「機序」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 機序とは

2018-11-07

anond:20181107160322

1回の投与でタミフルと同等の緩和期間、副作用も少ないのであれば、タミフルでいいとはならないと思うが。

機序が異なる点からも、元記事はそんな変な表現じゃないだろ。

2018-10-20

私は行き詰っている

私は今、専門家として行き詰っている。

私のパフォーマンスはあまり高くない。

それを改善する必要性を感じている。いくつかの試みはしものの、大幅な改善がされているとは言いづらい。

私は課題に直面した際に、それを分析し、解決策を案出し、実行するというプロセスのなかで、アセスメントをする力に乏しい。

少し表現を変えるのであれば、私が課題のあり様を捉える時に私は「よくわからない」と感じるし、問題機序を把握した上で解決策を案出している訳ではない。

これまでの経験比較的上手くいった方法を、そのままくり返しているに過ぎない。

そして、自分の成果を公の場で発表していない。

それを改善しなければ、今の自分状態ブレークスルーすることはできないだろう。

アセスメントをする」ということを、より細かな行動に分けることが必要だ。

それを実行する頻度を高めることが必要だ。

アセスメントの誤差を捉え、修正する行動が必要だ。

2018-10-12

anond:20181012142308

実際には多様な問題が平行して存在していて手が回らないという話ではなく

例えばホモ学校イジメられているのは問題だけどノンケ不細工アジア人男性イジメられていても別に問題じゃないという風に

問題を取り上げる動機の発生機序の時点で差別感情内包されているという構造問題だと思います

2018-10-11

単に素朴な疑問に答えてるだけならこんなに疲れねえよ

Dragoonriders まあ、こうして知見が溜まるのは、素朴な疑問って大事だよな、と言っておく。疲れると思うが存分に書いていただきたい。

単に文系アカデミアでのキャリアパスを聞かれて答えただけならこんなに疲れねえよ!

文系論文を読みもせずにお気持ち明学問だと決めつける連中,

文系がどういう資料を使って研究してるかもろくに把握せずにエビデンスがないエビデンスがないとわめく連中,

査読されてる雑誌今日日たくさんあるよと何度も言ってるのに査読論文がない! って吹き上がる連中,

こんな連中が寄ってたかって文系への偏見に満ちたコメント垂れ流すのは「素朴な疑問」とは呼ばねえよ! 素朴な疑問って大事だよねとか微塵も思わねえよ!

丁寧に水の機序について説明してくれる科学者が現れてくれたか水からの伝言って大事>< とか思うか? 思わねえだろ?

現代医療について解説してくれるお医者さまが出てきてくれたかホメオパシーって大事>< とか思うか? 思わねえだろ?

日中戦争について教えてくれる歴史学者降臨してくれたか南京事件否定論って大事>< とか思うか? 思わねえだろ?

議論が深まっ太郎にはもうウンザリなんだよ!!!!!!

anond:20181010203532

2018-10-08

自称オタク専門家なし

本当にやばい奴は自覚ない。

でもね、許しちゃう。いいよ。ライトオタクでも。アメリカではちょっと好きなだけの下手な趣味でも「オレはこれが好きだ!趣味なんだ!」って公言して、周りも受け入れるらしいじゃない。

から、オレは許すよ。自称オタクを。

マニアでなくとも、学位を持ってなくても。

薬学マニアとか言いながら、アセトアミノフェンの薬理機序の一つも説明出来ない輩でもオレは許すよ。

2018-09-26

日本人破滅はすべて「ちゃんと謝れない」に集約されるのではないか

 子どものころ大人から叱られたときにいつも思うのは、


申し訳ないな」、「自分が悪かったな」


 ではなかった。


「めんどくさいな」、「いやだな」、「理不尽だな」、「早く終わらないかな」


 だった。


 怒られている最中、泣きもした。泣くのは罪悪感の表明ではなかった。

 むしろ相手に罪悪感をなすりつけ、叱られを早めに打ち切るためのテクニックであり、

 効果の如何にかかわらずよく使った。頭ではっきりそこまで打算してはいなかったが、意識化ではぬけめなく計算していたはずだ。

 ずるかった。ずるい子どもだった。でも当時はずるいのは高所大所から反撃の余地なく子どもを詰められる大人のほうだと感じていた。


 今となってはもはや怒りを買った理由も忘れてしまったけれど、

 現在の己をかんがみるに、最低でも九割くらいは自分に非があったのではないかと思う。



 そんなこんなで、大人になった。大人になって、何年かたった。

 上は政治家から下は会社の同僚に至るまで、やらかし事例をそれなりに見聞きした。日本近現代史特に旧日本軍の「失敗」をつまみ読んだりもした。

 それでなんとなく感得したことがある。


 日本人はちゃんと謝らない。

 謝っているときも謝っていない。

 謝り方を知らない。


 ネットとかでよく見かける文言だ。ネットでよく見かける主語の大きい言葉うそだったり不正確だったりするものが大半だけれど、これに関してだけは肌で真実だとわかる。なぜなら自分もそうだから。おそらく、人生を通じて本当に心底相手に対してお詫び申し上げたことがないから。謝るにしろ謝らないにしろ、我が身のかわいさしか考えたことがないから。


 

 日本人は、という主語を使いたい。

 日本人は、謝れないとして、責任を取りたがらないとして、なぜそうなのか。


 あらゆる面倒ごとを「天災」として捉えているからだ。

 因果律直視しないせいだからだ。


 人災には因果があり、理由がある、ということをしんじ認識できていない。

 百万歩ゆずって因果があったとしても、それは前世の業めいたもので、自分の手では届かないどうしようもないことであり、どうしようもなかったのだから、私個人は悪くない。そういう責任逃れの前提があらかじめ内面化されている。


 私は関係ない。

 私は意図していない。


 機序は知らないがその面倒ごととしての「結果」は私とは関係ないところで発生した災害なのだから、私を怒らないでくれ、叱らないでくれ。


 そういう意識がある。

 そういう意識が怒られの前触れを察知したときに怒られ者にどういう感情を引き起こすか。


「めんどくさい」だ。


 自分には関係からめんどくさく感じる。理不尽に思う。

 だから避けようとするし、早く打ち切ろうとする。それが空虚謝罪姑息謝罪逃れにつながる。

 そうすることで失敗を原因を直視しないままうやむやに過ぎ、次なる大災害の種を育んでしまう。人災だったもの天災に変えてしまう。

 第二次世界大戦敗戦とはまさにそれだった。

 福島原発事故もまさにそれだった。


 

 新潮45の件もそれなんだろうな、と思う。

 最悪なのは、謝られる側も「ちゃんと謝れなさ」に最適化されてしまっている風土だ。

 原因やプロセスに向き合わないままうやむやに終わらせることに慣れてしまっている。

 口では「原因究明を」「まだ終わっていない」「説明責任」などと欧米から輸入したような言葉を吐くが、結局一歩も進めず忘れてしまう。

 ちゃんと謝れないでいい空気を保存しておいたほうが後々自分も謝る立場になったときに都合がいいのだ。

 そうやって多分、日本人はこれからも同じ小規模な失敗を積み重ねていき、いくらか貯まったところで大惨事を引き起こすのだろう。

 そういうことをえんえんと繰り返すのだろう。

 僕が言いたかったのは永遠。 

 

2018-09-03

LGBT支持論者に思うこと

連中よく、「嫌悪者は知識不足」「理解が足りない」とかって言ってるけど、

実際のところ当事者や支持者はどれだけ知識あるのかね?理解あるのかね?

例えばLGBTの発生機序等正しく理解したうえで言ってるのか、それとも「WHOサマが病気じゃない」と言ってたか病気じゃない論者(ただの権威主義)なのか。

結局のところ「俺のことを受け入れない」を「知識理解不足」と言い換えてるだけで「知識理解」の中身を説明できないのではないか

そもそもなぜ健常者がLGBT如きのために勉強しないといけないのか。

理解してもらいたい側こそ啓蒙活動に努めろよ。上から目線で受け入れてもらえると思うなよ。

2018-08-24

anond:20180824111916

LGBTの発生機序って完全には明らかにされてないみたいだし、あり得るかもよ

健常者がLGBTカルチャーに触れてしまった挙句後天的LGBTに変質してしまったら取り返しがつかない

2018-08-23

価格カルテル底辺女性セーフティネットとして意外と有効なのでは

売春ダンピング説を書いた人だけど、「それはダンピングなのか? 元々の値段が異常に高いのでは?」みたいな指摘が複数あったので、「ダンピング説」ではなくて「カルテル説」の方がより適切かもしれない。しかしいずれにしても売春忌避されるようになる機序は同じである。すなわち:

誰かが売春を始める

男性提供できる価値売春女性が独占してしま

多数が売春をするようになる

競争により価格が低下し、売春をしても利益を得られなくなる

子供も育たなくなる

滅亡

最初から、あるいはどこかの段階で婚姻制度と性道徳を導入すれば、この負のスパイラルは断ち切ることができる。この二つのセットの意味するところは、「一生私と私の子供をサポートしないのであれば、セックスはしない」と市場女性全員に言わせることであり、こうすることによって性の価格婚姻よりも安くなることを防ぐことができる。

ところで、現実には性道徳婚姻制度もあるが、売春が完全に撲滅されているわけではない。負のレッテルが貼られているおかげで負のスパイラル社会全体に波及するようなことにはなっていないが、それでも売春が行われている市場では、当然価格競争があり、安い価格でも売春をやめられない貧困女性がいる。

では、ここに価格カルテルを導入することによって、負のレッテルが貼られているなかで仕方なく売春という仕事をしている女性生活水準を下支えできないだろうか?

一定以下の値段で売春または買春することを違法化し、安すぎる売買春を取り締まるのはどうだろう? 性の価値人間尊厳の一部だから、それを安い価格で売り買いすることは尊厳に悖るから、けっこうアリなんじゃないかと言う気がするのだが。

2018-08-13

anond:20180813195843

ヘリウムガス吸入による自殺完遂の1例

http://jsct-web.umin.jp/wp/wp-content/uploads/2018/01/29_4_355.pdf

風船用のヘリウムガスボンベ(400L入り)とビニール袋をビニールチューブ接続してビニール袋を頭

から被り,空気漏れないように頸部をバンドで固定する方法がとられていた(Fig.1)。使用されてい

た400L入りヘリウムガスボンベは定価12,000円

であり,インターネットではさら安価で簡便に入手することができる。ヘリウムガス吸入により死に

至る機序は,酸素濃度低下による窒息である中央労働災害防止協会労働における作業環境管理での

酸素欠乏症について注意を促しており,酸素濃度が6%以下になると1

呼吸で意識消失し, 短時間で死に至る

2018-07-19

anond:20180719150722

直接の予防効果証明されてなくても、機序を踏まえて間接的に効果があることは示されてるでしょ。

それを予防効果確認されていないと言い張るのはさすがに無理がある。

2018-07-15

無知な奴が一周回って自分を全知全能のように勘違いし出すネット利用の副作用って一体機序はどの辺に働いてるんすかね実際

2018-07-08

何をしても楽しく無い

何か達成感があれば報酬系が働いてドパミンが出るらしい。すると脳が快感を覚えて次もその報酬を得るために頑張る。

こういう理屈らしいが、何をしてもそんなものが出てる気配がない。酒、タバコで脳を刺激した方がよっぽどいい。

タバコニコチン作用してドパミン放出される機序らしいかドパミン感受性は残ってるんだろうな。

すると達成感を感じるハードルが上がっているんだろうな。加齢とともに楽しいことが減ってきた。

ゾンビってこういう状態じゃないのか。笑えない。

2018-04-04

anond:20180404094828

もう一回読んだら、

ドーパミンが異常な状態になってもガチャを続けるなんて書いてなかった。

ガチャを続けてやりすぎると、結果的に(ガチャを含めて?)何事にも無関心になる

だな。

引用

「 いつでもどこでもプレイでき「クリア」という概念を持たないスマホゲームには大きな依存リスクがあり,ギャンブル性の高いガチャ連続使用によって脳内の神経伝達回路が不可逆に破壊され,活動への意欲を司るドーパミンを受け取る受容体が減少していき,結果的に何事にも無関心になり,刺激に鈍感になっていく機序解説されていますゲームのものプレイヤーを攻撃しない淡々とした書き口は,4Gamer読者の皆さんにもお勧めです。

 また別の先導研究では,ガチャを回したあとで排出されるセクシーな絵柄のキャラクター動画が,一定割合プレイヤーにとって自慰行為のための報酬となり,依存の度合いが深まっていることもまた,明らかになりつつあります。つまり,高額のガチャ商法性的嗜好・興奮が結びついた場合,併存障害や各個の性格によっては,スマホゲームによって人生破滅するぐらいのマイナスインパクトをもたらすこともあるでしょう。」

2018-03-23

anond:20180323050503

美女代名詞、グレタガルボも、見出されたとき歯並びが悪くて、あまりスタイルも良くなかった。

矯正して美を手に入れた。

年行ったらたいへんだよー

歯周病アルツハイマー病の分子病態ならびに

認知機能障害を増悪させる機序の解明

http://www.ncgg.go.jp/ncgg-kenkyu/documents/28/26xx-21.pdf

2018-02-26

医学部辞めたい

受験して入ったくせに医学部を辞めたくて仕方ない。元の大学に戻りたい。退学からの復学の制度をずっと調べている。

小さい頃から何となく医師に憧れ、志していたがなかなか叶わず(化学が苦手で足を引っ張っていた)、理科1科目受験できる中堅情報工系に入学。親の「やっぱり諦めないで頑張ってみよう」という支えに甘え医学部に再入学した。

しか私はロボットが好きだし、パソコンを使った作業が好きだったのもあって、私の興味は完全に情報系にうつってしまっていた。対して生物系の事柄にはさして興味を持つ事もできず、生命を扱う事は恐ろしくモルモットを使った実験は触る事さえ出来ず時間計測に徹している。

どうして医学部に再入学しようなんて思ってしまったんだろう。

今すぐに辞めたいが私が好きな情報系に戻ったところで将来展望が描けているわけではない。そもそも出戻りなんて社会に出る際に心象が悪そうだとしか思えない。このまま興味を持てないまま、何でこんなところに来てしまったのだろうと思いながら必死試験勉強をしてよくわからないカタカナ相手に戦い注射のような出来る気のしない臨床への訓練を積まなければいけないのか。医師適性はとても低いと思うが、今辞めたいと言っても「それは逃げだ」と言われるだけではないか事実これは単なる逃げではないのか。

毎日現実逃避をしている。元の大学に戻ったという想像で、在学中に頑張って勉強すればなんの資格を取れるだろうというものだ。

前の大学の授業はとても楽しかった。統計は好きだ。数学楽しいJavaCSSなどの授業もとても楽しかった。脳神経の名前利尿剤の機序を覚える事を楽しいと思えない。辞めたい。奨学金返済を考えるとそろそろラストチャンスだ。チャンスってなんだ。単につまらない勉強から逃げたいだけじゃないのか。

医学部に入ってから食欲がガタッと落ちた。なんとなく痛いような、お腹いっぱいのような気がして食べようという気力が起きない。もともと大食いの部類だったのに。

私が甘いだけなのだろう。人生なめてかかっていると言われたらそれまでだと思う。医学部に行かせてもらえているだけ有難い。恵まれているし親にはどれだけ感謝してもしきれない。だけど元の大学に戻りたい。でも戻ったところで何になるのだろう。だからといって私が医者になれるだろうか。電気メスのにおいで倒れ、注射を打つなど考えるだけで鳥肌が立ちそうになるこの私に。医学部辞めたい。再受験なんてしなければよかった。タイムマシンがあるなら合格通知を破り捨てたのに。元の大学に戻りたい。

2017-12-31

あれこれこうなってみたいな機序観測して後付で説明してるだけだからなぁ

どうやらこの辺り転倒しちゃってるアホの子居るの?

2017-11-21

anond:20171121001515

お前はわかっていないが、わかる必要もない。

防衛機序って言うやつだ。

から、身近な人が亡くなったときに、「あの人がいつもくれたパンがもうもらえなくなったな〜」みたいに

まず、どうでもいい変なことが思い浮かんで薄情っぽくなるは当たり前のことな

多くの人がそう報告している

どうも、衝撃を一発で受け止めて、崩壊しないように人間精神はそう作られているみたいなんですね…

2017-09-08

眼の悪い眼科医、鼻の悪い耳鼻科

鬱の精神科医仕事してると死にたくてしょうがない。胃腸から心臓にかけてドキドキざわざわが止まらない。

機序治療法もわかるけど、治す気力がない。さっさと死ねば良いのかな。

2016-11-10

ポリコレに見る興味深い逆転現象

ポリコレに関わる話でよく見る現象がある。アンチポリコレな人がポリコレ的な批判をするというやつだ。

最近ブクマを集めている例ではこれ(http://b.hatena.ne.jp/entry/anond.hatelabo.jp/20161109215129)だろう。

発端はトランプ勝利の報に対するetc-etc氏のブコメだ。

内容を簡単に言えば、ポリコレによって言論が抑圧されて云々というよくあるやつの変形バージョンだ。

さてそんな発言をしたetc-etc氏は、Ryo氏なる人物脅迫されたらしい。恐ろしいことだ。

この話題に関してついたブコメには当然ながら脅迫への批判が多い。

そして興味深いことに、ポリコレを腐しながら、同時に脅迫への批判すなわち"ポリコレに則った批判"をしている人々がいるのだ。

アンチポリコレにもかかわらず、Ryo氏を"ポリコレの棍棒で殴"っている。

なぜだろう?彼/彼女らの忌み嫌う行為ではなかったのか?ポリコレを振りかざして人を批判するというのは。

ある種の人たちは:

 "自分"から"他者"への攻撃的な言説、それに対する批判をこそ"ポリコレ"と呼んでいるのだ。

 "他者"から"自分"への攻撃的な言説、それに対する批判については"ポリコレ"と見なしていないのだ。

 なぜなら「"自分"への攻撃的な言説」にポリコレ観点から批判が含まれるゆえに。

からこそ、"自分"を攻撃してくる"他者"への反撃は、ポリコレどころかむしろアンチポリコレな言説だと認識しているのだ。

から脅迫はいけない」「被害者脅迫と感じた時点で脅迫だ」などという(彼らにしてみれば)実にポリコレ的な批判も、アンチポリコレ的な意図で発することができる。

もちろん"自分"が「脅迫はいけない」「被害者脅迫と感じた時点で脅迫だ」と批判された場合、それはポリコレであり、"自分"の自由侵害する恐るべきもの認識される。

忘れてはいけないのは、同様の機序ポリコレ擁護者がポリコレに反する言動をすることもあるということだ。

"他者"→"自分"の攻撃アンチポリコレとすれば、"自分"→"他者"の攻撃ポリコレになるわけだ。内容に関わらず。

なんとも不毛なことだ。

追記

こんなに早くトラバがつくとは嬉しい限り。

指摘の通り言葉足らずな部分があったから書き足した。

2016-10-12

増田はどこからやってきたのか?

 増田を見ていると不思議になってくる。

 いったい、増田たちはどこからやってきたのか?

 どのように発生したのか?


 一説には、増田は全知全能なる「大いなる知性」が創造したという。

 しかしこれは疑わしい。

 全知全能な存在創造したのであれば、増田もまた完璧存在となっているはずであり、そうであれば今日のような地獄増田状況は出来していなかったはずである


 また別の一説には、増田は偶然が重ねって生じた奇跡的な生命であるともいう。

 この説明もまた十全ではない。

 この一派の説によれば、増田誕生する以前のインターネットは「無」であったらしい。

 しかし何事も「無」からは生まれない。

 増田のものが「無」であるから、「無」から「無」へ遷移するのはエネルギーを要さないではないか、という人もいるが、そんなレトリックに我々は騙されない。

 明らかに増田実在している。

 毎朝電車が「人身事故」により止まるのはなぜだろう?

 そう、増田がクソをもらすからである

 増田物理的な肉体をも獲得した生命体なのである。この事実から目をそらすことはできない。

 あきらかに、増田は「無」からまれた「有」なのである。そして、その誕生プロセスは冥闇につつまれている。


 三番目の説。"増田実在しない"。

 増田とは幻であり、肉体や質量を持っているように見えるのは集団幻覚なのである

 そう唱える過激派がいる。

 反駁の余地は多分にあるが、百歩譲って彼らの主張が正しいとしよう。

 そうなるとまた別の疑問が生じてくる。

 増田がそもそも存在しないのなら、なぜ我々は「増田存在する」と思い込んでいるのか? そのきっかけ? その機序は?

 おわかりだろうか。この説は実は何の解決ももたらさないのである


 こうしている間にも増田は日々増殖しつづけている。四秒に一匹のペースで増えている。

 ある増田学者計算によると、増田一匹から新しい増田が平均七十匹産まれるらしい。

 では、最初の一匹を産んだのは「誰」だったのか――?

 この謎はおそらく増田自身にもわからないのだろう。

 

2016-06-10

バス脅迫事件犯人の知能の高さに驚いた。

『最終意見陳述』でA4のレポート用紙44ページの文章を提出してるんだけど。

知能高すぎだろ。

リズニートだの、キズナマンだのと即ネット流行語になりそうな独創的なワードセンス

そして、自己の異常さを他人にも分かりやす理解できるように書き切る客観性センス

検事も「君はもっと世のためになれる人物だったんだろうね」ってのもソウだろうなって感じだわ。

  

いや~びっくりした。彼はこの分野で社会的活動したほうがいいんじゃないかね。

純度の高い文学を見ている気分だわ。

  

普通の人は、与えられた体とか社会的条件に流されて人生送ってるんだけど。

この人はキッチリ完結してるんだよな自分を。流されてるだけじゃなく、ちゃんと自分の状況を把握して自分コントロールできてる。

そういうコントロールできてる人間犯罪者になるから、「そりゃどうしようも無かったね」となっちゃう。感慨とか反省とか無く、生まれてきた瞬間から物理実験のように冷徹犯罪者までなっちゃったねって。

まるで現象のように直線的に。

  

これ、俺の理想だなあって感じた。

俺はどーも、社会を信じている。「今日ダメでも明日はイキナリすごい発明が出て、世の中よくなるかも」って思っちゃう

多分、末期がんとかでも、1秒でも長く生きるために努力するタイプ。1秒後に治療薬が出るかもしれないから。

でも、普通は諦めて死ぬよね。そういう期待するより静かに死にたいタイプもいるだろう。

今回の犯人にいたっては、「人間いつか死ぬんだし、末期じゃないけど癌ってなら、もういいや」で自殺できるタイプじゃなかろうか。

これうらやましいわ。

人間に生まれた喜びを一身に受けてると思うわ。

人間として人間らしく死ねるというか。

追い詰められて自殺とかではなく。追い詰められる脳の機序理解して、脳が感じる一歩前に自殺するような。

そういう人間の理性と諦めの文学性が高い。

2016-03-19

HPVワクチン副反応に関する3/16の発表に関して

初めに

HPVワクチン脳障害が!というニュース話題を集めている。

マスコミ各社で大体の論調は同じだが、最もブクマ数が多そうなのは以下の記事である

子宮頸がんワクチン副反応「脳に障害」 国研究班発表 (TBSJNN)

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20160317-00000008-jnn-soci

まず言っておくとすれば、マスコミ記事は強くミスリードを誘うものであるという点だ。

詳しくは後述するが、元の資料では「脳に障害」が起こったとは書かれておらず、またそれがワクチン副反応であるという根拠も書かれていない。

記事大本である資料厚労省の以下のページから入手できる。

ヒトパピローマウイルス感染症予防接種後に生じた症状に関する厚生労働科学研究事業成果発表会

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000116636.html

子宮頸がんワクチン接種後の神経障害に関する治療法の確立情報提供についての研究 池田修一氏 発表資料PDF23,903KB)

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10901000-Kenkoukyoku-Soumuka/0000116634.pdf

以下ではこの資料を元に今回の発表の内容について解説していく。

なお、特に注釈がない場合HPVワクチンという単語サーバリックスガーダシルの双方を指すものとして扱う。

池田氏らの発表について

資料は3部分に分割できる。

 (1) HPVワクチン副反応"疑い"の症例についての報告

 (2) 患者のHLA型調査

 (3) マウスを用いた実験

(1) HPVワクチン副反応"疑い"の症例についての報告

信州大学受診した123名の患者の中からHPVワクチン副反応否定できない98例についてその症状を詳しく見て報告した、というものである

主な病態としては、末梢性交感神経障害(起立性調節障害{OH、POTS}、複合性局所疼痛症候群{CRPS})、

高次脳機能障害(学習障害、過睡眠、奇異な麻痺)、自己免疫疾患の併発(RA、SLE他)が挙げられている。

なお、自己免疫疾患の併発については根拠が弱く、資料中でも疑問符付きで述べられていたことを付け加えておく。

また、HPVワクチン副反応否定された(他疾患と判断された)25例についても、

一部の疾患(てんかん、SLE、若年性関節リウマチ)はHPVワクチンに関連しているかもしれないと仄めかしている。

個々の患者データ自体は、それが副反応で有るにせよ無いにせよ有用ものであり、患者の救済・治療観点から重要である

しかしながら問題点もあり、その最たるものが「副反応否定できない」が途中で根拠なく「副反応」にすり替わっていることであろう。

この研究はControl(非接種群)と比較をおこなっておらず、各症状が接種者に特有なのか、接種者で発症頻度が高いのか等は分からないのにも関わらずだ。

さらに、他疾患との関連については、論文(*1)を引用してHPVワクチンでは自己免疫疾患や横断性脊髄炎の発生リスクがあると述べているが、

その論文では「他のワクチンと比べて発症頻度は高くない」と結論付けられているため、誤読意図的ミスリードが疑われる。

(2) 患者のHLA型調査

症例報告で自己免疫疾患の併発が示唆されたことに関連付けてなのか、患者のHLA型鹿児島大と信州大で調査したという内容である

その結果、HLA-DPB1*0501の頻度が一般的日本人の頻度より高かったと述べられている。

鹿児島大のデータ(n=19)ではDPB1*0501の頻度(恐らく保有率)が84%、

これに2名を追加したデータ(n=21)では保有率が85.7%、遺伝子頻度が57.1%であった。

Controlの遺伝子頻度は40.7%であり、患者側で有意に高かったようだ(P<0.001)。

信州大のデータ(n=14)では、DPB1*0501の保有率が71%遺伝子頻度が46%であった。

Controlの遺伝子頻度は38.4%で、記述がないことから、恐らく有意差は無かったと思われる。

上記で保有率遺伝子頻度を強調表示したが、それはこの2つが混同して語られているからだ。

ごく単純に説明すると、保有率の方はヘテロ接合でもホモ接合でも保有者1名として(つまり個体単位で)計算するが、

遺伝子頻度は遺伝子プール内の対立遺伝子の頻度で計算するため、ヘテロ/ホモ接合の割合によって保有率と遺伝子頻度は異なる値を示すことになる。

鹿児島大のデータを例に出すと、患者21名のうちDPB1*0501のホモ接合が6名、ヘテロ接合が12名であり、

保有率は(6+12)/21=85.7%なのに対し、遺伝子頻度は(6×2+12×1)/42=57.1%となる。

マスコミ各社の記事で見られた「8割で同じ型を保有」というのは保有率のことであろうが、

それと比較している一般的日本人のHLA型遺伝子頻度で示されている。

したがって、異なる指標比較していることになり、これは印象操作以外にほとんど意味のない行為と言える。

遺伝子頻度で見れば、一般的日本人のDPB1*0501の頻度は38.4~40.7%で、患者群が46~57.1%となり、それほど高いようには思われない

(少なくとも、「普通は4割なのに患者は8割!超高いじゃん!」というマスコミ報道よりは)。

また、健康日本人(Control)のDPB1*0501遺伝子頻度が55% (*2) や64% (*3)の論文存在している。

一応、鹿児島大のデータでは患者側で有意に頻度が高いという結果(10遺伝子座も調べてる割に有意水準が少し高いように思われるのだが)

が得られたことから、DPB1*0501が副反応"疑い"の症状と関連している可能性は否定できない(実際にワクチン副反応かは別として)。

今後、より精確な調査が望まれる。

(3) マウスを用いた実験

この実験概要と結果は以下である

自己免疫疾患を生じ易いNF-κBp50欠損マウスに、インフルエンザワクチンB型肝炎ワクチンHPVワクチン(サーバリックス)、

PBS(Control)を注射した結果、サーバリックス接種群のみ海馬自己抗体の沈着が見られた。

また、(恐らく)サーバリックス接種群でのみ末梢神経に病変が見られた。

マスコミ(少なくともTBSの)記事で「脳に障害」とされたのはこの海馬への自己抗体の沈着である

しかし、あくまで沈着していただけであり、これによって脳に障害が起こったとは少なくとも資料中では全く述べられていない。

しかもこれはマウス実験であり、ただちにヒトの脳に適用できるものでもない。

TBS記事中では池田氏発言も示されているが、

 「子宮頸がんワクチンを打ったマウスだけ、脳の海馬記憶の中枢に異常な抗体が沈着。海馬記憶の中枢)の機能障害していそうだ」(国の研究班の代表 信州大学 池田修一医学部長) (太字・下線は引用者による)

の2行後には

 「明らかに脳に障害が起こっている。ワクチンを打った後、こういう脳障害を訴えている患者共通した客観的所見が提示できている」(国の研究班の代表 信州大学 池田修一医学部長) (太字・下線は引用者による)

と、推測から断定への鮮やかな飛躍が見られる。

これがマスコミ誘導切り貼りによるものか、御本人の認識なのかは不明だが、どちらにせよ不注意な発言であろう。

また、話の流れ的にも「少女たちに何が起きているのでしょうか。」からマウス実験の内容に飛ぶのはおかしくはないだろうか。

どちらかと言えば症例報告の話((1)の内容)につなげる方が自然に思えるのだが。

さらに、マウスに接種されたのはHPVワクチンのうちサーバリックスのみであり、もう一方のガーダシルは用いられていないのは疑問である

HPVワクチンを主眼に据えている以上、ガーダシル実験をしていないというのは考えにくいのだが、何か理由があるのだろうか。

総評

資料全体の批評としては、一言で表すと「言い過ぎ」である

個々の内容(症例報告、HLA型調査マウス実験)はいずれもまっとうなものであり、特に今回の症例報告は患者治療を進める上でとても有用であろう。

後二者も研究のとっかかりとしては十分な内容である

しかしながら、各症例HPVワクチン副反応である根拠なく断言し、HLA調査では「ワクチン副反応の予防法の確立」等、

マウス実験でも「神経障害機序の解明」等のHPVワクチンによる副反応自明とした表現が目立つ。

プレゼン資料で少し強めのことを言ってしまうというのはよくあることだが、それにしてもこれらは言い過ぎなように思われる。

薄弱な根拠HPVワクチンの害を喧伝することは、患者救済という観点から見ても決して適切な方法ではない。

願わくは、不用意な発言は避け、研究内容に相応の穏当な表現でもって語っていただきたいところである

最後

今回のニュースブクマでよく見かけたのが「WHO安全声明は間違っていたのか」「ワクチン擁護者はどんな言い訳をするのか」等のコメントである

ここまで読んでいただいた方なら分かっているとは思うが、池田氏の発表からは各症状がHPVワクチン副反応であるとは言えない。

それを言うには、ワクチン接種者と非接種者を比較して、各症状の頻度が接種者で高いことを明らかにする必要があるのだ。

WHO安全声明(*4,5)は、HPVワクチン接種者と非接種者では自己免疫疾患等の発症率に有意な差は無いという疫学的な調査の結果に基づいてなされている。

調査対象の疾患のなかに池田氏らの症例報告にもあるPOTSやCRPS等も含まれており、そのリスクも接種者と非接種者で差は無かった。

これらは日本国外での調査であるが、国内においても名古屋市の約3万人の調査(*6)では、接種の有無による疾患リスクの増加はほとんどないことが示されている。

また、池田氏の発表資料と同じページに載っている牛田氏の発表資料(*7)も必見である

その主な内容は、器質的な原因に由来しない疼痛への対応治療ケアに関するものであるが、

子供起立性調節障害や慢性疼痛といったHPVワクチン副作用として疑われている症状が、もともと一定の頻度で存在していたことも示唆している。

以上より、今回の池田氏らによる研究発表は、HPVワクチン安全性について既存評価を覆すものではないということがお分かりいただけたと思う。

この文章が、報道を聞いて不安になった方や情報齟齬で混乱している方の助けになれれば幸いである。

なお、批判的に扱ってはいるが、池田氏らの研究の内容自体は素晴らしいものである(特に症例報告)ことは重ねて申し上げておく。

もし間違いや事実誤認等の不備があれば指摘していただけるとありがたい。

追加情報

さて、この文を書き終えたところで、既にこのニュースについて言及したブログを見つけてしまった。

先鞭をつけることは叶わなかったわけである畜生

以下二つとも、有益情報が多々含まれているため、本増田よりこれらを読んだ方が良いかも知れない。

HPVワクチン 接種後体調変化の報道 と その周辺 2016年3月 (感染症診療原則)

http://blog.goo.ne.jp/idconsult/e/7279d93d6ce526b5ed61b40d8a7a01b8

HPVワクチン副反応?に対する報道(2016/3/16)についての物言い (simbelmynë :: diary)

http://simbelmyn.hatenablog.com/entry/2016/03/18/164401



参考文献

*1 Slade et al. (2009) Postlicensure safety surveillance for quadrivalent human papillomavirus recombinant vaccine. JAMA, 302, 750-757.

*2 Onuma et al. (1994) Association of HLA-DPB1*0501 with early-onset Graves' disease in Japanese. Hum. Immunol., 39, 195-201.

*3 Matsushita et al. (2009) Association of the HLA-DPB1*0501 allele with anti-aquaporin-4 antibody positivity in Japanese patients with idiopathic central nervous system demyelinating disorders. Tissue Antigens,73, 171-176.

*4 Global Advisory Committee on Vaccine Safety Statement on the continued safety of HPV vaccination (12 March 2014)

http://www.who.int/vaccine_safety/committee/topics/hpv/GACVS_Statement_HPV_12_Mar_2014.pdf

*5 Global Advisory Committee on Vaccine safety Statement on Safety of HPV vaccines (17 December 2015)

http://www.who.int/vaccine_safety/committee/GACVS_HPV_statement_17Dec2015.pdf

*6 名古屋市⼦宮頸がん予防接種調査 解析結果(速報)

http://www.city.nagoya.jp/kenkofukushi/cmsfiles/contents/0000073/73419/sokuhou.pdf

*7 慢性の痛み診療教育の基盤となるシステム構築に関する研究 牛田享宏氏 発表資料PDF:3,890KB)

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10901000-Kenkoukyoku-Soumuka/0000116635.pdf

2016-02-08

http://anond.hatelabo.jp/20160208021101

恋愛ってもたいていの場合は、この人と友人として仲良くなりたい → 異性として意識 → この人のことをいやでも考えてしまう(デートに誘う) → 精神的・肉体的に繋がりたい(この時点で告白) → 一緒にいると充実 → この人のために何かしたい → この人は信じられる みたいな精神機序から、まず恋人作れとしか

2015-11-17

世界でチウムイオンバッテリー危険域を完璧に把握できたと証明できる人間なんてまだいないよなあ?

適当に百例とか作動させて「はい、発火起こりませんでしたかr」問題ないよね?っていうくらいで強引に流してるだけだよなあ…

リチウムイオンバッテリーの発火機序完璧に解明できたらノーベル賞級だと思うんだが……

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん