「カルフ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: カルフとは

2019-12-06

anond:20191205221053

ひいおじいちゃん、もし令和にも健在だったらラディカルフミニストとして上席に招かれているかもね。

2019-11-29

anond:20191129003556

信頼は誰が信頼するかにもよって変わる相対的ものだよね

あえて言うならシュナムルさんよりはマルクスさんが、ラディカルフミニズムよりはリベラルフェミニズム寄りかな

増田さんがラディカルフミニズム寄りの立場なら、シュナムルさんの信頼度が高いかもね

2019-11-21

[]2019年11月20日水曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
001661646299.230
01738874121.641
02299405324.356
03182834157.436.5
04153186212.476
05654891.374.5
06212769131.955
07132851219.330
0862484978.249
09104774774.536
101491288886.550
112201592872.436.5
122151461868.033
131271083685.341
141591009363.533
151431183782.833
16160771548.225.5
172001881994.137
1817927410153.134
191481028569.534
201571192976.029
212011072853.424
221331172988.228
231351100781.538
1日283324534786.634

本日の急増単語 ()内の数字単語が含まれ記事

旅客(8), 遠近法(4), カール・マルクス(3), ベルマーク(5), Ohsaworks(3), ソロキャンプ(3), ラブドール(10), 優実(4), 護憲派(3), オーフェン(5), ラディカルフミニスト(4), 桜を見る会(12), 鉄道会社(10), キャンプ(8), ダウン(8), 病人(8), 懲役(8), 陰謀論(8), 車両(23), ラブコメ(6), 功績(6), 低能先生(19), 女性専用車両(30), 社会通念(7), 異様(7), 塾(8), 外交(7), マクドナルド(6), 独り言(6), 貼ら(7), AI(17), フェミニズム(16), メモ(10), 対策(25), 息子(18), パソコン(14), 野党(19)

頻出トラックバック先 ()内の数字は被トラックバック件数

もしかしてみんな人生つらくないの? /20191120143025(15), ■anond20191117205429 /20191117212157(13), ■ラブコメコンプレックスを刺激されてつらい /20191120124825(13), ■女性専用車両 /20191120003144(13), ■若者パソコン離れはガチ /20191120102005(13), ■男か処女かブスが描いたの? /20191120100610(11), ■PTAのせいで仕事クビになるから金銭補償して! /20191120220832(10), ■16歳年上のおじさんを好きになった /20191120120449(10), ■電車で聞いた嫌な話 /20191120124108(10), ■増田専用車両 /20191120131541(10), ■おじさんはね、 /20191120153003(10), ■続・双子堕胎して1人にして欲しいのだが /20191120131259(9), ■女って本当にオナニーするの? /20191120000627(9), ■オタクがカッコつけてやるめちゃくちゃキモい行為選手権 /20191120141258(8), ■昔は陰謀論なんか口にしたら基地外扱いだった /20191120141305(8), ■いまさらキャッシュレス決済とか時代遅れ /20191119183122(8), ■実家が小さな個人塾なんだけど、なんで塾って悪者にされがちなんだろ /20191119121502(8), ■無職のうちにできること /20191120210035(7), ■最近勢いのあるフェミニストが /20191120075016(6), ■【要約】これからフェミニズムについて考える白熱討論会① /20191120183622(6), ■炎上したことがある人に気持ちの切り替え方を聞きたい /20191120204326(6), ■「倒れてる間は無敵」って何だよ /20191120171645(6)

増田合計ブックマーク数 ()内の数字は1日の増減

6798123(-1767)

2019-11-20

anond:20191120173712

沈黙は賛成だよ

しろ自分自己が主張する理論矛盾が出るようなことは出来ないから、全てを焼き尽くすようなラディカルフミニストの暴走は歓迎してるんじゃねーの?

anond:20191120172810

ラディカルフミニストの主張を一切妨げてないということはそれ即ちフェミニストの総意としてとられても仕方ないな

オタクはラディカルフミニストに口出ししてはいけない

オタクはラディカルフミニストによる創作物に対しての批判ブログに噛み付いてはいけない。

なぜなら広めてしまうから話題にしてしまうことによって企業側が萎縮してしまうから

人間社会では論理統計感情陰謀論に勝てない。

正義や正解は誰にだってからない。

からこそ論破しようと噛み付いて拡散するのではなく、

公式フォローして、ファンアートいいねリツイートをして、

ジャガーマンシリーズのように「ここすき」を繰り返して、

伊藤ライフ先生のように「がんばれ がんばれ」と応援していくのが唯一の解決策だ。

青識はすげえよ。

これフェミ、先約があって行けなかった。すごく行きたかたから、チケットを買おうとすらできないのが悔しかった。期待してたのは、双方手を知り尽くした結果しょっぱくなった柔道試合みたいな、場外と待てがよくはいって引き分けになるようなのだった。どうせ平行線で終わるとは思ってた。

でも終わったあとの展開をTogetterで見て、私は絶望した。

先週まで私はリベラルフェミニストに共感していてラディカルフミニストに反感を持っていた。そのつもりだった。でも今は違う。全然違う。

女に公民権与えるの、1000年早かったんじゃないかな。

家の、一族の、貴重な財産ぐらいの扱い、それぐらいがちょうどいいんじゃないかな。

難しいことは何も考えないでマッチョなパパにグランパに、大事大事門外不出にされるのが女にとって最高の幸福なのでは?

いったん部族社会まで世界を巻き戻すべきなんじゃないのかな?

青識はすげえよ。まだ対話可能性にかけてる。

私はダメだ。もう元手をすっちゃった。絶望だ。若い女が私の70過ぎの母とほぼ同じムーブをしてる。50年何の進歩もなく言葉の表面だけ変わっているだけなんだ。女はいったん、箱に詰めた宝石、袋にパンパンに詰めた綿菓子、そういうモノに戻すしかないんだ。私の人生は全て間違っていたんだ。

青識はすげえよ。あんたは強いよ。私はもうダメだ。

2019-11-18

anond:20191118140307

ツイッターでよく暴れてる自称フェミニスト連中は、「フェミニスト」でも無く、「ラディカルフミニスト」でも無い、もっと先鋭化した“何か”なんだけども。

そういう連中が左派ですリベラルですって顔をしつつ、同時に一方でそれと相反する「常識」とか「倫理」とか「TPO」とかいった保守の力を振るってるという話。フレイザードみたいなもん。すっごい根本的な所で矛盾を受け入れてるから、それ以外は全て無敵なの。フレイザードで言えばコア。

じゃあそいつらが実は保守論者なのかというと、それも違ってて、「批判に対して屁理屈を捏ねて回避する、というのを繰り返して方々を点点としている内に、現時点では偶然『その地点』にいる」というだけ。もうちょっとしたら別の場所にいるよ。一人一派かいうのもまさにそれだし。

流行と言い変えてもいい。例えば最近トレンドは「『オタク現実空想区別が付かない』って言っておけば自説を立証できた事になる」ってのがある。まあそれを誰かが発明したのだろうけど、でその他の有象無象も「そうらしいので、自分もそう言っておこう」程度。

別に似非フェミ連中に限らず、反対側のオタク連中もまあまあ似た様な所はある。表現の自由標榜しながら自民支持とかまさにそれだし。要するに似たもの同士が同じ次元で殴り合いしてるだけだよ。

2019-11-12

anond:20191112203510

フェミニズムです」とか言いながら、言ってる事がバリバリ保守昭和野郎みたいなの無数にいるよね。

そういう倒錯した連中だけに絞って呼ぶ言葉が欲しくなるくらい多い。ラジカルフェミともちょっと違う(更に邪悪

ネトフェミ」でも良いけど、手垢というか、「アンチフェミイナゴどもが雑に罵倒してるだけ」感も付いちゃってるしなあ。

anond:20191112112951

このさえぼう氏の主張もだが、フェミニスト関連の話題では、

「本当にそれ言っていいの? その理論だとありとあらゆる表現死ぬよ?

 分かってんの? そういう主張をしているという覚悟は有るの?」

と思うことは多いし、こういう問いに答えている人は殆ど見ない。

「当然、全て死ぬべきだ」と答えるラジカルフミニストの方が余程真っ当だとすら思う。

2019-11-07

anond:20191107133806

ラディカルフミニストもたぶん大半が自分は「厄介な方」って自覚あると思うので、わざわざ「私は厄介です」って名乗ったりしないだろうね。おれ前もそういう話をしたことあるけど、「分断しようとするな」って怒られたわ。

フェミニスト主語フェミニストじゃなく「女性」とかにするのも同じ事だと思う。

人数は力だから、わざわざ自分から少数化するメリットが無い。戦略としては分かる。ただ単純に卑劣だなとも思うけど。

anond:20191107132329

一人一派から色んな意見があっていいじゃん。

まあそれで、明らかにフェミニズム思想から逸脱したヤツが、自分発言権威を持たせるためだけにフェミニズム詐称してる。それを多くのフェミニストも許容してしまっている。「色んな意見がある」という段階は既に超えてしまっているよ。

個人的にはラディカルフミニズム(女の自由をあるていど奪う思想)の時点でアウトだと思うけど、そこからもっと先鋭化したネトフェミ連中が無数にいるからな。そういうのに限ってまた声もデカいし、ハッキリ言い切るからイナゴにウケてバズるしな。

規制要求する時には女性の声として一本化しなきゃ説得力を欠くから、どこかのタイミングで調整はしなきゃいけないだろうけど。

うそう。それで未調整のままブッ込んで馬鹿にされてってのを何回か繰り返した結果が現状なんだよね。

anond:20191107131138

リベラルフェミニズム風俗店勤務を含めた女の自由肯定する。

ラディカルフミニズムは「男に媚び諂う女」を否定するので、文脈次第(※)で風俗嬢否定するよ。

実際、グラビアアイドルとかレースクイーン否定されて来てるし。

※)それで男を叩けそうな流れだったら否定したり肯定したり自由自在

忍者(女)はなぜエロ扱い

スマブラに参戦できなかった不知火舞、あれは既にあの時代にくノ一が性的アイコンだったから悪い

今、対魔忍やらカグラやらエロくノ一が有名になってるけど、もうはるかからその傾向はあった

源流はがんばれゴエモンタエちゃんじゃないかな。まあだいたいボンボンが悪いってことにしときゃいいんだろう。ジャンプより意見割れない

それよりはるかから忍者エロ担当だったんだけどな。これは皆さんご存知のとおりWizardryが悪い

 

つっても裸忍者なんて実際役に立たないだろ?って言われたらそのとおり

地下10階をうろつく頃にはプレート+2だの兜+1だの見つけてる頃だろうから防具フル装備してAC-8、つまりLv58まで上げてやっと同程度だ

そんなレベルまで上げる気しないだろただでさえ成長しづらい忍者

 

からといって忍者自体無能なわけじゃない。何もしない盗賊後衛にぶら下げとくぐらいなら早々に忍者にしたほうが得だ

どうせ解除率はシーフとさして代わりはしないんだし。罠鑑定率だけ下がるけどな

でも鑑定率はカルフォが一番安定してる。パーティー全体で3人くらい僧侶魔法使えるようなら

カルフォと罠鑑定を併用しときゃまず間違いはないのよ。むしろ盗賊がいらない

 

というわけで理想パーティーはこうなる

戦戦盗僧僧魔 盗賊以外全員善のパーティー

ブルーリボン手に入れて9Fに潜れるようになるまでどうせ大した宝物は手に入らないんだから司教はいらない

魔法使いが9Lvマカニトを覚え、モンスター配備センターを倒せるようになったあたりで僧侶の一人を司教転職

Lvの装備品が手に入るとだんだん僧侶盗賊戦闘能力が離れていくのでもうひとりの僧侶前衛に出すことになる

で、10Fでウィルオーウィスプばっかり狩ってLv13あたりになると全呪文覚えるので

僧侶→侍

魔法使い→君主

転職だ。君主パラメータが足りなかったらハマンマロールで強制的Lvup繰り返してもいいけど、

まあこれを許容するかはプレイスタイルによる。若干バグ臭い

ここまで転職を行えばもう善である必要は何一つないので、転職直後のLv上げも兼ねて悪になるまでマーフィーを殺そう

あと、前衛職がダブつくころなので戦士の一人を僧侶にでも転職させる

戦君侍盗僧司

これで再前衛戦士パラメーターを満たして忍者になれるようなら、晴れて盗賊魔法使いにでも転職させて終了

君侍忍僧司魔

カルフォつかえるのは君主僧侶→侍、僧侶司教の4人。十分だ

 

異論は認める

いや一人一派って裾野広げすぎだろ。

せめて「ラディカルフミニズムはこう言ってて、リベラルフェミニズムはこう言ってて、マルクス主義フェミニズムはこう言ってて、そのほかの派閥はこういうのもあって、それに対して自分はこう思う。」とかならまだわかるけど、そういうの何も知らんでとにかく女性に都合のいいこと言ったらフェミニズム、みたいのそろそろやめたらいいと思う…

2019-11-06

anond:20191106011552

女が男に頼るんじゃなくて、弱者強者を頼ることはいいんじゃない?

その結果として、家庭という小さなコミュニティ内で男尊女卑精神から割り振られたのと同じような役割分担になったとしても、それは需要供給関係から差別ではない。お互い納得の上でやっているのだから

問題は、そういう利得を享受した上でなおかつ、女性差別だとして男性に過度な家事育児の分担を主張したりすることであって。そりゃ無理だ。

あとまあそれとは逆に家事育児労働一般の賃労働比較してみて、家庭内でも搾取が行われていないかい?っていうようなことはマルクス主義フェミニズムでやるんだっけ?

まあそれは別の議論に任せるとして。

まあとにかくフェミニズム女性生き方に対して、男性に頼って生きるその限りではなく、自立して生きることも否定してはならないっていうことを言えばいいんじゃない

オメーらも全員キリキリ働け!みたいなこと突然言い出すとそれはそれで混乱するしまたそれで負担がかかるのは女性とか弱者じゃん?

できれば男女ともに仕事家事育児バランスを保っていける方がいいとは思うから、追い追いそういう風にはなっていくんだろうけどって今気づいたけどあれか、ラディカルフミニズムとリベラルフェミニズムってこういうことかな…?

2019-11-04

anond:20191104135852

「『女性差別社会構造に対する戦い』という認識を持っているが、そもそもその論法おかしい」とか「その認識オタクにはないから会話になっていない」というのが主張だと思うんだけど。なら、議論すべきは「社会構造が間違っているのか」、「社会構造の変更方法として、ポスター批判適当なのか」、「ポスター批判の論拠は適当なのか」などであって、なぜ「社会構築主義が妥当な論なのか」の問題が出たのかわからないんだけど。

いや件の棘は明らかに社会構築主義はおかしい.それに依拠したポスター叩きもおかしい」という論調じゃない……? ブコメコメ欄社会構築主義の是非で話が埋まってない……?

冒頭からいきなり「ラディフェミ(≒社会構築主義)」ってくくってる時点で「社会構築主義を取り入れている社会学や歴史学人類学はラディカルフミニズムだったのか……?」ってなるやん?

そう思ってるなら、「社会構築主義にまで話を広げる奴が居るが、社会構築主義の是非はお前らが思う以上に複雑だし、ポスターの話とは関係いから近づくな」という話と「ポスター批判の論拠が弱すぎる」という話は分けて語らないと、「社会構築主義の前提が間違っているので、ポスター批判は不当」みたいな、関係の無い論をつなげる議論が出てくることは想像できるよね。

関係のない論というか,前提がそういう論だったわけで……

お前らは全員フェミニズム理解していない

献血ポスターの件でまたあちこち燃えているけれど、フェミニズムについて両陣営がよく理解していないまま戦争しているなあ、と考えていたらふと学生時代に書いたレポートを思い出したので供養しようかと思う。

これは「ポルノグラフィ法規制」に対してのフェミニズム観点テーマであって今回の件とは必ずしも直接は関与しないが色々なところが補助線として使えるのではないかと思うのでもし議論の整理に何らか役立てば。

字数が切れていたので分割。

anond:20191104142158

以下本文

----------

1. 問題設定

レポートでは、ポルノグラフィとその法規制について、いくつかの観点から検討する。ポルノグラフィは、フェミニズム運動の中でリプロダクティヴ・ライツやセクシュアル・ハラスメントなどと並んで一定地位を占めてきた。一方で、その規制は、日本国憲法21条や米国憲法修正1条にいう表現の自由と正面から激突するものでもある。本レポートにおいては、日本国憲法の射程に限定しつつ、これらがいかに衝突するものであり、どう分析されるべきかを簡単に整理することを目標とする。

2. ポルノグラフィ定義

最初検討されるべきは、規制対象たりうるポルノグラフィいかなるもの定義されるかということである。もちろん、いかなる性的描写ポルノグラフィであって規制対象たりうる、という立場自体不可能ではない。しかし、表現の自由が強く保障されることを前提としたときに、容易には首肯しがたい立場であるということは言うまでもない。表現の自由への制約は可能な限り小さくなくてはならないというのが前提であるとすれば、規制対象となるべきポルノグラフィもそれ自体また狭く定義される必要があるであろう。

まず、一般的ポルノグラフィ定義について俯瞰する。いわゆる四畳半襖の下張事件において、「わいせつ性の判断に当たっては、文書全体としてみたとき、読者の好色的興味に訴えるものであるかどうか否かなどの諸点を検討することが必要で、これらの事情総合し、その時代健全社会通念に照らして、チャタレー事件で示したわいせつ要件に該当するといえるかどうか判断すべきである」という判断がなされており、わいせつ要件(通常人羞恥心を害すること、性欲の興奮、刺激を来すこと、善良な性的道義観念に反すること)をベースとしたうえで、社会通念に照らして文書等のわいせつ性が判断されるという判例を構築している。

判例立場は、わいせつ性が前面に出ているのか否かという観点を取り入れることによって性的対象を扱った作品であっても、芸術的価値の高さなどに応じてわいせつ物該当性を認めないという形で一定の制約を設定しているといえる。ここには、表現の自由との緊張が見て取れる。つまり本来性的表現であっても、直接他者危害を与えるものでない限り、国家によって自由を制約されるべきではない。しかし、わいせつ該当性があるならば、例外的規制することが許されるとしていわゆる定義づけ衡量を行ってわいせつ図画を規制しているものであるといえる。

一方で、Andrea DworkinやCatherine McKinnonはポルノグラフィいか定義たか。それは、実際に彼女たちが起草した反ポルノグラフィ条例に見て取れると考えられる。ミネアポリス市の反ポルノ条例第三条 は、「ポルノグラフィとは、図画または文書を問わず写実的描写され、性的にあからさまな形で女性従属させるものであり、かつ次の各事項の一つまたはそれ以上を含むものを言う。(1) 女性人間性を奪われた形で、性的な客体、もの、または商品として提示されている、(2) 女性苦痛や辱めを快楽とする政敵対象物として提示されている、(3) 女性レイプされることに性的快感を覚える性的対象物として提示されている、(4) 女性性が縛られ、切りつけられ、損傷を加えられ、殴られ、または身体を傷つけられた性的対象物として提示されている、(5) 女性性的服従姿勢提示されている、(6) 女性が、その身体の部位……に還元されるような形で示されている、(7) 女性が生まれつきの娼婦として提示されている、(8) 女性がモノや動物によって挿入された状態提示されている、(9) 女性が、貶められたり、傷つけられた李、拷問されたりする筋書きにおいて、汚らわしいものないし劣等なものとして、または出血したり、殴られたたり、傷つけられたりして描かれ、かつそれらの状態性的ものとする文脈の中で提示されている」と詳細に定義している。最高裁判例の打ち立てた上記基準と比べるとこれは、はるかに明快である

ところでこの二つの定義には、その明確性を超えて、根底的な部分でのポルノ観の相違が明々白々と見て取れる。これは、ポルノ規制日本において考える際にも重大な差異であると考える。

最高裁におけるわいせつ概念定義は、三要件を用いたその定義から明らかに社会的性道徳、善良な性風俗といったもの保護対象としている。つまり、過度に扇情的ポルノ作品市場に氾濫することで、社会を成り立たせている道徳基盤が破壊されることを防ごうという目的である。いわゆるチャタレイ事件控訴審における判決理由中の「かゝる文書猥褻文書として排除せられるのは、これによつて人の性慾を刺戟し、興奮せしめ、理性による性衝動制御否定又は動揺せしめて、社会的共同生活を混乱に陥れ、延いては人類の滅亡を招来するに至る危険があるからである」という文章は、まさにこの懸念わいせつ文書規制するべき理由であるということが念頭に置かれているものであると考えられる。

ミネアポリス市かいくつかの都市で起草された条例は、こうした目的のもとにポルノグラフィ規制しているのではない。それは、McKinnonらの論文や、また、条文そのものから明白である。ここで、ポルノグラフィはまさしく「女性差別」そのものとして認識されている。

ポルノグラフィは、女性を隷属させ、性的対象化objectificationするものである、とラディカルフミニストたちは考える。つまり、「ドウォーキンはいう。『女性従属においては、不平等のものがセクシュアルなものにされる』。マッキノンも次のように述べている。『ポルノグラフィーは女性の不平等をセクシュアルなものにする。それは女性の不平等セクシーものに仕立て上げる。それは、言葉の最も広い意味で、支配服従をセクシュアルなものにする』」 。

ここで、ポルノグラフィに対する定義が、二方向のアプローチを有しうることが示されている。つまりポルノが消費されたときに、社会倫理的道徳的にどのような影響を受けるかという観点と、道徳観点を一切取ることなく、ポルノの中で女性がどのように扱われているか、またポルノを消費する男性女性に対してそれを再演することでどのような危害が生じるか、という観点である

Millの提示した危害原理を素直に適用する限り、後者観点の方が規制根拠としては明らかに優れている。前者において、明白な危害存在していない。先に引用した人類滅亡論などは、まさしく論理の飛躍であろう。一方で、後者アプローチをとるならば、それが証明される限り、実際の危害が生じていると言える。これは、いか表現の自由価値絶対視し保護するとしても、しかしそれを規制する十分に強力な根拠たりえる。次章では、ここで主張される危害について検討する。

3. ポルノグラフィ危害

ポルノグラフィが「危害」を有するものであるならば、それは表現の自由を主張してもなお規制に当たることは言うまでもない。表現の自由に対して強く保護を与えることを主張したアメリカのOliver Wendell Holmes Jr.判事であっても、満員の劇場で「火事だ!」という嘘を叫ぶことをいかなる表現の自由保護しないと明言している 。また、実際にポルノグラフィ一般的危害を生ぜしめないとしても、上記の条文を見るに、発生しうる危害から逆算的にポルノグラフィ定義されており、これは限定列挙であると考えるべきであろう。

もっとも、注意しなくてはならないのは、ここで挙げられたものは、危害を「創作」したものまで範疇に含まれることである。つまり女性傷害を受けるという「現実」の存否にかかわらず、そうした創作は、ポルノグラフィとして定義される。そうした映像が、現実における傷害と必ずしも一致しないことは、あらゆる劇作の前提である 。そして、実際に生じた傷害については、こうした条例法律にかかわらず民事上、刑事上の責任を負わしめることが可能である

危害がどの広さで認識されるべきかということについては、確定的な見解はいまだ存在しないものと考える。元来はMillのいう危害原理、すなわち身体的な危害を指していたものであるが、現代的にはこれを精神的(に深刻)な不快の限度にまで拡大した不快原理offense principleと言われるものまで提唱されている 。もっとも、身体的な危害については明確で客観的基準の定立が可能である一方で、主観的不快およびその深刻性については、客観的判断が困難であり、現行の法システムに馴染むのかという点で深い疑義がある。

ラディカル・フェミニズムの主張する「危害」がそうしたグラデーションの中でどこに位置するものであるかは、詳細な分析必要とする。McKinnonの言明する危害は、ポルノグラフィはそれ自体性差別であり、それによって女性従属化されるということである。そして、そのポルノグラフィ撮影において、また、ポルノグラフィが再演されることによって、女性は「縛られ、殴られ、拷問され、貶められ、時には殺される場合さえある。あるいは、単に犯され、使用されている。視角ポルノに映し出されているあらゆる行為のために、女たちは実際に、縛られ、切りつけられ、焼かれ、猿ぐつわをはめられ、鞭うたれ、鎖でつながれ、肉吊り棒や木からロープで吊り下げられ、あるいは、……放尿させられ、排泄物を食べさせられ、ウナギネズミナイフピストルで貫かれ、喉の奥までペニスで侵され、血や泥や糞便や精液で汚される。……ちなみに、膣にペニスが挿入されるという意味での性交は、そこでは副次的テーマに過ぎない」 。すなわち、ポルノグラフィは、男性女性に対する性欲そのものが充足されるためのものではなく(それは副次的テーマに過ぎない)、もっぱら女性に対して暴行を加え、二級市民化することによって従属せしめることが目的とされ、そのためのプロパガンダとして成立しているものであるとされる。「ポルノグラフィ女性憎悪純粋蒸留物であり、女性経験の中でレイプ女性殴打、近親姦強制売春と結びついている。そのことを考えるなら、ポルノグラフィ擁護して発言する自称フェミニストがいったいいかなる道徳的・政治的原則にもとづいているのか、とうてい理解することができない」 と彼女は断言する。

実際にこれらが物理危害として発生しているのならば、それは全く看過することのできない危害のものであり、規制はされてしかるべきものであるしかし、これらは実際の刑法典、民法典の規定によって補足可能ではないか? という疑問が生じてくる。McKinnonはこれに対して、現実にそうした摘発がなされていないことをもって実質的に法は存在せず、それゆえ国家及び社会ポルノグラフィ公認していると見做される旨主張する。

McKinnonの熱烈なポルノ批判に対し、Drucilla Cornellはポストモダンフェミズムの立場のもと、一定距離を置く。「私たちは、ポルノグラフィ生産に対してとられるべき法的行為措置を、ポルノグラフィの配給に特化してとられるべき行為措置から区別すべきである。私は、この区別が、ポルノワーカーを含めた女性たちが、人格となるプロジェクトを引き受けるのに十分なだけ自己を固体化していく、というフェミニスト目的根本的に寄与すると主張する。この産業女性たちを連帯に値しない不幸な犠牲者として扱うことは、彼女たちの基本的尊重を拒絶することである」 という言葉は、ポルノワーカー女性について、「ポルノグラフィに出演している女性の多くは、子どもとき性的虐待の被害者であった。……自宅から性的虐待を逃れて都会に出てきた子どもたちは、そこでヒモに拾われ、レイプされ、殴られ、麻薬づけにされ、売春ポルノグラフィ従事させられるのであるポルノグラフィに出演している女性の多くは貧しく、たいてい教育を満足に受けていない。ポルノグラフィ存在している社会は、女性経済的に不利な立場に置かれている社会である」 と記述するMcKinnonらを批判対象としている。Cornellはさらに、「私は二つの特殊フェミニスト的な理由からポルノグラフィ規制法律に過度に頼りすぎることに対して懐疑的である第一に、反差別法の基礎としてステレオタイプ女性性を強化すべきではない。言い換えると、キャサリン・マッキノン仕事のように、女性を「ファックされる者 fuckee」か犠牲者に切り詰めたうえで、そのような存在としての女性に対する保護要求するような、文化的コード化された女性性を促進するような法はいらない。そういうわけで私は、マッキノンやアンドレア・ドゥウォーキンのそれのような、ポルノ規制の適切な法的手段としての市民権条例案を拒否する」 と言う。

2019-10-20

anond:20191020231217

いや、理屈がばがばじゃないんだって

ネットのラディカルフミニストはかなり前からそう言ってる。


「誰が見るのか」ってことが問題だって

正直もうこりゃあすり合わせや妥協はかなり難しいことになってきた。

完全に衝突してるよね。

2019-10-19

リベラルフェミニズムとラディカルフミニズムで、目標がまあまあ逆向いてるのに、未だに「フェミニズム」で一つに括られてしまってる。

ほんとにここだけでもきちんとしたら話がしっかり進むと思うんだけどなあ。

anond:20191019102159

ラディカルフミニストって「男らしさ」大好きだよね。だったらラディフェミ女もちょっとは「女らしさ」を身に付ければいいのに。

ラディフェミ男も、シュナムルなんかもまさにそうで、「騎士たるものはかく在らねば」みたいな温度男性役割を語る。

そう言ってる自分らは、自分が男らしく振る舞えてるつもりなのだろうけど、客観的にはむしろ「女が腐った様なやつ」なんだけどな。

2019-09-20

今日も女は毒親叩き

フェミ風俗嬢自称毒親持ちが多いの昔からだったんですね

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん