「アルマゲドン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: アルマゲドンとは

2020-05-08

anond:20200508162818

子孫残せそうな人達だけでアルマゲドン頑張ってねーぐらいの温度感になるだろうなあ

リソースの供出を要求されたら暴れる

2020-03-03

にく!!!!!

2020-01-30

もっと純粋兵器

人を殺す以外の用途が一番少ない兵器ってなんだろ

核爆弾とか野生動物駆除にも使えんしかなりポイント高い気がするけど、映画アルマゲドン見たせいでどうしても隕石対策とか台風対策に使えるんじゃないかと思ってしま

毒ガス兵器とかそういうやつがいいのかな クリーン土地が残るやつだと動物駆除に使える論法が通る気がする

生命にすごい害があってその地の自然ごと根こそぎにして、しばらく草も生えないような土地になる そういうのが一番兵器度高いんだろうか

2019-08-18

ネタバレ考察】天気の子に隠されたTYPEMOON作品との共通点

ムーっぽいことを書きます。苦手な方はご注意ください


まずタイトル

天気の子は『10きのこ』つまり奈須きのこ意味している。

10は『空の境界』で活動開始した1998年、つまり平成10年だ。

この年は映画ディープインパクト』と『アルマゲドン』が公開された年でもある。

そして阪神淡路大震災の3年後という年でもある。


Fate/stay night』およびその前日譚『Fate/Zero』で舞台となる冬木氏は神戸モデルと言われている。

冬木の大災害阪神淡路大震災の衝撃を元に書かれたものだろう。


Fate/Zero』の結末はこうだ。

願いが意図せざる形となってしまい、町ひとつを巻き込む災害へとつながってしまう。

要人である衛宮切嗣は、あまり凄惨さに憔悴するが、そこで奇跡的に生存したひとりの少年を救うことになる、というものだ。

ここで衛宮切嗣重要な要素として、銃、そして島での出来事があることを付け加えておきたい。


また、作中には冬木大橋という神戸大橋モデルにした橋が重要な場面で登場する。

天気の子ではレインボーブリッジが、序盤のフェリー・中盤のお台場・終盤のフェリーと3回描かれていることも強調しておきたい。


そして最後に、天気の子に月が全然出てこないという点だ。

曇っていて見えないというのもまあそうなのだが、

月が重要ゆえにあえて見せない、そういう意図があったのではないだろうか。

2019-07-24

anond:20190724203953

俺は『描かれる』ではなく『書かれる』と書いた

それが誤用だというならいえばいいが

からさお膳立てお膳立てっていえばあらゆる作品のあらゆる事物がお膳立てになるわけよ

アルマゲドンなんか隕石地球の危機も父娘の関係を『描く』ためのお膳立てじゃん

キリがないかエヴァウテナに関してだけ言うけどシンジ綾波のことしか考えてないってことはないだろ

特に夏エヴァではこの二人はほとんど関係なくなっている

ウテナは男とセックスしている以上

セカイ系ってのはエヴァコケにするためだけに生まれたくだらないレッテル貼りしかない

ていうか今の俺らのやりとりがそれを証明したな

真面目な評論には絶対に使ってはいけない言葉

2019-06-29

ゴジラキングオブモンスターズ観てきた

ツイッターでは史上最高のゴジラ映画と絶賛してる人も多いので期待して見にいった

かに悪くはない。それなりには楽しめた。

特に暴れまわる怪獣の迫力はかなりのものだ。

一方で、この映画ハリウッドの娯楽映画フォーマット完璧に則りすぎていた

1.身の回り問題を抱えたクローズドコミュニティがある(今回は家族

2.未知の脅威が人類を襲う(怪獣

3.1のコミュニティ構成員が2の災害に巻き込まれて、立ち向かう側になる

4.人類押されまくりで滅亡かもってとこまで追い込まれるも、主人公たちの頑張りで押し返す

5.主人公たちが脅威を打ち倒すと共に、1の問題解決に向かう

アルマゲドンなら隕石だし、デイアフタートゥモローなら大寒波だし、

まあとにかくハリウッド娯楽映画ほとんどこの構成であり、今回のKoMも全くもってこのフォーマット通りの映画だった。

日本で毎年のごとく作られている高校生部活ものと同じである

映画の当初、暴れまわる怪獣の迫力に打ち震えていた俺だが、映画が終盤に向かうにつれて、なんだから白けてしまった。

ハリウッドが導き出した必勝パターン絶対受ける映画構成なのだろうが、

毎回毎回実質的に同じ映画を見せられて、これこそ史上最高のゴジラ映画!と絶賛する気にはならなかった。

まだシンゴジラの方がチャレンジングで、なおかつ面白かったんじゃないかと思いましたまる

2019-04-26

大学2回の春っていうともっとキラキラしてるイメージがあった。サークルバイトも1年を経て、それなりに慣れて馴染んでワイワイ楽しい毎日。心の底から楽しすぎて忙しすぎて寝る時間すら惜しい。そんな大学パリピライフを夢に見ていた。

蓋を開けてみれば何もなかった。楽しいとか辛いとかじゃない、何もなかった。虚無感を持って生きるしかない毎日

サークルに入ったものの、楽しく運動するのかと思ったらやるのは酒飲み比べ対決。ちょっと全然飲んでなくない?笑とか言ってピッチャー片手にイッキイッキ。

そのノリが楽しくないわけではないけど、ずっと心に虚無感が残ったままで本心から楽しめない。

大学1回、とりあえず大学生活を様子見してからバイトを始めようと考えてバイトを始めた8月。そこからわずか3ヶ月、11月になって店が閉まるとか聞いてない。

店長、俺まだ研修期間すら終わってないです。

次にバイト始めるなら新学期の出入りの激しい時期の方がいいかと思って数ヶ月短期で食いつないだ。とか思って4月になってバイト応募したら全然通らない。なんでや?1年生と何が違うんや。就活まだなのに就活してる気分になる。

でも、自分の周りの友達はすげえ楽しそうでキラキラしてて、俺が思い描いてたみたいなスクールライフを送りまくってる。

資格とか夢に向かって勉強してる奴、サークルやらバイトやらが楽しくて仕方がないって顔してる奴、リア充ってこういうこと言うんだろなって人が周りに山ほどいる。

なんでこんなに差がついたんだろう。

自分の行動力の無さか、運や巡り合わせの悪さか、もっと別なものか、それとも全部悪かったのか。

自分には夢が持てなかった。こうしたい、こうなりたいって目標もない。思春期で感じた「将来の夢なんてそもそも叶いっこない」みたいな感覚を今まで引きずって、ただ流されて生きてきた。でもそれはみんな同じだと思ってた。

思ってたら全部追い抜かれていってしまった。自分よりもちゃらんぽらんだと思ってた奴が夢を語って一生懸命努力してる姿を見て眩しすぎて胸が痛くなる。

こんな支離滅裂な文を増田に書いてる俺を尻目にみんなは努力したり人生楽しんだり生きてるって最高って感じで生きてる。

羨ましい。俺もそうなりたかった。

夢も持てない、これ以上生きる意味も見出せないけど死ぬ勇気もない、そんな虚無感だけが今日も俺を生かしてる。

誰のせいで虚無人生生きてるんだって言われたら間違いなく俺のせいなんだけど。

もうなにもかもめんどくさくなってきた。こんなんで来年就活とかマジで笑えん。どんだけ不採用メールくるんやろか。

明日アルマゲドンみたいにクソでかい惑星降ってきて、不可抗力死ねたらいいのにな。

2018-07-26

anond:20180726204908

連合赤軍

当時(冷戦時)のソ連中国共産党共産主義思想共鳴した運動家の中の過激派やはねっ返りが、日本共産主義革命を起こそうとして、色々なテロを起こして最終的にはあさま山荘事件を起こした。

連合赤軍思想共感を持っていたのは団塊の世代

当時の日本はまだ社会全体が貧しかったので、ソ連共産主義のやり方で豊かな社会を目指そうとした。

オウム真理教

1970~80年代オカルトブームに乗って、テレビ雑誌メディア経由で時代の寵児のような存在となった麻原彰晃を中心とした教団の暴走。1999年7月のノストラダムスの大予言に基づいて、東京アルマゲドン最終戦争)を起こすという思想の下にサリン事件を起こした。

オウム真理教思想オカルトブーム共感を持っていたのは氷河期世代

豊かな日本に育った氷河期世代若者たちが、物質的な豊かさより精神的な豊かさとは何かの答えを提示していたオウム共感していた。

連合赤軍にしてもオウム真理教にしても、共産主義思想や終末思想が先鋭化すると、組織の内外に対して攻撃的になる性質を持っているのではないか

結局人類は滅亡しなかったな・・・

私、元増田はちょうど30代前半だけど、子供の頃は1999年7月に人類絶滅するものだと思っていた。

核戦争しろ隕石の衝突にしろ世界は荒廃して21世紀は来ないものだと、心のどこかで信じていた。

世界の終わりを本気で信じて、自らアルマゲドン最終戦争)を東京で起こそうとした宗教集団は、文字通り壊滅した。

今日オウム真理教幹部クラスの残った死刑囚全員が死刑執行されたわけだけど、これで一つの区切りがついたことになる。

死刑囚たちの言葉を代弁させてもらえば、「お前らだって世界の終わりを信じていたじゃねーか!」と思っていたのだろうか。

2018-07-08

危険思想を取り締まることの是非について。

日本では憲法によって思想信条自由保障されているので、思想のものの是非を問うことは出来ないという建前になっている。

怪しげな新興宗教団体がどんな危険思想を持っていても、それを国家(=警察)は取り締まることは出来ない。

松本サリン事件地下鉄サリン事件のような大事件を起こしたとしても、事件を起こしたこと自体犯罪として取り締まることは出来ても、事件を起こすことになった背景としての「思想」を取り締まることは出来ないのだ。

1995年5月に麻原死刑囚執行済)が逮捕された後、オウム真理教破壊活動防止法適用して解体する、なんて話もあったけど、結局無理だったよね。

オウム真理教がなぜあんな重大事件を起こしたのか、未だに理解できない人が多いかもしれないが、裁判宗教学者達の分析によって、一応は答えは出ている。

タントラヴァジラヤーナの教えというものがあり、簡単に言えば要するにこの世で悪業をなした人は、グルの導きによってその魂を天上界にポアすることができるというもの。これによって、グルが認めさえすればその人の魂を奪ってもそれは罪にはならず、逆に善業になるという論理である

この考えを応用して、教団の人間以外の悪業をなした大多数の人間最終戦争アルマゲドン)によって粛清し、新人類理想郷を作り、自分達がその世界の神になる。

その理想実現のために、東京を大混乱に陥れようとしたというのが全ての真相

荒唐無稽だ、と言えばそれまでなんだけど、実際にオウムはその思想を基にあのような事件を起こしたわけだ。

今、戦後日本が手に入れた思想信条自由の考え方が、足かせになってしまっているのではないか

考えてみれば、戦前日本共産主義者弾圧アカ狩り)とか、危険思想と見なされたもの弾圧普通に行われていた。不敬罪なんてシロモノもあったっけ。

戦後まれ私たちは、思想信条自由なんて当たり前の価値観だと思っているけど、わずか70年の歴史しかないのだ。

危険思想であっても、容認しなければならないのか。オウム問題本質はここだと思う。

2018-07-06

anond:20180706120256

麻原の場合は、大阪池田小学校の宅間や秋葉原加藤殺人事件とは少し違うから

一言で言えば「最終戦争アルマゲドン)を起こして新人類理想郷を作り、自分達がその世界の神になる」という理想実現のために事件を起こした。

まり麻原始め教団の死刑囚たちは「思想犯」なんだよね。

麻原達の死刑執行の是非を問うには、その思想の是非についても議論せざるを得なくなるよ。

日本では殺人の罪を問うことは出来るけど、思想のものの罪を問うことは出来ない。

もし、今後オウム事件のようなものを未然に防ぐためには、危険思想も取り締まらなければならなくなるけど、その点についてはどう考えている?

anond:20180706100823

死刑には反対ではないけど、彼らの最終目的は一体何だったのか聞いてみたかったね。

最終戦争アルマゲドン)を起こして、新世界創造する・・・

そんな荒唐無稽計画で殺された人達が納得できるわけがない。

2018-06-07

なんか、目の前を女が五人ぐらい横並びで歩いてくるんですよ

誰も道譲ろうとしないしぶつかったらめんどくさいかアルマゲドンと名付けようと思いました。

2018-05-05

anond:20180505025046

というか、90年代まで、ハリウッド大作、アクション大作って、日本で、超ドル箱だったよ。

アルマゲドン」「パール・ハーバーだって、ありえないくらい大ヒットしたし

21世紀に入ってから全然ハリウッド映画って、当たらなくなったけどな

2018-05-04

プリキュア映画ってちょっと前に前作キャラリストラしたのにさ

結局オールスターものに戻っちゃってんの情けなくない?

 

またいずれ同じアルマゲドン起こして過去を無かったことにするのか?

歴史修正主義者め

2018-04-20

[]映画いぬやしき

ネタバレ注意

うーん

キナシはよかったが佐藤ダメだった

常に無表情でたまに涙流す感じ

一応佐藤絡みの出来事キナシよりも優遇して原作からピックアップされてたけど、いかんせん雑すぎるのと佐藤の演技が下手なせいで、駆け足すぎてみてらんない

ほんごうかなたはよかった

序盤の起の部分(しいたげられてるおやじサイボーグになって驚くあたりまで)はかなり展開も早くて、

おっこれは全体的にも期待できるかな

と思ったんだが、佐藤パートもはさむようになってから雑さとか変な間延びとか、

原作からの変なシーンチョイスが増えてきてうーんとなっていった

原作読んだことないツレ的には、日本CGもここまで進化たかとおどろいた・展開もいろいろあったから飽きなかった

ということだったが、原作既読からしたら微妙な出来だった

CG高層ビルの間をマウスカーソルみたいにスーッと飛んでったりするから違和感ありすぎた

原作しらないほうが楽しめそう

ただ原作しってても最後最後の部分は楽しめた

最後が爽快かっていうとそうじゃない

原作だと和解じゃないけど家族から見直されるシーンあるけど映画だとナイから

あと最初宇宙人が改造するシーンのセリフ字幕とかなかったからなんで改造されたのかとかの事情が見る人に伝わらないのはダメだったと思う

やくざ関連とかエロ関連はのきなみカットされてた

最後アルマゲドンもなし

二人の対決で終わった

ただ最後死んだと思ってた佐藤が浦澤直樹のもんすたー ばりにカーテンゆらして姿消したのはオマージュか?と思ってしまったが

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん