「レスリング」を含む日記 RSS

はてなキーワード: レスリングとは

2021-05-08

anond:20210508081925

彼氏になって彼女1on1で夜のレスリングしろと言われても困るので、

参加人数を増やしていきたいとかそんなことを思いました

2021-03-29

anond:20210328234626

書いてないジャンルなんだから見ればわかるだろ

一例あげると

ホモパンツレスリングBL、クソみそテクニック真夏の夜の淫夢

2021-02-09

anond:20181106091944

そもそもプロレス自体サーカス見世物から始まったもので、全然「(アマチュアレスリングプロ化したもの」ではない。

そして言うまでも無くサーカス見世物というのは、人権的な見地で言えば明らかにアウトな代物だ。

もちろん、現代プロレスラーはその多くが一応自由意志で入門し、自由意志トップレスラーを目指して努力し、リングに立っている。非人道的搾取構造があるとまでは言えないかもしれない。しかし、「ありえないくら自分の体を痛めつけ、それを見世物として多くの観客に向けたエンターテイメント提供するサービス」という本質は変わらない。「民衆」が集めた「資金」という名の王の権力によって戦わされる奴隷、その意味ではローマの闘技場から見てすら一歩の進歩もない。

この10年あまり、かつて人々の心を震わせた数々の名レスラーの多くが、体を酷使しすぎたあまり寿命というには若い年齢でなくなっている。いずれ「プロレス」それ自体人権的な見地から、認められない時代が来てもおかしくないだろうと思われる。特に女子」に限った話ではない。

2021-01-17

anond:20210117175354

淫夢だのレスリングだの後ろ暗いコンテンツばっかりで、そんなん表に出すわけにもいかなかったのだろうか

2021-01-14

新日本プロレス天山広吉選手の負傷について

新日本プロレス所属している天山広吉選手が首の負傷をした。

試合後にオーカーン選手の反則攻撃を受け動かなくなり担架で運ばれた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b61b98c3b91f0ecac88f261981bf9a31fb1cbe5d

その後天山選手の無事が伝えられた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5881655fdf17b0680956467fa39355da7dac112b

これらを見ると良いニュースに見える。

それにも関わらず一部のプロレスファン批判の声を挙げている。

何故か。

それは首の負傷という生命に関わる負傷をギミックとして採用したのでは無いかと言われているからだ。

まず現在プロレスファンプロレスには台本がある事を知っている。

それを知った上で試合やその後のコメントなどを含めてドラマのように楽しんでいる。

しかプロレスはその名の通りプロレスリングであり、1歩間違えると死に至る危険競技だ。

実際に2代目タイガーマスクでありプロレス四天王として活躍した三沢光晴選手は、バックドロップというプロレスの基本技で受け身を取り損ね死亡した。

プロレス界の帝王として知られる高山善廣選手は、前方回転エビ固めという危険性の低い技で受け身を失敗し半身不随となった。

プロレスファンはこれらの事故を知っている。

からこそ天山選手TTDという頭から落ちる技を受けて動かなくなった時、三沢選手高山選手の件が頭に浮かんだファンは少なくなかったと思う。

実際に自分もそれを見ていて心配になりその後の試合が頭に入らなかった。

だが実際は上記の負傷があった翌日には大事には至ってないという報道が出た。

その後、天山選手とオーカーン選手特別マッチが組まれることが発表された。

これが本当にアクシデントであれば天山選手の無事が本当に嬉しいし、天山選手にはオーカーン選手の壁となりボコボコにしてやって欲しい。

ただ上記負傷が台本であった場合

こういうのは本当にやめて欲しい(首の負傷にも関わらず救急車などが呼ばれたとも聞かないので台本だった可能性はある)。

プロレスファンプロレスを見たいのであって相手を負傷させるような危険な技を見たいわけではない。

首の負傷は死に至る危険性のあるものだ。

かに反則攻撃により負傷した場合、ここから因縁が生まれ抗争に発展していくのはプロレスではよくあることだ。

しかし、このような死の危険を感じさせる負傷を因縁きっかけにするのはやめて欲しい。

たぶんこのような意見新日本プロレスファンの中では少数派だろうし、プロレス台本がどうとか言ったら村八分に会いかねないので匿名で書かせてもらった。

2021-01-12

anond:20210112184257

んー。そうだね。体型でのハンディは重量できめたらいいよね。

無理にデブらなくても。


なんか普通にそれじゃレスリングみたい💦

2021-01-09

レスリング五輪3連覇 吉田沙保里さんが新型コロナ検査で陽性 | NHKニュース

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210108/k10012805311000.html

この人だけは新コロとは無縁だと思ってたのに…めっちゃショックだわ。。。

新コロの感染力、どんだけやばいんだよ。。。

2021-01-01

大晦日テレビを見てて思ったんだけど

陸上女子ユニフォームに性欲云々とかそういうの一切無関係な話として、女がボクシングとか総合格闘技とかで殴り合うの見たいって思う?

実際ボクシング格闘技をやってる女性の皆さんも現実にいらっしゃるので失礼な話ではあるけど、個人的感覚だとテレビでやってて見ようと思えるのはせいぜい柔道レスリングまでだ

ミソジニストを自認する俺ですら顔面ボコボコになってる女とか流血とかそういうのは見たくないと思ってしま

2020-12-31

RIZIN.26の見どころ・感想

所英男 vs. 太田忍

通常、最近総合格闘技ではレスリング巧者と柔術巧者ではレスリングがかつ傾向にあったし、今でもそれは変わらない。しかしこの戦いは全く違った。レスリングポジショニングでは確かに大田に分があったが、不利な体勢から三角を狙いに行く所の細かさが勝ってしまった。思えばONE青木真也レスリング完封していたし、固める技術の細やかさは近年の通説を覆すのかもしれない。

五味隆典 vs. 皇治

皇治は倒されない戦い方をしていたから倒れなかったんだ、という説が大勢を占める中で、五味の打ち合いで全く倒れることな試合を終えた。何がすごいのかといえば、体重差が何階級か上で、しかハードパンチャーで鳴らした五味に耐えきったという点だ。シバターvs.HROYAやスダリオvsミノワマンのことを考えると相当タフネスといえわざるを得ない。

天心 vs. クマンドーイ・ペットジャルーンウィット

多くの人が天心の勝利を信じて疑わなかった一戦だが、蓋を開けてみると天心自身のそんな簡単相手でもない、という自己評価より遥かに楽に勝っていた。内容的にはパンチの打ち合いはフェイントと先読みで全て点心リードしてゆき苦し紛れの右ミドル攻撃を読み切ってワンツーという展開。ところでこの右ミドルもかなりの高威力であり、これを物ともせずカウンターの餌食にした天心の底力は一体何なのか。空いた口がそのままになるレベルだ。コンビネーションも半端なく、相手の一発に左右の1,2,3,4が瞬間的に入ってゆくという神がかったもの。全盛期の辰吉のミットを思い出すレベル

ミノワマン vs. スダリオ

直見どころじゃない。大事観点として総合格闘技進化しているということ。ミノワマンパンチの下手さ、タックルへのタイミング間違いなど時代錯誤技術力の低さが目立った。もうPRIDEの時代ではないと感じた戦いだった。

朝倉海 vs. 堀口恭司

誰もが予測を付けにくかった試合ではないか。メインだけあって注目度は一番高かったが、蓋を開けると堀口が前回やられた、ローなどでくるっと回転してからもらった不意のパンチちゃんと警戒していた。堀口自身パンチではなくローで海に効かせてゆくという非常に分析仕切った戦い方だった。分析が足りなかった朝倉分析しまくった結果轍を踏まなかった堀口、という慎重さが明暗を分けた。はっきり言って前十字靭帯切断のはあまり感じなかった。おそらくパンチをあまりさなかったのも作戦であろうし、ダメージは一体どこに、という印象。

ほか

朝倉未来vsドミネーター当人も不満顔で分かる通りまるで予想通りで意外性がなかった。荻原は安牌切ってて面白くない戦いを繰り広げた。それでも別に間違っていはいないが、大晦日にやることでもないような。吉成名高は次世代天心と呼ばれているが、確かにカウンターに光るものがあるとは思うものの、手数が違うしフットワークも天心には及ばない。それと女子総合レベルが正直あんまり高いとは思えない。乱打戦の中で喰らいながらいや倒れ風に胴タックルに行くとかやっちゃいけないことを何度もやってる。シバターvsHIROYAは体重差があったものの、得意のキックルールアッパー気味のフックを綺麗にもらっちゃったのは言い訳が効かないのではないか。一応アウトサイダーで結果残してるしね、シバター

2020-12-28

この間ジャニーズレスリングユニフォームみたいなピチピチの服を着て戦ってたんだけど面白かった

レスリングピチピチ服を着たまま濡れた場所に座ったせいで尻が最悪の濡れ方をしてしま

「体液ジャニーズ事件」という明朝体テロップが出て死ぬほど笑った

 

にじさんじで男VTuberが伸びて女VTuberを抜かしそうみたいな話が出ていたけど

男はジャニーズのようなイケメン枠でも「つまらない」ことが許されない傾向にあって競争が激しいんだよな

から面白いことしなきゃという圧があり、結果として同性視聴者の視聴に耐えうる内容の追求になる

 

一方、異性視聴者に支えられてる女タレントは全く面白くない

タレント面白いことが言える・できるのは、メイクYouTuberのような同性支持に支えられてるタレントだけ

タレント面白いことを言える・できるのは、射精目的で女タレントを見てる男視聴者にとって、射精邪魔なんだろうな

2020-12-20

たまに刃物男警官刺すけど、やっぱ制圧って無理だよね

体感でもそう感じる。刺した訳じゃないよ。

陸上自衛隊にいたんだけど、格闘検定というのがある。

「従来の型通りだけじゃダメだ。相手がぶつかってくるのを制圧できないとな!」

ってえらい人が言い出して、やり始めた頃。

CQCとか言った方が良いのか。

前より個人が不意を突かれる場面がこれから増えるから、一対一でも頑張ろうって事らしい。

小銃(拳銃じゃなくてライフルね)で相手をやっつける技とかも当然あるよ。

自衛隊に多少知り合いがいるとわかると思うんだけど、こういう日頃の業務関係なさそうなものは、アイコンタクトで点数をかさ増しする。

落ちたら再試験だなんだで面倒だからね。完全にダメなら落ちても仕方ないけど、だいたいオッケーなら通れるようにしてしまうわけです。

俺らの部隊が他の部隊支援に行った時も、もちろん向こうが受かるように良い感じに手を抜いた。

そしたら上から来た検定官が大激怒した。

「敵がそんな気合いでくるか!」だそうです。

察しの良い同僚たちは、声だけ張って気合いを演出してた。

だが察しの悪い俺は、言われた通り全力で向かった。怖かったんだもの

向こうは検定に全員落ちた。

色んなシチュエーションで十回チャレンジして、二回落としたら不合格だったかな?

クッションでくるまれてるけど、重さと長さは小銃と変わらない訓練用の武器を、顔面フルスイングしてくるくらい向こうも全力。

素手刃物でやるときも、普通に殴り倒して良い訳ね。

手を抜いた同僚たちは怪我をして入れかわり続けたが、空気の読めない俺は幸か不幸か、怪我もなく駐屯地内のあちこちで格闘検定の支援をする羽目になった。検定官の覚えがめでたかったようだ。

「行けと言われてホントに行ける奴は少ないから良い部隊ですね!」と隊長が誉められてた。

当然うちの駐屯地内の部隊のみなさんは、どんどん検定に落ちた。検定官さまさまはなんだか嬉しそうだった。

たぶん落とす試験か通す試験か定まってなかったんだろうねその頃。

刃物を持って相手の前に立つと、当然素手の側はビビる

そのビビった感じって、刃物男にハッキリ伝わるんだよ。

なまじ刃物男が賢いと、刃物男が自分怪我しないように切りかかってくるから、かえって倒せると思う。

でも俺みたいなガムシャラに突っ込む以外の事をできない奴だと、素手側は何もできない。小銃持ってても撃つことに拘ったら普通に死ぬ(判定が入る)からね。

格闘技をそれなりに修めた熊とゴリラの間の子みたいなおじさんたちが、設定上だが俺に滅多刺しにされてく訳よ。

レスリング国体二位です!ボクシングオリンピック候補でした!自衛隊拳法優勝です!みたいな奴が、倉庫の物を右から左に動かすのが主な仕事の俺にポコポコ負けてく訳ですよ。

抱きついて投げられそうになっても、ともかく突っ込めば崩しにくる間にナイフで何度か刺せるし。

前けりで止められそうになっても、ともかく突っ込めばモロに入らずにナイフで刺せるし。

殴られそうになっても、ともかく突っ込めばモロに入らずにナイフで刺せるし。

ともかく突っ込めばだいたい何とかなる。

警官だとたぶん殴り倒したらそれはそれで事件な訳だからもっと難易度高そうだよな。

小銃でも安全装置外すのが遅れたら、普通に刃物男に負ける。拳銃で威嚇射撃したら、勝てる訳ないと思うね。

増田たちは拳銃使用私的理由じゃなければ仕方ないと思うだろうけど、初っぱなヘッドショットじゃないだけでかなり分の悪い命懸けなんだよね。

追記

急に増えてて笑う。

ちなみに次の年には検定官がどこかに消えてたので、余りに落としすぎて問題になったと思われる。

何でか引用ができないゾッ。

≫ いや刃物持った相手制圧なんて、今までなんどとなく行われてますよ。あとなんで日本はテーザーガンを導入しないのかね。


完全に私見で言うけど、刃物を持ってても暴れない奴の方が多い訳よ。

ヒヤリハットじゃないが、刃物男の大半は警官説諭に従うんだろう。刃物男の中でも暴れ刃物男へ進化するのは、エリートキチガイってこった。

警官制圧成功してるのは、殆どが暴れないか精々叫ぶ程度の刃物男なんじゃないか

教育隊でたまに発狂して武器振り回す奴いるけど、落ち着かせると意外と落ち着くぞ。

テーザー銃は高いっぽい。十五万円だって拳銃の倍とか?じゃないか。単に新式の装備嫌がるだけってのは大きいと思うけど。



ちゃんとした剣道経験者なら傘の一本でもあれば刺股到着までの時間稼ぎぐらいはできそうだしガチのは人なら制圧できそうに感じるけど、その辺はどうです?全員不合格からダメだったのかな?


訓練小銃しか対応されてないから推測だけど、殺す事は簡単だと思う。制圧は難しいんじゃないか

武器を振って対応すると、刃物男が飛び込むチャンスがある。訓練小銃だと頭殴ったら簡単にピヨらせるけど、傘だと難しい。軽いし折れるしね。

喉や下腹部なんかを、刃物男に掴まれる前に刺せたら良いと思うが、喉刺したら死ぬんじゃないの?腹や胸だと傘が折れそう。



プロ相手馬鹿質問かもしれないけど、対ナイフ制圧側が素手拳銃しかないの?刺股とか投網が有効そうに思うけど、実際は実用的じゃないから訓練してないとか?


勘違いさせて悪いけど、自衛官は見つけたら隠れて砲迫要求して、何も知らないうちに粉々になって貰うのが一番だからね。敵の後方に少人数で潜入するような人じゃない限り、銃や砲を使わない理由あんまない。


スマタって難しいと思うんだよな。

これも直感だけど、暴れるかもしれないだけの相手にサスマタ持ち出すのって、かなり勇気いるんじゃないか

単なるアポの行き違いなのにサスマタ向けられたら根に持つだら?

2020-12-11

骨格的にもちゃんセックスを描けるというのは人体構造理解しているということになる

というか難しい、すげー難しい、レスリング漫画とかごまさないで描くのすげー難しいと思う

でも、骨格や筋肉が正しく描けてるかと面白いか抜けるかは別なのだった

2020-11-19

anond:20201119185552

・そんな日に出歩くのが悪い

体育会系部活動で4年間やっても、パワーでは勝てないからなあ

やるならレスリングだぞ

倒されないように

2020-11-17

「女は自分を守るために筋肉をつけろ、格闘技しろ」は誤り

そこそこ長い間立ち技格闘技ジムに通っててスパーリングとかも5年以上はしてたけど、むしろ「力で男には勝てない」って思いが強くなったわ

始めたばかりの初心者男性とかでも、軽く振っただけでも全然パンチの重さが違うし当たったらやばい

そもそも体の固さ体幹の強さが全然違う 蹴った方が痛いし倒れる

アマチュア試合に何度も出て勝ってる女性の先輩でも、男性スパーしたら蹴った女性の方が怪我したり骨折したの何度か見た(一度ではない)

まれながらのレスリングエリートとかなら強いんだろうけど、趣味で多少鍛えたくらいじゃ素人男性にも勝てんわ

2020-10-25

レスリング浜田なんちゃらって彼氏いないのか!

わりとストライクな顔してるし見てる感じ素朴な性格かわいいと思うからぜひ俺と付き合ってほしい!

なんとかここから繋がらんかな!?

2020-09-10

Abemaで青木真也江藤公洋の試合中。2020/09/10 21:52

人間ってこんなにコントロールできるものなのか、という青木劇場状態

ヒクソンポイントをずらしながら相手の対して有利なポジションを取る人だったけど、目に見えてこういうポイントずらしを使える人を久々に見た。

逆に言えばヒクソンはやっぱ相当強かったんだなと。

しか青木うまいなあ。

2020/09/10 22:07

青木が勝った。普通選手なら塩試合と言いたいところだが、この圧倒的実力を三ラウンド見る価値があると思わせるのがすごい。最近MMAレスリング傾向だったけど、この人は柔術に夢を見せてくれる。

2020-09-06

総合格闘技は本当に最強か?

喧嘩に近いか総合格闘技は最強でしょ

ネットの言説の主たるはこの言説に集約される。打って組んで投げて寝て、というマーシャルアーツが高いレベル競技化されているからだ。確かに対応力は一番高く見えるし、実際に殆どの打撃と寝技対応できることだろう。

ルールが関わる?

格闘技ルールによって強さが変わると言われる。わかり易い例では柔道ルールで戦えば柔道家が強く、ボクシングルールで戦えばボクサーが強いという基準だろう。比較的わかりにくいものでは柔道家と柔術家が戦ってもお互いのルールで一長一短が決まってしまうし、肘なしK-1選手ムエタイKNOCK OUT選手が戦ってもかなり間合いが変わってくる。縦肘と言われるガードから割り込みが使えるため、積極的に狙おうとする者、距離をとって戦おうとする者等スタイル割れてくるからだ。クリンチが得意な選手も戦法を変えざるを得ない。また、勘違いされやすいが、競技柔術柔道総合格闘技ではまるで使える技術が変わってくる。総合における柔術場合、例えばマウントポジションでは鉄槌やパウンドを狙いにゆくが、柔術試合ではあくまマウントからサイドを取って腕十字や肩固めなどを狙ってゆく傾向が強い。決定的なのは双方が足を出した状態から掛けるベリンボロなどの技法だろう。簡単に言えば足を引っ掛けてローリングしつつ相手の背後からバックチョークを狙う技だが、総合ではまずやる人がいない。理由簡単で、総合柔術の流れは基本的に上から下へと力を発揮するように振る舞うからだ。マウントではパウンド、足関節状態では掛けずに立ち上がって踏み潰したほうが良いなどだ。そもそも思想が違う。柔術組合わなければポイントが取れないため、ベリンボロを仕掛けても相手がそれを返す攻防が発生する。総合ではそんなやり方に付き合う必要性がない。また、柔術ルール柔道家が戦っても不利だ。柔道家は抑え込みを防ぐために畳の上で団子になる癖が身についており、積極的関節技に移行しない。逆に柔術家は崩し、払い、投げの練習希薄なため容易に投げられて一本を取られる。それぞれのルール内ではそれぞれの格闘技が強い。これは格闘技常識であり、この発想なくして最強の格闘技とは何かと言われても絵空事である

路上の想定

それでもルールなしなら総合が強いでしょう? と思う人もいるだろう。経験豊富という意味同意するところもあるが、多少疑問が残る。幾度となく議論されたストリートファイトでの各格闘技様相だ。この辺りはUFCDEEP)、RIZIN巌流島あたりの総合系の舞台を見るとわかりやすい。UFCDEEPケージ(金網)による円形に近い舞台を使う。このせいで必ず壁際が発生し、レフリーストップもかかりにくい環境にある。このため各選手ケージ際での攻防を明確に練る必要性が出てくる。抑え込まれた側はフロントチョーク状態を維持しつつ相手の手を抜いたり三角締めを狙いにゆく攻防となり、押し込んだ側はどうにか足を抜いてマウントやサイドを取ろうとする。リングのようにレフリーが割って入ってもとに戻されることもないので、壁際独特の力の使い方が必要になる。リングはただ中央に戻されたり、スタンディングに移行するだけなので特筆するところはないだろう。問題は一風変わった巌流島だ。巌流島舞台設定は面白い相撲のような円形舞台から外を崖として設定し、三回落ちたら負けというルールを設定した。なおかつ寝技は30秒以内しか行えない。これは路上での寝技が一対多を想定したものであるからという。結果的試合は打撃とタックルが得意な選手が多く勝ち上がってくる。普段日の目を見ない武術系・プロレスの人も勝っているあたりが新鮮でもある。

筆者はこの巌流島を見ているうちにある思いに囚われた。総合いくら強くても、ケージに押し込まれことなく落下するというシチュエーションでは、アマレス選手が最も強くなってしまうのではないか、ということだ。事実巌流島のある大会においては、低空タックルと押し込みのみで優勝してしまった元拓殖大学レスリング部のプロレスラーがいた。想定が事実なら相手即死である

ルールと言うより、状況

居酒屋を考えてみよう。お座敷とカウンターがある。この2つのうちお座敷の闘いが圧倒的に強いのは言うまでもなく柔術家だ。座った状態競技が始まることもある柔術フィールドのものがお座敷といっても過言ではない。調子に乗った酔っ払いがお座敷で騒いでいたら速攻で制圧できること請け合いだ。一方カウンターでの攻防が発生した場合、強いのは軍隊格闘系になる。彼らから言わせればカウンター武器の宝庫だからだ。割り箸は折って差し込む武器になり、グラスは相手の鼻を折る武器になる。中身がある場合かけてしまえばいい。

裏口の路地ならどうだろうか。柔術家は途端に不利になる。足場が悪く思うように転がることもできない。逆に強いのは打撃系になるだろう。ではどの打撃系が一番強いのか。ずばり空手家だと思う。路地裏の動きが制限された状態では総合選手がよく見せるタックルのための大振りなフックはそうそう出せないし、ストレート系をメインに戦うことになるだろう。素手怪我しないために動き回る顔はそうそう叩けなくなってしまう。この条件に最も合致するののが空手だ。空手には顔面攻撃がないが、この場合は有利に働く。空手試合においては他の立ち技系に比べて出入りが単調な傾向にある。内側に入って鈎突きや突き、下段回しをゴリゴリに押し込んでゆくが、横のフットワークに乏しい選手が多く、回り込みやロープワークなどの発想がない。しかしこの単純で素早い出入りこそが路地裏では生きる。突進力もあるので前に出ながらかわせない連打を浴びるのは恐怖すらある。

他方、ガッツ石松が数人を相手にして路地裏に誘い込んで全滅させたというエピソード存在する。これはガッツ氏のウェイトとリーチがあって為せる技だ。ボクシングが一競技として路地裏格闘に向いているわけではないと思う。むしろボクサーは横軸が自由に移動できる公園などで強さを発揮するとのではないか。その場合総合でも十分強いと言えるかもしれないが。

いずれにせよ、格闘技ルールと言うより状況の想定で動ける範囲ややれることが変わってきてしまうため、こうした自然ルール=場所の想定がかななり重要だ。場所によっては総合が何が何でも強い、という前提は崩れ去るのではないかと感じている。

2020-08-16

人類ふたなりしかいなくなってもどうせカリの高さとかでまた差別ポリコレ戦争になる

勃起チンポが16cm以上あるやつ専用座席とか出てきて

租チンが差別されてAVにドリチンも採用しろとか誰も得しないふたなりチンポレスリング動画が撮られるだけだろ

ウケなのにチンポでかいポリコレに反したとか騒ぐふたなり共の姿が容易に想像できる

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん