「ユーチューバー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ユーチューバーとは

2022-06-23

筋トレしても痩せない

筋肉もりもりのユーチューバーに騙されるな

anond:20220623070257

まれ育った環境とそれに培われた常識で「他国は何もかもが良く出来ていて素晴らしい・それに引き換え我が国ダメダメ国家」って判断するから

色々見誤るんだってC国に詳しいユーチューバーが言ってた

2022-06-21

レノボ祭りPC買い替えれると思ったらキャンセルされてしまったので、なんとなく見てたけど、

Ryzenノート結構安くなってるね。印象より2割ぐらい安い。

DellのInspiron16AMDをryzen7 5825 8GBオフィス付きで買って、メモリを16GBx2に換装するのが寿命長そうかなと思ってる。

今家にあるノート特に使ってなくてとりあえず置き換えたいなって感じ。

家にあるノートは、i7-6700HQ 16GB GTX 950Mでさすがに何するにもアップアップになってきた気がする。

anond:20220621121856

そんな貴方にヂャオシンCPU

ここの中国人ユーチューバー宣伝してる

https://www.youtube.com/watch?v=-KHxXS7wHuU

AEDデマ弁護士訴訟可能性を完全否定しなかったの「も」悪い

一番悪いのはデマ流したヤツに決まってるけど、それを受けた弁護士らの反応も相当にマズかったよね……(だから「も」)

弁護士A「男性AED女性に使って訴えられることは『ほぼ』無いです」

ぼく「『ほぼ』!? 1000回に1回ぐらいの確率で訴えられるかもってこと? 10000回に1回でも嫌だよ、訴訟起こされた時点で会社クビになっちゃうよ! 女性AED使わなくて見殺しにしたら訴えられる確率ゼロから可哀想だけど見殺しにするね……」

弁護士B「万が一AED女性に使って訴えられた男性がいたら、私に電話してください! 報酬無料絶対に助けます! 私の電話番号はXXX-XXXX-XXXX……」

ぼく「だから訴えられた時点で会社クビになって人生終わりなんだっつーの!! どうして『法律プロとして断言します、AEDを使った男性が訴えられることはありません』ってぼくの欲しい答えを言ってくれないのさ!?

素人なりに調べたところ、民事訴訟って国民基本的権利からどんなバカげた理由でも訴えだけはできるっぽいのね(たとえ裁判所が即却下するにせよ)。

真面目に法律勉強して司法試験に受かった弁護士さんはそりゃ「AED使っても絶対に訴えられません」と断言できないわな(よってこのタイトル八つ当たり気味である)。

AED使われた女性が訴えても裁判所相手しないならリスク無いでしょ? なに怖がってんのよ、キンタマついてるなら女性の命を救うために動きなさいよ!

いやいやいや、やっぱり怖いよ、だってさ……

上司「昨日、お前にAED痴漢されたと訴えた自称被害者女性フェミ弁護士と一緒に記者会見したな。弁護士が『司法が男社会支配されてる!』と決め台詞叫んだり、記者に今のお気持ちを聞かれた女性号泣したりしてて、めっちゃ取れ高あった」

ぼく「あれ裁判所が『アホぬかせ』って却下しましたよ。新聞にもちゃんと載ってたでしょう?」

上司「もう『事実』なんてどうでもいいんだよ。『#〇〇商事性犯罪者解雇しろ』が日本トレンド1位で、海外にも飛び火して#JapaneseRapist"KAISHA"MustDieが世界トレンド上位の今はこれが『真実』なんだから。弊社は性犯罪者のお前を雇い続けることはできない。私物をこのボックスに入れて15分以内に出てけ」

ぼく「ひどすぎる」

上司「気の毒だが狼の群れに襲われたとでも思って諦めて、就職活動頑張れよ。元気でな」

ぼく「あーあ、嫁に何て言おうか……『父さん、会社を辞めて炎上ユーチューバー一本で食っていこうと思ってるんだ』とか言ったら娘にウケるかな? おーい、この家の主人が帰ったぞー。あれ? 二人で出かけたのかな?」

妻の書き置き『これ以上あなた増田姓を名乗ってあなたと共に生きる自信が無くなりましたので実家に帰らせていただきます。私と娘を愛しているなら、どうか離婚届名前を書いて出してください』

(ぼくの人生)お し ま い

絶対にこんなことは起きないって法曹界コンセンサスが出ない限りぼくは怖くて女性AED使えない。

最初AEDデマ流したフェミは本当に謝って欲しい

https://anond.hatelabo.jp/20220516105523

2022-06-14

ベンチャー企業就職させられて後悔している

自称ベンチャー企業に来て後悔している、というか恨んでいる。自分のいたベンチャー企業なんて、反社会的勢力 隠れ蓑しかなかった。そこで得たもの、というものはなくて、むしろ父親学歴情熱を失った。 だからベンチャー企業とか NPO なんかに社会的価値見出し入社する必要なんてない、むしろ新卒採用では JTC に入れよーという話をしていこうと思う。

スレ

https://anond.hatelabo.jp/20220613020726

https://anond.hatelabo.jp/20220614002648

です。

国立医学部を目指して多浪挫折したあとに入った大学早慶未満マーチ以上の偏差値大学だった。そのため、周りは年が若くなじめないままサークル勧誘期間が終わってしまったのであった。まちがいなく大学内では浮いた存在であったし、自分も馴染む気がなかった。当時の言い方をするならば「ボッチ」であったか大学に入ってすぐに、一緒に入学した同期の入るだろう会社には入社できないのが自覚できたので、授業が終わったら大学図書館 or バイト先にそそくさとむかっていた。幸いにして、高校時代プログラミング部活でしていたので、どこにいっても「卒業したら、うちにこない?」と言ってもらえた。自分富士通とか野村総研なんかは年齢制限で入れないけど、飯を食べるには困らないだろうな、という確信はその当時に得た。大学情報工学の内容は高校時代習得した内容よりも劣っていたので馬鹿にしていたのは、後でボディブローのようにこの怠慢は効いてきた。ここまで書くと大凡スキルコーダー程度であることは察していただけると思う。当時に十分にかけていたのは Ruby, JavaScript, Java, PHPObjective-CMySQL といった応用領域ぐらいで、大学でやるような R や Haskell なんかの基礎領域習得してないで、アルゴリズム勉強はさっぱりだった。まぁ、あんまり優秀な学生ではなかったと思うが、それでも情熱はあったとは思う。真面目な学生ではなかったが、教授には可愛がってもらった。

これが、当時の自分の心境とスキルである。ここから冒頭に書いたような人生スタートする。あれは、記憶が正しければだけれど、twitterリプライだっただろうか。当時の自分他人設計書を基本として書くということにうんざりしていた。いつの日にか自分の書いたコード上場するという目標のために本物のベンチャー企業上場する時を共にしたいというのに、どうやったらそんな会社を見つけ出し、入り込めばよいのか皆目見当がつかなかったのだ。それで、twitterアカウントを手がかりに、あらゆる募集サイトに「プログラミングする企業に入りたいです」という書き込みをした。なんなら、増田にすらその書き込みをした。それで、色々な人から「うちに来ない?」というリプライをいただいた。正直、嬉しかった。それで、そのうちから「選ぶ」という選択をしなかったのは間違いだった。当時の自分は、それをせずに「サイバーエージェントに紹介しますので、とりあえず勉強会に来ませんか?」という書き込みをみて、ふらふらと雑居ビル一角にある共有オフィスへと出向いてしまったのだった。タイムマシンがあればこの日に戻って止めると思う。それぐらい後悔する日々が始まるとは当時は思わなかった。

もうすぐ真冬になろうという頃、「サイバーエージェント正社員になれるかも」という期待で、列車に揺られて前記のビルへ向かった。期待とは裏腹に、妙に古臭いビルであった。ベルを押して、勉強会だという部屋に通してもらうと、若い学生たちがそこにいてプログラミング勉強しているという。正直、自分医学部さえ目指さなきゃこういう生き方もあったのだろうな、とは羨ましく思った。自分オファーしたという人(O氏)は、この勉強会の座長だという。「私は人工知能研究しており、アメリカ博士号を取得した『天才数学者で、日本を活気づけるために母国にもどり、この会社を立ち上げました」という。サイバーエージェントではないらしい。あれ?、とは思った。まぁ、無下にはできないので、そこで課題を出されたのを5分ぐらいで終わらせた。伊達に何年もプログラミングをしているわけじゃない。ループで書くべきところを、再帰で書いた。すごいでしょ、オレっちとね。「できました、見てください」というと、O氏はこう言い出した。「ナニコレ?」とO氏。「ええ、再帰ですよ、漸化式みたいな?」と自分。出力は合っているので、O氏も認めざるを得なかったらしいが顔が険しくなっていく。どうも機嫌を損ねたらしい。そうすると、O氏は自分を別室に呼び出して「履歴書は?」と聞いてきた。「勉強会ですよね?」と返すと、「いいから、履歴書!」と言う。にっちもさっちも行かなくなったが、共有オフィスの他社の中国人職員の方が機転を利かせて仲裁してくれた。「そんなに言うのなら、彼にポートフォリオを作らせてみて評価してはいかがでしょうか」と。

イライラしながら帰宅したあと、もう二度と見たくもないO氏の顔とサイバーエージェント正社員というものを天秤にかけたとき、やっぱりサイバーエージェントにいきたいなーと思った。というか、実は当時に DMMオファーもあったのだけど、サイバーエージェントの方が良いと思って辞退した。このクソ人間(O氏)を認めさせたら、サイバーエージェントで働けるというのは魅力的だった。それで、Android(Java) + iPhone(Objective-C) でマルバツゲームを作り、 Bootstrap + jQueryRuby on Rails と MySQL で集計させてスコア比較させる、そしてサクラVPSCentOS運営するというプロダクトを持っていった。時代を感じますね。閑話休題。ソレを持っていたら、O氏は今回は前回と性格が違った。いきなり、怒鳴りだすのだ。ポートフォリオを見ないで。いわゆる「良い警官・悪い警官」というやつをやろうとしたのだろう。当時はそれがソーシャルエンジニアリングだと気がつけなかったが、いま思えば以前からナンパとかで良い思いをしていたのだろう。後で書くが、彼はロリコンだ。専門に人工知能を掲げているが、本当はチヤホヤされたいだけで自分努力せず、インターン学生にタダでプロダクトを作らせて「弊社は凄いです!」「あわよくば上場して金と名誉はゲット」、そんでもって若い学生インターンセックスしたいという真正クズ野郎だった。自分の深層意識で「こいつはヤバいやつだ」というアラートはビンビン鳴っていたが、「サイバーエージェント正社員」というニンジンが目を曇らせた。

そのあと、一月ぐらいはそのクソ会社でタダで自社サの修正をやっていた。こんなのもできねーのと思いながら。ある日「別の会社に行こう」といわれ、面接をうける。なぜか O氏も同席で。話を聞いていると、派遣させられるらしい。派遣登録もしてない会社が。「サイバーエージェントじゃない!」と抗議をすると、「俺に恥をかかせるのか!東京で働かせなくするぞ!」と脅され、派遣きまったあとで、履歴書を無理やりかかされた。給料ホームページに書いてあった額の半分、社会保険は無し、年金もなし、保険書もなし、という最悪な条件だった。派遣先はキツかったが、優しかった。それに、派遣当日から転職オファーをもらった。記憶が正しければ、平日に働いて、土曜日は帰社日日曜日勉強会に出席という日々だった。本当に休む暇がなかった。平日はほぼ終電だったのに、土曜日東京の端っこにこいとか、日曜日勉強会だから出席しろ、とか本当に辛かった。それでも派遣先の会社には迷惑をかけたくなかったので、期間が終えるまでは必死に働いた。そして、O氏から逃れるために「あなたとは信頼関係が築けない」という文を書いて退職した。そのあと、自分大学にも行かないで、別の会社就職した。あと、O氏は給料を払わなかったので、辞めた後に圧力をかけて支払ってもらった。

プログラミングスキルは働いてもスキルが付くということはなく、自学自習を続けないと上場するのに必要スキルは身につかないというのもわかってきた頃、父が死んだ。事故死だった。自分医学部に行けなかったことの申し訳のなさに、東京大学に行った後は父を邪険に扱っていた。とても後悔した。それで、半年ぐらい真面目に勉強して私立医学部入学し、医学部生として留年しない程度には進級はした。しかしながら、ふと寝る前に「プログラマーでいたかったな」と思うことは毎日のようにある。もう医師になるつもりで、プログラマーに戻るつもりは無いが、それでもプログラミングのことは好きで、毎日時間時間をつくって勉強している。好きなんだよな、プログラミングが。

最後に、O氏についてだ。あまり犠牲者が多すぎるのでネット上で事実を書いていったら、裁判所から開示請求が来てしまった。だからここでは本名と社名は書けない。だけれども、若者たちに「ホイホイベンチャー企業にいくと辛い目にあうかもよ?」っていう事例を例示しなきゃ、とは思うので「ヤバいベンチャー企業実態」について書いていこうと思う。



...という感じ。だから基本的ベンチャー企業に期待しないほうがいいよ。下手をすると、犯罪の手助けをするようなつらい思いをするよ。もし、仮にベンチャーに行くなら、高給かストックオプションマストで行こうね。おじさんとの約束だよ。

2022-06-13

多くの教員教育ユーチューバーみたいな喋りで授業をしてたら

一箇所に集めて同時にエア授業をさせてみたい

子供がやりたいと言い出したらぶん殴ってでもやめさせるべきもの

ユーチューバーサッカー

あとなんかある?

2022-06-12

配信アプリDLした

暇だったのでDLしてみた。これで俺も有名配信者かと夢みたものの、実際1人で喋ってみると緊張してしまい、「今、家にいます。目の前にアジフライがあります」と、ただただ目の前にあるものを喋るAIみたいになってしまった。

結局誰一人聴いていなかったので、黒歴史にならずに済んだ。

今までユーチューバーとか配信者を馬鹿にしていたけど、本当にごめんなさい。あんなに喋れて凄いです。編集があったとしても、俺には喋れない。

2022-06-10

シバターが月収200万て言ってたけど

トップユーチューバーパチンコ営業何回もしてようやくそ金額らしい

しょぼくね?

2022-06-08

anond:20220607141101

年代かちょい下だなこの元増田

まあテレビ見ないで堅実に結婚したオレ勝ち組~って思ってるけどさぁ(ドラマってどれもこれも原作小説より薄くてマジつまんねー)

ネットメディア化してひろゆきの「それはあなた感想ですよね」

とかが何も考えてない中学生流行ったりしてるわけで

ちょっと流行に乗れなくて自分の頭でものを考えてヒいちゃってるやつってのはどこにでもいるし、

ちゃんと考えずに子供押し付け大人はなべて老害

というエジプト時代~令和共通しての共通しか抽出できない記事のような気がするよ。

 

まあでもバブル時代音楽家がほぼ全員ヤク中タイーホだのイジメやらかしなのは

あい変人にまで十分に金がまわったからだろうなと思う。

今ちょーしこいてるユーチューバーとかどうやってくってくんだろな~

2022-06-07

anond:20220607145331

俺はもうこれは笑えないわけよ 金儲けユーチューバーに金が落ちるって考えたらもう無理

タイトルでこれは面白くて笑いますって書いてある

2022-06-05

プログラムの授業なんかするよりユーチューバーのやり方教えるほうが将来役に立ったりしてな

売れっ子ユーチューバーってもろもろ経費差し引いて手取り30くらいが適正だと思うんだけどな

2022-06-04

キッズユーチューバー反抗期

子どもの好きな姉妹キッズユーチューバーのお姉さんが小学校高学年になり、表向きは笑顔だが父親対立している様子が垣間見えてつらい。

3歳頃からファミリービデオ投稿されていた女の子で、You Tube最近ではTikTokにも動画投稿されている。学校動画撮影の両立は大変だろうし、今まで大変な思いや不自由な思いもたくさんしただろうから親に反抗したくなる気持ちもわかる。何の動画か忘れたがその子ポロッと「パパは嘘つきだから信用できない」と言っていて、何かあったんだろうなと思った。

親子喧嘩が悪いとは思わないので「父親喧嘩してみた」という動画投稿してくれてもいいくらいだと思っているが、もともとがファミリー向けチャンネルで長年「仲良し親子」を売りにしてきた所があるので急な路線変更も難しいのだろう。親の作ったチャンネルで親が編集しているだろうから自由なことも言えないし、カットされるのかもしれない。

今でも父親姉妹の3人で商品紹介やゲームなどをしているが、姉は始終作り笑顔父親と心の距離が感じられ、妹が二人の仲を取り持っているような感じがする。

年頃になってきたキッズユーチューバーというのはどこへ向かっていくんだろう。好きなことや打ち込んでいることがあれば、その話ばかりしたり個別のサブチャンネルを開設するのもいいのかもしれない。もう十分稼いでいるだろうから引退させてあげてもいいように思うが、テレビ出演したこともある子たちなので自由に出歩いたり将来アルバイトするのも危険なのかもしれない。

これから中学高校と難しい年頃になるが、このチャンネルはどうなるんだろうと漠然とした不安がある。他にも子どもチャンネル登録しているキッズユーチューバーはいるが、このチャンネルが見ていて一番ハラハラする。急に更新が止まっても「何かあったのだろうか」と思うし、毎日のように動画投稿されていると「無理しているな」と思ってしまう。チャンネル登録者が多すぎて難しいだろうが、願わくば一度このお姉さんに長い休みをあげてほしい。本人が望む範囲TikTok投稿するくらいにしてあげたらと思う。幼い頃から10年近く頑張って親の言うことをきいて、寸劇や商品紹介、レジャー施設紹介などを毎日行ってきたこの子たちはもう十分働いたと思う。昔の動画笑顔無垢だが、今の笑顔は苦しそうに見える。

2022-06-01

anond:20220601063311

いつも調子に乗ってミスするユーチューバーに「そういうとこやぞ」って注意コメントしたら

俺以外のコメントに全部イイネする嫌がらせを受けたのでその後一切動画見なくなった。ホントそういうとこやぞ

2022-05-18

同担拒否布教活動に振り回された話

同担拒否の友人がいる。

リア恋というのかもしれない。

とにかく彼女は、推し一人に向ける感情がでかくて重い。

その癖一途なのかといえばそうではなく、アイドル歌手ユーチューバーなど数年おきに代わる王子様を崇拝しては諍いを起こし、界隈をやや荒らして次の界隈へと引っ越していた。


彼女は「解釈違いの推し被りと一緒にいたくない」「界隈に友達がいない」など理由をつけては、私をライブイベントに同行させた。

そして現場の楽しさに魅せられた私が「素敵だね!ファンになりそう」などと言おうものなら、急に態度を変えてこの界隈がどれほど生きづらいかマナーのなってないオタクたちの中で自分がどれだけ推しの事を理解しているかを延々と語りだすのだ。


面倒くさいから近寄るな。こいつの好きなものを好きになるな(かと言って否定はするな)。

一切の興味を持たず、相手の語る推しの話に相槌だけ打っていれば良い。

これが同担拒否オタクと付き合う基本だ。


長年の付き合いで分かっていたはずなのに、ついうっかり、間違えてしまった。


先日、彼女ライブに行った。

私は全く別界隈のオタクだけど、友人は「今日推し変させるつもりだから!」と言っていた。


名前しか知らない彼女推しは、初めての大きな会場に目を輝かせ、時に涙を見せながら歌っていた。

他のメンバーもそれはそれは楽しそうで、本人達ファンも待ちに待ったライブだったんだな、と部外者の私ですら感動してしまった。

運よくファンサも貰えたりして、付き添いとはいえかなり楽しんだ。


から、油断してしまった。

つい、帰りの電車で「ファンクラブ入ろうかな」と言ってしまったのだ。


私みたいに付き添いで遊びに来たような奴がファンクラブにまで入ったら、本人たちも、友人も、喜んでくれると思っていた。

この時の私は、「推しいつまでも好きなことをできるように、大きなグループになってほしい」と語る彼女言葉を信じていた。


しかし私に降りかかったのは、「彼らのファンクラブは会費のわりにリターンが少なく、見返りのない投資をする覚悟でないと損をするぞ」という、大慌ての友人から繰り出されたネガキャンの数々だった。

とにかくお金無駄だという主張。ファンクラブ会員限定交流推しからコメ返を貰う為に、自分が何をしているかマウント。「あんたは別で推しがいるでしょ?」という牽制

最終的に「私の勧め方が良すぎちゃったよね!ごめんね!」と謎の謝罪までしてきて意味が分からなかった。

(この謝罪についてはマジで意味が分からない。『語るほど素敵な物じゃないのに、良いものみたいに紹介してごめん!』って事?推しの良さだけはボロッカスに言っちゃダメだろ。)


ライブの熱に浮かされてはいたが、一応彼女の気を損ねないように気を使っていたつもりだ。

彼女推しにはあまり目を向けないようにしたし、話題に挙げるのは別のメンバーだった。

ファンクラブ入ろうかな、だって彼女が「推し変しちゃいなよ!」としきりに言っていたのを確認してから言った。

なのに彼女は、地元へ帰る電車の中で不機嫌になってしまった。


彼女とはあれ以降踏み込んだ話をしていない。

彼女推し達の動画も、彼女を思い出して嫌な気持になるのであまり見ていない。


今日彼女ツイッターに「友達の界隈に入って来るなんてマナー違反」と投稿されていた。

フォロワーは私を含めわずか数人。間違いなく私へのエアリプだ。

いい歳してなんて陰湿なことをするのだろうかと溜息が出た。それに私が傷つくとでも思っているのだろうか。

というか「マナー」って何だろう。『リア恋に現場の付き添いを頼まれときはそれなりに楽しみつつ、終演後は「私はやっぱり自分推しが一番だな!」って明言しましょう』なんてマナーがどこかに明記されているのか?

残念ながら貴方推し達は魅力的なグループでした。私に見せなきゃよかったね。

次は自分推し以外に興味のない、つまらなそうな顔して突っ立っててくれる人を連れて行ってね。


余談だが私が「いいな」と言ったメンバーは、インスタライブなどで彼女をよく構っていたらしい。

たぶん、推し以上に彼女存在認知していたのだろう。

「私はこの小さな界隈で認知も貰ってるんだから、頭数を増やさないで」と素直に言ってくれれば良かったのに。

表面上は「認知なんていらない。その時その時を楽しめればいい。」と言っていた彼女のみっともない姿を見せられて、心底呆れてしまった。

同担拒否のくせに布教活動なんかするなよ。メリット1つも無いだろう。


素敵なライブだったのに本当に残念だ。

「楽しかたから払わせて!」と自ら申し出たチケット代、やっぱり払わなきゃよかった。


友人は今後「推しに売れてほしい」なんて口が裂けても言わないでほしい。

地下の小さな界隈でいつまでも幸せに。


(ってか認知まで貰ってるなら私1人増えるくらい別に良くない?余裕ないな。)

2022-05-02

ホリエモンひろゆきさんは完全に別の道を歩んでるな

ホラレモン宇宙開発まり製造業にかじを切っている

ほもゆきさんはプロレス炎上芸人ユーチューバーにかじを切った

15年前は似たように語られることが多かったが、

完全に別の方向性人生のかじをきっている

https://www.youtube.com/watch?v=3z4cn1GGe8o

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん