「フリーハンド」を含む日記 RSS

はてなキーワード: フリーハンドとは

2020-09-19

anond:20200919235511

平均消費性向以下の富裕層や、危機のあとで金を貯め込む状態に陥った企業へのフリーハンドの減税は景気を落とすよ。なぜなら減税された金は多く貯め込まれから

具体的に使ったもの限定の減税であれば良いけど、富裕層企業に対してはフリーハンドの減税はしてはならない。無論消費税減税は具体的に使った場合のみに減税になる。

anond:20200919105926

経済過去の貯蓄の取り崩しを含めた資金調達しての支出を初項、収入のうち消費に回す比率(消費性向)を公比とした等比数列の和という側面があります

消費税増税はこの公比を下げるからだめです。なお、平均消費性向以下の消費性向富裕層フリーハンドの減税も公比を下げます

資金余剰局面企業フリーハンドの減税も公比を下げるのです。

具体的に使ったもの限定の減税であれば富裕層法人相手でも公比をあげますが。

消費税を上げて、金を貯め込む富裕層のためのフリーハンド所得税減税、低い金融分離課税バブル資金余剰に張り付いたままの法人税のフリーハンドの減税をしたからこそ、資金流通速度が大幅に低下しています

金の動きを意識した税制に戻していくべきです。

とすると、使ったら増税である消費税廃止するべきで、所得税法人主体税制に戻していくべき。

その上で富裕層企業相手にはふるさと納税や、寄付設備研究投資設備研究投資に使われることが確実なベンチャー投資など確実に使われる見込みのあるものについての減税にすべき。

使ったら減税、貯め込んだら増税と、金の動きを意識した税制にするべき。そのうえで、使ったら増税消費税はなくす方向にしていくべき。

2020-09-18

結局、このタグって、ヒステリーだったってこと? #出版物総額表示義務化に反対しま

・本の印刷→新しく印刷する本は対応してほしいです

書店作業→やってほしいですがやるつもりはないとのことです

・本の回収→しなくていいです

・どうするのが望ましいの→スリップを入れてほしいですが、あくまで「望ましい」です

罰則は→ありません

業界団体は→別に文句はありません

・周知は→何年も前からします

・急すぎない?→そう思って3年延長しました

財務省財務省からってフリーハンドで叩けばいいというものではない

って話なので、正直、財務省滅ぼせ論者でも、これは流石に乗れない。

2020-09-06

anond:20200906154739

政府は非効率であり、何もしないのが最善だ!」っていう新自由主義に転じたから。

財政出動しているということにより、金利が上がり、企業資金調達しての設備投資をしなくなるため非効率になるんですと。

最も、それ以前に大規模経済危機による保身化と、フリーハンド法人税減税で、企業資金調達ナニソレオシイノ?そんなことより現預金内部留保だ!となってしまったけど。

2020-08-23

anond:20200823141944

フリーセックスなんてもの存在しないので

オナホ右手を使え

もちろん左手でも良いしフリーハンドでも良い

2020-08-14

anond:20200812173127

経済の働き」みたいなのは測定するのに手間がかかるから

例えば経済は、最初に貯蓄の切り崩し含めて資金調達しての支出を初項、収入のうち消費に回す比率(消費性向)を公比とした等比数列の和という側面もある。

とすると、消費性向が低い金持ちをそのままバカバカフリーハンドの減税をすれば公比が減り経済が落ちる。

すると富裕層増税をして、金を溜め込みやすいやつにとどまる金を減らしたほうが経済は伸びるとなる。

だけどもあくま概念的なものであり、実際この動きが容易に測定できるものではない。

とすると目の前に「こいつは敵だからたたけ」って餌として出されたらそのまま叩いて枠組みを破壊する。そうして色々混乱した上で「何もしないほうが望ましい」という状態に陥る。

そうすると経済必要だった枠組みも破壊されて、金があるやつが強くそれ以外は従えとなる。

なにか悪いものがあるから破壊すれば良いとなる。立憲民主党系なんか典型的なんだけど、反新自由主義と言ってるくせに、じゃあどういう経済の形が良いかの考えがないか新自由主義追随しかなってない。

から政府が金の動きを調整しないとならないケインズ主義がいいんだが、その上で庶民を救えるのは国民民主党消費税減税研究組合系とれいわだ。だけど、これも「こいつは敵だからたたけ」の餌として供されてるねぇ。

「こいつは敵だからたたけ」からは一歩引く必要があると思うね。そのうえで何が大事かということだ。それは経済をどう適切に動かすかってことなんだけど。

2020-08-01

anond:20200801070724

ケインズ社会主義時代1990年まで)に経済が成長していて、新自由主義時代1990年代以降)に経済が衰退している。これは新自由主義が欠陥思想からだろ。

一番最たるものは国の金の流れを無視する思想からだ。更に大規模経済危機のとき企業の保身化による金の溜め込みと設備研究投資の減少による資金余剰化を放置するのもでかい

税制も金の流れを操作する思想である以上、金の動きが適切になるようにしないとならない。

消費税増税は動く金に対する税金である以上最悪。さら法人税は大規模経済危機の後の企業資金余剰化が起きている以上、フリーハンドの減税はしてはならない。使ったら減税、溜め込んだら増税であるべき。

anond:20200801065446

企業は儲かる国に来るのであって不景気のまま儲からない国にしている方がよっぽど企業がにげますが。タックスヘイブン租税条約の方で対処するべきだった。

法人税をどんどん安くしていった結果、むしろ日本産業力が落ちて、逃げる国になってますが。企業マインドが金を溜め込むばかりになっている状態になってる状態フリーハンド法人税減税のほうが企業を逃がす。不景気を続けるから

からこそ法人税でただ溜め込む分にはきちんと税金をかけ、その代わりに使ったら減税の余地を設けておくという金の動きを作り、日本を儲かる国にし続けないとならないし、そちらのほうが企業をつなぎとめる。

2020-07-26

anond:20200726074502

ちがいます日本バブル崩壊企業資金過不足統計資金余剰に転じている。欧米でも2008年リーマンショック企業資金過不足統計資金余剰に転じる現象が起きている。

おそらくは1930年世界恐慌でも起きているだろう。

から日本特有解雇規制は全く関係ない。

さらにいうと、不景気だと労働需要が低下するため、人あまりになる。賃金が安くても待遇が悪くてもきてくれるのになんで高い給料を払うんだというので、解雇規制問題だと叫ばれ始めた。

しかし、解雇規制を緩めて派遣を増やしたところで景気は全く回復しない。首切り安い労働者を増やしたのも不景気と、少子化格差拡大をを加速させた。

景気が回復しだしたのはそれこそリフレとして金の動きに手を入れるまで起きなかったし、解雇規制対応した派遣拡大は逆効果以外の何物でもなかった。

またフリーハンド法人税減税も逆効果だっただろう。だって企業マインドは主に金を溜め込む方向に進んでいたから。

高い法人税に戻したうえで設備研究投資など使った分だけ減税にするか、使途がない部分について増税する留保課税を全企業対象にするなど、使うことと溜め込むことをメリハリを付けるのが大事

2020-07-24

anond:20200724183827

和柄だとあんまりイメージと違うかもだけどinkboxのフリーハンドだと2週間持つし見た目は本物のタトゥーに見えるのでいいよ、もう一年以上いろんな柄で楽しんでる

世間リアクションもわかるのでトライアルによいと思う

わりとどこに行っても何にも言われないしむしろ褒められるんだなーと知った

2020-07-18

anond:20200718122312

誰でももガソリンばらまけば青葉と同じことできるっていう点で画期的だよな。

フリーハンドで着火できる仕組みを作っとけば、確保される危険性も減るし完璧

2020-07-16

anond:20200713194833

社会

新自由主義  VS 共産主義(=マルクス社会主義)ではないんだが。

現状では

新自由主義 VS ケインズ社会主義 VS マルクス社会主義 だ。

1990年まで西側諸国がうまくいってたという資本主義ケインズ社会主義であって、新自由主義ではない。

特に大規模経済危機が起きたら、その後延々と企業が保身に入り、金を溜め込み、設備研究投資をしなくなるという特性がある。

この問題に対して目をそらして構造改革とやらでゴソゴソいじりまわったり、各種保護を取り去る、フリーハンド法人税減税はむしろ溜め込んでも減税であるため保身マインドを強化させる。

これらで結局30年もの間成果を出せなかったのが新自由主義

大規模経済危機が起きたら、まずは財政出動して保身マインドを和らげる。その次に使ったら減税、溜め込んだら増税をする。

企業の保身マインドを反転させないとならない。それは政府が関与しないとできない。

2020-07-05

百合子が選挙通ったら夜の街を徹底的に弾圧してほしい

正直都民ほとんどはそれを望んでる。(お行儀のよいサヨクちゃんたちを除く。)

バカホストキャバ嬢のせいでもう一回全面自粛するなんて馬鹿げてる。

法外な売り上げ稼いでるくせに碌に税金納めてない奴らなんかに公金投入してほしくないか補償なんてせずに締め上げるだけでいい。

風営法消防法使えばいくらでも営業停止に追い込めるはずだ。

いままでは選挙が控えてたからあまり強権的なことはできなかったんだろうけど、4年間のフリーハンドを得たら何でもできる。

どうせ4年後になったらコロナで何やったかなんてみんな忘れてる。

2020-06-30

anond:20200627174257

今まで効果があると言われていた富裕層企業に対するフリーハンドの減税をやめるべきだな。金を溜め込まれて金の循環を落として不景気を招く。

ましてや企業が大規模経済危機後に金を溜め込み、設備研究投資をしなくなる状態では逆効果1990年バブル崩壊後今に至るまで企業資金余剰側にいる。

使ったら減税、溜め込んだら増税シフトしていくべきだわ。無論使ったら増税である消費税は無くす方向で。

一方で企業に対する使途のない金に対する追加増税である留保課税は全企業対象にするべきだな。富裕層も使ったら減税の余地を多くしておいた上で増税で。分離課税累進課税の最高点近くと同じぐらいにして、総合課税と迷うようにするぐらいで。

2020-06-27

anond:20200625093230

担保されてるのは「日本政府財政破綻しない」ってとこだけで国民生活はズタボロになるんだよね間違いなく

逆だろ?景気が良くなるから国民生活は豊かになる。特に景気が良くなると労働需要が高くなるから労働者立場が強くなり、賃金上昇と、待遇改善が起きる。ブラック企業から人が転職して逃げて淘汰される。人手不足倒産は正しい淘汰。

ただし、最後政府の基礎・萌芽研究投資と、企業自らの設備研究投資に結び付けないと、輸出できるものがなくなる。これにより経常赤字化と外貨借金が増えて、外貨借金では財政破綻する。

なので、政府財政出動である程度ブーストをつけた次は、企業を低貯蓄、高設備研究投資に結び付けないとならない。

そもそも大規模経済危機を迎えると、企業が保身に入って金を溜め込み、設備研究投資をしなくなる。なのに何もしないのが良い!と言う新自由主義のまま突っ走ったからの失われた30年。

金を溜め込むから景気が落ち、設備研究投資をしないか産業力がどんどん落ちていく。あとフリーハンド法人税減税はむしろ溜め込まれる一方だったからしてはならなかったな。

使ったら減税、溜め込めば増税メリハリを付けないとならなかった。

なお家計の貯蓄分企業資金調達して設備研究投資をしていれば、政府財政出動しなくても自ずと景気が回っていくので財政均衡に近くなる。

2020-06-16

anond:20200616084350

いやマジで東京都知事遷都実現を掲げるのはありだと思うぞ。

オリンピック負債で今後行政サービス劣化やら再開発計画予算縮小やらが確実に続く以上

これからのどこかで都市機能スリム化しないと破綻する。

コロナ満員電車一つ解決できない、医療破綻日本で一番近い都市ってこともわかったしな。

首都でなくなることでプレゼンス地価が落ちるのを心配してる住人が反対するかもしれないが

ここまで経済的に他の都市との格差があるなら、政府のおひざ元でなくなった方が

却ってフリーハンドになって政府圧力かけやすくなるんじゃないか発言力は逆に高まると思う。

地価低下はおそらく埼玉神奈川では大きいだろうけど、23区ではそれほど影響ないんじゃないか

霞が関も元手無しに丸ごと再開発できるから大きなビジネスチャンスも作れる。

わりとマジで東京こそが遷都要求すべき。

2020-05-30

anond:20200530172016

景気や金の動き無視して小さな政府がいいという連中が政権を握って大暴れしたからな。小泉民主党政権だ。

不況の時は政府が金を使うのが正しいんだったんだよ。もうちょっというのなら、大規模経済危機を迎えると企業は保身に入って高貯蓄・低設備研究投資に入るから、使ったら減税、溜め込んだら増税で、

低貯蓄・高設備研究投資になるように誘導するべきだった。

しかししたのはフリーハンド法人税減税で、むしろその法人税減税はため込む力を増やし、景気を悪くするだけだった。

中小企業は財サービス需要が強い時に力が強くなる。なぜならある程度客をえり好みできるようになるから、悪い客、安くしか言ってこない客を切れるから

労働者労働需要が強い時に力が強くなる。なぜなら求人が多いから、いやな職場から逃げて、職場をえり好みできるようになるから

とどのつまり中小企業労働者幸せになるには経済第一の党を選ばないとならんのよ。

けど新自由主義は、大規模経済危機を迎えた後の企業放置して不景気温存するだけだし、売り上げから遠い基礎研究に金を出すのを嫌うから結果的には経済的には失敗を招く思想なんだよ。

2020-05-17

anond:20200517135017

その傾向は「大規模経済危機が起きた後に生き延びるための保身化」が原因だよ。

バブル以前は企業もどんどん設備研究投資をしていたし、それがゆえの世界に冠する企業への成長があった。

資金過不足統計でもバブル崩壊後に企業資金余剰側に転じている。海外でもリーマンショック企業資金余剰に転じている。

フリーハンド法人税減税するが、ますます溜め込まれる。

若い無力なバカ人間起業イノベーションだと煽らせて危ない道をあゆませれば日本再生するんだ!とうるさくがなり立てる。

そして、馬鹿だがやる気がある人間を完全に消耗品のように使いつぶして、見た周辺の人間ははますます保守化するだけ。

税金を使ったら減税、溜め込んだら増税にしていって、設備研究投資側に振らせないとならないわ。

2020-05-16

anond:20200516184500

死刑判例基準作ってんのに?

そもそも法律通り運用してんなら内閣フリーハンドで人事握れるはずだろ

そうなってないじゃん

2020-05-13

anond:20200513062821

動いた金の総和こそが経済から

後、どちらかというと問題なのは企業が溜め込む金。企業設備研究投資をしてないか産業がどんどん弱体化して輸出できるものもなくなっているという側面でもな。

自国通貨建て国債では財政破綻しないが、外貨借金では財政破綻する。そして金も時間もかけずに売れるものが作れるわけ無い。

フリーハンド法人税減税はむしろ逆効果。溜め込んでも減税だから。具体的に使うもの以外減税してはならなかった。

だが、それ以上に今コロナ経済がもうめちゃくちゃで多くの国民、多くの企業が食い詰め、倒産瀬戸際にいるので、それをまず救わないとならない。

2020-05-11

anond:20200511175807

大不況ってのは、大経済危機が起きた後に「やっぱ金が第一!」と設備研究投資をしないことによって起きるんやで。

さら日本構造改革だ!とか銀行健全化だ!ということで無駄危機大量発生させてますます「やっぱ金が第一!」の風土を強くした。設備研究投資をしないか日本産業はどんどん弱まった。

さらに、フリーハンド法人税減税をしたけど、むしろそれはため込まれることを加速させるだけだった。

1990年代以降に発展したITは完全に競争力もつことはなく、日本が強かった半導体ITがらみで成長が見込めるから海外勢が投資しまくって日本ボロボロになった。

低貯蓄高設備研究投資に導かんとならん。使ったら減税、溜め込んだら増税にして税金で差をつけんとならんよ。それができなければ失われた40,50,60年になるな。

なお、アルゼンチン1930年世界恐慌までは一人当たりGDP世界トップクラスで、経常黒字しまくりだったんだけど、今経済破綻懸念常連国だからな。

世界恐慌10年後ぐらいに「今のアルゼンチンを救ってくれる英雄」なんてものが現れたのまでよく似てる。

2020-05-08

anond:20200508083314

アメリカ基軸通貨国ですから

あと、貯蓄が多くて設備投資が少ないと国の産業がどんどん劣化しますよ。国の産業劣化して輸出できるものがなくなると財政破綻すんの。

財政破綻自国通貨建ての借金じゃなくて、経常赤字による外貨借金で起きてるからな。

アルゼンチンだって1930年代以前は経常黒字国で、世界トップ10位に入る一人当たりGDPの国だった。しか世界恐慌とその後の産業構造転換ができずに今では財政破綻懸念常連国になった。

次の世代財政破綻を防ぐには次の産業を作るための投資必要企業長期間がかかったり、必要時間が読めない研究投資はできない。国もやっぱり未来のための科学研究投資をする必要がある。

だが一番は企業がこのネタかると設備研究投資してこそ売るものが作れて経常黒字を維持でき、財政破綻を防止できる。

そのうえで日本企業までの過剰貯蓄はバブル崩壊後の対処失敗、溜め込むにもかかわらずフリーハンド法人税減税をしたからこそ。

国の借金による直接的な財政破綻は起きないが、企業保守化による高貯蓄低設備研究投資と経常赤字化による財政破綻はやはり日本でもある。

2020-05-05

anond:20200505150050

正論やろ。取捨選択は刷れど日本は少なすぎる。

日本中途半端精神論やりがい強要するからな。ゆえに下手にやりがいを持って働く人が多い職種ほどもうめちゃくちゃになってる。

後、日本財政破綻論は、バブル崩壊後、企業ビビって金をため込みまくって設備研究投資をしなくなって、その金を回すためにやられてるのと、法人税所得税を下げまくったことが原因だからな。

企業が金溜め込みまくるのにバカバカフリーハンドで減税したかさらに金をため込んで景気を悪くするという悪循環。最低溜め込む金については税金でとって景気を回さないとならなかった。

2020-04-28

anond:20200428094821

消費税は、法人税所得税を下げる対価です。そして法人税所得税は昔は金をため込む高所得層、法人が高かったが、そのあたりをフリーハンドで減税しまくったがために、金の動きを落として景気まで落とした。

金をため込み易い奴に対しては具体的に金を使ったものじゃない限り減税はしてはならないし、溜め込んだ金については税金で回収して動かさないとならない。

2020-04-27

anond:20200427212947

から「信用不安」って「借りた金が返せない状況」なんだが。日本円については日本銀行が発行できる。日本円借金が返せない状態は起きない。

外貨については経常黒字継続があるから外貨借金より外貨貯蓄、外貨準備のほうが多い。つまりこちらでも破綻しない。外貨借金が返せない状態も起きない。

お前の言う信用不安なんてみじんも起きてないんだよ。

政府借金バブル崩壊企業が高貯蓄、低設備研究投資になった金を回収しているという側面がある。

貯蓄投資バランスISバランス)において資金需要資金不足、資金調達しての支出ISバランス投資)と供給資金余剰、貯蓄)は事後に一致するって話ぐらいは知ってんだろうな?

信用不安自体起きてないのにそのあとの文章は読むに値しないわ。

後、経常赤字は起きたらすぐに財政破綻するってものでもない、いわば経常黒字というのは外貨の積立だから、それが全部吐ききって、外貨借金をするようになって、それが返せない時にやっと「信用不安」になるんだ。

しろ大学の基礎研究と、企業が高貯蓄、低設備研究投資放置するのをやめて双方にてこを入れるべきだと思うがね。それは、財政均衡論を基にした大学のしばきたおしと、溜め込む企業に対するフリーハンドの減税による甘やかしをやめないとならない。

政府借金は、企業があまりに金をため込んで、金の動きが滞ってるから財政政策という側面もある。企業がおのずから資金調達して設備研究投資をするようになり、資金不足になるようになればしなくても経済回っていくんだよ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん