「選挙活動」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 選挙活動とは

2019-10-17

N国埼玉補選ウォッチ日記7日目

https://anond.hatelabo.jp/20191009223759

増田たまたま午前中に大宮にいたのだが、東口上田選挙活動をしていた。本人はビラを配るだけで演説県議会議員がやっていた。ビラをもらったり握手をするのは顔見知り?のおばちゃんなど数名。

一方立花北朝霞駅前で街頭演説。19時前からライブを見ていたが、1.3万人の視聴者数。昨日より断然増えている。スパチャの勢いも明らかに昨日と違う。勢いというか流れを感じた。ただ、これが票に繋がらないのも選挙あるあるだそうなので、難しいところ。

立花の主な主張は以下の通り。

夜はNHK政見放送流れる。なかむらのりこがすぐに上げて一晩で6.6万再生放送内容は前回と比べたら圧倒的にまとも真面目路線に。それでもこの再生数になる。

それから選挙ドットコムでのアンケート結果がでていて、なんと埼玉ネット支持率はN国が立民を上回っていた。情勢自体上田が圧倒的に優位。

https://go2senkyo.com/articles/2019/10/15/45260.html

2019-10-16

N国埼玉補選ウォッチ日記6日目

https://anond.hatelabo.jp/20191009223759

今日ポイントはなんといっても川口駅での立花涙の演説。以前から明言していたとおり堺市長選参院選とはスタイルを大きく変えて超真面目路線に。既得権益とは何か、NHKを含む既得権益をぶっ壊すにはどれくらいの時間がかかるのか。すぐに投票強制しない、時間をかけて気づいてもらうといった戦術をじっくりとわかりやす説明していた。1時間超の演説だが聞き飽きることはなかった。

川口市議会議員塩田くんは今日はしっかり仕事をしていた。こないだファシリ力がないとDISってすみませんでした。

あと、練馬松田区議酔っぱらいに絡まれ暴行事件に遭ったらしい。こういうのは選挙活動あるあるで残念だ。

2019-10-14

N国埼玉補選ウォッチ日記3,4日目

https://anond.hatelabo.jp/20191009223759

この週末は台風のため選挙活動はお休み幹事長上杉がいくつかライブ放送

日曜夜に立花動画アップ。いくつか動画を上げていたが衆院選戦略についてが一番面白い

https://youtu.be/UIsFy08g72M

その他では末永上田陣営への公開質問への回答を上げている。これが現時点で4.6万再生いってるのが驚き。。

https://youtu.be/ME4VMeRDOn0

月曜は午後から池袋選挙活動。いろいろ応援演説もあるようなので楽しみだ。

2019-10-12

N国埼玉補選ウォッチ日記2日目

https://anond.hatelabo.jp/20191009223759

台風19合接近で今日から三日は選挙活動休み立花はいくつかの動画を上げるのみ。声は大分マシだがまだ枯れている。

https://youtu.be/gKdIaENm5wY

金曜日の党の定例会見は上杉浜田のみで立花は不在。上杉の仕切りはうまかった。

https://youtu.be/36PGLp0RLAY

増田推しのN国候補愛知県春日井市末永ゆかりが昨日の上田第一解説動画を上げてたので興味のない人は見るといい。育休中の末永さんらしく途中で赤ちゃんの声も入ってます

https://youtu.be/bpkXhhK5xkI

あとは10/8の出馬声明メイキング動画が上がってた。会議が生々しく面白い会社員感想としては塩田君はもう少しファシリ能力を磨いた方がいいかなと。頑張っているのはわかるのでもったいない

https://youtu.be/UE9whsjyDGM

2019-09-13

夢見りあむは救われたいが、お前らは救わない

夢見りあむのSSR実装された。目に入ったのはそのコミュの内容だった。

アイドルになってすぐのよくわかんない選挙?とかでみんなが好き勝手言ってさ。」

「ぼくじゃないぼくの話をしてた。」

「結局、ぼくが求められてるわけじゃなかったんでしょ?ただ飽きるまでオモチャに出来ればよかったんだよね?」

正しい。

夢見りあむは私が思っていたより強く聡い娘だった。無論りあむを純粋に好いての票もあっただろうし、彼女自身が思っているほど酷い状況ではなかっただろう。

しかしりあむの想定は間違いなく正しい。夢見りあむを純粋応援している票があれば、面白がった外野の票もある。踏みにじられた者達から呪いの票もあった。

界隈は大盛り上がりだった。「夢見りあむが許せない」を皮切りにお気持ち表明文学が大流行し、あらゆる人間感情が入り乱れた。

その中に夢見りあむという女をちゃんと見たものがどれだけいたのだろうか。

当時の私は(今の私も)追加キャラを素直に応援できない複雑な気持ちの中にいたが、りあむには同情していたんだと思う。デレステコミュを見る限り、こんな形で「評価」をされるのは彼女の本意でないどころか、地雷のように見えた。

これから彼女炎上アイドルとしてどのような顔を見せたとしても、総選挙というメタ次元から張り付いた人々からの印象、レッテルは剥がれない。

可哀想に」という哀れみを抱いた人間は私だけではなかったのを観測している。彼女はずっとこの呪いを背負わざるを得ないのだと思っていた。

しかしりあむは強かった。自分の状況を理解した上で、それに反抗する気概を見せた。かけられた呪いすら飲み込んでしまった。

まりにも正しく、強い。デレステが始まって以来最高のコミュを見たと思った。


と、同時に。

アイドルマスターシンデレラガールズというゲームを作っている人間のことを、理解させられてしまった。

[夢見りあむは救われたい]という、お気持ち表明文学をなぞった称号

総選挙におけるりあむの立ち位置完璧理解したコミュの内容。

夢見りあむを作っている人間は、夢見りあむのことだけではなく、我々のことも完璧理解している。

考えてみれば当然のことだ。キャラ人気で商売をしているのだからプロデューサーのことを理解せずにこのゲームが作れるわけはない。

であれば、夢見りあむにかけられた呪いも、彼らは当然知っている。

総選挙への呪いを、声無し担当の喘ぎを、待遇格差に苦しむ者達を。

[夢見りあむは救われたい]が「お前らを見ているぞ」という宣言に他ならない以上、「お前らは救わない」という宣言であることにも他ならない。

明言されていないうちは直視せずに済んでいたものを、はっきりと見せつけられた。


ああきっと、Velvet Roseの扱いも想定通りなんだろうな、とふと思った。

夢見りあむをこうも見事に描ける彼らが、彼女達の初登場に気を遣えないわけはあるまい。

旧いファンを煽って、ヘイトを一身に受け、後から出てくる久川姉妹の分まで全て背負ってもらう。

彼女たちがいるから、比較的に久川姉妹は受け入れられやすくなる。久川姉妹ライター無難に、素直に、彼女たちの可愛さだけを書いた。

そしてVelvet Rose自身は、自分の好きなデレマス否定されたくない、まあ有り体に言ってしまえば「信者」と呼ばれるファンたちが応援してくれる。(りあむのファンと一緒で、そういう人たちだけってことは当然ないだろうけど)

アイドルマスターシンデレラガールズの運営が一番アイドルプロデュースが上手いに決まっているのだ。

……自分でも推理邪推区別がつかないが、少なくともちとせ達のおかれている状況を知らないってことはないだろう。

彼らが全て知っていることだけは間違いない。夢見りあむがそれを証明した。


そう、彼らは私を知っている。

の子に声を、あの子に出番を。才がないながらも選挙活動をして課金をしてイベ走って、あの子のためだけに上げ続けた声を彼らは聞いていた。

でも救わないんだ。彼らは私を、あの子を救わない。それを事実として認識してしまった。

この世は資本主義なんだから、彼らにあの子を救う義務なんてない。「救わない」と言われたところで、私は文句を言うこともできない。

お前はもう客じゃないよ、って言われた気分だったし、実際そうなんだと思った。

ミュウツーの逆襲のリメイクを見た時と同じ気分だった。その数倍重かったけど。




辞めてえなあ、このゲーム

でもすこだなあ、夢見りあむ。

2019-09-09

anond:20190909191238

その場合教師発言は明確に選挙活動になるし、十分に抗議する理由には値するけどな。

自分攻撃されたときだけ不適当法律事由持ち出して抵抗するわりに、逆の立場ではそれを正当な理由で持ち出しても認めないという立場を取るならダブスタ以下でしかないし。

anond:20190909132213

党派性あってもポスター貼りなどの行為以外は選挙活動とは言わないよ

そういうのに未成年が動員されないようにするための法律なんだから

柴山

政権のなかでも図抜けてバカなのでは。

(これは選挙活動ではありません)

anond:20190909130748

https://twitter.com/shiba_masa/status/1170868818257690624

の話みたいだけど、これは普通選挙活動じゃね

友達同士で政治の話するレベルじゃなくて

安倍政権絶対投票しないよう周囲の高校生に呼びかけよう」って話みたいだし

(勿論実際はこの程度で選挙違反で捕まるって事はないだろうとは思うが)

2019-08-18

anond:20190818112829

選挙に「急遽」出るってどういう状況なんだ

普通県議選に出るのはそれまで市議とかしてた人たち(でなかったとしても、何らかの政治活動をしてきた人たち)だし

選挙期間の何か月も前から選挙活動してるぞ

選挙活動は公示期間の2週間程度しか行われないものだとでも思ってるのか、んな訳ねーだろ

勿論家族なんかも総動員だ、身内から選挙出る人が出るって大変なんだぞ

どう見ても創作だろうけど、それにしても知識無さ過ぎる

比例の名簿埋めの為に何の実績もない人が駆り出されるようなケースと同じだと思ってるんだろうか

県議選に比例ないけど

っつーかちゃん選挙公報とか見てりゃそれなりの実績ある人達が出てるって分かるやん…

2019-08-15

N国党立花氏がブッ壊すモノとマツコ氏について

長くなったので文章の結びを先に記す。

  

立花氏はNHKを本当に壊そうとは思っていないだろう。彼はNHKを彼の中にある公共放送としてあるべき姿に変えようとしているのだ。今は「ぶっ壊す!スクランブルだ!」と言っているがこれは小泉・橋下を下敷きにしているだけの立花劇場の一部であって、「ぶっ壊す」や「スクランブル」の本質NHKの大幅な値下げと集金人という徴収体制破壊なのだろう。ではどうやって実現するのかと言うと、彼が自身動画で度々主張している事ではあるが

  

NHK上層部人事権総理大臣に握られているので政権与党忖度せざるを得ない問題

広告会社NHK癒着による世界スポーツイベント放映権が高騰している理由

NHKの元職員広告会社等の関連企業天下りしている問題

その他様々な内部不正枕営業等々

  

まりNHKを取り巻く政治と金と女の問題を正せば結果はついてくるというのが立花氏の狙いなのだと思う。でもまだ彼はこの話をテレビではしたがらない。「それは『かしこ』(関西で賢い人って意味かな?)の話ですわ」とケラケラと笑いながら「ぶっ壊す!」とはぐらかす。

  

もっとも今の状況でマスコミでそんなことを言おうなら尚更相手にされるはずがないので、現在勢力の拡大に努めているのだろう。立花氏は金と交際関係オープンにしているが、それ故に揚げ足をとる過熱取材が始まる前に路線を変更して、政治家然としてとして振舞った方が安全だと思うが、そうなると没個性となり確実に露出が減ってしまうので難しい所だ。

  

ここから開始

  

数年前より立花氏を見て来た者からすると、最近立花氏は無名バンドが1発当ててメジャーになっていくような寂しさもあるが、私は支援者でも支持者でもないので純粋に興味の対象として見ている。自分と違う考えをしている人の意見を聞くのは楽しい。ちなみに私がNHKに興味を持ったきっかけは、学生時代古本屋で見つけた本多勝一の本であったが今回は関係ないので語らない。

  

さてマツコ氏は今までタレントとして優れたバランス感覚武器に、世間的に叩きやく反論の出来ないモノを叩き、本当の権力者弱者とされる世論上の強者には言い淀んで明言を避ける芸風で人気を博してきたのだが、今回は立花氏に対して対応を間違えた感がある。

  

今回のN国党の躍進について一部のマスコミが「有権者がふざけて投票した、冷やかしで投票した」からだと批判しているが、立花氏は約100万票を集めた政党代表であり国会議員であり、今まで一部は他の党にマニュフェストとして存在はしたが軽んじられていた民意を掘り起こした当事者でもある。

  

そんな彼の支持層批判する事は選挙のたびに「政治を変える為に投票に行け」と呼びかけながら、いざ意図しない結果が出てしまうと「馬鹿投票に行くな」等と手のひらを反す一部のダブスタ野郎と同じなのだ

  

『例えふざけてようが1票は1票なのである馬鹿の1票は価値が低いと言うのであれば、それは人権問題だ。』

そもそも宗教的気持ちが悪いのがダメなのであれば、もっと先に叩くべき政党があるだろ』

『既に権力を持ってしまった相手は叩けないのか?』

『それともNHKとは個人所属事務所利害関係にあるから叩けないのか?』

テレビ大金を稼ぐ事によって権力側になってしまった』

  

と、容易に扇動できる話題に(世論迎合する形で弱い相手しか叩かない)毒舌キャラで噛みついてしまったのが今回のマツコ氏の失敗なのである。今までのマツコ氏なら野党議員に対しては「でも国会議員でしょ?私、怖くて何も言えないわ」とお茶を濁しそうなものだが、立花なら勝てると踏んだのだろう。散々マツコ氏を弱い相手しか叩けないと書いてはいるが別に彼を侮辱しているわけでもないし、毒舌タレントやそれを有難がるマスコミに一石投じてやろうなんて思ってはいない。そういう人間からテレビで引っ張りだこなのである。彼らはタレントとしてビジネスマンとして素晴らしい。何でもかんでも噛みつく人間だと危なくてテレビに出られない。

  

幸いな事に立花氏は投票した有権者謝罪して欲しいと言っているので、マツコ氏は有権者にの形式上コメントを出して「でも立花は嫌いだ」と明言したらいい。相手にもこういう逃げ道をちゃんと用意している所が立花氏らしいというか、誘導するのが上手いなと思う一方。当のマツコやテレビ局は見え透いた手に気づいていてもプライドが許さないのだろう。

  

立花氏は過激言動やエネルギッシュな行動力を持った厄介おじさんであるが、謝罪した人物に対しては振り上げた腕をすぐに降ろす浪花節おじさんでもあるので、早く終わらせた方がいい。

  

マジで番組内で「有権者馬鹿にするつもりはなかったのよ。気分を悪くしたらごめんなさいね。でも立花さんの事はあまりきじゃないわ」と言えば終わる。それだけの話だ。

  

そもそも謝罪等しなくても番組に呼んでマツコと話せば、彼のトーク術で立花氏はある程度満足して帰って行くと思われるので、今回の問題は先に手を上げておきながら反論の機会も与えずにその上コメントをなかなか出さなかった番組側にも問題を拗らせた原因はある。タレントを都合よく使うだけではなく、問題が起きたらきちんとケアする事も必要なのではないか

  

もっとも、問題を長期化させN国党の露出が増えれば増える程、立花氏の思い通りだ。「悪名が轟いた所で」という人もいるだろうが、N国は露出が増えれば勝ちだと本気で思っている。今現在政見放送に出演し選挙活動を行う事を目的県知事選立候補している。まず自分達を知ってもらえないと戦えないと腹をくくっているのだ。

先日もN国党が選挙妨害を受けたとして、逃走する妨害者を私人逮捕した動画ネット上で物議を呼んだが、たぶんN国はもっと話題になって欲しいと、出来ればニュース番組で取り上げて欲しいと思っているだろう。

  

そして彼らは数週間で終わる選挙供託金やその他の選挙費用を失うより、例え民事裁判が長期化して負けても売名や広告収入が増えた方がコスパが良いと思っているだろう。政治には金が必要だというのをハッキリと言えるのが立花である。そういう意味では広告収入NHK裁判を行っている人のサポートに充てると早々に宣言した立花氏はやっぱり上手い。金を必要以上にもって形上の強者にならないように心がけてる。

  

今後アンチ立花氏による広告剥がし運動が激化するのは想像に難しくないが、考え無しで立花氏が動く事は考えづらいのでその点も何か策があるのだろう。

  

一方、今回の件で立花氏に失望したという声もあるが、この人は以前からこうである。N国を知っている人からすると常識であるし、支持している人からも「もうちょっと大人対応をして欲しい」という声は根強くあるが「我々は命をかけているのだ」と聞く耳を貸さない。

  

そもそも立花氏をはじめN国の党員は今まで時間を持て余した無敵の人からストーキングされたり脅迫電話を受けたり選挙妨害日常的に受けてきたので、さっさと物理(刑罰のある法)で殴る方が早いと攻撃力に極振りしてきた歴史が今の彼らを形作っているのだろう。

  

今まではそれでよかった。なぜなら彼らはメディアから完全に無視された存在だったからだ。でも今後はそうもいかない。一度潮目が変わればどんな些細な言動や行動も致命傷になりえる。ここは金持ち政治家がカップラーメンの値段を知らないだけでブッ叩かれる国なのだ

  

また立花氏については何度も「元交際相手立候補させている」という批判が行われてるが、立花氏は「当時のN国なんていう無名で変な政党から立候補してくれるのなんて、彼女しかいないですよ」とカラッと笑いながら答えているが、今後はそうもいかいかもしれない。今後は立花氏の過激言動と合わせて、氏があえてクリーンである証明としてオープンにしている金と女性話題をおどろおどろしく報道されていくのではないかと思う。

  

立花氏も今はまだ意に反する報道等に対して抗議活動を行う事が出来ているが、これが全メディアに飛び火してしまったら立花氏やN国党のリソースでは対応しきれない事は明らかである。そうなってしまえばいよいよ「NHK問題はどうしたのか!スキャンダラス話題ばかりだ」と批判が加速していくだろう。そうなると最初に書いた問題が日の目を見ずに消えていくことになる。

  

とここまで書いた所で、既に私も立花氏に夢中になっていることに改めて気がつかされた。

立花孝志は怖い男である

2019-08-07

政党は全てシングルイシューになってしま

政治に対して何を重要視するかは人それぞれなんだから、いっそのことシングルイシュー政党が増えて欲しい。

年金よりも消費税よりも外交よりも、何よりNHKをぶっ壊したい人が一定数いたから、N国党は議席を取れたのだ。

しかも比例というのがミソで、地方でほそぼそやったって声は届かない。

ネットのおかげで全国津々浦々に声を届けやすくなったんだから、全国から薄く浅く集めればいい。

草の根的な選挙活動なんてやめてしまって、ネット世代で声がより安く早く届く若者に響くシングルイシュー政党がたくさんできればいい。

A定食、B定食うどんしか無い社員食堂メニューを見て長い時間悩むやつはいない。

アラカルトで無数のメニューがあるから、人は悩むのだ。

答えが分からない問いからは、逃げたくなる。選択はいだってストレスだ。

若者投票率の低さは、日本教育の「答えが出せる問題に正答を」の賜物。

若者に、分かりやすい答えをあげればいい。

来たれシングルイシュー政党時代よ!

2019-08-01

負け犬の遠吠え

Twitterとかで、やれ消費税とか、やれ年金だと騒いでる人達

君たちは負けた人種から、とやかく言う権利権限もないのよ

しかったら次の選挙とかで理路整然と選挙活動しなさいな

まぁ批判のみの野党支持者が出来るのかって話だけど(笑)

2019-07-28

立憲民主党もっと叩かれるべき

新聞は、自民党にやってるのと同じように、野党に大しても行いのチェックをやっていくべきだと思う。

新聞自民党だけを叩いた結果、国民自民党のどこに注目してるかという情報自民党選挙対策部に伝わり、対策を取りやすくなってるのではないだろうか。

一方、野党新聞に叩かれないので、国民野党のどういう動きをチェックしてるのかという情報野党選挙対策部に伝わらなくなり、熱狂的な支持者の声だけを反映した選挙活動になりがちなのでは。

まり新聞自民党だけを叩き続けた結果、新聞自民党アシストしてしまってる形になってそうな気がする。

そうではなくて、新聞野党問題点も同じように追求していくべきだと思う。

野党だってそれなりの権力を持った組織なのだから、その動きがおかしい時は、きちんとメディアによるチェックが行われてもいいはずだ。

個人的に立民の動きとして嫌だなと思う点を書いておく。

結局過去民主党と何が違うかわからない
結党当初は、民主党と同じにはならないという努力が見られたという気もするが、もう中の人もやってることも過去民主党と大差ないように見えてしまう。自民党政権の現状維持から変えたいと思う国民から見ても、当時の民主党から変わってないのであれば、変化を起こすための投票先の候補には上げづらいのではないか。当時の民主党と同じようにするのか、それとも当時の民主党とは方針転換があったのか、という点については、ポジションをはっきりさせるべきだと思う。特に問題発生時の当事者だった消費税増税基地移転問題については、当時どういう考えがあって、今はどう考えてるのか、きちんと説明が欲しいと思う。
憲法9条
立民の立場は、「9条は変えなくても大丈夫、これまでの解釈の積み重ねで個別自衛権は持ってるとしていいはず。でもこれから解釈を積み重ねて集団的自衛権を持てるというのは良くない」みたいな感じだ。これっておかしくね?時間をかけた過去解釈の積み重ねは良くて、これから解釈を積み重ねていくのはよくないというのが、立憲主義なのか?
なんだっけ忘れた
(思い出したら書く)
セクハラ議員への処罰
ちゃんとやれ。これは自民党議員がどうとか関係無く、自分たちはこれから良くしていくと言ってるんだから、まず自分から一番乗りできっちりやっていかないといかんでしょ。

まあ私は立民には入れないが、ちゃん与党の動きを制御できるだけの野党が生まれてほしいとは思ってるよ。

2019-07-27

anond:20190727190424

そりゃ昔は、年功序列終身雇用社会で、労働者連合の指示にしたがって野党投票するみたいな

仕事選挙が密接に関わっていたから、むしろ無党派でいることのほうが難しかった。

田舎で生きてゆくためには政治家コネを持つ以外に仕事を得る手段がない。

から、みんな選挙活動には熱心に参加した。

そいういう時代だった。

2019-07-26

おそらく同じ市の同じ選挙で、他候補(現職)を応援していた(いわゆるカラス)してた増田です。

父が市議会選挙に落ちた代償はお金だけじゃなかった

https://note.mu/monchi0911/n/nf86fe567821d

先の選挙、本当におつかれさまでした。

本文を頭から引用しながら、うちがどんな感じだったとか、雑感とか、を。

言及された部分等、追記してます

そんな仲間がいるんだ。さすが超社交スキルのある父だ。立候補者にとって選挙戦を手伝ってくれる人たちの支えなしではとてもじゃないができないだろう。それを手伝ってくれる仲間がいるのは、人徳に他ならない。

ホントそう。人がたくさん必要。お父さん人徳あります

アナウンサードライバー事務所留守番。仮に、各2人ずつ、朝から晩までで3交代だとしても、告示から投票日まで1週間で、延べ40人以上必要になる。

自分は、フリーランスなので比較仕事に融通をきかせて手伝えた。現役を退いたおじいちゃんや、主婦の方達もいた。

けど、仕事を休んで手伝ってる人も多くいた。そういう人達を、ほぼ無償で集めなきゃいけない。(増田は、弁当飲み物手袋しかもらってない。)

かなりハードル高いよね。

あんたよく帰ってきたね。もうお母さん疲れたよ。お父さんから必死のお願いがあって手伝いをしているけれど、お父さんが嫌われないようにゴミを捨てにいくにも誰かに会えば頭を下げて、会う人会う人すべての人に頭を下げてお願いしてる。選挙手伝ってくれてる人たちにも気を悪くしないように気を抜けないの。こんなことなら全力で反対すべきだったんだ。」

これもホントそう。候補者本人だけじゃなくて、家族覚悟めっちゃ要求される。

うちの候補奥さんも、長年(文字通り、何年も)地域の様々なボランティア積極的に参加していて、町のいろんなところでよく見かける。頭が下がります

新人候補さんが、投票日前日に、奥さんと一緒に、支援者に泣いて土下座してた。ってのも聞いたことある。これはキツい。

併設している幼稚園に隣の地区への統合による「閉園」が政策として突如として上がった。「待機児童がいる」にも関わらずだ。当然町の人々は「閉園」に賛成するものなどいなかったため「3000票」もの反対署名が集まった。すごい数である。どう考えても閉園に対して「民意」はなかったのに、議会では「賛成可決」となりわたしの母校に併設されていた幼稚園はあっけなく歴史の幕を閉じた。政治の闇というのは本当に恐ろしい。

しかに、待機児童はいる。

我が家共働きで、わが子を預ける為に「保育園」や「こども園保育園児」枠に応募したけど、外れて途方に暮れた経験あり。

けど、「幼稚園」や「こども園幼稚園児」枠は、比較的余ってるのでは?

市役所公式サイトで、幼稚園募集状況が確認できるけど、筆者さんが言及してる閉園された幼稚園は、

統合された後の幼稚園(正確には、統合後はこども園になったので、同園の幼稚園児枠)ですら、定員割れを起してる。

地元愛着などは分かるけど、例え民意が募っても、現実として、子どもが集まらない幼稚園を閉園するのは、仕方がないことじゃないかなと。

市の財源も限られてるし。

それを「政治の闇」って言うのは、ちょっとなぁ。

「選挙」とは「絵空事政策をのべる人」ではなく自分たちの声を真に届けてくれる人を、町のために本当にできることが何かを真剣に考えてくれる人を自分の目で慎重に選ぶべきなのだしかし今の選挙法では「真実」を見極めることは難しい点が相当にあるのも現実

うちの候補に「立候補してなかったら、誰に投票します?」って聞いたら、少し笑いながら「投票したい人、あんまりいないなぁ。」って言われた。

どういう基準で言っているのか分からないけど、言うなれば、一番近くで市議さん達を見てきた人の言葉がこれだからね。

わが市政には、ろくな人材がいないなのか。それとも、選挙に出るような人は、やっぱ変わり者(うちの候補含む?)なのか。はたまた、皆が「政治の闇」に染まっているのか。

議会議員立候補であれば、極限まで安く抑えれば70万円ほどに抑えられるのではないかといった予算感を持った。もちろんのことお金は使えれば使えるほど、広報お金をかけることができるので100万円は最低かけたほうが良いというのがわたし見解だ。

しかに、新聞に折込広告出してる候補さんとかもいるからね(効果のほどは分からんけど)。

うちがいくらかかかったは、出納係ではなかったので、把握できなかったし、聞けなかった。

みんなが知りたいところだと思うけど、ごめんなさい。

わたしが今回みた選挙戦では「ネット」を使っていない候補者が多かった。

うちの候補も、ネットは使ってないし、たしかに、周りもあんまり使ってない印象。

実際、うちの場合は、そこまでリソースが割けなかったってのもあると思う。

手伝ってくれてた人に、SNSとかが分かる人もそんなにいない感じだった。

ただ、他候補さんで、地域のお店にgoogleで星5つけまくってる人がいて、笑った。

公職選挙法違反」になってしま可能性を孕むということもあり、非常に神経を尖らせた。

選挙違反は程度によるけど、厳密に適用したら、多かれ少なかれ、ほぼ候補の皆さんアウトだと思う。

かいので自分もそこまで詳しく理解しているわけじゃないけど、

公共物にポスターのぼりつけてたり、マイク禁止の所でマイク使ってたり、認められてないビラ配ったりだとか。たくさん見かけました。

自分も、見せてもいいけど、渡してはいけないビラを使って話してたら、相手の方が持っていっちゃうことがあった。

父は社交性は抜群なのに人前で喋ることが「超」がつくほど苦手なため、自転車で市内を駆け回り、一人一人と話しながら回った。

一人一人と話す(&握手)というのは、実際は、結構効果があるから、これはそんなに悪くない手だと思う。

うちの候補も、道端に立って、いろんな人と話してた。知らない人からも、結構しかけられたと言ってた。

ただ、自転車は危ないんだよね。

声援に応えながらで、よそ見とかしちゃうからね。小学生とか面白がって追いかけてきたりするし。

あと、「市内」ってのが、文字通り市内全域であったなら、もっと地元地域に密着してやった方がいいと思う。

うちの候補は、地元地域からほとんど出てない。選挙も、ランチェスター戦略重要なんだと思う。

選挙カーはうるさい。それは候補者も市民もよくお分かりだろう。でもやらないわけにはいかないのだ。街宣カーでの選挙活動を嫌う候補者もいるが街宣カーを使わず独自選挙法に走ると総じて当選率が低くなるデータがある。

選挙カー、うるさいよね。増田は、法律禁止して欲しいと思ってるよ。

これ、候補名前の浸透の為って言うけど、実際は、支援者の為なんだよね。

選挙カーが聞こえてくると、「○○候補、頑張ってるな。」って、一番分かりやすいからね。

車内からは、音量のほどがよく分からず、大き過ぎないか、冷や冷やしてアナウンスしてた。

けど、音量下げると、支援者からクレームが来るんだよね(^^;

そもそも候補者との接点がない」というのが「誰に入れていいかからない」という理由の1つになるだろう。ネットだけの情報では信用できるかなんてわからないし、そもそも仕事に疲れて関心が向かない。いか候補者と市民の接点を作ることができるかを国として支えることができる仕組みが欲しいと思った。

「誰に入れていいかからない」状態は、現職にとって有利な状態

現職がルールを作っているのだから、現職有利になる流れを打破するのはなかなか難しいよね。

ただ、公開されてる市議会だよりを見ると、

この議案にだれが賛成して誰が反対したって、ちゃん広報されてるからね。

市民側も、情報を拾いに行こうと思えば、それなりに拾えるとは思うよ。

ただ、少し話がそれるけど、

今回の市議選、現職で「議席削減」を訴えている人が何人かいたけど、

「あの人達全然本気じゃないよ。口だけだよ。」って、うちの候補が言ってた。

まぁ、そりゃそうだよね。自分達の食い扶持だもんね。

「このままではまずい。敵対候補応援演説国会議員県議会議員市長を味方につけて行っている。うちらを潰す気だ。だけどうちは無所属だ。どこかの政党に属してしまうと政党方針に従わなければならない。票を集めるには政党を味方につけた方がいいけど俺たちは自分たちの力で町を守りたい。悔しい。悔しいんだよ。だから明日から演説幼稚園問題本質を話さないか?」

お父さんやその支援者さんは、もともと反市長でやってるんだろうから相手関係ないんじゃないかな。

党によって、市議県議国会議員密度も違うとは思うけど、

政党候補が、同系列県議国会議員応援を受けるのは、別に相手をつぶすとかじゃなく、普通のこと。

市民が困ってる声を、一番市民と接点が持てる、市議議員が吸い上げ、市で対応できない部分は、県や国で対応するってのが政党役割の一つだからね。

また逆に、他市や他県、都が独自でやった地域限定の政策や、上手くいった事例を、党を通じて、全国の県市町村に広めるってのもあるし。

例えば、うちの市は、UR団地の老朽化高齢化、空室等が問題になってるけど、この問題を一市議議員が、一人でどうにかするってのは、相当タフな仕事だと思うよ。

けど、政党を動かせば、国交大臣に直接訴えられるし、UR関係者とのミーティングも設定できるからね。(某大臣の例があるから、例えが悪かったかもだけど(^^;)

まぁ、うちの市議でずっとトップ当選してた方は、無所属ながらも、

新人時は、民主の推薦で当選して、いつの間にか自民に移って、気が付いたら県議なっちゃってたわけです。

しかに、上手い人は、上手いんだけどね。

一方で、自民国会議員が、選挙カーに乗って応援してた現職候補さんは、今回落ちてたけど。

夫と一緒に行う演説はいく先々で暖かい拍手が湧き上がっていた。涙をこらえるのに必死だった。こんなにも暖かい人たちがいる。応援してくれる人がいる。この時、1人の拍手が、声が、どれだけ重みがあるかを真に感じることができた。今でもこの文章を泣きながら書いている。

いやいや、無所属新人で、演説を聞いてくれる人が集まってくるっていうのは、それだけでも割とすごい。

もっと、早い段階で演説に力を入れていれば、また結果も違っていたと思いますマジで

現職でも、どこの新人ロックバンドライブだよ。って位に人が来ないことがあるからね。

来てるの関係者だけじゃんって(涙)

現職の演説は、実績を話すのが中心だから、報告してる風で、聞いててもつまんないのかもね。

最終確定票、916票。38人中33位。わたしたちは、戦いに破れた。

結果は残念だったけど、無所属新人で、準備期間3ヵ月、手探りでの選挙活動で、900票ていうのは本当にすごい。

現職達は、半年上前から準備してるからね。当選ラインの1200票、きちんと準備していれば、受かったと思います

女性たちの間で愚痴大会が始まっていた。

ぶっちゃけ、これは、どこでもあるんじゃないかな。

うちの候補も、皆から結構ダメ出しされてたし、文句も言われてた。

これから選挙戦に臨む方やお手伝いする方に知っておいてほしいのは「基本はボランティア」だということ。これは選挙上の規則でもある。これを理解せずにバイト代目当てで手伝いをすると「やってらんない」となる。手伝う側にもそれ相応の覚悟がいるのだ。

そう。手伝う方も、真剣からね。言いたいことは言うって感じで。特に終盤になると、疲れもたまってくるし、皆ピリピリしてるよ。

うちの候補もそれが分かってるから、まぁ、大人対応をしてたよね。候補も、めっちゃ疲れてるだろうにね。

どうか、考えの違いで誰かを攻撃しないでください。政治人間関係が崩れる瞬間というのは、見ていて本当に痛ましいものです。

正直、ここが一番共感した。

実際、普段はとても感じのいい人が、対立候補さんに対して、攻撃的になるのを見ると本当に悲しくなるんだよね。

政治って、全員に対して行っていくものから立場によって、意見が違う人が出てきてしまうのは、仕方ないんだけど、

理想を言えば、どうやって納得し合えるかを、探ることだと思うんだよね。

ある人が、「最高の勝ち方とは、相手を味方にすることだ。」って、言ってたんだけど、

最初から相手攻撃的に捉えていたら、上手くいくわけないよなぁ。って。

人間が、お互いに分かり合いたいと思えるようには設計されてないの、何でだろうね。

---

ちょっと調べてみたら、市議の中で、元の人が言及してた幼稚園に対し、廃園反対を訴えていた人が見つかった。

こういった市議さんを探して、連携していれば、廃園について、少しは市から譲歩が引き出せたかもしれないね

しかしたら、連携済みで、その過程で「政治の闇」を感じてしまい、自分達でやらなきゃダメだって、なったのかもしれないけど。

連携した方が、口先だけだったとか、バーターで、のめない条件を出されたとか。完全に増田想像ですけど。)

2019-07-23

若年世代選挙に行かないのは「将来が長い」からじゃね?

anond:20190722190320

まだまだ人生長いし、ちょっとくらいムダな時間とかあっても惜しくない。むしろムダなことやる余裕があることこそ若さ特権...

みたいな考えってあるじゃないですか。

50過ぎのオッサンになってくるとねー、もうあんまり先は長くないし、ムダなことやる時間はできるだけ無くしたい。

一度きりの人生、楽しまなきゃ。すこしでも楽しむ方法を見つけ出さなきゃ考え出さなきゃ!って思うわけw

 

選挙だって楽しみたい。そりゃ熱烈に応援したい議員とかがいて、自分選挙活動とかに参加してガンバってみたりすると楽しいのかもしれないけど、そんな候補いないしね。オレが一票をどこの政党候補に入れたところで情勢に影響なんかない。しかしただ無視してなにもせず棄権というのもつまんないし、選挙カーや道端でガナリ立ててるヤツらの騒音をガマンして耐えてるだけでも「人生の損失」だ。

 

そこで、オレが考えた最もお手軽に「選挙を楽しめる方法」は、一番勝ちそうな政党候補投票して、負けた政党やその支持者たちに「ざまぁ!」「あっはっはっはー、お前らの望んだ政策なんか全然実現しねーんだよ!バカめっ!」「くやしいのうくやしいのうw」ってニンマリすることなんだよねーw

なので、あの民主党政権とった選挙の時は民主党投票してたし、あいつら全然役立たずのダメ集団だって判明してから自民党に入れてるよww

2019-07-22

anond:20180704041832

かに若い世代全員で投票しても意見が変わらないくらい終わってる状態なのは確かなんだけど、

一応頭数揃えておけば、議席が圧倒的じゃない時、「後一押し票がほしいな」っていう場合に強い存在感を発揮して、若者向けの政策を盛り込むメリット政党側にも生まれるんだよね。

今の20~30代はクソザコ票田なので、20~30代にどうこうするよりも老人に媚びたほうが通りやすいから老人優遇社会になっていってる面はあるんだよ。

だって通らないと本来やりたいこと出来ないからね。やりたいことやるためには票を集めないといけないし、約束したことはやらないといけないから。

あと、桶屋が儲かる理論みたいだが、多くの人が投票に行くことで、政治的話題ちょっと一般化されて、政治的な話を普通の人がしやすくなるっていうメリットもある。

政治の話をしているのは人の悪口ばっかり言ってる超やばい人ばっかりで、そんな人達が中心に政治の話をするもんだからどんどん意見過激になってるんだけど、

普通の人が参加することでそれらは中和されていく。

要するに抑止力になるってことだな。

今までの選挙に対するスタンスって、「自分たちに有利な政治をしてくれる人を選ぶ」だと思うんだけど、それだと老人に勝てないのはわかる。

から、人数少ないなりに「自分たちに有利な政治をしてくれる人を作り上げる」選挙若い世代で展開していったほうが良いと思う。

弱者には弱者の闘い方がある。全ての政党に「若い人困ってまーす」ってメールを定期的に送るとかして、嫌でも議員の視界に若者を入れるとか、そういうどぶ板戦略を逆にやってやる感じ。

それに、現にN国とか山田太郎氏は逆に、20~40代だけにターゲティングして選挙活動を行うことで、既存の票田と競合せずに勝ちを取った面があるので、ターゲティング選挙活動をうまくやれば若者向け政策でも勝てる。

anond:20190721214915

国民義務だろ?

投票国民権利であって義務ではない

>行かなかった糞共が20%でも行けば

選挙ケイマンの特徴として行かなかった層の投票一定の党なり候補者に全ブッパされれば変わるみたいなありえない仮定をする

そんなことはありえなくて20%って2000万人なので大数の法則ってのが十分働くので元々投票してた人とそんな変わらん投票先になる。結果、割合ほとんど変わらない

そもそも若者20%あがればジジイ20%も上がるのが道理、結果割合は変わらない

この数字をどんどん増やしていけばジジイは元の投票率が高いか頭打ちになるが人口比を覆せるほどのモノにはならない内に若者投票率も100%に達する

から行かなかった糞共が20%でも行けばって仮定

行く気がなかった層に強烈に働きかける何かがある選挙活動ってのを実現しなければならないんだが

そんなことできるカリスマ性なら選挙なんかに出ないでも世の中変えちまうよ

算数レベルじゃなくてもっと論理的思考統計的思考を抑えてないと馬鹿だと思われるので気をつけようね

anond:20190722000105

今回の選挙でもこんなのがあったらしい

2019-07-21

anond:20190721234030

政党が実際どうかは別として、

鉢巻笑顔で駆け寄ってきたり、雨にずぶ濡れになりながら助けてくださいと絶叫したり、土下座したり…

そんな選挙活動はもはや無意味だ、と思わせるような選挙結果になってほしいと切に願いますよ。

NHKから国民を守る党選挙区候補って選挙活動全然してないのに

県によっては5%超えたり泡沫候補だけでなく社民以上に得票して

全国で政党要件の2%超えそうやな

もう当日だからネット選挙活動も、だれだれに投票したって話題禁止やで。

2019-07-20

安倍晋三秋葉原演説するというので様子を見に行ったレポ

今日の18時30分から安倍晋三秋葉原演説するというので様子を見に行くことにした。

18時過ぎに電気街から出ると、すぐに日の丸を配っているおばさんやおっさんに遭遇した。候補者写真名前が入ったうちわを配っている人も複数見かけた。

自民党支持者と思われる人たちが持っているプラカードは見るに堪えないものが多かったが、中でも最悪だったのは「水爆上等 撃ってこい豚 死ぬのはお前だ」と書かれた金正恩写真入りの札を掲げている輩で、裏面には「核戦争には慣れている 試してみるか?」と書かれていて更にげんなりした。

他に朝鮮人が云々といって他人に絡んでいる人相の悪い男などもいて物騒だと思った。

警官制服警官が各所に立っていて、それとは別に10人ほどまとまって待機している制服集団ダイビルUDXにそれぞれいるようだった。制服警官の他にも「SP」という字をあしらった赤いバッジをつけたスーツの男が何人かいて、これはおそらくSPなのだろうと思った。ほかに黄色い丸か八角形に見えるバッジをつけたスーツの男や、青いバッジをつけたスーツの男もそれぞれ複数いたが、これが自民党関係者なのか警察なのかはよくわからなかった。

自民党の最下層のスタッフ黄色い丸いシールを服に貼っているようだった。ランクが上がると花の形の飾りをつけるようになるらしく、黄色や青やピンクのものをつけている関係者風の人が大勢いた。これらの色がどういう風に階級対応しているのかはよくわからなかった。

自民党広報車の上ではまだ候補者が話していて、安倍晋三の登場まで時間がありそうだったので中央通りの方に行くと、交差点山田太郎演説をしていた。なぜこの人は安倍晋三が来る会場で演説をさせてもらえないでこんなところで客引きみたいなことをしているのだろうと思った。中央通り沿いには末広町の方まで警察車両がズラリと停車していた。何をそんなに恐れているのだろうと面白くなった。

気になったのでヨドバシカメラの方の広場を見に行ったが、そこでは「NHKから国民を守る党」の候補演説をしていた。

電気街口前の広場に戻ってしばらく待っていると、麻生太郎演説を始めた。「毎年のように総理大臣が変わっていた時代が~」などと話していたが自分もその一員だったことについては触れていなかった。政権が長く続いているのは良いことであり外交も頑張っているという趣旨演説だった。内政については触れていなかったように思う。

安倍晋三が来ると、反対派の人が横断幕を上げようとするのを破壊しようと自民党支持者が暴力に訴えて小競り合いが発生した。

自分の目の前にいるスーツの男が持っているスマホが見え、LINEグループで「B地点でも上がりました下げさせて」「こちらは支持者の人が壊してくれました」などと会話していた。この男が自民党関係者なのか警察関係なのかはよくわからなかった。

安倍晋三がしゃべり出すと「安倍やめろ」のコールが始まった。目の前で小競り合いが発生したのを目撃してテンションが上がっていたので自分も「安倍やめろ」と声に出した。思っていることを、相手を目の前にして声に出すのは気分が良かった。

拡声器を使った選挙活動20時までなので、それを前にして安倍晋三は去って行った。その後、自民党スタッフが「あっべしゅしょう!あっべしゅしょう!」などとコールをするよう観衆に呼びかけていたが反応はまばらだった。一部の人相の悪い支持者を除けば、観衆の大半は安倍晋三という珍獣を見に来ただけの野次馬だったのかもしれないなと思った。

2019-07-17

推し政治家になった

今度の選挙出馬した

推しが一番の公約にかかげている問題にに長年真摯にとりくんでいたことはよく知っている。

今の日本でかなり関心の高い多くの人に関わる(悪くいえば当りさわりのない無難な)公約なのでこの文を目にした人にもよければ投票してもらいたい。

なので政治活動応援はしたいと思っているけどもやる気持ちもある。

出馬表明後ツイッター投稿がめちゃくちゃふえた。

ちょっと前まで何してるかぜんぜんわかんないし気がついたら学校にかよってたり一般企業に勤めてたり死んではいないだろうけど活動状況がまったくわからなくてやきもきもしたのに選挙出るってなったとたんツイッターが活発になったし毎日どこに行くか大公開してくれている

ここ数年は都内で年数回イベントをするっきりだったのにこのあいだ家の近所まできてくれてた。本当は演説じゃなくてライブできてほしかった。

真剣日本社会のこと考えてるのはよくわかるけど10年以上応援してきたファンのことはこれまでこんなに考えてくれていたのだろうか。

街頭演説で注目を集めるそのパフォーマンスわたしたちファンが待ち望んでいたものだったのに。

フォロワーさんはみんな推し応援している。わたしだって推し選挙活動に水を差したくはないけど今までみたいな活動をする推しにもう会えない気持ちを吐き出させてほしい。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん