「ワンパターン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ワンパターンとは

2021-06-14

コロナになってからワンパターン生活に嫌気がさしてきた。

40代妻子持ち。

現在、出社は週に1~2回。

在宅の日は、会社行かなくて済むのは楽だが、あっという間に一日が終わる。

出社していた時は、残業を2~3h程度だったが、在宅のときは1h程度。

夜7時になると晩御飯に呼ばれて、飯を食うとそのあとはやる気がしないので、テレビ見てフロ入って、寝る前はPCでだらだらとYouTubeみたり。

在宅だと、決まったメンバーとだけZoomしているので、効率はそれなりに良いが、他部署の人と話す機会もなくなり、新しい情報なども入らなくなった。

Slackでたまに、面白い情報ニュースの時には、ちょっとだけチャットが盛り上がるがその程度だ。

週末になったところで、特にすることもない。

子ども高校生で、一緒に遊ぶような年齢でもない。

妻とは、以前は仲良かったが、コロナになって、セックスレスになり、今は、会話も少なく冷えた関係が続いている。

1人であてもなくドライブをしたり、図書館で借りた本をカフェなどで本を読んだりしているうちに時間はすぎて、また一週間が終わる。

この前2021年になったと思ったらもう、気付けば、半年近くが過ぎようとしている。

最近は、ワクチン接種が進み、明るい兆しも出てきてはいるが、この後世の中がどうなっていくのか、自分生活はどうなっていくのか、漠然とした不安を感じる。

おそらく、完全にコロナ前に戻ることもないだろう。

今まで仕事に打ち込んできた。

趣味らしい趣味もない。

趣味に充てる時間があるなら、家族との時間大事にしようとしてきた。

そこに後悔はしていないが、現時点で何も持っていないことは否定できない。

人生の転換期に丁度コロナが重なっただけなのかもしれない。

コロナはあまり関係ないのかもしれない。

ただ一日を消費するだけの生活うんざりしている。

何か次の目標を見つけないと。

2021-06-12

調味料の種類を増やしたら自炊が楽しくなった

料理する人にはめちゃくちゃ当たり前のことかもしれないけど、自炊面倒人間が久々に自炊ちょっと楽しいかも人間になったので書いておくことにした。


基本的に面倒であまり料理をする頻度が高くないのと流行りのミニマリストを気取って調味料味噌醤油、酒、味醂砂糖、塩、胡椒、酢しか持っていなかった。

これらだけでも工夫すれば色々できるのだろうけど、作り置きとかに時間かけたくなくて、食事の都度〇〇の電子レンジ蒸し(醤油がけ)、〇〇の味噌炒め、〇〇の味噌汁、みたいなものしかやらなくなって、似たようなものばかり食べるのに飽きて余計作らなくなっていた。

でも近所の店・コンビニルーティンも飽きてきて、ちゃん自炊するかと思い、余らせるの覚悟調味料の種類を増やしてみた。

増やしたと言っても、とりあえずオイスターソース鶏がらスープの素(和風出汁コンソメはあった)を買っただけ。

そして用意した食材は、なす(3個)、青梗菜(2株)、しめじ(1パック)、豚こま(3回分くらい)。

今までだったら、1日目で青梗菜豚肉の蒸し物(醤油がけ)を作って、2日目でなす味噌炒めを作って、味噌炒めと味噌汁が被ることに絶望して、3日目でなすの蒸し物を作ってまた似たようなものを食べていることに絶望して、次の自炊までしばらく期間があき、食材を萎びさせることになっていただろう。

が、今はオイスターソースがある!

まず1日目、早速オイスターソースを使って、青梗菜豚肉しめじオイスターソース炒め(と言いたいが実際は電子レンジ蒸し)となす味噌汁。

調理方法はいつもと同じなのに味が違うことにちょっと感動した。今回オイスターソース味だから、次は味噌でも醤油でも選べるという気楽さもあって、次の食事を考えるのが楽しみに感じた。

2日目は、青梗菜なすレンジ蒸しに鰹節醤油をかけて、玉ねぎにんじんを投入して豚汁にした。

いきなり食材を追加する余裕ができているように見えているが、にんじん玉ねぎはぎりぎり萎びきってはいなかった、前回の自炊の余りもの調味料既存と変わらないものの、余り野菜に気付いて豚肉汁物にしたのが良かった。次は豚をメインにしても大丈夫と思った。

3日目は、なすしめじ玉ねぎ味噌炒めと、鮭の塩焼きと、わかめと卵の鶏がらスープ

豚を使い切るつもりが、やっぱり魚を食べようと思って鮭を買った。豚はもう1日くらい冷蔵庫大丈夫だろ!わかめと卵は常備していた。卵はぎりぎり期限切れてなかった。

ここで一番良かったのはやっぱり鶏がらスープ味噌炒めの時の汁物味噌汁じゃない…!コンソメはあったけど、流石に味噌炒めとは合わないだろ、と避けていた。鶏がらスープなら合う。違う味だけど喧嘩しないおかずと汁物安心して食べることができた。

これで、最初に用意した食材がほぼ使い切れた上、飽きずに食べることができた。

3日連続で(自分としては)ちゃんとした料理をするなんて、にんじん冷蔵庫で萎びる以上振りだ。

同じように火を通しても味付けの選択肢が増えただけでこんなに次に作るものが楽しみになるとは思わなかった。

面倒だとか言っていないで、もう少しだけ自炊時間をかけよう。

とりあえず何か肉と野菜があれば、適当に切って電子レンジにいれて適当調味料と合わせるのと、毎度コンビニスーパーまで歩いて何を食べるか迷うのと同じくらいの時間のはずだ。

他の調味料もあれば、食材ワンパターンももっと楽しめる気がする。

豆板醤を追加したら味噌炒めも中華風にできる。

マヨネーズケチャップも買って醤油に飽きた時の味付けに使おう。

ただの野菜マヨネーズ添えだって良いしオーロラソースにしても良い。コンソメスープに合うおかずになる。

めんつゆもいざとなれば作れる、と思って持ってなかったけど、作るのはやっぱり面倒なので買おう。

ただの醤油がけよりめんつゆの方が良いものもあるだろう。

調味料から飛躍するけれど、生姜とかねぎとか薬味系も追加したらもっとおいしくできるはず。

切るのが面倒なのでチューブカットされたもので良いか

今まで食材を買うにも何を食べたいか、使い切れるかで買う時にものすごく悩んでいた。

でも、薬味調味料が揃っていれば、食材適当でもその時食べたい味が食べられそうだ。

手間暇かけて混ぜたり煮込んだりをしたくないからこそ、調味料重要なのだ、ということに一人暮らしを始めて10年以上経って気付いた。

この気持ちを忘れず、ケチらずに調味料を揃えて、揃えたものちゃんと使い切れるように自炊を続けていきたい。

2021-05-29

anond:20210528222524

「ほかのやつやった時叩いてなかっただろ」

「今までお前興味関心なかっただろ」

「ほかの動機があるから叩いてるんだろ」

という指摘を「ネトウヨ」が叩かれてるだとか「擁護」だとか思っちゃう時点で頭悪いわ

ほぼコピペで返せるワンパターントラバありがとう

2021-05-24

種村有菜に時空異邦人KYOKOを連載してほしい

藤井みほな先生GALS!の続編を今連載してて、ファンレターに他の過去漫画の続きを描いてほしいというリクエストがあったらしく「検討してみるね」と優しいことをおっしゃっていたのだが

それをみて種村有菜にKYOKOの漫画をまた描いてほしいって訴えたらKYOKOをまた描いてもらえるのかなって想像した

時空異邦人KYOKOの連載が短期で終わった理由複数あるが、

そのうちの一つがジャンヌファンたちがKYOKOの連載中に手紙で「あん主人公は嫌だ。またまろんちゃんみたいな主人公の話を描いて」と主人公バッシングしまくったこ

ふざけんなよ

同じ性格主人公ばっかり描いてるような、芸のないワンパターン漫画家なんかそれはそれで嫌だろ

種村有菜にKYOKOバッシング手紙を送ったまろんファンども一生許さないからな

種村有菜があのとき自由に時空異邦人KYOKO連載してたらふしぎ遊戯レベルの名作がりぼんに生まれてたんだからなマジふざけんなよ

というわけで、自分はずっと種村有菜本来描きたかった形で描いた時空異邦人KYOKOが読みたくてしょうがないのである

種村有菜同人誌ではまたいつかKYOKOを描きたいって描いてたし、ファンレター要望出したらKYOKO描いてくれないか

2021-05-23

anond:20210523004825

ムジナと夢芽が可愛いから人気あるだけの作品だと俺は思っている

新鮮さの欠片もない

グリッドマンと同じようなノリなのでワンパターン

2021-05-21

[]

幼馴染が婚約したことを知り憔悴した日の晩、幼馴染から婚姻届を突き付けられた。

  

主人公は、幼馴染の母から幼馴染が結婚することを聞かされる。

その直後に婚姻届けを突きつけられるという話はそのままなのだが、ここで不満。

幼馴染の母からいきなり結婚するという話が聞かされたので

どうしてそういう話になったのかということは何も説明がない。

そのせいで、なんで勝手にそういうことになったんだということの方が読者的に気になる。

  

自分の事を好きだったから舞い上がってしまたにしてもこれを問い詰めないことには

もやもやしたのだが、その事情説明しないままストーリーが進んでいく。

やってることはデートだのなんだのしているだけ。ワンパターン

最終的に幼馴染は病気で余命僅かなんて設定になっており

それが理由結婚を迫っていたとかそんなのだった。

  

紆余曲折を経て結婚するが、しかし、幼馴染はその後長生きしているとかい意味不明な展開。

逆に主人公子供が25歳になる前には死んでしまったというオチ

病気で長くないと言われた場合、大体癌のような病気だとかエイズだとか色々あると思うが

完治自体がしないものだというのにこうして生き残るというのが納得がいかなかった。

  

結論としてあまり面白くはなかった。

[]

パラダイムパラサイト

340万字

  

主人公自殺して異世界転生をするとミミズのような姿になっていた。

そこから男性死体にとりいたことで男性自身になるというストーリー

この作品はとても読み辛い。

  

およそこのような感じ。

・本編と全く関わらないストーリーを何度も混ぜてくる。

主人公の仲間視点の話は大して面白くないし無駄に長い。

主人公の敵や外部の者視点についても無駄に長く大して重要ものでもないので読む意味がない。

主人公以外の視点に度々切り替わるので読みづらい。

・敵の逃亡を許すことが多いのでまたかという気分にさせられる。

・後半になるとストーリーの大筋が読めてくるので面白くない。

主人公魔剣主人公のもと一部だった者は聖剣を手に入れるが再会がないので最終的に当たる事が確定してる。

  

500話以降でようやく主人公存在目的が判明する。

それまで毎回自分に絡んでくる奴らがうざいか侵略して自分の国を大きくする。

という話にしかなっていない。話がワンパターン過ぎる。

  

なぜ転生するのか?転生とはといった話が800話以降に出てくるが、ここまできてようやく本題。

「辺獄」という場所が出てくるがこれはキリスト教にまつわる場所

この場所問題になっており、ここは何なのかといったことが語られるが抽象的な説明しかない。

  

この作品wikiがあるようだが、設定を読む必要がない。

主人公自由気ままに冒険しているが章ごとの目的達成までが毎回長過ぎる。

  

主人公自分の生きる目的欲望が稀薄なのでそれがどうなるのか

主人公の一部だった者は、主人公存在価値を与える存在にもなり得るがどうなるのか

魔剣聖剣と辺獄の関わり合い、そして異世界転生の原因とは何なのか

世界が滅ぶ予言があるが、天使と悪魔と辺獄はそれにどう関わり何をすればいいのか

  

もはやこれが分かればいいだけの話なのに度々脱線してストーリーが進まない。

他者視点の話など辞めて主人公視点の話だけ書いていればさっさと終わるのにそれをしない。

話が冗長化しているだけで、もはや後半になるとダれて読む必要がない。

重要そうなところだけ読めば340万字も読む必要がないので添削するべき作品

仲間になった百足のじいさんが「皆殺しにすればええんや!」と言ってるが

このじいさんが言ってることが一番正しく分かりやすく、この作品はもうこれでいいだろうと思わされる。

あぁ読み疲れた

おかえりモネ

話進まなすぎじゃね

なんかワンパターン過ぎるからこのままじゃ視聴者離れてくぞ

2021-05-19

人類が増えすぎたので減らしてほしいと頼まれましたの感想

感想としてはとてもつまらなかった。くだらなかった。

IT関係専門用語を並べるだけ並べて、世界を変革できる能力を使って億万長者になるだけ。

人類を減らすという目的に対してなかなか向き合わず、いつ減らすのか期待していたら最初は数十人だけ。

もっと一気に減るような戦争的なイベントを起こして行くかと思ったらそういうことがほとんどない。

どちらかというと雑談と言うか会社事業メイン。

また、身の危険を感じている癖に紛争地域からなかなか出て行かなかった事も不満があった。

ワンパターンな展開が続いたが、特にまらなかったのが大金持ちになるリスクをわざわざ自分から作ったところ。

隠しておくこともできるような形であったのに、宝くじを何度も当選させたりするとかそんなことをしでかしていた。

当初はもう少し平凡な形で進んでいくことで、一気に人類を1億人減らしてくれるかと思ったがそうでもなかった。

いつ減らすんだ。もう世界限界に来ているのにということでイライラさせられた。

主人公は出来る人間扱いされているが、度々危険を冒しているのでリスクを背負いすぎて何がしたいのか分からなかった。

主人公の周囲についても、大金持ちになるなど影響を受けるが大して生活が変わり映えしないことも何がしたいのか分からない。

大金持ちになったIT会社主人公とその仲間が道楽人口減少を目指しているだけ」というだけの話。

恋愛要素はとってつけたようなものが続き、中途半端

頻繁に登場するIT用語と世界事情(中国だの海外の話)だがそれもだから何だというようなもの面白くない。

ずっと同じ話を繰り返すだけでなかなか進まずにいて、最後特に盛り上がりもなく終わる。

ちなみに作者の名前に一番イライラさせられた。

電子計算機男」とか「電子計算機おじさん」とかそういう名前のほうがあってるし改名したほうがいい。

自己紹介

日頃心に写りゆく由無し事をそこはかとなく書き綴ると日頃のパワハラ被害もすっかり…

忘れられるわけはありません。絶対しません。

なんて書いてあったが、作中にでてくるパワハラ自己体験みたいなものが出てくるので自分投影しているのかとすら思った。

作品を紹介するならもっと面白作品を紹介していただきたいものだ。

anond:20210518202819

2021-05-18

anond:20210518111230

ONE PIECEは、何処かの国・島を訪れる→其処は悪者支配されている→反乱軍的な奴らがいる→ゴム猿たちと反乱軍たちが共闘する→宴のワンパターン

個々のバトルも、ゴム猿は何度でも白目を剥いて気絶するような敗北が許されて、敵は一度でも敗北したらゴム猿の勝利になる。しかも、敵が本気でゴム猿を殺そうとしていないことが分かっているので、読者も「はいはい、どうせ助かるんでしょ」とバトルに緊迫感を全く感じない。カイドウは空を飛べるんだから、気絶したまま落下するゴム猿の後を追いかけて首を斬れば終わるだろ。さっさとやれ。

最近ではバトルに緊迫感が無いと読者に思われていることを作者も気にしているのか、主人公トドメを刺さないことの言い訳を、悪者キャラセリフとして代弁させるようになっている始末。

バキ道もそうだけど、ダラダラ続いていることよりも、作品に緊迫感が無いことの言い訳キャラに代弁させることの方が問題

オデンにもツクネにも読者は全く思い入れが無い。読者の思い入れが無いキャラを、いくら作中のキャラが「何という漢!」とか「すげえ!」とか持ち上げても、盛り上がる訳が無い。

ゴム漫画やバキ道の連載は、トイレットペーパーの原料を無駄に作っているようなもの資源無駄使い。とっとと連載を打ち切るべき。

2021-05-08

[]ナガテユカ「ギフト±」20巻まで

犯罪者内臓臓器移植につかうために解体する女子高生主人公

not for meだった

序盤からしばらく、犯罪者でてくる→解体お仕置き)のところはまだよかったけど、

途中からプチエンジェル事件モデルにした事件再生医療を目論む?組織とかがからんでどろどろgdgdのまま20巻まできた

巻数2桁になってからはもうほんとワンパターンってかgdgdの極地って感じ

読むのがすげー苦痛だった

一応ちょっとずつ話は進んでるけどこのままだと完結するのはあと10巻以上はかかりそう

絵は井上雄彦っぽい

序盤はお色気シーンも多かったけど途中からほぼなくなる

つーか井上雄彦デザインキャラエロとかなんもうれしくないし

正直読んで時間損したわ

2021-04-28

最近売り出し中の包装業増田ってワンパターンすぎて伸び代を見いだせない

あれ多分今年いっぱいの増田だろうな

2021-04-27

[]おっさん冒険者ケインの善行 マンガ版 6巻まで

なろうのコミカライズ

序盤はまだよかったけど、4巻あたりからきつくなってきた

主人公のいい人無害アピとヨイショがあまりにもしつこい・くどいのと、主人公主体性あんまりなくてほぼ流されるままでうまくいってる感じがどうもつまらない

結局いい人ってだけで人望笑があってそれ以外のスキルがないから、戦いとかも何も活躍しないし

どんどん実際の力が必要とされるシーンが増えても自分では修行もしない

かわりに主人公ベタぼれの女勇者と仲間たちがクソつよだから戦いに緊張感もないし

偉い人が魔王勢力洗脳される→解放して改心パターンも、展開が遅い中・たった6巻の中で、すでに2回もやっててマンネリがひどい

ボロクソかいたけど、ワンパターンマンネリを感じる直前の3巻までならまあ読める

でもなーもうメインのラスボスになると思ってた悪神も幼女化して手元にいるし、おっきな展開にするのむずかしそう

あ、絵とマンガはよみやすいしうまい部類だと思う

ただやっぱ主人公マンセーするなら主人公自身にそれを納得させる力がないとダメだなと思った

その理由努力でもチートでもなんでもいいけど

めちゃくちゃ人がいいってだけがとりえってのはやっぱ難しいと思う

2021-04-18

[]支援BIS菊石森生「辺境の老騎士 バルド・ローエン」マンガ版

なろうのコミカライズ

絵はすごくうまい 当たり絵師

漫画としてもそこそこ

ただ説明セリフが多すぎるのと、デフォルメ顔に違和感があるのと、グルメ要素がうざい

原作だともっとうざいらしいからこれでもマシになったほうなんだろう

話としては、引退した騎士が各地放浪して、世直し人助けをして回るような感じ

導入部分の1,2巻はまだ読めたけど、それ以降テンプレワンパターンの話が続くようになってからは、この漫画特有の新鮮さ、面白さはガクンと落ちる

1回読んだらまあいいやとなる読み捨てタイプ

手元において時間あけて何度も読むものではない

[]岳 みんなの山  石塚真一

ブルージャイアントアメリカ編読んだから久しぶりに読んでみるかと思ったけど1巻の時点でギブアップ

誰かが山で事故る→事故った人の回想→主人公が助ける→やまはいいね、おわり

このワンパターンすぎてとても読んでられない

読み続けたら主要キャラ事故ったりとか主要キャラ過去編とかあるのは知ってるけど、ブルージャイアントテンポのよさを読んだあとではちょっとつらすぎる

ラストも後味悪いし

あ、15,16,17だけは読んだよ ワンパターンの話とは違う形だったか

2021-04-13

anond:20210413223353

こいついつも都合悪くなると自演で猿みたいな汚い言葉他人罵倒しといて、

しばらく時間おいてからシレっと「私ではありませんよ?」みたいなレスするよな

ワンパターンからすぐわかるんだよ

人間自体中華クオリティじゃねえか

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん