「迂遠」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 迂遠とは

2018-09-02

[] #61-7「一人暮らしバイト

後日、俺はマンションで起きた怪奇現象を、大家に包み隠さず話す。

大家は疑うわけでもなく、あっさりと話を信じた。

そして、確認のために俺の部屋である104号室を見に行くことになった。

すみません、タケモトさん。今日休みだったのに」

「まあ、同意の上でとはいえ仕事を紹介したことに負い目はあったからな」

その場には、証人としてタケモトさんと弟も来ていた。

「じゃあ、104号室。入りますね」

大家が104号室の扉をあけようとした、その時ーー

俺は出鼻を挫くように一つの提案をした。

「その前に、103号室を見てもいいですか?」

「え、そっちは空き家ですよ」

やはり空き家だったか

だが、驚きはしない。

「ええ、でもそこから内線がかかってきたのが気がかりなので、確認のために」

「はあ、分かりました。でも何もないと思いますけどねえ」


103号室に入るが、大家の言うとおり空き家から何もない。

「ほら、何もないでしょ」

当然、そんなことは承知の上だ。

だが、この一見すると何もない場所で俺は“真相”を導き出す。

「俺は心霊現象だとか、そういうのを信じないタイプなんですよね。でも案外そうじゃなかった」

俺は唐突にそう語り始める。

大家は要領を得ず、生返事するしかない。

「はあ、そうなんですか」

「心のどこかではまだそういうのを信じていたから、そういう考えになってしまった。そんなものに気を取られず、もっと冷静に考えればいいだけだったのに」

勿体つけるように、迂遠言い回しをしながら室内をグルグルと回る。

「えーと、つまり何が言いたいので?」

とどのつまり“前提”なんですよ。今まで起きた出来事を“どういう前提”で考えるかが重要なんです。これまでの出来事は“心霊現象という前提”などではなく、“初めから人為的ものによって起きたという前提”で考えるべきだった」

俺がそう言った時、大家の顔が一瞬だけ引きつった。

「例えば、エレベーターの窓から人が見え続けていたのは、そういう形をした、裏表で絵柄の違うステッカーなどを貼っていたからでしょう。その後は見かけなかったので、すぐに剥がされたのでしょうけど」

畳み掛けるように、俺は自分推理披露する。

「103号室から来た内線は何てことはありません。実際にここ103号室からかけてきただけです。この部屋に堂々と入ってね」

その他、俺の身に起きた心霊体験も全て否定することは可能だが、長くなるのでこの辺で本題に入ろう。

さぶるなら今だ。

「そんなことが出来る人間、そんなことをしても咎められない立場人間……そうなると答えは自然と導かれます

俺は大家の方を強く睨みつける。

弟とタケモトさんの視線も、大家に集中した。

「な、何を……なぜわたしがそんなことをしないといけないんですか」

「それはこっちが聞きたい」

俺たちの視線を浴びて、大家は酷く狼狽している。

「そんな推測で疑われても困りますよ。わたしがここに入った証拠もないのに」

証拠ならありますよ。この部屋にあった青い布の切れ端。あなたが今着ているのと同じだ。つまりあなた最近ここに入ったということ」

「ち、違う! それは自分のじゃない。昨日だって赤い服で……あっ!」

当然、これはブラフだ。

俺が長々と喋っている間に、弟にこっそりと服を切らせた。

「語るに落ちたな」

相手自白してくれるよう他にも証拠をたくさん作っておいたのに、まさかここまで早く落ちるとは。

こんな間抜けなヤツに今まで踊らされていたかと思うと、我ながら情けない。

「まあ、とりあえず……社会的制裁は勘弁してやるから、俺の個人的制裁に付き合ってもらおう」

こうして俺の一人暮らしバイト夏休みの終わりと共に終結した。

夏休みボケを治す一環のバイトとしてはビミョーだったが、上等だと思い込もう。


…………

後にタケモトさんからいたことだが、どうやら俺の住んでいた部屋はかなり状態が悪かったらしい。

大家リフォーム代をケチたかったが、このままだと誰も借りてくれない。

そこで大家は、あえて事故物件として売り出そうと考えた。

案外そういうところに住みたがる物好きがいるらしい。

その自作自演に、俺は付き合わされたってわけだ。

「このテのパターンだと、怪奇現象の中の一つは本当の幽霊仕業だったとかいオチ鉄板だけど、ことごとく大家仕業だったなあ」

「アレだ。“人間が一番怖い”ってパターンだ」

「いや、そのパターンにしても今回のはくだらなさすぎるだろ」

とはいえ怪奇現象心霊現象なんて冷静に見れば大体くだらないものなのかもしれない。

「あ、ひょっとして、よくよく考えてみたら怖い話ってパターン?」

「お前は一体なにを期待しているんだ」

そして必要以上の期待をするものでもないってことなのだろう。

まあ、そもそも期待するようなものでもないんだが。

(おわり)

2018-08-27

[] #61-1「一人暮らしバイト

残暑文字通り暑さが残る時期だ。

この暑さにしつこさを感じたとき、その頃に妙ちきりんバイトをしていたのを思い出す。

バイトの内容自体もそうだったが、そこで起きた出来事特に印象的だった。

今日はそのことについて話そう。

少しだけ怪談っぽい話なので、季節的にも丁度いいだろう。

ただ、本当に“少し”だけなので余計な期待はしないでくれ。

忠告はしたぞ。


…………

夏休みも終わりかけの頃、俺は時間を持て余していた。

有り体に言えば暇だった。

「あー、暇だ」

誰が聞いているわけでもないのに、わざわざ口に出して言うほどだ。

「やることがねえ」

夏休みってのは、俺から言わせれば“やるべきことを減らし、やりたいことに割く期間”のことだと思っている。

学生の俺でいうなら、学校で励む勉学とかが“やるべきこと”になるだろう。

当然、学校から出された課題は数日前に完成済みだ。

まり、存分に“やりたいこと”に時間を割ける状態だといえる。

だが、マンネリってやつだろうか。

俺はアンニュイな気分になっており、自分にとって“やりたいこと”が何なのかが漠然としていた。

今までの“やりたいこと”も自分にそう言い聞かせているだけじゃないのか、なんていう実態のない自問自答が頭の中をグルグルと巡る。

ゲームやったり、どっか遊びにでも行けばいいじゃん」

俺があまりにも暇だ暇だと呟いていたからなのか、同じ部屋にいた弟が鬱陶しそうな顔をしながら提案してきた。

未だ課題を完成できていないことからくる焦燥感からなのか、語気も少し荒々しい。

暑い中、ノープランで、気持ちが追いつかないまま行っても時間無駄だ」

この時の俺は堕落しきっていた。

“やりたいこと”の中に多少含まれている“やりたくないこと”が、やたらと悪目立ちしているように感じ、俺から更に気力を奪っていく。

友達でも誘えば、大抵の場所は楽しめるよ」

「しょっぱい上に、月並みなことを言うなよ。個人的暇つぶしに巻き込むなんてマネはしたくない」

それにつけても、この時の俺の態度は酷いもんだ。

個人的かつ迂遠な不平不満を垂れ流し、その解消法を提案されても暖簾に腕押し。

SNSでクダをまいているような輩と同じことを現実でしているわけだ。

弟がイラつくのも無理はない。

だが、そういった身内の機微理解できないほど、俺は心身ともにダラけきっていた。

「……ったくよ~、兄貴はどうしたいのさ」

「それが分からいから、こうなっている。でも、このままじゃ良くないとは思っているんだ」

夏休みが終わってもこの精神状態が続くようなら、かなりツラい新学期を迎えることになるだろう。

その危機感が、俺を取り留めのない抗いに駆り立てているのだと思う。

「じゃあ、無理やりにでも何かやれば? 俺は課題っていう、“やるべきこと”が残っているんだからさ」

「だから、それが見つからいから……いや、待てよ」

不毛なやり取りが続きかけたその時、俺は弟の言葉からヒントを見つける。

「そうだよ。この際、“やりたいこと”である必要はないんだ」

そして打開法を導き出した。

今のこの状態も“やりたいこと”ばかり享受しすぎた弊害、とも解釈できる。

“やるべきこと”を無理やり作り、それで予定を埋めればメリハリもできるかもしれない。

「となると、短期アルバイトだな。金も稼げるし一石二鳥だ」

「むしろ金を稼ぐのが第一目的じゃないの?」

(#61-2へ続く)

2018-07-01

anond:20180701170236

ネットリンチ増田って、ほとどこいつだろ

https://anond.hatelabo.jp/20180630210750

その前の、新宿駅のぶつかり男を養護してネットリンチだって喚いてたやつも同一人物だろ?

https://anond.hatelabo.jp/20180527082738

逆張りして煽っておいて、迂遠な受け答えして話引き伸ばすのが趣味だよなこいつ

元々お前らのやっていることはネットリンチだって煽りたいだけで、最初から答えなんて求めてないかいくらでも話を引き伸ばせる

二代目低能先生匂いがするよ

2018-06-19

anond:20180619104415

嘗ての偉大な表現者が生きてた時代は、名目上の表現の自由すらなかったわけで、

それを現代と一緒くたにするのは筋が悪いでしょう。

まして、昨今話題になってる、潰されていっている作品の作者たちは

「偉業」など求めてないわけで。

少なくとも名目上は「表現の自由」が保証された国で、

自由創作をしているだけに過ぎない。


問題は、その権利もないくせに彼らに対して不当な圧力をかける輩であり、

「それを避けるために高度な(迂遠な)表現を磨け」というのは創作者たちへの不当な要求に他ならない。

2018-05-24

anond:20180524002005

二重投稿するぐらい動揺してるんだから、吐き出せばいいじゃん

わざと迂遠な受け答えして、逃げ回る場所も無くなってきている事ぐらい気づいてるでしょ

君はネットしか場所ないんだから書きなよ

2018-05-23

anond:20180522123522

少し迂遠な話をすんだが

現実戦車てのは正面装甲だけが極端に厚くて

背面とか天井とかすごく弱い

全部均一な厚みにすると、とてもじゃないが重量が増しすぎて走れなくなる

からしぶしぶ弱点になる場所を作って、そこを攻撃されないように運用してる

ガンダムの盾がいかに強かろうが、多分全身を被いきるには重すぎか高価すぎんだろ

ボール1万機でシャアタコなぐりとか現実アメリカ陸軍vsドイツ陸軍戦闘を考えたら充分あり得る。画面に映ってないだけで、シャア以外のエースパイロットは何人かそれでやられてるのかも知れん

画面に出なかっただけでシャアも1度か2度それで死にそうになったけどギリギリ生きのびた経験があるのかも知れない

そんで

遠距離からビーム撃ってれば問題最初戦車の装甲の話と深い部分では共通する

なんでドイツ軍は戦車を全部、大口径の砲を積んだティーガーだけにしなかったのかって? そんな資金ねえからだよ!

陸軍がなんで戦車だけにならず、歩兵科という科がなくならないのかって、実戦では遠距離砲撃して敵を倒せば終わりじゃなくて、「面」として地域占領しながら前進しないといけないの。そのため数百台の戦車だけじゃなく、数万単位歩兵必要

歩兵同士の戦いは大砲大砲積んだ車両と違って、接近戦になる

ガンダム世界じゃ宇宙空間の岩っころとか占領しながら前進するのにモビルスーツ同士の白兵戦が発生してるんだろ、多分

あと、ガンダムじゃビーム兵器エネルギーを大きく消耗した筈、初代ガンダムビームライフルは確か15発しか撃てない

接近戦でビームサーベルとかの方が戦闘コストが安いんだろう

2018-05-13

[]5月12日

○朝食:ナポリタン

○昼食:助六寿司休日も食べたくなる美味しさ)

○夕食:玉子丼

調子

昨日の嫌な気分を引き継いでしまい、

何もする気になれず、ぐったりしてた。

本を読んでるのだけど、怖いホラーな展開がある小説なので、ちまちま読んでは

「こわいよー!」となって、手を止めている。

特に、日が落ちてからは読み進めるスピードが遅くなる。

ちょーこわい。

iPhone

コマスター

一昨日ぐらいの運がすごく良いのの、反動がきたのか、今度は僕がいやあな負け方で連敗。

ここ最近、レート3000〜2800の間をいったり来たりしている。

うーむ、明らかに3000に壁があるなあ。

というのも、レート3000にあがるとクラスが上がるんだけど、そのクラス最上位だからか、3000後半台の人ともマッチングするんだよね。

そんで、あのクラスからデッキ分布がすごい違うというと迂遠な言い方か、要するにちゃんとしたコンセプトのために最適なポケモンを使っている人が非常に多い。

2000台の人は僕もそうだけど「デッキコンセプト的に最適なポケモンはあのポケモンだけどこちらで妥協」みたいなデッキがよくいるんだよね。

これ難しいのが、そりゃ僕もバカじゃないから、勝つために必要ポケモンはわかってるんですよ。

でも、それをガチャで引くまで課金するのは嫌だし、

僕がコマスターをしている第一目標は「あくタイプポケモンコンプリート」なので、マテリアルが3万溜まってるからといって、それを好きでもないポケモンに使う気にはなれないわけですよ。

悩ましいなあ。

グランブルーファンタジー

そして対照的に、グラブルの方は第一目標がまだ定められてないです。

一応、メインストリーを全部読む、ってことにしてるけど、

完全にほったらかしてキャラクタ武器召喚石を育てるのにハマっちゃったんだよなあ。

なんていうか、メインストリーキャラクタSSRであるリミテッドシリーズってやつを、ガチャで引ければまた違うのかも?

一応、今の目標マグナボスを一人だけで倒すことにしています

まだユクドラシルマグナしか倒せたことがないので、次はリヴァイアサンマグナを頑張りたい。

2018-04-11

anond:20180411220128

でも低能先生って、単語病気で上手く理解出来ないし、文章の読解力と執筆力って中学生並みですよね

自分では小難しく迂遠に書いているつもりなのかもしれないけど、はっきりいってただの下手くそですよ

2018-03-11

増田ラップチャレンジ

ここは はてな匿名ダイアリー

言葉 誰か特定あいまいに アイディー隠し 誰もが増田

愚か 我ら口撃かしましい さみしいダルい ハゲとか吐くな

お願い やさしいブクマカ ブクマちょうだい

俺たち 仲良いスーパー つうか兄弟

燃え出し 魂 フューチャー 来るかShow Time

狙う昼夜ホッテントリ

願うブクマとっても欲しい

目立つ休暇をエンジョイ

男女ネタ 文学 大喜利 エロ 作り話

ちゃんと練った文書く 大いに手を抜く気晴らし

何のネタ 分野も まず書く その勇気価値

あるときは 漏らす

悪ノリモラル

初恋は 光属性「おああーっ」

ラプソディー非対称的ドラマ

ギャグ ノリ痛い? 小生 お嬢

俺だった すいすい すいようび

漏れちゃった ついつい 拭き掃除

バレたら 次々 後ろ指

保育園 落ちウエーン

孤立無援? 貯蓄減

こいつ善? すごい迂遠

濃い苦言 おい府県

ボイス炎上

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん