「広辞苑」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 広辞苑とは

2024-06-19

anond:20240619135756

人文科学社会科学区別する場合と、いわゆる「文系領域総称として人文科学という場合がある(大辞泉 https://kotobank.jp/word/%E4%BA%BA%E6%96%87%E5%AD%A6)そうなので、あながち間違いとも言えないのでは。

広辞苑第5版で「人文科学」を引くと、「広く文化系学問総称」「狭義には、自然科学社会科学に対して…」とあるので、前者で使ってるのでは?

2024-04-23

anond:20240423084804

辞書で「以上」を引いてみると

広辞苑では

①程度・数量などについて、それより多い、または優れていること。法律数学などでは、基準の数量を含みそれより上。(以下略)

明鏡国語辞典では

①《数量・段階・程度などを表す語に付いて》それを基準としてそれより上。(中略)

[語法]数値を伴わないで程度をいう場合は、「彼の実力は僕━だ(=僕は彼には及ばない)」「予想━の(=予想を超えた)被害」「これ━は進めない(=ここまでは進める)」などのように、<含まない>と解される。(以下略)

とあるので、「以上」という語に関しては伝統的な日常語と法律数学用語定義が違うのであろう

2024-04-11

anond:20240411163908

2024-03-18

anond:20240316113208

広辞苑写メをのせ、著作権法レコードmp3ファイルを含むとやっている世の中で

なんで憲法けが古い字義解釈にこだわる必要があるのか。

岸田氏は「古い法学解釈を述べれば仕事が済む学者」ではなく首相立法府を導く人ではないのか。

世の中の進化は早い。みずほ銀行システムダウンで損害を被ったら社会問題になる。(富士通イギリスでやったことも問題になっている)

場合によっては重い損害賠償も課されている。

このように結果がすぐでる、問題をすぐ解消するべき社会に今世界中がなっている。

結婚したくてできない人もずっと社会問題になっている。愛し合い一緒に暮らしたい人にとって理不尽障害からこそBLなどいろんなフィクションドラマチックにとりあげられてきたのである

でも「ずっと問題になっている」ことを無視して「ずっと問題などきこえてこなかった」といいはってきたのが今の政府ではないか

2024-02-18

anond:20240218220129

そうだよ

からchatoworkを信じるか広辞苑を信じるかは個人自由だよ

anond:20240218214253

精選版 日本国語大辞典ではそう定義してる

広辞苑では「年齢や地位が上であること。また、その人。としうえ。めうえ。長上。」

2024-01-18

美人女性 〇〇→男性

広辞苑では美人男性にも使う言葉として掲載されているが、美人と聞けば100%女性を思い浮かべるはずだ。

女性美人すぎる〇〇や美人〇〇として紹介されるが、男性場合イケメンが主流で美男美男子はあまり使われていない印象。

逆をいえばイケてるメンズ対義語そもそも存在せず、仮にマスコミがイケウーマン略してイケウーとして紹介しても定着しなかったと思うが。

イケメン美人という並びがなんともいえない。

2023-12-22

anond:20231222143638

那由他は元は仏教用語で、サンスクリット語の「ナユタ」を音訳した、「極めて大きな数量」(新村出編 『広辞苑』第三版)の意味である法華経の「化城喩品(けじょうゆほん)」や「如来寿量品(にょらいじゅりょうほん)」などに、「五百四十万那由他劫、大通智勝仏の寿命は五百四十万那由他劫」「百千万那由他阿僧祇劫、百千万那由他阿僧祇劫の時間」といったような用例が見られる。「万億那由他」「百千万那由他」は上数の用法である。なお、『華厳経』の中では、後述のように現在一般的な命数法とは別の定義となっている。

2023-12-19

anond:20231219104432

え、将来の広辞苑にはこのように記述されるに違いない、って妄想で書いたの?

anond:20231219103041

広辞苑 第9版「ネトウヨ」とは、元々インターネット上で見られる極右的意見を持つ者を指す用語であった。しかし、自身意見に反する人々に対してレッテルを貼る目的で広く使用されるようになった結果、ネトウヨというレッテルを貼られた集団に関する調査では、特に思想的な偏りは見られず、むしろリベラルな傾向も含むごく一般的日本人が含まれていることが明らかになっている。

って感じかな。

2023-12-08

anond:20231208163553

なんかこういうオレオレ定義をすぐに持ち出す人がいるけど、宗教一般的定義科学は当てはまらんのでは。

宗教は、一般に、人間の力や自然の力を超えた存在への信仰主体とする思想体系、観念体系であり、また、その体系にもとづく教義行事儀礼施設組織などをそなえた社会集団のことである。 なお広辞苑では、「神または何らかの超越的絶対者あるいは神聖ものに関する信仰行事」としている。

2023-11-15

心の性別ロリコン判定基準で測れるんじゃない?

芸人結婚報道で、夫の方をロリコン呼ばわりしてるのは女ばっかりだなと思いながらSNSとかを眺めてたんだけど

これって心の性別チェックテストに使えるんじゃね?と思い付いた。

「19歳女性欲情するアラフォー男はロリコンか?」

という問いかけに対して

「19歳は成人なんだからロリコンなわけねーだろ」

と回答するなら心の性別男性

「たとえ成人だとしても20も下の19歳に欲情するのはロリコンに決まってる」

と回答するなら心の性別女性

結構高精度で判定できそうだと思うんだけど、どうだろう?

自分自身トランスジェンダーかどうか悩む人にとっては一つ判断基準になるのでは。

ちなみにロリコン定義広辞苑によると

ロリコン[0]

ロリータ コンプレックスLolita complex)の略〕 性愛対象幼女少女にのみ求める心理少女ロリータを愛する中年男を描いた、ナボコフ小説ロリータ」による。

だそうだ。

2023-11-07

anond:20231106185513

志布志事件冤罪ではないとした法務大臣発言及び冤罪に対する政府見解に関する質問主意

https://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a169089.htm

四 「鳩山発言」に対する政府評価如何。「富山事件」の様に全く別の人を逮捕して、その後に真犯人が見つかったケースは冤罪であり、それ以外のケース、例えば「志布志事件」の様に、真犯人別に見つかった訳ではないにしても、嫌疑をかけられ、いったん逮捕された後に無罪となるケースは冤罪ではないとの認識を示したものと考えるが、政府評価如何。

五 冤罪という言葉意味について、「広辞苑」(第五版 岩波書店)では「無実の罪。ぬれぎぬ」と書かれており、また国民の間でも、新たに真犯人有罪となる人間が見つかるか否かは関係なく、無実の人が罪を着せられることであるとの認識一般的に浸透しているものと考えるが、政府も同様の認識を有しているか

答弁本文情報

https://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b169089.htm

三、四及び六について

 鳩山法務大臣は、平成二十年二月十四日の衆議院予算委員会において、御指摘の発言における「冤罪」という言葉意味について、「有罪判決を受けて服役までしてから真犯人が見つかったという場合、あるいは裁判中に全く別の真犯人が現れたような場合であるととらえていた」旨の答弁をした上で、御指摘の発言について、「「志布志事件」の被告人あられた方々が不愉快な思いをされたとすれば、お詫びをしなければならないと思う」旨の答弁をしたところである

五について

株式会社岩波書店発行の「広辞苑第五版」において御指摘のような記載があることは承知している

で、この政府答弁の前に

衆議院議員鈴木宗男君提出冤罪定義に対する鳩山由紀夫内閣の見解に関する質問に対する答弁書

https://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b173110.htm

御指摘の「冤罪」の定義については、先の答弁書一及び二についてで述べたとおりであるが、法務大臣は、平成二十一年十一月二十四日、記者会見において、政府として、「冤罪」の定義について特定見解を有しているものではない旨述べた上で、様々な意味で用いられている「冤罪」について、法的な意味ではなく、世間で用いられることがある無実の罪等という意味で用いた場合における、御指摘の事件についての現段階での認識発言したものである

と回答している

繰り返す

記者会見において、政府として、「冤罪」の定義について特定見解を有しているものではない旨述べた上で、様々な意味で用いられている冤罪」について、法的な意味ではなく、世間で用いられることがある無実の罪等という意味で用いた場合における、御指摘の事件についての現段階での認識発言したものである

https://kotobank.jp/word/%E5%86%A4%E7%BD%AA-447625

一般に無実の罪をいうが、法律用語ではなく、法制度上その意義が確定されているわけではない。

日本語通じない増田には難しくてこんな日本語読めないだろうけど、一応おいておくよ

政府でさえグダグダだよ

ところでお前の考えるエンザイとやらのソースはどこにあるんだい?




https://anond.hatelabo.jp/20231106191048

自演ゴマカシてないで、お前の考えるエンザイのソース出せ

2023-10-23

anond:20231023132240

初老は何歳

長らく「四〇歳の異称」(広辞苑7版)とされてきた「初老」は、三省堂国語辞典7版が「おもに六十代」としている通り60代という回答が最多でしたが、40代と50代も合計で半数以上を占めました。

https://salon.mainichi-kotoba.jp/archives/107#:~:text=%E9%95%B7%E3%82%89%E3%81%8F%E3%80%8C%E5%9B%9B%E3%80%87%E6%AD%B3%E3%81%AE,%E4%BB%A5%E4%B8%8A%E3%82%92%E5%8D%A0%E3%82%81%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F%E3%80%82

病気戦争、色々とあるけど、

昔の平均寿命から40歳初老として考えられていたかもしれない。

でも今この平和時代、「老いとは」という事から考え直せば、

40が初老とは考えにくい。

40の早漏は有るかもしれんが。

2023-10-03

ねこまたぎ

ねこまたぎ」には、次のような意味があります:

  1. 魚が好きな猫でも食べずにまたいで通るほど味の悪い魚
  2. 猫が食べるところがないほどキレイに身を食べた後の魚の骨
  3. 魚を食べるのが上手な人が身をきれいに取って食べ、骨だけ残った様子を形容するときにも使う
  4. 転じて、誰もとりあわないことのたとえ

ねこまたぎ」は、最近はあまり聞かれない言葉ですが、年配の釣り人の中では好んで使う人も多いです。

また、広辞苑の第6版改訂では、「あまりの美味しさに猫が食う余地のないほど食べ尽くすこと。またそれほど美味な魚」という語釈が追加されました。

2023-09-19

実家には地球儀があった

望遠鏡もあったし、日本地図パズルもあったし、ルービックキューブもあったし、元素周期表もあったし、広辞苑もあったし、世界国旗が全部載った本もあったし、本棚いっぱいに絵本図鑑がぎゅうぎゅうに詰まっていたし、500色の色鉛筆もあった。

毎年決まった日に七草粥を食べたり、菖蒲湯に入ったり、かぼちゃを食べたり、柚子湯に入ったり、おせち作りを手伝ってつまみ食いをしたりしていた。

ずっとそれが普通だと思っていたけど、自分大人になり、子どもを授かって、ようやく、自分は恵まれていたんだなと気づいた。

私が暮らす今の家には、地球儀も、図鑑も、500色はもちろん12色の色鉛筆すらない。日本の伝統的なイベントなんて正月すらほとんど何もしていない。

夫婦ふたりならこのままで良かったかもしれないけど、やっぱり、子どもには色んな経験をさせてあげたい。

興味を持ってくれるかどうかは分からないけど、自分の子どもにも好奇心きっかけになるものを用意してみようと思った。

2023-08-28

ユニットが強すぎる増田のバトル鳥羽の出す丸議す四つが特二湯(回文

おはようございます

ファイアーエムブレムエンゲージの旅はまだまだ続くわ!

訓練や遭遇戦をやりすぎて強くなりすぎたのか、

通常ストーリーマップでの敵が誰でも一撃で倒せるようになってしまって、

しか経験値とか1とかしか入らなくって

これはもう先に進めまくりまくりすてぃーなのね!って

モノホンフィレ山脈に向かってヤッホー!って叫びたいところよ。

あとさー

なんかソフトダウンロードで買ったか説明書がなくって、

さらだけど必要もそう無いと思っていたけど

なにか情報があればストーリーの進行のネタバレの影響はない範囲攻略本というのを買って見て驚愕したのが広辞苑より分厚くてこれで殴った方が一番攻撃力が強いんじゃないの?ってそれなんて物理攻撃?って思うぐらい分厚い本は

キャラクターの全会話が網羅されていて、

驚愕の字の小ささよ。

画像も小さくて画面上の文字が潰れて印刷されているので

違いがよく分からないけど熱意は感じるわね。

個々になってストーリー進めていって指輪も取り戻せるものがたくさんあって使える技も多くなってきて、

リンって言うスピードアップが得意な指輪の力があるんだけど、

みんなそれ装備させたり訓練させたりして、

スピードマックスにして戦いまくるそれなんてワイルドスピード?って映画を地で行くような速さで敵を追撃していくのよ。

そんでね、

指輪の技の分身ってのがあってそれ無敵じゃん!って思っていた時代が私にもあって

超絶回避力のユナカの分身を作ってこれでやって来る敵ユニット返り討ち20ユニットぐらい1ターンで倒せちゃいそうな勢いだけど、

よくよく気付いたら、

分身が倒した敵の経験値が入らないわ!って

でも

なんかキャラクターのレヴェルがマックスになってしまったので、

成長の伸びしろがもうなくって、

いや経験値が入る入らないのはどうでもいいと思っていた時代が私にもあった中島みゆきさんの4時台の歌!

あれ、

レヴェルがマックスになっても

同じジョブクラスチェンジしたらまたレヴェルを下げて戦えて

強さもそのまままた伸びしろ再開で

これ知らなかったら強くなれなかったところよね。

あともうベストメンバーで進撃させているから、

途中参加のメンバーとの力の差が大きくて、

ユニットがたくさん参加出来る戦いで参加させてトドメを刺す係を任命使用と思うけど、

みんなが強くなり過ぎちゃって

微妙ヒットポイントを数ミリ残して送ってこともできなくてますます力の差が開く一方が贅沢な悩みね。

もうさ、

日頃のまた変な忙しさから

休むときは休む!ってしないと

頭が沸騰してしまうわ。

休むときはしっかり休まないと!って思っていてもやってしまファイアーエムブレム楽しいけど、

プレイ時間はしっかりと守らなくちゃね!って。

ももういい加減、

フィールドマップで出てくるフリーバトル、

ストーリーの進行とは関係ないバトルもやっても何も稼げない

厳密に言うと食材と絆ポイントしかないので、

これはもうストーリーを一気に進めるチャンスかも!鴨鹿!って思うのよね。

ファイアーエムブレム初めてだったので、

カジュアルモードイージーモードで始めたのもあるかも知れないわ。

そんで

あとから難易度が変更出来るっつってわーい!って主人公の部屋のマイルームに行って難易度変更しようと思ったけど

ハードから下げるのはできるっぽくって、

イージーからドゥー上げるのはダンスみたいなの!

えー!

普通上げられても良いようなものなのに?って思ってしまったわ。

とりあえず今はイージーで行くわ!

あと指輪との絆レヴェルをあげて指輪スキルキャラクター指輪がなくてもスキルが装備できる仕組み、

私もあれどんどん育てて絆の伝承スキルパワーアップさせているんだけど、

種類が多すぎて、

どれが良いのか選ぶのも楽しいというか、

これ本当に良くみんな考えたわよね!って

伝承スキル大喜利みたいになっていて

もうほとんどスピードアップばかりしていればいいと思っている現在

なにか絶対にこれよりも便利なスキルがあるはずなのよね。

本当にたくさんあって、

行動後にまた2歩あるけるとか、

キャラクター行動後に隣接して再行動出来るようになるとか、

もう思い付いたことを全部盛り込んでんじゃね?ってぐらい数が多すぎてトゥナイトなのよ。

本体キャラクターが強すぎて、

チェイン攻撃とかファイアーエムブレム醍醐味である仲間感で攻撃するのが

一撃でやっつけてしまうので、

支援のし甲斐がないってもんよね。

いやでもこれからストーリーが進んでいったらレヴェルが追いついて

急に難しくなるかも知れないので

大敵なのは油断よね!

上手いこと言えた感じ名ところで、

今日も忙しいので、

頑張ってやりとげるわ。

うふふ。


今日朝ご飯

今日もしっかり頑張る!っつー意味で大好きなタマサンド使用と思ったけど

横を見たら厚焼き玉子サンドがあったので、

二度見したついでに手に取って買ってしまったわ!

どっちも美味しいけれど、

いつも食べない珍しい

厚焼き玉子サンドにしてみたわ!

玉子の元気をいただくわ!

デトックスウォーター

カッツスイカ買ってきたわ!

ここのカッツスイカは他のマーケットよりなぜかしら100円ぐらい安いので、

相対的物価が上がっていたところに

さらに安く感じてしまうのは多分気のせいなカッツスイカウォーラーね!

まだまだ暑いので、

どうぞ水分補給もしっかりとね!


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2023-08-08

anond:20230808151520

「得意」の類義語に「得手」というのがある。

反対語は「不得意」と「不得手」だな。

で、この「不得手」なんだが、「得手(得意)でない」という意味の他に「好きでない」という意味もある。

広辞苑には「酒は不得手だ」という用例も載っている。

「不得意」では本来そういう使い方をしないのだが、「得意」と「得手」がほとんど場合で同じ意味なんだから

「不得手」を「不得意」に言い換えてもいいんじゃね?という発想は、そんなに違和感があるものではないと思う。

2023-07-12

父が死んだ。葬式もした。

喪主ではないし長々としゃべっても飽きられるだけだからここで自分の整理がてら、書いておこう。

父という人間のことはなんといって表現していいかいまだによくわからない。というのは母が強烈すぎるからである

 

父は1940年代まれ日本人男性である出身地は西の方の川沿いの豊かとはいえない田舎である

6番目の息子である工業高校に通うために下宿がてら養子に出されるまでは、兄の一人に小遣いや親の愛を搾取されていた。

 (おそらくそのせいで自分へのいじめにはとてもドライであるいじめが嫌いだし、「ズルイ」という言葉も苦手である。)

工業高校卒業後は、工場のあった景気のいい化学メーカー就職した。読書が好きで(速読で)すこし本で勉強すればペーパーテストはたいてい受かる。

職場ではじまった国内留学のような制度の初年度生にえらばれて会社のカネで大学化学科に進学した。

学費の足りない分や生活費は賭けマージャンで補っていたという。のんびり無口なくせにダマテンかメンタンピンか即降りの雀風である

趣味登山で、安くて黒いカメラも一応持っていた。(父が人生もっともイケイケだった時代かもしれない)

そこで一学年年上にあたる女性出会った(大学では同学年)。九州で育って浪人して偏差値で選んで入った教育学部にいた女性は、はきはきとしゃべり美人笑顔が気さくだった。

怒るとまくしたてて手が付けられないが、おこっていなくても気を許した人間の前では延々とラジオのようにしゃべっている。

話すうちに多少の脚色も入って来る。それを父はわかっているのだがいちいち訂正しない程度にはおおらかな父と女性は気が合ったようだ。

1960年代?の大学には学生闘争が(東京でとくに盛んに)あった。田舎大学にも多少の余波はあったが、両方とも危うきに近寄らずで敬遠していた。

父は卒業化学企業にもどり、女性は数か月だけ「印刷会社腰かけ事務職」をして寿退社初任給洋裁用ハサミと広辞苑を買ったという。

二人は親へ挨拶をすませ神前式結婚式をあげた。新婚旅行国内)ではパンタロンネッカチーフなど流行の服をきたイケメンの父が観光名所の立て札の前でまぶしそうに笑っている。

1970年代。m市の社宅に二人暮らし妊娠。里帰り出産でまるまるとふとった増田を生んだ。ぴかぴかの母の笑顔は(そのころまだモノクロ写真しかなかったので)モノクロームである。(追記:よく考えてると写真現像紙の質が悪くて色褪せてただけで新婚旅行出産も一応カラーだ)

夏だが一般家庭にはクーラーがないころだ。産院にはあったそうだが、おくるみでぎっちりくるんだ写真をみるに母には赤ん坊を薄着にするという考えがなかったようだ。

(なお増田は今も超絶汗かきである。失うはずの汗腺が全部残っている)

二人目もm市在住で西に里帰り出産した。このとき増田も母実家に連れていかれた。

このころ叔父浪人してから医大に入って実家から通っていた。叔父マンドリン部に入ったといって増田になにかを弾き語りしてくれた。あと本好きの増田学研漫画植物百科を買ってくれた。

三人目を生む前に父は関東のk市に転勤になった。おそらくこのへんで、父は化学から離れたようだ。(父、転身)

というのは、データベースで父の名を探したことがあるのである。染料の特許論文かに1-2件だけ名前があってぷつりと途切れた。

というわけでk市で三人目が生まれた。そうして5人乗り自家用車を買っていろんなところにつれていってもらった(なおそのころベビーシートはない)。

だが車内で父はタバコを吸った。車内はひどい匂いでひどく揺れ、子供たちはぐったりしていたし従兄弟などはゲロを吐いたこともある。あまりいい思い出はない。

(母は父に「ニヒルなくせに私にだけやさしい大人男性」というイメージを抱いていた。一時期はタバコ容認~勧めたことがあったようだ。実際は父のほうが年下で気弱ですらある)

そうしているうちに二人目がアレルギーという未知の病気にかかって(そう、1980年代にはアレルギーによる気管支喘息すら新規だった。父も母も本を買いあさった)、

そのころの(無鉛ガソリンとも限らない)車の排気ガスアレルギーのもとだ、という説にすっかり怯えてしまい、「もっと田舎っぽい場所に家を買いましょう」となった。

とはいえ社宅だって、そこそこ郊外で、隣は竹の子がとれる竹林だったのだが。

まあ、3人の子育ての忙しさの中で狭い金魚鉢みたいな社宅でのハイソ自慢、愛され自慢だの、昇進自慢に母が飽き飽きしたんだろう。

1980年代、父はチバラギの片隅に土地を買って家を建てた。

そこで知ったのだが父はいつのまにか一級建築士になっていたそうだ。意気揚々と自宅を設計現場監督がてら家族をつれてわくわくとみせにいった。

(このへんで、のこり全部の西にいる親類から東京叔父さん」と呼ばれはじめる。後日つくば万博ディズニーランド成田への前泊などで宿をお貸ししたこともあるようだ。)

お礼にとめてくれる親戚をたどってお盆に西をめぐったこともあったがそう回数は多くない。いつも核家族の5人が一緒であった。

 

増田と父と電車記載を削除)

 

そのあと増田はなんとか就職して、ひきとめたがる母親喧嘩しながら「自分の金で」一人暮らしをはじめ、あまつさえ恋人ができたというと、

母が「空の巣症候群」というやつでいろいろとヒステリックになりはじめた。

子供が「いやもう自分大人から口出しをするな、するなら人生最後まで口出しする覚悟しろ恋人よりよい伴侶候補がいるならいますぐつれてこい」とブチ切れてやると、

父親に「ウエーンくやしい!」と子供のようになきついていた母を思い出す。

その後も「恋人を家につれてこい紹介しろ」というからそのとおりにしたところ「こんにちははじめまして」の二言目に「うちの教育方針は!」とはじめたのでみんなでドードーしたのをおぼえている。

子供教育することが母の生きる目標だった。母には並列処理はできないのである教育となったら教育だけをするのだ。

「もういいか子供にかかわらず好きなことをしな」というと……。

しばらくしてようやく、母は広い庭をいじりたいから、もう一軒家を建てて引っ越すといいだしたのだ。

庭で草花をそだてていれば嫌なことはすべてわすれられるという。

父は母のことを浪費家だと数度指摘した由来はこの辺にもあるとおもう。

(ほかにファッションや作り付け家具など、彼女なりの「上質な暮らしイメージを達成するために骨身をおしまなかった母だ。

今で言う「お値段以上」なのだろう、「モノはいいモノだから3人の子供に使うのならこの値段は惜しくない」という言葉を母から何度も聞いた。

学校の縄跳びなんか子供向けのすぐ切れるプラスチックじゃなくてボクサーが訓練に使うようなものをもたされ重かった。)

母にしてみれば教育費を払いきれたのは自分の塾のおかげもあり、父はケチだというのである。どちらが正しいかは…。

ところがしばらくすると、父自身が肺の難病にかかった。タバコは肺にはよくないということはわかっていた。

父は早期退職制度で、ただ社外顧問で数回きてくれればという職だけをのこして闘病に入った。

幸い年金ももらえる。子供への仕送りもぱったりとまってお金には余裕がある。

郊外というよりもはや森の中を切り開いてつくった庭の広いおしゃれハウス建築中)は、たちまち父の療養ハウスに方向転換となった。

手すりやら風呂やら改築し、母は断捨離をし、こだわりより健康を優先し…。

そこで難病なのに20年も生き延びたのは確かに母のおかげであろう。

 

ただ母はだんだん父が自分より弱い生物になりさがっていくことがなかなか納得できなかったようだ。

母にとっては子供庇護すべきで、父は母を庇護すべきだったのに、すべてが逆転してしまったのだ。

母の癇癪は昔からものすごく、感情の嵐の生のままの奔流であって、いうことがよくまとまっていない。

Aといった直後にいいかえすとじゃあ反Aだと躊躇なく言えてしまう。もちろんきっかけはあるのだが。

母がなんでタバコを吸ったの!と責めて、理由をはっきりいわないと納得しないので父は「母も勧めたではないか」と言い返すのではなく「社内政治に参加するためだ」と説明した。

「なんで私を浪費家だというの!」「なんで感謝してくれないの!」には、

それぞれ「幼少より母の愛に飢えていたため」などの適当理由がつけられ、反省書となった。

反省書はなんども日記にかきつけられ、こどもたちへも父がこんなに反省したとメールで送った(母もいつでも読めるようccつき)。

まるで自首後の犯人動機を言えと迫る刑事のようなやり取りである。さしずめ母は愛情刑事であった。

 

この「なんで」期の母は2人だけの蜜月のはずがいきなり愛情が枯れ果てたかのようなふるまいをしたので子供たちにも影響があった。

あるときなど増田が呼び出されて母と東京カフェであった遠かったねよく来たねの二言めで「今日ね、おとうさんをいじめてきたの」というのである

どのように苦しめたか。それがどれだけ自分の恨みを買った人間の正当な末路なのか。話はじめると30分以上いきつぎもしないでとうとうとやる。

増田や父は、そういう手の付けられない母をどうしていいかいつもわからないで黙っている。

ただただ、ああ、となりのテーブルの客が居心地悪くて逃げたなあときときょとしながら口をはさむ隙を探す。

まるで楽園のなかの地獄であった。

やめてくれ。あなたたちは善良で努力家で思いやりある人間だっただろう。泣きたかった。

カフェの次は庭園つきフランス料理で父もいるときニコニコと「お父さんに遺言をかかせたの。私に全部残させるって」というのである

増田遺産も愛も父からはあたえられない子供になったのだと、増田当人にむかって心から嬉しそうにいうのである

理由を聞いてほしかったようだが「ふーんそう」というのがせいぜいだった。

後日やっぱり何十回もしつこく聞かされた。あれもこれも、…、わたしケチといわれたのよ!!父は母に愛情がない!

父は平謝りするしかなかったらしい。

増田ボケがきたか気がくるっているとしかおもえなかった。

でもその場で諭そうにも耳も悪い。

「その話は今聞きたくない」と穏やかに告げるとまるっと無視された(なんなら常にセリフを母にカブせられているし慣れてるけど)。

もう一度はっきり言うと「え?」といわれ、もっと大きい声でいうと「大きな声を出さないで!心臓がどきどきする!」と泣き出すのである

補聴器をすすめたけど、ぼわんぼわんして不快だとつけたがらない。

それに庭に出ている間も補聴器をつける必要がない(むしろつける必要がないから庭がすき)だから悪くなる一方だ。

子供たちは私を味方してくれない、おとうさんばかり味方して、おとうさんがだましているからだ!ということで本当に手が付けられなかった。

  

でも素直な母は、父をいじめるだけではなくまっとうに、増田子供たちに直接説得も試みた。

ところが増田子供がうまれて送迎などで忙しいのに、携帯業務用)に電話をかけることがつづいたのである

運転中は出られない。うるさくて運転に集中もできない。ガチャギリするしかない。それでもかけてくるのでやむを得ず「固定電話にかけて」と携帯ではブロックをした。

このことは増田子供の送迎がいらなくなりガラケーアイフォンをのりかえるまで続いた(のりかえたときブロックは解除した)が

ボケ?もとから機械音痴?の母は下の兄弟増田の伴侶に「増田ちゃんわたしブロックしたの!解除するようにいって」と何年も頼み続けた。

   

父はじわじわと悪くなった。3年に一回ほどのペースで入院するたびに母から死にそうな声で「おとうさんが入院したの、もうだめかも」といわれて子供たちが全国から新幹線などでとんでいった。

父は母に「浪費家だ」といったことを老後一生かけて平謝りし続けた。

酸素マスクが一日中必要になっても、下の世話はしないからと母にいいわたされると一回30分かけてでも一人で家のトイレにいった。

母はトイレにいく父の血中酸素モニターが鳴る音だけはよくきこえたらしくて「いつもピーピーうるさいから本当に止めさせたかった」のだそうである

かにもブザー音がなると死んでいるかもしれないし、地震があると停電したら酸素送風がとまってしまう。そうすればすぐに酸素濃度がさがって窒息死だ、ということで不眠ぎみであったという。

なるほど不眠であれば気が狂うほど老々介護はつらいだろうというのはさっせられた。

途中で増田は「あなた(母)はもう後期高齢者だし、父はさっさと介護認定を受けるべきだ。他人を入れろぜひ入れろ、入院介護施設はないのか」とアドバイスをしたりもした。

父も早く「介護認定を」といえばよかったのだが母だけに甘えていたかったのかもしれない。

母親認識は古くて「介護認知症施設にいれられ毎朝チーチーパッパと歌わせられる」というなんかアレな印象しかなかったのだが、

父も「自分=強い=介護うけられない」とおもってた節がある。いいコンビだよあんたら。

まあ、実際、肺病で介護認定がそんなに高くなった父という存在チバラギ地方では珍しく、認知症むけばかり取り揃えられている施設からは選びづらかったようだ。

 

母は一度、「もうすべてをほうりなげたい。お父さんなんか死んで良い」と増田ドライに告げたので増田市役所を通じてケアマネに緊急電話をした。

実際病状がすすんでいるのも理由にあったようだ。

父は身の回りを手に取ることすらおぼつかない。あれをとって、かわりにこれを置いて、の命令の繰り返しの24時間。そりゃ気が狂う。

頭がはっきりしているだけに介護をうけておきながら「あの礼状は出したか」などと口うるさいこともこまごまという。

ケアマネ介入後はデイステイのできる施設をいくつかめぐって、母に介護休暇をあたえ父の入浴はステイ先で複数人介護をうけることにして解決となった。

  

他人の手が入ったあとはなんとか母の忍耐がたもったようだ。

ラインでこまめに連絡をとると、お互い聞き取れない・聞いてもらえない長話のストレスと徒労感も解消された。

コロナのおかげで世の中全体が肺病に警戒しており、

ストレスのたまった母親の消費欲やお出かけ欲も「コロナは怖いから」と唱えるだけでだいぶ抑制された。

母はユーチューブをおぼえた。

コロナワクチンふたりともいち早くうけられた。怪我の功名である

 

増田の残りの二人の兄弟子育てに忙しい中でガス抜きに付き合ったらしい。なんとか二人の生活はつづいた。

  

そうして2*年の闘病、*年の介護認定酸素マスク、90日の入院のあげく父は体重が半分になって逝去した。

母は感情が高ぶると耳が全くなにも聞こえなくなるので、増田葬式の打ち合わせに逐一ついていってすべてをメモにして渡してやった。

 

父がなくなって重荷が下りても母はやはり理不尽であり、やはり葬式相談のあとにも爆発した。

かねて希望していたように「全部の遺産を母の元に相続させつつ凍結などの不愉快事態にさせない」ためにはなるべく資金を動かさないほうがよいのに、

はいます資金をすべて自分の口座に動かそうというのである

それなら司法書士とか頼んだ方が楽だよというと、母の感情は爆発するのである。「高いでしょう!?」3万でいける「デモデモダッテ」。

今すぐにでもATMにいってお金おろしてあつめたいというのである。(父は箪笥貯金を高額な葬式分くらいはおいてあったし互助会にも入っていたか葬式費用ではない。)

なぜと問うと、「子供たちに私からお金を送りたいから」。はあ~~~???だよ。じゃあ法定相続割合でよくない?父もそれが一番簡単からのぞんでいたんでしょう。

anond.hatelabo.jp/20230712024305

2023-06-30

漫画ラノベタイトル異世界に対して異界って言葉が使われてる割合が少ないのはなんでだろー

しろ異界って言葉のほうが辞書的には正式らしいが(版によるが広辞苑異世界は載ってないらしい)

2023-06-13

anond:20230613172325

お母さんは、広辞苑掲載されていない物は認めませんよ!

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん