「ミソジニスト」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ミソジニストとは

2020-06-25

お気持ち駄文

アンチフェミニストの中にいる冷笑していたフェミニストのようなお気持ちでなんらかの話題に口出しする人を切り捨てない限り、一部フェミニスト暴走は終わらないと思う。この一部フェミニストというのは、現実男性による創作の女体の性的消費を嫌うが、自分BL創作の男の性的消費を好むような自分勝手な人のことである

現実において女体であることで被る社会的不利益痴漢就職など多々あると思う。それに対抗してなるべく減らそうと活動するのがフェミだと思っていたからこそ、自分(女)はいいけど男が創作の中で女体を性的消費するのを嫌がって活動するタイプの人は嫌いだ。ジャンプなど男性のための創作を女が好きになるのは別に構わないし、自分創作を行おうとするのも良いことだと思う。ただ男性の為の創作にズカズカと踏み込んでいって女(自分)が嫌だからと性描写を嫌がってお気持ち非難するようなのは、だから男女間の対立が終わらないんだよと言いたくなる。

今有名なフェミニスト言動の中には同じ女体の女からみてもお気持ちで悪手な戦略ちゃん理論武装もせずデータとしての根拠も揃えていないのがいて嫌な気分になることがあって、反フェミ言論賛同することも多かった。

正直女子高生に30越えた見知らぬ男がうちに来ないなんて言ったら、女子高生その男気持ち悪い以外何も思わず迷惑だと感じるだろうと思う。実際口に出したことは正解だったとは私自身思わない。結局暴行を受けたわけだしもっとスマートなやり方はあったかもしれない。ただ女体持ちの中には男体持ちに嫌な経験があったりして、見知らぬ男体に信用できず頼れない場合もあるだろう。例えば痴漢犯人推定特定できたとしても、犯人以外の男体に助けを乞うことができない人だっているだろう。考えた結果できないではなく、そういう考えに至れないの方が近いと思う。

そういうお気持ちで女体の紐帯を強くした結果、男への迫害差別につながり肉体の性別社会的不利益を受ける現状はなんら変わらない為、それに数字など理論反論するのが反フェミと思っていたからこそ、単なるお気持ちだけの男体中心主義者ミソジニストが反フェミに見られる現状は嫌だ。というお気持ち

2020-06-22

id:grdgsさんちょっとヤバない?

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/simplearchitect.hatenablog.com/entry/2020/06/22/083821

この記事ブコメ

id:junglejungleさんの

政府が関連している件は、何であろうととにかくまず批判ありきな人が多すぎて辟易する。

というブコメに、id:grdgsさんは

id:junglejungle 健全民主主義だな。健全民主主義辟易する全体主義者に辟易する。民主党政権のやることなすことにケチつけてきたウヨ絶対善なんだよね君のような人にとって。

というレスポンスをしている(なお元々id:grdgsさんがコメントをつけた時点でid:junglejungleさんが別のブコメをつけており、あとで修正したということであれば謝罪して訂正する)。

で、id:grdgsさん、ヤバないすかこれ……。健全民主主義は「政府が関連している件は批判ありきな人が多い」ことではないと思うし、「民主党政権のやることなすことに~」ってのはそっちもおかしいでしょってことだろうし、申し訳ないけどid:grdgsさんのこれ、

『なんでもいいか政府批判する行為ありきなことを肯定する』『政府に対してもフェアな態度を取ろうという側に、かつて前政権アンフェア立場をとった人間絶対善だとみなしてるんだろ、みたいな謎の論理を振りかざす(※)』――てか要するに、『相手を"政権支持者の側"”右翼の側"”敵の側"だと勝手に設定し、その相手をまとめて一緒くたにして、たとえば「ウヨ絶対善」とかいフレーズを押しつけて否定する』、危険部族主義思考に染まっているとしか思えない。

id:grdgsさんみたいな「敵/味方」の発想ファーストでなにかを判断して、敵と判断した相手にはどんな雑な思考放棄をしてでも貶めるモードに入ってヨシ!みたいなの、危険ではないか愚考してしまうのですけれど。それ、いわゆる一部「ネトウヨ」「ミソジニスト」と同じモードですよ。

(※ちなみにこれは、「どうせ現政権に対してフェアなことをしようと言ってる奴は"ネトウヨ”で民主党政権に対しては違うんだろ」という揶揄だと思う。要はid:grdgsさんは徹底的に敵vs味方の党派思考が染みついてるんだと思う)

卑屈な男「女はブランド物が大好きで男に寄生したいと思ってるしすぐハニートラップする」

フェミ「んなわけあるか世間知らずのミソジニストめ」

そういうタイプの女「なんかあっちで非モテ男が何か言っててキモイんだけどw あ、電通マンくーん♥」

こういう構造だよな

2020-06-17

フェミニズムには賛成だが、フェミニストは苦手だ

私は、日本には女性差別があると思うし、夫婦別姓は認められるべきだと思うし、あらゆる性犯罪はこの世からなくなればいいと思うし、ある程度自由な格好で働けるほうがいいと思うし、過度に性的広告は見る人が限定されるコンテンツのみに使われるのが正しいと思うけれど、フェミニストは苦手だ。

厳密に言うと、ネット上(特にTwitter上)にいるフェミニストが苦手だ。


考えには賛成なのだ

現に私だって、女だからという理由で来客用のお茶を用意されられるのだとか、営業女性ヒールを履くべきという暗黙のルールだとか、駅でぶつかってくるおじさんだとか、有名人セクハラ報道だとかには心底うんざりしている。

から最初フェミニズムを知ったとき自分モヤモヤした気持ち言語化してくれるものだと思ったし(これは今でも思っている)、フェミニストとして活動している人々から色々吸収したいと思った。


でも、いざフェミニストとして発信しているアカウントTwitterを訪れてみると、そこはフェミニストアンチフェミニストミサンドリストミソジニストが跳梁跋扈する地獄だった。

最初こそ、「皆、女性差別と戦ってるんだ!」と思ってたけど、だんだんフェミアカウント発言の方にもモヤモヤするようになってしまった。

アンチ無益舌戦を繰り広げ、たまにある正当な反論に対しトーンポリシングだとリプライし、同じ内容の発言でも女性が言えば称賛し男性が言えば批判する。そしてほぼ全員が安倍政権を叩いている。

もはやそこには生産性健全性も自主性も無かった。

そして「#検察庁法改正案に抗議します」をみんなが呟いていたのを見て、全フェミアカウントフォローを解除した。

検察庁法改正案に賛成している訳ではない。安倍政権を手放しで支持している訳でもない。

ただ、フェミニズムとは直接関係がない政策に全員が全員反対しているのが気持ち悪く感じてしまったのだ。

検察庁法改正案については、反対派が多かったが、問題ない法案だと言う声も一定数あった。でも、私がフォローしていたフェミアカウントは全員反対していた。50人近くが、だ。

小中学生のころ、クラスの少し目立つ子の意見クラス全女子が乗っかっていたのを思い出した。あの頃は私も浮くのが嫌だと思って乗っかっていた。

女性の権利を叫ぶ中で、女性の嫌な部分を感じてしまった。

今考えると、Twitter情報を得ようとしていたのが間違いだったのだと思う。本当にフェミニズムを学ぼうと思ったら、書籍から入るべきだったのだ。

今、いくつかフェミニズム関連の本を読んでいるが、自分の考え方が整理されるのを実感している。

しかし、考えが整理されたところで、発信しようとするとまた同じ道を辿りそうな気がするのだ。発信なんかしないほうがいいのだろうか。

2020-06-12

フェミニズムには賛成だが、フェミニストは苦手だ

私は、日本には女性差別があると思うし、夫婦別姓は認められるべきだと思うし、あらゆる性犯罪はこの世からなくなればいいと思うし、ある程度自由な格好で働けるほうがいいと思うし、過度に性的広告は見る人が限定されるコンテンツのみに使われるのが正しいと思うけれど、フェミニストは苦手だ。

厳密に言うと、ネット上(特にTwitter上)にいるフェミニストが苦手だ。


考えには賛成なのだ

現に私だって、女だからという理由で来客用のお茶を用意されられるのだとか、営業女性ヒールを履くべきという暗黙のルールだとか、駅でぶつかってくるおじさんだとか、有名人セクハラ報道だとかには心底うんざりしている。

から最初フェミニズムを知ったとき自分モヤモヤした気持ち言語化してくれるものだと思ったし(これは今でも思っている)、フェミニストとして活動している人々から色々吸収したいと思った。


でも、いざフェミニストとして発信しているアカウントTwitterを訪れてみると、そこはフェミニストアンチフェミニストミサンドリストミソジニストが跳梁跋扈する地獄だった。

最初こそ、「皆、女性差別と戦ってるんだ!」と思ってたけど、だんだんフェミアカウント発言の方にもモヤモヤするようになってしまった。

アンチ無益舌戦を繰り広げ、たまにある正当な反論に対しトーンポリシングだとリプライし、同じ内容の発言でも女性が言えば称賛し男性が言えば批判する。そしてほぼ全員が安倍政権を叩いている。

もはやそこには生産性健全性も自主性も無かった。

そして「#検察庁法改正案に抗議します」をみんなが呟いていたのを見て、全フェミアカウントフォローを解除した。

検察庁法改正案に賛成している訳ではない。安倍政権を手放しで支持している訳でもない。

ただ、フェミニズムとは直接関係がない政策に全員が全員反対しているのが気持ち悪く感じてしまったのだ。

検察庁法改正案については、反対派が多かったが、問題ない法案だと言う声も一定数あった。でも、私がフォローしていたフェミアカウントは全員反対していた。50人近くが、だ。

小中学生のころ、クラスの少し目立つ子の意見クラス全女子が乗っかっていたのを思い出した。あの頃は私も浮くのが嫌だと思って乗っかっていた。

女性の権利を叫ぶ中で、女性の嫌な部分を感じてしまった。

今考えると、Twitter情報を得ようとしていたのが間違いだったのだと思う。本当にフェミニズムを学ぼうと思ったら、書籍から入るべきだったのだ。

今、いくつかフェミニズム関連の本を読んでいるが、自分の考え方が整理されるのを実感している。

しかし、考えが整理されたところで、発信しようとするとまた同じ道を辿りそうな気がするのだ。発信なんかしないほうがいいのだろうか。

2020-06-11

ハリー・ポッタートランスフォビアの方法

JKローリングとTERF

水曜日JKローリングが「TERF戦争」と題した声明ツイートした。ローリングが「月経のある人」というフレーズ揶揄したり、「トランス・アクテヴィズム」が女性を抑圧しているとするなど、トランスフォビックな発言ツイートして論争を呼んだ直後のことだ。


https://courrier.jp/news/archives/201920/


前々からローリングはTERF(トランス排除主義的なラディカル・フェミニスト)とみなされていた。

TERFと呼ばれる人々はトランスフォビックな発言をしたり、トランス女性女性空間(women’s spaces)に属していないと主張したり、ときにはトランスジェンダー実在を認めることは女性の権利を侵害することだとほのめかしたりもする。


TERFの簡単歴史

TERFという呼び名1970年代フェミニズム理論に由来するが、より広く知られるようになったのはネットの発達した2000年代以降のことだ。

1970年代当時、ラディカル・フェミニストサークルは、トランス女性を支持するフェミニストと支持しないフェミニストを分ける言葉必要だという信念を有していた。

フェミニストグループは基本女性オンリーの集まりであり、物理的な意味でも男性とは「別の部屋」を形成していた。ここで物事をやっかいにしたのが「トランス女性」という存在だったのだ。特にラディカル・フェミニストサークルではトランス女性の受け入れについて激論が交わされたそう。

その際に女性空間トランス女性を含めることを反対するフェミニストたちが自称しだしたのが gender critical feminists だ。

初期のジェンダークリティカルフェミニストたちはトランス女性やノンバイナリーの人々を女性空間から締め出す運動を始め、トランスの人々に対して暴力的脅迫を繰り返したりもした。

生物学的な性別(biological sexes)」を重視するローリングのような人々は、こうした半世紀前のラディカル・フェミニストたちの信念を引き継いでいる。ローリングは「”生物学的な性別””は二種類しかない」と自身ブログでたびたたび強調しているが、これも70年代残響ひとつだ(ちなみに彼女のこの発言研究者によって否定されている)。

生物学的な性別」の神聖視に加え、ローリングはもうひとつ1970年代において使われていたジェンダークリティカル論点を繰り出している。すなわち、「トランス女性女性空間に入ることで、シスジェンダー女性安全が脅かされる」というアイディアだ。

彼女はこう述べている。「私はトランス女性安全であってほしいと思っています。同時に、生まれつきの女の子女性たちにおける安全を弱めたくないのです」


TERF的なイデオロギーを持つ人々は性別適合ケア性別適合手術やホルモン療法など)に反対している。単に女性空間からトランス女性排除することだけでなく、トランスジェンダーの人たちからそうしたケアも取り上げようと古くから提唱してきたのだ。

たとえば、マサチューセッツ大学教授ジャニスレイモンドは1979年に著した悪名高い "Transsexual Empire: The Making of the Shemale”(https://wezz-y.com/archives/63653)において、ヘルスケアなどをカットするなどの措置によってトランスジェンダーの人々を「道徳的に根絶すべきだ」と書いている。


こうした反トランス的な感情は、トランスジェンダーの人々にネガティブな影響をおよぼしつづけてきた。アメリカでは、保険会社が何十年にもわたって性別適合ケアを拒絶してきたし、医師たちもトランスやノンバイナリーのひとびとにHRTホルモン補充療法)を提供することを敬遠してきた。そうした状況が変わったのはここ数年のことだ。

2017年まで「性同一性障害」はアメリカDSM精神医学会の精神疾患の診断と統計マニュアル)において精神疾患として分類されてきたが、2018年に削除された。WHO国際疾病分類から「性転換」の項目を撤回している。


ジェンダークリティカルビーストと古き神の再誕

ローリング声明の中で、レイモンドと同様の指摘を行った。彼女トランスジェンダー若者に対して性別適合ケア制限すべき理由として、HRTのあとで「脱移行(detransiton、性別適合ケアを受けたあとに以前の性別に戻ろうとすること)」をしたがる人々が増えている問題をあげている。一方で、性別適合ケアトランスジェンダー若者たちの自殺率うつ病罹患率を下げていることは証明されているのだが。


TERFはトランス女性を「本当の女性」とは考えておらず、トランス男性を「本当の男性」とみなしてはいない。ノンバイナリーの人々の実在も信じていない。

トランス女性女性空間にいれるべきではないのなら、トランス男性についての扱いはローリング的にどうなのか。

彼女はこんな発言をしている。

皮肉なことに、ラディカル・フェミニストトランスジェンダー排除しきってはいません。彼らはトランス男性フェミニズムなかに含めています。なぜなら彼らは女性として生まれたからです」

かなり侮蔑的発言だ。トランス男性女性空間に属している、と断言するのは彼らが「本当の男性」ではないと暗に指摘し、彼らのジェンダーアイデンティティ貶めるようなものだ。

こうしたふるまいは”皮肉なことに”、「生物学的な」理屈でもって女性差別を行うミソジニストの振る舞いと通底している。


また、こうした発言は「自分は誤った性別に”生まれ”てきた」と感じているトランスの人々に、性別適合処置絶対的必要なのだという誤った考えを植え付けることにもつながる。すべてのトランスジェンダーの人が、自分身体性別で快適に過ごすために医学的な処置を受ける必要はない。


近年のアメリカにおいてはフェミニストクィアコミュニティにおいてトランスに対する包摂の動きが高まりつつある。一方で、ローリングの住んでいるイギリスはそうした変化に遅れていると指摘されてもいる。

https://slate.com/human-interest/2019/12/rowling-transphobia-tweet-radical-feminism-discourse.html


保守大国イギリスでは、トランスジェンダーに対する反感が根強い。2000年代に入ってもトランスジェンダーに融和的な法律が制定されようとするとラディカルフミニスト団体が猛烈な抗議をしかけてくるほどだ。「ジェンダークリティシズムの本場」の異名伊達ではない。

イギリスより保守的な政治風土をまとう日本ではどうだろうか。


ラディカル・フェミニズムのものは第二派フェミニズム副産物であるとされる。その流れを汲むジェンダークリティカルフェミニストたちの問題はラディカルであることではなくて、その価値観が50年前から更新されず、社会現実乖離しつつあることだ。

60年代70年代日本フェミニストたちが学生運動同調しきれなかったように、結局オールドで分断的な価値観の行き着く先は古き悪しき家父長制の存続だ。

2020-06-10

小池さんがここまで粘着されてるのってミソジニスト仕業じゃないの

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000185849.html

女性初の都知事コロナでもそこそこ上手く対応できてたのが本当に気に入らない人達がいるんだと思う

上野先生に怒られて来い

2020-06-07

anond:20200607204319

字下げっち、根は優しいんだよね。

「やりまんびっち」「激臭膣」とか言いまくってるせいで、激臭ミソジニスト勘違いされてるけど。

女性などの弱い人を攻撃する書き込みに対してちゃん批判する。

これは法律界のエリート街道を歩んだものの、暗転して辛酸をなめ尽くした半生からきたものなのかねえ。

2020-05-28

anond:20200528033945

そもそもLGBT=リベラルと思うのすら間違ってる

レズは知らんけどルッキズムマチズモ支配されてるゲイばかりだし当然ミソジニストも少なくないし性的問題以外にはすごく保守的差別的だったりもする

もちろんリベラルLGBTもいるだろうが別に相互承認しあう関係性ではない

2020-05-27

anond:20200526113308

なんで男性バリバリ稼ぎたい男、美容ナンパ一生懸命モテまくりたい男、ニートの男、非モテミソジニストの男、みたいないろんな種類がいることが認知されているのに

認知されてはいるが求められてるわけではない

バリバリ稼いで美容一生懸命ナンパにも一生懸命だけどそんなことは表に出さないさわやかな「男らしい男」以外は女から求められてない

お前も別にニートのために募金したりとかしてないしニートに飯奢ったりしてないだろ

女性は全員が社会進出を望むか全員が社会進出を望まないかスタンスをそろえることが求められるのかね

性愛においては結局「女らしい女」が求められるというだけで、社会進出を望んでる女はそういう女として十分認知されてる

問題社会進出を望んでいるはずの女が到底社会進出を望んでいるとは思えない言動男性を養う気はない、男性デートで奢るのを期待する、格上の男を所望する)をとることで

他人の女同士じゃなくてお前の精神世界で分裂したお前らのスタンスがそろってねえんだよな

それを統括してまず個人スタンスを決めることくらいは期待してもよくないか?それすら駄目なの?

2020-05-26

anond:20200526112540

なんで男性バリバリ稼ぎたい男、美容ナンパ一生懸命モテまくりたい男、ニートの男、非モテミソジニストの男、みたいないろんな種類がいることが認知されているのに

女性は全員が社会進出を望むか全員が社会進出を望まないかスタンスをそろえることが求められるのかね

性欲が薄くて職業上の夢がある高学歴の女と、女子コミュニティで失敗しハブられ続けてきて男から性的承認されることに縋っている女とでは、求めるものが全く違うことなんか当たり前の話なんだよな

anond:20200525213208

フェミミソジニスト股間の穴を10センチまで拡大されてそのあと24時間ワンオペで新たな人口を増やす仕事仕事カウントしてないのか

少子化待ったなしだなこりゃ

2020-05-24

ミソジニストミサンドリストってガチで戦ったらどっちが強いの

いい勝負だと思うけど

2020-05-18

日本儒教国家

しかし、儒教宗教として認識しないで道徳だと思っている。

  1. 儒教では目上の人間には従わなければならない。
  2. 教師上司社長は目上の人間である
  3. 国会議員大臣も目上の人間である
  4. 従いたくなければ、目上の人間でないことにする、つまり見下す必要がある。

ほら、日本人性質を全部うまく説明できたような気になるだろう。少なくとも右翼ネトウヨミソジニスト性質説明できる。(一部の)フェミニスト性質説明できる。

2020-05-12

anond:20200512084823

いや違うね。すべての人はかつては小児だったので、大人になっても小児の頃の自分内包している。小児性愛者を見ると、無力だった小児の自分が嫌なことをされているように思って、あるいは小児の頃に嫌なことをされた記憶と恨みが蘇って怒りが湧く。ミソジニスト高齢女性が若年女性への痴漢を怒るのを嘲笑するが、あれは女子高生だったころに抱いた痴漢への憎しみが蘇って、昔の自分を守りたいだけなんだよ。小児性愛者への嫌悪は、子供自分を守りたい、今は大人自分の戦いなんだよ。

2020-05-10

anond:20200510084759

ミソジニスト岡村可愛そうの一点張りですね

自分妄想にひきこもってるのはそちらですし話し合いにもならないので切り上げます

2020-05-08

彼女いない歴24年を迎えた

性欲も、なんなら結婚願望もひとよりだいぶある方だと思うんだが、好きな人が一向にできる気配がなくて笑う

もしかして俺って人格破綻者なのか?

自分のことだから客観的には分からないが、別に処女厨とかミソジニストとか男性優位主義者ってわけでもないと思うし。

このまま恋愛のレの字も知らず、ストライクゾーンの年齢の伸びも加速度的に鈍化していって、世界迫害対象ロリコンになっていくのかと思うと悲しいが、どこで踏み間違えたんだろうな。

2020-05-01

anond:20200501225722

いやそもそもミソジニストこじらせたやつが説教されて「おれらは人生の敗者だぞ!」って反論にもならないルサンチマン吐き捨ててるのが元増田趣旨だろ

なんで急に勝てる気になってんのw

ミソジニー国のバトルロイヤルで殴り合ってどうぞ

なにかに勝てた気になればいいんじゃねハナホジ

anond:20200501102649

この手の自分ミソジニストとおもってないミソジニスト人類の半分を仮想敵国として自分らだけで国つくってそんなかで死に絶えるまで殴り合えよ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん