「ウィトゲンシュタイン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ウィトゲンシュタインとは

2019-06-05

三大厨二病的なかっこよさを持つ人物

ウィトゲンシュタイン

シュワルツシルト

 

あとひとつは?

マクスウェル」あたりは有力候補だがもうちょっとちゃごちゃした感じが足りない気がする。

2019-06-04

百合SFブームは「ウィトゲンシュタイン梯子」なのか?

ここ数日、ハヤカワ文庫百合SFフェアに関連して、書評家の杉江松恋がフェアに違和感を表明し、杉江を含む百合SFフェア懸念派の発言Togetterにまとめられ、さらにハヤカワの編集者がそのまとめの削除を申請する……といった一連の出来事が、ツイッターのごく一部を騒がせていた。

(ハヤカワ編集者の削除申請を、百合SFフェア批判封殺解釈しているらしい発言をいくつか見かけたが、あれはむしろ杉江松恋らフェア批判者への反発をこそ抑え込むための措置だったのではないか

そんな状況の中で、百合SFフェアに含まれ作品の著者が投稿したのが、以下のツイートだ。

<script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>

<script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>

ウィトゲンシュタイン梯子、という言葉はよく分からないが、ググってみたところ、「おもちゃと同じだよね。“やがていらなくなる為に”、それは必要なんだ。」といったような意味らしい。なるほど。

果たして草野の言うように百合SFブームは「ウィトゲンシュタイン梯子なのだろうか。

しかに、今回の百合SFフェアに対して、なぜ「百合」などという狭いカテゴリだけを殊更に取り上げるのか、もっと広く「ジェンダーSFフェア」でいいのでは、といった声はいくつかあった。そういう人々にとっては草野言葉はまさに、我が意を得たりという内容だろう。

だが、それは大多数の「百合好き」の考えとはどこまで一致しているのだろうか。

自分自身は、胸を張って堂々と百合が好きだと言えるほどの百合好きではない。そのためこれはあくまで推測でしかないが、多くの場合百合というジャンルを好きな理由はそれが「百合から」、男と女でも男と男でもなく「女と女の関係性だから」としか説明できないのではないか。逆に言えば、「女と女」であることにだけは、唯一絶対意味がある(「女」の範囲をどこまでとするかは人によるだろうが)

あくまで性の多様性肯定するフィクションの一つとして完全にフラット百合評価している、という人も中にはいるだろうが、多数派とは思えない。たとえ百合と同時にBLなど他のジャンルも好きだったとしても、「百合ならではの良さ」が少しでも存在すると信じるのであれば、それは「女と女」に帰着するほかないだろう。

なんで「女と女」なの?と更に問うこと自体は一応可能だ。現に、主に非当事者によって「男性排除した世界処女性を安全に味わうため」とか「自身男性性への罪悪感から来る女性化願望」とかいった“分析”がなされることは多い(下衆の勘ぐり的な“分析”の代表例として挙げただけで、別に百合の愛好者に男性しかいないと思っているわけではない)

そういった詮索好きな人たちには、その勢いで現実性的志向にも同じように“分析”を行ってみてもらいたい。やれるものなら(実際にやってしまう人も時々現れるが)

閑話休題

草野ツイートは、物語ジャンルとしての百合百合であることの意味、つまりは「女と女」が最終的には他の関係性・性志向の中で相対化されて、良くも悪くも無意味になることを目指す、という姿勢の表明と読める。

もちろん、この件はただの百合ではなく「百合SF」についての話であるセンス・オブ・ワンダー(って結局なに?)が重視され、既存常識を乗り越えることを良しとするSFというジャンルであれば、百合と結びついた時に、百合好きが百合に抱く(不合理で保守的な)幻想解体するような方向に傾くのも自然なのかもしれない。

だが、もしも最終目標が「特にカテゴライズなく同性愛テーマ作品普通に幾多もある環境」ならば、敢えて「百合SF」という看板を掲げるのは、不必要である以上にかえって逆効果なのではないか性別に関する固定観念を直接揺さぶ手段SFには現にいくらでもあり、わざわざ「百合SF)」という限定された概念を経由するのは、目指すゴールから遠ざかるだけの回り道に思える。

百合に限らず様々な関係性がSFで描かれるようになること自体は、良いことに決まっている。だが、フェア対象作家の中の一人に過ぎないとはいえその内部からウィトゲンシュタイン梯子」という言葉が出てきたとなると、「百合SFフェア」は素直に乗っていい波なのか、受け手に迷いが生じてもおかしくない。SF好きはともかく、百合好きにとっては大きな問題になりうるだろう。あくまで上にのぼるための道具として梯子必要とする人間と、梯子のものを愛している人間の間にある溝は、当たり前のように深い。



そこまでの意図は無い発言だったのかもしれないが、どうにも気になってしまったので書いた。上でも書いたように自分自身はそこまで強く百合が好きというわけでもないので、ガチ百合好きの人の大半が、ハァ?オレ/ワタシは全然気にならないんだけど???と言うのであれば、別にいいです。

2019-01-03

[]2019年1月2日水曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
006015688261.544
01235940258.367
0275713095.129
03384377115.239
04132633202.554
05866983.630
06114499409.061
0735210360.119
0840371692.935.5
0952433583.438.5
1068485871.447.5
11363840106.731.5
12587642131.838
1339333485.549
1465277342.730
1577614679.840
166410931170.841.5
17538228155.232
188213674166.838.5
1910313467130.745
20115691860.234
211331192489.745
2295881292.847
231281044281.633.5
1日1471164079111.539

頻出名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

人(134), 自分(115), ワイ(107), 今(69), 増田(60), 人間(56), 話(49), 好き(48), 問題(42), 女(42), 男(42), 前(40), 必要(38), あと(37), 最近(34), 他(33), 気持ち(31), 意味(31), 仕事(30), 気(30), 感じ(29), 女性(29), 頭(28), ー(28), 理解(28), 日本(28), しない(28), 時間(28), 世界(28), 結婚(27), 他人(27), 最初(27), 時代(27), 正月(26), バカ(25), 相手(24), 嫌(24), 子供(23), 結局(23), ゲーム(23), 普通(22), 目(22), 家族(22), 結果(22), 社会(22), 全部(22), 自体(22), 無理(21), 人生(21), 今年(20), 友達(20), 一番(20), 家(20), 理由(20), 成長(20), 内容(20), 手(20), 自由(19), 別(19), 昔(19), 本人(19), レベル(19), 心(18), 作品(18), 関係(18), 記事(17), 環境(17), 今日(17), 誰か(17), 全て(17), 場合(17), ダメ(16), 周り(16), 大学(16), イメージ(16), 状況(16), 可能性(16), 存在(15), 個人(15), 文章(15), 基本(15), 高校(15), 経験(15), 実家(15), 部分(15), 本(15), 声(15), 言葉(15), 年(15), 現実(15), 人たち(14), 男性(14), 一つ(14), 彼氏(14), 学生(14), 逆(14), 仕方(14), 世の中(14), 一人(14), 横(14), 評価(14), 下(14), 能力(14)

頻出固有名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

ワイ(107), 増田(60), 日本(28), 可能性(16), じゃなくて(12), A(10), 京大(10), 1日(9), アレ(8), 平成(8), 韓国(8), LINE(8), スマホ(8), 東京(8), Twitter(8), 元増田(7), SNS(7), hatena(7), わからん(7), 10年(7), ブログ(7), ニート(7), 個人的(7), いない(7), 最終的(7), 好きな人(6), カス(6), リアル(6), なんだろう(6), はてなー(6), 異世界(6), キモ(6), 昭和(6), ネトウヨ(6), ツイッター(6), 一緒に(6), ラノベ(6), 東大(6), 自分自身(6), 牛丼(6), 一年(6), 分からん(6), マジで(5), 脳内(5), youtube(5), 普通に(5), ガチ(5), PC(5), トラバ(5), 腐女子(5), ブクマ(5), 数年(5), なんや(5), 1年(5), 一日(5), 2019年(5), イケメン(5), B(5), 上から目線(5), 高校時代(5), 基本的(5), ガッキー(5), 精神的(5), スマブラ(5), 発達障害(5), お仕事(4), 足切り(4), u.(4), 超能力(4), コミケ(4), yo(4), 幼女戦記(4), AI(4), a(4), なのか(4), センター試験(4), AV女優(4), ut(4), 中核派(4), フェミ(4), NHK(4), 陰キャ(4), AKB(4), 格ゲー(4), 人間関係(4), hatenablog(4), ブコメ(4), 筋トレ(4), にも(4), 低能先生(4), 体育会系(4), iPhone(4), はてブ(4), あけましておめでとう(4), 三角関数(4), 日(4), CD(4), 何度(4), be(4), ガチャ(3), キッズ(3), アメリカ(3), pokonan(3), いいんじゃない(3), w(3), 期間限定(3), な!(3), 生産性(3), CM(3), 必要性(3), ヘイト(3), 生活保護(3), ホッテントリ(3), よね(3), ウィトゲンシュタイン(3), 2人(3), おまえら(3), かもしれん(3), 毎日(3), 3日(3), 仕方がない(3), 1月1日(3), ごめんね(3), ツイート(3), バズ(3), 1位(3), P(3), 電子書籍(3), 化物語(3), 朝鮮人(3), 配偶者(3), ブギーポップ(3), 生活費(3), 少子高齢化(3), 誕生日(3), ツッコミ(3), -1(3), 非モテ(3), 大学受験(3), 情弱(3), ω(3), 中国(3), 自民(3), 2年(3), 元カノ(3), モラハラ(3), クレメンス(3), ネタバレ(3), twitter(3), 多様性(3), 陽キャ(3), 2位(3), Unity(3), 浪人生(3), 唐揚げ(3), ガルパン(3), 高さ(3), ラーメン屋(3), どいつもこいつも(3), 2番(3), 価値観(3), スレ(3), 1週間(3), 日本中(3), 欅坂(3), KKO(3), 世界観(3), 受験勉強(3), テストステロン(3), 京都(3), Google(3), wiki(3), 私達(3), ソシャゲ(3), 1人(3), おせち(3), 2日(3), 同人誌(3), 二宮金次郎(3), OK(3), 孤独死(3), ローラ(3), なんJ(3), article(3), Wikipedia(3), なんの(3), 脊髄反射(3), amp(3), なか卯(3), s(3), 自衛隊(3), 数人(3), 何回(3)

本日の注目単語 ()内の数字単語が含まれ記事

四股(3), 中核派(4), あけましておめでとう(4), 二宮金次郎(3), ブギーポップ(3), 口笛(5), 幼女戦記(4), 化物語(3), レスバ(3), 三角関数(4), トラッキング(3), 1月1日(3), めぼしい(3), 正月(26), ワイ(107), 年末年始(8), パイ(6), 京大(10), したがって(5), 化学(4), 2019年(5), 高校時代(5), 固執(4), 困難(13), スマブラ(5), 知名度(6), 殴る(6), 点数(7), なろう(9), 折れ(5), 成長(20), 甘え(16), 冗談(9), テスト(11), コード(10), 受験(9), ホモ(13), 溢れ(9)

頻出トラックバック先(簡易)

過大評価されてる人 /20190102021724(19), ■父親を殺したい /20190101172503(10), ■彼氏人間関係構築下手すぎる /20190102214331(10), ■お年玉って何歳までもらうものなの? /20190102110325(9), ■離婚したい /20190102122444(9), ■東大までの受験の思い出 /20190102063518(5), ■友人がDVを受けている /20190102202309(5), ■ /20190102185732(5), ■anond20190102092653 /20190102104206(5), ■引っ越したら住所変更しろ /20190102225933(4), ■どいつもこいつも働け、働け /20190102074107(4), ■非モテの末路 /20190102114203(4), ■なんで女性プログラマーって少ないの? /20190102142458(4), ■夫=ATMはてな大学入試問題 /20190102103905(4), ■卑猥名前 /20190102094641(4), ■1990年代昭和だと思ってるやつ多すぎ問題 /20190102185908(4), ■ /20190102184019(4), ■平成ってあんなにぶっかけ流行ってたのはなんでだろう /20190102041235(4), ■ナイツ塙「最近はなろう小説にハマってて、主人公が異・セ界に転生するんですが」土屋異世界ね」 /20190101094429(4), ■anond20190102231504 /20190102232031(3), ■anond20190102214331 /20190102215249(3), ■お前らローラ安部政治サイコーって言ったとして /20190102213144(3), ■結局、生活保護もらえてるじゃんか・・・ /20190102213952(3), ■anond20190102193249 /20190102193903(3), ■いつも思うことだけど /20190101220453(3), ■月収100万円のお仕事紹介して♪ /20190102075317(3), ■西武そごう広告写真意味 /20190102171436(3), ■ /20190102151121(3), ■anond20190102212610 /20190102212753(3), ■anond20190102215413 /20190102220437(3), ■○○県が嫌い /20190102204339(3), ■女は共感しながら聞く、男はアドバイスしたがるってのがウソだってはっきりわかんだね /20190102133450(3), ■ /20190102202818(3), ■anond20190102184930 /20190102185359(3), ■心の悩みをどこに打ち明けるべきか悩んでいる /20190102202205(3), ■ラーメン屋に行ったけど /20190102154322(3), ■anond20190102190759 /20190102192504(3), ■Hagexの遺族を暴け!(カメラを止めるな!風に) /20190101173713(3), ■京大までの受験の思い出 /20190102174908(3), ■anond20190102214543 /20190102215413(3), ■モラハラ男って社会からめちゃくちゃ歓迎されてね? /20190102120341(3), ■数年ぶりに見るけいおん! /20190102083910(3), ■ワイの中でのWikipediaの数学記事イメージ /20190102100354(3), ■早く資本家階級で生きたい /20190102092146(3), ■コミュ障活字中毒者は漢字の読み方を知らない /20190102215750(3), ■literaってサイト /20181229023742(3), ■実家暇すぎ /20190102151106(3), ■まとめ特有タイトル殺意が湧くほど嫌い /20190102095555(3), ■ /20190102072227(3), ■ジェネレーションギャップではないと思いたい話 /20190102020029(3), ■イオンの質の悪さ /20190102195735(3), ■ /20190102192735(3), ■セロリ /20190102184055(3), ■米離れ麺離れパン離れ肉離れ野菜離れ /20190102181210(3), ■「これができたらもう死んでもいい」ってことある? /20190102135326(3)

増田合計ブックマーク数 ()内の数字は1日の増減

5917212(0)

2018-12-23

anond:20181223230603

もし素養があるなら思想宗教哲学おすすめする

文学に触れてない人だと読み進めるのが厳しいかもしれんが

大拙の禅に関する著だとかウィトゲンシュタインだとかがもしかしたら君を救うかもしれない

2018-10-21

anond:20181021031313

文系から理系が煙に巻こうとするのは悪、みたいな気持ちで落ち着いてたところにウィトゲンシュタインを投げ込まれて慌ててググった感があってほっこりする

2018-05-04

ソープ童貞を捨てた話

ソープに行け」と言われたわけではないけど、25歳でソープランドに初めて行った。

そこで「童貞」を捨ててきた。つまり相手の膣に自分ペニスをいれた。

僕の今までの性体験の総決算だったと思う。おおげさに聞こえるかもしれないけど。

というわけで、まずその日のできごとについて書きたい。

はじめてのソープについて

近くのソープを調べてサイトまでいったものの、迷いに迷い、でも今やらなかったらいつやるんだ、と勢いでようやく送信ボタンを押した。10分くらいして電話がかかってきた。女衒っぽい?声音だった。電話が切れるとなにかふっきれてしまい、今まで何を悩んでいたんだという気持ちになった。

値段は思っていたよりかなり高かった(3万くらい)。というか料金表の見方がよくわからない。70分のコースにして、午前中だと安くなるというのでGWの早朝にぶっこんだ。もっと安いヘルスとかあったはずだが、事務的に「射精処理」されるのも困るのでやむをえないということにした。

起床して、風呂に入り、ひげを剃り、むだ毛を剃り、爪を切り、歯を磨き、髪を整えて香水を軽くかける。そこまで準備するかよと思うかもしれないが、人前に出る以上引け目を感じたくなかった。服は迷ったが、「男っぽく」しようと黒と白でまとめて、フェイピアスをつけた。耳飾りをつけるとちょっと自信がつくので。

はじめてソープ街を歩いた。店の前に立っている呼び込みの人がこわい。どすの利いた声で「どうぞ」と言ってくる。世間の人はこれで入ろうと思うのだろうか。道に迷って、店に電話をかけて、やっと中に入ることができた。店内はなんというか…照明のうす暗いけどキラキラした雰囲気カラオケボックスに似ている?かも。

待合室は席が仕切られており、雑誌や大きなテレビがおいてある。金正恩うつっていた。水着姿の女性写真が出され、指名料2000円で選べるといわれた。もちろん店にまかせた。反応に困ってしまって、「みんなきれいですよ」とか言った。お茶おしぼりが出てきた。これだけお金を払うとサービスがよくなるのだ。

それなりにリラックスできたはずだったが、奥に通されて嬢と会ったときは緊張した。というかひたすら緊張しっぱなしだった。階段を上るとき腕に手をまわしてくれるけど、雰囲気にうまくついていけない。「こういうお店は初めてなので」と言い訳する。

部屋に入ると、お風呂があって、ベッドがあって、冷蔵庫があった。ラブホみたいだ。嬢が服を脱がせてくれる。僕は小柄で痩せているので裸になるとますます子どもっぽくなり、ますます自信がなくなり、ということで、そうそうに売り専で働いていたことを切り出してしまった。

ここまで読んで、なにが童貞じゃと思った人が多いと思うが、そのとおりです。男とならそれなりにセックスしてきました。しかし僕は男とセックスができるだけで、どちらかというと異性愛男性に分類されると思う。膣と肛門はなにか違うような気がする。

もちろんマンコに入れて童貞を捨てたなら、アナルに入れたときは何を捨てたのか、オナホに入れたときは何を捨てたのかという突っ込みがあるだろう。そういう難しいことは僕にはわかりません。

突然のカミングアウトにも嬢は冷静で、というかちょっと興味を持ってくれた。よかった。嬢もこの店で働き始めたのは最近で、その前は前立腺開発とかいろいろやっていたという。そうと知っていればシャワ浣もやってくるんだった。

ソープでどんなことをするか興味があるので、お任せするからひととおりやってくださいとお願いした。ということでまずお風呂に入り、マットでローションプレイというかマッサージっぽいことをして、ベッドでキスして、フェラして、セックスしてもらった。完璧サービスでした。パイズリもキスフェラセックスも上手で、コンドームを口に含んでフェラをするように伸ばしてつけるのには感動した。コンドームで中断してしまう間をどうもたせるか困ることが多かったのだが、こういう方法があるのか。

特にフェラは上手だったのでその話をする。僕もフェラはずいぶんやってきたけど、いか射精させるかを考えて、つばを多めに、カリへの刺激を強めに、亀頭を強く吸って、ずっと口だと疲れるから根元を手でしごいて、相手を上目づかいに見る。あと、動きが単調だと飽きる気がするのでときどきたまたまの裏や蟻の門渡りをなでる。まあ、こんな感じである

嬢のフェラは手をあまり使わず、舌使いも優しく、しめつけて射精させようとする感じがまったくなかった。あたたかもので包まれているという感じだった。くわえるまえに睾丸や根元を舐めるのが丁寧だった。

あと、僕はくちゅくちゅ音を出すようにするんですが、嬢は蕎麦を吸うみたいなずっずっという音を出すようにしていた。こういう音の方が受けるんだろうか?

ということで嬢のフェラをほめちぎる。「男の方が自分もついてる分上手なのでは?」と当然の質問を受ける。オナニーとかけっこう強く握るし、激しくこするので、それと同じようにやってしまうのではないかと思った。

はいえ全体的に緊張しっぱなしで、ちゃんと勃つようにと2日オナ禁してきたのだが、いろいろ話し込んだこともありフェラときくらいしか勃たなかった。とうぜん射精もできなかった。まあでもいちおう膣の中に入れたので、童貞は捨てたのではないか。もうよくわからん

途中で、初めて売り専仕事をしたときに途中で萎えしまたことを思い出した。あれはきつかった。動揺した。今回はお金を払う側でよかった…。

はいえ、相手が勃たないとうまくサービスできているかからなくて嬢はしんどかっただろう。僕もお客さんが勃たなかったら焦る。ちんこを思い通りに勃たせたり萎えさせたりすることが、なぜこんなに難しいのか。まだ経験が足りないのかもしれない。それにもう一度行ったらふつうに勃つ気がする。行かないけど。

名刺はもらわなかったが、楽しかたことは伝えたし、アンケートもいろいろほめておいた。アンケートもそうだが全体的に、男が女を買って性的奉仕させる空間だということは伝わってきた。お風呂があってマットがあってベッドがあるのだから本質的には異性愛男性リラックスして射精する場なのだろうが、エンターテインメントとしても楽しめるほどの「男らしさ」が僕にはなかった。

…たぶん、今までの話は読者の予想をいろいろ裏切ったと思う。そこでこれから、男体持ちの僕のめくるめくセックス遍歴について、けっこう書きます。おつきあいください。

はじめての恋愛について

僕がはじめて女性と性関係をもったのは22歳の大学四年生ときだった。

同い年の女性告白された。

その女性とは学園祭で知り合った。あるサークルたまたま哲学の話になった。僕は哲学は多少身に覚えがある。なにしろ論理哲学論考中学生から読んでいた。その話をした。その人は小学生から論理哲学論考を読んでいた。なんじゃそりゃ。僕たちはウィトゲンシュタイン推しで気が合い、あとでgoogle:哲学宗教日記を貸してもらったりした。

そのあとデートに誘われた。街角喫茶店お茶をした。そのころの僕はいろいろ精神的にきつくて、大学の授業にずっとでていなかった。留年も確定して、そのことを両親にこっぴどくなじられていた。そんな話を少ししたと思う。その人も家庭のなかの問題がいろいろたいへんだと話していた。僕の両親もおせっかいだが、それと比較しても過度に束縛的だと思った。親の期待する「大人の女性」になれないことをその人は気に病んでいた。

しばらくして、その人からメールが来た。大事要件だという。その人に会うと、他の人にあまり聞かれたくないから僕の下宿に行きたいというので、そうした。たいして片づけもしていない薄汚い部屋に入って、そこでその人は僕に告白した。とても劇的で、すごく大胆で勇気のある告白だったと思う。

その頃の僕は全ての牛が黒くなるほどのブラック夜勤バイトを週4で入れ、頭がまともに働くときSTAP細胞真相究明に熱中していた。自分は忙しいんだ、こんなに大変なんだ、ふつう大学生とは違うんだ、と思い込むために必死だった。

典型的非モテだったと思うけど、僕はその苦しみを異性に向けず、そういう興味をひた隠しにしていた(周りからオナニーなんかしなさそうと言われるタイプ)。もちろん女性自分の部屋に招くというのが「どういうこと」なのかわかっていなかった。その人が告白しなければ、ウィトゲンシュタインの話でもして指一本ふれずに帰したと思う。この心境は、恋人で一発逆転を狙うタイプの人には理解してもらえないかもしれない。

そのあとふたり散歩して、人気のない公園で夜が更けるまで話し込んだ。僕が提案して、別れ際にキスをした。「唇を奪ってほしい」というので、僕から口づけした。そのとき相手の唇がぬれていたのと、いきなり勃起しかけことに驚いて、あわてて(軽く突き飛ばすような感じで)唇を離した。キスに動揺して勃起までしたことを気づかれたくなかった。

後日、その人がふたたび下宿に来た。とはいえ、僕はコンドームの用意もなく、セックスについての具体的なイメージもできていなかった。

僕もそれなりに性教育を受けて、コンドームの付け方や性感染症のことを知識としては知っていた(男子校だったこともあり、保健体育の教師ディルドにコンドームをつける実演までさせた)。それでもどうしていいかからなかった。主体的に取り組まなければどんな知識もうわすべりになる。それはセックスも同じだ。

上半身だけ服を脱いでベッドに入った。そのとき、その人はパニックになり、ふとんをかぶって部屋の隅でうずくまってしまった。僕は落ち着いてほしいと真剣にお願いした。その人は小学生の時ひどい性暴力を受けたことを話してくれた。あまりの衝撃に僕は声を上げて泣いた。お前が泣くのかよ、と思うかもしれないが…。

その一方で、僕もネット女性エロ画像動画を何時間検索することがあるし、セックスへの興味を押さえられない衝動というのがわかる。僕は自分にそんな(女性を辱める)汚い欲望があることをオナニーを始めたときから気に病んでいたが、なくそうともがいてもなくすことができずにこの歳になっていた。その欲望をどこかで肯定できたら…と思っていた。でもやはり許されないのかと思った。

その日から上半身だけ裸で抱き合うのが暗黙の了解になった。キスしてお互いの身体をなめたり噛んだりし合う「だけ」だったけど、文字通りいつまでも続いてほしい素敵な経験だった。その人はときおり、まんこちんこをいれるセックスができないこと、「傷物」の体であることを気にして申し訳なさそうにしていた。ペッティングだけで僕はオナニーする必要がないほど性的に満足していたので、それを気に病む必要はまったくなかったのだが。そのことを伝えればよかったのに、僕は好奇心から一度下まで脱いでいいかどうか聞いてしまった(もちろん拒否された)。

結局、その人とは別れることになった。僕なりに整理すると、一番の要因は僕が結婚に対して本気にならなかったからだと思う。その人は僕が立ち直り、大学卒業することを期待していた。僕はやっぱり大学に行けずバイトを止められず、その人の頼みで試験には出たものの2単位しか取得できなかった。

しかも、僕は「彼女」の存在を公にすることができず、両親はおろか友達にさえも、というかだれにも切り出せず、彼女のいない人が招待される「ぼっちクリスマス会」すら断れなかった。ひどい話だ。

結婚に対して前向きに努力してほしいという彼女要求に僕はどんどん防衛的になっていき、敵意さえ感じさせることがあったかもしれない。そのひとは僕に見切りをつけ、別れ話を切り出した。僕は強がって「わかった」と応じたものの、一週間食事がのどを通らないほどショックを受けた。遠ざかって行く彼女の夢を何度も見た。

…そして、別れてから半年以上たったのに、その人の誕生日メールをして、電話をかけてしまった(もちろん出なかった)。

バンクロフトgoogle:別れる? それともやり直す? カップル関係に悩む女性のためのガイドを読むと、その人の決断が正しかたことがわかる。僕は二人の将来について責任のある態度をとらなかった。それにしても、その人は自分から告白し性関係に負い目さえ感じながら、別れることをよく自分の力で決めることができたと思う。

つづきます

2017-12-26

K先生のこと

私は某大学経済学部のKゼミ所属している。数ヶ月前、ゼミスピーチをするという話になり、私はゼミ指導教員であるK先生のことについて喋ろうと思った。口下手なので原稿を書くことにした。しかし、スピーチは結局無くなってしまい、そして今日まで原稿を書いたこともすっかり忘れていた。

今日、そのK先生学食で見かけた時に、原稿存在をふと思い出した。これを書いた時の気分がよみがえってきたので、その原稿をここで供養した次第である

普段、何かを書くとき時間をあけて冷静になった目で推敲を重ねるのだが、これだけはどうしても書いた時の気分を残したかったので、このまま載せることにした。そんなわけで読んでくれるひと、読みづらかったらごめんなさい。

---------

K先生のこと

みなさんはKゼミに入ってK先生に何か教えてもらったことはありますか。

僕が思い当たるのは、レポート発表の後のコメントばかりです。あるいは中間報告での指導とかも。正直、僕はこれといって何かを教えてもらったことはない気がします。K先生はあまり教育に熱心な先生ではなかったと思いますしかし、K先生から学んだことはたくさんあります今日はその中のひとつエピソードを紹介します。

僕は学食晩ご飯を食べることが多いのですが、たまにそこでK先生を見かけることがあります。四年間の学生生活で五十回は見かけたと思います

K先生を見かけるうちに、あることに気付きました。先生はいつ見かけても本を読みながらご飯を食べているのです。本を読まずにご飯を食べているところは、僕の知る四年間でただの一度も見たことがありません。一度も、です。十回見かけたくらいまではすごいなあ、とだけ思っていたのですが、二十、三十を超えると軽く感動を覚えました。

こんにち、ご飯を食べながら本を読むような学生先生を見かけますか。いつ見ても片手に本を携えているのはK先生以外見たことがありません。

行儀が悪い、といえばそれまでですが、学問教養に対する向き合いかた、ご飯を食べているときでも本を読んでなにかを吸収しようとする知的純粋さのある姿勢を見て、心底尊敬しましたし、僕もそうなりたいなあ、と思ったものでした。おそらく当の先生はそんなことは露も知らなかったと思いますが。

最初の教えてもらうことと学ぶことの話に戻るのですが、教えてもらったことというのは案外すぐ忘れる気がします。僕は毎回のK先生コメントはあまり覚えていません。みんなもきっとそうだと思います。でも、自分で学んだことというのは自分の中で深く根差している気がします。僕が暇さえあれば本を読んで何かを吸収しようという姿勢になれたのは、K先生のその姿勢を間近で見ることができたという幸運のおかげでもあります

最後になりますが、僕の好きな哲学者ウィトゲンシュタインというひとがいて、彼が「語りえぬもの存在する。それはただ示される」というようなことを言っています本来文脈とは異なる解釈になるのですが、教養の意義を説いては本をたくさん読めと言われるよりも、黙ってただ本を読む背中を示す先生を一度見る方が、本を読むとはどういうことかを学べるのではないでしょうか。そのような、ただ示される姿勢――大げさに言えば生き方は、誰かの語りから教えてもらえるものではなく、自分勝手に学びとるしかないものだと思います。そして僕はK先生学問教養に対する姿勢を見て学ぶ機会があっただけ、この大学に来てよかったなあと思えます

-----------

もしもこのスピーチが実現したとしたら、何しろ口下手な私のことだから、それはきっとつまらなく冗長ものになっているだろう。実のところ、私はK先生を本当に尊敬しているということを、誰かに聞いてもらいたかっただけなのかもしれない。

K先生はあまり目立つ先生ではないのだが、学部先生の中では一番すごい先生だと思っているし、そのすごさにみんなが気付いていないことがなかなかもどかしく、これを書いたのかもしれない。とすれば、その想いはここで達せられたことになり、そして、いつかほとぼりが冷めたころ、K先生には何も言わないままこの記事を消すのだろう。

2016-10-15

JKだけどウィトゲンシュタインにキレてる

ウィトゲンシュタインほんといけ好かない! 論理哲学論考は思った以上に短い本だったけど中見てみたら命題がいっぱい並んでるだけで、あんなのただの目次でしょ? 目次だけじゃ伝わるわけないじゃん、もっと何倍も紙数割いて解説パート入れなきゃだ~~れも理解できねえじゃん!

 

しかもさあ~! 「私の著作は、ふたつの部分から成っている。すなわち、ひとつは、ここに提示されている部分であり、もうひとつは、私が書かなかった部分である。そして、まさにこの第二の部分こそが重要な部分である。」とか言っちゃってさあ! 嫌な感じ~~!! どうせ頭いいんだろうけどさ、俺の思考についてこられないような奴に理解してもらう気はない、とでも言うつもりかい傲慢にもほどがあるっしょマジで! 工夫を凝らしてどうにか伝達しようという誠実さも見せずに圧倒的言葉足らずの独りよがり論考書いておきながら「言語限界」とか提唱されてもハァ~~?? って感じですよ!! いけ好かねえ~~!!!

2015-10-31

理系自分らが頭いいと思ってるみたいだけど

偏微分方程式を解けるっていうよりウィトゲンシュタインについて語れるほうが教養あると思われるよ。

2015-10-30

理系って自分ら頭いいと思ってるみたいだけど

どこまでいっても知識どまりだよ。

文系教養

自然科学はしょせん知識や技術教養より一段下も二段も下。

世間でも偏微分方程式を解けるっていうよりウィトゲンシュタインについて語れるほうが教養あると思われるよ。

理系一般教養哲学をやる? それは知識や技術ばかりつめこんだら偏った人間になるって教育配慮で、理系だけではダメだと思われてる証拠

理系も突き詰めれば知識や技術以上のものになる? それは「スポーツをやれば人間修養になる」と同じくらいバカバカしい考え方。理系的ですらない精神論

2015-10-02

ウィトゲンシュタイン論理哲学論考本屋何気に手にとって

淡々と項目をひたすら上げていく形式

何この人かっこいい…

しかしたら、好きかも…

と思った

2014-11-30

http://anond.hatelabo.jp/20141130101158

ウィトゲンシュタインみたいな家系だな。

俺は割と追い詰められている奴は蹴落とすタイプなんだが、

何か微妙に才能を感じたから、励ましておくお

2014-08-19

2034年

2034年、小保方晴子チベットラサ市で全世界に向けて会見を開いた。

曰く、「”STAP細胞”が完成した」という。

その実否はすぐに証明され、多くの難病を抱える人々を救済したばかりか、

驚くべきことに体毛などさえあれば死者を任意の段階で復活させることも可能であった。


実は小保方が”STAP細胞”と評したものは元来のSTAP細胞とは全く異なるおぞましいもので、

小保方はもともと比較的得意だった細胞学と死霊術とのチャンポンで死者をも蘇らせる万能細胞を精製していたのだった。


これにより多くの偉人が復活した。

ドルヒットラースターリンケネディサッチャー金正日などの著名な政治家に加え、

ウィトゲンシュタインガウスノイマンピカソつのはず壱郎らの優れた科学者芸術家が復活した。

危険な人物が復活した際は、初めは対立する勢力に殺害される場合があったが、すぐにそれは止んだ。

それは殺してもまたすぐに復活してしまうからだ。

ヒットラーなどは公式記録においては109回復活し88回殺害されているものの、現在10数名が同時に存在している。

そしてこの新技術が浸透するにつれ、人々の関心はもっと身近なところに向いた。

大切な家族恋人を復活させることを望んだのだ。そして、自分が死んでも復活できるよう手配したのも言うまでもない。

インターネット人口に素早く膾炙して行ったのと同じく、この技術もほどなく庶民が一般に享受できるものになった。

時の流れが変わった。

過去現在未来、あるいは生や死といったテーマ

人類有史以前から様々にアプローチしてきたテーマが、意味をなさなくなった。

科学芸術宗教で追究されていたテーマが完全に不必要になった。

犯罪も、戦争も、資本のあり方も、その姿を変えた。

小保方晴子はかつて自分研究を著しく妨げられたことがあった。

その恨みは、20年間決して忘れられるものではなかった。

血のにじむような努力を通して、彼女人類復讐することを果たした。

まり人類が今まで構築してきたあらゆる成果を無意味にして人間を、いや生物を新しい段階へと突き上げしまった。

これが彼女なりの復讐の形だった。

この動きに反対する者も、初めの段階では多くあった。すなわち、この無制限の復活、「死の死」に否定的な者があった。

技術純粋に受け入れる「素直」な人々の批判さらされながらも、彼らは自分の一回きりの生を全うし「死んで」いった。

しかし、そうした彼らでさえ、必要があれば生きている者により復活させられる場合があった。

悪意のある新技術賛同者などは、死を選んだ人を積極的に復活させたりもしていた。

人間の選択すら、尊厳すら、小保方の用意した細胞には適わなかったのだ。

人間文化が激変し、誰もその動きを止められなくなったなか、小保方の理念に異を唱える者があった。

狩野英孝である芸人として円熟の域に達していた狩野英孝である

「STAPゥ~!」

宮城県栗原市神職の生まれであった狩野は、若年のころから独特の神力を以て人々の前に立っていた。

彼はある日、彼の師匠筋にあたりヘルニアで既に世を去っていた出川哲朗による霊界からの通信を受けた。

出川は酔った東京私立大学生によって頻繁に復活させられる人物であったので、なぜ霊界から出川が通信しうるか狩野にとっては疑問であった。

彼は現世にいるのではないか? 狩野自身出川と再び会えたときはとっても嬉しかったのだ。

しかしこの疑問が、小保方の野望を突き破るヒントになっていた。

出川から教唆を受けたことで、狩野霊界イデア実在確信した。

現世に多く現れるクローン出川には、否、すべての復活にあたってはその源であるイデア」的人格霊界存在していたのだ。

小保方の行なった復讐により人間は考えるすべを失ってしまった。考えられない葦になってしまった。

自分の、この出川との体験が、何とか人類の真なる再生とならないか。

科学技術哲学、生や死の理念人類に取り戻せないか。真面目な狩野はそう考えた。

ラーメン、付け麺、ぼくヌーメン!」

「おいおい”勘弁”してくれよ~!」


こうして、ウッチャンの許可を得たのち、出川の霊とともに狩野チベットに赴くのだった…

2014-02-05

http://anond.hatelabo.jp/20140205181023

普通、まともに勉強した奴は、定義がどうこうって言わないよ、それは答え出てる部分だから

ウィトゲンシュタインを引き合いにだしてきて、この発言は無いわー。

2013-09-05

http://anond.hatelabo.jp/20130904231208

元増田によく似た後輩と一緒に仕事してるんだが、すごく疲れる。

彼は本当に段取りが悪くミスが多いのでそのたびに、

 「なんで◯◯の件も一緒に処理しておかないの?」

 「なんで先に××をやらないで△△をやるの?」

などと毎日のように言うはめになるのだが、驚くべきことにこういう時彼は「なんで~~」に答えようとする、いや答えなくていいからやれよ、

お前の答えは「何も考えてなくてぼーっと仕事をしていたから」以外ありえないって解ってるし、

こっちが言いたいのは「常識的に考えながら仕事すれば解ることをいちいち言われるな」ってことでしかないんだよね。

「なんで?」って聞いてるからといって誰もはじめからウィトゲンシュタインも裸足で逃げ出すくらいお前の内心の動機を詳らかに言語化してみせろ」みたいなことは望んでいないですから

「なんでって言われても、答えようがない……ああなんで俺はミスしてしまうんだろう……なんで……きっと集中力が無いんだ……いやでもミスぐらいだれでもするよなぁ……

 あいだってこの間ミスしてたし……そりゃあ俺のほうがミスは多いかもしれないけど……でもミスする理由なんて言葉に出来るもんなのか……?」

みたいにくだらないことを考えるのはやめて、「ああこう言う時は◯◯も一緒にやらないとダメなんだな」「△△よりも××という風に、優先順位をつけながら仕事しないとダメなんだな」

と素直に思って、次から気をつけてください、本当それだけでいいです、たったそれだけで。

2013-07-21

「それどういう意味?」→「定義は?」→「言語ゲームにより無意味」→「言語文化が作るもの」→「それどういう意味?」

レベル1 「それどういう意味?」

議論をしているときに、意味を尋ねるという論法がある。

相手の言葉意味がはっきりと分からないときっちりした議論が進められないからだ。

レベル2 「定義は?」

理系にありがちだが、

論理性に自信がある人が使いがち。

定義をきっちりすれば、物事を杓子定規に説明できるはずだと思っている。

レベル3 「言語ゲームにより無意味

言語ゲームという哲学的思考がある。 20世紀哲学の最大の発見だと言われている。

なぜ最大の発見かというと、哲学的な諸問題のかなりの部分を終わらせたからだ。

人間の生きる意味とは?」 「我ゆえにわれありではないか?」 「神は存在するのか?」

これらすべてに答えを出せる、すごい理論だ。

たとえば、「人間の生きる意味とは?」にたいしては、「生きる意味という言葉自体があいまいで、文化によって言葉意味コロコロ変わるからNG単語意味が確定してないので問題になっていないので答えもない」

「我ゆえにわれありではないか?」にたいしては、「我、ゆえに、われあり。 という3語の意味あいまいで、文化によって言葉意味コロコロ変わるからNG単語意味が確定していないので問題になっていないので答えもない」

「神は存在するのか?」にたいしては、「神って仏教キリスト教、等等で意味が違うじゃん、どの神かもわからない。 しかも、存在って言葉意味合いがあいまい。 よって問題自体が成立しない、NG

こういう理論で、20世紀までの哲学ほとんどを論破できた。

これまでの哲学的な質問は、あいまい言葉をいじっているだけの「言語ゲーム」にすぎない。 ということから言語ゲームという哲学名前になった。

レベル4 言語文化が作るもの

しかし、言語ゲームは20世紀のできごと

当然、いろいろな批判、反論が出てくる。

その中の一つが、

言語意味あいまいって言っても、それぞれの文化の中で見れば、意味が確定するんじゃないの?」

というものだった。

言語はそもそも文化に合わせて作られる。 雪の降る国では雪への形容にさまざまな言葉が作られるように、言語意味や創出は確かに言語によって違っても、文化によって「位置付けられている」という考えだ。

であるから文化の中で考えるのならば、抽象的であいまいから問題が成立しないということもなかろう。

という考えができた。

レベル5 それどういう意味

ここまでくれば、「言語ゲームに過ぎない」と言われた時の反論ができる。

「『あなたの考えている』その問題の意味はなんですか?」

と尋ねることだ。

レベル4にて、「言語文化から作られる」ということを確認した。

そして、レベル5では、「個人の生活文化を作る」ということを逆手にとるわけだ。

個人の生活文化生成→言語生成。

という順をとるのだから、あるあいまい単語を使った人に、「『あなたが想定した意味での』生きる意味とはなんですか?」と聞くことで、問題としてはっきりさせることができる。

なぜなら、言葉を使うことで、文化創造され、文化創造されることで、翻って言語が再定義される。

僕たちは、意味のない言語を使っているのではなく、「言語を使うことで文化を生成している」のだ!

さて、僕はここまで来て、問うことができる。

「それどういう意味?」

レベル1状態に戻ってこれたわけだ。




無限ループって怖くね?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<追記>

 「言語ゲーム」の用法が間違っているという指摘、ありがとうございます

 ただ、この語自体は、ウィトゲンシュタイン依存言葉なんですが、彼以前にも、ヴァレリーなどが同じような思想(主にデカルトへの考察に関して)なされており、

 デカルトの批判により近代哲学が発達した過程依存の思考です。

 ですので、言語ゲームという思想はウィトゲンシュタイン固有でないです。

 また現代哲学おいても、ウィトゲンシュタイン意識した使い方どうこうというより、言語ゲームという思想を上述のように、「言語ゲームにすぎない」という極論だけに固定して話をすすめる。 というのが普通になっています

 前期、後期ウィトゲンシュタイン区分意味合いの違いも知っていましたが、このような事情ですので、今回のように、ウィトゲンシュタインを出さない説明をしました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<追記>

 ウィトゲンシュタインの話に拘泥して、本旨を理解できない人がいて残念です。

 増田は、本旨と関係ない揚げ足取りコメントがよくあるのですが、まさか哲学をかじってる人たちでさえ、そうなのかとビックリしました。

 ウィトゲンシュタイン言語ゲームをなぜ考えたのか? デカルト以前の哲学を乗り越えるためです。

 もちろん、その後、ウィトゲンシュタイン言語ゲーム理論正当性危機感を持つのですが。 ウィトゲンシュタインはそのあたりで死にました。

 で、ウィトゲンシュタインデカルト以前を批判したそのやり方でもって、「定義は?」と聞く論法を否定するのは、間違いである。 ということが本旨でした。

 まともに勉強した人ならわかるでしょうが、「定義にこだわる」ということは誰しもが通る道です。 そして、言語ゲームを知って、一旦ニヒルになるのもまた、まともに勉強すれば通る道です。

 「意味を考えること」の正当性を再獲得できたこのダイナミックさを感じてもらえたらなあ、と思いました(問題の問い方自体は変わっても、質問をするメンタリティーが変わっていないことが面白いところです。)

 今回の記事では、さらにこの先の現代哲学が届いている地平についての話でしたが。

 理解できない人の方が多いみたいで、残念です。

2013-05-12

http://anond.hatelabo.jp/20130512051001

図を書けばいいのでは。理牌しないで麻雀つのには(手を読まれにくくする)意味があるが、勉強でわかりやすくやらない理由はまったくない。

他の哲学者哲学書はともかく、ウィトゲンシュタイン論理哲学論考はあからさまな構造化文書なんだから、図を書いて欲しくてああいう書き方なんだろうしな。

2012-05-14

世の中のゲームルールの話

http://ulog.cc/a/fromdusktildawn/17378

フロムダさんは結局のところ絶対の価値なんて存在しないと思ってる。

「ほんとうにいいもの」だとか「ほんとうによいこと」や「ほんとうのしあわせ」なんて存在しないと思っている。

そして、だからこそ一定の程度でルールとして価値を測れる軸は存在するべきだと思ってる。

そして、その根拠のかなりの部分を市場メカニズムに求めている。そして、それは一定の程度正しい。

なにせ、そもそも「ほんとうの価値」なんて存在しないのだから

「学術的には価値があるが、市場的には価値がないものに対して、公的にどれだけ支出してもいいか」という問いに対して

「その学術的『価値』って何なの、あやふやすぎないか」と思う人は少なくないだろう。

そんなものよりも、市場価値を軸にした方が明解だと思っても不思議ではないだろう。

需要供給提供できるものと、人が欲しがってるもの。それが釣り合い、高い価格がつけられる。明解だ。

そして、それはまた一定の程度欺瞞を含む。

市場メカニズムで評価されているものなのだから、それは肯定すべきものだ」という言い訳に容易くつながる。

僕はソシャゲーのプランナーが実際にそう語っているのを聞いたことがある。

そして、その需要や欲望をゲーミフィケーションや己の持つ技術を駆使して操作して最大限に利益を貪ることは正しいことだと。

彼は本気でそう考えているのだろう。骨の髄まで市場メカニズム内面化させているのだろう。

そうやって心の底ではくだらないと思っていることで、洒落オフィスで働き高収入を得ていることに対する罪悪感を消し、自分正当化させている。

そう僕は考えるから、これを自己欺瞞だと勝手に断定する。そして自己欺瞞であるが、一定の程度正しい物言いでもあるのだ。

なにせ、そもそも「ほんとうの価値」なんて存在しないのだから

そして、この経済ゲーム市場ルールという価値を測る軸に対して、

「そもそもある種ソシャゲーって違法じゃん」という法律ルールという価値軸による反論がある。それも正しいのかもしれない。

ただ、「クソ」なソシャゲーについて、市場メカニズム法律も、合法か違法か、儲かっているか儲かっていないかしか答えない。

倫理や美意識価値について答えられない。それが本当に「クソ」なものであるかについて答えられない。

というよりも答えない。

あらゆる価値軸というものは「一定程度」正しくて、「一定程度」間違っている。

世の中はゲームルールというシステムほとんど全てのものが動いている。貨幣ゲーム政治ゲーム恋愛ゲーム権力ゲーム道徳ゲームetc

すべてを超越する価値を想定し、他人に押し付けることはできない。ある一定の範囲である一定ルールが定められたある一定ゲーム内での結果が出るだけだ。

付け加えれば、「人生ゲーム」だとか「超越的価値ゲーム」なんて存在しない世界に僕らは生きているというのが、ウィトゲンシュタインニーチェお話だ。

から法律ギリギリの線で見切って、ギリギリ法律内で市場メカニズムにおいて稼ぐものに対して、確かな答えは出ない。結局、個人的な答えしか出ない。

から「多くの人がソシャゲーはくだらないと思っているが、着メロのようにささやか幸せ提供するものだ」と言うことはできる。

そしてフロムダさんが、ここの部分で「もののような気もする」とふんわりと述べているところに一定の揺れを僕は感じるのだ。

ソーシャルゲームで金を稼ぐこと自体が社会的に無価値であるかのように言うのは、ちょっと違うんじゃないかと思うのだ。」というのも

「金のために作ってるクソ商品の方が顧客幸せにしたりする」というのもレトリックだ。

「合法のソシャゲーが社会的に無価値である」ということを断定することはできる訳がないし、

金のために「クソ」なものを売ったって、市場メカニズム内で評価されていれば、それは「クソ」ではなく「顧客幸せにしている」と定義づけることも可能だろう。

ただ、そこから「合法の範囲で市場メカニズムで稼ぐことは正しいことだ」という価値観に走ることは容易い。

「オレはこんなクソみたいなものビジネスにして楽しいけがないが、金が儲かるんだからしかたがない」という信条

「合法の範囲であれば市場メカニズムで稼ぐことこそ正しいことだ」という信条あいだで揺れる

フロムダさんの心の揺れがこのエントリーにはあるのではないかと僕は愚推するのだ。

2012-02-03

http://anond.hatelabo.jp/20120203093239

そうかな?ミーハーな女にかっさらわれて余計悩んでそうだけどな

そんでその真摯さ悩ましさに母性本能をくすぐられた女やらゲイやらがまた寄ってきて、常に気が抜けないイメージ

いや、ウィトゲンシュタインよく知らんけど

語りえぬことに関しては沈黙せねばならない

ウィトゲンシュタインって女にはモテなそう・・・

2011-09-11

語りえぬミクさんのパンツは、沈黙されなければならない(ウィトゲンシュタイン

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん