「論理展開」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 論理展開とは

2019-07-13

放射脳だった僕が、放射能のこと勉強した結果|TK工房@TKTKfactory|note

結論から言うと、これは「福島安全管理」という結論ありきのニセ科学である。なお、普段から科学科学と唱えている皆様にはおわかりだろうが「福島安全」の否定は「福島危険」ではないので注意されたい。

ストロンチウムに関して

セシウムストロンチウムはそれぞれアルカリ金属アルカリ土類金属であり、化学的、生物的動態がまったく異なる。しかしながら、農産物に関してセシウムからストロンチウム量を見積もる際、これは考慮されておらず、不適切である。(そもそも考慮して見積もりを行うための理論があるのかという問題はあるが)

以下に放射性炭素カリウムの話もあるが、こちらも骨に特異に蓄積するストロンチウムと全身にまんべんなくたまる炭素カリウムの話を比べるのは適切でない。

そもそもが、最初は「米は全量検査しているからより安全」というロジックであったのに、いつの間にか「見積もれるから(少なくともある程度の統計学的確率で)安全」というロジックにすり替わっていることも問題である。まさに「こいつ100万で壺買うタイプ」が騙されやすそうな論理展開である

甲状腺がん

まず、「被曝した場合にできた甲状腺がん」と「なにもなかった場合甲状腺がん(例えば韓国スクリーニング検査)」を比べるのは適切でない。前提が異なるからだ。例えば外的要因により短いタイムスパンで成長したがんが存在する可能性がある。それでも検査は症状が出てからでよいかどうかというのは韓国の事案などとは別に議論されるべき問題である

次に「そもそも被曝の程度からして甲状腺がんの発生には影響しないことは過去疫学研究でわかってる」とのことであるが、この手の検査で期待されるのは(少なくとも検査を受ける側が期待するのは)「対象の95%に影響がなかった」ということではなく、「全員に影響がなかった」かどうかを確かめることである。例えば福島人口から考えて4sigma - 5sigmaの統計必要だろうが、この確率で低線量被爆に関してものを言っている文献は発見できなかった。存在するならばぜひ教えてほしい。もっとも、じゃあ99.994%大丈夫ですよと言われて全員が納得するかというのはさらに別の問題ではある。

2019-06-25

anond:20190624174857

次々と出てくる資料如実に示す女の上昇婚の傾向を何とか男の所為にするべくフェミから繰り出されるアクロバティックな論理展開はあれどう見てもギャグだよね

2019-06-23

anond:20190623001408

そうでもないでしょ。「男性社会価値観侵食された名誉男性」ってのはラディフェミにおいて標準的論理展開だよ。

美人コンテストに出場する女性男性社会価値観被害者です、っていう論理転用だ。

2019-06-22

ハーフの子を産みたい方に」呉服店ポスター炎上、本当の問題点とは

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190622-00010005-bfj-soci

これまで80人近くヒアリングを続けてきている下地さんは、「ハーフの子どもがほしい」という言葉に傷ついている人たちの声を、多く聞いてきたという。

ヒアリングをした中でも、女性女性の会話の中で発話されることが多いことが気になっていました。今回のコピーライター女性の方ですよね」

女性に対する社会から眼差し、つまり外見の良さばかりが求められてしまっていることに対する感情が屈折した形で『ハーフの子がほしい』という表現に現れてしまっているようにも感じます女性への眼差しや性、暴力などのイメージとも結びついている。そしてなにより、かれらを深く傷つけるものなのです」

ハーフの子を欲しがる主体女性であっても、男性ならともかく女性を正面から批判することは難しい。

そこで、外見の良さを求められている女性もまた社会から被害者として位置づけることで、ハーフの子を欲しがる女性政治的正しさ観点から批判対象とされることを上手く回避している。

この論理展開には見習うべき点が多い。

2019-06-19

anond:20190619220147

やるからには徹底的にやれ、論理展開に隙を見せるな、ここに書いてあることだけだと根拠が弱い

2019-05-20

anond:20190520083447

そういう論理展開する人達は悪い意味で単純だと思うけど、まあそれはそれとして、

都合が悪くなったから前提を崩そうとしてるのではなくて、最初から前提を崩そうと考えてる別の人たちじゃね、と

anond:20190520081523

問題にしているのはその別勢力側、

今の人が不便にならないなら認めてもいいじゃないという論理展開をする人で

「それを認めたら他にも影響が出るよ、ちゃん同性婚のみに有効論理を固めよう」

という議論をしている

今のところ元増田も「それは無理なので今の制度に影響がでない新制度を作ろう」

という方向に倒れている

2019-04-11

anond:20190411134002

また自分用語つくってクソミソにごたまぜ論理展開してるのか・・(なお横)

2019-04-08

増田はいい加減弱者カースト原理を覚えなさい

anond:20190408171350

差別マイノリティが標的の場合しか成り立たない

http://b.hatena.ne.jp/entry/b.hatena.ne.jp/entry/4666961341665668706/comment/senbuu

マジキチすぎる

何がAnti-Hateだよお前がヘイトまみれじゃねえか

差別マイノリティが標的の場合しか成り立たないよ。男女だと女性マイノリティ。だから男性お断り」でも男性差別にはならない。ただし気を付けたいのは体は男性、心は女性という例。このような方は女性から


差別が絡む社会問題に関心を示す増田も多いが、その割にいまだこのような誤解がはびこっている。

そのせいで無用な衝突が生じている。

増田たちはそろそろこのような社会問題を論評する時、「弱者カースト」の原理理解した上で発言してもらいたい。

理解といってもこの原理を実際に適用すること自体には必ずしも賛成する必要はない。

増田自身意見は賛成でも反対でも保留でも構わないから、原理に従うとどのような論理構造になるか知っておく必要がある。

実際ダブルスタンダードだ、極論だと叩かれることも多いsenbuu氏のコメントだが、弱者カースト原理を知っておけば氏の論理展開が驚くほど簡明かつ一貫していることが分かる。

弱者カーストとは要するに、社会的弱者としての弱さの度合いが高ければ高いほど優先的に厚い配慮対象と見なされる序列のことだ。

言うまでもなくインドの元々のカースト制度とは逆向きで、弱者が優先される原理だ。

社会運動の救済対象を選ぶ基準として用いられることが多く、社会的トリアージと呼ぶこともできるだろう。

序列知識大学教員社会運動家らの間で広く共有されており、政治的正しさ(ポリティカルコレクトネス)、文化の盗用、権力勾配、非対称性など増田でおなじみの概念もこの序列に従って運用されている。

弱者カーストの中では性別(ジェンダー)、性的指向(セクシュアリティ)、国籍民族(エスニシティ)、人種、障がい、出身地などの社会的カテゴリーによって細かい序列が設定されている。

より弱いカテゴリーの人々を優先して配慮しなければならない。

マイノリティカースト」ではなく弱者カーストと呼ぶことが適切だ。

弱いことと人数の多さは必ずしも一致せず、中には特権的マイノリティ、あるいは多数派弱者といったカテゴリー存在するからだ。

マイノリティではなく弱者としてとらえることで、多数派形成する女性中国人の弱さを考慮し、特権を持つ移民国家白人の優先度を下げることが可能になる。

カーストの上位の者に対し、下位の者がネガティブ言動を及ぼした時にそれは「差別」と見なされる。

逆に上位の者が下位の者に及ぼした場合には「差別」とは見なされず、「対抗」「抵抗」などの認定を受ける。

まり同じ言動であっても、それが「差別」なのか「対抗」なのかは主体と客体がそれぞれ弱者カーストの中で占める位置によって規定される。

ここで注意しなければならないことは、社会における大半の人々は最上位でも最下位でもなく、中間的なカースト位置づけられることだ。

自分より弱者カーストの下位の人間に対しては大抵の言動が許容されるが、上位の人間からは何をされても耐えなければいけない。

同じ人間でもある側面では弱者と見なされるが、別の側面では強者と見なされることもあるだろう。

弱者カーストの中では、数多ある社会的カテゴリーそれぞれに弱さ・強さが定められている。

一人一人の人間の弱さは、彼女または彼が持つすべてのカテゴリーの弱さのレベルを合計して決まる。

弱者カーストと似た概念に「かわいそうランキング」があるが、ランキング順位はこの弱さの合計値によって決定されているといえる。

まりかわいそうランキングはそれ自体原理というよりも、弱さについての計算結果なのだ

弱者カースト機能している例を示そう。

事例1:埼玉全盲女子高生暴行事件

全盲少女が背後から蹴られた事件の悲しい結末

https://matome.naver.jp/odai/2141052638959681901

かつて、埼玉全盲女子高生が駅付近で何者かから暴行を加えられるという事件が起きた。

極めてセンセーショナル報道されたため、記憶に残っている増田も多いだろう。

当然、未成年女性、そして全盲という最重度の身体障がいを持っている人を攻撃したとあって、連日連夜評論家や各社社説が逃亡中の犯人非難する声明を発表した。

女子高生本人も記者会見を開き、犯人への批判を行った。

しかし数日後、警察捜査が進むにつれ浮上した犯人とは誰もが予想だにしなかった人物だった。

犯人は重度の知的障がいを持つ中年男性だった。

このことが判明したその日の夜には、いっせいにマスメディアの扱いは縮小し、評論家もこの事件についていっさい口を閉ざした。

やがて事件自体存在しなかったかのように、日々は続いていった。

この事件犯人像が明らかになった瞬間、報道風向きいっきに変わった理由は、弱者カースト原理説明できる。

未成年女性そもそも弱者カーストの上位に位置づけられる弱者だが、最重度の身体障がい者というカテゴリーは上位2位から5位程度に位置づけられる弱さを持つ。

仮に健常者の中年男性彼女危害を加えたとすれば、この男性社会的に死を迎えることになるだろう。

しか弱者カーストの中でも、最重度の身体障がいよりさらに弱いとされるカテゴリーが少数存在する。

その代表例が中度・重度以上の知的障がいだ。

この事件犯人は確かに中年男性だが、ただの中年男性ではなく受け答えも難しいほどの知的障がいを抱えていた。

彼が女子高生に加えた危害が不問となってしまうことも、増田なら理解できるだろう。

事例2:TERF-MtF論争

年末からインターネットを騒がせている例として、TERF-MtF論争がある。

TERF(Trans-Exclusionary Radical Feminist)と呼ばれるフェミニストの一部の女性たちが、MtF身体的に男性から性転換を経て女性になった人たち(いわゆるトランス女性)を女子トイレ銭湯などの女性限定の空間から排除せよと訴え始めた。

その理由とは、性転換しても肉体や染色体男性であるMtF潜在的シス女性(身体的にも精神的にも女性である人々)の脅威となり、性被害に対するシス女性不安払拭されないということだ。

中には過剰にMtF事件を取り上げて非難するような動きも起き始めた。

TERFに対してはMtF活動家抵抗し始めただけでなく、やがてジェンダー問題に詳しい大学教員社会運動家も批判声明公式に出す事態となった。

過去にはシス男性(身体的にも精神的にも男性である人々)から受ける差別に対して共闘することも多かったフェミニストMtFだが、twitter上での激しいやりとりが続いている。

TERFの中には反セクシズムの急先鋒として名をはせた人もいた。

かつて女性差別話題になった時には、大学教員から理論支援を受け、差別的な思想を持つ男性たちと戦いを繰り広げた人だ。

しかしTERF-MtF論争が燃え広がるにつれ、大学教員たちはTERFを見限った。

このことで、TERFの中には落胆の声を上げる者もいる。

大学教員たちがなぜ女性差別との戦いの局面では支援したTERFを切ったのか、弱者カースト原理によって理解できる。

かに二元的ジェンダーで見れば圧倒的に男性よりも女性の弱さが優先される。

しかトランスジェンダー(シスジェンダー)という別のカテゴリーに着目すると、弱者カーストの中でもトランスジェンダーシス女性を含むシスジェンダーよりもより弱い位置づけになっている。

弱者カースト原理では、TERFよりもトランスジェンダーであるMtFカースト上位として優先的に配慮対象となる。

大学教員社会運動家も弱者カーストに基づいて、TERFが訴え続ける不安感よりもMtF安心感を優先することにしたのだ。

実際、senbuu氏もこの問題では弱者カースト原理に忠実に従い、ラディカル・フェミニストの主張とは明らかに毛色の異なる以下のコメントを残している。

痛いニュース(ノ∀`) : トランスジェンダーとして女性認定された男が10少女強姦 スコットランド - ライブドアブログ

http://b.hatena.ne.jp/entry/blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1987624.html

性自認とともに性的指向女性だったと考えれば矛盾はない(性別違和かつ同性愛者ということ)。だからこの件で性的少数者バッシングしようったって、そうはいかない。ということで、あえて痛いニュースブコメ

もし社会運動専門家たちに瑕疵があったとすれば、それはTERFたちに勘違いをさせてしまたことだろう。

シス男性による差別と戦う局面で、TERFが訴える性暴力への不安感や男性に厳しい言説を専門家たちは全面的支援し寄り添った。

しかあくま専門家たちは弱者カースト下位であるシス男性への対抗だからこそTERFの言説を全面的に許容したにすぎず、同じ言説をカースト上位に対しては投げかけることは到底許されるものではない。

専門家たちが寄り添う中で弱者カースト原理存在をきちんと説明しなかったせいで、TERFの中には自分不安感にねざす主張がいついかなる時にも認められると勘違いしてしまい、刃をMtFに向ける者も出てきた。

結果として論争は混迷を極め、いまだ解決とは程遠い状態が続いている。

このような厳格な弱者カースト原理を、シス男性シス女性トランスジェンダー、そして社会問題に関心を持つすべての増田理解しておくべきだ。

2019-03-10

anond:20190309020555

このレスについて

横田です。増田意見が難解だったので、意訳しました。下記スタイル対訳しています

原文

訳文

対訳

運用問題がないって認識下でなされた警察のその判断とそこに基づいたあくまで罪であるとしたからこその行動を罪ではないって視点から倫理性の面で語るのってよくわからないなと思う

誤認逮捕冤罪可能性なんかの議論でならわかるけど

警察が罪である判断したことに対して、"倫理性の面" (後述) から、罪にはならないって主張しているのがよく分からない。

誤認逮捕冤罪ってことなら分かるけどさ。

ラクガキ器物損壊として万引き窃盗いじめ暴行とする時に対応する警察はそれを罪だとして行動するわけだけどその一連の流れに対して親とかがそれは罪じゃないって言い分で子供の将来性がとかただのいたずらで補導なんてって子供への倫理的な面から非難してたとして一方的に展開される罪じゃない論の上のその自論は違和感がすごくてそれは実際罪かどうかとか警察対応妥当性がって話じゃなくて単純に警察が法に則ったとするそこに対して罪じゃないとしながらその根拠は示さず行動の結果や動機や影響のみを持ち出して非難するその感じが何かズレてるように感じるから元増田論理には同じような感じを受けた

例えば、落書きなら器物損壊万引きなら窃盗いじめなら暴行として警察対応するよね?

このとき補導された子の親が「子供の将来がー」とか「ただのイタズラなのにー」って感じで "倫理性の面" から非難するのって、違和感がすごくない?

上記行為が罪には当たらないって主張したいんなら、子供への影響を持ち出して "倫理性の面" に訴えるんじゃなくて、罪には当たらないと考えるその根拠を言ってほしいわけよ。

元増田論理も、この親の論理と同じようにズレてる気がするんだよね。

それが罪だと定義されるならそこでの警察側の動機所詮付随事項でしかないしノルマだろうが上司への点数稼ぎだろうが罪になるんだって大義があるからこそ与えられてる権力行使が許されるわけなんだから一番大きなそこをひっくり返してないのに罪として扱っているからこその言動自体やその影響をそうではないという前提で問う意味ちょっとわかんないなって思う

ノルマのためにー」とか「上司への点数稼ぎのためにー」とかっていう動機警察側にあったとしても、それはただの付随事項でしかないんだよ。

動機が何であれ警察権力行使したのは、それが罪である定義されているから。

なので警察批判したいんなら「ホントにそれが罪である定義されているの? 」って部分を問うべきなんじゃない?

そこをひっくり返さずに、罪には当たらないという前提で、警察コメントとかその影響について論じるのってちょっとからない。

その権力行使における妥当性への配慮ってだけならわかるんだけど罪でないのだから単なる人権侵害しかないってやるにはわからない

「罪にはなるだろうが、運用問題があるだろ」っていう主張なら分かるんだけど、「罪ではないか人権侵害」って主張してるのが謎。

本来そこやるなら運用への認識問題とその理解意識の低さによる結果引き起こされた影響、同じ事が起こる懸念警鐘とその責任って流れだと思うけど問題視するのが補導した動機適当性や対象の選び方ってのもちょっとわかんないなって思う

運用問題があるだろ」ってことを主張するにしても、触れるべきポイントがちとズレてないかい?

本来なら、問題のある運用によって引き起こされた事象、同じことが起こる懸念責任所在、という流れで論じるべきだと思う。

それなのに、補導した動機適当性、対象の選び方(中学生を選んだ)ってのを問題視するのはちょっと理解できない。

いたずらに対する見せしめでもこれが殺害予告とか爆破予告なら補導もしゃあなしなんだから中学生だとか警察側の動機じゃなく罪ではないんだって部分を展開しないままじゃモラル向上の晒し者にされるためだけに行われる人権侵害って論理は成立しないと思う

もしこれが殺害予告とか爆破予告のイタズラだったら補導もしゃあなしでしょ。

中学生からとか警察側の動機がとかじゃなく、このイタズラが罪に当たるかどうかをまず考えるよね。

そこを考えずに、モラル向上の晒し者にするという理由だけで補導されたか人権侵害、っていう論理は成立しないと思う。

警察側はあくまで公僕としての責務において罪となる行為モラル向上の意図でもってって言ってるんだからそもそも見せしめ晒し者にするためだけに補導したのではない、そうなったのは当人が法を犯した結果であるのだから当然である、というスタンスだし実際罪になるのであれば晒し者になったのも自業自得な面があるとは思う

と言っても警察側は、モラル向上の意図補導したのであって、晒し者にするという理由だけで補導したのではない。

結果としてそうなったのは当人が法を犯したかである、というスタンスだし、実際に罪になるのであれば自業自得な面があると思う。

そこの運用おかしいとするなら説得力を持たせた客観的にどうおかしいかの話が前提として必要でそれがないと正直万引きキッズかばバカ親と言ってる事変わんなくなっちゃうと思う

この運用おかしいと主張するのならば、どうおかしいのかの説明必要で、それがないと万引きキッズかばバカ親と言ってる事は変わらなくなる。

子供なのにただのいたずらで補導なんて大の大人が狭い部屋で子供相手に酷いいじめられたらどうするの受験に影響したらって言ってるのと変わらない

子供のイタズラなのに補導なんて、取り調べまでするの、学校いじめられたらどうするの、受験に影響したらどうするの、って言ってるのと大差ない。

罪は罪でしょって話じゃなくてなぜ罪ではないか罪とする警察解釈のどの部分がどのようにって根拠が示されないままそれを事実として論理を展開する感じが同じ印象

訳注:この文章は難解だった。間違ってるかも)

単に「罪は罪でしょ」と言いたいわけじゃない。

罪に当たるとする警察解釈のどの部分がおかしいのかの根拠を示さずに論理を展開する感じが、バカ親と元増田って同じだよね、と言いたいのだ。

そこでの警察側への動機批判警察組織における問題点への指摘でしかないわけで罪か罪じゃないかとはまた別の話だし

警察側の動機への批判は、警察という組織問題点を指摘しているだけで、罪か罪じゃないかとはまた別の話だし。

その動機によって罪でないものが罪とされたのだと言うなら余計にどの辺りが罪でないのか補導家宅捜索について警察の言い分のどこがどうおかしいのかは前提に必要な気がする

警察側の動機によって罪でないものが罪にされたのだと言うのなら、どの辺りが罪でないのかの説明が、余計に必要になる気がする。

それに、補導や家宅捜査についても、警察側の言い分のどの辺りがおかしいのかの説明必要な気がする。

からこそ交通違反言われた坊さん達はそこを示すため衣を動き辛いと定義する事への反証として動きまくったわけだし

からこそ、僧衣を着たまま車を運転して交通違反を切られた坊さん達は、罪には当たらないことを示すために、僧衣が動き辛いとする定義への反証として動きまくったわけだし。

中学生補導した警察が正しいとかじゃなくて論理の展開の仕方がなんか意味わかんないというかブッ飛んでんなって思った

中学生補導した警察が正しい、と言いたいわけじゃなくて、論理展開の仕方が意味分かんないというかブッ飛んでんなって思った。

増田

勝手に意訳してゴメンね。間違って解釈してるところもあると思う。

できれば次投稿するときは、もう少しだけ、おれら側に歩み寄ってくれると嬉しいです。

増田意見、納得する部分があるから

javascriptって難読化できるんだけど、増田も何か意図があってそうしたのかしら)

ちなみにおれは、兵庫県警はすげぇ恥ずかしいことをしたと思うよ。ま、理屈は組み立てられないけど。

2019-03-01

anond:20190301212859

出産肯定」とか言ってる時点で俺の返答を捻じ曲げてるじゃん。

ネターは「人類絶滅」を主張しているのに対して、

カブレラは「出産に際して子供同意を得ていない」ことを重視している。

アケルマは「生まれてもヤなことの方が多いか正当化できないよ」と言っているだけに思える。

人類絶滅すべき」と「子供出産を望んでいないかもしれない」と「出産は控えるべき」と「全人類出産を止めるべき」は同じ「出生の否定」でも内容が違うだろう。

俺はそういう話をしている。

出産正当性がないというだけなら「出産のあと親は子供補償すべき」という弁護も可能だし、たとえば「出産はやむをえないが子供が望むなら安楽死許可すべき」という理屈可能だ。

当然ながら、「信仰者は子供を産むべきではない」や「満足に子供を育てられる見込みがないなら産むべきではない」など範囲や条件を絞る人たちもいるだろう。

生は苦しい、出産は罪だ、という主張から、「全人類出産を止めなければ反出生主義を実現したとは言えない」という結論を導出するのは明らかに飛躍で、そういう飛躍しすぎた論理展開のことを「極論」と言うんだよ。

2019-02-20

自分の声が怒ってるなーって思う瞬間

相手の話の論理展開が狂ってると語調が強くなる

2019-01-29

anond:20190129111135

増田本人からネタバレがされているが、全く読解できない文章ではない。

「◯◯という単語が出てきて、そこで読むのやめた」というブコメが多いが、

この手のケムに巻いた文章の読み方を伝えたいと思う。

簡単に言えば、数学のように変数として扱うことである(厳密に言えば、定数であるがそこはご愛嬌

面白いので、すこしやってみよう。

以下、増田の元の文章

神経医学における漸進的な貢献は、敬虔のない状態では決して構造化されるものではない。

 

最新医療技術によっても問題提起されたこの貢献が、なぜそれを如実に現している現状のように構造化できなくなったか自明であろう。

 

まり知られていないが、19世紀後半にエリファット=フォン=ハッシュヴァルツというスウェーデンからアメリカ移住した哲学者がいる。哲学者と言っても当時彼女詐欺師のごとく扱われていたようだが。この哲学者哲学以外にも同時に医療神学を学び、現在でいうところの構造主義の前置きとなるKalmia Theory提唱している。誤解を恐れずに言ってしまえば、神経医学においてもキリスト教史観での認識論を改めて多角的世界認識しなければいけないというものだ。

 

倫理がなぜ神経医学において重要かというのは自明に見えるかもしれないが実はそれほど自明ものではない。ひとつ例をあげると、経頭蓋磁気刺激法というもの磁気増幅器を使用するために神経パルス信号へ異常をもたらす場合がある。しかしこれが危険であるか否かというのは一般的に明瞭ではない。こうした恣意的評価に留めるだけではミクロ事象を溢れさせてしまうことになる。だがそれに待ったをかけたコペルニクス的転回を見せた事象がある。

文意を取りたいだけなら、強調のみの用語は全部取っ払って良い。よくわからない言葉変数を置く。

神経医学の貢献は、Aという状態下ではBされない。

 

神経医学の貢献は、現状のようにBできなくなった。

 

19世紀後半にCという哲学者がいる。この哲学者Cは哲学以外にもいろいろ学び、構造主義の前段階となるD理論提唱している。Cの主張は、神経医学においても、Eを改めてFしなければいけないというものだ。

 

神経医学において倫理重要であることは自明のようであるが、実はそれほど自明ものではない。(次の例示は前の文章と同内容を主張することになるはずなのですべてカットしてしまってよい)だが、それに待ったをかけたコペルニクス的転回を見せた事象がある。

このように読解すると、どうでもいい意味ありげ言葉を取り除いてしまえば、たいして論理構造が難しい文章ではないことがよくわかる。

最後の2文を読めば良い。

まり論理展開上はこの後の文章では、「Aって常識だよね!」「いや、そのAの常識を疑おうぜ」「その常識を疑う態度を疑え」という2番目から3番目に移行する(つまり、ただ一番最初の主張に戻るだけのつまらない)主張を裏付けエピソード記述されることになる。


最後までやってひとこと。

増田面白いと思ってやったのかもしれないが、こんな下手くそ文章書いてたら癖になるから気をつけたほうが良いよ

あとソーカルうんぬんと論理構造の話は別なので、よくわからない単語に引っ張られないように。

2019-01-23

anond:20190123184434

私は別にえろ本撤去には賛成でも反対でもなかったけどね。

お気持ちじゃなくて、コンビニが色々考慮して利益のある選択しただけでしょ。

仮にいい金になるんだったら、企業として別の策をこうじてる。

お気持ち批判しかできないの?だからこう言う論理展開ちゃう

2019-01-19

研究で結果が出なくて、どうすればいいかからなくなった時

PCの中を整理してたら、なかなかよい自分メモを発掘したので、ここに記します。

1. 簡単で具体的な例を実装することを目指す

  結果を予想できるような入力モデル、設定値にして、予想通りの結果を得ることを目指す。

  設定値は極端な例(0とか)で良い。

2. 結果を極力可視化する

  シュミレーションの結果や計算プロセスデバッグで追わないで、グラフ可視化する。

  見れたらわかりやすいな、と思うことは全て可視化する。手間を惜しまない。

3. 極端な例を実施してみる

  入力値がとても大きな値や極端に小さな値、0等の極端な値を入れてみる。

  結果が分析やすくなる。

4. 上記PPTにまとめて、人に見てもらう

  人に説明しようとすると、順序立てて、論理展開に穴がないように考え直すことになる。

  また、内容を知らない人に対しても理解やすいように、わかりやすい図を作ることになる。

  上記プロセスで、自分がうまく説明出来ない点があることに気づいたり、何か見落としていた

  視点発見することができる。

  人にアドバイスをもらうことで、自分が思いつかなかった点を指摘されることがある。

  更に大事なのは、人に見せることで、自分が(無意識のうちに)目を背けていた

  問題を改めて指摘されることがある。その問題に腰を据えて(覚悟を決めて)取り組む

  ように腹をくくることになる。

2019-01-08

anond:20190108131657

コミケは混雑による事故で死者が出るとその後の開催が危ぶまれるので

参加者心筋梗塞による死亡はコミケの死者とは扱わない


文脈というか論理展開意味不明なんだけど

2019-01-04

anond:20190104003212

係り受けになっていてもなっていなくても、この流れでそれは苦し紛れ言い逃れしかなってない

論議の中心が無いからそうなる

ホモと呼び続けなければならない理由」が、ここまで、全く出てきてないわけよ

別にホモでもゲイでもどっちでもいいじゃねぇかという問いに対しての、確固たる理由理屈が示されていないわけよ

そこが国語力の不足、論理展開の下手さだと指摘されている

2019-01-01

anond:20190101130625

地元スーパー寿司屋は働き過ぎていない、と言う論理展開分からん

この世でヤマトけが忙しくて正月休む権利があるのか

anond:20190101124022

ヤマトを働かせるのは駄目だけど寿司屋を働かせるのはOKと言う論理展開分からん

2018-12-28

anond:20181228153205

文句というより単純に疑問なんだよな

推しだか作品名だかを隠した上で公式の気に食わない部分やら私の周りの嫌いなファンやらを叩こうとするの、別にこの増田に限った話じゃないでしょ

というか似たような文章が多すぎてもううんざりレベル

この文体論理展開、あるいは(この増田は該当しないけど)「〇〇が××な話」から始まって「ありがとうございました」で終わる毎度の流れはいったい何が元ネタなんだろうとか、そういう疑問はあるよ

2018-11-26

anond:20181125215913

論理展開ってなんだよ。論文じゃあるまいし。単にツイッター面白おかしく思いつくことを適当に並べただけだろ。そりゃ矛盾くらいするわ。ノリで書いてるの見え見えじゃんよ。

結局これも自分意見正当化するための自己中な論理もどきしかないな。

2018-11-25

anond:20181125090912

オッカムさんの論理飛躍もわりとヤバない?

コメのようなものを寒冷な北海道で作ることがそもそも合理的だったのだろうか

ジャポニカ米は耐冷性で、寒い地方での栽培がさかん。

てか秋田北海道気候的にそんな変わらんと思うけど。

彼女は「農学部の人には頭があがらない、あなたのような口舌の徒は文句言うだけで何もしない」と言った。

しかし僕はすでに違う考え方を持っていた。

こんなに美味い北海道米を作るにはどれだけの資源が投入されたのだろうか、本当はもっと別なことに資源を投入すべきだったのではないかと。

文句言うだけで何もしない」と「本当はもっと別なことに資源を投入すべきだったのではないかと。」が、しかしという接続詞でつながってるけど、

結論的に文句言うだけで何もしてへんやん。

なーにが「しかし」やねん。そこは順接やろ。

コメ信仰は疑うべきではないか

まぁ、一理ある。

信仰政策世論の中身を疑うことなく、よりそれに適合的な技術を追求する知性は危険なのではないか、それなら「ああい属性人種は滅ぼすべきだ」となったら「はい分かりました」と効率的殺戮する技術を生み出す知性が奨励されるようになるのではないかと。

ええー?!?!?

コメ信仰からめっちゃ話飛んだな!!

父は「それは重要な指摘だ、考えてみれば持参金が少ないという理由で嫁さんを焼き殺すインド人原子力潜水艦を動かしている。技術と知性は違うのかもしれない。」

父ちゃんよく話しについてけたなぁ!

すげえ!

この父にしてこの息子あり!

でも輪にかけて何言ってるかわかんねぇ。

北海道米の品種改良と、持参金が少ないという理由で嫁さんを殺すインド人との関係もっと詳しくオナシャスしないとわかんねぇ。

ブコメの読解力のある人たちはわかってんの?

すげえな。

すなわち価値判断だ!

ふえぇ><

母は「もうあなたには何も言わない」と。母は「この家は昔からそうだ!」と吐き捨てた。

これはすげぇよく解る。

オッサムさんの子時代はこんな環境で、

執念深く、母にまともなコメを食わせろと言い、これ見よがしにコメ味噌汁といい時には番茶さえぶっかけて、「こんなもの流し込まなければ食えたもんじゃない」とやり続けた

お父さんの給料でそんなものは食べられない

大人になっても夫と息子が隣ですげぇ意味不明論理展開してるわけですよ。

コレ読んで、かーちゃんが可哀相って結論に落ち着くのはわりと妥当

2018-11-20

anond:20181120103630

増田A「俺はPSSSを買ってもらえたかいつまでもGBなんてやってなかった」

増田B「俺はゲーム機なんて買ってもらえなかったよ」

増田A「おまえはゲーム以外に娯楽がなかったのか!?

この論理展開マジ意味不明

2018-11-04

anond:20181104142709

途中まで良かったのに

女性は、社会においてこうした「感情労働」を強要される場面が多いと感じる。

なぜそこで「女性は」と限定してしまったのか

本質的女性男性でないか男性心理理解できないし、男性女性でないか女性心理理解はできない

そこで男性部下の心理を巧みに読み取ったはずなのに最後女性は」と思ってしまたことは、これはもう「甘え」に他ならないと思う

増田はここまで巧みに論理展開したのだから女性男性上司から発信される不快にどう違いがあるのか?」というところを考察しなければならなかったと思う

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん