「日和見」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 日和見とは

2022-07-15

anond:20220715134948

うやむやにする気満々だと思う。

メディア日和見が続いてネット世論も沈静化したらうやむやになるだろうね。

メディア統一教会がどこかの新聞社の社屋に何か投げ込めば一発で黙るし、警察統一教会支援議員から圧力かけられて捜査しないし。

2022-06-16

結局ロシアが勝ちそうじゃん

西側経済制裁西側を苦しめるばかり。

ロシア食糧資源豊富で困ってないし、しか兵隊いくらでも使い捨てられる。

ウクライナ全土をすぐには手に入れられなかったかもしれないが現状は優勢。

フランスドイツ始め西側諸国はもう日和見始めてる。

やっぱりロシアの勝ちじゃないか

2022-06-12

anond:20220612194008

俺は、自分批判する側であれされる側であれ、たいていの意見には「と言われても仕方ない」「と括る人の考えも分かる」みたいな留保を付けて解釈してる

攻撃力もダメージも下げられるが、旗色を明らかにしない日和見野郎みたいに思われるのでおすすめはしない

2022-05-23

anond:20220523211322

それは、分からないとしか言ってない

一番無能日和見野郎

こうだと言い切るから意味がある

有象無象日和見とか誰が興味あるんだよ

ひっこんどけ

2022-04-20

anond:20220420152832

結局、何かひとつの心の支えというものを見つけられなかったのだ、自分スペシャリティというもの存在しないのかもしれない、そう思い出したのはごく最近のことだ。

何かひとつのものを見つけた、出会ったと思える人がうらやましい。

それは因果関係が完全に真逆で、増田みたいな日和見なやつが「何かひとつのものを見つけた」からそれを心の支えにできているのではなく、そういうやつは最初から「何かひとつのもの」に呪われていてそれ以外の何物も拠り所にはなりえなかったというだけ。日和見してた時期が存在しない。これはたぶん生まれつき決まってるもので、増田はそうではない風見鶏やってクルクルする普通人間に生まれたので、そういう呪われてる奴らと同じにはなれないよ。

当然、呪われてる奴らはマジで呪われてるので、社会の都合とコンフリクトしたとき空気を読んで社会の方を優先するとかできない(できたとしても地獄の苦しみを伴う)ぞ。増田はそういうとき普通空気読んで社会に望まれてるように振る舞うだろう。その方が一般的には生きやすい。

2022-01-05

anond:20220105102642

・ホロライブ★★★★

ホロライブは大型企画素人臭くてツマランのが多い。

バラエティ力が低くて虚無ライブと言われてた2018年の頃の影が忍び寄ってきている。

たまに当たりもあるし、そこが手作りぽくてウケるところもあるかもしれんがもう少しプロ企画者をアドバイザーに入れてブラッシュアップしてほしい。

大空スバル、桃鈴ねね、湊あくあのねぎゆーに猫又おかゆか、天音かなたか6期生の誰かを入れてマリカー的なゲーム媒介にワチャワチャ雑談さしたい

あと公式のホロのぐらふぃてぃは最高に強みだからこのまま突っ走って欲しい。ホロライブオルタナティブも。

にじさんじはこういう他社の良いところをパクれよな―今ここを生きる二次元世界確立としてホロのこの取り組みはめちゃ強い。


にじさんじ★★★★

にじさんじは逆に大型企画プロっぽくて萎えるの多い。それじゃあ吉本の若手でいいよ。素人ガチガチに洗練された民放ぽいことするのもまた逆にツマランな―興ざめだな―てなる。地方局いろは千鳥タモリ倶楽部並みのレベルのゆるさでいいよ。まあ因幡はねるや大空スバルみたいにテレビ企画を真似する素人宅飲みの遊びぐらいのノリがちょうどいい。

にじさんじ企画テレビ番組の人を雇ってガチでやってるとのことなので、あとはもう少しでいいか民放バラエティ番組っぽさを抜けて欲しい。

企画自体は賑やかで良さげだからあとはその雰囲気ね。六本木TVプロデューサーがウニ和牛を巻いて金粉マブしてるようなわざとらしさや鼻につく感じを無くせば最高になる。

まあホロと逆ね。リアルのYotuber的中身が見えるにじさんじと、二次元世界の中でその生生しさを出すホロライブどっちもどっちの魅力がある。

やっぱ男女いると生生しくなるわな。もっと額縁に飾られた感じになれにじさんじ秋元康×佐久間宣行の青春高校3年C組みたいなのを目指して欲しい。

俺は今でも本間ひまわり天皇制を信奉してる。笹木咲、椎名唯華、でびでび・でびるでこのつまらない世の中を吹っ飛ばして欲しい。

あと町田ちまはこんなところにいる人じゃないでしょ。逸材。予算回して贔屓と叩かれるぐらいプッシュしていっぱいソロCD出すべき人材。生歌ヤベえ。


・774 あにまーれ 因幡はねる ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

めっちゃ企画面白いからこのまま頑張れ

もしくは虚無ライブしてるホロか生生しくて興ざめのにじの大型企画アドバイザーになってくれ

このままプロ漫画家ハブプラットフォームになれ、はねる

群雄割拠の各勢力が安定してきて日和見ってる今がチャンスだ。

今年はお前の天下だ

まあ俺は日ノ隈らんと風見くくが推しなんだけどな。ぶへへ。

2021-12-14

anond:20211214005025

うーん、史実では秀吉から遅れること一週間ほどで柴田勝家近江まできてるけど、

その一週間で細川筒井が光秀に靡いたかというと首を傾げるよな。

やっぱ光秀が勝家なり秀吉なりと一戦して破るまでは日和見勢は動かないんじゃないの?

2021-11-22

左翼オタクだけど漫画アニメ児童ポルノじゃないと思う

というか実在児童撮影したりトレースしたりしていないならその創作物児童ポルノじゃないと思うし、性搾取でもないと思う

俺は共産主義者(思想的には中核派に近い)なんだけど、日本共産党武力革命放棄している時点で共産主義を実現する気のない日和見政党なのに、

それに加えて漫画アニメ規制とか完全に中共と同列の似非共産党だなと思うし、最近日本左派にはついていけない......

2021-11-14

コンテンツに堕したネットフェミニズム

「傷ついた!」「お気持ち!」「ミサンドリー!」「ミソジニー!」「表現の自由!」

フェミニズム周りの言論毎日毎日かまびすしいですね。

実際にはてブに上がってくることも多くて注目度の高い話題ですが、では、そこに注がれている視線とはどのようなものでしょうか。

フェミニストアンチ野次馬の3つに大別できると思います政治に例えると保守革新ノンポリのような感じでしょうか。

アンチの中にも色々いて、そもそも男権社会のままであったほうが自分に都合がいいから男女同権の拡大に抵抗している人と、人権という錦の御旗を悪用していいとこ取りしようとする小狡いフェミニスト批判する人とがいますそもそも折り合う気のない前者とはいくら戦っても戦いは終結しませんし、後者については戦う相手としては明白に分が悪いし言い負かされた時のダメージが大きい。つまりいずれにしてもアンチとやり合うことにはほとんどメリットがないのです。

なのに、なぜかフェミニストたちは「これは闘争であり、その姿を見せ続けることで宿願の達成に近づくことができる」と信じているように見えます

私は、フェミニズムのすべきことは「アンチ論破すること」ではなく「野次馬を味方につけること」だと思っています

現状、私を含む野次馬たちは日和見(どっちの味方につこうか決めかねている人)ではありません。どっちの陣営にも肩入れする気はなく、ただ言い争いを眺めている人です。もめごとが起こるとそれだけで「お?なんだなんだ?もめてんのか?」と人は集まってきますが、そこに居合わせたのはただの偶然です。

いわば、居酒屋テレビたまたま映ってるプロレスを眺めている客です。リングの上のふたり選手ベビーフェイスヒールに色分けされてはいますが、元々プロレスに興味がないのでどちらに肩入れすることもありません。でも目の前のテレビたまたま映ってたらつい見ちゃう程度には試合面白いし、よく知りもせずにちょっと的の外れたコメントを言いたくなったりもします。しかし、そこで奇跡的に魅力的な試合展開でもない限り、その人がそれをきっかけにプロレスファンになることはありません。居酒屋を出たら忘れてしまうでしょう。

今のフェミニストたちのいざこざの大半はこのように「無関心なまま通過されるエンタメ」になり果てている気がします。どちらが優勢でどんな戦略戦術がとられるかは勝負事としてその場限りの関心があるけど、自分自身のイデオロギーにまではその影響が及ばない。いざこざに使われるエネルギーの大半はフェミニストアンチの間を往復しているだけで、ベクトル自分のほうを向いたエネルギーがないからです。

この状態が続けばいずれこうした論争は「鬱陶しいけれど本質的にはきのこの山たけのこの里の争いに近いもの」と認知され定着してしまう気がします(すでにそうなっているかもしれませんが)。

2021-11-05

100 風吹けば名無し 2021/11/04(木) 23:22:53.27 ID:1YcAIiu60

彡(゚)(゚)「小沢一郎?」シュババババ(走り寄ってくる音)

846 風吹けば名無し 2021/10/31(日) 23:26:12.52 ID:GE+4WkII0

小沢一郎というゴミクズ利権ウンコ野郎一人の虚栄心のせいで日本の政治が壊滅したんよ

与党野党もね

この大馬鹿者が「俺様政権交代を実現して歴史に名を残したいから」というクソみたいな理由小選挙区制度という欠陥ゴミカス制度を作ったところから日本の終わりが始まった

かつての自民党の良いところは党内の派閥切磋琢磨してどこかの派閥問題を起こしたら別の派閥が主流派になって党内で政権交代できるというところやった

端的に言えば党内で自然に自浄作用が働くんや

これが上手く行っていたのは中選挙区制度だから

中選挙区制度では選挙区単位が広くて一つの選挙区から5人程度が当選する

から基本的自民党は総取りを狙って5大派閥から一人ずつで合計5人の候補者を立てる

その結果各候補者野党だけじゃなくて自民党内の他派閥候補よりもいい政策を考えるために頭を使うようになるわけ

ところが小選挙区制度は選挙区が細かく分けられていて各選挙区1人しか当選しない

から自民党候補者一人

自民党支持者はその候補者投票するしかない

こうなると執行部が誰を公認するかがメインの争いになってしまうんや

「他派閥より国民に支持してもらうためにはどうしたらいいんや」ではなく「執行部に気に入られて公認してもらうためにはどうしたらいいんや」しか考えなくなるわけ

その結果が党内の忖度祭りであり腐敗の進行や

一方の野党野党小選挙区制のせいで死んだ

小選挙区制の唯一のメリットは1人しか当選できないので野党第一党以外の野党はノーチャンスということで自然と諦めて野党第一党に合流していき巨大野党が育つの政権交代やすくなるということや

しか日本場合はこれが上手く行かなかった

それは野党がまとまりかけるたびに小沢権力闘争のために野党内で足引っ張ってぶち壊すから

鳩山政権なんかもそう

鳩山自体は頭はいい人だったが足を引っ張られ板挟みにされ総理大臣なのに何も決められない状態にされてぶっ壊れてしまった

そもそも小沢という政治家理念が何一つない

元々はゴリゴリ右派軍拡を主張していたくせにある日突然左派転向した日和見野郎

あるのはただただ自分権力を誇示したいというクソみたいなプライドだけ

ほんまこんなゴミクズ日本の恥として末代まで語り継がなアカンで

絶対に許したらアカ

今後二度と小沢一郎みたいなゴミクズが出てこないように未来永劫批判し続けなアカ

こいつは日本史上最低最悪の大戦犯や

https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1635688355/846



245 風吹けば名無し 2021/11/04(木) 23:33:44.59 ID:wlv85Hl2d

>>100

こいつ鳩山じゃね?

414 風吹けば名無し 2021/11/04(木) 23:48:13.61 ID:EsCViYowd

>>245

鳩山由紀夫

政治にそこそこ詳しい

小沢一郎因縁がある

・とても読みやす教養のある長文を書く

野球が大好きで野球に関する論文も発表している(なんJにいてもおかしくない)

これ間違いないわ

2021-11-01

現代政治運動における嘲笑効果戦略

政治運動において敵対者への嘲笑時代地域を超えて普遍的である

SNSにおいても、特定政治家のみならず支持者や大衆への嘲りは、もはや見飽きた光景だ。

だがその効用は明らかとは言い難い。

嘲笑することは一見敵対者への攻撃にはなるが、第三者の反応はまちまちだ。

一緒になって攻撃するか、逆に攻撃者への批判を呼び起こすか、そういった争い自体忌避して場を立ち去るか。

とくに、最後効果、つまり政治自体忌避させる原因を、政治運動における嘲笑帰結する分析もある。

支持を拡大するという目的マイナスにもなりうるのにも関わらず、なぜここまで嘲笑が溢れているのだろうか。



社会学において支配関係類型化した初期の学者であるマックス・ヴェーバーは、政治運動上層部運動員に与える精神報酬ひとつだとしていた。

選挙活動などの強力な支配行動に人々を動員するには当然、従わない人間よりも多くの報酬必要である

しかし、(とくに猟官制の廃止された後の)民主主義では、大衆を動員するときに直接的な経済的見返りを与えられない。

それ故に様々な精神的見返りを与えることが必要であり、「嘲笑のための大義名分」がそれにあたるのだと。

この描像だと、嘲笑あくま精神的な見返りのひとつであり、怒りや復讐心の発散なとど同列とされ、そこまで重視はされていない。

政治家トップダウンで操る戦術オプションとして扱われている。



現代的な心理学の描像だと、嘲笑もっと政治に直結したものだとみなされる。

そもそも、「笑い」という行為や付随する情動は、自他の思考や行動の間違いを指摘するために獲得されたと考えられている。

人は、社会的に正常な状態だと思いこんでいた状態が間違っていると発見したとき、その気付きに対して笑う。

自分が間違っていたと自分で気づいた場合には行動を改めるだけだが、重要なのはこれが仲間に、かつ攻撃的に向けられたとき(すなわち嘲笑)だ。

期待されている効果は、間違っていた人間が態度を改め、仲間に従うことだ。

だが、仲間の「間違い」に気づいたとしても、実際に正しいのは自分なのか、相手なのか。それはどうやって決まる?

社会的な正常さを決めるのは、群れの政治力学だ。人間原始的社会は単純な多数決でもないし、かといってリーダー強者による完全な序列制でもない。

たとえば、強く序列が高い人間の笑いには追従の笑いをもたらす効果がある。これによって周囲から笑われた人間は態度を改める。

しかし、リーダーが明らかに間違っている場合には、群れの全員から嘲笑され、リーダー側が反省を強いられる場合もある。

場違いな場面で他人を笑った人間が、逆に間違いを笑われることもあるだろう。

このように、嘲笑とは複雑な政治行為の最も原始的な発露であり、人間特有の行動である



無論、現実、とくにSNS上の政治言論における嘲笑はこの2つの描像の中間にあるというのが実際のところだろう。

特定政党政治家言論人が嘲笑行動を種々の政治目的扇動する場合もありうる。

そういった目的を持たない、無意識の笑いが政治シーンに影響を与えることもある。

もちろん、この無意識なかに個人政治信条も含まれている。

ただ、そういった背景を無視して効果だけを見れば、ひとつほぼ明らかな事実がある。



嘲笑多数派を固めるためだけに有効であり、それ以外の場合には逆効果になる、ということだ。

集団的に行われる嘲笑は、味方には精神報酬をあたえ、仲間関係確認し、支持を固めて動員する効果がある。

また、怒って反応する敵対者あぶり出し、敵として認定することもできる。

日和見派のうち気の弱い人間には追従笑いを引き起こす。彼らはすくなくとも言論の場では逆らわないことが期待できる。

そして、何よりも重要なことに、それ以外の無関心層を遠ざける効果がある。

これによって、多数派勝利を確定させる一方、少数派にとっては確定するのは敗北となる。


さて、ここから考えると、もしあなたがすでに多数派だとわかっている場合だけ、集団嘲笑戦略をとるのが合理的である

という非常に単純な戦略しか導かれないように思われる。

だが現実には、少数派が集団的他人嘲笑し、かえって袋叩きに合い、劣勢を固めてしまうという現象はありふれている。これは何を意味するか?

まず、自分多数派か少数派かを判断するのは、大半の人間には難しい。

社会調査などの客観的指標でなく、周囲の人間意見を重視してしまバイアスは容易には逃れがたい。

次に、感情を抑えてまでマクロ合理的政治行動を行うほどのインセンティブ個人にはない。

感情進化的な意味では合理的であったとしても、それは過去環境適応したものであり、現代政治における合理性とは相容れない。

これらはそもそも戦略的に振る舞えない個人がいるという問題だ。



が、真に重大なのは、この理由により「少数派に属している時、味方が嘲笑という不合理な選択をとりうる。そしてそれに対する良い戦略がない」ということだろう。

その味方は自身多数派だと意識的あるいは無意識に考えている。

嘲笑追従しないことは、対象孤立させるシグナルとなるし、たしなめたり批判したりすれば敵対行為だとみなされるだろう。

よって追従することが局所的には合理的だが、それにより嘲笑は拡大し、多数派敵対者日和見派の目にとまり、敗北を拡大することに貢献してしまうのだ。



この問題にたいする回答は筆者の力量では思いつかない。

SNS上において政治言説をひろめたい、政治的に少数派であると考えている人々は、この現象対応する戦略を考案する必要があるだろう。

2021-10-29

好きなジャンル布教しようとしたらホモロックオンされた話

性的マイノリティには全く配慮していません

※ただの愚痴です

 

 

俺は昔から比較的女顔で、そっちのケがあるヤツにはしばしば狙われていた。

小学生の時は知らないオッサンからよく飴玉を貰っていた。(警察官が通りすがってからそのオッサンは見なくなった)

中学の時には先輩から体育館倉庫に連れ込まれそうになった。

高校の時には泥酔したオッサンから「お兄ちゃーん」と叫ばれながら抱きつかれて身体をまさぐられた。

社会人になってからホモ野郎身体やケツの穴を狙われたことは何度もあった。

その都度なんとか純ケツは守り抜いたが、20代半ばになる頃には俺はすっかりホモ野郎嫌いに育っていた。

 

そんなある日、親しくはないがそれなりに長いこと面識のあったヤツ(以下A)から急に連絡が来た。

 

 

「お前のハマってるジャンルに興味が湧いたから教えてほしい」

 

 

Twitterによくそジャンル投稿をしていたから気になったらしい。

俺は喜んだ。

俺は同好の士が増えることを何よりも歓迎するタイプオタクだったからだ。

 

 

詳しい話は数日後にと約束してから、Aに興味を持ってもらえるような資料作りに奔走した。

ジャンルの魅力、奥深さを極力客観的に紹介しつつ、そのジャンルの楽しさを体験してもらえるような導線を準備した。

どんな質問を投げかけられても答えられるように、繰り返しプレゼンリハーサルした。

 

 

そして、約束の日。

完璧だったかどうかは分からないが、Aが満足するに足るプレゼンテーションは行えたらしい。

 

 

「とても良かった。このジャンルにハマるかもしれない」

 

 

そう目を輝かせるAを見て、俺も満足した。

 

 

実際、その後Aはこのジャンルにのめり込んでいった。

グッズを買い漁り、イベントにも積極的に参加する…

重なる出費に悩みながらも推しサークルの新作に手を出したがるAのその姿は、

ジャンル歴数ヶ月にして、まごう事なき沼の住人だった。

推し語りで夜遅くまで盛り上がった。

友人たちと集まった時には新作を持ち寄り布教し合った。

ここまではお互い楽しかったと思う。

 

 

だが、段々と歯車は狂い始めた。

ある日、Aが妙なツイート投稿し始めたのだ。

 

 

あいつ(俺のことだ)の魅力について』

 

 

青天の霹靂とはこのことだろうか。

俺は推しジャンル布教しただけで、Aには何もしていないはずだ。

だがこの時、Aの熱意はジャンルにではなく、俺に向かっていた。

 

 

『かなり可愛い

仕草がとてもいい』

ママになって欲しい』

 

 

はっきり言うと、引いた。

困惑と恐怖と引きが入り混じった感情が俺を襲った。

こんなヤツではなかったはずだ。

少なくとも、ジャンル布教するまでは。

しかし、Aの熱意はその後ますますヒートアップした。

 

 

『好きになりすぎておかしくなりそう』

あいつでシコった』

『たくさん出た』

 

 

連日おシコり報告を受ける俺はドン引きを通り越した物凄い感情を感じていた。

前述の通り、俺はホモ野郎が嫌いだ。

語彙の限りを尽くして罵倒してやりたいと思った。

しかし、Aは長年面識があるヤツだ。

ここ数ヶ月は仲良くしていたこともあるし、

少なくとも、身内認定はしていた。

そのため、

 

 

「男同士には興味ないんだよな」

 

 

軽口のようにそう伝えて、しばらくAとは距離を置くことにした。

 

 

それから数ヶ月が経った。

昼ドラのように痴情の絡れから刃傷沙汰が起こることもなく、連日続いていたAのラブコールは次第に減っていき、やがてパッタリとなくなった。

最後にAが俺によこしたメッセージはこんな感じだ。

 

 

『もう冷めた』

 

 

何ともまあ…という感じだが、ひとまず安堵した。

少なくとも連日「シコった」という報告をされるよりはよっぽど精神衛生上良いだろうと思った。

Aはその後もジャンルに残ってはいるようだが、俺宛てのツイートは全て削除され、Twitter相互も外れ、連絡も取らなくなった。

 

 

ここで一件落着…と言いたいが、ちょっと待って欲しい。

俺は気付いてしまった。

 

 

 

なんでこのクソホモ野郎がまだジャンルに残ってやがるんだ????????

 

 

 

ふざけんじゃねえぞクソ野郎

呑気にイベントの参加報告してんじゃねえよ!

こっちはてめえと鉢合わせになるのが未だに怖くて参加できねえんだよクソが!!!

◯◯さんとこの新作が〜じゃねえよ俺の推しと被せてくんなクソ!クソ!!クソ!!!

殺意というのはこういうものかと悟ったのはこの瞬間だし金玉蹴り飛ばしてぶっ潰してやりてえと思ったのもこの瞬間だし去勢しろホモ野郎!!!!!

「冷めちゃった♡」で禊が終わったと思ってんじゃねえぞ下半身ブンブン丸がよ!!!

くたばれ!!!!!!

 

 

 

失礼、取り乱した。

 

 

 

自身反省する点は大いにある。

ジャンルに馴染んで貰おうとAに構いすぎたのが悪かった。あまりにも一緒にいたので別の友人からは「今日は一緒じゃないんだ?」と揶揄されたこともある。

最初にAがツイート投稿した時も、穏便に済ませようと「照れるな〜」とかテキトーなことを言って流した。

熱心に構う一方で、性的目線に関しては日和見的などっちつかずの態度がAをヒートアップさせてしまったのだとしたら、あの時きっちり否定しておけば…

たらればになるが、Aと絶縁状態になっていない未来があったかもしれない。

 

 

 

…だが、これだけはAに伝えたい。

 

 

 

B L は ナ マ モ ノ で や る な

 

 

 

以上だ!!!!!!

2021-09-12

国民民主党はなぜ選択肢になり得ないのか?

調べればなかなかまともというか、自身中道右派的にマッチするのは国民民主党かなと思う。

それがなぜ選択肢になりえないのか?自民か、立憲か?みたいな選択肢しか議論になっていない気がする。

かに幹が何なのかようわからんところや、政経塾くずれが目につくとかあるかもしれないけど、日和見が立憲に吸い取られて逆に信用できるのでは?

連合もいっそ国民民主党に一本化してしまったほうがいいだろうし、会社人としてもその方が推せるんだが…。

なぜダメって言われるのか。

自分憲法金科玉条ではないと思ってるし、変に触られるくらいならガンガン議論すべきという立場です。

2021-09-10

anond:20210910211721

そんな名前の付け方すんなよ

冷笑何が悪いのか何も伝わってないだろ

こそこそ嘲笑ってるくせに救済も追及もしない日和見クズくらい言わなきゃダメ

2021-08-22

anond:20210822201038

アマギフコード文字通り家族や友人からの「おくりもの」であって、第三者からの(半匿名の)メール経由の代金送金手段ではない、ということなんだろうな

まあ言いたいことはわかる

現状がおかしいのであって、Amazonに特段の非はない

まあ、主張としてはわかる

日和見過ぎではなかろうか

2021-07-30

anond:20210730140214

ロイター通信とかは顧客投資家から真実を伝えなければならないのではなかったっけ

ブルームバーグロイター顧客投資家からお金報道活動を維持している

ウソを伝えると投資に損害が出るので真実を伝える必要がある

というのがフジ買収のときホリエモンの主張で、それは正しいと思ったんだよな

でも、今のホリエモンとか竹中平蔵自分の目先の利益しか考えなくなってしまって、

オリンピック強行派なのも餃子屋の恨みと自分YouTubeとかサロン収益のためなんだよね

カネに忠実であるなら、コロナ禍でやるべきことはオリンピックではなく、

国民支援することで日常生活をいち早く取り戻し、経済復興させることしかない

竹中平蔵も長期的な日本繁栄経済より短期的なパソナ利益しか考えなくなった

その上、経団連にまで日和見だの喧嘩を売ってしまったわけだが…

2021-07-26

新型コロナウイルスオリンピックの開催に関する個人的批評

完全な自分視点の話なので、主観なんだなっていうのを前提に。

ここで話したいのは、「オリンピックの開催の是非」になる。

 

オリンピックの開催の是非に関しては、時期によって異なると考えている。

私が重視するのは「人命と政治、どちらも」である

人命は言わずもがな政治を誤れば経済が揺るぎ、貧困による死や少子化があるためだ。

これらを前提とさせて欲しい。

 

1~半年前の決断であれば「延期」がベストであったと思うが、今年の4~5月、つまり2~3ヶ月前になると中止延長が難しくなると考える。

何故なら「開催に向けて対策を万全にする」という感じのことをだいぶ前に言っちゃったからだ。土壇場でここで「できませんでした」は政治的に難しいのは容易に想像できる。

直前すぎるため中止延長を申し出れば「今まで何してたん?」という話ができてしまうからだ。

 

そしてこの時点で日本という国は現場は頑張っているのにトップが変なところで悠長であったため、ワクチン接種は不十分、JOCの人事はグチャグチャという有様だった。

 

改めて上記の状況を鑑みてここでの中止延長を考えてみよう。

延長は比較的悪いが、まだ良いかもしれない。

恥を忍んでという形にはなるが、人命も守れるし、政治的にはちょっと悪いがまあ言い訳は効く。

 

世界中から謗られたとしても五輪という挽回の場が残されているのだ。

 

中止は流石に厳しいだろう。人命の面では問題ないが、政治の面であまりにも悪い。

スポンサーとなっている世界的な巨大企業郡への背信行為というのは、資本主義が行き詰まっている今、社会主義でもなければできない。

そして、日本社会主義国を掲げている国ではないし、できるような資本主義であることが良いが、そのできる資本主義最近提唱されたばっかりで導入している国はない。

更に挽回の場もない。

まりできないのだ。

  

では仕方なくするという形になってしまうのだが、その「するための準備」が全くできていなかったと感じる。

一番の問題はここだ。

ワクチン摂取速度という数字でそれがはっきりと出ている。

 

まり行政運営側に「ゴールをに対して最善を尽くす」という力が欠けていたのだ。

五輪の開催可否はIOCに一任されているが、彼らの意思を見定めてそれに対して開催するしないなりの対応をするのは日本及びJOC仕事だ。

あらゆる可能性を想定しすぎ日和見的、かつ楽観的に構えてしまい、結果的に悠長で後手後手の対応になってしまったというのが実際のところだろう。

人命も政治も宙ぶらりんだと言える。

開催セレモニーも、MIKAKO氏が降板してから再構成したのであればかなり綺麗にまとめたなとは思ったが、そんなクソみたいな事情は見る側には関係ない。

JOCオペレーションの簡略化に気を配るあまり成果物クオリティを下げてしまったと感じる。

結論としては、「やるとかやらないとかではなく、ギリギリまで動けなくて何もかもが間に合わなかった。」

だと個人的には感じている。

 

今回の開催は「やると決めた」ではなく、「なんかやる感じになった」なのだ

対義語は「やらない」ではなく、「やる、やらない」そのものが真反対の意味になる。

そういう風に感じている。

2021-07-22

東京五輪表現の自由呪いになる

五輪さえ閉幕すればイベント開催のコロナ対策について大人数の動員における有効事例ができあがり、いまよりも柔軟にイベント開催を行えるとわずかな希望を抱いていた音楽ファン演劇ファンは何人いただろうか–––––

一縷の望みは五輪が始まることなく打ち砕かれた。相次ぐ批判と辞任の嵐により、日和見から一転、動き方を間違えば80年代おたく差別にも近いバッシングを受ける可能性が万が一にも出てきてしまった。

唯一の救いは岡崎体育近田春夫明和電機が率先して道化を演じ、音楽業界への厳しい批判の目を発展させる動きをどうにかやわらげる役割を果たしたことだ。単なるSNS上でのポーズであろうが、偶然だろうが策略だろうが後に英雄的行動として振りかえることになるやもしれない。

此度の問題については、単純に擁護ができない……もはや擁護はせずともよい、身内からの声が早かったくらいであった部分もあるが、やはり五輪失敗を目論む勢力による粗暴なやり方はより多くの人間絶望を与えた。


まり文脈無視し、元の表現をゆがませた抜き出しをもってして苛烈批判を浴びせる様は目に余る。

しかし、この抜粋という手段に対して抵抗する手段がないのだ。

ここを批判した途端に、元の表現表現自由に基づくという論拠も揺らいでしまう。

幾人もの表現者たちは戦い自由を勝ち取り、自由をどうにか守ってきた表現者が自由にその身を貫かれてしまう。

今回の抜き出しという手法は合ってはいるのだが、あまり悪辣で人の心のない手段なのだ


はじめから両手両足をもいで袋叩きにしているのと近しい。

ここでもし仮に五体満足のままだとしても、殴られている側からすれば、だれが殴っているのかわからないのである

オリンピックを見ても、内閣を見ても、自分を殴った手はそこにないのだ。


あれだけ尊かった自由は、名の知れない誰かによって黒く濁り、呪いのように心を蝕んでいる。

救ってもらえるかと思ったが、尻尾のように切り捨てられてしまった。


五輪を失敗させるためにありとあらゆる手を尽くされ、ただ静かに五輪の閉幕を待つだけであっただけの人間がことごとく「見えない民」たちに傷つけられている。

おそらく誰が立っていても、どのような人生を歩んでいたとしても、無差別につるし上げられすべてを否定されていただろう。そこに思いやりもなければ、憎悪すらないのだ。

ただ使い捨てられるだけ。

後半にいくにつれ無理のある部分も増えてきているが、傍若無人に失敗へと突き進む様は無敵の人彷彿とさせる。しかしその姿は見えず、なにかを失うことは絶対にない。

嵐のように襲い掛かり、跡形もなく吹き飛ばしていく。


2021-07-20

小山田の件

正直、過剰反応

いじめ肯定してるわけではないが、

気持ちいくら過剰反応だと感じる

いじめに対して真剣に考え反応してる人が1割

オリンピックを叩きたいが為に利用してる奴が6割

日和見

あーそうそう、いじめだめだよねーわかるわーで叩く奴が3割

正直いじめって黙認含め加害者が大半よ

叩いてる奴等は勝手正義を振りかざして自分はいじめたことありませんアピールしてるだけ

いじめてる事に気づいてない

そう、今もね

私はこの状況を見て、嫌な思い出しか思い出さな

オリンピック?やればいいじゃん

いじめた事がある?大半そうやで

小山田のこれもいじめに見えるよ

そんなんおかしい?わからないだろ?

はは、だからお前等はいじめる側なんだよ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん