「人口ボーナス」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 人口ボーナスとは

2018-09-04

anond:20180904112805

女性社会進出改革によって、男性側が委縮している事実は変わらない。

馬鹿すぎる。女性人権運動によって女性社会進出が進んだのではない。

人口ボーナスの終了と製造業経営悪化によって、それまでの経済規模を維持できなくなって、

女性を養いきれなくなったというのが女性社会進出実態

女が男を養わない限りは、男は恋愛結婚拒否するだけの話。

負け組の男は、人を拒否する立場にない。「女」にも「勝ち組の男」にも拒否されている。

それどころか負け組の男同士でも内輪揉め(蜘蛛の糸の奪い合い)して連帯できない。それが現実な。

2018-07-23

LGBTカップル生産性が低いは間違いだが

子なしカップル社会福祉への寄与度が低い…は、その他の条件がまったく同じな子ありカップルと比べた場合には、正しい。

先に断っとくと、社会福祉への寄与度が低い ≠ 悪である

ただ、予算がきつい場合税制優遇を考える際には、まず救済が必要弱者が人道的な観点で、次に社会福祉への寄与度の高い者が投資効果的な観点で優先されるべきだとは思う。

現在LGBTが“国家による救済が必要な”弱者かどうかは、議論しない。

さて、繰り返すが、子なしカップル社会福祉への寄与度が低い。

なぜか。

子ども未来需要税金担い手からだ。

特に今の日本少子化爆進中である

まず、社会インフラ(道路教育医療など)を誰でもが享受可能な形で維持するのに必要金額は、もちろん人口によって上下するが、下限がある。

次に社会インフラを賄う税金は、法人が納めるもの個人が納めるものに二分される(関税も含め)。

法人税は法人活動好調であれば伸びるが、不調であれば萎む。そして法人活動は、辿っていくと必ず個人消費にぶち当たる。

個人消費は個人需要によって天井が決まり個人需要人口に比例する。

まぁつまり外需が異常に伸びまくってる特殊な状況を除き、人口減は法人由来の納税額を減らす。

(特殊な状況は為替変動により、宿命的に終わりが来る)

法人由来の納税額が減るとなると、同水準のインフラを維持するには個人由来の税金で賄わなければならなくなる。増税だ。

加えて、税の担い手である人口の少なさは、ひとりひとりの税負担を重くする方向に作用する。

まぁこれは年金問題でみんな知ってると思うので詳しくは述べない。増税だ。

そういう訳で、人口減少すると辛いわけだ。

逆に人口が増える時は、人口ボーナスという言葉があるくらい、色々な物事がうまく行きやすい。

今まで書いたことの裏返しで、ひとりひとりの税負担も軽くなるし、規模の経済さらに大きな果実を手に入れやすい。

まぁそれも無条件に…というわけではないけど話が逸れるので割愛

要するに、子どもが生まれることは社会福祉への寄与度が高い。

よって、他の条件が同様ならという注釈付きで、子なしカップル相対的社会福祉への寄与度が低い。

ただし、予算面で余裕がある国なら、社会福祉への寄与度が低いことは問題にならない。だって余裕があるから

一方で今の日本予算は、まぁ厳しい。

リフレ派の言うことは国家デフォルトに近いので、そりゃできるかも知らんが一度やられたら俺が銀行頭取なら二度と国債は買わない。

でもこの先も社会福祉費はしばらく増大してくし人口も減っていくので、国債を買ってもらわないと予算が工面できない。少なくとも現状で百兆円は刷れない、刷れないんだよ。

そういうわけで、みんなもっと中出しセックスしてくれ。

俺は妻が骨折してて、しばらくは外出しどころかゴム付きおセックスもできやしないんだ。

2018-07-21

人の気持ち考えろよ

父母に大変腹立たしく思っている。

お前らさ、俺に対して「お前のことは大切に思っている」みたいなこと言うけどな、俺が今大切にしているものは俺の家族だ。妻と子供たちだ。お前らじゃねーんだよ。

俺の大事大事な妻や子供たちを大切に扱わないお前らを俺が快く思うわけがねーだろ。バカなのか?

お前ら俺がかわいいんだろ?だったら俺が俺の子供達をどれだけ愛しているかわかんねーのか?それがわかんねーならお前らの俺への愛なんて所詮口だけなんだよ。

俺はお前らみたいには絶対ならない。自分の中の常識だけに凝り固まって、勝手に不機嫌になって忖度を求めたり、自分尺度だけで物事強制するお前らみたいな毒親には絶対ならない。

お前らはさ、世間への見栄のために俺に金をかけただけじゃねーか。俺は違う。子供達が心から愛おしい。見返りなんていらない。願わくば、彼らにも愛する伴侶と子供ができて、家族のために生きる幸せを知ってほしい。俺からもらった物は俺に返すんじゃなくて次世代に繋げてほしい。それが素敵なことだと思うから

お前らみたいに見返りを求めるのは醜い。

人口ボーナスラッキーだっただけの団塊世代常識観、人生観は本当に狂ってる。

2018-07-19

anond:20180719012757

いいじゃん別に

ソレが時の運ってやつでしょ?

これまで人口ボーナスメイドインジャパンのし上がってきたのも時の運。

これから人口オーナス中国に抜かれダラダラと衰退していくのも時の運。

そんな中、人手不足の売手市場正社員になれましたとしたところで先行きなんて不透明だよ。解雇規制緩和、金銭支払解雇議論されてるんだから

そういう大きなうねりの中で一企業倒産したアオリを受けた程度のものなんて誤差に過ぎないよ。

リーマンショック当時ですら「なぜ日本企業リーマンショックで少ない被害で済んだのか」なんて記事ゴマンとあった。

リーマン不況なんて、顧みられない。歴史に残らない。氷河期世代バブル崩壊とセットで歴史に残る。

お前らの存在なんてその程度。自惚れんな。

2018-06-13

思うに働いていると敗戦処理感がひどい

もともと敗戦処理から始まった国だし仕方ない部分もあるが人口ボーナスはなく資源はないので全体的に敗戦処理

もちろん局所短期的には勝ち戦のところもあるだろうけど

から気分があれなんだな

さ、今日敗戦処理

2018-06-08

第二次世界大戦後のアメリカ中国韓国に挟まれていた地政学上のメリット

人口ボーナス

・当時は発展途上国だったので、世界工場的なポジションを得ることができた

これらのたまたまもらえた確変経済が成長しただけで、実質的には国民能力は低く国土は貧しく、今の衰退も起こるべくして起こってるってことかなあ


まあ歴史上三等国だった時代の方が長いんだし、こんなもの

2018-05-11

anond:20180511010521

何億万回も言われてることだけど、少子化は急激に人口増加曲線をした国なら絶対に起こる現象で避けようがない。

そもそも急激な人口増加をしたこと自体が国としても、生物学的にも異常なことだったのであってそれを維持させようという考えがナンセンスである

問題少子化がどの急降下のラインで留められるかということで、それをするためには人口ボーナス期にボーナス永遠に続くこと前提で定められた社会構造をなだらかにしていくことしかできない。

そういうことを無視して成長期が永遠に成長していくものという幻想を前提にしている思考回路こそが時代遅れであり、それをしている限り社会問題絶対解決しないことを自覚するべき。

2018-04-17

anond:20180417203146

真面目に解説すっぞ。

日本人口が増えた時代は高度けーぜぇ成長期ってやつで、けーぜぇが成長してたってこたーつまり日本資産に相当するモノの値段がうなぎ登りになってってたぞ。

具体的にいうと土地とか株価ってやつが値上がりしてたんだな。

株価が値上がりするってのは、今でゆうビットコインとかと同じだな。ぶっ殺すぞ、じゃないぞ! 注意しろよな!

直接の相関はないんだけれど、人口が増える国って〜のは俗に人口ボーナスと言われて生産性も上がりやすいか経済も成長すんだな!

から赤ん坊銀の匙ではなく木の匙を咥えて産まれてきたとしても、その木の匙が最終的に金の匙を買える位に高騰するから問題なかったんだな!

子供が減れば、相対的には相続財産は少なくなった子供に集中すっぞ。バブル期に集めた資産が最終的に少なくなった子孫に集中するよな!

これ自体論理的に間違ってはいねえぞ。

ただ、元がキャピタルゲインで支えられた資産だとしたら、はんてぇの現象もまた発生するんじゃねえか? ってのは忘れちゃならねえって爺ちゃんが言ってたぞ。

土地も株も、相対的価値が無くなる事ってのがあり得るんじゃねえのかな? 人口が少なくなるとよ!

そこんところ、角度とか踏まえつつ考えて見てくれよな!

2018-03-24

戦後昭和教育目標

もう言い尽くされてることかもしれないけど、

少し前の時代に、親が子供に「勉強して良い大学入って良い会社入りなさい」と言い続けていたのは社会全体の利益でみると明らかに良くない事だったと思う。

個人利益を見る場合にはそうひどくもないだろうし、今も言い続けられていることかもしれないけど)

なぜなら、良い大学入って良い会社に入った連中の大半は、最先端研究をするわけでもなければ業務収益性を上げるわけでもなく「良い会社」の中で官僚的な仕事につくのが定番なわけで、さらにそこから転職することもあまりしない。そんなところに、わざわざ能力が高い(訓練に耐えて結果を出せるという意味で)人間アサインする意味は皆無に近いと思う。「真面目な人間」をアサインしたい、というのが本意(誰のかはともかく)かもしれないけど、結果としてもっと実働部隊にすべきだったエース候補をわざわざ官僚にしてるという意味で勿体無いにも程がある。

会社という組織の都合上、適性をみて営業に回す場合もあるだろうけど、社会全体でみればゼロサムに近い行為人材を突っ込むのはけっこう損失だと思う)

研究商品開発・マーケティングに最優秀人材突っ込みさらにそこに「定住させない」ことが社会全体としてのメリットの多い人材登用だと思うのに、それが出来ているのは会社創業時の勢いを保っているところ(かつ経営者か誰かに見る目があるところ)のみ、というお寒い状況だ。

優秀な人材を後方に回して意味がある組織というのはただ一つ、軍隊だと思う。兵士は消耗するから優秀な人材参謀を含む後方に回す、という状況であれば合理的判断だろう。やはり戦後、軍の真似をして組織運営をした会社が多数あったとしか思えない。(そして兵士消耗品というのがブラック企業につながっている?)これを止めさせられなかったのは監督省庁の怠慢なのではないか人口ボーナスが消えた瞬間うまく行かなくなるのが目に見えてる運営日本中がやっていたわけだから制止をすべきだったと思う。

ひるがえって冒頭の「家庭での奨励行動」に戻ると、

おそらくは個人レベルの収支だけをみて「良い大学入って良い会社」を言っていたのだろうから、それ自体矛盾していない。問題は、それを皆が行うことによる合成の誤謬めいたものについて、個々の家庭レベルでは全くフィードバックがかからなかったことにあると思う。

(加えて、会社の方にまともな人材活用体制存在しないことについて想像が及んでいなかったこともあると思う)

であれば、これも全体が見えている文部省なり通産省なり(むかしの時点の話なので旧名称)がブレーキをかけるための動きをするべきだったのではないか。これについては縦割りの弊害に加え、通産省伝統的近視眼がアカンかったように思う(強いニュアンスを出すためここだけ関西弁)。農業観点で、毎年どれだけの人材が輩出可能で、それぞれどの程度活躍してくれることを期待するか、というような分析があれば、人材無駄遣いするところに突っ込ませるような家庭の性向は、役所挙げて早期に改めさせようという動きがあるべきだったのではないかと思う。

じつは是正の動きがあったのか、なにかファクターを見落としているのか、そもそも前提に誤りがあるのか、教えてくださいエロい人。

(もちろん一部は適切に活用されていたであろうしというのは分かっています。マスをなるべく有効活用するという観点の話です。

 あと何でも役所に頼るのはおかしいというのも分かるけど、昭和の日本で社会利益について動けたのが役所以外にどこがあるのかというと…)

2018-03-11

anond:20180311161929

私が注目している要素は人口ボーナス終焉出生率

一次産業からの脱却

そして一番大きいのは実は乳幼児死亡率

から結果的な出生数です

婚姻に関しては結果のフェーズに近く原因として見ていません

2017-12-28

礼儀とか常識とか

こっちはさ、この人工オーナス日本必死に妻子を養うために働いていてさ、休日だって子供たちとなるべく一緒に過ごしたいからいっぱいいっぱいなのよ。

例えばね、今年はさ、仕事納めがかなり大変でさ、皆んな疲れ切っていたんだよね。例年だったら「良いお年を」って言ってくれるスタッフも、いつも通りの「お疲れ様でした」だったよ。俺は、そんなことはあぁそういえば自分が言いそびれちゃったな、と思うくらいなんだけど、礼儀とか常識とかを振りかざしてくる奴はさ、それを常識がないとかなじるのと同じようなことをしてくるんだよ。

基本的自己中なんだよね。相手の状況とか何も考えず、自分が生きてきた経験けが日本古来から伝統みたいに勘違いしている。

お互いの幸せについて建設的にコミュニケーションできない人間とは極力最低限の付き合いで済ませたい。

人口ボーナスだっただけの話なのに個人の力で成し得た成功体験だと勘違いしている団塊の世代には痛い人間が多い。

お前らが得ていた年収標準偏差を出して今の年収分布に当てはめてみろよと。

年収正規分布なのかも知らんけど。

2017-12-04

anond:20171204105135

東京は逆に何で潰れてねえんだよという店でも人口ボーナスでそれなりにやっていけるから町並みが変わらない。

2017-11-21

anond:20171121130302

そもそも論として、なぜ少子化がいけないかというのは永久的に人口が増え続けていかないと維持できない社会制度人口ボーナス期に作られたせいであって。

永久的に増える人口が前提なんてねずみ講と同じなんだからむしろ減少傾向にあることの方が大きな流れとしては正しいんだけどな。

今の年金制度なんて、先に振り込んだ人のところにあとから振り込んだ人のお金が入るんだからねずみ講以外のなにものでもないじゃん。

仮に今強制的子供を増やす政策女性人権を前時代的に抑圧するとか、結婚強制させるとか)して増えても、他の国が開発したAIとか先端機器が輸入されてきて結局人あまりになって逆移民政策日本から海外への移住者を促進する)させられる未来が見えるけどねー

結婚出産を前提にした少子化政策は今後促進する方が将来的に日本を落ちぶれさせると思うよ。

2017-10-30

anond:20171030141019

いや、人口ボーナスは黙って口開いていれば勝手になるもんでしょ。

anond:20171030120636

収入をもぎとる」って、結局だいたいは運でしょ。

運っつーか、人口ボーナスだったり、たまたま伸びる業界に居たりとか、そういうことがあると収入が上がり、逆だと収入が下がる。

そういう「たまたま」が自分人生に訪れると、人はそれを自分の実力だと勘違いするってだけ。

2017-10-04

https://anond.hatelabo.jp/20171004024217

一人あたりの生産性が低いということは

ひとりひとりは弱いということ

その群れれば強いというのも人口ボーナス期の話であり、やはりジャップ妥当

2017-09-27

少子高齢化対策って言うけど

今の社会福祉制度とか税制とかって全部、浮かれまくってた「人口ボーナス期」に作ったものでしょ。

毎月ボーナスが出ることを前提に家計計画してるというバカさにどうして誰も気づかないの。

2017-09-24

日本が復活する方法

作戦Aー北朝鮮戦争コントロールして第二の朝鮮特需を生み出す

作戦Bー徹底的に落ちぶれて人件費を下げて世界工場として再出発

作戦Cー伝統芸能観光業に傾倒してギリシャ的なポジションを目指す

作戦Dー韓国を見習ってパクり国家として再び世界喧嘩を売る

作戦Eーアニメゲームクールジャパン

作戦Fー中高年を完全に切り捨て人口を減らしてから人口ボーナスを再び起こす

うーむ

どれを選べばいいかな―

2017-09-09

anond:20170909014631

日本なんてただの人口ボーナスだろ。

新興国にあらゆる領域で追い抜かれた現状まだ、経済大国だとでも思っているのか?

そもそも安倍政権によって進められている高齢化ブーストの前に、今後あらゆる政策機能しなくなって死亡する未来しかない日本に何を期待しているのだ??

老人だけの国で社会を回せるなんて歴史存在しないし、前例なきことが苦手な日本が切り抜けられるわけがない。

2017-05-23

http://anond.hatelabo.jp/20170523225042

なるほどー

私は現行の婚姻制度のもの否定的意見を持ちますし、そもそも結婚」と「少子化対策」を相容れさせようというのがパン好きな人が増える中で田園拡大を目指すような滑稽な対策のように思えているのでその点がまず出発点として相容れないのかもしれませんね(パン屋さんや米農家に恨みはありません)。

高齢者明治期の価値観から前進がない政治家にとっては、子供とは

「適齢期の男女が」→「婚姻をしたのち」→「妊娠出産をして」→「家族全員で育てていくもの

というロールモデルを前提にしていたと思うのです。

しか10代の妊娠や、おそらく眉をひそめるでしょうが不倫婚外子ができたとき「望まないから廃棄する」という安直結論になってしまうのはひとえに「金が無いから産めない」というところに行きつくことになります

理想的なデキ方をしていない子供排斥すべき、というのは人口ボーナス期にはありでしょうが現在において強固に守るべきことであるかというのは疑問に思えるところです。

「恥をかくくらいなら死ぬ」というのは日本戦時中のごくありふれた価値観でしたので、あるべき子供のつくりかたにこだわって人口消滅していくのもよいのかもしれませんね。

ですが、本気で少子化対処したいと思うならば、明治期以降の価値観限定した「子作りロールモデルから脱却すべきでないかと思いますね。

繰り返しますが私の意見は極論だと思っていますし、おそらく自民党政権下では絶対に実現しないこととわかっています

ですが「あるべき姿」という社会モデルを維持しようとするために、滅亡の道を選ぶことが本当に正しいことかと敗戦経験した日本国民としては思ってしまますね。



ちょっと大げさな言い方になってしまいましたが、中絶貧困問題国家の存亡というところまで関わる重大な問題(の一端)であると私は確信しています

2017-01-12

人口ボーナス努力してこなかった国の末路

俺達の国の主要人口層もかなりの年季が入ってきた。

死もお近づきになってお荷物になってきたけど、発言力だけはあるので面白くない。

同僚の介護していた両親も他界したらいしけど、後日談で「正直助かった」と感想をもらった。

色々と池上彰の話を聞くと、日本の経歴はこうだ。

団塊の世代が若かった頃は人口ボーナスで楽々発展して、自分たち価値を過信する

技術者を冷たくあしらっても金が舞い込んできて楽に儲かると思い込んでるので、国の技術力が全く育たない

団塊の世代が年をとるにつれ競争力も衰え、人口ボーナス効果が減ると同時に、今までの冷遇技術研究職の人気が無くなっている

・国力の根幹が傾いてると焦っても、今さら技術研究を頑張ろうとする若者は少なく手遅れ

数だけは多いけど頭が足りん残念な人間多数派になると国は傾くんやなあという知見を得た。日本死ね

2016-11-08

娘が父を嫌う理由は、ピラゴラスの原理で取り消せる。

日本ではなぜか、娘が父に嫌悪感を感じることは正常な働きであるといった俗説が信じられ、その俗説に沿った娘側の行動もみられる。

〇この「娘が父に嫌悪感を感じる」意識は、昭和の初期、中期の文学文芸などにはみられない。

〇つまり昭和後期に作られた、比較的新しい意識だろう。

 

●なぜ昭和後期に作られたのか? 嫌悪感が膨れ上がったのか? 

高度成長期、家庭を顧みない(といわれた)ビジネスマンセクハラパワハラ常態化社内、80%を超えた喫煙率など、さまざまな連想が働く。

まり、もとは昭和のオッサンが悪いんじゃん? 人口ボーナス自分の実力と勘違いした狂ったクズオッサンども死になさい。

http://anond.hatelabo.jp/20161107130534

2016-04-16

http://anond.hatelabo.jp/20160416105648

人類にとって大切なのは人類であって、地球なんぞを持出しても知らんがな。

人類が快適にいられる環境としての地球という意味ならわかるけど、そのために人類活動制限するのは本末転倒ってもんだ。

詳しくは説明しないけど、経済的には「人口ボーナス」という言葉があって、人口が増えることで経済活動が活発になるんだよ。

経済活動ってのは生産活動ってことでもある。

2015-12-22

不買運動による賃金改善

日本人口は2100年までに5000万前後まで低下するので、それに伴うマイナス人口ボーナス(負の経済成長)が今後延々と発生する予定になっている。

これを避けるには人口が減らないようにする政策必要で、その有力な対策ひとつ労働者の4割を占めるようになった非正規たちの賃金改善である

(現状では非正規の多くは生活保護水準であり、家庭を持てる状況にない)。


けれども政治に期待はできない。経営者にも期待はできない。労働運動ダメだ。言ってみれば詰んでいる。

しかひとつだけ手はあり、それは消費者運動である経営者プレッシャーをかけ、株主を納得させるレベルでの消費者運動である


たとえば、ワタミやすき屋がなぜ苦境に陥ったのか、原因はさまざま考えられるものの、その大きな理由ひとつに不買があったと思う。

なぜ不買が生じたのか、その理由をここでは問わないが、消費者による不買が、結果として大打撃を与えたのは否めない。


さて、消費者団体が仮に次のようなメッセージを発し、多くの人が賛同した結果、

既存店売上げが他社との相対比で前年マイナス3%になったらどうだろう?

コンビニA社に不買運動を仕掛けます最低賃金による労働をはびこらせた元凶です。時給に著しい改善が見られるまで不買します」


その上でコンビニA社に「時給を上げてみてはいかがですか? そうすれば不買運動をやめますよ。ワタミみたいになりたいですか?」と

消費者団体が働きかければ、経営者は態度を考えるようにならないだろうか。



この消費者運動成功させるためには、大きくみっつほどポイントがある。

企業に対して明確な不買メッセージを発すること、大企業ターゲットにすること、同時に多数の企業への不買は行わないことの三点である


メッセージを明言する必要があるのは不買の効果を知らしめるためで、大企業対象とするのはその後の運動をやりやすくするため、

同時に多数をターゲットとしないのは不買効果を高めるためである


なお、この不買運動希望があるように見えたならば、政治運動労働運動のような過度の積極性不要であり、

匿名で気軽に参加できるからで、逆に言うと、消費者団体政治的メッセージを発したり、

参加者情報収集するようなマネをすると、間違いなく失敗する。

2015-09-26

女性努力して結婚メリットを削ってきた というのはそうなんだろ

http://anond.hatelabo.jp/20150925021728

ただそれは悪いことでもなかろう、

女性結婚しない生活保護に頼らざるえない、というよりはブスな独身女性も生き延びることができる社会の方が良い。

という点でフェミニズムの功績はある。 ただ「年収高くて結婚したい女性からすると面倒な時代になったよね。

いやほら同棲してる男が結婚に踏み切ってくれない恋愛至上主義とか。自分給与が上がってなんだか男性が頼りなく見えるみたいな

あと、これおもしろかった。男女格差が埋まると不可逆的に少子化が進行する、というね。

男女平等格差対策少子化対策トリレンマ

http://crossacross.org/ky/?Tradeoffs+among+gender+equality+and+birth+rate

女性の上昇婚をポリティカルコレクト的にNGとするのか、というと多分フェミニズム的な観点では許さないだろうな、とは思う。

やはり弱い女性が、という観点で上昇婚はしかたがない(許容されるべきだ)みたいなスタンスになりそう。

あと女性地位が向上し、かつ、出生率が下がってない、というのは移民の要因が大きい。

この辺はEU移民による人口ボーナスみたいな状況が、イスラム教徒との不和などで停滞、移民に対してシビアになって収束すると明らかになるんではないかな、と思ってる。20年くらいしたら明らかになるんじゃねーかな。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん