「偏重」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 偏重とは

2020-05-21

平田オリザ氏の失敗を日本教育の失敗みたいに主語を広げていくのは

ご遠慮頂きたいなって思ったんですがタイトル長すぎて切れましたてへぺろ

平田オリザ炎上にみる、コミュニケーション教育は「他者相互理解する能力」を害しているという現実

https://note.com/hirayama_t/n/n9ee3544db3b0





これ見て「伝える力偏重コミュニケーションはパッと見だとうまくいってるように見えるけどちょっとしたきっかけで破綻する」ってのはその通りだよなーと思いつつ、どうしてもひっかかることがあったんですよ。

そもそも日本コミュニケーション教育は伝える力偏重」ってマジなの?ってとこです。

自分職業コミュ障のくせに他者との会話が必須なので教育で得たスキルでどうにか人並みの仕事をできるようにしてるんですけど、そのコミュニケーションのための教育で教わることって「相手の話をちゃんと聞こうね」なんですね。

相手の話には適切に相槌を打つことで相手安心感を与えよう、だとか、相手の言ったことを再確認することで齟齬が起きにくくなるだけでなくて相手からも信頼してもらいやすくなるから言われたことはちゃんと「○○ですね?」って聞き返そうね、とか。

もちろんこっちからしかける時の注意として分かりやすく簡潔に、とか、伝えるためのスキルってのも教わりましたよ。でも相手の言いたいことをちゃんと把握するための技術はきちんと教わりましたし偏ってるなんて思ったことないです。

そもそもこの平田オリザって人、コミュニケーション教育ナントカ座長第一人者って言うけど今回の炎上まで名前も知らなかったんですよね。もちろん自分アンテナが狭いってのはあると思いますが、それだけ重鎮のはずの人ならそれこそテレビ御意見番とかで出てきて名前くらい聞いててもよさそうなのになーとか思ったり。




そんでちょっとググってみたんですけど、この「コミュニケーション教育推進会議」って悪名高い民主党政権時代に発足してて、しか文科省WEBサイトを見る限りでは会議自民党政権に戻った後は開かれてないっぽい(議事録が4回目までしかないしその後の活動特に掲載がないし資料も見当たらないし)感じなんですよ。いや活動継続してるなら教えて欲しいのでリンク下さい。

もちろんその2・3年ほどのせいで日本教育に深い爪痕を残したっていうのであれば理解できなくはないですけど、そういう方向の話でもなさそうだし。

日本には昔から「話し上手は聞き上手」っていうことわざだってありますし、いわゆる陰キャと呼ばれるようなタイプの間でリア充の人のコミュスキルの高さの話が出る時って「真のリア充自分らみたいなコミュ障でもうまく会話を誘導して話を聞き出して広げてくれるからすごい」って話であって「リア充の話っていつまで聞いてても飽きない」みたいな方面の話はほぼ聞かないです。自分は。

時間の都合とかスキル不足で教育が足りてないという現実はあるにせよ、コミュニケーションには自分意見を正しく伝えることも重要だけど、相手意見を引き出す能力であったりその為の傾聴能力であったりもすごく重要だよね、と思ってる人の方が多いんじゃないかなあ。少なくとも自分観測範囲だとそうです。

ネット上のコミュニケーション発言重視のコミュニケーションになってしまうのは、どちらかと言えばどうしても対多人数への発信が主になりやすく、かつ相手の反応が返ってくる(相手の反応を確認できる)のがリアルタイムではなくてタイムラグがある(ブログなどだと記事投稿⇒読んだ誰かによるコメント⇒更にそれを書いた本人が確認するための時間差がある)という対話方式構造上の問題であって、教育がどうこうじゃないと思うんですよね。

いや、そういう1対多数のコミュとか発言からレスポンスまでにタイムラグがある場合対話術とかを教育できちんとやるべきではって話であるならやった方がいいでしょうねとは思うんですけど、それって傾聴能力を軽視したかコミュニケーション教育は失敗したんだ、っていう話とは別の話じゃないですか。別の話に平田オリザを混ぜ込まれると問題点が見えなくなるのでは?っていう。





十数年前の道徳教科書には既に「英語が得意な『私』と得意でない友達がそれぞれ海外ホームステイに行ったけど、『私』はステイ先の同年代の子供と話が合わずギクシャクして、友達の方が海外の友人と仲良くなっていた」っていう話がありましてね。喋るのが得意でもそれだけでは相互理解なんてできないというのはずっと前から教育者も理解してると思います。(まあこの話の本題は自分の国に目を向ける、自国に誇りを持つことにあるっぽいですが)(ちゃん最後には仲良くなれるのでごあんしん)

でもって傾聴能力のもの教育である程度まではどうにかなります。何せ自分仕事できているので。

もちろんそこには仕事からこそ相手の話をちゃんと聞こうという意識が働いているという部分があり、相手の話を聞こうとしなければ傾聴スキルいくら磨いてもコミュニケーションできないってのはその通りです。ですが「相手の話を聞こうと思えるようになるためには何をすればいいか」についてはこれもやっぱりある程度までの話になりますけど教育で賄える部分かと思います

という横の話はおいといて、やっぱり平田オリザ氏のコミュニケーション論を軸に日本全体、あるいは主軸のコミュニケーション論が伝える力偏重であるという論調で話を進めるのはちょっと乱暴でないかなーと思うのです。

昨今の英語教育だって技能、読む、聞く、書く、話す、と受け取る能力が盛り込まれます

日本コミュニケーション論が伝える力偏重になっているのでは、という話をするならそんなごく一部かつ負けた政権人間で今は開催されてないっぽい会議議長の話を出すんじゃなくて、もっと他に今話題の方とか継続して活動を続けておられる方とか現在全国で取り組まれている試みとかを例として提示しないといけないんじゃないでしょうか。





あとググって出て来たここのページ

http://web.iec.ehime-u.ac.jp/reinelt/2018JCAcsComp/2018JCAcs3WakiTadayuki.pdf

とかを見て当時の会議資料のありかを知ったんですが、確かに2000年代初頭の資料については伝える力について主題として扱っているんですが、これはそもそも国語力とコミュニケーション能力関係性について語られているのであって主題になってるのは国語力の方では?というあたりの問題もあって一概には言えない気もするなーとか。

国語力は円滑なコミュニケーションには重要です、という話とコミュニケーション能力とは高い国語力のことです、では話が違いますよねってことです)

それにこれって「意見を発信する時には相手への尊重必要不可欠だよね!だから敬語大事にしようね!」みたいな話なので(雑すぎる要約なので詳しく知りたい方はちゃん一次資料を読んでね)相手こちらの話を聞いて貰えるようにするための警戒心を解いてもらう話術の話だと思うんですよ。

そんでもって平田オリザ氏の例の発言炎上したのってその「相手への尊重」が欠片も感じられないんですけど、ってところが起点じゃないですか。

発信する側としてのコミュニケーションスキルである相手への尊重とそれを実際に示す態度、話法というのができてない時点で「平田氏のコミュニケーション論には問題があるかもしれないけれど、そもそもとして平田自身自分の主張するコミュニケーション技法を守れていないので、今回の炎上を元に平田氏のコミュニケーション論が間違っていたかを論ずることはできないのでは?」という。平田氏のコミュニケーション論が正しいかかには別のサンプルを持ってこないと駄目なんじゃねっていう。

なんかこう、平田氏の失敗を直接的には関係ない仮想敵への攻撃に便利に使っているように見えてしまって、伝える力偏重コミュニケーション教育はよくないって主張そのものについては同意できるだけになんかむずむずするなーと思いました。

2020-05-12

anond:20200512190634

それ保守関係ある?

あと今時は女児偏重が前提だよ

女児価値なし、男児の方が偉い!なんてのはもう天然記念物扱いじゃないかなあ

はいる(ネトウヨとは違う層)けど

2020-05-08

汝の敵を愛せよ、と神は言った

どんな美人でもブサイ͡娘でも良い所とどちらかというとよくない所があるんだけど

「好ましい特徴」の範囲が激セマ、しかも「みんなが好きそう」な価値観偏重してて、「好ましくない(とされる)特徴」に鬼不寛容なのが日本人のガキっぽい所というか、はっきり言ってダメなところだと思う。自分たちにとって何ら益するところがない。

  

キルスティン・ダンストの良いところは、あの絶妙しっとりとした声と歌うような喋り方、皮膚の下ピンクが実際に透けて見える程の白い肌、一見野暮ったくも見える大造りな顔に負けない程の豊かな表情、とくに笑顔である

日本人に受けが悪いだろうなぁと思うところは、やはりそのどちらかというと横に広いタイプの大造りな顔、年齢とともにかなり油断しがちな体型、ぐらいではないだろうか? 白人には珍しく顔に皮下脂肪がつきやすい体質が近年この2点を残念ながら増幅してしまってる感はあるが、彼女特有の美点を打ち消してマイナスになるほどではない。

  

Eternal Sunshine of the Spotless Mind (2004) の頃のダンストはマジで神がかってる。

なんで日本ではブス代表みたいな扱いなのか意味わからん

  

The Beguiled (2017) のダンストで抜いてたらヤバイけど。それはもう無敵状態だろ。

  

anond:20200508003729

2020-05-06

連休でグノーシアをクリアした感想

とてもいいゲームだった

これは簡単にいえば人狼ゲーム用語や設定をSFに置き換えつつ、CPU相手人狼が遊べるゲーム

最初は人数や役職も少なく、たまにランダム発動する『直感』ぐらいしか嘘つきを見分ける手段がないのだが

周回して遊んでいると、レベルアップしてその直感の発動率を上げたり、嘘を見破られにくくしたり、相手を説得しやすくするといった

パラメータ強化要素があるため、繰り返し遊んでいるだけでだんだん勝つ・生き残れるようになってくる

このゲーム自分が死んだらそのループは終わりなので、投票で殺されにくくなる『かわいげ』、グノーシアに狙われにくくなる『ステルス』を伸ばすのがいいかもしれない

人狼ってリアルにやった場合、早々に死ぬとやっぱり終わるまでヒマなので、テンポよく死んだらはい次と進めるのは一人用ならではの利点だと思う

上でループと書いたが、これはループしてひたすら人狼を繰り返すゲームなのだ

なぜループして人狼をやらねばならないのか?(それはゲームからというメタ視点は置いておいて)という疑問もあるかもしれないが

少しずつ登場人物役職の異なるループを繰り返すうちにイベントが発生し、登場人物達の秘密が明かされていく

そのすべての秘密を明らかにしたときエンディングである・・・というわけだ

それまでのキャラに対する描写の積み重ねや伏線が綺麗に立ち上がってきて、すばらしいエンディングだったと思う

相対するCPU達もプレイヤーと同じようにパラメータがありロジック偏重演技力が低いといった設定になっていると思うんだが

そういった人狼ゲーム内で感じる「コイツはこういう奴」という印象と、イベントで明かされる秘密ダブルパンチでめちゃくちゃ印象に残る奴らになっている

ゲームを通じてキャラクターの性格がほぼ一貫しているので、「今回やけに他人かばってておかしいな?」という推理もできたりする

秘密が明らかになるたびに相手も強くなっているらしいが、そこまで急激に強くなる感じでもないので、相手が強すぎということもないので安心

他人を巻き込んで疑ってくるやつ、ステルスしてなかなか処刑されないやつといった強めのキャラはいるけどね

個人的には嘘をついてもすぐバレて処刑され、嘘をつかなくてもとりあえずで初日処刑されるしげみちがイベント面白いので好きだ

でもやっぱ最後はセツだねうん

人狼難易度については、序盤は結構処刑されやすいが、パラメータを上げていくことでかなり楽に遊べるようになる

また、参加人数や登場する役職自分役職自由に設定できるが、他キャラは登場も役職ランダムのためイベントが発生せず終了することも多い

序盤をすぎたあたりでイベントサーチ機能解放され、イベントが起きやすくなるような設定にすることができるようになるが

その場合でも特定人物役職に就く、あるキャラ最後まで生き残る、人狼中にあることをする、といった条件を満たす必要があったりするので

やっぱりこればかりは何度もやり直してみるしかない

ただ人狼を繰り返してちょっとだれてきたな、と感じるぐらいで新しいイベントが起きる感じになっていて、

そのあたりまで計算して調整されていたとしたら脱帽である

自分場合はだいたい150ループ弱、17時間クリアしたので参考までに

人狼ループといえばレイジングループという傑作ゲームもあるが、あちらは人狼をやる人々を描いた読み物で、こちらは人狼をやる読み物という感じだろうか

どちらもおススメですので!よろしくお願いしま

2020-04-27

anond:20200427145352

またまたあ。

じゃあ現状の女の「風俗嬢になりたくない」をまず尊重しなよ。

 

そもそも社会的尊敬って、体を張った仕事かどうかで得られるものだったっけ??

から、他にも体を張った大変な仕事ってあるよね。

しか風俗より給与が低いような。

それはおざなりのまま、どうして「風俗嬢だけ」そんなに取り上げるのかっていう話になるとやっぱり増田の中で風俗特別からなんだよね。

 

その客観性の欠如、自分視点のみの偏重

今までにも指摘されたことあるでしょ。

防御偏重

思えば幼少から防御陣形ばかり考えていた。

おもちゃ手裏剣とか護符とかをもらったら効果的に部屋の各所に配布していた。

相手コロナとなった今では次亜塩素酸水スプレーマスクがそれに代わっている。

2020-04-05

anond:20200405095911

実際は生涯未婚率も、付き合った異性がいる率も違うんだよなあ…

女児偏重の話もそうだけど、何で思い込みだけで突っ走るんだろうか

やっぱアホだから

anond:20200405091932

リスクが高い割に、リターン(生活の楽しみ、老後の支え)は少ないからね…

息子しかいないお婆さんが子供に捨てられて孤独な老後送ってる率は、娘がいるお婆さんよりずっと多いもの

それ見てたら女児偏重になるの当たり前

anond:20200405090353

じゃあ「乳児で1人目の場合女児偏重」でいいとして

なんでそれが「女が女として大事に」育てられる話になるの?

普通に家事手伝いシンデレラめあてとは思わないのか

anond:20200405091121

ふたり希望場合同数で、ひとり希望場合女児希望が多い

総合すると女児偏重

なんで複数人希望の部分だけ切り抜いてるの?

anond:20200405090153

女児偏重(ただし二次元)では?

女性同士の会話では男児ほしい、できるまで頑張るとかまだ普通にあるよ

人工授精男児一人ほしいとおもって処置したら全員男児3つ子なっちゃったびっくり家庭とかね

anond:20200405085937

横だが女児偏重の風潮がある事すら知らないのか

常識だぞ

2020-04-03

anond:20200403145917

女児偏重なんて10年以上(20年以上かも)前からそうだけど何を今更

それも、ファッションだのメイクだのより将来の介護目当てだよ

長男の嫁が介護する風潮が崩壊して実娘が介護するのが主流となってからずっとそう

2020-03-26

陰謀論には勝てない

私には無理だ。敗北を宣言する。

実在証明できない黒幕とそれらしい意図があったとき、人の心にそれはスルッと入り込んで居座るらしい。

そうなったら最後聞く耳など持ってはもらえない。

ある結末を信じたくなってしまった人がいるとき、信じるための事実が生まれ、それを信じるための根拠になる。

RTするように、代弁者を探して、自分希望する未来一心不乱に突き進んでいく。

誰かが自分の代わりにもっともらしいことを主張してくれることを望んでいる。その情報を集め続ける。

人は自分意見を言うことはできないのだと分かった。

そもそも、"自分意見"なんてものはないのだろう。

自分に合った世界観のものしか受け入れられないのだろう。だから、それを説明してくれるものを探している。

父は極度に右傾化してしまった。

youtubeが原因のようだ。

右よりの思想を持つの別にいい。

ただ、嫌韓嫌中が止まらない。メディアを信じている人は馬鹿だと、蔑む発言が止まらない。

「それはあなた人生を豊かにするのか?」怖くて聞けない。

あなたももういい歳。先が長くないのだ。国のことよりも、あなた幸せ真剣に考えてくれ。

自分にどうにかできることと、できないことの区別をしっかりつけてくれ。

親戚がEM菌を盲信している。

EM菌が普及しないのは科学偏重利権問題だと言っている。

EM菌を撒くといい感じになってエネルギーが来るのよ、と言っている。

そういうものが世の中に存在したら、どんなに素晴らしいだろう。

でも調べれば調べるほど残念な気持ちになってくる。

どうにもほとんど商売になってしまっているのではないだろうか、あれは。

"ナチュラル"や、"天然"や、"薬を使わない"や、"添加物が入っていない"という美学を持つあなたが、お金儲けの喰い物にされてしまっていることになぜ気づかないのか。

それはあなたが最も嫌うものだったはずなのだけれど。

(まあ、添加物が入っていないに越したことはないけれども)

これらの話は、陰謀論が持ち出されるとき反証可能性ゼロになる。

そもそも、なぜ私が反証しなければならないのか。

もう疲れたし、勝手にやればいい。

外の世界を見るのをやめて、自分に都合の良い世界を作るといい。

私は、たまらなく悲しい。

愛しい人たちとのつながりが壊れていくのを感じる。

きっと、彼や彼女たちを、何かしらの"恐怖"が突き動かし、使命感を持たせ、心の穴を埋めている。

もう元に戻ることはないだろう。

その世界において、彼や彼女たちは必要とされているのだから

ドンドン情報を吸収し、どんな反論へも対抗するようになるだろう。

それがどんな的外れでも。

情報という病にかかっても、抗体はできない。

ワクチンは開発されない。

その情報あなた理想を見せ続けるだろう。

あるいは、きっと私もそうなのだろうけど。

悲しいかな、そのほとんどがお金の流れと承認欲求によってできている。

理想理想ではなく、もっと利益が見込めるコンセプトにほかならない。

逆戻りはできないが、これだけ情報の伝達速度を上げたインターネットを憎む。

結局、広告収入しか成り立たないがゆえに、PV至上主義にならざるをえないインターネットを憎む。

道具を憎んだってしょうがないが、道具ぐらいしか憎めるものがない世界になってしまった。

2020-03-14

フェミニズムに少し関わると見えたこ

ポール・ハギンズ監督による映画クラッシュ』という秀逸な映画がある。アカデミー賞を取っている。

この映画簡単にいうと、

人種の坩堝であるアメリカにおいては、日常様々なところで人種差別があるのは当たり前の日常になっていて、差別する方もしたくない方も疲れ果てている。しかし一旦大変なことが起こると、人種の壁など一瞬で超えることが私たちは出来るじゃないか。という主張の映画である。もう私はこの映画に感動しまくって、涙が止まらなかった記憶がある。批判もあった。そうはいっても差別をなくさなければならないのだから、この映画のように差別なんかどうでもいいじゃないか、という主張なのでは問題解決にもならない、など。

どちらの意見整合的ではあるとは思った。が、どっしにしろ私たち人間は協力しないとこの世界では生きてはいけないという、赤裸々な真実はあって、目をそらしていいわけではないのである。どちらの意味においても、である

さて、フェミニズム話題として、最近はあの石川優実さんによる#KuToo が話題をかっさらっている感がある。華やかな表舞台では#KuTooは石川優実さんとともに世界的に評価されつつも、その裏側では石川優実氏のあまり矛盾した態度とそれをよく表した#KuToo本(靴から考える本気のフェミニズム)に対する猛烈な批判である

私が気になったのは、どちらが正しいかなのではなく、どうしてそんなに極端に矛盾した状態になっているのか? であった。これは一旦はいってみる価値があるのではないかと、フェミニスト側の立場仮面を被ってTwitter上で観測を始めた。

こうした問題は、双方の目を持たないと、実はその真相が見えてこないのである。実はこれ、全くの単純な考え方であり、例えば子供二人が喧嘩していた時、仲裁に入る人はどちらの目線にも立つはずであろう。別に仲裁たかったわけではないが、一方の側にばかり視点偏重させると結局、人はため息か悪態をつく以外になくなってしまうのである。その視点を私に与えたのが、昔見た映画の冒頭の「クラッシュ」だった。

で、どうだったか

結論を言おう。

#KuTooはそんなこと無関係に大いに役に立っている、それは間違い無いという単純な事実が一つある。石川優実さんがいう通り、少しずつ労働現場では強制がなくっていているなどということの他に、安倍首相共産党小池氏が、日々国会で厳しく論戦を繰り広げていたのに、#KuTooの話で、小池氏が安倍首相の言質をとって、一時予算委員会拍手と笑いに包まれたという名シーンであるあんな和やかなシーンはあまりたことがない。

だが、一方で、KuToo本は最悪の駄本であるあんな酷い本もない。たとえ敵側の人たちをクソリプする人達と罵ろうとも、やってはいけないことのオンパレードで、現代書館までその人たちをなんの根拠もなく犯罪者呼ばわりするのである。やってはいけない改竄捏造・酷い引用の仕方、到底倫理観のかけらもない行為しか思えないものである裁判になりそうなので、そうなったらコテンパンにやられて欲しい。

そして、石川優実氏は相変わらずで、クソリプ攻撃応酬に疲れ果てたのか、とうとう「死にたい」とまでTwitter上で公言する有様。それをみる味方側も誰も批判しないという異常な光景、私はもはやこれはただ事ではないとしか思えなかった。

死にたい、と公言したのは、いわゆる死ぬ死ぬ詐欺である。あのねぇ、石川さん、それ女の弱さを利用する、フェミニズムに最も反する行為じゃないか。信じがたい暴挙である

そして彼女はすぐさま、ハングル韓国応援要請(これは彼女が心を落ち着ける以外の目的はないと推測)、英語で同様にTweet拡散。あまりにもこれは自己本位であり、あんなのを許す味方も含め、頭おかしいとしか思えない様相

私はその時点ではまだよくわかっていなかったが、何れにせよ、#KuTooを崩壊させかねない、愚行そのものであった。

どうしてそこまでに至ったのかについては、理由簡単である。「怒り」に任せたかである。KuToo本ではっきりそう言っている。彼女原体験は、彼氏にブチ切れて彼氏に女の苦労を認めさせた、そこにあるからだ。

から怒りは一番正当であり、怒ってさえいたらなんとかなる、と。しかしそれは、あまりにも無知であり、彼女が受けたMeToo被害だって、失礼だけど有り体に言って無知だったからに他ならない。もちろん男が悪いのではあるが。

宇崎ちゃん騒動や、ラブライブ騒動も実は全てそれで、あまりに「怒り」に任せすぎるのである

何故なのか。

それはもう、はっきりしている、女性差別が現に存在するからである彼女無知ながらも自分一人で「女性けがどうしてハイヒールを履かねばならないのか」を発見できたのも、女性差別が現に存在するからである。そうした認知がなければ彼女は静々「ルールから仕方がない」と大人風に冷淡にただ納得していただけであろう。

他にもある、トランスジェンダー女性に対する差別である

結局は、怒りに任せないと、理解させる方法がないのだ。少年ブレンダさんも、怒る以外に方法がない。どうしてもわかってもらえない。

ーーー追記

他にも女性差別に関し様々な怒りの声が世界で沸き起こっている。真っ先に思いつくのは前述した#MeTooでもある。

あるいは視点を変えて女性教育重要性を主張するマララさんであったり、アメリカ女性トップレスでも良いじゃないかと主張して上半身露出デモを行う人たちもそうであろう。多くの女性差別への怒りに対する声はもう止められない。

それでもなかなかそれら勢力と反対側にいる人たちは理解しないのだ。

もちろん現実には共感して支持する人もいるにはいるが、それらは彼女女性が「怒る」のは差別の大きな枠組みとして「女性差別」があると言うことをどうにか認めてほしいと言う切なる願いに他ならないとしか思えないのである

本当に理解の壁というのは高過ぎて絶句するほどに思えることすらあった。

ーーーー

これがフェミニズムにまつわる悲しい、しか事実であった。

彼女たちに怒る理由は十分すぎるほどある。それは決して「あなたたちそんなに怒るな」なんて到底言えるレベルの話ではない。差別とは何か、もう一度原点に戻って考えるべきではあるが、冷めた目で事態をを見つめるのは、例えばブコメなどで、適当意見をいう程度で済ませるのは、関心を持つのであれば、できたらやめて欲しい。

言論の自由はある。

だって、そうした問題を見つけられたのははてブコメントTwitterなどで、騒ぎになって可視化されたからそれは否定しない。

だけど、そうした悲しいフェミニズムの持つ現実女性差別があるというのを少しでもいいから、どうしてもわかって欲しい。

考えてみて欲しい、極端な話だけど、何年も何年も女性男性の下に置かれて奴隷のように暮らして来たのである

女性奴隷ではない。一刻も早く解放させてあげたい。

これが私の見えたことであり、お願いである。

2020-03-13

anond:20200313093846

阿部が悪いんじゃなくて日本人が悪い

権力強者簡単に屈する日本人が悪い

精神論偏重は間違いで根性が無いか戦争でもコロナでも負けるんだ

韓国だったらfukushima50と同じ原発事故が起きても的確に対処して小規模な事故で終わってそう

2020-02-26

初々しい感性だの言っても、わしのほうが詳しいとか抜かす知識偏重の連中が潰しに来る。

結果的に古い知識通底するかもしれないが、感性としては新しい作品は潰される。

例えば最近80年台っぽいファッションを街でよく見かけるが、古い人からすればあれは単なるパクリしかない。

ところがリファインが多くの人によって成功すると、それは80年台の頃より洗練されたものとして再登場する。

若い人にこちらができることは、〇〇の焼き直し、と釘を差すことではない。

焼き直しを新たな感性でやったらどうなるのかを見守ることだけだ。

2020-02-12

anond:20200212122126

厚生労働省文科省悪口かな

教育目的履き違え、硬直化

労働効率化の遅れによるブラック化、

医療改革の遅れ、老人治療偏重

あたりが全部置き去りで国会は森友まつり、官僚自殺とな

ただ増田がワンチームになると「全く同意であるためわざわざ繰り返して書き込むことはしない」ので

外見上はむしろスレッドストッパーなっちゃうんだよ

2020-02-09

警察かわいそう

せっかく女性に寄り添った法運用してたのに袋叩きにされてて警察かわいそう

物証偏重では卑劣犯人を取り逃すから女性証言をもって逮捕するってそんなにおかしいか

これで警察が萎縮したりしたら物凄い後退じゃね?

2020-01-28

anond:20200128014551

いや、景気が悪いからでしょ。職歴偏重というが、景気良ければ労働需要が高く、

転職できる奴は給料を上げてもらえるか、よそに転職していくから、空きができて職歴がないやつもまず職を掴んで職歴をつめる。

何度も消費税を上げて景気を落としたり、移民を入れようして、労働需要よりも労働供給が高いようにしてブラック労働蔓延させるためだとも思ってしまうな。

2020-01-12

いちおう10年前のハードなのでリプレイスで退役になるからときいたので、

けっこうちから入れてプログラム偏重したんですけど。

ハードスペックに余裕があるなら、もうすこしデザインをこれるよ。

2020-01-10

式典

学校行事っていちいち練習とかあったりしてさぞかし大事ことなんだろうとか思ってたけど、あん時間かけてやることだったのかな。

儀礼集団行動の作法を身につけるのは大切なのかもしれないけど学校独自ルール過ぎて社会人のそれとは全然違うし。

「こんなこともできないようじゃ社会じゃやってけないぞ」と教師に言われたりもした。理不尽に耐えなきゃいけないことは学校出てからもあるけどそれはまた学校経験する理不尽とは別の性質のもので、学校ではただ要らない経験を強いられただけのような気がしてしまう。

無くせとは言わないけど儀礼偏重しすぎだったんじゃないかと思えてしまう。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん