「言ってはいけない」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 言ってはいけないとは

2018-09-14

喫煙者を増やせば平均寿命が下がって社会保障費がいくらかマシになる

とか言ってはいけないんだろうか

ラノベポルノ表紙問題容姿の悪い人の性欲を社会でどう受け入れるかという問題

結局これは容姿の悪いキモいオタク(40-50代の素人童貞独身おっさん)がオナニーしてるようで気持ちが悪いということなのだろう。

容姿の悪いキモいオタクの性欲がラノベポルノ表紙に凝縮して表れている。

はっきり言って、ラノベポルノ表紙を見たとき自分が汚いおっさんレイプされたような気持ちになった。

ラノベの表紙にはオタクの性欲が詰まっているというか溢れ出している。ラノベからは精液のにおいがする。それがキモいんだと思う。



たとえば雑誌エロい写真が表紙になっているとか言うけど、ああいうのがそこまで気持ち悪いと思わないのは、想定される読者層がそこまでキモくないからだと思う。そのエロい画像なり写真容姿の悪い人たちがオナニーしているという連想が働きにくい。

普通雑誌はそれぞれ読者層に偏りはあるのだろうけど、それでも平々凡々の普通の人たちが読者層なんだろうなというニュートラルな印象を受ける。つまり普通雑誌の読者層は顔面容姿偏差値にして45-60程度の人だとなんとなく思っている。

一方ラノベ場合は、表紙を見た瞬間にキモいおっさんオナニーしてるという想像が働いてしまう。ラノベの読者層はスクールカースト底辺にいたような人たちしかいないと想像してしまう。顔面容姿偏差値にして45未満。

結局自分の中ではこういう差があると思った。ラノベは表紙自体キモいけど、事実がどうかは別として、それを手に取る人間顔面容姿偏差値にして45未満の人間であり、40-50代で独身素人童貞という連想自動的に働いてしまう。そして性的アピールの激しい絵柄はそのキモい人たちの性欲が濃密に凝縮されているように見えてしまう。

キモい人のむき出しの性欲、つまり女性に対する征服欲みたいなものがそこに表れている。これがキモいというか、グロテスクというか、おぞましいというか、恐怖すら感じる。自分ケダモノレイプされたような気持ちになる。

しかしこれはすべて感情問題でもあって、キモい人に対する差別心が生んだものでもあると思った。イケメンにも性欲はあるだろうけど、イケメンの性欲はそこまでキモくない。一方、グロメンの性欲は、キモいどころか恐怖である。これはやはり容姿差別なんだろう。



ラノベポルノ表紙がいいものだとは思わないが、そのポルノキモいおっさんたちが救われているというのも事実としてある。そして同時にその表現によって傷つく女性たちもいる。これもまた事実だ。

自分はどちらかが死ねばいいとは思わない。お互い共存することが大事だ。そうなると、やはりゾーニングだとか売り方の問題になってくるわけだけど、それを言うと、表現規制だといってラノベオタク発狂してしまう。どうしたものか。「嫌なら見るな」のごとく「売り場に近づくな」論も出てきた。でもそれは大型店舗でもない限り無理というものだろう。ちょっと漫画コーナー付近を歩いていていつの間にかラノベコーナーに入り込んでいたなんてことはよくある。女性子供漫画コーナー付近をうろつくなと? それもまた不当な排除だろう。

ラノベポルノ表紙がなくなるとキモいおっさんの性欲のはけ口が減ってしまうので、それも避けたい。しかし、ポルノ絵で傷つく女性たちが出ないようにもしたい。お互い歩み寄りが必要で、女性側はラノベ規制しろと軽々しく言ってはいけないし、ラノベオタク側はポルノ絵を受け入れろと傲慢に言い放つべきではないと思う。




ラノベオタク自分たちこそ真の弱者だと思っている。自分たちはこんなにも差別され迫害されているのに、誰から弱者扱いされない真の弱者だと。

一般的世界では白人男性・健常者が強者で、弱者といえば非白人の弱い女性たちということになっている。日本男性海外に出れば弱者側に回ることもあるかもしれない。が、一般的に言って、日本において日本人・男性・健常者はやはり強者だ。キモいラノベオタクが「俺らは弱者だ」と言ったところで、世間は受け入れないだろう。日本はいまだに男性中心の社会だし、女性差別過去にもあったし、現在存在する。ネットではラノベオタク大勢力になってしまったため感覚麻痺しているかもしれないが、男性というあるだけで君らは強者である、まずはそれを理解するべきだ。君たちは差別され迫害されているのではなく、暴力を振るい、他者を抑圧する側の人間であるということ。女性たちが声を上げるのはそういった大前提がある。

そういう認識に立った上で、君らは自分たちを真の弱者定義するのではなく、男性社会で敗れた「強者の中の敗者」であるという理解をするべきだ。そして世間は「強者の中の敗者」つまりキモいラノベオタクを受け入れなければならない。飼い殺しにしなければならない。それがラノベポルノ表紙の役割なのかもしれない。たしかにその表現暴力的で、女性差別的だ。しかし、男性優位社会において、男性として敗れた人間の居場所も作っておいてやらなければならない。それは競争社会において重要なことだろう。人間尊厳最後生命線。




やはり売り方の問題になってくるのだろうか。しかしやはり「表現規制だー」の大炎上が待っている。ポルノ表現を維持したまま売り場を少し変えても彼らにとっては表現規制なのだろう。なぜ不当に隅へ追いやられなければならないのかと感じるのだろう。

おおっぴらにポルノ表現を、つまり彼らの煮えたぎった精液を社会にぶちまけて、社会から批判が返ってきたら彼らにとってはそれが差別なのだ。彼らの被害者意識はとてつもなく強いため、現状のままで問題解決へ向かうのは難しいと思う。

現時点でできる精一杯のことは、ラノベポルノ表現を見たとき、鳥の糞がかかってしまったとでもいうように、残念に思いながらも諦めるしかないのだろうか。しかしこれでは傷つく女性たちが救われないのだが……。

2018-08-25

可愛い眼鏡ッ娘眼鏡非装着時に微妙になる原因がわかった

僕は眼鏡ッ娘を心から愛している者だ。

可愛い眼鏡ッ娘眼鏡非装着時に微妙になる原因」について述べる前に、

まずは眼鏡ッ娘には数種類あるということを先に言及しておきたい。

(決してもったいぶっているのではないので悪しからず)

眼鏡をかけててもかけてなくても可愛い

眼鏡をかけていると可愛いが、はずすとあまり可愛くない人

眼鏡をかけているとあまり可愛くないが、はずすと可愛い

眼鏡をかけててもかけてなくても可愛くない人

⑤ダテ眼鏡(論外)

まず①については、ただの選ばれし者、ただの可愛い人なので何も言えることはない。

よく漫画などでは③のケースが王道として存在しているが、実際のところ都市伝説なのでは?と個人的には思っている。ガチマジでたことない。

ホントの私、デビュー!のCMだって絶対眼鏡装着時のほうが可愛いし。

だが、これについては僕のフェティシズムが大いに関係しているので、主観が入っているとは思う。

眼鏡をかけている人で、一番多いのは④の人だろう。それが普通だ。

ちなみに、近眼でもないのに、ブルーライト紫外線カットするのでもないのに、度の入っていない眼鏡をかける人には怒りを覚える(⑤)。

足が悪くない人があえて車椅子に乗っているような感じに思えてしまう。

それはさておき、ここで焦点を当てたいのは②の眼鏡ッ娘だ。

非装着時には実にパッとしない顔なのに、眼鏡が異様なほど似合い、装着すると途端に堰を切って魅力があふれ出す稀有タイプだ。

ちなみに、同志ならわかってくれると思うのだが、真の眼鏡ッ娘フェチになってくると、非装着時に微妙な顔であること自体も興奮材料となる。

前置きが長くなってしまった。

可愛い眼鏡ッ娘眼鏡非装着時に微妙になるのは何故か?

僕は二次元でも三次元でも可愛い眼鏡ッ娘が大好きなので、今までたくさんの眼鏡ッ娘をじっくりと観察してきている。

個人的見解に過ぎないが)その経験から導かれた、②眼鏡をかけていると可愛いが、はずすとあまり可愛くない人 の共通点

(a)面長で下膨れ

(b)顔のパーツ1つ1つの主張があまりない(いわゆる薄い顔)。そして配置バランスがあまりよくない

ではないか推定している。

まず(a)については、眼鏡をかけると、眼鏡フレームで顔が横方向に分断され、

おかげで顔の下半分の長さとボリュームごまかせているのではないかと考えている。

眼鏡をはずすと何だが間延びして見えるのが特徴的だ。

そして(b)については、僕自身が濃い顔の可愛い眼鏡ッ娘を見たことがないのと、

パーツのバランス眼鏡ありきで成立するという逆に奇跡的な現象が起こっている可能から挙げた。

それから近眼の人はだいたいあてはまると思うが、裸眼では目つきが悪い(睨んでいるように見られる)人がかなり多いと思う。

これも、裸眼眼鏡ッ娘微妙ものにしている大きな原因だろう。


残念なのが、少女漫画やアキュビューのCMや世の中の風潮に踊らされ、

せっかく眼鏡をかけてこそ可愛いタイプなのにそれをきちんと自覚せずコンタクトにしてしま女の子だ。

その過程を目の当たりにしたとき、僕は心の中で豊田真由子のあの台詞を叫ばずにはいられない。


あなたの周り可愛い眼鏡ッ娘が居たとして、その子上記(a)(b)に当てはまっていたら

ちょっと眼鏡はずしてみてよ~」などと言ってはいけないので十分注意してください。


ちなみに、僕は女の子が好きなのでここでは眼鏡ッ娘について書いたが、以上のことは眼鏡男子にもおそらく当てはまるだろう。

はてな男子眼鏡率高そうなので、自分安易コンタクトにしていいタイプかどうか十分に考慮してください。

2018-08-22

この話はしつこくしないといけない

anond:20180822194429

俗にエロ本扱いされているコンビニ雑誌も、出版上・条例上はananと同じく一般雑誌で「エロ本・成人向け雑誌ではない」のだ

なのに「成人向け」として撤去されたことがミニストップとき問題だった

そこが納得できないでごちゃごちゃ屁理屈を言っていた連中もいたが、それが日本ルールなのだ

ルール内での対処有害指定など)が可能だったのに、向こうがルールを破ったことが問題だった

表現の自由戦士」などと揶揄されながらも、一部の心ある人はそのことを説いてきたのだが、世間偏見は変わらなかったのは残念だった

コンビニ雑誌を成人向け扱いするのは条例さえも無視した見解で、つまり書籍恣意的に成人扱いできることにも繋がる

今回のように女性誌ターゲットにされることだって当然あり得るという意見もあったが、一蹴されて終わった

ananコンビニ雑誌問題はまったく同じ構造

anan撤去しろと言いたいのではない

コンビニ雑誌撤去しろと言うことは当然anan撤去にも同意せざるを得ないんだからコンビニ雑誌を認めることも考えてもらえませんか、という話

逆にananも守らないとだめだ

安易に成人向け扱い、撤去などと言ってはいけない

こういう主張は当時もあったが、それを「表現の自由戦士」などと笑っていた連中は、やはり基本的な考えからすでに表現の敵だと思う

2018-08-21

ふと思ったんだが

ポリティカルコレクトネスって、

言論の自由を阻害してないか

かに

LGBT全員死ね」とか

イスラム教徒絶滅させるべき」とか

ナチス万歳」とかは、

ポリコレ的には100%アウトなんだろうけど、

言論の自由という視点において、

本当に言ってはいけないんだろうか?

(まあ、言った後は社会的破滅させられると思うけど)

愛知県民に言ってはいけないこと

愛知って全国レベルで有名な遊園地ないよね」

天むす赤福愛知じゃなくて三重だよね?」

名古屋って人が沢山いるでっかい田舎だよね」

あとは何かある?

2018-08-20

anond:20180820222730

そういうことを言ってはいけないよ。

これ以上社会の分断を招くと取り返しがつかない。

でも、こういった意見が出るのは、やはりポピュリズム問題がまだちゃん理解されていない証拠だね。

2018-08-18

修正主義的 護憲派の人々

 

自衛隊日米安保専守防衛範囲内なら合憲だと言っている。

 

専守防衛の枠内なら、自衛隊軍隊ではないと言っている。

 

この嘘を言い続けることに意味があると言っている。

 

それを嘘だと言ってはいけないと言っている。

 

嘘だから否定しようという行動を人に取らせないならば、

 

戦前情報統制や抑圧と同じではないか

 

戦前批判している自称リベラル護憲派が、

 

戦前大本営と同じことをやっている。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

anond:20180810211812

2018-08-17

「あの夏」の終わり方

“あの夏”、から一年唐突ですが、どういう思いを抱いて彼らを応援しているのか、を自分語りとして綴ることにします。(お友達は一部既出ですが・・自分なりに整理をしました)いろんな巡り合わせだったり偶然を運命を呼ぶことにしたわたしは、森田美勇人Love-tuneTravis Japan)出の美勇人なのだな、と思います

2016年出会いの春、それはLove-tuneが結成された季節です。少クラガムシャラ、そして兄ガチャに嵐バック。2014年からあらちかを筆頭に、まがいなりにもTravis Japan意識していた人間としては、みゅうとくんが公式グループ兼任することも、顕嵐くんがいつのまにかそこでマイクを持っていたことも、待って待って…と思うばかりだった。

だけど顕嵐くんが、輝くべき場所で輝けるのならそれは素敵だよとなぜか腑に落ちていて。目線を合わせずに背中を委ねる宮近くんとはもう長い付き合いだったこと、骨折しながら青山劇場に通ってTravis Japanで居てくれたこと、「やっとA・RA・SHIを歌えました」と言ってくれたこと、グループの顔として存在しようとしてくれたこと。だいすきな顕嵐くんがいくつもあるけれど、アイドル阿部顕嵐”としての最善の道を邁進しようとする生き様が、彼らしいなんてふうに思った。“あらちか”が隣同士でなくなってしまうのにはどこかズキッとして、終わりを迎える日を「宮近ももってけドロボー!」なんてまだまだ傷心を誤魔化すように、それっぽく野次をとばしてみたりした。2016年を振り返る際に、意思を持ってトラジャへ合いの手を入れる顕嵐くんが瞬間咎められる姿に、心のめそめそは止まらなかったけれど、それぞれのファンとの関係大事にする彼らの優しさだったんだろうなあ、と思う。(銀河劇場でコンテを狂舞する顕嵐くんを、博品館Shall we dance?する宮近くんを、同時に観れちゃうんだ あらちかはず〜っとドリームだよ!)

そんな事実が対比として、8人になったTravis Japanを引っ張ろうとさらに踊りだしたみんなのみゅうとくんに、どうしてもTravis Japanでいてほしくて、青山劇場さよならをして終わりかにみえTravis Japanが、兄組・弟組別から改めてグループとして動きだしたTravis Japanに、そのままのグループでいてほしくて、そんな勝手な願掛けでブーメラン呪いをかけはじめた。

両方の登場場面で現れた出ずっぱりな少クラ美勇人くん、嵐についたら翌日はえびバック、ドリボに出たら幕間で稽古、次はえび座で…、DIGITAL BOYSセンターで笑って、アイランドゲストガチャも最もバック選抜される名実休みのなかった美勇人くん。木星から金星へ、その場でジャケット羽織ってTravis JapanからLove-tuneへ変幻する美勇人くんにハートは奪われたし、仮面ライダーって実在するんだ、と思った。精神的な切迫を考え出すとキリがなかったのに、呼ばれるうちが華、なんてやっとのお休みダンス留学なんてしちゃう。誰よりアイドルをして、歌って奏でて踊りまくる美勇人くんがいて、もう充分すぎるほど君を見つめていたし、たくさんの衣装を着まわす姿を思わず数え「今はどっち?」と離れて行きそうな彼への、典型的な重い女な執着心を抱き“リア恋枠”を称したのは、心の奥底でこうなる「いつか」を恐れて、1mm責任や傷を負わないよう距離を図っていたのだろう。「いつか」来る「いつか」を知ってしまったとき自分を最大限傷つけないよう「担当」と呼ばない逃げ道に立って、大好きなのにすべてを100%応援できない、身勝手自分肯定していた。それでも、2つの顔を邁進する美勇人くんのやさしさや強さが憎いくらい眩しくって憎むことなんて滅相もなくて、ほんとうはずっと、「いってきます」を言うと「いってらっしゃい」を「ただいま」に「おかえり」を返してくれる、Love-tuneというTravis Japanという君だけの特等席はあたたかすぎるほど輝きに満ちていたのに。

2017年ジャニーズJr.祭り、会いにいったTravis Japanは7人になっていた。アイランドで氷のような張り詰めた美麗さを纏った宮近くんはだからだったと合点してしまうことが切なくて、“兄組”という4人の青春尊大だったし、僅か数ヶ月前「やる気スイッチTravis Japan」だとメンバーの顔を振り返っては破顔するキングオブTravis Japanな最年長が、今「なんで?」とついつい息巻いた。それでも彼は過去否定することなく夢を夢のままにせず歩みだしたし、親友たちは今でも存在をたくさん生かしてくれるのに、今も昔も変わらず己を武器にするところ本当に拡輝でヒロキだね〜。舞台の上で、今も踊る姿を演じる姿を大きな笑顔をみつけられること、希望しかないよ。

ユニットと肩を並べたこステージで、魅せようと一体に燃え盛るTravis Japanは7人でも最高に情熱的だった。唯一オリ曲を持っていないのが切なくて虚しくてたまらなかったけれど、「本物のアーティスト」になるべく温存された玉虫衣装を纏ってソークレ・スパノバを踊る彼らのため心臓は動いたし、『山の手外回り』を選曲して、大阪では2番の「御堂筋線」を歌う姿はなんの誇張もなく天才的で愛くるしかった。

Love-tuneでありTravis Japanである森田美勇人は、キレッキレのNaFで世界観に引き込んだと思ったら、マスピではセンターをぶっちぎって腰を回すし、パリマニで花道闊歩してCha-Cha-Chaで低音ラップする人一倍な出演に膝から崩れ落ちてしまう。そんなふうにTravis Japanへの信奉と美勇人くんへの好きが目の前に打ち寄せる。ついつい神経質になる私を宥めるかのように、トラジャのジャケットのうえにらぶのジャケット羽織ったり、らぶのジャケットのうえにトラジャのそれを羽織ったり、同じくらいの交互にする美勇人くんはとてもやさしくて。横アリラスト開演前、早売りとして流れてきた「どちらも100%」「最後の一人になってもTravis Japan」の言葉と、そう言ってくれた事実、今となっては真偽は分からないけれど、心のやらかいところお陰で君に染まっていて、ただ単純に嬉しくて愛しくて天日干ししたお布団みたいにあったかかった。

ジャニーズJr.なのに」と卑下せず、「ジャニーズJr.から努力を選んだ。ベースラップダンスも、誰よりカッコいい美勇人くん。両グループのまんなかを歩いては、どちらでも0番になれた美勇人くん。ほんとうに最後まで、どちらも100%だった、美勇人くん。衣装を変える度、曲が変わる度、変身する美勇人くんは、ほんとうのみんなのスーパーヒーローで、仮面ライダーだった。ジャニーズ銀座では、森田美勇人Love-tune)と森田美勇人Travis Japan)のフォトセットが別々に発売されたこと。グレちゃってたくせに、「もりたさんきょうだいでまわしてる」なんてひらがなで言うこと。出演公演数を知っても、昔の方が、なんて何食わない顔をすること。トラジャを引っ張って、らぶを底上げして、全部を抱きながらアイドルで居てくれて、本当にほんとうに凄い美勇人くん。トラジャが冬の帝劇に呼ばれたこと、ついにオリジナル衣装オリジナルの曲をもらったこと。多分、あと寸前のところで、影に覆われてしまわなかったのは、舞台班だったはずが、毎週の少クラコンサートに、やっとおんなじ土俵に立てたのは、美勇人くんが、Love-tuneTravis Japanでいてくれたおかげなのかな、と。そういう、守り抜き方をしてくれたんだ、と思いたくて。美化しすぎだと怒られてしまいそうだけど、もう大丈夫なところまで、守ってくれたんだ、と思えて。

あの夏、つまりはキントレトラジャ単独公演。美勇人くんのために悪戯っ子みたいに踊った弟組、美勇人くんのために揺れる最後の“白”、涙を包み隠すような如恵留くんの『時を刻もう』。雨が降り続けた六本木で、“今さら「なんで?」ってなんて言わないよ”なんて、まさになしめちゃんの『雨』。「最後はこれしかないだろー!」なSupernova。“明日になれば全てが嘘だとしても i wanna rock your world” 。泣いちゃった宮近くんと、「そのままでいてくれーー!」なうちゃんあんなに泣きじゃくったのは最初最後の夜だったし、すべてのエネルギーが注がれた救世主は、それでも逞しく踊り続けるから、強くて儚くてそして美しかった。「お仕事がんばって!」と笑っていうアイドルないつも通りすぎる美勇人くんは6人へ拍手をしたし、体力の限界まで踊りきるTravis Japanはただ格好よくて前しか向いていない、宇宙で一番熱いグループだった。6人の『夢のハリウッド』をお披露目したのに「オリジナル曲」と言わず、命の限り7人だったジャニーズJr.アイドル森田美勇人くんとTravis Japanと“あの夏”、がずるすぎるくらいに愛しくて愛しくて大大だーいすきなんだ!『夢のハリウッド』は間違いなく、7人のTravis Japanが掴み取った曲だったし、今も7人のための曲だね。

翌日からの、Love-tuneTravis Japan合同公演に当たり前のように森田美勇人Love-tune/Travis Japan)でいたことが当たり前だけどカッコよすぎて、やり抜いたオーラスCan do! Can go!でEXシアターを一周する姿は、やっぱりファンのためにしか生きていなかった。帰路にて不意に、「あっちの立場じゃなくてよかった」と聞こえてしまたことが悲しくて、そしてひどく羨ましかった。嫌いになれればどんなに楽か、なんて思ってしまうけれど、みゅうとくんは最後最後まで一途に筋を通し続けちゃうから、誰よりファンのためのそんな生き方から、嫌いになれるわけなんてないよ〜〜。

立ち会うことになった『Love-tune Live 2017』、後ろのカッコの中身が減ってしまってもキラキラに輝いて「好きなんだよ」「泣かないで」と恋させてくれる罪なアイドル森田美勇人くんが、たしかに泣けるくらい好きだった。デザインしたネイビーとホワイトTシャツを、半分ずつに繋いで着こなすみゅうとくんは、誰のことも置いていかない100%アイドルでさー!

Love-tuneは、完璧すぎるからずるい。熱を呼応させる高い求心力も、まんなかで指揮する最小最年長を含め、もはや二次元バランス個性も、魂から魂へ奏でる音色も。なのに努力できる才能、幸せを作る力と信念と、思わず恋する運命共同体な笑顔バンドだけじゃないダンスだけじゃない、7人じゃなきゃLove-tuneじゃないLove-tuneに、ときめかないわけがないし、勝ち負けではないと言いながら私自身が完敗だった。出会う順番やこんな欠点のなさにも理由をつけて、「私なんか応援しなくたって完成されているじゃん」と卑屈になったり、当たり前ながら当たり前に「ファン」する方に引け目を感じて縮こまったり、羨んでしま自分がどうしても存在してしまったけど、そんなどうしようもない気持ちも、好きを表す賞賛ひとつにしていいのかな、なんて。

そんな頂点で、アクセントになればとなにより踊って奏でる素晴らしいみゅうとくんは、お茶目に熱い愛を沸かすし、使命を果たしてくれたみゅうとくんによって、どこかで「言ってはいけないこと」と決め込んでいた無意識解放され、言っていい言葉になった。「Love-tuneが好き」を、わたしも言うことができる!Travis Japanで魅せる美しい美勇人くんも、Love-tuneで魂をぶつける勇ましい美勇人くんも、ほんとうのほんとうは、ちゃんと大好きだった。それ以上にも歴史のある人だけど、語らずにも区切りをつけて、今をありったけ生きてくれている今の美勇人くんを、「好き」だと言っていたい。

Love-tune Liveから約一週間後の『ABCジャニーズ伝説2017』。日生劇場客席には、みゅうとくんが見学にいた。ステージにいるTravis Japanは5人になっていた。アグレッシブダンスとお顔を一目見れば、“気になる存在”になってしまう最年少。笑いをとりにいく姿勢も、軽快にMCを回すキーマンだったのも、突然いなくなったのも、こっちが「オマエのそーいうとこ嫌い」だもう!!!大嘘)夢ハリの増えたパート自分のものにする宮近くんやうみちゃんTravis Japanのまっすぐな瞳を見ては、涙が溢れてしまうばかりだったけど、“5人でも大丈夫”なことを高らかに宣言するように、透明な空気を纏いピカピカと輝きを魅せるそこはまさにハリウッドだった。見せ場のアドリブ、ここぞとばかりなのえしめを呼んでひっちゃかめっちゃかするうみちゃんはよくぞやってくれただし、ショータイム完璧美勇人くんへ指差しウィンク・指の隙間から時を超え5starsする宮近くんは客席一番後ろへ目配せをして、楽しそうに嬉しそうにこれでもかと“Dance for you”するTravis Japanがたまらなく愛おしかった。

命が減っても不死鳥のように生き続け、魂を磨き上げるTravis Japanは、真っ先に火を灯したい至高のエンターティナーだ。悔しい悲しい切ないでドロドロになってしまうのに、一瞬でその汗と笑顔に魅了されてしまうから、嬉しくて楽しくて最高の「生きる」をもらってしまう。わんぱくどろんこはちゃめちゃなのに、パフォーマンスとなるとキリッとお澄ましをして曲の世界へ誘う青年たち。どうしようもなく愛おしくなるし、彼らのパフォーマンスになにより心が揺れ動いて、ドクドクと血は巡り、体温が何度だって上がる。誰もわるくなくってどうしようもできなくって、それでもちゃんと、彼らは幸せを描いていた。

「報われてほしい」と言われることも少なくないけれど、過去もずっと今もずっと、“誰も歩いたことない道を歩く”Travis Japanは、出会った私はしあわせだったんだよ〜。Love-tune美勇人くんを、100%好きだと言い切れない自分が負い目のままだったけど、美勇人くんを好きなTravis Japanを、Travis Japanを好きな美勇人くんを、まだずっと、好きでいいんだ、と幸せの渦に巻き込まれているようで。

そうして美勇人くんの誕生日更新されたジャニーズWebボイスは、数ヶ月前に私もリクエストした、ちゃんTravis Japanだった証をプレゼントしてくれたみたいなあの一言だった。

それからというもの、季節はすぐにめぐり巡ってしまうけれど、思えばしあわせなことしかなかった。何かが幕を開ける始まりの度、いつかまた、戻ってくれるんじゃないか…また誰かを失ってしまうんじゃないか…と淡い期待や不安を抱いてしまうはずが、Travis Japanは、一生一緒の最強シンメを迎えて7人になった。大事記憶や脆さに蓋をしながら、ファン確認をしながら、颯爽と次のステージにいるらしい。もう彼の戻れる場所はなくて、探すのはやめようと誓った晩秋自分場所自分でつかみ取れ、帝国劇場Travis Payneの構成振付を高らかに踊りつづけた新春。Endless SHOCKカンパニーの一員、豹変したように踊るこの2人がメンバーだなんて恐ろしい程だとまるで裏切られた立春横アリドリームステージ、「オレたちの第2幕」。7人の新生Travis Japanの汗と笑顔しあわせの鐘に涙・始まりまりの春。初めての7人でのツアー双眼鏡の中でISNを踊る宮近くんがやっぱり宝石みたい、電光石火3年前を思い出した初夏。

今までのわたしは結局自分のしあわせしか考えていなかったけれど、ジャニーズJr.祭り2018を通して、ちょっとみゅうとくんのしあわせを考えられる大人になったんじゃないかなぁ。みゅうとくんを抱きしめ迎えてくれるLove-tuneがいることが嬉しくて嬉しくて、マジパネェ太郎さんがとなりにいるなんてめちゃくちゃ心強くて。見学席へみゅーと!みゅーと!とピーチクパーチクするトラジャは変わらずでなんだか懐かしくなって、YouTubeに連載にセルフィーに…。彼らにとっても私にとっても“初めて”を大事に育むれっきとしたグループトラジャがもうとびきりな非日常を運んでくれているし、代わり映えしない毎日から救ってくれるのはLove-tuneなんだよ。長い長い春休みだけど、わたしTravis Japanを好きなこと、Love-tuneを好きでいられること、みゅうとくんがアイドルを生きた最高の証で、大事ギフトだって思います

こうも好きだと、1週間後には誰かトラジャの担当となる可能性が大いにあってしまうけれど・・(笑)今度は私が信じる番、天下無敵な最強スーパーアイドル美勇人くんがステージで輝ける日、心の底から願って信じて待ってます!!!ダンスバンド中途半端でいたくないという美勇人くん、どうかたくさんの努力と才能、大輪笑顔を咲かすことができますように。平成最後のこの夏、Travis Japan世界で一番熱く平和に夢へと駆け抜けられますように。諸君最高で最強なドキドキわくわくを今年、これでもかと両手に抱えられたらなあと思うよ。

Travis Japanだった9人も、8人も、7人も、6人も、5人も。そして、Travis Japanが、森田美勇人くんが、大大大好きだ!世界中の愛を届けられるように、踊りつづけるDancerでね。上書きするわけではないけれど、長かった“あの夏”をついに終えれる気がしている。今年は、どんな夏がどんな君たちが待っているんだろう。絶対絶対、楽しもう!ね〜〜!(賛成〜〜!)

2018-08-15

戦争はいけない」と泣くババアの白々しさ

終戦の日

テレビババアが泣いていた

戦争はいけない」と

でもおれには見える

ババア戦時中

兵隊さんをバンザイして見送った姿を

からだが弱くて戦地に行けない男たちを

非国民と呼んで後ろ指さした姿を

竹槍で天を突く姿を

それは国から騙されたか

なんて言い訳するに違いないが

そんなはずはない

福島原発周辺の住民たちだって

昔は原発反対を叫ぶ人たちに

「俺たちの生活邪魔するな」

そう怒鳴っていたんだ

戦争はいけない」と

抽象的に言ってはいけない

「あの戦争」の

「何」が

「誰」が

「どう」悪かったのか

具体的に言わなければならない

特に「誰」が「何」をしたのかは

徹底的に暴かれなければならない

それは泣くババアも同じだ

小市民に罪はない

死人に鞭打つな

などという

無責任論理鵜呑みにしてはいけない

「あやまちは繰り返しませんから

なんて主語を隠して

センチな気分に浸ってはいけない

次の戦争

「あの戦争」と同じ形をしている

とは限らない

しろ機銃掃射も焼夷弾原子爆弾

使われることはない

徴兵制も敷かれることはない

どういう形の戦争になるか分からない

しろ「あの戦争」は

すでに何度も起こっていて

しかしそのことに

戦争はいけない」と

泣いたババアは気づかずに

長い間加担してきた

そのことをババア自覚しない限り

「あの戦争」は形を変えて

必ず繰り返される

ブラック企業で虐げられ

心身を病み

死を選んだ若者たち

きっとババアは彼らを

「男のくせにだらしがない」

「わしらが若いころは」

と蔑んでいたことだろう

強いものに巻かれ

逆らわず忖度

匿名安全地帯から

人を傷つけて溜飲を下げる

そんな卑怯国民

あの無謀な戦争を起こし

いつまでもグズグズと戦線を引き伸ばし

犠牲者を増やしていったんじゃないか

真夏甲子園

暑さに苦しむ球児見世物にして

カネ儲けをしている朝日新聞

戦時中

戦意高揚に加担したことを隠して

まるで最初から反戦だったかのように

自らを偽装している

しかし根は変わっていない

サマータイム打ち水

東京五輪

「あの戦争」は

いまもこの国に偏在している

2018-08-11

ヘテロ告白したゲイを「キモイ」と言ってはいけないなら

若い女と付き合ってるオッサンを「キモイ」と言ったことはないんだろうな?

当事者どころか他人恋愛を「キモイ」とか言うのは品性下劣じゃないのかよ

他人恋愛を「金目当て」「体目当て」とか勝手邪推するのはゲスじゃないのかよ

2018-08-10

君がエモいと言うからだ!

最近ジャニーズで新しいグループデビューした。2,3年前から彼らのうち1人を応援していたから喜ばしい話である

デビューは打算的だから、うーんと首を傾げるところはあるが。

流れ的に途中までは、確実に今某局の夏祭りサポーターをしている若手ユニ選抜デビューする予定だった。

それが、あれ?あれ?やたら混ぜるな、同列にきたな?なんでだろ?おかしいな?と思っている内に結果あの6人でデビューとなった。

この世界デビューしないと始まらいから、別にどんな人とデビューしても不満はない。

そもそも、6人それぞれが成長したし、これから勝負なんだろうとは思う。

悲しくなったのは、今まで取れていたはずのチケットが取れないし、今までは買えていたはずの相場より断然高いこと。

デビューに伴い動員数も増えたはずなのにこんなに当たらないなんてありえない。

こんなにチケット相場が高いのもこの6人なら今まではなかった。

バブルなんだろうか?デジチケのせいなんだろうか?

デビューに対して悲観的になったのはこれくらいで。

ここまでは、エントリーエモいと一切関わりはない。ただの愚痴みたいなもの

言いたいのはここから

エモいという言葉を使う彼はエモい意味をそんなに知らないと思う。

ひゃったみたいな造語ではないから、その辺り理解してほしいようなしてほしくないような。

ただ、とある雑誌エモいという表現ダメだよ。それは君が言ってはいけないよ。

でもそれがわからない、そんな君はとても可愛いとは思う。

まり何が言いたいって、君がエモいというから思い出しちゃったじゃないか

よくわからない君たちのJr時代グループ必殺技?みたいなものを。

背中と足に引っ付いて真ん中が残り2人をブンブン回すという大技。

もはやサーカス曲芸に近いやつ。

当時、3人にはそんなに身長差がなかったし、少し背高い人もひょろひょろだったから成り立っていたね。

でもきっと、あの技をすることはもうないんじゃないかと思う。

だって、君たちは健やかに成長してしまった。

もう彼は君たちの全ては支えられない。

なんてエモいことだろう。

君がエモい連呼しなきゃ気づかなかったのに。

成長は喜ばしいことだ。

でも、成長と共に変わっていく部分が懐かしく、もう2度とないあの瞬間を切り取れないのはなんと残酷だろうと思う。

first concert 初日 おめでとうございます

この日のことを10年後、エモいと感じる君たちであってほしいし、そう思える日を心待ちにしています

2018-07-30

はあちゅうという名前の語感がそもそも人をいらだたせる

タイトルとは関係ないんだが、はあちゅうって名前のWeb上のキャラ相手はいくらしても無駄

本人も、叩かれてるのははあちゅうであって私ではないって切り離ししてるからあれだけ好き勝手できるし叩くほうも伊藤春香さんという個人ではなくはあちゅうというアイコンを叩いてるつもりだから容赦が無くなる。でもそれ分身から本体ダメージ通ってないよ。傷ついてる振りしてるだけで本人まったくけろっとしてるよ。

ちきりんだったら好き勝手叩けるけど伊賀泰代さんだったら叩きにくい。ヨッピーじゃなくて豊田ほげほげさんだったら遠慮するのと同じ。一見叩きにくくなって不便に見えるが、その代わりにちゃん本体ダメージ通るようになる。嬉々として分身殴って楽しんでるやつらは生産性が無いのです。

ネット人格と本人が一致してるのは、本人の意図と反して川上さんくらいのものだ。みんな本名を名乗らず芸名キャラクターをクッションにおいてるからまらんことになる。

このように芸名を名乗ってる炎上上等キャラ相手してはいけない。その芸名キャラと中身を切り離して振舞っているようなキワモノたちがなにか社会的な話についてまともな人間と同じようにオピニオンを述べようとすることがそもそも間違っているしこういう人間芸名のまま叩いても意味が無い。すべて茶番しかならない。

こういう人たちについては伊藤春香さん、あなたのいうことはこんな風に間違ってますよと本名で呼びかける。本名で呼びかける際は、はあちゅうでやるように失礼なことを言ってはいけないちゃん礼儀をもって接する必要がある。そのかわりに本体ダメージが通るようになる。わざわざ批判するならそうしないと何の意味も無い。暇つぶしができるかわりに余計にはあちゅうというキャラを肥え太らせるだけ。

彼女や彼が本名側の署名ものをいうのでなければ相手にしてはいけない。はあちゅうという名前で出してる小説相手しない。彼女ちゃん伊藤春香という名前勝負してくるまでこっちも相手してはいけない。

2018-07-26

私と友達の「暗黙の了解

私はどちらかと言えば大人しい女だ。

友達も大抵大人しいタイプばかりだ。

キャーキャー騒いだり、流行を追うタイプでもない。

そんな私たちの「暗黙の了解」と言うと

下ネタは言わない」ことが暗黙の了解となっている。

言ってはいけない死亡フラグのようなものなのだ

まず、言ったところで皆いたたまれない空気になる。

そして、その後どう対応するかアワアワするのが目に見えている。

先日、親友と私で話をした。

「こういうこと言うのも恥ずかしいんだけどさ」という前置きのもと

親友は「彼がマグロなんだよね」というカミングアウトをしてきた。

正直、ビックリした。お酒に酔っていたこともあり、さらりと言えたのかもしれない。

私はムッツリすけべなので、いつでも大歓迎なんだけど。

「お、女だけどムラムラすることもあるじゃん?彼は何もしないで寝転がるだけなんだよね。

 でも、前からそうだったわけじゃないんだ。

 一回、仕事が激務でキツかったときエッチ断ったんだよね。

 『仕事が忙しくて1秒でも寝たいからごめん。本当にごめん。今度にして欲しい』と言った。

 それから彼は拗ねモードで、結婚してもずっとマグロ

 何をどうしても、マグロマグロ。」

悲しい事実を知ってしまった私は適当に返すしか出来なかった。

マグロ相手ってどうすりゃいいんだ。捌けば良いの?

その1回きりで、暗黙の了解ルールは保たれている。

他の友達との間でも一切出ない。

「下の毛の処理どうしてる~?」なんて話も出てこない。

暗黙の了解が保たれている間は、下品なおばさんにはならないかな?と思っている。

2018-07-08

幸せに生きる文化」あるいは、4歳の息子が指を飛ばすところだった話

幸せに生きるためには、やらなければならない事と、やってはいけない事があると思うんです。

それは多くの場合常識文化として親から子へ伝えられるものなので、「あたりまえ」にできたり出来なかったりします。

今日、4歳の息子が指を失うところでした。

 ーー**ーー**ーー

原因は「ガードがない扇風機に指を突っ込んで切断」というものです。

普通扇風機です。前半分のガード部分が完全にありませんでした。そして、電源に繋がれ、回転して、涼しい風を送っていました。その扇風機義母の部屋にあったもので、今日リビングのすぐ前の廊下に、少し下向きにして設置してありました。

自分と息子が風呂から上がると、その扇風機はすぐ目に入る場所にありました。

息子は風呂上がりで暑かったのもあるのでしょう。

扇風機に近づき、しゃがんで顔を近づけて覗き込み、指を回転している羽根中央に、指を差し込もうとしました。自分の目の前で。

怒鳴りました。何やってんだ!って。それで息子は離れた。同時に怒鳴りました。

何考えてんだ、こんなところにこんな状態のもの置くなんて!!!

ふざけんな!!!

 ーー**ーー**ーー

指を切断って思ったけど、もっとひどいことになっていた可能性もあるんですよね。指を弾いたあと、倒れ込んできて顔に当たるとか。そうそう、髪の毛が絡むみたいな事故もあるんですよね。扇風機って。ガードがないむき出しにで使っていれば、ちょっと引っ掛けただけでグチャグチャです。

扇風機義母の部屋にあった事自体今日まで自分は知らなかったんですが、息子は義母の部屋に行くことがあるので、他の日に同じ状況になっている可能性がありました。

ブチ切れました。

そんな危ないものを平気で置いていることに。彼女にも伝わるように例えを書くなら、義理母親が息子を殴っているのを目撃した感じ。言っておくけど「危険性」はその例え話の比ではない。そんなことができる人間がいるなんて信じられない。

まあ、なんですけど、結局。

なんでブチ切れてるんだ、態度が悪い。というのが、彼女義母と義父の感想だったみたいです。義母が言うには「鉛筆やこよりを突っ込んでどうなるか見せ、あぶないと伝えていたか大丈夫だと思った」ということでした。んなわけあるかよ。

 ーー**ーー**ーー

義母は、言い訳するんですよね。すぐに。(ここは余談)

話を聞くと、義母の親が結構毒親だったらしくて。70近いですがそこから逃れることは出来なかったのかもしれません。彼女昔ながらの高級バーっぽい店をやっているんですが。妻と結婚する前、お店の中でお客さんが段差で転んで、頭に怪我をした場面に出くわしたことがあります

彼女一生懸命「そんなことが起こるとは思わなかった」「気をつけていれば起きなかったのに」って言ってました。この土地でこういう商売をしていて、このレベル対応なのかー。と暗澹たる気持ちになったのを覚えています結構高い金とる店なんですけどね。救急車も呼びませんでした。その後聞いた話によるとそのお客さんは当日一定間内記憶を失っていたらしいです。

それを見たことがあるので、彼女の店に、自分の友だちを連れて行ったことは一度もありません。これから絶対にないです。プロとしての彼女価値を感じないからです。

余談でした。

 ーー**ーー**ーー

もう一つ、事例を。自分の実父の話です。

『彼』は、兄を水の事故で失っています。『彼』が小学生になる前のことで、彼の兄は小学校の4年生だったそうです。

天気が悪い日が続き、その晴れ間のある日、川が増水していると聞いた『彼』は、慕っている兄に見に行きたいと強くせがみました。いつも見慣れた川がどうなっているのか、知りたかったみたい。詳しくはわからないのですが、彼らは二人で、少し離れたその川を見に行きました。そして足場が悪いところに入ってしまい、兄は川に流されました。後に下流遺体が見つかりました。

話を聞く限り、それを誰も止めなかったし、子供だけで川に言ってはいけないと言われてもいなかったし、川までの道すがら誰かが声を掛けて止めることもありませんでした。そこが炭鉱の町で、ほんとうの意味で「地元」の人が少なかったことや、そもそもお互いに注意し合う雰囲気ではなかったのかも知れません。

ともかく、事故は起き、『彼』の兄は死にました。

もちろん、これは人づてに聞いた昔話でしか無いので、もしかしたら本当に、ただ、どうしようもなく起きた事故だったのかも知れません。

でも、予後については問題だらけでした。

母親は「お前が殺した」「おまえは地獄に落ちるぞ」「出て行け」と『彼』に言い、宗教に逃げました。そして、三男を猫っ可愛がりするという方法で『彼』を攻撃しました。

父親ほとんどその昔話には出てきません。常日頃は面倒見のいい人だったし、仕事も出来た人らしいのですが。もともと戦争PTSDを負ってしまった人だったようで、夜中飼い犬がうるさいと言って撃ち殺したなんていう話が伝わっています。その人は『彼』が高校生の時に炭鉱事故で死にました。『彼』は自分父親のことがよくわからないと言っていました。

兄の友達からもかなりいじめられたみたいです。小学生ですからね。そしてなぜか、子供の間でも「彼のせいで死んだ」という話になっていたようです。子どもたちの間でも『彼』は、事故で死んだ友達の弟であるとか、兄を目の前で失った気の毒な下級生ではなかったんです。

『彼』は大学に行ってようやく親やその場所から逃れることができ、結婚して子供も出来ました。子供が本当に小さいうちはそれなりに接することができたみたいなんですが、その子小学生になり大きくなるに従って、だんだんと接する時間が短く、仕事に逃げるようになりました。その子供も、まあ、いろいろありまして、素直にまっすぐ何の問題もなく育つなんてことはなく……。トラブルを抱えたら『彼』はもうちゃんと向き合うことは出来ませんでした。

(というわけでその子供が自分なわけですけど)

 ーー**ーー**ーー

いっぱいあるんですが、自分が義父や義母が嫌いになった一つのきっかけなど書いておきましょうか。

ペティナイフがね。食卓においてあるんですよ。

鉛筆やハサミなどと一緒に。刃渡りでいうと15cmくらいのやつが二本。

彼女(...つまり自分の妻ですが)は、本人が持つ病気素養と、事件に巻き込まれPTSDが合わさって、彼女中学の頃からずっと鬱状態希死念慮と戦っています。常習的にオーバードーズリストカットもしていて、腕の傷跡なんか右も左も白樺みたいな、ひどい状態です。結婚して、また持病に合う薬もなんとか解りつつあり、ようやく腕を切ることはほとんどなくなりました。長袖いつも着ないといけないって、今では本人もすごく気にしているんですけどね。

ね。

ここでちゃん違和感とか、嫌な気持ちを持ててますか?「刃渡り15cmのナイフ食卓の文具立てにいつも置いてある」んですよ。

「死にたくて腕を切った次の日の朝、食卓刃渡り15cmのナイフを目にする」なんて、どういうシチュエーションだよ。どんなメッセージなんだ、それは。

刃物台所から持ち出さないとか、ちゃんと片付けるのは「危険物に慣れさせない」という意味もあるし、ふつう、この状況になったら刃物は一切遠ざけるでしょう……。

妻も、義父も、義母も、たぶん息子も、違和感を持っていないでしょう。それが「あたりまえ」だから

 ーー**ーー**ーー

もちろん、事故とか怪我とか病気とか、犯罪に巻き込まれるとか、本当にどうしようもないことって起きます。だから、不幸に原因を求めることは「絶対に」「絶対に」良くないことです。

それは、自分の実父を責めた人たちと同じ行為です。

ただ、確かに、「幸せに生きるための文化」があれば、起きなかった「かもしれない出来事」ってあるんですよ。危険確率だけは減らせるんだ。そして、もし仮にどうしようもなくそれが起きても、フォローしたり、助けたりするために「やらなければならないこと」「やってはいけないこと」は確かにある。

そうすれば、悲しいことはそこで終わらせることができるはずなんだ。

 ーー**ーー**ーー

ちなみに、彼女は二度目の妊娠中なんですが、タバコを辞めていません。(お酒ナマモノをやめたのは評価してます

彼女お金の使い方がわかってなくて、リボ機能カードの残枠埋めながら、夫には嘘をついて使い続け、任意整理に追い込みました。年収600万くらいにようやくなったんで、債務整理副業含めればなんとかなるとは思うんですけど。

上記文章の通り同居なんですが、義父名義の家のローンも終わってなくて、娘婿から取る家賃は15万/月。税金逃れのために「家賃」ではなく「分担金」と呼びます。もし離婚したりして家賃が入らなくなったら家を売るしかなくて、義父・義母も仲悪いか一家離散するでしょう。その上で、孫を危険さらし、それに対してふざけるなと怒鳴った娘婿は追い出す気みたいです。彼女は夫より息子より、自分の親との関係大事だってさ。

ちなみに、書いてないだけで、まだまだいろいろあるからね?笑

ははは。

ね?わかる?

文化って、怖いよね。

 ーー**ーー**ーー

ねえ、君は、ほんとに、どうするの?

2018-06-07

anond:20180607140757

虫国とか言ってたら当然やんけ

日本中国いくら仮想敵国死語)同士とはい

しかもそんな人間若者の間で人気の作品作ってるとか炎上もするわな

(そんなに人気はなかったとか言ってはいけない

2018-05-21

anond:20180521160220

本音一言も男に対して口にしておらず

ほんとこれ

本音言ってはいけない縛りの罰ゲームかと

まともに自己主張しないで夫が「察してくれない」ことへの憎悪を募らせるなんて

対等な大人の男女同士の関係とは思えない幼児

海外女性に比べて日本女性はどれだけ甘ったれてるんだろう

2018-05-20

自殺者を悪く言ってはいけない風潮

やめようよ。

悪く言ったほう抑止力になる。

死んだら終わり。

自殺者は敗者。

自殺するくらいなら全部投げ出して逃げ出せ。

2018-05-19

見るたびにムズムズした気持ちになる漢字

嫌な感じ嫌な漢字

惡。いかにも中2が好みそうな漢字ドム感がむかつく。似ていても壺ならまだ許せるが、惡はダメだ。

有名どころからは潟。臼の部分はつなげたくなるし、下の限られたスペースに点4つは多すぎてめんどくさい。

臼系でいうと舂がひどい。パッと見が春なのがタチ悪すぎ。插もひどい。臼を上から刺しているわけなのに、この嫌がらせのようなスペースが絶妙気持ち悪い。

変わり種でいうと冐。よーく見るとサイドがつながっていないのが気持ち悪い。無理やりつなげたからといって胃になるわけでも冒になるわけでもない。なんなんだお前は。

煕。左上の巨人みたいな凸みたいなやつを見ているとムズムズしてくる。中に何か入ってる!じっと見ていると白黒が反転してくるようにも思えてマジ無理。

禰の×4つはめんどうだけど書くのはちょっと楽しい。そこは認める。でもその上のハの字がうっとうしい。しめすへんかころもへんかどっちだったかなんて覚えてないから一々点の有り無しを調べるのもほんといや。

毟。ふざけんな。まじでふざけんな。言ってはいけないこととやってはいけないことの両方をいっぺんに達成するな。最低。

虱、艮、彑。なにか忘れ物してやいませんかって話だ。いや、知ってんだよ。前の2つがしらみ、うしとらと読むってことはな。でもやっぱ線引きたくなるわー。って最後の彑、お前は一体何者だ。顕微鏡かよ。

2018-05-05

野球という欠陥だらけのスポーツ 」に真面目に回答してみる

https://anond.hatelabo.jp/20180503192028

出遅れしまったが、野球話題はてなで伸びることはあまりないので真面目に答えてみる。

競技フィールド問題

ブコメでも大量に指摘されているが、広大なフィールド必要とする競技は中心となる競技エリア以外の規定はアバウトに設定されていることが多い。サッカー競馬クリケットウインタースポーツ等の自然環境を利用した競技など。これらのスポーツが厳密に設定されたフィールドしか行えないのであれば、プレイする場所が限られすぎてしまうために現実的でない。

言うまでもないことだが、敵も味方も同じ環境で行っているのであれば場所の違いによる標準化問題は多少は許容されるのが大抵のスポーツ普通である環境標準化問題でいえば、標高差・湿度・風速・道具の問題など枚挙に暇がなく、野球に限った問題ではない。

プレイの洗練の問題

プレイが洗練されているかどうかは個人主観に拠るところが大きいが、サッカーシミュレーション柔道レスリング化等、野球に限った問題ではない。

<第三アウトの置き換え>

マンガあまりにも有名になってしまったが、個人的にはあまり問題に思ったことはない。現実殆ど起こらないので。というか、分かりづらいこととはいルールブックに明白に書いてあり、適用事例も示されていることを「曖昧」というのはどうか。問題にするとすれば厳密に適用されていないルール(例:バント時のバッターボックスからの足のはみだし)やチェックスイングの判定じゃないのか?

サイン盗み>

これもブコメで指摘されているが、サイン盗みが横行するとサインが複雑になり、試合時間無駄な延長に繋がるため。

故意のファールの見分け>

これはブコメになかったので解説する。通常バッターは打った直後、打つ方向に向けて頭(目線)が自然と向く。右打者なら打球を引っ張れば目線はレフト方向に行くし、流せばライト方向に向く。(たまに打球方向と目線の向きが異なってしまった場合が"あっち向いてホイ"状態である。)

打球をフェアゾーンに飛ばそうとしている打者はフェアゾーン方向に自然目線が向いているのが普通なので、打球を放った直後にフェアゾーン目線が向いておらず、打ったファール方向に目線が向いている場合故意にファールを打っていると見なすことが出来る。日本ハムにファール打ちを故意に行っているとされる中島卓也という選手がいるが、是非動画サイト等で彼がファールを打っている時の頭(目線)の向きに着目して欲しい。センターカメラから見て三塁ベンチ方向(つまり打球がファールしていく方向)に目線が向いていることが殆どである

しかし、故意にファールを打つ行為は打球をフェアゾーンに飛ばすことが目的であるはずのバッティングと相反する行為であるので、ルール上反則ではないものの、それに反感を覚える人が多いのは理解できなくはない。個人的には、故意のファールそのもの認定するのは線引きが難しいので、12連続でファールを打ったらアウトぐらいのルールを設けてもいいようには思う。

なお、ファールの方向に頭が向かずにファールで粘れる選手はかなりミート技術が高いと評価でき、プロの一流打者なかにはしっかりとしたスイングをかけながらファールで粘れる変態的打撃技術を持つ選手もいる(元日ハム阪神片岡篤史など)。

<大量リード時などゲーム終盤の手抜き>

サッカーの終了間際のボール回し、競馬勝利が確実なときに鞭を使わない、陸上距離決勝進出が確実な選手準決勝まで流す、カーリングのコンシード等、その試合のみで全てが終わるわけではない大会においては体力温存などのために最後までプレーしない行為は広く行われている。





以下はブコメ意見に対するレスポンス

バット振って当たればラッキーみたいな感じでスポーツとして怪しいかも>

130km/hのボール投手から打者まで到達するのにおよそ0.45秒、115km/hではおよそ0.51秒であるリリースポイントが投球板から2m打者方向、球速が一定仮定した場合計算が間違っていたらスマン)。その差はわずか0.06秒だが、距離にして約1mの差。バットボールの大きさは10cmもないので、130キロボールと115キロボールを同じタイミングで振っていたら全くかすりもしない。

プロ打者は数種ある投手の球種に0コンマ0何秒のタイミングバットを数cmレベルで、さらコースによってバットの出る角度を調整し、ただ当てるだけではなくそれなりの強度を持ったスイングで、前方45度の野手の居ない方向にボールを飛ばさなければならない。しかもこの作業は、職人静謐クリーンな集中できる作業場で行えるのではなく、砂埃舞うグラウンドで数万人の歓声と衆目の中で行わなくてはならないのである。誰にでも出来るようなことではなく、プレッシャーで潰れていく選手が出るのも不思議なことではない。

フォーメーションが決まってるから柔軟性、というか発展する余地がない?>

現在MLBでは広く行われるようになっている「極端な守備シフト」の出現は、伝統的な野手守備位置を崩す大きな野球の変革といえる。かつての王シフトのような極端な守備シフトは、一部の選手に対して行われるいわば"奇策"に近いような戦術であったが、近年は非常に多くの打者に対して行われるようになった、という点で大きな変革が起こったといえる。一方で極端な守備シフトによって野球醍醐味の一つである野手ファインプレーが減ってきているという指摘もあり、極端な守備シフト制限するための措置が行われるのでは?という噂もある。

喫煙肥満が云々>

喫煙肥満を推奨するわけではないが、一見アスリートとは思えないような見てくれの悪い人間活躍するのも、ある種野球面白さだと思う。松坂大輔攝津正のように若い頃の面影がなくなってくるとそれはそれで悲しいのだが、バートロ・コロンのように体型を維持しながらピッチングスタイルを変えて生き残っていく選手を見るのも楽しい

野球不文律について>

野球不文律については、特に野球ファンでないと思われる人々から野球の嫌なところ」として指摘されることが多いように思う。しかし、実際のところ暗黙の了解によって行われるプレーはそれほど多くはなく、それを破ることによって問題になる場面も多くはない(というか、頻繁に問題になるのであれば確実に成文化される)。"不文律"という仰々しい表現が使われているが、いくつかは慣習的に行われているマナーのようなもので、電車で騒いではいけませんとか他人の顔をジロジロ見てはいけないとかそういった類のものである。例えばwikipediaの「野球不文律」の項で取り上げられている"投手の集中を妨害するために相手に話しかけたりしてはいけない"とか、"投手野手文句言ってはいけない"などは、野球独特の暗黙のルールとして特筆するようなことでもないだろう。将棋で対局中に相手に話しかける棋士はいないだろうし(いたらスミマセン)、仕事で別部署の人がやってしまったミスをわざわざ咎めに行く人はいないだろうが、成文化されていないとしてももしそれらをやれば確実に顰蹙を買うはずだ。

wikipediaの「野球不文律」で書かれている項目は特筆するべきことでもないことかなにかしらの説明必要な項目ばかりで、野球を全く知らない人が参考にして見てもらいたくないことばかりである(もちろん全ての項目が気にするなというわけではなく、引退試合忖度などは無くすべき慣習のように思う)。

つまるところ、これらの問題はささいなことであって、外の人が「これが野球の嫌なところである」と声高に主張することがある種偏狂で、野球ファンからすれば不快だと言わざるを得ない。

アップデートの無いゲームは欠陥がかなり残っているでしょう>

まり知られていないことだが、実は野球ルールは毎年細かい変更が行われている。「野球規則改正」で検索してほしい。

ストライクゾーンってのがマジで理解出来ない 選手ごとに可変でしかも全部審判目視て>

MLBでは機械的な投球の測定システムの導入によって審判ストライクゾーンの精度がかなり向上したらしい。将来的にゾーンの判定が機械的に行われるようになることも非現実的ではないと思われる。

<一つのポジションピッチャー)のゲームへの寄与が、他のプレイヤー全員の寄与を合わせたよりも大きい点で、デザインおかしスポーツ

少し理屈をこねた回答をする。団体スポーツで一人の選手スタンドプレーによってゲームが決まってしまうことは、特にアマチュアレベルにおいては決して野球に限ったことではないように思う。子供の遊びレベルサッカーバスケットボールで、一人の運動神経のいい子供ボールを多く扱って何得点も決めてしまう場面を見たことがないだろうか。

野球においては投手が多くボールを扱っているか投手が全てを支配しているように見えてしまうが、ただボールを投げただけでは得点は入らないのが野球面白いところで、投手負担だけで野球というゲームの全てが決まってしまうわけではない。もちろん1試合のみでは絶対的投手によって試合の体勢が決まってしまうこともあるが、プロ野球においてはその点他のプロスポーツに比べて非常に多くの試合が組まれることによって、一人の投手のみによってシーズンが決まらないような体勢が整えられているのである。また投手の分業制は最早当然の戦略となっており、多くのイニングを投げる先発投手のイニング数も年々減少傾向にある。プロのみならず、最近高校野球でも複数投手を擁するチームが非常に多くなってきた。これは単に投手負担を減らす意味合いだけではなく、一人の投手能力だけではゲームをdominate出来ないことが多くなっているといえるからだと思う。逆説的にいえば、一人の選手ゲーム支配することもあるし、戦略的には複数投手制をとるチームが増えている点で、独特の興味深いゲームバランスになっているといえないだろうか。

ちなみにアメリカのbaseball_referenceとfangraphsというサイトがそれぞれに公表している「WAR」というMLB選手の貢献度を測る投手野手共通指標存在するが、2008年から2017年までのMLBリーグトップWAR20人中、reference版でトップになった投手は6人、fangraphs版ではわずか1人である。少なくとも長いシーズン戦うプロ野球においては、図抜けた投手一人より図抜けた野手一人のほうが貢献度が高いと見なされているのである

2018-04-29

無償または廉価なWebサービスコンビニ店員への文句非対称性

無料で利用さしてもらってるWebサービス文句を、それもかなり理不尽な(広告がウザい/読み込みが遅い)イチャモンを付ける人っているよね。

結構はてブ民にも多い気がする(https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/hatena-bookmark/←こことか罵詈雑言が酷い)。

でさ、一方で特にはてブ民はコンビニバイトへの文句を「安い給料で使ってるんだから文句言うな」と封じてる傾向がある(と自分は感じる; http://b.hatena.ne.jp/entry/blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1734541.html←こことか。批難の的は多種に及んでるけども)。

これらを同一人物が言っているとは必ずしも限らないけど、はてブ全体の傾向としてWebサービスにはたとえ無料で使っていても文句を言ってよく、ある程度の金額(少なくとも無料でない)を支払っているコンビニ定員には文句言ってはいけないという風潮があるように見受けられる。

自分としては、Webサービス提供コンビニ勤務も同列に考えるべきで、ならば無償・廉価に使わしてもらってるWebサービスに対してはあまり文句を言わないor薄給で働いている人物に対してもきちんと文句を言うべきと思うのだが、あまりそういう意見を見掛けない。

ということはほぼ確実に自分の考えが間違っている訳だ。だれかこの二つの違いを説明してくれないだろうか。

2018-04-26

anond:20180426160050

だって不細工な男に対して、これと同じことをネットでもリアルでも言っているよね。

女は男に対して言ってもよく、男は女に対して言ってはいけない正当な理由でもあるの?

2018-04-23

anond:20180423174628

言ってはいけないってこたぁないけど

下ネタ吐きの首を狩ってまわるとき性別を判定に組み込んだらどっちらけだな

2018-04-19

<<聞いた話シリーズ>>

コンビニ

・お年寄り日本人の中に、自分たち人間じゃないような扱いする人がいる。何を言っているのか分からないが、言ってはいけない言葉だろうということは分かる。悔しい。

若い人はだいたい丁寧である。でもよく分からない絡み方をする若い人もいる。金髪日本人は要注意。

・少し前までは、オーナーがえらそうだった。すぐ止めろと言われた。今は言わない。止めないでねと言われる。今働いているコンビニオーナーは、インドネシア女性バイトと付き合っている。その子の話だと、とっても甘えんぼさんだそうである

・買い物にくると、必ずタバコを一つ余分にかって、バイトにくれる日本人がいる。なんでそんなことをするのか謎だが、もらっている。ちなみに吸わない。

・前は日本人バイトがいて、よく来る客にあだ名を付けていた。今はあだ名をつけない。

トイレを汚す日本人は、入ってきた瞬間に見て分かる。なんか独特の雰囲気がある。日本人の細かな区別が付かないときが多いが、汚す人は明らかに違う。

最後ありがとうといわれるとうれしい。最初はあまりなんとも思っていなかったが、言われているうちにちょっとずつうれしくなった。自分もよく言うようになった。

イケメン

高校1年の弟がときどき連れてくるボート部の友人がイケメン過ぎて、好きになったらしい。

顔だけで好きになることなんかなくて、自分はそういうタイプではないと思っていただけに悔しい。

でもその弟の友人のことを考えると胸が熱くなり、下半身にズーんっとした感覚があるらしい。

その弟の友人が来ると、お菓子など持って弟の部屋に遊びに行き、

恋人とのデートセックスのきわどい話などして、

その友人が興奮して、隠すように腰をひく様子や、甘立ちしてるぽい様子を

見て楽しんでいるそうです。

でも、その子ゲイではないし、自分もその子にの性的感情を持っていて、ゲイではないだろうから

気持ちを持て余して、どうすればよいかからず、とりあえず今付き合っている彼女に、変な性欲のぶつけ方として、

妙に彼女アナル固執してしまい強い罪悪感にさいなまれる、そうである

プチ援JK3

プチ援でトイレフェラをしてもらった後に

サイゼで、食事しながら聞いた話

「なんで咥えてるの?」

「第1はお金、第2は「このPを咥えないと誰が咥えてあげるの、私だけでしょ」という責任感」

らしい。相手人格とPの人格を切り離すと、Pがかわいそうに思えるというような理屈をいろいろ聞かされた。

その後もカカオでつながっていて、時々お願いしていたが、1浪しても医学部むりで、薬学部に進学した。でも周りがバカに見えて、大学生活がつまらんらしい。

1浪した頃や薬学部に入った直後は、メンタルの振り幅が大きくて、メンヘル全快であったが、最近は非常におちついている。

なんでと尋ねたら、趣味翻訳になって、ごちゃごちゃ考えずに、英文日本語に直していると

時間が過ぎて、頭がすっきりするとのこと。

あと、闇雲に大学プールで泳いでいるらしい。

82歳のおばあさんの初めてのセックス

15歳の時、親戚のお兄さんとセックスしたらしい。

なんだか分からないうちに、手を引かれて、母屋の横にある作業小屋の2Fにある休憩室へつれていか

布団をひくようにいわれた。昼寝でもするのかなとおもったら、お兄さんだけでなく、自分も布団にはいるように言われ、遠慮していたら、無理矢理、布団に引きずり込まれた。

抱きしめられて、キスされているうちに気持ち良くなり、なんだかわからないうちに裸になって、

ちんちんが入っていたらしい。

最初から気持ち良くはなかったとのことであった。

なんどか、そういうことが半年ぐらいあったが、そのお兄さんにはまったく誘われなくなった。

でも同じ地域の別の男性から誘われたらしい。

今は、たんならしわくちゃばあさんにみえるだろうけど、当時は相当にモテた。

男に「澄ちゃんの穴は格別だ」と何人にもいわれたそうである

一度は、当時でもう70歳くらいのよぼよぼのおじいさんに冥土土産にさせてくれと言われてさせたことがあるらしい。

たぶん、そのおじいさんは計算上だと江戸時代の生まれだと思われる。

この話を聞いたとき江戸時代の人とセックスした女を知ったことになって、歴史を感じた。

68歳のピアノ教師

現在、68歳で、個人ピアノを教えている女性に話を聞いた。

夫とは32歳の時、離婚した。子どもは二人いたが、ピアノで稼いでなんとか育て上げた。

離婚した夫は、実家が大病院であった。いい人だが優柔不断であり、すがられると断れない。

結局、若くてずるい水商売系の女性に欺されて、実家勘当される形で逃避行した。

ある日、突然、家に帰ってこなくなり、離婚の紙が送られてきた。

夫の実家協議して、住んでいたマンションをもらう形で離婚した。

子ども達は、元実家交流があるようだが、自分はない。

自分実家は、兄が継いでいる。

離婚してからは、再婚の話や男性からアプローチもあったが全部断った。

子どももつくったのだが、心底、セックスが嫌いだから

男性に、触られたり、性的な目で見られると、ぞっとしておぞましい。

たぶんこれは、中学高校とき個人レッスンに通っていたピアノ先生のせい。

ピアノを弾かされながら、最初はお尻をなでまわされ、そんなことが続いているうちに

太腿をスカートの上から触られる。しまいにはブラウスの上から胸を撫でられつづけた。

いやだったが、相手先生なので怖くて、じっとしていた。

いまでも、自分の後ろですごい鼻息をする小太りの先生が思い出せる。

ここまで聞き出すのに、日本酒大瓶を1本をあけました。

17才妊娠した女の話

親が突然、学校を辞めて結婚しろと言ってきたらしい。

結局16歳で学校を辞めて、そのまま、会ったこともない27歳の男性の家に行く。

すぐに妊娠して1年後に出産した。

男性船乗りで、子どもが生まれて1年後にヨーロッパの海で作業中に死亡した。

さらに1年後に、別の男性結婚した。その男性も遠洋航海の船乗りで、1年におきに帰ってきて半年すごし、またすぐ航海にいくパターンだったらしい。一番長ときは、3年半帰ってこなかった。

その間に浮気をしなかったのかと尋ねたところ、実はしたとのこと。でもお互い様だし、その会社船乗りの妻同士で結束して上手い具合にごまかしていたらしい。ちなみにその会社結構、有名な会社です。

その女性は、死ぬ3ヶ月前にひ孫である私に、この話をして、「奥さんを一人にさせるなよ、女は寂しいと浮気するし、周りの男も狙ってくる」との教訓でした。ちなみにどうみても曾祖父祖父に顔の似てないおじさんが一人いるのですが、たぶん浮気の結果だと思う。

12JC夏休みの宿題

9月3日から新学期だが、まだ3分の1の宿題しかも大変そうなのが

残っているJCに話を聞いた。

一番悪いのは自分だが、今年の夏は今世紀で一番暑い夏だったので

頑張れなかったらしい。

エアコンがあるんじゃないのと聞くと

働きに出ている母親が午前11時半から2時半までしかつけてはダメ

いうので、それ以外の時間につけられなくて、暑くて死にそうだったらしい。

本気で大変そうだったので、少しばかり手伝ってやると

涙目「ありがとう」とのこと。

心が洗われる。

52歳の先生が好きなJK

夜中に52歳の先生のことが思い浮かんで、オナニーしてしまうそである

自分でも普通でないと思うのだが、どうしようもなく好きだし、

先生にイヤらしく求められたいらしい。

ちなみに、その話を聞きながら、

「もし先生が、「Aのこと好きだし、Aを抱きたい」といわれたらどうする?」

と尋ねると、目が潤んで、太腿に力を入れて足をぐっと閉める動作をしていた。

うっとりしている。

あー、本気で欲情してるわというのが、私の印象である

ちなみにそのJKは、私のオナ電友達である

70歳のデモ

京都に住んでいた大学生の頃、デモに参加したらしい。

長い棒をみんなでもってうねるように歩いて警察とぶつかった。

デモが終わったら、三々五々に別れて帰った。

たいてい気分が高揚しているので

当時付き合ってた女性(5つ年上のOLさん)のアパートに転がり込んで

ものすごく激しいSEXをした。

同じアパートに同じ団体所属する学生が他に3人いた。

ときどき、それぞれの彼女を呼んで飲み会をして

そのまま雑魚寝、夜中に相互観察のセックス、真夜中にスワッピング

の流れになった。

4組のカップルのうち、2組はそのまま結婚した。

めちゃくちゃな時代だったとのこと。

最近マッチングアプリを使った男女交際ナンパ塾などの背景にある性に関する

精神性は、変わってないので、以前もそうだし、今も、そしてこれからも変わらず

若い衆はなんだかんだいいながらセックスするだろうとのこと。

草食系男子など、身近な女性アタックしないだけで、ネットでやっているだろう、

今も昔もかわりゃせんよとのこと。

32歳の夫のチンコ小さい妻

32歳の夫のチンコが小さいという女性に話を聞いた。

36歳の夫のチンコ小学生並に小さいらしい。

結婚して、3年程度は、小さいなりに頑張ってくれるし

バイブ等で責めて逝かせてくれて、まぁそんなものかなと納得していた。

だんだんセックスが雑になってきて、自分が逝ったら終わり。

もう6年近くセックスでは逝ってない。

しかも、夫がお前のが緩くて逝きにくいとか言い始めたらしい。

高校大学時代元カレのことを思い出して

腹が立つやらなさけないやら。

特に大学時代元カレ結婚した友人が頭に浮かぶ

嫉妬と、自分の置かれた立場にむっとする。

かと言って浮気する勇気はない。

30歳の17歳の頃、援助交際してた人

30歳の女性援助交際をしていた時の話を聞いた。

17歳から20歳くらいまでコンスタントにしていたらしい。

初めは3ヶ月に1回くらい、1回2,3万もらった。

きっかけは興味本位別にお金がほしかったわけでもない。

会って、可愛いと言われ、終わるとお金を渡された。

高校卒業したら急に値段が下がって1万5千円とかになった。

その後、プチ援として、駅のトイレやイ○ンの屋上駐車場で5千円で毎週のようにフェラをよくした。

毎月、10から15万程度を稼いだ。

だいたい彼氏はいたけれども、黙っていた。気づかれてもいない。

段々、セックスお金になって、彼氏セックスしても「タダかぁ」と心底思い始めて

このままだとまずいと思い止めた。

だいたい服や化粧品を買って終わりだった。何か残ったということはないらしい。

よく会っていた人がくれたブランド物のバックや財布がまだ残っている。

20歳過ぎてからも、ほんとに寂しかったときマッチングアプリで会って、援助交際をした。

そういうことが2,3回あった。援助交際であっても誰かに必要とされて、お金がもらえたのは

うれしかった。

26歳の時に友達に紹介された男性と付き合い、半年後にプロポーズされ結婚した。

現在、1歳の子がいる。援助交際のことは誰にも言ってない。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん