「唐辛子」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 唐辛子とは

2017-09-15

マーラーかい男根メタファー

マー(麻)は花椒による脳がピリピリするような痺れるような味

ラー(辣)は唐辛子による舌がヒリヒリと焼き付く燃えるような味

は?

ただ人前でマーラーマーラー言いたいだけの奴が変な言い訳してんじゃねえよ

このチンポ野郎

2017-08-15

塩味ベース

カレーといえばハウス、中でもバーモントカレージャワカレーが「ご家庭のカレー」の双璧だろう。

かくいう自分も、ジャワカレーがウチのカレー

なお子供の頃は甘口で今は中辛に。


そんなこともあり、もう一方の主流であるバーモントカレーはあまり食べたことがなかったのだが、先日バーモントの甘口を食べてみて、塩味の強さに驚いた次第。

えっと「辛くないカレー」=「塩味ベースカレー」ということなのだろうか?

それとも、バーモントでも中辛や辛口はより唐辛子が効いてる分、塩味控えめだったりするん?


それにしてもジャワカレーの甘口を久しぶりに食べたい今日このごろ。

2017-07-27

サイゼリヤまずい

一回行った時、ネットとかテレビで美味しいと言われてたので期待して家族で色々頼んで食べたらまずくて悲しくなった、しか煙草臭くてただでさえマズイのが口の中で煙草臭いまで混ざってスゲエまずさで泣きたい感じだった。

しかも料金がそこそこして、これなら美味い店でイタリアンランチを食べられたとさらに悲しくなった。

あそこの野菜超美味いんよね、バーニャカウダ大好き、スープは今の時期なら冷製かな、農家から買った新鮮な肉厚椎茸オリーブ油ニンニク唐辛子で弱火でじっくり火を通して、噛んだらジュワッと椎茸の旨味が口に広がる椎茸ペペロンチーノ、石釜で焼かれたピザうめぇしフォカッチオ食べ放題パスタソースにつけたら超美味い、チーズの中でかき混ぜて完成させるリゾット、デザートもどれも美味いワインもついて1200円。

何でサイゼリヤで食ってしまったのか…。

みたいな落ち込んだ気持ちと口の中のまずさを思い出して最近ネット界隈辛い。

金のない大学生がよくやるサイゼリヤの楽しみ方

都内大学生最近サイゼブームに乗っかって、金のない学生なりのサイゼの楽しみ方を書いてみる。

大学バイト先、下宿先それぞれから徒歩1分のところにサイゼリヤがある。

値段も場所も身近なので様々な用途で、月10回くらい使用している。

そこでよくやるのが以下の食べ方だ。

1.ミニフィセル+オリーブオイル塩のタレ(169円)

ミニフィセル(169円)を注文。取り皿にオリーブオイルたっぷりと塩少々でタレを作る。ミニフィセルをちぎってオリーブオイルにつけて食べる。

ミニフィセルはしっかり焼いてあり。普通に食べてもうまいが、こうしてオリーブオイルにつけて食べることで健康的になるし、味が変わってうまい

調べたところ、現地ではこの食べ方はピンツィモニオと呼ばれていて、結構メジャーな食い方らしい。

空きコマサイゼを訪れるときはこの食べ方がコスパ的にいい。

2.真イカのパプリカソース(ソース抜き)+(オリーブオイル+粉チーズ唐辛子)を合わせたもの(199円)

真イカのパプリカソースを頼む時、ソースを抜きで頼む。取り皿にオリーブオイルに粉チーズを入れて、どろっとさせる。この時の比率は1.5:1くらいがいい。

それだけだと、味がほとんどないので、卓上の唐辛子を適量加える。

真イカがきたら、先ほど作ったタレにつけて食べる。味が足りなかったら、タレに塩を入れるといい。

確かにパプリカソースうまい

だが、それに飽きたときや、もっと刺激が欲しいときにはこのアレンジをすると良い。

筆者はこのアレンジパプリカソースどちらも好きだが、このアレンジを嫌う人もいるので、

複数人で行くときは2皿頼んで、一皿はこういうアレンジをして食べ比べるとより楽しめる。

3.グラスワイン(白)+(オリーブオイル+粉チーズ唐辛子+塩)を合わせたもの(100円)

グラスワイン(白)を頼む。取り皿にオリーブオイルと粉チーズ比率を1:1で、入れる。若干粉チーズ多めでも良い。

その上にお好みで唐辛子と塩をかけたら出来上がりだ。それをスプーンですくって食う。

グラスワインおつまみにちょうど良い。

これは、サイゼにきたけど、金がマジでないって人におすすめだ。

筆者はこれを究極アレンジと呼んでおり、一緒に食べる相手次第で、いつでも作って食べる。

それほどに好きなのだが、どうやら多くの人はこれ単品で食すのは厳しいという。

しかし、グラスワインと一緒ならば(酔っていて、いろんなものバグっているからなのかもしれないが)

多くの人が寂しい口に放り込み、結構ハマる。

---------------------

大学生程度でも豪遊できるのが、サイゼの良いところだが、

こういう楽しみ方も時にはできるということを示したくて、この文章を書いた。

サイゼはもう飽きたから嫌だという人は、ぜひこの方法を試してみて欲しい。

今までとは違うサイゼが楽しめるはずだ。

2017-07-26

https://anond.hatelabo.jp/20170726103544

正反対から意見だけど、あの野菜ソースをはじめ、火入れの甘さがサイゼリヤの秀逸な部分だと思う。

料理というのは、結局のところ主観から、何点とは言いにくい部分がある。

特に、癖が強いものこそ、その振れ幅が大きい。

飲食というのはシビア業界から、どうしても守りに入りたくなる。

人によっては50点、人によっては80点の料理であったら、あとほんの少しコストをかけてリファインしたくなる。

人皿に少しずつコストを割くことで、50点~80点で振れていた料理が、誰が食べても70点という安定した料理になる。

コストのかけかたは様々。

高級店なら、素材や手間にお金をかけるかもしれないし、ファミレスだったら香料や旨味調味料を足すかもしれない。

サイゼリヤの真価は、メニューによっては、あえて、「うんこれでいい」で出すところだ。

人によっては不味いと思えるような、ちょっと野菜の青臭さやエグ味を残しても、そのままに出す。

「これはこういうものだ」と強気姿勢を崩さない。

客の好みに合わせず、あくまで客を料理に合わさせる。

それが、あの野菜ソースであり、酸味の強い火入れの弱いミネストローネだったりだ。

あえて、野菜ソースをやめてマスタードにはしない。

野菜ソースの前は添え物はカポナータだった。

うちはこういう店だ、という芯の強さがある。

そこらのイタリア料理店よりもずっと、日本人向けチューニングせずにそのままだす。

その一方で、高度に客の好みにチューニングした、80点の料理も揃える。

それが、元増田の褒める辛味チキンであり、ミラノ風ドリアであり、肉料理全般だ。

どちらに特化するというわけでもない。

もしも、80点の優等生料理だけだったら、他のファミレスチェーンより一歩安いというだけだが、サイゼリヤの強みはそれプラス味の個性である

ピザタバスコではなくて、オリーブオイル唐辛子フレークを置く変態ファミレス、それがサイゼリヤだ。

他じゃ食べられない、あの甘すぎるプリンが好きだ。

追加

ジョリーパスタメニューも、グラッチェガーデンズメニューも、なに一つ思い出せない。

サイゼリヤメニューは思い出せる。

サイゼリヤのすごさは、たぶん、そういうことなんだと思う。

デートサイゼリヤはいいんだけど程度がある

たまにならともかく毎回サイゼリヤはないでしょーって彼への不満。

デート映画観るか美術館巡り→サイゼリヤ食事して観た映画のことや展示について語り合うのが私たち定番

私がたまには他に行こうよって言っても何だかんだ言って結局サイゼリヤになる。

お互い不安定職業お金もないから安くしたいのは同感なんだけど味に飽きてきたよ(関係ないけどサイゼリヤオリジナル唐辛子ドリアにかけると美味しい)。

からたまにはバーミヤンに行きたい。2千円で火鍋しゃぶしゃぶ食べ放題だよ?焼酎とかボトルキープも出来るし紹興酒ロックで100円。普通に美味しい。

回鍋肉ごはんセットなら1000円未満だよ。

でも彼はバーミヤンだとサイゼリヤに比べて内装や席の感じがデートに不向きだと言う。

ロマンティックさがあまりにないとか言うし。

初デートでもないんだからもうバーミヤン行ってもいいでしょ。

(元)料理人サイゼリヤメニューについて雑に感想を述べる

自分は、客単¥5,000~¥10,000程度の中級店にて10年ほどフレンチ中心にイタリアンちょっと経験した(元)料理人

サイゼメニューについて「雑に」「適当に」感想を述べてみる。

(元)「料理人であるからして基本的には自分の好みではなく、料理としてどうなのかという点から感想を述べてみたい。

(自分の好みによるコメントも含まれるがあくまでも「基本的自分の好みではなく」な。)

もちろん、あの値段・業態なのだからそれらを無視して評価することはナンセンスと思っている。

(パスタはアルデンテであるべき!とかステーキの焼き方を聞くべき!とか、そういうのおかしいでしょ。)

分類名はサイゼ公式サイトメニューに準ずる。


サラダ

サラダは総じて悪くない。お好みで(自由に使える)粉チーズ黒胡椒をかけても楽しめる。ドレッシングもよい。

やわらかチキンは本当にやわらかく臭みもなくうま味も残っている。個人的おすすめシェフサラダ。クルミを使う等がワンランク上っぽいね


スープ

コーンクリームパンプキン共に悪くない。いずれも滑らかで素材の味を十分に表現できている。

食べたことないんで評価できないが、ミネストローネは期待できない気がしてしまう。

後述もされるが、サイゼ含め廉価店ではトマト系は総じて火の入れ加減が甘く、トマト嫌いが嫌がる香り・味を残した状態のまま提供されることが多いので。

(トマトはクーリのようにフレッシュ状態を残すか、しっかり煮込んだソースのどちらかがよいと思っている。

中途半端な火の入れ方のソース(料理)を食べた結果トマト嫌いが増えると経験上思っている。)


パン

パン類は総じて悪くない。

ちゃんとオーブン(パントリートースターがあるのかな?)で焼いてくるところは評価できる。


おつまみ

野菜ソースは玉ねぎ硫黄化合物系の臭いが残り、残念ながらサイゼでは最も評価できないものと思っているが、

グリルソーセージは秀逸。古典的ソーセージの味に近い。このソーセージ好きな人はシャルキュトリを楽しめる人だ。

野菜ソースやめて更には芋もいらないから、ディジョンマスタードを添えてくれないだろうか。

エスカルゴもよい。フォカッチャよりむしろミニフィセルを合わせることをお勧めする。

以前の自分スペシャリテでもエスカルゴはバジリックソースを合わせた。

ペルノでフランベして生クリームも使ってくれればそれに近づくが、サイゼではまぁ無理だな。

ほうれん草ソテーは、れん草が西洋種(苦みがある)と思われるので、若干ポーションを減らしてでも

東洋種(甘味が強い)を使ってもらえたらもっとよくなると思う。

残念だが評価できない筆頭はムール貝そもそもムール貝ではなくパーナ貝だし。

パーナ貝は食感が固くうまみ自体も乏しいので(しか野菜ソース使用)、メニューから外してしまってもよいくらいだと思ってしまう。


イタリアの味

おおむね悪くない。特にコメントもないが本当に悪くない。


パスタ

残念だが、これは全体的にいただけない。

食感は業態を考えれば致し方がないことなので評価対象としていないが、ソースがどれもだめ。

トマトの扱いについて前述しているが、どのソースも煮詰めが甘い。高級な素材を使用するのではなく、単にもっと煮詰めるだけでおいしくなる。

ただ煮詰めた分歩留まり悪化するので、ギリギリバランス提供していることは分かるが。

特にペペロンチーノ評価できない。

火を通したニンニクの良い香りはせず、人工香料に見られるような悪しき臭いのみが鼻につく。


ドリアグラタン

ドリアグラタン系は総じて悪くない。この値段にしてベシャメルはかなり頑張っていると思う。

低価格なベシャメルだと香料の粗悪な臭い(粉乳系のあれな)が鼻につくことが多いがサイゼではそのようなことがない。

このベシャメルが実現できるのにパスタソースの出来が悪いので残念に思う。


ピザ

ピザ系は総じて良い。生地についてはなんとも言えんが、業態を考えれば大変よくできている。

個人的感想申し訳ないが、コロコロ(ルーレット)いらない。ナイフフォークの方が食べやすい。(大人数で食べるならしかたないが。)

でもああいうところでコストダウンしてるから、あの値段で提供できるんだよね。


米料理

ごめん。食べことないので評価できない。どうなんですかね?増田諸君


肉料理

これらは妥当というしかいね。値段を(考えてはいけないんだけど)考えれば非常によく出ている。

前述しているが、野菜ソースサイゼで最も残念なものなので(素材の悪いところしか出ていない)

それを使ったメニューについてはお好みならどうぞという他ない。

どうでもいい話だが醤油ベースソースガルソースと名付けた意図はなんなのか。

ガルムとは古代ローマ時代から使われた魚醤(ナンプラーとかしょっつるとか)のことだが(ブオナッシージによる)、

こんなマニアック名称を使うのなら、サラダはインサラータと言ってほしかったし、ミネストローネもミネストラと言ってほしかったし(ry


■デザート

ごめん。ほとんど食べことないので評価できない。おそらくいずれも妥当と思われる。


■(おまけ)酒類

サイゼワインについては言わずもがなだが、グラッパ(少々癖がある)も悪くない。

興味がある人は一度食事(飲み)の最後に飲んでみることをお勧めする。

メニューには「ぶどう焼酎」などと書いてあるが、普段日本焼酎を好む人が好むものではなく、

ワインブランデーブドウ由来の酒をたしなむ人は気に入る可能性があると思う。


■(おまけ)その他

テーブル備え付けの荒く刻んだ唐辛子はよい。

オーリオピカンテではテーブルをベトベトにされてしまうだろうし、タバスコでは酢が立ってしまい辛味のみの提供とならない。

タバスコテーブルに置かなかった、しかし用意はされているのは大変に賢明であったと思う。

自分の好みだがベシャメル系の料理に卓上でタバスコをかけて食べるのが好きなので。

ちなみに、ベシャメルは古典的には塩とカイエンペッパーで調味するものであり白胡椒は使われなかった。(ベシャメルに限らず白いソースはほぼそうであった)

タバスコをかけることとは全く違うけどね。


以上

異論突っ込みはたくさんあるでしょう。

2017-07-09

anond:20170709142939

そもそもガラムマサラ=辛さ増強剤という解釈個人的には気に食わない。

完全に自分主観であること踏まえても。


100% 完全同意する。

インド食文化圏は広いしいろいろな料理があるだろうし、自分インド料理専門家じゃないけど

ガラムマサラ = 辛さ増強剤 なんて聞いたことない。

日本製インチキ製品にはあるのかもしれないけど、本家インド食文化圏では香りの調整に使用するはず。

(だから料理の仕上げの工程で入れる)

インドの家庭では家庭ごとにガラムマサラレシピがあるようで

(もちろん都会などではレディミックスも使うであろう)黒胡椒が入るレシピはよく聞くね。

でもチリ(唐辛子系)が入るのは聞いたことない。

元増田は詳しそうだし、自分ガラムマサラ自体を作ってみては?

ところであんまり関係ない話だけど、

胡椒を辛味を加える役割スパイス認識してしまう人は

インド料理とかスパイスを使う料理には向いていないと思うの。

日本人にはまだまだそういう人いるけどね。

かっらーい!

公式カレーレシピ(注:クックパッドではない)に興味があり、何度か試作してみたのだが、とにかくやたら辛いものが出来上がってしまっていた。

というか辛いを通り越して熱い。食べていて汗がジワーッと出てきて、下手をすると頭痛がしてくる。しかも思いっきり後引く辛さなのだ。

そう、典型的唐辛子系の辛さ。

そのレシピ曰く「辛さは唐辛子タバスコの量で調整して下さい」とあり、毎回この2つの量を減らし、ついには最小限にしたのだが、それでも依然として辛すぎる。

おかしいなー、この組織中の人はこんな辛いものをいつも食べてるのかー、でもこれだと人によっては翌日のお通じがヤバいのでは?と思っていた。


ちなみにそのレシピの一番の目玉は「ガラムマサラカレーパウダーを混ぜたものを乾煎りして加える」である

ガラムマサラの分量は4人分で小さじ2杯

ちなみに自分が買ったガラムマサラは何故か瓶が小さく、ここ数回使っていたらあっという間に底をつきそうになってきたので、大した考えもなく、とりあえず別メーカーのを買い足した。

しかし、である

2つのガラムマサラは色が違った。

まあ、そもそもこれはミックススパイスであり、しかも原点は各ご家庭の味が…系のスパイスなので、配合に絶対的ルールというものはない。

からメーカーが違えば色々違って当たり前なのだ


などと思いつつ2つの色を見比べてみた。

今まで使っていたものはやたらと赤い色をしており、ラベルには「辛みスパイスとある

一方、新しく買った方は緑っぽい色で、ラベルには「香りづけ」とあった。

えっもしかして…と思い、そこで初めておもむろに今まで使っていた方を手に取り舐めてみた。

次の瞬間、顔をしかめる結果になったのは言うまでもない。

ベル原材料を見ると、はっきり「赤唐辛子」と明記してあるではないか

そりゃそんなものを4人分の鍋に小さじ2杯も入れていたら激辛になるのは当たり前だ。

そうか、そういうことだったのか…。


念のため、新しく買った方も舐めてみた。

確かにこっちもそれなりに辛いことは辛いが、全く後を引かないどころか、むしろ爽やかな後味である

ベル原材料には「黒胡椒」とあった。


「このガラムマサラ唐辛子を入れた奴は誰だーーーーーー!!!!」


いや、ガラムマサラというスパイスに何を求めるかという嗜好の違い・ニーズの違いが両者の違いであり、貴賎も優劣もないとは思う。

実際、更に別のメーカーだと「ホット」「マイルド」と分かれて売られており、それぞれ赤唐辛子配合と黒胡椒配合になっている。

でも、それにしても思うのだ。

純粋唐辛子系の辛さが欲しいんだったら、日本には一味唐辛子という先人の知恵があるではないかと。

そもそもガラムマサラ=辛さ増強剤という解釈個人的には気に食わない。

完全に自分主観であることを踏まえても。


ともかく、次回作カレーは、今までよりは全然マイルドな味になりそう。

口に入れた瞬間の刺激はともかく、後味はずっと爽やかになると思うので。

2017-07-07

そんなあなた

anond:20170707173803

今日の料理Spaghetti con tonno e pomodorini



■用意するもの

スパゲッティ(またはお好みのパスタ)好きなだけ 1.5~1.6mmくらいがよい

ツナ缶(好きな量)

プチトマト(フルーツトマト等)(好きな量)

塩、白コショウ(場合によっては上白糖)

オリーブ油(ピュアでよいEXバージンでもいい)

ニンニク 1片

唐辛子(ホール=そのままの)

※なくてもよいが

パセリ(イタリアンパセリの方が普通のよりいい)

白ワイン少々

■作り方

0.

パスタをゆでるお湯を沸かす。

塩は最初にいれてよい。沸いてから入れるとブワッってなってびっくりする。

1.

プチトマトは1/4に切る。皮はむかない。

パセリの葉っぱ部分はみじん切り。茎は5mmくらいの長さにちょんちょん切る。

唐辛子の頭をちぎって中の種を捨てる(竹串でグリグリやると出てきやすい)

種を抜かないと辛すぎたり苦みがでる

ニンニク1片は包丁の腹でつぶす(芯があれば捨てる。捨てないと苦みがでる)

ニンニクは皮ごと包丁の腹でたたくようにすれば剥けるので、

事前に剥いておかなくてよい。

2.

フライパン(アルミ鍋がよい。素材の色が良く見えるからな)に

オリーブ油(多めかなってくらい)を入れて、

ニンニク唐辛子パセリの茎を入れてから火をつける。

中弱火くらいで熱する。火が強いと失敗するぞ。

唐辛子が真っ黒になったら失敗。ただし焦げ茶色までなら良い。

おそらく時間にして3分くらいでオリーブ油香りが付く。

ニンニク唐辛子は出す。(捨ててもいいが取っておいてもよい)

パセリを取るのは家庭では大変なので、そのままでもよい。

3.

プチトマトフライパンに入れる。たまに混ぜながら中火で煮る。

もし白ワインがあるならトマトを入れた瞬間強火にして、

ボコボコ言い始めたタイミングレードル(お玉)半分~2/3程度を入れる。

白ワインの水分量が減るまではある程度の強火をキープしてアルコールをしっかり飛ばす。

お好みだが5分程煮るのでもよいしソースっぽくしたいなら20分程度煮る。

たまに鍋底をスパテラ(木の角形しゃもじ)でこそいで焦げ付かないように。

(それほど心配しなくても焦げることはほとんどない)

4.

トマトがもうすぐ希望状態まで煮えると思ったら、

ここでパスタをゆで始める。

袋に書いてあるゆで時間より1分少な目にゆでる。

(あとでソースと和えるので、その分の時間計算に入れる)

5.

トマトがお好みの状態まで煮えたら、ツナを入れる。

かき混ぜて1分くらいしたら(ツナの味がトマトに回るので)

塩と白コショウをいれて調味する。

ここで甘味希望より少なければこっそりと白砂糖を入れる。

(グラニュー糖より白砂糖のねっとりした甘さがよい。まぁお好みだけど。)

6.

パスタがゆであがったら、湯を切ってトマト達(この後はソースと呼ぶ)が入っている

フライパンに投入しよう。

この時パスタのゆで汁を少し残しておく。

ソース煮詰まりすぎたと感じた時にそれで伸ばす(薄める)ことができるから

フライパンは無理に振らなくてよい。ソースパスタが混ざればよい。

ただし、40秒程度で終えよう。それ以上やるとパスタの歯ごたえが悪くなる。

前述のようにソースが固すぎる(煮詰まりすぎてよく混ざらない)場合

パスタのゆで汁でソースを薄めよう。

レードル(お玉)半分くらいずつ入れて、混ぜてみて状態確認しよう。

一度にたくさんゆで汁を入れてしまうと入れすぎの場合リカバリ不可能になるので注意。

7.

お気に入りの皿にフライパンの中身を盛ろう。

白一色の皿の方が映える。

菜箸よりトングの方が盛りやすい。

パスタスパゲッティならソースに混ざったパスタの真ん中をつかんで、

クルっと回すとちょっと盛り上がった感じになってよい。

(プロフライパンから移す時に同時にそれをやる)

8.

もし 2.でニンニク唐辛子を取っておいたなら、真ん中に飾ろう。

パセリの葉の部分みじん切りをパラパラとかけて出来上がり。

パセリの葉のちらしかたも全体にちらしたり、真ん中に集中してかけたり、

皿を直線的に横切るようにかけたりしてもおもしろい。

パセリの葉ではなくあらびきの黒コショウでもよい。

唐辛子オイル(olio picante)や粉チーズ(Parmigiano reggiano でも Grana Padanoでも まぁKRAFTでも)はお好みで。

以上。お粗末。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

付録

増田が今食べたいパスタBest5

1. Lasagne alle melanzane 茄子ラザニア

2. Gnocchi alla crema di zucca e gorgonzola かぼちゃゴルゴンゾーラ(ブルーチーズ)のクリームソースニョッキ

3. Spaghetti vongole bianco スパゲッティボンゴレビアン

4. 冷製スパゲッティーニ キャビア温泉たまご添え(イタリアにはないんじゃないかと思うのでイタリア語表記なし)

5. Penne ai quattro formaggi 4種のチーズペンネ

パスタというのは必ずしもスパゲッティではない。

ペンネとかニョッキとか米とかもパスタ。「麺類」みたいな意味

なので個別料理名として日本でよくある「~のパスタ」というのは説明不足であり誤用

2017-06-27

うちの麻婆豆腐

https://anond.hatelabo.jp/20170626163755

を読んだついでに我が家麻婆豆腐レシピを置いていく。なお我が家今日の夕飯は麻婆茄子だったが、下記の材料豆腐茄子(3個)の薄切りに変え水の量を少し減らしただけ。

三、四人前。

材料】量は目安

豆腐 一丁

ひき肉 250g

長ネギ 5cm

にんにく 1片

生姜 親指第一関節大

味噌 カレースプーン1杯

中華あじの素(ガラスープの素や出汁の素でも可) 大さじ1

醤油 大さじ1

砂糖 小さじ1

ゴマ油 小さじ1

ラー油 お好みの量

一味唐辛子 お好みの量

水 カップ1

サラダ油 大さじ2

片栗粉 大さじ1

【あるといい調理器具

フライパン

大きめのしゃもじ

おたま

お椀

ザル

皿2枚(レンジに入る大きさ)

電子レンジ

カレースプーン

計量スプーン

計量カップ

【作り方】

豆腐の水を切る。

やり方→豆腐キッチンペーパーか清潔な布で包み、皿に乗せ、上に重石がわりに皿を乗せてレンジで1分半加熱。すると皿の底とペーパーがびしょびしょになってるので、ペーパーを取り、皿に溜まった水分を捨てる。

②お椀に味噌以外の調味料を入れる。そしてフライパンに水1カップを入れて加熱。沸騰したら調味料の入ったお椀に注ぐ。フライパンはまた使うので水気を拭いておく。

にんにく生姜をみじん切り。長ネギもみじん切り。にんにく生姜フライパンサラダ油味噌と一緒に入れる。ネギは待機。

④③でフライパンに入れたもの達を炒める。いい香りが立ったらひき肉投入。全体に火が通るまでよく炒める。中火。味噌が焦げ付き易いので、焦げない様によく混ぜる。長ネギみじん切りの半量を投入。

⑤②の調味液を④に投入。すぐに豆腐サイコロに切って投入。豆腐を潰さない様にざっくり混ぜる。

⑥一旦火を止め、片栗粉を約2倍量の水(分量外)で溶かして⑤に入れる。だまにならない様にまんべんなく。長ネギみじん切りの残りも投入。火を着けたら手早く混ぜて、とろみがついたら出来上がり。


レンチンしている為豆腐の芯が温まっているから、フライパン豆腐投入後の加熱時間は短くていい。それには豆腐が崩れにくいというメリットがあるが、前行程でひき肉の加熱が甘いと生焼けになって危険なので、ひき肉はしっかり炒めておくべき。

使用する味噌普通日本味噌でいい。白味噌マルコメみたいに出汁入りのやつは避けた方が良いが。

※もし味噌ではなく豆板醤を使う場合は、小さじ1弱にすること。入れすぎるととてもしょっぱくて辛くなってしまう。あと豆板醤入れるならラー油と一味唐辛子は要らないし、醤油は少し控えめがいい。

豆腐の水切りが面倒なら木綿豆腐琉球豆腐みたいな元から水気の少ない豆腐を使うか、いっそのこと厚揚げ(揚げ豆腐)を使う。

長ネギは無ければ無いで。わけぎで代用も可。

ラー油と一味唐辛子はどちらか片方しか無くても別にいい。

※下ごしらえが終わったらあとはスピード勝負。あまりじっくり火を通しても豆腐が熱くなりすぎて舌火傷するし。豆腐がぬるい位で丁度いい出来。

炒め始める前に材料調理器具を全て取りやす位置に並べておくといい。

コストだけど、うちの場合豆腐とひき肉以外は大抵常備しているので、400円弱くらいかと。元増田ほどは安くならないね

2017-04-11

下品ペペロンチーノを食べさせてくれる店

ペペロンチーノが好きだと思ってた。

大量のニンニク唐辛子をぶち込んで水なしではとても食べられない、翌日は人前には出れない、そんなペペロンチーノをよく作って食べていた。

しか外食で食べるペペロンチーノ全然違った。刺激がありながらもマイルドでしっかりと旨みが感じられる上品パスタ料理だった。

美味しい、確かに美味しいけど、違うんだ。私の思っていた、私の好きなペペロンチーノはこういうのじゃなかったのだ。

プロの手で作られた下品ペペロンチーノを私は食べてみたいのだ…。

2017-03-27

納豆うまい

東京一人暮らしをしていた頃、私は週に3日〜4日、晩御飯にメイン扱いで納豆を食べていた。何年も続けてだ。

どんぶりにご飯を盛り、納豆は2パック、それに生卵を一つ、一味唐辛子を少々。それがいつものやり方だった。

たまねぎと溶き卵の味噌汁も好きで、納豆ご飯に合わせてよく作っていた(卵&卵になってしまうが・・・)。

他に豆腐野菜がある場合は、適当具材を入れる。たまねぎと卵のやさしい甘みが好きだった

実に質素なのだが、納豆の凄いところは、質素かつ安価であるにも関わらず、

この生活を送っている何年もの間、食べたくないなどと思ったことがないことだ。

それどころか、疲れて仕事から帰る道すがら、”よし、今日も美味しい納豆ご飯を食べるぞ!”とすら、思っていたこである

今では日本国外居住するようになり、納豆は手に入るものの、冷凍であるため、あまり美味しくなく、

生食用の卵も、日本とくらべて手に入りづらい環境になってしまった。

次、実家に帰ったら何食べよう。

いつも変わらず思うのは、納豆ご飯だ。もちろん、生卵付きで。

2017-02-19

人体の仕組みを感じた

昼間唐辛子にまみれた激辛せんべいを食べたら先ほどトイレ肛門が火を吹いた。

人の食べたものは8時間ほどで消化されて排泄されるんだな。

しかしまあ今、肛門の熱さが全身に回っているよ。喉元過ぎれば熱さを忘れるけど、その熱さは忘れた頃にやって来る。

2017-02-15

あの貧乏の話をダイエットの話におきかえてみたら

1.デブデブになる生活習慣のせいでデブである

2.バランスのいい食生活運動すれば痩せると知っているのに、なんだかんだと文句を言って実行しようとしない。なぜなら実行にはストレスが伴うから

3.15分食べずにいたらマシュマロをもう1個あげよう。と言われたが、マシュマロ2個程度では足りないのでさっさと食べ、余った時間で別のものを食べる。

4.「明日から本気出す」というツケ払い。「残すのはもったいない」という大義名分を掲げた余分な食事

5.面倒くさいことはしないので動かない、ますます太る。

よってデブ自己責任である



予想される反論ブコメ

デブ親の食生活から子供逃げられない肥満遺伝する。よって環境のせい。

食事を残すのが罪」という社会観念が一因。

日本はやせ礼賛のしすぎで世界的にも危険だと言われているのを知らないのか。程度問題だが。

から揚げトンカツを愛するように生まれてきたのが「不運」。唐辛子が好きなら太らなかった。

2017-01-25

祖父が作った高菜漬けが食べたい

子供のころから祖父と一緒に野菜作ってその野菜漬物にしてたんだけど一番好きだったのが高菜漬け

唐辛子も作ったものを使ってて凄く辛いのや全然辛くないのがあったけど漬物に使うとちゃんと辛くて。

漬物樽にはいつ漬けたとかメモは書いてないけど様子見て去年のだとか何年前のかわからないけどよく漬かってるとか言っててちゃんと美味しい。

一緒に何回も作ってたから同じようにしてるつもりなんだけど全然違う。

家族は美味しいと言ってくれるんだけど祖父の味ではない。

もっと食べたかったなぁ

2016-12-13

家族の味覚がヤバい

こないだピェンロー作ったんですよピェンロー

干し椎茸で前日から大鍋で出汁とって気合いれてめちゃくちゃ美味くできました。

で、アレって作ったことある人はわかると思うんですけど、鍋自体出汁だけで味がついてないので自分の器に取って各自で塩と一味唐辛子で味を調節するんですよ。

家族にはそれをしつこいほど説明したにも関わらず、一口食って「味がしない」と言って桃○のキムチの素とかポン酢かめんつゆをドバドバと器に入れ始めるからビビった。

いや塩で調節するんだよと言うと「塩入れても味がしない」

いやそれはほんのひとつまみしか入れてないからでしょもう少し入れて自分好みに調節してみてと言うと「こんなに塩を入れると体に悪い」と逆ギレ

いやあんたらがドバドバいれてるキムチの素とかポン酢とかにも塩が入ってんだけど…

なるほど…目に見えない塩分は気にしないけど自分で塩を足すと目に見えるから気にするんだな…しか普段刺身醤油バドバかけてるような人らがこの程度の塩でビビるか?

うそれ以上突っ込まずに好きにさせたけど、なんか一つ屋根の下に住む家族相手にも関わらずカルチャーショックみたいなもんを受けました。

つーか出汁を味わえよ出汁を!

2016-12-03

キムチ高くない?

白菜って旬ならスーパーで買った国産のやつでも1玉300円くらいじゃん。

にんにくだの人参だの唐辛子は量も少ないし問題になるほど高いわけじゃない

なのに4分の1玉くらいしか入ってないキムチが300円もするのって高すぎじゃない?たけーよ 高い

2016-11-22

http://anond.hatelabo.jp/20161122015752

辛子明太子」と「明太子」は別物だなぁ。。

赤くて辛いのが辛子明太子で、辛くしてないのが明太子たらこ

明太子(めんたいこ)とは、スケトウダラの卵巣のことで、それを塩蔵して熟成したものである

一般には、辛子明太子を省略して明太子ということがあるが、

博多をはじめとした西日本などでは、唐辛子の入っていないタラコ明太子と呼んで区別する。

辛子明太子

辛子明太子」と「明太子」は別物だと思ってた。

カラシで味付けしてんのかと勘違いしてた。唐辛子の「辛子」なのか。

2016-11-16

今日摂取カロリー

朝食(昨晩の残り)

海老からあげもやしレンチン 185kcal想定

昼食

弁当 750kcal

夕食

せんべい(技のこだ割り・旨辛唐辛子) 1袋 410kcal

酸辣湯スープもやしたまご2個 300kcal想定

1600kcal前後合格とする。

せんべい1袋食べたのでオーバーたかと思ったが、お酒を飲まなかった分、抑えられたようだ。

今朝は珍しく朝ごはんを食べた。昨日の残りだけれど。

昨晩疲れて早く寝たのもあり、今朝朝ごはんを食べたのもありで、調子も心なしか良かったように思う。

今日の夕食はもやしレンチンでなくレトルト酸辣湯スープと合わせる感じで食べてみた。

おいしかった。普段レンチンとは違った感じで。

というかレンチンはやっぱりなかなか火が通らない。10分かけてももやしがシャキシャキする。

ちょっと飽きもきていたところなので、しばらくスープ系で食べるようにしてみようかと思う。

この調子明日もがんばろう。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん