「言ってはいけない」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 言ってはいけないとは

2018-02-19

anond:20180219150825

それに限った話ではないけど

嫌な気持ちになる、と言う事すら許せないってのが最近は沢山いるからなあ

嫌な気持ちになる人が多く出ると「炎上」と言われるけど

炎上させるのは許せない」とそれを叩く連中も多い

まり彼らにとっては、嫌な気持ちになっても一切それを表で言ってはいけない、らしい

ちょい前に話題になった「批判なき政治」を思い出す

批判」と言うものを、物凄く悪い事、してはいけない事と思っている人たちがいる、って話だったか

2018-02-18

羽生結弦に対する負の感情

言ってはいけない空気

あん漫画主人公みたいなやつわざわざ見て自分が惨めにならんのか?

日本人がスゴイ?

スゴイやつらは突然変異だよ?

時々知能が高い猿がいるだろ?

人間でいうと5歳児レベル

そんな感じだよ

ましてや、

スケートお遊戯会の成績なんか

欧米では誰も相手にしてくれないよ?

から、間違っても日本人スゴイなんて

言ってはいけないよ?

猿どもわかった?

(これだから、猿の調教師は大変だなー)

2018-02-11

アニメうらら迷路帖』はなぜ失敗したか徹底解説

まずはじめにいっておきたいのは『うらら迷路帖』をけなす目的でこの文章を書いているのではないということだ。おれは『うらら迷路帖』のファンではなく日常系アニメファンで、だからこそ書いておきたいことがたくさんある。

ファンの人はたくさんいるだろうけれど、人気が出なかった作品であることはファンも認めざるを得ないと思う。なぜ商業的な失敗をしてしまったのかを可能なかぎり客観的に書くことがこの文章の目的だ。

作品の概要

うらら迷路帖』は2017年の冬クールアニメ化された作品で、原作はまんがタイムきららミラクに連載されていた四コマ漫画だ。

同じクールにやっていた『けものフレンズ』に話題をかっさらわれたばかりか、『この素晴らしい世界に祝福を! 2』『幼女戦記』といったなろう系の注目作、『ガウリールドロップアウト』『亜人ちゃんは語りたい』『小林さんちのメイドラゴン』といったファン層がかぶりそうな作品などが放映されており、それらの影に隠れてしまった感がある。

まずは良いところをあげていく

たくさんある。

キャラデザかわいい。とくに小梅のキャラデザがおれは好きだ。

OPの曲がかわいい。脳内でくり返し再生される。OP映像もそれなりにいい(もうちょっとがんばれたとは思うが)。

大正ロマン風の舞台設定がいい。建物内装はもちろん、ちょっとした小物にまで配慮がある。

占いの番付によって入られる場所制限される設定もいい。番付が上がる→入られる場所が増える→自然に新キャラが出せる(既存キャラリストラ自然にできる)というシステムになっているからだ。

ちょっとしたエロ要素もいい。

ここから先は悪いところばかりを徹底的にあげていく

なにがダメだったか明確にするために、日常系最大のヒット作であるけいおん』を中心に他のアニメ作品との比較で話をすすめていく。

男の占いへの興味のなさをなめている

日常系は+αなにを盛り込むかということが重要だ。

けいおん!』は軽音楽、『ばくおん!!』はバイク、『New Game!』はゲーム制作、『ヤマノススメ』は登山、『ゆるきゃん△』はキャンプなど男が関心をもつものを盛り込むのがふつうだ。

ひだまりスケッチ』や『GA芸術科アートデザインクラス』のように芸術をテーマにすることがよくあるけれど、それは視聴者の関心というよりは、芸術制作によってキャラ個性を出しやすいのと、作者の漫画家としての経験テーマに活かすことができるという利点があるから採用されるのだと思う。

ところが、うらら迷路帖場合は「占い」だ。これはかなりの悪手だ。しかも、おまけ程度ではなくがっつりと話に絡んでくる。

男というのは占いにまったく興味がない。馬鹿にさえしている。占い好きの男もいることはいるだろうけど、同好の男友達を見つけようと思えばかなり苦労するはずだ。

ギターを弾いている女の子は三割増しでかわいく見えるし(=萌え)、バイクをさっそうと走らせる女の子はさまになる(=萌え)けれど、占いに興じている女の子をとくべつかわいく感じる男はあまりいないはずだ(≠萌えいかんせん興味がないし馬鹿馬鹿しいと思っている)。

あと、占い師の番付が「十番占(見習い)」~「一番占(名人クラス?)」まである設定だけれど、たとえば五番占と一番占がどのくらい力がちがうのかがよくわからなかった。そういう少年漫画っぽいところは、せっかく設定を出したんだからもっと詰めるべきだ。

占い要素は、死に設定どころか死神設定になってしまっている。せめて似たような要素の「巫女」だったらまだよかったんじゃないか個人的には思っている。巫女服という制服萌え要素)があるし、エロ漫画エロゲーで培われたオタク独自巫女文化があるからだ。

キャラ関係性の構築ができていない

ようするに関係萌えができないということ。これが最大の失敗要因だとおれは睨んでいる。

メインキャラ四人は皆が初対面で、幼なじみだったり姉妹だったりするわけではないし、同じ占い学校の同期だから先輩後輩の関係性がない。だれとだれがとくべつ仲がいい設定なのかパッと見でよくわからない。あえていうなら、みんな均等に仲良し、あるいは千矢のハーレム

このおれの意見にはこういう反論が来るんじゃないかと思う。「だれとだれが仲がいいかなんて最初からからなくてもいいのではないか。話数がすすんでいくごとに徐々に関係性が構築されていく過程を楽しんでこその日常系だ」

この反論には実例を示すのがいちばんいいと思う。

たとえば、『けいおん!』。澪と律は幼なじみで仲が良く、軽音楽部の再立ち上げもこのふたりがはじめたことだ。担当楽器ベース(澪)とドラム(律)のリズム隊。唯は後輩の梓をとくに可愛がっており、梓はなんだか頼りない先輩である唯をどこか放っておけない(最高か!?)。担当楽器ふたりともギター。そして傍観者、紬。担当楽器キーボードというのもまたそれっぽい。

たとえば、『ご注文はうさぎですか?』。ココアは、住み込みで働いている喫茶店の娘のチノを妹のように可愛がっており、チノ困惑しつつもココアを受け入れていく。ココアとリゼは同じ喫茶店バイト仲間。ちがう喫茶店バイトしているシャロは、学校の先輩のリゼに強く憧れていて、幼なじみの千夜によくからかわれている(からかいといってもかわいらしいものだけれど)。

ふたつ例にあげた関係性は、アニメを観た100人100人が速攻で理解できる。そのキャラが出てきてから一話、長くても二話ほど観ればわかる。わかりやすいものであれば十秒でわかる。鼻クソほじりながら観てても簡単にわかる。

ようするに日常系というのは、関係性をはじめから色濃く匂わせていないといけないということだ。その点で『うらら迷路帖』で関係性がちゃんと構築できているのは、佐久隊長周辺だ。

佐久とニナは幼なじみで、ニナの妹のノノを昔から可愛がっている。部下ふたり佐久に惚れこんでいる。

正直なところ、佐久隊長を主役にしたほうがよかったのかもしれない。

ストーリーがある

うらら迷路帖』が日常系扱いされていることに違和感がある人もいると思う。なにせ、ストーリーがあるからだ。主人公の千矢が母親を探すために立派な占い師を目指すという大きなストーリーと、一話完結の小さなストーリーが組み合わさって作品ができている。

しかし『うらら迷路帖』はまんがタイムきらら系列作品で、登場キャラは女しかおらず、日常系雰囲気・印象がかなり強い。なので、このまま日常系ということで話をすすめていく。

日常系というのは身も蓋もない言い方をすれば、キャラ萌えさえできればそれでいいというジャンルだ。ストーリー性は萌え女の子たちが仲良くしててかわいい)の邪魔になることが多いからできるかぎり薄くし、目的があっても自己実現(趣味的)であることがほとんどだ。

うらら迷路帖』はストーリーがある。つまり萌えが付加要素になってしまっている。付加要素はいいすぎかもしれないけれど、萌え女の子たちが仲良くしててかわいい)よりもストーリーを展開させることを優先させてしまっているのは間違いない。

ストーリーおもしろければ問題なかったのだけれど、ひいき目にみてもおもしろものではなく、可もなく不可もないストーリーというのがおれの評価だ。

キャラ世界もきれいすぎる

これが、ストーリーが可もなく不可もない理由だと思う。

もう、出てくる人出てくる人、みんながきれいだ。清廉潔白道徳的に正しい。メインキャラ四人はみんなまっすぐだし、人をからかったりしないし、目立った欠点もない。このやさしい世界には悪人がいないんじゃないかと思ってしまうほどだ(警備隊なんていらないんじゃないか)。

きれいなキャラきれいな世界は当然ストーリーにも影響する。きれいなストーリーほどつまらないものはない。なんでもいいから、おもしろいと思ったストーリーものエンタメ作品を思い返してみてほしい。大きな障害があったり、殺人事件が起こったり、強大な悪人がいたり、世界のものおかしかったりすることがほとんどだと思う。

ネット配信消極的

これはおまけ程度の難点だけれど、ネット無料で観られるところが少なかったとおれは記憶している。すくなくともニコニコ動画では一週間無料期間がなく、一挙放送もなかった。萌えアニメにしてはめずらしく、ネット配信を拒んでいた印象がある(同期の仲間、ガウ亜人メイドラはそんなことなかったのに)。

おわりに

ここまで読んでもらえば、なぜ『うらら迷路帖』の失敗について書きたかったのかがわかってもらえたと思う。ここまでハズしている日常系はそうない。

もちろん、男の興味を引く題材、関係萌えの構築、ストーリーの希薄さ、ちょっとだけノイズのあるきれいなキャラたち、ネット配信積極的、のすべてを満たしたところで人気が出るとは限らない。この文章に書いた『うらら迷路帖』の欠点もただのこじつけに過ぎないのかもしれない。でも、書きたかったんだもん、仕方ないじゃない。

それと、気になる反応があったら返信するつもりでいるんで、そこんとこよろしく。


※追記

kaionji ごちうさだってキャラ世界もきれいだったけど

ごちうさには、ちょっとたかかいちょっとした毒)をしかけてくる千夜がいるし、青山ブルーマウンテンという駄目人間もいるため、キャラがきれいすぎることはない。

dzod というかストーリーがあるから失敗って言っててあまりに悲しすぎないか

日常系というのは基本的にはストーリーを入れないジャンルだ。ただ最近ストーリー要素のある日常系も増えていて『New Game!』はその唯一の成功例。『New Game!』はいろいろとうまくやってるからストーリーを入れても大丈夫だったんだけれど、その「いろいろ」を語ると長~くなるので割愛

gokkie 全く関係無いんだけど、3年後このはな綺譚とうららの違いを語れと言われても回答できる自信がない

そんなことはない。百合要素がほぼないのが『うらら迷路帖』で、百合要素たっぷりなほうが『このはな綺譚』。日常系ファンちょっとした違いに敏感になる。

ka5me 自分は不必要性的描写が多かったことだと思う。おなか見せられてまあ喜ぶんだけど日常系ライト百合に求められている事じゃない。不必要パンチラが単に下品と思われるのと同じ。

これは正論。でもおれ個人としてはもっとエロ推しでもよかった。後の方になるほどエロがなくなっていくんで、エロ要素も中途半端だったんだということにこの指摘のおかげで気づいた。やるなら徹底してエロくする、やらないなら一切やらない、という制作姿勢大事

G1Xir3um 「きらら枠でやるものではなかった」ってことでしょ? まあ分かる。

いや、むしろきらら枠以外で『うらら迷路帖』を受け入れてくれる枠があるのかどうかが疑問。極端な話だけど、たとえばジャンプに連載されたとしたら確実に10週で終了だ。

tose2125 好みに合わない理由を長々と述べられてもつらい

好みに合わない理由というよりは、「日常系の型をこれだけハズしているよ。さすがに型なしになってるよ」ということを長々と述べさせていただいた。

shiju_kago ”ストーリーがある”が悪い理由というのもすごい話だが、一昔前のテンプレ以外やってはいけない時代劇がその位置にいたのかもしれない

ひと昔前の時代劇日常系との共通項という発想がおもしろい。でもおれは時代劇のことがまったくわからないんで残念だ。

a-charin 私は女だから占いも成長してくのもすごく楽しかったけど、あの唐突なエロ邪魔だったなあ。そういうのは個人でやるから舞台では普通にしててくれ!やるならもうちょい自然にやってくれ!って毎回思ってた

女性向け日常系という道もあったのかもしれない、と思わせてくれる指摘。やっぱエロは余計なのかあ。

途中からたまゆら批判に見える。

たまゆらはよかったよ。

dowhile 大成功した。話は以上だ

気もちはわかるけど(好きなアニメが人気が出なかった経験アニメオタクならだれにでもある)、現実を見ようよ。

msdbkm "占いに興じている女の子をとくべつかわいく感じる男はあまりいないはずだ" シンデレラガールズに藤居朋というアイドルがいましてね

アイマスは765のキャラを知ってるくらいでほとんど詳しくないんだけれど、そのキャラ占い師属性以前にアイドルじゃないか占い副業(おまけ)、本職はアイドルって感じなんじゃないの?うらら迷路帖彼女らは占い本業なんだよ。

他人の作ったコンテンツを「失敗した」とか断じて論じようとする人は一切信用できない。これが長年ネットしてきて得た知見ですわ。[……]「自分の審美眼に適わないから失敗」と言い換えて個人的な好みとの差異を詳述しているだけでしょ。

個人的な好みというよりは、「日常系の型をこれだけハズしているよ」ということを書いただけであって、おれ個人審美眼なんてなにも関係ない。むしろキャラデザはいいと思っている(本文中に書いているよ)。『うらら迷路帖』を三話まで観てもらえれば書いていることを理解はできるよ(賛否はあるだろうけど)。

あと「他人の作ったコンテンツを失敗したなんて言ってはいけない」というのは基本的にちがうと思っている。つまり、どんな作品であってもさまざまな人びとが関わっていて努力しているのだからの悪く言ってはいけない批判もしてはいけないということなんだろうけど、そんなのは馬鹿げている(評論家は観た作品を全部褒めないといけないのか)。成功した作品成功要因について話していいのに、失敗要因は話してはいけない?そんなことはない。

どんな作品にもクリエイターたちの想いがこめられている。そのすべてが成功してくれればいいんだけれど、成功するのはわずかで、残りぜんぶは失敗だったり、微妙な成果だったりする。それが当たり前だ。成功を語ることもあれば、失敗を語ることだってある。それも当たり前のことだとおれは思うよ。

つーか、長年ネットをしてきた(自称)くせに、観たことのないアニメ作品批判文を読んで(全部を読んですらいないらしいけど)「個人的な好みでしょ?」とか憶測で書き込んでしまって、あげく人格否定まで書いちゃうあたりどうなのよ。長年って何年?二年くらい?まあ、あれだ、このチーズは二年くらい蔵に寝かせて熟成させてるんですよ~、とか言われたら、二年!へえ長いですねえ~って返事しちゃうもんなあ。二年って長い。おれが十年弱ネットを見てきて得た「雑学」のひとつに「ネットは人を賢くしない」というのがあるんで、あなたの「知見」のほんの隅っこほうにでも入れてやってください。あと差異とか審美眼みたいなちょっとむずかしい言葉あなたは使わないほうがいいよ、弱く見えるから。「違い」「好み」でOK

2018-02-05

anond:20180205222517

名前言ってはいけないの子は、もうネット中毒みたいなもんだから手遅れだと思うんだよね

これは舌鋒鋭いことを言って持て囃された人が通りがちな道だと思うんだけど、

過激なことを言って自分発言賞賛されると、自然発言エスカレートして先鋭化していく

名前言ってはいけない子はずーっとそうやって生きてきてるから、もうちょっとやそっとじゃ承認欲求得られないんでしょ

そういうのは、いつか時代の空気に合わなくなった瞬間に一気にタコ殴りにあうんだけど

そう考えると、うまくコントロールして長期間それなりにやれてる有吉とかマツコってすごいよな

坂上は近いうちに事故りそうな感じするし、梅沢はもう半分事故ってるようなもんだし

2018-02-04

ハロ界隈における愚痴垢とアンチ愚痴垢の対立に対する意見

みなさんは愚痴垢という存在を知っていますか?

愚痴垢とは「本垢では言えない」本音を呟くアカウントであり、本垢で呟いてしまうとフォロワーさんに不快な思いをさせてしまうため作成されたアカウントです。

愚痴垢は最近どのジャンルにも見られ、ハロプロ界隈にも愚痴垢というもの最近発足しました。

かく言う私も、ハロ界隈ではありませんが愚痴垢を持っています

しかし、ハロ界隈の愚痴垢の皆さんに共感する事も多いし、ちょっとこれは駄目なのではないか?と思う事もあります

現在ハロ界隈において、1つのはてなブログをキッカケに愚痴垢と愚痴垢に叩かれているメンバーファンとの対立が多く見られているのでこのブログを書こうと思いました。長いです

⑴ 主に愚痴垢が呟いてる内容について

(検索除けの為伏せ字を利用しています。また、今回はモーニnグ娘。の内容を中心とします。)

私が見る限り、愚痴垢の皆さんが主に愚痴を言っているのは

13期メンバーの加g楓さん

10メンバーの佐tu優樹さん

その他、太っているメンバーに対しての呟きが多い印象です。

主な内容を簡単纏める

kgさん

ビジュアル歌唱力の向上をして欲しい

stuさん

・kduが卒業したのにm-do-をひっぱりすぎ、kduを解放して欲しい

・態度を直して欲しい

振り付けアレンジをやめて欲しい

太っているメンバー

・痩せて欲しい

他にも事務所に対して

衣装CDジャケットダサい

などの意見が多く見られます

ファンが思っていること

しかし、kgさんやstuさんのファンからしたら愚痴垢のツイートはいい気分ではないと思います。そんなファンの皆さんの意見を(私なりに)纏める

・鍵をかけて呟いて欲しい

努力してるからステージに立っているのであって努力してないわけがない

ダイエット強要するな

・どうせ愚痴垢は在宅

ブログメイク頑張ってるアピールをすればいいのか?

という意見が見られます

⑶お互いの意見尊重しての私の意見

(この欄は完全に個人主観です)

まず最初に、皆さんはアイドルに何を求めていますか?

癒しを求める人、憧れの存在であって欲しい人、恋愛対象として見ている人…人によって様々だと思います

その「求めるもの」によりアイドルに対して思うことも変わってくると思います

例えば憧れの存在であって欲しい人なら、アイドルに美やスキルを求めるかもしれません。

癒しを求める人は、アイドルありのままでいて欲しい。と思うかもしれません。

愚痴垢の方とファンの方(厳密に言うとどちらもファンですが、長くなるのでここからファンの方と書きます)はその「アイドルに求めるもの」が違っていると私は思いました。その求めているものが違う以上、意見が分かれてしまうのは仕方がないことでお互いにその意見押し付け合うことは無駄な事ではないか?と思います

求めているものが違うなら、ファンをやめればいいのでは?と思う方も沢山いると思います。でも、どちらも「モーニnグ娘。が好き」という共通点があって、その上に求めているものがあるのではないでしょうか?

まず、愚痴垢の意見ですが

例えば振り付けアレンジ

これは他のメンバーとぶつかる危険性があるというのは本当ですよね。

態度も、ファンではない方が見たら「うわ、態度悪……」と悪印象を持ってしまますし改めた方がいいと思います

ビジュアル歌唱力の向上も、「アーティスト」ではなく「アイドルである以上、顔や歌を仕事にしているので多少は気にかけて欲しいという方もいますよね。

体型管理も同様に、プロである以上、確かに気を付けて欲しいと思います

私はこうやって愚痴垢が意見をするのは、「人気になって欲しいから」だと思います

「人気になって欲しいから」衣装を可愛くしてファンじゃない人に気に留めてもらいたい、悪印象を与えないように態度を改めて欲しい、デブやブスがいるってファンじゃない人に笑われて欲しくない。

こう思うのはファンエゴですが、愚痴垢の皆さんが意見する気持ちもわからなくもないと思いませんか?

でも、愚痴垢を全て肯定できるのか?と言われると肯定できない部分ももちろんあります

・他メンが休業や卒業発表をすると、○○も卒業しろ などのツイートをする

映像の一部をスクショして、ブスwwwと騒ぎ立て、映像の一部のスクショアイコンにする

根拠もなく叩く

などの点は私も改めるべきだと思います

映像の一部をスクショすればそりゃどんな美人であってもブサイクになりますし、それを使って叩くのは卑怯ですよね。

それに卒業しろ!などは言うのは自由ですが、ファンの方が不快に思うのも当然ですし改めるべきだと思います

しかし、ファンの方も

愚痴垢を在宅と決めつける

(この日ライブに行ったなどとツイートすれば身バレする可能性もあるので、わざわざアカウントを分けている愚痴垢の方は呟きにくいのでは?)

などの行為は改めた方がいいと思います

でも、確かにダイエット強制、化粧を頑張るアピールなどはしなくてもいいでしょ!という気持ちもわかります

しかしここは、先程言った「アイドルに求める事」の違いに関する問題なのでこれ以上議論することは無駄だと思います

努力も確かにしてるとは思いますが、人によって努力基準が違うのでこれもなんとも言えません。

対策

私が思い付く対策

・あまりにも酷い意見を言う愚痴垢は鍵をかける

検索除けを徹底する

・見たくない人はブロックミュートする

しかないと思います

愚痴垢がなくなればいい!と思う人は多いと思いますが、愚痴垢というものハロ界隈だけに収まるものではないのでそれは不可能だと思います

消しても消しても愚痴垢は現れますし、その度に騒いでも時間無駄です

⑸まとめ

お互い、「モーニnグ娘。が好き」という共通点があるファンです。

自衛して、検索除けを徹底する。ということを気を付けて、ツイッターライフを楽しむ。ということを私は提案しま

私は今の「同意する意見だけを述べなくてはいけない」という風潮は良くないと思っています

ダメなところはダメであり、それを不快に思うことは悪なのでしょうか?

わざわざアカウントをわけてまで呟いているのに、それを消去させることはもはや宗教のようなものだと思っています

かに言い過ぎは良くないと思います

メンバーが好きでやっているのに否定するなんて!と思う人もいると思います

かにプライベートグループ迷惑をかけなければメンバーの好きにすればいいですよね、交友関係私服など

でも取材などで写真を撮られる、となったらちょっとオシャレな服を着て着て欲しいなあ……と思い、呟くこともいけないのでしょうか?

メンバー内でドッキリをして、それが酷いドッキリであったら、「それはやめたほうがいい!」という事もダメなのでしょうか?

そこの線引きが重要だと思います

言ってはいけないラインを超えないように愚痴垢も配慮し、そのラインを超えない不満は多少目を瞑ることは必要ではないでしょうか?見たくないならブロックミュートし、愚痴垢の方も酷い意見を言う時は鍵をかける。などの配慮必要だなと思います

まとめると、片方を悪だと決めつけないで、一定ラインを超えない限りお互い干渉せずにいる、ということが重要だと思います

もう一つのブログファンの方よりの意見なので、少し愚痴垢の意見よりで書いて見ました。賛否両論あると思いますが、個人意見なのであまり気に留めず、楽しいオタクライフを!



by.メンバーの良さやMVのセットを活かしてCDジャケットデザインして欲しいオタク

2018-01-28

安倍自民党道徳的感覚の異常性

安倍自民党道徳的感覚の異常性

大前提安倍をはじめ自民党には、常識通用しない

1:平気で約束を破り、さら被害者面をしてきます

2:妬み嫉みを妄想で恨に変え、末代まで恨み続けます

3:良い事は自分のおかげ 悪い事はすべて日本人のせいであ

4:恩を受けても感謝することなく、仇で返すのが通常である

5:常に平和主義者への悪口を真偽問わず吹聴して回りますしか殺人鬼ネット右翼に対しては友好

6:フェアプレイ概念存在しません

7:努力する事よりも、他人の足を引っ張ることに情熱を注ぎます

8:何事も「ゴネればゴネるほど得だ!」という価値観を持っています

9:震災事件などで人が死んだと聞いたらとても喜びます

10英雄になる手っ取り早い方法戦争で人を殺す事です。

11安倍自民党に殺されても文句言ってはいけないと本気で思っています

2018-01-25

anond:20180125215442

現実問題少子化が深刻すぎて移民排斥したら日本破滅しかないじゃん

その属性犯罪率が物凄く高かろうとその属性全体を悪く言ってはいけない犯罪者が悪いだけだ

男性特に今の犯罪者じゃないのに犯罪者と同列に警戒される不快感を忘れず移民犯罪率が高かったとしてもその属性を悪く言わずその属性だけで警戒せず一人の人として接し差別的にはならないようにして欲しい

安倍自民党道徳的感覚の異常性

安倍自民党道徳的感覚の異常性

大前提安倍をはじめ自民党には、常識通用しない

1:平気で約束を破り、さら被害者面をしてきます

2:妬み嫉みを妄想で恨に変え、末代まで恨み続けます

3:良い事は自分のおかげ 悪い事はすべて日本人のせいであ

4:恩を受けても感謝することなく、仇で返すのが通常である

5:常に平和主義者への悪口を真偽問わず吹聴して回りますしか殺人鬼ネット右翼に対しては友好

6:フェアプレイ概念存在しません

7:努力する事よりも、他人の足を引っ張ることに情熱を注ぎます

8:何事も「ゴネればゴネるほど得だ!」という価値観を持っています

9:震災事件などで人が死んだと聞いたらとても喜びます

10英雄になる手っ取り早い方法戦争で人を殺す事です。

11安倍自民党に殺されても文句言ってはいけないと本気で思っています

2018-01-17

anond:20180117130819

そんなことで勝ち負け決めてる時点で負け組というのも本当は言ってはいけないのだろうな

2018-01-09

言葉を信頼できないことが辛い

小さい頃から「嘘は言ってはいけない」と思っていたし、人の言うことはまず「信じて」理解するべきだと考えてきた。

人の言葉を疑わないと言う意味ではなくて、疑うのはいくら疑ってもいいんだけど、相手が嘘だと認めない以上は、どんなに疑わしくても、とりあえず「相手のいうことは正しい」とみなすと言うこと。

この態度がどうやって身についたのかよくわからない。小さい時から冗談を真に受けたりして「どうしてそうやってすぐ信じちゃうの?」なんて言われることがあった。別に本気で信じているわけではなくて、冗談のように信じたがいことであっても、そう言うのだからそうなのだろうとみなして理解するのが礼儀というか、当然そうするべきだと思っていた。多分、礼儀という概念はわかっていなかったけど、「人の話を無視してはいけない」みたいな感じで、当然、人の言うことを嘘だとみなすなんてことはしてはならない、みたいな。

そういえば、「人の話を無視してはいけない」は、多分小学校とか幼稚園大人に言われてそのまま受け入れていて、中学くらいまで正しいと信じていて、高校生くらいの時に法学勉強をするようになってから、「人の話を無視してはいけないと要求してはいけない」と認識修正して、これは大変なショックだった。自分は今まで間違ったことを教えられてきて、それを今までずっと正しいと思い込んでいた、と言うことを受け入れるのが大変だった。

「人の話を無視してはいけない」って子供には一般的に教えていることだと思うし、みんな大人になるに従ってこれが世の中では通用しないことは肌で感じるはずなのに、どうやって折り合いをつけてるんだろう。

それと同じような感じで、「相手のいうことは正しいとみなすべき」って言うずっと受け入れていた正しさが、対人経験を重ねるにつれて、現実整合できないと感じること。

相手の言っていることがある程度疑わしいとき、一応自分確認をするようにしてきたつもり。「それは本当なの?」「本当だとするとこれおかしくない?」みたいに、それが信じがたいと感じる理由説明して、相手が「実は嘘でした」と認めるか「それはこういうことだから自然じゃないし疑うことないんだよ」って説明してくれるのを期待していた。

納得できる説明が得られなくても、相手が間違いを認めなければ、やはり信頼しなければいけないと思っていた。それが相互に信頼するために必要な態度だと思っていた。

でも、世の中では、信頼っていうのはそういうことじゃないんだってことを、最近強く感じる。言葉では認めないのに、やはり本音自分が疑っているようなことで、そして自分がそれを疑う理由は全く正しく、そのような疑う理由が明らかにあるから相手こちらが察することを期待していたり。

自分では察することはできているつもりだ。察しているからわざわざ念押しの確認質問をしたり疑問を表明したりするんだ。それでも認めなければ、「疑わしいけど、本人がそういう以上信じるしかない」というのがこちらの結論になってしまう。

それが後になって、最初から疑いの方がただしかったということを告白されて、ものすごく悔しく裏切られたような気持ちになったりする。わかっていたのに、無理やり信じさせたのはそっちじゃないか、と思ってしまう。

言葉への信頼を裏切られるというのはものすごく辛く悲しい。でも世の中の人は、言葉を重視していないみたいだ。行動とか態度の方が重要なんだ。

逆に、立場をひっくり返したらいいのか。言葉ではなく行動と態度を聞いて、言葉ではなく行動と態度を信頼したらいいのか。どこかにそういう慣用句のようなものがあった気もする。でもそれって、相手の誠実さをはなから信頼しないってことじゃないのか。そんなことしていいのか。

こういうことを考えることが、度々ある。

2018-01-08

女性向けジャンルのトレパク問題

ここ数年でいろんな作品にハマってきた。大学生になり、それまでと違って使える時間お金が増えたこともあってゲームイベントも沢山参加していた。

オタクでいることの楽しさを一番純粋に感じられていた。

しかし、その作品たちの多くに浮上してきたもの、それが構図のトレス疑惑や素材等の著作権違反問題だ。

まず1つ目は刀の擬人化ゲーム内のアイコンに全くの他者が作った素材をトレスしたもの使用していた。これに関しては公式から謝罪があったが、更に一番大好きなキャラ二人の立ち絵トレス疑惑が浮上していた。「刀の持ち主の流派写真を参考にしただけではないだろうか」と心のどこかで思っていたものの、マイナスイメージが一度でも付いたキャラを好きでいることに後ろめたさ、心苦しさを感じる様になり、段々ログイン回数が減ってそのまま離れてしまった。

2つ目、数字モチーフにしたアイドルグループ活躍するジャンル。ある時、キャラクター達が某有名アイドルジャンルキャラクターの外見や性格などの設定を丸パクリ、あるいは継ぎ接ぎして作られていること、またゲームカード絵、CDのジャケ絵などの構図がその他様々なジャンルの構図をパクっていることをかなり辛辣言葉で指摘しているアカウントを見てしまった。そのいわゆる「ラレ側」には、今までハマって来た作品がいくつもあった。そこで気になり始めてしまい、作品アンチアカウントを覗くようになった。「いくらなんでもそれはこじつけだ」と思う意見もあれば、「言われてみれば確かに」と思ってしまうような意見もあり、「自分はこの作品を好きだと胸を張って言ってはいけないのではないか」とどんどん暗い気持ちになってしまった。それからは1つ目の作品の時と同じようにログイン回数が減っていった。この頃「ラレ側」の作品の一つにもかなりハマっていたことも在り、その作品を好きでいる以上もうこのジャンルに関わってはいけない、と思うようになり、アプリアンインストールした。

3つ目は、フィギュアスケートを題材にしたアニメ作品最終回を目前に控えたある日、メインキャラの部屋が海外アーティストが撮った写真と全く同じデザインであること、その作品使用許可は出ていないことを知ってしまった。他にも背景やED映像著作権のある写真や本当のスケーターの動画許可なしで使っているのではないかという問題が浮上していた。これに関しては、今までの2作品疲弊していたこともあり、アニメの終了と同時に熱も冷めた。

4つ目は、今まさに頭を悩ませていることだ。有名アイドルゲームシリーズ男性版で、本当に好きなユニットキャラクターがいる。ゲーム配信からどんどんコンテンツ進化していき、ついにアニメ化もした。大好きなキャラが動いて喋ることが嬉しくて、このジャンルにはまって本当に良かったと思った。しかし、最終回も近くなってきたある回の放送で「かっこいい」と純粋に思っていたカットと似た写真が既に存在していることを知った。こじつけだと思いたかったが、ポーズは全く一緒、何なら着ている服もほとんど同じ。「この作品でもか」「またなのか」という感情でいっぱいだった。また離れられれば楽なのだが、今度の問題アニメの話だ。今まで離れてきた作品と違って、コンテンツ大元とは違う場所で起こっていることなのだ。どっちでも同じだろう、と思う人はいるかもしれないし、私の頭が無理やりそう思わせて逃げているだけかもしれない。しかし、今度は離れるには原作への熱量があまりにも大きすぎたのだ。はやく公式が何かしらのアクションを起こしてほしいと思いながら、せっかく買った円盤も開封できないままでいる。

これまでの事はすべて私の気持ち問題で、人によってはこういった問題を目にしても気にせずその作品を好きであり続けられるのかもしれない。パクリだと騒がれているものの中にも、法律には何も反していないような事例もあるのだろう。それでも、ルール違反でなければ何をしてもいいわけではなく、トレパクという問題が浮上することで着いた暗いイメージ嫌悪感を覚える人ももちろんたくさん存在している。こういった問題が起きることで離れていく人を「元々そんなに好きじゃなかったんだろう」「本当のファンだったらそんなことはするべきじゃない」と批判する人もいるが、他作品が作り上げたものを何の敬意もなく、横から取って作品を作っている側の人達は「何をしても許す、あるいはスルーしてくれる人」のためだけにコンテンツを作っているのだろうか。

ふとしたことでその作品にどっぷりはまるのと同じように、何か一つでもマイナスになるようなことがあれば簡単に熱も冷めてしまう。もちろんそれはその人の勝手だが、決して1人2人という程度ではない。作品を支えたり、応援する人の何割かがごっそり減ることだってある。自分の好きな作品キャラクターが、他の誰かが苦労して作ったものをあたか自分のものだと言わんばかりに使って称賛されていることが、どんなに苦しくて辛い事か考えてみて欲しい。

※トレパク以外にも色んな問題のある作品は多々ありますが、今回はトレパク問題に絞っています

2018-01-06

えっと…。って言わない人はどんな頭してんの?

一般的社会人はえっと…。とは言ってはいけないと言われる。

しか自分はどうしても言ってしまう。

どんな時に使うと言えば、

早く返答しないといけないがまだ意見がまとまっていない時などはえっと…。などで間を持たすことができる。基本的な使い方はこれだろう。

間が空くのが怖いのだ。自分は返答を考えたいのだが、相手からプレッシャーを感じてしまう。

えっとって言わない人ってなんなの?

頭良すぎるの?

2018-01-01

愚痴を言うのが下手

溜まった感情を伝えるのが下手。

久々に会った友人に色々聞いてもらいたくても、上手く言えない。

・義両親がなんとなく苦手

・だから義実家に行くと疲れる

・でも夫はわかってくれない、心無いことを言ってくる

例えばこういうことが言いたかったとする。

でも、丁度言えるタイミングがやって来ても

→「義両親? うん、気遣ってくれるよー。少し疲れる時もあるけどねー。うん、夫も気遣ってくれるよー、うん」

実際会って話すとこうなってしまう。

これでおしまい。次の話題

愚痴を言うのが下手な原因は主に3つ考えられて、

1. 言語化すること、話すことが苦手

2. 友人に、私は幸せだと思われたい

3. 周囲の人を下げるようなことは言ってはいけないという価値観を持っている

だと思っている。

愚痴を上手く吐き出せないのはしんどい

自分の中にずんずんと積もっていく。

聞いてもらえるだけで大分楽になるのはわかっているのに、上手く伝えられない。しんどい

2017-12-27

anond:20171227001047

童貞がツラい一番の理由って

多様性社会モットーであるはずの

「人を『属性』というマクロで括るな!ミクロの『一個人』として接しろ!」

(要は女だから家庭的だ、とか言ってはいけない…みたいな)

という規範適用されないことだよなぁ。

何故か童貞に関しては

「お前は童貞なんだからこうなんだろw」

童貞という属性で括って語られることが正当化されやすい。だから生きづらい。

そもそも童貞思想的に「一人一派」なのにな。

同じ童貞でも考え方は個人個人で隔たりが大きいことを分かってほしい

2017-12-21

anond:20171221194531

どっちも言っていいか、でなければどっちも言ってはいけない、だろ

平等だったら何でもいいんだよこっちは

権力の不均衡に憤ってるだけなんだから

なんか童貞自虐まで言ってはいけないとか、これ絶対罠だろ?

自虐こそインターネットで一体感を盛り上げるための最高のツールだったわけじゃん。

童貞非モテ、非リア、底辺コミュ障便所飯引きこもりニートハゲぼっち発達障害etc

これらの属性を一人で抱え込むには人間と言う存在は余りにも脆すぎる。

神々の設計ミスを乗り越えるために自ら生みだしたシステム放棄しようってんだから何が何だかからない。

ホモサピエンスにまで辿り着いたDNAは、今また元来た道を回れ右してダンゴ虫に戻ろうとしている。

自虐封印された弱者は、もう二度と地表に出ることはないだろう。

自虐と言う名のミスリルアーマーなくして、この弱肉強食の世を生きられるわけはないのだから

2017-12-20

はあちゅう顔面

不細工言ってはいけない空気があるがどうなんだろう。

個人見解としては、化粧次第でそれなりの割合女性に対してマウントを取れるようになるかもね、というくらいのレベルなのではないかと考えているが。

ただ性格が顔ににじみ出てるのでそこでダメだ。

anond:20171220032918

これだよね。男にとって童貞問題って凄く根深い話で、それを、言ってしまえば外野の女がエンターテイメントとして利用するのは腹立たしいし、だからこそ今こうして不満が噴出している感じがするよ。

女にとって性的ものって気持ちいいとか恋愛感情とかそういう部分との関連性しかないようにみえるけど、男にとっては自尊心とか自分精神形成する重要な何かの一つだと思うからタブーというか軽々しく当事者に向けて言ってはいけないことなんだよ。

2017-12-17

同性愛の人に絶対言ってはいけないと思ったこと。

「でも、いつか好きな人ができれば異性を好きになるんじゃない?まだそこまで好きになったことがないだけで」

私の兄弟には同性愛の子がいる。

気の弱い子だ。

成人して社会人になった今も、友達にも同性愛であることはなかなか言えてない。

私はその子の味方であり、理解者でありたいと常々思っている。

からこそ思う、否定してないように見えるこの言葉は、本人が聞いたら辛いだろうなと。

そんな、もしかしたら異性を好きになるんじゃかという可能性は、本人だって思春期の悩ましい時期に何度も考えているはずだ。

そんなこと、とっくに通り過ぎた上での「私は同性愛だ」なのだ

その苦悩を、その価値観で片付けないであげてほしい。

女の子おっぱい大好きなあなた明日、突然「同性を好きになるのが当たり前の世界」に放り出されたとして、そう言われたらどう思うのか、考えてほしい。

私はそう言われて「うん。私はね、なんでもいいから、本人には生きたいように生きればいいよと言ってるんだ」と返した。

「生きたいように生きて、幸せになる」

同性愛ということに限らず、そう思う。

兄弟よ、型にハマろうとするな、楽しく生きろ。

いつか、大好きな人に大好きと言われるといいね

2017-12-11

RPGモンスター

RPGを作っている職場で働いているのだけど

リアル系モンスターデザインをみていると、

現実動物奇形にしたようなデザインの物があって、

それは奇形を気味悪がるという事に結びついているのではないかという疑問が湧いてきたのだけど、

体に異常が生じていると、脳が危機を感じて怖いと思うわけですよ。

奇形があっても異常とは言ってはいけないかもしれない。配慮だよね。

新種の野生生物としても有り得そうな造形とか

ちょっとした奇形で生まれ得そうな造形を

モンスターと呼んで怖がらせる目的で売る行為問題は何もないのだろうか。

それを殺して遊ぶわけです。場合によっては倫理的問題になりそうだし、規制基準は満たしていたとしても、好ましくない物ってあるよね。

フィクション現実を分けて考えるのは当然だけど、現実弱者への配慮と、無意識差別的に扱っている部分の是正必要ないのだろうか。

個人的にはできれば基準以上に世の中に優しい仕事がしたい。非暴力的で、非差別的で、マイノリティも楽しくなれるような仕事のほうがいいな。

法的な規制は緩めが良いと思うけどね。

モンスターデザイン奇形についてどういう風に考え方を整理したら気持ちよく仕事ができるんだろう?

適当でいいのでなにか意見くらませんかね。だれか。

2017-11-25

リベラル現代にあらわれた「王党派」だよ

リベラル王党派みたいなものだよ。

子持ちの女性少数民族LGBTみたいなマイノリティを「国王」だと考えている。

  

  

↑ リベラルの主張はおおよそこんな感じだ。

宗教的神聖さを失った「国王」の代わりに、ところよいマイノリティをまつりあげている。  

まあ、一種カルト思想ですわ。

そこを理解しておくと、いちいち腹も立たなくなるぞ。

  

https://anond.hatelabo.jp/20171125010441

2017-11-15

欲しくても産めない人がいるんだから、人前で子ども可愛いいなんて言ってはいけない

みんな気を使ってるんだよ。

外向けには子育ては、「地獄」「いつまで奴隷か」「牢獄生活」「鬱」「発狂」「死にたい」「殺したくなる」ぐらい言うのがちょうどいい。

じっさいはパイパイあげてるときなんか、幸せ感が心の芯をダイレクトに揺さぶりまくるから、そういう意味で死にそうになるんだけどね。

anond:20171115161230

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん