「「バカ」」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 「バカ」とは

2018-10-13

anond:20181012223001

元増田だが、関東人のために解説すると、このボケ突っ込み元増田へのネイティブチェック&意見表示だ。



なにバカ関西人がイキってんの

バカ/アホ」の用法関東関西で異なるというのは、有名なネタであり、この話者自分関東圏の人間であることを「過剰に」強調している。おそらくネイティブ関東人ならこの一文に「バカ」をつける必要はないと感じられるだろう。なぜか? ネイティブ関東人にとっては「関西人」と呼ぶこと自体ナチュラル侮蔑の意がこもるからである。「なに関西人がイキってんの」だけで充分すぎる侮蔑である、と関東人は思う。ちなみに、この侮蔑ニュアンス関西人には理解しがたい(自分出身地域に対して原則引け目を感じることがないから)。しかしたとえば関東で「東北かよ」みたいに言われることにどういう意味があるかを想像すれば、関東人でない人間関東人が○○地方の人と呼ぶこと自体に、どのくらいのニュアンスがあるかは想像できるかと思う。おそらくこの書き手はそれも踏まえた上で「過剰に」関東人を演じてみせた、とここから推測される。


田舎者道頓堀だけでイキってろよ

道頓堀」というやけに具体的な地名をあげることで、話者はむしろその地域を具体的にイメージしている、と伝えてしまっているが、それがこの文の仕掛けである相手を「田舎」と非難する場合、やけに詳しい内容を言うことは本当はおかしいわけで、この発言は、一見元増田非難している風に見せかけながら、この書き込みが「ボケであることを雄弁に物語っている。突っ込んでいる風に見せながらボケているわけだ。つまり自分を「落とし」ながら、何か別のことを伝えようとしている、ということが伝わる。


これは、関西人同士なら基本に属する軽いジャブのやりとりだが、この解説で、「喧嘩しているようにしか見えない」と言われる関西ネイティブの会話の内実の一端を、関東の方にも感じとっていただけたことと思う。この増田は、このボケ突っ込みを「本当に元増田関西ネイティブだったら受けきれるはず」と信頼した上で、「こんな話を丁寧にしてもおそらく伝わらないから、さっさと店じまいした方がいいよ」という意見を、自分を「アホ」に仕立てながら(配慮)やんわりと元増田に伝えてくれているのである関西ネイティブの同士である増田には、せっかく関西人らしいハイコンテクストなやり方でご意見をいただいたのに、それを全部ネタバラシするようなことをして誠に申し訳ない。が、それがあまりにも面白かったのでついつい解説してしまった。今は反省している

2018-10-10

バカマツタケの"完全人工栽培"は偉業なのか

先日、加古川肥料メーカー多木化学バカマツタケ(Tricholoma bakamatsutake)の完全人工栽培成功を発表した。それを森林ジャーナリスト田中淳夫氏がyahoo!ニュースで取り上げた記事は、多数のブクマを集め話題さらった。

http://archive.is/fdyLb 

ただ記事の内容には不正確な情報や、やや解説が不十分と感じる点があったので補足したいと思う。なお増田は単なるきのこ愛好家に過ぎず本稿は信憑性に乏しいが、ブクマカのきのこへの興味と深い理解一助となれば幸いだ。

冗長になってしまったので、概要だけ知りたい方や長文が苦手な方は、先に下部の【まとめ】を読まれることを推奨する。

以下該当記事の一部を引用するかたちで解説

バカマツタケマツタケの近縁種。名前名前だけに、マツタケより劣るように思いがちだが、実は姿もよく似ているうえに味と香りこちらの方が美味しくて強いと言われるキノコである

マツタケよりも香りが強いというのは一般に言われるが、マツタケよりも美味しいという話は聞いたことがない。野生下ではマツタケよりも相当に貧弱で、発生時期が早く暖かいこと、一般湿度の高い広葉樹林に生えることからマツタケよりも柔く品質劣化がはやい(一般的にきのこ寒冷地・痩せ地に生えるほど日持ちが良く高品質ものを得やすい)ことが関係すると思われる。近縁で姿がよく似ているというのは本当で、素人目には見分けがつかない。増田にも発生場所情報なしに個体だけで同定できる自信はない。

別名がサマツ早松であるように、マツタケより早く8~9月に発生することから名に「バカ」がついてしまった。

バカマツタケサマツと呼ぶ地域は確かにあるらしい。しかし必ずしもサマツバカマツタケではない。きのこ地方名は極めて多様で曖昧世界だ。その証拠に「サマツ」といっても梅雨時期に少量発生するマツタケを指すこともあれば、モミタケオオモミタケ等を指す地域もあるようだ。

マツタケの人工栽培がなかなか成功しない中、バカマツタケの方が環境適応やすいか栽培もしやすいのではないかと注目する研究者はいた。実は昨年には奈良県森林技術センターが、人工培養の菌を自然にある樹木に植え付けて発生させることに成功している。

『人工培養の菌を自然にある樹木に植え付けて』という表現は正確ではない。菌に感染した苗木を人工的に作り出し植樹することで自然下で発生させた、とするのが正しい。既に自然化で定着している樹木に植菌を施すのと、無菌状態の苗木に植菌するのとでは似て非なる技術だ。(ところで同様の研究マツタケでも行われており、無菌培養の松苗木の感染には成功しているものの、植樹後のマツタケ発生については再現性に乏しい。理由としては自然環境化においてマツタケ菌が他の害菌に負けてしまうこと、マツタケの発生にはまとまった菌糸量とそれを支える大きさの松が必要なことが挙げられる。例えば自然下でマツタケが生えるためには一般20年生程度の松が必要とされる。)補足になるが、奈良県森林技術センターバカマツタケ栽培研究農水省委託事業で、2015年より森林総合研究所(国立)との協働で進めている。要するに国策が3年の歳月を経て文字通り実を結んだかたちだ。今年の2月頃に、はてブでも話題にのぼった。しかし本件とは全く関係のない別個の案件であり、おそらく情報の共有などもされていなかっただろう。奈良県森林技術センターが松の苗木を利用するのに対し、多木化学は菌床を用いた完全人工栽培に取り組んだ。研究テーマアプローチも全く異なり、時期も多木化学のほうが先行している。

これがバカマツタケ栽培の第1号で、今年も継続発生させて実用化に一歩近づけた。ところが多木化学は(中略)木クズなどによる人工培地(菌床)で培養から生育までを室内環境で完結させたのだ。これは画期的なことで、キノコ栽培常識を覆す大発明かもしれない。

菌根菌(樹木との共生関係を結ぶ集団)とされるバカマツタケで『人工培地(菌床)で培養から生育までを室内環境で完結』、つまり”完全人工栽培"に成功したというのは実に画期的なことである。この成果は偉業と言っても差し支えないものであると思う。三重大学の菌学者白水先生も、

とその成果を讃えている。

しかし本文にある『キノコ栽培常識を覆す大発明』というのは誇張にあたる可能性が極めて高い。なぜなら「菌根菌の完全人工栽培成功」という点においては既に先行研究があり、実はとうに商品化もされているのだから。例えばホンシメジの人工栽培がこれにあたる。

とくにマツタケ類は、植物との共生必須と考えられてきた。これまでマツタケ菌糸の培養成功した例はいくつかある(私もその度取材に行って、いよいよマツタケ栽培成功か、と期待していたのだが……)が、子実体(傘のある姿のキノコ)を出すことに成功していなかった。だが多木化学は、とうとう菌糸から実体を出させるシグナルを見つけたのである。この研究成果は、これまでの定説を破るものであり、学術上も大きな成果だろう。

繰り返しになるが、多木化学の成果が学術上も大きな意味を持つ可能性は高い。しかし、その成果がどのレベルかという点については当該記事では説明不十分なので、詳しく補足する必要がある。一般きのこ栽培はざっくり以下の工程をたどる。

a. 優良品種の選定・組織分離

b. 菌糸の培養

c. 原基形成

d. 原基の成長肥大

e. 子実体きのこ)の発生

ごく簡単に一連の流れを説明する。はじめに野生のきのこをたくさん採ってきて、それらの中から有望そうな株の組織(胞子ではない)を切り取って培養する。具体的には寒天培地というデンプンなどの栄養素を添加し固めたものを使う。きのこ組織を切り取り培地に置くだけで(コンタミを防ぐ必要はあるものの)、比較的容易にクローンである「菌糸体」を得ることができる。無事目的の菌糸体が得られたら、それらを培養して増やす必要がある。従来は木くずの他に、米ぬか、フスマなどを添加し水を加え固めたもの(=菌床)を用いる。菌糸体は、適切な温度、水分、光などある条件が重なると原基(きのこの基)を形成する。原基は一般に、低温、水分供給、切断などの刺激により成長をはじめ、十分な菌糸体の量と栄養供給を伴って肥大し、きのこの発生に至る。

ここで問題になるのは、b. 菌糸の培養、c. 原基形成、d. 原基の成長肥大という三つの工程それぞれに、全く違ったメカニズム存在することであるマツタケを例にとると、これまで少なくとも半世紀以上もの研究蓄積(野外での観察研究の記録を遡ると実に70年以上)がある中で、c,dについては再現性に乏しく、bについてもまともな成果はあがっていない。マツタケ栽培の難しさにして最大の課題は実はここ《b. 菌糸の培養》にある。とにかく菌糸の成長が遅い上に、どのようなメカニズムで菌糸が栄養素を取り入れ増殖するのかということがほとんど未解明なままなのである

理由は当該記事にあるとおり、マツタケ樹木共生関係を結ぶ「菌根菌」であることが大きい。マツタケ菌糸の生育には生きている樹木必要で、実験室での再現ほとんど不可能といっていい。それではなぜバカマツタケは完全人工栽培可能だったのか。

マツタケなどの樹木共生する菌根菌に対し、シイタケナメコなど、倒木や落ち葉などを分解し、栄養源とする菌類は「腐生菌」と呼ばれる。腐生菌の多くは菌床による栽培可能で、多くが一般に出回っているのは既知のとおりである。実は菌根菌は、腐生菌が進化過程樹木共生する力を獲得し、腐生的な能力を失った集団だと考えられている。ところが菌根菌の中には、完全に腐生的な能力を失っておらず、腐生と共生、いわば両刀使いが存在するのである。その代表ホンシメジであるホンシメジは「香り松茸、味しめじ」と言われるように、我が国における代表的な食用である。菌根菌とされるホンシメジ栽培は、マツタケ同様に長らく不可能と考えられてきた。しか系統により極めて強力な腐生的な能力を備えるもの発見された(研究により、これまで同種と考えられてきた本種が実は様々な系統もしくは別種に分けられることがわかってきた)。1999年タカラバイオなどにより菌床による完全人工栽培法が確立され、その後商品化もされており、少量ながら現在一般流通している。

多木化学バカマツタケ栽培は菌床を用いた完全栽培なので、上記ホンシメジ栽培成功と同様である。つまり、本件はバカマツタケの中から腐生的な能力を持つ系統を選定し、培養から実体を発生させるまで成功したということだ。リリースにあるとおり、今後は栽培の安定化と供給体制の構築が図られ、数年後にバカマツタケ食卓に並ぶことの実現性は極めて高い。それではマツタケ栽培への応用についてはどうか。

勘の良い方には察しがつくと思うが、前述のc〜eの工程については応用が効く可能性が高い。他のきのこ栽培でも成功しているように、十分な菌糸体と栄養を確保することさえできれば、原基形成〜子実体に至るまで管理可能なことを初めてマツタケ類においても示したことは大きい。ただし、最大の課題である《b. 菌糸の培養》については、ほとんど応用が効かない可能性が高い。なぜならマツタケにおいては既に膨大な先行研究があり、当然ホンシメジバカマツタケ同様に”両刀使い”が存在する可能性も、その系統選びも、菌糸培養を促進する成分や菌糸の栄養源についても、少なくともバカマツタケよりは遥かに詳しく調べられているかである。それをもってしてもまともな菌糸培養に至っていないのが現状なのだ

つまるところ、多木化学による本研究の主な成果は以下の二点にまとめられる。

繰り返すがこれらが偉大な成果であことに疑いの余地はない。一方でマツタケや他の菌根菌の人工栽培を実現するには、それぞれの種類において腐生菌的能力もつ系統の発掘と培養法の確立必須となる。その意味において本研究の応用範囲限定的となる。田中淳夫氏は今回の研究結果により、さも菌根菌の栄養吸収のメカニズムが明らかにされ、あらゆる菌根菌の人工栽培可能になるかのような書き方をしているが(あるいは本当にそう思っているのかもしれない)、残念ながらそうではないことはここまで読んでくださった聡明ブクマカ殿にはご理解いただけたかと思う。

菌床栽培なら、植物共生させないので培養期間が短く、室内の環境を調整することで季節を問わず生産できる。また室内栽培から虫の被害にあわず収穫時も混入の心配がない、収穫も簡単……などのメリットがある。

逆にデメリットを挙げるとすれば、野生のものとは全く異なる味わいと食感になることである。つまるところ、野生の品と菌床栽培のものとでは全く別物と考えるべきである養殖ブリと天然ブリの味わいが全く異なるように(それでも近年の養殖技術進化は素晴らしく、季節によっては天然物を凌駕するものさえある)、それぞれの美味しさと楽しみ方があると増田は考える。今回の成果によりバカマツタケ普通に食べられるようになったら嬉しいし、美味しければ普及すると思う。ただし、仮にマツタケの完全人工栽培確立されたところで、天然松茸価値のものは今後も揺るぎのないものである消費者がどう捉えるかはさておき)。

菌根菌のキノコの中には、マツタケ類だけでなく、トリュフポルチーニホンシメジタマゴタケなど高級キノコが多い。今回の成功が、これらの人工栽培技術もつながるかもしれない。

トリュフポルチーニは、日本におけるマツタケ同様にヨーロッパで盛んに研究がなされているが、今のところ菌床での栽培成功したという話は聞かない。ホンシメジは前述のとおり既に栽培法が確立されており既に商品化もされている。

これらの菌根菌の人工栽培可能にするには、ひとえに”両刀使い”の系統発見と、それらの培養方法確立である。ちなみに本家マツタケにも、実は”両刀使い”の存在示唆されており、引き続き研究が進められている。また、マツタケ類は世界中に似たような種が多数存在しており、マツタケ(Tricholoma matsutake)の中にも、例えば中国の山奥には広葉樹共生する系統があり、更にはそれらが日本ナラやカシと共生関係を結ぶことがわかっていたりもする。種の中にも多様性があり、それらをしらみつぶしに調べていけば、そのうち栽培可能ものに出くわさないとも限らない。その点はトリュフだろうがポルチーニだろうが同様である。ただし、その研究がどれほど途方もなく根気のいる仕事なのは間違いない(ちなみにトリュフポルチーニ国産種が知られており、積極的に狙うマニアが相当数いる)。ところで、遺伝子組み換え技術により、これらの菌根菌に腐生菌的能力を付加することも可能とする研究者もおり、そのうち遺伝子組み換えマツタケの完全人工栽培実験レベル成功する日も来るかもしれない。

まとめ

参考文献

https://news.yahoo.co.jp/byline/tanakaatsuo/20181006-00099530/

http://fs.magicalir.net/tdnet/2018/4025/20181003413938.pdf

http://www.kinokkusu.co.jp/etc/09zatugaku/mame/mame04-3.html

https://www.ffpri.affrc.go.jp/pubs/bulletin/424/documents/424-1.pdf

http://www.jsmrs.jp/journal/No31_2/No31_2_167.pdf

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjom/50/2/50_jjom.H20-07/_pdf/-char/ja

トラバブコメに反応

見た目 味も 香りも 同等以上なら 偉業

あくまで野生産同士の比較なら、やや下位互換という感じではないでしょうかね。栽培バカマツタケは食べてないのでわかりませんが、うまくすればそこそこ美味しいものができる可能性はあるかなと。ただ、マツタケって単体で食ってそんなにうまいものじゃないと思うので、一般家庭での調理には手を焼く気がします。炊き込みご飯するにも炊飯器臭くなるしね。料亭とかでマツタケ代用品として普及する可能性はあるかもしれない。<

2018-10-03

風俗だろうが恋愛だろうが男はやりたいだけだろ

風俗の客はきもいだとかいう女は風俗で数多の男を見てるのになにを持ってウチのカレピは違うなどと言っているのか。

男の恋愛感情なんて単に過去にひもづいた情に付随してくるもの風俗の客に限らずほとんどの男は性欲に支配されてるんだよ。

https://matome.naver.jp/odai/2138451178036102801

まず、単刀直入に言います

男はSEXのために女のつまらない話に相槌を打ち、紳士的に振舞い、したくもないデートをし、愛情を注ぐ演技をします。

ご飯を食べるのは遅い、買い物も選ぶのに時間がかかる、デート代金はほぼ男が負担(←これが内心1番厄介)、男友達とは違い趣味や考え方も合わないし、基本的「バカ」が多いです。

バカの種類としては「女=学力的、生活面・世間常識知識」「男=精神的、幼い行動」)

その日とは限らずともいずれSEXが出来るからデートもするし、その代わりにデート代は払ってあげる。

SEXが出来るから記念日にはプレゼントをあげ、甘い言葉を囁いては「はい今日ヤれる^^」と思っているのです。

女への振る舞いは極端に言えばSEXの代償です。

初回のデート性格趣味やら何やらの基本情報をチェック、初回のSEXで体の肉付き、性器・胸の形や具合をチェック、好みの体や性への意識(頻繁に性行為を行えると判断)であれば付き合う(もしくは遊ぶ)。 飽きたらポイ。

性格が良くて家事能力が高ければ彼女に昇格できる場合有り)

男は1人の女とではなく複数の女とヤりたい。許されるなら複数の女に中出ししてみたい。これが本音です。

彼女がいる場合感覚麻痺し「この女だけでいい」という錯覚に陥る場合有り

↑別れると通常の性欲に戻る(男が射精した直後に正気に戻るのと同じ感覚

私の彼氏は違うもん」って思ってる女性、いますよね?

分かります自分彼氏がこんな風に思ってるなんて冗談でも考えたくないですよね。

「こんな男とは付き合わない」って思った女性、いますよね?

分かります。でも男はこの気持ち絶対に伝えませんのでその願いも届くことはないです。

それでも信じない女性の方のために。

試しに彼氏に「これから結婚するまでエッチはやめよ」って言い出してみてください。

「何で?」からまり、「冗談だよ」と告げなければおそらく8割方はその後自然と別れる方向に向います

これは99.9%間違いないです。

何故だか分かりますか?

自分だけの性処理相手彼女なのにヤれないとなると、もう付き合う価値がなくなるからです。

最初からヤれないと分かってる相手と付き合う男は殆どいませんしね。

anond:20181003080356

2018-09-30

anond:20180930142443

バカ定義と条件を示さないので、あなたの出した「バカ」という単語を「無根拠罵倒」と理性的判断しま

したがってあなたは「無根拠罵倒を行う者」すなわち、私の考えるところの「バカ」です

完全論破

2018-09-15

マック女子高生やら

物事本質を言い当てる子供やら

戦争体験した老人やら

知り合いの外国人やら

 

女子高生子供、老人、外国人と言う、日本の男社会の中で「バカ」無知」「情弱」「非常識」として扱われる存在自分意見代弁者として使われるのは面白い

エピソードにどんな存在を使うか、どんな存在だとバズるかと言うことで、下に見ている存在視覚化されるんだと思う。

2018-09-13

anond:20180913143949

文章が巧みになりたいのなら、まず「バカ!」と云う言葉を1日ずっと眺めていると良いのじゃ。

いろいろ想像をめぐらしながら、「バカ!」でも1000パターンくらいあることに気づいたら文章修行の次のステージに行けると聞いたことがある。

しかしワシは「バカ!」を眺めて70年。ちっとも飽きることがない。

もはや次のステージに行くことは諦めた。「バカ!」を見続けるのは一生ものの楽しみと思うようになった。天涯孤独のワシにとって嫁のようなものじゃ。ちなみにこの「バカ」とは酒鬼薔薇聖斗のことではないぞ。

2018-09-02

あれは忠告してる自分最後に「お前」「バカ」って人に対して言ってるところが笑いどころなんだけど

まりもつまんなかったから怒ったの?

ああ、そう…

じゃあ次頑張るから

えっ、面白かったからパクったんだ?

ちょっとー、褒めてもおちんちんしか出ないぞー

いかみんな

ここで相手のことを「お前」とか「バカ」なんて言う人の相手をしちゃダメだぞ

あいう手合とまともな会話ができるわけがない

完全に時間無駄

ああ、また相手にしてる人がいるよ

ほら、そこのお前だバカ

2018-08-31

同棲中の住まいから発掘されたもの

まず前提として、この家はパートナーの親類(女)や仕事関係者過去度々泊まりに来ていた家である

この家で同居を始めたのは最近のことであるが、遠距離地に住んでいた際も私は3ヶ月に一度ほどのペースで家を訪れていた。

以下、本日掃除や探し物中に見つかったものを列挙する。

バイブ(生理用品の入ったトートバッグの底にあった。電池は切れていた)

使用済みと思しき、見知らぬ女性ものパンツ2点(レジ袋に入ってた)

オナホ使用済み。テンガじゃなかった)

コンドーム(未開封

尚、我々は2年以上性交渉が無いものとする。それについては慢性的疲労を理由とされたが、自己処理している様子があることから、単純に私に性的興奮を覚えなくなったことが主な理由だろう。

バイブは不透明な袋に入れ、そこにマッキーで「死ね」と走り書きし、更に不透明な袋に包んでゴミ袋の底に突っ込んだ。

パンツはオナグッズ入れに入っていたので、迷った末にそのまま戻した。二枚あって、一つは赤のレースバカか)、もう一つは地味なシームレスパンツ

オナホは正直捨てるか他の見えない場所仕舞っておきたいが、仕舞うとバレる場所にあるため躊躇われる。

とりあえず、パンツ本体「バカ」と書いて戻しておこうか迷っている。

2018-08-28

ニュースコメント「バカ」の代わりに「ウヨ」を使う人

気に入らない相手自分理解をしている(と思っている)事を理解していないバカ意味で使っているみたいなんだけど。こういう言い方をして何か得があるんですかね?本人は気持ちがいいのかな?

2018-08-14

jizou(きょうもえ)はTwitterだけだと文脈前後なしに「バカ」発狂」言い出すのでキチガイテキストしかならず駄目だなーと思った。

調べてまとめてブログにするぐらいじゃないと担保がまったくない。自分キチガイ発狂してる。まあそれでいいのかも知らんけど。

anond:20180814152408

高学歴」と「バカ」あるいは「知的でない」ということは全く矛盾しないのでは

2018-07-22

555 名前番組の途中ですがアフィサイトへの転載禁止です (ワッチョイWW 9f6e-4Qgy)[age] 投稿日:2018/07/22(日) 08:17:57.46 ID:8L2y0lMk0

新自由主義者バカどもとそれを支持する愚民どもがいる限りこの国が成長する事はあり得ない

一部の成功者のみに富を集中させる意味はない

もっと富の再分配機能を増やさないと国民の大多数が疲弊して国が滅ぶ

こんな簡単理屈も分からないジャップは滅んでも致し方な

561 名前番組の途中ですがアフィサイトへの転載禁止です (ワッチョイ 1702-4GkJ)[sage] 投稿日:2018/07/22(日) 08:27:29.14 ID:sEwLfs/30

555

小泉竹中」は、強者ではなく「強くなりたい者たち」だったのだと思う。

からこそ、彼らは自分卑下せず、社会的弱者を平気で叩いていたのだ。

彼らが、無邪気な中学生男子のノリで、「負け組」を笑い者にしたのは、

自分達のように戦わない「弱者」は「価値がない」と思っていたのではないだろうか。

当時、日本中にいた「強くなりたい者達」は、そんな「小泉竹中」に憧れ、自分を重ねた。

そして、そのノリについてこられない者たちを「負け組」として侮辱して迫害した。

自分が強いわけではないけれど、社会的地位の劣ったように見えるものを叩くと、強くなった気がしたのだろう。

ブルハの歌詩にある「弱い者達が夕暮れ、さらに弱いものを叩く」という状態だと思う。

このノリは「イノベーション」に乗り遅れたものたちを「バカ」と言い切る「ホリエモン」「ひろゆき」を信仰している人達にも見られる。

本当の意味でイノベート出来ている人はめったにいないので、そのほとんどが「イノベートに憧れるだけの者達」で、実は「弱者」でもある。


画像】30年前の日本が凄すぎる、この頃はマジで日本に生まれてよかったと思ってた [155869954]

https://leia.5ch.net/test/read.cgi/poverty/1532183634/

2018-07-13

anond:20180713164821

俺もそう思った

死ね」も「殺す」も「バカ」や「アホ」と変わらぬニュアンスだがな、関東の人にとっては違うのかしらん

anond:20180713100407

勝手にあたしを名乗らないでくれる。

ちなみに「バカ」とか「まーん」って言ってきた人いないか

ちゃんとツリーみてから発言するほうがいいよ。(まんなら居るけど)

バカじゃないんだったらしっかり読んでから発言しなね。バカじゃないなら。

2018-07-10

麻原(淫夢MAD根拠オタクオウムゲイ)の親和性を唱えるバカ

から20年後くらいにこんなことを言い出す人々が現れたと想像して欲しい。

「当時のオタクゲイ親和性があったんだよ。オタクの間で淫夢というゲイビデオのMADが大流行しててね、ホモ男優セリフアニメで使われたり人気声優ラジオSNSネタにしたりするとオタク大受けしてたんだ。オタクLGBTへの親和性をはっきりと示した、そんな時代があったことを僕らは忘れるべきじゃないと思う」

こいつら「バカ」以外の何に見える?

はてなブックマーク - 偽史オタクオウム親和性歴史修正主義

Togetter - http://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1245232

segawashin 麻原の風貌から信者の珍奇な行動に至るまで、当時の薄い本パロディの格好のネタだったでしょ。「オタクオウム面白がりながら消費してた」点は反論余地がないはずなんだが、なんだこのヒステリックな反応。 742 clicks

2018/07/10 リンク Add StarArturo_Uiizawayuki

Cunliffe 瀬川先生、すっかりオタクパブリックエネミーと化した感。当時草の根パソ通(俺も含めてオタクだらけ)でオウムアニメとかマッドソングとか大量に流通してたの、知らない子も増えたよなあ。 これはひどいあたまがわるい歴史修正主義

2018/07/10 リンク Add Starfavorito_favorito

2018-07-09

anond:20180709090509

釣り増田書く心理と同じ(あなたの事を釣りだと言ってるわけではないよ)。

そして「釣り」の内容については、より過激な方がより強く印象づけられる。

言葉なら「バカ」より「死ね」の方が注意を引きやすい。

まり人間遺体画像は生きている虫の画像よりも過激だ」 と彼らは認識していることがわかる。

なぜそうまでして注意を引く必要があるのかについては、これは自分想像しかないが

しかしたら、警告色を以って自分危険であるように見せることで捕食を逃れる虫や魚のようなものかも。

2018-07-07

anond:20180707074540

頭のおかしい猫好きの典型的反応だな。自分の気に入らない意見を見ると「バカ」とか「キチガイ」と言うばかりで論理的反証ができない。そして否定されるとレッテル貼りで逃げる。こういう人が野良猫を増やしてるんだから法規制必要だろうな。

2018-06-25

anond:20180625192508

かに攻撃性とかいろいろ似てるけど、きょうもえの人は自分ブログでそれなりに長い文章書いてんじゃん

それに比べると先生は人の家の壁にスプレー「バカ」って落書きしてるだけだから、やっぱり格としてはどうしても落ちる

2018-06-21

怒る人=やばい

内容の正当性(歩きスマホへの指摘とか)はともかく、

完全な他人に全力でキレながら説教する人って「イカれてる」か「バカ」しかいないと思っていて、

それは注意喚起目的であれば「恫喝」は適切な手段ではないからで、

結局誰かにキレていい理由を探してうろうろしてるヤバいやつに他ならないからです。

2018-06-19

ストレスマッハ

久しぶりに古巣会社仕事をしているけど、そういえば自分の思い通りに動かなければ平気で「バカ」とか「アホ」とか「死ね」とか言ってくる会社だったなーと思いだした。

もう関係ないのに社員同然の対応を求められてもなんだかなーだし、そもそもこの仕事自分が在籍時に立ち上げたのを引き継いだ人達クライアントから切られそうになって、クライアントに信頼されている僕を呼び出して、こいつに外注して立て直すので……みたいな話じゃん。

自分としては思い入れのある仕事から拾ったけど、うちのやり方に併せなければ死ねバカかいわれるのすごく釈然としない。

2018-06-02

家庭教師の子どもがかわいそうで仕方がない

地方私立大学2年生なのだが、アルバイトとして小学3年生の子もの家庭教師をしている。

その家庭教師の子ども(Aくん)がかなり問題を抱えている。

包み隠さず書いてしまうと「バカ」なのだ

まず、時計が読めない。

Aくんには時間概念がほぼ無いようで、話をする中で

今日何時に起きた?」や「いつも何時から学校始まる?」といった質問に答えることができない。

先の家にはアナログ時計しか無いのだが、「今何時何分かな?」と聞くと7割位の確率で答えられない。

更に「5時15分」のように答えられたとしても、5分後に聞くと「5時4分」と答えることが多い。

次に文章題などの読解がものすごい苦手である

普通に算数文章題が解けないのはもちろんだが、段落に対して番号をふるときに「文章の中で一文字分下がっているところが段落の始まりだよ」って教えても素っ頓狂な場所に番号を振るし「1段落の2文目」などを指し示すことができない。「1段落の1文目はここだよ」って教えてもだ。

Aくんの家庭教師を始めてから大体5ヶ月くらい経ったのだが、3ヶ月が過ぎた頃から普通に勉強を教えるだけではだめだということでいろいろなことを試している。

○×ゲーム(3x3で揃えるやつ)→リーチが掛かっている状態で手番が回っても気づかない

五目並べルールが難しいと言われ拒否される

オセロ→俺強いよと言われ勝負するも置けない場所コマを置く・残り8マスでどこにおけるかを見つけられない

スマルールが難しくてできない

二回手を叩いて溜め・防御・攻撃するやつ→ルールが難しくてできない

羊飼いの川渡りパズル→一つも試すことができない

(これ以外にもたくさんやったが)こんな有様だ。自分記憶の中では3年生位のときには上に出たようなものは強くはないにしろ大体できたし、それをやる友達がいたということはできたはずだ。

上の状況や教えている時の様子(じっとしていられない・マスに文字が収まらない・一文字書いている最中に3回位集中が切れる)を見ている限り、なんらかの障害を持っていて早めに病院行ったほうがいいと思っているのだが親御さんは全くそんな様子は見られない。

ただ、Aくんが勉強が苦手であることはわかっているようで、家庭教師先に行くたびに教材が増えており毎日学校宿題の3倍位の分量をやらされているようだ。

それでもAくんが一人でこなせるはずなく、Aくんに聞いたところによると10秒位詰まったらすぐに親が教えてくれちゃうらしい(その様子は私が居るときにもあり今日宿題は?とか聞くと本人が応えようとしているのに大体親が連絡帳を開いて教えてくれる)それじゃあ意味ないじゃん!

最近は私が家庭教師先に行くと泣いて勉強をしたくないと親に泣きつき親が「頑張って勉強しないとだめだぞ 頑張らないと賢くなれないぞ」となっているのを見るのがほとんどだ。

勉強させるのは親だろうに、逃げる先が親しかいなくて親に泣きついているのを見るのが痛々しい。

両親とも高学歴子どもにも期待しているのはわかるがもう少し子どものことを見てあげてほしい。

Aくんは自分自分ができないこととっくに気づいているし、それで学校で生きづらい思いをしていることも自覚している。

上のような遊びができないとなると友達との輪についていくのもそろそろ限界が近づいてくるはずだ。

学校で1日授業聞いてくるだけでへとへとだろうに、家に帰っても味方であるはずの親に勉強をさせられ、いっぱいやってないか勉強ができないのだという風に言われるのはどんな気持ちなのだろうか。

からなにかいいたいのだが、こんなクソガキ雇われ先生には何も言えない。

この前も少し核心に迫るようなことを話したら、ものすごい顔をされてしまった。

できれば小学校の先生に言ってほしいのだが、問題児ではないその子問題があるということは気づきづらいことなのだろう。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん