「祝儀」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 祝儀とは

2021-06-08

RTX3080Tiってグラボの値段がどの店も同じなのでカルテル臭い

先日発売されたばっかりだけどそんな変わらん事ある?ってなったからね

パーツメーカーの値付け差はあれど、安くて19万、高くて27万とかかな?

どこも同じような値段だからなんか裏でヤってんのか?って勘ぐっちゃうよね。

 

まぁグラボが品薄状態アスク税吹っ掛けてるだろうから高いのは仕方ないとして、小売り店の値段決めるのは小売店からね。

祝儀価格とかもあるだろうけど、普通は多少差は生まれるはずなのにほぼ変わんないのはおかしいでしょ。

普通なら他の店より多少安くして売れるように仕向けるはずなのに、

そうならないのはグラボ品薄で値付け感覚麻痺しちゃった上で、やっぱヤってんねぇ!っておもっちゃうよ。

 

ちなみにRTX3080Ti以外はどうかっていうと、RTX3060以外ほぼ売ってないね

2021-06-04

結婚式めんどくさすぎた

結婚式するけど、来てくれないか大学の友人からlineが来たのが2年前。

良いよってその時は言った。

コロナで1年延期になって、秋にその結婚式が開かれる。


直行くのがだるい

大卒後はスーツのない会社に入った。

その上、コロナの在宅勤務で太って、その頃のスーツは着れない。

まり結婚式に出るためには、

太った体型に合うスーツを買う

結婚式を開催する場所に行く旅費とホテル

祝儀

明らかに十五万円以上消える。

ちょっと辛い。

2021-05-19

anond:20210519185605

どうしてるかなhttps://b.hatena.ne.jp/entry/s/anond.hatelabo.jp/20201129032737

親友だと思っていた子の結婚式に行ってから眠れなくなった

タイトルの通りである

まず私は女だ。そして親友(だと思ってた)も女性だ。

彼女とは中学から付き合いで、私立中学で1年で同じクラスで隣の席で最寄り駅も隣でアニメ趣味も一緒であった事もあり、すぐに仲良くなった。

エスカレーターだったので中学から大学まで一緒で、一緒のクラスになったのは1年だけだったけど、ほぼ毎日一緒に一緒に行って一緒に帰った。

大学卒業して社会人になっても、仕事帰りに会ったし休日遊んだし、旅行にも行った。

親友”という単語は一度も使った事がなかったけど、私は彼女の事を親友だと思っていたし、彼女からそう思われてるとも勝手に思っていた。

自体が変わったのは去年の夏。当日私が強烈にどハマりしていたアニメ最終回放送されている最中彼女からラインがきた。今日最終回放送で私がそれをすっごく楽しみにしている事も彼女には言っていた。

からきっと最終回についての実況的な内容だと思って開いたら、

来年の秋に結婚式をあげる事になりました。○月○日空けておいてくれると助かります

という内容だった。

頭が真っ白になった。

1番の感想は(なんで今?)だった。

楽しみだったアニメには全く集中出来なくなり、その後彼女電話をしたが繋がらず、眠れない夜を過ごした後に次の日の夜にようやく電話が繋がった。

まず初めに私は彼女彼氏がいたという事実彼女から聞いていなかった。

でも彼氏がいる事は知っていた。

結婚報告より大分前に第三者から空港彼女彼氏と思われる人物と歩いていたという情報を実は聞いていた。彼女彼氏がいて、しかも一緒に旅行行くほどの仲という事実に頭が真っ白になったが、いつか彼女から私に話すだろうと思い、私からは何も聞かなかった。

でもそれがまさか結婚報告から聞く事になるとは思わなかった。

電話に出た彼女に「彼氏がいるなんて聞いてない」と言ったが彼女は「えー言ってなかったっけー?言ったと思ったけどなー」と曖昧な返事がきた。

勿論私は聞いてない。

いつから付き合っていたかを聞くと「大学から」という返答がきた。

ショックだった。

当日はまっていたソーシャルゲームオフ会で知り合ったと話した。大学の頃に彼女がそのソシャゲにハマっていた事も知らなかったし、彼女がそういったオフ会に行くような子だとも知らなかったし、何より大学の時点で彼氏がいた事も知らなかった。

彼氏がいるという情報第三者から聞いた時も社会人になってから出来たと思っていたので、ずっと気づけなかった自分にもショックだった。

「なんで話してくれなかったの」

という言葉が出そうになったけど、彼女から結婚の事話したのは今はまだ私だけだと話された事でちょっと嬉しくなってしまって、彼女にそれ以上何も言わなかった。

それに私にも彼女に隠している事(支部二次創作をやっている事、同人誌も出してる事、家族の事etc…)はいっぱいあった。だから仕方ない。彼女を攻める権利は私には無い。

そう自分にいっぱい言い聞かせた。

でも考えれば考えるだけモヤモヤはいっぱいあった。大学時代社会人時代に周りに彼氏ができ始めたなか、「オタクでいるうちは彼氏なんて出来ないよねー」なんて話をよく彼女としていたけど、その時彼女は私の事どう思ってたんだろう。勝ち誇って笑っていたのか?哀れんでいたのか?そんな話を私がしてたから言いにくくて罪悪感を抱えたりしていたのか?

頭の中でいつも彼女結婚について考える様になった。

その後も彼女とは何度か会ったし、会えばいっぱい笑って喋ったけど、どうしても

<私に彼氏の事を話してくれなかった>

というのが頭を巡った。

そんななか、ふと彼女結婚式で私は友人代表スピーチを頼まれるのでは?という事に気付いた。

からまれていないのに、友人代表スピーチ原稿の作り方を調べたり、絶対笑える彼女のマル秘エピソードなんか忘れない様に書き込んだりしていた。でも結婚式が近づいても彼女から何か頼まれる事はなかった。

他の友人の結婚式で友人代表スピーチは無かったので、彼女結婚式もそういうのは無いんだと思った。

そんなこんなで遠い先だと思っていた彼女結婚式は近づき、私は彼女への結婚祝いに高級ブランド食器セット買ったり、私が声かけ中学高校大学彼女交流あった子達に協力して貰って寄せ書きなんか作ったりしてそこに彼女普段は恥ずかしくて言わない様な言葉を使って長いメッセージなんか書いちゃったりもして、また彼女推しキャラと同じ配色のご祝儀を頑張って探したりして、とにかくやれる事を頑張った。

モヤモヤはいっぱいあったけど、それでも“親友”としてやれる事をやろうと思った。

そして結婚式当日。

コロナで危ぶまれたが、どうにか無事に開催された。

共通の友人と共に彼女の控室に行って、白いウェディングドレスに身を包んだ彼女を見た瞬間、あまりにも眩しくて私は涙がボロボロ出てきた。

彼女は正直ドン引きしていた。

周りもほとんどドン引きしていた。

そんなもんだ。

でもその時私は本当に彼女を祝福したし、涙は嬉し涙だった。と、思う。

控室は彼女のや花婿の親族と思われる人がたくさんいて彼女隣にずっといたのであまり話す事は出来なかった。

結婚式が終わり、披露宴の会場うつると、私の座席花嫁花婿からは遠い席が指定されていた。

一緒に来ていた共通の友人の方が彼女に近かったぐらいで、「えっお前がそっちじゃないの?」と共通の友人が戸惑うぐらいだった。

私は表情は変えずに「座席距離は変わんないよ」なんて言ったけど、内心は不安だった。

そして始まった披露宴

ホテルスタッフによる進行ですすみ「それでは次に友人代表スピーチです」とアナウンスされた。共通の友人達が私を見た。戸惑いながら私が小さく首を振ると花婿花婿と近い座席に座っていた知らないひとが立ち上がり前に出て、スピーチを始めた。

なんでも彼女とは例のオフ会で知り合い、花婿と花婿とよく3人で食事をする仲だそうだ。

そうか、花婿とも仲が良いなら、そりゃまぁそっち優先しますよね。一回ですむしね。時間も短縮されていい事ずくしだと自分に言い聞かせた。

でも大学から彼女を知った人物が、「彼女は周りを笑顔にするのがとても上手で〜」となんか知った様に語りだすと、いやあなた誰ですか?彼女の何を知ってるんですか?と言いたくなってきた。

彼女を見ると彼女は気恥ずかしそうにしていて、それを花婿が笑っていた。ヒソヒソ何か話してる。

幸せそうだった。

私の知らないとこで知らない間に出来上がった結びだった。

彼女世界に私はいないんだ。

披露宴は何事もなく進んだ。途中で余興で花婿の友人のマジシャンが出てきて、私と彼女共通の友人がいじられていた。

彼女手紙を読み上げていたが、当然だがほとんど家族の事だけで最後今日来てくれた友人の皆様で一括りに感謝を述べていた。私の事はなーんにも言わなかった。

気がつくとまた涙が出てきていた。

それが悲しみなのか哀しみなのか嫉妬なのか怒りなのか分からないけど、でもそれは祝福の涙ではなかった。

その後もう一度話せる機会があった時に共通の友人達と共に寄せ書きを渡したが、彼女は私のメッセージよりも、寄せ書き式紙に描かれた彼女推しキャライラスト(私が絵の上手い共通の友人頼んで描いて貰った)にはしゃいで喜び、その描いた友人に何度もお礼を言っていた。

その後少しだけ話して私は他の子達と同じ引き出物を貰い、彼女と別れて、友人達と帰った。

みんな口々に良い結婚式だったね。と言っていた。

勿論私も笑顔で「そうだね」って言ったけど、頭は別の事でいっぱいだった。

最初彼氏の事話されなかった時点で気づくべきだったんだけど、私は彼女の“親友”では無かった。

少なくとも彼女からはそう思われて無かった。たくさんいる友人の1人であり付き合いが長いだけ。

それが確定された。

それがショックだった。

今日まで私は結構頑張ったと思う。

自分勝手彼女の事を“親友”だと思って色々やってきた。

彼女宿題写させてあげた事は何度もあったし、彼女の行きたいと言った興味のない舞台を申し込んだ事もあったし、彼女が見つからないとTwitterで嘆いていたグッズを密かにいっぱい探して回ってあげた事もあったし、彼女誕生日には毎回結構奮発したプレゼント買ったり、旅行行けば毎回彼女へのお土産も買ったし、結婚式までも本当に色々頑張ったと思う。

思えばそれに対して彼女からのリターンは少なかった。

でも別に良かった。“親友”だもん。

私は別に友人が少ない方では無いけど、彼女は私の中で”親友“で特別だった。

向こうにはそう思われてないのに。馬鹿みたいじゃん私。滑稽じゃん。

仕舞いには彼女にそう思われて無いって事は私ってもしや生きる価値ないんじゃないかな?とかまで思ってきた。

そもそも今のこの時点で彼女結婚を心から祝福出来ず自分の事しかえれない時点で私って最悪じゃね?

結婚式から帰ってきて、夜遅いのに何もする気が起きなくて玄関で3時間ぐらいぼーっと立っていた。

お陰で次の日の仕事は散々で、今日こそ早く寝るぞって思うのに行動に起こせずまた玄関で棒立ちしながら結婚式事振り返ってしまったり、どうにか頑張って布団に入っても彼女の事で思考がいっぱいで眠れなくて、そんな眠れない日がずっと続いて、今に至っている。

この事を誰かに話す気はない。

さぞやドン引きされるでしょう。彼女の事をLIKEじゃなくてLOVEだったの?とか思われるだろう。

そうじゃないんだ。

長い時間を全て否定された様な、なんというか私という人間存在価値を全て否定された様なそれぐらいの気持ちだ。

来月彼女と会う約束をしているけど(結婚式から決めていた予定)、どんな顔して会えばいんだろうか。

親友じゃないただの友人としてどう接しればいいんだろう。

それはもう分からない。

2021-05-10

anond:20210510204018

親戚の結婚式ときにこんな感じのアスペげん担ぎおばさんがいて大変だった

その人がいくら祝儀を包んだのかだけがとても気になるのだが結局わからなかった

案外0円とかかもしれん

2021-05-09

友達結婚式

去年のこと。

友達結婚式を挙げるということで、お誘いをいただいた。

とても仲が良く、毎日連絡を取るわけではないけど、お互い思い立ったときに急にLINEで会話を始めたりどこかに遊びに行ったりする、そんな付き合いを10年くらい続けてる友達

お祝いしたい気持ちはとても強かったが、世の中はコロナが猛威を奮っている。

ふたつ返事で参加を伝えたものの、式の日程が近づくにつれ状況は悪くなり、ついに会社から「同居家族以外との飲食は一切禁止」と通達が出てしまった。

「カクカクシカジカで結婚式いけないかも…」と寂しい連絡をしたところ、会場側と調整してくれて挙式だけの参列もOKということになった。

式の当日はいい天気で、友人夫婦は二人ともとてもキレイだった。

最悪ご祝儀だけPayPayで投げるか…とか思ってたので、部分的にでも参列できたのは嬉しかった。

なんだっけな、ああそう、それで、アスリート目線オリンピックは新婚夫婦目線結婚式みたいなものじゃないかなと思った。

結婚式をしたい夫婦がたくさんいるように、オリンピックに出たいアスリートはたくさんいる。

結婚式をしなくても夫婦は生きていられるように、オリンピックがなくてもアスリートは生きていられる(経済的精神的な生死ではなく身体的な生死)。

結婚式感染リスク高まるイベントであるように、オリンピック感染リスク高まるイベントである

そうだとすると、やっぱり今のアスリートに向けられている批判は意地悪だなと思う。

オリンピックをやりたいと言う(あるいはやりたくかいと言わない)と叩かれる。

結婚式したいなという希望を口にできないのは辛いのではないか

オリンピックが開催できる形を考えたいと言うと叩かれる。

挙式だけならいいかも、親族数人だけならできるかも、みたいな検討すら許されないのは辛いのではないか

そもそもオリンピック自体アスリートが声を上げてどうこうというものではないと思う。

結婚式の開催自体に親類や職場などの事情が絡むのと、オリンピックの開催自体委員会スポンサーなどの事情が絡むのと似ていると思う(クソくらえってとこも含めて)。

アスリート全員が「断固反対」と声を揃えれば話は別だが、それはないだろう。できるものならやりたいと考える選手はいると思ったほうが自然だ。結婚式もできるものならやりたいと考える夫婦が必ずいるように。

ちなみにオリンピックに出たくなくて(あるいはオリンピックを諦めて)選考辞退したり競技引退したりしているアスリートはもういると思う。パラの選手では見かけたけど、ある程度有名じゃないと報道あんまりされないし、どの程度いるのかは知らない。

まり、だからオリンピック否定しない選手を叩くのは、結婚式をしたい新婚夫婦を叩くのと同じくらい可哀想だと思った。

俺はよう叩かん。選手たちは振り回されながらもこれまでよく頑張っていると思う。

ぶっちゃけオリンピックはやるべきでないと思うが。

なんかグダグダ日記になってしまった。

後で見返して自分で何言ってるかわかるんだろうか…

2021-04-29

結婚願望

結婚願望が果てしなく湧いてこない。

先輩の子持ちとか毎晩ボイチャ繋げて遊んでる同級生連中の子持ち話とか近々プロポーズする友人の話とか聞いても付き合いたいとか結婚したいって気持ちが全く湧いてこない。

性的欲求は済ませたいけどそれはそれで別の話だし。

友人連中が結婚するのは素直に嬉しいし喜ばしいのでいくらでもご祝儀持って結婚式にでてくるが、

別段自分はやらないで終わりそうだなあと思う。

2021-04-22

結局リモート

大学時代からなので、20年近くの付き合いがある友人がこれまた就職してすぐ付き合いだしたので割と長いこと付き合ってた彼女さんと婚約したのが2019年の秋頃。

披露宴2020年春を予定していたがコロナ禍およびさまざまな紆余曲折により、このGWリモートということになった。

祝電の手配と給料が出たらご祝儀包んで送らねば。

まぁ、コロナ禍開けたら食事にでも、共に挙式・披露宴によばれるはずだった大学の同期グループで誘おうかな。

2021-04-21

anond:20210421073849

1割はだいたい-300%ぐらい。全おごりにご祝儀プラス

2021-04-16

anond:20210416201621

落ち着いてたら行くという返事のがいいかも。

実際私もお世話になった先輩の結婚式呼ばれたけど、コロナ禍で式がリモートになった。

とりあえず現金書留祝儀は送ったけど。

2021-04-13

会社での結婚祝いや出産祝いとかの徴収って独身税かよ

会社部署の同僚が結婚したり、出産があると、その度に部署で「お祝いあげよう!」って言い出す人が現れて、毎回千円や2千円が徴収される。

不満のある人は断っていいよっていうけど、そういう”誰が出してないかわかるシステム”で断るなんて勇気必要だよ

目のつかない場所募金箱でも設置して、期限までに集まった金額をご祝儀にするとかなら、本当に任意になるんだけどな。

そもそも会社から出生祝いや、結婚祝いの祝金て支給されているんだよ。

なのに、どうして同じ部署の同僚だったからって、特別に祝金を用意しようっていうんだろう。

みんなでじゃなく、言い出しっぺのあなた個人的にお祝いしてあげたらいいのに。

そしてこれらって、独身でいる人はもらえることのないもので、独身でいることの税金かよって思うんだ。

千円、2千円が惜しいってんじゃないんだよ。

2021-04-07

結婚式のご祝儀

あれは手切れ金みたいなものなのだろうか。

確率で、結婚した友人とは疎遠になっている。(ライフステージで友人関係は略)

なんかもう、結婚式にも行かなくていいし、ご祝儀も要らなくない?と思う。

それより、これからも付き合っていく友達お金を使った方がいい気がする。

2021-03-29

同じ相手とまた結婚式を挙げるのがブームになれば

夫婦間が共通テーマを持つので仲が良くなるし

若くは無いがちらほら役付きの目立つ友人達もご祝儀を惜しまないし

ブライダル業界が潤う

2021-03-23

anond:20210322143040

序破の頃はアニメ興味無かったからどれだけ評判良くてもスルーしてたんだけどQが酷いと話題になってたから観に行って、シンはせっかく最後から行くかと観に行った

完結のご祝儀にしてもこの増え方はちょっとわかんないよね

2021-03-21

結婚式増田後日談が聞きたい

どうしてるかなhttps://b.hatena.ne.jp/entry/s/anond.hatelabo.jp/20201129032737

親友だと思っていた子の結婚式に行ってから眠れなくなった

タイトルの通りである

まず私は女だ。そして親友(だと思ってた)も女性だ。

彼女とは中学から付き合いで、私立中学で1年で同じクラスで隣の席で最寄り駅も隣でアニメ趣味も一緒であった事もあり、すぐに仲良くなった。

エスカレーターだったので中学から大学まで一緒で、一緒のクラスになったのは1年だけだったけど、ほぼ毎日一緒に一緒に行って一緒に帰った。

大学卒業して社会人になっても、仕事帰りに会ったし休日遊んだし、旅行にも行った。

親友”という単語は一度も使った事がなかったけど、私は彼女の事を親友だと思っていたし、彼女からそう思われてるとも勝手に思っていた。

自体が変わったのは去年の夏。当日私が強烈にどハマりしていたアニメ最終回放送されている最中彼女からラインがきた。今日最終回放送で私がそれをすっごく楽しみにしている事も彼女には言っていた。

からきっと最終回についての実況的な内容だと思って開いたら、

来年の秋に結婚式をあげる事になりました。○月○日空けておいてくれると助かります

という内容だった。

頭が真っ白になった。

1番の感想は(なんで今?)だった。

楽しみだったアニメには全く集中出来なくなり、その後彼女電話をしたが繋がらず、眠れない夜を過ごした後に次の日の夜にようやく電話が繋がった。

まず初めに私は彼女彼氏がいたという事実彼女から聞いていなかった。

でも彼氏がいる事は知っていた。

結婚報告より大分前に第三者から空港彼女彼氏と思われる人物と歩いていたという情報を実は聞いていた。彼女彼氏がいて、しかも一緒に旅行行くほどの仲という事実に頭が真っ白になったが、いつか彼女から私に話すだろうと思い、私からは何も聞かなかった。

でもそれがまさか結婚報告から聞く事になるとは思わなかった。

電話に出た彼女に「彼氏がいるなんて聞いてない」と言ったが彼女は「えー言ってなかったっけー?言ったと思ったけどなー」と曖昧な返事がきた。

勿論私は聞いてない。

いつから付き合っていたかを聞くと「大学から」という返答がきた。

ショックだった。

当日はまっていたソーシャルゲームオフ会で知り合ったと話した。大学の頃に彼女がそのソシャゲにハマっていた事も知らなかったし、彼女がそういったオフ会に行くような子だとも知らなかったし、何より大学の時点で彼氏がいた事も知らなかった。

彼氏がいるという情報第三者から聞いた時も社会人になってから出来たと思っていたので、ずっと気づけなかった自分にもショックだった。

「なんで話してくれなかったの」

という言葉が出そうになったけど、彼女から結婚の事話したのは今はまだ私だけだと話された事でちょっと嬉しくなってしまって、彼女にそれ以上何も言わなかった。

それに私にも彼女に隠している事(支部二次創作をやっている事、同人誌も出してる事、家族の事etc…)はいっぱいあった。だから仕方ない。彼女を攻める権利は私には無い。

そう自分にいっぱい言い聞かせた。

でも考えれば考えるだけモヤモヤはいっぱいあった。大学時代社会人時代に周りに彼氏ができ始めたなか、「オタクでいるうちは彼氏なんて出来ないよねー」なんて話をよく彼女としていたけど、その時彼女は私の事どう思ってたんだろう。勝ち誇って笑っていたのか?哀れんでいたのか?そんな話を私がしてたから言いにくくて罪悪感を抱えたりしていたのか?

頭の中でいつも彼女結婚について考える様になった。

その後も彼女とは何度か会ったし、会えばいっぱい笑って喋ったけど、どうしても

<私に彼氏の事を話してくれなかった>

というのが頭を巡った。

そんななか、ふと彼女結婚式で私は友人代表スピーチを頼まれるのでは?という事に気付いた。

からまれていないのに、友人代表スピーチ原稿の作り方を調べたり、絶対笑える彼女のマル秘エピソードなんか忘れない様に書き込んだりしていた。でも結婚式が近づいても彼女から何か頼まれる事はなかった。

他の友人の結婚式で友人代表スピーチは無かったので、彼女結婚式もそういうのは無いんだと思った。

そんなこんなで遠い先だと思っていた彼女結婚式は近づき、私は彼女への結婚祝いに高級ブランド食器セット買ったり、私が声かけ中学高校大学彼女交流あった子達に協力して貰って寄せ書きなんか作ったりしてそこに彼女普段は恥ずかしくて言わない様な言葉を使って長いメッセージなんか書いちゃったりもして、また彼女推しキャラと同じ配色のご祝儀を頑張って探したりして、とにかくやれる事を頑張った。

モヤモヤはいっぱいあったけど、それでも“親友”としてやれる事をやろうと思った。

そして結婚式当日。

コロナで危ぶまれたが、どうにか無事に開催された。

共通の友人と共に彼女の控室に行って、白いウェディングドレスに身を包んだ彼女を見た瞬間、あまりにも眩しくて私は涙がボロボロ出てきた。

彼女は正直ドン引きしていた。

周りもほとんどドン引きしていた。

そんなもんだ。

でもその時私は本当に彼女を祝福したし、涙は嬉し涙だった。と、思う。

控室は彼女のや花婿の親族と思われる人がたくさんいて彼女隣にずっといたのであまり話す事は出来なかった。

結婚式が終わり、披露宴の会場うつると、私の座席花嫁花婿からは遠い席が指定されていた。

一緒に来ていた共通の友人の方が彼女に近かったぐらいで、「えっお前がそっちじゃないの?」と共通の友人が戸惑うぐらいだった。

私は表情は変えずに「座席距離は変わんないよ」なんて言ったけど、内心は不安だった。

そして始まった披露宴

ホテルスタッフによる進行ですすみ「それでは次に友人代表スピーチです」とアナウンスされた。共通の友人達が私を見た。戸惑いながら私が小さく首を振ると花婿花婿と近い座席に座っていた知らないひとが立ち上がり前に出て、スピーチを始めた。

なんでも彼女とは例のオフ会で知り合い、花婿と花婿とよく3人で食事をする仲だそうだ。

そうか、花婿とも仲が良いなら、そりゃまぁそっち優先しますよね。一回ですむしね。時間も短縮されていい事ずくしだと自分に言い聞かせた。

でも大学から彼女を知った人物が、「彼女は周りを笑顔にするのがとても上手で〜」となんか知った様に語りだすと、いやあなた誰ですか?彼女の何を知ってるんですか?と言いたくなってきた。

彼女を見ると彼女は気恥ずかしそうにしていて、それを花婿が笑っていた。ヒソヒソ何か話してる。

幸せそうだった。

私の知らないとこで知らない間に出来上がった結びだった。

彼女世界に私はいないんだ。

披露宴は何事もなく進んだ。途中で余興で花婿の友人のマジシャンが出てきて、私と彼女共通の友人がいじられていた。

彼女手紙を読み上げていたが、当然だがほとんど家族の事だけで最後今日来てくれた友人の皆様で一括りに感謝を述べていた。私の事はなーんにも言わなかった。

気がつくとまた涙が出てきていた。

それが悲しみなのか哀しみなのか嫉妬なのか怒りなのか分からないけど、でもそれは祝福の涙ではなかった。

その後もう一度話せる機会があった時に共通の友人達と共に寄せ書きを渡したが、彼女は私のメッセージよりも、寄せ書き式紙に描かれた彼女推しキャライラスト(私が絵の上手い共通の友人頼んで描いて貰った)にはしゃいで喜び、その描いた友人に何度もお礼を言っていた。

その後少しだけ話して私は他の子達と同じ引き出物を貰い、彼女と別れて、友人達と帰った。

みんな口々に良い結婚式だったね。と言っていた。

勿論私も笑顔で「そうだね」って言ったけど、頭は別の事でいっぱいだった。

最初彼氏の事話されなかった時点で気づくべきだったんだけど、私は彼女の“親友”では無かった。

少なくとも彼女からはそう思われて無かった。たくさんいる友人の1人であり付き合いが長いだけ。

それが確定された。

それがショックだった。

今日まで私は結構頑張ったと思う。

自分勝手彼女の事を“親友”だと思って色々やってきた。

彼女宿題写させてあげた事は何度もあったし、彼女の行きたいと言った興味のない舞台を申し込んだ事もあったし、彼女が見つからないとTwitterで嘆いていたグッズを密かにいっぱい探して回ってあげた事もあったし、彼女誕生日には毎回結構奮発したプレゼント買ったり、旅行行けば毎回彼女へのお土産も買ったし、結婚式までも本当に色々頑張ったと思う。

思えばそれに対して彼女からのリターンは少なかった。

でも別に良かった。“親友”だもん。

私は別に友人が少ない方では無いけど、彼女は私の中で”親友“で特別だった。

向こうにはそう思われてないのに。馬鹿みたいじゃん私。滑稽じゃん。

仕舞いには彼女にそう思われて無いって事は私ってもしや生きる価値ないんじゃないかな?とかまで思ってきた。

そもそも今のこの時点で彼女結婚を心から祝福出来ず自分の事しかえれない時点で私って最悪じゃね?

結婚式から帰ってきて、夜遅いのに何もする気が起きなくて玄関で3時間ぐらいぼーっと立っていた。

お陰で次の日の仕事は散々で、今日こそ早く寝るぞって思うのに行動に起こせずまた玄関で棒立ちしながら結婚式事振り返ってしまったり、どうにか頑張って布団に入っても彼女の事で思考がいっぱいで眠れなくて、そんな眠れない日がずっと続いて、今に至っている。

この事を誰かに話す気はない。

さぞやドン引きされるでしょう。彼女の事をLIKEじゃなくてLOVEだったの?とか思われるだろう。

そうじゃないんだ。

長い時間を全て否定された様な、なんというか私という人間存在価値を全て否定された様なそれぐらいの気持ちだ。

来月彼女と会う約束をしているけど(結婚式から決めていた予定)、どんな顔して会えばいんだろうか。

親友じゃないただの友人としてどう接しればいいんだろう。

それはもう分からない。

2021-03-15

anond:20210315212017

結婚するってのは別にアクションでも何でもないぞ

でも同僚が結婚すると聞いたら義理祝儀さなきゃいけないし貰ったら内祝も返さなきゃいけない

要らん結婚祝い貰っても数千円負担して内祝返すのが礼儀なんだよ

anond:20210315211501

どっちかっつーと「結婚するっていうから祝儀出したのに内祝いも返さねえのかよ」に近い

これは構造が違うからかなり詭弁事実誤認くさい。

結婚の例だと男側が最初アクションしてるけど

バレタインの例だと男側は何もアクションしてないのに女が勝手に暦に反応してる

anond:20210315211314

バレンタインは「わけわからん贈り物」じゃないだろ

あれは中元歳暮に続く第三の贈答イベント

どっちかっつーと「結婚するっていうから祝儀出したのに内祝いも返さねえのかよ」に近い

2021-02-27

anond:20070227224103

おまえお祝儀お年玉用に万札や千円札ピン札をあつめることもままならない貧乏人なの?

増田にきてて大丈夫なの?

結婚したことを元クラスメイトに知られたくない

私には何してもいいと思ってるクラスメイトだったから何してくるかわかったもんじゃない

例え何もしてこなかったとしても何もメリットは無い

「元クラスメイト幸せを壊しにくるんじゃないか」って怯えるだけ

それってデメリット

から私が結婚したことを言わないで欲しい

最近の子連絡つかないんだよね。どうしたのかな。入院でもしてんじゃない?さわらんとこ。とかで誤魔化して欲しい

はいじめで壊れて散々迷惑かけてきた

もしもまた今何かあったら、迷惑がかかるのは私の家族や親戚や友達だけじゃない

夫の家族や親戚や友達

そんなの困る

でもそれがわからない人もいる

そう思うような出来事がなかったか

人生が違うから仕方ない

式に呼ばなきゃよかったのか

でも新婦側だけ友達0人なんてしんどすぎる

なんで呼んでくれなかったのなんてことになるのも嫌だったし

同窓会なんて文化無くなればいいのに

私が行かなくても友達が行くんだよな

式あげなければよかったのかな

いや式はあげたかったしな

いやその前に、友達結婚式挙げたらどうしよう

私は参加すべきなのか?

絶対クラスメイト呼ぶじゃん

誘わないでくれー

祝儀は払うしプレゼントも渡すから

誘わないでくれー

実は数年前に結婚してましたのパターンが最高

実は結婚してるんじゃない?

気を遣って言わないだけでさ

2021-02-23

結婚式へ出席するのが面倒くさい。ご祝儀はともかく、付随する交通費ドレス代・ヘアセット代を支払わなければならないと思うとうんざりするし、パーティ会場で話を合わせなければならないのは気疲れする。

最初コロナ禍なのに行くのもな…と思っていたけれど、最近親族のみで結婚式を挙げると知って行きたかったなと思える友人がいたから、実際にはたぶんコロナ禍じゃなくても行きたくなかったのだろうということに気づいてしまった。

行きたくないほうの人とは何年もまともに連絡を取っていなくて、もう何を話していいかもわからない。何年も会っていないのに学生時代グループLINEがいまだに残っていて、みんな会う気もまったくないのに年始挨拶だけしている。

私はそういう人間関係に疲れてしまうけど、それって多分だめだよね。今日LINEを見ることすらめんどうで、ひとりになりたくて、そういう自分社会性の無さを実感すると落ち込む。いつか本当にひとりになってしまうのは怖い。

2021-02-19

ワンチャン離婚したら御祝儀返してね!笑

タイトルの通りである

いや、タイトルには少し齟齬がある。

実際に私が友達(だと思っている女の子)から届いたメッセージ

「式から3年以内に離婚したらクーリングオフしてね!笑」だった。

何を言っているのか分からないまま、スマホを眺めていたら「送信取り消しされました」という通知が来た。

どうやら彼女は先述の発言を私に見られたくなかったらしい。

でもごめん。通知バーで読んでしまったわ。

因果応報、とか、自業自得、とかいうのかもしれない。

今でこそ至極世間一般に馴染んだような顔をして、朝起きてご飯を食べて化粧をして仕事に行く、というルーティンをこなしているけれど、たった三年前まで私は風俗嬢だった。

そして、風俗嬢テンプレート通りにホス狂いだった。

男を見る目が無かったと思う。

自分を大切にしてなかったと思う。

それでも、私は風俗嬢だったことを恥じてはないし後悔もしていない。

そして、ホス狂いだったことに後悔もない。(反省はしてる)

そんな風に生きていたから、友達に「またどうせろくな男じゃないんでしょ」と思われたり言われたり

「どうせすぐ別れるんでしょ」と思われたり言われたりするのは、もう多分どうしようもない。

過去は変えられないし変わらない。

それでも私は風俗嬢自分を捨てて、ホス狂いだった自分も捨てて

世間一般に堂々と顔向けできるような生活を取り戻しました。

そういう現在進行形の私の努力はガン無視で「どうせろくな男選んでないんだからすぐ離婚するよw」と鼻で笑われるのは、少し悲しい。

ろくでなしだった私を拾ってくれたのは顔も心も美しい二つ年上の旦那でした。

私が癇癪を起こしても、理不尽に怒っても泣いても辛抱強く支えてくれる人です。

はいくらディスられても馬鹿にされてもいいから、旦那のことはきちんと見てほしいなって思うのはワガママですかね。

それとも私みたいなろくでなしが選んだ人だから、という理由旦那まで馬鹿にされてしまうのは仕方が無いのでしょうか。

あーああ、悲しいなあ。悲しい。

悲しい通り越して虚無。

虚無虚無プリンから明日プリンを作ろう。卵も牛乳も買ったばかりだしね。

2021-02-13

父の還暦

今年の夏父親還暦を迎える。半年後に控える父の還暦祝いに、私は頭を抱えている。父は私と性格が似ており、基本的に欲しいもの自分で買い、そしてそのほとんどが高価である感染症対策で世が躍起になる前から私は親族との交流を絶っていて、両親の好きなものなど全く知らない。小学生の頃になんとなしに母の日カーネーションホームセンターで買って帰った時、「花なんかより家事を手伝って欲しい」といわれて以来、両親に贈り物をした記憶などない。

であればなぜ父の還暦祝いを考えているのかといえば、母親が厚かましくも要求してきたかである

かましくも。

忘れもしないことだ。数年前、私は一人の男性結婚することを決めた。まだ若かったし、結婚式や披露宴というものにたいした興味も湧かなかった私たちは、お互いの両親との顔合わせで入籍新婚旅行だけをする一番自分たちにとって都合のいいプラン提案した。だが両家とも挙式だけでも挙げないか提案してきたのだ。お金は出す。親戚を呼ぶ呼ばないは、まあどちらでもいいじゃないかと(我々はそれぞれの父・母、どちらの地元でもないところで暮らしていたため、親族を呼ぶとなるとなかなか事だった)。

私は嬉しかった。両親は私を経済的理由で好きな大学にいくことを諦めさせた。母は私にすぐ手をあげるし、私のことで泣くし、あらゆる趣味が合わない。10最後一年私が就活引越し忙殺させられていたのを加味したとしても結局成人式写真は撮らずに終わった。が、一応は娘らしい。もう両親に会うとなれば盆と正月だけだろうが、そうであれば喧嘩もしないだろう。毒親と呼ぶにはいまいちパンチの欠ける母親だったし、これで一区切りついてそれなりに大人の付き合いができるならいいじゃないか

相手の両親は非常にいい人で(今でもよくしてくれる)お金ことなんて気にするな!行きたければハワイにでも行け!ぐらい言いそうだったので、私はまず実母に現実的相談をした。ぶっちゃけた話いくらなら出せるかと。

母は言った。1円も出せない。親族から「ご祝儀」を集めてもいいが、そんなことをしたらどうしなきゃいけないかお前でもわかるよな?(つまり自分たちが考えているようなミニマム結婚式にはならないと思え、ということだ)出せないものは出せない。ない袖はふれない。そもそもあの調子ならあちらのお家が全額出してくれるんじゃないのか?

唖然とした。ない袖はふれないというのは、進学の相談をした時にも全く同じことを言われた。そして行きたい大学に行けばいいと応援したが、いざパンフレットを持って相談しに行けば「金はないか奨学金なり借金バイトなり」と言ったのも変わらなかった。二度目だったのだ。

私は今の夫に泣いて謝った。全て素直に話した。破談になっても仕方がないと感じたからだ。うちの母親調子のいいことだけをいい責任を取らないゴミカスババアですと。夫は見捨てず親身になって相談に応じてくれた。元々自分がしたいと思っていた挙式はさほど値段の張るものではなかったので、なんとか希望を叶えることができた。

母は調子のいいことだけをいい、私の人生ターニングポイントにおいてクリティカルな間違いを起こすことに長けた女だが、身の程を弁えているとも言えた。両親が結婚式に金を出すことをやめ、挙式に両親と兄弟しか呼ばなかった結果、母のもとには「娘の結婚式に呼んで欲しかった」という親族クレームあほほど届いたようだが、それを自分のところに堰き止めて我々にあげてくるようなことはしなかった。いまだに孫のできない母のもとにはやはり母の友人や親族から様々な噂をぶつけられているようだが、やはり母はそれを私に伝えて来はしない。金や物のやりとりはほぼないが、口を出してはこない。新居にやってきたこともないし、親戚の行事はおろか盆正月に帰らなくとも本気で怒ってきたりはしない。親子や親族と思うとはっきりいって私の態度もどうかというレベルだが、まあうっかり関係性を持ってしまった大人同士だと思えば別に悪くない距離感だった。しょうがない。私が母をあまり愛していないのと同様に、母もあまり私のことが好きではない。まあそれはいいじゃないか未成年だった頃の自分には悪いが、不運だったことよりも運があることに目を向けたほうがいい。義母が私に貢いでる額が結構やばいこととか、遠方から会いにきてくれたからといって気前よく食事を御馳走してくれる友人が何人もいることとか、誕生日プレゼントを気まぐれで送ってきてくれる可愛い弟のことなどに感謝したほうがいい。そういうものに囲まれて私は大変心穏やかに過ごしていた。

のだが

母親父親還暦祝いを求めてきたのだ。

しかも「そのために貯金をしておけ」などとほざきだしたのだ。

困った話だ。

まあまず、「日本では子供が親の両親の還暦を祝うのが風習」などと、どの口がいうんだという話だ。人生のここだけはというところで間違いを犯してきた女が。ここだけはというところだけ金を出して欲しかった女が。

びびる。まじでびびる。

さらに困ったのが母親還暦ではなく父親還暦という点だ。母と父は同い年ではなく、父の方が先に還暦を迎える。

繰り返しになるが私は父とはかなり気が合う方だと思う。今でも共通趣味のことでは時々連絡を取る(会ったりはしないけど)。お金のことは母だけが悪いとは言い難いので厳密な言及をするとそのあたり複雑なところだが、単純な子供心としては別に父のことはさりとて嫌っていないというのが本音だ。お前らなあ!今更どの口が!と大学進学や結婚式のことを持ち出すのは憚られる程度の好感度はある。

が、そもそも私は両親に物を贈ることに根本的な成功体験がないのだ。揶揄される未来ばかり想像してしまい、ただでさえない選択肢がどんどん狭まる。酒の趣味も知らない。何が好ましいかも知らない。どの程度のものを求めているのかも知らない。

世間の人は数万円もするようなものを渡したりするのだろうか。結婚式に出したお金ガチで0円で、今年の私の誕生日に渡したもの金額が弟より低かった両親にそこまでする義理があるとも思えない。

さてどうしたものか。

2021-02-12

anond:20210212102626

まあ今どきバツ○なんて言って何度も結婚式して祝儀を巻き上げる輩も多いからね

2021-01-27

本名すら知らない相手結婚が決まった

一度だけ会ったことのある、ツイッターで繋がってる相手だ。会ったことのあると言っても集団の中で軽く会話したくらいだし、その人経由でつながった人のほうがまだツイッター上でも会話するくらいだ。

ただ、ツイッターで繋がってる年数が長くなると、次第にその人が私の生活風景になる。

学生だった彼女成人式に出て卒業して就職して転職してと、この十年間ぼんやりと眺めてきた。

そんな彼女結婚するそうだ。

おめでたい!!!!!うれしい!!!!!あなた幸せになって嬉しい!!!

うわーーーーめでたいね!?!?!?祝儀とか贈りたい!!!!めでたい!!!!嬉しい!!、!!!

ツイッターももうろくに絡まない人からいきなりそんなん言われたら気持ち悪いだろうとわかるけどー!!!!めでたい!!!!おめでとう!!!!!しあわせになってくれ!!!!!!

わーーーーこんなに他人事ながら幸せになってくれと思うもんなんだね!十年も繋がってればそんなんもあるのか?大きくなったね……。繋がった当時互いに大学生だっけ。

鍵垢なので十年前から繋がってるフォロワーたちの顔ぶれはほぼ変わらないが、当時高校生だった子も今では社会人になり別ジャンルで元気におっかけしてるし、当時ぼんやり社畜してた人はハマったジャンル関連で転職キメて今すごく楽しそうだし、あーーーーーツイッター長年やってると楽しいなあ!!!

リアルの友人よりツイッターで繋がってる人のほうが付き合いが長いんだなあ。リアルの友人でツイッター繋がってる連中もいるけど。あのあたりはもう本名覚えてなくてハンドルネームしか記憶にないからほぼネットの友人みたいなもんだけど。

あーーーーフォロワーみんな幸せになってくれーーーー!!!!!!

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん