「結婚指輪」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 結婚指輪とは

2021-05-30

ピアスの個数で「ゲイ?」って聞かないくせに

指輪の有無や位置見て「ペアリング彼氏がいるんだね」「もしかして結婚指輪?」って聞くのはありだと思ってる人ってなんなんだろう

ピアス開けてるからゲイなんだね?」とか「チェックシャツ着てるけどアニメオタク?」とか思っても直接言うのは失礼に当たるの分かってるのに、何でそれはいいと思ってるの?

人の身につけているものプライベートな部分についてジャッジして、しかもそれを本人にぶつけるのってすごい失礼じゃないのかなあ

ファッションリングなんてバランスサイズが合う指かどうか(安い指輪はそんなにサイズ調整できないので)で付ける場所決めてるし、「結婚した人が左手薬指に結婚指輪をはめている」のであって、指輪してるから恋人配偶者がいるわけじゃないし

いちいち「違うよ〜!ファッションだよ」とか言うのも疲れたし、自分のために自分で買ったものに対してそうやって言われてすごく嫌な気持ちになるよ

2021-05-14

初霜「うぅっ…あぁ…提督気持ちいいです。」

 特にかに目撃されるという事も無く私達は無事提督の自室に着いた。

「汚い部屋だが勘弁してくれ。とりあえずベッドにでも腰掛けてて。」

 汚い部屋と形容したがそこまでの汚部屋という訳でもなくそれなりに整理はされている。提督は奥で軍服を脱いでいる。これからする事を考えると少し不安だが後はなるに任せるしかあるまい。

「…初霜。もうそちらは大丈夫かな?」

「準備」を終え私の隣に座った提督はそう尋ねてくる。

「…はい、準備万端ですよ。」

 その言葉を合図に提督は私を自室のベッドに押し倒した。鍵はかけてあるし、提督の自室なら執務室の様に急に誰かが入って来るという事も無いだろう。

 怖い

 だが、同時に提督と一つになりたいという願望が心に浮かぶ

 結局私はその願望に忠実になる事にした。


 提督の唇と私の唇が重なり合う。彼はフレンチキスで済ますつもりだったのだろうがそうはさせない。

 私は腕を回して提督の体を半ば強引に抱き寄せる。彼は一見優男な印象をうけるが腐っても軍人

ある。体はがっしりとしている。私の様な小娘一人抱きついたくらいでバランスを崩す事は無かったが、

彼は私の行動に驚いたのだろう。一瞬ひるんだ彼の口内に私はやや強引に舌をねじ込み蹂躙を開始する。

ここまで戦況は提督の有利だったがここらで多少反撃してもいいだろう。


 一瞬ひるんだ提督もすぐに我に帰り迎撃を開始する。

 舌を激しく絡ませながら提督は器用に私の服のボタンを外し、ブラをずらして小ぶりな乳房をあらわにする。そのまま提督は唇を離し左指で左の乳首を、舌先で右の乳首愛撫を始めた。

 先程まで海上で訓練していたし、あまり良い香りはしていないだろうな…と思うがそれは仕方が無い。それに火薬匂いなどは既に体に染み付いていて今更洗って落ちる物でもない。

 少なくとも重油火薬と潮の混ざり合った香り世間一般で言う少女香りと間逆の物である事は確かだろう。でも存外提督特に嫌な顔はしていないのでこれはこれで興奮してくれている

のかもしれない。


 そんなくだらない事を考えているうちにも提督愛撫は激しくなってくる。

「んっ、うん、あっ…」

 自分でするのとは全く違う感覚に私の嬌声は自然大きくなる。

 提督は攻め手を休めず残った右手の指を私の秘部に進出させる。ショーツの中に手を入れ触られてビクンと体が跳ねた。他人に触られるのは当然初めての事であるので反応も大きくなる。

初霜、弄るぞ。」

はい提督…初めてなので優しく…」

了解。」


 提督はそう言われた通りゆっくりと私の秘部を触る。割れ目に沿って指を転がし、弄り、確実に私に快楽を与えてくる。秘部からは早くも愛液が染み出し卑猥にクチュクチュと音を立てていた。

「うっ、ああっ、提督…」

「濡れてきてるな。中に挿れても大丈夫かな…?」

 そう言って提督中指を立てて秘部への挿入を始める。

「待って、心の準備が…」

 私も年頃の少女なので何度か自分でした事はあるが、怖くて膣内にまで指を挿れた事は無かった。


「…肩の力を抜いて、怖かったら目をつぶっておくと良い。」

「はっ、はい…っ、あぁっ、うぅん…」

 提督の指が私の膣内に侵入して来た。初めての異物感に戸惑うが、やがてそれは快楽と興奮へと変化していく。

「ああっ…はぁ…提督気持ち良いです。」

「それは良かった。痛かったらどうしようかと思ったよ。」


 しばらく提督愛撫を受けて快楽と興奮を高ぶらせていた私だが、そろそろ体が火照ってきてしまった。それに提督の単装砲も興奮して巨大化しており発砲許可を今か今かと待っている様にも見える。

「…提督そろそろお願いします。」

「ああ。その前に初霜も服脱ごうか。多分汚れるだろうし。」

 提督に言われて私も服を脱ぐ。


「あ、あの、あんまりジロジロ見られると恥ずかしいです。」

「ああ、すまん。初霜が綺麗でつい、な。」

 そう言って提督は目を逸らす。今更裸を見られて恥ずかしいも何も無いが服を脱いでる所をねっとり視姦されるのはあまり気分の良い物ではない。

 服を脱ぎ終え戦闘を再開する。戦況はこちらの不利だが、まぁこちらは「初陣」だし仕方が無い。

初霜…もう我慢出来そうに無い。中に入れるぞ。」

はい。」


 そう言って提督は私を押し倒した格好のままで秘部に巨大化した「単装砲」を押し当ててきた。お互いから分泌された粘液同士が絡み合ってヌチャヌチャと音を立てる。

これが私の中に入る事を考えるとなんとも複雑な気分になった。

 しばらく粘液同士を絡ませていた提督だったが意を決したのか、ついに肉棒を膣内に挿入してきた。そして提督は挿入させた勢いのまま私の処女膜を貫く。

「ぐっ…くぅっ…痛っ…」

「…すまん、もっと優しくするべきだった。」

「…大丈夫、こんなの戦場での負傷に比べたら…っうん…」

 私の秘部からは先程から赤い血が愛液と交じり合って垂れている。初めての時は気持ちよくなれないとは聞いて覚悟はしていたが、なかなかきつい物がある。

からといって提督に余計な気遣いをして欲しくは無い。


「あっ…くっ…提督…私は大丈夫から提督の好きに動いて。」

「だが…」

「いいから…すぐに慣れると思います…だから…」

「…初霜。」

 そう言うと提督は私を強く抱きしめてキスをしてくれた。

「無理をするなって言ったろう?」

「…提督心配しないでください。私はこうして提督と一緒になれて嬉しいんです。だからこれくらい大丈夫です。続けてください…お願いします…」

「…分かった。俺も出来るだけ痛くないようにする。」

「お願いします。」

 そう言って提督行為を再開した。肉体同士がぶつかる音が室内に響く。


 初めは痛いだけだったがやがて慣れてきたのかその痛みも多少和らいできた。その代わりに提督のモノが私の中を動くたびに膣内で痛みより快楽が占める比率が大きくなってくる。

「うぅっ…あぁ…提督気持ちいいです。」

「俺もだ…」

「良かった…提督も私で気持ちよくなってるんですね…っうん!」

「…正直言うと、もうこっちも余裕が無くなってきた。」

 ピストン運動を続けながら提督が呟く。正直こちらも限界が近づいている。

「私も…イキそう…提督今日安全日なんです。だから…中にっ!」

初霜っ…もう限界だ…」

はい提督、いつでも…どうぞ。」

「うっ…くうっ…」

 提督はそのまま私の中に精液を発射した。熱いドロリとした精液が私の子宮に注がれていくのが分かる。


「イクっ…イっちゃう…」

 殆ど同じタイミングで私も達してしまった。はぁはぁという二人の荒い呼吸が室内に響いた。

「…もし直撃したら責任は取らせてもらう。」

 抱き合いながら提督が呟く。

「…はい…その心構え、立派だと思います。」

「男としてそれくらいは…な。」 

 上官が部下を孕ませたとあれば色々と問題になるだろうがその時はその時と開き直る事にした。



初霜に渡したい物がある。」

 事後、しばらくベッドの中で私は提督と抱き合っていたが、提督はそう言ってベットを離れ机の中からつのさな箱を取り出し私に手渡してきた。

「なんですかこれ?」

「開けてくれれば分かる。」

 恐る恐る箱を開けると中には指輪が入っていた。埋め込んである宝石トパーズだろうか?

「ええっと、これは…いくら何でも気が早すぎませんか…?」

「…そう言われても仕方が無いだろうな。だがそれは結婚指輪じゃないんだ。」

「と、言いますと?」

 提督が語ってくれた話をまとめるとこういう事だった。

 何でも少し前に軍で、ある程度錬度が高い艦娘対象にした強化計画が発動されたらしい。艦娘能力にはある程度リミッターが掛けられているが

それを一定値解除してより艦娘を強化する事がその計画だ。だが安全の為に掛けられたリミッターを外したのでは艦娘にも負担が掛かるし、なにより本末転倒である

そこで艦娘に無理の無い範囲安全にリミッターを解除するのがこの指輪効果らしい。提督艦娘指輪を渡す様を結婚に例えて「ケッコンカッコカリ」などと呼ばれているそうだ。


「そういう事だからこの機会にと俺は君への告白に至ったわけだ。」

「何故今に告白なのかと思ったらそういう事があったんですか…」

「君への思いは本気だぞ。」

「それくらい提督を見てれば分かりますよ。馬鹿にしないで下さい、私はこう見えても提督より年上なんですよ。」

 私の生まれは1933年。今年で81歳である艦娘の歳の数え方がそれで良いのかどうかは知らないが。

「それはそうと是非とも指輪を受け取ってくれないか?」

「もちろんです、ありがとうございます。ところでこの宝石も元々ついていたものですか?」

 受け取った指輪を色々な角度から見ながら私は尋ねる。

「いや、それは俺の注文だ。金に関しては心配するな。それくらいの蓄えはあるし軍隊生活じゃ特に使う機会も無いしな。」


「でも加工しても指輪効果って大丈夫なんですか?」

「その指輪を作った技術部の連中に頼んでしてもらった物だから安心してくれ…艦娘誕生日って起工日と進水日と就役日のどれにあたるか分からなかったか初霜の進水日の11月の誕生石であるトパーズを選ばせてもらった。問題無かったかな?」

 私の進水日は11月4日である。正直人間で言う誕生日がその三つの日のどれにあたるかは私も分からない。

「…それに関しては問題ありません。それにしてもトパーズですか…」

 トパーズ石言葉は誠実、友情、そして「潔白」。汚された私の名誉の事を思うと偶然と言えばそれまでだろうが悪くない意味を持つ石だ。

トパーズは嫌いだったか?」

「…いえ、大好きです。」

「それは良かった。早速つけてみてくれないか?」


 言われた通り指輪左手の薬指につける。大きさはぴったりである。そして同時に力が湧いてくるような気がした。

「どうですか?」

「うん、似合ってる。初霜可愛いな。」

 面と向かってそんな事を言われると照れてしまう。

 私はお返しとばかりに提督口付けした。



(終わり)

2021-05-04

母をコロナで亡くした

去年の年末に、大阪市内暮らしていた母が突然倒れた。原因はコロナだった。

母が倒れてから亡くなるまでの経過を、当時つけていた自分日記から転載していく。

日記の部分は長いので、時間のない方は最後の所感だけでも目を通してほしい。)


============


2020/12/17(木)

夕方17時頃、仕事中だった。叔母から私の携帯に連絡があり、実家で母が倒れたということを知らされる。

この時点で、電話からは「母はコロナ感染していて、心肺停止状態だ。救急搬送されて今は病院にいる。」という情報が耳に入ってきた。

いきなりだったので何のことか理解が追いつかずにうろたえていると、とりあえず搬送先の病院に連絡してほしいと言われる。

母がコロナ感染しているということもショックだったが、心肺停止ってどういうことだ?感染が判明して、いきなり重症化したってこと?

とりあえず病院電話をかけると、担当医師から、母の現在状態説明するのですぐに病院まで来てほしいと言われる。

慌てて職場を飛び出して病院にかけつけた。母はコロナ感染の疑いがあるということで、面会は禁止されていた。

遅れて病院にかけつけてきた姉と共に、ICUの前で医師から説明を受ける。

今日のお昼前に、実家で母が突然倒れた。側にいた父が気づいて、すぐに救急要請し、救急隊員がかけつけてくれた。

その時点ですでに心肺停止状態だったので、病院まで搬送される間に心臓マッサージ等の蘇生処置が取られた。

すると、止まっていた心臓が動き出した。その状態病院ICUに運び込まれた。

精密検査をしてみると、膝に血栓ができていることがわかり、それが肺に飛んで、肺がつまって呼吸ができなくなり、それに伴い心臓も停止したらしい。

現在意識はなく、心臓を動かす薬を最大限に投入して、さら心臓を動かす装置を取り付けて、無理やり動かしている状態だという。

蘇生処置の時に折れた肋骨が肺に突き刺さっていて、身体に大きなダメージが出ている。

心肺停止中に脳に酸素が届いていない時間が長かった為、脳にも大きなダメージが出ている可能性が高い。

今夜間か翌日中には、また心停止する可能性が高く、そうなったときにはおそらくもう助からないとはっきり言われた。

コロナ検査も行われていて、2種類ある検査の内の1つ目では陽性と判定が出ている。もう1つの検査で陽性と出れば確定らしいのだが、それは明日に結果が出るとのこと。

そしてここで、医師から重要決断を迫られることになる。

次に心停止した場合には、心臓マッサージ等の蘇生処置を取るかどうか確認されたのだ。

姉と二人でしばらく悩んだが、心停止した場合には、もう蘇生処置は取らずに自然に任せてくださいと回答した。しんどい

コロナ陽性の疑いがあるので母とは面会することはできないのだが、看護師さんのご厚意でリモートで面会させてもらえることになった。

姉のスマホと私のスマホラインビデオ通話でつなげておき、その状態看護師さんが防護服を着て、母の病室に姉のスマホを持ち込んでもらい、私のスマホから母の様子を見せてもらったり、話しかけたりさせてもらえた。

母の意識はないし、当然反応もないのだが、様子は大体わかった。口に管をつながれてつらそうな感じだった。気の毒で涙が出そうになる。

その後は、ICUの前で待機することもできないので、一旦帰宅することにする。

看護師さんから、次に病院から連絡をもらうタイミングをいつにするか確認された。母が心停止した時に連絡してもらうことにする。しんどい

しんどい決断ばかり次々と求められる。

帰り道のタクシーの中で姉と少し話をしたのだが、どうもよくわからない。

同居していた父から少し話を聞いた感じでは、母は一週間くらい前から喉が痛かったり咳が出たりして、具合が悪そうだったらしい。

母は今年で73歳。基礎疾患などはなく、最近まで健康のものだった。

コロナ感染すると、風邪に似た症状が続いて、その後いきなり重症化するというのは知識としてあったが、膝の血栓が肺に飛ぶとはどういうことなのだろう。コロナと何の関係があるのだろうか。血栓ができやすくなるというのは聞いたことがあるような気がするが、それのことなのだろうか。

コロナ 血栓」でネット検索して色々調べると、やはり血栓ができる可能性が高くなることが最近わかってきつつあるというニュース記事トップにあがっていた。


2020/12/18(金)

から仕事に行く。急ぎの仕事を手っ取り早く片付けておく。

日中いつでも病院からの呼び出しに応じれるように身構えていたが、結局連絡はなかった。

一日ハラハラして気がかりで落ち着かない。

気を抜くと涙が出てくるので、気持ちを抑え込むのに精一杯だった。

まり頭が回っていないので、頭を使わない単純作業を中心にこなしていた。

昼過ぎに姉から連絡があって、母のコロナの残りの検査の結果がわかった。母はコロナ陽性で確定らしい。

同時に、同居していた父が濃厚接触者になってしまうとのことで、思わず頭を抱えてしまった。

母だけではなく、父まで感染したとなっては目も当てられない。


2020/12/19(土)

保健所から実家に連絡があって、父のPCR検査の日程が決まったらしい。次の月曜日だ。

もし陽性だったらどうしようと思いながらも、その可能性は高そうだと覚悟を決める。

とりあえず、保健所から要請で、当面は父は自宅から外出することは禁止されているので、その間の食料品などの物資供給を、私がサポートすることになった。実家とは電車で15分ほど離れた場所に住んでいる私が、姉と比べると比較的近所だということで、私の担当になった。

午前中に父から必要ものの注文をメールで聞いて、午後から実家近くのスーパーに行って買い物した。それを実家玄関先に置いておく。父と顔を合わせることは絶対にしてはいけないので、ピンポンダッシュした。


2020/12/20(日)

今日も父から注文が入ったので、救援物資を届けに行く。昨日は食料がメインだったが、今日日用品が多かった。

父のPCR検査だが、タクシーで来るように指示されているらしく、お金を払う時に手間取らないように千円札10枚を封筒にいれて、それも救援物資と一緒に届けておいた。

帰宅後、姉とラインで、母の感染経路が本当にわからないという話をした。

からの話では、最近の母は普段から買い物や銀行くらいしか行っていなかったそうなのだが、どこで感染したのかが本当にわからない。

不織布ではなく、自作した布マスクをしていたから、それで防御力が弱かったのだろうかとか、そのくらいしか要因が思いつかない。


2020/12/21(月)

から普通に仕事に行く。

昼過ぎに、姉から連絡あり。病院から電話があって、母が元気になってきているらしい。

一時は危なかったが、今は心臓ちゃんと動いてきた。血圧も元に戻ってきたとのこと。

父のPCR検査も無事に終わったらしい。

検査は市内の大学に併設の病院でやっていたのだが、大学建物の中ではなく、小さなテントの中でやっていたらしい。

テントの中には小さなヒーターが置いてあって、他にも何人か来ていたが、間隔を開けて並んでいたそうだ。もちろんお互い会話はなし。

検査は一瞬で、「上を向いてください、チクっとしますよ」って言われて、鼻から管みたいなものを入れられてすぐ終わったらしい。

検査費用はかからなかった。保健所からの指示で受ける分には無料らしい。


2020/12/22(火)

昼頃に父からメールが入り、検査の結果は陰性だとわかった。

ひとまずほっとした。

これから2週間の間はまだ外出禁止で、保健所から2日に一回連絡があって、健康状態を聞かれることになるらしい。

どうして一緒に暮らしていても、感染しないのかが不思議だった。

そのことをラインで姉と話し合ったが、よくわからないという結論で終わってしまった。

最近コロナ変異して感染力が上がっている?母はそれで感染したのか?

でも、父には移っていないのが謎。かかりにくい人とそうでない人がいる?


2020/12/23(水)

から電話で連絡があった。

保健所から勧告書」が届いたとのこと。

どうも母に対する勧告書のようで、コロナから回復した際には、他人接触する仕事をしたら罰則があるとかそういうことが書かれているらしい。

母が回復することはあるのだろうか。なんとか意識が戻るところまでいってくれないだろうか、そんなことばかり考えてしまう。


2020/12/24(木)

母が倒れて今日でちょうど一週間。病院からの連絡は特に何もない。

どうなっているのかが気になる。


2020/12/25(金)

今日仕事納めだが、明日から休みになるという開放感がまるでない。

頭の中は母のことでいっぱいだ。


2020/12/26(土)

父に救援物資を届けに行った。

母が倒れてから実家に帰る頻度が上がっているが、家の中には絶対に入れないので、あまり帰宅した感触がない。


2020/12/28(月)

家でぼんやりしていると、夕方16時頃に、母の担当医師から連絡があった。

母の症状は横ばいで、もう睡眠薬は与えていないが、ゆさぶったりしても反応はなく、意識が戻らない状態であるということ。

そして、12/24(木)に2度目のPCR検査を行ったが、結果は陰性に変わっていたとのこと。

意識を失っている間にコロナから回復したのだ。

1/4(月)から一般病棟に移ることになるので、そのタイミングで面会できる機会を設けると言われた。

一般病棟であっても原則面会は禁止なのだが、今回だけ特別に認めると言われた。

そこからは、今後の治療方針の話になった。

もし今後、血圧が下がっていったり、酸素の取り込み状態が悪くなるなどした時に、心臓マッサージ血圧を上げる薬の投与をするかということを尋ねられた。

どちらも体に負担をかける行為になってしまうが、どうしますかと訊かれた。

「今後、母の意識が戻ることはあるんですか?」

心停止していた時間が長く、脳に酸素が届いていない時間が長かった為に、再起不能なまでにダメージがきているので、回復は難しい」

とはっきり言われた。

じゃぁ、と思った。

今の母は、死ぬのを待っているだけの状態ということなのか。

徐々に死に向かっていくのを、ただ見送ることしか私達にはできないのか。

そのことを踏まえたうえでの選択だ。

姉と電話小一時間相談した結果、母の容態が悪化した際には積極的回復処置は取らずに、自然に任せる方針でいくことにする。

肉親の生死に関わる方針を、こんなに短時間決断していかないといけない残酷さに打ちのめされた。しんどい


2020/12/29(火)

今日病院から姉に連絡があったらしい。

母の症状は横ばいとはいえ、高熱が出ていたり、少しずつ呼吸が弱くなっていったりと、厳しい状態であるらしい。

それを聞いて、またしんどくなってくる。

実家へ、四度目の救援物資配達に行った。今日は姉にもついてきてもらった。

保健所によると、明日で父の外出禁止は解除になるらしい。なので、配達するのも今日最後になるだろうとのこと。

墓参りのことを父が気にしていたので、それもあわせて行ってきた。

姉はお金を触ったり、玄関ベルに触ったりするたびに、逐一手をアルコール消毒していて、結構神経過敏になっているみたい。

でも、大阪市内に入ったら、そこまでしないと今は危ないのかもしれない。


2020/12/31(木)

父によると、母の友人から、自宅に電話がかかってきたりしているらしい。

携帯がつながらず、音信不通になっているので、母のことを心配しているのだろう。

ちょっと家の用事で忙しくしているということにして、父が適当ごまかしているようだ。


2021/1/1(金)

元旦だが、一日家でじっとしている。

何もする気になれない。


2021/1/3(日)

姉とラインで少し話しをした。

父の生活をこれからどうサポートしていくか?

いままで母がやってあげていたことが全部抜け落ちてしまうので、それをどう拾い上げていくか?

ごはん生協のお弁当配達を使うとか、家事も最低限やりやすいような形を模索していくとか、色々とそんなことを相談した。


2021/1/4(月)

今日仕事初めだったが、なかなか集中して仕事に取り組めなかった。休憩多めでなんとか乗り切った。

今日から母が一般病棟に移る。でも、コロナの影響で、一般病棟であっても面会は全面禁止らしい。

でも、この間医師から連絡があったように、条件付き(一度に二人までの入室、事前に検温すること)で一度だけ面会が許可されるとのこと。

今日は、父と姉が二人で面会に行くことになった。

面会に行った時の様子を姉からラインで聞いた。

人工呼吸器が繋がれているので、口の周りは痛々しいけど、それ以外はそんなに変化はなかったらしい。

しかけたり、手をさすったりしたけど、反応はない。手はすごくむくんでいて、結婚指輪が入らないので外されていたらしい。

母が救急搬送を受けた時に身に着けていた衣服が返却されてきたけど、ビニール袋でぐるぐる巻にされていたらしい。ウィルスはもう消えていると思われるけど、空ける場合洗濯して欲しいと看護師さんから言われたとのこと。なんか怖いからそのままゴミの日に出すことにしたらしい。

私は、明日一人で面会に行くことになる。


2021/1/5(火)

仕事を途中で抜けて、お昼すぎに母の病院へ面会に行った。

ところが事前の検温で37.4度が出てしまい、病室には入れてもらえなかった。また後日来てくださいとのこと。

もよりの駅から病院まで20分くらい歩いたので、体が温まっていたのかもしれない。

また金曜日あたりに行こうと思う。

次は駅から病院までタクシーで行って、コートは脱いで、事前に一階で体温を何度か測って安全なのを確認してから挑むことにする。


2021/1/6(水)

病院からの連絡がないので、母の様子に変わりはないのだろう。

毎日しんどいのが少し薄れてきたような気がする。

もう母が倒れてから三週間近く経つからだろうか。この異常な状態にも、体が徐々に慣れてきているのかもしれない。


2021/1/7(木)

東京で2500人くらい感染者が出ているらしい。

首都圏緊急事態宣言が出たが、大阪ももうすぐ出ることになるようだ。


2021/1/8(金)

母の面会に行ってきた。

仕事を抜けて、最寄り駅まで電車で移動し、そこからタクシー病院まで行った。

1階ロビー腰掛けて、自分で持ってきた体温計で検温してみたら36.5度だったので、今日大丈夫であることを確認して7階へ。

「お待ちしてました。お熱どうですか?」と看護師さんから言われ、「さっき測ったら36.5度でした」と応えると「じゃぁ、入ってください」と言われる。

母は口に管を入れられていて、そこだけ痛々しかったが、鼻から上は顔色もよく、穏やかな表情だった。

10年ほど前に咽頭がんで亡くなった義父が、亡くなる直前、意識を失った状態でとても苦しそうな表情をしていたのを覚えていたので、そのイメージで予想していたのだが、ぜんぜん違った。まるで眠っているみたいに見えた。

姉が言っていたように、手はむくんでぱんぱんだった。手と二の腕を握りながら何度も話しかけてみたが、反応はない。

いまにも目を開けて起き上がってきてもよさそうな感じがするのに、そうはならなかった。

時々、母がつながっている機器からピコピコーン!」というアラート音が鳴るので、それが母にとってうるさくないのかなと気になった。

面会する時には、看護師立ち会いで、時間は5分だけだと事前に聞いていたのだが、看護師さんはすぐ病室からいなくなって、その後も一切呼びにこなかったので、結局一時間くらい母の側にいた。

時間くらいたって、「ちょっとお体拭きますねー」と言いながら看護師さんが病室に入ってきたので、そのタイミングで帰ることにした。

職場の私の席の2つ後ろの島(5メートルくらい離れている)に座っている人が、コロナ感染の疑いがあって、今PCR検査を受けていて、結果が出るのが明後日らしい。

その島の人たちは全員帰宅していた。多分、当面はリモートになるのだろうか。

もし検査が陽性ならば、保健所が消毒しに来るし、その間はオフィス立ち入り禁止になるのだろうか。


2021/1/11(月)

今日母親状態に変化はなし。

私の方は相変わらず時々、しゃくりあげるような呼吸と涙が出てくる。不意に母親のことが頭をよぎって、それに引きずられるようにして乱暴に心が揺さぶられるような感じだ。


2021/1/12(火)

連休明けて今日仕事

仕事してると不意にしんどくなってくる。どこまで行ってもしんどいタイプのしんどさ、絶望感。

大阪明日から緊急事態宣言が出るらしい。


2021/1/13(水)

明後日から毎週金曜日リモートワークをすることになった。

出勤率を下げるような圧力職場全体的にかかっているようだ。


2021/1/14(木)

今日で母が倒れてからちょうど4週間。

もうどうしたらいいのかわからない。どうしようもないのだけど。


2021/1/15(金)

今日は初めてリモートワークをした。

出社してる時と特に変わりなく、集中力途切れずに仕事できたと思う。

今は週イチだが、これならフルリモートでもやっていけそうな気がする。

できるだけ出社時と同じ環境に自室を揃えることがコツだと思った。

仕事終わりの疲労感は、出社時とあまり変わらない。けど、通勤時間の2時間有効活用できるのがいい。


2021/1/17(日)

一日家でぼんやりしているだけだった。何もする気がしない。


2021/1/18(月)

仕事に行っていたが、夕方病院から私の携帯電話があって、母の酸素の取り込み量が低下していて、今夜にも亡くなるかもしれないと告げられる。

慌てて姉と父に連絡し、病院へ向かう。

病室に入る前の事前の検温で、また37度が出た。いい加減にして欲しいこの体温計。体温計をリセットして、「熱はなかったです」って嘘の申告をして突破する。

二人づつしか面会できないとのことなので、はじめに父と二人で病室に入る。

母は苦しそうな感じもなく、穏やかな感じだった。今日髪型に乱れもなく、きれいに見えた。

酸素取り込み量の数値が90を切るとまずくて、一時は70くらいまで低下していたが、持ち直して80くらいまで戻してきていると看護師さんから説明される。

母の意識はないが、それでも苦しかったりの感覚はあるのだろうか。

一旦、全員帰宅することにした。また容態が急変するようなことがあれば、連絡が貰えることになっている。


2021/1/19(火)

病院からの連絡はなかった。

またすぐに連絡が来る可能性が高いので、それを待っているようで心身が疲弊していく。


2021/1/20(水)

今日病院からの連絡はない。

ずっと非日常が続いているようで、そういう緊張状態いつまでも心身が慣れていかずに悲鳴を上げている。


続き

https://anond.hatelabo.jp/20210504175800

2021-03-24

anond:20210324111656

後輩がマイルールから逸脱してるのが微妙に許せないタイプ人間だな。

勝手な推測だけど、内心思うだけなら別に増田に書かなくてもいいわけじゃん。なんならこんなの飲み会雑談ちょっと愚痴って終わりじゃん。でも敢えてその感情増田に書くってことは、やっぱりなんか思うところがあるんだろう。

服装規定も割と自由みたいだから、男でも指輪をすること自体職務上は違反ではないわけだ。だがたしかに「普通は」男は職場結婚指輪以外の指輪はしない。自分服装規定がゆるい職場いるから分かるが、結婚してないけどアクセサリーとして職場指輪をつける女性は珍しくも何ともないし社会的に認められているが、男はそうじゃないだろう。少なくとも増田はそう感じてる。

これがもし上司先輩だったらたぶんこんなモヤモヤしないと思うよ。こんな小さなオレオレルール上司喧嘩してまで適用させるもんでもないしな。最後の「これで文句はない」ってくだりからしてマイルールに逸脱しなくなったのを安堵してるし、「メンタル弱いし成長しない」ってくだりから後輩を下に見てるのが窺える。

でもまあ分かるよ。そんな彼女アピールうつつを抜かす前に仕事ちゃんと覚えろって本当は本人に言いたいけど別に服装規定に大きく違反してるわけじゃないしこんな小さな事でことを荒立てたくもないじゃん。

逆に自分オフィス帽子かぶってる奴に違和感を感じるけどね。子供の頃から室内で帽子を被り続けるのはマナー違反だと教えられてきたから、職場でも常時着帽してるのを見るとモヤモヤしてしまう。ハゲを隠しているのかもしれないけど、十中八九ファッションだろ。でも本当にハゲなのに「着帽はマナー違反から外してください」って面と向かって言ったら大問題じゃん?服装規定には問題ないし、ただ気に入らないってだけだし。

まあ人には大なり小なり「人はこうでなきゃいけない」っていうマイルールがそれぞれあって、増田はそれが指輪で、自分はそれが帽子だったってことだろう。

右手の薬指にペアリングをしてくる新卒(男)は内心どうかと思っている

自分20代未婚男性

新卒の後輩の男が右手薬指にペアリングをしている。

正直言って内心では

つけて来るなよ..こういうやつは仕事できないんじゃ無いか

と思っている。言わないけど。

今の職場は割と服装自由私服勤務。

アクセサリーをつけてもルール上は問題はない。

女性だってピアスネックレス指輪もする。結婚指輪もする。

だけど男のペアリングはなんか違わない?

そこまでして彼女への愛を表現したいのかな?

客観性に乏しい人なのでは?ゆとり?(俺もゆとりだけど..

と思ってしまう。男女区別するつもりもないし、ただの自分偏見である。だがモヤモヤする。

案の定というか、たまたまかもしれないけど、その後輩はメンタルも弱いし、仕事イマイチ成長しない。

そんな彼は先日、自分より先に結婚することになった。これで文句はない。

===追記 2021/03/24 ===

予想外にたくさん反応されてびっくりしました。たくさんご意見いただいて参考になります。全部読みました。

> なんでペアだって分かるんだ

かに男が右手薬指にだけ指輪をつけてたら「ペアリング」だと決めつけていたけど、そうじゃない可能性もありますね。

他にアクセサリーつけるタイプでもない後輩だったので主観勝手にそう思い込んでました。

ペアリングは女の方が男に絶対外すなって言ってくる場合もある

そのパターンもありますよね。

恋人の言いつけ>職場での他人からの印象 な人のイメージもあるので余計に偏見が.. よくないよくない

>魔除けじゃ?

しかに魔除けが必要な人もいますよね。モテる人も大変だ。

> 僻み/妬み だろ

正直に言って全く妬ましくはないんです。

弁明ではなくこの駄文"モヤモヤ"の正体をなるべく正確に伝えたいなぁと。


> そんな事言ってる/気にしている元増田のほうが仕事できなさそう、老害

感想ありがとうございます

しか偏見は良くないですね。外見で人を判断するのも良くない。より一層気をつけます。

男女差別偏見

はい。こんな偏見現実に口に出したり、その考えに基づいて行動を変えたりするのは良くないですよね。匿名大勢の目に着く場所での発言は気をつけます。

気分を害された方々、ごめんなさい。


Bluetooth

違います!そのペアリングじゃないって!

ベアリング

違う違う!よく見て!ペアリング

文句ないんかい

はい結婚指輪してても全然気にならなくなりました!よかったよかった


=== 色々な意見を拝見して分かったこと ===

男性職場アクセサリーをする事は職場ルール許容範囲であるなら構わない。

アクセサリーをする男性にも女性にも抵抗感はない。自分普段アクセサリーつけるし、サングラスもかけるし帽子も被る。

ペアリング = 学生カップルが愛の表明/アピールのためにつける浮かれアイテム

という偏見があった事に気づいた。


>そんな彼女アピールうつつを抜かす前に仕事ちゃんと覚えろ

自分はこう思っていたのだ。と気づいた。

2021-03-15

anond:20210314191337

中身読んでないけどタイトル同意

狭いコミュニティ内で自分にその気のない相手から好意をもらうのも面倒だし、逆に自分が誰かにそういう余計な面倒を与えるのも申し訳ないし。

誰かと両想いになれて上がりになる結婚最高。そこで子供ができるとまたいろいろ大変ではあるんだけど、無趣味なので子供ができたことも本当によかった。親にならなければ何のために生きているのかわからない状態になっていただろう。

結婚指輪って最近は買わない人もいるみたいよね。時計を贈り合うとか。

でも俺にとって結婚指輪は最高のアイテム

「俺は既婚者だからそういう目で見んなよ!」っていう証になるじゃん。

君に優しくするのに別に下心はないのよだって既婚者だから、っていうのを示せるし、逆に優しくされても変な期待も持たないし。

人間関係が素晴らしく円滑になる。

2021-03-14

恋愛ゲームから降りられて本当に良かった

自分は数年前に結婚できた(元?)非モテ男性なんだけど、結婚したこと恋愛ゲームから降りられて本当に良かった、というのが、noteの某記事を読んでの感想

女性ダッチワイフであるかのように眼差すホモソーシャル的な男の子ノリには小学生の頃からまったくついていけず、そうかといって、いわゆる女心の機敏みたいなものにも疎くて当然モテるわけもなく、周囲からちょっと爪弾きにされたような感じで人生の大半を過ごしてきた。

でも、そういう立ち位置にあったって、自身の内側からは多少の性欲や孤独感が湧き出してくるわけで、そうした衝動かられて異性と良い仲になりたいと思ったりもしていた。イケイケの男女の交際恋愛理想的祭り上げる世の中の雰囲気価値観もそうした衝動に一役買っていて、自分モテないという事実必要以上に焦っていたと思う。

性別考慮するより前に相手人格尊重したいと思うのだけれど、そうした内外の圧力によって形作られた衝動ときどき理性を裏切り、あわよくばもっと仲良くなれないだろうかという感じで、男性相手であるときにはしないような内面への踏み込みの試みを、女性相手したことが何度もある。それはたとえば、偶然を装ったメールを送って会話を続けてみることだったり、一緒に街を歩いたり美術館に行ってみませんかと誘ってみることだったり。

当時の自分としては、嫌なら断ってもらえれば良いし、という気持ちでそうした誘いを投げかけていた。けれど女性からすると、下心の透けて見えたかもしれないそうした誘いを投げかけられること自体不快だったかもしれないし、男性から女性に対して絶え間なく押し付けられる性的ハラスメントに連なるものとして、忌避感を抱かれていたかもしれない。冷静になると、そうした男性としての自分の業に嫌悪感を抱き、異性にそうした迷惑をかけるくらいなら自分は一生ひとりで生きていくのだとも思う。けれど、内側から湧き出してくる性欲や孤独感が理性をたぶらかし、いつしかまた女性に「あわよくば」という誘いかけをしている自分を認め、自己嫌悪に陥るのだった。

今考えて唯一救いに思えることは、社会的立場自分より下にある女性に対しては、そうした誘いかけをしなかった(と思っていたけれどひとつだけあった。業が深い…)ことだ。

恋人配偶者などのパートナー自身にいない状態では、内側から湧き出す衝動に突き動かされ、しか獰猛男性性を理性は拒否し、ダブルバインド状態女性に接することになる。自身の下心と格闘し、相手の心を読もうとし、自分がどう思われているか好意を持たれ得るのか、メタメタ視点を重ねて自身相手のことを考えに考えるが、答えはどこにもみつからない。

こうした葛藤と心の読み合いの恋愛ゲームは本当に自分を消耗させる。もし自分がこうした煩悶なく、目の前の相手性別関係なく対等な人間として向き合うことができればどんなに良いだろうかと、何度も何度も思うのだった。

そんな時代を経て、私は運良く結婚することができた。そして、この恋愛ゲームから降りられて本当に良かったと思う。当時、パートナーも異性との駆け引きみたいなものに憔悴しており、お互いに早くこのゲームから降りたいということで、付き合いはじめてからすぐに結婚しようということになった。

誰かの配偶者という立場になることで、もう相手を探さなくていいのだという安心を得ることができ、他者からは「この人は下心を持って私に接してきているのだろうか」と思わせてしま負担を減らすことができる。独身時代は、性別関係なく人間として惹かれた異性に対し、もっと相手のことを知りたいと何らかのアプローチを試みていく際、下心を持って接してきていると思われていないだろうか、という恐怖が常にあった。たとえ結婚していても不倫などはあるからゼロにはならないものの、夫というステータスを手に入れ薬指に結婚指輪がはまっている現状、異性との人間関係を構築していく際、過剰な自意識に悩まされる場面はだいぶ少なくなった。

女性からすると、気持ちの悪い下心を振りまいておいて、贖罪もなしに自分だけ「あがり」になってまたこんな気持ちの悪い文章を書いているのかよ、ということになってしまうかもしれない。そんな人間がこんなことを言うのはまったくおこがましいかもしれないけれど、誰しも目の前の相手性別関係なく対等な人間として向き合うことができればどんなに良いだろうか、ということを心の底から思う。

2021-02-24

私は若ママ

私は若ママ未成年デキ婚した。

もう成人してるけど、四捨五入すれば20歳

デキ婚に対する偏見というか侮蔑の目というか、適当言葉が思い浮かばないけど、デキ婚が良くないものとされる意見が大多数だと思う。

私はデキ婚未成年での出産批判するなと言う気は一切ないし思ってもいない。

しろそれらの意見は甘んじて受け入れた上で努力している。

ただ、ネットや同じ価値観の友人間で話している分には一切構わないけど、悪意を若ママ本人にぶつけるのはやめてほしい。

出産後落ち着いてから結婚指輪を買いに行った際に「やっぱり、あれ?キラキラネームっていうの?つけてたりするの?(笑)」と言われた事がある。

まさか商売しか結婚指輪を取り扱っている店の店員がこんな発言するなんて。

同じように赤子連れの30代前後の客にはこんなこと言ってなかった。

私達が店内で騒いでいた、子供を泣かせたままにしていたなんてことは一切なかった

他にも第2子妊娠中、第1子をベビーカーに乗せてバスを利用しようとした時。

「あのね!迷惑なんだよ!ベビーカーを乗せたら駄目って厚労省との取り決めで決まってんの!」と真夏バス停で怒鳴られ、何分も他の乗客の前で説教された。

すみません、乗りません、申し訳ありません。」と言っていたにも関わらず、勝手ベビーカーを乗せられ、終点に着いても降りることを許されずまた説教

なにも満員の中ベビーカー突撃しようとしたわけじゃない。ちゃんと車内が空いているのを確認したし、ベビーカーを広げているのが迷惑なら畳むつもりもあった。

それに厚労省はそんなこと言ってない。

上記の2人がたまたま特別おかしかったのでは?と言われたら「それな!まじであいつらおかしかった!」だけど、やっぱりチクチクと嫌味のような事を言ってくる人間はそれなりにいる。

赤の他人の頭髪が薄い方に「前髪が後退しているように見受けられますが、やっぱり育毛剤使用しているんですか?」なんて言わないよね。

赤の他人に「あなた鈍臭そうだけど、会社では窓際だったりする?」なんて言わないよね。

私が若いから子供子供を産んでるから、何を言ってもいいと考えてる人がそれなりにいるんだなぁ。

これはなにも若ママ限定じゃなくて、若い女性、ハンディキャップがある方、趣味嗜好、なんにでも置き換えられると思う。

全ての人間が全ての人間に受け入れられるなんてことはないよ。

何かを好きな人がいれば、その何かが嫌いな人も、その何かに対して無関心な人も必ずいるしさ。

その「何か」に属する私が嫌いなのも構わないけど、じゃあ私が直接あなた迷惑をかけましたか?って話。

過去に嫌な目に遭ったからそれに属する人間が嫌いっていうのもわかるけど、その過去の人と私は別の人間から

私が存在してるだけで許せないってなったらもうどうしようもないけど。

子供を産んでから色々な性質の悪意に触れてきたけど、その分色々な善意にも触れた。

なんだかんだでこの世は悪意と善意バランスが取れてると思う。

禍福は糾える縄の如しって言うし。

善意貯金を貯めて、悪意に触れた時はその貯金を削って、また貯め直して…ってできるから再起不能にならなくて済んだのかなってふと思った。

今日子供達がとてつもなく可愛い

の子達もいつか必ず悪意に触れる時が来ると思う。

その時に再起不能になってしまわないように、今のうちからたくさん愛情を与えてたくさん善意貯金を貯めておこう。

現金貯金はなかなか増えないけど。

2021-02-18

anond:20210218134053

結婚指輪は見なかったの?

他の女性社員には「OOさんって結婚してるのかな」って聞かなかった??

2021-02-09

縁故入社させた同級生が即職場不倫を始め処分すべきところを無処分で片付け不倫関係放置した御曹司結婚するとか言ってきたんだが

長文ラノベみたいなタイトルになった。

まあ以下に記す文章ラノベみたいに架空のものからさ。それに匿名ダイアリーだしさ。そう思って読んでね。いやー架空物語はタノシイナー


「今度結婚するんですよ」

前置きなしで御曹司はそう言った。顔はいもの薄笑いであるが、糸のような目は少しも笑っていない。

それも当然である。何しろ御曹司は知っている。私がつぶさにそばで目撃させられ続けてきた事を、よく知っているかである

他社でのわずか数年の下っ端使いにも耐えられぬ惰弱同級生を己の一存で入社させ、過ぎた振る舞いを許し、遂には己に対しても過ぎた振る舞いを取るまでに増長した態度をも黙って飲み込み、いい加減にしかこなさぬ仕事を注意されるたび助勤者の元へ逃げてゆくのを許し、遂には職場不倫を始めたのに気づいても無言で看過し、しかもその職場内での不倫現場古参職員に見咎められるに至って、紹介者そして幹部職員として処分を下す事を求められるも、実質無処分で片付け、両者とも降格すらなく現職のまま職場残留ほとぼりも冷めた頃に不倫関係も再開され、しかもすべて知りながらも友として現在に至るまで同級生一家と仲良く父母含め家族付き合いを続けている、そんな御曹司である

あなたには私の苦労もわかるだろう。糸目はそう告げていた。

友情を履き違えた故の、しなくていい苦労じゃないですかね。私は心中でそう答えた。

御曹司がまるで言い含めるように、いきなりこんな言葉を投げつけてきたのにはもちろん理由がある。

不倫を看過する前例を作り。不倫を許容する空気を作り。潔癖が求められる職ながら不倫への禁忌意識も薄れさせ。たとえ催事前でも、申し合わせ事項確認の習礼を行っていようとも、食事も定時退社も遅れるのすら忍耐が叶わず、遂には易々と不倫へ走る人物を友に持ち続ける。

そんな無責任人間結婚し、一家を構えるなどおこがましい。忠臣たるべき中堅職員の面に、軽侮の色が漏れ出るかどうかを監(み)ているのである

「それはおめでとうございます

口元に笑みを走らせながら、私は面を伏せそう答えた。そう答えるしかなかった。

続いて婚儀の日取りや迷惑をかけることへの謝意などを御曹司は語っていたが、私は別のことを考えていた。

世襲の安泰な事業体へ嫁いでくる娘は、たしか生活心配はないだろう。立場が脅かされる心配ももう一生ない。それは、繁忙期に手伝うべき嫁ぎ先を放り出して近所の奥様方とハワイへ行き、しかもそのことを公言しつつ職員マカダミアナッツお土産に配る御曹司の母を見ていればわかる。

だが、物はともかく、心はどうだろうか。物心両面に問題がないとはとても言えない。

もしも権力者となった御曹司職場不倫を始めても、誰も処罰しない。誰も咎めない。それは御曹司トップになったからではなく、前例があるから

皆が不倫を知りながら、御曹司夫人に当たり障りなく接する。むしろ隠蔽に協力する。そんな未来しかもう見えぬのではないだろうか。

御曹司本人に仮になんら問題がなくとも、そんな環境へ、手塩にかけた娘を嫁にやりたい父親果たしているだろうか。

ひとしきり語り終え、去っていった御曹司背中結婚前の幸福に満ちているようにも見えたが、私は溜息をつきかけ、そして飲み込んだ。

問題となっている当の本人はまた喫煙所で油を売っているのだろう。あんな愚物の為に労力など払いたくない。溜息ひとつつくのすら惜しい。

職場トップ御曹司の父で職場総責任者だが、実質無処分となったその結果について耳に入れておくに留めたらしい。自浄作用は期待できない。いつも知っている通り、どこまでも腐りきっている。

婚前の素性調査でも、相手支配することになる職場の腐敗度までは流石に調べられないだろう。

私は探偵を雇って御曹司婚約相手の父の連絡先を探り、この現状を伝えて外側から処分を求めさせる事を考えたが、ここ十数年満足に上がらない己の給与額を思い出し、その考えを取り下げた。

四方を見ても皆腐っている。ここは、底の底だった。



イヤー架空文章を書き散らすのは本当にオモシロイナ~

最後に。

割と最近に娘さんが、他県の安泰職種お金持ちの家の御曹司お見合いし、そして幸せそうな顔で結婚を報告してきただろう、お父さんへ。

お父さんは、素性調査なんて必要ない家だろうとか娘が選んだ相手からとか岳父の偉そうな肩書安心しないで、相手の古い職場の腐り具合についても、よく探偵調査させた方がいいですよ。娘さんの幸せを本当に願うのならば。

補足情報として、結婚指輪はハリーインストンだと思います御曹司検索してたから。

2021-01-16

スーパーレジ打ちやってるババァって結婚指輪してないやつ多いんだけど、あのへんはみんな未婚とか離婚したやつが多いんか?

声かけてもいいんかな

2021-01-03

婚姻届を提出する際にほとんどの場合は両人の戸籍謄本必要だなんて知らなかったよ

インスタグラマーは婚約指輪結婚指輪で「婚・姻・届」やってる写真撮ってないでそういうこと教えてくれよ

2020-12-26

交際とかほとんどなしで結婚した

男性から=夫からアクセサリー等の貴金属プレゼントされるというシチュエーションには憧れがある反面

夫にアクセサリーを適切に選ぶ見識があるとは思えずお金もなく

まず自分が欲しいアクセサリーを明示できない、そういう知識が無さ過ぎる

なので貴金属プレゼント自分勉強してからになる

が、興味もないので永遠に叶わないかもしれない

ちなみに婚約指輪結婚指輪上記理由不要とした

今年のクリスマスプレゼントSwitchとあつまれどうぶつの森、そしてリングフィットアドベンチャーだった

2020-12-25

4℃の思い出

何度かホッテントリ4℃記事があり、その度に、自分過去を思い出す。

話題になっているのはCanal4℃のことらしいが、それはどうでも良い。

特にオチもなく、びっくりするような話もないので読む人はあまり期待するな。

 

なぜ思い出すかというと、結婚指輪婚約指輪を買ったブランドからである。遠い昔だが何年前かは言わない。

結婚約束したのは、今から思っても大好きだったからとかそんなことじゃない。

からなかったのだ。

こればっかりはどう説明して良いのか本当にわからない。

3年ほど付き合い、私も彼女も適齢期というか、結婚を考えざるを得なかったというか、惰性と言えば惰性でもあるが、特に悩んだわけでもない。

ごくごくよくあるように、お互いの家族相手を紹介し、私は彼女出身地まで出向いて相手の親に挨拶をし、といったどこにでもある普通しか言いようのない流れ。

プロポーズとかはあまりよく覚えていないが、別に何の雰囲気もない車の中で、

「俺でいいか?」

と言ったら

「うん」

と答えてもらっただけである

ただ、彼女は私にとっては面白かった。

怒ると、ドライブ中でも車から降りて、自分で歩いてどこからでも帰って行く。

こちらはそれでも心配から、こっそりつけるのだけど、彼女絶対に振り返ったりなんかしない。

一度は、十キロくらいはあるかと思う道のりをバス停まで歩いていった。全然違う方向のバスに乗ったのに、彼女は気にしてる様子もなく、無事に自宅に辿り着いていた。

あるいは、待ち合わせで渋滞に巻き込まれた私は十分遅れてしまった。

すると、彼女は待っていたものの、激おこだった。

いくら説明しても納得しないのでだんだん腹が立ってきた私ととうとう喧嘩になった。

その日は彼女誕生日だった。

馬鹿馬鹿しいと思いつつ、でかいクマぬいぐるみプレゼントしようと後部座席に積んであったが、喜ばせようと思ってたのに台無しだった。

そして、喧嘩になっていたので私は車をそのまま彼女の自宅そばまで走らせ、

「ともかくこれを持って帰れ!」

と無理矢理でかいクマぬいぐるみを持たせたが、彼女は持ち帰るふりをして、私の目から見えなくなると粗大ゴミ置き場に捨ててしまった。

行動が見えていたので、私はそのぬいぐるみ粗大ゴミ置き場から撤収自分の車まで運び自宅へ持ち帰った。

すると、彼女から連絡があり、また怒っていた。

「どうしてぬいぐるみを持って帰ったの!? 捨てたんじゃなく、他に行くところがあったからあそこに置いていただけだ!」

みたいに、予定が狂ったからと、本当に激おこ

そんな風に、喧嘩もよくした。

 

思い出した。

一つだけ彼女結婚した理由があった。

彼女は三人姉妹末っ子だった。

そして、三人とも私の地元である都会に出てきた。

とても仲の良い三人姉妹だとは聞いていた。

一番上のお姉さんは既に結婚して子供もいた。

真ん中のお姉さんは、看護師をしており、一番頼りになると彼女が言っていた。

だが、その真ん中のお姉さんが、癌になった。

私が知り合った時には癌と診断されたばかりだったが、進行が早く一年も経つと全身のあちこち転移し、末期になってしまった。

数回、私もお見舞いに行ったが、その度に丁寧に挨拶してくれたけど、会う度に痩せているので見るに耐えなかった。

そして、そのお姉さんと最後に会った時に、

「妹をよろしくお願いします」

と深々とお辞儀をされたのだ。

その一週間後に亡くなった。

彼女と急いで病院に向かうと、ちょうど医師心臓マッサージをしているタイミングだった。

お姉さんのベッドのそばで泣き崩れる彼女そばにずっといてやりたかったが、彼女は帰って欲しいと懇願してきたので私は彼女病院に置いてその場を立ち去った。

多分、その帰り道だと思う、彼女結婚しようと思ったのは。

 

そして数ヶ月後、彼女が「あのクマぬいぐるみどこで買ったの?」と何かの拍子に聞いてきたので、たまたま近くにいたので、その玩具さんまで二人で歩いた。

そこは、同じ地元なら誰もが知っている有名な百貨店のある場所

ふと思いついただけだった、

婚約指輪、そろそろ買わなきゃな」

と。

でも二人とも、貴金属ブランドなんてよく知らないものから、その百貨店をウロウロあっちを見たりこっちを見たり、よく分からなかった。

たまたま彼女

「アレなんて読むの?」

と指さした先が4℃だった。

店員の人に、「なんて読むんですか?」と彼女は素で訊いたので、隣にいた私は少し恥ずかしい気がしたのだけど、店員

「よんどしー、です」

と言ったので彼女

「そのままか」と笑った。

それがなぜだか面白くて、私は腹を抱えてその場で笑った。

確か、結婚指輪婚約指輪で50万もしなかったとは思うが、金額は覚えていない。

 

今はもう、結婚指輪ははめていないが別に離婚したわけでもない。一度外れなくなって大騒ぎしたのではめるのをやめただけである

婚約指輪行方は知らない。

anond:20201225182649

もし持ってきてなくて雰囲気微妙になったら「何がいいかからなくてごめんね」でご飯奢るとかゴディバでも買えばいいんじゃないのと思う

私は地味婚&イオン結婚指輪で満足する女だから参考にならないかもしれんが

2020-12-24

4℃が叩かれてるけど、普通にいい感じの結婚指輪とかあるんだね

ショッピングモールノーブランド結婚指輪買った我が家はどうなってしまうんだ

論外ってやつか

4℃ダメなんじゃない。

4℃ダメなんじゃない。Canal4℃なんだよ。前者が婚約指輪などにも使われるが、Canalはセカンドラインしか普段使いというかアクセあんまりお金をかけない層向けの安価と来ていてデザインユニクロな感じ。特に庶民が思い切れば手の届くこの手のアクセサリーはヤフオクメルカリですぐに元の値段がわかることで、ネット時代には有り難みを阻害する。さらに残念なのはオルゴール付きアクセ20前後で初めてもらうアクセなら可愛いx2とお互い納得だろうが、いくつかアクセ持ってる場合、「場所とるじゃん」「他のアクセ入らない」「ピアス指輪両方入れられる、ジュエリーボックス別にあるから邪魔」と考えられても仕方ない。それにオルゴールという選択鬼門で、ペットをあげるのと同じくらい、どう反応すれば良いのか、だよ。曲もさほど選べないだろうし。一緒に撮った写真をそこに入れてもらえるくらい仲が良くなっていれば彼女も喜ぶかもだけどね。DIYオルゴール分解して彼女好みの曲に中身入れ替えてそれをyoutube動画で流して彼女に見せるなら令和っぽいけど。あと、そもそも4℃がいいのか?欧米ブランドがゴテゴテしてるの対して、素朴でおしゃれなデザインということでバブル弾けるくらいの2000年前後から特に人気が出た。当時4℃鵜飼のような存在フリーのデザイナ(鵜)の良いデザインだけ買い叩いて売る、そんなだから優れたデザインに満たされていた。ファストファッションのこの令和になり、価値観変わったのもあると思うが、単価が高い婚約指輪結婚指輪かそれ以外、という感じのブランド構成になって、4℃4℃ BRIDAL、CANAL 4℃婚約指輪のようなダイヤ縦爪というかしこまったデザインではなくおしゃれで、高いけどがんばればOLがなんとか買えるアクセ、というバブル思考はこの時代ニーズ提供もないようだ。Ponte Vecchioや京都発の「俄(にわか)」もそうだが利幅の大きいブライダルアクセに集中しちゃうんですね。「4℃をあげちゃダメなんだ」、とかTwitterで短絡してる奴はプレゼント主と同じ罠にはまるよ。まずはアクセサリーに関する価値観お金かけて喜ぶのか)、デザインの好み、大黒屋で売られてるような値段がすぐわかってしま商品のほうがいいのか(女友達への自慢にはなるが)それとも私だけ、を重視した創作性に富む工房作品がいいのか。共働き率90%を超える女性仕事のこの時代仕事もつけられるものがいいのかも確認ポイントチュニックワンピにつけるアクセか、ヒールスーツにあわせるアクセ選択肢変わるでしょう。

2020-12-23

うちは婚約指輪結婚指輪4℃だ!

嫁と一緒に買いに行ったんだよ。ダイヤの質(?)もすごく良いって店員さんがオススメしてくれて、

大きさも予算的に買えると思ってたより少しだけ大きいやつが買えたんだ。ものすごくいい買い物が出来たって喜んでた。

記念に可愛いテディベアもくれたよ。タキシードウエディングドレス着たペアのやつ。

これも嫁がとっても喜んでた。「結婚式とき会場の受付に置こう!」って言って、実際に飾ってた。

今でも家のリビングの棚に仲良く並んで座ってるよ。もう15年も座ってる。

何年か前に4℃嘲笑されるブランドだって知った時、やっぱり悲しかったよ。嫁には言えないなぁって思った。

あの時嬉しそうにしていた顔を思い出すと申し訳ない気持ちが半分、でもあの時はそれが精一杯だったって自分を納得させる気持ち半分。

anond:20201223164331

結婚指輪かにする人もいるもんね

4℃って学生かよwみたいに言われたら不快だろうなー買い替えるものでもないし

2020-12-14

え……世の中には結婚指輪婚約指輪があるんですか……はぁ……書類でいいじゃん……いつでも破けるぞ……

2020-11-20

指輪なんて興味ない人たちへ

私は女だ。30後半で結婚した。婚約指輪はもらっていない。なぜならいらなかったから。

婚約指輪女性の憧れ?知らん。私がアクセサリー気持ち悪い。ダイヤモンドなんか似合うわけないだろ。

結婚指輪は買うけど、何にもダイヤとか飾りとかついてない真っすぐなやつで。これぞ「THE結婚指輪」。うちの親もこれ付けてた。

婚約指輪ほんとうに要らないの?他のものでもいいよ?と言ってくれた夫。

いらないいらない。パールネックレスなら使うかな?でもバカ高い。いらない。そのままヌルっと婚約期間を終えて入籍

でね、うちは顔合わせも結婚式もしてないので指輪の出番がなくて、結婚指輪入籍後にちんたら買いにいった。

ダイヤモンドがいくつも並ぶショーケース。今までは近づいたこともなかった。場違いだ、一生関係ない、あんなのの何がいいのかわからない。つけたらその美しさに見合わず自分が嫌になりそうな気さえした。

・・・・・夫に促されてダイヤ付の結婚指輪をはめてみたのが沼の始まり

あれ・・・・・悪くないじゃん・・・まぁでも毎日付けるんだからダイヤは1粒までよ。そんな3個も10個もダイヤ並んでるのはありえな・・・え?悪くない、いやむしろいい、なんだこれ、、、似合う。これ私の手?え?

私の手は、指が太く短く肉感があり、肌が黄色く皮膚もかたい。爪の形も丸くて平たくて嫌い。とにかくモデルの手と正反対の手。

指輪で手を目立たせたくない。だから石なしのシンプルストレート以外つけたいと思わなかった。

それがな、逆なんだよ・・・・・手が細く長く美しければシンプル指輪でも映える。

でも私みたいな指には(年齢的な事も考えて)ある程度華やかでデザイン性のあるV字やウェーブといった真っすぐではない指輪のほうがしっくり馴染んだりするのだそうで。

夫も、どうせ買うなら石ありがいいよとゴリ押しだったので、最終的には3石ついたウェーブを選んだ。

これまた便利なのが、落ち着かせたい場面では指輪をクルっとまわし石がついてない面を表にすればいいのである。まさしく2way(こういうの大好き)

一つだけ後悔しているのは、事前情報をサラっとしか調べてなかった事。

結婚指輪探し」という言葉検索すると、ブログやインスタ、Twitterでその体験談がわんさか出てくる。これを見てから行けばよかった。いろんなブランド指輪のものだけでなく、サービス接客の様子などもレポしてくれてて助かる。あとみんな綺麗だなー手綺麗だなー爪もいいなーと見とれる(指輪見んかい

婚約指輪もそうだが、私は指輪商品としてしか見ていなかった。自分には必要ない。無くてもいい。形にこだらない。

でも、結婚へのケジメや想いをわかるように示す手段としては婚約指輪というのはとても大きな意味があるものなのだと、婚約期間を過ごしてみて実感したのだ。私の婚約期間はコロナの時期に丸被りしいろいろなイベントが出来なかった事もあり、夫ものほほんとしているし想いをきちんと口にするタイプではないので「え?これ婚約してる?大丈夫だよね?」状態だった。ヌルっと入籍したというのはそういう事だ。

きちんと準備して指輪を選びに行った人たちは、本当に幸せ楽しい時間を過ごしたんだろうなと思う。

できるなら今の頭の状態でもう一度指輪探しがしたい。

そして婚約指輪、興味なくてもいいからとりあえず見にいってごらん。買ってもらえるのなら買ってもらおう。後でとても意味のあるものになるから

2020-11-19

指輪なんて興味ない人たちへ

私は女だ。30後半で結婚した。婚約指輪はもらっていない。なぜならいらなかったから。

婚約指輪女性の憧れ?知らん。私がアクセサリー気持ち悪い。ダイヤモンドなんか似合うわけないだろ。

結婚指輪は買うけど、何にもダイヤとか飾りとかついてない真っすぐなやつで。これぞ「THE結婚指輪」。うちの親もこれ付けてた。

婚約指輪ほんとうに要らないの?他のものでもいいよ?と言ってくれた夫。

いらないいらない。パールネックレスなら使うかな?でもバカ高い。いらない。そのままヌルっと婚約期間を終えて入籍

でね、うちは顔合わせも結婚式もしてないので指輪の出番がなくて、結婚指輪入籍後にちんたら買いにいった。

ダイヤモンドがいくつも並ぶショーケース。今までは近づいたこともなかった。場違いだ、一生関係ない、あんなのの何がいいのかわからない。つけたらその美しさに見合わず自分が嫌になりそうな気さえした。

・・・・・夫に促されてダイヤ付の結婚指輪をはめてみたのが沼の始まり

あれ・・・・・悪くないじゃん・・・まぁでも毎日付けるんだからダイヤは1粒までよ。そんな3個も10個もダイヤ並んでるのはありえな・・・え?悪くない、いやむしろいい、なんだこれ、、、似合う。これ私の手?え?

私の手は、指が太く短く肉感があり、肌が黄色く皮膚もかたい。爪の形も丸くて平たくて嫌い。とにかくモデルの手と正反対の手。

指輪で手を目立たせたくない。だから石なしのシンプルストレート以外つけたいと思わなかった。

それがな、逆なんだよ・・・・・手が細く長く美しければシンプル指輪でも映える。

でも私みたいな指には(年齢的な事も考えて)ある程度華やかでデザイン性のあるV字やウェーブといった真っすぐではない指輪のほうがしっくり馴染んだりするのだそうで。

夫も、どうせ買うなら石ありがいいよとゴリ押しだったので、最終的には3石ついたウェーブを選んだ。

これまた便利なのが、落ち着かせたい場面では指輪をクルっとまわし石がついてない面を表にすればいいのである。まさしく2way(こういうの大好き)

一つだけ後悔しているのは、事前情報をサラっとしか調べてなかった事。

結婚指輪探し」という言葉検索すると、ブログやインスタ、Twitterでその体験談がわんさか出てくる。これを見てから行けばよかった。いろんなブランド指輪のものだけでなく、サービス接客の様子などもレポしてくれてて助かる。あとみんな綺麗だなー手綺麗だなー爪もいいなーと見とれる(指輪見んかい

婚約指輪もそうだが、私は指輪商品としてしか見ていなかった。自分には必要ない。無くてもいい。形にこだらない。

でも、結婚へのケジメや想いをわかるように示す手段としては婚約指輪というのはとても大きな意味があるものなのだと、婚約期間を過ごしてみて実感したのだ。私の婚約期間はコロナの時期に丸被りしいろいろなイベントが出来なかった事もあり、夫ものほほんとしているし想いをきちんと口にするタイプではないので「え?これ婚約してる?大丈夫だよね?」状態だった。ヌルっと入籍したというのはそういう事だ。

きちんと準備して指輪を選びに行った人たちは、本当に幸せ楽しい時間を過ごしたんだろうなと思う。

できるなら今の頭の状態でもう一度指輪探しがしたい。

そして婚約指輪、興味なくてもいいからとりあえず見にいってごらん。買ってもらえるのなら買ってもらおう。後でとても意味のあるものになるから

2020-08-31

多分なろう系かなんかでプロポーズするとき結婚指輪を贈ってる描写があった。

プロポーズときって普通婚約指輪じゃないのか?

オタク婚約指輪結婚指輪区別をつけないのか?

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん