「刹那的」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 刹那的とは

2022-06-20

FIREしよっかな

と迷いつつ、幾数年。という人はしないんだろうし、そういう自分もしないしできないですねってのが後に続く駄文のサマリ

何とか受験戦争もおおよそ勝ち抜き、そこそこの会社でそこそこの地位について、そこそこのお賃金で、ギンギンとは言わないけど、そこそこはもらっている。

で、入社以来その収入節約&コツコツ投資を進めて金融資産はおおよそ1億程はできて、今四捨五入40歳

月々の収入は50万±5万程度で、ボーナス+諸手当が年200万程位で、生活費10万/月未満。

生活費については、家賃を抑えればあと2、3万は下げられるだろう。

からそろそろ、まず退職して今の収入がなくなったとして、で、耐えて失業保険貰って

で、その切れ際に長期職業訓練を入れて保険を延長して、なんてつなぎを入れて、

今の生活レベルを維持するか、さらに抑えればまぁ年金まで生き延びることはできるっしょ。

ちょっと厳しければ時々バイトして、なんてので今の仕事を俺は辞めるぞジョジョォオオォ!

なんて計画していた矢先にコロナが来て、リモートベース仕事になって

働きたくないでござる侍が活動を弱めている昨今。

その思いが揺らぎつつも、やっぱりその思いは消えてはいない。

これがやっかいだ。

そして、FIREに対抗する状況として

現在金融市場相場が少し冷え込んで、これからも寒そうな季節が来ている。

この状況だとしても、退場しても中長期で見れば生きていけるんだろう、多分。

からFIREするんだって、思うんだけど。思うんだけどさ。。。

もともと、数年前に思っていて、準備していたところに

図らずもコロナ鍋が来てリモートベース仕事になって、少し楽になった。

かといって、働かなくていいなら働きたくはない。

それはそう。

じゃあここで、辞表Wordでしたためて辞めるかって自問自答しつつ足踏みしている毎日が今なんだ。

おそらく今FIREすれば、生きていける。

仮に資産が底をついても、生きていける。

生活保護なり、それが無理でも日本という国はまぁ恵まれはいる。

少なくとも今の自分はどの選択肢でも死を選ぶほどの最悪はないと考えられる。

こちとら、将来のリタイアを見据えて価値観貧乏学生からアップデートしていないんだ。

過労からくる体調不良入院して半年ほど入院した経験もあり、無職透明な生活には慣れている。

無職が続くと仕事をしたくなんて嘘だッ!!

あとは決断するだけだ。

社会人辞めますって。

もう、合コンとかマッチングアプリ彼女を探して結婚してなんて統計的にはない年齢なんだ。

上振れを望めない年齢、立場突入したんだから、じゃあ細く長く生きるってのがコスパとしてはベストだろうよ、と。

無職に舵を切ることに、細く長くの人生設計に対する何のリスクもないはずだ。

だけど、やはり決断できない。

今以上に資産が目減りしたら?

そしたら生活保護

それが認められなければ、学生時代にコンビニバイトシフトを増やしてくれって店長懇願していたようなあのおっさんみたいになるのか?

その時にコンビニバイトなんてあるのか?シンギュラリティが来て、高度な技能以外を持つ人間以外は仕事もつけなくて死ぬのか?

なんて考えて、幾数年。

この考えの起点に立ったあの時、数年前に即断即決でFIREしていれば。。。

あの時はヤバかった。

電車を眺めながら椅子に座り、気がついたら終電を逃して漫画喫茶に泊まり、そのまま翌日出社して。

パワハラ先輩には同じ服装をいじられて、幸運にもその日が金曜日だったので、体調不良で退社して

帰る途中の電車ダイブすることがよぎりながらも

泥のように寝て、土日をキングクリムゾンして。

で、頭を垂れてため息の月曜日を迎えて、思考停止パワハラを受けて。。

そんな生活が、今日、この月曜日経験してかなり緩和されていることに気づく。

だけどまぁ、かといって無職に比してはリモートワークでもストレスはあるし、プレッシャーもあるんだ。

からFIREしよっかな、って暗黒の月曜日を終えた今日も思って考えるけど

結局これをN+1考えて、定年を迎えるんだろうな。

だったら、糞みたいな資産形成なんかさっさとやめて、浪費浪費で宵越しの貯金はしねえってな、刹那的生き方をすれば幾分人生を楽しめるんだけど

それもできず、ありもしない選びもしない未来への糞みたいな砂上の楼閣を夢見て資産形成をするだけで、いつか数十年後いや数年後に床のシミになって死ぬんだろう。

だけど、けれどもわかっちゃいるが、分かってはいるつもりなんだが

染みついたその価値観に基づく夢は、ハーフプライサーとしての生業を止められないし、娯楽に金を出せない脳になってしまっていて、今さら浪費もできないだろう。

本当に糞みたいな人生で、糞みたいな展望だけど、資産をためて変死するってのが、

直近十数年の結末の予想としては、単勝1.1倍位あるかな鉄板未来予想図だ。

辞職するぞのブレーキランプを5回なり6回なり脳内会議で何回ぶつけても、FIREするぞの裁決になんてなりはしない。

このまま腐って死ぬだけなんだろう。

はぁ。

「美味しい」の大切さを初めて知った

私はずっと食に興味がなかった。

幼い頃からそれなりに美味しいものを食べて育ってきたから、大人になってもそのありがたみが分からなかった。

社会人になり自炊を始めると、毎日同じようなものを食べるようになった。

例えばカレーを大量に作って3日間食べるとか。

もしくはダイエットも兼ねて、少ない食事にし、間食を控えるとか。

すると確かに痩せるし、食事に気をかけない分心ゆとりができた。

いや、できたと思っていた。

そんな生活が2年続いた頃、自分の中の気力が落ちていることに気づいた。

食にこだわりがないことが、日々の生きるエネルギーを奪っていることに気づいた。

私は今まで料理番組レシピサイトに興味がなく、インスタやTwitter、またはてなでも美味しいレシピ商品の紹介がバズっていたりするが、興味がわかなかった。

美味しいものを食べてどうなるの?私はそういうものはもう沢山、みたいな気持ちだった。

だが「美味しい」という気持ちは心の栄養になる、最近それにやっと気づいた。

美味しいは、日々の糧になるのだ。私はそれを知らなかった。

食べる喜びなんて刹那的ものだとやや見下すような気持ちさえあったが、私が浅はかだったようだ。

とりあえず今日は帰りに美味しいケーキでも買って帰ろう。

2022-06-14

anond:20220614103922

超高福祉、低収入、低労働結婚子持ちマスト地域と、

高収入生産性下がるので子供禁止(生まれたら超高福祉地域に送られる)、高税(とはいえ収入地域と比べたらめちゃくちゃ金持ちになる)の地域に国を分けると良いと思う

イメージとしては子孫を残したい人は高福祉地域へ、刹那的金持ちになりたいなら高収入地域へって感じ

上手くいくとは思ってないけど、子育ても金稼ぎも両方とも二足の草鞋でやれなんて無茶なレベルまで経済成長してると思う

2022-05-21

少年漫画ジェンダー観の刷り込みより少女漫画ジェンダー観の刷り込みのほうがやばかった。

https://note.com/tiikawa1216/n/ne14b9644bf7f

当時有名だった少女漫画を読んだ。フルムーンを探して、ママレードボーイ、グッドモーニングキス…  

内容は定かではないものの、すべてとても面白く、良い物語だったと思う。

しかし、いくつかの物語を読むにつれて、私に「空虚さ」や「違和感」が蓄積していくのを感じた。

私が少女漫画から学んだ内容は、「女の子って、好きな男の子と付き合ったり結婚できたらその先の人生は”その他”みたいなものなのかなあ…」であった。

最終的に結ばれる側の男性には仕事の話や大学進学の話など、たくさんの「未来に続く道」が暗示されていた。それにも関わらず、主人公である女性男性と付き合い、結ばれるところまでで精一杯であり、それ以外にやりたいことやどのような将来に向かっていくのか見えないのである男性に一直線に向かって打ちあがる一輪の花火のようなものだ。その花火が咲いた瞬間がマンガクライマックスであり、そのあとにはチリ寂寥感しか残らない。それがなんとも刹那的であり、同じ人間として数十年を生きるという寿命的設定と噛み合わず空虚を感じる。

もちろん現在では、昔に比べて少女漫画多様化が目覚ましい。愛の在り方に関する表現イケメンとのイチャラブに集約されるような一様なものでなくなってきているという事実は、たくさんの精神的自由女性に与えているのではなかろうか。

他者への愛は比べられるものでもなく、好きな人は好きなのである

少女漫画はかつてのジェンダー再生産的役割から個人自由意志や決定をフォローしてくれる役割シフトしてきていると思われる。

2022-05-10

なぜ最初の100万円を貯金しさえすれば金が貯まるとか言われているのか

最初100万円という感覚とは

最初100万円さえ貯まれば、あとはお金が貯まるとよく言われている。自分は、かなり昔に「そんなことあるのか?」と思っていた。

100万円を貯めるのに結構時間がかかるのなら、そのあと200万円を貯めるのは同じぐらい時間かかるのではないか?と思っていた。

重要観点がある。最初100万円を貯める前というのは「人生でまだ1度も100万円を貯めたことがない」という状態でもある。貯め方・ノウハウがわからないし、その感覚もわかりにくい。

ここでは、いま100万円ない人、100万円たまったばかりの人に対して、その感覚を伝えていこうと思う。

100万円以下で買えるものはとても多い

100万円もあると、ほとんどのものは買えてしまう。ちょっといい外食全然行けるし、世界一周旅行ギリギリできるかどうかの値段だ。それこそゲームソフトで考えれば月3本を10連続で買えてしまう。

生活必要もので大きな買い物というと、ドラム式洗濯機などで、高いものだと30万円ぐらいのものがある。また、高性能のPCが40万円ぐらいになっていたりする。または中古車などだろうか。一括で買えてしまうのだ。

「手元に100万円ある」という状態は、こうしたもの生活必需品が「今すぐは必要ない」という状態でもある。生活がある程度安定しているのだ。「買えるけど買わない」という状態である

100万円に到達する前はそうではないことが多い。たとえば引っ越しの際にいろいろとお金がかかったり、よくわからないが「生活必要だと思われるもの」の出費によってどこかに消えていく。

100万円までの時代と、それ以後

100万円以前のときは、要は生活に関する出費が多いのである。そのためいろいろと増減してしまう。増えたと思ったら減り、一向に増える気配がない。「このままのペースだと、全然まらなさそう」だと思ってしまう。

実際、仮に月3万円を貯蓄に回しても、100万円貯まるのは3年後だ。ということは1000万円貯まるなどというのは遠い未来すぎて想像もつかないように見える。

しかし実際はそうではない。100万円貯まった状態生活レベルを上げなければ支出自然と減るのである。また、年数が経っていることで昇給したりもして、貯まるペースは加速している。

100万円貯めるのは大変である。大変だったからこそ「大変な思いをして貯めたものを、むざむざしょうもないことに使いたくない。良いことに使いたい」という心理も働く。

100万円があると、転職にも目を向けやすくなる。数ヶ月無職になっても一応どうにかなるという心の安定剤となる。人生における自分選択肢が増える。

貯蓄が100万円という数字はただの数字ではなく、そこまで困窮していないことの証でもある。「100万円あったらほしいもの」が現実化しているのだ。

生活が安定し、こうした気持ちが相まって、お金が貯まりやすくなる。それに、1度攻略してしまったのだ。成功体験もある。100万円を貯めた人というのは、どういう方法であれ「100万円の貯め方を知っていて、経験して、達成した」という人である

から次の100万円は容易になる。今度はなにせ生活が既に安定した状態からスタートしている。生活にゆとりがあるのだ。

すると不思議なことが起こる。たとえば、最初100万円は3年かかったのに、次の100万、つまり合計200万円は、出費が減って、今度は1年ちょっとで貯まってしまうとか、そういう感じだ。

こうなるとおもしろい。

貯蓄が100万円なかったころは「1000万円なんて30年後だよ」と思っていたのが、2年後に「長くてあと8年」というふうになっている。考え方が全然違ってくる。こうしてどんどん貯まっていくのだ。笑いが止まらないほど貯まっていく。

お金を貯めるとは、お金を使うことでもある

貯めるとか投資するとか、結局将来の自分利益のために、今の自分お金を使うということでもある。死んでしまえば元も子もないが、なかなか現代日本でそうかんたんに死ぬことはない。

人によっては現在自分を「どのぐらい犠牲にしてもいいのか」で割合も変わってくるだろう。だから月々の「貯めるという行動」の金額は人の価値観によって異なってくると思う。ゼロ以下なら刹那的現在至上的である

お金を貯めるという先を見た使い方を、「先見の明がある」と言ってもいいかもしれない。

遠くの未来を考えやすくなると、先のことが読みやすくなり、ますます栄えて豊かになっていく。

「貯蓄100万、金おのずから貯まる」とでも名付けておこう。

2022-05-07

連休が続くと酷い虚無感に襲われる

刹那的人生を楽しんでいるので仕事をせずに何もしない時間が増えると虚無感を感じる。

多分一生独り身だしこの先を虚無感からは逃れられないんだろうな。

蟹でも食べ行きたい。

2022-05-04

anond:20220503112150

所得世帯の子育て支援実質的独身税になって更に非婚少子化を加速させるし、それで一番割を食うのはまさに支援を叫んでいる彼女の子世代なのだけど

所得制限云々に関してそういう視点から長期的に子供のことを考えてあげている親って俺が観測する限りまっっっっっったく居ないのよね

世の中がどうなろうとその持ち前の財力で自分の子にだけは幸せ人生を用意してあげられると確信しているのか、リソースを食い潰そうと刹那的にいま自分ラクに「子育てごっこ」できれば後はどうでもいいのか

まあどうせ後者なんでしょうけど

2022-05-02

anond:20220502104400

大学出てこどおばだったみたいだし、繰り返される衝動的で刹那的な行動パターンからすると本人がなんらかの問題抱えてるのは確かだろーな

2022-04-26

anond:20220426202610

かい事ネチネチ気にする層が食べる食いもんじゃないぞ

もっと刹那的疲れた人間が食べるものから自分にとって都合よければそれでいい

2022-04-13

大陸は徐々に動いてるんだから

橋とかパイプラインとか国境ってほんの刹那的ものだよな

なんか虚しくなるわ

2022-03-30

anond:20220330173243

5chは板やスレで分割されていたので、スレごとにけっこう文化が違っていたが。

特別人口が多くてスレがどんどん消費されていくような板を除けば、

「みんなでひとつ土地を共有している」という意識が強くて自治厨が多かった。

二人で延々とレスバしてたりすると「スレ違い」「別スレでやれ」と周囲が怒ったりした。

情報収集に使っていた人も多かったので、そういうところでは有意義情報共有が推奨されて、

どうでもいい呟きとか意味不明独り言とかは「荒らし」とみなされがちだった。


増田書き込みがどんどん流れていくので、5chよりも脊髄反射的で刹那的話題の消費がされる。

真面目な質問情報提供は散発的にしか書き込まれない。どうでもいい独り言も多い。

情報の蓄積をしようという意識が薄い(5chだと長く続いたスレにはだいたい専用wikiが併設されていた)。

自分エントリレスがついたのを確認できるので、ひとつ話題について延々とレスバを続けることが多い。

ただしそのレスバの内容や結論記憶されたりするわけではなくその場限りで終わる(5chだとよくあるやりとりはテンプレに入れられていた)。

2022-03-14

anond:20220314104331

射幸心や性欲を満たすためにスパチャしてるって意見がまずわからないし、アルコールとかタバコとか麻薬といっしょって言うのもよくわからない。人は射幸心や性欲満たすために酒飲んでんのwオナニーしてろよw

根本的にずれてるよねお前

コメントを読まれるというのが射幸心に該当すると思ってんの?マジでよくわからないんだけど、無料コメントでも読まれるし、俺はスパチャは大体無言で送るから、お前の言ってることがまるで何も当たってないんだよね。スパチャを送って何がもらえると思ってんの?

で、なにもかもズレてるお前が「振り込めない詐欺」とは違うとか熱弁したところで、完全に意味不明なんだよね。いいえ、違わないですね。としか言いようがない。

まあ新しい価値観についていけなくなった老人って感じですかね

そもそも坊さんみたいな生活してるんじゃなきゃおまえも刹那的な何かに金を使ってるはずなんだけどね。うまい飯とかさ

anond:20220313143711

お前がいくらなんと言おうが、スパチャはゴミだろ。ガチャと同じぐらいゴミ。結局やってることは射幸心だとか性欲だとか、そういう人間の持ってる醜い部分を煽って、金を集めてだけのゴミアルコールとかタバコとか麻薬とかそういうのと一緒。

振り込めない詐欺」を例に出してる奴が出てたけど、今のスパチャ文化はそれとは別なんだよ。「振り込めない詐欺」っていうのは、とても上手いプレーを見せてくれるゲーム動画とか無駄クオリティを高いアニメグッズを自作してる動画かに対してつくタグなわけで、射幸心とか刹那的人間感性バグを煽ってる今のスパチャ文化とは別。

そういう競技シーンのレイヤーとは別なんだから、今のスパチャ文化いくら伸びてもeSportsに未来なんて無いだろ。努力してすごいプレーを見せてくれるプロゲーマーには金が集まらず、なんかよくわからん騒ぎ立ててるだけで、飽きたらやーめたって言うような配信者に金が集まるだけなんだから

お前が例に上げてるVtuberとかその最たるもんじゃん。1つのゲームメーカーを、1つのゲームを遊び続ける訳でもない。なんか人気になってる作品ちょっと遊んで、それで金を集めて終わりの繰り返し。

今のスパチャ文化成熟したところで「プロゲーマーになるより配信者でやる方が金が集まるわ」ってなるやつが増えるだけで競技者になるやつは増えないし、質は高まらない。だって競技者として努力して、大会で好成績を残すよりも、YouTubeTwitchで騒ぎ立てるだけのやつの方が金が集まるんだから

2022-02-24

無敵の人に近づいてきたので

世界が混乱してくれる方が助かる みんなは困るかもしれないが自分は何も困らないし、寧ろ刹那的に生きてきたことの説明がつくので

2022-01-29

anond:20220129152242

自信がねぇから狭い語彙の中で誇張せざるを得なくなるんだよ

考える頭もねぇから何言ってるかもわから刹那的おかしさを生んでハイ終了

2022-01-15

紅の豚を見てると現代がクソみたいに見えてくる

「ここではあなたお国より、人生がもうちょっと複雑なの」

ジーナのこの台詞は歳を取る毎に重みを増してきている。

我々はアメリカ野郎のように単純な人生を送っているのだ。

単純な人生を送っているからこそアメリカ野郎のように激動な人生を求めたり

とにかく目立つことをしている人を扱き下ろして刹那的な達成感を得てるんだ。

作られた複雑性の中で愉悦に浸って人生を生きた気になっている。

もしくは複雑性の中にいる人達を外から眺めて自分たちも複雑になった気になっている。

これから先、何年生きても複雑性はそれほど増えないだろう。

これから先、紅の豚を見る度にそれを思い出すんだろう。

2022-01-02

anond:20220102225904

破滅的、というか刹那的生き方だなぁ。

そういう男らしさってのを持ってる人って、よく言われるのは3Bの人だよね。(美容師バンドマンバーテンダー

恋人として遊ぶならそれでもいいけど、ちゃんと将来を考えられる人を選ばなきゃだめだよ。

2021-12-25

真剣に生きていない

真剣さが足りない。

将来をよく考えていれば、避けられた失敗を何度も繰り返している。

刹那的な興味からニッチで将来性のないことばかりやって、価値を下げている。

2021-12-22

anond:20211222084406

テスラなんて中に入れるラジコンカー作って自動車会社ってウソついて騙して刹那的に儲けてるとこと一緒のグループにしてほしくないなぁ

2021-11-28

廃課金勢は救いようのない馬鹿だと思ってるが

ソシャゲーマーを想定しているけれど、Vtuberに何万何十万とスパチャ送ってるアホも含む。

何十何百時間と働いて得た対価を刹那的快楽に溶かす行為を心底見下してはいるけれど、まあ他にカネの使い道がないっていうなら、どうぞ人生をドブに捨ててくださいな、と思わなくもない。

だってこうして人生の何千何万分の1の時間を、はてなに費やしているわけだし。

でも逆に言えば、趣味ってそんなもんだよな。

たとえば登山とか、総額何万何十万もするギア揃えて長時間ヒーコラ登って降りて、なにが残るわけでもない。

生産性ゼロ。というか大幅マイナス

ソシャゲ廃課金となにが違うって、まあ肉体を動かす分だけ健康的かな? ってことくらい。

それも滑落して死んだり一生残る障害負ったりしたら、Vtuberのご機嫌取りしてた方がよっぽどマシだし。

そういうこと言い出すと、突き詰めれば「休日は軽く運動くらいしたら後は家に籠もって資格勉強でもしてろ。貯めたエネルギー労働しろ」という結論になってしまうか。

とんだディストピアだな。

廃課金勢を笑えないや。

2021-11-04

なぜ団塊刹那的に生きるのか

母が脳腫瘍に倒れた。父は警備のアルバイトを辞めて、母の看病というか、介護に尽くすつもりらしい。がん保険にも入っておらず、両親とも大した貯蓄もない。

彼らを眺めていて気になるのは、この世代の備えるチカラの無さだ。車椅子のことすら想像していない階段だらけの家、ローンははおろか、車検代、消耗品代、ひいては燃料代さえ払えるか疑問なハイオク車。

自分の家庭だけかと思っていたが、両親が怪しくなってから注意するようになってみると、何処の家庭にもある。これらは高度経済成長からバブル景気の頃に社会人経験した世代負の遺産だ。

とうぜん彼らが健康を損ねれば、それを支えるのはその子ども達だ。

彼らは、自分未来永劫健康で、最期の瞬間まで矍鑠(かくしゃく)と生活できるものと信じている。

から、車のローンを子供が肩代わりするだとか、通院の毎に子供仕事を休んで階段上り下りを補助するだとか言った将来をまったく想像していない。

彼らのような世代を生んだのは、高度経済成長、そして退職前に味わったバブル経済雰囲気にほかならない。

当時は高卒ですら入社して一年から賃金支給され、驚くことに賞与まで支給される者もいたらしい。

その後も常に右肩上がり経済経験、かれらの両親は常に健康で、ある日突然に亡くなり、退職金だけで住宅ローンの相当量の返済が終わっていたのだ。

あなた方のような世代、つまり借金まみれで大学院を修了して、ようやく職に就き、そこから耐えること2年目頃にやっと賃金支給が始まり博士号がなければ賞与はなし、博士号があれば今度は職がなし、退職金など夢のまた夢の人々からすれば、団塊世代は正に黄金世代であった。

当然、このような時代を過ごした団塊世代に、将来に備えるという習慣などない。更に運の悪いことに、彼らの過ごした時代女性社会進出もどきが進み、企業女性をどう扱っていいかからないまま雇入れ、もてあそんだ時期に当たる。

企業若い女性にどのように働かせてよいか解らず、簡素仕事を割り当てて男性比肩する賃金を払い続けた。しかし、女性は重責を負う立場まで昇進することなく家庭に入る。

すると彼女らは、世間男性自分たちと同じように、お茶くみや領収書検算、社内郵便係をして一日過ごしていると勘違いし始める。このなまじ中途半端に働いていた団塊世代女性は、たちが悪い。

家庭に入った元・社会人もどき女性たちは、自分世間並みの苦労をしてきたと勘違いしたまま、家計を握る。暴君誕生だ。

彼女らは、夫が健康に稼ぎ続け、夫は大した苦労もなく稼いでると思い込み、65歳を超えても同じ待遇再就職すると信じ込んで、夫の僅かな稼ぎを使い込む。

挙げ句海外旅行、高額な(自称)無農薬有機野菜通販階段だらけのうさぎ小屋、年をとったら使いこなせない分不相応な高級乗用車……次々と浪費をし続ける。

そう、団塊の浪費はこの主婦らによって行われ、右肩上がりの将来を妄想する団塊会社員どもが放置したものなのだ

2021-10-31

政治からないし投票もできない

政治が難しくてわからないし、だから投票もできないという話。

政治家が多すぎて名前が覚えられない

まず、国会議員に限っても何百人といるわけで、名前と顔を一致させて覚えるのすら難しい。

テレビニュースで○○党の○○氏がこのような政策立案しましたとか動画付きで見ても覚えられない。1時間も経てば名前も顔も政策も忘れてる。

そんな状態じゃ誰がどんな人かだって覚えてられないし理解もできるわけない。

党もたくさんあってどの党がどういう毛色でどういう政策をやっているかも覚えていられない。

だいたいの党の名前に「民」が付いているのも覚えにくさに拍車をかけている気がする。

「○○党や○○氏は行動に一貫性がなくて~」みたいなこと言ってる人をよく見かけるけど、それって何年も何十年にも渡ってその党や政治家を追いかけて何をやっているのか記憶しているわけで、そんな記憶力は俺は持ち合わせていない。

そもそも政治自体がわからない

どんな政策を行えば社会がどうなるかなんて政治学者や経済学者が考えたって答えは出ていないわけで、そんなものをド素人の俺がわかるわけもない。

それでもまだ公約とか見ればとりあえずそれが直接的に自分特になるものかどうかはわかるかもしれない。

でも「とりあえず俺が得するから」で投票先を決めるのは違う気がする。

例えばどこかの政治家が「当選したらすぐに貧乏人全員に100万円配ります」って公約を掲げれば、「俺は貧乏人だからこの人が当選したら100万円もらえて得するぞ」って思うけど、それは刹那的な得であって、本当に俺が得をするのかどうかがわからない。

その政策日本社会全体にどのような影響を与えるのか、それが回り回って俺にどのような影響を与えるのかまで見越さないと本当の俺にとっての得にならないわけで、どんな政策を取れば俺が得するのかなんて難しすぎてわかるわけない。

仮にその政策が確実に俺が得するものだと断定できたとしても、その特によって誰かが理不尽不利益を被っていればその特は受け取りにくいし、でもそこのところの因果関係がどうなっているのかも俺にはわからない。

政治に対して意見がない

例えば失業率が上がったと聞いても、何が原因で失業率が上がったのか俺にはわからないし、その失業率の上昇が何を意味するのかもわからない。

失業率に限らず、出生率だの平均賃金だのでも万事その調子から政治に対する意見なんて何もなくて、何が起きてもふーんそうなのとしか思わない。

仮に俺が失業したとしても、政策との因果関係なんて理解できないからさて次の仕事探すかとしか思わないだろう。

結局

何が言いたいのかっていうと、投票に行け行け言う必要はあるんだろうかってこと。

社会人であれば投票して当然、投票しない人は社会人として失格、投票する人は上等で投票しない人は下等、みたいな空気を感じるんだけど、それがむず痒い。

政治精通している人であればこの人に投票すると社会がこうなるからこの人に投票すべきと判断できるだろうから投票する意味はあると思う。

でも世の中はそんな判断ができる人ばかりじゃないだろう。

そういった政治がわからない人をせっついて投票させたところで、「あなたに100万円あげます」みたいな公約を掲げる人に投票するだけかもしれないし、それが社会にいいことだとは思えない。

そして俺は政治がわからない。だから投票しない。それが俺のできる限りの判断だ。

そんな投票しないという判断も、投票するという判断と同等なひとつ判断として尊重してくれていいんじゃないのか。

もっと広く、投票しないという判断が受け入れられてもいいんじゃないのかって思う。

2021-10-16

anond:20211016041900

自分が同じ立場になる可能性があるから罪を許すって思考の人、相当数いるけどずっと全く共感できんのよな。

罰って罪を許されるために受けるものであって、それを恐れるってことは永遠に許されないってことじゃん。

なんか「自分が損をする」っていう刹那的というか利己的な部分だけしか見えてない人の発想よな。

償う気がないと言ってもいい。

全体の落とし所としての罰なんだから罪人は罰に感謝してもいいくらい。

もともと「誰もが意図せず犯してしま可能性のある罪」は罰が相当軽くなってるんだし

今更追加で軽くする意味も逃れる意味もないと思うんだがなぁ。

もちろん、私刑を加える前提で許す・許さないなんて話をしているなら論外だけど。

2021-10-06

薬物を使ってみて思ったこ

つい先ごろ、薬物の利用をした。以下で具体的にどの薬物をどう利用したかを書くことはない。また、その瞬間における体験がどのようなものであったかについても書くつもりはない。私が書くのは、翌日以降に残った薬物の影響と、そこから感じた「政治」についてだ。

「それ」からしばらく経ってからPCチェアうたた寝した。それ自体はしばしばあることなのだが、ある夢の最中で「これは夢ではないか?」と思い、そこに居合わせた人に自分の頬をつねってもらうように頼んだ。痛みを感じたので無事夢ではないことがわかったのだが、それは結局夢であることをPCディスプレイを目の前にして知ることになる。

それ以降はいわゆる「金縛り状態を2~3回ほど繰り返した。自分PCデスクの前に座っていることは分かっていて、半分夢の中にいるせいで体が動かないことも分かっているのだが、何もなすすべが無いのである。何度起きようと試みても無駄だった。金縛り最中に、おそらくは夢由来の幻聴も知覚した。ひた、ひた、と自分の後ろ側を何者かが歩いている音がするのである幻聴であること自体比較的すぐ看破したが、それで音が消えてくれる訳ではないし、「万が一もし本当だったら?」という恐怖や不快感も続く。

その時はたしか「これが金縛りという医学現象とそれに付随する意識低下に基づく幻聴だと分かっていても怖いのだがら、そりゃ枕元に誰かが立つという話が山ほど作られるわけだ」と金縛りと幻聴に苦しみながら考えていたように思います。結局その後何かの拍子に金縛りが解除されベッドに飛び込み、ぐっすり眠りました。

翌日。昼過ぎですかね、PCチェアに座っていると唐突な眠気が襲ってきました。そしてまた金縛りに。今度は周りが明るいのもなんだったらディスプレイに何が表示されてるのかも分かるぐらい意識がはっきりしているのにもかかわらず(まぶたを開けたまま寝てたのか、記憶がまぶたの裏に焼き付いていたのかは判然としません)、腕をアームレストから引き剥がすことが出来ないのです。この頃になると結構世界ルールが分かってきていて、ある程度は現実世界らしく振る舞うが、度が過ぎると初期配置にリスポーンする。

目覚めようと色々試してみました。体が動かないので叫んでみたり(今でも実際に声が出ていたのかどうかは分かりません。一応壁厚いし昼間だからあいいかと思って叫びました)。どのようにしてか体重バランスを変化させ椅子ごとすぐ後ろのベッドに飛び込むことは出来ましたが、いつの間にかまた普通に座らされていました。右手けがある程度自由になったので手元のガラスのコップを放り投げました。ガシャンという音と女性悲鳴が聞こえてきました。奇妙に思い都合良くもう一つあったコップをまた投げてみました。また同じくガシャン、キャー。効果音の使い回しだな、と思いました。このあたりからどうでもよくなってきて、右手ロジクール無線マウスを開けて電池を取り出し、口に入れてみました。その電池ソフトキャンディのように柔らかく噛み切れ、口の中には電気の味が広がりました。金縛りが解ける気配もないし、せっかくだから現実じゃ出来ないハチャメチャなドエロいことをしようと思ったが勃たない。

飽きに飽きたところでようやく両腕が本当に自由になったので(この時点ではまた両手だけ動かせても意味ねーよと思っている)、なんとなしに首の裏で組んでみた。そしてまたゆるめの金縛りに戻るのだが、今度は指先を動かそうと念じると実際動き、首の裏の神経が反応するのである(あたりまえ)

その辺りから徐々に体の操作権を取り戻し、ついには金縛りから脱するに至った。どうやら1時間ほど金縛りの中にいたようです。その後も軽微な「自分の手が自分の手に思えない」現象などはありましたが、今は元気です。

挙げた種々の現象はおそらく離脱症状のあらわれであったと思われる。現状のニートのままであれば、まあ用法用量を守って数日おきに刹那的に楽しみ離脱症状は当然の報いとして受け入れる、という選択肢が有望に思われる。

しか仕事に就こうと思えばこうした薬物から距離を取らなければならない。なぜなら、楽しい休日の次が必ず丸1日潰れ増田に長文を投げるぐらいの仕事しか出来ませんでは困るでしょう。

こう考えていると、薬物緩和肯定派がよく言う「政府国民幸せなど全く考えず、いかによく働かせ税金を搾り取るかという観点から薬物を禁止している!」といった主張へも、多分緩和派とは別の意味同意できるように思うのです。この程度の薬物(=歴史悪名を刻んでいない薬物)ですらこうなのだから、より作用が強い物はより翌日以降の影響もより強かろう。それを規制しようとするのは政府としては極めてまっとうなことであるように思われる。俺が総理大臣でもそうする。

薬物論争においては常にやり玉に挙げられる酒タバコも、翌日への引きずりかたが比較的軽微であるというところで、許可されてきたのではないでしょうか。二日酔いはたいていの場合本人の無茶な飲み方が問題と考えられているし、タバコ離脱症状はより些細であるあくまで外から見る分には。タバコが切れてナイフを振り回した人を俺は知らない)

例えばアルコールタバコ年齢制限だってそうだ。われわれは未成年の酒タバコは成長に良くないと思っているが、一度でも根拠となる研究タイトルとか要約を聞いたことがあっただろうか?(同じ理屈で同じく根拠が示されずコーヒー炭酸マッサージ器を禁止された人は多そうだが)結局の所われわれは未成年の酒タバコを、将来健康青年として税金年金を納めてもらえるように禁止しているようなものだ。

政府国民幸せなど全く考えず、いかによく働かせ税金を搾り取るかという観点から薬物を禁止している!」と俺も思うが、俺は政府は正しいことをしていると思う。これは愚行権問題で、もはや俺の手に負える問題ではない。『リベラルのことは嫌いでも、リベラリズムは嫌いにならないでください――井上達夫法哲学入門』というクソにも程があるタイトルの本が実は、日本代表する法学者による一般向けの本の中では相当高いレベルにあるのでおすすめです。

愚行権の話はおいておくにしても、ひとつ問題がある。われわれは、「政治」が嘘をついているとき、その嘘を暴くことが「政治批判」になると思ってきた。先に挙げた「政府国民幸せなど全く考えず、いかによく働かせ税金を搾り取るかという観点から薬物を禁止している!」というのも、一聴すると「市民自由を!」とシュプレヒコールで答えたくなるが、では月曜日離脱症状でうっかり自殺したり「サーセン副作用で動けないんで有給…はもうないんでしたっけ、まあとにかく休みます。…ツーツー」といった事象が多発するような社会に住みたい人間などいないのである

こんにち、嘘を嘘と見抜くだけでは批判にならないのです。では…

続きは気が向いたら書きます

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん