「黒子のバスケ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 黒子のバスケとは

2021-05-12

anond:20210512113910

そうは言うけど1作目がいきなりヒットでそんなに多くないんだぞ

ワンピースなんかその典型だけど人気過ぎて終わってないし

空知だって次描いてないだろ

まあ思いつくところで

「すごいよマサルさん」→「武士沢レシーブ」(好きだったけど)

るろうに剣心」→「ガンブレイズウェスト」(好きだったけど)

「BOY」→「ブレーメン

ライジングインパクト」→「ウルトラレッド

ボーボボ」→「チャゲチャ」

黒子のバスケ」→「ロボレーザー

あたりはデビュー作ヒットして2作目こけたと言えるかな

2021-05-10

anond:20210510122018

俺の感覚では、腐女子の話ってもう単なるオタネタになっていると思う。

 

腐女子不快から隠れてろよ俺は男だから見たくない的な、黒子のバスケリボーン嫌がらせしてた時代は過ぎてしまったというか。

からジャンプ需要はあるか? というより、単にギャグとして消化できると思う。

2021-04-01

anond:20210401154157

黒子のバスケが1日目なのはいいのかそれ・・いや良く知らんけど

anond:20210401152515

C98の場合ジャンルコードだと1日目にジャンプ系、ヘタリア黒子のバスケコナンあたりの、

いわゆるオタク男が容易に想像する「女性けが多そうなジャンル」が固まってるよ

で、同じ日にごちうさも入っていたりする。まあだからって「女性向けの日」ではないけど。

あと、「男性向け」は最終日固定ではないね

ジャンルコードとしての「女性向け」は存在しないって事情もある。

2020-12-30

anond:20201230163652

黒子のバスケアニメーターが似たような発言炎上してたな

擁護してるアニメーターいたし、個人的好き嫌い感情でわざと手を抜くというのは業界で当たり前の行為なんだろうな

2020-11-27

ブラックフライデー渉猟しつつ黒子のバスケ(アニメ)を見ているのだが。

これはバレーボールの話だったかな?と思ってしまう。

バスケってこんなにボール引っ叩くもんなんすか。

2020-11-23

呪術廻戦アニメ最新話まで追いついてしまった(だから嫌なんだよ。アニメリアルタイムで見るの。ちまちま面倒臭い)

次は何を見るかな…先日見終わったエウレカセブン映画AOかな…と思ったが夜中に映画はヘビーだ。

なんか適当アニメを見たいなー…とAbemaでこのすばなど見ていた。

それも直ぐ終わってしまった為、偶にはネトフリでアニメを探すかと渉猟していたところ何故か黒子のバスケを開いてしまい。

なんとなく見始める。


あまりにも有名作品な為キャラ名前などは知っているが内容は全く分からない

(まあバスケの話だろう。某テニスみたいな奇想天外なことにはならないだろう)

とりたててクセが有るような作品でも無いので楽に見られる。

あと、キャラ名は知っていても声優は知らなかった。これ、メイン二人がジョジョなんだな。

おのけんは芸達者だ。この主人公ガッチリ合わせている。小野友樹はいもの小野友樹だった。

この作品は3シーズンあるそうなので数日間は見ていられるだろう。

それを見終わったらまた頑張ってエウレカセブンを見ようと思う。

呪術廻戦はもう最新話1話ずつしか見られないから、息抜きとして。

他の秋アニメ放送が全て終わってからのお楽しみにしよう。

明日はやっと仕事休みだけど天気悪そうだ。ぶっ壊れて修理して貰った電アシケッタを取りに行くことも出来ない。

そもそも連休最終日。人が多そうでどこも行きたくない

家にこもってアニメを見て終わりだな。

2020-11-15

anond:20201115232909

で? そう思ったならあなたは「違う」を並べ立てず、最初から私の駄文なんかにかかわらず、真田すごい論を繰り広げるべきです。私を踏み台にして落とすこと(しかできないので)必死真田を持ち上げようとしてるのでしょうね。感想テクニックの悪しき犠牲者はかわいそうですが、私には創作はできるので。創作すれば?とすすめるのは創作オタクの悪いクセだと貶しつつ、創作オタクの味わうクソデカ感情を(真田作品をとおして)十分味わえたと主張したい・・ほう、全く意味がわかりませんね。こんなわけのわからないわがままボーイに付き合ってあげる義理はありません。

 

私がいってる、創作している上でぶつかるもっとリアルなクソでか感情ってのは

https://twitter.com/PNPK4649/status/1327597828915351552

こういうことです。

 

あなたネットにおさまる範囲しか同人だの創作だのを知らない世代かもしれませんが、

同人女、同人男たちは黒子のバスケ脅迫事件宮崎勤事件などもっとひどいすべての社会が揺さぶられた事件に余波をうけ、

それぞれ一人ひとりが新聞トップ記事毎日あぶられるようにクソデカ感情にふりまわされて生きてきました。

リアル世界で起こる同人悲喜こもごもからするとネットで探しもの表現を「しはじめた」くらいのことはかなりスケールの小さな「クソデカ感情かと。

もちろん、ここで使った「黒子のバスケ脅迫事件」「宮崎勤事件」のようにほぼ記号化した固有名詞のちからをつかえば字数が短くてもあらかじめ経験がある、知っている人にクソデカ感情を伝えることは可能ですけどね。圧倒的に情報量が足りない万人にまで届くわけはないです。

数万ブクマ稼ぐという綾城という神キャラ、それに追随する後継者のあり方とはそぐわないと個人的にはおもいますよ。

2020-11-06

anond:20201106181843

本当に男の場合は、

なんらかのセクマイもしくは腐女子でもいいからヤリたいという出会い厨だと思う。

黒子のバスケ粘着してた男も裁判ゲイ告白したみたいだし。

2020-11-01

anond:20201031132245

腐女子にも多種多様志向があるだろうからいちがいに言えぬが

彼女らは必ずしも「同性愛恋愛ドラマ」が好きとは限らないと思う

というのは、腐女子に人気のある有名作品をふり返ってみると

黒子のバスケしろ弱虫ペダルしろ、古くは聖闘士星矢だのキャプテン翼だの

ふつう少年漫画ほとんどで、劇中本編に直接、男性同士の同性愛描写はない

まり、たとえばチームメイト、戦友、主従、先輩後輩、ライバル等々の

「『男同士の関係性のドラマ』を過剰に深読みすること」が好きなのだろう

実際、おっさんずラブみたいとかに最初から主要登場人物ゲイであることが前提

さらにはゲイ公然存在を許されてる世界観設定では

空想余地がない」から盛り上がれないと述べる腐女子実在する

俺は男なんだけど、以上に気づくのに20年ぐらい掛かったw

なんで上記のような見解に至ったのかというと

2000年年代東方二次創作ストーリー性の高い百合同人誌の傾向が

だいたい男女をひっくり返して同じような感じだったか

ではなぜ、腐女子は「(同性間の)関係性のドラマ」が好きなのかといえば

男女間だと関係の形が性的役割分担に回収されるのが面白くないという説がある

そらなあ、女性が強くてかっこよくて金のある男とくっついて救われるとか

男が従順で見映え絵もよい女性を捕まえて救われるとか

現実そのまま描いたものを見ても面白くも何ともないわw

なんか腐女子だけでなく男の百合好きも含む話になってしまうが

普通ヘテロ恋愛を描いた作品よりBLだの百合だのを好む奴というのは

「同性間だから建前上は対等な友情の延長みたいな関係」あるいは

「同性間だから成り立つ同士的・共犯的・あるいは敵対的執着」に萌えるのだろう

2020-10-25

黒子のバスケ脅迫犯が、格差社会底辺である自分は「無敵の人」であり、嫉妬対象である勝ち組脅迫によって引きずりおろすという

ネットの男(特に氷河期世代負け組で、モテないノンケ男尊女卑思考の男)が大歓喜するようなタイプ犯罪者だったけど、

同時に彼はゲイであり黒バスBLを読み韓国イケメンアイドルEXOにハマる面を持っていたので

ネット負け組男たちは共感できなくなって撤退していった経緯がある

黒子のバスケ脅迫犯にとってのEXOすごくね?

自分逮捕の3ヶ月前にEXOを好きになった時には

何かを好きになるたびに必ず感じていた内在化した両親が引き起こす心理的抵抗を全く感じませんでした。

自分人生で初めて一切のわだかまりもなく好きになれたものEXOでした。

自分が大顰蹙を買うことを承知の上でEXOについての文章ネット上に発表したのは、

EXOペンファンのこと)であることを公言することにより内在化した両親を心から追い出したいと思ったからです。

この場にTシャツを着て来たのも、そのような呪術的な意味合いがあります

 

ネット上に「もっと早くEXO出会っていたら今の人生違っただろうね」という反応がありましたが、これは冗談抜きでその通りです。

EXO自分にとって生まれて初めて劇的に効いたオタク化の薬でした。自分逮捕直前に、

「もう喪服の死神廃業してEXOペンとして生きて行こうか?」

真剣に悩んだくらいです。

事件を起こす前にEXOペンになっていれば「悪いことをして捕まったらEXOを追っかけられなくなるぞ!」というのが

自分にとって強烈な脅し文句になっていた可能性が高いのです。

https://note.com/t_17_kuma/n/nc17049aaeb11

EXO犯罪抑止効果が凄すぎる…

ネット上に「もっと早くEXO出会っていたら今の人生違っただろうね」という反応がありましたが、これは冗談抜きでその通りです。"

事件を起こしそうなほど憎しみと苦しみに包まれている人に必要なのは、『自分にとってのEXO』に出会ことなんだな…

anond:20201025174454

黒子のバスケ逮捕者ゲイだし韓国アイドルイケメングループEXOですよ

EXOにハマって憎しみが消えたので1年早くEXO出会ってたら脅迫事件を起こしてなかったって証言してます

犯罪者は男、男が求めるのは女、と決めつけるな

覚せい剤は人が手に入れられない一生分の快楽を一度でというが、アニメも同じ。アニメ麻薬

何度の輪廻を繰り返そうと手に入らないだろう美少女ハーレムを見せて、心を壊し、人間放火魔に変貌させる麻薬

黒子のバスケで出た逮捕者も、青葉信三も、ジャンプ祭りスプレー火炎放射して逮捕の19歳も、彼らはもれなくアニメ大好き人間

アニメをやめますか?人間をやめますか?

2020-10-20

鬼滅ポエム

自分鬼滅の刃アンチでもファンでもないものである。が、鬼滅にクソデカ感情ポエムをしたためる者である

にわかファンでいられなくなった者として、アンチにだけはなりたくないものとしてポエムを書いて去ろうと思う。

黙って去れよと自分でも思うが、なんか大げさなテンションでお別れを世界に発信しないとずるずるひきずってタチの悪いアンチになりそうなのでクソデカ感情の供養として誰かがみてくれるんじゃないかという期待と誰も見ないか大丈夫という慢心のバランスが最高なはてな投稿させてもらう。

まず初めに、作品及び制作陣、宣伝も含め関わる全ての人におめでとうございますを述べる。正直ここまでのコンテンツになるとは思っていなかったので、凄いとしかいいようがない。おめでとうございます

次に、鬼滅の刃に初めて触れたのは去年くらいで、その後もファンだったかといわれると怪しいし、ファンが闇堕ちしてアンチになろうとしているというある種同情できる立場でもない、本当になんだお前という立ち位置の者でしかない。我ながら苦しんでいること自体意味不明だ・

私にとって、鬼滅の刃動物園大事にされているうつくしく高級なうさぎのような作品でした。一見同じようなうさぎはいるけれど、一線を画す上等な毛並みで手入れも一級品。柄も独特で動きもダイナミック。動物園まで見に来るにふさわしい素敵なうさぎでした。新聞の一面を飾ってもおかしくない、どこに出しても恥ずかしくない立派なアニマルだったのだ。私は特別うさぎが好きではなく、詳しくもなかったけれど素人目にもその評価はゆるぎなかった。でも、世界で数頭しかいない絶滅危惧種とかではなかった・。

アニメも一挙で見て漫画も借りて読んだけど満足感と共にブラウザを閉じて、Twitterを空けてキーワードを打ち込んだり連続ツイートをしたりすることはなかった。

いい作品だと思う。でもどうしても、ワンピースBLEACHジョジョと同じカテゴリには入れられない。

それらの作品の持つ、本当に世界がもう一つあるような、悪魔の実スタンド斬魄刀といった架空物が実在の遠い国の首相名前と同じように一般名詞として存在感のあるものと感じられる気分にはなれなかった。面白いとか面白くないとかそういう問題じゃなくて、コンテンツとしての質量の大きさが違うのだ。現実世界観を侵食してしまうような、作中世界の物理法則法律人種差別問題好き嫌い以前に自然に頭に入ってしまうような、そんな性質作品だと思えないのだ。もっと素朴で、たまに頷くような、そんな作品だった・

全く関係ない作品だけど、ちょっと前に終わったサンデームシブギョーとかと同じ立ち位置だった。大きなヒットはしなかったけど、メジャー少年誌に載るにふさわしい面白さで、派手じゃないけどグッとくるシーンがあって、キャラのことを穏やかに愛していられた。

でも、今の鬼滅の現状を見ると視界がぐるぐるしてとてもとてもいたたまれない気分になる。

高級ですばらしい兎を、そろそろ種の存続が怪しいホワイトタイガーとして売り出しているような違和感

そんなに無理をしなくても立派な価値があるのに、これこそ当世イチのスーパーアニマルでござい、と売り出しているようなちぐはぐさ。

そういう売り出し方やマスコミ批判するつもりにもとてもなれない。不景気きわまる昨今、ここで売らなきゃどうするのかとすら思う。迷惑だとかしつこいとかい記事を見るたびに、難民船のSOS文句をいう様なものではないかみたいな感想が出る。理性がたしかにそう叫んでいるのだ。

でも、それでもジブリを越えるかもといわれると宇宙を背景にした猫のような顔になってしまう。

そんなことを考えている自分も嫌だ。好きか嫌いかならいものの、それとは別に作品としての格」みたいな厳然とした基準勝手にもっていたことを痛感する。

スラムダンク黒子のバスケ比較された時、どちらも素晴らしいといったのはきれいごとだったのだと、今は思う。

自分黒子のバスケが大好きだ。初めて単行本を買い、はじめて二次創作を書き、コラボ商品を欲しがり、劇場へと足を運んだ。今でも心の大事な部分を占めている作品であるしかし、もしも黒子のバスケニュースで「スラムダンクを越える」と言われていたら、きっと同じような気持ちになっただろう。個人的思い入れがあるぶん、もっとしかたかもしれない。ファンの誰かが「スラムダンクよりすごい」というたびに「それは作品の為にならないからやめてくれ」と思ったのは、謙虚さへの希求ではなく比べられたら困るというある種の逃げだったのだと思う。

私はこのところおかしい。もはやニュースから蓮花が聴こえれば耳を塞ぎたくなり、緑と黒の市松模様が目に入ればブラジャーファンアートだとしても笑顔にはなれない。

バラエティゲスト出演する花江さんの笑顔すら、もう穏やかな気持ちでは見れない。

土曜プレミアム特別編は二週ともフルで見た。いい作品だった。一緒に見ていた初見家族質問にも逐一答えて、CMに入れば解説をした。最後まで楽しめた。どうだ私はファンなのだと胸を張れるんじゃないかという気分になった。でも、翌朝のニュースで鬼滅を見ると、やっぱりくるしかった。

自分にはもうこの熱狂の内側に入ることはできないのだと実感して、さびしさが半端ない。妬ましさと惨めさで、ファンの泣けたという素朴な感想まで胸が痛くなる。

進撃の巨人も、鬼滅と同じようなキャンペーンの経緯で見た。ハマったか、好きだったか、と言われるととても楽しませてもらったけどファンといえるほどのめりこみはしなかったと思う。でも「とんでもないぞ」と思った。好き嫌いじゃなく、えらい生き物が発見されてしまったと思った。世界が変わってしまうのも仕方ないと納得せざるを得ないような、そんな理不尽エネルギーを持つ作品だった。

鬼滅にはそれはなかった。何度見ても、高級で毛並みがよくてすてきなうさぎだった。それから何度も鬼滅の話題ニュースを見て、うさぎの毛並みすら褪せてみえるようになってしまった。

グッバイ鬼滅。自分の知らないところで幸せになって、というとおかしいのでみんなを幸せにしてください。いつかこんなめんどくさい気持ちが死に絶えたら何らかの形で気持ちよくお金を落とします。

2020-09-12

anond:20200912141626

新しい銀英伝

キャラデザ露骨黒子のバスケ的で婦女子人気めあてのつくりだから

同意共感が集まると思ったんだろうな

【#表現規制津田太郎教授規制論法の小ズルさ

法政大学 社会学部メディア社会学科の 津田太郎教授

このようなtweetをした。

Shotaro TSUDA @brighthelmer

@tekidanhei 作品は常に批判に開かれています批判する自由もあれば、その批判さら批判する自由もあります批判を受けて変えるのも、変えないのも制作者の自由です(強制できないですし)

「つまらない」等々は許されるのに「ジェンダー描写違和感がある」という批判が許されないのはおかしくないですか? 2020-09-11 13:12:58

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1590878

ツッコむにも脱力するような、恥知らずレベル低い詭弁だ。

 

 

1.「つまらない」という批判と「ジェンダー描写違和感が~」という批判は同等か?

結論から言って、そんなわけない。

 

まず、つまらんという意見別に対応必要としない。

まらんというのは個人意見しかないことが明らかだし、他の人にとっては面白いかもしれないし、結局は売上次第だ。

(実写進撃の巨人がどんなにクソ脚本だと言われたって、興行さえ成功してれば町山さんは勝者の顔をしたはずだ。)

 

一方、性差別的だというクレームはそんな軽いものではない。対応強制される。

個人感想などではない絶対的善悪の話になり、企業クリエイター利益や名声やキャリアを脅かす。

 

 

自分の今回の「ジェンダー描写云々」のクレームをありふれた「つまらない」と同じようなものだったと自己弁護する津田太郎教授は、

本当にこの2者の扱いが同じでも満足するのだろうか?  

ジェンダー描写違和感が~」という批判が「つまんねw」という感想と同じように制作サイドから無視対応されたら納得し満足するのだろうか?

しないだろう?

  

 

2.攻撃に失敗すると「そう大した攻撃は試みてない」と言い出すやつ

津田太郎教授のように「ジェンダー描写違和感が~」という批判をする人は

自分のそのクレームを「つまらない」のような批判よりはるかに重大だと思っているはずだ。

 

 

今回の津田太郎教授だって

事前に期待した通りに賛同の声が集まってきていたなら、

「そうだろうみんな?これは大問題なんだよ!」と意気上がったはずだ。

 

  

だが不幸にも自分攻撃が失敗し、付けた火が逆流しかねない気配になってきたので、

「つまらないという感想と同じこと」「そんな大した指摘はしてない」と言い出してるだけだ。

 

 

余談だがこれは表現規制を目論む人にわりと共通仕草だと思う。

気持ち悪いショタコンに対し「小児性愛は生きてるだけで周りを不幸にする嗜好!小児性愛者は息をするな!」レベルまで突っ走っておきながら

火が逆流してきて自分達が批判の目に晒されてると気づいたら「twitterで大っぴらに書くことのマナーを注意しただけなのに!」となる。

 

形勢のまずさに気付いたとたん自分攻撃を後から大幅に割り引いて、

「こういう大人しいことしか言ってないのにすごい過剰反応された―」と汗まみれの顔で被害者ポジションになろうとする

これは小学生時代口喧嘩でよく見た仕草だが、いい大人が真顔でやるのはどうか?

  

 

3.強制意図しなかったのではなく、強制に失敗しただけ

小学生がその詭弁戦法を取れるのは口喧嘩なら言った言わないの地平に逃げ込めるからというところもあり、

ログが残るところでそれをやるのはある意味小学生より頭が悪くないだろうか。

  

  

津田勘太郎教授の今回の発言ログが全部残っている。

たとえばこうだ。

 

 

・「リメイク銀英伝に火をつけていっちょ手柄立てたるぞー」開始時の津田太郎教授

Shotaro TSUDA @brighthelmer

銀河英雄伝説リメイク。3期以降も続くのかな。

もしそうなら、男女役割分業の描き方は変更せざるをえない気がする。アニメのままだと、さすがに時代にそぐわない。

作品として大変に面白いのは踏まえたうえで。…なんてことを書いたら炎上するかな。2020-09-11 11:41:52

予想外に流れが悪くて釈明モード津田太郎教授

Shotaro TSUDA @brighthelmer

@tekidanhei 作品は常に批判に開かれています批判する自由もあれば、その批判さら批判する自由もあります批判を受けて変えるのも、変えないのも制作者の自由です(強制できないですし)

「つまらない」等々は許されるのに「ジェンダー描写違和感がある」という批判が許されないのはおかしくないですか?2020-09-11 13:12:58

「変更せざるを得んぞ!時代に許されんぞ!」って言ってたのに

「変えるも変えないも制作者の自由です」「強制できないです」って、嘘つけえ? 

 

「お?お?お前らこんな、新妻料理させるような性差別的な描写盛り込んじゃうの?

 今の時代にそんなの許されると思ってるの?

 世間が許さんぞ?炎上させちゃうぞお~~~~~?www」

ぐらいのノリだったくせによ。

 

強制されるべきでないとは1ミリも考えてなくて、単に強制する空気の炊きつけに失敗しただけでしょ?

 

 

4.もし今回の攻撃が上手くいっていたら

撤退モード津田太郎教授の 

批判を受けて変えるのも、変えないのも制作者の自由です(強制できないですし)」や

「つまらないというのと同レベル他愛ない感想じゃないか」のような言い逃れ

端的に言って恥知らず大嘘だ。

  

今回のこの「アニメ銀英伝性差別的な作品だ、有害作品だ」という叩きの流れに上手く火が付いていれば

制作会社は謝罪文章を出さざるをえなくなり

監督謝罪をしたうえで身を守るためにSNS等を全部ロックして自閉モードに移行し

すでに放映開始してる作品スケジュールを大幅に変えて作り直しになり大損害を出し

もちろん出来ているものを捨てて作り直すための予算もかかり

プロデューサー監督の今後のキャリアは暗いものになっただろう。

   

ここには明らかに強大な強制力とカタストロフィがあり、自由などない。

そしてこんなことは素人講釈されずとも

法政大学社会学部メディア社会学科の津田太郎教授自身が良く知悉するはずだ。

 

なのにこんなくだらない詭弁言い逃れを書いた。

自覚的に明らかな嘘を吹いて誤魔化そうとした。

心の底まで真っ黒ってことだ。

  

 

5.規制論者のノーリスク撤退を許さない方がいいのではないか

津田太郎教授による炎上アクション理想的にうまくいった場合について、

差別コンテンツ作成者として告発を受けた側の制作陣の破滅的に暗い運命は上で書いた。

 

そんな制作陣の不幸と裏腹に、

銀英伝炎上謝罪&作り直しをさせた「功労者」として、

えびす顔で手柄を受け取ったのはもちろん津田太郎教授だったはずだ。

仲間の界隈で地位が高まり、そちらの方面から取材も増え、講演や原稿の依頼も来て、法政大学学内でのプレゼンスも上がる。

 

もちろん自己顕示欲自己肯定感や全能感と言った精神的な報酬も大きい。   

今の時代ネットで派手に騒いで表現規制を仕掛けるインセンティブ豊富にあるのだ。

とても栄養価の高い海が広がっていると言ってもいい。

 

特に自分正業や実生活実存の部分が不調な人などにとって、

世間の人気作や大きなプロジェクトにこの種の炎上を仕掛けて大火事にして頓挫させその主役になるというのは

かなり抵抗が難しい魅力を見せているのではないだろうか?

 

失敗しても低いリスクコスト撤退して何度でもチャレンジできるとなれば、既にこのチャレンジ常連層もいる。

黒子のバスケ脅迫魔が逮捕されないための小知恵を付けたような感じの存在

彼等彼女等がそんな放火常習犯のような不毛な行動を習得した原因として

放火行為の初回にそのリスクコストを感じなかったから」という要素を否定しきれるだろうか?

 

 

6.津田太郎教授まとめ

とにかく津田太郎教授という人のtwitterでの立ち回りは全般的な「小ズルさ」が最も目につく。

Shotaro TSUDA @brighthelmer

@magicaltina 昔のものはもうしょうがないのですが、これから作るものについて「作り手の本意ではないところで」摩擦を生まないというのは割と大事なことではないでしょうか。

そのさいに何が摩擦を生むのかを知っておくのは大事なことだと思います

徹頭徹尾第三者風の口ぶりだが、

ヤンユリアンとフレデリカという単なる3者のキャラ付けと掛け合いに

「変更せざるを得ない」「今の時代にそぐわない」として摩擦の存在を主張し

盛んに大声で叫びまわったのは津田太郎教授本人なのである

 

他のファンいくら「そうは思わない」「この3人がこうなだけ」「そもそも現代の話じゃないぞ」と反論があっても「いいや摩擦はあるのだ!」と頑張る。

まり、「何が摩擦を生むのか知っておく」とは、津田太郎教授の御教示を受けるということでしかない。

 

これはマナー講師と全く同じ論法ビジネススタイルだ。 

仕事能力関係ないところで評価を下げられないために正しいマナーを知っておくのは大事なことです」

と言って、ほとんどの人が気にしてない・知りもしない・下手したら当人が作ったマナー常識を教える商売

  

 

Shotaro TSUDA @brighthelmer

@higenomorita もちろんそれは、個人感想です。ただ、集合的価値観というのは存在しまし、変化もします。

多くの人によってかつては問題なく受け入れられていたものが、時代が変わったことで大きな反発を呼ぶということは当然にありうることです。

それを踏まえて、これは今だとしんどいだろなと判断した次第です2020-09-11 13:56:28

自分違和感を感じた≠その描写はまずい」と指摘されての応答。

個人感想だと認めた直後に集合的価値観」「大きな反発を呼ぶ」のようなクソワード・クソ論法を駆使し

自分の主張が多くの人間に支持されている風に匂わせるという典型的詭弁披露

もちろんエビデンス等無し。

 

 

社会学は随分楽な学問のようだし

表現への火付けは簡単出世の道である

 

 

追記

deztecjp 言葉が強いので確認したいが、津田さんの使ったような規制論法は「してはならない」レベルの話だと思っているのか、「言論の自由範疇だが、この逃げ方は小ズルい、と批判しておきたい」くらいの話なのか。

2020/09/12 リスト yellowyellow

質問ありがとう

 

津田さんの使ったような規制論法」がどの部分を指してるのか正確にわからないんだけど

表現を強く批判すること自体ダメなわけはない。この増田読んでもらってればわかるよね。

 

ただ、「お前は表現差別助長をした」とか「お前は表現セクハラをした」という重い罪状ダウトを掛ける時はこれは戦争だろ。

そのダウトが通れば相手を殺すんだからダウト不成立ならお前が死ねよ?ぐらいには思ってる。

  

差別とかセクハラというのは一発アウトなことじゃん。

それを相手がやったって主張するのはよっぽどのことじゃん。

社内で同僚のAさんについて「あの人はセクハラをした!」っていきなり社内中に触れ回ったら、

それが事実ならAさんが死ぬ(当然!)し、もし間違いだったら触れ回った奴が死ぬよね?

 

そういう当たり前の道理を身に着けてほしいわけ。

殺すか殺されるかの覚悟もなく自分の主張の責任取る気すらなくやってんならなんでそういう殺す言葉を使っちゃうの?って思うわけ。 

  

「どこが差別なの?」「セクハラという言葉定義すら無視するの?」みたいな反論に再反論できなくなったら

「ただの感想を言う自由もないのか―」「もうちょっと気を使ってと言っただけなのに過剰反応された―」って、

当初の重い告発から大幅に割り引いて軽いボヤキを言っただけみたいにすり替えて逃げを打つじゃん。毎度

当初は心臓刺しに行ったくせに。

 

津田太郎教授の喋り方も全編にわたってそういう、

自分相手心臓狙って刺しに行くけどそれは自分がやってるんじゃなくて

集合的価値観だの社会だの時代だのがそう言ってるんだという言い方になってるんだよね。

 

それで自分安全に逃げ道を確保しながら一方的に刺しまくれると思ったわけじゃん?

そういう小ズルい計算通りにはさせねーから

決闘を吹っ掛けた以上、みごと相手を殺すかもしくは自分死ぬかどっちかにしてもらうから

自分が不利になった途端「いやいや決闘なんかじゃないですよ?」って誤魔化しながら決闘場出て行こうとしてる奴の肩を掴んで引き戻す話。

 

本当に許せん表現だと思うなら規制を唱えることだって全然ありだと思いますよ?

でもそれは、きちんとした殺す顔をして返り討ち死ぬ覚悟も用意して取り組むことじゃないの?

なんでちょっと形勢が悪いぐらいで「そんなこと言ってませんよ?」って逃げていくの?そんな軽い気持ちでやってんの?

 

 

津田太郎教授が言いたかたことが本当に「ただの感想」なら(それがだっせえ逃げ口上卑怯な嘘であることを我々はみんな知っているが)、

相応の注意を持って、誤解される余地なく「私はこういう描写の方が良かったな」「私はこういう感じで見たかったな」という言い方をとればなんでも言えただろ。

自分趣味自分感想として何かいときはそういういい方すりゃいいだけ。

「私は嫌いだ」「私にはつまらんかった」という言い方なら何言ったって勝手

けど津田太郎教授はそういう言い方じゃなかったよねえ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん