「核家族」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 核家族とは

2018-01-16

私小説 不登校

私は中一の途中から不登校になった。

元はと言えば小学校高学年で「ハブる」という文化のもと、クラスメイトからの徹底的に無視をされたことが発端である担任との相性の悪さなども相まって、学校生活への自信や信頼をなくしていった。核家族共働き家庭の一人っ子の私は、学校では人と話せず、放課後時間も一人で過ごした。特に習い事などもしておらず、学校と家庭の二つしか生活の場がなかった私は人間関係における信頼や安心などを失い、自分の考えを人に話すことや言葉スムーズに出すことができなくなっていった。

そして中学入学環境が変わることを期待したが、結果的には悪化した。たいていの公立中学では部活動には強制参加させられる。しかし私が入学した中学校は全校生徒が少なく、文化部は一つだけ。他運動部一般的にはあるような部活がなかった。当時文化部に入るとスクールカースト底辺になる空気があり、私は運動部所属した。しかし、運動神経が良くない方だったため部活でもうまくいかず。小学校高学年で人間関係に対する安心や信頼を失った私は、中学出会ったクラスメイトともうまく接することができなかった。

そして決定打となったのは合唱コンクール「絆」「仲間」「大きな声を出す」「グループ練習」などといったものは当時の私には地獄だった。音楽時間が恐怖の時間になり、合唱コンクールが近づくにつれ朝練や帰りの学活でも練習を行うようになり、一日の始まりから終わりまで恐怖の時間となった。そこから学校に行けなくなるまでは簡単だった。学校に向かう足が遠のき、制服に袖を通すのが怖くなり、家から出られなくなった。共働きの私の家で朝一番最後に家を出るのは私で、一番最初に帰るのも私だった。そんな中で、朝起きて制服を着て仕事に行く親を見送り自分学校へ行かず無断欠席をするようになった。当然学校から固定電話電話が掛かってくるが、家には私しかいないため無視。親に連絡が行く。意外にも親は私が不登校になったことを受け入れてくれた。

会話からまり日常生活の行動全てに自信をなくした私は学校での学習電車に乗るといった行為もおぼつかなくなっていた。授業で先生から発問されれば、注目される恐怖や答えを急かされるような焦燥感で「わかりません」というのが精いっぱいだった。「私は何をしてもうまくできない」という強迫観念に襲われ、不登校の間に学習障害検査などを受けたこともあった。一人で家で勉強する分には問題なく、また中間テスト期末テストを受ける分には人と関わらず済むため、それなりの点を取れていた。

不登校だろうが、家から出られなくなろうが、無情にも時は過ぎていく。中二では、通知表は「1」「2」「-」がほとんどになっていた。中三が見えてくると頭をよぎる高校受験入試資料集などを見ると、入学選抜に当たっての内申点基準数字が踊っていた。家から出られなくても、学力低下だけは避けたかった私は家で学習を続けていた。当時、私の学力から出される偏差値は60〜63あたりであった。それくらいの学力層の高校では、おおよそ大半が9教科36以上の内申点基準としていた。一方、私の内申点は9教科で23地元工業高校ですらあやしい点になっていた。また、中二の時の担任は繰り返し私に面談の場を設けてくれた。私の話を無視したり、相槌を打たないなどということはなく、久々に会話ができることに感動した。担任もっと話したいと思うようになり、徐々に学校に行けるようになっていった。

この状況の中で、私には一つだけ自信が持てるものがあった。それは絵を描くことである。まだ学校に行けていた中一の初めに美術先生から風景画を褒められ、不登校になってからは家でよく写真模写などをしていた。授業にも出られるようになった中三一学期、今まで体験たことのなかった画材出会った。油絵である。失敗しても被覆度が高く上から重ねることができ、乾くのも遅くゆっくり描くことができるこの画材は私の中で革命的であった。人間関係で失敗を重ね、急かされることに恐怖を覚えていた私は、個人で取り組むことができ、ゆっくりと描ける油絵具に希望見出した。もっと油絵が描きたいと思い、誕生日には親から油絵セットを買ってもらった。もっと油絵を描きたいと思い、美術コースのある普通科高校への進学の意思を固めた。

その高校を受けるにあたり、偏差値は足りていた。美術コースを受けるにあたり、実技の力も合格するであろうという程度には達していた。しか問題となったのは、やはり内申点であった。担任からは渋い顔をされた。それでもやっぱり受けたい、あの高校に行きたいと思い受験制度などを調べ尽くした。すると、不登校などを経験した生徒のための特別選抜制度発見した。内申点度外視し、受験時の学力テストと実技、面接入学選抜を行うという制度だ。その制度担任に報告すると、なんと担任は知らなかった。50も過ぎたベテラン教員がその制度を知らないということにはがっかりした。その教員が受け持ったクラス過去不登校の生徒はどんな進路をたどったのか心配になる。

何はともあれ、私はその制度活用し無事志望校合格することができた。入学後は絵と勉強に励み、学力では上位10%あたりを維持し絵では県の高校美術展で賞を取った。

そしてやってくる大学受験もっと油絵を描きたかったので美大を望むも、家計が厳しく断念せざるを得なかった。幸い、学力はそれなりにあったため国立大教育学部美術専攻に進学することでどうにか油絵を続ける手段を得た。

時は流れ大学四年。義務教育時代に失った人間として生きる自信や信頼関係高校大学の友人と接するうちに取り戻し、バイトをしたり彼氏ができたりと一般的大学生として大学生活を送ることができるようになった。教育学部で学ぶ中で、義務教育時代自分メタ認知することができた。当時の自分と同じように人間関係に悩む子供に接し前向きな未来を示せたらと思い、教員の道を選び教員採用試験合格した。

卒業制作バイトに追われる今日、私が四月より働く予定の自治体では不登校の生徒が高校に進学する際の特別選抜制度が数年前に廃止されたと知った。

2018-01-15

このブクマカたちも大家族化で豊かに暮らす人に淘汰されるんだろうな

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1189844

7人家族があったとして、4人が年収150万円なら後の3人が無職だったり、介護老人だったりしても生活は余裕でしょ。

無職・老人でも週何回かのパート出れば豊かな暮らしだってできるし、その4人だって実際はフルタイム年収150万なんて低くはないでしょ。

きみらは贅沢な核家族に慣れすぎてて、結婚・同居による経済的合理性を甘く見積もりすぎ。

https://anond.hatelabo.jp/20180115102356

父親会社員母親専業の世間一般的核家族ですよ

妹は親の言うことに従う良い子だから可愛がられてるけどね

2017-12-22

[] 現代っ子

第2次世界大戦後の日本社会に顕著に進行した現象。家制度廃止核家族化,民主的道徳教育の普及,6・3・3制の施行

それに伴う進学率の増加,進学競争普遍化,都市化情報社会化テレビの普及,大衆社会化,経済成長などを背景にして

育ってきた子供たちをいう用語。昔の特に農村や小都市での牧歌的生活のなかで育った子供比較して,その特徴を

きわだたせるのに用いる。 1960年代を中心に盛んに使われた。基本的には世代の子供版であり,そこに知的興味という

余裕がみられたことは否定できない。

  

教師であった阿部進学校の内外を問わず子どもと触れ合う中で「戦前戦後では子ども気質が違う」ことに気が付いた。

発見を元に2冊の本を書き上げると、それぞれ20万部を超えるベストセラーに。

著書で示した「現代っ子」という言葉流行語となった。

https://kotobank.jp/word/%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E3%81%A3%E5%AD%90-60833

http://www.townnews.co.jp/0110/2013/08/08/199068.html

2017-12-21

ミニマルな車がほしい

家で車をコンパクトカーに変えてから数ヶ月経つが、あんなん全然コンパクトじゃないわ

既存の車庫や駐車場に入れたらスペースカツカツじゃないか

運転下手の俺はいつも四苦八苦してるよ

ちゅうかぶっちゃけこの核家族時代に2人乗り程度の車が普及しないのはなぜなのか

個人的にほしいのは軽自動車を縦に2分割したくらいの車なんだよ

一人+荷物運転手+乗客一人くらいで十分なんだよ

パーソナルモビリティも一向に市販しないしなんなんだよ

スズキツインみたいなのもいいけど、さすがに中古の軽を探してまで買おうとは思わないしメーカー新車出してくれよ

…やっぱり採算取れんのかなぁ

追記:これ割と理想に近いかも→https://www.birojapan.com/

サイドドアあるし、荷物も置けるみたいだし

2人乗りできれば上出来かな

2017-12-13

anond:20171213121417

横だけど。田舎と都会で見えてる景色が違うんでないか

田舎複数世帯が多いので、そうなる。

ただ県別の母親就業率でみると、意外と地方女性は働いてる。その分析として祖父母の育児参加が指摘されてはいる。

田舎田舎専業主婦のあり方はあると思うけど)都市部高度成長期人材獲得のために地方から若い人が集まって核家族専業主婦構成した、という景色もあるみたいですよ。

今は都市部でも専業主婦なんてファンタジーなんで保育園が足りない、みたいになってるが。

anond:20171213121417

それ、地域都市化の進展によって全然当たり前度が違う>三世代同居

それ以前(戦前)は、外で働く家長よりも家業農家含む)を持っている家の方が多かったと思う。

そして家業がある家では、女も男も、家事家業もすべて自分たち(と豊かな家では下女下男)で行っていてアウトソーシング市場もなかった。

三世代同居が当たり前だったころ、をいつと考えているか知らんけど、第二次世界大戦後すぐに核家族問題は出てきている

正確に言うと昭和10年代に急速に日本経済構造が変わった時期がある。

大正末期~昭和初期には企業創業ブームで、市場経済化、資本集約化が進んだ時期

anond:20171213115748

専業主婦といっても親(義親)や地域に助けて貰ってた

でも今は工場地域や都会へ核家族移住してしまうので親の助けはないし

逆。

専業主婦ってのは、都会に集団就職金の卵核家族が当たり前な時代になってから

親や地域人間の助けが借りられず、家事育児を一人で行うしかない主婦が働く暇などなくなって生まれもの

(と言っても裕福な家庭以外は専業主婦子供が幼いうちだけで、その後は共働きが当たり前だったが)

個人主義が進んで核家族化したり地域コミュニティ形骸化するほど国による福祉が求められて大きな政府になるというのはなんとなく矛盾してる気がする。

anond:20171213114511

・その言ってる「昔」はバブルのごく一時期だけだった

 収入はその頃すごかったというだけ

 

専業主婦といっても親(義親)や地域に助けて貰ってた

 でも今は工場地域や都会へ核家族移住してしまうので親の助けはないし

 地域の助けは他人子育てまかせるなんて!って風潮が蔓延してもう無理

 できたとしても、もし自分の時に子育て助けて貰っても

 その後引っ越ししま確率が高くなってしまったので相手に返せず、

 いわゆる助け合いお互い様という互助関係が構築出来ないので無理。

 

 最近国は無理やり企業子育て世代の手助けをやらせようとしてるけど

 お互い様じゃないのに、過去のような子育て手助け復活させようとしても

 無理やりやらせることになって恨みしか産まないと思うんだけどね

2017-12-07

anond:20171207183134

災害情報必要なのは被災地の人だけではない

親戚・知人・取引先等やボランティア団体その他いくらでも必要とする人がいる

ネット眺めてるほうがずっと有用」君はそうかもしれないがそれだけでは不足する情報はいっぱいある

あと「NHKの成績」が悪かろうが良かろうが受信料負担が重荷になってる人が大勢いる

良ければいいってもんじゃない

そもそも放送法が出来た当時と現在では大きく情況が異なっている

人口は停滞から減少方向に進んでいるが「世帯数」は今のところ右肩上がりで増えている

大家族から核家族へ、さら単身者世帯が増えてるから

かつては独身女性は親と同居が普通だったが今は違うしこれからまだ増える

世帯が増えればNHKはウハウハだが、払う方は1人当たりのコストが当然増す

今の受信料徴収は現状にまるで合ってない

2017-11-17

anond:20171117145204

出生率世界的に先進国は下がってて

詳しくは検索してほしいが、別に日本だけじゃない

 

出生率減少は自分たちの親どころか祖父世代から始まってて、

農業中心産業から工業化した事で人手が要らなくなり、

さら医療進歩や食料増産で死ににくくなったか

幼いまま死んでしまリスクも減ったから予備が要らなくなった。

 

また都市化核家族化で養えなくなったこともあるし、

職業選択の自由産業構造の変化で

昔ながらの生業を親から子へ伝えることもないか

多くの人が跡継ぎをあまり気にしなくて良くなった。

 

それらの結果、子供をそんなに産まなくなった。

 

祖父母、曽祖父世代なら4〜5人兄弟普通

近所に8人産んだ家があったなんて状態だったらしいが、

あなたの親は何人だった?そしてあなたは何人兄弟

 

そこにさらに次代はAIによる人手不足解消が進むから

 

 

正直、『人はもうほとんど要らない』と思ってる。

 

 

というか今の子供が15〜20年後に社会に出るって事あるの?

働く先ってあるの?

 

自分も親も祖父母もその前も実際に人手の要不要

子供の数の制限を行ってたことだし、

なぜ次の世代だけ逆行する必要有るの?

なんで子供の数が必要だと思ってるの?

子供可愛いっていう趣味嗜好?

子無しでいくつもりの人は出産育児補助の増額には反対なのだろうか

タイトルどおりの話。

不倒城

赤ちゃんだけじゃなくて子どもは正直いってめちゃくちゃ可愛い

http://mubou.seesaa.net/article/454914968.html

シロクマの屑籠

子ども権利を守りながら出生率を増やすなら、核家族的な子育てをやめるしかないのでは

http://p-shirokuma.hatenadiary.com/entry/20171116/1510812000

このへん ↑ の子作り・子育ての話が盛り上がるたびに思うんだけど。

子供を持つ気が無い人の気持ちの話。

 自分子供を育てる気がない人たちはどの程度なら他家の子供の養育費負担する気があるのかな。税金を含めて。戦後日本人口統計を見ると(*1)、社会育児リソース(要は税金)は配分ではなく量そのものが足りないと思っている(*2)。

 で、子育て世帯やこれから子供作るor作りたい世帯育児補助なり出産補助なりの増加に賛成だと思うんですけど、本人の嗜好なり思想なりで子供を持つ気が無い人たちや、子育てたかったけど諦めた人たちはこれ以上の負担をするくらいなら出生率が減り続けてもかまわない(=人口自体は減少速度を増しながら減り続ける)と思ってるのかな。

 じっさい「自分子供を作らないから知ったことではない」と言い切る人はそんなに多数ではないと思うんだよね。長い老後が予想されるのに、ほとんど若者子供がいない社会なんて暮らしにくいでしょ。

 このくらいの負担で、このくらいの次世代人口生産されるのが望ましい、という社会的合意があれば政治行政も動きやすいと思うんだけども。

 子供を持たない・子供を持つのを諦めた皆さんは、子供が今いる、あるいは子供をこれから持ちたいと思ってる世帯に今より多くの資源(=税金)が配分されることに賛成ですか?

 そのための増税は許容できますか?

 子供を持たない・子供を持つのを諦めた皆さんにとって望ましい、あるいは許容可能日本出生率はどの程度でしょうか?(いまのままで問題ない/人口が減少してもどこかで安定するからいい/人口置換水準で安定するのが望ましい) あるいはそんなことはまったく気にならないのでしょうか?

好むと好まざるとを問わず、子無しで行くつもりの人はすでに極少数とは言いがたいのに、出産育児周りの話で部外者あつかいなのは変だなあといつも思う。その人たちがどれほどの負担をする気があり、代わりに社会は何を差し出せるのか、もっと議論されるべきだ。

 最初から子供を持たないと決めている人と、子供を持つのを諦めた人の間には大きな温度差があるはずだから(ここまで一緒にしてるみたいな書き方でごめんなさい)、どっちかわかる形で教えてもらえるとありがたいです。

 まあ上のリンクシロクマ先生が書いてるように、家族と親に集中している子育て責任を、子供に関わりたい子供のいない人も社会的に共有できればいいんだと思うんだけど、これはまた別の話(育児リソースの分配の話になるかと思う)。

 ちなみに増田は男で子供が好きで、むかしから駅で子供を見るとニコニコするほう。

 20代の頃は非正規雇用なので子供は持てないだろうけど出産育児補助の増額には賛成でした。

 30代で幸運にも転職して結婚して子供もできた。子供は思ってたより面倒だけどかわいいです。

1:いうまでもないが出生率戦後ずっと低下傾向で、1974年人口置換水準を割って、まだまだ下がり続けている。つまり5歳以下は物心ついて無かったものと考えれば、戦後を生きている現日本人ほとんど(2016年統計75歳未満は87% http://www.stat.go.jp/data/jinsui/2016np/pdf/gaiyou2.pdf)は、国外生活経験者を除き、人口を維持できない国の生活しか知らない。増田なら誰も知らないだろう。実感を持って出生が多かった時代を語れる人間はもうほとんどいないはずなんだが、高齢者ふくめこれが意外と共有されてない。

2:配分に問題が無いというつもりはない

核家族の子育てを止めろと言っても

http://b.hatena.ne.jp/entry/p-shirokuma.hatenadiary.com/entry/20171116/1510812000

シロクマ先生がなんか書いてるが

大家族にすればその中で立場が弱い者(大抵は嫁)が犠牲になるし

行政押し付ければその行政下請けである官製ワープア犠牲になる

核家族が発達したのは、犠牲になりたくない「嫁」たちが夫親との同居を拒み始めた、

かといって夫も勿論妻の親との同居なんてしたがらなかった結果であって

大家族にするなら夫か妻のどちらかが犠牲になるしかない

夫婦どちらも犠牲になりたくないから全部外注、ってならそれを請け負う外側の人(保育士介護士)が犠牲になるし

勿論誰も犠牲になりたくないか保育士介護士人手不足なわけだ

彼らを犠牲にしなくて良いよう、働きに見合った十分な給与を出すなら大増税待ったなしだが

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/this.kiji.is/303910947893331041で吹き上がるようじゃねえ


どうもならん、詰んでる

2017-11-09

核家族自治体政府しかないってのが無理でしょ

昔は会社がまるっと包摂してた部分をネオリベが全部壊した

2017-10-13

anond:20171012225823

最初から先進国核家族が多いことは前提にしてる

んで、先進国ってのは核家族化が進んでるだ

そんなことも知らずに突っかかってくんなよ

2017-10-12

anond:20171012200817

なんで「先進国」とか言ってたのが「核家族の多い日本」とかブレてんの?

anond:20171012192614

核家族が多い日本でどういう働き方を選択すれば合理的なのかお前には分からないということでよろしいのね

了解

anond:20171012094953

一億総中流のころはもう核家族化が進んでたんじゃないの?

あと残業も少なかった印象。

anond:20171012073543

核家族が多くのに、子育てしようと思ったら二人フルタイムより合理的やん

世界中先進国でそうなので個人的だと言われてもね

2017-09-21

anond:20170921100350

「女が」つうか、そこは母だからこそ子供に対する思い入れ人一倍なんでしょ。

10ヶ月間お腹の中で育てて自分で産んで母乳もやってるわけだし。

実際には、核家族でもない限り誰に育児を任せるかっていうのは義母や義父、夫(父)との話し合いで決まるものだし、いくら思い入れが強くとも母1人の一存じゃ決まらんでしょう。

育児は1人でやるもんじゃないとも申しまから〜。

2017-09-09

anond:20170909154340

生物として強い遺伝子を遺すっていう話では、一夫多妻性(多夫多妻性)にするのが良いっていう研究結果がどこかにあったな。

いわゆる一夫一妻制に比べて何倍もの生存率がデータとして出てたり、遺伝子解析でも生存力が強い事がわかってるとかなんとか。

でも積極的許可に動かないどころか、逆に孤立化を深める核家族化の方に全体の舵が切られてるあたり、人の基本が非合理的な生きものなんだよね。

2017-08-24

両親の介護で悩む時期がいずれ来るんだよ、と独身時代上司が言った。

たとえ現実だとしても残酷仕打ちだと思った。少なからず、職場で話すような話題じゃないだろう。前途ある若手に話すのならもっと相応しい話題が幾らでもある。

それを教えられて今から何を準備すれば良いと言うのか。ムラですら生活できない核家族は辛いな。

2017-08-19

誕生日を祝ってもらったことがない

母方も父方も大人から子どもまで家族特別祝うってしきたりはないよ。

今日誕生日だったよね、○歳だね」って感じ。

あとは20歳ときお金もらったくらいかなあ。

食事特別にしてパーティするのってお祭りお盆正月くらいで、

誕生日にやるのは都会の核家族の一部が欧米コンプレックス発症して始めた最近のしきたりじゃないのかな。

2017-08-09

「小さいうちから保育園なんてかわいそう」なんてバカじゃないの?

https://akasugu.fcart.jp/taikenki/entry/2017/08/01/special1194

自分たちの我侭で核家族を選んだろ。なら「小さいうちからおばあちゃんやおじいちゃんと離れ離れでかわいそう」とも思うべきだよ。

子供を四六時中どこか別のところに預けてたって、親が四六時めんどう見てたって、どちらの子供が可愛そうとも哀れとも思わないよ。

家事子育て積極的アウトソーシングするか祖父母に面倒を見てもらうようにすべきだ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん