「爆風スランプ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 爆風スランプとは

2019-04-27

今の時代ってワクワクするもの全然ねえよな

俺がガキの頃はゲームと言えばマリオロックマンドラクエFFなど、面白いゲームばかり発売されていた。

漫画でいえばドラゴンボールスラムダンク幽遊白書ダイの大冒険、最高のラインナップだった。

映画ターミネーター2ジュラシックパークホームアローンマジで面白かった。

特撮ヒーロー仮面ライダーBLACKRXが最高だったし、ジャンパーソンとかターボレンジャーも最高だった。

アニメは、勇者シリーズとか、新ビックリマンとか、魔神英雄伝ワタル、後は世界名作劇場なんかが夢や希望を与えてくれた。

ドラマは、王様のレストランとか金田一少年の事件簿木曜の怪談なんかも良かった。

スポーツJリーグが発足されて盛り上がっていたし、相撲若貴兄弟がいたので面白かった。

ラジオと言えば青春アドベンチャーだった。これも素晴らしかった。

音楽は、ブルーハーツミスチル爆風スランプラルクが良かった。

  

じゃあ今は?今は何かいるか?

ゲーム会社はなぜか完全新規タイトルを出さないので、続編かって思うとそこからまらない。

あと脳を制御してVR世界に入れるようにしないのがまだまだってところ。

ジャンプ漫画も、もっとダイの大冒険のような勇者とかを全面的に出せばいいのに出さなから面白くない。

映画もレディプレイヤーワンは良かったが、超面白いものではなかった。超面白い映画が見たい。

特撮ヒーローは弱すぎる!リボルケイン相手死ぬみたいな感じでもっと強くするべきなのに雑魚すぎる。

敵が出た!一撃で倒す!というのがかっこいいんだからそのくらいやってもいい。

アニメはなぜか10ちょっとで終わるのばかり。1年くらい放送して欲しい。あとこれも完全オリジナルアニメを作って欲しい。

原作付きアニメはもう放送しないで欲しい。

ドラマは、もっと必死に演技して欲しい。骨が砕けるシーンでは本当に骨を砕くくらいやって欲しい。

スポーツはいつまでワールドカップで優勝できないんだ雑魚って思うからもっと強くなって欲しい。

オーバーヘッドキックやらないから弱いままなんだよ糞雑魚どもって思う。

ラジオデーモン小暮毎日出すくらいやれ。そしたら聞くから

音楽もっとかっこいい奴をだせ。お米法師みたいな奴が人気らしいがそんなだせー名前の奴覚えられねーよ。

米米CLUBとかに改名しろや。

あーもっとわくわくさせろやってマジ思うわ。

2019-02-24

テレビ爆風スランプ見て小学生とき(今35歳)の運動会のこと思い出した。

一ヶ月ぐらい前から勉強そっちのけでひたすら練習させられてたような気がする。

練習って言っても100m走とかリレーとかの練習あんまりなくて、開会式とか閉会式とか行進とか、今思うとすげーどうでもいいことばっかり練習させられてた。あと応援練習。変な振り付けとJPOPの変な替え歌応援歌を嫌っていうほど練習させられた。(はしる〜はしる〜あか〜ぐ〜み、みたいな)

当時はそれがすげー面倒でつらくて嫌だったんだけど、そういうもんだと思ってたか特に疑問は持ってなかったんだけど、今思うとマジで意味ないな。もっとやることあるだろ。今の小学生も同じようなことやってるのかなあ。それとも俺の地元だけだったんだろうか

2017-07-28

父の新しい趣味

昨年、父が定年退職した。

父は40年以上ずっと運送会社で働いていた。趣味も車で、休みの日は必ずドライヴテレビも見ない、本も読まない、ネットもやらない。昔はよく料理をしてたけど、今はぜんぜんしてない。

学生時代映画監督になりたかったらしい。だからだろうか、私が小さいころはよくカメラを持ち歩いていろんなもの撮影しまくっていた。8ミリハンディカム? くわしいことはわからない。とにかくビデオカメラで何でも撮ってた。旅行運動会七五三etc

でもいつしかそれもやめてしまった。それからは車一筋。ドライヴけが人生って感じだった。

私は父が心配だった。そんなんじゃボケちゃうよ。それにいくら車が好きだからって、もうなるべく運転は控えて欲しい。年なんだから

父はひとりで暮らしている。母は私が2才の時に癌で亡くなった。それからずっと父娘で暮らしてきたが、私は3年前に26で結婚して家を出た。

私は父にノートパソコンプレゼントした。父が車以外のことで時間を潰せるようになればいいなと思って。オンライン将棋なんかを勧めてみた。それが半年前。

で、驚くべきことが起きた。父がパソコン動画編集にはまってしまったのだ。

映画青年の血が騒いだのだろうか。父は短期間に相当な知識技術を身に付けていた。

スポーツカー ベスト10』なんていう2分ぐらいの動画を作ったりしてる。ランキング形式で車の映像が流れるのだ。

その車の映像、どうやって手に入れた!? BGMもついてるし、解説テロップも入ってる。文字がボヨーンと飛び出したりして。すげー。

いやー、よかった。これで老後の趣味ができたねー。

なんて、安心してたのも束の間。

なんと父は私の小さい頃の映像編集し始めたのだ! ねえ、その古いテープ達、どうやってパソコンに取り込んだの?変換とかできちゃうもんなの?とんでもない機材とか買ってない?大丈夫?散財してない?

その手の知識が全くない私はとにかく心配心配で。こんなことは簡単に出来ると父は言うのだけれど。本当だろうか?

そんな父から、先日、DVDを渡された。なんとそれ、私の思い出ムービーだっつうじゃないですか。いやあ、さすがに身構えた。

で、観たんですが、これがかなりぶっとんでまして。。よく言えば前衛的。はっきりいうと、めちゃくちゃ。

映像はいきなりビデオレター風に始まる。どこかの山の登山口にひとりで立つ父。カメラの前でぎこちなく笑いながら手を振ってる。テロップが出る。

なぜ高尾山!? どういう意図があるの?しかもこれ、三脚立てて一人で撮ったの!? 松居一代スタイル!?

父が私に呼びかける。

  • 覚えてますか~、ここは大昔に君とふたりで来た山です!

そうだっけ!? ごめん、覚えてない。。あ、でもなんか、すごく小さい頃、山の中でゴンドラに揺られたような記憶が、あるような無いような、、あれが高尾山

そこでなぜかBGM

永ちゃん!?なぜそのチョイス!?明るい山並みとぜんぜん合ってないよ。。完全に夜景向きの曲じゃん、、、

映像が変わり、実際に私が緑の中を歩いてる場面が流れる。すごくちっちゃい。たぶん幼稚園のころだ。何だかぐずっている。カメラの奥から父の腕がにゅっとのびて、私を抱き上げたところでフェードアウト

今度は私が運動会で走ってる映像が流れ始める。

これは良かった。なんと幼稚園から小学校5年までの私の徒競走映像ちょっとずつ繋いであるのだ。(ちなみに6年の時は休んだ)

走りながら成長してゆく私。たまにスローになったりして。かっこいいじゃん!BGM爆風スランプじゃ無ければさらに良かった。次から音楽担当は私にやらせて。

そっかー、父は毎年、私が走るところを必ず撮ってくれてたんだね。

そのあとも、七五三海水浴さくらんぼ狩り学芸会、お誕生日会と、まあ懐かしい映像が次々と。知恵熱が出そう。

さて、問題はここからですよ。再びカメラの前に現在の父が登場。

なんと私が小2の時に書いた手紙カメラの前で読み上げやがった!

完全に松居一代じゃん! 暴露ノート的なやつじゃん!もしかしてオマージュ!?影響受けたの!?

しか手紙文章テロップに起こして、ピアノBGMなんかつけちゃって、映画エンドロールみたいにして晒すという、、、まさに鬼畜所業。。

  • パパへ

おたんじょうびおめでとう

パパのオムライスが好きです

ごはんを食べるとき

パパはおもしろいはなしをたくさんしま

わたしケーキ屋さんになったら

たくさんケーキをたべてね

食べ物の話だけかいしかもこれ、テロップにする意味ある!?

ビデオはここで終わる。いやー、すごかった。いろんな意味で。

手紙、ずっと持ってたんだね。

私、ケーキ屋になりたかったんだなあ。ケーキ、作ってみるか。よし、今度作って父に食べさせよう。

代わりにオムライスを作ってもらおう。あれはね、世界一うまいんだ。

2016-03-01

オフィスで追突事故を防ぐ画期的すぎるアイディアを考えた

うちの職場は走り回ってる人が多い。

とても危なくて何度もぶつかりそうになる。

190cmのおっさんが走って150cmのババアにぶつかったら完全に事故だよ。

というわけで今日暇だったのでどうしたらいいか考えた。

要するに走るのをやめさせるのが一番根本的な解決になる。

どうしたら人は走るのをやめるのかなって考えた。

日本恥の文化。恥ずかしいことが日本人は大嫌いだ。というわけで、走る=恥ずかしいと思わせればいいんだと考えた。

まずオフィス内にセンサーを設置する。

移動速度が一定以上になると反応するしかけ。

走ってる人がいてセンサー作動すると、オフィス内を爆音平井堅の「瞳をとじて」が流れるようにする。

急がなきゃ!→走る→I wish foreverひとみをとじて→同僚たちからの舌打ち

恥ずかしい。

他にもっと恥ずかしい歌があったらそっちでもいいんだけど、世界中にある音楽のなかで一番恥ずかしいのはやっぱり平井堅の「瞳をとじて」なのではないだろうか。

最初爆風スランプ定番でいいかなと思ってたんだけど、それだと恥ずかしさがないから違うかなと。

やっぱり糞バラードが恥ずかしい。

2009-05-17

現代の男が結婚を嫌うのはしねしね団の陰謀

という気がするんですが如何でしょう

思春期以前の子供の頃から、「結婚幸せになってる男性」というのをメディアで全然見なかった気がする

漫画でもドラマでも既婚オジサンは、世間からも妻からも子供からも馬鹿にされるかわいそうな存在

自分は当時は子供だったので、むしろ子供側に感情移入して母親といっしょに父をなじる展開にカタルシスを得ていたけど

それでも「なんか変じゃないの?」という気はウッスラとしていた

CMでも専業主婦役の女性達がニコニコしながら「亭主元気で留守がいい!」と唱和している

または、溜まってる主婦達に甲斐甲斐しく料理を出す夫を眺めながら「亭主コントロール力」を褒めたりニンマリしたりしている

音楽でも小学校6年ぐらいで聞いた爆風スランプの「45歳の地図」というのを覚えている 

授業参観子供に「親父のようにはなりたくない」と作文で読み上げられ上の子のコンパ代が自分の小遣いより高くて妻は冷たく…

みたいな内容だった

結婚どころか恋愛すら意識する前から

ずーっとずーっとこういうのを浴びてきた気がするんですが

こういうのって今適齢期の男達にサブリミナル効果を発揮してない?

どうかしら

※「しねしね団」のかわりに任意の勢力や団体を入れてくださっても結構

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん