「天然パーマ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 天然パーマとは

2019-12-18

いいババアになりたい

大学院生23歳。見習いババアである

まだ若者範疇だけど、そろそろ女の子とも言いがたくなりつつある。

世にはアラフォーでもまだきれいなかわいいお姉さんって感じの人がたくさんいるし、

わたしもまだまだお姉さんで通る見た目だと思う。だってまだ23だし。

でも確実に老いは来る。そして、それに抗って若い見た目を保つ努力はめんどくさい。

わたしは強くてかっこいいババアになりたい。

おばさんは嫌だ。ババアになりたい。だから見習いババア自称しはじめた。

わたし母親は適度にズボラで適度にサバサバしていて、いいババアみを持っていると思う。強烈な天然パーマババアみにちょっと寄与している。

ただ、外見にはそれなりに気を使っているし、気遣いもすごくできるし、ババアっていうかマダムって感じ。

最低限の気遣いマナー、身だしなみも生きていくうえですごく重要だと思うけど、マダムというのもなんだか癪である

わたしババアになりたい。

近所のガキどもにババアと呼ばれて慕われて、そのたび「ババアとはなんだババアとは」ってがなるけど怒ってはいなくて、だから子どもたちもババアって呼ぶのをやめないみたいな。

喧嘩している子がいたらかっこよく仲裁してやったり、休みの日には宿題教えてやったりとかして。

の子達の親が「○○さんに向かってババアなんて失礼でしょ!」とか言ってたら「ババアババアからそのままでいいんですよ~あ、でも他のババアのことはババアって呼ぶなよ!」とか言いたい。

ババア資質って、なんなんだろう。

すてきなマダムとか知的なおばさんとかじゃなく、かっこいいババアになるにはどんな努力をすればいいのだろうか。

2019-09-25

今日、小中学校の時いじめられてた奴に会った

小学校の時はいつも汚い服で

冬でも半ズボン

ゲゲゲの鬼太郎ねずみ男の顔を

さらに目を小さく細くした感じ

天然パーマ髪型を短くカットしてた気がする

成績はいつも悪くてクラス中、学年中、

もはや学校から嫌われてたと言っても過言じゃなかった

でも大人しいわけではなく、むしろ活発で人の嫌がる事しかしない感じだった

でも時々普通に遊んでる事もあった

でも時々○○菌と言って虐められてることもあった

でも本人は落ち込むというよりは

立ち向かって暴力をふるったり、泣き喚いて暴れるような感じだった

少ししか見なかったけど、今日いたのは多分あいつだった

容姿ほとんど変わっていなかった

ちょっと太ったのか、筋肉なのかムチムチした感じになってた

俺が30歳だからあいつも30歳

店員デカイ態度で話しかけてた

手に負えない団塊世代のクソジジイみたいな態度だった

見た目は派手でも何でもないブサイクから

ヤンキー的な怖さというより、関わると面倒になりそうな頭がおかしい奴的なヤバさがあった

結婚してんのかな

俺は独身からあいつが結婚してたら負けた感じがして嫌だなと思った

でも多分今結婚してなかったら、あいつは一生結婚できなさそうだなと思った

俺も他の人間も大抵モテ期があったり、チヤホヤされた経験があったりすると思う

こいつはそんなの経験した事あるのかな

初対面とかでニコニコ迎え入れられる事あるのかな

なんか悲しくなってきた

あの時のまま、むしろ子供の頃は多少難があっても多目に見てもらえたと思う

もうこの歳じゃそれもないだろう

こいつが結婚しててほしいと思った三十路、秋の夜

2019-09-06

anond:20190906165407

じゃあ天然パーマの人はパーマ面接に行って得をするのか?

自然から正しいなら爪ものばしっぱで生活したらどうだす?

2019-09-02

なにもない

母親は私が中学くらいか適応障害統合失調精神病院入り浸りの薬付け(効いてない)親戚疎遠。

父親は同じ頃借金と女作って逃げて親戚疎遠。

弟は母親のせいで看護学校に行かされて挫折していじけてニート気味。

妹は弟を嫌って疎遠。

実家はないか負債しかない。

私は雑魚公立高校から地元公立大学(努力でなんとかなる勉強はした、青春は無かったし大学でも勉強バイトまみれだったけど。)まで奨学金で行ったか借金まみれで、ニートな弟を引き取って二人暮らし正社員手取り12万程度しかいから返済も50代過ぎまでかかりそうだし大きな昇進もないそれまでない。

両親から身長(成長期の栄養状態も悪いし祖母介護睡眠時間も悪かった)と天然パーマ遺伝し二分脊椎運動も駄目。

ブサイクだし食生活も滅茶苦茶で安い炭水化物で飢えを満たしてたか肥満だし仕事ストレスで片耳も突発性難聴で聞こえないし、胃をやられてるし、高血圧ボロボロ

友人たちは次々結婚したり順調に生きていてどんどん世界が違っていって居辛い。数名はまだ話が出来るけど置いていかれるのは時間問題

異性の多い職場だけど仕事に関わること以外私は存在しないかの如き扱い。仕事多忙だし何かと他部署の人に反発される仕事からそんな暇もないし好感度もないし金の余裕もない。

なにもないわ、人に好かれるための要素が。手牌が。結局、生きるための努力はなんの役にも立たない。

普通に生きることが目標だったのに頑張れば頑張るほど普通が遠ざかって孤独になっていく。始めからすべて間違っていた。まともに生きるために苦労したことなんて他人から評価なんてされない。無駄だった。こんな人生林檎の樹に水をやり続けるなんて無理だ。

2019-06-24

anond:20190624115249

薬剤によって人工パーマを落とすのがストレートパーマ

薬剤+アイロン天然パーマにも対応するのが縮毛矯正

なるべく負担の少ない形で縮毛矯正などを行う総合的な手法が髪質改善

らしいぞ。

2019-06-21

[]凪のお暇1巻

OLしてて趣味節約しかない主人公

空気を読んで周りに合わせてランチいったり仕事押し付けられたりしてた

でも唯一の自分の取り柄と思ってた彼氏が、自分のいないところで「あいつのとりえは下の世話くらいw節約好きとか引くww」って言ってるのを見てしまって過呼吸起こして仕事やめる

都内2LDKからギリギリ都内のやっすいアパート引っ越しSNSも全部やめて断捨離しまくる

ヘアスタイルナチュラルアフロ並の天然パーマに戻した

隣人はうるさいけどヒッピーっぽいゆるいパリピで、距離感が近くて恋してしま

でもそこに断捨離したはずの元彼がきて、ヘアスタイルをいじってブスだの言ってずかずか部屋にも上がり込んでくる

なんとか撃退


うーん仕事やめるくらいまではよかったんだけど、隣人がイケメンパリピで都合よく新しい恋愛が始まる感じで、

2巻以降で元彼パリピとの三角関係になる!?みたいな広告が1巻の最後にあって、

うーんそういうのは求めてなかったんだけどなあと若干残念感が出てきてしまってる

結局そっち系にもってくんかーいみたいな

とりあえず続きは読むけど

お隣さんのクール美少女小学生はかわいくてよかった

追記

あ、そっち系には進まないのね

これで安心して読める

2019-02-11

髪をサラサラにしたい

まれついての軽度天然パーマ

ストレートになりたいわけじゃなくて艶のある髪になりたい

難しい

2018-12-03

キュアアンフィニとキュアゴリラと俺

繊細で、陰湿で、幼児的で、良い歳して毎週日曜日八時半にテレビに向かう大きなお友達自分語り増田に聞いてほしい。

そうだな、俺はプリキュアになりたかった。

性自認がどうとか、性指向どうとか、そういう話でもないし、素養もない。

ただ、プリキュアになりたかった。

両親もよく呆れずに付き合ってくれたと思う。

クリスマス誕生日プレゼントバンダイおもちゃ、寝間着はプリキュアパジャマお菓子は全部プリキュア、帰ったら衣装を着て鏡の前だ。

勿論全て親が買ってくれたが、足りない小物は自作していた。

休日家族で出かける場所といえばプリキュアショー一択だったし、よく最前列で「がんばえー!」と声を張ったものだ。

休み時間の過ごし方というと、同年代女の子プリキュアごっこ彼女たちがプリキュアから「卒業」していくと、低学年の女の子プリキュアごっこに興じるのが常だった。

当然、小学校の高学年にもなると酷いいじめが始まる。

プリキュアになるにしても、若宮アンリのようなスタイルの良い美少年なら良かったが、生憎俺は類人猿顔のド短足だ。

美墨なぎさに憧れて、髪を伸ばそうとした時期があった。でも酷い天然パーマがそれを邪魔した。

酷いいじめ、外見と理想ギャップに苦しんだ俺は、中学に進む頃にもなると、立派な醜いオタクの子に成長を遂げた。

熱暴走していた「プリキュアになりたい熱」は強制スクラムして、前々からやっていた女児向けアーケードゲームにずっぷりハマるようになった。

中学校は、行くのをやめた。

行かなくなるまでにも色々あったけど、今は関係ないだろう。

学校には行かずともゲーセンには欠かさず通った俺は、通信制高校を経て、私立Fラン大に自己推薦で入った。

今も、毎週日曜の朝八時半にテレビの前に座ることは続けている。

地デジになって、10チャンが5チャンになっても、プリキュアを、プリキュアになりたいという気持ちはずっと持ち続けている。でも、ひどいコスプレはやめた。

HUGプリは面白い。間違いなく。

若宮アンリというキャラクターの登場はプリキュアシリーズの中でもエポックメイキングだろうし、俺は彼の登場を好意的に受け止めている。

契機は19話だ。

池の平ホテルの「男の子仮面ライダー女の子プリキュア」というCM放送後に炎上したのも記憶に新しいが……

その回に登場する、恐らくは抑圧を象徴するキャラクターとして形作られたであろう、愛崎えみるの兄、愛崎正人に対して妙な親近感を感じたのだ。

らしさ、というのは重要だ。俺はいくら類人猿の顔をしているとはいえブサイクを見るとブサイクに感じてしまうし、類人猿顔は類人猿顔だし、オタク顔はオタク顔に見える。女は女だし、男は男だ。

人は生まれ持った「らしさ」で生きればいいし、「らしさ」の枠を飛び越せるのは、若宮アンリのような才溢れる美青年くらいのものだ。

自分の心に制限をかけるのは人生のムダ?

そうだな、君にとってはムダかもしれないけどな、俺は人生の大部分をムダにして、らしさに従うのも「賢いやり方」だというしょっぱい教訓を得たさ。

僕は僕の心を大切にする、君は君の心を愛せ?

分かったよ!若宮アンリくん、頑張ってくれ!君は若宮アンリだ!

俺は俺の類人猿らしさで頑張るよ!

彼の振る舞いにはそれに裏打ちされるだけの才能と、美貌と、それに裏打ちされた芯の強さがある。

翻って、俺はどうだ。

プリキュアになることをやめ、のうのうと生きている。悪いくせみたいにダラダラとプリキュアを見続けている。

ひどい人生だ。

俺は若宮アンリと、彼に感化された「少数者を自認する人々」が、正直よくわからない。


そして昨日の42話だ。

増田プリキュアフリーク達は、「キュアゴリラ」というプリキュア戦士を覚えているだろうか。

お笑いコンビFUJIWARAが出演した、スマイルプリキュア!17話以来、俺は原西孝幸さんが好きになって、彼がプリキュアについて語る番組殆ど見た。

「あれ、大きなお友達ってさ、ご法度の裏街道を歩く渡世、天下の嫌われものなんじゃないの?」

そうだ。俺はゲーセンでコソコソと女児なす列に並び、プリパラED差し替えでニチャニチャ笑い、ネット陰湿に笑いを共有しようとする徒であるまとめサイトコメント欄とかでね。

原西さんは娘さんの影響でプリキュアにハマった、ということらしいが、低身長低学歴収入類人猿が、家庭を作るなんて逆立ちしたって無理だ。

彼は大きなお友達であることを隠しもせず、プリキュアを芸に取り入れて人々を笑わせている。

そうか、俺は類人猿なのにキュアゴリラにもなれないのか、という落胆と、自分に対する失望けが残った。

そのキュアゴリラが、若宮アンリプリキュアへと変身するシーンで現れたのだ。

男の子でもプリキュアになれる、というより、結局若宮アンリがキュアアンフィニに足るものを持っていた、原西さんがキュアゴリラに足るだけの何かを持っていた、というだけじゃないのか?

ステレオタイプに従って生きるというのは、そんなに悪いことなのか?

プリキュアシリーズ共通するテーマである個性志向を互いに認め合い、共生していくという取り組みは素晴らしいことだ

しかし、これといった特別な自認も、指向も、笑いの才能も、フィギュアスケートの才能もない、マジョリティの最低層にいる一介の大きなお友達が俺だ。

そうだな、俺はプリキュアになりたかったんだ。

なあ、増田FUJIWARA原西、若宮アンリ、教えてくれ。

俺はどうやったらプリキュアになれるんだ?

誰か教えてくれ。

2018-11-13

ちかん情報など(愛西市立市江小学校 他)

https://www.gaccom.jp/safety/detail-293158

■発生日時

11月12日(月)午後5時30分頃

■発生場所

愛西市東保町東河原路上(市江小学校区)

■状況

男が帰宅途中の女子高生に対して下半身撮影した写真を見せつけた

不審者

男1名、45歳位、170cm位、ボサボサの天然パーマ灰色パーカー、紺色ジーパン

いや写真じゃなくて、ホンモノを見せろよw

2018-11-10

子ども被害情報など(長岡京市長法寺)

https://www.gaccom.jp/safety/detail-292366

記事がごちゃごちゃしてるのでわかりやすく整列)

◆日時:1件目・11月8日(木)午後3時30分頃◆場所:1件目・長岡京市長法寺北畠3番地付近路上概要:1件目・女子小学生帰宅中、上半身露出している女性を目撃した。◆女の特徴:1件目・30歳代、赤色紫色ショートカット身長160cmくらい。

◆日時:2件目11月9日(金)午後3時00分頃◆場所:2件目・長岡京市長法寺南谷4番地付近路上概要:2件目・女子小学生帰宅中、上半身露出している女性下半身露出している男性を目撃した。◆女の特徴:2件目・30歳代、赤色紫色ショートカット身長160mくらい。◆男の特徴:2件目・30歳代、黒色天然パーマ様、身長170cmくらい。

珍しく露出女登場。露出男との組み合わせはいったい何なのか?

2018-10-01

今でも忘れねーぞ、覚えてろよ。

私は中学時代に髪が茶色目で天然パーマで外ハネしてたので

バナナ10100円」

ってあだ名を付けられていました。

私が登校すると「バナナのたたき売り」が始まって

バナナ10100円!!」

バナナ1050円!!!

10!!!

今でも忘れねーぞ、覚えてろよ。

2018-08-15

しか取り柄がない

アスペ発達障害・低IQ吃音アトピーワキガ・ひどい天然パーマメンヘラ性格も悪いしひとつとして良いところがないと思う。

ただただ顔だけは貶されたことがないし、ミスコンに出たりモデル崩れみたいなことも何回かやった。

中学から彼氏が途切れたことがないけど、何ヶ月かで振られるか、搾取される。

髪は毎月縮毛強制かけて健常者になってるけど、お金時間もかかるししんどい

正直顔なんか整形すれば変えられるんだし、顔と引き換えにマシな体と脳みそが欲しいわ。

バカノロマから仕事もできないしアトピーから風俗もできない。若くて容姿が良いのに死ぬしかないって人生もったいなかったなーと思う。

2018-06-09

弱者が無理やり表舞台に引きずり出される感

最近ないですか、そういう風潮。

自分自身特に社会的弱者というわけでもないんですが、

もし「天然パーマ差別はよくない!」とかい運動でも始まったらどうしよう。

天然パーマの人はこんなに傷ついています!」

天然パーマの人は知らないうちに差別されています!」

「つらかったですね、これから一緒に頑張りましょう!」

みたいに確かにそうだということを言われても

「いや、ほっといてください」って感じになっちゃうな自分なら。

2018-02-11

知的障碍者への配慮は進んだなぁと思った

田舎出身おっさんだけど、40年ほど前のこと考えると知的障碍者への社会的配慮って進歩したなと思った。

思い返せば、昔も知的障碍者は居たんだけど、「知的障碍者」なんて言葉一般的じゃなかったか

「○○のとこの子キチガイから」とか平気で言ってた。

で、そのキチガイは真昼間から田んぼ脇にぼーっとたってニタニタ笑ってるのよ。

まぁキチガイってのはそういうもんかな、って子供心に思ってた。

それが今やどうだ。授産施設が作られ、立派に仕事もできるようになっている。

もちろん当時からあったかもしれないが、ど田舎に普及するほどではなかったはずだ。

山奥の隔離施設とかあったろうけど。

今も配慮配慮というが、社会的サポートってのは地道に進んでるもんだな、と感じた。

現在進行形で多大な苦労があったとは思うが。)

まり何が言いたいかというと、天然パーマハゲな俺にもそろそろ配慮してください。

2017-07-20

わたし峯田和伸さんのファン

朝ドラに峯田が出ている。峯田とは峯田和伸さんのことで、彼はGOING STEADYまたは銀杏BOYZボーカルとして知られている。現在俳優としても活躍し、その活動の幅を広げている。

今期のNHK朝の連続ドラマ小説ひよっこ」で、峯田和伸さんは、消息不明になった父親を追い上京する有村架純さん演じるみね子のおじ、宗男役で出演している。宗男茨城の片田舎マッシュルームヘアーバイクに乗り、ロックンロールをこよなく愛する農家のおじさんで、いつも人を笑わせている。

だがその笑顔の裏には戦争の影が……というキャラクターで、先々週、宗男上京過去がつまびらかになるビートルズ来日編が終わった。わたしはその録画を昨日見終わって、すごくよかったなと思ったので妹にLINEをした。感想を打ち込んでいるうちにわたしは昂ぶってしまい、真っ当な感想からは外れた見当違いな見方をしていることに気づき、はっと我に帰った。

***

時は2005年中学1年生として迎えた冬に銀杏BOYZアルバム君と僕第三次世界大戦恋愛革命」と「DOOR」が同時発売された。

北海道新聞日曜版のCDアルバム売れ筋ランキングの4位と5位にランクインしていて、聞きなれないアーティスト名に、なんだろう?と思った。BOYSではないのか?

それからすぐラジオで「青春時代」が流れだして、彼らが小学生ときに一回だけ聴いたことのあるGOING STEADYであることを知った。お小遣いで急いで「君と僕第三次世界大戦恋愛革命」のほうを買って聴き込み、いたく傾倒し、「DOOR」もそれからちょっとして買った。

当時のわたしは、Mステに出ないようなバンドラジオで聴いてCDを買うことがカッコイイと思っていた。お恥ずかしい話、今もその気持ちはあまり抜けていない。当時全盛だったMDプレイヤーを持っていなかったわたしは、ラジオカセットテーププレイヤーが一緒になったかさばるガジェットを常に持ち歩いていて、銀杏BOYZをいつも聴いていた。

中学生だったということで免じて許してほしいが、当時のわたしにはセックスなどとはいった歌詞が衝撃的だった。というか性とか焦燥感とかみじめな気持ちを歌にして世に出していいとは知らなかった。だから峯田和伸さん、もとい峯田は本当のことを歌っているなという気がして、信じられると思って好きだった。

友達にもたくさん貸したし、カラオケでも歌った。もしタイムマシンがあったら、おいおい、やめてAKBとかにしておけ!と言いに行きたいが、当時のわたしは今よりもなお浅はかだったので、カラオケで皆の前で銀杏BOYZを歌い、セックスなどと口にし、ぐにゃりと曲がったような気まずい空気になるのが好きだった。

***

以前、大学生ときに友人に

カラオケ銀杏BOYZとか歌うの正直やめてほしいんだよね」

と言われた。友人にとっての色々な思い出が詰まったバンドなので、目の前で歌われると複雑な気持ちになると言う。

その時は正直

「は?」

と思った。だが今のわたしもまた、自分よりかわいい女の子の口から銀杏BOYZ」という言葉が出るとムカつくのだった。

肌がきれいだったり目が大きかったり彼氏がいたり毎日充実していそうな自分より幸せそうな女の子が、ひとたびでも峯田と言おうものなら腹がたつ。お前に峯田の何がわかるんじゃい!なんぼのもんじゃい!と思う。何人たりともわたしのまえで銀杏BOYZの話、および峯田の話をしないでほしい。ライブに行った画像をインスタに上げないでほしい。わたしの知る限り峯田のことを一番身近に思っているのはわたしでありたい。そんな自分勝手な思いが溢れて止まらなくなる。

自分でもおかしな考えだということがわかっているので、皆さまにはどうぞ好き勝手銀杏BOYZの話をしていただきライブに行っていただき、インスタに画像を上げていただき朝ドラを見て峯田って人いい演技するな〜!などと思っていただきたいのだが、心の奥底で、やめろ〜〜〜と叫びたがっている卑小な自分がいる。

***

そんな折、先々月の銀杏BOYZライブ東京ロック好きの集まり」に行った。これだけ勝手なことを言っておいて恐縮だが、実は初めてだった。戦争反対ツアー実家の近所のペニーレーン24に来ていたはずだと手元にあるフライヤーにはあるが、当時はまだ室蘭に住んでいた頃だったので行けなかった。それからも本当はちょくちょく札幌に来ていたのかもしれないが行っていない。全裸になり書類送検されたことをヤフーニュースで知ったり気がついたらメンバーが峯田以外全員変わっていたりしたがよく知らない。

わたしのなかでだんだん銀杏BOYZはあまり触れちゃいけない過去へと変わっていて、ライブも気軽に行ける感じではなかったのだ。

ももういい加減成人したし、処女でもないし、峯田は朝ドラに出ているし、いくばくかの郷愁とともに軽い気持ちライブを楽しむことができると信じていた。

***

峯田が出てきて初めて生で峯田を見た途端に涙がボロボロ出てきて止まらなかった。ステージには本物の峯田がいて、すぐにモッシュダイブがはじまって峯田の靴がどこかへ飛んで行き、演奏が止まりやり直しになった。そしてまたモッシュ対バンのnever young beachがさっきまで作り出していた平和西海岸熱海の浜辺のような景色はいずこへ?「ネバヤン初めて聴いたけどいいね〜」などと言って、からだを揺らしていたギャルは?そんな疑問が解消されるはずもなかった。

峯田は10年以上前に作った曲を、目をかっぴらいて歌っていた。あっという間に大合唱になる。わたしも全部歌えてしまい、そのことをきっかけにまた涙した。峯田〜〜〜!!!と泣きながら叫ぶ人があちらこちらにいた。四肢がちぎれそうなほど暴れる人がいた。嗚咽しすぎて座り込んでしまう女の人がいた。さながらカルト教団様相であった。だがわたしもまた、全身の水分が出きってしまうのではないかというくらい涙が出てきてしまい、ボロボロボロボロ泣いていた。

峯田が目の前で10年以上前に何度も何度もカセットテープが伸びきってしまうくらい聴いた曲を歌っている。それだけで絶望的なほど悲しかった。恥ずかしい話だが、わたしはその時、中学生の時に部活無視されていたことをありありと思い出していた。クラスにも同じ部活の人がいたので無視がそのまま派生して、教室でも居場所がなくなって昼休みはずっと本を読んでいた。アンブシュア(口の位置であること)を変えようとして失敗して全然トランペットを吹けなかったこととか、天然パーマなので髪型が本当にきまらなくてどうしようもなかったこととか、人に話すまでもないみじめな思い出とその時の感情がありありと思い起こされ悲しかった。もう少し上手くやれただろう、という気持ちと、でも今も上手くやれないしな、という諦めの気持ち10年前と今を強く結びつけた。その中心に峯田がいた。

***

思うにわたしは、つらかった時に銀杏BOYZを聴きすぎていたのだろう。どれもありふれた大したことないつらさなのだが、そのせいで感情と峯田がほつれてからまり、ひき離せなくなっていた。わたしのつらい気持ち、悲しい気持ち自分のことが嫌で消えてしまいたい気持ち擬人化したものが、峯田その人だと認識してしまっているようだった。

峯田は、本当にしんどい時に自分もまたそうだと言って肩をさすっていてくれていた親友であり、同じようにみじめな姿をさらけ出してくれたキリストであった。少なくともわたしはそのように認識していた。勝手に。そしてライブ会場で嗚咽が止まらなくなっていたり、暴れていたり、自己コントロールが効かなくなっている人たちもまたそうなのだなと思った。

峯田、もとい峯田和伸さんは、本当は自分のやりたい音楽は、代官山シャレオツカフェで静かにギター弾き語りをするようなものだと言っていた。だが、求める人がいる限り求められる音楽をするとも言っていた。それが本気かどうかはわからない。だが最近の曲をやってもウケはイマイチで、対して10年ほど前の曲をやると客は熱狂していた。

客は皆、峯田を前にして自己憐憫におちいっていたのだと思う。つらかったとき、苦しかったとき、悲しかったとき、さみしかったとき銀杏BOYZの曲を聴いて、勝手に癒され勝手肯定された気持ちを手放したくないのだ。

もし峯田が出てこないで、ステージには代わりに峯田の3Dホログラム投影され、バックでCDをかけられていても、皆変わらずギャンギャン泣いたと思う。皆、過去に囚われていた。皆にとっての峯田はつらかった過去のものであり、みじめで変えようがない過去自分のものでもあった。

から皆、銀杏BOYZを好きな他者を認めることができない。その当時の自分をどうにかしてくれなかった人間に「銀杏BOYZいいよね」とか言われてもムカつくのだ。お前に何がわかる、と思うのだ。峯田は限りなく私的個人的存在だった。

***

そんな峯田が朝ドラである。天下の日本放送協会だ。自分の苦酸っぱい異臭を放つような過去が、大きな顔して朝ドラである。初めて知った時、もう、まともな気持ちはいられなかった。

でも「峯田」とわたしが名づけていた人格はこの世には本当は存在しなくて、この世には峯田和伸さんしかいなかった。峯田和伸さんは、最近映画舞台に引っ張りだこだったので、ちゃんと素晴らしい演技ができるのだった。わたし過去に囚われている間に、峯田和伸さんは大活躍していたのだった。というか銀杏BOYZの時点で既に大成功していたのだった。

そして今や母親や妹を含む日本中の人が峯田和伸さんをテレビで見ている。今では自然なことに思えるけれども中学生わたしに伝えたらびっくりすると思う。裏切られたと思うかもしれない。でももしかしたら、誇らしく思うかもしれない。なんとなく、そうであってほしいなと思う。昔の自分には、ホッとしてもらいたいなと思う。

宗男イギリス兵に助けられた命を大切に生きていて、その象徴ビートルズだと言う。ドラマを見ていると宗男は峯田そのものしか思えない。あくまでも峯田和伸さんではなく、峯田である

わたし勝手に作ってしまっていた峯田というパーソナリティが、お茶の間をにぎやかし人々に受け入れられていった(ように見えた)ことは、わたしを救った。峯田和伸さんその人とはかけ離れているかもしれないが、わたし勝手に作り上げ支えてくれたわたしのなかの峯田が、まるで時空を超え戦争すら経験しどこか浮世離れした人間となり、最後に全てを包み込むように、「だから笑って生きることに決めたんだよ」と言ったことはある種のセラピーだった。

「だから笑って生きることに決めたんだよ」の言い方はあまりにも芝居がかっていて、プロ俳優さんだったら絶対にこんな言い方はしないだろうと思ったが、とても優しく耳に響いた。わたしはこのシーンの録画を消していない。また何回も聴くと思う。それこそテープがすりきれるまで。

***

そんなこんなで銀杏BOYZ武道館公演のチケット当選しました。またボロボロ泣いてしまいそうなので誰と行くかはまだ決めていません。楽しみです。

2017-06-27

いいババアになりたい

大学院生23歳。見習いババアである

まだ若者範疇だけど、そろそろ女の子とも言いがたくなりつつある。

世にはアラフォーでもまだきれいなかわいいお姉さんって感じの人がたくさんいるし、

わたしもまだまだお姉さんで通る見た目だと思う。だってまだ23だし。

でも確実に老いは来る。そして、それに抗って若い見た目を保つ努力はめんどくさい。

わたしは強くてかっこいいババアになりたい。

おばさんは嫌だ。ババアになりたい。だから見習いババア自称しはじめた。

わたし母親は適度にズボラで適度にサバサバしていて、いいババアみを持っていると思う。強烈な天然パーマババアみにちょっと寄与している。

ただ、外見にはそれなりに気を使っているし、気遣いもすごくできるし、ババアっていうかマダムって感じ。

最低限の気遣いマナー、身だしなみも生きていくうえですごく重要だと思うけど、マダムというのもなんだか癪である

わたしババアになりたい。

近所のガキどもにババアと呼ばれて慕われて、そのたび「ババアとはなんだババアとは」ってがなるけど怒ってはいなくて、だから子どもたちもババアって呼ぶのをやめないみたいな。

喧嘩している子がいたらかっこよく仲裁してやったり、休みの日には宿題教えてやったりとかして。

の子達の親が「○○さんに向かってババアなんて失礼でしょ!」とか言ってたら「ババアババアからそのままでいいんですよ~あ、でも他のババアのことはババアって呼ぶなよ!」とか言いたい。

ババア資質って、なんなんだろう。

すてきなマダムとか知的なおばさんとかじゃなく、かっこいいババアになるにはどんな努力をすればいいのだろうか。

2017-01-03

俺は天パーゾンビ

陰毛みたいな天然パーマで生まれ落ちた俺はこの世を呪ってる。

ストパーかけても自然ストレートにはならんのだよ、これが。

2016-12-08

天然パーマコンプレックスだったんだけど年取ったらいつの間にか直毛になった

そんで喜んでたんだけど最近何かごっそり髪が抜けてきた

これまだ第三段階あるの?

2016-11-26

小学校の頃、クラス特に何の抵抗もなく日常的に使われ、

呼ばれる側も普通に返事をしていたアダ名が今思えば結構ひどい。

こんぼう:男子 (由来謎)

カメムシ男子 (由来謎)

ゲーハー男子 (坊主頭)

うどん粉:男子 (近藤くん)

てんめい:男子 (加納くん)

お彼岸男子 (東野くん)

マーガリン男子 (由来謎)

サイババ女子 (天然パーマ)

おにぎり女子 (小田切さん)

我ながら結構覚えてる。本名は忘れたか知らんと言うのに。

あと4音が多かった。

◯っ◯ん型も多かった。

2016-10-23

http://anond.hatelabo.jp/20161023181451

天然パーマな人にとって、髪をストレートにしてほしいって言われるのめっちゃつらい。

ハゲきもいので辞めてと言われているのに近い感覚

食う…は、おそらく両親がそういう言葉遣いだと思うので、

そう簡単には治せないし、言葉遣い下品だと指摘すると

それは両親を否定することになるので危険

2016-07-15

天然パーマあるある

梅雨が本当に嫌。っていうか雨の日が嫌。

・かといって晴れてる日も髪型がキマる訳ではないので全部嫌。

・いつかは長髪ロングに、と憧れる。

・やたら髪の分布がかたよる。

・「クセを活かせば?」と1000回以上言われるが、無理なものは無理。

・頑張って美容師にクセを活かした髪型にしてもらうが再現不可能

・「前髪を寝かせるな」と言われる。(別に意図して寝かせてない。)

銀魂なんちゃって天パいじりが許せない。

サラサラヘアーの奴がパーマかけてると殺意を覚える。

結婚しても、子供にこの遺伝子を渡すのが悪いので子作りできない。

・「コンプレックスなの?」と言われるが、コンプレックス以外の何物でもない。

天然パーマ業界でも髪質によって、あるあるは変わってくると思うので異論は認める

2015-10-18

子供の頃にかわいい

この人、子供の頃はほんとかわいかっただろうなあという知人男性がいる。

ちょっと外人入った顔に、天然パーマ。色白でふくよか。

幼少期はハリウッド映画の子役みたいだっただろうなと想像

その彼の行動および話し方は、なんというか幼い。

ちょっと知恵遅れ入ってる?あと同性愛者だったりする?と思ったほどに

子供っぽくて女の子のような優しい甘ったるい話し方をする。

行動もところどころで、なんというかブリっ子だ。

上司パタパタっと駆けて近づいて、首を傾げたり。

けれど彼は普通にノーマルで先日も同僚の女性にフラレていた。

彼はきっと、幼少期の成功体験をずっと引きずってるんだろうなあと思う。

幼く女の子のようなふるまいで、ずいぶん可愛がられたんだろう。

今では三十路過ぎの太ったオッサンなのにもかかわらず。

2015-09-26

天然パーマハーフの苦悩」に共感する人たちも、「硬い黒髪の純日本人の苦悩」には共感しない。同じ純日本人なのに。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん