「楽譜」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 楽譜とは

2021-06-17

anond:20210617221321

音で商売してんのに楽譜に無いメトロノームの音鳴らしてどうすんだよ、雰囲気台無しじゃねえか

2021-06-15

anond:20210615213710

古文義務教育で教えなくてもいいような話だな

楽譜だって読めなくていいよ

2021-06-13

また消えた。

https://anond.hatelabo.jp/20210327123938

https://chiku-san.com/20210502-yamaha-higashiyama-close/

たった一冊の楽譜を読むために、バス電車地下鉄を乗り継いで、やっと見つかる時代があった。シェーンベルクピアノ協奏曲の二台ピアノ版の楽譜。親は当然買ってくれなかった。学校図書館小学校4年生の時にシェーンベルクを知り、小学校5年生の三学期で見つけた楽譜棚。その棚が急に2年後撤去され中区移転されたがレッスン室とスタジオは長らく残っていた。

当時、何級にだれがいるのか名前が張り出してあり、私の先生が一番最初人物として登録してあった。その人の名前を覚えている人はもう30代以上になるだろう。自分が鍛えられた教室がなくなるのはこれで4件目。

2021-06-12

anond:20210611235411

10代(学生時代

電車地下鉄バスを乗り継いで、田舎からたった一冊の楽譜を読みに行く。

20代新社会人

レヴェルの合わない留学先に飛ばされるも3年で復帰してデビュー

30代(中年社会人

ドイツ語のBIOを書いてもらったり、ドイツ人盗撮されたり、なにかとドイツに縁のある人生中学の時にドイツ語やっといてよかったのかもしれない。ヨーロッパ食事は高カロリーで困った。

40代中年社会人

書くことの豊かさが否定され、並べることの楽しさが「ドイツ作曲家Kreidler」によって提唱される。日本ほとんど否定派ばかりだったが、海外留学生はみんなKreidler派になっていたので驚愕した。ジーメンス系を否定したKreidlerなのに、ジーメンストップ教授師事するポーランド人バリバリのKreidler派であって、教授も認めている!

50代

おそらく私は50歳を回るころには、最先端作曲はもはやできなくなっているが、作曲は続けられると思っている。ブーレーズシュトックハウゼンノーノのような天才ですら50を回ると最先端ではなくなってしまっていたのだから

2021-06-07

anond:20210607124329

首都圏の人は苦労したことがないから、わからないんだよ。

教科書楽譜画集を買うのに、片道1時間かけて入手とか、絶対彼らには想像できない。

できないひとは、できない人としか会話しない。

カースト化だね。

2021-05-31

anond:20210531090254

思い出話からしてみよう。

時間バスが1本の田舎からやってきた音楽学生は、もちろん最先端音楽なんてなんも知らない。東京ジーメンス系の現代音楽の30年遅れ。田舎東京の30年遅れ。合計で60年遅れなのだから、これをどうしても取り戻さなければならなかった。

大学教員が寄贈してくれる楽譜もあったものの、ある程度は自分でそろえなければならなかった。バイトして楽譜を買う1970年代富裕層と同じ暮らしだった。(私は普通の家の子である

もちろん、タイムラグ20代後半で解決はしたものの、即日spotifyで聴ける今の10代の学生が羨ましいと思うことはある。


今の学生でしっかり勉強してるのは、修士課程への進学を決めている人たちだけだろう。

そうじゃなければ、こうまで高校数学は易しくならないし、しっかり勉強しているのならもうちょっと範囲を増やしたって問題はないはず。

20年前の学習院微分積分テキストが今の京大テキストなんだから、ワンランクは下がってる計算

2021-05-18

anond:20210518004403

ネット匿名の人がブツブツつぶやいても社会に何の影響もないんだよ

そうでもない。

日本シネの人は国会で取り上げられた。

metoo匿名から広がった。

imslpは匿名楽譜収集家意見から始まった。

世界は確実に変わりつつある。

なぜ変わったのかというと、「みんな大学に進学するから」。

大学構内では高卒間でもてはやされる性差別行為は難しいだろう。


進学率の向上で世界が変わるのは低学歴主義者日本人にとっては皮肉な話である

2021-05-13

コブクロ黒田さんのことを吐き出したい

コブクロファンです。でした。


==== =====

私は小渕さんの書く詩が苦手で、若いころに作った曲はともかく最近の曲はアラフォーが書いたと思うと特に恋愛系の歌詞にはゾワっとしてしまう。

コブクロ楽曲ほとんどが小渕さん作詞作曲なので、コブクロ歌詞ほとんどが苦手ということになる。


じゃあどうしてコブクロの曲を聴いてファンになるまでハマって今までライブに通い詰めてきたのかというと、曲のメロディー伴奏歌声が好きだから

そして何より黒田さんの作った楽曲、詞が好きだから。(小渕さんの曲で好きな曲ももちろんある)

黒田さんの曲は人情的で、泥臭く足掻いていて、時にはとても繊細で臆病で、遊び心があって、そんな楽曲たちが大好きだった。


DOOR(https://www.uta-net.com/song/19060/)には何度励まされただろう?人生の節目には特に刺さった。

ライブで聴いた時の衝撃も忘れられない。力強い歌声と命を削って歌う姿には身震いした。

それに呼応するかのようにバンマスである福原さんのギターソロ特別熱がこもっていたように感じた。


そんなDOORとは変わってTo calling of lovehttps://www.uta-net.com/song/82451/)の繊細な詩と歌い方は涙が出そうなほど感動する。

CALLINGツアー2009年)が初めてのコブクロライブ参加だったのもあり、最後のサビのアレンジには度肝を抜かれた。

バックバンドピアニスト、よっしーさんの伴奏も好きで、弾き語り用の楽譜を買ってきてピアノで弾いた。


ピアノといえば休養前のツアー2011年)、喉を患っていた小渕さんだけではなく黒田さんの喉の調子も悪そう、というか悪かった。

最初から声が出てなかった。正直聞くに堪えないくらい辛そうだった。

そんな中でのSTAYhttps://www.uta-net.com/song/81761/)、よっしーさんが黒田さんの歌を庇うように力強い演奏をしはじめた。

その和音黒田さんの声を掻き消すくらいに大きく鳴り響いて、大胆なアレンジも入れて。

でも黒田さんはそれに負けないよう声を張り上げて歌っていた。

2人のコンビネーションに目が離せない(耳が離せない?)ほど引き込まれた。

その後、最後黒田さんの歌から入って伴奏が追いつく箇所で(これはSTAYではなく流星かも?)、黒田さんの声が詰まって曲が止まってしまったときには素早く察知して溜めに溜めて様子を伺いながら伴奏を入れていた。

(それに対してMCの際に黒田さんが「変な入りしてごめんなさい」とよっしーさんに謝っていた)


サポートメンバーがここまでミュージシャンに寄り添って、大胆なアドリブ演奏をすることはそうそうないのではないか?(本当のバンドならともかくコブクロデュオ

そう考えるとコブクロとそのサポートメンバーには強い信頼関係が築かれているのだろうなと私は思った。

からピアノ伴奏のみのOverflowhttps://www.uta-net.com/song/29980/)をライブで聴きたかった。


話は戻って、CALLINGリリース時期(2009年)の音楽雑誌でのインタビューでTo calling of loveについて小渕さんがこう答えていた。

「愛されたいとか、●●されたいという受け身なところが黒田っぽい」(記憶曖昧なのでなんとなくこんなことを言っていたなという意訳)

これを読んだとき、そんな人ならスキャンダルになるような問題を起こすようなことはないだろうな~とのんきに思ったのを覚えている。


……それでこれ。

黒田さんの詩に励まされてきた身としてかなりのショックを受けた。


報道を見て1日経ち、いったん冷静さを取り戻したところに福原さんのツイート


人生いろいろある」

https://twitter.com/gt_fukuhara/status/1392477617194868738?s=20


文脈的黒田さんひいてはコブクロへの言葉と見受けられるけれど、人生いろいろあるのは奥さんとお子さんであるわけで。

福原さんのツイッター・インスタを見ているとコブクロにかなり熱量をいれてサポートしているように感じていたし、前述のようにコブクロサポートメンバーには強い信頼関係があると思っていたから、山口メンバーに対してのTOKIO達のように、アンジャッシュ渡部に対しての児嶋さんのように、黒田さんのことを叱ってほしかった。被害者である奥さんとお子さんを慮ってほしかった。


ここまで全て私が勝手に思い描いてた人物像・組織図であって、そういう対応を期待したり、この件でたかファンであるモブ一般人が裏切られたと思うのはおかしい話で、ましてや小渕さんではないサポートメンバーにそこまで求めるのだっておかしい。

リプライ欄に否定的ツイートわずかながらあったけれど、福原さんの言葉意見を述べるのはともかく黒田さんへの否定的意見をそれこそサポートメンバーに送り付けるのはお門違い。


バンドマンはクソ


と言い放つ邦楽ロック好きの友人知人たちを思い出す。

ああ、黒田さんを叱らなかったのってそういうことかな……と、自分の中で憶測憶測を呼び勝手にまた傷ついて、そもそもそんな憶測だらけの勝手想像でこの件を受けて裏切られたと思うのはお門違いで(以下略


この最低な負のスパイラルから抜け出せなくなってしまった。





++++++++++++++++++++++

ということをコブクロファン会員サイト交流SNS投稿しようとしたけど、投稿するのをやめました。(えらい)(でも吐き出したかった)(会員はやめる)


これを読んでくれた方はどうか、私の自分勝手に描いた人物像や関係鵜呑みにしないでください。

特に福原さんはとばっちり一般人モブ1人に勝手虚像を描かれてがっかりされているだけなので……


モブ1人ファン離れしても何の支障もないと思いますが、モブから見たら今まで何度も助けてもらった主人公背中から刺された衝撃はでかく悲しいものです。


唯一の救いは黒田さんのラインがおじさん構文ではなかったこと。まあ気持ち悪かったけど。まじで気持ち悪かったな。

2021-05-05

anond:20210505210455

なぜ大学に行くことになったのか

大学に行くことを意識したのは早く、もう小学校3年生の時にはあった。楽譜洋書を読んだのがきっかけだったんだろう。

小中の成績はどうだったのか

小学校は厳密に評価をつけてもらっていないので、ABCしかなく、Aでもどこらへんなのかは教えてくれなかった。

どれくらい努力したのか

高校への数学立ち読みして、「このくらいの高校なら生まれが違うといけるんだろうなあ、もちろん灘とか開成とかは絶対に無理でも、他はがんばりゃいけるんじゃないか」と読み進めたのを思い出す。レベルアップ演習は買った。

小中高公立

このルートだと、大学に行ってから急に使用語彙が変わるから注意しろ

2021-05-01

anond:20210430213459

格上とつるみつづけて22年、なんとか国際標準クラスになれました。

● 8歳で「ほら!このひとパリ音楽院ホープなんだよ!お前とは大違いだ!」←その後このホープフランスから帰国。どこがホープだ!

10歳で「フランス和声勉強は今からやるとちょうどいい!おまえは俺より1年くらい早い計算になる」←大学生用のテキスト小学生で読まされ、苦行の日々。

14歳オーボエパートに「多重音」としっかり記入。でも、ローリングトーンなのかどうか全くわかってない。ローリングトーンが欲しいのに。

● 15歳で「この棚に変な突っ込まれ方をされているオルガン楽譜はなんだろう」←クセナキスのグメーオールというオルガンソロの曲だった。すさまじいほどの筋悪の書式で二度と読みたくないと思った。

● 19歳で自分より10歳以上年上の人と一緒になってマスタークラス。もちろん同級生なんて誰もいない。

米国渡航すると、なんとまたもや格上の博士号持ちと対戦する羽目になる。敗戦。なんでこんなところに博士課程在籍者がいるんだ!

● なんのいやがらせなのか、イタリア作曲賞年齢制限を43歳にまで上げられた。格上ばっかり。出来レースかと疑ったが、何とかギリギリセーフ

おかし教育のおかげなのか、年下を好きになれない。

格上ばっかりって人生もつらいですよ。

anond:20210430235138

歌詞はどうでもよくでも、日本語文法通りにやれば、なんでもかまわない。

かつてのジャズタンゴロックでもどうでもいいものがあっても名曲になってる。

タンゴに至っては、インストゥルメンタルなのに、あとで勝手につけたのすらある。

オウムの麻原の刑期が伸びたのは「彼が水俣病被害者で7人兄弟の極貧」だったためで、普通の家ならもっと早く死刑になっている。


文才、というのも実は定義できない。

山田悠介はもう結婚して作家業に入った。

定義できると思っている人は素人で何もわかってない。


あと100年すると楽才も定義できなくなる。

かつては楽譜教科書物理的な理由で買えなかった(デュボワの「対位法フーガ」がおかれていた本屋東京神奈川大阪京都だけ)が、いまはフリーダウンロードでいつでも手に入る。

誰でもどこでも手に入り、プリントアウトすることが常態化すれば、才能はだれでも共有できる。


https://anond.hatelabo.jp/20210430064440

階層流動率がかつては10%だが、いまは31%なので、「これは才能がないとできない」ということはすべてなくなってしまう。

なくなってしまえば「突き刺さる歌詞」などというものに、何の価値もないのである

2021-03-24

全裸ピアニスト

全裸演奏するピアニストが見たくて「裸 ピアノ 演奏」で検索した。

あいみょんの「裸の心」という歌の楽譜動画ばっかりヒットした。

クソが。

2021-03-23

anond:20210323164643

ちょっとだけ、教えます

ロシア通貨ルーブリだ!ロシア財政難だし、これからいっぱい楽譜を買えるんだ!」

改装中のため閉店してます

2021-03-20

anond:20210320181657

東京1990年代に頂点を迎えた。

東大絶対に解けない問題オンパレードで、東工大後期に至っては問題文の意味すら分からない。

どうやっても田舎者地方人に解ける水準ではなく、田舎地方は黙ってろという常識日本支配していた。


デュボワの「対位法フーガ」を常設していたのは1995年までで、京都大阪東京神奈川本屋だけだった。

ほかの地域にいる人は読むことすらできないばかりか、本の存在も知らなかった。

作曲家になりたいと思っても、教材すら手に入らない昭和馬鹿人間になるしかなかった。馬鹿でも、平然と街を歩けた。


デュボワの「対位法フーガ」はある日突然パブリックドメインになった。

「この本も、もう無料!」「ここに書かれている情報をわざと教えないことで、日本音楽界を操作していたのか!」残念な話だが、これは実話である

デュボワばかりではなく、プロコフィエフもあと3年でパブリックドメインなので、学部ピアノ科ならもう楽譜を買わなくてもいいかもしれない。

情報は一気にタダになった。


ただになった情報にどっと押し寄せ、中国人日本を倒しにかかってきた。

いくつかの局面では日本は敗北したのだろう。中国人ピアノコンクールで見ない日は一日たりともない。

それは東京が優秀ではなく「普通の人」の集まりであることが、中国人によって暴露されたことに等しい。

これに気が付いている日本人は少ない。

2021-03-15

anond:20210315175732

担任天皇が嫌いなタイプ(これは左翼なの? 右翼なの?)で、君が代の上から違う楽譜とか貼らされてておかしいやろ! って抗議したら、1年間席を別にされたりしていじめられたから許さな

2021-03-07

anond:20210307164652

現代音楽一般市民画知らない知識

こういうの多いよね。

作家名前を知っているだけの非常に薄っぺら知識

アンドレ結構楽譜は見てるね。個人的演奏したことはないんだけど、1990年代に知った。ペーター時代からあんまり読まなくなったな。でもリコルディとカルス時代はよく見てたね。(一時期カルスが現代音楽出版をやろうとして挫折した)

他の人はあなたの知らない知識を当然のように知っているんですよ

それなら私より賢いんだから、賢い人がこれだけ日本にいるのなら、アンドレなんて朝飯前ですよね。日本人の弟子だっているアンドレの曲をどうして日本オーケストラ演奏できないのでしょうか。コメントを求めます

イプシロンデルタはAnalysis by Its History utm123とかにあったので、記憶に残っている。(私は数学専攻ではありません)

anond:20210307055157文章うまい下手なんてあるのだろうか?

文章うまい下手なんてあるのだろうか?

まだ私が義務教育を受けていたころ、国語の授業を受けていて気が付いたのは「この人は文章うまい」という指導散見された事例であった。

私はこの意味がいまだにわからない。

たとえば。

あこぎゅれひおしゅててじうゆ。

このように書けば、日本語として全く意味のない文字列であり、「こんなの日本語ではない」と即断ができる。

しかし、主語があって述語があって、目的語があってという通常のプロセスを踏んだ文章の良し悪しとは、なんなのか?私はいまだにそれがわからない。

日本人楽譜世界においても、必ずしも上質のエクリチュールの持ち主ではないと評されているが、これは本当の話である

それなら、文学世界においても、必ずしも上質のエクリチュールの持ち主ではない、という指摘が入って、当たり前ではないだろうか?私は昭和末期までの日本人日本語能力を強く疑っている。

私が卒業した高校文芸部員も、いろいろな作風のものがいて楽しかった思い出があるが、この文章のレヴェルと同一の作家芥川賞デビューしたときには驚いた記憶がある。

もう、賞とか、いらないよねって。

2021-03-06

シェイクスピアが苦手

たとえば、ベートーベンの第九の演奏を聴いたことがないのに、ベートーベンが書いた楽譜だけ見て、第九に語っている人がいたらバカしかないし、

小津安二郎東京物語を観たことがない人が、映画脚本だけ読んで東京物語について論じていたらアタマおかしい。

でも、シェイクスピアだけは、実際の演劇を観てなくても、戯曲だけ読んで論じることが許される、というか、それが普通

なぜ?

2021-03-05

東京にすら文化教養がないということ

https://togetter.com/li/918117

増田民は長い文章を読むのが苦手なので、どのようにまとめるのかは悩んだ。少々長くなるかもしれない。

今の2020年代東京レベッカサンダースマートン・イレシュやカタリーナ・ローゼンベルガーやマークアンドレ演奏するオーケストラはない。(追記:2029年くらいにはだれか一人くらいは大丈夫かもというのはあります)

かつての東京はなんとかメシアンストラヴィンスキーとデ・パブロとタバシュニクは1980年代演奏できたようである。(追記:ミュライユではありませんでした)

どうして、こうなってしまったのか。それは東京文化教養が、もともと何もないかである

東京文化教養がないので、地方田舎は「ない人たちの追っかけ」になる。「知られてしまえば先を越される」ため、田舎にはメシアン楽譜はなにもない。ストラヴィンスキーすらない。地方だと、メシアンの名著は置いてくれるようだったが、全部ではない。東京にはそのすべてがある。

まり、「知られてしまえば先を越されるのが嫌」なので、東京の人たちはわざと地方田舎に本を置かないように工作をしていたというわけである。これを否定する人は多いが、本当の話である

単に西洋文化の盗人に過ぎない昭和東京の人たちは、「田舎より10年、地方より5年」進んでいることをえらいことだと思っていた。40年前なら情報統制を行えば、いとも簡単に引っかかったのである

ところが、スマートフォンの出現で、誰も引っかからなくなってしまった。

かつて高価な洋書だったものが、今では立派にパブリック・ドメインである。かつての東京芸大パブリックドメイン程度のことしか教えていなかったが、それでも授業が成立するほどにまで日本人全体が馬鹿だった。ところが、かたっぱしからなんでもpdfで落ちてくるのなら、もう芸大存在不要だ。

こうして、学部からヨーロッパ留学する日本女子日本男子より性成熟が早いおかげで勉強もはかどり、日本男子より先に国際作曲賞を取って帰ってくる。常に「先」であることに注目していただきたい。決して後ではない。これが性差である。賞獲りは日本女子のほうがうまい。曲も面白い

馬鹿がよく「改善策を出せ」と言うが、改善策は実はもうある。それは民主主義をやめることであるミャスコフスキー交響曲は27曲もあるが、あれは「地方学生オーケストラの体力づくり」のために書かれた作品である。指揮法の教材としても使える。実際コンクールに21番が出題されたこともある。こうまでしないと、文化の基礎力は育たないのである

しかし、ベクトル整数共通テストから出題されなくなった2025年に、この思想理解できる人は少なくなっていることだろう。「サンダース女性で初めてジーメンスの賞をとったんだからポリコレ女子はとったことに敬意を示して一曲くらいレディースオーケストラ日本初演しろ!」と言われたら、ここの増田民はどのように答えるのだろうか。おそらく、「ムカつく」という意見でいっぱいになるだろう。

ムカついている間は、永遠に地方田舎は衰退し、そのうちゴーストタウンもできて、東京文化も今後30年間はたいして変わり映えしないだろう。無職転生も、立派に日活ロマンポルノの焼き直しである東京人は創造から遠ざかっている。


レベッカサンダースマートン・イレシュやカタリーナ・ローゼンベルガーやマークアンドレ。さて。これら4人のオーケストラ曲をこのエントリを読んだ時点で知っている増田民は何人?

anond:20210305090424

それは、わかりやす表現だな。

おれたちに楽譜はない。即興演奏スタイル。鳴ったように鳴らしていく。

それが違うんだろうな。

2021-03-02

Togetterにあったギターコード解説のE7とか解せない

E7はちょっと間抜けみたいな教え方ってあるんだろうか

ベタなE、Em、それに7thが入るとどうなるか、みたいなのは個々人の感覚で馴染んでもらうしかない

ちょっと間抜け演奏がしたいと思ってE7を選ぶ、という演奏はない気がするんだけど

まあ、自分正規教育受けてないのでなんとも言い難いんだけど、違和感が…

そもそもダイトニックコードがあって、いわゆる3コードがあって、

3コード代理コードちょっとあれば、簡単フォークソングとか弾けるよね、と

長渕剛だったか、C、F、G、Amさえあれば作曲できることが分かったのがスタートラインだったと言ってたし

そこにノンダイアトニックコードが加わって、そこで7thも登場してくるし、

それから、C7、F7、G7みたいなブルースロックンロールみたいなのも瞬間的なメジャーマイナーの転調というか、

メジャーマイナースケールフラフラ行ったり来たりする浮遊感がブルースらしさというか、

あと、7thコードからディミニッシュコードを見つけてみると、それがブルースとかの合間でいい感じに響く

"Welcome to the Jungle"にも含まれてるけど、そういうのをコードから発見したり

あと、Eメジャーは明るくて、Emは暗いとか悲しいとか、一般論としてはそうなんだけど、

それがコード進行の中で必ずそうかと言うとそんなことはなくて、

Eメジャーが寧ろ暗さを醸し出したり、Emが爽やかに感じられることだって有り得ると思うんだよなあ

まあ、音楽理論はゴチャゴチャ理屈とか文章読むより、弾いた後に納得するのが普通から、とにかく弾けとしか言えないんだよね

昔の自分はそのへんでも悶々と悩んでたりしたし

よく偉そうに音楽理論を学びたいなら楽典を読めみたいなアドバイスする人がいるけど、

弾きながら学ぶ音楽理論みたいな本が今はいくつもあるし、

そういう本を選択した方がいい

やたらに難しい本をアドバイスする人は自分よりレベルが上か、もしくはハッタリの可能性さえあるからプログラミングも同じで

あと、音楽理論の本だけ読んで理解するものではなくて、寧ろ楽譜コピーしたり耳コピして、

音が聴き取れなかったら今はGoogleしてみると、できる人やプロ作曲家がブログ解説していたりもするから

そういう総合的なもの活用して、とにかく弾いて理解するのが音楽理論であって、

座学オンリーとかもってのほかなんだけど、

今思い出したんだけど、大学時代理系大学なのに座学オンリー音楽理論の授業あったわ

ずっと寝てたわ…

講師楽器演奏することもなく音楽理論の座学を延々とやるなんて苦痛以外の何物でもなかったわ

2021-02-27

anond:20210226210127

景気の悪化ではないとみている。

韓国はかつてお金がなく、楽譜はすべて手で写していたと聞いた。

そんなばかなとおもうが、「韓国お金がなく、コピー機すらもありませんでした」と聞いてショックを受けた。

当時、もう日本では10コピー大会だったはずである

その時代のほうが韓国出生率は高い。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん