「健康で文化的な最低限度の生活」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 健康で文化的な最低限度の生活とは

2020-07-26

健康文化的な最低限度の睡眠

30代の大台に乗って、ようやく睡眠の大切さに気付けた。

睡眠時間が6時間を切る生活が続くと、露骨仕事苦痛になってくる。

残業時間は、おおよそ60時間前後

忙しいときは80時間休日出勤入れて)。

死ぬほどブラックではないけど、弱音をまき散らしたい程度には重労働だと思っている。

コロナ期間はよかったなぁ。

案件がガクンと減って、夢の定時上がりの日が続いていた。

通勤電車もほぼ座って帰れた。

家に帰ってゆっくり入浴・食事さらにはネットサーフィンをしてもしっかりと7時間睡眠実践できた。

あの期間はああ労働って楽しいなとすら思ってたよ。

でも、今はそれも遠い過去だ。また辛い労働サイクルがやってきた。

なぜサービス残業というのはこれほどまでに軽微な罪でしかないんだろう。

だって健康で文化的な最低限度の生活には絶対的睡眠必要なんだ。

サービス残業、いや残業60時間以上を生むを言わさず禁止して欲しい。

あー転職したい。

2020-07-10

仕事が平日ほぼ毎日が8:30~22:00なのは健康で文化的な最低限度の生活なんだろうか

ブラックサラリーマンじゃないはずだけど、収入的には安定してても主観的QoLが低すぎて辛い

もっとシャレオツ自炊試すとか友達と楽しく遊ぶとかパートナー探すとかに時間を割きたい人生だった

なんというかこういう後悔の仕方はよくない

2020-07-05

anond:20200704213154

だったら、国家もいらないよね。

人間がいて、彼らが円滑に集団で暮らせるようにするために国家を作ったのに、

国民負担からいらないと言われたら、国家存在意義がなくなる。

国民あっての国だからな。

憲法にも、すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有するってあるわけだし、

それを無視する行為違憲だし、国民への裏切りだろう。

2020-06-24

就労における属性差別本質

はじめに

本稿は就労差別本質となる仮説を提唱します。

私の主観のみを元にしている稚拙な考えではありますが、公開することによって補強あるいは反証されるといいなと思って書いています

"就労差別"とは以下の状態を指します。

差別被雇用者もしくは求職者が、属性区別され不利益な取り扱いや不合理な格差を受けること

アジェンダ



就労差別に対する疑問

就労において差別が行われているという話を耳にしますが、常々つじつまが合わないと感じていました。

雇用とは、雇用することによって売り上げをあげるもしくは利益性を改善することを目的にしており、能力[^1][^2]のある人間をその能力性以外で差別することは企業目的を妨げるからです。

差別が全くないはずはありませんが、市場原理によって差別はゆるやかになくなっていくはず[^3]です。

差別されているという声がよく聞こえ[^4]、雇用差別に対するガイドラインが設定される[^5]ほどに差別があるという事実市場原理に反しているように感じられます

差別によって利益を得るのは誰か

差別によって利益を得る集団は誰なのかという点について、被差別属性の逆の属性もつ集団利益を得ているため差別がなくならないのではないか、という言もみられます[^6]が、これについても疑問があります

就労差別主体である企業は、経営者株主利益の追求を目的運営しており、その目的に沿って運用されるものです。

属性能力規定するものではない[^7]ので、属性差別を行うことは企業利益追求を妨げる結果となり、差別によって利益を得る集団[^8]がいたとしても経営者株主意見の方が勝ると考えます

ということは、「差別によって利益が得られる」のではなく、「差別をしても企業不利益がない」のはなぜか、が正しい問いであると考えられます

差別不利益に結びつかないのはどのような状況か

差別をしても企業不利益がない状況とは、企業被雇用者を比べたとき被雇用者強気に出れない状況です。

一般的に、被雇用者強気に出れないのは人材需要に対して供給が過剰になっている場合です[^9]。

供給過多により、需要供給の交点があまりに低い状態仕事を受けなければならないというのは、市場原理の負の側面に他なりません。

採用に関して考えると、求職者が多い場合になんらかの属性足切りができればコスト減になり、わずかながら利益が出る、とも考えられます

人材供給過多であり、企業自由基準求職者選択できる場合能力の低い求職者属性選択足切り)しない理由はありません。

結論

結論として、就労における属性差別能力のない人間が過剰に供給されるため発生するのではないか、という仮説が導かれます

"性差別" や "障害者差別" などの属性差別はこの問題の側面にすぎず、個々の属性差別を無くしても大元の原因を絶たない限り別の差別が生まれるであろうと予想されます

検証法の提案[^10]

就労における属性差別能力のない人間が過剰に供給されるため発生する」という仮説を検証するための以下の手法提案します。

1. 能力別に待遇比較する

差別発生件数給与などの待遇を、能力属性別に比較することで、差別能力に対して行われているのか属性に対して行われているのか明らかになります

2. 業界別に待遇比較する

求人倍率人材流動性をもとに、業界ごとに人材供給量を比較することで、人材の余っている業界、足りない業界を算出します。

人材の余り度合いと差別発生件数が相関すれば「人材が過剰に供給されるため差別が発生する」と言えます

予想される質問に対する答え

Q. 被差別属性によって、能力を低く見積もられているために差別が起きるのではないか

市場原理に基づき、それはない、もしくはあっても少ないと考えます[^11]

その属性をもっていても能力を低く見積もらない企業があれば求職者はそちらに流れ、また競合他社も「差別をしない」という低コスト活動で業績を伸ばせるとわかれば追従するはずであるからです。

Q. 能力があっても差別をされた経験がある、もしくは他人のそのような状況を見たことがある

なぜそのようなことが起きるのか、能力のある人間差別しても企業差別者に不利益にならないのはどのような構造が背景にあるのか、といった点に興味があります

ぜひ状況を教えていただければと思います

質問に対して答えると、そのような状況は0にはならないので体験談が数件あっても反証にはならないと考えます

しかしあまりに多くの声がある場合は、「能力のある人間差別しても企業差別者に不利益にならない構造」をもとに問いを考え直す必要があります

おわりに

結論で述べたように、本稿は「就労における属性差別能力のない人間が過剰に供給されるため発生する」という仮説を提唱しており、本来ならタイトルもこの一文にすべきですが、長い本文を読まない人を呼び込むのではないか[^12]と考えて多少無難タイトルにしています

この考えが正しいとした場合被差別対象から脱出するには専門性をつける、あるいは既にもっている専門性を活かせる職に就けばよいということになりますが、その解決法では雇用パイが変わらないため被差別対象は減りません。

根本的に解決するには、全ての被雇用者雇用主に対して強気に出れる状態になる、つまり生活のために働かなければならない」という構造を変化させなければならないのではないかと思います

生活のために働かなければならない」とはつまり市場原理の前提である社会構成員皆が働かなければならないだけの需要がある」とイコールであって、私はこの前提は既に崩れている、つまり社会構成員全員が働かなくとも、健康で文化的な最低限度の生活を送るだけの供給を保てる」と考えています

今回のコロナ禍で不要不急の経済活動ダメージを受けたことにより、この前提の崩れが明確になったとも感じていて、市場原理の次の理念世界のどこかで生まれるのではないか、と期待しています

--

^1: はてな記法の二重丸カッコが脚注になりませんでした。どのように書けばよいのでしょうか?

^2: 能力とは、売り上げをあげるもしくは利益性を改善することのできる能力、もしくはその見込みのことを指しま

^3: 雇用差別がゆるやかになくなっている過渡期であるためまだ差別が残っているのだ、とも考えられますが、どう検証すればよいかからないためここでは扱っていません。要検

^4: 差別されているという声がよく聞こえる: 私の主観です。要出典

^5: 公正な採用選考に向けて - TOKYO働くネット など

^6: 被差別属性の逆の属性もつ集団利益を得ているため差別がなくならないという言がみられる: 私の主観です。要出典

^7: 属性能力規定するものではない: 大変に議論余地があります個人的には、業界属性を絞った局所的に見れば属性能力規定すると考えていますしかし全体として見た場合、「属性能力規定するものではない」としてよかろうという前提のもと本稿は書かれています

^8: 差別によって利益を得る集団: 経営者株主とは一致しない集団を指します。なぜ一致しないのか説明はつけられると思います言語化できていません。

^9: 一般的に、被雇用者強気に出れないのは人材需要に対して供給が過剰になっている場合: 一般的かどうかは分かりませんが、後の展開を書きやすくなるので…要出典

^10: 検証法の提案: 検証にかかる前に、仮説が成り立っているかどうか、"要出典"の部分を埋めてください

^11: 筆者が市場原理、ひいては個々人が利己的に活動することを期待しすぎている感はあります。ありますが…代替になるモデルなしには議論を進められないのではないでしょうか?

^12: 本文を読まずSNSシェア99割 米研究 これは嘘ニュースです - 虚構新聞 私はまた虚構新聞謝罪する流れになると思っています

2020-05-19

anond:20200519211600

背骨を全部挿げ替えた人間健康で文化的な最低限度の生活を送れるとお思いで?

アベがやろうとしているのはそういうことですよ、恥を知れ

2020-05-12

anond:20200512111800

社会構造が違う。

喪男モテない理由は、大抵「金がないから」であり「金がないから女に相手にされない、結婚できない」わけだ。

でも一人で生きていく程度の金はある人が多い。

社会問題としても「収入が低い男性結婚できない問題」として語られがち。

でも「収入が低い男性結婚相手女性強制的に宛がおう」とは絶対にならん(女性に対する人権侵害だ)し

単に低収入男性保護という話になれば「一人で生きていく程度の金すらない人」が優先されるので

生きていくのに支障がない人は後回しになるのも当たり前。

生活保護だって「一人で生きていく程度の金がある人に結婚資金を与える」保護なんか出ない。

それは憲法保障する健康で文化的な最低限度の生活範囲を逸脱している。

喪女場合、金の有無はモテるかどうかにはあまり関係ないし、

そもそも一人で生きていく程度の金もない人が多い。

そして女性貧困男性貧困より「結婚して旦那に食わせて貰えばいいだろ」理論放置されてきたという歴史もある。

(流石にそれは問題視されるようになったが、女性男性と比べて貧困率が高いのは相変わらずだ)

でも彼女らは結婚できないし、金の為だけに望まぬ男と嫌々結婚するよりは一人で生きていく方が良いか

「男寄越せ」より「別にはいらん、金くれ」となる。

んでそれは健康で文化的な最低限度の生活範囲内の話。

2020-05-08

anond:20200508090358

男性役割から降りたって言うのは役割を果たせていようがいなかろうが成立するよ。

男性役割はそれを果たせていようがいなかろうが関係なく押し付けられる物で

障がい者としての自分を認めることで男の役割を果たせ、果たさないと男として認めない!って言う圧力から解放されることが男性役割から降りるって言うこと

かに他の増田が言うように本質的には逃げたのかもしれないし圧力から完全に逃れきれていないのかもしれないが

それが元増田にとって今ある中で不安はあれど最善の選択肢だったなら俺は笑わないよ

そしてそもそも現代社会税金弱者を救済するための物でもある

意思がある女性をあてがう必要は無いが生活するにはお金必要増田生活は知らないが障がい者雇用では必要最低限の賃金も貰えない

今は普通に生活できても老後や病気になった時の事を考えると健康で文化的な最低限度の生活をさせるためにもう少し保証をしてもバチは当たらんと思う

2020-05-04

試論 風俗嬢カツオの話 差別の話

https://anond.hatelabo.jp/20200503121929

https://anond.hatelabo.jp/20200503204026

風俗嬢カツオ比喩がよく話題に挙がっているが、話がなかなか深まらないのでずばりいいたいと思う。

風俗業とカツオ漁師の端的な差は、賤業かそうではないかです。

先ず、カツオ漁師需要減に依って不利益を被る中で価格の低下を喜ぶことは悪なのか?ということについてですが、私達の社会における自由競争の中では、誰かの損益と誰かの利益がつながっているというのは当たり前の話です。

何処かの会社画期的な新商品を開発して売上を大きく伸ばせば、同業他社不利益を被ります廃業ということもあるかもしれません。

からといって、その事に心を痛めて利益の追求をやめるという選択馬鹿げた話でしょう。需給ギャップによる価格の低廉化というのも極当たり前の市場原理であり、いち消費者倫理的問題として考えるのは馬鹿げています

ただ、この新型コロナウィルス禍に於いては少し事情特殊で、そのような不利益配分が単なる損失というだけでは済まず、数多くの人が経済的困窮に陥り生活破綻する恐れがあるという事を皆が漠として思い描いているのでしょう。

その結果として多くの人が「健康で文化的な最低限度の生活」をすら保てなくなるのではないか?という問題ですが、それは憲法保障された国民権利問題になります

民主主義国家於いて主権者国民ですから、その範囲では国民には国家に対してそのような自体に陥らぬようにさせる政治的責任があるとは思いますが、

市場活動の中での商取引一つ一つに於いてその倫理に基づいて感傷的になるべきだ、というのはかなり筋違いの話であると考えます


では本題ですが、性風俗業についても上述のカツオの話と同等にただの自由競争の中の話と言えるのかということですが、これは言えないと多くの人間が思っています

なぜなら性風俗業が賤業だからです。

性風俗業は賤業です、理由は多岐にわたりますがいくつか挙げてみましょう。

性風俗業は性倫理に反する

地域時代ごとに文化は異なると思いますが、現代本国於いて不特定多数人間に体を委ねる女性というのは性倫理に反すると思われています

そのような考えは女性差別で前時代的な産物だという考えもあるとは思いますが、そうは言ってもそのような倫理性が各人に植え付けられているというのも一つの事実ですから

業としてそのような行為を行うことには躊躇があって当然でしょう。

性風俗業は被差別的な職業である

1つ目の理由と地続きですが、そのような反道徳的な行いに身をやつすことは被差別的な眼差しを向けられることにも繋がります

そもそも風俗業というもの自体管理売春であり、法律的にも限りなく黒に近い灰色と言っても良い業種です。

そういった業に就いている事実は、通常あまり公にして得のあることではありませんから、そのような業への就業が寿がれることはないでしょう。

性風俗業は就業者の心身に対するリスクが多大である

性風俗業には健康リスクがあります不特定多数の客と粘膜的に接触することはエイズに始まって多種多様病気への感染リスクを齎します。

業態に依っては妊娠というリスクもあるでしょう。そういった身体的なリスクがまずある上に、精神的なリスクもあります

個人差はありますが、汎く言って不特定多数と望まず性的関係を持つという事は当人精神に負の影響を与えるものです。

そのような統計があるのかは知りませんが、多くの風俗嬢が何らかの精神的な問題を抱えているものと私は感覚的に思っていますし、そう大きくは外れていないでしょう。


このようなリスク性風俗特有リスクであって、カツオ漁師とは比較にならないことです。それを理由として皆は岡村隆史氏の発言に憤りを感じました。

ですが、前段で挙げたような種々のリスクというのは風俗嬢に対して差別的なんじゃないか?という疑問があると思います

はい差別だと思います

どれも事実として存する事柄ですが、別に風俗嬢個人還元して良い話ではありません。

倫理なんてもの自体絶対ではないし、それを破ろうがどうしようが他人がとやかく言う話ではありません。望まず性倫理を破らなければならないのならそれは貧困問題です。別の手当が必要でしょう。

また、その当人差別的に扱うなんてことは言語道断であってはならないことです。法的にグレーだというのならきちんとそれを整えるべきなのであって、当人非行のように言うのは欺瞞です。

心身のリスクについても出来る限り低減させるような取り組みがもっとあって然るべきだし、当人健康リスクがあることを以て当人忌避されなければならない謂れは全くありません。

この社会では、差別は許されないということになっていますが、差別を語らないことが差別を許さないことになったと誤解している人が多いように感じられます

本来差別が許されないことであるのと、差別存在することは両立します。

差別は許されないが、差別現存しており、被差別的な扱いを受け(させ)たくないという感情もあるので、人は差別を遠ざけようとする為、差別再生産されます

カツオ風俗比較という話に対するレスポンスの多くが、体表を撫で回しているだけで終わるような表面的な話に終始し、風俗業の被差別性という本質に全く切り込まないことの理由がこれで、でもそれでは駄目なのです。

この社会性風俗というものをどう位置づけるかを考える良い機会ではないですか?単に岡村隆史バッシングしていればいいという話でもないと思うのですが。

2020-05-03

日本国憲法下における個人自由権利制限について

 現在、新型コロナウィルス禍により新型インフルエンザ特措法に基づいて「緊急事態宣言」が発令され、国民の様々な社会生活領域自粛要請がされている。

 

 ただこれが「要請」に過ぎないため、憲法改正して「緊急事態条項」を盛り込み、国民の行動をより強く制限できるようにしようという話も出てきている。まあ安倍さんにとっては「憲法改正」という実績こそが悲願なわけだが、彼個人の夢はひとまず棚の上に放っておいて、ここはまず現在日本国憲法下で何ができるかについて、一国民として考えてみたい。もちろん憲法学者や人権活動家の皆さんは散々考えてんだろうけど、はてなブクマカー陣も結構ふわっとした認識で言い合ってるし、素人なりの問題提起として。

 

「第十二条 この憲法国民保障する自由及び権利は、国民不断努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。」

「第十三条 すべて国民は、個人として尊重される。生命自由及び幸福追求に対する国民権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重必要とする。

 

 まずここで、国民自由権利は「常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ」ということで、すでに一定制限を求められている。個人としての権利は、「公共の福祉に反しない限り」最大の尊重必要とされているわけで、つまり日本国憲法最初から野放しの自由権利を認めてはいない。

 

 一方で第十一条では、「国民保障する基本的人権は、侵すことのできない永久権利として、現在及び将来の国民に与へられる」とされ、第十章「最高法規」第九十七条でもそれが繰り返されている。

 

 では、最高法規として侵すことができない自由及び権利一定制限をかける「公共の福祉」とは一体何だということになるが、憲法自体はそれを明記してない。となると解釈問題になる。

 

 で、まず侵してはならない個人自由権利を野放しにした場合、必ず個人間の利害対立が生まれ、結果として負けた方の自由権利侵害されることになる。場合によっては生命も脅かされる。生命まで奪われては、第十三条保障する個人自由幸福追求の権利へったくれもないわけで、つまり公共の福祉」とは、すべての国民が「生命自由及び幸福追求」の権利を有する状態を維持することと考えられる。そのへんのバランスラインが、第二十五条「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」ってとこであり、その第二項「国は、すべての生活部面について、社会福祉社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない」という、国家行政立法司法)の義務に結びつくのだと思う。

 

 そこで現在の新型コロナだ。今、すべての国民普段と同じレベル自由生活行動をすれば、ウイルスが次々に感染し、多くの人が生命危機に脅かされる。高齢者ほど死亡率が高いとはいえ若い人も死ぬ可能性はあり、何よりワクチン治療薬がないため、個別対処で抑えることができない。そのために国には今、国民全体の行動を制限する方法ウイルス感染拡大を抑えようと、国民自粛を「要請」している。だが、「要請」だけでは不十分なのでより強い強制力がほしいわけだが、第二十五条を「公共の福祉」の防衛ラインとするなら、とにかく見殺しにしてはいけないわけで、ならば第十三条の「公共の福祉に反しない限り」を発動して、より強い制限国民に課せるのではないだろうか。

 

 なので日本国憲法下でも、インフルエンザ特措法に、第十二条、第十三条の「公共の福祉」に基づいて、個人自由権利制限を認める条文を追加することは可能なんじゃないかと思う。当然行政が行った実際の制限措置が、「公共の福祉」の範囲を逸脱していないか国会司法で追って審議される必要はあり、個人的には伝家の宝刀を抜いた政府半年以内に必ず総辞職して信任を問うとかしてもいいと思う。また、経済的に死に脅かされる状態になっても「公共の福祉」に反する憲法違反となるため、補償と一体であることは言うまでもない。

2020-04-27

anond:20200427233721

借金風俗につきおとされるような人は一部では生存権とか健康で文化的な最低限度の生活をする権利が一部侵害されてんじゃないのしらんけど

2020-04-24

anond:20200424043849

Q1.すべて国民は、勤労の拒否権を有し、国は扶養義務を負ふ。

Q2.働かざる者食べてもいいよ。

Q3-1.すべて国民は、不健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。

Q3-2.国は、すべての生活部面について、社会福祉社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めてないよね。

2020-04-22

健康で文化的な最低限度の生活

在宅勤務の感想社員に聞いてみた所、

家族と過ごす時間が増えた

・温かいご飯を作ってすぐに食べられるようになった

身の回りのことや家事時間をしっかり使えるようになった

という肯定的意見がほぼ全てを占めていてほっこりしたんだけど、

逆に通常出勤に戻すってことは、社員からこれらの時間を奪うことになるよね…

今までこれらが無いことが普通だと思っていたことが怖い

この短期間で今までの自分の中での常識が覆ろうとしている…

2020-04-12

anond:20200412201047

言われなくても出勤するよ。

ただ金は本質じゃない。生活だよ。健康で文化的な最低限度の生活を送るために騒いでる。

生きることと金を稼ぐことが直結しない裕福な奴らには理解できないと思うがな。

2020-04-06

憲法保障してるのは

健康で文化的な最低限度の生活だぞ。生存する権利

その水準は生活保護とか国民年金とか一言で言えば雀の涙しかない。生活保護保障される水準が国の保障ラインだよ。

貧困な家庭はその水準でずっと我慢させられてんだよ。平時にその水準が低過ぎると言い続けて変えてこなかったんだから、いざコロナが来て自分問題になった時に、その水準しか保障されないのは当然のことだろう。

営業停止命令出して補償しろとか言ってるやつはただのクレクレ。憲法保障してるのは今のお前の生活ではない。

2020-03-03

生活保護での生活費追記〉〈修正

《3/10 障害者加算の額の間違いに伴い、生活扶助の額が間違っていたので修正しました》

 

 生活保護生活するとどんな生活費になるのかをここに記したい。

大阪・1人暮らし場合

 

収入

 家賃扶助……38,000円まで地域によって少し違う。家賃の額しかお金はもらえない。家賃が3万円なら3万円のみ。共益費は自己負担

 生活扶助……約76,000円

――――――――――――――――――

 合計……約114,000円家賃が最大で)

 大阪府の最低賃金は964円、フルタイムで154,240円。逆転現象と言われていたが、だいぶ差は開いている。働くと所得税住民税健康保険NHK受信料・診察代を払うのでもっと差は縮まるが。

 家賃38,000円という物件は、東京に住んでると信じられないかもしれないが、ちゃんとある。狭くて良ければさほど汚くもない。ただし福祉物件といって生活保護の人でも可な物件でないと断られることがあるので、選択肢は少ない。

 

支出(固定的な)

 家賃……38,000円

 共益費……2,000円

 水道代……2,000円

 電気代……4,700円

 ガス代……2,000円

 食費……30,000円

 プロバイダ料……5,200円

 スマホ料……1,700円MVNO

 通話料……1,000円

―――――――――――――――

 合計……86,600円

 

●差額

 収入114,000-支出86,600=残り27,400円

 

●注意点

 ・身体障害1,2級・精神障害1級だと26,000円、精神障害2級だと17,870円加算される。

 ・障害年金を受け取っている分は扶助から引かれる。つまり障害年金を受け取っていてもお金は増えない。

 ・国民年金免除しているので、将来もらえる国民年金の額が減る。それが嫌なら毎月16,410円を払うのだが、10,990円しか残らないのでまず無理だ。

 ・自炊しないと食費は3万円には収まらない。惣菜を買うと3.5万円くらいになる。自炊する能力があるなら働けそうに思えるので、後者になる人も多いと思う。障害者ならヘルパーに頼めるが。

 ・食費が3万円とした場合エンゲル係数は26%。3.5万円なら31%。日本の平均は25%くらい(高いほど生活水準は低いとされる)。

 

●その他の生活保護の条件

 ・働いた収入は15,000円までなら生活費に加算できる。それ以上の収入扶助から引かれる。

 ・ネットオークションなどの収入扶助から引かれる。家の中に価値のある不要品があっても、売るより捨てた方が楽ということになる。

 ・貯金してはいけない判例で80万円は認められたが)

 ・借金してはいけない。借金は返してはいけない。

 ・ケースワーカー担当者の見下した態度に耐えねばならない柏木ハルコ健康で文化的な最低限度の生活』のケースワーカーは美化されている。小田原市の「保護なめんな」ジャンパー現実

 

●まとめ

 残り27,400円の中から生活用品費・交通費衣服費・薬局で買う薬代・娯楽費、などを出す。あなたならどう暮らすだろうか。

 生活保護費でパチンコを打ってる奴がいる! とよく言われるが、とてもそんな余裕はない。

 自分精神障害2級なので17,870円加算があって、それでなんとか余裕のある生活ができている。これがなかったらカツカツだ。貯金もできない。靴に穴が開いてもなかなか買い換えられないし、暖房器具が壊れたりしたらお手上げだ。

 


 

追記

 思いのほか反応があったので返信します。

貯金はできないのか

 建て前として貯金は駄目。貯金があるならそれで暮らせっていうのが生活保護なので。でも貯金が0じゃ急な出費に対応できないので、ある程度なら許されてる。制度矛盾してる。

プロバイダ料が高い

 光だとどこもこんな料金だったけど。家にいることが多いので常時接続は欲しい。安くなる方法があるなら教えて欲しい。

>4.5万も使えるならいいのでは

 実は自分国民年金を払っている。いずれ病気を治して生活保護から抜けるつもりだから。そのとき老後の年金が減るのに不安がある。ケースワーカーには「保護から年金を払うのか!?」と言われたので少数派だと思う。

>何の薬を買ってるのか

 目薬・熱さまシート・サロンパス栄養ドリンクなど。肩こり疲労感がひどいので。

水道代は免除されないのか

 検索すると自治体によってはやってるらしいが、多くはしてないみたい。

柏木ハルコ健康で文化的な最低限度の生活』のケースワーカーは美化されている

 少し書き方が辛辣だったが、あれはケースワーカー側が主人公から悪者に描いたら読者がついてこなくなってしまう。娯楽作品として当然の演出だと思う。それでもああい作品を世に出した功績は大きいと思う。

 自分は「保護なめんな」ジャンパーほどのことは経験していないが、ケースワーカーに不信感を抱いた出来事を書くと、

申請に行ったら、生活保護世帯単位から、まず一人暮らしをするよう言われた。保護申請する人に引っ越しお金があるわけないだろうと言ったら「そういう規則から」としか言わない。

 引っ越すのは審査の前だから引っ越しから審査して、もし保護下りないとなったらどうすればいいのか。そういう疑問に答えてくれない。

ボランティアをしていると言ったら「ボランティアなんかしてる場合か!」と怒鳴られた。

 ボラ社会性のリハビリとして行っていて、主治医賛同している。世の中には「高齢者囲碁相手」なんて簡単ボラもあるのだが、そういう説明は一切聞かずにいきなり怒鳴ってきた。相手を見下していないとこんな態度は取れない。

 そもそも家に閉じこもっていて社会復帰できるのか。社会復帰するために外に出てるのに「外に出られるなら働け」と言われる。家にいても「はやく働けるようになれ」と言われる。どうしろというのか。

 ※働けるかどうかを判断するのは医者仕事

医療費申請をするとき、3回くらい連絡してようやく申請下りた。そのくせ、国民年金支援給付金下りときは向こうから連絡が来て「通知書が来てるでしょ? こっちに送って」と言われ、きっちり保護から引かれた。

 こういったことは別にケースワーカーに限ったことではなく、非正規自営業のように社会地位の低い仕事をしていたらよく遭遇することだ。ただそれらの根底には地位の高い者から低い者への見下しがあり、ケースワーカー生活保護受給者を見下しているということだ。

 申請時には他のケースワーカー数人とも面談していて、中には不信感を抱かなかった人もいる。ただ短時間なので何ともいえない。

2020-02-25

お気持ちを表明

誰に選ばれた代表でもないですけど社会構成する一個人として、コロナ騒動に関する所感を表明します。

なぜなら、今、生活人生・命が脅かされているからです。私たち一人ひとりに関わることであり、右とか左とか、性別関係ありません。

情けないことに私には医療知識がないので科学的なことについては語れませんが、理不尽に対しては人一倍敏感なので、思うところを述べます

日本政府に対する不満は沢山あります

①予防する上で、対応が後手後手であった事

対応する上で。断固たる措置を取らなかったこ

③再建する上で、現状認識方針根拠を示してくれないこと

大きく括るとこの3つです。

皆なんだかんだ勉強したり働かないと生活が前に進まないから、怖いなと思いつつマスクをして学校行ったり会社行ったりまだしてますけど、それどころじゃなくなることもあり得る。

そこまで事態がまだ悪化してないだけなのでは? あるいはもうそうなりつつあるのに見えていないだけの可能性もある。

もしそこまで大げさな話じゃないって言うのであれば、根拠をきちんと納得できるように説明してほしいんですよ。

都市を完全に封鎖するって、オオゴトだと思うんですよ、内戦下のサラエボレベル

中国デトロイトって言われるような工業都市経済的大事エリアを何が何でも封鎖するって事は、あの中国共産党がそれだけ危機感を持たざるを得ない状況になったってことですよね。

それを受けてその時点で中国から渡航者を入国拒否した国は結構あった。そこで日本政府は二の足を踏んで、断固たる措置を取らなかった。チャンスはあったはず。

かに中国日本との経済的結びつきが強い、メーカー物流観光中国抜きでは考えられない部分がございます。それでも考えを変えないと。

歯止めをかけないで、水際対策も何もないですよね。

検査をすべき人にしないまま帰らせる、隔離一定期間しないまま放出

飛行機帰国者にしても客船の下船者にしても、お願いベースでご協力を依頼する形、

しか後出しでって、正直効果ないじゃないですか

他の国では国の権限人権をある程度制限した上でとっている処置がまるで日本では見受けられない。

中途半端人権尊重しているふりをして結局公共の福祉を損ねている。

一定期間隔離して安全性を確かめ必要があるのは素人だってわかる。現に他の国の政府は強行している。

そこで個々人に断られたら機能しないようなら、対策として成り立たない。

ちゃんと頭で考えればわかることが判断できない組織が多すぎる。ルール自縄自縛になっていませんか。

結局自分の頭で考えて責任を持って決断を下す事から逃げてるんですよ。これは政府だけの問題じゃないと思います

私が仕事で関わった官公庁対応を通して得た感想を述べますが、政府方針に沿ったルールを増やしていくだけで、防疫について何ら根本的な対策を立てない。

そのお触書を下に丸投げして責任押し付けている。結局どの組織責任を取りたくないだけで、自らの職務領域行使できる本質的対策を考えない。

頭に血が上りすぎて、政治に対する怒りと行政に対する不満がごっちゃになってしまいました。すみません

本当に現場で命を賭して頑張ってくださっている人には頭が下がるし、みんなそれぞれの立場で板挟みになってるとは思うんですけど。でも現場の頑張りとはまた違う話。

政治に求められている役割っていうのは、法律とか経済とか学術だけでは前に持っていけないことを利害調整して問題解決していくことにあるはずです。

でもそれができてないから、極端に言うと不信感しか残らない、頼れない。

何のために国民税金を納めて政治を託しているかというと、我々1人1人では対処できないようなことを運営してほしいから。

大いなる力には大いなる責任が伴う。政府には個人ではなしえない権限責任があるはずで、それが及び腰になっているのは無責任なのでは?

国家国民健康文化的な最低限の生活を守る義務があるはずですよね。それが今脅かされている。最優先で解決すべき問題のはず。

ここまで危機管理対応ができていない時点で、日本社会にとって国難、未曾有の事態ちゃうんかと。地震とか台風とかそういったもの匹敵する事態

政府が旗を振って最優先で解決しないといけないし、一方で社会の知見、国際社会と協力して解決に当たるべきだと思うんですよね。

今回のウィルス人類共通の敵ですから国際的に協力して対応してるわけですが、悪意を持った主体に対してこんな体たらく対応できるんでしょうか。

このままオリンピックを迎えられるような状態に持ってていけるんですか。

抱え込んで結局出来ませんでしたとなる前に、助けとか協力を求めたほうがいいんじゃないですか。

もっと民間とか学術とかそれぞれの知見や経験を持っているような人々に協力とか仰いで、なりふり構わず問題解決に動かないといけないんじゃないですか。

それぞれ縦割りの組織論理でなんとかしようとして結局うまくいってないんじゃないですか。

そりゃ利害調整は大変だと思いますけど、何をしないといけないのか客観的に見極められる人材はいるんですか?

対策を実行していくまでの過程不透明すぎて信用できない。

もっと方針を明確に打ち出して、指摘をどんどん吸収してブラッシュアップしていかないとまずいんじゃないですか。

果たして適切にマネジメントできてるか素人目でも不安になる。問題を抱え込んで爆死してない?っていう。

国民に対してホウレンソウもできてないしPDCAも回せてるように思えないし、

超絶優秀な人々であることは承知していますが、それでも頼りないです。

しっかりしてほしい。ついていけるだけの方針根拠説明してほしい。説明責任果たしてほしい。

対応が場当たり的で、根拠不透明、適切な処置がなされているとは思えないようなグダグダした説明

原発の時も似たような違和感を抱いたのですが、パニックを起こしたくない心理からなのか

国民危機感中和させるのに躍起になっているように映る。正常性バイアス助長したいだけのような印象を受けます

侮っているのか、内心焦ってるのを隠してるのか、それとも半ば諦めてるのか、政府の発表に危機感を感じない。本質をぼかしたまま声明を出す癖がある。

ミスミスとして認めず、追求を交わすことに全力を尽くしている。リーダーシップというものをどう捉えているのか?

エラーが起こるのは不可避、想定が甘かったこともあると思う。何かが起きてしまった後にどう動くかで真価が問われます

失敗を認めてもう一回想定を修正して後動きますって伝えてくれれば、こっちはそれに同意するかどうか別として、状況を把握できるんですよ。

そうしてくれれば国民疑心暗鬼に襲われず各自対応をとりやすくなるのに、メッセージを発信しないから皆不安なまま。

ミスや失敗を認めることは、自分の生涯を懸けて守ろうとした国の社会や人々がボロボロになることよりも恐ろしいことなんでしょうか。

であるとすれば、個々人というよりも組織風土文化問題があるのかもしれませんね。ちゃんコミュニケーションとろうとしてますか。

昨年の台風ときは、政治家の対応こそお粗末でしたが、気象庁から情報提供や指示はタイムリーかつ的確だと感じていました。

なので、命の危機こそ感じても、個人的に不信感は少なかった。皆さんは今回、どうお考えですか。

私は日本死ねとは思わないです。私は生きたい。大切な人たちにも生きてほしい。

これまで希望とか特に持って生きてたわけではなかったけれど、もう一度日々を安心して過ごしたいし、将来を設計できる世の中に戻って欲しい。

今回は、政府に望むことを書き連ねました。次は、社会として我々が何ができるのか考えたいので、皆さんご意見ください。





日本憲法 前文

そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威国民に由来し、その権力国民代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍原理であり、この 憲法はかかる原理に基くものである。”<<

日本憲法 第二十五条

“【生存権、国の生存権保障義務】 1 すべて国民は、健康文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。 2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び 増進に努めなければならない。”<<

自由民主党 立党宣言

政治国民のもの、即ちその使命と任務は、内に民生を安定せしめ、公共の福祉を増進し、外に自主独立権威回復し、平和の諸条件を調整確立するにある。

われらは、この使命と任務に鑑み、ここに民主政治の本義に立脚して、自由民主党を結成し、広く国民大衆とともにその責務を全うせんことを誓う。”

2020-02-08

生活目的ゲーム

ファンタジー世界生活!といいつつ最序盤から大して苦労せずに健康で文化的な最低限度の生活を送れるゲーム多すぎる

ちょっと街の外に出て何体か魔物を狩ったら宿に泊まって食料を買ってもお釣りがくる みたいなバランスのやつ

強くなっていくのがまあ目的なんだけど、強くなってでかい金額稼げるようになってもその金は武具に消えていく

あのキューバ漁師コピペを思い出してしまう そんなに頑張って強いモンスター狩ったりしたくても全然暮らしていけるじゃん、と思うとなんだか無駄主人公を苦しめてるような気がして申し訳なくなる

せめてすごい高い家具を買うとか高級ワインを買うとかできたらいいんだけどな 家の値段なんかもリアルバカ高くして、いい家具をそろえていい暮らしをすることを目標とする

そういうゲームってウケないんだろうか どうぶつの森+冒険者要素 みたいな つうか絶対あるだろ 俺のリサーチ力が低いだけ?

強くなるために強くなるって構造ゲームはなんだか虚しい まあゲーム内でいくらいいベッドを使ったってこっちはせんべい布団のままなんだから仕方ないといえばそうなんだけど、主人公にいい思いをしてほしいんだよなあ

2020-01-26

恋愛結婚時代あなた選択責任すべてが免除されることはない

たとえ一時であっても、相手が好きで、自分が選んで結婚したんでしょう?

かに強制されたり、親に決められて無理やり結婚させられたりしたわけではないんでしょう?

「そういう相手」を選んだのはあなたじゃないですか。

恋愛のドキドキ」を基準に選んだのはあなたでしょう?

恋愛相手として欲情する相手」が、結婚相手として、夫として、父親として、共同生活パートナーとして適切であるとは限らないんですよ。

「いい人なんだけどちょっと……」

恋愛相手としてドキドキしないから……」

「私がいなくても生活していけそう……」

そういう相手は「恋愛的に昂らない」から選択肢から外してきたんでしょう?

恋愛能力の高い相手を優先して、その他の能力については優先順位を下げた。

あなたの選んだとおりじゃないですか。

なぜ自分が望んだとおりの選択をして、うまくいかなかったことを社会転嫁するんですか?

なぜ社会お金を出させようとするんですか?

なぜ都合の良いときだけ国家に介入を求めるんですか?

個人結婚に介入するな」とよく言っているじゃないですか。

自分責任でうまくいかなかったから介入を求めるのは、ハズレ券だけを社会押し付け行為ではないんですか。

まずは二人で解決してくださいよ。

相手から養育費強制的に徴収するという制度だったら支持します。

でも、離婚した人の子供の養育費を無条件で税金から出させるというのであれば、支持しません。

ただでさえ独身税制的に冷遇されてるんですよ。

なぜ「結婚できた人」「子供ができた人」は優遇されて、なぜ「そこまで至れなかった人」がさら冷遇されなきゃいけないんですか?

一人で暮らして、家事もこなして、結婚相手を望んで、子供を望んで、親を介護して……そして、誰からも選ばれなかった人はたくさんいるんですよ。

あなたは「選んで」「選ばれた」人でしょう?

これ以上、「選ばれなかった人」からお金尊厳を奪わないでください。

追記

id:araikacang 母親自己責任じゃなくて子の福祉の話なんだけど

母親自己責任じゃなくて子の福祉の話」だから?だから、何なんですか?最後まで書いてもらえますか?もしかして、これで反論か何かのつもりですか?

ここで問題です。

センター試験国語「次の文章につながるものを、選択肢①~④から選べ」

母親自己責任じゃなくて子の福祉の話」

①なんだけど。

②だからシングルマザー死ね日本が言っている。

③だから、まずは二人で解決してくださいよ。

④だから相手から養育費強制的に徴収するという制度だったら支持します。

①と答えたあなたと、これにスターを付けた皆さん0点です。②も論理が飛躍しています。正解は③と④です。

id:tea053 でも歳を取ったら、あなた福祉に支えてもらう立場になる。それは次世代が作ったお金で大部分が賄われることになる。そうしたらあなたは「子ども世代税金が原資の福祉に頼ろうとするな」と言われる立場だよ?

はい、出ました。「次はお前が支えてもらうんだから我慢しろ」論。反論らしきものとしては一番多かったです。

この観点から言えば、一番のフリーライダー養育費を払わない夫なんじゃないんですか?

私は、この件で一番悪いのは未払い夫だと思ってますよ。だから養育費強制徴収応援しています

夫に貯金も稼ぎも無いのなら仕方ない。社会全体で支えていくしかないでしょう。


そして、やさしいふりしてるあなたたち、次世代の子供たちにトンでもない重圧をかけてるの気づいていますか?

まれ子供たちが障害を持っていたら?

働けなかったら?

税金を納めるよりもらう立場だったら?

次世代の子供たちがあなたを支えるんだから」という言葉は、明確に子供たちにリターンを求めているんですよ。

あなたたちこそ、憎き「生産性」で次世代の子供たちの価値を値踏みしてるんじゃないですか?

子供は老人を支える道具じゃないですよ。

id:yutawatabe どんな理由であれ、健康で文化的な最低限度の生活がおくれるようにするのが近代国家では?そして親の貧困は子の貧困ダイレクトに直結する分、より干渉的でサポーティブになる理屈は通ると思う。

独身者の貧困は、少子化ダイレクトに直結すると思うんですけど、よりサポーティブななんたらが受けられるんですかね?

かわいそうランキングを勝ち残らないとだめですか?

あなたたち、独身に向かって「そういうとこだぞ」とか「ルサンチマン」とか「 可哀想な人」とか言う人たちですよね。

社会包摂が聞いて呆れますね。

id:wuzukiブラック企業を見抜けなかった労働者にも責任があるのだから過労死自業自得」とはあまり言われないよね。

この例えで言えば、「ブラック企業養育費未払いの夫」なんですけど?

一番悪いのはブラック企業に決まっています。一足飛びに「社会が悪い」というのは分析が荒くて間違っています。正解に向かいません。

id:LawNeet相手から養育費強制的に徴収するという制度だったら支持します” 民事執行法2019年改正され(施行は今年4月)、財産開示制度により養育費強制執行し易くなったので是非ご利用ください。

すばらしい。コメントの中で唯一、有益情報でした。id:LawNeet さん、ありがとうございますid:misoyorishioha さんに届け。応援していますよ。

追記2)

ちなみに、この文章で私が最も伝えたかった主題は、第3パラグラフです。

恋愛相手として欲情する相手」が、結婚相手として、夫として、父親として、共同生活パートナーとして適切であるとは限らないんですよ。

どうか、恋多き乙女の皆さん。

くれぐれも心して選択してください。

2020-01-17

札幌市はなぜストーブの買い替え費用を払わなかったのか

昨日、今日あたりで話題になっていた生活保護の男性が訴える「ストーブ禁止」は違憲 札幌市は争う姿勢 (HBCニュース) - Yahoo!ニュースですが、記事についたブコメを見ていると、生活保護の仕組みや基準に対する誤解が見られたので、制度について簡単解説してみようと思います

札幌市側の主張もおそらく以下のような内容かと思われるため、今回の例を用いて説明する箇所がありますが、詳細な状況やお互いの主張がわかっているわけではないので、今回のケースに限らず、生活保護に対する一般論としてお読みください。

生活保護の中身

生活保護生活扶助住宅扶助医療扶助といった8種類の項目にわかれていますが、メインになるのが生活扶助です。

生活扶助はその名の通り日常生活必要な最低生活費を扶助するお金となり、モデル世帯を設定したうえで最低生活費を算出して金額を決定しています

まり知られていませんが、この生活扶助は第1類費と第2類費にわかれています

生活扶助 第1類費

食費や衣服など個人に紐づく費用扶助します。

携帯電話、散髪代なども個人に紐づくため第1類ですね。

生活扶助 第2類費

水道光熱費家具什器費など、世帯全体で使用する費用扶助します。

新聞固定電話については第2類に含まれます

さて、「家具什器費」というものが出てきました。これについて詳しく見ていきましょう。

生活扶助額の決定

生活扶助費に関しては全国消費実態調査を元にモデル世帯の最低生活費を算出し、金額妥当性が検証されていますが、検証時に用いられた第1類、第2類の区分については現行の検証手法の課題について(参考資料)の10ページ記載があります。 ※

さて、10ページの中央右側「家具家事用品」を見ると第2類に含まれ費用として、電子レンジ冷蔵庫などの家具什器類が含まれており、その中に今回問題になっている「ストーブ・温風ヒーター」が含まれています

前述のとおり、生活扶助費はモデル世帯の最低生活費を元に決定されていますが、ストーブを含む家具についても耐用年数考慮した形で支給がふくまれており、少なくも仕組み上は故障したストーブの買い替え費用生活扶助第2類として既に支給されています。そのため、札幌市としては新たな支給はできない、としたものかと思われます

記事では「ストーブの買い替え費用生活保護費で認められないのは、憲法違反だ」との主張がありますが、上記の通り「ストーブの買い替え費用生活保護費に含まれておりすでに支給済み」のため、正直この記事通りの主張であれば敗訴は免れないと思います。この間違った主張を通すわけにはいかないため、札幌市としても争う姿勢なのではないでしょうか。

平成26年の全国消費実態調査を用いて平成29年に行われた検証ですが、全国消費実態調査は5年ごとなのでこれが最新かと思われます

一時扶助で出せないのか

予想外のことによって急に多額の出費が発生した場合に補助する仕組みとして一時扶助による家具什器費というものがあります

しかし、これは生活保護を開始した時点で家具が無かったり、災害によって家具什器が焼失した場合など、通常の買い替えとは異なるケースにおいて例外的支出されるものであり、ストーブ永遠に壊れないと思っている人はいないでしょう。(実際壊れるまで真剣に考えないというのはありがちではありますが)

暖房器具に関しては北海道など寒冷地向けにFF式や煙突式の場合の一時扶助の増額も認められており、いろいろと考慮はされているのですが、前述のとおり、ストーブを含む家具の買い替え費用については既に支給されており、以前から生活保護受給している人は生活扶助で賄うべきものとなっています

(ただし、モデルケースは全国消費実態調査を元にしているため、FF式・煙突式が買い換えられる分の生活扶助支給されているのか、は議論余地があるかと思います

実際、実施要領においても以下のように「生活扶助計画的に賄うこと」が求められており、(あくまで外から見える範囲でですが)今回のケースを一時扶助で補うのは難しいように思います

生活保護 実施要領】

被服や家具什器更新その他通常予測される生活需要については、経常的最低生活費(基準生活費、加算等)の範囲内で賄われることが原則である

なお、被服費等の日常の諸経費は、本来経常的最低生活費の範囲内で、被保護者が、計画的順次更新していくべきものであるから、一時扶助認定にあたっては、十分留意すること。

役所で融通を利かせられないのか

お役所仕事」というと聞こえが悪いですが、行政においては杓子定規法令通達に従って仕事をすることが求められます

個人に対して法令通達を逸脱した対応を行うことは最初は完全な善意から行われたものであっても、友達への利益供与など、癒着汚職の元となりうるため、避けるべきかと思われます

この辺りに関しては生活保護を題材にした漫画健康で文化的な最低限度の生活」4巻の183ページあたりを読むと、どの制度を使えば法令通達から逸脱せずにサポートができるか、といった現場の動きが見えるかと思います

漫画なので割と読みやすく、いろいろなケースを見ることができるので、興味のある方は読んでみると良いかと思います

そうはいってもストーブが無いのは死活問題では

はい、そう思います

実は生活必需品等購入のための貸付金の取扱いについてという通達が出ており、まさに今回のケースはこれに相当するように思います

ただ、この通達をよく読むとわかるのですがこれは「貸付金制度を用意したよ」ではなく「他に準備された貸付金制度を利用しても収入とみなさないよ」になります

そのため、札幌市において生活保護者が使用できる貸付金制度が準備されていたのか、案内されていたのか、国として貸付金制度を整備するべきでは、あたりが本来議論すべきところかと思われます

また、家具什器費を生活扶助から分離する(月額支給額は減るが、家具故障時の扶助を新設する)など、制度自体改定する議論も考えられますが「生活保護の使い道を本人の意思で決定できる」というのは「健康で文化的な最低限度の生活」において大きな比重を占めており、個人的には現状の生活扶助に含まれる形の方が良いと考えています

どちらにしても現行の仕組みを理解したうえでなければ意味のある議論にならないため、これを機会に仕組みを調べてみると良いのではないでしょうか。

2019-11-24

みんながおもうさいていらいん

「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」

衣:仕事着、通勤着、冠婚葬祭用、部屋着、就寝用、外出用、水泳用、運動用で各4シーズン用で各2~3着ずつ、衛生的で清潔で快適に洗い替えできる環境意匠流行実用から極端に離れていないもの

食:自分の体質と嗜好に合致している朝昼晩の3食とオヤ

住:災害に合わず職場や親しい人達からからず買い物先と交通機関から徒歩で近く人間関係に悩まされず体力的精神的に確実に休息できて所有物も収まりつつ手狭ではなく清潔で快適でプライバシーの保たれること

健康先天的後天的な疾患あれば直ちに手厚い治療生活上の補償負担を伴わず受けられ、職務やそれ以外でも健康を損なわない配慮環境整備が為されていること

文化的:先人の積み上げてきた知識的および文明的な物質的で精神的な遺産を全て無償で容易く利用活用できて、なおかつそこに自分意志で継ぎ足したり、また誰にも咎められずに全く生産性の皆無な娯楽活動に勤しむことができること、そしてこれらは内心の内で有る限り自分以外のどんな存在にも明らかにしなくてよい権利を持つこと

・・・みんなはどう?

2019-10-06

無能でも健康で文化的な最低限度の生活ができるべきである、というのは本当なのかね

というと、護憲派がご自慢の憲法知識を振りかざすわけだけど、でもそれって所詮訓詁学だよね?憲法信仰していない外部の人間に効き目ないでしょ。

2019-09-04

自殺する人がいるのは「死ね」という人がいるからだよ

そうだね。

守護isビッグシールドガードナーだね。

でも実際問題として、もしもこの世界安易他人に「死ね」と言う人や、ミスをした人に対して「死んで詫びろ」という態度を取る人が一切居なくなったのなら、自殺する人の数は3割ぐらい減って今の7割ぐらいで済むようにはなるんじゃないかな。

自殺には多様な要因があるのは知ってるけども、『世の中全体を飛び交う安易に向けられる他人への殺意や嫌いな人間死ぬことへの期待』はその中でも1、2を争うものだと思うよ。

あーでもどうだろうね。

富裕層でない人間健康で文化的な最低限度の生活を送るためには働くか、働くことが出来ないことを証明しつつ罵倒されながら生きるかの二択しか存在しないっていう状況』の方が死因としては強烈なのかもね。

病気を始めとした身体的な苦痛』も結構な強さはあるんだろうけどなあ、うーん。

とりあえずこの辺がトップ3なんかね。

2019-08-23

anond:20190823012405

人間として当たり前の欲求が満たされることは人権でもなんでもない。

生存権は、健康で文化的な最低限度の生活、でしょ。その生活人間の欲が満たされると思う?

2019-07-23

anond:20190723004058

はいこちら18歳。初めて投票に行きましたがいろいろ思うところあるので書きます。前半が元記事へのアンサーで後半はポエム

1.増税あんまり抵抗がない

5%から8%になった日に部活の先輩たちとコンビニでウワーッて言い合ったんですが1割ですよ1割

2.年金はどうでもいい

貰えないのはわかりきってるけど私たち結構な額請求くるんですがそれは。滞納すると差し押さえるぞみたいな手紙くるらしいよ

3.まとめブログの影響

これ今回の選挙で思ったんだけど投票先選ぶのに政党マッチングはおろか候補者とか政党公式ページ政策確認せずに雰囲気で選んでいる人がほとんどっぽくてそうなんだーって思いました。あと政策選んでくとマッチ度が出てくる系のサイト党によっては部分的に回答してなかったり△になってたりして雑なので必ず個別になってる表見たほうがいいと思った。当落予想みて一票の力を上げるやつは期日前行った後に知った

4.民主党イメージが悪い

5.共産党は反ワクチンから

6.維新も怖い

そうだね

7.あと最近出来た政党は無理

8.社民党消滅するから

そうなんだ

あとれいわの障害者の人の記事読んで知ったけど障害者被虐待児とおなじで法もシステムも穴だらけのガッスガッスで例外対応できていないんだね

9.子育て政策にも興味ない

私は反出生主義だけど生まれてきた子供には社会が最大限サポートを施していくべきだと思うんだけど。子供は作るものじゃなくて出来ちゃうものだよ

貧富の格差がどんどん広がる、物価は上がっているのに給料は上がんなくて生活が苦しいというのは日本だけじゃなくて資本主義採用してる先進国(?)の宿命っぽいところがある。歴史を学べばわかるように一つの体制、一つの仕組みをずっと続けていればだんだん行き詰まってきてガタガタになってくる。資本主義民主主義という枠組みは当分変わらないだろうけど(加速主義ネタだし大澤真幸も言っているように「資本主義が終わった後の世界私たちは“構想”することが出来ていない」)なんらかの修正をしなければ貧困層がどんどん多くなって今のアメリカみたいなことになるし私たちが定年(一体何歳になるんだ?)を迎える頃には一体どんな社会に成り果てているのか楽しみで仕方がない

かに投票先を選ぶのは難しい、議会運営ドント式計算法は義務教育で習うとはいえ党、候補者政策や実績などを自分で見に行って正解があるわけでも正しい解法があるわけでもない"投票"をするという行為さながらSFCの小論レベルですらある

おそらくメインストリーム特に苦は感じないような生活をしてる大部分の人にとって別に戦争が起こるわけでもない政治というのはどうでもいいしまとめサイトを見て判断するレベル重要度なのかもしれない。しかしながら今この日本ではセーフティーネットから転げ落ちた人や虐待される子供達、働いてもまともに生活ができない人などの弱者が増えている。これらは個々の事例ではなく大きな流れだということは社会学を見るとわかるがこれにシステム対応していくために政策を打つことが必要弱者にとっては文字通りの生きるか死ぬかの話になってくる。れい新選組かい自殺者が増えてる生きづらい社会を生きてるだけでいいんだという社会しますという健康で文化的な最低限度の生活10歩手前ポエムを掲げる政党が何億も寄付金もらって2議席とるような社会に生まれて本当に悲しい

17:39 一部表現修正

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん