「自己弁護」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自己弁護とは

2019-10-12

anond:20191012201048

結局、そこんところに大衆理解できるようなまともな答えを出したアート関係者はいいからな

アート最先端歴史的に見ても、常に大衆には理解が得られなかった

だが、時代が進んで今では立派なアートと認められている!

これは非常によく聞くアート擁護派の主張で、

まあアート界隈のポリティカルコレクトと言っても良いが、

そもそも、なんで最先端アートを公金で保護してあげないといけないの?

というと誰も答えられない

ついでに、確かにピカソとかゴッホとか発表当時は大衆理解されなかった芸術家はいっぱいいるけど、

その陰には、当時も今も箸にも棒にもかからないからない3流アーティストが山のようにいるわけだが、

そういう人にはお金出してあげなきゃならんのなんで?という問題にも答えられない

アート界隈は結局、いまだにクレメントグリーンバーグ爺さんとかに頼らなきゃ自己弁護もできないバカの集まりで、

大衆理解できないことを隠れ蓑に、公金せしめて遊んでる永遠モラトリアムのガキの集まりなんだよ

2019-09-23

ラグビーWC

 一部で話題になっている表題について、渦中の売店側の人間から少しだけ思う所があるためここに残させて頂く。なお、特定を避ける為にある程度フェイクを挟ませて頂くこと、特に運営側コンタクトを取った訳では無く記載されている内容は全て筆者の主観に基づいた内容であることをご理解いただきたい。

 また、昨日は別の現場派遣されていたため、本日のみの出勤。その為昨日の様子については同じ職場人間から伝聞したことなので正確性は欠けることを先に記載しておく。

 筆者はしがない学生アルバイターであり、派遣でよく日産スタジアム売店店員として働いている。経験したことがあるのは普段Jリーグ(マリノスホームゲーム)、サッカーキリンカップ(国際試合)、去年か一昨年のラグビー親善試合(確かNZvsオーストラリアだった)の3種類の試合だ。

【出勤した店舗

匿名ブログ話題に挙がっている西側ではなく、東南北のどこかにある売店

・常設の売店で、私のような派遣を除けば店員リーグ戦と同様

売店スタッフ責任者など一部を除いてほぼ全員学生スタッフ(高校大学)

 まず言及したいのは売り物について。一部SNSで「ハイネケンしか売る気がない(ハイネケンさえ売れればいい)」という書き込みが流布していたがこれは誤りである

 弊店ではソフトドリンクチューハイ類共に数種類揃えていた。ちなみにそれら販売元はサントリーであり、ハイネケン販売元のキリンではない。

 何故ならサントリー公式WCソフトドリンクサプライヤーとなっているからだ。つまり売店ハイネケンだけでなく「サントリー商品も売らなくてはならない」。

 弊店は場内を歩き回る売り子は設定していない為そちらの事情については分かりかねるが、少なくとも弊店には大量のソフトドリンクがあり、試合終了後もダンボールで大量に在庫が残っていた。

 そして重要なのは普段リーグ戦販売しているのは「サントリーではなくコカ・コーラ商品である」ということ。つまり大量のハイネケンサントリー商品在庫も彼らがスポンサーであるラグビーワールドカップ開催期間内原則売りさばかなくてはならないのだ。でないと売店は店に並べることのできない在庫でただでさえ狭いバックヤードを更に圧迫させるハメになってしまう。

 だから売店的には「ハイネケンに限らず仕入れ在庫一切合切売り切りたい」と言うのが本音である

 今回はワールドワイドパートナーであるハイネケンばかりが槍玉にあげられているが、前述したキリンカップではキリン商品以外は一切店頭に出すことは出来ないし、普段は(アルコール類は)サントリーのみの販売となっている。場内全ての売店確認して回ってる訳では無いのでもしかしたら例外もあるのかもしれないが、日産スタジアムのような大型スポーツ観戦施設スポンサーによる販売物の制限は「当たり前のこと」なのだと言い切れるだろう。今回のスポンサーアルコール含めサントリーであったのなら恐らく場内でビールは香るエールしか販売されていなかっただろうし、キリンだとしたら一番搾りアサヒビールならスーパードライ一択だっただろうと推測できる。

 売り子販売ビール販売しかなかったことは改善すべき点だとは思うが、決して「ハイネケンしか売る気がなかった」訳では無いことを理解して欲しい。

 次にフード類の在庫数についてだが、試合開始前に全て売り切れになったと問題の昨日に関しては弊店では「普段の3倍以上の数」を納品していたらしい。

 普段リーグ戦での入荷目安は「ハーフタイムで売り切れる」程度で(サッカーに限って言えばハーフタイム後にフードを購入していかれるお客様はかなり少ない)、実際も(無論当日の気候や入場者数、試合運びによって左右される)それ位で売り切れる。

 ちなみにラグビー親善試合の時は「普段の2倍程度」の入荷で、結果は「かなり余った」。親善試合ときは場内持ち込み可であったし、デイゲームだったため昨日と比較するのはおかしいと指摘される方もおられるかと思うが、売店側が甘い見通しで入荷数を少なく見積もっていた訳ではないことをご理解いただきたい。

 ちなみに本日は「普段の3倍以上」にさらに追加して在庫が用意され、時計を見る暇がなかった為具体的な時間不明であるが恐らくハーフタイム前半位まで(種類はなかったが)フードの在庫も残っていた。ただ大量の在庫がスペースを圧迫し、さばけるまで多少人間の導線に支障をきたした。スタジアム売店のスペースは、思った程広くない。

 だから今回の食糧難については運営側食べ物の持ち込みを許容してもらうか、観客が事前に会場周辺である程度腹を満たしてくるようお願いするしかない。もしくは場内を改修して売店のスペースをもう幾ばくか広げて欲しい(売店内の設計店舗によって異なるので全てが弊店のようにスペース問題を抱えているのかは不明)。

 次に私達売り子の語学力について。

 いくつか店員語学力について苦言を呈しているコメント散見される。自己弁護になってしまうのだが、当事者にしてみれば私達は所詮学生アルバイト」なのであるしかも時給は最低賃金スレスレ~精々1100円程度。そのような人選で果たして十分な語学力が備わっている人間が集うと思われるだろうか。

 外国語が堪能なスタッフを揃えたいのならば今すぐ時給を上げるか事前に運営側で講習なりを実施すべきだと思う。しか運営にしてみれば運営スタッフ陣の面倒を見るだけで精一杯だろうし、そこまで求めるのは酷だろう。

 大げさな表現かもしれないがスタッフ語学力の低さは、運営問題云々の前に「日本英語教育の敗北」の顕れなのではないだろうか。

 とは言え曲がりなりにも国際試合会場のスタッフの端くれ、英語でも必死コミュニケーションを取ろうと努めた。相手こちらの語学力の低さは承知しているのか聞き取りやす発音で分かり易い表現を用いてくれるので英語表記付きのPOP中学生レベル単語ジェスチャー意思疎通は図れたし、よっぽど難儀な質問でなければ懸命に答えた(通じた)。それで特に大きな問題は起きなかったのでどうか店員語学力レベルについての言及は勘弁願いたい。強いて言うなら運営さん、自動翻訳機はあると嬉しいです。

 

 最後に、少しだけお願いを。

 上で時給の低さを嘆くようなことを書いているが、だからと言って仕事に対して真剣でない訳ではない。しっかり己のやるべきことを弁えて、精一杯働いているつもりである

 好きでお客様を並ばせて、待たせている訳ではない。在庫を切らしている訳ではない。少しでも回転率を上げようと対応をしている。買えなかったお客様申し訳なさも感じている。けれども人手に限りがある以上、ただの学生バイトに納品数を決める権限がない以上、どうしようもないことはどうしようもないのだ。

 長時間並ばされて、挙句商品が購入できなくて腹立たしい気持ちになるのは最もであるしかしだからと言って直接店員に怒鳴り散らされても、こちらは平謝りする他ない。それが一瞬で済めばまだいいが、その場に留まり続けて3分、5分とくだを巻かれるとその分余計に流れは滞るし、気の弱い人だと泣き出してしま業務に手が付けられず結果人数が足りなくなるような状況にも陥る。文句を言われるのは構わないが(そりゃ嫌だけど)、その加減はどうか良識範囲内で済ませて欲しい。

 それが店員からの、少なくとも筆者からのお願いです。

開催される残りの試合が、昨日今日反省点を踏まえた上でより良い形となり来場者、運営者にとって良き思い出となるよう願ってます

長文、乱文失礼いたしました。

(参考)https://www.rugbyworldcup.com/news/393452サントリーホールディングスがラグビーワールドカップ2019公式ソフトドリンクサプライヤーとして決定」

2019-09-21

愛国心利己主義に繋りそうという感覚は、今どれだけ一般的だろう

愛国心話題だったので、ちょっと考えてみた。

私は愛国心というものにやや抵抗があるのだが、内心を分解すると、愛国心利己主義に繋がりそうだという感覚が基本にあるからだと思われる。

利己主義とか言い出すと言葉が強いので反発を喰らいそうなのだが、実感はもうちょいふにゃふにゃで、


人間、何やかんやで自分所属してるグループ地域や国はエコヒイキしちゃいがち。

それを予防するために、普段から自分たちのことは意識して厳しく見るくらいで、バランスがよくなる。

愛国心とかはむしろ自分たちを甘く見る理由になりやすいから、警戒しておいた方がいい」


という感じだ。

これは、政治的主義主張や、国際的パワーバランスみたいなデカい話よりも、「手前味噌や自惚れはちょっと恥ずかしい」という日常感覚の延長にある。

他人に己を自慢すること、また他人アピールせずとも内心で自惚れているのは格好悪い、というのが心の根っこの辺りにある。

更にその延長で、「人間はついつい自分に甘くなるから自分に厳しく他人に甘くしようと意識して、やっと客観的には公正に近くなる」というわけだ。

謙虚美徳、みたいな価値観とも近いかもしれない。





この「自分に甘くなることに備えて、常に謙虚意識しよう」って感覚は、百パー的外れではないはずだ。(そう思ってること自体自分に甘いのかもだけどね)

実るほど頭を垂れる稲穂かな、ってことわざはよく使われるし。

世の中を見ても、信頼されていた人が身内や自分自身については甘いことを言って株を落とすケースや、中立なふりをしてポジショントークしまくってる人は多い。

私自身も、友達喧嘩したり、同僚内で立場が悪くなった時に無理な自己弁護をしてしまい、五年後とかにやっと頭が冷えて「あの時の自分クソダサかった~はずかし~謙虚さ足りね~!」となった思い出は無数にある。

学校やら物語やらでも、自分に厳しく他人に甘くは基本的に良いこととして語られてきた。





しかし、反論も浮かぶ

その一つは、最近よく話題になる、「楽しく生きるには自己肯定感が大切なのに、欠けている人が多く、獲得するのも難しい」という話。

自分に厳しく他人に甘くという意識は、たぶん自己肯定感を削るだろう。

私は「人間自然自分に甘くなる」というのを前提としていて、

まり人間自然自己肯定感過大になるから、それを謙虚さで縮めて、ちょうどよくなる」というのに近い理屈なわけだが、

自己肯定感はそうそデカくならねえよ、となれば前提から崩れる。

実は昔から自己肯定感を獲得するのは難しいのか、時代の流れで得づらくなっているのか、ネットで声をあげるのは情緒不安定な人が多いか自己肯定感けがちに見えるだけで実社会では自己肯定感デカい人が多数派なのか、気になるところだ。

また、「国を愛して力を貸すことは、自分じゃなく周囲のために力を貸そうって感覚から利己じゃなく利他だ」という反論もできるだろう。

もっとである

これは、「己」や「身内」をどこで線引くかという話だ。

私の線引きは、どういう規模の話をしているかによって変わる。

国際的な話をする時は、だいたい日本までが身内だと思っている。

身内に厳しく他人に甘く、よって愛国心は厳しく見た方がいい、という感じである

だが日本社会だけの話をする時は、個人や家庭や企業などの単位が身内で、他の個人企業日本社会全体が他人とすることが多い。

この規模での身内に厳しく他人に甘くというスタンスは、社会貢献や、福祉推進をしましょうって形になる。

日本社会を上手いこと回そうぜという意識なので、これは愛国心推進と言ってもいいと思うが、そう呼んだり呼ばれたりすることは少ない。

(実際、セーフティネットベーシックインカム議論で、愛国心というワードが出ることは多くないはずだ)




自分はだいたいこういう感じなんだけど、世の中的にはどうなんだろう。

利己主義自己愛・自惚れなどが強くなりすぎないよう普段から自戒しとこう、自分に厳しく他人に甘くいこう、その一環で愛国心は警戒した方がいい、ってのはどんくらい同意されるんすかね。

2019-09-11

TJO氏の研究者を辞めた時・・・を読んでの感想

https://tjo.hatenablog.com/entry/2019/01/31/190000

偶然TJO氏が研究者を辞めた話を読んだのだが、読んでいてモヤモヤするので、ここに吐き出す。

ちなみに当方研究者だが、研究でのTJO氏のことは全く知らなかったです

1 TJO氏は明らかに研究者に向いていない。

各場面でのすべての選択、行動に研究者としてのセンスがない。

いろいろ言っているが、結局直接的な研究能力だけでなく研究継続する能力もない。

ちらちら見える自己弁護の内容も弁護になってない。

2 状況を客観的にみれていない

痛みであれ高揚感であれ自分に酔いながら、結局自分問題点の本当の核心を避けながら他者環境に着目しようとしている。

このような文章第三者にどのように映るかの想像力がない。

3 研究への恨みと未練は捨てるべき

向いてないのだから研究者を辞めたのは良い判断。だからこそ、研究への未練は一切捨てて、自分自身のためにもこのような形で研究について語るのは止めるべき。語れば語るほど惨めなだけだ。

2019-09-05

日本共産党志位和夫委員長天才的な言葉遣い

2019年9月3日

戦後に生まれ世代にも戦争責任はある。その責任とは、自国の誤った歴史に向き合い、それを記憶し、次の世代に伝え、繰り返さないことだ。ドイツはそれを実践している。それを投げ捨てているのが安倍政権だ。

2019年8月21日

昭和天皇 自己弁護と『反省』……」極めて不十分ながら自ら「反省」をのべていたことが明らかになった以上、あの戦争とはどんな戦争だったのか、そして陸海軍の統帥者だった昭和天皇戦争責任について、国民的な検討議論必要です。

2018年8月22日

「『戦争責任言われつらい』晩年昭和天皇吐露昭和天皇は、中国侵略でも対米英開戦決定でも、軍の最高責任者として侵略戦争拡大の方向で積極的に関与した。個々の軍事作戦指導命令を与え、戦争末期の45年に入っても戦争継続固執して惨害を広げた。歴史事実だ。

戦争責任という言葉を、場合に応じて自在に使い分ける。天才的な言葉魔術師。さすが、日本共産党トップ20年近く担い続ける委員長です。

good2nd「その責任とは」以下を全然読んでない脊髄反射ばかりで草。反論するにしても読んでからしろよ。同じパラグラフなのに一段落すら最後まで読めないのかよ

take-it 戦争責任を負ったら死ぬの?自国の誤った歴史に向き合わず、それを記憶せず、次の世代に伝えず、過ちを繰り返したいの?自然災害ではない戦争という政治の過ちを望んでるの?

kakaku01 "その責任とは、自国の誤った歴史に向き合い、それを記憶し、次の世代に伝え、繰り返さないことだ。"この責任を負いたくない人がいっぱいいるみたいだけど、また敗戦したいのか?

委員長天才的な言葉遣いをわかっていないのはあなたたちぐらいです。限定していれば、昭和天皇戦争責任をいまさら指摘する必要はありません。委員長の話をきちんと聞いてください。不敬ですよ。

2019-09-02

anond:20190902182152

それこそはてなに山ほどいるような、クソみたいなミサンドリーの垂れ流しはなくなるかもしれない

そういう意味では改まる可能性はある

ただし、被害者意識の強さ自体はたぶんもうどうにもならない

それは男社会がどうとかいうより単なる本人の性格で、そしておそらく一生モノから

この先もあの人らは何か気に食わないことがあれば気に食わない誰かにぶつけるだろうし、それを自己弁護し私は悪くないと開き直るための白ハゲ漫画思考をこの先も一生続けるだろう

そして、それがフェミニズムという形を取るかどうかはわからない

2019-09-01

映画「We are little zombies」ってそんなに良いか

 映画「We are little zombies」を8/31ウェブでの無料公開で見た。今も劇場で上映されているにも関わらず、という点は素直にすごいな、と思う。海外で賞を取ったとも聞く。Filmarksを見れば、割と高評価を付けている人が多い……ように見受けられる。だけどあれ、そんなに良かったか

あらすじ ※以下、ネタバレを大いに含みます

 両親を亡くした4人の少年少女ヒカリ、イクコ、タケムラ、イシ)が火葬場で出会いバンドを結成し、社会現象となる。しかし、主人公ヒカリ)の両親が亡くなる原因となったバス運転手ネット特定され、運転手自殺バンド解散し、主人公は親戚に引き取られることに。イクコ、タケムラ、イシらはヒカリを連れ出し、ヒカリの両親が事故で行けなかった草原へと目指す。道中で事故に合い、4人の乗った車が水没する。頭の中で走馬灯が駆け巡るヒカリ。突然「Continue?」という文字が浮かぶも、一度は拒否しかし仲間たちの声もあり「Yes」を選ぶ。するとヒカリの出生シーンが浮かび、気づいたころにはヒカリ事故現場にいた。その後草原へ4人で向かい、平凡な人生いいねとかなんとか言う。念仏が聞こえ、鯨幕の白からズームアウトして終わり。

感想

 大筋だけ抜き出すとそれなりに理解は出来る。というかこういう、理解のない大人や嫌な現実に反抗し、自由を勝ち取るというストーリー青春モノの定石なので、悪くなりようがないのだ。それから映像が斬新というのも分からなくはない。短いカット連続に鮮やかな色彩、独特なショット

 それらを全部ひっくり返すほどに、演出ダサい

セリフ説明しまくる主人公たち

 自分が何を思ってどう動いたかバンドがどうなっただとか、最初から最後まで説明セリフだらけ!映画は、カメラを通じて作り手が見せたいものだけを見せられるメディアだ。だからこそ、言葉で全部喋っちゃ興ざめなんだよ。表情や仕草、寄って撮るか引いて撮るか、背景に美術、何を画面に入れて何を排除するか、言葉だけに頼らず表現しなきゃ「映画」の意味がないんじゃないの。主人公一人称ナレーションたっぷり入れることが効果的に作用する場合もあるだろうが、主人公たちは感情が無く、両親の葬式なのに泣けない(だからゾンビ」)という設定のはず。それなのに(一応「ゾンビ」だから棒読みで!)べらべらしゃべるものから、「俺、中学生だけど正直感情が無くて全てが滑稽に思える」のコピペを思い出す仕上がりである

2019年にこれをやるかという表現

 「さあゲームの始まりです」は流石になかったが、感電して骨が見える、ネット特定シーンでは画面上に書き込みと思しき文字がずらずら表示される、などの古臭い表現がそこかしこに見られる。走馬灯も「Continue?」も差しまれる出生シーンも……4人が逃げ込んだ先はラブホテル了解です!ちなみに、主人公ゲームボーイを持っている理由は一応明かされてはいるが、イクコ役の中島セナに(iPhoneでもデジカメでもなく)フィルムカメラを持たせているところから見るに、ちょっとレトロな感じよくない?ぐらいじゃないかと疑ってしまう。街中で若者スケートボードをやっている場面も、有り体に言やPOPEYE感を演出するだけ。こういうのを削除したら90分ぐらいのソリッドなものに仕上がると思うのですが。本筋には関係ないものの、正直かなり冷める。

地域格差ステレオタイプ

 ここがかなり嫌だった。主人公ヒカリはおそらく東京まれ東京在住(東京タワーらしきものが見えることから分かる)の中流家庭であるのに対し、がめつく、金をむしり取る親戚は関西弁である。これをステレオタイプと言わずしてなんと呼ぼうか。他にも、葬式の場で主人公に「感情が無いの?」と泣くよう迫る親戚の女性福島在住だし、主人公の両親が巻き込まれ事故の原因であるバス運転手広島出身であるという描写がある。それだけではない。タケムラの父親は、工場経営しており、貧困で、母子に対し暴力をふるう。そして母親を巻き込んで自殺する。イシの両親は中華料理屋を営んでおり、イシは太っている。そして実家火災で全焼する。イクコの両親は、イクコに心酔するピアノ教師によって殺害される。そういう設定だと言われればそれまでだ。気にならない人もいるだろう。だが、私はなんだかなあという気がするのだ。ついでに言うと、主人公ヒカリ父親広告会社に勤めており、社内では人気者だそうだ。監督電通の長久允氏であることを鑑みるに、強い電通力(ぢから)を感じる。

肝心の音楽そんなにいいか問題

 主人公たちにバンドを組むよう勧めたホームレスたちの音楽が、見た目通りのヒッピー感溢れるものだったことには思わず笑ってしまったが、それは好みの問題だろうから置いておく。問題主人公たちのバンドだ。エクスペリメンタルビットポップをやるのは、それも好みの問題だろうから(あと一応「ゾンビ」的設定を生かしたのだろうし)置いておく。それの凄さを語る方法が酷い。CHAI菊地成孔を出して、彼らがいかに凄いかを喋らせるのだ。鑑賞中、思わず叫びそうになった。嘘だろ?!観客はそれぞれ好みが違うから楽曲凄さ表現するのはとても難しいということは分かるが、実在するアーティスト言葉説明させるのは一番ダメでしょう。先ほども述べたが、それなら「映画」でやる意味がないのではと感じる。

自己弁護のうざったさ

 「エモいって古い」にはエクスキューズを付けるいやらしさを感じる。さらに、一種夢オチとも取れる結末で〆ているところもあまり好きではない。別に、全て主人公ヒカリ内面の旅であっても悪くはないが、それにしてはこの(法要中の)短い間によくそこまで考えたな!となり、オモシロさが増す。また、自己弁護ではないが、「絶望ダッサ」にはどうも乗り切れない。「僕は感情がないから悲しみなんて感じないんだ平気なんだ(自己防衛)→いや本当は絶望して悲しんでいるんだ(自覚)→でもそんなのダサいから乗り越えていくんだ(そして未来へ……)」なのかな、と好意的解釈するとしても、それは「ダサい」という言葉で乗り越えていくべきものなのか、疑問である抑うつ状態ダサい/ダサくない、という問題じゃないと思うのだが……。

おわりに

 疲れた映像が斬新と述べたが、中島哲也に似ているんじゃないかとも思う。他にも色々言いたいことはあったが、もう止める。だいたい夢オチ可能性がある時点で、全ての指摘は負けなのだ。楽しんでいる人をけなしたいわけではない。良かったという人はそのまま、堂々としていればいいと思う。ただ、私には合わなかった。

2019-08-28

ある加害者の話

ツイッターのTLでいざこざが起きた。

AさんがBさんに言いがかりをつけて垢消しに追い込んだ。

Bさんは最近繋ったばかりの人で、界隈に来て間もない人だったが、親切で感じのいい人だと思っていた。ハマりたてのフレッシュさで精力的に活動をしていた。

Aさんは界隈で顔が広い。もともとマイペースに好きなことをする人だった。

2人のやり取りを私は1フォロワーとして眺めていた。

BさんはAさんに、そう思うのであればブロックミュートをするように進言したが、Aさんはそれを無視して自分の言い分を書き連ねた。だんだんAさんが被害者じみた表現を使い始めた頃、別の共通フォロワーがAさんを宥めるようなエアリプをした。するとBさんがじゃあ私が消えればいいんですよねと発言した。そしてこれまで関わった人のお礼ツイートを初めた。すぐに私たちフォローフォロワー数が1減った。Bさんのアカウントが消えていた。

きっとあとからTLを見た人はわけがからなかったと思う。幸か不幸かリアルタイムでTLを見ていた私を含む数人だけが、Bさんのお礼の言葉を目にした。

Bさんがいなくなって、Aさんは慌てたのか弁解をし始めた。しかしすぐに自己愛に溢れた開き直りに変わった。

私は一言も発さずにTLを見つめていた。もうBさんはいないのに、誰も吉牛をしなかった。TLに緊張感があった。しばらくすると沈黙していたフォロワーが浮上してきて話題提供していつものTLが戻ってきた。Aさんのホームに飛んだらトスツイで自己弁護を続けていた。私はAさんへの怒りに震えた。

Aさんの主張はまるで言いがかりで、感じが悪いと思った。Bさんは根拠を示しながらAさんの主張が的はずれだと指摘した。私はBさんの言い分が全面的に正しいと思った。何よりBさんのことが好きだった。

面倒な古参に絡まれて気の毒だった。Bさんは新参フォロワー数が少ない。BさんからブロックしたらAさんが余計に好き勝手に騒いでBさんを悪者にし、事情を知らない人たちから誤解を受けるに違いない。それはきっとBさんの活動を妨げる。それならば、さっさと消えた方が楽だと考えての垢消しなのだろう。Aさんのメンヘラじみた言動真正から浴びせられたら私も同じ行動に取ると思う。

あなたは悪くないよって伝えられなかった。黙っていて申し訳ないけどAさんがおかしいと思っている人がいることを伝えたかった。伝えられなかった。Bさんはマシュマロなどの外部ツールは設置していなかったから、何の言葉も届けることはできなかった。

TLは何事もなかったように動いている。TLを見ていたはずの何人かが、どんな気持ちでいつもの呟きを発信しているのか気になった。確かめようもないけれど、私1人が怒りに震えているかの様な気分になった。

気づいたら私はトスツイを続けるAさんのマシュマロを開いていた。吉牛しつつ、いなくなった人のことを言い続けたら感じ悪いよとメッセージを送った。スマホ再起動した。IPを変えたのだ。再びマシュマロを開いた。1時間くらい悩んで一言だけ送った。「完全勝利気持ちよさを教えて!」

TLに戻るとAさんがリアタイ中のドラマの実況を初めていた。こいつ精神的におかしいんだなと確証した。

トスツイを監視するためにホームに戻ると、AさんのFF数がBさんが消える前の値に戻っていた。FF欄を除くと、今日付で作成されたあからさまな鍵垢があった。鍵垢のツイート数が緩やかに増えていく。中でなにを言っているか全くわからないが、私の中で燃える火に油が注がれた。

またマシュマロを開いた。来週も楽しみですねと当たり障りのないメッセージを送った。私は鍵垢でマシュマロに反応していると見当をつけていたので、これまでのマシュマロAIに弾かれたりスパム報告されたりしていないかを確かめたくて弾きようのないドラマに関する言及を送った。

その日は一切の返信がなく、ドラマ感想自己弁護が交互に垂れ流されるだけだった。

翌日の昼頃、情緒不安定謝罪ツイートマシュマロの回答が投稿された。寝て頭が冷えたのかそれとも共通フォロワーに嫌われたくないのか、Aさんはひたすら自分の行いを悔いた。けれど形式的言葉のあとすぐに自己弁護を始めた。起こってしまたことは仕方がないと言った。仕方ないで済ませているのが許せなかった。

私はまたマシュマロを開いた。返信不要ですと前置きし、AさんとBさんの個人名や争いの原因になったことの名称を明記して、TL見てたぞと圧をかけた。すぐにスマホ再起動して、AさんがBさんにつけた言いがかり自分もつけられたくないから私のツイートは見ないでほしいと送った。脳汁を垂らして文体を変えて、さも複数人が昨日の出来事を見て気分を害しているかのようにメッセージを送った。Aさんを疑心暗鬼に陥らせたかった。

Aさんはマシュマロありがとうございます、もうしませんと呟き個別の返信はしなかったが、それ以降トスツイも日常ツイートもしなくなった。あからさまな鍵垢もいつの間にか消えていた。

Aさんが浮上しなくなって数日が経つ。Aさんは他の垢にも浮上していない。ヲチりつつBさんの別垢を探してみたが見つからなかった。消した垢を復活させる気配もない。

いなくなったBさんの幻影を追いかけながら、私はどこか清々しい気分でいた。AさんがTLから消えたことで敵討ちをしたように感じているのだろう。Aさんも垢消しをしていたらある種のハイになっていたかもしれない。

完全勝利って気持ちいいね。最高だ。

私以外のフォロワーも同じ思いをしていると思いこんでの義憤原動力だった。Aさんがマシュマロに反応する様が滑稽に感じられたときから雲行きは怪しくなったけど。

人を殴るって気持ちいい。認めざるをえない。こんなに気持ちがいいのだから争いはなくならなくて当然だ。

私は今日も表で普段通りのツイートをしている。もっとAさんを殴りたい気持ちを覆い隠すように努めて普段通りのツイートをしている。

8月8日とその前後の記録

トラジャ担です。そういう事を書きますが、あくまでこれはトラジャの記録ではなくて私の感情の記録です。2019年の夏とそこに至るまでの、トラジャにまつわる私の記憶とかそういうものの記録。沼に嵌るまでの経過とも言えます。4000字。

書くことで自分の中で整理しようって思いと、書いちゃったから誰かに読んでほしいなって思い。オタク歴がめちゃくちゃ浅くて友達いないしTwitterブログもやってないからここに載せたい。

そもそもアイドル追っかけた事も、アイドル以外の何かを追っかけた事もほとんどなかった。全部トラジャが初めてだった。

私がトラジャを好きになったのは少クラでLet it BURN!を躍る美勇人くん見たからだった。確か2017年?16?かその辺だったと思う。というか美勇人くんを好きになった。うわなんだこのかっこいいダンスって思って好きになったんだけど、少クラだって学校から帰ったらちょうど始まる時間だったから見てただけで録画もしてなかった。音楽番組なら演歌だろうと何だろうと好きな私はそのノリで見てただけで、ジュニアの事なんかわからなかったしましてやトラジャなんて(そもそもジュニアの中にグループがあるのも理解してなかった)知らなかった。ただ美勇人くんていうんだ、かっこいいな、今日放送出るかな、って思って毎週見てた。

だんだん仕組みがわかってきて、ああ美勇人くんがいるのはトラジャってグループなんだな、Love-tuneってとこと兼任してるのか、みたいな、どう調べたらいいのかもわかんないし無精者だから少クラ見て分かる事だけちまちま知っていって、たまにアイドル雑誌買ったりもして、ゆるゆるの美勇人くんファンをしてた。今でも私が一番好きな少クラはいつかのらぶと一緒にやってたえびのFantastic Rideだ。それはそれで楽しかったよ。

けど、だんだん少クラに出る美勇人がらぶの方ばっかりになってる気がした。衣装とか。あれって思ってるうちにもうトラジャでは全然踊ってくれなくなった。そうこうしてるうちに夢ハリが出て、めっちゃかっこいいじゃん!って思った次の、少クラでの確か二回目の夢ハリパフォーマンスとき朝日君がいなくなっていた。流石の私もおかしいと思って、はじめてちゃんトラジャについて調べた。そうしたら私が呑気に少クラだけ見てへらへらして居る間にトラジャも美勇人くんもLove-tune朝日君もそれからもちろんファンも大変なことになってたのを知った。知って死ぬほど後悔した。自己中なことに、ああもう二度と美勇人くんには会えないんだなって思って後悔した。あの時点ではもちろんらぶにいたから見れはするんだけど、けど、既にその時私はトラジャのパフォーマンスの中にいる美勇人くんのファンになってたからそれじゃ嫌だって我儘を思ったんだな。

それで(今後自分は誰を応援するのか?みたいなことで)結構悩んだんだけど、結局「トラジャ」ってグループファンでいようと決めた。らぶにいる美勇人は何でか分からないけどなにか違くて(勿論好きは好きなんだけど)、やっぱり私は「トラジャ」のステージが大好きだったから。あと何かの雑誌で読んだ松松の加入の方法もすごく好きだったから。それで何したらいいかわかんないなりにファンクラブはいればいいのでは?って思って情報局に入り、そこから少クラだけじゃなくていろんな番組とか(そんなないけど)、雑誌とかを見るようになって、いろいろあって、初めて彼等に会えたのが去年つまり2018年のサマパラ。

当選した時嬉しかったなあ大学の授業中にメールが来て教室飛出して親に電話したの今考えても馬鹿だ。当然仕事中なので出なかった。全く違うジャンルオタクが一人だけ居たのでそっちにも死ぬほど電話しまくった。二次元の子なので、推し三次元で会えるのってすごいねみたいな事を言われたの覚えてる。

それで2018年のサマパラはあんまり覚えてないんだよね。興奮しすぎて覚えてない。アリーナのめちゃくちゃすごい席ひいちゃって、しーくんの汗がふあっ、てとんできたのと、アンコ終わりにちゃかちゃんが「何かあったらTravis Japanに言えよ」って言ってはけたの、ほんとにそれしか覚えてない。けど終わった時好きでよかったし好きな人たちに会えるときに会えてよかったってすごく思った。

情報局動画に2018のダイジェストがのってるんだけど、それは心がほんとに折れそうなときに見る。死ぬほどつらい時にあれ見るとラストの方のサマパララで、ローテンポのサビのとこ、ちゃかちゃんカメラ指さして歌ってるとこでわんわん泣いちゃうんだよね。リーダーすごいなあって思う。

まあそこまではよくて。ここまでなら一般人危機感を覚えて軽めのオタクになっただけの話なんだけど問題は今年の夏なわけじゃん。8.8みたいな話。

8.8は当然の如くはずれたのでお家で見てました。けど正直外れてよかったって思ってしまった。スノストは正直好きで、てかトラジャが私の中では特別輝いてるってだけで、もうステージで輝いてる人は全員好きなんだけど、それでもだめだった。そりゃ人気とかわかってはいたけどまさかあそこであんな形で発表されるとは思わないじゃん。発表の後は見れてないし、素顔トラジャ版予約したけど、来ても正直見れる気がしない。おめでとうだけはちゃんといいたいんだけど。その気持ちは嘘じゃない。本当に、スノストがどうこうじゃなくてトラジャの問題なんだそこだけは本当でしかない。

まあ自己弁護はいいや。

その時私は8月10日サマパラ初日昼公演つまり初回公演のチケットを持っていた。死ぬほど楽しみにしてた。横アリは外れたから私にとっては一年ぶりの単独公演。幸せ絶頂だったんだけどどん底勝手に落ちた。物販だけ行ったドームうちわ眺めながら、どんな顔してTDCHに行けばいいんだろう。メンバーはどんな顔してるんだろうってそればっか考えたし、人生でこんな悲しい気持ちで入るコンサートはそうそうないだろうなって思ったりもした。美勇人くんがいなくなった時の事とかも思い出した。終わりがあるってことを忘れていたんだな。総武線の中できいてたボルケーノの歌詞が辛かった。

8月8日日記を見返したんだけど「私は楽しくなくていいから7人が楽しめればいいのに」って書いてあった。まさにそういう気持ちだった。

それで公演に入った。けど二曲目からは一つも悲しくなかった。同じ公演に入ってた人ならここだけは同意してもらえると思うんだけど、一曲目に松松が入って初のオリジナル曲の二番初披露で松松のパートがあって(うみんちゅナイス)、それで次のYes!I SCREAMイントロでまつくが「デビューすっか!」って叫んだじゃん。もうあそこで悲しい気持ちとか諦めとか寂しいのとか全部吹っ飛んだよね。私は泣いたし私の前にいたまつくのうちわ持ってた人は座り込んで泣いてた。7人が全日程通して(とらまるも含め)自分達の気持ちを語ってくれたわけだけど、私にとってはあのまつくの言葉が強くて強くて、あれがなかったらたぶん怖くてこの間ののえまる開けなかったと思う。しめちゃんの一緒に頑張ろうって言葉にも心の底から約束できたし、うみんちゅに言われて買ってなかったグッズ追加で買ったし、新曲コールあんな大声出たことなかった。光飛び散るステージMCかめっちゃ笑ったし。のえさんの優しさもたまらないしソロファンサで死んだ。元太anniversaryでまた泣いてまつくのpureも早く音源にしてちゃん歌詞読ませて!ってすごく思って、エンディングでまでカニ歩きしてるしーくんに誰も突っ込まないので笑って、とにかく全部幸せだった。トラジャをこれから応援できるなって思った。

そのテンションのままで虎者特報100万目指して、実際100万いった日の夜中とか、30分に1万のびるんだもん寝れないよって思って4時まで起きてた。死ぬほどまわしてスクショとって、オーラス前に行けた。私はサマパラ初日の1公演しか入れなかったのだけれど、そこで言われたうみんちゅ言葉に加えて、オーラスまでモチベーションが続いたのはレポをあげたり再生数をグラフ化してくれたりするトラジャ担の皆様のおかげでした本当にありがとうございます勇気を出せたら私もトラジャ垢作りたいな。

結果としてフルが公開された。8.8からたったの二週間。漫画どころか二時間完結の映画みたいなスピード感

決まってたのかもしれないけどそんなことどうでもいいじゃんって今は思う。もうなりふり構っていられない。前はトラジャのパフォーマンスファンだった。けど今はもう何でも良くて、もちろんトラジャのパフォーマンスが一番好きなんだけど、今の私は、トラジャの7人をこれからも見ていられるようにするためなら何だってするし何させられたって(勿論7人が嫌だと思う事は絶対嫌だけど)いいなって思う。

終わりがある事を知ったからこそこう思えるようになった。

なんでもいつかは終わるんだよね。人生だっていつかは終わるし。アイドルなんて特に。嵐でさえ休止するんだから、こうなったから終わらないとかそんなこと言えない。言えないからこそ今を精一杯、それからほんの少しだけ先の何かのために頑張って、その結果として少しでも長く7人を見ていられたらいいな。追いかけられればいいな。オースティンがあって、虎者があって、そこを頑張ったらもう少しだけ先の別の目標が出来たら最高じゃない?今は未だ妄想だけど。

一つ一つの目標を躓かないで頑張れたらいつかはハリウッドが次の行先になるかもしれない。ハリウッドの次だってあるかもしれないじゃん。

思うのは、叶ったって夢は夢でしかいかも知れないってことだ。それが終わるってことだからトラジャとか、アイドルに限らずだけど、結局人生でさえいつかは終わるんだから。一度は叶った夢が消えちゃうこともあるし。

けど私はこの夏を通して、7人と7人のファンと、同じ夢を見られるファンに慣れた気がしてる。

同じ夢を見ている限りもう怖いことはない。

MVまわしながら勢いで書いたし歴の浅いオタクからいろいろ間違えてるかもしれないけどこれから勉強するから許してください。なんなら教えてください。私の知らないトラジャの事をたくさん知れたらもっともっと同じ夢を見られる気がするので。

アイドルしてくれてありがとう応援させてくれてありがとう。いままでもこれからも。

2019-08-18

anond:20190818010308

君の文章が下手なんやで「ネトウヨ馬鹿が使う」「頭のいい人があえて使うこともある」「俺もたまに煽り目的に使う」

こう畳み掛ければ、自己弁護のために「頭のいい人〜」を書いたようにしか見えん。

お前にそういう意図がないのはわかるが、ワイは揚げ足とっていくやで。

で、君はネトウヨ馬鹿と、あえて使う頭のいい人wとどっちなんや

2019-08-12

anond:20190812143403

ちな、あれだけ初期には学歴厨が幅を利かせていた2ちゃんねる

高学歴地位ががくっと下落した一因は

たぶん2003年スーパーフリー事件

2ちゃんねるでは高学歴でも鬼畜リサーの所業はぼろかすに叩かれ

一部では必死自己弁護する高学歴リサ関係者2ちゃんねらー泥仕合が見られた

2019-07-28

どうしても許せない言葉を言われた

親に言われたわけだが。

から親の言葉の軽さ、口論になり感情が高ぶるとかんたんに罵詈雑言を人に浴びせるところが嫌いだった。

そして、感情が落ち着くとへらへら薄笑いを浮かべながら「ごめんね~…でも、(以下、『お前があんな事言うから=言わせたお前が悪い』という要旨の言い訳が続く)」

と軽く謝ってくるのがもっと嫌いだった。

自分価値観ではそれは謝罪ではないし、本気で悪いと思っている人間言葉ではない。

本当に自分が悪いと思っている人間は『ただ謝る』だけではないのか。

そしてそれを受け入れるかどうか、許すかどうかは謝罪を受けた人間裁量であり、許せなかったとしても仕方がない。

それを「謝ってるのになぜ許さないのか」「家族なんだから許せ」と謝っている本人が憤るのは筋が違うのでは、と思う。

今回、『言うからには相手と絶縁する覚悟で言うべき』と自分には思える罵詈雑言を浴びせられた。

(具体的には『お前は犬畜生以下だ』と言われた)

その言葉だけはどんな理由があっても言うべき言葉ではないし、どうしても許せないと思ったので、

翌日、案の定へらへらと薄笑いを浮かべて『ごめんね~でも…』と形だけ謝ってきた親に対して

『謝られても許せない、自分にとってはそのレベル言葉から』と言ったら、

てっきり許されると思ってたのか、またつらつらと言い訳を連ね、

挙句『許せないならどうするんだ』『家族ならどんな失言暴言があっても謝ったら許すべきなのに』『哀しい』と自己弁護を繰り広げてきた。

どうするのかなんてこっちが教えてほしい。許せるものなら許したいが、尊厳を踏みにじる言葉を言われて許せずに苦しんでるのはこちらなのに。

から何度言っても何度伝えても、親とは言葉に対する考えかたが違いすぎて、全く価値観が噛み合わなくて苦しい。

全くこちらの主張を理解してもらえず、自然化け物を見るような目で親を見てしまう。

それが気に入らないらしくて『どうしてそんな目で見るのか』と、『哀しい』と捨て台詞を吐いて、謝罪に来たと言いながら自分の傷をしっかり強調して帰っていく。

老いた親に対して取るべき態度ではないのかもしれないが、だが、言われた言葉を思い出せば怒りと失望が沸き起こり、とても許せそうにない。

せめてしばらく時間を置いてほしいのに、『謝ったんだからさあすぐに許せ、許せないなんてこちらが傷ついた、哀しい』という親の態度にまたどうしようもない気持ちになる。

他人だったらこんな人間とは絶縁できるし二度と近づかないで済ませられるのに。

親とは死ぬまで互いにわかりあえないことは確定だし、言われた言葉はずっとわだかまりとなって燻り続けるだろう。

親なんて他人からそれも仕方ないとわかってる(親からすると『親子でも他人』という価値観も受け入れられないらしい)が、それでも付き合っていかなければいけないのがしんどい

諦めはある程度ついてきているけれど、まだ親に何か(理解)を期待しているのかもしれない。

毒親もつ他の人々はどうやってこういう気持ちと折り合っていくのだろうか、よければ教えてほしい。


追記

トラバの返信の仕方がよくわからないので追記で御礼。

トラバしてアドバイスくれた人ありがとう。正直『うんち』って言われるだけだろうなって思って吐き出したから、マジレスもらえて嬉しかった。

>親なんて基本クソ~

あとから、『オレが犬畜生以下ならてめえは犬のクソ以下だ!』って言ってやればよかったなって思った(笑)。言われた時は頭が真っ白になって、『そっか、犬以下か…』としか返せなかったのが悔やまれる。

段々、ああ自分はあの言葉にめちゃくちゃ傷ついたんだなってわかってきて怒りが湧いてきた。でもそれを言ったら親と同列になるから言わなくて正解だしこれからも言わないだろう。

増田以外にもことこまかに日記

色々とあるんだけど、書いて突きつけたところで親は『そんなこと覚えてない』『そんなつもりで言ったんじゃない』って言って終わるんだろうと思うし、

それでまた失望するのも疲れるし、読み返すたびに怒りが戻ってくるだろうからこっちがしんどいなって思ってしまうんだ。怒りの感情を持続するってきついな。

増田自身、親の影響を~

言いたいことはわかるし、自分にも頑なな部分があると思う。

相手価値観絶対に間違ってるなんて断罪はしないし、自分絶対に正しいとも思っていないけど、

『それは自分価値観では許せない』って線引きは誰にでもあると思うし、親にだってあって当然だと思う。

『それは自分には許せない』って自分なりの倫理基準を持つことは普通なんじゃないかって思うんだけどな…相手の全てを許して受け入れることはできないよ。聖人じゃないし。

親じゃなきゃFOでさくっと終わるんだけど。ただせめて、『自分相手にとって許しがたいことを言ったんだ』って自覚くらいは持ってほしいなってさ…

自分の『(親を)許せそうにない』って言葉は、親からすれば『許せない言葉』なのかもしれないって自覚はあるよ。

ところで、増田は『犬畜生以下』って言われても『ごめんね☆』で許せるのか? 心広いな…菩薩か。

距離を置くように~

中島み○き降臨…!!

自分にしても、いつまでもずっと怒りを持続することはできないから、そのうち許す(ふりをする)んだろうと思う。

増田も色々あったんだろうな、お疲れ様。今は平穏なら何よりだ。

2019-07-12

から時短社員は使えねー

って思ってるよ、時短私自身が。

時短復帰の前、総務から「他の社員より勤務時間を少なくさせてもらってるのだから、しぬほどがんばれ(大意)」みたいな説明されたときは正直クソだなと思ったんだよね。

勤務時間少ない分給与は減ってるわけで、ちゃんと代償は払ってんだからトントンじゃないん??なんでより頑張らないかんの?同じ頑張りじゃだめなん???て思ってたんだけど。

でも実務はどうしたって「急な今日中のタスク」が発生するし、自分が早めに上がるぶん、それは他の社員にやってもらわないといけないんだよ。

ごめんね、申し訳ない、ありがとう、って言ってなるたけフォローはしてくけど、どうしたって不公平だよね。もしかしたらその社員だって口には出さないだけで「今日早めに上がれたら映画でもみよっかな」て思ってたかもしれないじゃん。でも保育園のお迎えのほうが正当な理由として通っちゃうんだよ。

日々の仕事は集中して効率化もできるけど、それって毎日全力疾走ってことでけっこうしんどい今日気が抜けちゃったか残業してくかー、てのもできない。

支え合いとも言うけどさ、うちの子の手が離れて他の社員時短復帰したらそりゃあ全力でフォローするつもりだよ。でも子供持たなかったら?ずーっと独身社員はいつまでも割りを食うだろどうすんだよ、て言われると、まじで良い案が思いつかないんだよ。どうすりゃいいの。

しかも昨日は2年目の社員が当日必須作業ほっぽって帰っちゃったから(お迎え遅刻してまでフォローしてったのに)、わたしにはその人にちゃんと注意するタスクと、翌日作業するタスクと、各方面にごめんなさいと再作業の調整するタスクが一気に乗るんだよ。毎日効率(笑)作業ギリギリなのにね。そこまでしても結局「やっぱ時短社員時間の融通効かないし使いづれーな」って思われたら?

しかもさ、真の理由時短じゃないんだよ。こなせない自分能力不足なんだよ。できる人もいるんだよ。でもそれで完結しちゃっていいんか?できる人に照準合わせて後を切るのはいまの時代に合ってるん?でもそれってただの自己弁護

よくわかんないよ、どうすんだよもう。7億円当たりたい。

2019-06-18

anond:20190618104314

努力したくない理由付けしてるだけじゃん、お前より悪い環境努力して成功してるやつは個人資質問題で、本人が恵まれてるみたいな理屈だよな。

くその通りじゃん。個人資質運ゲー

努力できる人は脳に違いがあるという研究もされてるくらいだ(確定はしていない)

努力無意味だというのは、傷つくのが怖い、自己保全第一の無努力主義者自己弁護のためのバイアス

違うね。「努力が結果につながる」というのこそ、払ったコスト分の成果を得られた人間だけの生存バイアス

anond:20190618102455

なんじゃそりゃ

努力したくない理由付けしてるだけじゃん、お前より悪い環境努力して成功してるやつは個人資質問題で、本人が恵まれてるみたいな理屈だよな。

努力無意味だというのは、傷つくのが怖い、自己保全第一の無努力主義者自己弁護のためのバイアス

anond:20190617004200

痛いところを突かれたとき自己弁護、二枚舌、ダブスタ

まさに高知能の無駄遣い。

2019-06-17

anond:20190617192252

自分目標がないんか。

昔男にあーだこーだ、男の方が権益があーだこーだ言って男の足引っ張ろうとしてるフェミ本質的に一緒だってことね。

お前がそうなったのもフェミのせいだししょうがいね。←これで自己弁護要らなくなったろ、感謝しろよ。

anond:20190617173815

男女共同参画予算疲弊した弱者のよりどころ奪うのも、票欲しさに政治家やらがやってることだから

この場合やっぱり対象政治家なんじゃないかと思うんよね。

キチガイがどれだけ叫んだって止めるべき部分は止めるべきだと思うんよね、結局ポリコレとか世界の流れとかに反して、

票を失いたくないって助平心で、若者とか弱者いじめてるのは政治だと俺は思う。

そもそも元凶である「叫んでるキチガイ」が諸悪の根源やで?

そしてそのキチガイは聞き入れるまで叫び続け、殴り続けるんやで?それは政治家相手だけやないんやで?

善良な企業もその犠牲にされてるんやで?

ポリコレ」ってのもそのキチガイ所業の一つやってわかってるか?

あとダイアの件については君の言う通りだと思うわ、自己弁護的に言うなら、

国家存続のために、新たな労働者を生むカップルを援助するのは国家が存続する上で必要なことだと思うからしょうがない面もあると思う。

しょうがない」で犠牲にされるんはいつも弱者やで?

それにカップルだけやないで?女には女っちゅうだけ税金投入されとるんやからな?

anond:20190617171626

文章攻撃的だったかもしれん、すまんな。

男女共同参画予算疲弊した弱者のよりどころ奪うのも、票欲しさに政治家やらがやってることだから、この場合やっぱり対象政治家なんじゃないかと思うんよね。

キチガイがどれだけ叫んだって止めるべき部分は止めるべきだと思うんよね、結局ポリコレとか世界の流れとかに反して、票を失いたくないって助平心で、若者とか弱者いじめてるのは政治だと俺は思う。

あとダイアの件については君の言う通りだと思うわ、自己弁護的に言うなら、国家存続のために、新たな労働者を生むカップルを援助するのは国家が存続する上で必要なことだと思うからしょうがない面もあると思う。

それが許せない気持ちもわかるけどな。

anond:20190617094210

そうなんよね、どんなに自己弁護したり、擁護したところで、本質的に「気に食わない」って感情正義を振りかざしてるんよね。

男も女もそれをちゃん理解しないといけないと思うわ。

anond:20190617093834

男も女もおんなじように権威だったり正義を主張するよねって話で、なんで急に

「男オタクはそんなことしてない」って言ってんだけど?

みたいに急に自己弁護始めてるのか謎

それを言うなら女オタク表現抹殺求めてないでしょ、表現抹殺を求めてる奴らに共通する属性は「女オタ」じゃないと思うぞ、一緒によく考えてみようぜ。

2019-05-29

anond:20190529113752

犯罪擁護する人っていうのは、たいてい、その犯罪過去にやったことある人。

まり自己弁護なんだよ。

そうしないと、脆弱自己が傷ついてしまうんだ。

2019-05-12

いい上司の条件

って、いろいろあると思うんだけど、

初めにみっちり教え込んで、理解できた感じだったらある程度自由やらせることができる、おかしいとこあったら穏やかに指摘できる、質問やすオープン雰囲気を作る、自己弁護しない

って簡単そうでなかなかできないけど、いい上司の条件だなーと思う。

特に、ある程度自由やらせる、まかせるっていうのがすごく重要なんじゃないかと思う。なんというか、信頼されてるんだなーがんばっちゃうぞ!となるんだよね。我ながらチョロいが。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん