「太鼓」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 太鼓とは

2019-03-08

「過ぎたるものが二つあり」集

家康に過ぎたるものが二つあり 唐の頭に本多平八

「唐の頭」とは唐物中国製)の珍しい兜のこと。

追記:指摘があったので訂正します。「唐の頭」とは正確にはヤクの毛の兜飾りのことです。武田信玄石田三成が描かれるときに、よく兜に付いているカツラみたいなやつのことですね。実は三河武士あいだでやたらと流行っていて十人いたら七・八人は唐の頭をつけていたと言われており、というのも唐の頭を大量に積んだ貿易船が難破して三河に漂着したから棚ぼたで手に入れたんだとか。そら「過ぎたるもの」と言われますわ。

本多平八」とは徳川四天王のひとり、本多忠勝(1548生)のこと。

三方ヶ原の戦いに先立つ一言坂の戦いで、退却する徳川軍の殿を本多忠勝がつとめた。

家康に過ぎたるものが」はその活躍を称賛した落首である

治部少に過ぎたるものが二つあり 島の左近佐和山の城

治部少は石田三成(1560生)のこと。

島左近」(1540生)はもともと筒井氏に仕えていた武将で、一説には当時の三成の禄高の半分である二万石で召し抱えられた。

関ヶ原の戦いで討ち死にしたが、敵の足軽が後々まで悪夢に見たというほどの戦いぶりだったという。

佐和山城」は三成が改修した城で、五層の天守閣を備えた立派なものだったが、中に入ってみると極めて質素な造りだった。

駿河には過ぎたるものが二つあり 富士のお山に原の白隠

富士のお山」とはもちろん富士山のこと。

白隠」とは「臨済宗中興の祖」と言われる高僧・白隠慧鶴(1686生)のこと。

大量の書画を残しており、その作風は荒々しくバランスの崩れたものだが、それが逆に迫力を生んでいるとして現代でも人気が高い。

本所に過ぎたるものが二つあり 津軽屋敷に炭屋塩原

本所とは東京都墨田区地名

津軽屋敷」とは、本所にあった津軽藩の広大な江戸屋敷のこと。

火災ときに版木ではなく太鼓を叩くのが「本所不思議」として知られている。

「炭屋塩原」とは、炭団を改良して一代で豪商となった炭屋の塩原太助(1743生)のこと。

明治期には「塩原多助一代記」として立身出世物語が語られ大人気となった。

亀山に過ぎたるものが二つあり 伊勢屋蘇鉄に京口御門

亀山とは、現在三重県亀山市にあった、東海道亀山宿のこと。

伊勢屋蘇鉄」とは、亀山宿の旅籠伊勢屋の庭にあった蘇鉄の名木のこと。

現在亀山市の文化会館移植されている。

京口御門」とは、亀山宿の西端、つまり京へ向かう道に作られた門のこと。

坂の頂上に建てられ、下から見上げると壮観だという。

岩槻に過ぎたるものが二つあり 児玉南珂と時の鐘

岩槻藩は埼玉県さいたま市にあった小藩。

児玉南珂」(1746生)は高名な儒学者

祖父江島生島事件江島の弟だったため甲斐流罪となり、南柯は甲斐で生まれ岩槻藩士養子となった。

儒学を学んだ南柯は、藩の要職歴任し、隠居後は私塾・遷喬館を立ち上げて子弟教育に努めた。

「時の鐘」とは、城下に時を告げるために1671年に設置された鐘のこと。

改鋳されたもの現在まで残っていて市指定有形文化財となっている。

青山に過ぎたるものが二つあり 鳶の薬缶に原宿山車

青山東京都港区の地名

「鳶の薬缶」とは「薬缶平」と呼ばれた幕末の火消し・平五郎のこと。

本職は鳶職人で、頭がハゲていたので「薬缶」と綽名されたらしい。

原宿山車」とは、青山熊野神社の祭りで使われる山車のこと。

都座に過ぎたるものが二つあり 延寿太夫鶴屋南北

都座とは江戸にあった歌舞伎劇場の一つ。

「延寿太夫」とは、歌舞伎伴奏音楽として発展した浄瑠璃清元節」を創始した、初代・清元延寿太夫(1777生)のこと。

鶴屋南北」とは、「大南北」とも呼ばれる歌舞伎狂言作者、四代目・鶴屋南北(1755生)のこと。

一ノ関に過ぎたるものが二つあり 時の太鼓建部清庵

一関藩は、仙台藩から分知されて成立した小藩で、現在岩手県一関市にあたる。

「時の太鼓」とは、城下に時を告げるための太鼓のことだが、これは幕府から特別許可されたもので、鐘ではなく太鼓が設置されるのは非常に珍しかったらしい。

建部清庵」(1712生)は蘭学を学んだ名医で、『解体新書』で有名な杉田玄白の盟友であった。

八代に過ぎたるものが二つあり 天守屋根乞食の松

これは加藤家が改易されたあとに熊本藩に入った細川忠興の評らしい。

八代城は、熊本県八代市にあった城で、1622年に完成したもの地名から松江城」とも言う。

熊本藩本城はかの熊本城であり、一国に二城あるのは特例である

その気兼ねもあったのか、城は未完成放置されており、天守閣だけは壮麗だったというが、それも1672年落雷消失した。

乞食の松」とは、「浜のお茶屋」とも呼ばれる松浜軒庭園にあった松のことらしいが、詳細は不明

保土ヶ谷に過ぎたるものが二つあり 苅部清兵衛に花見寿司

保土ヶ谷とは、現在神奈川県横浜市にあった、東海道程ヶ谷宿のこと。

「苅部清兵衛」とは、その程ヶ谷宿本陣・名主・問屋を務めた苅部家の当主が名乗る名跡のことで、地元の名士として代々慕われたという。

花見寿司」は程ヶ谷宿名物で、現在でもその伝統を引き継ぐ店があるとか。

挙母には過ぎたる物が二つあり 大手御門に海老名三平

挙母とは、現在愛知県豊田市にあった小藩のこと。

挙母城は、三河尾張美濃信濃遠江伊勢近江が見えるということで七州城とも呼ばれ、「大手御門」とはその立派な正門を指している。

海老名三平」とは、挙母藩の剣術師範役に代々指名された海老名当主名跡で、落語家のことではない。

岸和田に過ぎたるものが二つあり だんじり祭りに千亀利のお城

岸和田とは、現在大阪府岸和田市にあたる岸和田藩のこと。

だんじり祭り」は全国でも有名なお祭りで、1703年から始まったという。

「千亀利のお城」とは岸和田城の別名で、五重の天守に総構えの立派なものだったが、天守閣1827年に焼失している。

鴨方に過ぎたるものが三つあり 拙斎 索我 宮の石橋

鴨方藩は備中の小藩で、現在岡山県浅口市にあたる。

「拙斎」とは、儒学者西山拙斎(1735生)のこと。

松平定信に「昌平坂学問所朱子学を教えるべき」と訴え、これが「寛政異学の禁」の原因となったという。

「索我」とは、絵師田中索我(1742生)のこと。

京都に出て絵を学び、仙洞御所の屏風を描いている。西山拙斎とは親友同士だった。

「宮の石橋」とは、鴨神社参道にある石橋のこと。

川ではなく道に掛かっていて、立体交差となっているのが特徴。

京極に過ぎたるものが三つあり にっかり茶壺に多賀越中

京極とは、讃岐丸亀藩主の京極家のこと。

「にっかり」とは、刀剣乱舞でも有名となった名刀「にっかり青江」のこと。

「茶壺」とは、二代目藩主京極高豊が好んで収集した、陶工野々村仁清の茶壺のこと。

多賀越中」とは、京極家の筆頭家老を代々務めた多賀当主名跡

三原には過ぎたるものが三つあり

三原とは、広島藩の支城である三原城があったところで、現在広島県三原市のこと。

その「過ぎたるもの」とは、まず石高のわりに壮麗な「三原城」。

三原城主であり広島藩筆頭家老であった浅野忠真(1618生)に、徳川家光の娘・月渓院が一目惚れし、駄々をこねて彼の側室に入ったために使用許可された「葵の御紋」。

日光東照宮工事にあたって、難所をわずか十日で仕上げて称賛を集めた家臣「鈴木方衛」の三つだそうな。

安中に過ぎたるものが三つあり

安中とは、現在群馬県安中市にあたる安中藩のこと。

「過ぎたるもの」とは、藩政を改革して名君と謳われた藩主の「板倉勝明(1809生)」。

現在も名所とされる「安中杉並木」。

第六代安中藩主板倉重形のときに作られたという、城下に時を知らせるための「安中様のお太鼓」(一ノ関だけの特別扱いだったはずでは…!?)。

桜田に過ぎたるものが二つあり 火ノ見半鐘に箕輪の重兵衛

桜田東京麻布のあたり。

「火ノ見半鐘」は江戸で最も高いと言われる火の見櫓があったから。

箕輪の重兵衛」は桜田町の名主を代々務めたという家の名跡

永坂に過ぎたるものが二つあり 岡の桜と更科蕎麦

永坂は現在東京麻布永坂町のこと。

「岡の桜」は、御番医師・岡仁庵の屋敷に植えられていた大きな枝垂れ桜のこと。

更科蕎麦」はそのまま更科そばのことで、蕎麦御三家の一つである蕎麦処・更科が永坂にあったことにちなむ。

保科には過ぎたるものが二つあり 表御門に森要蔵

保科とは上総国飯野藩主の保科家のこと。

「表御門」は、三大陣屋と呼ばれる飯野陣屋の門のこと(か?)。

「森要蔵」(1810生)は幕末の著名な剣豪で、保科家に剣術指南役として仕えていた。

この飯野藩保科家の江戸屋敷麻布網代にあった。

森要蔵は藩に召し抱えられたあと、近所の麻布永坂・岡仁庵の屋敷の一部を間借りして道場を構え、

更科そばの初代も、この屋敷に反物商として出入りしていたところ、

蕎麦を打つのが上手いということで藩主から蕎麦屋になることを勧められ、

同じく麻布永坂に店を出した、という縁がある。

高取に過ぎたるものが二つあり 山のお城に谷の昌平

奈良まれ儒学者森田節斎の言葉であり、高取とは現在奈良高取町にあたる高取藩のこと。

「山のお城」は高取城のこと。

日本国内では最大規模の山城で、その白漆喰が輝く様を「巽高取 雪かと見れば 雪ではござらぬ土佐の城」と評した言葉が残る。

「谷の昌平」とは、幕末儒学者・谷三山(1802生)のこと。

若年の頃に聴力を失うが、勉学に励んで大成し、高取藩に召し抱えられて尊王攘夷を説いた。

新城に過ぎたるものが二つあり 前の小川太田白雪

新城は、現在愛知県新城市にあたるが、「新城藩」は藩主安中藩に移封されたため1645年に消滅、代わって旗本の菅沼氏が入った。

「前の小川」とは、新城陣屋の堀へ水を引き入れるために作られた運河のことらしいが、現在存在しない。

太田白雪」(1661生)は、地元名家の生まれで、松尾芭蕉門下の俳人となった。

土浦に過ぎたるものが二つあり 刻の太鼓と関の鉄砲

土浦藩は、現在茨城県土浦市にあたる小藩。

「刻の太鼓」は、例によって城下に時を知らせるための太鼓のこと。

「関の鉄砲」とは、関之信が開いた「関流砲術」のことで、その宗家土浦藩の鉄砲指南を代々務めていた。

下総に過ぎたるものが二つあり 成田不動に久保木蟠龍

下総下総国のことで、現在千葉県北部茨城県西部のあたりを指す。

成田不動」とは、言わずと知れた成田山新勝寺のこと。

久保木蟠龍」とは、儒学者久保木清淵(1762生)のこと。

伊能忠敬と親交が深く、忠敬亡き後は大日本沿海輿地全図の完成を手伝った。

金沢に過ぎたるものが二つあり 刀正次 兜興里

金沢はもちろん現在石川県金沢市、加賀藩金沢城下のこと。

「正次」と「興里」はどちらも鍛冶師で、刀を打たせれば正次が、兜を拵えれば興里が優れていると言われていた。

そこで正次の刀で興里の兜を斬ったところ、兜は両断できなかったが欠け、刀には刃こぼれがなかったため、引き分けということになった。

しかし実のところ、興里は兜が割られないよう小細工をしており、それがなければ正次に負けていただろうと分かっていた。

悔しがった興里は刀を打つようになり、後に「長曽祢虎徹」として知られる名工となった、という伝承があり、歌舞伎演目になっている。

「正次」は志摩兵衛正次という名らしいが、こちらはよく分からない。

番町に過ぎたるものが二つあり 佐野の桜と塙検校

番町とは、東京都千代田区地名

佐野の桜」とは、旗本佐野政言の屋敷にあった見事な枝垂れ桜のこと。

「塙検校」は塙保己一(1746生)のことで、盲人として検校にまでなりながら、著名な国学者でもあった。

秋元に過ぎたるものが二つあり 無の字の槍と岩田彦助

秋元とは、現在埼玉県川越市にあたる川越藩主の秋元喬知のこと。

「無の字の槍」とは、藩祖・泰朝が家康から賜った十文字槍のことで、鞘に「無」の金文字があった。

岩田彦助」(1658生)は、川越藩家老を務めた儒学者のこと。

松山に過ぎたるものが二つあり 河原布衣徒に千秋の寺

松山は、現在愛媛県松山市にあたる伊予松山藩のこと。

河原布衣徒」は河原にいる乞食のことと思われるが、芸が上手かったことを言っているのか、よくわからない。

千秋の寺」はそのまま千秋寺のことで、昔は二十余棟からなる大伽藍があったが、戦火で失われたらしい。

谷田部に過ぎたるものが三つあり 不動並木広瀬周度 飯塚伊賀

谷田部は現在茨城県つくば市にあった谷田部藩のこと。

「不動並木」とは、谷田部藩主細川興昌(1604生)が植えたもので、沿道に二百本ほどの松が並んでいたというが、現在はない。

広瀬周度」(1782生)は、杉田玄白門下の蘭学医でありつつ、画家としても活躍したという人物

飯塚伊賀七」(1762生)は発明家で、自宅の向かいにある酒屋まで往復するからくり人形や、人力飛行機などを作っていたという。広瀬周度から蘭学知識を得ていたとも。

徳山に過ぎたるものが三つあり 藩主墓所と桜の馬場奈古里人

徳山は、長州藩支藩で、現在山口県周南市のあたりにあった徳山藩のこと。

藩主墓所」は、徳山毛利家の菩提寺である福山大成寺にある歴代当主墓所のこと。

「桜の馬場」とは、初代藩主毛利就隆によって作られた藩士の調馬場のことだが、数百本の桜が植えられて名所となった。

奈古里人」(1671生)は、万役山事件に伴う徳山藩改易の際に活躍し、徳山藩再興運動の中心となった人物

2019-03-07

anond:20190307232226

利害関係があれば簡単演出可能

上手には叩けないけどワイだって上司やシーンによっては太鼓を叩くで?

プライベートは付き合いきれないので帰る

anond:20190306142321

都会の喧騒って慣れちゃうよね

逆に田舎にいくとささいな音でも結構遠くまで聞こえるのビビる

太鼓の音で山を越えて連絡するの理解できるやつ

2019-02-26

anond:20190226044419

平和おにぎり村に、暗雲が立ちこめる。

三角おにぎりの天下を狙う、関西俵型復興派の台頭である

から東北太鼓型も虎視眈々と中央にらむ。

中部爆弾おにぎり派のテロに、天むす派が呼応おむすび派が暗躍。

戦乱の幕開けである

2019-02-14

anond:20190214014244

太鼓フルートを鳴らし地獄めいた踊りに興じる蕃神たちに囲まれ宇宙の中心、白痴の夢の中で黒い玉座につき冒涜的な言葉を吐き散らしていると言うことなのでしょう

コズミックホラーみある

2019-02-06

国会時代劇風にしてはどうか?

本日国会中継を久ぶりに少しだけ見た。

国会中継を見ると、見た目にどうも日本らしさがなく、面白味に欠ける気がする。

もっと人目を惹くビジュアルにして見る人は増やせないのだろうか。

そこで、この様な案はどうだろうか。

国会議事堂のあの部屋を和室(もちろん豪華な感じの)にして、議員は静粛に正座

さすがに和服を着るべきとまでは言わないが。

太鼓の音でお辞儀をして質疑応答開始。

これでどうだろうか。

アイデアがまるでこち亀両津のようだな。

2018-11-21

anond:20181121183215

太鼓でも叩いてたら。楽しそうじゃん。

2018-11-14

anond:20181113215044

原作者ガイナックスがやっているにもかかわらず

どういう意味があるのかだれにもわからない

リツコさん太鼓叩きタイピングゲームはどこにあてはまるの。

単なる自分基準でしょ。

2018-10-29

祭りは持ち上げて良い神輿があって、叩いて良い太鼓があって、踊っていい踊りがあり、暴れて良い会場がある

伝統を重んじる老害が多ければ厳しいかもしれないが、全国そんなこと言ってられない現状だから、意外と受け口あるぞ

そもそもハロウィン仮装して馬鹿する日ってどこが言い出しっぺ?電通博報堂?なんでお盆あるのにもう一度先祖重んじるんだよ

2018-10-23

anond:20181019091903

B)主人公和装太鼓結びをしたのをみてエツコ(仲居)「咲子さまも忙しい時には良く手伝って下さって」

原作でも、休み連休の繁忙期には手伝ってる。関家は今でこそ東京ぐらしだが夫妻共に花の湯温泉出身(小3から同じクラスだった)のため、もともと春の屋出身だったおっこ母はもとより、それをみていたおっこ父もそれなりに忙しい時期の忙しさは把握していた模様。

おっこも小さいときから旅館に連れられて遊びにきているから、エツコさん康さんとは映画の「蜘蛛が落ちてくるところ」が初対面ではない。ただし旅館食事は「新メニューの試作」くらいでしか食べさせてもらえなかった(それでもとても美味しかった)模様。

A)東名高速のぼり車線内会話 咲子(主人公の母)「おかあさまにごあいさつできなかったわね」運転中の父「観光シーズンで忙しいかしかたないよ」

そのうえで「遅くなると帰りが渋滞となる」とのおっこの言葉から神楽を見ていたのは連休最終日のような、休みがひと区切りつく日のことだったことがわかる。おっこ父母はおそらく手伝いはせいぜい最終日朝までだったのだろう。その日チェックアウトする客関連の手伝いまではしないで、最後神楽を見ていた。帰りに挨拶しようと春の屋に寄ったら、レイトチェックアウトのお客さんがいて、特に言葉での挨拶はしないで帰ってきた、といったところか。

原作でも客が少ないとき(1巻につき1回くらいはある)とか、ピークを越えたあたりでおっこも開放されてるので、翌晩の予約が少ないなどで急ぎの用事が発生しない場合は手伝わずとも旅館仕事は回っている模様。

原作ではエツコさんにはリカコさんという大学生の娘がいて、おっこのプライベートと繁忙期が重なったとき(クリスマスとか、秋の連休でのTAIWAN旅行とか)にはバイトしてもらえるので、実はおっこは春の屋旅館の若おかみと言われつつ"おみそ"状態だったりする。風呂掃除などの仕事夏休み終わり段階の時期で皆から"荒い"(あとから来た居候男子小学生の方が仕事が丁寧と褒められている)と言われていて、あまり戦力として期待されていない。ここを踏まえないと「児童労働がー」みたいな話になる。

この話にはあんまり関係ないが、エツコさん康さんはどちらも住み込みではない。深夜仕事が発生したときに泊まれる部屋は用意してあるが、基本的には夜は家に帰っている。家が近所にあるかは不明エツコさんは車で国道沿いのショッピングセンターにひとっ走りして、おもてなし用の食器を買ってくるくらいには車に乗り慣れてる。

さらに余談だが、春の屋旅館でも秋好旅館でもないリアル温泉旅館御曹司が先輩にいて、格安で泊めてもらったことがあったのだが、旅館仕事で一番人手がかかるのは「布団の上げ下ろし」だったそうだ。これを省けると(もちろん他のいろいろも省いているのだと思うが)、1泊ウン万円の宿が数千円でも赤字にならないとのこと。以上の話を踏まえると、おっこはマスコット要員としての要素を除くとおそらく布団の上げ下ろし要員として期待されてる。

2018-10-19

劇場版若おかみは小学生!」  における謎

まず小さい方から

A)東名高速のぼり車線内会話 咲子(主人公の母)「おかあさまにごあいさつできなかったわね」運転中の父「観光シーズンで忙しいかしかたないよ」

B)主人公和装太鼓結びをしたのをみてエツコ(仲居)「咲子さまも忙しい時には良く手伝って下さって」

なぜ冒頭の訪問時には過去と違い手伝わなかったのか

2018-10-16

たまにユーチューバー動画を見る羽目になるけど、

必ず出てくる「ドン!」っていう太鼓の音と「パララパッパラ〜」っていう音がガチマジで嫌悪感で即閉じしちゃう

まともな商品紹介してるとこはこの音を使うのやめてくれ

それだけでちまたのクソユーチューバーと同じレベルに見えちゃう

2018-10-15

anond:20181015170932

太鼓叩いてるだけやん。

そんなんより百合要素もある「四分間のピアニスト」の方がメロディもあってええわ。

2018-10-12

お前らあんまり人を叩くなや

叩きたいなら太鼓ドラムでも叩いてら

2018-10-07

anond:20181007122236

ドラムって太鼓となにが違うのかわかんない。ただ叩くだけだよね

2018-09-29

anond:20180928105205

太鼓を聴いて楽しめる性格人間太鼓を聴いて楽しめない人間100人づつ集めて殺し合いさせたい

[]2018年9月28日金曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
005622865408.357.5
01304468148.965
022510155406.269
03163161197.697.5
0483248406.044
056982163.722
0692074230.4200
07212202104.975
08303408113.639.5
09727261100.841.5
1058526990.859
1182691784.439.5
121121074295.962.5
136310672169.443
1459431673.239
1598679369.336.5
1696669469.741
171221090989.459.5
187612225160.947.5
1969421061.031
2065620695.543
211471292187.934
22758595114.640
2314415081104.726
1日1539181374117.943

頻出名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

人(132), 自分(132), 話(80), 今(72), 増田(64), 問題(53), 仕事(53), 人間(51), 前(48), 日本(44), 普通(42), 感じ(40), 意味(39), あと(37), 関係(37), 言葉(37), 相手(36), ー(36), 男(35), 時間(35), 好き(34), 気持ち(34), KKO(34), 他(34), 他人(34), 金(33), 気(33), 今日(32), 必要(32), 運(31), 女(31), 子供(30), 結果(28), 最近(28), 理由(28), しよう(27), 馬鹿(27), 人生(26), 目(26), 結局(26), 批判(25), 一番(25), LGBT(25), 世界(25), 場合(25), キモ(24), 全部(24), 女性(24), 会社(24), 存在(23), 理解(23), 努力(23), 全て(23), おっさん(22), しない(22), 生活(22), 責任(22), 差別(22), 自己責任(22), バカ(22), 頭(22), ネット(21), 社会(21), 考え(20), レベル(20), アニメ(19), 手(19), エンジニア(19), 結婚(19), 勝手(18), オタク(18), 昔(18), 顔(18), 違い(17), 別(17), 声(17), すべて(17), じゃなくて(17), 絶対(17), 完全(17), 嫌(17), 文化(17), 要素(16), 主張(16), 本人(16), 名前(16), 正直(16), キャラ(16), 当たり前(15), 現実(15), 全く(15), お金(15), 病気(15), ダメ(15), 行動(15), 意見(15), 心(15), 無理(15), 間(14), 親(14), まとも(14), 誰か(14), ゴミ(14), おじさん(14), 時点(14), 議論(14), 状態(14), 性格(14), 状況(14), 個人(14), 世の中(14), 一人(14), 影響(14), 最初(14), 友人(14), 簡単(14), 前提(14), 仕方(14), 発言(14)

頻出固有名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

増田(64), 日本(44), KKO(34), LGBT(25), キモ(24), 自己責任(22), じゃなくて(17), なのか(13), 杉田水脈(12), 表現の自由(12), いない(12), 可能性(12), ラノベ(11), 元増田(11), 安倍(11), ツイッター(10), キレ(10), 杉田(10), 普通に(10), ネトウヨ(10), マジで(9), スマホ(9), キモい(9), ブログ(9), ブコメ(9), 自分たち(9), 公正世界仮説(8), 一緒に(8), 自民(8), マイノリティ(8), お気持ち(8), …。(7), 1年(7), 精神的(7), 自民党(7), ブクマ(7), わからん(7), アメリカ(7), 悪いこと(7), はてなブックマーク(7), なんの(7), カス(6), フェミ(6), IT(6), 中国(6), 言論弾圧(6), s(6), プレミアムフライデー(6), 安倍政権(6), 新潮45(6), いいんじゃない(6), ポリコレ(6), 1人(6), 価値観(6), 笑(6), 新潮45(6), シャルリーエブド(6), 任天堂(6), hatena(6), ???(6), 差別的(5), 安倍さん(5), ソシャゲ(5), 好きな人(5), モテ(5), 欧米(5), LINE(5), 立ち位置(5), is(5), キツ(5), 安倍叩き(5), ガチャ(5), はてなー(5), 外国人(5), アプリ(5), 東京(5), 生産性(5), 陰謀論(5), 上から目線(5), 毎日(5), イケメン(5), カレンダー(5), ワイ(5), 安倍首相(5), 10年(5), 新潮社(5), 2018年(5), 安倍支持(5), ADHD(5), 100%(5), 飲み会(5), はてブ(4), OK(4), アイマス(4), 高校時代(4), 一日(4), 原発作業員(4), 他責(4), アレ(4), 2日(4), 3年(4), C(4), ブクマカ(4), SNS(4), 慰安婦(4), 技術士(4), 吉澤ひとみ(4), NHK(4), あいつら(4), な!(4), ウザ(4), twitter(4), 専門学校(4), 分からん(4), 福島(4), 意味不明(4), お姉さん(4), 平成(4), ミソジニー(4), ここに(4), ストラテラ(4), 10万(4), ー(4), 自助努力(4), なんだろう(4), アスペ(4), 100年(4), ヒカキン(4), 世界観(4), にも(4), 低能先生(4), 東京五輪(4), トラバ(4), アナル(4), 障がい(4), 知らんけど(4), ぶっちゃけ(4), 1番(4)

投稿警察もどき日中に再投稿された本文の先頭20文字 ()内の数字投稿された回数

しゃぶれよ (4), (2), 代わってくれ (2)

頻出トラックバック先(簡易)

キモイと言われる僕の友人 /20180928041436(12), ■終盤で死ぬ頼れる親友キャラ /20180928105303(11), ■安倍支持だけど杉田は流石に勘弁してくれ /20180928042947(9), ■太鼓演奏って何が楽しいのよ /20180928105205(8), ■合成育ガチャ作業ゲーじゃないソシャゲない? /20180928003107(8), ■私大に通ってんだけど /20180927201017(7), ■自分ファーストであってネトウヨでは無い /20180928132652(7), ■昭和にはあったが平成の間に絶滅した食べ物 /20180927152730(7), ■『~は男の文化』だとダメなのか? /20180928131908(6), ■性的志向性的嗜好 /20180928180859(6), ■なんでみんなウエストポーチ腰につけないの? /20180928095025(6), ■「予定の調整」って面倒くない?100年前から変わってなくない? /20180928111404(6), ■日本人の全員から1円ずつもらったら1億以上いくって考えてみればすごいと思わない? /20180928084256(6), ■社長奥さんの車の洗車おしつけられた /20180928141507(6), ■あなたが落としたのはこの金の斧?銀の斧? /20180928172505(5), ■anond20180928230255 /20180928230519(5), ■逆にやりがいのある仕事なんてあるんだろうか /20180928212152(5), ■かかった分はお支払いしますので! /20180928050717(5), ■妻が妊娠してからセックスレスです。 /20180928134533(5), ■バカだけどプライドが高い /20180927213916(4), ■2018夏アニメ /20180928152323(4), ■SSDが買えない /20180927182929(4), ■ /20180928150950(4), ■はてなーってやっぱ40代多いの? /20180928174134(4), ■ティーンってどうしてすぐ恋人殺すの? /20180926233630(4), ■外食価値観が合わない /20180928003632(4), ■ /20180928165310(4), ■ /20180928164319(4), ■はてなーはどんなテレビ番組を観るの? /20180927220640(4)

増田合計ブックマーク数 ()内の数字は1日の増減

5653033(1856)

2018-09-28

anond:20180928105205

太鼓をただただ連打してると見えるならそう思うかもな。

まず太鼓は叩けば一律で音が出る楽器ではない。

角度とかね、強さとかね、素晴らしい音が出てるかどうかって評価はやっぱりあるのよ。

それから太鼓の楽しさってのは、身体的に盛り上がる感覚が大部分を占める。

ダンスに近い。まずばんばん動いてテンションが上がることが第一。聞いてるだけとしても、身体を動かしたりしよう。

最後に、他の楽器と同じで当たり前だが、周りと演奏を合わせないとそこまで楽しくない。脳内演奏でもいいから、他の演奏と息をあわせてしっかりビートをつくれ。適当にどんどん叩いてもそりゃ楽しくはない。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん