「強がり」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 強がりとは

2024-07-15

蓮舫さんと小池さんの笑い方(追記あり

上沼恵美子の「蓮舫さんキツイもん」が批判されているけど、なぜそう受け取られやすいのか

微笑みの練習表情筋トレーニングをした自分から見た二人の表情の違いを書くね。

小池さんは「微笑む」、蓮舫さんは「微笑まない」。この点で、ずいぶん与える印象が違う。(石丸さんについては今回はパス

蓮舫さんの笑い顔は口角を上げて歯を見せる笑い方で、筋肉でいうと口輪筋と頬骨筋で笑ってる。

咀嚼に使う筋肉で、表情筋操作女性に比べて下手な代わりに筋量のある男性がよくやる笑い方。

これは、力強さは感じさせるので味方を鼓舞するがそれ以外を安心させない。例:トランプ

あと演説の際には聴衆には目が笑っている笑顔を見せていたが、テレビでは目が笑っていないことも多い。そのため、意識的な作り笑顔に見えかねない。

よく言われる「笑うという行為本来攻撃的なものであり、獣が牙をむく行為が原点である」は科学的根拠は薄いが、

歯をむき出しにして口角上げて笑ってるのに目が笑っていないと(蓮舫さんをすでに仲間だと認識していない人には)攻撃的な威圧に感じられるのはしかたない。

これを読んで反感を感じた人は、トランプの笑みで自分安心感を感じるか想像してほしい。

それと、テレビでの笑い顔は特に、顔の筋肉に緊張があるのが伝わってくる。いわば強張っているように見える。蓮舫さんは顔に脂肪が少ないから余計に。

人によっては「精神的余裕を欠いた強がり」と受け取る可能性がある。

ここでルッキズム批判をしても意味がない。

差別問題でもさんざん言及されている無意識へのメタメッセージ問題から短期的には発信側が注意するしかない。

対して、小池さんの笑い方はほとんどが眼輪筋と口角挙筋(目と口の中間の鼻横の筋肉)で笑ってる。

口角を上げるのは口角挙筋の動きのついでで、力強さはないが、意識的コントロールが口角筋にくらべて難しい筋肉なので

ここを使って笑うと、「心から自然な笑み」に感じられて安心感を相手に与える。目じりも自然に下がるし。

顔に脂肪が多い女性的な顔つきなのもあいまって威圧感はずいぶんやわらげられてる。実際の人格小池さんの方がキツイと思うけど、それを感じさせない強かさを感じる。

蓮舫さんの笑い方には相手安心させる要素が少ないので、衆院選までに口角挙筋のトレーニングを勧めたい。

自分はこの筋肉コントロールできるようになるまで毎日練習して半年ほどかかったから、ギリギリ選挙に間に合うかってスケジュールだと思うけれど

相手に与える印象はかなり変わると思う。

追記

伸びすぎてビビりまくってました。

もともと、選挙戦始まった直後くらいに、Xで「年配の女性(その人の家族とか)が蓮舫は怖いから嫌いと言って喧嘩になった」みたいなポストがいくつか流れてきたのと、データ無党派女性票があまり取れていなかったこと、TVで何度か、そこで作り笑顔で睨み返すより微笑んで流した方が印象上がるのにと思ったことで書きました。あくま個人の感想です選挙をダシにした笑い方語りと思ってください。クソバイス部分は打ち消しておきました。

政策で決めろよというのはその通りなんですが、岩盤支持層以外にまでたった二週間で政策議論を浸透させて、さらに皆が結論を出すなんて無理です。もし政策論争で勝負を決めたいなら選挙期間は2~3か月でも足りないかもしれない。

それに無党派は減点法で採点する人が多い。たった二週間しかないのに、ちょっとした印象で心のシャッター閉められるのは損じゃないですか。それこそ政策聞いてほしいなら。

目が笑ってるかどうか、がメインの話ではないです。明るくやさしい印象をつけるために目の下に明るめのチーク入れるのと同じ、顔全体の印象をコントロールする小技の話。

あくま一般論ですが、表情も身だしなみや言葉選び、はてな記法でのテキスト整形と同じコミュニケーションツールの一つでしかないので、そんなところで引っかかる人は減らした方がいい。

それに、同じ笑い方でもTPO複数の笑い方を使い分けられた方が強いです。この人こんな表情もできるのか、と思させたらかえって今までのイメージとの落差も武器になったりするし。シンゴジラでいつも真顔の尾頭ヒロミ最後最後でふわっと笑ったことでファンが爆増したみたいに。

いくつもあるツールの一つでしかないので、それでなにかが決まると言いたいのではないです。

最後に口角挙筋のトレーニングは、鼻の2cmほど横を軽く押さえて、口や頬の筋肉を使わずに押し返すことから始めてみてください。

強がりのためにHPVワクチンを打ちました

でもいままで童貞でこれから童貞から意味なかったか

2024-07-14

結婚しない悲惨だぞ」「結婚してないやつは異常だぞ」と弱者男性をたしなめる

結婚けが生き方のすべてじゃない」「結婚してる人にも異常な人はいる」と強がりが返ってくる

よく言うよ

弱者男性なんて実質「女性相手にされないの辛いです」に集約されるだろうに

現実から目をそらすときだけ綺麗事を抜かすな

そういうとこやぞ

2024-07-01

anond:20240701010611

暇空は低年収派遣ブルーワーカー叩いてるし、介護士は「尻拭き」だとリアル介護士の人を叩き「介護士になるぐらいなら生活保護受ける」とも言ってたぞ

暇空が都知事になれば東京から介護士ブルーワーカー追い出せるゾ

https://note.com/djyutou/n/nb6ee748883a8

さっきからんできた頭おかしいやつ自称ニートっていってたけど、ツイート時間みたら金曜と日曜が休みの、携帯が持ち込めない(スマホがいじれない)工場とかで働いてる作業員とかじゃないの。めんどくて掘ってないから詳しいことはいえないが「俺ニートw」っていうやつはもっと悲惨手取り12万とかだ

直感にしたがい工場ツイート検索だけしてみたら

消されたアカウントとのやりとりだからわからん工場の衛生管理について何か話してるしやっぱ工場じゃねえの、それも衛生管理がいるってことはヤマザキパンとか冷凍食品とかかねえ

「俺ニートやしw」っていいながら「俺は忙しくて暇ないんじゃいw」って言ってきたわけだけど、それって「ニートじゃなくてもっと悲惨な働きアリみたいな仕事してて、ニートだしwって強がってる(ニートということが強がりになる)最底辺の働きアリの匂いがしたんだよね。

https://kuuhaku2.hatenablog.com/entry/2020/07/25/154037

介護うんこの世話するの嫌なら生活保護受ければいいと思うが、働けるなら受けるなとか窓口で止められたりするんだろうね。俺なら生活保護を受けようとしたら絶対通してみせる。それは俺が生活保護を通す能力があるから生活保護通す能力ない人は介護うんこ拭いてる。

https://x.com/himasoraakane/status/1695442703805472980

介護でおしめ変えてるしか能がないバカ

https://x.com/himasoraakane/status/1701191212575916149

からお尻拭きシートの話なんか持ってくるなよ

シカトが1番、貼りにきてるのお尻拭き本人だろ

※「尻拭きシート」とは介護士片倉真二のこと

https://x.com/himasoraakane/status/1700943467785117727

いかげん、痰壺に捨てられてるお尻拭きシートのこと忘れろよ

いちいち痰壺のぞいてるの趣味悪いぞ

※これも介護士片倉真二のこと

2024-06-29

「異性と交際しなきゃいけない」という圧がここ数年で高まっている気がする

昔は「恋愛なんてコミュ強だけがやればいいじゃん」みたいなスタンス人間が多かったと思うんだよ。

「年齢=恋人いない歴」とかネタで言えたし、もっと遡れば「三次元なんて要らない」という強がりも言えた。

でも最近少子化やらマッチングアプリやら婚活やらとみんなが真面目腐って結婚しようと話し合っている印象がある。

この原因ってなんなんだろう。

出生率の低下が顕在化したから?

それともネットに浸かってる世代が30代とか40代とかの適齢期ギリギリ差し掛かったからかな。

かく言う俺も30代半ばでそういう時期にあるわけだが、結婚とか全くピンとこない。

漫画アニメネットさえあればそれでいいんじゃねーのかと真面目に感じてる。

からお前らがジェンダー論的な話題必死こいて分断されてる様子を見てると不思議しかたない。

なんで異性と付き合いたいの?なんで結婚したいの?なんで子育てしたいの?そんなに今の生き方不自由してるの?

2024-06-13

スーパーカレースプーン万引きしようとした時の話

中学卒業するタイミング高校に通えなくなってなにをどうしたらいいかからなくて家でずっといた

親もいなくて家でひとりでテレビを見ていた

履歴書さえ持っていけば雇ってくれたとこでバイトをはじめた

でも要領が悪いとかですぐクビになった

少しだけ得たお金で米を買った

電気が止まったのでろうそくを買った

本当にバカでなにをどうしたらいいかよくわからなかった

中学の時の友達が家に遊びに来て色々相談に乗ってくれた

結局ふたりバカな話して笑って終わった

でもそれで元気は出たんだけどだんだん食べ物に困ってきた

やることがないので元々親のものだった長いコートを着て毎日外でうろうろしてた

髪が伸び放題だったのでだいぶ怪しげな雰囲気になってたと思う

近所のスーパーに入ってカレールーを見たときにどうしても食べたくなった

それでそのルーのパックを盗もうと思った

米がまだ残ってるからカレーが作れると思った

スプーンがないと食べられないと思ってスプーンも一個取った

スーパーを出たところで呼び止められた

スーパー事務所みたいなとこに連れて行かれて「わかってんだよ出しなさい」と言われた

恐怖のあまり手が震えてスプーンを落とした

店員はかなり怒ってる風だったけど

机にカレールースプーンを置いたら困惑したような顔になってた

「なんでこれ盗ろうと思ったの」

と聞かれて食べようと思いましたと答えた

そこに別の店員もやってきた

「食べるものないのか?」と聞いてきたので米はありますと答えた

しばらく沈黙が続いて気まずかった

ここから警察を呼ばれたらどうなるのか分からなかったし

カレースプーンというのがすごく恥ずかしかった

こんなにカッコ悪くて近所だしなにもかもが嫌な気持ちになった

しばらく黙ってた店員は「今回はもういいよ、それ持っていっていいよ」と言ってくれた

なんかめちゃくちゃかわいそうな子みたいに思えたらしく同情されてるのが分かった

あとどうしても困ったら店に来なさいとも言われた

一回だけ店に行ったらパンの耳とかをくれた

そのあとなんやかんやでどうにか過ごした

盗みとかはしなかった

少ししたら自分の親も戻ってきてギリ生活ができるようになった

このできごとで自分が感動したとか人に優しくしようと思うようになったとか、そんなんは特にないんだけど

なんだか不思議感覚だったのだけずっと記憶に残ってる

誰ともなんにも繋がってない世界カレースプーンが接点になって唯一人と繋がったような感じだった

スーパーから開放された帰り道、ポケットの中のスプーンを握りながら

あの人達は俺をかわいそうに思ったんだ、俺はかわいそうなのかなとぼんやり考えていた

ただでもらえてラッキーとは思えなかった

それに別にスプーンはいらなかったんじゃないかと思った

なんでスプーンにこだわったんだろう

今思うとそれは自分の中でせめてもの強がりだったのかもしれない

2024-06-10

anond:20240609222420

20代だけど全く同じこと思ってる

昔みたいに「結婚なんて男にとって損しかない!」って強がりでも言えばいいのに、その方が確実に幸せだろうに

現実なんて見なくていいよ誰もそんな成長を求めてないか

2024-05-13

結婚したくもないし子どもも産みたくないの本当に

でもそう言うと、強がりでしょ?とか言われるし

はいいかな〜機会があればね〜と言えば、頼んでもないのに男性を紹介され、(結婚焦ってる友人に)婚活に連れ出され、友達付き合いで何回かご飯行くが友人が狙ってた人が私の方に好意を持ち友人関係ギクシャクするし

最近出会った男性より友達の方が大事なので、そんな事でギクシャクするのも嫌で男性紹介される場の誘いを全部断ってる

でも男女友人共に高望みしすぎだとか、(ジム通ってて絞ってるので)もっと脂肪つけた方が男ウケいいよとか糞なアドバイスされるし

嫌すぎるマジで

え〜結婚なんてするの?みたいなこと一言も言ったことないのに

20代の頃からこういうの多くて30代になれば落ち着くよと年上の方に慰めていただいたこともあったが、今のところ落ち着かない

なんなら自分結婚して結婚生活の愚痴独身は楽でいいよね〜と言っている友人からも強く結婚を勧められていて、何?という気持ち

早く40代になって開放されたい

2024-05-09

anond:20240509082109

謎の妄想ポエムwww

無知の精一杯の虚勢と強がりで草

ちょっと本読んだだけの素人が口出せる分野なんてないよ?

まともな体系的知識もないのにちょっと本読んだだけで知った気になっちゃってるけど、ちゃんとした専門家が周りにいないか素人無知という客観的なお前の立ち位置理解できないんだろうな

2024-05-06

10から継続してる習慣

藤林すずのエッチ二次創作探し

フローラ可愛いもんと強がり

エアリスティファクラウドを捨てて二人でくっつく妄想をし

白薔薇の復活を祈願し

ナゾノクサ人間になって恩返しし

パルモンと共に歌う

そういうオタクなのだ私は

2024-05-02

・否にはあらず

「ねぇ、僕とお付き合いしてくださいよ」

 人付き合いが苦手だという彼は、唐突にこんなことを言い出した。

「…付き合うって、どういう事です?美妙さん」

「どうって、当世では男が女をこのように誘うと聞きました。男と女の付き合いを、知らないわけではないでしょう?」

 なるほど。要は特務司書であるこの私に女として付き合うことを要求する、と言う事らしい。彼…最近この帝国図書館にやってきた山田美妙は高らかにこう続けた。

「なんならここから飛び出しても良い。こんな退屈なところ、うら若き貴女にとっても良くはありません。どうです?僕と一緒にここから逃げませんか?何なら俥を用意しましょう。俥で行けるところまで行ったら、今度は舟に乗りましょう。こっそり脱け出せば、誰も追いかけてきやぁしませんって」

 なんと一緒に駆け落ちしようと来た。軽薄な男であると言うのは逍遥先生から聞いていたが、まさかここまでとは思わなかった。

 それと同時に、悪魔的な好奇心を彼に感じるのもまた事実だった。色素の薄い整った顔立ちにどこか仰々しい立ち振る舞い、そして蠱惑的な台詞言い回し。軽薄だと分かっていても、花に寄っていく蝶のようにフラフラとそちら側に倒れてしまいそうな感覚を覚えて、くらりと少し視界が回る。恐らくは彼も本気ではないだろう。それならば、このお遊びに付き合うのも悪くはない、むしろ面白そうだと思って、私は彼が差し伸べた手を取り、引かれるがままに立ち上がった。

「そうですね…二人でどこか遠いところへ行くのも、良いかもしれません」

 私がそう答えると、彼は目を丸くした。色良い返事を期待していなかったのだろうか。そのまま顔を引きつらせ、口角をつり上げて高笑いをしだした。

「ハ…ハハッ…貴女、本気にしたんですか?ここから、逃げる?ハハハハッ!僕に惚れていたのなら残念でしたね!共に逃げ出したところで、僕の芸の、文学の肥やしにするだけですよ、ハハハハハッ!!」

 乾いた笑いが部屋の中に響く。それは軽くて、悲しい笑いだった。向けられた好意に素直に反応ができない彼の精一杯の強がりのように見えた。なら、私も、その強がりに見合った対応をしよう。

「……何を言っているんですか?」

「え、何って……」

 放たれた一言によって高笑いが止む。私は矢継ぎ早にこう続けた。

「惚れたも何も、そもそも本気になんてしていませんよ。単純に、あなたとの火遊びに興味がわいているだけです。誘いに乗ったのだって、ただ何となく面白そうだったからに過ぎません」

「………………」

「私を芸の肥やしにする?それも結構!私は私で、あなたを私の好奇心を埋めるくさびとして扱いましょう。そこには愛も何も有りはしません」

 ここまで言い切って一息つくと、彼は呻き声を上げながら固まっていた。少しやり過ぎたかな、と思いつつ、伸びたままになっていた手を握り返す。

あなた火遊びのつもりで誘ったのなら、お互い利害が一致して良いじゃないですか。金と女は自由に生きるのにあるだけ欲しいって前に言ってたの、こっちは覚えてるんですよ。嗚呼、金は流石に用意できませんが」

「あ……え……その……」

「さぁ行きましょう。俥は目立ちますから自動車を呼びますね。嗚呼、遠出をするとは言え、朝になる前には帰ってきますからそのつもりで」

 私は握り返した手をそのまま引っ張って彼を外へ連れ出そうとする。最初の威勢は何処へやら……抵抗なくついてくる彼は、まるで初めて共寝を迫られた乙女のように顔を赤く染めて、俯いていた。

 これは火遊びするどころじゃなさそうかな。そんなことを考えながら、私は彼の腕を引っ張る力を強めた。

https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=12703400#3

2024-04-29

anond:20240429052642

でもさ、「一生独身でいい」みたいなこと言う人ばかりじゃない?

そういう人も本音は違って実は強がりなのかもしれないけど、本人らがそういう以上はそう受け取るしかない。

いらんおせっかいになってしまう。

2024-04-28

anond:20240428170132

欲しくない、それが正しいならそんなこと思わなくない?

欲しくないが本音じゃなくて強がりってことでは?

2024-04-19

天井まで回す経済的余力のない人がガチャを回したけど望む結果を得られず、精一杯の強がりでする引退宣言からしか得られない栄養素がある。

2024-04-03

頭のいい人は校長先生の話をいちいち覚えていない

受験対策入試問題をエレガントに解くことこそが頭の良さである

塾講師大学生もそんなのほとんど覚えていないって言うよ

強がり

2024-03-29

スキップローファーをまとめ読みした感想 ネタバレ注意

持ってる人間と持ってない人間の関わりあいを狙って描いていそうなところに注目したい。

人間だれしも自分特権を持っていることには無自覚で、社会を生きる上で、持ってない側からそれを直接的に指摘されることはないから、

自分自分環境立ち位置理解できる程度の観察力や内省力がないと、「ああ自分は(相対的に)恵まれている」という考えには至らないし、そこに至るまでにある程度年を重ねるものだと思う。

高校生のみつみちゃんは「まだ」自分ちゃんと愛されて育ったことと、志摩くんが愛されずに育ったこと「まで」は気付いていない。

作品内で扱われている「人間関係ポジショニングゾーニング」についても、自覚的な側と、無自覚的な側、愛されている側と、愛されてもいない側、かなり繊細な部分まで、スキップローファーキャラクター演出をしている。

氏家くんの脆さと強さ、八坂さんの愛着への強かさと諦め、志摩くんの自己のなさ、みつみちゃんの自信ぶり。

作中では、稠密人物内面描写キャラクターを掘り下げる描写こそないけれど、彼らの言動を恐ろしくリアリスティックに感じるのは、人間相互作用することで起きる「トラブル」を上手に躱していることにあるかと思う。

グループで過ごす時間不協和音スレスレスクールライフコメディ”を謳っているだけあって、やっぱり、かなりとげとげしい描写もある作品なのに、大部分が牧歌的空気を持っているのは作者の技量だと思う。

スキップローファーが学園青春群像劇としての価値をもっているのは、それぞれの人物属性振りやキャラクター性に無理がないからだと感じる。

田舎と都会、陰キャ陽キャ、一軍と日陰者、現実では水と油のように混ざらない関係だと決めつけているのは「ああ、自分自身じゃないか」といえるくらい、みつみちゃん水と油をなじませる乳化剤としての機能をもっているし、こうあってもいいなと感じるまっすぐさは物語の中だけでなくてもいいじゃないかと思える。

そのみつみちゃんに、わざとらしくなく「あなたはでも、愛された経験をもっていますね」っていえる八坂さん、今後、彼女物語を大きく動かす役割もつ可能性は高いか

このストーリーは愛されて育ったみつみちゃんと、愛されずに人の顔色をうかがって生きてきた志摩くんをどう解決するかになっていくかというとこに落ち着くのか、正しさに生きるみつみちゃんを掘り下げるのか気になる。

恋愛漫画というフォーマットだと、主人公+未来パートナーのために舞台装置出来事が用意されていて、寄り道は誌面のためのフック、引きでの巧さとしてみてしまうけれど、

ここまで群像劇の色味が強いと、寄り道の寄せ集めこそが本題という印象になってきて、今後のストーリーがどうなっていくのか楽しみ。

本当はもっと掘り下げたり、メタ視点から感想を書きたい気もするけれど、ちょっと一気読みをするとキャラクター名前を憶えられないので、あの子があの子に対していった「少しのホントウ」をたくさんあつめたような作品でそういうがっつりした考察はしたくないな。

需要があるから、「らしく振舞う」とか、自我が強いから周りに合わせないとか、社会に対して協調性ありすぎることも、協調性がなさすぎることも、結構うんざりすることだと感じるけれど。

自分には価値自己肯定感がないから……自分肯定してくれる、承認してくれるあの子が好きなんだ」という解決にも、素直に納得できず「結局最低限、自己愛や社会的な地盤という下地必要だよね」という皮肉を放つ八坂さんに共感してしまう。

スキップローファーではそもそも都内進学校に通える学力があって、経済的問題に直面している子が出てきていないことも、この愛着(attachment)への問題を抱える青年という描写の分は物足りなく感じる面があるなと感じてしまう。

志摩くんがそういう意味で、単に幼稚・稚拙、初々しいという印象になってしまうのも、自分の中では頷ける。でも、やさぐれた感じとか、荒んだ感じを出したいキャラクターとしては彼は恵まれすぎている。

スキップローファーに感じる物足りなさは結局、それなりの予後可能性をもっているんだから。そんなに悩んでも君たちが最底辺世界とは無縁だよね。という強がりの業か。

アフタヌーン掲載漫画結構心理描写にも力をいれているように感じて、かなり好きなんだけれど。美大生とか高校生とかだと結局、上澄みの世界側だよね……って言いたくなってしまうらしい。

漫画を読んだ後、こうやって乱文でも書かないとやっていられない27歳誕生日

スキップローファーをまとめ読みした感想 ネタバレ注意

持ってる人間と持ってない人間の関わりあいを狙って描いていそうなところに注目したい。

人間だれしも自分特権を持っていることには無自覚で、社会を生きる上で、持ってない側からそれを直接的に指摘されることはないから、

自分自分環境立ち位置理解できる程度の観察力や内省力がないと、「ああ自分は(相対的に)恵まれている」という考えには至らないし、そこに至るまでにある程度年を重ねるものだと思う。

高校生のみつみちゃんは「まだ」自分ちゃんと愛されて育ったことと、志摩くんが愛されずに育ったこと「まで」は気付いていない。

作品内で扱われている「人間関係ポジショニングゾーニング」についても、自覚的な側と、無自覚的な側、愛されている側と、愛されてもいない側、かなり繊細な部分まで、スキップローファーキャラクター演出をしている。

氏家くんの脆さと強さ、八坂さんの愛着への強かさと諦め、志摩くんの自己のなさ、みつみちゃんの自信ぶり。

作中では、稠密人物内面描写キャラクターを掘り下げる描写こそないけれど、彼らの言動を恐ろしくリアリスティックに感じるのは、人間相互作用することで起きる「トラブル」を上手に躱していることにあるかと思う。

グループで過ごす時間不協和音スレスレスクールライフコメディ”を謳っているだけあって、やっぱり、かなりとげとげしい描写もある作品なのに、大部分が牧歌的空気を持っているのは作者の技量だと思う。

スキップローファーが学園青春群像劇としての価値をもっているのは、それぞれの人物属性振りやキャラクター性に無理がないからだと感じる。

田舎と都会、陰キャ陽キャ、一軍と日陰者、現実では水と油のように混ざらない関係だと決めつけているのは「ああ、自分自身じゃないか」といえるくらい、みつみちゃん水と油をなじませる乳化剤としての機能をもっているし、こうあってもいいなと感じるまっすぐさは物語の中だけでなくてもいいじゃないかと思える。

そのみつみちゃんに、わざとらしくなく「あなたはでも、愛された経験をもっていますね」っていえる八坂さん、今後、彼女物語を大きく動かす役割もつ可能性は高いか

このストーリーは愛されて育ったみつみちゃんと、愛されずに人の顔色をうかがって生きてきた志摩くんをどう解決するかになっていくかというとこに落ち着くのか、正しさに生きるみつみちゃんを掘り下げるのか気になる。

恋愛漫画というフォーマットだと、主人公+未来パートナーのために舞台装置出来事が用意されていて、寄り道は誌面のためのフック、引きでの巧さとしてみてしまうけれど、

ここまで群像劇の色味が強いと、寄り道の寄せ集めこそが本題という印象になってきて、今後のストーリーがどうなっていくのか楽しみ。

本当はもっと掘り下げたり、メタ視点から感想を書きたい気もするけれど、ちょっと一気読みをするとキャラクター名前を憶えられないので、あの子があの子に対していった「少しのホントウ」をたくさんあつめたような作品でそういうがっつりした考察はしたくないな。

需要があるから、「らしく振舞う」とか、自我が強いから周りに合わせないとか、社会に対して協調性ありすぎることも、協調性がなさすぎることも、結構うんざりすることだと感じるけれど。

自分には価値自己肯定感がないから……自分肯定してくれる、承認してくれるあの子が好きなんだ」という解決にも、素直に納得できず「結局最低限、自己愛や社会的な地盤という下地必要だよね」という皮肉を放つ八坂さんに共感してしまう。

スキップローファーではそもそも都内進学校に通える学力があって、経済的問題に直面している子が出てきていないことも、この愛着(attachment)への問題を抱える青年という描写の分は物足りなく感じる面があるなと感じてしまう。

志摩くんがそういう意味で、単に幼稚・稚拙、初々しいという印象になってしまうのも、自分の中では頷ける。でも、やさぐれた感じとか、荒んだ感じを出したいキャラクターとしては彼は恵まれすぎている。

スキップローファーに感じる物足りなさは結局、それなりの予後可能性をもっているんだから。そんなに悩んでも君たちが最底辺世界とは無縁だよね。という強がりの業か。

アフタヌーン掲載漫画結構心理描写にも力をいれているように感じて、かなり好きなんだけれど。美大生とか高校生とかだと結局、上澄みの世界側だよね……って言いたくなってしまうらしい。

漫画を読んだ後、こうやって乱文でも書かないとやっていられない27歳誕生日

名古屋県

県外者に県名を一向に覚えてもらえない愛知県民の精一杯の強がり自虐なんだろうけど、下手すればお隣三重県ですら愛知県認識してないから本気で危機感覚えた方がいい。三重でも大阪寄りの場所に住んでて、高校大学奈良大阪に通ってた私からしたら、津から向こうの中部はみんな名古屋なんだよ。岐阜なんて知らねぇ。

2024-03-24

anond:20240324233917

大人になれない僕らの強がりを1つ聞いてくれってことだよ

2024-03-01

「私ディズニー嫌いなんだよねー」

デブスの強がり。何本目に死ぬかな~?

anond:20240301092907

フッ

強がりを言うな

せいぜいこれから先のブクマ数急上昇に気を付けることだな

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん