「よしの」を含む日記 RSS

はてなキーワード: よしのとは

2020-08-09

anond:20200809230928

じゃあお前が知事やってくれよ

イソジンよしのりって誹謗中傷から気をつけろよ

anond:20200809230822

イソジンよしのりのやった事って下級国民だったらデマ社会を混乱させた罪で逮捕拘束されそうな発言だよ

2020-05-21

ダイマ総選挙

去年書いたコレ、読んでくれた人いるか

https://anond.hatelabo.jp/20190513132333

今年もやったから書く。

今回は2つに分かれていたのと中間投票がなかったことが原因で、ダイマされるアイドルバラけていて誰に勢いがあるのかまるで分からなかった。

そして廃課金票が強く票交換が有力な戦法になったからか、ダイマの数と順位が全く比例していない。

ダイマ重要性が去年に比べ格段に下がったのは残念だが、気を取り直してレビューしていきたい。

とりあえずボイス3位とCGの5位以内だ。



【ボイス】

桐生つかさ

ダイマ画像センスがいい。絵とセリフを切り張りしただけじゃない凝り方を感じる。背景とか文字フォントとか色とかも考えて手を掛けて作ってる感じがある。社長、いい広告部門持ってますね。

カード画像が使われているダイマが多かったのが特異なところ。さては3Dモデルに恵まれなかったのかと思いきやモデルも綺麗。どちらかというとカード画像作画に軍配が上がると判断されたのか。

・砂塚あきら

何故やたらとダイマデザインがいい。編集が凝ってる。そのまま渋谷に張ってあるポスターにできそうなダイマ画像もあった。これがインスタ映えか?Pは担当に似るのか?Pのご職業デザイナーで?

・辻野あかり

まりダイマを見掛けなかった印象。ニコ動でのあかりんごの歌ブームが強かったのか?どの層がぶっぱしたのか気になる。



CG

高垣楓

想定内ではあるが検索してもまるでダイマが見付からない。

選挙運動ゼロ万年上位のこの人、実質一位だろ。もう一度CGを取ろうとPの中でコンセンサスが取れたら確実にその年は勝つだろうな。面白そうだから来年あたりやってほしい。

神谷奈緒

上位五人の中で唯一全くの想定外だった人。

ダイマも少ないし、去年からずっと「加蓮がCGを取ればトラプリ全員をCGにという勢いで上がってくるだろう」という下馬評だったので加蓮CGの次の年から上がってくるだろうと思っていた。ダイマ観測していないので評価不可。

一ノ瀬志希

顔がいいのはやはり強い。カードスクショバリエーション豊富でどれも顔がやたらといい。そして今回は去年と違い内面押しも増えていた。

トップは加蓮と未央の一騎打ちだった去年、志希はとにかく顔がいいことを押してた記憶がある。でも今回はギフテッドとかケミカル押しをよく見掛けた。一位を狙うとなると顔だけじゃ足りないという意識がPに芽生えるのか。面白い。

鷺沢文香

顔がいいのはやはり強い。百万回言われてるだろうけど目が綺麗。カードでも3Dモデルでも、人をぱっと見て一番最初に見えるパーツが絶対に綺麗で目立つってそれだけでチート

引っ込み思案だった子が素直に努力してトップを目指す話、シンプル好感度高い…というか嫌いな人が少ないやつだな。

ダイマ自体はそこまで技巧的に目を惹くものもなかったが、素材がいいか無難にやればかなり美味しくなる。

北条加蓮

ダイマするPの層がバラたからか去年に比べて相対的に勢いは減った気はしたが、顔よしストーリーよし衣装よしの強さは相変わらず。Pもダイマ慣れしているのか単純に上手い。所感は去年とあまり変わらない。満を持して勝ち取った感。おめでとう!




【番外編~なんか面白かったやつ~】

ライラ

イオデの中で一番沢山ダイマ来た。去年のナタPを彷彿とさせる勢い。情報量がありつつも重くなく、スクショも多くて質がいい。正直3位には来るだろうと思ってたんだが。来年がんばれ!

・成宮由愛

投票画面で「ゆあ」で検索して出ねぇってキレてごめんな。なるみやゆめちゃんな、覚えた。バランスが取れてて見やすい、いいダイマが多かった。来年も頑張ってほしい。

・長富蓮美

トイレに行かない系昭和アイドルって時点で大ウケした。ダイマがどうではなくただひたすらに存在のものにウケてしまった。それだけ。

工藤

文字が多い。本当に多い。添付画像に細かい字がびっしり。今回来たダイマの長文トップ3は全部忍。そういう縛りでもあんのか。

と思ったらナゲットとかコナンとかで界隈荒れてたんだって?そういうネタとか微塵も流れて来なかったんだけどマジで一部の身内だけの流行だったんじゃねえの?

作画3Dモデルに恵まれなくてクソ真面目かギャグ全振りかしか選択肢がないの、正直同情する。

オタクの呟き

「『こいつにだけは投票しないで』っていう逆ダイマ募集したら闇が見えそう」的なツイ見て手叩いて笑った。是非やってくれ、というか来年やらせてくれ。捨て垢で。お題箱とか使って匿名募集したらおもろいの集まりそうじゃね?





以下分析あくま私見

【傾向】

全体の傾向で面白いと思ったやつ

・真面目にトップを狙う陣営内面を押してくる

典型的なのが先に述べた志希。文香もその傾向がある。逆にそこそこ上位には行きたいけどトップに行ける勝算はないと思っていると、顔がいいとか一番分かりやすい特徴の話をするとか単純なプレゼンが多くなる。

3Dモデルに恵まれるとMVスクショが多い

当然のことではあるが。

全身のスタイルがいいと引きのシーンが多いし、顔周りがいいとバストアップが多い。

それから、どの衣装何となく似合う人と一定衣装しか似合わない人もいる。送られてくるスクショがいつも同じ衣装の人、何故かと思って色々検索してみたら他の衣装が似合わなすぎることが判明した。

そして全くMVスクショが来ない人のMVスクショを探しに行くと理由を察してしまう。

カードの数には限界があるから、多様なダイマ可能かは3Dモデル衣装映えに恵まれるかが大きいと痛感した。



【全方位に悪手】

俺じゃなくても誰でもクソダイマ認定しそうな要素

フォント

クソフォントで送られると殺意湧く。明朝ゴシックどちらがいいかなんて高尚なことは言ってねえ、クソ細かい字で長文書く時にあめちゃんポップみたいなの使うなって言ってんだよクソ。

毒にも薬にもならないダイマは多々あれど、絶対こいつには投票しねえ圏外に落ちろクソがって思ったダイマはクソフォントのやつだけ。これだけはマジでやめろ。

・絵のチョイス

Rカードとかコミュ普通立ち絵をメインに据えるやつ、一言で言ってセンスがない。そもそも描き込み少なくて人を引っ張れる絵でもないし、しょっちゅう出てくるからにわかでも見覚えくらいあるんだよな。その絵で気になるほど好みならとっくに自分で調べてるしもう担当になってるんじゃねえの?見覚えある上でスルーしてる低クオ絵貼られても何のプラスにもならん。お前の担当の最高に可愛いハイレア絵かMVスクショを持って来い、話はそれからだ。

文章挽回できるかと思いきや絵のチョイスがダメダイマは何故か文もつまらないことがほとんどなんだよな。何でだろう。

・やる気なし

「誰々をよろしくお願いします!」

それだけ。意外といるそういう奴。何しに来たんだオメーは。帰れ。

名前だけ書いてくれって指定受けてるとか票数を人数で割るから数さえあればいい募集なら別にいい。だが普通ダイマくれって募集にそれはナメてる。マーケティングしろマーケティング。誰もダイマ義務だとは言ってねえんだからやる気ないならやらん方がマシ。返信する際にも困る。



【人を選ぶ要素】

俺はちょっとどうなのって思ったけど好きな人いるかもしれない要素

・エモ押し

いい話、泣ける話、シンデレラストーリー、この子は上位になることで今までの努力が報われるべき、って系統の話をここではエモいと言うことにする。

これ、俺は苦手なの多かった。人によるけど。エモさで押してくるダイマってオナニー感強いのが3割くらいある。マジでエモいのも多いから人によるけどな。

ダイマするPってさ、全員自分担当が最高にエモいと思ってやってんだよ、当たり前に。で、送られる側は「うちの担当の最高にエモい話」を何十人ぶんも読むんだよ。そりゃどうしても比べるよな。

個性的で強いエピ持ってる奴はいいんだけどさ。客観的にエモエピソードが弱い人が「昔は○○だったけど努力して~」みたいな話を押してると強エピアドル下位互換な印象しか持てねえんだわ。雑に言うと、シンデレラガール狙うようなアイドルのエモ押しダイマエモいことが多いけどボイス狙うようなアイドルのエモ押しダイマ寒いし重い。連絡先交換する程度の仲なのに唐突にクソ重い打ち明け話してくるブスを彷彿とさせて俺は無理。かなり私怨入ってるなこれ。

エモくないとは言わんが、要は外野から見ると「他のアイドルに打ち勝つ理由」にはならないんだよな。そこ自覚しないで担当エモいエモい言ってるダイマオナニー感が強くてちょっち引く。

ギャップ押し

他の奴がどう思うかは知らんが俺は好きじゃない。特にクールキャラのデレ顔とか媚び媚びの格好押してくる奴等。

ギャップがあるのは分かる、そこが好きなのも分かる。分かるが、外野からすると似合ってないんだよな。

例えばクールキャラはキリッとしてるところ、可愛いキャラは笑ってるところが一番いい見た目してんだよ。そのイメージと離れて自他共にギャップだと言われるような顔や格好は基本似合ってないんだよ。仮に似合ってても普通イメージ通りのには劣る。それが良く見えるのは、担当担当から何やってても好き、いつも○○な誰々のこんなところが見られて嬉しい、この性格過去があってこの行動してる誰々がエモい、とかいったバイアスがかかってるから

そういうビジュアルを一番の売り込みポイントとして最初に見せられたら「ブスかよ…………」って第一印象になるのは仕方なくないか

とりあえずギャップ前の最高に似合ってるやつで押して、それで最後にちらっと「ギャップもあります、実はこういう側面もあるんです」って付け足すくらいのバランスでいいと思う。俺は。ギャップ萌えな奴がどう思うかは知らんからこれはマジでただの私見

・外部リンク

俺は見たけど送られても見ない奴多いんじゃないか

こんなんやってても、というか好き好んでこんなんやってるからこそ超真面目に読んでんだよ俺は。勧められたタグも、URLが張られたモーメントも、ニコ動やらnoteやらの外部リンクも、全部目を通したんだよ。でもな、けっこう疲れる。ダイマ20とか30のうちは外部リンクも楽しく読める、けど100越えるともうやる気ゼロ

個人的には動画なら比較的気楽にリンク飛ぶな。どれも凝ってて面白いし。ツイ動画にしてくれたほうが嬉しくはあるけどツイ動画には時間制限あるからまあ仕方ない。

noteやらモーメントやらの文章ダルいから勘弁してくれ。それを初心者向けにまとめたやつを知りたいんだよこっちは。でも言うて「ダイマを聞いて気になったらこちらもどうぞ」ってリンクくれる人が多かったかダイマくれた人は悪くない、律儀に全部読んだ俺が悪かった。

ダイマは凄い数来るぶん、外部リンクに飛ぶ一手間が送る側が思ってるよりずっと大きいんだよ。絶対見てほしいなら、ニコ動じゃなくてツイ動画にしてnoteじゃなくて添付画像で収めるべき。ダイマしたうえで「興味を持ったらこちらにも」ってリンク誘導はいいと思うが、外部リンクに丸投げはただ面倒。ちなみに外部リンクじゃなくても10連リプツリー投げてくるやつとかも極稀にいる、言うまでもなく論外。

逆に「誰々と誰々のダイマください」みたいな件数が絞られるやつには効果的かもな。コンテンツ自体としては外部リンク楽しいんだ、量が多すぎて疲れるだけで。


【好印象な要素】

俺は好き。全員が好きとは限らないけど。

画像加工

凝ってるのいいよな。スクショの余白に文字入れるだけで単純に情報量ダンチ。それと画像拡大して見てるときTwitter本文見れないから、画像に一緒に文字が入ってたほうが情報が入りやすくなる。加工するときスクショを縮小して空白を作って文字入れるよりもスクショの余白に文字入れるか人だけ切り取ったほうがいいと思う。何故なら可愛い女の子は大きく写ってるほうがいいから。

でも「この子可愛いです!(厳選スクショ4枚)」みたいなダイマに関してはまったくもってこの限りではない。そういうダイマも好き。

・Pが楽しそう

ダイマに限らず雰囲気とかリプRTの流れとか含めて、総選挙義務感持ってるような界隈よりも楽しそうにやってる界隈のほうが端から見てて楽しいし勝たせたくなるよな、当たり前だけど。

愚痴とか総選挙ストレスがどうとかずっと言ってると普通に怖いし、あんまりストイック選挙ガチしてると「こいつは担当が好きなのか戦争が好きなのか…?」ってなって引く。

・同一人物ダイマがたくさん来る

人間、やっぱ勝ち馬に乗りたいもんだよ。同じくらいの好感度だったら勝ちそうな方に入れるという意味でもあるし、入れたからには勝って欲しいという意味でもある。

特に今回は中間発表がなかったから誰が勝ちそうか分からない。そんな中で勝ち馬に見せるためにはやっぱり物量作戦が効く。

情報量多い系のダイマはもういっぱい来てると思うので私は可愛いスクショを載せます」って短文でスクショたくさん載せてくる人は需給を把握してて上手いと思った。凝ったダイマにしなくていいか画像加工スキル文章力もいらないし、ダイマ作れないからと尻込みしてた層がこれで追撃するだけでだいぶ印象操作できる気がする。

相手担当と絡ませる

相手担当と一緒に映ってるスクショかいくらでも作れるMV機能、非常に優秀。

ただし興味ない人と担当をくっつけられてイラッとする人がいないとは限らないので、相手担当が分かってて「誰々可愛い、気になる」等言われた場合のみにしておいたほうが無難ではある。




なんだかんだ書いたが、まあ好きなようにダイマしても損は出ないからやりたいようにやればいいと思うよ。だってマイナス票ってないだろ、せいぜいゼロ票がゼロ票のままでコピペ画像貼り付ける些細な労力が無駄になるだけ。

興味持てないダイマが来てもそのアイドルをわざわざ嫌いになるほど負の感情は持たないし、別の人による良いダイマを見ればそっちの印象に上書きされる。それにいくらダイマが上手くたってそもそも顔とか性格が嫌いなタイプの人には票入れないからもうその辺りは運。

そもそも今回は残念なことにダイマ票が大した影響力を持っていない。

から反省会とかしてる真面目なPにはそんな思い詰めるなよと言いたい。


ただしクソフォントだけは絶許。アイドルに非はないが未来永劫クソフォントアイドルに票を入れることはない。永久に圏外で消えてろクソが。読まなきゃいいと言われればそうだが、来たダイマを真面目に読む義理堅い人ほどヘイトが貯まる仕様なのもクソだろ。

クソフォント長文だけはやめとけ、これだけは本当に頼む。だからといって対抗馬のPを偽装してクソフォントダイマ送るとかいう戦法を編み出してもいけないぞ。





言い訳、というつもりもないが一応。

俺は愉快犯だ。思い入れがあるアイドルもいないし総選挙に狂うPの所行はエンタメだ。

何でこんなことやってるのかというと、なんとなく好印象、なんとなく悪印象、っていう自分感情理由分析して文章化するのが好きなだけ。要はただの趣味

それと暇なんだよ今。だからこの文に質問とか反論とかあれば喜んで答えるぞ。

閑話休題

でも楽しんだ分筋は通したつもりだ。ダイマ見て気に入ったアイドルとかダイマのもの面白かったやつにちゃん投票はした。

まあ無課金票だからシンデレラもボイスもそれぞれ1000ないくらいだけど。




まり、なんだ、今年も面白いもん見せてくれてありがとな。来年も頼むぞデレマスP。

2020-05-09

プリンセススイートTVおかし

プリンセススイートTVについて。

うちの子どもが大好きで、一緒にいる分もう結構な量の動画を観てきたんだけど、この2年くらいで傾向が大きく変化してる。プリ姫は、家族で出演してワイワイするタイプファミリーYouTuberチャンネルなんだけど、個人的な予想では、離婚たかママ重篤病気罹患していると思う。ただ、このチャンネルはあまり説明をしないので、いち視聴者としては非常にモヤモヤしている。モヤモヤを吐き出したく、個人的考察を残す。時系列が必ずしも正しいかからないが、私の記憶を頼りに記していく。

変化のきっかけは「もとちゃん」のファミリー加入。2018年くらいだったと思う。20代後半くらい?の爽やかイケメン男性で、歌のお兄さんのような明るい立ち振る舞いをする。実際歌手活動を行なっており歌えるし、筋トレもやっているようで細マッチョ無人島サバイバル出来そうな知識も持ってるし、頼り甲斐があって、顔よし体よし性格よしの万能タイプだった。

この新規加入は、チャンネルの幅を広げる狙いだったのだろう。実際、動けるお兄さんが入ったことで、話の流れを先導したり子ども達をフォローしたりという動きが生まれて、その効果はあったように思う。

もとちゃんの加入あたりから、まずパパの出演が減った。毎日アップされる動画は主にパパが編集しており、それまでの動画内でも「編集などで忙しい」と度々ぼやいていた。もとちゃんを入れてパパが編集に注力できるようにするのも狙いだったのだろう。

次に姫ちゃん(長女)の出演も減った。彼女中学生になっていたので、学校部活動など忙しくなったのかもしれない。ここの理由はあまり定かでない。

そのうち、ママ・おうくん(長男)・もとちゃん旅行動画が出てくるようになる。パパと姫ちゃんの同行はない。それって夫婦的に大丈夫なのか?!とも思うが、姫ちゃん学校あって旅行に行けなかったら、まあ動画編集もあるしパパは残るのも致し方ない…か…?国内に留まら海外にも行っていた。

他に気になるものとして、もとちゃんと同世代くらいの男性が何名か出てくるようになった。俳優業もやるようなイケメンと、コメディ担当のような若者、計6名ほどだろうか。女性はいない。この若者達が出る動画姫ちゃんが出てくることはほぼ無く、いてもおうくん。若者ママだけのものもあり、その時はママ女王様のように振る舞う瞬間が度々見られる。ママ若者達に自分の衛兵になれと命じ、ママの良いところを順番に言えと指示した時は、見ていて気持ちの良いものではなかった。ママ若者に囲まれてはしゃいでいるように感じた。

プリ姫は登録者100万人を超える人気チャンネルで、ママはその主導権を握っていた。若者達は恐らく出演させてもらっている立場であっただろうと想像している。

そして2019年(厳密には2018年末ごろ?)、プリ姫はまた舵を切る。姉妹チャンネルを2本立ち上げた。

ひとつ姫ちゃん個人チャンネル。プリ姫では出来なかった、姫ちゃんがやりたいことに挑戦する、というコンセプトだ。こちらのチャンネルはパパと二人三脚で取り組むという。最初姫ちゃん自作人形劇などやっていたが、普通にプリ姫側でアップしても良さそうな内容ばかりだった。今ではほぼゲーム実況投稿チャンネルと化している。普通におうくんも出るし、主チャンネルとの差異は薄く感じる。

もうひとつは、もとちゃん若者達だけの動画。「プリ姫クラスター」というチャンネルで、プリ姫の看板は背負っているものの、もとちゃん以外のファミリーの参加は無い。内容もプリ姫に絡むわけでもなく、「やってみた」系の動画のようだ。私はあいにくこちらのチャンネルはあまり視聴していない。

この頃になると、ママはもとちゃんかおうくんとしか共演がなくなっていた。正直この時のおうくんはどこかぎこちなく、パパや姫ちゃんとの共演時はのびのびいつも通りの様子に見える。

そして、同じくらいの時期に転居したようだ。いつも撮影していた自宅でもなく、撮影スタジオでもない場所が出てくるようになる。のちに新しい家具搬入する動画が上がり、新居だと分かった。家の中を走り回る動画もあるが、見たところこの新居にママの影はない。別居が始まった。

服装も変わった。これまで、ファミリー動画ごとに、徹底して全員同じ色の服装統一していた。姫ちゃんもおうくんもパパももちゃんも、動画の内容に合わせてピンク、青、緑…。特に姫ちゃんは常にドレスで、ポニーテールリボンお姫様だったわけだ。

ところが、ママの共演が無くなったあたりからラフ私服になり、髪型も決まったかたちはなくなった。

そして2020年2月ひとつ事件が起こる。加藤紗里がもとちゃんと付き合っていたことをうっかり暴露したのだ。

実はもとちゃんがプリ姫に加入した時の設定では、もとちゃんは異国の王子で、姫ちゃんの元フィアンセとしていた。もとちゃんが国を追われたところを、姫ちゃんが迎え入れてあげた、という程だ。その関係なのか、もとちゃん恋愛禁止令がしかれていたらしい。

もとちゃん本人は以前の交際を認めたものの、プリ姫の活動時期とは被らないと主張。しかし最終的にもとちゃんファミリーから外されることとなった。

そしてもとちゃんの出演した動画は全て削除されてしまった。若者達とのものも含め、私がこれまで書いてきた事象の多くは、もう動画がなく事実確認ができない。純粋に良い出来の動画もあっただけに、残念なことだ。

また、この脱退に至ったことについて、最近までプリ姫公式ブログ記載されていたが、それさえも消されてしまった。

サブチャンネルのプリ姫クラスターは、クラスターDXと名を変え、新たなスタートを切った。

もとちゃんがいなくなった今、ママはもう出演がない。動画内でも、不自然なくらいママ話題は出ない。ママという単語すら出てこない。

パパが率先して頑張っている様子が見て取れる。自分動画を切り盛りするんだと、懸命に振る舞っているようだ。今まではファミリー撮影編集もしていたが、第三者カメラを持っている場面も見られるようになった。

2020年3月までは、公式ブログママ運営しており、動画とは関係ないママ雑談が多かった。食事に行ったとか、手相がどうとか、こだわりの香水とか。

ところがそのブログさえ、4月からパパの運営に切り替わった。トップ記載されていた「子ども達はミルクなし完全母乳で育て上げた」とか、明らかにママ目線メンバー紹介も、消されてしまった。

ここまでが、最近までの流れである

他人の家庭に首を突っ込むのは野暮だと分かってはいるが、プリ姫はもはや芸能活動に近い。芸能事務所所属して、オリジナルソングやグッズ販売を展開し、舞台もやった。

ママももちゃんもそれらに深く関わった主要メンバーなのに、何の説明もなくいなくなると勘ぐりたくもなる。

オンラインサロン登録者なら、何か分かるんだろうか?

2019年12月ブログに、ママ意味深文章がある。

ママはずっと姫ちゃんおうくんの味方だよ」

「忘れないで」

「これから応援しています

すでに子ども達と物理的に距離があるように感じる。

以前からママは持病があることも示唆していた。元気に過ごしていることを祈る。

2020-05-08

スピリタス買占めたけど収束によりお困りの方へ

国産無農薬レモン黄色い表皮だけ剥いて漬けとけばレモンチェッロっていうレモンリキュール自作できるよ!

レモン7個分位の皮を1週間漬けて、スピリタスが濃い黄色になったら出来上がり。

砂糖水と混ぜて寝かせれば、ストロングチューハイ原液完成。

ソーダ割がおすすめ

スピリタスは飲んでよし、吹いてよし、漬けてよし、拭いてよしの万能酒じゃ。

2020-04-11

anond:20200411204842

マスクしたまま顔をそむけてお持ち帰りにしろ

いつも通りだろ

 

(ってかあいてんのかな、よしのや)

2020-02-17

ウォーズマン

どうやって勝ったか

忘れた

田舎吉野家がなくて

意味不明だったが。

よしのけ やし

みたいな。

2020-01-28

普通に考えれば営業妨害だわな

高田よしの香川県議会議員ゲーム時間規制になった件に関し「『企業活動への妨害』にも受け取られかねないことからガチャ規制など具体的に書けず、腰砕けになってしまいました。」

https://togetter.com/li/1461033

草。

初めの段階でゲーム依存課金問題を一緒にした時点で間違いだし、そもそもゲーム依存自体疑似科学産物しか言えない代物だったからね。

それとまとめ読んでいて、この一件オタク表現の自由戦士と言われる人はおろか、あの無能な「ヨ」の奴すら、まだまともな事を言い出している辺り、この条例の闇の深さしか感じないよね。

マジであいつが少しはまともな事を言い出しているのが笑える。

しか民国ヤドン県議発言の後、玉木議員が動いた様に社民みずぽは何かしらリアクションしないと場合によってはこれ国政の選挙にも影響が出かねない所まで来ていると思うのだけどね。

香川に続いてどうやら北海道大分でもあの手の推進派は動こうとしているみたいだしな。

どうせ大方あの連中のロビーの結果だろうけど。

健全だの性的だの書いているし。

2019-12-21

10年振りにワイドFM聞きたくってipod nanoを聞いたら

菊地なるよしの電波とか堀江由衣とか大野雄二とか、いいやついっぱい入っててたまらんね。

2019-10-19

[番外編]ラグビーW杯 準々決勝 日本 vs 南アフリカ プレビュー

1週間のご無沙汰、レビュー増田(ありがたく名乗ることにした)です。

------

これがポストされる19日は、イングランド×オーストラリアニュージーランド×アイルランドという非常に興味深い対戦が行われ、レビューのしがいがあることは間違い無いのだが、実は増田はこの1週間、所用で日本におらず、帰国日がまさに19日の夜になる。

なので、これらの対戦をレビューしてポストする頃には、日本×南アという大一番に皆が集中していることになるだろう。

------

そこで、今回は番外編として、前回の日本×スコットランド戦でも触れたように、増田マレー半島北上しながらボーッと考えた南ア日本が取りうる選択肢展望について触れ、プレビューとしたい。

プレビュー分析すると良いのが、「双方や一方の戦略戦術機能せず、パッと見で凡戦や圧勝劇なったとしても、そこに遂行にまつわるドラマを感じることができる」という所だ。

------

このプレビューで、みんなが事前に自分なりの注目ポイントを見つけることができ、より楽しく観戦できれば最高の喜びだ。

因みに前回のレビュー羽田空港外国人に囲まれながら試合を観戦し、翌朝クアラルンプールからポストした。

------

4年前のW杯アップセットを演じ、今回も驚異的な戦績でプールAを突破した日本だが、直前のテストマッチの結果が示すように、地力南アには及ばないのは間違いない。

10回やって6回勝てる相手なら地力で優っているとも言えるだろうが。

NZ地元紙が予想した日本勝率24%というのは妥当とも言えるし、むしろ好意的だとも増田は思う。

------

まずもっての所、ノックアウトランド勝ち点制でないので、すべての国が点数の大半をペナルティーゴールであげるような「堅い」展開になりやすい。

南アフィジカルを盾にしたディフェンシブでセットプレー中心のぶつ切りラグビーを得意とする国で、そういったゲーム大好物だ。

------

また、それは現在メンバーにも現れており、司令塔、SOのハンドレ・ポラード地元南アスーパーラグビーチーム、ブルズで正にそういうゲームタクトを振っている。

ここで出てくるのが、ツーブロックなのかモヒカンなのか微妙髪型の控えSOエルトン・ヤンチースであれば、小柄ながら強気プレーでもって鳴らすSHファフ・デクラークとの連携ボールを回すオープンな展開になるのだろうが、初期代表チームでこのコンビの結果が出なかったため、ポラードの固定となった。

------

その後、南アはでかい身体ですぐキレるLOエベン・エツベスや、大会最高クラス長身で掴み合いになると笑顔になるのが怖いLO RGスナイマン、一転してナイスガイオーラが滲み出る大男FLピーター・ステュフ・デュトイ、怖いとかナイスガイとかもうそういう話じゃなくてプレー身体も顔もなんかサイボーグっぽいHOマルコム・マークス、そんな中でどこか哲学者のような雰囲気を漂わせるキャプテンFLシア・コリシなどのFWが中心となった堅いラグビーを基本としながら、「ポケットロケットWTBチェスリン・コルビや、海外中継などだと「マッピンッピ!」と独特のアクセント名前を呼ばれる俊足WTBマカゾレ・マピンピ、直前のテストマッチ連続トライを挙げたワンダーボーイSHハーシェルヤンチース(本日2回目のヤンチース)などを加え、身体をぶつけてよし、走ってよしの非常に攻略しづらいチームになってしまった。

因みにシア・コリシは極貧の身からラグビーのし上がり、功なり名を遂げると、幼い頃に生き別れになった腹違いの妹を自力で探し出し、非常に煩雑な法的手続きを経て養女として迎え、共に暮らしているという。

知的人物として知られ、FW戦には付き物のジャッジ解釈をめぐるレフェリーとのコミニュケーションバッチリだ。

------

おそらく南ア戦略ファーストチョイスは、ここ一番の時にオールブラックスさえ封じ込めるやり方、ハイパントを上げて着地点の競り合いやキャッチ後の攻防で直線的にドカンカン身体を打つけ、ボールを前に落とすノックオンからスクラムを狙ったり、ボール争奪戦で時に頭を突っ込み、時に圧力をかけて日本規律を崩してペナルティー獲得を狙うというものになるのではないかと思う。

------

マイボールスクラムになったらまた直線的に走ってスクラム脇を急襲し、身体を打つけて1コマ前に戻る。

接点の圧力対応するため日本が人数を集めれば、さあ外のスペースに展開だ。

強力なランナーがいる。

------

もっと良いことにペナルティーを獲得した場合、素直にペナルティーゴールで3点を狙うか、タッチキック前進してトライを狙うかは考えどころだ。

タッチ前進したあとの狙いは、立っての密集、ドライビングモールとなる。

日本は今大会スクラムになかなかの強さを見せるが、モールは止め切れていると言い難く、フィジカル絶対の自信を持つ南アが3点で満足せず、これを狙ってくる確率は高いとみる。

------

日本としてはこの展開になりたくない。

なので、アイルランド戦やスコットランド戦で見せた、「ボールキープして攻撃時間を使う」という戦術が考えられる。

------

しかし、ここで問題になるのが日程と経験値だ。

今回、南アは十分な休養日があり、たとえ守り通しの展開になっても、体力切れは起こしづらい。

それに、地上戦身体をぶつけ続けると、その衝撃で消耗してしまい、日本の方が先に体力切れになってしま可能性がある。

キープするならどのタイミングで繰り出すかが悩みどころとなる。

------

さらに悪いことに、南アの多くのプレイヤー日本の早さや多彩な攻撃、意外と侮れないフィジカルの強さなどを「感覚的に」知っている。

これは日本代表クローンチーム、サンウルブズスーパーラグビーに参戦して数年来南アのチームと対戦し続けているのと、南アの多くのプレーヤーがジャパンラグビートップリーグプレーしているためで、お互いに顔見知りの選手も居るくらいだ。

------

そこで考えられるのが、サモア戦で日本がとった、「ボール相手の背後に蹴って背走させ、身体接触を避けながら前進し、走力を削る」というやり方なのだが、これも蹴ってしまう事には変わりないので、相手が充分なところに蹴ると、正に相手好みの展開の呼び水となってしまう。

------

大会日本ディフェンスはよく機能しているが、国際的日本評価は「恐ろしく早いテンポの多彩で素晴らしい攻撃と、脆弱守備を併せ持つ、『よく取るけどよく取られるチーム』」というもので、増田から見てもそういうチームであって、できれば守勢には回りたくない。

------

南アが唯一対応に後手を踏む可能性があるのは、ボールがあっちに行ったりこっちに行ったり、攻守の交代が目まぐるしくなる「アンストラクチャーラグビー」の展開だが、その起点がハイパントだったりすると巨人揃いの南ア空中戦で競り勝たないといけない、ということになる。

ハイパントキャッチが「当たりの日」じゃなかったら果たしてどうやってここまで持ち込む?

アンストラクチャーのもう一つの起点は相手が持ち込んだ密集、ラックボールを無理やり引っこ抜いたり、激しいタックルで落球を誘い、有利状況の反則流し(アドバンテージ)で相手が攻めから守りへ切り替えられないうちに走り抜けるというやり方だ。

こうなってくると姫野やリーチ大阪弁第二外国語のトモさん(トンプソンルーク)に頑張ってもらうしかない。

エツベスがまたキレるかも、とか考えてる場合ではない。

というか、むしろソレについて考えなければいけないのはシア・コリシの方で、大体において宥めてしまうので期待薄だ。

あとデクラークも小さい身体で掴み合いには一歩も引かず、何だったら自分から掴みに行く勢いなので、危なっかしい事この上ない。

シア・コリシの胃壁の強さには感嘆するばかりだ。

あ、マルコム・マークスは大丈夫。彼は多分そういうの超越してる。

まあそれは良いや。

------

日本はこれらの考えられる展開の中で、今まで挙げた戦術を切り替えて勝利の緒を探すかもしれない。

------

ランキング1位だったアイルランドと5位だったスコットランドを倒したからいけるっしょ、と思いたくもなるが、このように概観した上で考えると、相性で見たところはそれら2チームより遥かに悪いのが現状ではないだろうか。

日本は相性最悪の強敵を前に、わずかな隙間に手を突っ込んで勝利へのドアをこじ開けるプランを見つけなければいけない。

------

注目は最初の15分に日本ボールを持った時に蹴るか・キープするか、その後さりげなく戦術が変わっていないか前後半で戦術修正が入るかというプランのところと、地上の密集・ラックでどちらが優位に立つか、ファーストスクラムがどちら優位になるか、エラーや反則の数が時間と共にどう増減するかという遂行のところだと思う。

みんなはここを見てみてほしい。

------

果たして試合は4年前の再現となるか、4年越しのリベンジとなるか。

増田普段序文で書く話を今書いてしまったので、レビューで何を書こうか、ちょっと不安だ。

------

あ、あと日テレの実況が酷いという意見散見されるが、以前はラグビー界の松木安太郎にならんとして感情爆発実況をしていた元代表とか「いや、展開の複雑なラグビーでそれはちょっと」みたいなのもあったんだから、それを踏まえた上で、今回、数年来みずから映像編集してまでミニ番組Youtube配信ラグビー普及に尽力してきた日テレ安村アナはなかなかい仕事をしている思うぞ。

anond:20191014075520

2019-07-23

プロローグ

授業おわりのチャイムで目が覚めた私は日直の「起立」の声にあくびをしながら立ち上がった

なにやら視線を感じてふと横を見ると隣の席の吉野は引きつった顔で、後ろの渡辺はニヤニヤしながら私の下半身を見つめていた

しまった、所謂朝立ちという現象を見られてしまった私は「礼、着席!」という日直の声に体を従えていた

元木くん、やらしい夢でも見てたの〜?」着席した私に渡辺が問いかける

あわあわしながら隣の吉野を見ると顔を真っ赤にして俯いている

「あー、よしのっち恥ずかしがってるじゃん。セクハラだよ〜それ」

「う、うるさい!なんでお前はそんなに冷静なんだよ!」

「うち弟2人の面倒見てきたし朝立ちくらい毎日見てるから〜」

吉野はまだ俯いて机に置かれたノートを読むフリをしているが、その焦点は左右に揺れ定まらない

「ごめん、吉野。おれまだクセが抜けなくて…」

沈黙。未だ上を向く下半身に心で叱責の言葉を浴びせながら返事を待つ私

ゆっくり吉野の顔が正面の黒板を向き少しづつ弧を描き私の方を向く

元木くん、みみみ、見せて!」

突然の言葉言葉を無くす私と渡辺であった

過去1】

高校受験ではなるべく家に近い高校を、という単純明解理由で選んだ南高

変わったことがあると言えば男子高校という点である

廊下ロッカーにはタバコアダルトな本が蔓延休み時間の度にトレードがなされ、教師摘発に逃げる生徒とケツ持ちの助けを求める者の悲鳴が響く混沌とした空間がそこにはあった

授業の大半は開始早々に夢の中である。授業終わりの起立の号令に夢うつつクラスメイトも目を覚まして立ち上がる

そしてテントと化したお互いの下半身を笑い合う日常がそこにはあった

テントの大きさに自信のあった私は半ば下半身を突き出す格好で礼をしていたもの

そんなある日のことである。親の離婚を機に私と妹は転校することになる

新しい学校は共学で転校初日に空いてる席に着き、隣になったのが吉野渡辺だった

【そして現在

男子時代の習慣が抜けずに起こった事故であった 。渡辺が言う

「見せてって急だよ〜。男子って大変だよね〜。前屈みになってる子を見るとちょっとかわいく見えちゃうよ」

その言葉反論する私

女子だっで濡れ濡れじゃん。やらしいもの見たら濡れ濡れじゃん

2019-07-15

明るい廃墟ことピエリ守山、今度はキャラ全滅

2008年9月豪華客船を模した外観の琵琶湖クルージングモールピエリ守山オープンイメージキャラクターは、げんごろうぶなの「ゲンゴ」、あゆの「アユ」、びわこ大ナマズ海賊船船長ナズ船長」、ほとどじょうの「ジョー」、ピエリ号の船長キャプテンP」、びわよしのぼりの「ヨッシー」、けいそうの「ケイ」、わたかの「ワカ」、あかざの「アカザブロー」からなる「ピエリ・オールスターズ」で、オープニングセレモニーに実際に登場したのは「ゲンゴ」「アユ」「ナズ船長」。
2010年3月ナズ船長@ピエリ守山ツイッター開始。語尾は「ゾ」。
2013年ピエリ守山、徐々に廃墟化。イメージキャラも登場しなくなる。
2013年8月ナズ船長ツイッター休止。
2014年2月ピエリ守山営業休止。
2014年3月ナズ船長ツイッターパスワードがpierimoriyamaと単純だったため、勝手高校生が乗っ取ってつぶやきだす。
2014年10月ハチャメチャな「アユ@脱・廃キャラ活動中」と、でRが口癖の「ナズマ@ワシがホンモノ」がツイッター開始。
2014年10月旧・ナズ船長ツイッターなりすましだったと明かす。
2014年12月Nスタが「ゲンゴ」「アユ」「ナズ船長」の復活を報じるも、「ゲンゴ」はピエリから逃げる。
2014年12月きれいな衣装になった「アユちゃん」と、ちょい悪ファッションの「ナズ船長あらため「ナズマ館長」お披露目。
2014年12月ピエリ守山、復活リニューアルオープン
2015年1月ゲスい人事課の「城門司 公望」ツイッター開始。アユちゃんとのやりとりが人気に。
2015年2月マツコ・デラックスそっくりな「バスコ」、ひそかにツイッター開始。ウ○コつぶやくなど下品な一方、人生相談にも乗る。
2015年2月バスコ」お披露目。
2015年11月マツコ&有吉の怒り新党で、マツコにバスコの存在がバレる。
2015年11月「城門司 公望」「バスコ」がピエリから逃げる。
2019年7月ピエリ守山のウェブサイトで「ナズマ館長」「アユちゃん」の館内巡回2019年7月を以て休止することを発表。

2019-07-12

anond:20190712095526

お前のことがすきや

決心つくまでまつや

なかなか、うー

一緒にはよしのうや

2019-06-20

いせよしのポスターあぶり出しているのはお前らの差別意識

ハーフの子を産みたい方に」への反応


ハーフもの扱いしている

→してない。「どうせハーフの子なんて産むやつは子供人形か何かだと思ってるんだ」というお前らの差別偏見あぶり出されている。

白人の子に限るんだろ

→どこにも書いてない。「有色人種着物を好むはずがない」「日本人より優れた人種白人だけなのだから劣等人種結婚したい女などいるわけない」という差別根底にある。ダルビッシュサニブラウンみたいな子が欲しい女性普通にいるだろ。認識が古いのはお前らだ。

外国人着物女性を好まない

→「外国人着物女性を好む」という言説が偏見なら「好まない」という言説もまた偏見なのだ

人種外国人を好むのは差別

外国への憧れを無視している上、外国人を避けて日本人を選んで結婚するのを非難せずに、日本人を避けて外国人を選んで結婚するのを非難することこそ差別対応といえる。


着物を着ると、扉がすべて自動ドアになる」への反応


男性差別

→「動きにくい格好をしてる女だろうが、俺は扉を開けてやらない、これが真の平等」だと主張されるのは自由です。

女性差別

→「女だからといってわざわざ扉を開けるのは侮辱だ」と主張するのも自由です。


ナンパしてくる人は減る。ナンパしてくる人の年収は上がる」への反応


男性差別

→この広告は「年収の低い人のナンパは減って欲しい」と主張しているので「低年収男性への差別である」という点については妥当。ただし低年収男性差別してはならないというのは一般的な主張ではない。

女性差別

→「女性ナンパするのは女性を軽く見ている、差別だ、人権侵害だ」っていうのは言い過ぎだと思うよ。寧ろ昔はナンパされる女性が慎みがないと言って非難されたのだが、女性人権意識の向上と共にナンパに応じたというだけでは差別されなくなった。


全体として見られる意見


着物を着ている女性への偏見助長する

→元々着物を着ている女性に(保守的だ、気取っている)などといった偏見を持っているからそういうことを言うのでは?

着物への侮辱

→「偉大なる日本の伝統衣装である着物を着る人間清廉潔白な心を持っていなければならない」というのは偏見西欧文化洋服)への差別しかない。

着物で大股歩きするのは間違ってる

女性差別典型例。もしそうなのであれば着物女性自由な動きを制限する差別的な衣装ということになるし、実際そのように機能してきた時代もある(それは女性の権利が高まった大正時代着物が廃れた直接原因ともなった)。現代価値観において着物女性の動きを制限することはない(お上品に歩くのももちろん自由である)。このような差別的な意識こそ、下品広告よりも先に廃絶されなければならない。

銀座いせよしのポスター批判してる人の一部は論理的でない

ハーフの子を産みたい方に(当社の着物を買うことを勧めます)」

ってキャッチコピー

着物を買う女は皆ハーフの子を産みたい」

って変換して批判してる人、論理学理解がなさすぎてヤバすぎだと思う。


「ある~が存在して〇〇」

と「全ての~は〇〇」

が全く区別がついてない。


あの広告への批判は「下品」の一点であって「差別」ではあり得ない。

(新興の着物屋であり着物下品ものにすることはある種の広告の狙いとして見て取れ、それが着物を崇高なものとするナショナリズムと結びついて余計に批判されている面もあると思う)


「女はハーフの子を産みたい」は女及びハーフへの差別であるが、

ハーフの子を産みたい女」の存在否定するのは寧ろそのような人への差別である


最近増田話題の例で言えば

日本人独身のおじさんは精神が弱い」は日本人独身のおじさん全体への差別である

精神が弱い日本人独身のおじさん」の存在自体を否定したりそういった人向けの商品否定するのは正に彼らへの差別にほかならない。


この程度の最低限の論理すら理解していない人が多いのは問題ではないか

銀座いせよしのポスター見て思ったけど

2016年ってまだ広告が「ちょっと炎上するくらいの方が話題になっていい」みたいな空気あったよな。

ウェブCMとかそれで炎上しまくってたもん。炎上マーケティングって言われてた。

2019-04-23

男女の友情はどっちかが無理してる。嫌われたくないか相手の望む異性を演じてる。

同性の友情もどっちかが無理してる。

はるか遠くに投げられたボールを片方が全力奪取して取りに行ってる。

だけど俺らは仲良しこよしの友達ですと笑顔で言い張る。

友情は常に非対称性

友情でなくても人と人、人でなくても自分と他とは常に公平ではない。

対等なテーブルなどこの世に存在しない。

2019-03-25

女もちん○見て性的高まる確信した事例。けっこう前の話で、一部再構成

バイト飲み会二次会ちょっと雰囲気のあるカラオケ店に入店。男女5人くらいだったかな。酔っ払ってた。

そこそこ仲よしの後輩女子が隣に座ってた。多少スキンシップできるくらいの。女子はその一人だけ。

で、酔っ払った男同僚が歌いながら脱いだ。下も全部。

「やだー」といいながらそこそこしっかり見る後輩女子。俺は女子氏をかばうように同僚男を咎めた。

解散するまえに「送ってくよ」といって後輩女子といっしょに店を抜けて家方向へ送る。

後輩女子ん家のちかくのベンチで座って少し話す。今日はやたらと触ってくる後輩女子氏。

最終的にはズボンの上から俺のちん○をさすさすしてた。

家には上がらず、部屋の前でハグして解散。危うくやってしまうところだったぜ。

あそこまで積極エロだったのは初めてで、確実にカラオケ全裸事件が影響していたと思われる。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん