「強制力」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 強制力とは

2020-05-28

anond:20200528114224

その時代の風潮に合わせないと生きていけないんだから仕方ないでしょ。

今はそんな強制力も無いのにそんな時代でやっていたようなことをなんでわざわざやろうとするの?

2020-05-19

給付金入力不備の多さは本当に不備なのか?

これは陰謀論とかではなくデザイン論の話で普段UIとかUXかに詳しい人に教えて欲しいのだけれども。

オンラインでも紙の書類でも入力内容に不備があるということは

情報が誤解されて伝わっているため、それが結果的入力内容に不備があるという状況を作っているのでは?と思いたい。

顕著な例は「辞退する人はチェックを入れてください」という項目がある書類がある場合だ。

これにチェックを入れた人に役所の人からもう一度確認の連絡するというのは仕組みとして効率が悪く、

そうしたくないのならば「最初から項目を作らない」または「不要なら取り消し線を入れさせる」など、

強制力を伴わせるデザインにしておくほうがわかりやすい。そう考えると今回のは親切なようで少し邪悪設計とも言える。

だがしかし、「欲しい人はチェック」としなかっただけまだマシかもしれない。

何故ならばチェック入れるかどうか考えるのは面倒な行為であり、

都度チェックなんか入れないだろうからだ。(加えて見落としもありえる)

ましてや早急に申請している層は困窮している人も少ないだろう、

そのような人たちは気持ち的にも焦っている人もいるため間違えるなというのも親切ではない。

こういうデザインをすることはオプトイン/アウトや人間心理学ですでに議論されているはずなので探せばリソースがあった記憶がある。

不思議とこう言った話題はてな上で上がりづらいのはなぜだろうか。

最高裁判所違憲判決もっと強制力持たせるのって無理なの??

ドイツも準備銀行違憲判決食らったの無視してるわけでしょ

全然三権分立してないじゃん

なんで最高裁判所ってこんなに力がないんだ?

日本なんか民主主義をリデザインする機会もあったし、アメリカっていう外圧を借りる事もできたのにダメじゃんよ

教えて文系くん

2020-05-18

anond:20200518004632

所詮後付けだな。

仮に日本だけで蔓延していた場合

 

社会

人口密度の高さ

世界一高齢化国家

年金が少ないので定年後も働きに出る高齢者

性風俗店キャバレークラブカラオケボックス漫画喫茶パチンコ屋、カプセルホテルの多さ

・諸外国に比べて普及途上の宅食サービス

飲食店が持ち帰り商品販売するにあたり乗り越えなければ成らない細かな規制

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/72251

店舗での決済手段素手で受け渡しを行う現金が9割

感染を知られると村八分を受けるので正直に申告できない村社会

堀江貴文小林よしのり池田信夫といった自粛反対派の著名人

 

政治

要請まりで法的強制力を持たない政府自治体自粛指示

東京オリンピック2020への対応に手間を取られた初動の遅れ

個人情報保護意識が強く、イスラエル韓国台湾シンガポール採用している携帯電話での国民位置情報追跡ができない

外国人の入国制限の遅さ

和牛商品券という的外れ提案

安倍晋三首相集会自粛を呼びかけた2月26日秋葉賢也首相補佐官が政治資金パーティーを開く、3月15日安倍昭恵首相夫人宇佐神宮に参拝する、東京都緊急事態宣言を発令した2日後の4月9日立憲民主党高井崇志衆院議員セクシーキャバクラで遊ぶ等、手本と成るべき人間危機感が薄い

 

労働

世界に類を見ない恒常的な満員電車

・在宅勤務に対応できていないFAXと判子の企業風土

飲み会文化

健康を蝕む長時間労働

・休業補償が無く仕事を休めない

支援金は有っても申請手続き煩雑安心して休業できない

 

医療

HPVワクチンの接種義務撤回させる程の影響力を持つ反ワクチン

水疱瘡麻疹も移し合って免疫を手に入れる思想自然派ママ

平時から崩壊寸前だった医療機関

世界的に見て少ない人口あたりの医者

PCR検査技師の少なさ

世界マスク争奪戦に敗れてマスク不足

先進国の中では高い喫煙

・未だに結核流行る唯一の先進国

・家に籠もるのは不健康という国民意識

流行り出した時期が花粉症流行時期と重なるので、咳の原因が花粉症なのかCOVID19なのか区別が付かない

 

と同じ様に理由は幾らでも付けられる。

日本でCOVIDの死者が少ない理由まとめ

人種

アジア人特に東アジア人)はそもそもコロナウイルスに強かった

アジア人は別種のコロナウイルスによって既に免疫を獲得していた

【習慣】

マスクをする習慣があった

花粉症シーズン直前で各家庭にマスク備蓄があった

・手洗いうがいの習慣があった

・市中に清潔な水と石鹸豊富にあった

・屋内で靴を脱ぐ習慣があった

毎日入浴する習慣があった

宗教施設等に世代をこえた人々が集まる習慣がなかった

・大規模なデモ世代をこえた人々が集まる習慣がなかった

ハグキスの習慣がなかった

日本語話者は他の言語に比べて会話の際に感染源となるような飛沫が発生しづらかった

集団接種を行っているBCGワクチン免疫力を高める効果があった

高齢者と若年層の同居が少なかった

食事】(全て追記

・朝食以外の集団での食事の際には箸を使うことが多かった

料理大皿から取り分けるのではなく事前に個別の皿に取り分けられていることが多かった

流行期に鍋のシーズンが終わっていた

政治

比較的早期に休校要請した

比較的早期に大規模イベント等の自粛要請した

比較的早期に各自治体の長が市民に対する注意喚起を行った

政府政策責任者専門家対策を丸投げしており、余計なことをしなかった

東京大阪愛知等の大きな自治体の長が(それぞれ毀誉褒貶あれど)適切に事前事後の対策を講じた

自粛要請タイミングが適切だった

医療機関専門家チーム】

そもそも医療機関対応能力が高かった

CTが多かった

専門家チームが優秀だった

クラスター対策チームが優秀だった

市民に対して「手洗いの徹底」「三密避け」を呼びかけた

・外出自粛のガイドライン作成し、市民に対してその遵守を求めた

PCR検査を絞ったことで病院感染源となることを防いだ

保健所患者追跡能力が高く「クラスター潰し」がうまくいった

【DP号】

・DP号における集団感染を適切に乗り切った

・DP号のおかげで比較的早期に新型コロナウイルスに対する知見が深まった

北海道

北海道における第一波を適切に乗り切った

北海道における第一から得られた知見からクラスター潰しと外出自要請対策として効果であることが第二波発生以前に広く市民に伝わっていた

国民性

・多くの市民専門家チームの呼びかけに従った

市民政府から強制力のない自粛要請に従った

市民間の相互監視が単なる自粛要請強制力のあるものに変えた

・皆がマスクをした

・皆が手洗いうがいをした

・皆が外出を控えた

ワイドショー

ワイドショーが四六時中恐怖を煽った

志村けん

志村けんが死んで皆がビビった

——————-

結局、全部がちょっとずつ効いて「チリも積もれば山となる」ってことだったような気がする

2020-05-16

世界厄年

日本厄年というのは、地方場合祭りと厄落としが密接に関係しており事実上強制参加となり拒否はできない。これが日本で固有な現象なのか知りたかった。ぐぐる世界にも厄年はあると紹介されてるがどれも出典が謎で、まともなところがこんなの紹介してていいのか?と思えるほど。知りたかったのは世界厄年も1.厄払いイベントには強制力があるのか?2.厄年は周囲にも影響を与えるのか?どうか。

2020-05-08

コロナくんが死ぬ前に実現してほしいこと

コロナくんが想像以上に早く死んでしまいそうで困っている

これが全部実現されるまで、コロナくん死なないで


2020-05-07

しょーじき東京以外ろくに感染者も出てないのに「緊急事態継続しま~す笑」なんて言って意味あんのかね?

強制力もないんだし

もー政府ことなんか無視してもいいって雰囲気が醸成してきそう

あ、だから西村吉村にキレたのか

2020-05-06

anond:20200506132535

強制力がないのになぜ多くの店舗自粛してるのか

少し考えたらわかるよね?

anond:20200506132136

自粛って強制力ないのに手のうちようが無いって意味不明なんだが

普通に営業すればええやん

2020-05-05

この認識で合ってる?

・今は要請強制力がないが努力義務がある(あくま努力

自粛強制or命令とするなら保障必要

罰則を設けるなら特措法で定義必要憲法も?)

時限法で罰則作っちゃう自粛せずに感染した場合治療しないってことにしちゃえばいいのにね。

「外出自粛」か「外出禁止

善意に任せるのが自粛強制的に止めるのが禁止

結局、どちらが良かったんだろうな。

個人的意見としては「外出禁止」の方が良かったのかもしれないと思ってる。

もちろん、後出し意見意味がない事はわかってる。

強制力が低い自粛は確かにストレスは少ないかもしれない。

けど、今回の件で自粛ストレスにも耐えられない事は分かった。

だったら、外出禁止の方が遥かに時間収束させられたかもしれない。

緊急事態宣言ももしかしたら予定通り明日には終わっていたかもしれない。

あと、給付金

給付金支給が遅いとは言え、禁止の方が安くすんだはず。

今回の延長で給付金もっと欲しいと思った人はいるはず。

困った状況が続けば給付金企業自治体独自の救済措置負担も大きくなる。

今更支えられないなんて言えないだろうし。

行き過ぎた「弱者への援助を断るのは悪」って言う雰囲気にならなきゃいいんだけど。

とは言え、都内人間ではない自分がどれだけ妄想しても生産的な答えは出てこない。

自分コロナが発生している地域に住んでいないし、

そもそも在宅ワークから外に出る機会もほとんど無かったから今回の件でそこまで生活スタイルは変わっていない。

しろ、在宅向けのサービスや特典が盛り沢山になってしまって、かえって目移りしすぎて仕事に身が入り辛くなってしまった…。

まあ、息抜きに考えた程度の意見が今を変えるわけでもないか

2020-05-04

anond:20200504232021

強制力がないとやっぱダメだよね

要請否定できない構図はおかしいと思う

命令なので拒否できませんくらいじゃないと

id:REV さんへ 現行憲法でも私権制限立法することは可能

現行憲法の下でも、公共の福祉のために私権制限立法することは可能強制力のあるコロナ措置法の立法をサボっておいて、コロナ禍を改憲緊急事態条項の創設)に利用しようとする安倍自民党は論外でしょう。

そこで id:REV さんへ質問

新型コロナの軽症者用民間ホテル 稼働できず | 広島ニュース報道 | 広島ホームテレビ

REV こういうのは憲法改正し「自由及び権利国民が保持しする義務」「権利公共の福祉のために利用する責任」を明記するしかないのでは。

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.home-tv.co.jp/news/content/?news_id=20200417036260

改憲せずとも新型コロナ緊急事態対応可能 立民 枝野代表 | NHKニュース

REV 2020/05/03

第二十九条があるから補償なしの営業停止違憲とか、第二十二条居住移転及び職業選択の自由を有するから空港での検査強制違憲とか、よく目にした。十一条十三条の間に権利濫用禁止の条文が必要であろう。

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/www3.nhk.or.jp/news/html/20200503/k10012416391000.html

わかって書いておられると思うのですが、現行憲法12条の権利濫用規定と13条の公共の福祉を何だと思っているのですか?

第十二条 この憲法国民保障する自由及び権利は、国民不断努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

十三条 すべて国民は、個人として尊重される。生命自由及び幸福追求に対する国民権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重必要とする。

anond:20200503215455

法体系を超えた善悪って人によって差がありすぎるから立法という社会的合意形成を経たものにだけ強制力を認めてるわけでなあ。

イスラム教過激派名誉殺人やらテロやらをやめさせるのが難しいのと同じだよ。

あいつらはまさに自粛警察自粛しない奴を叩く感覚でやってる。

2020-05-03

日本国憲法下における個人自由権利制限について

 現在、新型コロナウィルス禍により新型インフルエンザ特措法に基づいて「緊急事態宣言」が発令され、国民の様々な社会生活領域自粛要請がされている。

 

 ただこれが「要請」に過ぎないため、憲法改正して「緊急事態条項」を盛り込み、国民の行動をより強く制限できるようにしようという話も出てきている。まあ安倍さんにとっては「憲法改正」という実績こそが悲願なわけだが、彼個人の夢はひとまず棚の上に放っておいて、ここはまず現在日本国憲法下で何ができるかについて、一国民として考えてみたい。もちろん憲法学者や人権活動家の皆さんは散々考えてんだろうけど、はてなブクマカー陣も結構ふわっとした認識で言い合ってるし、素人なりの問題提起として。

 

「第十二条 この憲法国民保障する自由及び権利は、国民不断努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。」

「第十三条 すべて国民は、個人として尊重される。生命自由及び幸福追求に対する国民権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重必要とする。

 

 まずここで、国民自由権利は「常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ」ということで、すでに一定制限を求められている。個人としての権利は、「公共の福祉に反しない限り」最大の尊重必要とされているわけで、つまり日本国憲法最初から野放しの自由権利を認めてはいない。

 

 一方で第十一条では、「国民保障する基本的人権は、侵すことのできない永久権利として、現在及び将来の国民に与へられる」とされ、第十章「最高法規」第九十七条でもそれが繰り返されている。

 

 では、最高法規として侵すことができない自由及び権利一定制限をかける「公共の福祉」とは一体何だということになるが、憲法自体はそれを明記してない。となると解釈問題になる。

 

 で、まず侵してはならない個人自由権利を野放しにした場合、必ず個人間の利害対立が生まれ、結果として負けた方の自由権利侵害されることになる。場合によっては生命も脅かされる。生命まで奪われては、第十三条保障する個人自由幸福追求の権利へったくれもないわけで、つまり公共の福祉」とは、すべての国民が「生命自由及び幸福追求」の権利を有する状態を維持することと考えられる。そのへんのバランスラインが、第二十五条「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」ってとこであり、その第二項「国は、すべての生活部面について、社会福祉社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない」という、国家行政立法司法)の義務に結びつくのだと思う。

 

 そこで現在の新型コロナだ。今、すべての国民普段と同じレベル自由生活行動をすれば、ウイルスが次々に感染し、多くの人が生命危機に脅かされる。高齢者ほど死亡率が高いとはいえ若い人も死ぬ可能性はあり、何よりワクチン治療薬がないため、個別対処で抑えることができない。そのために国には今、国民全体の行動を制限する方法ウイルス感染拡大を抑えようと、国民自粛を「要請」している。だが、「要請」だけでは不十分なのでより強い強制力がほしいわけだが、第二十五条を「公共の福祉」の防衛ラインとするなら、とにかく見殺しにしてはいけないわけで、ならば第十三条の「公共の福祉に反しない限り」を発動して、より強い制限国民に課せるのではないだろうか。

 

 なので日本国憲法下でも、インフルエンザ特措法に、第十二条、第十三条の「公共の福祉」に基づいて、個人自由権利制限を認める条文を追加することは可能なんじゃないかと思う。当然行政が行った実際の制限措置が、「公共の福祉」の範囲を逸脱していないか国会司法で追って審議される必要はあり、個人的には伝家の宝刀を抜いた政府半年以内に必ず総辞職して信任を問うとかしてもいいと思う。また、経済的に死に脅かされる状態になっても「公共の福祉」に反する憲法違反となるため、補償と一体であることは言うまでもない。

anond:20200503105726

いやいや10万配るシステムがないとかコロナ緊急事態宣言は出せない、法改正も無理って擁護が散々出回ってたの忘れないからね

そもそもコロナ緊急事態宣言が無理だったのは政府が早合点で第二種感染症指定を行ったか

軽症者全員入院方針もこの軽挙のせい


そもそも強制力伴わなくても補償整備すりゃいくらでも事業者は協力するだろうよ

から自粛補償はセットって散々言われてんだろうが

こんなの予算付ければいくらでもできる話だ

anond:20200503105237

ボス決して改憲せず

強権をふるわず強制力ある政策を出して

そして早く日本を助けて

2020-04-30

緊急事態宣言強制力はない

から政府適当に決めてる

それを理解して欲しい

いざとなれば経済活動を再開してもいい

2020-04-29

"日本人は偉いですよね〜"

ワイドショーでひたすら、"日本人は偉いですよね〜強制力なくても〜"、っていう日本大好き感

持ち上げないとどうしようもない、精神論体育会系

この国、コロナで滅びるんじゃないか

anond:20200429082609

パチンコというあまりよく思われてないことについて、強制力のない要請無視たか社会的に潰そうぜという流れを良しとして、反対するものは許されないみたいなの、

こういうの何バイアスとか多分なんか名前ついてるんだろうな

なんか俺バカからちゃん説明すらできないけど

2020-04-26

PCR検査重要性は下がった

症状がない人もマスクをつけるべきか?(忽那賢志) - Y!ニュース

https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20200426-00175324/

大事なのはタイトルでなく「発症から感染性がある」のくだり。

西浦氏も2月の段階でこれを認識していたと。

となると、「検査による感染判明」よりも「発症自覚症状)」のタイミングで、自宅なりホテル隔離されることが重要となる。

そしてその時点でヒアリングし、1週間くらい遡って濃厚接触者を割り出し、濃厚接触者にも自宅隔離を促す。

検査の行程を省くことのメリットは、隔離までの行程が圧倒的に早くなることと、発症前の準感染者(先の記事でいう患者1~4)をも隔離できるところだ。どうせ薬もワクチンもない。

要は「感染疑い」をほぼ「感染者」の扱いに格上げするということ。そして隔離オンラインモニターを続ける。

まり政府ヒアリングによって接触者同士をつなぎ情報提供役割を行う。

隔離強制力や精度の差こそあれ、台湾韓国がやっているのは突き詰めて言えばこれなのではないか

難しいのは、インフラ関係などで容易に休めない仕事の人々だろう。

雇用主は感染証明の提出に拘るかも知れないが、ここのハードル政府が何とかしろ

2020-04-25

ロックダウン強制力もなく、コロナが治まっていく日本社会すごすぎないか

普段日本スゴいってあんまり言いたくない派だけれど、

これは確かに凄いと思うわ。

そうやって早め早めで調子に乗るのジャップの悪いところだわ。

2020-04-23

東京都は買い物制限しろ

ブログどうせ読まれないだろうから増田として投稿する。

都知事記者会見では買い物回数を減らすように自粛要請したが感染者数の推移次第では「イニシャルごとに時間帯を分ける」選択肢現実味を帯びてくる。

FNN.jp PRIME online

名前の“イニシャル”で客分散東京都 混雑緩和向け検討

https://www.fnn.jp/articles/-/35480

(引用)買い物はできるだけ1人で行く(中略)名前イニシャル時間帯を分け(終)

東京都で本当に実施した場合どうなるのか

想像するために試算する。

○やること

 ・東京都の買い物制限シミュレーション

 ・名前イニシャル時間帯を分けるとどうなるのか予想

 ・懸念される点を考察

調査対象

 ・東京都人口

 ・試算に必要な各種情報店舗数、アンケート結果、報道資料等)

 ・東京都名字ランキングのうち上位20位までの名前と人数

 (ソースは最下部【出典】)

方法

 ・まず都民世帯の買い物フェルミ推定

 ・次に名字ランキング上位20位までの名字イニシャルを行ごとに集計、計算し、グラフ作成

 ・得られた結果をもとに、「イニシャル」案の実現性および感染予防の観点考察

○結果

 要約

 ・感染予防しつつ買い物するには時間制限と回数制限が不可欠

 ・制限がゆるいと感染拡大

 ・イニシャル別に分ける策を取ると、時間・回数制限による感染予防効果が増強される可能性があるという結論になったが全体の試算との整合性がとれないため、前提に瑕疵があるのではないかと考えられた。上位20位、というサンプリングの時点でミスってる可能性も

 詳細

まず東京都内のスーパーの数だ。

 ・統計データでみるスーパーマーケット  スーパーマーケット店舗数:業態別 20203月時点 東京都

(関東北陸東京 の順に選択)

http://www.j-sosm.jp/

  (引用)

   食品 2663店舗

   総合 126店舗

   合計 2789店舗

           (引用終)

注意:個人青果店鮮魚店精肉店コメ店、パン屋等は入っていない

次に、時間帯の設定だ。

まず一回あたりの買い物にかける時間

・ReseMom 7割以上の主婦、1日あたりの買い物時間は30分以上…既婚女性調査

https://s.resemom.jp/article/2012/11/07/10730.amp.html

2012年の記事。古い。

(抜粋)買い物に「ほぼ毎日」行くのが22.8%、2〜3日に1回が55.2%。1日当たりの買い物にかける時間は「30分未満」が27.4%で、7割以上が1日当たり30分以上(終)

時間帯だけでなく日数も制限する必要がある。日数制限をかけないと延べ人数が膨れ上がる。

そこで2つのシナリオ仮定

①全員に週一回、30分に抑えてもらう場合。かなり厳しめ。

②全員に週二回、各回1時間に抑えてもらう場合。ややゆるめ。

外国の現状をみると強制力を伴った制限が将来課される可能性も十分にあるので参考になるだろう。

スーパーマーケットの食品売場は営業時間の短縮を行っていないチェーンも少なくないので、週7日間8:00~23:00(計105時間)と仮定すると東京都内全2789店舗×105時間=292,845時間 を東京都民13,951,636人で分け合うことになる。

292,845時間17,570,700分

ここでさらに、

A.東京都民全員よりも世帯あたりの買い物で考えていない点。

B.暗黙に一店舗にその時間帯に一人しか買い物できない、と前提している点。

の2点を考慮して試算する。

...とその前に但し書き

 実際には地理的特性人口分布店舗分布、買い物ニーズ分布、また買い物時間帯の出現頻度の偏り(たとえばサラリーマンは平日買い物ができにくい人が多いが、学生主婦年金生活者等は平日でも買い物しやすい人が多い、また若いほど夜中に買い物しがち等)等考慮すべき項目が山ほどあるが以下ではこれらを無視して東京都都民の行動は均一であるかのようにみなして計算している。

A.を考慮した買い物をする人数の算出

東京都総務局統計部 

住民基本台帳による東京都世帯人口 第4表区市町村別面積、人口総数に占める割合一世帯当たり人員及び町丁数

https://www.toukei.metro.tokyo.lg.jp/juukiy/2020/jy20000001.htm

一世帯あたり人員数は令和2年1月時点で1.90人

ここでは概数で計算するので一世帯あたり2人に直す。

都が「一世帯で一人買い物をして下さい。」と要請し完全に守られたら

東京都全体で 

 13,951,636÷2=6,975,818人 

が買い物をすることになる。

B.を考慮した店舗キャパティ計算 

 ・統計データでみるスーパーマーケット 売場面積

http://www.j-sosm.jp/numeral/2017_29_35.html

日本全国のスーパーマーケットの売場面積における全体平均は都市圏で1,037.8m²、地方圏で1,369.7m²。

注意:食品売場の延べ床面積を見つけることができなかった。

東京都は全体平均の都市圏1,037.8m²で近似する。実際はさらに狭いだろう。

 延べ床面積の半分が食品売場だと仮定すると一店舗あたりの食品売り場面積は、

 1,037.8m²÷2=518.9m²/一店舗 

次に、一店舗ごとに、同一時間帯に何人まで買い物ができるのか(区切った時間帯に何人入れるのか)。

 ・東京新聞 <新型コロナ>「感染拡大」自治体休校検討を 東京大阪が該当地域 専門家会議が示した地域の3区分

https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202004/CK2020040202000151.html

(抜粋

感染確認地域」 屋内で50人以上が集まる集会イベントは控える

感染拡大警戒地域」 10人以上が集まる集会イベントの中止

(終)

感染拡大警戒地域の項において専門家会議は屋内外どこでも10人以上集まるな、といっとる。

都としては「食料品等の買い物に限り」10人以上の集まり例外的許可するのが現実的に取りうる方策

かといって「感染確認地域」屋内50人 のラインを超えてオーバーシュートした場合専門家会議提言無視した責任を問われる。

それでもなお10人は少なすぎるため、実際には、

 10≦同一店舗の同一時間帯に買い物できる人数≦50

というところだ。

以上ABを考慮した条件設定

 a.都内スーパーマーケット店舗数2789で全日休みなく8時から23時まで営業した場合都民が一週間で買い物に使えるのは累計292,845時間=17,570,700分

 b.一世帯で一人買い物するとみなすと、東京都全体で 13,951,636÷2=6,975,818人が買い物をすることになる

 c.人数は (10≦)同一店舗の同一時間帯に買い物できる人数≦50 の範囲になる()内は必要条件でないことに注意。本来なら≦10であるべき。

あと今更だが店員の数は入っていない。

それでは上記を踏まえて、

①全員に週一回、30分に抑えてもらう場合(厳しい制限

②全員に週二回、各回1時間に抑えてもらう場合(ゆるめな制限

の二本のシナリオに沿って試算していく。

繰り返すが種々の偏り等はバッサリ切り捨ててる。

①全員に週一回、30分に抑えてもらう場合

まずa.から、一週間に割当可能時間帯のブロック区分表記、が全店舗を合わせていくつあるのか。

17,570,700分÷30分=585,690(区分)

次にc.の範囲適用すると、全店舗を合わせた割当時間帯の区分を合計してえられる延べ人数は

 [(10≦)同一店舗の同一時間帯に買い物できる人数≦50] × 585,690(区分) 

   →  [(5,856,900≦)東京都内で買い物可能な延べ人数≦29,284,500] の範囲内。

b.と比べてみると・・・ 

(5,856,900≦)6,975,818人≦29,284,500

と、一週間単位で一応目安の範囲内でやりくりできることがわかる。

ただし、これは「感染拡大警戒地域」 10人以上が集まる集会イベントの中止 の上限は超えている。つ感染予防の寄与度は限定的だ。

②全員に週二回、各回1時間に抑えてもらう場合

まずa.から、一週間に割当可能時間帯の区分が全店舗を合わせていくらなのか。

便宜上、1時間二回を120分にまとめると

17,570,700分÷120分=146,422.5(区分)

次にc.の範囲適用すると、全店舗を合わせた割当時間帯の区分を合計してえられる延べ人数は

 [(10≦)同一店舗の同一時間帯に買い物できる人数≦50] × 146422.5(区分) 

   →  [(1,464,225≦)東京都内で買い物可能な述べ人数≦7,321,125] の範囲内。

b.と比べてみると・・・ 

   (1,464,225≦)6,975,818人≦7,321,125

と、一週間単位でなんとか目安の範囲内でやりくりできる。

しかしながら、①よりもさらに「感染拡大警戒地域」 10人以上が集まる集会イベントの中止 の上限は遥かに超えて、このシナリオだと政府専門家会議提言のうち「感染確認地域」 屋内で50人以上が集まる集会イベントは控える という、よりあまい基準の上限に近い人数になってしまう。

              

そういうわけで「週二回までいいけど一回で事足りる世帯は控えてね。ネット通販とか宅配利用してね。二回行くと結構死ぬよ?」という政府自粛要請ジェネリックが処方される事態、そして最悪の場合感染爆発からの長期にわたる都市封鎖が予見される。


ここまでで導き出された結果↓

・買い物の時間帯だけでなく一週間単位での回数制限必須である

・かなり厳しい制限を課しても「感染拡大警戒地域」 10人以上が集まる集会イベントの中止 の上限は超えてしまい、感染予防の効果限定的である

・ゆるい制限だとさら感染予防の効果が低減し、最悪オーバーシュートする

大半の「意味のある情報」は以上だ。

ここから統計学的に色々無理をした結果、整合性のとれない結論になった。読まなくて良い。

東京都民の名字ランキング上位20位のイニシャルを「行ごと」に集計した結果

[f:id:Hidemonster:20200423204054j:plain]

おいこらはてな記法身バレしまくるじゃないか。い

2020現在、最も多い「さ行」だけで約686,500人。

2位と約317,300人の差がある。

大まかに言って1位「さ行」の人口は2位「や行」の倍近く存在する。

それに比べて、2~4位「や行」「た行」「か行」は両端の「や行」と「か行」の間でも約53,000人の差。相対的に少ない。

31万の差と5万の差とではおよそ6倍の開き)

そして2万人台に「あ行」、1万人台に「わ行」「な行」。

ここで先程の試算結果を参照。

①全員に週一回、30分に抑えてもらう場合

a.から、一週間に割当可能時間帯の区分は全店舗を合わせて、

17,570,700分÷30分=585,690(区分) 

である

「さ行」だけで約686,500人、均一に一世帯2人構成である仮定すると、

都内に住む「さ行」の方で買い物をする人数は、

 約686,500人÷2=約343,250人 

ここで、冒頭の「入場制限頭文字(イニシャル)ごとに時間帯を分ける」ことを「名字の偏り」を勘案せずに行う。

イニシャルで住む場所に偏りがなく、またスーパーの立地も偏りがないと仮定し、「あかさたなはまやらわ」の10音で時間帯を均等に分ける。

 たとえば、「あ行」は月曜の8時から30分間、「か行」は同8時30分から30分間、「さ行」は9時から30分間、・・・・・以下続く。

単純計算で、行ごとに

585,690(区分10行=58,569(区分)/行 

の配分を受けられることになる。

すなわち、

約343,250人÷58,569(区分)/行≒5.9

となり、最多の「さ行」の方でも同一時間帯におよそ6人で買い物することができる。

これは政府専門家会議提言:「感染拡大警戒地域」 10人以上が集まる集会イベントの中止 の上限を下回る数値であり、週に一回30分のみ、一世帯一人だけが買い物をするならば、イニシャルごとに時間帯を分ける策で感染拡大の抑制に大きく寄与するとなる。

「おいおい、さっき全体の試算で 『5,856,900≦6,975,818人≦29,284,500 と、一週間単位で一応目安の範囲内でやりくりできる。それでも「感染拡大警戒地域」 10人以上が集まる集会イベントの中止 の上限は超えてしまって・・(中略)・感染拡大の防止への寄与度は限定的』と書いてあったじゃないか。」というツッコミが入る。

これではイニシャルごとに分ける策がかなり有効なのではないかという論証になってしまう。

おら、この策に疑問を抱いた側。

先程の「イニシャルで住む場所に偏りがなく、またスーパーの立地も偏りがないと仮定し」た部分に原因を求めることができようかと愚行。

現実世界ではありえない均一性を前提としたための誤謬、ではないかと。

姓や店舗地域分布に偏りがあるのは歴史的にみても道理である異論不認)これらを勘案して計算し直すと全体の試算結果との整合性がとれるのではないかと予想。特に地域によって散発的な感染拡大が予想される。

それでも東京23区は地方部と比べると姓と地域性が切り離されている印象なのでどうなるのかは実際に計算しないとわからない。

次に②全員に週二回、各回1時間に抑えてもらう場合

1時間二回を120分にまとめる。

17,570,700分÷120分=146422.5(区分)

先程と同様に冒頭の「入場制限頭文字(イニシャル)ごとに時間帯を分ける」ことを「名字の偏り」を勘案せずに行うとどうなる。

(無理を承知で)イニシャルで住む場所に偏りがなく、またスーパーの立地も偏りがないと仮定し、「あかさたなはまやらわ」の10音で時間帯を均等に分けるとどうなる。

単純計算で、行ごとに

146,422.5(区分10行=14,642.25(区分)/行 

の配分を受けられる。

すなわち、

 約343,250人÷14,642.25(区分)≒23.4

となり、最多の「さ行」の方では同一時間帯におよそ23人で買い物する計算

これは政府専門家会議提言:「感染拡大警戒地域」 10人以上が集まる集会イベントの中止 の上限を上回る数値ではあるが、「感染確認地域」 屋内で50人以上が集まる集会イベントは控える の上限の半分以下には保てるため、週二回、各回1時間一世帯一人だけが買い物をするというゆるめの制限を課した場合だと、イニシャルごとに時間帯を分ける策を合わせて取るならば、感染拡大の抑制に対する寄与は相当に限定的だ。

それでは、名字ランキング2位の「や行」では。均一に一世帯2人構成である仮定すると、

「や行」の買い物する人数は、

 約369,200人÷2=約184,600人 

すなわち、

 約184,600人÷14,642.25(区分)≒12.6

となり、2位の「や行」の方では同一時間帯におよそ13人で買い物する計算

これは政府専門家会議提言:「感染拡大警戒地域」 10人以上が集まる集会イベントの中止 の上限をわずかに上回る数値ではあるが、「感染確認地域」 屋内で50人以上が集まる集会イベントは控える の上限の26%程度には保てるため、週二回、各回1時間一世帯一人だけが買い物をするというゆるめの制限を課した場合だと、イニシャルごとに時間帯を分ける策を合わせて取るならば、感染拡大の抑制に対する寄与はやはり限定的ではあるものの、「さ行」と比べると高いとなる。(感染拡大リスク感覚的に半分程度、といったところか)

 が、こちらもやはりイニシャルごとに分ける策が有効なのではないかという論証になってしまう。

おらはこの策に疑問を抱いた側だ。

...うーむ、やはり、前提で躓いたか

もはや上位20位、というサンプリング妥当性にも疑問が(統計用語としての妥当性とは違うことに注意。)

こちらが名字ランキングの上位20位の人数が都民人口全体に占める比率を表したグラフ

[f:id:Hidemonster:20200423205519j:plain]

から何故身バレしたがるはてなよ。

ご覧のように上位20位はわずか16%に過ぎない。

残りの84%は21位以下の名字

本来もっとサンプルを広く、中央値付近まで入れなくてはならなかったのかもしれん。

はいいつつも名前イニシャル感染リスクにかなり差が発生することは認められるわけなので、都としてもなかなか踏み切れないでいるのが内情ではないだろうか。

以上が調査分析結果だ。読んでくれてありがとう。書くのに十時間かかった。

2020-04-22

anond:20200422081619

伝染病抑制のためには何らかの形での強制力必要なんだけど、日本では警察力よりもそういうムラ社会空気のほうが好まれからなあ。今後もそういう空気は大活躍じゃないか

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん