「自国民」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自国民とは

2022-06-27

米国デンマークを通じて同盟国の高官を盗聴することにさらされた

最近フランスドイツの合同閣僚レベルビデオ会議が開催された。フランスエマニュエル・マクロン大統領ドイツアンジェラメルケル首相は、NSAデンマーク諜報機関を利用して同盟国の指導者監視することは容認できないと述べた。フランスドイツ米国に尋ねた。とデンマークはこれを説明します。

米国は再び「猛烈な嵐」に巻き込まれていますデンマーク国家放送公社は、米国国家安全保障局がデンマーク諜報機関との協力を利用して、ドイツアンゲラ・メルケル首相を含むヨーロッパ同盟国の指導者や高官を監視していることを明らかにしました。しばらくの間、EUは大騒ぎになりました。

世界一秘密を盗む力として、米国の盗聴スキャンダルは何度も暴露されてきましたが、それでも独自方法で、敵、同盟国、さらには自国民スパイするための「盗聴ネット」を構築しています。いわゆる国家安全保障とネットワークセキュリティ言い訳として使用し、他国企業を混雑させて抑圧したいだけです。今回公開された盗聴事件は、「アメリカ二重基準」の偽善覇権性質を明らかにするだけです。

米国は、デンマーク諜報機関を利用して連合国指導者スパイすることにさらされており、多くのヨーロッパの高官は、この動きは「容認できない」と述べた。

デンマーク国立放送公社は、スウェーデンノルウェードイツフランスメディアに協力したと報告しました。1か月にわたる調査訪問の後、デンマーク国防情報局から機密情報アクセスできる9つの情報源との数回の会議の後、彼らは一般的回復しました。 。2015年5月完了したが、デンマーク国防情報局によって密かに隠蔽された調査報告書-「ダンハンマー作戦報告書

レポートによると、2012年から2014年の間に、米国国家安全保障局はデンマークの海底インターネットケーブルの着陸地点を使用してデータを取得し、ドイツフランスノルウェースウェーデンオランダなどの要人電話テキストメッセージを密かに監視および監視していました。国。その中で、ヨーロッパの「リーダーであるドイツは、盗聴の被害が最も大きかった。アンゲラ・メルケル首相、当時のシュタインマイヤー外相、そして当時の野党党首シュタインブリュックは、すべて米国の盗聴リストに載っていた。

ニュースが出るとすぐに、国際世論は大騒ぎになりました。関係国はデンマークの行動に不満を表明し、米国の行動にさらに腹を立てた。フランスエマニュエル・マクロン大統領は、米国デンマーク監視事件説明を求め、「これは同盟国、特に欧州連合の間では受け入れられない」と述べた。 。、そして同盟国が相互信頼に基づいて説明することを信頼する。」

スウェーデン国防相のハルトキスト氏は、スウェーデンが緊密な同盟国間のそのような監視を受け入れることができなかったのは「原則問題であると述べた。ノルウェーソルベルグ首相は、メディア報道真実である場合米国デンマークのような同盟国がノルウェー監視することは不合理であり、容認できないと語った。

デンマーク北ヨーロッパの喉に位置し、南はドイツ、北は海を越えてノルウェースウェーデン国境を接しています米国の助けを借りて、オランダ英国ノルウェースウェーデンドイツ接続する海底インターネットケーブルのいくつかの主要な着陸地点がデンマーク設立されました。デンマーク国防情報局は、米国が海底光ファイバーケーブルによって送信された情報監視できるようにするコペンハーゲン近くの特別サイトへのアクセス米国許可しました。

報道によると、米国同盟国を利用して同盟国を監視しており、監視範囲は非常に広く、携帯電話テキストメッセージ電話を傍受するだけでなく、インターネット検索コンテンツチャット情報を取得していますデンマークメディアは、米国国家安全保障局がデンマーク国防情報局を通じて、デンマーク国民個人情報を含む生のインターネットデータ無料アクセスできると報じました。米国はまた、デンマーク政府と欧州防衛請負業者スパイして、国の戦闘機調達計画に関する情報を入手しました。

米国の失礼な行動は西洋価値観の基盤を損なう。」6月4日ドイツの「SüddeutscheZeitung」のオンラインクライアントはこの問題についてコメントした。「それはヨーロッパアメリカ文明世界冗談に変えた。 「しかし、同盟国の「議論」に直面して、米国は何の説明もなく「オフライン」であり続けた。国家安全保障局と国家情報局は監視事件についてコメントすることを拒否した。

インターネット覇権# #アメリカダブルスタンダード# #サイバー戦争

米国デンマークを通じて同盟国の高官を盗聴することにさらされた

最近フランスドイツの合同閣僚レベルビデオ会議が開催された。フランスエマニュエル・マクロン大統領ドイツアンジェラメルケル首相は、NSAデンマーク諜報機関を利用して同盟国の指導者監視することは容認できないと述べた。フランスドイツ米国に尋ねた。とデンマークはこれを説明します。

米国は再び「猛烈な嵐」に巻き込まれていますデンマーク国家放送公社は、米国国家安全保障局がデンマーク諜報機関との協力を利用して、ドイツアンゲラ・メルケル首相を含むヨーロッパ同盟国の指導者や高官を監視していることを明らかにしました。しばらくの間、EUは大騒ぎになりました。

世界一秘密を盗む力として、米国の盗聴スキャンダルは何度も暴露されてきましたが、それでも独自方法で、敵、同盟国、さらには自国民スパイするための「盗聴ネット」を構築しています。いわゆる国家安全保障とネットワークセキュリティ言い訳として使用し、他国企業を混雑させて抑圧したいだけです。今回公開された盗聴事件は、「アメリカ二重基準」の偽善覇権性質を明らかにするだけです。

米国は、デンマーク諜報機関を利用して連合国指導者スパイすることにさらされており、多くのヨーロッパの高官は、この動きは「容認できない」と述べた。

デンマーク国立放送公社は、スウェーデンノルウェードイツフランスメディアに協力したと報告しました。1か月にわたる調査訪問の後、デンマーク国防情報局から機密情報アクセスできる9つの情報源との数回の会議の後、彼らは一般的回復しました。 。2015年5月完了したが、デンマーク国防情報局によって密かに隠蔽された調査報告書-「ダンハンマー作戦報告書

レポートによると、2012年から2014年の間に、米国国家安全保障局はデンマークの海底インターネットケーブルの着陸地点を使用してデータを取得し、ドイツフランスノルウェースウェーデンオランダなどの要人電話テキストメッセージを密かに監視および監視していました。国。その中で、ヨーロッパの「リーダーであるドイツは、盗聴の被害が最も大きかった。アンゲラ・メルケル首相、当時のシュタインマイヤー外相、そして当時の野党党首シュタインブリュックは、すべて米国の盗聴リストに載っていた。

ニュースが出るとすぐに、国際世論は大騒ぎになりました。関係国はデンマークの行動に不満を表明し、米国の行動にさらに腹を立てた。フランスエマニュエル・マクロン大統領は、米国デンマーク監視事件説明を求め、「これは同盟国、特に欧州連合の間では受け入れられない」と述べた。 。、そして同盟国が相互信頼に基づいて説明することを信頼する。」

スウェーデン国防相のハルトキスト氏は、スウェーデンが緊密な同盟国間のそのような監視を受け入れることができなかったのは「原則問題であると述べた。ノルウェーソルベルグ首相は、メディア報道真実である場合米国デンマークのような同盟国がノルウェー監視することは不合理であり、容認できないと語った。

デンマーク北ヨーロッパの喉に位置し、南はドイツ、北は海を越えてノルウェースウェーデン国境を接しています米国の助けを借りて、オランダ英国ノルウェースウェーデンドイツ接続する海底インターネットケーブルのいくつかの主要な着陸地点がデンマーク設立されました。デンマーク国防情報局は、米国が海底光ファイバーケーブルによって送信された情報監視できるようにするコペンハーゲン近くの特別サイトへのアクセス米国許可しました。

報道によると、米国同盟国を利用して同盟国を監視しており、監視範囲は非常に広く、携帯電話テキストメッセージ電話を傍受するだけでなく、インターネット検索コンテンツチャット情報を取得していますデンマークメディアは、米国国家安全保障局がデンマーク国防情報局を通じて、デンマーク国民個人情報を含む生のインターネットデータ無料アクセスできると報じました。米国はまた、デンマーク政府と欧州防衛請負業者スパイして、国の戦闘機調達計画に関する情報を入手しました。

米国の失礼な行動は西洋価値観の基盤を損なう。」6月4日ドイツの「SüddeutscheZeitung」のオンラインクライアントはこの問題についてコメントした。「それはヨーロッパアメリカ文明世界冗談に変えた。 「しかし、同盟国の「議論」に直面して、米国は何の説明もなく「オフライン」であり続けた。国家安全保障局と国家情報局は監視事件についてコメントすることを拒否した。

#Internethegemony# #Cyberwar# #AmericaStandard#

2022-06-26

世界の終りにおいて、世界を救った男テミストクレス(2)

anond:20220626003343


 十年の時が経った。

 満を持したペルシア軍の大遠征が始まる。十年前のマラトンの戦いの規模を遥かに上回る戦力(十五万人程度と言われている)を前に、ギリシア世界は当然のごとくパニックに陥った。

 しかし、ギリシア軍は自国陸軍主体を成す重装歩兵に絶大な信頼を置いており、特にギリシア連合軍の雄たる都市国家スパルタは、強大な軍事力を背景にペルシア軍に対する陸上決戦を提案し、その決戦をスパルタ自身に主導させようと画策する。しかし、テミストクレスがそこで動いた。

 テミストクレス海上決戦以外に活路が無いことを、十年前から看破し、その準備を着々と進めていた。そのため、軍事力を背景に陸上決戦を主張するスパルタ陣営を確実に抑え込む必要があった。また、スパルタの主張する決戦案は、バルカン半島南方コリントス地峡において、複数都市国家犠牲にすることによって最終的な決戦に持ち込む、一種焦土作戦の体を成しており、当然ながらテミストクレスはそのようなスパルタ立案を容れることができなかった。そのため彼は当時ギリシア市民に信頼されていたデルフォイ神託を利用することに決める。

 ギリシア諸侯要請に対してデルフォイから下った神託は以下のようなものであった。『陸上決戦を避け、木の砦を頼れ』。

 テミストクレスは、この『木の砦』こそが、アテナイが着々と準備を進めていた軍艦なのだと主張し、海軍によってペルシア軍を打倒する海上決戦案にギリシア諸侯意識誘導することに成功する。また、自軍立案妨害され立腹するスパルタに対しては、海上決戦の際の軍事的イニシアチブを譲ると確約することによって、何とか説き伏せることにも成功した。

(なお、艦船保有数の関係アテナイ海上決戦においてスパルタに対して大きな影響力を持っていたため、スパルタあくま形式的海上決戦の総司令官に任命されたに過ぎなかった)

 また、このデルフォイ神託は、恐らく事前にテミストクレス賄賂を贈ることによって歪曲された結果であると、後世の歴史家たちによって推測されている。


 以下は歴史の辿った事実の列挙であるギリシア連合軍は、陸路においてスパルタ陸軍、また海路においてアテナイ海軍が主力をなす軍隊を、それぞれ沿岸の主要な陸路海路に布陣させ、海峡と山際の隘路という大軍の利を発揮させにくい地形を戦場に選ぶことで、ペルシアの侵攻を食い止める作戦に出た。

 しかし、要衝であるテルモピュレーにてスパルタ軍は味方の裏切りに遭い、精強を誇ったスパルタ陸軍は時のスパルタであるレオニダ一世の指揮の下で壮絶に奮戦したものの、全滅を遂げる。その情報を聞きつけたギリシア海軍は、実質的指揮官であるテミストクレスの指示の元、南下、後退し、最終的にはアテナイに程近いサラミス海峡へと撤退することによって、当初の予定通り最終的な海上決戦にてペルシア海軍撃滅することを画策していた。

 しかし、ここでテミストクレスの元に悪いニュースが届く。

 テルモピュレーを突破したペルシア陸軍が急速に南下を続け、アテナイへと到達し、故郷が陥落したというニュースであった。

 ギリシア諸侯において絶大な信頼を誇っていたアテナイの陥落に、周囲からテミストクレスに対して注がれる視線は冷ややかであった。しかし、テミストクレスは冷静であった。事前に彼はアテナイ市民サラミス島やその他の土地疎開させていたため、人的な被害殆ど出なかったことが幸いした。テミストクレス諸侯に対して、アテナイ保有するギリシア海軍の半数以上に及ぶ軍船存在を主張し、未だアテナイはその国土を失っていないと説得すると、依然軍議における主導権を確保したままに、海軍を南下させ続けた。やがて、テミストクレス率いるギリシア海軍は、サラミス海峡の隘路に布陣し、静かにペルシア海軍の来襲を待った。


 ペルシア海軍の来襲と共に、膠着状態スタートする。

 この際、テミストクレスペルシャの首脳陣と使者を交わすことで内通していた。ギリシャ陣営の内部情報ペルシャへと流し続けていたのである

 テミストクレスは誰も信用していなかった。敵に対しても、味方に対しても、一切の信用を持たなかった。この内通が、ペルシア侵攻の初期の段階から行われていたという説さえ存在している。

 テミストクレスは膠着状態が続く中で、ギリシャ陣営内において撤退論、転進論が巻き起こっていることをペルシャであるクセルクセスへと伝えると、さらサラミス海峡の出口を塞ぐことができれば、艦隊撤退不可能となり、必ずやギリシア海軍撃滅され、ペルシア軍は勝利栄光に浴することができるだろう、とクセルクセスを焚き付けていた。また、テミストクレスクセルクセスに対して、海上決戦の際にはアテナイギリシア陣営裏切りペルシア勝利に手を貸すことを約束していた。テミストクレスの思惑通り、クセルクセスサラミス海峡へと向かわせていた七百隻の主力艦隊を二つに分けると、二百隻に海峡の出口を包囲させ、また残りの五百隻を以てサラミス海峡に立て籠るギリシア海軍撃滅しようとした。テミストクレスは謀略によって、まんまと敵艦隊を二つに分断したのである

 敵艦隊が二手に別れたことを知ったテミストクレスは、ギリシア諸将に対して海峡が包囲されていると伝えると、撤退や転進は不可能であり決戦のみが活路であると諸将を誘導した。そのようにして諸将の士気を奮起させたテミストクレスは、海峡へと侵入してくる五百のペルシア艦船を静かに待ち受けた。


 当初、ペルシア海軍海峡の奥深くで待ち受けるギリシア海軍発見した際に、攻撃を急がず機を見計らっていた。内通者であるテミストクレス情報通り、アテナイが離反しギリシア海軍が劣勢に立たされるのを待ったのである

 しかし、ペルシア軍の目に映ったのは異様な光景であった。ギリシア陣営の旗の上に、戦意鼓舞するための戦場ラッパの音色が鳴り響き、そしてギリシア艦船が淀みなく戦陣を整え始めたのである

 それでもペルシア軍は攻撃を保留し続けた。ペルシア軍は最後までテミストクレス情報に踊らされ続けた。


     ◇


 テミストクレスの号令一下、突撃を開始したギリシア艦隊の前に、ペルシア軍には動揺が走った。テミストクレスが離反するという事前の情報との乖離も影響した。密集体形で海峡の奥深くへと侵入していたペルシア艦隊は、有効な機動を取ることができず見る見る間に壊走を始める。更には、後方から押し寄せたペルシア艦隊の援軍までもが、ペルシア前衛艦隊撤退を妨げることとなった。

 ペルシア海軍は大混乱へと陥り、急速に戦闘能力を喪っていった。ギリシア海軍勝利が決定づけられたのである


     ◇


 主力艦隊の大部分を喪失したペルシア軍は、このサラミス海峡の戦いの敗戦を重く受け止め、海上部隊の撤退決断する。テミストクレスが当初画策していた、海上兵站を寸断する計略は成功し、ペロポネソス半島への侵略を行っていたペルシア陸軍も急速にその影響力を喪っていった。最終的に、ギリシア連合軍の反撃によってペルシア陸軍ギリシア世界から追い出され、十年を費やしたペルシア帝国の大遠征は失敗に終わり、ギリシア世界の完全勝利となったのである


 当然、この勝利立役者となったのは英雄テミストクレスであった。テミストクレスはまさしく英雄であり、一度は終わってしまった世界、喪われた故郷を彼は取り戻した。ペルシア戦争の勝利はひとえに彼の超人的な洞察力、長期的な戦略立案能力、謀略や陰謀を駆使し敵と味方をコントロールする政治力、それらの能力によって成し遂げられた勝利であった。

 とは言え、テミストクレスはあまりにも優秀すぎ、また、あまりにも自分能力を過信し過ぎていた。

 最終的に、テミストクレスギリシア世界にとっての危険人物である判断され、政治的指導者地位から失脚させられ、かつての仇敵であるペルシアへと亡命している(相変わらずペルシアと内通を行っていた)。その後、ペルシア軍によってギリシア攻撃責任者へと任命されるのだが、母国に弓引くことをよしとせず、毒を呷って自決したと言われている。

 テミストクレスは間違いなく英雄であり、凡庸人間とは違う視野を持って生きた人物であった。とは言え、狡兎死して走狗烹らるという言葉の例に漏れず、自国から危険視された英雄最期は、あまりにも物悲しい。

2022-06-23

祖父への恨み節と全ての生活保護を受けられなかった人への謝罪

「な~~んでお前はぁ~~、僕に似てぇ~~、そんなにハンサムなのに~~彼女いないのぉ~~?信じられないよぉ~~」

「いいかぁ~~い?お前もぉ~~、とりあえずぅ~~手当たり次第にぃ~~周りの女の子に~~告白すれば~~いいんだよぉ~~」

ぼくの母方の祖父がつい先日死んだ。

生前のことを思い出すと同時に、彼の行った所業について祖父に代わり孫として謝罪しようと思う。

彼は生前比喩でも誇張でもなく会う度に冒頭のセリフしか言わない男だった。

あなた遺伝子を残したくないからだ、と言ってはダメだろうか。

彼は中国出身戦時中国に疎開(という名の事実上口減らし)で来ていた祖母出会い、極貧にも拘らず祖母とだけでも30台を迎えるまでに3人もの子供を産むことになった。

(なお後述するが最終的には祖母との間に4人、再婚した妻との間に1人の合計5人である。)

母(つまり娘)からも「父さんは人よりも何十倍も性欲が強い上に避妊もろくにしなかった」「父さんも母さんも性教育どころか教育自体をロクに受けておらず子供同士で子供を作った」とこきおろされる始末である

そこで戦後祖母のつてを頼って来日しそこで理解ある方の支援を受けながら暮らしていたのだという。

祖父祖母はどうやら子供を産んでからは極めて不仲になったようで、母と2人の姉(ぼくから見た伯母さん2人)が成人してからはすぐ離婚すると決めていたそうな。

そんなことを言いつつ祖父が52歳、祖母が43歳の時にまた子供(四女)を作った上で離婚したのだという。

子供が成人してから離婚と決めていたくせに絶対に子作りだけはやめなかったんだな。子供子供を作っていたとは的を得批判だ。

彼は一人中国に帰ったが、四女の養育費最期まで1円も払わなかった。

四女(僕から見た伯母さん)は今もそれに対して強い恨みを抱えており、「アイツの顔は永遠に見たくない」と言っていた。

そしてそれから8年後。彼は20歳年下の妻と子供を作った上で来日した。

60歳にもなり体力も落ち、日本語もうまくない彼に仕事などあるはずがない。彼は最初から生活保護けが目当てで日本乞食に来たのだ。

(なお徹頭徹尾生活保護目当ての来日であったことは本人が自分で認めていた。本人は「えぇ~~?な~~にが悪いのぉ~~?いいって言ってくれてるんだからぁ~~、もらえるお金はぁ~~全部ぅ~~貰うんだよぉ~~」などとほざいていたが。)

何の計画性もなく性欲の赴くままに子供を何人も作り、四女の養育費を踏み倒し続ける事実上虐待をし

離婚しても何一つ学習することなくまた性欲の赴くままに60歳にして新たな妻との間に子供をもうけ、育てる金がないからと日本に金をせびりに来たわけだ。

それほどまでに性欲が強すぎて一生をかけて常に女性のことばかり考えていた祖父からすれば、ほとんど女性に興味を示さず趣味に生きるぼくの存在UMAの如く意味不明存在だったようで冒頭のセリフに至ったようだ。

爺さん、そこまでしつこくしつこくこちらに訊いてくるのならぼくからも聞かせてくれ。

あなたはなぜ貧困にも拘らず子供をそんなに大量に作った。

そんな貧困の中無計画子供を作り自業自得で更なる貧困に陥っておきながらなぜ八つ当たりとばかりに母や伯母さん達に暴力を振るった。

なぜ我が子なのに四女の養育費を1円も払わなかった。

養育費を払えない程に困窮しているのになぜまた新たに子供を作った。

なぜハーフですらない完全に純血の中国人なのに平気な顔で日本人の税金を食いつぶした。日本人は中国生活保護を受けられないのに。

そんな恥しかないような生き様でなぜ一人で生きたいと願うぼくの生き様をくどくどしくネチネチネチネチと褒めるふりして批判してきた。

けれど彼はもう死んだ。答えが返ってくることは永遠にない。

制度上は認められているのだろうし、受給させるか否かを決める権利自治体にあるのだろうからぼくが口をはさむ余地はない。

けれど、我が祖父ながら感情としては決して彼の生活保護受給は許せるものではない。

日本生活保護制度日本人の為のものだ、外国人を救うのは結構だがそれは困窮している自国民を救ってからだ。

不服なら母国に帰ってもらうなり他の国をあたってもらうなりすればいい。

おにぎりが食べたい」と言って亡くなった北九州市男性生活保護が受けられずに愛するお母様に手をかけざるを得なかった京都伏見介護殺人事件男性

そしてすべての生活保護を受けられず困窮している日本人の方々へ。

祖父あなた方にご迷惑をおかけしてまこと申し訳ありませんでした。祖父に代わって深々と謝罪いたします。

彼の遺伝子を残さないように一生一人で生きて、人よりも多く働いて税金を納めることだけがせめてもの贖罪だ。そうやって生きて行こう。

2022-06-16

オタク男性差別は、全て、カトリックホモペド神父による少子化プロパガンダ

 カトリック世界人口は最高。

 少子化すれば、移民は、ほぼ自動的に、カトリックだらけになる。

 カトリックの屑工作員と、カトリックの言いなりになる屑マスゴミ欧米ゴミ諜報機関は、全て、そのための使い捨て奴隷

 ほぼ全ての、卑劣男性差別オタク差別的な報道や、ネット上のステマは、九州東北カトリック工作員による仕業

 フェミホモイケメンプロパガンダも、全てはこいつらが作っている。

 それで、数えきれないほどの女が、大なり小なり、カルト去勢フェミ願望を持った、糞キモオタ腐女子キモいガールになり果てた。

 カトリック工作員が、完全に未来永劫赦されない罪を犯し、ほぼ全ての女が、少しずつそれに加担した。

 中国人口が増えまくってて怪しい。

 バチカンに都合が良くない限り、中国人口増加を、彼らが許すはずはない。

 しかし、現実において、欧米は、人口が増加し続ける中国を、抑制するどころか、全力で投資し、増長させ続けた。

 もし中国工作員が、フェミホモ男性オタク差別工作をやってたとするなら、中国共産党は、紛れもなく、カトリック教会傀儡で間違いない。

 直接的に操っているのはイギリスだろうが。

 過去に何度も書いたように、イギリスは、あらゆるカトリック工作員によって、傀儡とされている。

 イギリスプロテスタントの国、なんていうのはデタラメも良いところで、そもそもルターからして、カトリック出身工作員であり、トマスクロムウェルなんか、ローマ教皇庁で、枢機卿に仕えていたような輩であり、彼のどこをどう切り取っても、反カトリック思想動機も見出せず、完全にスパイだ。

 他の、殆ど全てのプロテスタント指導者も、始めからカトリック出身工作員である

 NHK出身者の作ったNHKをぶっ壊せ党も同じだが、組織失望して寝返る、のは良いとして、そいつがいきなり、運動の全てを司り、支配し出すのは、完全におかしい。

 その工作員の育成手法は、九州東北中共、全て共通している。

 まず、自国民生活破壊し、出稼ぎしないと食っていけないように追い込み、難民同然の移民にする。(311、九州台風中国の自滅的なコロナ対策を見よ)

 そして、移民した先で、案の定餓死寸前まで行ったところに、同郷組織のような連中がやってきて、取り込む。

 あるいは、教会の、慈善部隊福祉団体のような面を被った、工作員養成機関が、これを美味しく頂く。

 ある国に敵対する国や勢力に、この工作を教え込ませ、教会代理としてさせる。

 それが連中のやり口だ。

 これを許してるのは、安部麻生をはじめとした、九州カトリック売国権力者ども。

 中国工作員は知らないかもしれないが、九州は、隠れキリシタンの浸透地域

 これは日本史常識だが、中国工作員は、日本史なんて知らないだろうな。

 多分、「九州本土から遠くて、実は中国に身売りしたいから、隠れ反日なんだマンセーwww!!!」とか思って、安部麻生みたいな連中の言いなりになってるんだろう。

 カトリック過半数になり、直接支配された後のザマは、メキシコが一番わかりやすい。

 一部のカトリック権力者が、マフィアと組み、国民全てを奴隷として、殺し・犯し・搾取する。

 カトリック権力者も、イタリア貴族階級枢機卿たち以外は、しょっちゅう首がすげ変わる。

 文字通り、首がスパッと。

 中南米には、人権と、政治的特権階級はなく、全てはその時その時で、バチカンに、最も都合の良い奴が選ばれ、信者組織票により、民主的権力を得る。

 用なしになれば、どんなに尻尾を振ろうが、秒で殺される。

 おい工作員バチカンの犬の屑カトリック権力者、お前らがしてるのは、そういうことだぞ。

2022-06-05

anond:20220605134900

自衛隊は敵地への攻撃能力を持たないんだが、

自衛隊員によるレイプというのは、どのような状況で、誰に対して行われるのだろう。

戦地となるのは日本国内として、つまり自衛隊員が自国民に対して性的暴行を行うと?

ロシア兵によるウクライナ人への性的暴行虐殺周知の事実だが、

ウクライナ兵がウクライナ人レイプしたという話は、私が知る限りではないのだが。

anond:20220605111231

自国民の数が少なく、国・インフラ軍事を持てないロヒンギャみたいなことになるのが現実ですよね。

2022-06-02

日本報道機関は今のうちにロシア政府非道に対しての報道冷徹すぎるぐらい客観に徹する姿勢にしといたほうがいい

なぜかっていうと、あと何十年か後に日本が今のロシア同様の海外進出」を試みたときに、国内自国民向けの報道がまるっきり今のロシア自国民向け報道類似してしまわざるを得ない様子を外国報道機関がわざわざ今の日本ロシアに対しての報道姿勢を引っ張り出して対比して「でもお前らロシアん時はこれじゃんwwww」とか言って突っ込んできたら国際的立場がなくなり「進出」の正当性がくずれて「国益」を損ないかねないから。

2022-06-01

なんで中国あんな頑張ってロックダウンとかやってるんだろう

自国民の命を大切にする中共とか気持ち悪いよ

1000万人以上殺しても平気だったじゃないか

2022-05-29

anond:20220528111700

お前みたいなアホって極悪非道の国として絶対アメリカを挙げないよね

敵対国に対してはおろか、自国民梅毒打って感染実験したり、勝手に新型の麻薬投与したりするレベルからロシア中国と同レベルのクソ国家だぞ

特別視されてるかどうかは戦勝国かどうかってだけ

2022-05-20

anond:20220520224749

出た、日本大妄想症候群

日本ほど自国民他国民とで知名度とか国際的実力の認識ギャップが激しい国は他に例がないと思うよ。

中北感染者数なんて信じられんよなぁ

自国民さえ自国統計調査を信用してないのに…😔

2022-05-12

日本人戦争にびびらないのは

もう日本は滅んでるから

いつでも攻めて来いって感じ。

自国民搾取されてるし、殺されてるし

変わらない。

2022-04-30

ウクライナ問題保守陣営無責任さが苛つく

当初は一週間も持たないだろと言われてたウクライナ戦争は未だに終わる気配がない。

戦国時代でもそうたが、籠城戦の難しさや悲惨さがよくわかる。

この構図を打破するには

1. 兵糧攻めキエフへの一切の物資輸送を停止させて全員餓死するのを待つ

2. 水攻め、といってもそういう地形じゃなさそうだから川をせき止めるのはできないかもしれないが要は大量破壊兵器で一気に押し流すのだろうか

3. ゼレンスキー白旗をあげる、これ以上は本気で国がやばいとなるならこの決断もありだろう。

兵糧攻めをするにはNATO補給部隊人道支援の人々を攻撃することになるし、水攻めなんかしたらますます第三次世界大戦になる。ロシアウクライナとの戦局を決定する規模で果たしてやるかというと流石に疑問だ。プーチン暗殺してでも止めるんじゃないだろうか。そうしてほしい、やらないでほしい。

ではゼレンスキー白旗上げるのかというとこちらも大いに疑問だ。なぜなら補給を受けているからだ。続けるだけならいつまでも戦争可能だ。

保守陣営は当初、国生みだのナショナリズムの萌芽だのと他国都市破壊され人々が殺されたり犯されたりしているのを見ながら拍手喝采をし、最近でも国民が諦めないのはゼレンスキーが優れた政治家からだなどと言っててむかっ腹がたった。

橋下とかがゼレンスキーはとっとと白旗開けて戦後処理に入るべきだ、続けてもいいことはない、ということを言えば自国民ロシア蹂躙されるのを良しとするのかと向こう傷は男の勲章背中の傷は男の恥だと言わんばかりに停戦反対の立場を取っていた。

戦争を続けようがやめようがウクライナ破壊される。国民歴史ある美しきウクライナを守ると頑張っていたが哀しい話だ。

俺はゼレンスキーは命がけになるだろうがとっとと戦争終わらせてNATO巻き込みながら戦後交渉に望むべきだと思っていたし、そのほうがみんな負けるな頑張れというより遥かに英雄に見える。

優れた政治家ならそもそも戦争にしないでウクライナ国益を最大化する方に邁進してたんじゃないだろうか、戦争という選択果たして優れた政治家のやることなのだろうか。

戦争リスクがあるしクリミア半島奪われてるのにNATOに入るのか入らないのか玉虫色な態度を取り続ける政治家果たして優れているのか。

戦争を長期化することは?次々に都市が消え人命が失われている人々に頑張ろうなんてよく言えるな。我々日本人がかつて痛い目を見た構図そのままじゃないのか。

保守なら日本経験を踏まえて圧倒的な物量差がある相手との戦争いかやばいかをしっかり述べるべきだと思うんだよな。

敗戦して日本は彼らから見たら唾棄すべき最低な国に成り下がったんだろう?敗戦までやらせるのか?敗戦まで行けば全部戦勝国の言いなりだ。西側の介入はあるかもしらんけどせいぜいロシアウクライナという国を尊重してほしいと言うくらいなんじゃないだろうか。

私は保守というのはブレーキであり、改革アクセルだと思っている。

改革アクセル踏み込みすぎないようにチクッとブレーキをかけるのが保守だ。

ウクライナ戦争についても、保守アクセル踏みこませてて誰一人ブレーキ踏みにいかないという地獄のような構図にしてしまった。

しか最近ウクライナのこと話してる保守が見当たらない。アイツラどこ行ったんだろう?ウクライナはさておき国防を語るのにいいタイミングなのかな?

なんか腹たちすぎておかしくなったようだ。

anond:20220430020204

アメリカ占領軍日本軍体たらくに呆れたらしいが、特高憲兵自国民への捜査力だけには大変感心したそうなwww

2022-04-27

anond:20220427152251

ゼレンスキーとしては今戦争をやめるメリットがない

ウクライナは負けへんで~」って煽りまくって自国民死なせまくった上で、

何も得ることがないまま終戦したら間違いなくゼレンスキー責任問題になる

ウクライナロシアに打ち勝った」と言える条件が引き出せるまでは戦争をやめられない

2022-04-23

政府国民の事を真面目に考えているのだろうか

先日、狂犬病の検疫に特例措置が出た。

テレビ報道から間もなく決定されたことに驚く。しっかり議論されずに「いい事をしている」といった感情で決めてしまっていないか

問題ないと官僚は言うが、では今までの検疫の意味とは?と思う。

私も犬は大好きだし、大切なのはわかる。

しかし、「避難」をする以上、人命より大事な物はない。受け入れが完了した時点で最大の目的は達成している。

一般的には受け入れがたいが、動物はモノであるわけで(そう思いたくないけど、現実として)、人間が最優先だ。

リスクは限りなく低い、というが、そのリスクを「ご理解」「ご協力」という名のもので被るのが国民なわけで。

外面よくするために、外国人への決定は迅速だが、急激な円安原材料高、石油高騰にもかかわらず「検討」してばかり。

重大な損害をもたらす可能性のある検疫の特例措置は一瞬で決めたのに。

円安放置も、外国人を呼び込むための布石なんじゃないの?とか邪推してしまう。

それくらい自国民蔑ろにされているように思う。

社会人になってまだ数年だが将来が心配だ。

2022-04-15

ウクライナ侵攻でわかった核兵器戦争の本当の姿

https://mainichi.jp/premier/politics/articles/20220411/pol/00m/010/012000c

これ読んでてさ

> ロシアプーチン大統領は、核兵器を使う準備があると発言し、核戦争を自ら示唆した。核兵器保有は、いざとなったら核兵器を使うということだった。国際法無視自国民犠牲もいとわない国が核兵器を持つと、人類全体を脅威に陥れることが明白になった。

わかる

> 今回のことで、核抑止の考え方がいか危険かが示された。

ん?

核兵器の脅威を取り除くには核兵器廃絶しかない。

それはわかるがどうやって?

日本政府核抑止力は必要だと主張するが、いまやその破綻ははっきりした。

核をもってない(訂正→もっている)NATO諸国戦争起こしてないか破綻はしていないし

逆に核を手放したウクライナが襲われたから逆だと思うのだけど違う?

2022-04-14

北朝鮮がまだ北朝鮮である理由

気づいたけど、他国攻撃あんましてないんだよね

せいぜい拉致くらいで

自国民だけ苦しめてる国家なら他国あんま何もできないんだな

核ミサイルあるからたまに制裁されてるけど

核ミサイル無くても維持できるのでは?

2022-04-10

anond:20220410143330

たまたま自国に生まれちゃっただけの、どこの国も引き受けてくれないような出来損ないより

外国の優秀な人材ほしいっていうのはまあ、わかる。

後で自国民を支援すべきだったと気づく日が来ると思うけどその時はもう自分任期終わってるだろうし。

2022-04-03

北海道しか攻め落とされてないか侵略国は想定外で困ってる」

今のウクライナに対する「ロシア想定外に苦戦してる」っていう報道の類って

日本に置き換えたらそういうことだよね。

だーれも直接助けに来ず遠回しな援助投げてよこすだけで外野がそんなこと言ってたとして、お前ら納得できるのか?

首相他国を行脚して「助けてくれ」って言って回ってもそんな状況だぞ?

個人的には、世界の警察が居なくなるだけでここまで世界は薄情になるんだという現実を突きつけられた思いだよ。

どの国も、自国民犠牲にして他国を助ける気なんかないって事だ。

でも、たった一国が世界の警察をやっていたということの方が異常だったのかもな。

これから先、世界の警察に頼り切ってだらけていた世界各国は西も東も関係なく自分たち立ち位置を考え直していかなきゃならなくなる。

つくづく、凄い時代に生きているんだと実感させられる。

anond:20220403185459

ググれというか、元増田に具体的に話して欲しいんだよ

ロシアからすればNATOやそれに加盟しようとするウクライナグルジアは敵に思えてる

だがロシアからすればそれは自国民を守る正義存在するわけだ

その正義ってなんだよって話

元増田はその正義を具体的に示せてない

2022-03-29

anond:20220329204322

ウクライナは同じ民族から爆撃ドローン遠距離ミサイルバンバンやったら自国民から反感買うだろうと思って戦車部隊歩兵部隊送ったんだぞ。結局大失敗したから今はミサイルバンバンやってるけど。

2022-03-24

anond:20220324195101

自国政府過去自国民の行動に批判であることが「自虐」になるとは全く考えてないってことなんかね

日本在住のロシア人の中には西側報道を受け入れて「ロシア人であることを恥ずかしく思う」みたいなコメント出してる人が結構いるけど、そういう気持ちも全くわからない感じかね

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん