「とんねるず」を含む日記 RSS

はてなキーワード: とんねるずとは

2022-05-12

リアクション芸」とか、もうやめよう

上島さんが亡くなって、それについては悲しいの一言だけど、この際「リアクション芸」というのが個人的には苦手という死ぬほど嫌だったことを言っておきたい。かつては「リアクション芸」がはじまったら、速攻でチャンネル変えた。


ダチョウ倶楽部の中だけで熱湯風呂をやっているぶんにはいいだろう。しかし実際は、上島熱湯風呂に叩き込む役割は、とんねるずダウンタウンだったり、番組での立場が圧倒的に強いMC芸人だった。どう見ても、強い立場人間が、弱い人間が苦しんだり痛がったりするのを見て楽しむ、というものしかなかった。教室や部室の中のいじめしごきバラエティ風にしているだけである。あれをみんなが笑って楽しんでいる事実が、中高時代自分にとっては自殺が思い浮かぶほどつらかった。

また、これがテレビの中で完結していればまだしもだが、決してそうではなかった。出川が繰り返し語っているように、リアクション芸人は街中を歩いてても、急に暴言を吐かれたり、軽く暴力を振るわれたり、自宅の前で騒がれたり、という被害毎日のように直接受けていた。そういうエピソードを聞くたびに、リアクション芸人というのは、根本的に間違っているんじゃないかと思わざるを得なかった。


上島さんはリアクション芸プライドを持っていたかもしれないけど、強い人間が弱い人間を痛めつけて笑うという、こうした芸は、もう令和の時代は完全に終わりにすべきだと思う。本当にそうなってほしい。

2022-05-06

ゲームのせいで攻撃的になる

ゲームのせいで攻撃的になる」って散々騒がれてたことが、まさかソース出せ」とか言われて歴史修正されるとは思わなんだ。

こいつらにとっては何がそんなに都合が悪いんだ?

逆に、「暴力的ゲーム人間攻撃的にしない」研究があることを考えれば、「ゲーム人間攻撃的にする」と如何にバッシングされてきたか簡単にわかるだろ。

https://wired.jp/2016/02/10/children-violent-video-games/

https://nazology.net/archives/100863#:~:text=%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%81%A7%E4%BA%BA%E6%A0%BC%E3%81%AF%E5%A4%89%E3%82%8F%E3%82%89,%E5%88%A4%E6%98%8E%E3%81%97%E3%81%9F%E3%80%81%E3%81%A8%E3%81%AE%E3%81%93%E3%81%A8%E3%80%82

https://jp.gamesindustry.biz/article/1902/19021501/


これらの記事でもバッシングや、報道犯罪と関連付けられたことが書かれている。

外国で言われてるようなことが、PTAの力が強かった日本で言われてない訳がない。(あの頃は普通にPTAテレビに出て「悪所追放!」とか言ってたし、ロックバンド歌詞PTA批判なんかが普通に出てくる)

攻撃性以外にも「人間相手にしていないか機械のように冷たい子になる」「TVゲーム操作が複雑なようでいて簡単な足し算より頭を使っていない、馬鹿になる」と平気で言ってた。

俺は「多動症(当時もそう呼んでたかは知らない)の危機を煽るワイドショー」かなにかで、多動症の子供が癇癪起こして暴れてる姿をTVゲームと結びつけた映像を見た記憶がある。

TVゲームやらせてるとこんな子供が増えますよ、怖いですねみたいな感じで。

からも、多少残酷ゲームをしてただけで「そんなんだから宮崎勉や酒鬼薔薇聖斗みたいになるんだ」とキレられたよ。

ゲーム以外にも、おぼっちゃまくんクレしんセーラームーンだ、ダウンタウンとんねるずだで子供おかしくなる、って散々騒いでた時代

ちなみに30年前はまだ未来に目を向ける余裕があった時代なので、討論番組でも「この子たちが大人になったときのことを想像してみてください」系の言説が今より圧倒的に多かった。

その後は、景気が上向くことすらなくお先真っ暗だから、今じゃ誰も未来の話をしたがらないけど。


anond:20220506135925

2022-04-19

ロリコンブームというのがあったらしい

すごい昔の日本ではポルノ修正されていなかったそうだ。

それがあるとき規制が入って修正されるようになった。

この時に修正不要だったものが要は児童の裸だったそうだ。当時の制度子供の裸は違法にならなかったのだろう。子供ヌード本は出しても問題なかったのだろう。

無修正であることに重きを置いていたスケベどもは無修正ものが欲しかったらしくロリコン物にどんどんと流れていったそうだ。

かに昔のとんねるずコントで当時小学生だった安達祐実パンツ一丁にして石橋に迫らせるネタやったり赤ちゃんおむつ変えを普通にお母さんがテレビ放送の中でやってて

木梨が「これモザイクいるんですか?」っていうのがギャグになってたわけで、当時はそういう認識だった。

小学低学年くらいの子ども(男女問わず)が裸になったりお尻出したりは割と普通で、見てる側も大して問題視はしていなかった。

俺が小学生の時に1年生の出し物で子供はみんな上裸(男女とも)というのがあって、一人の教師が「いやこれさすがにまずくないか?」って言ってたのはよく覚えている。

子供が裸になるということが問題視はされていなかったが当時すでにそういうのに興奮するスケベエはいたということでもある。

この時の子ものヌード本が売れた時期がロリコンブームとか言うらしい。

この言葉男性がこぞってロリコンに走ったような響きだなと思っていたんだが、ふたを開けてみたら制度設計に欠陥があってその抜け穴を通るとロリコンの本ばかりになったという事なんだよな。

この辺詳しく調べた本とかないのかな。

2022-04-14

anond:20220414133418

とんねるず石橋(60)は若い

ゴールデンタイムの「みなさんのおかげです」で

工藤静香キョンキョンを「ごめんねごめんね」って押し倒してましたよね。

女の子も笑っていた。

あれが許されたのが、昭和という時代

2022-03-30

anond:20220330213343

とんねるず、たしかにそんな感じだった

なにが面白かったのか当時も分からなかった

2022-03-05

anond:20220304231850

とんねるず石橋が「まさに、大!どんっ・でんっ・返しっ!」とか言ってた頃のギャグからねぇ

いまの若い人の前で谷啓の「ガチョーン」とかやったら「そういう人」扱いされかねない

2022-02-27

どんなキチガイじみた病にも社会性がある

視点死刑とは心の中に植え付けられた観念視点へと変質し、常に内面を除かれ内側から支配さる状態を指すがこのような気味の悪い病にも社会性があると思われる。

例えば松本人志の「遺書」がそうである。この松本人志の「遺書」が日本お笑い会に多大な影響を与えたことに異論はないだろうが、お笑い会のみならず一般社会にも多大な影響力をもったのもまた事実であろう。

一般人が「俺はどちらかと言うと突っ込みタイプ」とか「俺はどちらかと言えばボケ」だなとか言い出したのはどう考えても「遺書」以降であるし、当時はみんな松本人志の真似をしていた。

遺書」の中にちりばめられたさまざまな言葉哲学思想テレビ会を良くも悪くも「汚染」したのも事実であろう。

遺書」以降日本テレビ番組がつまらなくなってしまったのは疑いの余地の無いところである

で、その理由として松本人志言葉観念化し、テレビ会を凝視する視点へと変質してしまったと考えることは出来ないだろうか。

このボケ突っ込みをしたら松本人志につまらないと思われるの恐ろしく、笑いの質を変えざるを得なくなってしまった可能性はないだろうか?

松本人志的なあるいはダウンタウン的な笑いが日本中を席巻し芸人一般人もパクってたし、はっきし言ってそれはつまらものしかなかった。

日本テレビ番組は「遺書」以降どんどんつまらなくなっていった。

たとえばビートたけしが昔に比べてつまらなくなったのも、素直に笑いたいけど笑えなくあの、ビートたけし特有の「ニヤリ」とした笑いかたも「遺書」以降によく見られる現象である

私はビートたけしバイク事故も「遺書」に敗北感を感じたビートたけし自殺だったという説を持っているがどうであろうか?

最近お笑い芸人は何でもかんでも突っ込み、しつこいし、これは浜田雅功のパクりとしか思えないし、ワイプに映るタレントの笑い顔も「笑わなきゃならず笑ってる」という感じで素直な笑いではない。

最近の笑いはボケから突っ込みまで全てが予定調和でつまらないし、そこにはやはり松本人志の「つまらない」という視点があり「つまらない」と思われるのが怖いからではなかろうか。

どう考えても松本人志の「遺書」以降日本テレビ番組は変質してしまった。(そんななかお笑いの質が遺書以降も全くぶれなかった島田紳助は流石と言わざるを得ず引退が非常に惜しまれる)

笑いコンビ別にどちらがボケでどちらが突っ込みという決まり事なんかないのはたとえば、とんねるずウッチャンナンチャンを見ればあきらかで、

その時々の状況に応じてどちらが突っ込んだりボケたりすれば言い訳別にお笑い形態としては、必ずしもどちらがボケでどちらが突っ込みといった役割分担が必須というわけではない。

ウッチャンナンチャン的、とんねるず的なお笑いコンビもっといてもいいわけである

ダウンタウン以降、ほとんど全ての笑いコンビボケ突っ込み役割分担がはっきりしており、今は昔ほど酷くないが少しでもダウンタウン的な要素があるとつまらなく感じるのであった。

兎に角松本人志視点テレビ会に内在化されてしまたことは疑いようのない事実である

明石家さんまですら、松本人志視点を感じながら番組に挑んでるのも全く事実であろう。

ボケ突っ込みがしつこく見てて楽しいとは思うが正直疲れる。

ダウンタウンも歳をとりもうすぐ還暦である。流石に昔程の輝きはないが、ダウンタウンがどんどんつまらなくなっていくのと日本テレビ番組がつまらなくなっていくのは軸を一にしており、繋がっているとは言えないか

番組制作スタッフ本音を言えば正直松本人志視点邪魔で重苦しく感じているのではなかろうか?

私に視点死刑の刑が執行されたのも、「遺書」の発売年とほぼ被るし、私を自分支配下に置こうとした彼は松本人志の芸風をよくパクっていた。

気味が悪く絶対に誰も同じ目にあいたくない視点死刑という刑罰も実は彼のオリジナルではなく社会性があったのであり、私を支配下に置こうとした彼も時代の手のひらの上で踊らされてたのである

2022-01-30

芸人不細工で笑いを取るようになったのっていつから

関西なので子供のころから山田花子さんとか島田珠代さんが、「不細工な女なのに美女みたいに振る舞う」っていうネタが印象にあるけど全国区ではどうなのかイマイチ記憶にない。

カトちゃんケンちゃんごきげんテレビ」とか「ごっつええ感じ」とかとんねるずとか子供のころ見てたけど女芸人存在ってなかった気がする。

しろ「女はキレイでか弱い」という存在でイジられてた。

それからじわじわ芸人というカテゴリタレントが出てきたけど、基本的不細工以外で笑わせるネタがあるからテレビに出てるというイメージだった。

あん名前出てこないけど。「だいたひかる」とか。「パイレーツ」とかも一応そうだと思う。

基本的に女芸人って男芸人みたく「ネタが受けてブレイクする」という手順を踏まずにバラエティに出てるように思うのでネタを見たことがない女芸人が多い。

からイモトアヤコイッテQセーラー服着てた理由を知らない人が多いのではないか

森三中とかハリセンボンあたりは不細工ネタをやってるのはなんとなく知ってるけどいつから?というのがイマイチからない。

2022-01-28

anond:20220117181254

もっこり」がブクマでいくつか観測されるが、あれはシティーハンターが初出、定着ではないと思われる。

そもそももっこり」はもとからあるオノマトペであって、盛り上がっている様を表す語だった。

それが俗語としてのいわゆるアレを想起したものが定着したの時期は曖昧だが、1980年ごろにはテレビで使われている。

夕焼けにゃんにゃんとんねるずを見ていた人達はすぐに思い出すだろう。

漫画だと、シティーハンターより先にシェイプアップ乱が使用していて、テレビとほぼ同時期か後。

から読んでもすぐ理解できた。

その2,3年後にシティーハンターで使われてい出すので、むしろアレはすでに定着していたものハードボイルド作風に導入したという風に見る方が正確ではないか

今でも通ずる有名作品としてはシティーハンターだが、同時代知名度だと先行例の方が有名だった。

実際シティーハンターの人気は連載開始から1年後ぐらいだったし。

まあ、老人の戯言と聞き捨ててくだされ。

2022-01-26

80年代自民党政治家の「自民党政治家感」がすごい

YouTubeで昔のTV番組をよく見てるんだけど、選挙結果ニュースで見た80年代自民党政治家の「自民党政治家感」がすごすぎて衝撃的だった。ガッハッハな感じというか。今だと森喜朗くらいでしかたことない。麻生太郎でもちょっとキャラ付けで無理してやってる感がある。今やだいたいみんなシュッとしていて、一般人と変わらない

80年代はまだ自民党顔の政治家が生きてたんだな。実際の政治家を使って映画を撮りたいと言った映画監督の言葉も頷ける

思えば当時は「野球選手感」のある野球選手ももっといた。アスリートという言葉からは程遠い野球選手たち

お笑い芸人も昔は「お笑い芸人感」があったが、80年代頃には既にとんねるず明石家さんまスマートな印象を与えるタレントが人気を得つつあった

80sリバイバル現在、ガッハッハのおっさんリバイバルも近い

2021-12-19

手術痕に安い「毛穴吸引器」が役立った話

20年前、ワキガ人生絶望してた女の

どうでもいいけど誰かの役に立つかもしれない話。です。

中学生の頃、廊下ですれ違いざまに学校バカな男に、

ワキガ~♪ワキガ~♪」と言われた。さくらさくら音程だった。

仲良しの女子が、「やめろよ!!」とそのバカを追い払ってくれた。

私が「ワキガ」の3文字を知ったのはこれが初めてで、

それから私のワキガの苦悩が始まった。

話した事もないバカな男にそんな事を言われるくらいだから

相当臭かったのだろうか?

ただ、いじめにあった記憶はない。

みんなやさしかった。

あの時、クサいと思いながらも普通に仲良くしてくれてた友人たちには感謝しかない。

高校時代は、それなりにデオドラントとかしててあまりワキガに振り回されなかったが、

体育着が少し黄ばむ。

母がたらいでせっせと手洗いしてくれてた姿を見てしまったり、

クラス女の子が「私も悩んでて、○○皮膚科ミョウバン水貰ってるよ!オススメ!」と教えてくれたり。

今思い出すと、愛に満ちていて泣けてくるもんだな。

上京して、恋やら愛やらに憧れて、人並みに恋愛したりしてたけど、

でも自分ワキガから、恋も愛もしちゃダメなんだなーと思ってた。

遺伝して私の様に苦しく絶望する人生を生み出してしま可能性に私は耐えられないだろうなと思った。

ぶっちゃけ死にたかったし。家族が好きだったから死ななかったけど。

ファッション誌にある「日帰りワキガ手術」の広告とか真剣に読んで泣いてた。

太ってたり、自分の醜さを売り?にする女芸人を見て、

「でもワキガじゃないだけ幸せじゃない?」と捻くれた感想しかなかったし。

とんねるずバラエティを見て、「もとさや」みたいなバラエティで、

彼氏ワキガで~」と悩みを打ち明ける彼女に、

どこかの芸能人が「手術しなよ〜」ってカジュアルに言ってて衝撃だった。

手術が当たり前なのか?泣いた。

当時、ADSLネットをつなぎ、「ワキガ 手術」を知らべて、

ある女性ブログ出会った。

その女性が手術を受けた病院がなんと私の住んでる家から徒歩3分くらいのところだった。

マジ運命じゃん。

どこのだれか知らないけど、その女性ブログで具体的に進む事ができた。

ワキガの手術を受けるためにお金を貯めた。

20万くらいか。たった20万円、されど20万円。

勤めてた会社には「実家に帰る」と嘘をついて有給休暇を取得した。

そして手術を受ける事にした。なんかすごい!私の行動力すごい!

手術当日の朝に、大量のカレーを作ったのを覚えてる。

他の人は、親が付き添いで来てるけど、

私は独りぼっちで心細かった。

まれて初めての全身麻酔で何も覚えてないけど、泣いてた。

手術が終わる。

脇を固定されて、上に動かせない状態で、何もできなかった。

看護婦さんが「寝て帰ったら?」と言ってくれて、しばらく寝てた。

徒歩3分帰宅して、お腹が空いたらカレーを食べた。

着替えもできないし、風呂も入れないし、食べて寝るみたいな生活

カレーがなくなったか宅配ピザを頼んで、

何回かに分けてピザを食べてた。おいしかった。

ちなみにうんこは、後ろから拭かず、前から拭くように教わった。結構大変だった。

何日かして、固定してたワキのギブスが外れた。

ズタズタに傷だらけの脇を見て、また泣いた。

「ここから積極的に動かしなさい!」「脇の皮膚を伸ばしなさい!!」と言われた。

数日後、仕事も再開。

家の鴨居に手を掛けて伸ばしたり、つり革に手を掛けて伸ばしたり。

それなりにやってたけど、今考えるとあんまりやってなかったかもしれない。

それからは、なんていうか、本当に自由になって、

仕事やめて世界一周旅行をしたり、まあ、「第二の人生だ!!」って感じで。

暑い国に行っても、どんなに過酷な旅しても、何日もシャワーを浴びなくても、汗臭くない人生になった。

手術はやってよかったと思う。

でも、その手術の痕、とくに左、

皮膚が一部ぷよっとたるんで、毛穴に垢が溜まるようになった。

それはまるで、わき毛の剃り残しのぷつぷつみたいに見える。

皮膚の伸ばしが足りなかったのだろう。

そのぷよっとした部分をぎゅーって絞ると、

真赤に内出血した皮膚から

信じられないくら臭い垢が出るのだ。くさーー!!うええーーー!

ワキをガバッ!!と見せる事もない。諦めはいろいろあるけど。

だけどずっと気になってた。

ノースリーブを着なくても半袖でもしチラッと見えてしまったらと思うのがイヤなのだ

手術した病院に何度か相談に行ったけど、「手術するほどではないね。」と、

ベロベロに皮が剥ける軟膏だったりを毎回処方され、

その後、遠くに引っ越ししまって、その病院に行けなくなってしまった。

ここからが本題です。

ある時、鼻の毛穴の汚れがどうにかならないかなー?って思って、

1000円くらいの毛穴吸引器を買った。

鼻に使ったけどイマイチで、ふと思い立って、

「ワキにイケるかも!!」

一番吸引力がある小さいノズルでワキの垢を吸ってみた。

一瞬でキレイになった!!!まじか!!!

20年くらい悩んでた垢が解決した!!!

どこかの誰かが、ワキガの手術の痕で悩んでたら、

参考になればです。

2021-12-09

anond:20211209143530

伊集院フォロワーめちゃくちゃキモいんだけど

コイツとんねるず並みに時流に合わないパワハラ野郎なのは既知の事実では?

 

伊集院クズで厨二な発言が好きじゃないとかいったい何を支持してんだ?

2021-11-15

anond:20211115204929

ポンキッキといえばずっと不思議なのが、、、

モジモジ君というキャラ実態がいまだにわからない。

とんねるずによるパロディしかたことない。

元祖でも本当にあったんだろうか?

アラフォー向けの服と髪型が分からない

男だけど、お金もそんなにないので、

結局服はユニクロ髪型は刈り上げ気味のショートで済ませている。

若ければ流行りの服や髪型も追えるけど、この歳では無理がある。

年代はもうパパが多くて、ファッションなんて今更、な人が多い。

もうずっとこのままなのか。

この前美容院行ったら、目の前に置かれた本のグラビア

とんねるずタカさんだった。

いや、タカさんはいいんだけど、まだそこまでの年齢じゃないし。

あとは反町とか。うーん、ちょっと上なんだよなぁ。

もう流行とか追わず、我が道を進みたいが、とっかかりもなく、お金もない。

結局ユニクロ生活だよ。

2021-11-05

anond:20211105143114

増田さんが怖いと思っているのは昭和スタイルじゃなくてとんねるずダウンタウン昭和スタイル破壊して作った平成スタイルじゃないの

志村けんドリフ系の笑いに関してはそうかもしれないけれど、

昭和スタイルの笑いが怖い

太田光とかとんねるずとかの、人の身体的特徴とかを平気で笑いにする感覚が怖くて、見るとびっくりしてしまう。

志村けんの昔の映像で女に痴漢して笑いが起きてるのも意味不明で怖かった。

コンプライアンスがうるさくてテレビ面白くないとかマジかよ。

2021-10-07

読解力がないのは国語増田の方だと思うよ

これだが、何度も国語力でブクマカ揶揄するエントリ書いてる国語増田だろうが、この件では元増田の方が頭が悪い。これは国語問題じゃない。

 

麻生太郎の何倍も頭が悪いはてな民

https://anond.hatelabo.jp/20211006074457

 

この反応見て「また引っかかってる、頂きだ」と思ったのだろうが、そもそも麻生がやってる事って一般的国家政治家記者質疑応答じゃない。

映画の真似なんだよ。

「菅は顔が悪くて人気が無い。俺達喧嘩上等のワルだからな(ニヤリ)」っていうのをやってる。

かに論われてるブクマカ文章最後まで読んで(ニヤリ)の辺りで意味が転換されているのを読み取れていない。

だがそれより重要なのは高校以上の国語小説読解問題みたいな文章新聞に載っているという事だ。

それはつまり、なんで麻生氏が新聞記者の前でクライム映画ピカレスクロマンの真似をしてそれが新聞掲載されているかって事だ。

早稲田一文の文章みたいなのが新聞に載っててブクマカが読み取れてない!」で喜んでいたらそこで読解終了なんだよ。

 

新聞記事というのは「見出し-結論-本文-結論」と書かなければならない文章の筆頭だ。会社でこの記事フォーマット報告書を書いたらどうなるか考えてみたらいい。そこにはそもそも映画の真似をして良いという合意すらない。

一方、ルポルタージュなどはこの記事のような釣りタイトル→後半で意味の転換が許される。これは最初から腰を据えて読む長文だからだ。

だがこのような短文記事ではそんな余地があるはずがない。見出し結論を要約する惹句である必要がある。

 

なぜ麻生氏が映画等の真似をして答え、コメント最後意味が転換されるという構造のままに記事にされるかというと、そこに記者政治家合意があるからだ。

もっとはっきり言えば政治部記者連中と政治家癒着だ。

これが海外メディアであれば、「クライム映画のノリで最後台詞意味が転換されるよ」「麻生氏はマフィアのような服を好む人物だよ」という文脈記事を書いてくれただろうか?そのまま「顔が悪いと言った」でお仕舞だ。

紙幅があれば説明を付けるだろうが、それは「麻生氏はワルぶる事を好むナルシストとして有名だ」「日本には記者クラブ制度があり政治家顔馴染み記者ツーカーぬるま湯風土にいる」「日本政治部記者映画のワルのようなコメントをするとその舞台装置のままに記事を書いてくれる」というものになるだろう。

 

からあの記事を読んで得る情報というのは、「麻生氏は年の割には洒落た事が出来る」という事のほかに癒着舞台装置作ってそれを公器に載せてやがる」「朝日政治部バカ」というものだ。それがメディアリテラシーだ。

だが元増田早稲田一文現代文問題構造を見つけて喜んでしまっているのでそこで情報処理が遮断されているのだ。馬鹿である

 

日本移民社会に舵を切ったので、日本語の機智を持たない話者というものを考えていかねばならない。出版産業新聞というのは国民意識国民国家という想像の共同体の基盤である

リンガフランカとしての日本語」というのを意識していかないと永住権を持つ人間でも「ガイジン」のままなのだ

それなのに政治記事でこんな内輪ネタやっててどうすんだってことだ。結論要旨-本文-結論の順で書けよ。とんねるず業界ネタが今の若者に受けてるかとか類推しろよってことだ。

 

からこの記事はある問題意識惹起させる。それは「麻生朝日新聞政治部冷や水ぶっかけろ」だ。

上演されるべきでない場面で上演された舞台に疑問を抱かないでどうする。

サンデルトロッコ問題への回答で「そんな問題を提起する者を殺す」というソリューションがあっただろう。それでいいんだ。

それなのに早稲田一文入試問題構造を見つけてそこに固執してしまマウントを取ったつもりで情報処理停止してしま元増田愚鈍の極みである

 

2021-09-04

石破茂

さんを見ると、どうしても30年前くらいにとんねるず石橋さんがコントでやってたキャラを思い出してしま

2021-08-28

へずまりゅうを好きなのは小~高校生位だとは思うんだけど、とんねるず全盛期やjackassを好きみたいな感覚なのかな。

2021-08-06

anond:20210806024032

CAPCOM VS MARVELとんねるず番組ともコラボしておふざけキャラ出したらMARVELにクソ怒られて海外版ではそいつを消された、なんて話もあったな。

2021-07-23

anond:20210720154659

そう。俺も違和感があったんだけど、とんねるずとかが流行っていじめするヤツのほうが上の方にいるみたいな風潮があったのはむしろ80年代だったと思う。田舎だったから都会とは事情が違うかも知れないが。ともかくちょっと悪ぶるくらいがもてはやされたんだけど、その条件がまた特殊で、都会からチビ転校生が来てからその歪んだ不良像にみんな当てられちゃってそうなったんだよな。俺はもう本当にそれが嫌で。

anond:20210723151151

そのまま返したい

 

小山田圭吾氏・のぶみ氏・ラーメンズが辞任に追い込まれたのは

公的仕事をするのに相応しい人物では無いか

なんなら とんねるず なんか民放なのに追い出された

 

小山田圭吾氏・のぶみ氏・ラーメンズにしても民間お仕事ならお好きにどうぞ

 

小山田圭吾氏も近々でフジロックがあると思うけど

それは今まで通り理解あるファンたちと楽しんでどうぞ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん