「世界市民」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 世界市民とは

2019-11-14

anond:20191114085903

世界市民とかグロバリストとか名乗ってなければそれでいいよ

2019-09-29

食事に苦労せず、水にこまらず、闇に怯えず、背後に死がない

それだけで上級世界市民のはずなのに

2019-09-19

パヨク気持ちがわからない

新潟日報上越支社報道部長坂本秀樹が「死ね。それとも、殺されたいのか?」「お前の赤ん坊を豚の餌にする」「これから君のこと洗わせてもらうわ」などと中傷脅迫をしていたことが発覚したが

何故そんな本人にとってもリベラル陣営にとってもメリットが1mmもないようなことをしてしまったのか理解できない

プロフには「「レイシストファシスト排除戦争法をぶっ潰せ!安倍はやめろ! 自民党民主主義の敵! 日本に本当の民主主義を!」と、世界市民界隈ではお決まり文言が記されていたが

そもそも何故、選挙で選ばれて代表になったわけでもないのに日本余計なお世話を焼いているのか?

理解できない。

私はリベラルごころや進歩思想など1mmもないし、これからもそんなくだらないものを持つつもりはない

進歩思想は身を滅ぼす、そんな一例を見てしまった







という混ぜ返しを思いついたけど

こんな文はネットからログ切り貼りしただけなので殊更な悪意を読み取らないで欲しい。

ただ、こうやって自陣営に置き換えればリベラルの人も落ち着いて考えられると思う。


1.「思想が身を滅ぼす」?

進歩思想は身を滅ぼす、そんな一例を見てしまった

進歩思想が身を滅ぼしたんではなく、それを口実にした憎悪に身を任せたから身を滅ぼしたんでしょう?

どんな思想でも同じこと。思想後ろ盾憎悪へ発展すれば自分にも周囲にも害しかない。

愛国心進歩思想のせいじゃないでしょう。

1人1人の性格のだらしなさの問題です。

はてなブックマークにも保守進歩の振りをしてだらしないコメントを書いている人が一杯います


2.「何故そんな暇でナンセンスなことを」?

そもそも何故、選挙で選ばれて代表になったわけでもないのに日本余計なお世話を焼いているのか?

何故っていわれても、みんな自分の気の向くまま何かに執着して生きてるでしょう?

まれたところで何かに出会って適当に選んでそれに執着してるだけです。

愛国心一直線」だってリベラル思想専心」だって「そんな俗世から隠れ芸術に身を捧ぐ」だって

環境の中でたまたま出会ったもの曖昧な好みで選んで執着してるだけです。

それを人生意味とか呼んでる。



3.「無意味なことを」?

何故だの無意味だの言ったら、一番ナンセンスなのは当事者意識」というやつですよ。

政治クラスタには結構いるタイプ性格で、ずーっとアベのことを考えて怒ってるとか、ずーっと立民のことを考えて怒ってるとかって人がいる。一切無駄でしょう。

あなたが四六時中そのことを思い出して怒ってても社会は何も変わりません。

なんでそんなことしてるのかって、怒ったり憎んだりするのが癖や娯楽になってるだけ。

そういうことを高尚風に「当事者意識」と呼んでるんです。


あげくに自分と同じぐらい怒ってくれない人を見ると不快になって「当事者意識が足りない!」って叱る。

叱られてる人の方がよっぽど正気生活してたりして。



4.「選んで生まれたわけでもない場所に縛られている」?

そもそも何故、選んで日本に生まれたわけでもないのに

あのねえ、我々はみんな、たとえば中世ヨーロッパに生まれてれば全然違う人間になってましたよ。

思考法も違う、思考の為のツールも違う、思考材料も違う、身体を作る食べ物も違う。

あなた自分だと思ってるものなんか1ミリ実在しません。

今のあなたは、生まれ環境や今生活してる環境のものです!


ここだけは保守の方が進歩より正気です。

保守は当然のように生まれ育った環境自分との結びつきを意識する。

進歩は無理をして、環境と切り離された「私」がいると空想する。

その「私」は断言的妄想なので、結果的保守の方がそこは正気です。


進歩の人がよく楽しむ空想

自分自由に感じて考えているのにそうじゃないやつがいる」というのは

事実と異なる思い上がりです。

(その思い上がりと性格ドッキングした結果憎悪にまで走ってしまう人も結構いる。)


我々は全員環境のものです。

韓国では反応・反射的に生きる人民を自嘲して「犬豚」といいます

我々は犬や豚というよりちりとか泥です。



政府国家と国と帰属先とか、色々分離して考えることが苦手なんだろうなとは思ってる。ただどうしてそうなのかはよくわからない。 Alt-Right 3 clicks

2019/09/19 リンク

槍玉にあげて悪いですがこれが典型的ものです。

自分は色々分離して理性で考えることが出来ていると思っている。

そんなこと全然ありません。

この人のブックマークを見てみましたが、特徴的な執着とパターン当事者意識がありました。

あなたもみんなと同じごくごく普通の人です。

みんなが仲間です。



anond:20190919104531

2019-05-16

申し訳ありません…申し訳ありません…日本人申し訳ありません…

世界市民の皆さんに心よりお詫びいたします…

申し訳ありません…

2018-03-20

前川圧力問題主犯「こんな地球市民映画文科省が推薦してるのは反日

https://stat.ameba.jp/user_images/20151203/08/akaike-masaaki/ea/a3/j/o0585083513501024250.jpg

皆さん、このポスターを見て感じることはありませんか。

 

友達国境はな~い!」

ちびまる子ちゃんは、可愛いいのですが・・・

 私は、このポスターを見て、思わず仰け反りそうになりました。同省政務官時代に、国家公務員として、

それも国家継続を担う文科行政を担う矜持を持て。国際社会とは国家間の国益を巡る戦いの場であり、

地球市民世界市民コスモポリタンでは通用しないと機会あるごとに言ってきたのに・・・

 文科省担当課に確認しました。ちびまる子ちゃんが言う分には目くじら立てる程のことはないと思ったのですが、

東宝株式会社からいくつかのキャッチフレーズ提案があり、わざわざこれを文科省担当課が選んだとか・・・ 

誰も異論を挟む人はいなかったとのことでした。

 たかキャッチフレーズ。されどキャッチフレーズ一事が万事で、言葉思想が表出するものです。

国家意識なき教育行政執行させられたら、日本という国家はなくなってしまます

文科省担当課には、猛省を促しました。

https://gamp.ameblo.jp/akaike-masaaki/entry-12102179497.html

2017-10-09

anond:20171009230527

から国民諸君よ。国家諸君のために何ができるかを問わないで欲しい――諸君国家のために何ができるのかを問うて欲しい。

世界市民諸君よ。米国諸君のために何ができるかを問うのではなく、我々が人類自由のために共に何ができるのかを問うて欲しい。

最後に、米国市民世界市民も、ここにいる我々が諸君に求めるのと同じ高い水準の強さと犠牲を、我々に求めて欲しい。

我々にとっての唯一確かな報酬とは良心の喜びであり、我々の行いに最後の審判を下すのは歴史である

2017-08-26

https://anond.hatelabo.jp/20170826181745

いまどき着物なんかに拘ってるのは日本すげーやりたい極右だけだから

ジャップ世界市民として着物文化を根絶するべき

2016-08-24

上海からちょっと離れた町で小籠包をおまけしてもらったこと

僕ね、中国上海からちょっと離れた町で小籠包をおまけしてもらったことあるんですよ。中国語一言もしゃべれなかったですよ。あのおっさんの「にーちゃん、もう1コおまけだ。持ってけ!」あの顔良かったな〜。オーストラリア留学中に、ゴールドコーストで溺れて死にかけたんことあるんですよ。もうダメだな、ああ死ぬなと思った時にいきなり腕をぐっと掴まれて助けてくれたのが、徴兵制を終えて留学していたたくましい韓国人でした。インドネシアでもシンガポールでもタイでもマレーシアでも台湾でもポーランドでもスペインでもスウェーデンでも行く先々でそういう人必ずいますよね。

 

僕ね、国というものを枠組みとして常に考えているのですが、国を構成している人、一人一人の顔をずっと見つめていますからね。その上で発言するようにしています。いつの日も。原爆ドーム平和記念公園の地下で、毎年、戦没者約14万人以上の1人1人の顔写真を眺めている時と同じように。長崎資料館で7万5000人以上の1人1人の顔を眺めている時と同じように。アウシュビッツ収容される時に撮られた髪も眉毛もない1人1人、1枚1枚の写真を見る時と同じように。市民国民どころか地球人として世界市民として、すべての問題自分問題と捉えようとする。

 

1人1人の顔を思い浮かべて。

 

人々の笑顔が二度と消えることのないように。

2014-06-28

W杯日本代表の敗北を喜ぶ事は正しい。

そもそも、日本代表勝利を願う事は、相手国の敗北を願う事と同じである

日本代表敗北を喜ぶ事は、日本の相手国の勝利を喜ぶ事と同じだ。

日本代表が勝利する事を喜ぶのはよくて、他の代表の勝利を喜んでいけない理由なんて無いはずだ。

これに反発するのは、日本代表選手ナショナリズム的な愛着を持っている証拠ではないだろうか。

ネトウヨに反発し、彼らの愛国ホルホルの野望が潰えるのを見て悦びを感じて何が悪いのか?

私には分からない。むしろ日本国民に対して世界市民的な変革を促す立場であるなら、

敗北に対して嬉しさを感じてしまうのは仕方のないことではないだろうか?

彼らに反省を促すには、安易な陶酔をさせるべきではないのだから


http://togetter.com/li/685098

このまとめでは、「日本代表は一人ひとり血の通った人間の集合体」として、この態度を批判している。

しかし、相手も同じく、代表選手であり一人の人間の集まりである

片方の勝利を願う事は、片方の敗北を願う事に等しい。したがって、「日本代表が勝って嬉しい」というのは、

結局のところ「相手国の代表が敗北する事が嬉しい」を意味し、批判側も結局は日本代表以外に対して同じ事をやっているのだ。

だが、日本代表を応援する動機の多くは、ナショナリズムによる、愛国ホルホル、すなわち国家自己との一体化などが目的ではないだろうか?

からこそ、日本代表であるという理由で応援するのではないだろうか?

だとすれば、やはりナショナリズムを悪と考える立場からすれば、日本代表の敗北を喜ぶことは正しいのではないか?

2014-05-23

国語左翼教師

学生の頃

国語の教師がおもいっき左翼

なにかある度に日本人とか何人とか民族国家時代遅れだしおかし

これから世界市民時代だといつも言うので

ある日少し機嫌が悪かったこともあって何故かものすごく頭にきてたので授業後にその先生

さすが先生これから日本国日本人じゃなくてやっぱ個人を主体とした地球市民ですよね

あれ?てなると真っ先に国語の授業いらなくりそうっすね?

だって地球市民日本に縛られないから国際公用語英語だけ使えればいいっすもんね!?

あっ!て事はやっぱ先生転職活動するんすか?

と聞いたら黙りこんでそれから地球市民云々言わなくなった

おそらく自分立場を考えずになんとなく言ってたんだなと思う

2013-01-10

http://anond.hatelabo.jp/20130110111201

elm200氏はブログアフィリエイトで食ってるよ。

東南アジア起業準備したり、アメリカCPA取得してたけど

今は受託開発も断って、アフィメインのライター稼業らしい。

稼ぎは少ないけど、実家に戻って母と二人暮らしなのでなんとかやって行けてるそうです。

東南アジアでボーダレス世界市民だと言っていた頃はTwitterで崇める人も多かったけど・・・最近はさすがに陰りが見えますね。

2011-08-30

http://anond.hatelabo.jp/20110830121602

そいつおかしいだけで、

一般的に「脳のお花畑」って揶揄精神病患者よりも

世界市民とかぶっ飛んだ平和主義とかそういう人をDisる用語だと思う。

2009-07-17

平和主義者と現実主義

http://blog.tatsuru.com/2009/07/16_1121.php

これを呼んで流石にひどいだろと思ったので。

そういう人間でも、どこかに帰属していない限り、生きてゆくことは苦しい。

その場合、「平和主義者になる」というのはひとつの選択肢である。

世界的な政治単位に帰属することについては要求される資格は何もない。

誰でも自己申告すれば、平和主義者になれる。

そして、世界市民という巨大な集団に帰属する代償として、平和主義者に求められるものは何もないのである。

ゼロ

平和主義者にはどのような義務もない。

好きなときに、好きな場所で、好きな人間を相手に、気が向いたら、平和主義者になることができる。

私は平和主義者だ。私は世界市民だ。私は人類全体の利益をあらゆるものに優先させる。人類利益を脅かすもの、無辜の市民平和な生活を踏みにじるものを私は許さない。

などということをぺらぺら言い立てることができる。

その代償として要求されるものは、繰り返し言うが、ゼロである。

真正の平和主義者であることを証明するために「今、ここ」でできることは何もないからである。

平和主義者は国際関係について熟知している必要がない(アメリカ大統領名前を知らなくてもノープロブレムである)、もちろん外交内政についても、歴史についても(政治思想史についてさえ)、無知であることは平和主義者の名乗りにいささかも抵触しない。

むしろ、そのような外形的知識の裏づけなしに「いきなり平和主義者」でありうることの動機の純正さが尊ばれる。

一方、平和主義者はしばしば「自分が信じる規範」は「すべての日本人が当然に共有せねばならないこと」であるという不当前提を採用しているので、論争においてほとんど無敵である。

彼らの論争術上のきわだった特徴は、論理的な帰結を無視して自分の個人的理想現実における施策に直結させることである(「ダメなものはダメ」とか「人殺しは悪いことでしょ」「誠意を持って話し合えばどんな人とでも理解し合える」とか)。

そして、「はぁ、そうですか」と応じると、「だから憲法9条は守らなくちゃいけない」「日本軍隊なんか要らない」「無防備都市宣言に賛成してくれるわよね」という結論にいきなり導かれるのである。

これはきわめて知的負荷の少ない「論争」術であるので、好む人が多いが、合意形成や多数派形成のためには何の役にも立たない。

もう一つ大きな特徴は、平和主義者にはその立場を証明するための直接行動が要求されないということである。

家庭や会社でそれなりの敬意を得るためには、具体的な行動によって集団に貢献することが要求されるが、平和主義者は「領土問題」とか「外交問題」とか「防衛計画」とか、ほんらい政府が専管する事項を問題にしているので、個人としてはできることが何もないのである。

平和主義者は「人類皆兄弟」と幻想的な集団を形成しており、そのような幻想的な集団の中では、具体的に誰も彼に仕事を命じないし、誰もその貢献を査定しない。

だから、平和主義者は誰からも文句を言われない。

というように、平和主義者であることは行使できる権利に対して義務負荷がきわめて少ない。

商品交換のスキーム社会的行動の特質を考量する人たちが「権利が多く、義務が少ない」平和主義者・オプションを選好するのは怪しむに足りないのである。

グローバル資本主義の爛熟の中で、平和主義者の若者組織的に生まれるのはそのような理路による。

現実主義者というのは、その逆の行程をたどる。

現実主義者は自分が今在る状況を理解し、自分が現に帰属している集団のパフォーマンスを高めることを配慮し、隣人たちに敬意をもって接し、今自分に与えられている職務を粛々と果たすことをおのれに課す。

そのような「場所」や「集団」や「隣人」たちの数を算術的に加算してゆくことを通じて、やがて「国民国家」にまで(理論的にはそのあとは「国際社会」まで、最後には「万有」に至るまで)「私の帰属する集団」を拡大してゆくことをめざすのが現実主義者である。

若い人たちにはできることなら現実主義者をめざしていただきたいものだと思う。

政治的なものであれ学術的なものであれ、何かの主張をすれば何らかの集団に帰属することになるのは当然です(本人が望むと望まざるとにかかわらず)。そして、それを「奴はほかに居場所がないんだ」とレッテルを張ることは実に簡単です。特に、ナショナリストといった「幻想的な集団」にレッテルを張る場合、そのレッテルの正しさはほとんど問題になりません(ナショナリストの具体例たる1個人を想像できないため)。

論争術についていえば、それぞれの政治的主張と議論の巧拙に相関がないというのは自明だと思うのですが。

学者とか評論家とかオタクとか、およそ何かを論ずる人々の大半に適用可能な優れたテンプレートとして、末永く保存されるべきだと思います。

2009-05-29

http://anond.hatelabo.jp/20090529200203

自分は見識に優れた目覚めた世界市民ホルホルするための道具としてしか使ってなくて、

狭いお仲間同士で「さすがですぅ正論ですぅ判らない奴は愚民ですぅ」とグルーミングしあってるけど、

本当はいつまでたっても彼らが望む「正当な評価」が得られないことに気がついてるのかね。

まさによくこの界隈でいわれてる「仲間は増えても味方が増えない」状態。

2008-12-08

http://anond.hatelabo.jp/20081208103256

私は日本人という立場より世界市民という帰属意識を優先させる!

という人もいるね。

2008-03-21

哲学が云々

いったいこういう前進が、純然たる哲学の力で行われえただろうか。(略)超感覚的なイデアのうちへ人間イデアをも明らかに含めているプラトンは、しばらくのけておこう、―けだし、この考えから、人間はすべてが同じ本質のものだということが続いてこなかっただろうか。この考え方から、人間たるかぎり万人が同等の価値を持っているという思想までは、またこの本質の共有によって万人に同じ基本的権利が与えられているという思想までは、ほんの一歩でしかない。しかも実に、この一歩が超えられなかったのだ。(略)ストアの哲人たちは、すべての人間は兄弟であり、賢者世界市民だと宣言していた。だがこの方式は、要するに頭で考えられた理想の表出、それもおそらくは実現しまいと考えられていた理想の表出でしかなかった。ストアの主だった哲人たちのうちだれ一人として―帝位についたあの哲人でさえも―、自由人奴隷との、ローマ市民ローマ市民ならざるものとの間の障壁が低く出来ると考えていたとは思われぬ。権利の平等と人格の不可侵とを含蓄するかの普遍的兄弟愛の観念が現実の力をもつためには、キリスト教の出現を待たねばならなかった。

ベルクソン道徳宗教の二つの源泉」

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん