カテゴリー 「小説」 RSS

2008-09-09

[]

「百万払うだけでずっと面倒見てくださるのですよね?」

「ご持参になっておられますか」

「ええここに」

「それでは早速」

思っていたより10年ぐらい早かった。贅沢を言えば車の下でなくて畳の上が良かった。

[]

前世記憶に覚醒した。

「今度はまっとうな人生を歩むんだぞ」

地獄模範囚だった私は温かく送り出されていた。

あわせる顔が。

[]

「この厳しい職場環境改善されますように」

私の過労死が引き金になった。

[]

「神よ、同僚達につかの間の休息をあたえたまえ」

社長信用取引でトンだ。

[]

「友人知人が皆幸せになりますように」

私が死んだ。

[]

「愚か者が全て消えて無くなればよいのに」

私が死んだ。

2008-03-12

[]突き放したら、誰も残らなかった

人にプログラミングを教える場合どうするか。

普通はめんどくさいので、教科書なり、参考URLなりを教えて、

「あとは自分でがんばってね。」で終わる。

その結果、独自のコーディングスタイルや設計方法が確立されるが、

歴史や背景を無視するようなスタイルは、過去に逆行するばかりで、全然進展がない。

進展しないことは、本人にとっても多大なストレスとなる。

そして、多くのプログラマは適性が無いのだと勘違いし、

プログラマであることを辞めて行った。

谷から這い上がってきたプログラマとだけ、一緒に仕事をするなんていう希望的観測ではもはやだめなのだ。

なぜなら、俺の目の前にはもう

プログラマは一人もいないのだから。

そして、俺もプログラマを辞めるのだから。

2006-11-17

[]全てがMになる

「全てがMになるの」

 ポツリと、雨だれの様に彼女言葉を落とした。

 そして、全てがMになった。

「MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM」

 MMMMMMMMMMMMMMMM。

「MMM」

 MM、MMMMMM。

 MMMM、MMMMMMMMMMMMM?

「MMMM。MMM、MMMMMMMMMMMMMMMMMM?」

 MMMMM。MMMM、MMMMMMM。

 MM、MMMMMMM――

「MMMMMM」

 MMMMMMMMMMM

 MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM

MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM

MMMMMMMMMMMMMMMMMM

 MMMMMMMM

 MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM

 MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM

MMMMMMM

MMMMMMMMMMMMM

MMMMMM

MMMM

 MMMMMMMMMMMM

                                              MMM

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん