫が棄却した。  東京高裁第3刑事部が、10月29日に即時抗告棄却し、

    最高裁が、特別抗告棄却した。

       平成31年における二回目の再審請求は、東京地裁刑事11部の吉崎義弥が、棄却しており、現在東京高裁第6刑事部即時抗告の審理をしている。

2020-11-16

   法的人間としては、  平成26年4月24日に栃木県黒羽刑務所を満期出所し、平成30年から生活保護開始、

     脅迫罪業務妨害罪に対する再審請求は、さいたま地裁越谷支部に蹴られており、東京高裁第3刑事部即時抗告をしたが、蹴られ、最高裁への特別抗告もだめだった

        労働能力に関しては、簡単なことはできるが労働不能  と 厚生労働省認定されており、行政事件訴訟には発展していない

     中身が最悪だから、  今後も  地区福祉センターなどは利用できると思われるが、労働界などへの参加は不可能と思われる。 

anond:20201115042732

色々と言い訳してる人がたくさんいてご苦労様という感じだけど、法的なグレーゾーンというのは究極的に「その場の雰囲気」というか、概ね妥当と思われる社会的通念を適用するしかなく、そこが立法議論がなかなか進まない直接の原因なのよな。

「息を吹きかける行為痴漢欲求を満たす加害者存在する」ことと、「立法議論として、息を吹きかけるだけの行為犯罪化するには不利益が多すぎるので、犯罪化できない」ことが両立するのと同じで。

脱法行為」と呼ばれるのはそういうことなのよ。

それでも例えば、ヤクザが「あんたのとこのお子さん、今年で○歳だってねぇ」などと言えば脅迫罪適用されるからね。

犯罪化には社会的通念の醸成を待つ必要があるとしても、それはそれとして「人道に反する行為」が批判を呼ぶのは当然のことだし、それこそが立法議論のものから仕方ないね

2020-09-20

[]

■俺の経歴

昭和58年10月4日

昭和61年 宮崎県延岡市ゆりかご保育園に入所

平成元年 同所を卒園

平成2年 延岡市南方小学校入学

平成6年 高千穂町高千穂小学校に転校

平成8年 延岡市立西階中学校入学

平成11年 宮崎県立延岡西高等学校に入学

平成14年 学校法人北九州予備校小倉本校に入学

平成15年 国立大学法人東京大学教養学部文科一類合格

平成17年 東京大学法学部私法コースに進学

平成19年 東京大学法学部私法コース卒業

平成20年 文科省幹部および最高裁判事東京大教授脅迫したとして警視庁から逮捕

平成24年 さいたま県警および群馬県警に対して偽計業務妨害をしたとして逮捕

平成24年10月18日 さいたま地裁越谷支部において1年10月実刑判決

平成25年4月 東京高裁控訴棄却

平成25年5月 国選弁護士事務怠慢で最高裁に上告せず、実刑が確定し、東京拘置所で刑が執行される

平成25年6月10日 栃木県大田原市寒井の黒羽刑務所移送

平成25年6月20日 黒羽刑務所教育訓練工場に配属

平成25年7月 黒羽刑務所10工場に配属(担当教官 長谷川 森脇)

平成26年4月 黒羽刑務所を満期出所

平成27年7月 障害年金1級認定

平成29年 年金額月8万の支給開始

平成30年4月6日 東京都板橋区生活保護受給開始

平成30年6月12日 脅迫罪に対する第一再審請求棄却される (担当裁判官 東京地裁刑事11部 任介辰哉)

平成30年10月 再審請求棄却決定に対する即時抗告棄却される

平成30年11月19日 再審請求棄却決定に対する即時抗告に対する特別抗告最高裁棄却される

平成30年12月6日 障害等級2級への減額決定

平成31年3月8日 関東厚生信越厚生局にした等級変更処分の取り消し請求棄却

令和元年8月 さいたま地裁越谷支部偽計業務妨害罪に関する第一再審請求

令和元年10月1日 同請求棄却決定 (担当裁判官 杉田薫)

令和元年10月29日 再審請求棄却決定に対する即時抗告棄却される

令和元年11荒川河川敷でしていた行為に関し軽犯罪法違反東京区検察庁書類送検

令和元年11厚生労働省年金の公開二次審査

令和2年1月7日 生活保護費過払い金返還決定

令和2年1月13日 生活保護費過払い金返還決定に対して東京都知事に審査請求

2020-09-16

anond:20200916180330

まず、クレーマーがお店の営業時間内に怒鳴ったり叫んだりする場合は、営業妨害罪に該当する可能性があります

店内で暴れたり物を投げたりした場合は、暴行罪傷害罪に該当する可能性があります

お店に対して「慰謝料100万円を支払わなければ店に火をつける」などの脅し文句を言った場合は、脅迫罪恐喝罪に該当する可能性があります

従業員悪口インターネット上に書き込んだ場合は、名誉毀損罪に該当する可能性があります

2020-08-04

anond:20200804143941

いままでは袋に穴が空いたら、詰め込みすぎた客のせい

今度から相談して大きい袋で良いといったときに、これではやぶれるかもしれないとリスク説明がなかった場合

製造物責任法上店の責任にできる。店が追う責任を考えると大赤字覚悟

いから2重のほうがいいですよ

無料なら言えるが

有料だと

脅迫罪になるかどうか微妙

2020-07-05

anond:20200705182920

脅迫罪は無理じゃね?情報開示請求が、生命身体自由名誉又は財産に対し害を加えるわけじゃねーもん。得た情報を公開する、となると話は変わりそうだが。まあ釣りだろうけど釣られてやるから立派に申し開きして楽しませてくれよ。

anond:20200705181933

すればいいじゃん

なんでしないの?

そのつもりもないのに威圧する目的で書いたなら脅迫罪

2020-05-29

セクハラって言葉違和感

以前にテラスハウス出演していた人が胸を揉まれたといったセクハラを受けたとか

学校で、殴られたり、お金を取られるような苛めを受けたとか

そういう言い方っておかしいよね

胸を揉まれたのは、強制性交等罪だし、殴られるのは傷害罪お金を取られるのは脅迫罪

オブラートに包みすぎじゃないの?

から無くならないんじゃない?

2020-05-25

anond:20200525122543

政権を支持しないことと、脅迫と無理やり解釈できうる発言をすることは全く別物だよ。

この国では自民党ポスターを破くと逮捕されるが共産党ポスターを破いても逮捕されない。本当はどちらも違法なのに。

ヘイトスピーチには脅迫罪が適用されず合法化されているのに、総理大臣を支持しない聴衆は総理大臣街頭演説から警察官によって強制排除される。

そんな国で、下手な書き込みをすれば、お上の気分次第で逮捕されるのは十分現実的な話だと思うけど?

2020-03-26

anond:20200325174252

拡散は「名誉毀損」だし、~するなら~するぞ、と言って人間自由意志を捻じ曲げる暴力的発言は「脅迫罪」の構成要件を満たす。青葉君も植松君も、大罪を成した多くの人間動機は、正義だった。

2020-02-10

anond:20200210170942

■俺の経歴

昭和58年10月4日

昭和61年 宮崎県延岡市ゆりかご保育園に入所

平成元年 同所を卒園

平成2年 延岡市南方小学校入学

平成6年 高千穂町高千穂小学校に転校

平成8年 延岡市立西階中学校入学

平成11年 宮崎県立延岡西高等学校に入学

平成14年 学校法人北九州予備校小倉本校に入学

平成15年 国立大学法人東京大学教養学部文科一類合格

平成17年 東京大学法学部私法コースに進学

平成19年 東京大学法学部私法コース卒業

平成20年 文科省幹部および最高裁判事東京大教授脅迫したとして警視庁から逮捕

平成24年 さいたま県警および群馬県警に対して偽計業務妨害をしたとして逮捕

平成24年10月18日 さいたま地裁越谷支部において1年10月実刑判決

平成25年4月 東京高裁控訴棄却

平成25年5月 国選弁護士事務怠慢で最高裁に上告せず、実刑が確定し、東京拘置所で刑が執行される

平成25年6月10日 栃木県大田原市寒井の黒羽刑務所移送

平成25年6月20日 黒羽刑務所教育訓練工場に配属

平成25年7月 黒羽刑務所10工場に配属(担当教官 長谷川 森脇)

平成26年4月 黒羽刑務所を満期出所

平成27年7月 障害年金1級認定

平成29年 年金額月8万の支給開始

平成30年4月6日 東京都板橋区生活保護受給開始

平成30年6月12日 脅迫罪に対する第一再審請求棄却される (担当裁判官 東京地裁刑事11部 任介辰哉)

平成30年10月 再審請求棄却決定に対する即時抗告棄却される

平成30年11月19日 再審請求棄却決定に対する即時抗告に対する特別抗告最高裁棄却される

平成30年12月6日 障害等級2級への減額決定

平成31年3月8日 関東厚生信越厚生局にした等級変更処分の取り消し請求棄却

令和元年8月 さいたま地裁越谷支部偽計業務妨害罪に関する第一再審請求

令和元年10月1日 同請求棄却決定 (担当裁判官 杉田薫)

令和元年10月29日 再審請求棄却決定に対する即時抗告棄却される

令和元年11荒川河川敷でしていた行為に関し軽犯罪法違反東京区検察庁書類送検

令和元年11厚生労働省年金の公開二次審査

令和2年1月7日 生活保護費過払い金返還決定

令和2年1月13日 生活保護費過払い金返還決定に対して東京都知事に審査請求

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん