「漫画雑誌」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 漫画雑誌とは

2018-09-23

夫のちんぽが入らないの漫画版はいいのか

ヤングマガジンの表紙だよ!なんでヤンマガ? 他所でやれよ。

購読者層わかってる?

表紙にでっかくちんぽって書いてるんだよ!

これが普通の週刊漫画雑誌のコーナーにあることの衝撃、わかってる?

このほうが最近話題ラノベよりもっと問題やろ!

これだったらいつものおしっこ我慢してるみたいな女の子水着の表紙のほうがまだ直視できるし、電車で読めるよ。こんなもん人前で読めるか!

しかも連載ページの頭に滴る血でもう生々しすぎておもわず閉じた。

小説が泣けるとかそういうのはいいねん。いくら泣ける話でも、外形的な段階でそもそもアウトちゃうの?

このタイトルにしたって、仕事で声に出さなきゃいけない人のこと、考えてる? つか、むしろ面白がってない?

恐ろしいことに実写ドラマもするみたいだけど、番宣タイトルコールとかどうすんのかね?

2018-09-21

anond:20180920223440

漫画雑誌もそうだけど無意味だけど慣例でやってるだけだよな、あれって

anond:20180920223440

これ単行本じゃなくて漫画雑誌読んでるときに逆の意味でめちゃくちゃイライラする

目当てのマンガを探すために目次でページ数を確認するけど、肝心のページ数がほとんどマンガのページにはのってなくて、結局ページすうじゃなくて目当てのマンガ前後を挟んでるマンガパラパラめくって探すような感じになってる

2018-09-14

出張マンが読む

出張に行ったらビジホで漫画読む

今回は趣向を変えて、Girls for Mという漫画雑誌を読んでみた。

古本が値引きされてた。

なんというか、1ページたりとも無駄がない漫画雑誌というのを初めて見た。

最高の満足感。

漫画のなかではおシリで感じるのが普通っていうファンタジー

ぼくは痛みしか感じなかったので漫画主人公にちょい憧れるよ。

それにしても、M男はみんな女の子になりたすぎでしょ。

2018-09-11

NECで何が起きているのか

かつて日本代表するPCメーカー、そしてシステムインテグレーター大手6社に数えられるNEC。それを退職した今、機密に触れない程度に、特に研究所の裏事情説明していこう。おそらく製品部門は違う苦しみを抱えているだろうが、高額なボーナスもらってるんだから耐えてくれ。

IT音痴研究所トップ

私が入社したのは、研究発表でのいわゆる一本釣りだった。釣りあげた部門も、当時の研究比較的近かったため、給料をもらいつつ研究ができる、という不純な動機があったのは確かだ。大手特有研修体制も魅力に感じた。

雲行きが怪しくなったのは1年目の夏である。当時研究所トップであるE氏による、研究発表の総評の場で「まだそんな研究していたのか」という発言だった。NECシステムインテグレーションといえば、重要事業の柱であり、事業からの引き合いも非常に強かった。折しも、AWS日本国内での事業が躍進し、オンプレミスとは違う流動性の台頭に、研究テーマとしては佳境の段階であった。そこに貢献するミッションは他の研究テーマでは代用できないものである

それをE氏は「そんな研究」と一蹴したのだ。翌年、予算はつかず、研究チームは文字通り解散となった。そしてシステムインテグレーション研究NECから完全に姿を消すことになった。E氏は光通信の元研究者で、正直なところなぜ偉くなったのか、今でも疑問であるが、少なくとも大のつくIT音痴であることは仲間内では有名である。それこそ当時はデータベースとは何か、すら知らなかったようである

E氏が理解できる、できないはあったにせよ、そして価値提供方法まで突き詰めて考えられていたかは怪しいけれど、少なくとも、なんのためにやっているのかわからない研究ではなかった。「バイオプラスチック 漆ブラック」などいった、海のものとも山のものもつかぬものより劣っていたのだろうか。カーボンナノチューブ研究すらまだ留保しているのに。

そしてE氏はNEC常務となり、CTOとなった。社内では最高級(給)のブロガーと称され、「未来について考える」だとか、「~について意識しなければならない」といった、きわめて抽象的、かつ薬にも毒にもならないビッグワードを垂れ流し、評論し、何かをいっているようで、実際には何ひとつ具体的な行動や指示を出せない人物である。そして未来創造会議というような、何ら結論の出ないもの露出するようになった。あれを見た人は、NECが何の会社なのかわからないだろうし、それは製品として何を提供するのかすら伝わらないだろう。漫画雑誌企画会議ですらもっとマシなものだろう。

実を結ばない研究

研究所といえば、技術部門の花形、と思われる人もいるかもしれない。事実、優れた技術はほぼすべて研究所であるしかし、本当に優れた技術NECから広報には載らず、社外からの引き合いが先行する。なぜなら、広報インパクトが優先され、そして広報ノルマを充足するために実施されるからだ。そして時には大きな「事故」となる。

数年前、橋梁構造物劣化診断という技術日経新聞掲載された。これは固定カメラ画像撮影し、振動による変化で構造内部の劣化モデリングし、内部ひび割れ可視化するという画期的ものであった。事件の発端は、その研究途上であった技術に対し、研究所理事(*2)がメディアの前で口を滑らせたこである。当然注目され、実用目途についてまで発表することになった。実際には理論検証完了し、クリアしなければいけない項目の洗い出しの最中であったという。1年後を目途とされた研究テーマは、その後研究所から姿を消した。撮影には非常に繊細な取り扱いが要求され、撮影時の振動に弱いという欠点を克服できなかったと思われる。これは当時画像診断系の学会でも度々指摘されていたもので、研究者の間で共通認識であったが、残念ながら理事には理解できなかったようである

談合事件役員人事

ここ数年のNECもっとインパクトがあった事象は2件の談合による指名停止であろう。煽りをくらい、全く無関係研究所予算がまずは削減された。そして賞与が大幅に減額である。社内ですら、談合当事者やその上司名前は完全に秘匿され、明に責任をとった人物存在しないことになっている。おそらく、公表した場合、全社員から報復を受けることを恐れたのであろう。

すると、不透明な人事はいたるところにあることに気がつく。前期の大幅に未達だった中期計画責任者だった遠藤社長会長になり、その策定の中心人物だった新野副社長社長となった。そして次の新中期計画は1年目でとん挫したにも関わらず社長以下留任ときたもんだ。

グローバルビジネスの低迷。これからNEC生命線とまで言われていたグローバルBU。彼らは海外売上比率を25%を目指すと宣言していた。中期計画に対して、何ひとつ貢献できずKPIを外したそのトップ、真っ先に責任を取らなければならない人物M氏は、翌年副社長となった。その自浄作用の無さもさることながら、株主債権主の銀行は一体何を考えて、彼らの役員人事を承認しているんだろうか。株価は買値の1/10となった、もう値動きすら見たくないから早く潰れてくれ、と思っているのだろうか。

今後、NECは暗黒の時代を迎えるだろう。折しも今年は3000人のリストラを掲げ、断固と構造改革を実施する覚悟を強調する新野社長しかし、彼にあるのは覚悟だけであり、スタッフを減らす方策すら定まっていないだろう。現状、10人が事業仕事をし、8人が彼らの事務担当するような人員である。そして今回の早期退職は主に事業の主力たちが手をあげるようである

最後

思えば、個人努力が何に対しても反映されず、学習性無気力に苛まれ続けたNECライフであった。管理能力に長けた上司はおおむね本社接収され、帰ってくることはなかった。そして残ったのは、管理職不適格でありながらも、降格制度存在しないことによる吹き溜まりである会社学会仕事をしにきている主幹研究員なる人種もいれば、1時間前の記憶すらないような痴呆老人である。そんな中、近頃はカルチャー変革(*3)を謳っているようだ。NEC暗黒時代たる本質まで踏み込み、ぜひNEC再生していただければと思う。

(*1)ビジネスマナー研修思想教育といったものからディスカッションなどがあったが、参加者講師レベルが低く、こいつら大学出てるのかすら怪しげだった。彼らが同期となって、社内キャリア形成意味もつ存在だと思うと、ぞっとした。さまざまな節目に集合研修は行われたが、効果を測定する様子もなく、ただそこに予算があり、研修実施することが担当者の評価だ、というような空気であった。そしてその直感は、NECスタッフ部門全体に共通するものであると後にわかる。

(*2)理事とは事業部長、本部長、中央研究所傘下の研究所経験者で、様々な理由部門消滅したりすると発生する役職である最近では、関西研究所CCII本部長、シンガポール研究所歴任し、価値共創センターを立ち上げ、これらのすべてを失敗させたY氏が理事となっている。彼らは理事になると、「天下り」先を探すことがメインの仕事になる。そして彼らが天下れば、空席となった理事は別の元所長が補充される。

(*3)カルチャーは変革できても、働き方全般違法裁量労働たるVワークの制度は変えられないだろう。また社員モチベーションを上げるための施策は、すべて人事部門判断によって握りつぶされると思われる。総務部人事部門抵抗をどのように回避するのか、外様役員の腕の見せ所だろう。

2018-09-06

凄く良かったエロ本を夫にも薦めたいんだけど

どう切り出せば良いかな?

ネットサーフィンをしていてたまたま見つけた、とあるエロ本。なんとなく気になってしまって電子書籍で購入してしまった。COMIC快楽天という漫画雑誌掲載されていた作品短編集らしい。成人男性向け作品しかぬこざっぱりした絵柄に惹かれたのだが、セックス描写でなくとも読ませるストーリー展開で非常に面白かった。またコメディタッチのものから少し苦味を感じる話まで幅広い雰囲気のものが収められていたが、どの話も爽やかな読後感だったのも良かった。

オカズにするわけでもなく、ただただひとつ作品として面白かった。

私は夫がエロ本を読むことは知っている。しかし、夫は私がエロ本を読むことを知らない。でもこんなに素敵な作品お勧めしないなんてもったいない気がする。



▪️2018.09.07追記

反応があって嬉しかったです。ありがとう

・薦める方法について

Amazon使うのはちょっと面白かったけど、漫画電子書籍で購入しているのですぐバレそう。SNSサブアカウントを使うのは色々応用できそう。でも夫のTwitterアカウント(持ってるようだけど)知らないし今後も知らなくていいかな…

作品名を知りたい

今後夫にお薦めするつもりではいるので、作品名を出すことは控えます。お前、増田やってるだろ!って夫に言われる可能性はゼロに近づけておきたい。気が向いたらこんな形でなくおすすめエロ本って内容で書きます

・ろりともだち

しかしたら夫はろりともだちのほうが好きかもしれない。ありがとう

2018-08-18

まらない漫画を挙げてく

面白い漫画の紹介は世の中にあふれているが、つまらない漫画を紹介は少ないので挙げていこう。読破すれば、「ジャンプ打ち切り漫画って、面白かったんだ」と認識を改めるはず。

【ほぼ最初から微妙漫画

1.奴隷区 僕と23人の奴隷

1巻は、面白いのがタチが悪い。登場人物の頭が悪すぎて、読んでいて狂いそうになる。

2.デザートイーグル

新宿スワンと同じ作者の方。面白い回が無いのではなく、面白いコマが無い。それなりに続刊しているため、つまらないと感じるのは、読んでいるこちらの頭がバグったせいかと混乱する。

3.ハレ婚。

エロ本。に改題するなら許す。

4.終わりのセラフ

原作は未読なのだが、漫画版は、何がしたいのか全く分からない…。黒歴史ノート漫画化。悪役のはずの吸血鬼達が全然人間を殺さないため、戦う理由すら不明

5.サクラダリセット CAT,GHOST and REVOLUTION SUNDAY

原作未読。原作知ってたら面白い…の?映画アニメ化してるからといって面白いと感じるとは、限らないことをよく教えてくれました。

6.絶対少女聖域アムネシア

ヤングエース掲載漫画雑誌を買っても無理に全作品読む必要はないことを教えてくれたメモリアル作品。誇張無しに「理解出来るコマ」が存在しない。無を感じたい方にオススメ

【途中から微妙漫画

7.ダーウィンゲーム

8.マージナル・オペレーション

主人公が強くなりすぎた系。まだ読める方だけど、序盤の面白さは無い。6番までと比べると全然マシではある。失速した漫画は、どこで見切るか難しい。

最後

「何が嫌いかより、何が好きかで自分を語れよ!」という名言は、あるけど、地雷発見したら、他の人に警告する義務も、存在すると思ってます

漫画雑誌の目次

連載マンガ雑誌だとタイトルが大きくて作者名小さいけど、

エロ漫画雑誌だと逆

連載じゃないから読む基準作家になるんだ

2018-08-09

anond:20180809221945

そうですね!端末がなくてOKなのはホント強い。

太陽光蝋燭の灯りのもと、本ならどこでも読めます

年寄りでもステーショナリールーペがあれば、拡大しながら読めます

ざらっとしてる週・月間の漫画雑誌もあの荒い紙に不思議な色で印刷されてるの、あれも味があるんです。

2018-07-01

外国人日本に来ると漫画雑誌を見て、子ども向けの雑誌グラビアが載っていることに驚くそうだけど、エロネット広告について外国はどうなんだろう?

 

日本ではまとめブログサイトとか漫画村とかでグラビアよりも過激エロネット広告が出てくる。

外国サイトはそのあたりちゃん規制が働いていたりするんだろうか?

2018-05-26

萌えに貴賤はある

オタ女の中で争いがおこったとき仲裁として「萌えに貴賤なし」というフレーズがよく使われてきたが、近年その効果がなくなりつつある。

なぜならオタ女ポリティカル・コレクトネス(以下ポリコレ)が普及しつつあるからだ。

もちろんこんなフレーズみな本気で信じていたわけではない。オタ女にとっては自カプこそが唯一にして至高である。けれど建前上「貴賤はない」ということにして、水面下で小競り合いはありつつも表面上は平和を保っていたのだ。

しかし近年オタ女意識の向上に伴い、明確に差別されるカップリングが出てきた。それが「ポリコレにそぐわないカプ(非ポリコレカプ)」である。例えば幼い子ども大人カップリングや、明確に力関係の差がある男女カプ、従来の男女役割をなぞる同性カプなどである

当然昔もカップリング差別はあった。逆カプや総受け乙女・夢女へ蔑視など上げればきりがない。けれどどれも所詮オタク妄想方向性の違いであり、目くそ鼻くそを笑うようなものだった。他人を殴れば必ずブーメランとなって自分に返ってくる。

しかし非ポリコレカプへの差別はこれらと違い、一見もっともらしい正当な理由があるため始末が悪いのだ。大人子どもに手を出すのは犯罪である男性女性搾取する形で成り立つ関係パワハラセクハラである、同性同士の関係性別役割を持ち込むのは既存価値観にとらわれている、などなど。

現実の話や漫画雑誌掲載されている作品の話だったらそのような問題提起もわかる。自分二次創作自分モラルに従って作品を作るというのならどうぞご勝手に。しか他人二次創作を裁こうというのはいささか傲慢ではないか

ポリコレカプを差別している側の人々は、真摯ポリコレについて考えている「意識の高い」人たちである。そして自分たちが差別であるという認識はおそらくない。言葉の端々に非ポリコレカプへのあざけりをにじませながら、「ポリコレ的に正しい」自カプへの愛を語る。やってることは旧世代の女オタと同じなのに、正当性があるから殴り返されずに錦の御旗のもとに気に入らないカプを攻撃できる。ポリコレとカプ論争の悪魔合体である

ポリコレ順守者にとっては、萌えに貴賤はあるのである

2018-05-19

コミックLO』について

コミックLO』という幼い少女の性描写がメインの漫画雑誌がある。

このジャンルを許容している漫画界、オタク界が「世間オタク犯罪者と思っている」と憤っているようだか、これは自業自得だ。

2018-05-16

増田文学とやらを伸ばせたことがない

たまーに書いてみるんだけど全く伸びずに終わるね。

文才がないんじゃなくて、増田で求められている文章と合っていないんだと思いたい。

増田は週間漫画雑誌で言えばチャンピオンのような何でもウェルカム環境に見えるけど、実際はゴラクのような極めてニッチな分野に特化しているタイプなのが実態なのだろうと。

2018-05-09

大正義川上量生尊師

「変な炎上屋に絡まれてるボクちん可哀想」って言いたいだけの記事をあそこまで膨らませられる才能に感嘆した。

憲法ISPに対抗する戦友の中村伊知哉くんとかにフ●ラでもしてもらって欲求不満を解消してもらえばいいんじゃないかと思ってたんですけど、溢れる承認欲求は抑えきれなかったみたいですね。

山本一郎氏がDMMとつるんで暴れてるって言ってたけど、

NTTとつるんで「すでに死んだサイトブロッキング」とかい無意味要望お上ゴマすってた川上尊師がそれを言っちゃうブーメランデカすぎて濡れる。

お仲間のNTTにクッソ重いフレッツ光回線貸してもらって首でも吊ったらいいんじゃないか。

足場はろくに海賊版対策をしてないくせにキャンキャン吠えてた大手出版社漫画雑誌とかでよろしく

2018-04-25

あと「出版社は余計なことする前に漫画読み放題サービスを早く作れ」と言ってる奴は

http://b.hatena.ne.jp/entry/ch.nicovideo.jp/kawango/blomaga/ar1496563

カドカワ謹製漫画雑誌定額読み放題サービスマガジンWALKERに課金して、あのクソUIをぶっ叩いてくれ。

まさか口だけで欲しい欲しいと言ってるわけじゃなかろうし、マガジンWALKERの存在を知らないなんてこともないよな。

早く会員登録しろ

マガジンWALKERにもっと人が集まれ集英社講談社も乗っかってくるかもしれんぞ。

おまえらはそれを望んでいるんじゃないのか。

2018-04-24

anond:20180424133220

グラビアアイドルとか見すぎて感覚ずれてんだと思う

学生の時に読む漫画雑誌の表紙で必ず刷り込まれから

2018-04-18

最近少女漫画すごい

普段読まない漫画雑誌でも読んでみようと、何の気なしに本屋で「少女コミックCheese!」を手に取った

チーズ」といえば15年前当時ワイドショーで「児童向け漫画誌なのに掲載されているのはエロ漫画ばっかり!」と取り上げられ、

町行く主婦の「こんなもの子供に読ませるなんてとんでもないです!」というコメントを頻繁に放送してバッシングされていた

当時は「セックスシーンの無い少女漫画は売れない」とされ、児童向けだろうが少女漫画過激化する一方だった

結局は各都道府県有害図書指定され、コンビニで売っちゃいけないことになって内容も大人しくなったと記憶しているが

まだ残っていたことに驚いた

さて、2018年現在はどういった内容になっているのかとパラパラ捲っていると

しかに以前よりは大人しくなった印象だ

セックスシーンは完全に無くなった訳ではないが、作品によってセックスしたりしなかったりのようで

以前は少女キャラ乳首はハッキリ描いていたのだが近年は裸は描かず、合体シーンはシルエットにしたりして自主規制している模様だった。

そんな中、少女誌には珍しい時代劇モノが目に留まり読んでみると

イケメンの町民がイケメンの殿様に恋をするというボーイズラブものだった

ボーイズラブって一般少女誌に掲載されるほどメジャーになったのか!と時代の流れに驚いていると

「憧れの殿様とやっとホモセックスできると四つん這いでドキドキしてたら、主人公のケツの穴に突っ込まれたのはチンポじゃなくてチョンマゲだった」

というまさかオチに更に驚いちゃった

アナルにチンポ入れられたと思ったらチョンマゲだった」って、イマドキの女子小学生ウケるギャグなんですね!

小学館さん、勉強になりました!

って、子供に読ませられるかこんなもん!また有害図書指定されろ!

そんなおじさんも、コロコロコミックウンコちんちんで育ちました。

ウンコちんちんアナルにチョンマゲ、ばんざ~~~い!

anond:20180418170711

アメリカ本国では主に小説を想定したサービスだったからな。

小説と同じ値段で小説の1/10時間で読める漫画だと単純計算10倍の売上を支払わなければならなくなる。

漫画雑誌の定額制がいくつかあるのは「今月号と先月号しか読めない」といったレンタル的な仕組みだからだな。

漫画村だけ潰しても意味ない論

1次放流と2次放流とあって、実際に漫画を買ってスキャンしてアップロードするのが1次、

アップロードされたファイルを流用して自分のところのサイトアップロードするのが2次。

最近アップロードされた漫画ファイルには漫画村のウォーターマークが入っていて、

2次サイト漫画村のウォーターマーク入りのファイルほとんどだったから、

漫画村を潰せばかなり違法アップロードは減ると思われるよ。

実際、最近の2次アップロード系のサイトは、

過去アップロードされたファイルお茶を濁していて、

新規ファイルが入手しにくくなっていそうな雰囲気はある。

でも、漫画雑誌系は新しいのもあるから漫画雑誌は1次元が違うのかも。

2018-04-14

anond:20180414215401

定額制については、

ひとつ観るのに時間がかかる映画や、

短いスパンで何度も繰り返し聴く音楽と違って、

読むのに時間がかからずいちど読めば十分という漫画はかなり向いてないんだと思うが、

出版全体でいえば雑誌定額はわりとボーダレスにいろんな出版のものを扱っているよな。

なかでも漫画雑誌の定額読み放題はまだ少ないが、

ブックウォーカーと同じくカドカワマガジンウォーカーは、

カドカワほとんどの漫画雑誌に加えて、

カドカワ以外の漫画雑誌もいくつか取り扱ってるぞ。

さすがに集英社講談社あたりの大手のはないけどな。

もっと取り扱い雑誌が増えることを祈って課金検討してくれや。

漫画村アカウントが時々正論言ってるのが草

コンテンツ無料時代」一理ある。ゲームだって公式マンガワンみたいなところだって基本無料、それ以上やりたければポイント買えだし

漫画村潰したって漫画の売り上げは増えない」これもそう思う。漫画村を利用するのは「買うほどじゃないけど読みたい」漫画なんだと思う。漫画村使ってるけどHUNTER×HUNTERは買ってる、とか普通に聞く

「こうなったのは出版社努力不足」そう思う。出版社ごと、漫画雑誌ごとに別アプリを作り、読みたいときに読みたい漫画が読める環境を作ってこなかった。絶版になったものオンラインでは読めるようにもしていない。結局出版社が不便だから漫画村、な人もいると思う

 

漫画村自体はやっちゃいけない商売だと思うけど、この中の人の考えとしては、転売屋と同じで、「嫌ならおまえらがきちんと対策取ればよかっただろ。漫画業界が潰れるとしたらそれは俺のせいじゃなくておまえら時代を読めてないだけ。潰れたらそれまでだよバーか」ってことなんだろう

それ自体には納得できる部分もある。

出版社サイト遮断で喜んでないで、もうちょっと自分たちを変えようとして欲しい

2018-04-13

anond:20180413135920

ラインナップはメジャーからサブカルまで様々だ。新しい話題作もどんどん入ってくる。ジャンプを始めとして漫画雑誌も様々読んでいたし、自分お小遣い漫画を買うことも多かった。

漫画オタクってオタク漫画は読んでなさそう。

メディアミックス根底にあるカドカワ系列のも読んでればアニメに耐性できていたのでは。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん