「仔猫」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 仔猫とは

2021-12-09

anond:20211209104105

仮にできても赤ちゃん抱っことかできないけどいい?触るのも顔は禁止になると思うよ

猫カフェの猫も抱っこは禁止だし

赤ちゃんって存在はもろくてよわいから、猫みたいに不特定多数に触らせんのって命削る行為になるよね

触られた赤ちゃんがどんな病気貰うかわからないし、もちろん不特定多数と触れ合わせられるとストレスもある

猫カフェ仔猫ですら、まともな店なら出るのは30分だけだったりするし

だったら赤ちゃん写真集とかでいい気がしてきたな…

2021-11-01

ねこを手放す

5年間一緒にいたねこを手放すことになりそうなので、自分気持ちの整理のためにつらつらと書く。

5年間一緒にいたねこは私がはじめて選んだ家族であるし、人生パートナーである

私がこのねこ出会ったのは運命的でもなんでもない、保健所で一緒に暮らすねこを探していたときだ。

当時の私は自堕落的で、アルバイトとして働いてはいものの、なんの目的もなくただダラダラと呼吸をしていた。働くということがまま苦痛であったし、大きなトラブルはないのに人といることに疲れていて、未来なんてどうでもよかった。死ぬほどでなくとも積極的に生きることもできない、そういった自分が嫌ではあったものの、特に変えるための努力もする気になれなかった。

特に特別きっかけはなかった。

ふと、自分が猫を飼ってみたかたことを思い出した。昔は無理だったが、今ならそれを実行できる環境にいる。短絡的ではあるが、働くことも人と付き合うことも生きることも、私だけの猫がいればできそうだった。

すぐに保健所電話をして、引き取れそうな猫はいるか確認をし、年明け後にすぐ猫を見に行った。私の数少ないいいところはすぐ行動に移せることである

保健所には十数匹の猫がいた。仔猫もいたし、成猫もたくさんいた。

仔猫はきっと他の誰かが選んでくれるだろうと、私は成猫を引き取るつもりでいた。それも誰も引きとらなさそうな猫を。

成猫を探しているというと、職員さんは1番奥のケージを見せてくれた。ハチワレ猫と黒猫の2匹の兄弟が目を丸くしてこちらをみていた。ハチワレの方は怯えていなかったが、黒猫の方はすごかった。私を確認するなりケージの隅へ避難し丸くなり、全神経をこちらに集中させていた。

誰も引きとらなさそうな猫と決めていたが、その様子を見て少し怖気付いた。なにしろ私は猫を飼ったことがないのである

職員さんにどちらかを引き取ることにしますと伝え、一週間後に迎えに行くことになった。

一週間結構悩んだ。いっそのこと2匹一緒に引き取ろうかとも思った。そうしなかったことは今でも悔やんでいる。

渡日当日、私はまだ決められずにいた。

もう一度直接みて決めるしかできなかった。

私たち人間の緊張を感じ取ったのか、一週間前はリラックスしていたハチワレも、その日は警戒心をむき出しにしていた。黒猫そもそも初対面の時から私を警戒していた。

少し悩んだ末に、私は黒猫を引き取ります職員さんに伝えた。

黒猫キャリーケースに入れられている間、私は飼育に関する誓約書や、外飼いされる猫の悲惨さ等の書類対峙していた。余談ではあるが、この保健所は非常にいい保健所で、職員さんたちはみんな動物に対して愛情を持っていた。私がカウンターで待っている間、少し離れたところにいた職員さんが業務を止めてさみしそうに、でも本当にうれしそうに、飼い主さんがきまってよかった〜〜よろしくお願いしますと伝えにきてくれた。

少しして、遠くの方からアオ〜〜と悲しげな大声が聞こえはじめ、キャリー片手に職員さんがやってきた。

では、よろしくお願いしますのひと声とともに黒猫の入ったキャリーが渡されて引き渡しが完了した。

大きな黒猫は怒り混じりにずっと鳴いていて、施設内の人たちは物珍しそうに少し笑いながらこちらをみていた。

かくして私ははじめて人生パートナーを得たのである

黒猫は1年ぐらいは慣れないかもと職員さんから伝えられていたが、1月ほどで私に腹を見せ、擦り寄ってきた。

毛はふわふわでの長毛で、声は高く、ずんぐりとした樽のような胴体に、ポンポンのような短い鍵尻尾を持つ大きな黒猫

食べることがすきで、度々勝手に餌袋を破り思う存分腹を満たした困った黒猫。よく私のお腹や膝の上に乗っては機嫌良く撫でられていた。

本猫の努力もあり、ちょっとしたダイエット成功した後は歩くたびに伸びたお腹の皮が左右にたゆたゆと揺れる。水のように柔らかい。目が合うと短くンニャと鳴く。寝てる私の気を引きたいときゆっくりと私の顔に爪を立てる。歩くときは爪を出さず。

前歯がすきっ歯で、獣医さんに相談するまで、自分の不注意で歯を一本無くさせてしまったのかと思っていた。

はじめて黒猫を洗った時、シャワーをかけ続ける張本人である私に、震えながら縋りつくようにして膝に乗り、その日から度々、私がシャワーを浴びている間は心配そうに浴室の外から私を見守ってくれる。目が合うと小さくニャッと短く鳴く。

もう1匹の新猫を迎えた日、大いに不満もストレスも抱えただろうに、一週間後には新入りを舐めてくれた。

その新入りした仔猫多種多様アレルギー喘息を持ち、ご飯に対して気難しかった。

歩くときは爪を出さない大きい猫と、歩くときも爪を出す小さな猫。

視線だけで訴える甘え下手な大きい猫と、鳴いて物事要求する甘え上手は小さな猫。

どちらも私がそばに行くだけでゴロゴロと喉を鳴らす気前のいい猫。小さな猫は尻尾を震えるほど立たせるので分かりやすい。

車に乗せると怒鳴るように鳴いて不満をぶつける小さな猫。以前はほぼ毎日のようにしていた喘息も、最近は全くといっていいほど出なくなり、落ち着いてきて本当によかった。

間違いなく私の人生は救われたし、大袈裟でもなんでもなく、今の私がいるのもすべてこの猫たちのお陰だ。

たまに、猫の死について考える。そのときは必ず火葬仏具について泣きながら検索する。それは今から心の準備をしておかないと、駄目だからだと思う。

いつか私は猫たちを看取って、小さな骨を拾い、猫の思い出が残る家で生きていくものだと思っていた。

まわりは、配偶者が猫アレルギー喘息であるなら猫を手放すのが当然だという。それが極端だといってくれる人もいる。

私は、猫をペットとして飼っていない。家族として接し一緒に生活してきた。

ひとりは、猫に依存すること自体間違っていると言う。自分のことしか考えていない、今が変わるときとも。きっとその通りなんだろう。

猫と別れる選択をした場合、おそらく妹夫婦が猫を預かってくれることになる。

それは逃げだと言われたけど、一軒家でも同じ建物内に猫といたくないと言われたら、私は離婚以外この選択しか選べない。選べないことに絶望する。

今までの薄給をほぼすべて猫に関することに費やしてきた。観葉植物空気清浄機も、Amazon Echoデジイチも、オイルヒーター除湿機も。他の人には一見関係ないものも、すべて猫に関係している。

一緒に暮らしてきた猫と完全に人生を絶たれれば、私には働く理由も欲しい未来ほとんどがなくなる。と思っている一方で、人生を救ってくれたこの猫たちと別れたあと、意外と平気で生活できそうな気もする。私はそれが怖い。

配偶者は、私が猫を選んだとしてもだれも責めないと言ってくれる。

かといって、本当に我儘に生きてきた私に怒ることなく辛抱強く優しく誘導してくれる配偶者を捨てることも私にはできない。惚気になるが、この人は少し鈍感なところもあるけど、本当にできた人間で、こんなウジウジとして怒りっぽく自己中心的な私にはもったいないくらい良い人だ。猫も人も、私には本当にどちらかを完全に切り捨てることが怖くてできない。

からせめて、妹夫婦一時的に猫を預けるということに今はさせてほしい。この先、絶対にまた一緒に暮らせる時がくるという希望がほしい。気兼ねなく会いに行くことができる人に預け、猫に関する費用を払うことで、私を関わらせてほしい。

人生重要選択連続だという。

猫にも配偶者にもどちらにも誠実でなく、妹夫婦にも負担を強いるという選択を取ろうとしている。猶予はまだある。もしかしたらもっと違う選択をとるかもしれない。

2021-10-29

anond:20211029224726

🐈こんばんは。ようこそ。

では仔猫ちゃん101匹の部屋でくつろいでください。

🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー

🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー

🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー

🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー

🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー

🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー

🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー

🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー

🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー

🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー🐈ニャー

2021-10-28

すでに私は期日前投票を済ませた。

パートナーも同行して、期日前投票を済ませた。

人生の伴侶となる以前、私のパートナー選挙投票には行ったり行かなかったりだったらしいが、一緒に暮らすようになってから私が「投票棄権するのは良くないよ」と言ったことを聞き入れてくれて、二人でいつも一緒に投票に行っている。投票の帰りには二人でデートして甘い物を食べて帰るのが恒例である。今回は、投票所のそば日向ぼっこしながら昼寝する野良仔猫や、公園シャボン玉を追いかけて遊ぶ子供たちを見物した後、カフェテラスモンブランケーキカフェラテを食して私たちは帰途についた。もう温かい飲み物が美味しい気候になっていた。

私のパートナーは、どうも政治的なことには関心が無い。パートナー自身言葉によれば、学生時代勉強も苦手だったし、大人になってから政策がどうこうという難しい話はよく分からないとのことである

一緒に暮らすようになって初めて投票に同行してくれた時、パートナーは「誰に投票すればいい?」と私に質問してきた。私は答えた。

貴方が、自分で決めないとダメだよ。私が貴方に『誰某に投票して』とは命令もお願いも出来ない、大事なことだから」と。

私には私なりの政治的な考えがあるが、それに同調するように、パートナーに対して(いや、他の誰に対しても)「勉強しろと」言ったり、強制要望したことは一度も無い。私がどの候補者政党投票するか/したか、私はパートナーに教えないし、向こうも質問して来ない。

これまでの選挙で、私が共産党やその候補者投票し続けてきたことをパートナーは知らない。

今回の期日前投票で、私が共産党とその候補者には投票しなかったこともパートナーは知らない。

次回の選挙でも、私がどの候補者政党投票するかをパートナーは知らないだろう。もっとも、そんなこと私本人にも予測できはしないのだが。

これからも二人で暮らす限り、一緒に投票に行って、ささやかデートをして帰ることが出来れば良いと願う。私とパートナーで、互いの自由意志尊重しながら。

貴方は、もう投票を済ませましたか

2021-10-15

自分二次創作ネタ実体験だと公言するタイプの作者に鳥肌が立つ

前提として、実際に体験している全ての出来事創作に盛り込むことを否定している訳ではありません。

実際に旅行登山をした話や体験談を二次創作に込めて、リアリティを高めるのは全然問題ありません。むしろ大好きです。



「作者が実際に恋人とイチャついたりセックスした話を二次創作ネタにしている」事を公言する作者が嫌いという話です。



例えば、あるアニメのA×Bの二次創作について。

作者が恋人と朝乳繰り合った話を元ネタにするのは構いませんが、それを公言し惚気けられると今まで楽しんでいたはずのその作者の作品を見るたびに、AとBの皮を被った「作者とその恋人の」オナニーを見せつけられている気分になって凄く気持ち悪く感じます

今まで楽しく読んでいたはずなのに、ツイッターでの惚気を見て「ああ…恋人仔猫ちゃんって言われたから、Aに言わせたのか…」と思うと途端に鳥肌が立ちました。



周りもそれを歓迎する人が多く、申し訳ないですがミュー自衛させてもらう事に…。

作品は大好きだったのに、今ではもうA×Bを見るたびにその作者のことを思い出して寒気がするくらいになりました。



少数派なのは自覚ありますが、そういったものが苦手だというボヤキです。



2021-10-04

夢を見た

職場の人がいる夢を見た

良い人たちなんだよ

でも俺のまだやってない仕事を思い出して憂鬱気持ちになって目が覚めた

まだ夜だった

もう一度目を閉じた

実家の両親が出てくる夢を見た

外食をしているところだった

コロナでもうしばらく会ってない

なんか切なくなって目が覚めた

まだ夜だった

夢なのに現実的すぎて気持ちがつらい

布団にくるまった

もう一度寝た

美少女が出てきた

知らないひとだった

その後に仔猫が出てきた

茶トラの猫で、親猫もいた

仔猫人差し指にじゃれついて甘噛みしてきたし、親猫の腰付近トントンしたらすごく気持ちよさそうだった

良い気持ちだったのに目が覚めた

早朝だった

ようやく眠れたと思った

美少女も猫も俺のうちにはいない

そして月曜日の朝だった

でも起きようと思った

ありがとう夢猫

2021-07-20

光源氏

 ようつべ仔猫動画を観た。その動画の内容はというと、拾われた元気一杯仔猫が、ある朝急に元気をなくして瀕死状態になってしまったというものだった。

 その後、仔猫は無事一命をとりとめるのだが、経緯からし仔猫が元気をなくし体調不良になるのもむべなるかなって感じだった。

 仔猫はずっと鳴き続けていたのだ。飼い主は仔猫にエサと適切な環境を用意し丁寧に世話をしたが、鳴いている仔猫を鳴かせたままそっとしておいた。

 壊れそうなほどに小さな仔猫しか怪我を負っていた。それでは触らずにそっとしておくのが善意というもの。だが、赤ちゃんにとってただの「鳴く」という行為は、実は大変な重労働だということを、飼い主は知らなかったのだと思う。

 赤ちゃんお腹が空いている訳でも寒くもなく便秘でもないのに鳴き続けるとき、それはおおかた親を恋しがってのことだ。だが、しばらくすれば赤ちゃんは鳴き疲れて静かになる。おとなしく、従順に見えるかもしれない。ところがその時、赤ちゃん疲労状態にある。そして疲れて眠るうちにお腹を空かせて低栄養状態になる。実はこの時、赤ちゃんは寝ているというよりは失神している。

 鳴かせ過ぎというのは良くないのだ。保育者としては手がかからず楽な気がしてしまうけど、赤ちゃん疲労栄養失調で消耗し、やがて発育不良に、あるいは最悪死んでしまう。

 だから、過干渉に見えても、鳴いている赤ちゃんは抱き上げてあやした方がいい。人間の腕の中は母親猫のお腹ほど温かくないけど、それでも抱っこによる安心感は、仔猫には必要だ。

 衰弱し、回復した仔猫動画を見て、昔、私の家にもその仔猫と同じくらい小さくてヨチヨチな赤ちゃん猫が迷い込んできたことがあったのを思い出した。

 その仔猫はあまりにも小さな孤児だったけれど、人間特別介入しないまま、大きく育った。というのも、うちで飼っていたオス猫に面倒を見られていたからだ。

 オス猫は所詮オス猫で、母親猫のように乳も出せないし仔猫のためにエサを捕ってくるようなことも出来なかったが、仔猫を抱いて眠ることは出来た。仔猫はいつもオス猫にくっついていた。寒い夜は、二匹は狭い段ボールの中に一緒に入り、オス猫が仔猫を抱えて丸くなって寝ていた。

 そんな感じだったので、オス猫は特別面倒見が良かった訳ではないのだけど、仔猫無駄鳴きで体力を消耗することなく、すくすくと育った。

 一年もしないうちに仔猫はオス猫と同じ模様の仔猫を何匹か産んだ。

2021-06-15

夜のドライブ

 男の乗用車の前を横切ろうとした黒い影は、一瞬だけヘッドライトの明かりに照らし出された後、車体の下で厭な音を立てて消えた。

 轢いてしまった。避ける余裕は無かった。

 夜の闇の中、男の運転する車が走っていたのは、道路照明灯も無い山中に在る、曲がりくねった峠道だった。車道の両側に設置されたガードレールの向こうには、ただ鬱蒼とした森が繁茂していた。

 こんな人家も見当たらない山中にも、ノラ猫はいるのだろうかと男は思った。その猫の姿は、ヘッドライトに照らし出された時間がほんの一瞬であったにも関わらず、男の網膜と脳に明瞭に焼き付けられた。

 仔猫を咥えて車道を渡ろうとした母猫。明るい光によって一時的に白く変化したアスファルト舗装の路面の上で、猫の母仔の姿は不思議なほど黒々としていた。

 そして、男の車の方を向いた母猫の眼に反射したヘッドライトの光は、フロントガラスと眼を通過して彼の心を突き刺し、獣とは云えど生命を奪ってしまったという、逃れ難い罪悪感を刻み付けた。

 しかし、車を停められるような路肩の空間が無かったことに加えて、夜の暗い山道を一刻も早く抜け出したかったがために、男は一時的に車を停めることも無く走り去った。出来ることならば速やかに、猫を轢いた場所から遠ざかりたかった。もしも街中で起きた出来事ならば、男は可能な限りアクセルを踏み込んだことだろう。しかし、初めて通る曲がりくねった夜の峠道が、それを赦さなかった。男は不本意ながら、控えめな速度で乗用車を走らせるしかなかった。

 忘れるんだ。いちいち些細な出来事に心を奪われていたら、運転ミスをして事故を起こしてしまう。たかが獣の一匹や二匹を轢いたぐらいで、それが何だと言うのか。そう自分に言い聞かせながら。

 きっと、あの母猫は、予期していなかった明るい光に照らされたことで、恐慌を来たして道の真ん中に立ち止まってしまったのだろう。馬鹿な獣め。そのまま走り抜ければ、お前は轢かれずに済んだのだ。馬鹿な獣め。お前が悪いんだ。俺は悪くない。馬鹿な獣め。お前の仔猫が死んだのは、お前のせいだ。お前が悪いんだ。俺は悪くない。俺は悪くない。馬鹿な獣め。

 しかし、一旦芽生えた罪悪感は、それを拭い去ろうとすればするほど、猫を轢いた場所から遠ざかるほど大きくなり、男の心の中で、どす黒い滲みとなって広がっていった。

 「ぬわあああん

 何だ。今、聞こえたのは何だ。いや、本当に何かを聞いたのか。気の所為ではないのか。

 「ぬわあああああん

 聞こえた。

 聞こえただけではなく、男には見えた。

 男を追跡してくる二つの眼が、明々と車のバックミラーに映し出されたのを。

 その双眼は、今や光を反射してではなく、それらが自ら、禍々しいほどに眩しい光を放っていた。

 「ぬわわわああああああんん」

 恨みを込めた鳴き声のようなものが、男には聞こえた。それがくぐもって聞こえたのは、我が仔を口に咥えているからであろうか。男の車を背後から追うものの前面には、生気が抜けた何かが、力無く垂れ下がっているように男には見えた。

 「ぬわわわああああああんん」

 「あああああああああああああああ!」

 恐ろしい鳴き声を、男は聞きたくなかった。しかし、両手で車のハンドルを握っていては耳を塞ぐこともできず、已む無く男は、あらん限りの大声で叫ぶことで、その鳴き声を掻き消そうと試みた。

 道路照明灯も無い、曲がりくねった夜の峠道を、男は車を走らせ続けた。しかし、曲がりくねった道だから速度を抑えているとはいえ、それでも少なくとも数十キロの速度が出ていた。そのはずなのに、男の運転する車は一向に、背後から追い迫る何かを振り切ることが出来そうになかった。

 いつになったら、この峠道を走り抜けられるのだろうか。この峠道には、果たして終わりはあるのだろうか。この夜は、終わるのだろうか。あの猫から、逃げることは出来るのだろうか。自分は、正気を失わずにいられるのだろうか。

 答えを持たないまま、男は夜の峠道を走り続けた。

* * *

 「ノロノロ運転しやがって!とっとと道を開けろ!」

 トラック運転手は、前方を走る乗用車に向かって大きなダミ声で毒づいたが、その声は相手に届いていない様子だった。沢山の積載物を載せたトラック山道走行するのは、只でさえ気を遣う。それが夜で、曲がりくねった峠道となれば尚更である。それに加えて、ノロノロ運転をする前方車両と遭遇したのだから、いっそうトラック運転手の苛立ちも募った。

 トラック運転手は、何度もヘッドライトハイビームに切り替えてパッシングし、何度もクラクションを鳴らした。それなのに、前方を走る乗用車運転手は、後方を確認することも無ければ、脇に退けて道を譲ることもしなかった。リアウィンドウから見える乗用車運転手は、何やら頭を振りながら声を出しているようにトラック運転手には見えた。カーオーディオ音楽でも流して、歌でも歌っているのか、後方車両存在に気づいていない様子だった。

 迷惑な話だ。早く道が分かれて、この乗用車と行き先が別になるといいのに。しかし、あいにく一本道が続き、このままトラックは暫く乗用車の後を着いて行くしかなかった。

 苛立ちを募らせた運転手を乗せて、乗用車の後を走るトラックには、仔猫を咥えた母猫の姿を記号化した運送会社トレードマークが、黒々と印されていた。フロントバンパーには、走行中に何処からか飛んで来た、黒く汚れた小さな布切れが引っ掛かって、力無く揺れていた。

* * *

 男の乗用車の前を横切ろうとした黒い影は、一瞬だけヘッドライトの明かりに照らし出された後、車体の下で厭な音を立てて消えた。

 轢いてしまった。避ける余裕は無かった。

 夜の闇の中、男の運転する車が走っていたのは、道路照明灯も無い山中に在る、曲がりくねった峠道だった。車道の両側に設置されたガードレールの向こうには、ただ鬱蒼とした森が繁茂していた。

 こんな人家も見当たらない山中にも、ノラ飛脚はいるのだろうかと男は思った。

猫とドライブ

 買い物に行こうと車を運転中、道路の真ん中に仔猫死体があるのを見つけた。車にはねられたようだ。朝ここを通った時には見なかったし原形を留めているので、まだ死んで時間は経ってないのかなと思った。買い物から帰ってきてもそのままだったら拾おうと思って出掛けた。

 買い物中も罪悪感がすごかった。やっぱり見た時点で家に引き返して、空き箱持って駆けつければよかったかなぁ、と。もし買い物してる間に仔猫が再び轢かれて猫煎餅化してたら、どうするんだ。さすがに平たくなった猫を道路から引き剥がす勇気は私にはない。

 ふがいないなぁ。形を保った仔猫は拾えて猫煎餅は拾えないというのか、猫は猫だぞ! しかし、私どうしてもスプラッターダメもので。

 帰宅するとき、同じ道を通ったら、猫は先ほどと変わらぬ状態で横たわっていた。通る車達は仔猫に気づくと大回りして避けていた。そうして猫煎餅回避されていた。

 家に帰って買ったものを全部冷蔵庫しまってから段ボールの空き箱の中に新聞紙敷いたやつと軍手を持って、現場に駆けつけた。仔猫はやっぱりそのまま倒れていた。よく見たら、猫の周囲のあちこちに血が飛び散っていて、車にはねられた直後はまだ息があってしばらくのたうち回ったのかもしれない。

 幸いにも車は一台も通らない。私は覚悟を決めて軍手をはめ猫を持ち上げた、その時初めて、持ってきた箱が仔猫サイズに地味に合ってないことに気づいた。あっヤベェ、どう入れたらいいんだこれ、と捧げ持った猫を傾けたら、耳からどぼっと血が溢れて箱の蓋に垂れた。これ以上斜めの体勢で持ってたら、血だけじゃなくてなんかもっと出て欲しくないものが出てきそうだと思って、半ば強引に猫を箱の中に突っ込んだ。頭から猫は箱の中に落ち、案の定足が大幅に箱からはみ出た。

 仔猫茶色のししま模様だった。生前はさぞかし可愛かったんだろうが、死体はやけに薄汚れて見えた。足の毛づやが良く、痩せてもいないので、ちゃんご飯を食べさせてもらっていたと思われる。

 半開きの猫の右目のまぶたの中身が無い気がするんだよな……と思いつつ、私は箱を抱えて歩いた。

 実は、この事故現場からほんの数歩のところで、去年同じようなしましま模様で同じような体格の仔猫がやっぱり車に跳ねられて死んでいて、それを私はやっぱり拾いにいったんだけれども、近所のお婆さん達がそこに集まってなんやかんや言っていたので断念した。

 近所のお婆さんが言うには、この近くに猫を餌付けしているおうちがあって、たぶん死んだ仔猫もその家の人が餌をやっていた猫たちのうちの一匹だという。それを教えてくれたお婆さんは、

「でもよかったわね、害獣一匹駆除されて」

 といった。猫の死骸は餌付けしている人に責任を取らせればいいとお婆さん達は言って、一人が餌付け人の家に言ってドアをガンガン叩いて家の人を呼び出し文句を言っていた。そんなわけで、その仔猫は餌付け人か誰かが引き取ったか捨てたかしたらしく、数時間後にはなくなっていた。

 私が今日拾った仔猫は去年のあの仔猫の弟か妹なのかもしれない。見た目がほんとうに良く似ていた。

 今日はお婆さん達はいいから誰にも文句は言われないはずだ。私は箱を持って餌付け人のおうちの前を通りかかった。餌付け人も猫可愛さに餌をやってるんだろうし、最後のお別れくらいしたいのではないか? と思った。仔猫だって、餌をくれる人間が好きだろうし、じぶんを葬ってくれる人間を選べるんなら通りすがり他人よりも馴れた人がいいんじゃないか。

 だけど私は猫の死体を家まで持って帰った。そして、役場環境課に電話をかけて、死んだ猫を拾ったがどこに捨てればいいのか教えて欲しいと言った。電話に出た人は、クリーンセンター処分を受け付けているから直接センターに持ち込んでくれないかと言った。それで、今すぐに行っていいかと私が聞くと、大丈夫だというので、私は猫を箱ごと燃えるゴミ袋に入れて、車の助手席に置いた。

 せっかく猫煎餅回避したのにゴミ袋に入れてゴミ焼却所に持っていくだなんて、これはこれで酷いよなと思うのだが、この辺は田舎だけど勝手に生き物の死骸を埋めていい場所はどこにもない程度に区画整理されている田舎なので、しょうがないのだ。

 死んだ仔猫助手席に乗せて、クリーンセンターに向かう。ちょっとしたドライブだ。こんな知らない人間が連れ回してごめんねって思う。餌付け人の家を訪ねれば、仔猫母親いるかもしれない。猫は賢くて家族の死を悲しむことくらいはするので、会わせてやれたらよかったかもしれない。けど、餌付け人にわざわざ死んだ仔猫を届けるのはなんかやっちゃいけないことのような気がして無理だと思った。運転しながら何度も同じことを考えて、無理だと結論してまた脳内議論をふりだしに戻した。

 クリーンセンターに着くと、電話対応した職員さんが出てきて猫の入った袋を受けとってくれた。

「本当に死んでるってことでいいんですよね?」

「えぇ、死んでます

 と言葉を交わしたのち、私はお礼を言ってクリーンセンターを出た。なんかもっと訊かれるかなと思ったけど、あっさりしたものだった。

 帰りには、やっと肩の荷が降りたなと思った。もう二十年くらい前になるけれど、ある夜に元彼の車で東京のどこだかの幹線道路を通っていたら、元彼が道端に猫の轢死体を見つけて、車を停めた。すると私達の車の前を走っていた車もハザードを点滅させて道路端に停まった。

 元彼が車を降り、前の車から女性が降りてきた。女性のほうも猫の死体を見つけて、救助するために車を留めたらしかった。救助しようにも猫はすでに煎餅化していた。女性はじぶんの表着を犠牲にして猫の轢死体を拾おうとしていたが、元彼がそれを止めた。元彼は車のトランクからバスタオルを何枚か出した。元彼仕事デリヘル店長だったために、車の中にはいつもバスタオルストックされていたのだ。

 元彼女性が協力して猫をタオルに包んだ。女性元彼がたくさんバスタオルを出してくれたから、猫の埋葬はじぶんが責任を持ってすると言ったそうで、猫はその女性に引き取られていった。

 元彼は車に戻ってきて、世の中には親切な人もいるもんだなと言った。私は、じぶんが運転手かつ第一発見者だったら確実にスルーしていたなと思った。

 そんなことがあった。元彼とはとっくの昔に別れて完全に縁が切れている。猫を引き取ってくれた女性はただの通りすがりの人なので、いまどこでどうしてるかなんか、もちろん私にはわかる訳もない。けど、あの人たちの善意というか、優しさをまっすぐ行動に移せる強さとか、すごいなと思ったし、これを見たからには私自身も同じことに直面したら彼らのように行動しなければならないという呪いに、その時かかったような気がした。彼らみたいに立派な人になりたいというより、見てしまたからには受け継がなくてはならないと思った。

 だが、轢かれて死んだ猫なり、道端で困っている誰かなりを見かけたとしても、見なかったふりをして通り過ぎるばかりの人生を私はあれから二十年近くも送ってきた。

 でも今日は見すごさなかった。しかし、いいやり方ではないのは明白。結局クリーンセンターという他人押し付けて終わりにしただけなのだし。だけど、見て見ぬふりをするのはもっとダメ。そういう呪いがかかったまま、私は生きていかなくてはならないんだと思う。

2021-05-12

anond:20210511204238

室内飼い一択

一緒に過ごせばわかると思うけど、仔猫時代以外は一日殆ど寝てるよ

外に出してる猫だと寿命も短くなるし(病気怪我その他諸々監視下外の事があるので。調べればソースある)

ただ、田舎レベルによっては室内飼い不可避なのもあるので(隣の家と距離があるとか家の裏は山とか国道ないとか)

2021-01-06

刀剣乱舞青春鉄道人生修復してくオタクの話

酷い人生だったと思う。

私と弟と妹が一人ずつの3人姉弟

母は毎日酒乱の父と祖父に殴られ怒鳴られていた。祖母大事長男を奪った母が憎かった。

母のあとは子供が殴られた。父に蹴られた妹がサッカーボールみたいに弾んでいた。

その母も私が小学生になった頃ガンで亡くなり、私達は父と祖父祖母に殴られ家具を壊されランドセルを捨てられ拾った仔猫を川に流され、お前たちも母親のように悪い女になって早死にする、汚い、臭い母親そっくり、1日中怒鳴られた。

それでも時々、父親は私達姉弟を連れて遊園地外食に出かけたりして可愛がったので、少し乱暴だけど愛情深い良いお父さんなんだと私達は信じていた。

間違っていたが、それ間違ってるよと教えてくれる人はいなかった。

小学生のころ面白がって車や重機運転もさせられた。父親は怖くて叫ぶ私を見て喜んでいた。大人になっても夢に見る。今でも運転免許は持っていない。

家で出たゴミは車で遠くに持って行って窓からポイ捨てさせられた。公共の場所でゴミゴミ箱に捨てると「いい子ぶるな」と叩かれるような家庭だった。

高校生のころ祖父が死に祖母認知症になり、私が家で介護した。父は「女が学校行ってもしょうがないだろう」と言った。

数年で祖母も亡くなったが父親が働かなくなった。借金パチンコがやめられず、私と弟がかけ持ちで働いた給料家族を養ったが借金はかさんだ。

父は「俺がこんな風になったのはお前達のせいだ」と毎日暴れた。私達は父親が壊したタンスや割れ食器を片付けながら自分を責めた。

やがて借金限界がきて家を手放すしか無くなり、廃人のようになっていた私は父方の叔父に引き取られた。弟と妹はいつの間にか行方不明になっていた。妹とは数年後に連絡が取れたが、弟は今もどこにいるのか分からない。

叔父は殴らなかったがギャンブル依存症で、私を低学歴肉体労働者と呼びお金要求した。私は断らなかった。

断るという選択肢がある、断る選択をしてもいいのだということすら知らなかった。

それに我慢していれば周囲の大人に「我慢強くて偉いね」と褒めてもらえた。褒めてもらえるのは嬉しかったのでずっと我慢した。我慢していればうまく行くはずだと思っていた。うまく行かないのは私の我慢が足りないからだと自責した。

ほとんど休みもなく働き、得たお金ほとんど父親叔父に渡した。監禁されていた訳では無いからいつでも逃げられるのに、逃げられなかった。逃げるという選択肢も思いつかなかった。

自分が生きるためにはこうするしかないのだと思いこんでいた。

叔父の家ではキッチン風呂トイレなどを使うことは許されず食事自分調達して部屋でこっそり食べていたので、寝る場所があるという事以外はほとんどホームレスの人と同じような生活だった。

そんな生活を6年も続けた。

私はおかしくなっていた。毎日爪と髪をむしった。

2013年の冬、叔父睡眠薬を飲んで深夜の線路に横たわり、電車に潰されて死んだ。

私のスマホには直前に「もうすぐ返すよ。ごめん」というメッセージが残されていた。


叔父の死後、無一文の私は別の親類に頼み込み半年ほど部屋に転がりこませてもらい、どうにか貯金して部屋を借り一人暮らしを始めた。

この親類の強い勧めで何度か心療内科にも行ったが、自分治療を受ける価値があるとも思えず続かなかった。

我ながらろくでもない環境で生きてきたと思うが子供の頃から救いになっているものがあった。

二次元

家ではアニメを見れたし学校に行けば漫画も読めた。学校にはオタク趣味教師もいて色々な漫画を読ませてくれた。同人誌を出している人もいて、イラスト原稿を描かせてもらったりもした。

スマホを持ってからボカロにのめり込み、ピアプロ登録して初めてネットに拙い絵を載せた。コメントをもらえた時は認められたような気になって嬉しかった。

叔父の家に引き取られてしばらく経ったころ、Twitterを始めた。

自分境遇を話す勇気は無かったので普通に仕事をして普通に生活しながらオタク活動する普通女子に見えるように無理しながらも、同じ趣味の人と語り合うのは楽しかった。

叔父が死んで翌2014年の冬、一人暮らしの部屋で相変わらずTwitterオタク話をしながら私はもう死ぬしかないと感じていた。

ようやく自分で働いたお金自分のために好きに使える環境になったのに、すぐに眠れなくなり食事の味も感じず好きな漫画も辛くて読めず、絵も描けなくなった。

父親とは離れて暮らしていたが、叔父が死んでも相変わらずお金をせびられていた。一生続くんだと思った。一生逃げられない

Twitterの楽しそうなタイムラインに楽しげにリプライしながら死にたい死にたい死にたいと声に出していた。

ニトロプラス刀剣乱舞というゲームを出すよ」

というツイートを見たのはそのころだった。

2015年1月サービス開始と同時にタイムライン刀剣乱舞話題で埋まりものすごいスピードで流れていった。

まりの勢いに「私もやってみようかな」と呟いたら、オススメ刀をプレゼンしてくれたフォロワーさんがいた。

どうせ死ぬし、最後流行ジャンル空気味わってみるのもいいかも、どうせ死ぬし。と思っていた。

ゲームをやってるうちに新しい刀が来た。土方歳三の刀。新選組羽織を着てる。歳さんみたいなきっぷの良い話し方。

土方歳三好きなので、おっ…となった。部隊長にしてみた。

もう一振りの土方さんの脇差くんと出陣してみたら回想が始まった。

びっくりした。

えっ?泣いた…?

泣くの、こんな人が、元の主を思って?

びっくりした。

かわいい。いじらしい。いとおしい。

感情が爆発して何か知らんが兼さんと一緒に私も泣いてた。

わんわん泣いた。もう号泣した。

ゲーム進めて、絶対にこの刀たちを幸せにしてやるからなと思った。


5月刀剣乱舞が初めてご当地コラボイベントをするという。茨城県。行ける距離だ。当然行った。

こういうイベントに行くのも初めて。

コラボ先陣を切ったのは御手杵だった。槍の刀剣男士。

綺羅びやかな他の男士に比べるとスッキリした出で立ちで本丸ではのんびりした口調、公式プロフィール解説は「…良いヤツ!」。その頃は一部のユーザーに「一般人」なんて揶揄もされてた。

コラボ先の結城市には御手杵レプリカがあり、普段は蔵を改装した小さな施設でこじんまり無料展示されている。今日は蔵からおろして、実際に御手杵に触れるようにしているという。会場で御手杵コラボ酒も販売するという。何それテンションあがる。

ソワソワしながら「握手会」の列に並ぼうとしたら、コラボ酒の列から完売です!」と声があがった。同時にあちこち拍手が起きた。皆口々に良かった!売れた!と感激していた。

御手杵は他の男士に比べるとちょっと地味…なところもあるので、売れ残るんじゃないか心配されてたらしい。自分も欲しいのに買えなかったけど、嬉しくなって拍手した。

年配の男性グループが「うちの槍は人気者だね」とニコニコしていた。うちの槍。いいなうちの槍。

握手会で待ってる間に他の審神者さんと仲良くなって、初めてリアル審神者仲間ができた。

なんだかフワフワしながら帰って、久しぶりに絵を描きたいなと思って、御手杵の絵を描いた。

欠けていたものが少しだけ戻ったような心持ちがした。

新しい刀が本丸に来るたびに来歴を調べ、歴史と刀そのものにも興味が湧いた。博物館に行き、初めて本物の刀を見た。綺麗で美しくてびっくりした。

体験会で持った刀の重さに背筋が伸びた。色々な所に行って色々な人と話した。初めて見るものがたくさんあった。

死にたいという気持ちはまだあるが、生きてもっと色々なものを見たいという気持ちも増えた。

父親から金をくれと電話があった。

もう話をしない、と言って電話を切り、着信拒否に設定した。


運転免許を持てないので、コラボ博物館や展示を見に行くのも鉄道が頼りだった。仕事でも毎日電車通勤だ。

鉄道は好きだった。カッコいいので。

でもホーム踏切を通過していく特急電車だけは苦手だった。

バラバラだった叔父遺体を思い出す。

電車スピードを落として通過していく時、車輪の下でひき潰されていく叔父想像する。

呼吸が荒く早くなって心臓バクバクし手足が震えた。

これも一生治らないのかもしれないと思っていた。


2019年刀剣乱舞ミュージカル御手杵が出た。2.5次元というやつ。

Twitterタイムラインでは御手杵役の役者さんを紹介するツイートやミュのレポートが連日流れてきた。役者さんの身長・年齢・どんだけ股下が長いか・どんな演技をするか・どんだけ可愛いか……楽しそうだなと思って楽しく見ていた。

その中で何人かが役者さんの出演作で「鉄ミュ」というものオススメしていた。

青春鉄道」という鉄道路線擬人化漫画2.5次元ミュージカル。とにかく見れば分かるので見てほしい!原作もとても面白いので読んで!と熱く語られていて、気になった。

原作web連載で、無料ですぐ読めるという。リンクも貼ってくれてる。親切。

読みました。

めちゃめちゃ面白い。

びっくりした。

サクッと読める時事ネタ、見やすくてかわいい絵柄、全然知らない路線ネタでも面白く読ませるネーム、ツッコむ時のセリフ言葉選びのセンス……そしてそこに見え隠れするキャラクター同士の深い関係性。

めちゃめちゃ面白い。びっくりした。

すぐに紙の単行本を揃えて、同人誌版も注文した。

青春鉄道商業連載版(鉄道ネタ)の他に原作者様が自分で出してる同人誌版(鉄道ネタ以外・キャラクターの掘り下げ話など)があるという。すごい。

読めるだけ読み尽くした私はすっかり「東海道本線推しになっていた。

東海道本線日本鉄道の始祖。

刀剣乱舞でも何度もコラボしてくれている三島佐野美術館静岡久能山東照宮に行くときに欠かせない路線。お世話になっております

これからは「推しに会うために推しに乗って行く」事になるのか。楽しそうだな。

「鉄ミュ」もDVDを購入して見た。

とんでもなかったです。

詳細は省くがとんでもなかった。

こんな舞台初めて見ました。何これ?

何を見せられたのかよく分からないけど面白かったといことは分かりました。めちゃめちゃ面白い。びっくりした。いやびっくりした。

青春鉄道には通勤毎日使っている路線キャラクターかわいい)も出ている。

原作漫画を読んですっかり「青春鉄道」にはまった翌日の帰り道、いつものように駅の改札を通った。

いつもはすぐにホーム階に降りず、構内のコンビニ特急電車の通過を待って落ち着いてから降りる。

でも今日はそのままホームに降りて電車を待った。

特急電車の通過を知らせるアナウンスが鳴った。

すごいスピードで近付いて来た電車が轟音でホームを通過し、弾丸のように駆け抜けていった。

あっという間に小さくなる電車見送りながら、私は(○○線さんめっちゃ速いな。かわいいな)と考えていた。

手足も震えなかったし汗も出ていない。呼吸は落ち着いていた。

そのまま後続の各停に乗って一人暮らしの部屋に帰って、コートも脱がずベッドにつっぷしてめちゃめちゃに泣いた。

いなくなった、と思った。

叔父父親もやっと私の中からいなくなった。

あの電車が追い出してくれた。

電車と刀が。



まあなんかそんな話です。

何がきっかけになるか分からない。

自分の中で気持ちに整理がついただけで現実はもう手遅れかもしれない。相変わらず車は苦手だし多分一生弟とも会えないし頼れる家族もいないし明日突然死ぬかもしれない、でもほんの少しでも前を向けたっていう事実があるだけで修復できる傷もある。と思う。

とりあえず刀剣乱舞青春鉄道をずっと推すために生きてたい。そういう話。ありがとうございました。

刀剣乱舞青春鉄道はいいぞ。

2020-12-14

anond:20201214175845

あー心当たりある

俺さ、きったない死にかけの仔猫を拾って目ヤニ取ったりケツ拭いてうんこさせたりするのが好きなんだよ

小綺麗になって人間に心を開いたら貰い手募集して譲渡してまたきったない仔猫拾うっていう一連の猫版プリティウーマン趣味

優しい彼くんと違うのは猫相手なのと人並みになったら嫁に出すこと

でも一匹だけひどいのがいたんだ

目ヤニも鼻詰まりもひどくて、どれだけ獣医の薬を飲ませて手をかけ金をかけ療養しても治らない

鼻が詰まってるから普通の猫以上に口が臭くて、抱き上げるだけで顔周りが臭い

骨格から目の大きさからから何までブッサイク、どれだけ愛情を注いでも固まってシャーとも言わないで固まってる

抱き上げるとは書いたけど動物病院に行く時くらいでアームガードしてなきゃバリバリ血まみれになるぐらい引っ掻く

メスだけど自然淘汰トータって呼んでる、最初は別の名前だったんだけどな

生まれたてで拾って、打てるワクチン全部打って避妊手術も済ませる年まで育てたけど懐かなかった

ああこいつは無理だな、一生うちにいさせるしかいかって思ってたけど、何十回目かの枕ウンコされた日に糸が切れた

トータは愛情不足だからトータには俺しかいないからと一生懸命やってたんだけど、亀裂の入った器に愛情注いで報われないのに疲れたんだ

その日からトータって呼び名にして、折しも仔猫の捨てられるシーズンだったので普通の死にかけの仔猫を引き取った

メンヘラ彼女と違って捨てる訳にもいかいから今までの猫部屋を明け渡して別の部屋を新しい仔猫部屋にした

トイレも覚えて小綺麗に育った新しい猫が育って譲渡が決まった頃、トータを人にやった

同時進行だったけどトータのほうはいつもみたいな譲渡相手吟味はしなかった

とにかく顔も見たくなくなってた

多分お前の彼くんも同じ感じだったろうな

追記

捨て猫シーズンはうちの周りだと5月11月

隠れて飼ってる奴が捨ててるのは知ってるけど生活保護のお婆さんとか一人暮らしの老人ばっかりだから何もしない

11月の猫は育てなくて寒空の下で死ぬ事が多い

2020-09-28

anond:20200928200709

仔猫授乳してる人間思い出したにゃ😺

人間牛乳を競って飲むように猫界では栄養食品の人乳として愛飲しておりますにゃ〜あ😸

2020-06-12

ニュータウン仔猫

何処にでもある郊外ニュータウン運転中、いつもは空いている交差点が少しだけ渋滞していた。

交差点を通過しようとした所、前の車が何かを避けるようにとてもゆっくりした速度でで走っていた。仔猫だった。

手のひらと同じ位の大きさの仔猫は周りの車に驚いているのか動こうとしない、私も同じように徐行して轢かないように通過した。

私の次の車の女性交差点のど真ん中に車を停め、当然のように子猫を抱え車に戻った、その間信号が変わっていたが誰一人交差点に進入することなく待っていたように思う。私はその光景交差点を少し進んだ車のサイドミラーから眺めていた。

ニュータウンに住むのもいいかな。

2020-05-10

不良が仔猫助けるだけでヒーロー

が凄く嫌い。よくあるストーリーね。

普段素行が悪く、周りに迷惑ばかりかけてる不良が雨の日に捨てられた仔猫助けたりして、「素敵」みたいになるやつ。反吐が出るよ。

普段から普通に誰にも迷惑かけず生きてる人たちをバカにしてる。不良なんて日々前科を積み上げてるような人間がほんの少し良いことしただけで、「頑張ってる」なんて思われるのは馬鹿げてる。甘やかすべきじゃないし、頑張ってるかもしれないけど、前科分全て回収しようと思ったらもっと頑張るべきでしょ。全部死ぬほど頑張った結果、普通に暮らしてる人とやっとイーブンだからね。褒められることじゃあない。

2020-03-15

大きめのウサギ仔猫の目の前で母猫を犯す動画

これ全部人間だったらクソ興奮してた

2020-01-18

anond:20200110201945

失恋した青年が、雨のしとしとと降る裏街を一人寂しく歩いていた。道端に棄て猫がずぶぬれになって泣いていた。彼は、この仔猫を抱いてアパートに戻り、ミルクをのませ、あたためた。毎日が猫との会話で始まるようになった。それは、失った恋人になぐさめてもらいたい気持をみたす行為であったが、知らぬまに彼は、仔猫に対して、かつて自分に対してやさしかった恋人の態度をくり返していたのである

2020-01-13

anond:20200113170953

うん。家のベランダ仔猫産んでたママ猫さんなんて

スリムで小さくて、いいもん食べてなかったんだろうなぁ。

翌年は、仔猫ママ猫さんのおおきさ変わんなかったよ。

餌づけして不妊にさして雨の降った日も寒い日も外ですござせるなら

写真撮って、婦人会ででも掲示して飼ってくれる人探してあげたらなぁって

ちょっと思う。きっとやさしい人いると思うんだよね。

台風の時、そとで鳴き声が聞こえてて、

ねこ鳴いてる。小さな箱でいいから雨風凌げるなにかないのかなーと。

うちでもし箱とか用意して、裏庭にでも入れたら、ずっとテリトリーになりそうだし

餌やってる人には、ちょっかい出してって思われそう。

「雨降ってる日だけね」って言葉が判るならなんとかするんだけどと

思いながら、そのまま夜が明けたことがあった。

可愛い三毛ちゃん最近見ない。

anond:20200113163626

うちの近所で生まれ仔猫ちゃんたちは、カラスにつつかれて

ハゲつくってたよ。つつかれてけがをする、細くて弱いコたち。

三毛の子は、背中がひどく赤黒かったことがある。

餌やりのおばちゃんは、三毛や雌ばっかり手術して、オスはしない。

オスは夜に喧嘩ばっかりしてる。三毛はいなくなってしまった、死んだんだと思う。

手入れしてない庭の🐛虫や、野鳥のほうがのびのび元気。

人間の都合でそうおもわれているだけなんだろうけどね。

ねこびょういん

譲渡からワクチン接種証明書の日付からひと月が経過したため、近所の病院に2回目のワクチン接種に行ってきた。

年が変わる前に一度病院電話をし、2匹にワクチンをお願いしたい旨と健康診断をしたい旨を伝えておいた。

その際、検便をするので便を持ってきて欲しいと言われていた。

このため7時に朝食をとってもらい、おふたりトイレに行くのを待つ。

いつもほぼ同じタイミングで順番にトイレに行くので、兄上分か弟ぎみ分か目が離せないのだ。

10時頃に無事に採取完了リュックキャリーバックにごきょうだいをご案内する。

病院まで初めてのドライブを楽しむおふたりである

病院につき必要事項を用紙に記入しながら診察を待つ。

ふたりでいる為か特に騒がれる様子もない。

診察室に通されて順番に診察を受ける際も落ち着いたものである

診断の結果は良好、検便の結果も問題なしのため、そのままワクチンを接種してもらう。

他の人の体験談で大あばれする様子などをよく読むので少々不安だったが、大人しく対応されている。

知らない人だらけなのに、えらいものである

自分が生後3〜4ヶ月の頃とは比べものにならない。

その後は先生から、3人で仔猫との暮らし方の簡単レクチャーを受け診察終了。

来月の去勢手術の予約をし、初めての通院は無事終わったのであった。

お疲れさま、ごきょうだい

2019-12-15

仔猫

二度揚げして

レモンを絞ったら、

あたままでカリッと食べられそうなぐらい

華奢である

塩だけでも美味しそう。

食べないけどね。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん