「ポリティカル」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ポリティカルとは

2017-06-19

結婚発表すると文句言われるアイドル制度売春以下の性奴隷システム

アイドル結婚におめでとうと言えないなら、ファンじゃないし、ファン辞めてしまえと思う。もし、そうじゃないファンを前提にビジネスができているなら、そのビジネスおかしい。そうじゃないファンを前提にイベントが行われているなら、そのイベントおかしい。

一人の人間に対して、結婚するな、恋愛するないう形でビジネスが成り立っているのなら、それは本質的には性奴隷と同じだし、人の生活24時間縛っているという意味で、売春よりひどい制度だ。売買春と同じで、本人の意思にもとづいているのなら、法的に規制されるべきとまでは思わないけれど、社会的にはもっと気持ち悪い」というレッテルが強く張られてしかるべきだし、ポリティカル排除されて当然だと思う。

もちろん、アイドルファンは、同性からも異性から気持ち悪がられているし、それは正しいと思う。でも、そんな性奴隷ビジネスが、メディアを儲けさせるという理由で、おおっぴらには何の批判も受けずに、賞賛されている現状はおかしい。「結婚すると怒るファン」が、気持ち悪い、社会的非難されて当然ということが、もっと共有されるべきだと思う。アイドルアイドルである前に人間である

2017-06-14

自己責任」と「社会のせい」を使い分けするダブスタはてな世論

http://anond.hatelabo.jp/20170613210316

こういう旧世代の業種の話になるとはてな世論はとたんにしばき主義自己責任教がはびこる。

いわく、

新しい技術が生まれれば古い技術は淘汰される。

弱肉強食、弱いものは去れ、時代遅れのものはなくなって当然。

これはAmazon一人勝ちで零細小売が淘汰されている件についても同様に適用される。

特に、街の本屋に対するはてな世論の冷酷さは際立っている。

あん無駄もの生き延びる方がおかしい、くらいの勢いだ。

他方で、貧困問題の話になると、はてな世論では自己責任論は途端に蛇蝎の如く嫌われる悪魔思想になる。

http://b.hatena.ne.jp/entry/kentaroupeace.hatenablog.com/entry/2017/06/13/080000

悪いのは社会なのであって、努力不足だとか自己責任などという物言い絶対に許しがたい、という決意すら感じられる。

この違いは何か?

答えは簡単ポジショントークしかない。

自己責任が許容されるのは、

はてなの人々にとって快適になるものであるなら、

その快適のために生まれる「多少の」犠牲は仕方がないというもの

紙の写真よりもデジカメスマホの方が便利だし、

一々小売店なんかに足を運ぶよりもAmazonで全ての欲望が充足できる方がちょう快適だし、

俺達の利便性犠牲にしてなんでこんな生産性の低いゴミ業者延命させる必要があるんだよ、といったもの

自己責任絶対に許されないのは、

はてなの人々が追い詰められる場合

頭が良くて意識が高いポリティカルにコレクトな俺らが十分な給料を貰えないのは間違っている、

貧困なんてもってのほか

俺らが報われていないのは社会が悪いからであり、俺らは絶対に悪くない、というもの

常識的に考えれば努力したものが報われるのが普通なのであって、

報われてないならお前の努力が足らないんじゃないの?って話で、

それこそ努力不足の写真屋や本屋が淘汰されるのが当然なのと同一の話なのだが、

まあポジショントーク厨にかかればそんな矛盾はお構いなしだわな。

ましてや日本は長らく不況が続いて財政支出うなぎ登りとなれば貧困対策リソースシュリンクしているに決まってるわけで、

さらなる努力をしなければマズいよって奮起しなくちゃいけないんだが、

デジカメに対抗する写真屋ほどの努力もしないで社会のせいにしちゃうはてな世論ってどうなの?って正直思うわな普通

さらには、

貧困対策リソース確保には経済対策必須なのだが、

アベノミクス失業率改善したとか言うニュースがあっても全くその成果を認めようとしなかったり、

大本営発表だとして統計のもの否定したりして、

とにかく経済対策としてのアベノミクスを全く評価しなかったりするのもはてな世論の特徴なんだなあ。


まあポジショントークダブスタ上等な人に対して理屈でどれだけ迫っても暖簾に腕押しなのはじゅうじゅ承知なんだけどさ。

なんだかなあ。

なんなんだかなあ。

2017-05-04

[] #23-6「ヴァリアブルオリジナル

エンディングテーマ曲:「リミテッド・フィナーレ」

歌:ポリティカルフィクションズ 作詞マーク・ジョン・スティーブ 作曲:サトウスズキ

一枚絵 一枚絵

一枚Yeah Yeah Yeah Yeah...

横に動かしたり 縦に動かしたり

近づけてみたり 遠ざけてみたり

さすがにしょっぱいので

レイヤーくらいは工夫しておく


歩かせるなり 走らせるなり

道中に 主な登場人物

2頭身なミニキャラ化は著しく

背景だけの絵で間を繋いだり

何らかのエフェクトで味付け

本編の映像切り貼り

セピアな感じで

色褪せているね

今週のジャストコーズ

「今回紹介するジャストコーズは『イダテン』。どんな相手も逃がさなスピードを持つとされている。しかも、そのスピードの余波で周りに迷惑をかけないようにする力も持ち合わせている」

「今回はやりすぎてしまっているように見えるが、演出上の都合でそう見えるだけだ。だから俺のことを嫌いにならないでくれ」

視聴者のみんな。たとえ正当な理由があっても、正しい筋道で行うことが大事であることを忘れないでください。そしてやりすぎないこと」

「良い子も、悪い子も、その二つを持ち合わせている子も、自分が何者かで悩んでいる子も、心身に刻み込んでね」

「俺たちとの約束だぜ!」

次回のヴァリアブルオリジナルはーー

とうとう港町に着いた俺たち。

早速、船を出してくれる人を探すのだが、その時に現れたのは明らかに嫌な奴だった。

また貴様か、イノウ。

見え透いた挑発をしてくるが、だからといって不当な物言いを見過ごしていいわけではない。

不用意な発言をする人間は、時と場所関係なく裁かれて然るべきなのだ

俺がこらしめてやる、溜飲を下げさせてもらうぜ。

次回、「船酔いは痛覚で上書きできる」

来週もジャストコーズ、オン!

====

この物語フィクションです。

登場する人物団体名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。

(おわり)

2017-04-29

[] #23-1「ヴァリアブルオリジナル

オープニングテーマ曲:「アドベンチャーポージング

歌:ポリティカルフィクションズ 作詞マーク・ジョン・スティーブ 作曲:サトウスズキ

広大な青空に 鳥が飛んでいる

もうすぐ間奏だ タイトルロゴを出しておくか

最後らへんでもいいけど ここで出しておこう


俺は走っている どこに向かってかは知らないけど

さあ おでましだ 主な登場人物

仲間たちとワイワイしとくか

サブキャラとかも映しておくか

本編にロクに出てこない奴も 何人かいたりする


抽象化された それらのシーン

何かを象徴しているよ

しみったれた顔をしている俺

センチメンタルって奴なのかい

だけど いつまでもそうはしていられないぞ

敵のおでましだ 明らかに敵っぽい雰囲気だぜ


何かと戦ってるぜ 何かと戦ってるぜ

ここいらで 派手な大技いってみようか

仲間たちよ 集まってくれ

もうすぐ終わりだ 決めポーズしておこうぜ

(#23-2へ続く)

2017-04-11

キナ臭さ漂うなか、沖縄を旅すべきか否か

来週から一週間ほど沖縄を旅する。これまで沖縄はおろか九州にさえ足を踏み入れたことのない私は、初めて頰に受ける南国の風はいかほど心地よいものかと期待に胸を高鳴らせていた。するとそこにシリア空爆の報あり。トランプのぶち上げたトマホークの爆風が私の旅程を揺さぶっている。

辺野古と高江を見学するつもりだったのだ。

一応断っておくと、私は左翼活動家ではない。機動隊員に土人と言わせたいわけでも、フェンスの前でシュプレヒコールをあげたいわけでもない。ただ見たかったのだ。コンクリートブロックで埋め立てられる海と、オスプレイのローター音が響く空の具合を。

しかし、米海軍艦隊がぬるっと半島沖に展開され、斬首作戦の実行される蓋然性が盛んにメディア憶測される本日4月11日果たして来週の旅程を変えるべきか。

調べてはいないが、きっと在沖の基地はい警戒レベルをかなりあげているだろう。当然だ。そんな時に呑気な観光客がウロウロしてたら、米兵自衛官に余計な労力をかけやしまいか反基地運動に真面目に取り組む方々にも迷惑をかけやしまいか

飛躍が過ぎると笑われるかもしれないが、仮に出発までに、更に何か不穏な兆候がみられたら、旅行自体を中止すべきか。だがそれは、いまこの時間ふつう日常を営む沖縄の人々に相当失礼な話ではないか

増田諸賢の論難を待つ。

-----

沖縄を旅する主要な目的は、先祖慰霊だ。沖縄戦で若くして死んだおじさんの最期の地を訪ねる。それと同時に親戚ともども本島をぐるりと巡る道すがら、普天間辺野古、高江を見にゆく予定だった。

72年前の殺し合いの風景を回顧しながら、次の殺し合いの風景想像する。露悪的にいうと、そうなる。もちろん次の殺し合いなんて未来永劫あってほしくないか想像するのだが。

自虐的にいうと、これは高みの見物でもある。卑しむべき基地観光プチブルポリティカルツーリズムだ。本土人間は気楽でいいよね、と言われても仕方あるまい。

-----

私は政治において、つまら日和見主義である。定見は、ない。今日のところは、自衛隊はこの国に必要から改憲して法文に組み入れるべきと思っているし、半島有事が想定される限り日米同盟ベター選択だと思っている。今日現在はそう考えるが、天気読みを趣味としているので、明日信条はわからない。けれど、米軍にいますぐ出て行ってくださいと言える勇気は今後もおそらく持てないであろう。

めんどくさいことに私は判官びいきの逆張リストでもあるので、心情は沖縄左派のそれに近い。いくら東アジア地政学的な最重要拠点はいえ、長年に渡ってヤマトから差別され不利益を被ってきた琉球の人たちが、21世紀にもなってなお戦火火種に怯えなければならない沖縄現在は、まったくもって理が尽くされていない。この本土のわが家の裏庭にこそヘリパッドを建てるべきでは、と。

おまえの立場はどっちなんだ。わが胸に問う。

まり私は、沖縄に行って、一発ガツンとやられたいのだ。基地をこの目で見て、深く懊悩し、激しく逡巡したいのだ。

さぶられたい。 …まあ、そんな甘っちょろい願望なんざ、早晩崩れ去るだろうが。

-----

なんか明け方に書いたせいか自己陶酔が鼻につく文になってしまった。ご勘弁を。

2017-03-20

脳梗塞患者石原に対して政治的正しさを迫られるはてなー

フリーハンドでぶっ叩ける悪の枢軸だったはずの石原まさか脳梗塞高次機能障害患者という強力な弱者属性を装備

叩きたくて叩きたくてウズウズしてたはてなーの振り上げた拳の下ろしどころがなくて混乱してるの超ウケる

挙句詐病だと狂言だの言い訳だのとフライングして政治的正しさを踏みにじるポリティカルアンコレクト人も多数出現

うつ病患者詐病だし狂言だし仕方がないよねw

2017-02-10

恋愛のものが悪なのか?

非モテ告白するのはケシカランという話を飛躍させれば、なんかもう恋愛のものが悪だって方向に行きそう。

実際他のところでもそういう主張をしている人って結構いるし

もう恋愛自体がアンポリティカルコネクトになるのだろうか。

よくよく考えたら、同性愛者の可能性を否定できない異性相手好意の「まなざし」を向けるかもしれない、という時点でポリコレ棍棒で殴られかねない。

同性愛者の側からまなざしだって同じような理由で叩かれかねない。

結婚して子供がいる男でも雰囲気とやらで童貞として叩かれるご時世、仮に本人同士が納得して付き合ってるカップルでも

厳しい人に「なんか非モテっぽい」と認定されればたちまち人権侵害のひどい行為をしている二人組になってしまう。

恋愛のものが悪になりそうだなあと思った。

実際本人同士は幸せに付き合ってるだけのカップルに「あいつは非モテからあの二人で付き合うはずがないのに」と延々と文句をつける人というのは周りにもいるし

そういうのが正義になってしまうんだろうか。それは世知辛いなあと思う。

2017-02-02

NL差別用語だと主張する人へ

NL

ノンケラブです

男女(なんにょ)ラブ

女男(にょなん)ラブです

上記を総称してエヌエルです.

男女CP好きはもうこの呼び方で使っている人もいますし、

そもそも「原作通りのカップリングが好き=ノーマル」と言う意味で利用している人もいます

NLと言う単語を見てノーマルラブと意識的に読んでいるのはあなたではないでしょうか。

ノーマルラブ呼びを理由としてあげることで差別用語としています

そもそもNLノーマルラブが「異性愛ノーマル」・「同性愛アブノーマル」と使っているという前提が

あなたの決めつけでしかありません。

同性愛やその他のジャンル差別する意図で使っている人がいるならその人本人に直接言って下さい。

マカプ・ノーマルラブに疑問があるのならカタカナ表記を主張して下さい。

ピクシブ辞典NL記事意図的ノーマルラブは差別用語である書き込み、他の読み方の意味や男女CP好き差別の経緯を意図的に消している

百合好きと腐趣味書き込みは見ていられませんでした。百合好きの人や腐趣味の人全てがこういう人だとは思いませんが、

他のジャンルに噛みつくように口出しすること自体モラルマナーもないように思えます

これらはHLBG推奨派に多い行動かつNLアンチが推奨している単語なので男女CP好きとしては普通に使いたいと思えません。

決めつけで他者差別していませんか。自分が嫌いだから言葉狩りを行っていませんか。

他者自分の考えを押しつけていませんか。都合のいいように利用していませんか。

相手意図や利用方法を考えずに

嫌悪感をもって他の単語を利用しろ独善的ポリティカルコネクトを押しつけてくる人はただの悪意よる言葉狩りです。

そもそも「ノーマルラブ」は男女CP普通すぎすぎて二次創作でやるとかありえないし必要ないと馬鹿にした側が利用し始めたこともあるので

ノーマルラブ呼びは男女CP好きとしても使いたくありませんし、その呼び方で使ってません。

また、あなた社会活動ジェンダー論・フェミニズムに巻き込むためにNL悪用しないでください。アフィブロガーと同じで信用できません。

異性愛嫌悪者を増やす活動にも利用しないで下さい。

NLが好きでないならほっておいてください。嫌いなもの粘着しててもあなたにとって損ですよ。

NL普通に男女CPを愛でる人が繋がるためのジャンル単語タグです。

タグタグなんて閲覧や検索を便利をするための道具で

それ以上も以下もありません。

文脈NL利用者がどんな使い方をしているのかを一切無視して単語のみに罪を着せている人の言いなりにならないでほしい。

少なくとも私はNLノーラブ呼びしていない人が一人はいるということ、ただのタグ意味しか利用していないことちゃんと知っておいてください。

そしてできれば男女CP好きかつ、異性愛好き差別的活動をしている人に疑問がある人はNL使って下さい。

私はあなた作品が見たいです。繋がりたいです。

決めつけで差別者扱いされてイライラすることも多いと思いますが、その時間作品NLを愛でることに使ってほしいです。

参考資料

ピクシブ意図的に消された資料もあり。

きゃしゃん氏による「NL表記」弁護と、その矛盾

https://togetter.com/li/1003018

NL表記不愉快でしょうか…?

http://mbbs.tv/u/read.php?

id=guchihaki&tid=688&PHPSESSID=tcl6tmn8abujaf8i82urbnlkf3

異性愛ジャンルは何と表記すれば差別になりませんか?

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10127774025

腐女子嫌いな性的マイノリティによる腐女子愚痴AND考察ブログ

http://antisexual.blog.fc2.com/blog-entry-99.html

NLのNって?同盟

http://nanos.jp/nchangen/page/1/

9月14日ナカイの窓 ヲタクダンサー217「BL好き、NLニュートラルラブ)は安い恋愛時代遅れ発言炎上 「うざい、きもい

https://tr.twipple.jp/p/86/09bdb6.html

差別用語というデマ言葉狩り」に騙されるな

http://81.xmbs.jp/piroshigogo-228996-ch.php?guid=on

2017-01-02

[] #11-1「バトルアンドファイト

主題歌:「ファイティングジャストコーズ」

歌:ポリティカルフィクションズ 作詞マーク・ジョン・スティーブ 作曲:サトウスズキ

俺は生まれ変われる 現世での生活は忘れよう

ゲームみたいなシステム ステータスウィンドウもある

この二次元過酷 だけど俺はスゴイ奴なので

独特のパワーがある いい装備も用意してある

努力もするし 強くなるための環境がある

仲間はとても頼れる 頼れなくても私があなたを守ります

俺がスゴイ奴なので 実は仲間いらないかもしれない

そうは言っても 俺を褒めてくれるから仲間だ

ヴァリアブルブル! オリジナル


敵は明らかに嫌な奴 政治的にもよくない

絶対こらしめてやる 溜飲を下げさせてやるぜ

心配するな 私には正当な理由があります

俺を好きになってくれ フラグだけでもいいか

俺を嫌いにならないでくれ 愚かな言動は控えるから 

ハチャメチャしてるぜ ですが誤解しないで

コンプライアンス範疇で ですよ

ヴァリアブルブル! オリジナル

ユーマ・フォーリング・ホーーーーーース......


「ユーマ・フォーリング・ホーーーーーース!」

弟がテンションを高くして観ているのは『ヴァリアブルオリジナル』というアニメだ。

雰囲気は如何にも子供騙ししか見えないが、意外にも大人気のようだ。

特にこのアニメモチーフにしたカードゲームは、世界大会が開かれるほどの熱狂ぶりで、弟もその住人らしい。

弟に対して俺はというと、内心冷めた目で静観していた。

他人趣味を腐すつもりはないが、俺はこういうジャンルに明るくないか理解に苦しむのだ。

『私は姫……女王がいないけど、ピーチ姫だってそうでしょ……』

「あれ、CMいつもと違う」

『新パック、“剣姫スミロドン”登場! ベリーマッチグレートレアクアドラプルスペシャルクラスが合体!』

「うおお! 何これ、初耳なんだけど!? アニメにもまだ登場してないじゃんか」

切り札はこの袋の中に~切り札じゃないかもしれないけれど~たくさん買えば~いつか~きっと~』

畜生、発売と同時に宣伝するタイプか! 今すぐ買いに行かなきゃ!」

アニメは観なくていいのか?」

ネット配信もあるから大丈夫。行こうぜ兄貴!」

「何で俺も行かなきゃいけないんだよ」

「購入に年齢制限があるんだよ!」

この時、母はメンテナンス中で動けず、父は必要な機材の準備で手が離せなかった。

仕方なく、俺は渋々と弟についていくことにした。

子供向けのはずなのに、その子供は買うのが制限されているってのも奇妙な話だと思ったが、まあ金のかかる趣味には往々にしてあることなのだろう。

やれやれ……付いてはいくが、くれぐれも節度を持って買えよ、と」

出かける前に、テレビの電源をオフにしておかなければ。

『後悔するかもしれないけれど~買ったのは君の意志から~』

「……」

(#11-2へ続く)

2016-12-22

ポリティカルホテル

先日、ホテルダブルルーム宿泊した。

シングルで予約したのだが、空きがあるのでホテルアップグレードしてくれたのだ。

ダブルルームなので、枕、バスローブ、コップ、タオルなど、全て2人分用意されている。

もちろんバスルームのアメニティーもだ。

ヘアブラシ、ボディースポンジ、歯ブラシ……おや?

髭剃りだけが1セットしかない。

ダブルルーム男性が2人で泊まるということは、想定外なのか。

なんで「童貞」が罵倒として成立してんの?

そもそもこの単語自体セックスしてないですという意味しかないので、罵倒としての用法になってるのはその背景の何かを叩いているわけだよね。

意図するところとしては大体「子を残せない不適合者は死ね」とか「誰一人信頼関係を築けないコミュ症は死ね」あたりになるんじゃないかと思う。

この辺をオブラート無しで直に突っつくと、ポリティカルでコレクトネスがどうとかマイノリティがどうとかヘイトレッテルがうんたらとか厳しい人たちに囲まれて棒で叩かれることは確実である

でも普段その辺に対する意識の高いウォーリアの皆様もおとなしいし、コミュ力偏重に厳しく正義大好きのはてなの皆様でさえ、この辺には全く無頓着に見えるどころかむしろ積極的に加担するくらいの勢いがある。

罵倒されるシチュエーションエロ漫画は好きだけどお前ら漫画現実区別付かないのかよ。

2016-12-05

そもそも右翼なんてバカ集団選挙権発言権認めたのが間違いだったように思う。

世界もようやくそのことに気づいて、ヘイトクライム法やポリティカルコネトレス意識の高まりによって、右翼共を社会から排除するような流れになっている。

一方我が国はというと相も変わらず互いを罵りあうのが野放しのまま。

このまま世界で唯一の右翼国家となって滅亡するのでしょうねw。

2016-11-23

ポリティカルコネトレス

衣食住足りて礼節を知るとはまさにこのこと。

2016-11-15

それポリコレじゃなくね?

あれもポリコレ、これもポリコレ。こんなに沢山のポリコレ棒で殴られてるぅー。

でもそれ、ポリコレじゃなくね?

多少ブレはあるけど、ポリコレ一般的定義は↓

「ある表現において、ある集団に対して不利益を与えたり攻撃的だったりする言論・態度が含まれないこと」

ほんじゃどんな使われ方してるか見てみよ

まずこれ

http://b.hatena.ne.jp/entry/anond.hatelabo.jp/20161109215129

id:kasugano 「発信者意図がどうであろうと受け手ヘイトと感じたらヘイトだし差別と感じたら差別」がいつものポリコレ理論だった。ならこの人が脅迫と感じたら脅迫でしょう。なのに被害妄想扱いして一蹴するのは最低だよ。

そんなポリコレ理論は、ない。

そも、ある言動差別(ヘイト)か否かってのはポリコレ以前の問題

ポリコレヘイト差別定義するものじゃなく、むしろ定義された後、それが表現に入っているか否かを示すもんだ。

なお、差別において「被害者差別と思えば差別」なる定義はない。そんなこと言ってる奴がいたら間違いだと言ってやれ。

お次はこれ

ttp://anond.hatelabo.jp/20161112082205

まあ、要するにキャップホモだって設定に変更してくれって話だ。もう、本当にうんざりしたんだが、これがトランプのいう「過剰なポリコレ」のひとつだ。

ポリコレ無関係

キャップ異性愛者として描写されることはポリティカル・コレクトもの

キャップ異性愛描写は、同性愛者なり他の集団なりに何らの不利益を与えず、攻撃的でもない。

何?インコレクトだって言ってる奴がいた?そいつバカだ。ほっとけ。

今度はこいつ。どちらかと言えば親ポリコレ?でも議論がクッソ雑

ttp://anond.hatelabo.jp/20161111105121

「今までポリコレ棒で叩かれてたオタクポリコレに守られてるわけねえだろ、反ポリコレになって当然だ」ってのは違うって。

ポリコレオタクを殴る」ってのは、ソフ倫の「近親相姦獣姦禁止」とか、コンビニエロ漫画の「ランドセルセーラー服禁止」の方だよ。

駅乃みちか辺りの話は、「オタクが棒を所構わず振り回しだしたので、それで殴られるやつがいからやめろ、と、棒を取り上げられた」って話なんだよ。

どこにポリティカルインコレクトな要素あるわけ?しか業界自主規制しょうが

いったいぜんたい、誰に攻撃的で、誰に不利益与えてるわけ?どこに差別要素が?

駅乃みちかだってほぼゾーニング周りの話だったじゃん。

てかそもそもエロ叩くとポリコレ扱いって何?皆さん、「エロ差別的」って受け入れてますのん

エロ差別ってんなら、そらエロ漫画なり何なりポリティカル・コレクトに反してるけども、そんなコンセンサス、あります

3例だけでごめんねー。でも他も概ねこんなもんよ。

"政治的に正しい"って字面のせいかはわかんないけど、みんな自己流のポリコレ解釈してる感ある。殴る方も殴られる方も。

ラノベ天狗ならぬポリコレ天狗でてこないかなー。あ、駄目か議論弱そう。

2016-11-12

ポリティカルなんとかにつかれた

決して口には出さないけれど、私にも誰かを差別したいという気持ち存在しているのかもしれない。

気持ち悪い、関わりたくない、消えてほしい。

ふと、心のざわつきを丁寧に解きほぐしていくと、そんな気持ちが表れるのかもしれない。

私が口に出さないのは、あなたのためではなく、私のためでしかないのかもしれない。

叩かれるのが怖いから、言わない。

から違和感を拭うことができないのかもしれません。

なぜ差別してはいけないの?という私の中にある疑問と正しく向き合ってはいないのだろうと思います

だって差別対象になり得るのでしょう。実際、欧州で嫌な思いも経験しています

しかし、理解するには学ぶ場所がないのです。時間がないのです。余裕もないのです。

理解しても、嫌悪感コントロールできないのです。

正しさを武器に上から一方的に叩かれるのは、その正しさとは別に相手に対する敵意しかまれません。

でも私も正しくありたいとおもうのです。

ともあれ、つかれました。

2016-11-08

インターネットでの女性差別表現問題を考える

インターネットで「(90年代オタクネイティブは秘していたような、女性に対して暴力的言語表現一般化してしまった」理由として、

00年代以前のインターネット社会では「女性マイノリティだった」というのが大きいのだと思う。

なお、タイトルで「女性差別表現」としたのは、

女性嫌悪的な記事や、『ま~ん()』『腹パン』『糞女』などの『女性に対する明確な差別的言論』やセクシズムに溢れた表現が、

住み分けされることなく偏在し、男女双方の性嫌悪再生産し続けている、という現状を重く捉えるためである

後半、ポルノメディアゾーニングについても触れるが、弊害が大きいのはむしろ差別言論のほうであるように感じる。

まとめサイト有害

インターネット社会は、公/私の領域区別が限りなく曖昧だ。

かつてアングラサイトだった2ちゃんねるは、まとめサイト存在によって「公」空間に引きずり出されてしまった。

ソース元となる「ニュース速報系」は、かつては「極端な思想同士が延々とプロレスをしている」一元さんお断り空間だったが、

雑談系板の分離、アフィリエイト排除のための板新設などを繰り返した結果、かつての「喪板(=モテない男性文化)」的な、

非モテミソジニー文化が幅を利かせる空間として先鋭化した。客層をターゲットした広告が配置され、結果として女性差別と、男性向けの性表現で溢れかえる

新たな住民流入し、育ち、巣立っていくサイクルの中で、一般的女性が見たら嫌悪感を持つ空間が醸成されてしまったのはほぼ必然といえる。

たまに誤解している女性がいるが、これを「日本社会差別性の象徴」と捉えるのは正確ではない。

まとめサイトによる、配慮を欠いた著作権侵害行為によって、

「もともと限られた男性たちが醸成した空間が、外部者である女性の目に触れるほどに一般化してしまった」が正しい。

なお、ここまでの推察は、既にあるまとめサイトをどうこうすべきという話ではなく、「結果としてやむを得ず現状がある」という過程の話である

解決案1:住み分けの徹底

多くのインターネットサービス提供しているのは、異文化衝突に対する、技術アプローチによる解決だ。

Google的な広告モデルは、個人需要に対して徹底的にパーソナライズされる仕様になっている。受け付けない広告は、右上などに表示された×ボタンを押せば表示を止められる。

例えばtwitter本来TLがデザインできる空間なので、攻撃的なタイプの「弱者男性(女性車両反対)」層、ツイッターレディースなどの、

IS○S的な用途は、本来サービスデザインに反する。「嫌いなものブロックして見ない」が正しい使い方となる。

また、facebookは年々ポリティカルコネクトネス的な締め付けを強めているので、猥雑なインターネット空間が受け付けない層はそちらへ行くのが妥当、という側面はある。

はいえ、情報リテラシーが高い、あるいは自制可能人間ばかりでない。

そして、往々にして人間は、自分空間デザインすることではなく、差別者批判することではなく、

『嫌いな』表現攻撃する行為に労力を割いてしまう。現状、技術手段有効活用されているとは言いがたい。

解決案2:規制する

二項目だが、人が一言目に求めがちなのがこれである

性差別を受ける体験から嫌悪を強め、あらゆるセクシズム的な表現に対するアレルギー発症する人は多い。

社会における表現の自由は「人権の総量」と同義であるといって過言でない。

表現規制基本的人権侵害に及んだ場合社会的人権確立が十分でない子供、そして次に女性権利を奪われる。

この例は、事実上男性向けポルノ規制である青少年育成条例周辺の改正案が、全て、「子供権利を奪う」方向に進んでいることに顕著だ。

焚書を及んだナチス・ドイツや、青少年健全育成法との内容的類似が指摘される、戦前国家総動員法物語る通りである

一部東南アジア国家では強硬規制政策が取られているが、独裁政権が横行し、「エロ本を買うより女を買うほうが安い」といった状況だ。

タイでは軍事政権に対するクーデターが起きたものの、短い平穏のあと、名君の死による大変な混乱が起きているのは周知の通り。

さて、「表現の自由」論について多くの行数を割くことは、ここではせず、過去他国の先例に触れるに留める。

論じたいのは、見た目のイージーさに対して重要リスクを持つ「社会法による規制」に訴えず、

女性差別表現に傷つかないネット空間を用意するにはどうしたら良いのか、という部分だ。

解決案3:女性にとって「クリーンな」サービス新規に作る

まとめサイト女性の目に触れる、ということは、扱われるトピックに、女性にも共通する需要があり、

一般メディアのセクシズムに不満が出る、というのは、逆に捉えれば「セクシズムが除外された空間需要がある」ということだ。

クリーンな」と書いたが、女性向けキュレーションメディアの多くは

女性趣味嗜好は細分化やすいので、隙間需要はおそらく多い。

女性向けで、かつ、現行のまとめサイトに近いものとして「ガールズちゃんねる」「GIRL'S TALK」などがある。

まだ十分に一般化していない印象があるが、これらは、需要を上手く捉えたサービスだと思う。

ところで、女性向けキュレーションメディアの大半が「セックス」「恋愛」を全面に出している。

セクシズムこそが人を惹きつけ、湯水のように金を出させることは否定のしようがない。セクシズムは男性のみならず、女性にも深く根付いている。

社会的な建前が排除された女性向けメディア、「ガールズちゃんねる」「大手小町」あたりを見ても、女性女性による女叩きは溢れかえっている。

それらを除外したサービスを作ったところで、収益を上げづらい(作るメリットが薄い)であろう、という推論は成り立つ。

視界内からセクシズムを排除したいならば、自らをゾーニングし、徹底的に安全場所に引きこもる他はないだろう。

解決案4:女性向けの性文化の氾濫を起こす

ここまで敢えて触れなかったが、女性向けのネット文化は、存在しなかったわけではない。

日本は性文化においても、女性への「slat shaming(ふしだら侮蔑)」的感覚が強く、また、女性のほうが趣味が細分化やす事情もあり、

女性向けの性表現は自ら「隠れている」のが実情だ。学級会文化、と揶揄されるように、同調圧力が非常に強い。

一般化する前の、かつてのオタク文化に近い傾向を持っているとも言える。

ただし、女性男性向けの性表現嫌悪感を抱くのと同様、本邦の男性女性向けの性表現嫌悪を抱く。

あらゆるネットサービス問題となる、「腐叩き」に顕著だが、「腐叩き」が問題になっても、「女叩き」が問題になることは少ない。

マイノリティ」の弱みだが、女性インターネット利用は既に一般化しており、そもそも男女の大きな人口差はないので、人数的にはマイノリティではない。

最近腐女子がやりすぎている」のではない。男性向けの性暴力表現一般性を考えれば、表に出てくるのは至極自然現象だろう。迫害するほうが不当だ。

男性性への嫌悪から女性差別表現と共に氾濫している男性向けポルノ規制を求めれば、女性向けの性表現規制を受ける。

ミラーリング」に必要なのは個別キンタマ潰しでもなく、ポルノバッシングでもなく、女性向けのポルノを、公空間に氾濫させることだと思う。

女性向けイラスト投稿SNSというのもできている。

なお、筆者は少女表象を好み、男性向け文化を主に嗜好してきた性別女性だが、

BL愛好女性の語りが好きだし、女性向けのゴア表現の行き着く先がどのようなものなのか、強い興味がある。

同性が表象によって「性的消費」されることに抵抗はないし、異性に対しても特にない。

個人イリーガル侵害しない範囲に限るが(実在者の加害行為扇動する気はない)、文化としては、更なる先鋭化に期待する。

最後

ここまで、もうひとつ、敢えて書かなかった選択肢がある。

攻撃的に、あるいは非攻撃的に、「自粛を求める」というものだ。何故書かなかったか。そもそも無理だと考えるからだ。

殴ったところで、他者加害傾向の強い人間は「反応があった」事実に溜飲を下げるだろうし、

攻撃的でない人は傷つき、嫌悪ないし憎悪を増幅させる。前向きな進展が起こるとは考えづらい。

空間のパーソナライズという形での技術解決は更に模索されるべきだが、人間はそも身勝手で、経験外の事象への想像力を欠いた生き物だ。配慮を求めるのは非常に難しい。

一般社会では許されないような表現が溢れかえるインターネットの「公空間」だが、「すでにそのように形成されてしまった空間」において、性差別欲望抗うのは難しい。

現在の本邦において、男性女性も、「男性嫌悪」「女性嫌悪」を内在させている。

女性向け」のインターネット空間では、女性は性表現への渇望を隠さないし、お行儀よく振舞っているわけでもないし、男性を「消費」しもする。

最初から女性インターネット空間マジョリティだったとして、「自粛」などできる筈がない。これはそういう問題だ。

想像不可能事象人間は「配慮」なぞしないし、想像力の欠如は、体験することによってしか補われない。

男性にも、目に見える範囲で同性の表象理想化され、客視され、消費される体験必要なのだと思う。それこそが戦うこと、ミラーリングになる。

裏返しに言えば、とき男性オタクが憧れるように、「憧憬され」「求められる」のは、「女性」の特権ではないはずだ。

相互に消費し、消費され尽くす経験を経て、住み分けやお互いの線引きを探るか。社会法による規制という形で表現の自由幸福に生きる権利が奪われることを望み、

共に滅ぶことを選ぶか。

女性の生きづらさ」を改善するためには、空気を、構造を変えなければならない。

それは、「黙らせる」のではなく、自らが声を挙げ、表現することによってしか実現されない。

追記:本稿で取り扱いたかったのは、主として「女性に対する差別言論」が全く住み分けされない(されづらい)現状だったのですが、

表現上、ポルノメディアとの区別曖昧になっていたので、一部をリライトしました。

ポルノメディアはかなりの割合でsexismを含むと認識していますが、それが単純な女性差別であるとは捉えていません(17:38)

2016-10-26

ポリティカル・コレクトネスっていうのはポリティカル物事や人に対して求めるものであって個人が多少差別的であってもポリコレ理由に殴っていい大義名分にはならない

っていうことを忘れてるどころか最初から知らない間抜け普通に居たりしてヤベエなって思う

2016-10-20

シン・ゴジラ日本北米の盛り上がりのギャップについて

やったぜ! シン・ゴジラ 北米好調

http://d.hatena.ne.jp/shi3z/20161020/1476918294

NYに住んでる者だが、日本話題だったので先週末日曜日タイムズスクエアAMCで観てきた。

別に会場は終始いたってずっと静かだった。ゴジラが下に火を吐いたシーンは迫力があったが、それ以外はだれも興奮していなかった。アメリカ人普通ちょっとでもアガるシーンがあればオーディエンスがすぐに反応する。手を叩いたり、大笑いしたり、Hooo!と叫んだり。特に公開初週の週末ではなおさらだ。それがほとんどなかった。最後申し訳程度に拍手がパチパチあったくらいだ。

後ろに座っていたアメリカ人二人組は明らかに終始失笑していたし、トイレに立った際に出会ったアメリカ人は「ゴジラ第一形態)がなんだかweirdだね」くらいの感想だった。子供は「ママゴジラ全然出てこなかったね」と言っていた。

個人的感想としては「よくこんな3流の映画日本全体盛り上がれるな」ということだった。まあ日本にしてはマシな作品を作ったということなんだろうが、それでもあの盛り上がり、持ち上げは異常だ。

まず演技が下手すぎる。最初のだらだら続いた閣僚内の会議のシーンは学芸会かと思った。あの防衛大臣みたいな女性間抜けなしゃべり方や、菅直人チックな首相役のおっさんの過剰な決断力のなさの演出、こういうキャラがいた方が面白いんだろと言わんばかりの半沢直樹に出てたへこへこするおじさんのキャラ作り。ギャグ映画としてみていいのかシリアスな展開を表現したいのかさっぱりわからなかった。アニメキャラにしゃべらせらば違和感はないのだろうが、「そんなこと普通言わねーだろ」というセリフと大げさな演技オンパレードで、小難しい単語連呼すれば緊迫感がでると思っている演出と相まって、チープさがすごかった。なんか映画観た後で批評を調べたらあのあたりの前半の会議のシーンを「リアリティのあるポリティカルサスペンス」などと形容しているようだが、失笑ものだ。。24House of Cards政府内のやりとりなどと比べて欲しい。

そもそも、「国にとって重大事が起きた時の政治決定力のなさ」を描きたいのかもしれないが、そんなの東日本大震災の時に見たばかりなのでなんの新しいメッセージもないし、見ていてちっとも面白くない。あれだけ前半時間を使って視聴者ストレスをためさせたくせに、全然それを映画後半のシナリオ解決させていない。閣僚たちが死ぬシーンももっとちゃんと描くべきだし、いっそ国会を木っ端微塵にすべきだった。主人公矢口立ち位置中途半端で、これまでの決断力のない日本の政治システムを変えていく毅然とした態度があったかというとそうでもない。むしろ矢口チームがギリギリまで粘ったが結局国連核爆弾を落とされてしまった、東京は再び焼け野原になった、これを機に本当に日本は変わらなければいけない、という展開の方が、中途半端ゴジラを停止させてしまうよりメッセージ性が際立って良かっただろう。

あとCGがひどかった。第一形態ゴジラは敵の雑魚キャラかと思ったし、笑えた。街が壊されていくシーンのCGも、ボートとかCG感丸出しでチープさがすごかった。予算がないのだろうが、それならもっと夜のシーンを増やすとか、工夫できる余地があったはずだ。最終形態になって夜に大暴れするシーンは格好良かったから、もっとあいうシーンを増やすべきだった。血液凝固剤を使ってゴジラを止めるシーンでは、絶対ゴジラがまた振り切って動き出すと思ったが、なぜか米軍ミサイルなんかよりよっぽど威力のないであろう電車爆弾で都合よく倒れ、倒れたところに都合よく潰されず待ち構えていたポンプ車で放水開始し、それを都合よく口を開けたゴジラが都合よくチューチュー吸い続けて、結果止まってしまった。劇場全体が「えっ止まっちゃったよ」感でいっぱいだった。

あとなにより全体的なプロット未完成感がすごかった。例えば今年DisneyのZootopiaを見たが、最初から最後までの1シーンも無駄がない。最初に出てきたなんでもないシーンも、実は伏線で、映画最後の方にきちんと回収され、いささか伝統工芸品かのような緻密な構成美を感じさせてくれる。対してシン・ゴジラは、「今のやり取り必要あった?」と思う部分だらけだ。教授調査記者みたいな人に依頼するシーンとか、必要か?そもそも教授動機や背景など最後までよくわからずじまいだし、石原さとみ役の人物の背景の説明が弱いか感情移入できず、最初から最後まで終始全ての言動が突飛で違和感しかなかった。

以上、まとまりがないが、とにかく日本シンゴジラマンセー一色の雰囲気一言物申したかっただけです。終わり。

2016-10-18

http://anond.hatelabo.jp/20161018112007

みちか自体が元のイラスト見ても公式LINEスタンプの絵と説明見ても元から微かに色気を漂わせるキャラだったって印象。

一部が賞賛してる修正版はポリティカルに正しいのかも知らんが、元キャラへのリスペクトって意味では0点だよ。

蒸して脂抜いて小骨抜いてパッサパサにしたサンマって感じ。

鉄道むすめの方に問題があるとすれば、元キャラデフォルメであるが故に薄味になってた要素が

身上げたら煮詰まって濃くなり過ぎたという部分で、ディレクションはあれで正しいだろ。

仮にあの仕事来たら俺だってキャラとの整合性を少し損なってでもクネクネさせるよ。

2016-08-22

シン・ゴジラは、 『特撮好き』なら失神レベルの大傑作で、『一般人』なら視聴に耐えうる娯楽作

シン・ゴジラの真価は、これから広がるであろう一見さんによる批評の中にこそ有る。

まり、「満点からマイナスされうる特撮映画」が帰ってきた、と言う意味だ。

1週間ほど前に話題ゴジラを見に行った。面白かったは面白かった。

が、事前ハードルが上がりすぎていたのか、粗(に私には見えた)の部分が結構気になってしまい、正直世間で言われている程に「大傑作」にはあまり見えなかった。

シン・ゴジラそんなに言うほど面白いかあ??

シン・ゴジラには、決着のカタルシスが無い。

確かにその通りで、それは欠点だ。

それは、長年特撮ファンが受けたくても受けられなかった指摘だ。

特撮ファン向けの映画から一般人向けの映画に

「まあ、子供向けの怪獣映画にしては良く出来てたよね」という感想からの脱却。

対象年齢を考えても酷い」とか「大人の視聴に耐えうる人間ドラマ」とか

そういった「オヤクソクを共有している視聴者」向きの話じゃない。

まり、「ファインディング・ドリーと比べて」とか

ゴーストバスターズの脚本比較して」みたいな、

一般的な映画と比肩しうる水準に特撮映画を押し戻した。

からこそ「大傑作」であり、それ故に「まあまあ面白かった」という感想が併存しうる。

今あるものでやるしか無いんだ。

特撮は、リソースがないことをイイワケにしてきた過去がある。

平成に入ってからゴジラをどれでも良いから観て欲しい。

シン・ゴジラ比較するべくもないヒドイ作品ばかりだ。

一般人から見れば。

最近は「ゼロからプラスして積み上げる特撮映画」しか無かった。

「(全体の質はハリウッド比較しようも無いけど)特撮部分は良かった」

「(全体の質はハリウッド比較しようも無いけど)ドラマパートはヒドイ」

みたいな「邦画予算規模で制約の多い特撮映画において」という限定が常についていた。

シン・ゴジラは、正面からそれを覆してみせたと思う。

イイワケの無い、特撮映画としてのゴジラ

粗はある。荒削りでもある。

世界最高峰の映画では無く、手を入れるところもまだまだある。

それでも恐らくは邦画現場における特撮映画のベストを尽くした映画だと思う。

それは特撮ファンなら邦画の環境に絶望せずに希望を見いだせる一筋の光であるし、

一般人から見れば、「怪獣映画だけど面白いらしいよ」と観に行ける映画になってる。

まり何が言いたいかというと

日本特撮映画として100万点」のシン・ゴジラで終わるならソレまでだ。

でもきっと「世界の映画の中で70点」のシン・ゴジラだと評価してもらえる。

怪獣を通じて、日本災害を正面から描き、国のあり方をポリティカル視点から捉える。

世の中は稼いだもの正義で、投資してもらえるのは評価された作品だけだ。

その意味で、きっと一般人からみても、投資に一口のれる出来じゃないだろうか。

おまけ

ダシに使ったので、不満点に共感しつつ、違う視点提供しておくよ。

映画観に行った後のファミレスでダベってる感じで読んでもらえればと思う。

(人は感じたことが全てであり、反論しようとは思っていない)

登場人物ゴジラへの理解度が要所要所で不自然に高い』

主人公矢口会議中に巨大生物言及するのだが、この時点で矢口がそう判断に至った材料は精々ネットの動画程度であり、あそこでアレを「生物」と考えるのはかなり不自然だ。

この時点では矢口は単なる夢想家レベルである

矢口の人物像について、多少のフォローはされている。

シン・ゴジラ主人公である長谷川博己演じる内閣官房副長官矢口蘭堂は、

竹野内豊演じる内閣総理大臣補佐官国家安全保障担当)の赤坂秀樹から

会議結論ありきで進んでいる。かき回すな」と助言を受けている。

また、エレベーターの中で、立場が上の人間に対して「楽観やこうあって欲しいという願望が、先の大戦で何百万人も殺した」とワリとハッキリ苦言を呈している。

矢口生物と断定しているのではなく、「巨大生物の可能性を俎上に載せないのはマズイ」と判断しているのではないだろうか。

ネット上の映像フェイクであれば、それを作った人間動機テロで無いことを確認するまで安心しないタイプ

ニュース映像での「巨大生物尻尾」について、ニュースの真偽を問うシーンがないのは映画の都合だと思う。

ニュース第一報だと見るのが妥当なシーンだし、それならアレは何のジョークだと笑うのが現実的ではなかろうか。

同種の別個体については、検討は並行で続けているが、映画の都合でカット、じゃないかな。

個体だとすると、観客は「ゴジラ対究極生物なのか?」という疑念を抱きながら観ることになり集中力が削がれる。

『人の死の描き方について』

(一つは倒れるマンションから逃げ遅れた家族、一つは溢れた川から逃げる男性、もう一つどこかで同じことを思った気がするが覚えていない)

 この点はあまり大きな不満という程では無いのだが、どうにもモヤモヤとしてしまった部分だ。

たぶん、残りの一箇所は、自衛隊戦車が潰れるシーンか、注入第一部隊の全滅の部分じゃないかな。

マンション荷物を詰めていてマンションごと押し倒される家族、川からの逃げ遅れ(たぶん画面の奥側に向かって走る男性)は、

災害の描き方の問題で、ゴジラによる人死を描いているわけではないと思う。

あの一連のシーンで感じる「いまどこに災害が近づいてきているか一般市民には把握できない」という恐怖は演出として一貫していると思う。

(状況把握のしようがなく、気がついた時にはもう遅いという恐怖は、5年たってやっと直視できるようになった映像だと思う)

ただ、予算の都合による表現の制限を感じる部分ではある。

病院とか今まさに災害現場は出てこず、災害が通り過ぎた後の映像だしね。

密室俯瞰した映像に寄る災害描写は、予算制約を逆手に取った脚本の作り方の問題であり、

その意味で「巨大不明生物がなぎ倒したビルにも当然人が残っている」というのを伝える手法に限界があったのかな、と思う。

ほぼあの家族しか直接の被害は確認できないのに、それ以後の緊迫感は違う。

だけど、アレ入れて欲しくない、というのも判る。

石原さとみキャラが明らかに浮いている』

浮いてると思うよ。これはシナリオの歪みが集中してるせいだと思う。

これ、後でちょっと付記するけど、「シナリオの都合の上で」リアリティラインは高く見えるようにしてあるんだと思ってる。

例えば、東京駅前に当然あるはずの広大な敷地について劇中一切言及されていない。明らかに不自然。

筋論として、日本が米国に頼り、米軍日本国内武力行使する、という流れのハズ。

仮にも主権国家に対して、他国が熱核攻撃を短期間に強行する理由がない。

米軍による強行じゃなくて、国連安保理での決議言うてたし)

日本が壊滅するまで自由にさせておき、主権が及ばないところに出てから攻撃になるはず。

ちょっと日本以外のまとまりが良すぎるというか、世界があまりにも日本に対して冷淡すぎる。

日本に核攻撃」という荒唐無稽な一手と、

ゴジラを生み出したのは、牧元教授という日本人では?」という点、

外務省駐在武官無視して政権が直接軍事について外交を行うと言う部分を抑えると

祖母が原爆による被害者であり、日系人アメリカ政権に対して一定の譲歩を引き出しうる通常外交ルート外の存在は、

石原さとみ演じる米国大統領特使のカヨコ・パタースン以外であっても、

やっぱり荒唐無稽に見えるだろうし、どうしても浮いてしまうのは仕方がないと思う。

彼女シナリオの不備による歪みを一手に引き受けて浮いているのだと思う。

まあ、じゃあどう直せば良いかって言うと、アメリカ側を描くには予算が足りなそうだな……

『ヤシオリ作戦について』

ゴジラ原子炉載せて、排熱への対処(生存本能)で進化するって道筋つけると、焼却 or 凍結ってのは判りやすい。

シナリオの都合でアメリカに熱核攻撃を担わせると、日本特撮的な花である爆発(焼却)を使うのは難しい。

そもそも「カタルシスを得られない」ということそのものが、演出意図なのではないかなと思う。

一応、血を流すことから排熱に血流を用いているのではってのは合理性があるし、血液凝固材も30種類?試して効くのは確認してる。

元素変換する相手ならどこに投与しても一緒って意味では、口に見える部分に引っ掛けて体内注入するってのは効果的とも思う。

仮定仮定を積み重ねて、地味な作業原子炉の終息にもってくってのは、福島第一原発事故対応への直喩だろうし。

「ショボい」処理で、しかも「まだ終わってない」ってのを、東京駅に凍結させたゴジラで示しているのでは、と。

政府冷温停止宣言したのも、冷やし続ける必要があるってのも、同じ構図だよね)

 加えて、ヤシオリ作戦に関しては、矢口の陣頭指揮の部分にも中途半端さに違和感があり、これまで徹底して「対策室で対応する政治家」を描いてきて、結局最後は「主人公現場の陣頭指揮を取りに行く」というのを描くのか、というのに少し落胆した。

 せめて矢口本人が言うように「自分現場にいる事で出来た微妙判断」が描かれていればスッキリはしたかも知れない。

一応は、逃げ遅れた人がいるかもしれないけどやる?とか、線量が予定よりも多いけど続行するのか?とか、判断はあったと思う。

どっちかというと、多分最初に感じたであろう「え?総理大臣は逃げるの?残らないの?」みたいな感覚

「いや、指揮官は後方に控えてないと死んだら終わりだから」に観客の気持ちを変えたかったんじゃないかな、と思う。

それでもまあ、良くあるヒーロー映画みたいにゴジラに触れるような最前線までは最後まで行かないし、良かったんじゃないかな。

(良く言われる「陣頭指揮」を観客がどう捉えるかが、映画を見た後で変わったのではないか

『「国」のアピール

 総体としての「日本」とゴジラとの戦いを描くのがテーマであるのであれば、

 あそこまで「東京」のみの話に終始したというのはどうなのだろうと思う。

正直に言えば、予算の都合で、東京のみの話にしないと収拾が付かないと思う。

ただ、あれは東京一極集中への軽い皮肉にも見える。

福島第一原発事故」が「東京駅」で起こったとして、煽りじゃなくて日本としての機能がどうなったか考えるとゾッとする。

その俺の思いと重なるが、何度も「経済的」な話が出てくる。

経済的には莫大な損失とか、熱核攻撃を受けて世界から支援を受けないと復興できないとか。

損得勘定で熱核攻撃を仕方がないと受け入れる「論理」と、象徴的な意味で核攻撃を受け入れられない「感情」との対立軸にも見える。

「国」とは何なのかを観る人に問うシナリオになってたんじゃないかな、と。

まあ観たひとに届かないのであれば、そりゃ成功してないわけだけど。

その他のダメ出しポイント

まあ、観たひとに届かない思いは独り善がりなワケでダメなんだと思うけど、

最初に書いたように、そういう「普通の映画のダメ出し」してもらえるところにシン・ゴジラ価値がある。

と、思うわけで、やっぱり気になる点を俺も最後に列挙して置こう。

東京駅のど真ん前の話が無い

東京駅の正面真っ直ぐに、東京の中心である大きな空間がある。

熱核攻撃をあの付近で行うことに対して、日本人が触れないってのはあり得ない。

「彼らはここがニューヨークでも同じことをするそうだ」とはセリフにあるけど、あれ「ワシントン」じゃないんだよね。

あくまでも経済の中心であるというセリフであって、象徴的なんだけども)

陸上理由が判らない

突然地上にさまよい出た、排熱の為に進化した、冷却のために海に戻った。

突然さまよいでることも、デタラメに動くのも、再冷却の為に海に戻るのも災害っぽい。

鎌倉から上陸する理由がわかんないんだよね。

進化の方向性として陸上に特化してしまったとして、海水を捨てて地上に出てくる理由不明

牧元教授が好きにした結果、ゴジラを生み出して、意思を方向づけたなら判らなんでもないけど。

配偶者を原爆で亡くし、国と核を憎んだ牧元教授なら、先の大戦の直接の責任者である国の象徴にまず向かい、その後アメリカ上陸を目指すのは理にかなっている)

国連安保理が核攻撃容認するのが判らない

途中、スパコン計算能力貸して欲しいって海外の研究機関に依頼するときに、

一旦「ウチの技術を盗むかもしれないから断ろう」みたいなセリフがあるんだけど、

もしも「間に合わなかったら首都が熱核攻撃を受ける」みたいな状態なら、

「ひとを信じよう」みたいなのんびりした話にはならないと思う。

人類ってそんなに日本に冷淡なの?と言う。

秘密裏国連安保理が熱核攻撃容認するって、日本外交ゼロってことになる)

(そうすると、フランスと裏取引する外交技術との整合が取れない)

駆除一本槍なのに違和感がある

シナリオ福島第一原発事故念頭に置いてるからなんだろうけど、

ゴジラに対して調伏(焼却or冷却)しか選択肢が無くなってるのに違和感がある。

最初に言ってたけど、追い出すか、退治するか、保護するか。

保護が無理、退治が難しそうなら、通常は追い出しの手段検討するんじゃないか

餌で釣るのか、行動パターンを読むのか、押し返すのかは別にして。

追い出しにリソースが避けないって言う描写は欲しかったかな……

(これはほとんど「他の個体についての言及がない」ってのと同じポイントだな)

とは言え、

映画を見ながら、実際に災害になったらどう逃げようか俺は考えた。

かなり踏み込んで災害を描いてるような気がするけれども、どうかな。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん