「政治的主張」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 政治的主張とは

2019-10-21

anond:20191021001108

それは暴力振るう男が異常者とみなされる存在文学的な読解の対象にならないだけで

女子供が人を殺せばみんなが一生懸命政治的主張を考えてくれるから成立するよ

anond:20191021000355

や団体が実行すれば暴力きっかけに政治的要求を実現するテロルとして成立する可能性があるけど、個人人殺してもなかなかそうはならないじゃん。

その場で射殺されたり塀の中に入れられたりすれば、それ以上政治的主張につなげられないもん。

2019-10-19

テキサス親父可哀想

「主戦場」という映画があった

従軍慰安婦問題テーマ右派左派両方の論者にインタビューして構成されたドキュメント映画

以前巷でちょっとした話題になってた本作、上映期間中に駆け込みで見に行ったんだよな

その映画テキサス親父っていう右派アメリカ人論者のお爺さんが出てきた

現在言われてる従軍慰安婦の人数はデマで、強制性もなかった!っていう右派側の論者なんだけど、彼だけはこの映画の中で特異点だった

ケント・ギルバードみたいに日本で長らく商売やってる人間ではなくて、当然の様に英語しか喋れない

一応職業動画配信者で日本右派ウケる政治的主張を載せた動画コンスタント投稿してるらしいんだけど、もちろん英語しか話せないから、傍らにいる変な日本人の右翼おっさん達が日本語訳の字幕作成してあげてて、そのおっさん達が他にも色々な日本向けの右翼ビジネスマネジメントをしてあげてるみたいだった

で、作中にそのテキサス親父日本国内の支持者と日本で落ち合うシーンがある。

どっかの空港(記憶が不確か)に集まった少数の日本国内の支持者達に歓迎されて満面の笑顔を浮かべるテキサス親父

その傍らで貼り付いたような笑顔を浮かべる例の右翼おっさん

なんかその情景が今でも焼き付いて離れない

映画の内容自体殆ど忘れてしまったのに

それでさっきWikipedia確認したら、このテキサス親父って人は定年退職後にシーシェパードの反捕鯨活動に対するアンチ動画投稿したことから日本右翼との縁が出来ていった人らしいんだよね

なんかもうその経緯から

孤独一言居士の老人が日本右翼ビジネスに巧妙に取り込まれていった過程がありありと浮かんできたよね

日本国内の政治論争って、右派左派外国籍の人の意見を珍重する傾向にあるじゃん

からアメリカ人ってだけで引っ張りだこになってさ

テキサス親父テキサス親父!って愛称で歓迎されたらそりゃ満たされるよな

自尊心とか承認欲求とか諸々が

つれーわ

2019-10-12

anond:20191012060522

政治的ものがあったらアートじゃないと言いたいのじゃない

アートからという理由政治的な主張を有耶無耶にするなというのが世間の反応だ

アート無罪を謳うなら、政治的主張は排除しろ

イマジンを持ち出したりして誤魔化すんじゃない

2019-09-29

旭日旗は、政治的主張だとか「軍国主義象徴」ではないなら原爆Tシャツはどうしてダメ

https://blogos.com/article/404373/

ただの爆弾デザイン日本に対する侮辱ではないと認められないのはおかし

日本では居ないことになっている左派軍拡主義と呼ばれる人々

日本では左派と言えば平和を望み、多様性を訴え、自由の獲得へ邁進する政治的主張を持っている人々というのが共通認識だ。

これらの人々は多くの場合日本憲法9条の堅持を中心とした反戦主義とほぼ同義となっており、軍拡政策へ対して異を唱えることが右派比較すると圧倒的大多数だと言える。

しかしながら日本の主流左派とほぼ同じ主張を持ちながらも「だからこそ軍拡必要だ」と訴えている人々が居る。

それが左派軍拡主義である

左派であれ右派であれ「そんな連中見たことがない」「もしかして暴力革命主義者のことか?」のどちらかの印象を持つ人が大半だろう。

しかしそうではない。左派軍拡主義者たちからすると暴力革命などもってのほかで、彼らは日本戦争へ至らないために軍拡必要だと主張しているのだ。

左派軍拡主義者たちの主張の中で他主義者たちが興味を示しそうな顕著な主張は「憲法改悪の反対」だろう。

彼らは旧民主党系、共産党系社会党系などのいわゆる野党連合同調しつつも「憲法改正の反対」ではなく「憲法改悪の反対」を主張しているのだ。

うつまり左派軍拡主義者憲法改正に反対していない」という主流左派たちからすると驚愕するかも知れない主張を胸に秘めているのだ。

そんな連中は何処にいるのか?と疑問に思うだろうから答えよう。

左派軍拡主義が主流となっている層は運輸業界」である

運輸業界と聞いて「運輸業界の人々が左派軍拡主義を訴えるのは仕方ない」というリアクションを直ぐさま取った人は平均値よりも日本歴史へ詳しいと言えるだろう。

惜しくも察することが出来なかった人々へ端的に説明するのであれば「日本戦国時代から第二次世界大戦までにかけて、発生させた戦乱はほぼすべて『物資不足への危惧』を理由に起きている」のだ。

戦国時代は恒常的な飢饉により食糧を中心とした物資の奪い合いが発端。

明治維新日露戦争第一次世界大戦参戦はロシア南下政策が発端(ロシア側も不凍港など運輸を理由に戦乱を起こしている)。

大東亜戦争太平洋戦争物資輸送網の確保が戦乱を起こした理由である

物資の運輸を司る運輸業界がこういった点へ敏感に反応するのは無理もない。

特に海運業界は第二次世界大戦中の海上輸送網の戦略的対応および、その戦後処理に対して日本政府のやり方へ対して不信感を募らせた。

その記憶現在でも継承されており「海上輸送網の軽視は日本という島国の立地条件から考えて間違いなく国難に繋がる」と信じて止まない。

それらはソマリア沖での海賊対策ホルムズ海峡での多国連携護衛作戦有事の際には日本沿岸で就航している民間フェリー自衛官輸送する協定政府と結ぶなどから海運業界は海上輸送網を防衛するための軍拡を許容している。

逆を言えば他国侵略するための軍拡は許容しないことが「憲法改悪の反対」という主張へ繋がっているのだ。

さて、これを知った主流左派の人々はどう思うのだろうか。

中には絶対的非暴力主義とも思える主張をする人も居る。要は「軍拡こそが戦争へ繋がり、もし日本が戦乱へ巻き込まれれば降伏すると良い」という類の主張だ。

これは尊敬に値する素晴らしい考え方であり、国際法が尊ばれる現代国際社会では降伏した者へ更なる追撃を加えようものならば間違いなく戦争犯罪という判定になる。非常に納得行く理論だ。

しかし「日本運輸業界が問題視しているのは降伏する以前の部分」であることに絶対的非暴力主義者の多くは気付いていない傾向にある。

何故ならば日本島国であり弱点は輸送網にあるからだ。それは歴史証明しており、日本が戦乱に巻き込まれることは輸送網に攻撃を受けるということに他ならないのだ。最小限の攻撃で大打撃を与えられるなら指揮官はそれを選択するだろう。

まり輸送網への攻撃ということは即ち船舶航空機攻撃に晒されるということであり、非暴力主義者たちは沈みゆ船舶航空機を見てから降伏すると言うのだろうか?

平和のために死んでいく船乗りパイロットはそれはもう英雄扱いだろう。私達に降伏するという選択肢を取らせてくれた船乗りパイロットには最大限の敬意を払わなければならず、永久にその勇姿を語り継がねばなるまい。

そう、戦争は悪であることを現代に伝えてくれている神風特別攻撃隊のように扱わなければならない。

……船乗りパイロット当人からすると何とも馬鹿馬鹿しい主張だ。他人平和のため、非暴力主義の正しさのために犠牲になれと言うわけだ。

船乗りパイロットは死にたくはない。しかしながら日本が戦乱に巻き込まれるということは間違いなく攻撃目標船乗りパイロットである自分たちである

船乗りパイロット日本で最も戦乱に近い民間人であり、ならばどういう結論に至るのか?と言えば輸送網を守るための軍拡なのだ

一種藁人形論法とも言える極端な例の絶対的非暴力主義者をたとえに出したが、左派流派平和主張には運輸業界に属する船乗りパイロット犠牲となってしま平和主義になりがちだということへ冷静に考えると気付くことがある。

左派軍拡主義日本という立地条件において絶対的に正しいのかはわからない。あらゆる主義主張は正しい面と間違っている面、それら両面が同時に存在してしまうのは常にあることであり絶対的に正しいとは言えないだろう。

このエントリ左派軍拡主義という日本へ居ないことになっている主義主張へ目を向けてもらい、あなた達の主義主張へ役立てて頂くために公開した。

2019-09-24

anond:20190924223228

悲惨な目に遭っていなければ政治的主張をする資格はないというのか!

2019-09-16

政治的主張

オリンピックに国の代表で参加する時点で、政治的主張の是非を問題にする意図がわからないのだが

建前や理想はどうであれ、「国の代表」に選出されることは、国威高揚の意図で利用されることは避けられないし

2019-09-07

自作品を発表したくない

ある方向の商業クリエイターをしている。

個人の名義で比較責任感のある作品を発表しなければならない時期が近づいていることに非常に焦りがある。

人の目に付くところにおいて作品を発表したくないという性分がある。

というか極力目立ちたくない。

クリエイター自分作品を多くの人に見てもらうことを喜ぶ人間が多いが、

作品を発表して、大勢の人にみてもらうことで「ちやほやしてもらえる」と素直に信じ込めるその気持ちがわからない。

子供の頃から自分が気に食わないと、実力行使で「制裁」が入る親の元で育った。

暴言はあまり気にならない。なぜならばそれはあくま言動からこちらが気にしなければ全く問題がない。

しかし、物理的に痛めつけたり制限をする行為散見されることには困った。

あるとき結構大きめな暴力にあった。理由しょうもないことであったが、

要するにプライドと沽券を傷つけたから、だということだ。

運がよかったので打ち身で済んだし、何の後遺症もなく元気に今過ごせている。

自分はこれを運がよかったと捉えていた。

警察等の介入する大事にならなくて良かった、ひきつづき、平穏無事な毎日が過ごせる、と。

もちろん、その暴力を振るった側は、まったく、社会から制裁されていない。

なぜならば目撃者当事者である我々が通報していないからだ。

それで当時はそれでいいと思ったのだけれど、

今になるとちょっと困っている部分がある。

全く反省していないのだ。要するに、悪いことをしたという自覚が全くない。

しろ、「暴力をちらつかせれば言うことを聞きやすくなる」ということを学習してしまった。

困ったことに、今でも時折その片鱗を見せる。

今では離れており、住所も電話番号も教えていないが、

たとえば、最近でも、電車の改札の前で、しがみついて改札に入るのを阻止されたりした。

振り払いはしたものの、例えばその際に勢い余って突き飛ばし相手怪我をさせたりしてしまったら、

から見たら悪者若いこちである

この生い立ちがどう反映されているかといえば、

今でも親の存在が完全に配慮し切れていない以上、作品の公開というものが非常に心理的億劫ものになる。

まり不特定多数の人の目に付く場所に公開をすると、彼らはお客様の一員になるので排除しきれない。

お客様」を受け入れるタイプリアルイベントの開催も、気持ち的には気後れしてしまう。

他人から言葉で」叩かれる分にはどうでもいいが、

物理的に叩かれる可能性は常に排除しておきたいと思ってしまう。

大半の人間は、少々作品表現が気に食わなかったからといって、物理的にボコボコにしてきたりはしないというのはわかっているのだが、

なにぶん、「そういう世界観」で刷り込まれてきてしまたからか、不必要に高めすぎた不特定多数他者への警戒心を下げることがあまりできない。

ちょっと主人公の苦難やつらい生い立ちを描いたところで、飯は抜かれないし、殴りかかってこられたりはしない。

それはわかっている。

だけれど、そういういいわけは通用しない。

自分にとって魅力的ではないもの、そして自分分身だと自慢できるようなもの以外のもの攻撃対象である

相手おかしいとか非難するのは簡単だし、精神病理になぞらえて状況を説明することもできる。

しかしそんなことは完全に無意味だ。

強者弱者かで言えば、僕は社会強者で親は僕よりは弱者だ。

から普通に考えて引き下がるべきは僕のほうなんだろう。

ご飯を食べるのは好きだし、身体自愛したい。

から作品の発表を取り下げたいとすら思ってしまう。

これは実の親以外についてはただの認知の歪みだということはわかっているが、

はいっても、実の親に関しては現在進行形事実である側面があるので、

完全に認知の歪みだから自己を開放するのも、それはそれで、警戒不足かという気はする。

気づきかもしれないが、僕は「明るく、楽しく、ハッピーで、政治的主張もないような」作風作家ではない。

皮肉も毒も混じってしまうし、それが強みでさえあってしまう。

かなり表現的に抑えてはいとはいえ自分見立てでは親を怒らせるのには十分の内容になっている。

もちろんポリティカルコネクトネスにも引っかからないし、具体的な政権や団体にまつわる政治批判もない。

多くの国や地域でむ問題とされるであろう、あくまで「健全な」作品の一つである

ここまでさんざん書いてきたが、とはいっても

こんな個人的な理由公表を控えるわけには行かないから、もちろん不特定多数の人の目に付くところにて発表はするのだろう。

それにしても、

自作品自分の名義で発表するということだけなのに、

どうしてこんなリスクを負わなければいけないんだろうなあと思うことはあるのだ。

2019-08-15

表現不自由

あるまとめ

https://togetter.com/li/1389648

その反応

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1389648


削除された言及

あいトリの問題については、本当に難しい。そもそももはや、こんな民度が低すぎる日本国内(あえて言っています)で「国際芸術祭」なんて開催できないということを証明してしまったようにも思う。

一言で言えば、格好悪い

政治的主張を込めた作品イベント作っておいて、それへの世間の反応について、「芸術」という殻に逃げ込むなら、創作なんぞ辞めちまえ

向いてないよ

もちろん、今回展示された作品を「作った人」は逃げてない

でも展示したアホが逃げてる

表現不自由が焦点で、それが含む主張の是非は問題にしていない、と

東はトンズラ知事責任転嫁津田涙目敗走

お前らが一番創作者に失礼だよ

けど、芸大で教えてるとかいう奴が、批判者を問題にした

な・ん・で・だ

民度が低いからどうしたよ

芸術の殻をかぶれば、人は寛大に何でも許さなきゃならんのか?


芸術行為を行うこと自体に対して、あるいは芸術作品を鑑賞することにおいて、自信を無くしたり、シニカルになったりしないでほしい

じゃねぇよ

その程度の覚悟しか無いやつが、政治的主張を絡めんじゃねぇよ

その程度の覚悟慰安婦に絡むなら、創作者が一番無礼

ズルは承知で先回りしていっておくと、この件については、私は正直ぜんぜん一貫していない(展覧会観てないせいもあるかもだけど、私自身、直接の関係者ではないけれども、やっぱり心理的不安定なのだ)ので、一貫性求めないでね。発言したこと責任は取らないということでは勿論ないけど。

いやいや、それで誰の民度批判するつもりだと・・・

2019-08-13

anond:20190813011841

からアートとは何かっていうのを突き詰めていったら、結局それに金を出す奴がいるかいないかしか残りゃしないだろ

政治的主張を含んでいようが、なんならそれが現代感覚からすれば必ずしも適切とは言えないとしても(まあこの辺は遡及的に断罪しようとするような流れもないではないね、気に入らない過去の人物の銅像撤去したがるリベラルさんとかさぁ)、

逆に一切何の主張もなかろうが、価値が高いと認められればアートとして扱われる

それであの像だかパフォーマンスかに身銭を切ろうとする金持ちなんかいるのかよ

どっかの弁護士も言ってたろ、文楽がそんなに大事ならお前が金出して見に行けってこった

2019-08-12

N国

いままで怪しい視線を送りつつもやんわりと支持してはいたが、さすがに擁護できなくなちゃったねぇ・・。

まあでも為政者は分けて考えるべきと思うんだよね。冷静にさ。

国民NHKのやり方に憤っている」という問題は、その根拠である放送法という立法から働きかけるしかないわけです。それは何年も前からそうです。

から政治からその国民需要を拾い上げて、なんとかしてやらなきゃならなかった。だれか今までそれをやった為政者がいたのかな?自分は知らないけども、居たとしても少なくとも「今回のような話題に上がるレベル」「NHK側がまじめに対処するレベル」にまでは来なかった訳でしょう。べつにN国党だけがNHK問題を取り組めるわけじゃないですからね、既存為政者国会議員だって取り組むことができたはずです本気を出せば。でもそれを誰もやってこなかった。

それが今回「NHKのやり方は問題だ」という政治的主張、問題提起が、これだけの国民の支持を得て議席まで獲得したわけです。

なので「国民NHK問題を深刻に感じている。議席を獲得するほどに」ということを為政者は重く受け止めなければならんわけです。

ただ当のN国党自体マジでワンイシューでほかのことを考えていないので、手段を選ばないので、ボロが出てきたのかな・・と。

他のことも考えているならばあのような事をしないはずですよねえ・・

まあある意味では正しいのですが。党名からして、決意表明からして、ワンイシューですし、有言実行ですね・・。手段を選ばない。どストレート

2019-08-10

からアートと言うなら金持ちが金を出せよと

アートと単なるプロパガンダ区別って結局そこしかないじゃない

例えばゲルニカにしてもピカソ共産党シンパだったというのは有名な話だし、あの絵に政治的主張あるかないかで言えば確かにあるだろう

ちなみに今ではゲルニカ空爆で死んだのは本当は250人もいなかったんじゃないかなんて話もある

それはともかく、ピカソの絵がアートであるかどうかを疑う人なんてまずいない

でもよくよく考えてみると、それは「ピカソの絵に今でも高値がついているから」という理由以外何があるんだろうね?

芸術的価値をカネでしか計れないのか! とか言われるかもしれないが、コンテキストがどうのこうのと理屈をこねくり回してみたところで、それを実際に身銭切って評価する人間がいなければ何も始まらない

というか、どっかの金持ち高値をつけさえすれば、落書きだろうが変なフィギュアだろうが、アートとして扱われるじゃないか

からさ、あの少女像だの肖像画だのを大枚叩いて買うような、酔狂リベラルを探すべきなんだよ

それだけで立派にアートとして成り立つんから

税金に頼るより確実だ

どっかの合気道の人とかさ、金有り余ってそうじゃない?

2019-08-06

anond:20190806195809

表現内容とか、是非は立場ごとに意見があるはずだけど、政治的主張云々よりある種の炎上商法だし、むしろ妨害によって表現不自由性を問いたかったんだろうなあと。

まあやり方はしょうもないしか言えない内容だが。展示ディレクターは、主張内容で批判されるべきっていうより、やり方の稚拙さによって批判されるべきだろうね。

物議かませりゃなんでもいいんだろって感じも表現不自由性を悪しくも体現しちゃってるわな。

政治的主張を含む展示には一切支出しない(政権寄りかどうかに関わらず)というのが綺麗なんじゃないの?

共産党政党助成金を受け取らない理屈に似てる感じだけど。

anond:20190806142846

いい加減「政治的偏り」と「ヘイト」は別だと理解して欲しい。

政治的中立性を求められる場(テレビ放送など)では「政治的偏り」はたしか問題だが、それ以外の場ではいくら偏ろうが問題にはならない。個人的な好悪とは別にしてね。

政治的偏り」が問題になるというのは、「多数派政治的主張」以外は犯罪になるということであって、そんな世界自由であるとは到底言えない。

構図としては「ヘイト」が「政治的偏り」を隠れ蓑にしている場面の方が多い。「政治的偏り」には当然「表現の自由」が適用されるからね。

ちなみに愛知のアレは…「ヘイト」ともまた違うと思う。津田個人に関しては「悪ふざけ」の域を出ないだろうし、まあ彼の主張が「ヘイト」と断じられようがどうでもいいんだけど。主催者作品製作者の主張はまた分けて考える必要があるので。

まず慰安婦像に関しては、普通に政治的偏り」であって「ヘイト」ではないでしょう。同意をするかどうかは別として。

それから天皇写真については、これは富山県立近代美術館絡みで色々背景があるらしいので、「過激」ではあっても「ヘイト」とは違うと思う。その過激さに悪感情を持つの人間として当然だとしても。また故人に名誉毀損適用されるかというと微妙だし、さら天皇には人権がない(これは日本国憲法システム上の仕様)のでさら微妙

2019-08-05

anond:20190805113641

意見対立の原因として、国際社会における慰安婦問題の扱われ方についての解釈の違いがある。両側の意見とも表現の自由原則に対する理解乖離していないように見える。(極端な人以外は)

慰安婦像は1つの政治的主張として解釈可能だ→表現の自由として保証されるべき

②現状、慰安婦問題国際的政争の具となっており、日本国益を不当に損ねる主張が含まれている→公共の福祉に反するため表現の自由保証されない

個人的には、②も理解はできるけど、「日本国益を損ねる主張か」は明確な判断基準がなく、拡大解釈できてしまうのが問題

慰安婦関連で、日本国際的にどういう立場にあるかということについて、知識解釈次第で結果が異なる。②を常識的主張と見るかどうか。

anond:20190805102354

表現の自由」は場所を選ばない自由でも居直る自由でもないんじゃね?

公的にやるには政治的主張そのまますぎて説得力がなさすぎたってだけで

どの場所でもやってはいけないなんて言い方してる人は稀でしょ

anond:20190805101922

いやでも

明らかに偏った政治的主張しかないもの

も守るのが表現の自由だし、

挑発

アートの基本だし…

津田擁護なんてしたくないけどねぇ。

表現不自由展はサヨの醜悪挑発展に改名したら

まぁ改名するまでもなくそうなってると思うけど。

明らかに偏った政治的主張しかないものを、芸術表現の自由を盾にして炎上狙いなんて

醜悪すぎて公費でやるようなものじゃない

芸術定義は難しいにしても、

どうみても偏ったただの政治的主張による挑発しかみえないものなら場所が選ばれるのは妥当

表現の自由なんて大きすぎる看板がなければ成り立たない程度のものなら

サヨの醜悪挑発展とでもしたほうが大きさも過不足なくて芸術性や説得力も多少はでるんじゃないの。

2019-08-03

anond:20190802233443

これとアニメアイコン

当人アクセサリー感覚なのかもしらんが、素行不良が過ぎるとキャラの印象が悪くなるので、特にレスバや過度な下ネタ政治的主張をしたい人は別のアイコンへの変更を考えて欲しい。

2019-07-28

anond:20190728144801

もはや選挙でどう行動したかは変えられない

他よりマシだから目をつぶる、6年間ヨロシクでもいいし

政治的主張を展開し続けるのもいいだろう

2019-07-19

anond:20190718110306

最近作品をよく知らないジジイたわごととして聞いてくれ。

政治漫画結構あるよ。

右だと、弘兼憲史加治隆介の議」とか、大下英治原作劇画とか。

左だと、白土三平サスケ」は未だに傑作。「美味しんぼ」も頻繁に政治的主張が述べられていた。安彦良和もそれなりに政治的。

アニメストーリーよりもキャラ重視だからレーニンとか毛沢東とかゲバラとかを美少女化した作品が出ると受けるかもしれない。

2019-07-18

「娯楽の世界政治を持ち込むと嫌悪される」は一般的に真だよ

なぜSCP財団が内部分裂してRCPなるサイトが生まれたのか。

なぜアニメ版さくら荘のペットな彼女」は原作おかゆを別の鍋に変えただけで炎上したのか。

なぜ斉藤和義自分の曲の替え歌投稿したら叩かれたのか。

なぜフジロックステージ上でのトークパフォーマンスが嫌がられたのか。

題材がそうでなかったら。

ただロゴが変わっただけだったら。ただおかゆ雑炊に変わっただけなら。ただの替え歌だったら。ただ愉快なトークしかなかったら。

いずれも、ああはならなかった。

一方で、ただ政治的な主張を行っただけであれば。

そこが娯楽の場でさえなければ、受け入れられた主張もあっただろう。

政治的な主張をするなとは一言も言わない。政治から切り離されたいとも思わない。

ただ、「その場では」というのがあるだろう。

その場にふさわしいテーマ、ふさわしくないテーマがあるだろう。

それがTPOというやつだし、空気を読むと言うやつでもある。別にクリエイター政治的主張をしたって一向に構わない。ただステージ上でそれをしてほしくないだけだ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん