「受託」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 受託とは

2018-10-15

働きたくない人は子供を産むな

学生時代、本当に働きたくなくて就活1月から始めたレベル

マジで働きたくないからせめて好きな仕事に就こうと思った。

ちょっとだけ絵が描けるからちょっとだけ趣味で絵を描いていた。

ゲームが好きなのでゲーム業界に入った。


なぜ入れたかは謎。とくに学校で絵の勉強はしていなかった。


まあ働き始めたときはそれなりに発見とかがあって楽しかったけど、いよいよマネジメントとか考えたり

社内の人の能力の低さがわかってくると働きたくない欲が爆発した。


ちょっとしか絵が描けないかプライベート技術を向上するわけでもないし(自分スキルの低さに辟易する)

本当に働きたくないから実務での経験わずかだし、正直自分能力ゴミだと思う。

実際いまの環境は古くからある受託メインの小さな開発会社だし、給料も300万程度。


職業柄、スキルの高さ=収入なのでなんかいろいろとつらい。

実は正直いままでは別に収入とか気にしてなかった。


でも結婚して、まさか子供がうまれるとは...(自分男性です)

デキ婚ではないし、世帯年収は600万あったのでなんとかなるという計算を立てて子供をつくった。

でも、いろんな助成金とか、妻の育休中の給料とかでやりくりしていても正直きつい。

まじで将来どうすりゃえええんだ??


となったところで「働きたくないので年収を上げる」という方法は取りたくないのだ。


だれか、働きたくなくても年収が上がる方法を教えてくれないか

その方法がなければ、働きたくない人は子供を産むべきじゃないよ



ただ一つ言えるのは、子供を産んだことは決して後悔していないということ。

わが子は最高にかわいい

2018-10-14

anond:20181014090339

改善策ぅ?

政府の方々→一般庶民に蓑踊り踊らせたらイノベーションが起きるから、蓑踊りに参加する奴いないか(ウロウロウロウロ)

一般庶民→やるとして数カ月で軌道に載せれるような受託飲食自分裁量自分の働きで生きていくのならそれでいいじゃないかイノベーション?そんな夢日本で見るもんじゃない。

それかサラリーマンヒラメ的に生きていけ。ヒラメ的に空気を読んで生きていく事こそがコミュニケーション能力日本での必須スキルだぞ。

ま、アカデミックポストも大概蓑踊りに近いようなものだが、それでもまだマシな蓑踊りだからアカデミックポストにいけて、予算が取れたら考えたら?ぐらいのものだな。

アカデミック奨学金以外の借金はしないでいいし、アカデミックへのストレートルートなら奨学金免除学振特別研究員も狙えるかもしれない。

anond:20181014090339

研究者にもならず、サラリーマンでいるのが一番マシな奴隷のあり方だとは思うね。

まあ、サラリーマン会社が許してくれる以上のイノベーションなんか考えたらあかんわ。

アカデミック博士アカポス一期と論文論文にかけるテーマだけに全力を尽くしたやつで相当運に恵まれたやつの特権から

もちろん起業家は金を出すというやつの奴隷だぞ。数ヶ月でうまくいく受託だの飲食だの商売でない限り。

飲食受託はまた競争激しい奴隷みたいなもんだがな。しか労働者労働者としての守りがあるがそれもない。

イノベーションはよその金がまず必要なのだからそいつに屈しないとならない。まだ、アカデミックであればそういうリスクを許容できる金を取れるってだけ。

2018-10-13

転職について(求職側編)

前置き

https://anond.hatelabo.jp/20181005233454

↑これを書いたものです。書いたとおり会社を離れることになり、次の職場も決まっている。8月から9月いっぱい活動し、複数内定をいただいた。アラフォージョブホッパーだが、人生の中で最も就職活動がうまく行った時期だった。別に自分が優れているわけでも何でもなく、超売り手市場の売り手職種だったというだけである。しばらくは転職したくない。

以前高内定率のハイスペックジョブホッパー増田がバズっていたが、自分は平凡なおっさんジョブホッパーなので、多分この増田は誰かの役に立つと思う。

※例によって身バレすると現職と次職と面接受けた会社迷惑かかるのである程度ぼかす。

スペック

これを書く理由

はてブGoogleもすっかりアフィスパム汚染され、ビズリーチやワークポートへのアフィブログばかりだったから。増田に書いたのもタダで拡散するため。

正直、並レベルの実力があるWebエンジニアならエージェントビズリーチを使う必要はない。ヘッドハンティングがほしければ、Wantedlyレジュメ登録して、Qiitaに何個か記事を投げておけば勝手に来る(役に立つかどうかは保証できないが)。

Qiitaじゃなくて増田に書いたのは、Qiitaテック系の記事投稿すべきものQiitaにある転職系の投稿は全部ゴミだと思っているから。そもそも規約違反だしね。

使ったサービス

Green

エンジニア転職定番である。ここにレジュメ登録しておくと、確度の高いスカウトが来たり、「気になる」が届いたりするので、これを利用して気になった会社コンタクトを取りカジュアル面談をする。

職務経歴書ポートフォリオも書面ではなくWEB(今流行りのサーバーレス)で作った。個人情報もあるので認証付き。去年あたりはやったOSS職務経歴書はやっていない。

試しに何社か自分から気になるを押してみたがほとんど反応なかった(自分ポンコツだったからもしれないが)。基本的オファーを待つサービスである

Wantedly

去年上場時にDCMA悪用炎上したWantedlyであるはてブにいる理想主義者人達はこのサービスを嫌うが、正直なところ代わりになるサービスもないので使った。採用側のときも使ってたし。

ここもレジュメを充実させて、ポートフォリオへのリンクを張ってスカウトを無制限に受け取るように設定。スカウトが来た会社の中で、特に気になるところにコンタクトを取ってカジュアル面談をする。社員数名のガチスタートアップから上場したばかりの有名ベンチャーまでいろいろなオファーが来る。流石に創業メンバーWantedly募集しているようなところはお察しなのスルー

この2つで合計15〜20社ほどとカジュアル面談し、数社を除いてほぼ「ぜひ本選考に来てください!」となった。旧来的な転職活動書類選考ほとんどなかった。というか、レジュメポートフォリオのおかげでほぼ書類パスできていたと思う。いちから自己応募をせずにダイレクトリクルーティングを最大限に活用した。

ヘッドハンター(エグゼクティブサーチ)

今回は転職エージェントは使わないと、固く心に誓ったのだが、Wantedlyに以前から登録してたり、会社ブログを書いてたりしてたせいか何社からメールが来たり、会社電話に連絡が来たりした。

正直なところ、数千万プレイヤーでもない限りこの手のサービスを使う意味はないと思っているのだが(実態は単なるプッシュ型エージェントだし)、興味本位で数社ほど会うことにした。結果1社だけいい感じのカジュアル面談をセッティングしてきたので、それだけ会うことにした。

使わなかったサービス

人材紹介(転職エージェント)

上記の通りヘッドハンターは1社だけあったが、転職エージェントは使わなかった。以前の転職活動ときに、的はずれな会社を紹介され続けたのですっかり嫌になっている。採用から見てもアレな人の紹介が多かったし。

ジョブホッパー転職なれしているせいで、レジュメ添削面接対策スケジュール調整も年俸交渉不要で、自分にかかる高額な採用費のほうがマイナスになるからである(Greenもそれなりに高いけどね)。

あれは一見すると採用側が負担するように見えて、実は最終的に求職者側にも見えない形で金銭負担がかかる。交渉無しで全社希望額よりプラスオファーをくれた。転職エージェント基本的ポジショントークしかしないので、あまり頼らないほうがいい。ただ、大企業に行きたければ意味あるかもしれないが。

リファラ

実は転職活動を全くしていなかった頃に知人に誘われたのだが、今回あえて連絡を取らなかった。

リファラルはM社(田町)やM社(六本木)のようなエリートベンチャーが、ハイスペックエンジニアを採るのにはいいかもしれないが、自分場合その知人の会社に会いに行く→不採用or辞退なんてなったら気まずいので行かなかった。

SNS

ちょうど自分活動を始めたとき、某有名フロントエンドエンジニアTwitter仕事くれと言ったら大量のDMが届いたそうであるハイスペックエンジニアならこの方法有効だが、業務以外に大きな実績もないエンジニアには無関係な話である

他の転職サイト

以前は使ったのだが、例えば@typeDODAなどは全く関係のない職種メール爆撃がひどかったし(東建コーポレーション夢真ホールディングス、あと外食ドライバーとか)、ビズリーチは圏外。FindJobはGreenWantedlyに比べて求人の質が下がっている気がする。リクナビNEXTは行きたい会社がまったくない。Miidasは眼中になかった。

転職ドラフトは長い長いレジュメを書かされる→レビューでやり直し→オファーが来ても通常の採用フローに回される、というのを見て工数オーバーだと思って使わなかった。通常の採用フローがある時点でドラフトでも何でもないやん。

ハロワ

東京Webエンジニアハローワークで本気で仕事を探すことなんかあるんだろうか(嫌味でも何でもなくて素)?

東京以外で何回か利用したことあるが、求職者相談に関してはいっその事民営化して、悪名高いR社にでも委託したほうがマシな気がする。少なくとも金がかかっている分彼らのほうが真剣であるし、失業保険だけせしめるだけで就職する気のないような輩は追っ払ってくれるだろう。

選考辞退したところ

以前の転職活動自分から辞退することはほとんどなかったのだが(選べる立場じゃなかった)、今回は落ちることも少なく多忙を極めたため、何社か辞退することとなった。

スケジュール調整が遅い、連絡が遅いところ

ほとんどの会社コンタクトから1営業日程度でアポイントを返してきていたのだが、何社かは信じられないほど遅い会社があった。

余裕のをとり広く日程を提示したにもかかわらず、返事に1週間もかけてよこしてきたり(当然他社のアポイントが入っている)、相手側都合で約束していた日程が合わなくなりリスケ依頼してきたり(当然他社のアポイントが入っている)。こういうところは人事が回っていないか面談するエンジニアを用意できないかのいずれかで、入社してもいいことがなさそうなので辞退した。

土日や深夜に連絡が来る

自分面談自分業務終了後希望しておいて勝手なのだが、流石に深夜未明とか日曜日メールを寄越してくる会社は、労働環境問題がありそうなので辞退した。休むときは休むべきである

スキルミスマッチ

自分側の問題だが、ハイスペック系やフルスタック系を求めてくる会社カジュアル面談の時点で辞退した。まず次の選考が通らないし、間違って採用されても多分自分が苦しむことになるからそもそもなぜ自分スカウトを出してきたのかが謎だったが。

結果

辞退以外のお見送りが3〜5社ほどで、内定が2〜4社ほど。それ以外は選考中に辞退。上に上げたような理由がなくても、スケジュールが合わずに辞退した会社もある。

内定をくれた会社はいずれもレスポンスが早く、スケジュール調整もかなり早くしてくれた。辞退防止のためか人事もかなりフォローを入れてくれる。新卒はかなり辞退率が高いそうだが、中途採用も高くなっているのであろう。最終的に辞退する会社には申し訳ないが、丁寧にお詫びするつもりである

年収も30〜70万円ほど上がった。現職と同じから+50ぐらいで希望していたが、思いの外高く評価いただいている。あとフレックス制や副業OKストックオプションなど、福利厚生労働条件も今どき風になった。しばらくは転職したくない(2回目)。

追記

なんかトラバフリーランスがどうのとかって言ってるけど、自分フリーランスになってもせいぜい800〜900万前後年商(年収ではない)をうろうろすることになり、社畜で500〜700前後でうろうろしたほうが楽だと思ったので社畜を続けることにした。技術ゴリゴリの人とか金金金の人ならいいんだろうけどね、そういう人は楽勝で1000超えるしw

あと年収1億のやつが転職サイト使うわけ無いだろ、少しは考えろw

追記2

バックエンドはどうだと言われてますが、スキルによるが基本的フロントエンドよりも年収は高いです。フロントHTMLコーダーレベルの人も含んでいて参入障壁も低いしね。領域が違うので単純比較は難しいですが、同じぐらいのレベルの人で50〜150ぐらいの差はあるんじゃないでしょうか?

ただSSRとかBFFとかその辺を出来る人は逆に年収高くなります。あとサーバーレス。この辺をちゃんと出来る人(開発から運用まで考えられる、例えばCI周りとかね)はバックエンド一本の人よりも年収高くなりますが、フルスタック的なスキルを求められるので並レベルではなくなります

あと職種関係ありませんが、年齢行ってるとある程度マネジメント経験求められます。正直なところ技術的なとんがり度では若者に勝てるわけがないので(フロント界隈の有名エンジニアは皆20代)、この辺で勝負していく必要があります。年齢的な不利は老獪な社畜力で乗り切りましょう。

追記でいろいろ書くのも限界なので、そろそろその3書くか(スーツがどうとか面接の内容とか)。どうせ有給中で暇だしw

2018-10-12

anond:20181012051234

キズナアイ人格なんかあるわけねーだろ

キズナアイキャラクターデザインはどっかのデザイナーがやっていて

その人間コスチュームデザインしてるわけだ

まりキズナアイ自分人格において自分の装いをチョイスしていない

キズナアイが何を喋るかは、

番組制作者が情報が適切に伝わるよう台本常識的には複数人で練り上げ

それをキズナアイに喋らせているだけであって

キズナアイはその人格をもって何かを理解し応答など全くしていない

モーションキャプチャー対象となる女優

お仕事としてキズナアイ仕事彼女人格として受託しており、また彼女人格プライベートも過ごす

彼女人格は当然キズナアイ人格ではない

キズナアイは色々な人物

あっちこっちから手を突っ込んで振り付けてる人形

自明過ぎる話だ

キズナアイ人格がある、なんて素っ頓狂な前提であんなにギャーギャー騒いでいたのかよ

アホか

キズナアイちゃんには立派な人格があるんだ

見地からキズナアイちゃんに恋情などいだいたりして

それがあれだけの炎上エネルギーを備給していたのかよ

そこまでいくとこういう言葉は使いたくなかったが

ほんとキメーよ

2018-10-03

世田谷区役所仕事したまんが」について公務員から

まんが家山本さほさんの件で区役所炎上してますね。

b:entry:twitter.com:sahoobb:status:1047061214176661504

データの紛失と配付資料コピーの件は(マンガの主張の通りなら)相手(M山氏)がクソだね、で終わりだけど、肝心の会場キャンセル料のギャラから天引き埋め合わせについてどうしても公務員として引っかかる部分があるので。

役所の支払いとして絶対にありえないんですよ。公務員やってたら冗談でも思いつかない発想なんです。

最初可能性を並べると、

①すべてM山氏の冗談最初からギャラは全額払うつもりだった。

②M山氏は区の職員だが、マンガ教室は区の事業ではなく、区職員M山氏個人資金による個人事業だった。

③M山氏は区の職員ではく、ギャラの支払いも区役所からではなかった。((M山氏は役所から教室開催を委託された業者団体従業員で、「役所事業マンガ教室をやります」と言うのをさほ氏が「役所職員なのでそう言っている」と勘違いした。))

のいずれかしかあり得ない。個人的には③の可能性が高いと思います

①はそんな冗談を言っても相手不快にさせるだけで実行不能意味がないし、②は役所職員がそんな資金豊富だとは思えないので。

以下、天引きが実行不可能理由制度から説明します。

役所(に限らず県庁や省庁でも基本は同じ)の何の創造みもない予算執行契約業務説明なので面白くもなんともありません。①~⑤は飛ばして⑥だけで結構です。いや全部読まなくてもいいんだけど。

役所の中ではこんな事やってんだな、こんな世界があるんだなってことで。

予算を確保

役所が何か事業をやるときお金必要になります

そのために確保しておくお金の枠を「予算」と言います。(マンガでもこの言葉が出てきますね)

役所がやりたい事業計画を立てて、必要経費の見積もりをとって足し上げたものが「予算」額になります

ちなみに「予算」は使途ごとに「費目」が決まっていて、費目ごとに金額を決めて予算を作らなければならず、今回の場合は「マンガ子どもに教える」事を役場から個人団体委託するので、「委託料」になります

委託料として確保した予算は、委託する事以外には使えません。(たとえば会場借用料とかキャンセル料とかには使えません。「使用料」とか「補填賠償金」になります。)

縛りガチガチですね。公金ですから好き勝手に使えたら困りますからね。

(費目間流用という例外処理もありますが、非常に面倒な手続き必要だし、事前手続き必須で「当日現場でいきなり」できることではないので省略します。)

事業執行する部署(今回でいうと文化振興課かこども育成課か)が好き勝手予算額を決めることはできず、まずは役所内で「(予算を決定する部署である財政課による査定」を受けます

財政課は常に「財政赤字を減らさねば。予算を削減せねば、部署節約させねば。」と考えてますので、事業や経費の必要性を説明しても根拠資料不足だと差し戻しされたり、事業全部が不要だと却下されたりして、何度も査定室に足を運び、ようやく認められたものが「予算案」になります

「案」です。

財政課内でも査定担当VS上司のバトルがあるんですが省略します)

それを全部局分まとめて議会に提出します。

議会予算決算委員会委員から細かく審議されたあと、問題なければ本会議にかけられて可決されたら正式な「来年予算」として成立します。(これは首長議会が激しく対立してない限り、否決されることはまずありません。委員会で審査されるのも事業のもの必要性で、積算まで見られることはありません。良くありませんね。でも議員さんが役所の全部署事業予算案を積算レベルまで細かく分析するのは現実的ではないでしょう。)

事業に関わる予算要求~支払までの文書公文書であり公開請求すれば見られるので、オンブズマンがチェックしてる部分もあります。)


契約予算執行

さあ、新年度になりました。さっそく予算を使って事業を始めましょう。

これも事業担当職員で好き勝手にはできません。なんせ使うのは公金ですからね。

まずは「予算執行伺」の決済を取らなければなりません。「こんな感じの事業でこのくらいの金額を、この予算のこの費目から使いたいんですが、いいですか」という伺いを文書化して、契約書の案(印鑑が押して無いだけで実際の契約書と同じ)を添付して、担当係長課長審査をうけて決済をもらいます。だいたい文書を回すだけですが、目新しい事業や大きな事業だとデスクの前に呼ばれて口頭説明必要になります。(金額によっては部長とか首長レベルまで決済をもらわないといけないが、だいたいは課長決裁。)

まあ前年度に予算案を作る段階で課内でも財政課でも厳しくチェックされてるので、今更なんですが。


次は、事業のためお金を出す人・団体契約します。今回でいうと、さほ氏や会場店ガリレオですね。

契約相手はどうやって選ぶ?なるべく費用を抑えるために原則は入札。

だけど細かい契約まで入札・開札作業してたら大変なので、限定された使途と一定以下の金額に限り、担当職員契約相手を選ぶ随意契約をして良いことになっています

その場合相見積もりと言って、複数相手から複数見積書をもらって最も安い相手を選ばないといけません。

「この付近にはこの会場しかない」とか「この技能を持つのはこの人しかいない」と合理的理由がある場合には一業者・一人だけ選んで見積もりを取っても良いことになっていますが、これは例外処理なので本当にその相手しかいないのか起案文書できちんと説明しておかないといけないし、上司からも細かくチェックされます


次はまた決済です。今度は「支出負担行為」の文書を回さないといけません。

使う予算の費目(今回なら使用料委託料)、使途、実行月日、円単位金額、支払い相手先名、振込口座情報役所の支払いは原則口座振込です。研修参加費を現地受付で払うとかでない限り、職員から現金払いする事はありません。)を記載した上で、イベント関係書類見積書を添付して、また職員係長課長と決済を回します。今回は課長で終わりません。

課長から決裁印をもらったら、今度は役所の対外支払機能を一手に担う会計からも決済をもらわないといけません。

そう、お金の支払いは事業執行部署ではできないんです。

首長から独立した「会計管理者」が役所資金口座を握っていて、会計管理者の部下である会計職員役所お金の出入りの全てを行っているんです。

会計管理者は「部長」並みの偉い人なので大きい金額契約を見ていて、今回会計課に持ち込んだ「支出負担行為書」は、会計担当係長会計課長で決済されたのでしょう。(会計課にいたことがないので細かい内部処理は不明

支出負担行為書が会計課で決済を終えて戻ってきました。

そうやって初めて、相手契約できます。「依頼」ではありません。「契約」です。

役所契約行為は極一部に限定された例外職員出張で使うJRきっぷとか航空券とかの購入)を除いて、必ず文書契約です。口頭での契約絶対にできません。(お金を出す証拠が残らないので不正支出になる。)

契約書はだいたいテンプレートが決まっていて、支払い相手金額がきっちり明記されています

これを2部用意して、2部ともさほ氏に渡して押印してもらい受け取って、役所では総務課に行って総務課員のチェックを受けたうえで公印(首長印)を押印し、1部をさほ氏に渡して1部は役所で保管して契約成立です。


そうして無事契約が成立して、ようやく「役所から依頼された」ことになります

契約を結んではじめて役所はさほ氏に「教室子どもマンガを教える債務」を負わせることができます


そして教室開催当日を迎えました。

ん?担当者が会場を2カ所抑えていて、キャンセル料が必要になった?一カ所は有料のところ(ガリレオ)で、もう一カ所は無料のところ(公民館とか)だったのかな。

キャンセル料は「費目・使用料」では払えないので、帰庁して急ぎキャンセル料の支払いのため「費目・補填賠償金」の支出手続きをしないといけません。

でも、一店だけ予約していたのが講師の都合で急に開催できなくなってキャンセル、なら支払う理由も成り立つんですが、担当個人ミスで2会場予約していて、しかも当日までキャンセルしてなかったかキャンセル料が必要になった、なんて理由上司会計課に説明しづらいし、公金の支出としても市民からツッこまれそうです。(自分だったら、ダブルブッキングは無かったことにして自分の財布からします。それが一番簡単なので)


③「差し引き払い」が可能なの?

ここでM山氏が言った「さほ氏へのギャラからキャンセル料を差し引いて払いますね」は可能でしょうか。

まず「決まった報酬委託料)から急に発生した別費用差し引く」というのは不適切支出です。相手委託する業務内容に対してこの金額委託すると一度決めたのですから業務内容が変わらないのに減額するなんて役所内の決済で絶対に認められません。

これまで支出するために役所内で行った支出負担行為書には支払相手・支払口座・支払金額が明記されています契約書にも相手金額記載されています

会計課はこの通りにしか支払いしません。

から支出負担行為書を二重線で消して訂正印を押して見え消し修正する・・・無理です。訂正が効くのは誤字脱字くらいで、支払金額とか支払相手先とかの重要項目の修正はどの役所でも認められてません。契約書の訂正も必要です。

役所保管の契約書を担当者が首長印をコッソリ使って勝手に訂正したとしても(今はどこも公印の管理は厳重になってるので難しいけど)、会計課はそれによる支払を認めないし、さほ氏の持っている契約書には修正前の金額記載されている(双方の合意に基づいてない)ので、奇跡的に会計課チェックをスルーして(ありえない)減額した金額でのギャラ払いが成功したとしても、後からさほ氏保管の契約書を提示されて不足分の支払請求をされたら、口座振込による支払金額記録が残ってますから役所は追加払いしなければなりません。

追加払いするためにはまた一連の予算執行手続きがイチから必要になりますし、M山氏はいずれにせよこの段階で不正支出公文書偽造により懲戒処分です。金額という重要項目の訂正・契約書の片方印だけによる訂正を見逃して支払ってしまった会計課の担当上司処分を受けるでしょう。(まあ会計課はどこも細かいのであり得ないけど)


④支払(ようやく)

教室が無事に終わりました。

役所の支払のもう一つの原則は「精算払い(後払い)」です。

相手債務を履行したのを会計担当確認してからでないと支払えません。(例外もあるけど省略)

帰庁後、担当者は会計課にお金支出してもらうための書類支出調書」を作ります文書仕事ばかりでウンザリですか?公金だから仕方ないんです。

ここでもまた、予算の種類、費目、支払相手名、支払金額、支払口座、支払予定日、債務発生日(教室実行日)、支払内容、等を記載して、(システム化されてて支出負担行為と紐付けられてるので、ほぼ自動入力

先に決済済みの予算執行伺・支出負担行為書・役所保管分の契約原本相手委託内容を実行した証拠マンガ教室写真等)と検査調書を添付して、

課内で担当係長課長と決済をもらって、会計課に持ち込んで会計課内でもまた会計担当係長会計課長と決済を経て、

はれて会計課が銀行口座振替依頼データ送信して、さほ氏の口座にギャラが振り込まれることになります

これで「役所事業」は終了です。

もちろん課内でも会計課でも、事前に決済を受けた支出負担行為書や契約書に記載された金額相手名と、支出調書に記載された金額相手名は照合されますので、「こっそり減額した金額で支払い」しようとしても「書類間不一致」でハネられます

まあ、減額したとしてもガリレオさんへのキャンセル料の支払い手続きはされて無いので、予算が余るだけで意味ないんですけどね。


⑤その後(蛇足

これで「事業」としては終わり、なんですが、担当仕事はまだあります

年度末の決算作業決算書ができたら決算特別委員会の想定問答の作成

翌年度に行われる部内監査((事業執行課の総括課が行う))、定期監査((外部から任命された弁護士有識者監査委員会の下部機関である監査事務局による、昨年度に誤った処理がなかったか検査。支払関係特に細かくチェックされる。こっそり書類書き換えとかしてもここでまずバレる。))、監査委員自らによる委員監査監査資料作成や当日の対応

もし予算国庫補助金が入っていたら、補助金の実績報告書提出や受け入れ手続き、国の会計検査院による検査の受検((非常に細かく厳しい。ここで不適切支出とされたら国庫補助金返還となり、返還金の予算確保のために予算流用手続補正予算編成作業議会対応が出てきて死ぬ))。来年度の補助金事業計画交付申請、等々・・・


と長々と説明してきましたが、帰宅してからずっと書いてて誰が読むんだこんなの。


もっと簡単方法

役所担当が持ってる事業は1つではありません。複数分野を担当していて分野ごとに複数事業があります

マンガ教室以外にも十数~数十の事業を持ってるはずです。

教室も1回で終わりではなく年間に何回かやるんでしょう。

教室開催ごとに講師をやってくれそうなマンガ家を探して、コンタクトを取って、ギャラ交渉して、日程調整して、契約して・・・

広さと場所が適した会場を探して、見積もりとって、後払い振込払いの了解もらって、予約(契約)して・・・

講師から教材データをもらって内容チェックして、コピー製本して必要部数を用意して、当日会場に教材持ち込んで様子を写真撮影して・・・

という仕事が出てきます

そして毎回ごとに講師と会場に②~④の予算執行契約・支払手続きもせにゃいかんわけです。

マンガ教室だけじゃなく他の事業でも。

はい、無理です。一人の担当では手に負えません。

ということで、役所がこの手のイベントをやる場合教室講師の手配などイベント開催をまるごと民間業者NPO団体などに「業務委託 このエントリーをはてなブックマークに追加ツイートシェア

2018-09-29

anond:20180929221805

そもそもその規模で受託開発(ユーザからの依頼で納期が決まってる案件)でスクラムって無理じゃない…?

SIerにいて今Webにいるんだけど自社開発だからこそ生かされるなぁと思ってるよ

もうおとなしくウォーターフォールでやろう。SIには向かないよアジャイル開発

2018-09-28

チームラボってどういうビジネスモデルなの?

ネットで調べてると受託仕事もやってるみたいだけど表に出ない地味な仕事結構やってるの?

2018-09-05

システムの分からないSEおじさんのせいで転職していた

新卒エンジニアとしてよくある独立系システム受託開発会社就職し、3年目で別のIT企業転職しました。

退職後もことあるごとに前職のイライラしたところを思い返してはイライラしていたので、文章としてまとめることで区切りをつけようと思います

から振り返って言語化すると、要するに、システムの分からないSEおじさんがプロジェクトリーダー(以下PL)をやっていることにイライラさせられていました。

周りのエンジニアデザイナーデバッガーも優秀だったのですが、それらをまとめて然るべきPLがダメダメでした。

PLの多くはSIerからドロップアウトしてきた、40歳過ぎのシステムの分からないSEおじさんばかりでした。

アプリケーションへの理解全然ない。今更勉強する気も恐らくない。なんならバイトデバッガーの方が全然話が通じる、という状態

そういった方々が仕様書を書くので仕様に疑問点が多々出るわけですが、そういった方々なので質問をぶつけてもまともな判断ができない。

とあるごとにPLが理解できるまで状況を説明し、その後にデザイナーデバッガーにも自分から説明しにいく必要がある、何度手間か分からない状態でした。

これはデザイナーからエンジニアデバッガーへ説明したり、デバッガからエンジニアデザイナー説明する場合もあります無駄です。

中でもイライラさせられたのは、実装作業の途中に仕様書変幻自在説明なしに変えられていて、後になってとにかく仕様書に合わせるよう頻繁に強要されていたことです。

エンジニアとして実装作業に手戻りが発生したりクソ仕様書を再精査しなければいけないだけでなく、デザイナーデザイナー再考する部分が出たり、デバッガーのテストも当然やり直しになるわけです。無駄ですね。

今更SEおじさんがエンジニアデザイナー立場に立って勉強するのは難しいと思うので、3ヶ月でもバイトデバッグ業務をやったら多少はまともな仕様書をよこすようになるのではないかと思います

半分は煽りですが半分は本気でそう思います。以上。

2018-09-04

1日10万の仕事があるってマジ?

https://qiita.com/KazukiTanaka/items/130a2c477847b24e35ce

 

月200万ってこと?

しか時間単位仕事で、人を使わず??

 

以前技術力が売りの受託会社に居たけど、人月120万で受注してた

それでも大企業から高いと言われていたらしい

IBM上級SEは160万取るって聞いた

高難度の大きな事業を左右するレベルITコンサルが180万とか

めっちゃもらってる勤務医が150万とかそんくらい

メガベンチャーアプリ外注の上限が100万

メガベンチャーが買収した外資系企業募集してたのが125万

検索系のスペシャリストが250万とか、もちろん博士必須

機械学習修士が125万で買われたのを知ってる

俺が知ってるのはこんくらい

 

いやほんとに、月200万の仕事そんなありえるか?

それほぼ騙してない?

もちろん月200万稼ぐ方法は他に色々あるが、単価で200万って担当者大丈夫かと心配になる

あとリーマン時の2倍は必要ないだろ

それは請負とかでの話

 

つかこ宣伝だろw

2018-08-30

たらい回しをした

大企業Web管理してる仕事受託)をしてるんだけど、各部署のクレームを処理する掲示板的があって、そこでたらい回しをした。

直接クレームを受けた部署から、こういった意味合い文言はありますか?ってきかれても、サイトは膨大で全文言を覚えてるわけないし、具体的なワード検索できないと、あるかないかは断言できない。

というわけで、上の部署に振った。そこは全体を管理してる部署からなんとかなるでしょ。

自分でやっといてなんだが、たらい回しはこうやって生まれるのだなあと、感慨深いものがあった。

2018-08-25

「どう作るか」より「何を作るか」

IT業界の話

 

どう作るかもいいけど、何を作るかってあたりでもっと盛り上がって欲しい

ココらへん盛り上がりに欠けるのはやっぱ受託が多いからだろうか

それとも興味が無いんだろうか

 

例えばサービスリリースしたってなった時も

何を作ったかよりどう作ったか解説することが多い気がする

エンジニアブログからかもしれないが

2018-08-09

anond:20180809102441

いや、最低月100万は立てれる段取りで考えないと起業なんかしてはならないだろ。

創業期はうまく行ったらでかくなる!という前提で始めるもんだ。その前に段階として25万しか稼げない段階があるのはあれど、それは経過点。

それすらもいけないか目標25万にしようなんて言うのは負け犬思考すぎだし、リスクを軽視しすぎ。

んなの足元見られまくりのビンボーブラック受託になるだけだろ。リスクちょっと詰まったらこいつ足元見れるわと更に単価下げてくるわけだしな。

anond:20180809101813

雑用する人の人件費も雇えないのにサービス品質維持できんだろ。

受託小企業ならそれでもまあいいかもしれんが、需要の波もあるから、流石に自分生活費さえ賄えれば貯金もできなくても大丈夫というのは、数ヶ月なにかの拍子で不調になれば商売終わりだぞ。

anond:20180809100447

からユーザーがつきそう」なものができてないとならないし、「ユーザーがつきそう」ならそこから資源を出してくれることもあり得る。

ユーザーがつきそう」までなんとか作らないとならないし、それから

受託で今持ってる技術を売るというのも一つだわな。立派な創業だと思う。

逆にさ、それ買ってくれるっていうのが企業でいないのに、個人でどうやって売れると思うの?

サービス業なら月100万、製造業なら月300万はコンスタントに稼がないとならないんだけどねぇ。

anond:20180809100425

自由生き方」をするのなら、それが立派な起業なんだろうとは思うけどね。

そこまで彼女が行けたらいいね

役人方は死体大量に作れば、メガベンチャーを作れるとお考えのようですし、受託で終わってしまうのは相当気に食わないようですけどねぇ。

から商売の基本すらできてない阿呆をおだてて起業させようとする。

anond:20180809095319

現実的には(リアルワイとか)受託生活費+αを稼ぎつつ裏で自社サービスを作るとかになるんだが、割と受託自体がそこそこ儲かるので自社サービスええわとかなって最終的には派遣業or受託専門企業になるパターン殆どやで。

anond:20180809093838

今時のIT起業なんてそんなに金要らないよ。

設備投資ほとんど不要で人も要らないわけで、一番かかるお金生活費くらいじゃないの。

サーバー代とかもあるけど、月に何十万も必要になる頃には収益化でも資金調達でもできる。

あとは広告費だろうけど、JK中退エンジニアとか、女性起業家ならそれだけである程度露出できるので最初あんまり要らない。

最悪受託しながら自社サービスすればいいんだし。

2018-08-05

anond:20180805173909

当たるかは別としてちょっとしたスマホアプリ作って売るとかでもいいしな。

受託開発こそプログラミングスキル持ちの副業なりってのも変な話。

2018-07-31

先月の給与明細で額面がついに大台に乗った

18年目にしてついにここまで来た。みんな、プログラマにも夢があるぞ!

詳細ぼかしつつキャリアアップ遍歴書いていく。こうやって並べると出来すぎていてまるで嘘のようだ。質問があれば答えられる範囲で答えていきたい。

【1社目】

大手 SIer、四大卒後に新卒入社。400万円/年→450万円/年。

【2社目】

Web ベンチャー。一人目の正社員プログラマ→開発部長。400万円/年→650万円/年。

【3社目】

小規模受託開発。完全成果連動。いちプログラマ東京オフィス技術責任者。700万円/年→850万円/年。

【4社目】

国内大手 IT サービス新規プロジェクト技術責任者。900万円/年→1050万円/年。

【5社目】

海外大手 IT サービス。いちプログラマテックリード。1100万円/年→1350万円/年。

2018-07-19

生活水準は一度上がると下げられない」は人間関係も同じ

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/56585

教授は初対面の相手趣味全否定して、出会い頭にショック療法を施しているようだが、要はハッタリ的なマウンティングをカマしているようにしか思えない。

そういう人は、コミュニケーションというもの相手価値観格下げすることだと思っていて、折伏とか洗脳目的地に設定しているので、食事中であれば飯や酒がマズくなる。

特定の〈親しい学生〉の前で「俺様」として振舞うのは、ある種の甘えだ。その甘えは、〈親しい学生〉でない「学生一般」への恐れと表裏一体だったのだろう。初対面で相手価値否定するのは、それを乗り越えて自分承認してくれる人を見出すための篩(ふるい)にすぎない。

ハラスメント加害者には〈他者自分に対する評価を気にして、自分の持っている優越感が損なわれることを恐れる「超過敏」と呼ばれる感覚〉があり、〈自分の有能さや重要さ(自分が思っているだけかもしれませんが……)が損なわれることを非常に恐れている〉という。

すごくわかるし、記事中では「文学アート世界には」と書かれていたけれども、文学アート無関係人生でもこの手のものには散々遭遇してきた。

大学卒業してA社→B社→C社と渡り歩いてきたが、A社を辞めるまでは目上の人間から価値観全否定されて洗脳を受けるのが当たり前だと思っていた。

B社が変わり者の雇用主による零細企業で、雇用からとにかくマウントを取られないし価値観否定をされないという特殊で快適な2年間を経験したことにより、

A社と似たような環境であるC社に在籍している今、昔はスルー出来ていたマウント否定に引っ掛かりをおぼえるようになり、正直なところ苦痛だ。

なんでB社辞めたんだって話だが、廃業しちゃったんだよ。

雇用主の伯父さんがやっている会社顧客受託会社だったんだけど、伯父さんの会社が傾いたことにより解散になってしまった。

B社のような天国のようにハラスメントのない会社は少ない。しかしB社の人間関係を知ったことで、当然と思う人間関係のレベルが上がってしまった。

家賃25万の部屋から、3万の部屋に引っ越したような気分だ。仕方ないから受け入れているが、25万の暮らしを知らないほうが体感は楽なんだ。

加害者の側に、そもそも謂れのない恐れがあった、という視角は、いま被害に会っている、あるいはかつての被害の傷がまだ痛み続けているみなさんには、なにかの足しになるのではないか、と思う。

パワハラモラハラ被害を受けている人は、相手自分を恐れているのだということを意識すると、事態改善のヒントに繋がるかもしれない。

そうだろうか。まったく先が見えないんだが…。

2018-07-18

不誠実さしか見えない武田薬品CEOウェバー氏のこと

株主武田薬品事業投資しているのだ。もし、その期待に応えられそうもないというのであれば、受託した資金返還するのが筋である

株主から預かった資金を以て他社に投資するというのであれば、株主が直接その会社投資すれば済む話である

武田シャイアーとの間で明確な相乗効果シナジー)が見込めるというのであれば話は別であるが、事業の内容を見るにそういう期待はできそうにない。

武田時価総額を超えたシャイアーを丸ごと買収するというのだから武田の全財産を以て、シャイアービジネスに賭けるということだ。しかも巨額の借金を背負ったうえでのことである

しかシャイアー上場しているのであって、株主が直接これを買えば合意された買収価格を大幅に下回る対価で取得できる。

買収を行う中でこれに関わる投資銀行連中が多額の仲介手数料をかすめ取ることにもなる。

株主利益資するような意図は全く見えない。

武田事業投資した株主資金を他社に投資する、full bet することが経営トップとしての仕事と信じているのが報酬10億を得ている現在CEOである

ここに見えるのはCEOウェバー氏の不誠実さでしかない。

自分新卒からウェブ系の受託会社プログラマーとして5年ほど働いているのだが、一日の業務時間の中で仕事をする気になるまで最低3時間はてブを見たりネットサーフィンをしたりして、サボっている。

後半過集中している節はあるのだが、特に天才ではないため作業スピードとかは普通だとは思う。

まあサボりと言ってもなんとなく流行りの技術情報を入れているので完全に無駄ではないが…。

これで特に問題になったことがないため、(必死に働く必要がある状況になければ)実はみんなこんなもんなのではないかと気になっている...。知りたい。

2018-07-14

会社ゆとりすぎてつらい

事務所に俺を含めて3人

主に受託開発のソフトウェアエンジニア

新卒入社から全く管理されず自分裁量で開発

下手したら「おはようございます」「お先に失礼します」しか会話しない日もある

月に5日有給とっても何も言われない

2日で終わる仕事を1月かけて、後はネットサーフィンしたり自分勉強したり

新人が入ってきたことも何度かあったが全員リタイア、消えていった

スキルつけるとこういう働き方もできるってことを知ってほしい

みんな勉強して自分楽園を見つけよう

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん