「工事中」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 工事中とは

2020-05-30

渋谷駅改良工事中

東横線玉電時代渋谷駅は「東急電車に乗ってやってくる客をいか効率よく他社線に流し込むか」に全振りした構造だったのが、

昨今の渋谷駅は「各社線に乗ってやってくる客をいか効率よく東急商業施設に吸い込むか」に全振りした構造に変化していっているように見える。

何が言いたいかというとJR玉川改札の廃止山手線ホーム改良後)とかふざけんなと。マークシティに嵌め込んだ井の頭線いじめかと。

2020-05-28

コロナ禍で株を下げた企業/上げた企業5月28日時点)

国や自治体団体病院個人商店などを挙げていくときりがないので企業に限ります

ホッテントリで日々感心したり落胆したりしているのに、すぐに忘れてしまうのでメモ

株を下げた企業


株を上げた企業


議論

2020-05-08

ゲーム攻略wikiとか昔は熱意のあるユーザーが集まって俺も編集に精を出したりしたけど

いまじゃアフィ企業他所からコピペでっち上げたようなサイトやどこも工事中のまま放置されてるようなところばかり出てきて

ちゃんとした情報が欲しけりゃ金出して攻略本を買った方がマシ(ファミ通であったとしても)って状況になってる

ネット無償でいいものが手に入るって、しょせん一時の幻想に過ぎなかったね

2020-04-29

anond:20200429132237

東京いて職場までの間に常に数件工事中場所あるけど、この時期いつもより多い気がする


毎年この時期多いのかもしれないけど、コロナで外に人いないからやりやすいやってしまおうって考えなのかなって思ってる

不要不急の建築工事が一切止まっていない

1000人以上働いてる現場が全国で数十件動いてて

コロナが発生しても工事中止させないために隠蔽してるんだから

ぶっちゃけもう国が何言っても民間がどう自粛しても収束しねえよこんなもん

2020-04-27

あつまれどうぶつの森ネットで話題から「ほーん、どうせBotWみたいな一過性のSUGEEEっしょ?」って乗っかってやった

暇だったしな。

 

周りから褒められてる子に対して僻む。これはもうどうしようもない俺の心の器の狭さなんだけども、それに従って動いてきたから今回もそれに従って動いたまで。

まずどうぶつの森については3DSスマホのしかやったことがない。どっちも退屈すぎた。

「あ、俺が求めてるゲームちゃうな」って2時間してわかる。なぜならリアル日付が変わらないと次に進めない。制作者アホちゃうか、ここはベッドで寝ると次の日いけるようにすべきやろって思ってた。

 

でもおまえらが「あつ森楽しい!」「あつ森とタピオカがすき」「タピオカは嫌いだったけどあつ森はすき」とか言いまくるもんだからタピオカが嫌いな(嫌いというより「いうほどか?」って感じ)俺もまぁ期待をもって初めたわけ。

 

初日

びっくりするほどつまらんなこれ

 

こうだった。案の定2時間したらたぬきはなにもいわないし、やれることもない。ここでパッケージソフトを買ってたらゲオだった。でもDLだった。売ることはできない。

しわかった。エンディングとやらみるまではやろうじゃないか。それならチケット1枚つかった価値もあるってもんだろう。

 

2日目

まぁまぁおもしろいかもしれんな

 

たぬきからフクロウを紹介されてそいつらの言われるがまま俺は動く。お使いイベントだが、行ける範囲が広がってできることが増える。

 

3日目

ちょっとすきかもしれない

 

フクロウ工事中で会えないがたぬきから移住者のための土地探してこいとかいわれる。橋とか作れる。住民のちょいがかわいい

 

12日目

やってよかった

 

昨日ようやくとたけけライブを聞けた。住民と一緒にライブを聞く。

ちょいがかわいい移住してきたバンタムというちょいわる親父みたいな猫との会話が面白い

ジャックという猫はTwitterで人気だったかケチをつけるために島に呼び込んだ。マイル旅行券40枚使った。

でも好きかもしれんなジャック。こういうキザな奴は俺に似ている。にてない所は皆に好かれる容姿か否かということだろう。

俺も猫になりたい。

今後はがんばって島の住人を全員猫にしたい。

けど猫じゃない住民も話してみるとかわいげがあったりしてずっと島にいてほしい。

なんで10人だけなの?悲しいぞ。

ちょっと不便で時間もいっぱいかけなきゃいけないけど楽しいだけのクソゲー。それがどうぶつの森

島の評価5になるぐらいまではやります

 

ちなみに今日はちょいの誕生日です。

誕生日おめでとうちょい。

2020-04-09

感染防止対策の本気度

エンタメ業界飲食店への自粛要請保証の有無が話題ですが、そもそも国や地方自治体発注する公共事業ですら発注からストップかけないようなやり方してるから、実際の所はまだまだ経済優先で、本気で感染防止の対応をするつもりはないんじゃないのかと思う派の増田です。

https://www.kentsu.co.jp/webnews/view.asp?cd=200407590011&area=0&yyyy=0&pub=1

建設関連の工事とかは現場止まると次の現場にも悪影響が出るから基本的に受注者から工事を止めることを求めるインセンティブはない。)

ちなみに私としては現場コロナ感染者が出ると結局数週間から数か月単位で工期が遅れてしま可能性が高いので、緊急事態宣言が出た地域工事は基本発注からストップさせるようなインセンティブを与える制度設計、例えば、地方自治体管轄事業場合緊急事態宣言に基づく現場工事自粛自粛期間の保証全額+事業費の一部をコロナ補正予算で補助するとかが必要だと思う訳ですが、他の業界に以上に納期を守ることが最優先なので、基本的に休業にインセンティブを与える設計自体ができないまま、ダラダラと疲弊していって、散発的に各地の現場クラスタが発生するという流れになるのでは…と思ったりしてます

(4/15追記

大手ゼネコン工事中止宣言話題ですが、今のところ(4/10時点)国直轄の工事の中止状況は100件(全体の2%)。

https://www.mlit.go.jp/common/001340740.pdf

(4/20追記

4/16時点でも中止件数200件と、全体の6000件中3%しかない…。

https://www.mlit.go.jp/tec/content/001341384.pdf

2020-01-20

工事中はしゃーないけど

どうして財政赤字市町村がそこまでおおいんや

2019-12-26

anond:20191226210641

梅田しょっちゅうどっかそっか工事中からなぁ・・・

いつか完璧スッキリ完成する日ぃが来んのやろか・・・生きてるうちに

2019-12-10

[] #81-6「AIムール」

≪ 前

「エーゼロワン

はい、エーゼロワン、異常ありません」

はいはい、異常なし……っと」

翌日の仕事に慣れてきたこともあって、あっという間に終わった。

慣れが必要なほど難しいってわけでもないけれど、何もしない時間が増えてしまうのが厄介だ。

アンドロイドたちが黙々と作業をするシーンなんて数分見てれば飽きる。

「暇っすねえ~」

ハードワークよりはいいんじゃない?」

「そういう極端な対比は適切ではないな。それに、社員に碌な仕事を与えないのも一種パワハラだ」

とはいえ、俺たちは職場体験で来た学生からな。大した仕事は与えられないんだろう」

まあ、そうは言ってみたものの、何を体験させられているのかは自分でも良く分かっていないのだが。


「せめて暇をつぶせる場所があればいいんすけどね~」

社内はまだ工事中場所か、『関係者以外は立ち入り禁止』という札ばかりだ。

利用することはもちろん、覗くことすらできない状態だ。

AI職場から人間向きの施設優先順位が低いってことなのだろうか。

大企業の支社だから食堂の飯だけは少し期待していたのだが、まさか出前だとは思わなかった。

「初めて食べるけど、デリバリー中華ってレベル高いっすね」

普段は何を頼むの?」

「やっぱピザが最強っしょ。もう少し安くなってほしいとは思うけど」

「ああいデリバリーが高いのは、注文が殺到するのを防ぐためって側面もあるらしいぞ」

「ま、結局は費用対効果が~ところでしょ」

そんな調子から、昼飯時の会話もこんな感じだ。

この会社じゃなくてもできるような雑談ばかりである

昼飯を終えれば、また退屈な時間の始まりだ。

リーダーアンドロイドに、何か聞いてみたりしないんすか?」

からカジマは、それを凌ぐために思いつきの提案をしてきた。

「ええー……どうかな」

タイナイはスプーンを持つ手を止め、困惑の表情を浮かべる。

暇つぶしになるかどうか以前に、そもそもやりたくないって反応だ。

ちょっと怖いんだよね……」

リーダーは、他のアンドロイドたちから十数メートル離れた場所作業をしている。

遠くから見ても分かるほどに大きなボディで、人間には持てないであろう重さの荷物をいつも運んでいた。

どうにも近よりがたい雰囲気があったんだ。

「他のアンドロイドたちみたいに質問チェックしなくていいみたいだから、無理に関わる必要はないんじゃないか?」

「それが気になるんすよ。なんでリーダーのチェックはしなくていいのか……」

かに、俺もその点は気になっていた。

リーダーなのだから、むしろ優先的にチェックするべきアンドロイドのはずだ。

運搬作業ばかりで、他のアンドロイドを統率している様子もないのも気になる。

「よし、聞いてこよう」

俺はフォーチュン・クッキーを平らげると、おもむろに席を立った。

「ええ!? 大丈夫?」

問題ない。占いには『思いがけない出会いが、水の流れを変える』と書かれていた」

「それは、良いとも悪いとも取れる書き方じゃないか?」

「というか、マスダって占いとか信じないタイプだろ」

もちろん、フォーチュン・クッキー占いなんて信じちゃいない。

大丈夫だと感じたのは、危険だったら担当もこんな場所を任せないだろうという、常識的判断からきている。

それに漠然とだが、あのリーダーを見たときから、俺の中では「もしかして」って思いが燻っていたんだ。

次 ≫

2019-12-08

[] #81-4「AIムール」

≪ 前

そうして、俺たちは職場体験先を『AIムール』に決めた。

パンフレットを読むのに時間をかけすぎて、他の候補先を選ぶ余裕がなかったからだ。

まあ体験内容も楽そうだし、出来立ての社内を覗けるのは興味深い。

結果として悪くない選択だったとは思う。

====

後日、参加する生徒たちは『AIムール』社の受付前に集まった。

人数は俺やタイナイを含めて、およそ10人ほどだ。

「お前らもここを選んだのか」

「そりゃあ、学校近くだしね。気になるよ」

社会学人間のためにあるものだが、そこにAIがどう関わっていくか気になったからな」

その中にはクラスメートのカジマとウサクもいた。

意図してはいないが、よく連れ立つメンバーで固まってしまったようだ。

「それにしても、味気ない見た目だよね。この会社

カジマの言うとおり、建物デザインは非常に飾り気のないものだった。

外装はまだ工事中の箇所があった状態とはいえ、それにつけてもシンプルである

内装はまだ1階しか見れていないが、ここも外装と同じレベルだ。

特に力をいれるだろう1階で“これ”なのだから、他のフロアも同様であることは容易に想像がつく。

前向きに解釈するなら「一貫したデザイン」と評価できなくもないが、これはただ簡素なだけのように見える。

「実は我が社の工事も、主にAIがやっているんです」

「うわっ、びっくりした!」

この前の担当者が、いつの間にか背後にいた。

今回は俺も存在に気づけずビクっとしてしまう。

「“声をかけるなら、僕らがもっと離れていた時に”とおっしゃっていましたが、適切な距離ではありませんでしたか

「いや、距離だとかそういうことじゃなくて……」

以前、タイナイに言われたことを覚えていたらしく、数メートルから大声で話しかけてくる。

極端な対応をしながらも、相変わらず口調は淡白なままだ。

天然というか、意外と茶目っ気のあるタイプなんだろうか。

「皆さん、お集まりのようですね。それではこちらへどうぞ」


担当に促されるまま俺たちは社内を案内される。

その道中で利用できる部屋や施設、諸注意などを義務的説明された。

そんな担当を尻目に、タイナイは俺に耳打ちをしてくる。

「なあマスダ、あの人もAIだったりするのかな?」

それを聞いて、俺は口元を左手で覆い隠す。

タイナイがあまりにも真面目な顔で言うものから、思わず表情筋が緩んでしまったんだ。

まあ、AI中心で働く会社なのだから、そういう邪推をしたくなるのも分からなくはないが。

技術的には可能だろうけれど、まず有り得ない」

「なんでそう言い切れるの?」

「例えば俺の母はサイボーグだが、AIにそれと全く同じボディを与えてみろ。ややこしいだろ」

「ああ、それもそっか……人間機械区別が難しくなる」

社会基本的人間向きに作られている。

そんな中、ヒトとAI境界線曖昧にしてしまうのはリスクが大きい。

それ位のことはラボハテなら分かっているはずで、支社の『AIムール』だって同じはずだ。

「そういえば、マスダの近所に住んでるムカイさんはロボットらしいけど、見た目も明らかに機械的だったね」

「厳密にはロボットじゃなくてアンドロイドな」

「細かいなあ……」

次 ≫

2019-11-29

童話一休さん on 現場猫

<この橋工事中、渡るべからず>

現場猫「真ん中なら渡ってヨシ!」

2019-11-06

めんどくさい店巡りが好きな先輩

anond:20191105163909

カッペ系リトルビジネスはお店のブランディングであったり、海外から文化輸入であったり、

そういう点のこだわりがめんどくささを生み出してるんだと思うけど、

それとは別のもう少し庶民的めんどくさい店巡りが好きな先輩が大学時代いたことを思い出した。

15年以上前の話だけど、夏休みには、イラクにいって、仲良くなった現地人と一緒にゲームセンタープレステ置いてるだけ)で遊ぶという

豪快な先輩だった。

先輩は基本的には、オシャレ系ではなく、汚い系一見さんお断りっぽい常連だけの店によく乗り込んでは、

持前のコミュ力で、店主と仲良くなっていた。もちろんたまにブチギレられていたが、そこも含めて楽しんでいたようなので

元増田感性は近そうだ。

新橋にあるポテトサラダけが異常に美味いおばちゃんが一人でやってる店を発見して、常連おっちゃんと仲良くなったり、

タワマンがまだ工事中だった古き良き時代武蔵小杉で、オシャレを目指そうとするが、どうにも垢ぬけないバーで、カクテルを教えてもらったり、

平間にあるルールが厳格な焼き肉屋で、店主に気に入られて名刺をもらったり、

北千住の小料理屋でヤの人とトラブルになったり。そんな人だった。

彼の言葉で最も記憶に残っているのは、ある人気のあるショッピングモールも併設されている便利な新興住宅地に行ったときに、

「こんな去勢された街に、美味いものはない」といったことだ。

有名な大手ディベロッパーが開発したショッピングモールの中には有名店の支店がずらりと並んでいる。

美味いもの、いっぱいありますよ?っと言ったとき

「あのなぁ、増田。そんな出てくる食事想像できる店に行って何が面白いんだ。

このヤバい外観。なのに潰れていない店。客もそこそこいる。そういう店を発見して、

なんでこの店がつぶれずにやっていけているのかを食事を通して明らかにする。

たまに、ただの地主道楽でやってるだけで、クソまずいものが出てくることもある。そういうのも含めて面白いんだろうが。」

学生だった当時は金もないし、せっかく外食に行くなら、雑誌ネットの有名店だったり、

いまでいうインスタ映えのするお店だったり、そういうところに行きたかったのに、

いつもよくわからない店に連れまわされて、なんだこりゃ、と思っていた。

ただのノスタルジーいかよ。

でも、いまならわかる。彼は偉大だったと。

食べログやらミシュランやらGoogle mapsやら、いたるところで評価がなされていて、

美味い店を探すのも簡単になった時代しかし、こんな時代でも、ネットに載らない情報があり、

それを独特の嗅覚で見つける能力を磨くこと。

そういう人たちの努力尊い犠牲のもとで、われわれがこたつに足を突っ込んだまま、情報を貪れるようになっているということを。

よく攻略サイトを見ながらゲームをして何が楽しいの?という批判がある。私もそう思う。

じゃあ、我々は飯を食う時に攻略サイトばっかり見てないか

食べログを捨てよ、町へ出よう

2019-10-30

anond:20191030190738

昔ワイの会社に隣が工事中でうるさくて埃も入るのに毎日窓を開けるやつがおったやで

2019-10-15

そういや学校の寮に住んでた頃、下水工事中だったのに

忘れて洗面所で顔洗ってたら下の階に住んでた教師が怒鳴り込んできたな

よき思い出

2019-08-23

アマゾン炎上AWS大規模障害フェイ写真

アマゾン火災で大変になっているというニュース

そのニュースで全く違う場所だったり時期だったりするフェイ写真危機を煽るために使われている

折しも日本AWSで大規模な障害発生

総合すると↓コレじゃないか

安藤ハザマAmazonの新データセンターと噂の工事中建物を燃やす

http://kabumatome.doorblog.jp/archives/65923409.html

2019-07-21

生きてる人間はみんな人殺し京アニ放火事件犯人と大差ない

京アニ放火事件犯人は34人殺した。だが、なんでみんなそんなに怒るんだ?

おまえが生きてることによって、結果として誰かが死んで来た。生き残った奴は皆、死者を利用して生き残ったんだから人殺しと変わらない。

法律上殺人者にならないというだけで、生きてる人間は、俺もお前も人道的には人殺しだ。京アニ放火事件犯人と大差ない。

呼吸したことがある奴は人殺しだ。お前が吐いた二酸化炭素によって地球温暖化し、洪水異常気象で何十万人も死んだ。

京都市内の水源は琵琶湖疎水だ。琵琶湖疎水工事中17事故死してる。だから京都水道水を使ったことのある奴は、17人の死を利用して生きてるんだから、人道的には人殺しと変わらない。

2003年以前に成人して選挙権を持っていた日本国民は、皆、人殺しだ。2003年から始まったイラク戦争では、2万4千人が死んだ。日本戦争を支持し、支援した。

みんなみんな、人道的には殺人者だ。それを否定する奴は、単に自分非難されたくないというだけだ。本当に素直な心を持っているのならば、法律上は罪に問われなくても、生きていることに対して謝罪気持ちを持つはずだ。

謝罪気持ちを持たないのなら、それは、おまえが人の心を持っていないからだ。

俺もお前もみんな人道的には人殺しだ。だから好きな時に、罪を償って自殺することが正義なんだ。

2019-07-10

警備員を辞めた

【300ブックマーク記念に、ぶら下げエントリー作りましたhttps://anond.hatelabo.jp/20190711003448


期間は1年と2-3ヶ月。

──なぜこの仕事を選んだの?

単にコネ履歴書に書けてすぐ使える資格普通免許くらいしか無かったし、このトシで未経験でも就ける仕事ってことで、社長さんを紹介してもらったんだよね。

──辞めた理由は?

1.その場その場での判断が求められる、いわば瞬発力が必要仕事ではあるが、自分にはそれが無かった。

特に路面工事でよくおこなう片側交互通行では、トランシーバーで他の隊員と連携しながら、タイミングを見計らって自動車列を止めたり流したりするが、この業務自分は一番苦手だった。おまけに、ドライバーから罵声を浴びる事もしばしば。
これとか車線規制駐車場での誘導では、夏場は日焼けで肌が火膨れや熱中症になる危険が・夜間のそれでは(特に道を急ぐタクシーなどに)うっかり轢かれかける事が、何度もあった。

また建築解体現場でのダンプの出入りでの門扉開閉では、タイヤについた泥が歩道や路面に乾いてこびりつかないよう水を撒くのだが、水撒きの際に通行人自転車に水が掛かりそうになって謝るのも常で、そういう時の対処自分はヘタだった。

2.どこに行ってもタバコ臭が漂っている。

隊員の多くは、年金の不足分を稼ぐ目的な年配の人が多いのだが、ざっと見たところで半数以上は喫煙者である。これは事務所でも同様で、紫煙が漂うほどでは無いものの応接コーナー兼用の休憩スペースの灰皿には、常に吸い殻が溜まっていた。

さらに、警備対象現場へ向かう隊員チームを詰め込んだハイエースの車内は、さながらアヘン窟なみの煙たさで、これは非煙者の自分にはまさに地獄だった。帰りの電車の車内に入ると、案の定というか衣服タバコ臭いが染み付いているのがよくわかったほどだ。

もっとも、管制担当者(隊員らの配備現場を決める人)もその辺りは察していたのか、タバコの影響が少なく通勤できる直行直帰の現場を、自分にはよく割り振ってもらってはいた。

3.悪い意味での『体育会系』の雰囲気

(対外役職としては常務な)社長再婚相手の息子が、現場を仕切る『隊長』となる場面が多く、仕事はそこそこ出来るヤツなのだが『かなりの気分屋で、受け応えの悪い隊員には年上だろうが鉄拳制裁』で、そういった彼の振る舞いに嫌気が差して辞める隊員が少なからず居た事を知ったのは、働きだしてしばらくしてからだった。
ちなみに彼の前職は鳶職で、外見や体格・音楽趣味などはモロに『ヤンキー』のそれである

なお、寒さや暑さ・時期によっては大雨などの、気候への対策衣服で調節するわけだが、自分がそれら気候の変化によって体調を大きく崩した経験がなかったのは、ある意味幸運だったのかもしれない。

──勤務条件はどんな感じ?

大まかに分けると、建築現場行政施設病院などでの『立哨(りっしょう・立ち姿での見張り)』だと、日曜日休み。それ以外の商業施設競技場での駐車場誘導や出入口だと、平日(曜日不定休だが、ほぼ1週間に1回)が休みというパターン

ただし、年末年始初詣GWほか『人出が多い』時期(お寺であれば節分や春・秋の彼岸神社なら『十日戎』や例祭など)には、大半の隊員は行事での警戒警備へ優先的に配備される。
そういった業務集中の時期を除けば、事前申請しておけば休み比較的取得しやすい。

勤務は連続8時間原則で、昼休憩の場所や決まった時刻があるかどうかは、請負先の規模にもよる。
(コメントで指摘されてたように、トイレ時間タイミングが合わずに苦労する現場の時もありました)
ときどき突発的に、葬儀場の通夜の立哨や小規模路面舗装などの警戒の夜勤が続けて入る例もあるが、そういったスポット勤務はおもに、稼ぎを優先したい人に回されていたようだ。

ちなみに自分最後までヒラだったので、時給1000円×8時間=8000円が額面としての基本日給(※夜間・深夜手当が付かない勤務の場合)だった。

──持っておいたほうがいい資格スキルは?

普通運転免許は、単独・2名・数名の隊員やカラーコーンコーンバーや予告看板(『この先50m・工事中』などのあれ)などをクルマに積んで現場へ運ぶのに必要なので、できれば持っていたほうがよい。

これとは別に国家資格である交通誘導警備業務検定』や『雑踏警備業務検定』などがあるが、これらは警備会社で働きながらおいおい取得するという意味合いが強い。
種別としては2級と1級があり、1級ともなると『警備計画書を請負い先に提出』ができるだけのスキル必要になる。

複数の隊員が配置される警備現場では、隊員のうち誰かが業務目的に沿った資格の保持者でなければならない(1・2級は問わず)し、そのことで給与面にプラスになる…とされる。よく、車道に出てトラックなど車両誘導をしている警備員がいるのを見るが、資格持ちの隊員でなければあれは出来ない。

ただ、業務経験を通じて言えるのは、どちらかといえば対人対応スキルのほうが重要であろう、ということ。
例をあげると、日課としての業務報告の電話連絡で、特に請負先とのトラブルがあった際に事務所へ伝えるのが遅れたりすれば、不信感を持たれて以後の業務にも差し障りがある。この点は、世間のほかの仕事と変わりない。

請負先以外への対処としては、通行人が多い環境現場ならば近辺の道案内も必須(特に商業施設の周辺や駐車場内の誘導・駅に通じる通路での現場場合)。
またその際、道や場所を訊いてくるのも最近では、日本人だけではない例も当たり前で、ある程度の英会話力があれば望ましいとは言える。

──もう一度、戻る事は考えている?

自分はさすがに懲り々々だけど、中には以前に所属した警備会社に『出戻り』する人もけっこういるらしい。60代・70代になると、雇ってくれる会社がなかなか無いこともあるが、勤務形態もフル勤務以外に週3日などで勤める人が多いのもこの業種の特徴。

(バズり記念も兼ねて、改行を増やし見やすしました)


ブックマークコメントを多くいただきありがとうございますレス返しエントリーを、新たに立てました。

https://anond.hatelabo.jp/20190711003448

2019.-9.20記》

離職票などの諸手続き完了しましたので、正式に表明しておきます。 このエントリー元増田は、 id:guldeen です。

2019-06-29

362

anond:20190626224519

[工事中]

四日目

死ぬと誓ったはいいが金がないので結局ダラダラ会社で働き続けることになった最初の土日、俺はまだ会社に居た。

籍をおいているのではなく、席に座っている。

窓を打つ雨を眺めながら、キーボードを打って、世の中の役に立ってなさそうな商品を売ってしまったツケとして、自分たちが生み出したバグを討っている。

虚無だ。

救ってくれ。

死の決意が意味を成すのは、死ぬまでの自由を手繰り寄せる金が手元にあるやつと、既に死んだやつだけなのか

2019-06-27

最近バス乗ってるんだけど

そういう時期なのか工事中のところ多くて、ただでさえ狭いのにバスバスですれ違ったりして乗ってるだけでお腹が痛くなる

こすったりとかしないものなんかねえ。

2019-06-26

ポケ書はまだ工事中

だと思ったら復ッッ活ッッしてた

2019-05-09

歩行者事故を減らす方法

歩行者が歩く道路最高速度が高すぎるからだめなのでは?

ヨーロッパは町中最高速度50km/hは厳守、5km/h超過でオービス罰金、30km/h制限も頻発する。

横断歩道で止まらない車が多いというJAF調査結果もあったけど60km/h以上で走ってて止まれるわけがない。

右直事故にしたって速度が低ければ車が飛んでやばいみたいな事故になんないでしょ。

まずは行政側が理不尽メリハリのない制限速度をやめて、運転者制限速度は守らないとだめという意識を持つべき。

首都高50レインボーブリッジ40とか100%の車が速度違反しないと走れない制限をつけるのはもうやめてほしい。

でないと、制限を破ってもいいという悪い意識が定着して生活道路で50キロ出すバカを量産することになる。

海外高速道路道路工事中で幅員2.5mになってるのに制限80や100ついてるから歩行者がいない限り問題はないはず。

警察も超過の余白を下げればどうせバンバン罰金取れるんだから制限ちゃんとつけ直してほしい。

2019-05-06

[]【2】2019 春、韓国釜山・光州

<< この旅行記の先頭へ


anond:20190506090011




2일



2日目

クルクルパーマと韓国女子


旅行初日はいつも眠れない。

疲れて深夜のチェックインになってもいつも通り眠りは浅かった。

チェックインしたばかりの釜山東横INN2だが、10:00にはチェックアウト予定。

初日釜山には1泊だけして、西部バスターミナルから、光州に向かうことになっていた。


近代化している韓国からなんとかなるだろう」と、ちょっと緊張感が薄いまま成田を発ったが、初日の予定外でやはり外国である事を思い出した。

今日はまず昨日手に入れることができなかったT-moneyカードを入手しないといけないし、西部バスターミナルに向かう前に、西面の両替所で両替しなくてはいけない。

ついでに西面でうどん風混ぜ麺、カルグクスで昼食をとろうと思ったが、予定通りに食事が取れるとも限らないので、いつもはスルーしがちなホテルの朝食をしっかりいただくことにした。

どこでも一緒の東横INNの朝食でもキムチがあるあたり、やはりここは韓国だ。


チェックアウトして釜山駅へ。

近代化している韓国」ではあるんのだが、朝9:30の釜山駅前には路上にゴザを引いて人参ナムルを売っているクルクルパーマのオバちゃんがいる。

昨日は気づかなかったが大気汚染もまあまあだし、そこかしこ工事中で、全体的な印象としては1980年代後半から90年代前半の日本という感じがした。

ネット環境K-popなど、一部は日本より先をいっている部分もあるものの、90年までは軍事政権だった国でもある。

社会経済もまだ発展の途上にあるんだろう。

絶賛工事中釜山駅のコンビニに入って、クルクルパーマのオバちゃんに声をかけると、昨日とは違いあっさりt-moneyカードを購入できた。

これで移動が便利になって一安心だ。

コンビニを出ると、迷彩服青年が歩いていた。

うそう、韓国名目上は今も戦争なのだった。


釜山駅で一休みした後、レートが良いと評判の西面、ナヨン両替所へ。

地下鉄は昨日のような匂いはしなかった。

路線時間帯によるのかもしれない。

西面で降り、繁華街路地裏にある両替所に向かうと、行列の奥ではクルクルパーマのオバちゃん作業服っぽいなりのオジちゃんの老夫婦が古びた紙幣カウンターと缶々を前に次々と客を捌いている。

路地裏の20㎡ないんじゃないかという店の夫婦2人が近代的な大銀行の向こうを張って大行列を作っている様はなかなか格好いい。


両替も済んだので、モウモウと湯気を上げている混ぜ麺の店、「キジャンソン カルグクス」で昼食。

カルグクスは刀削麺的な汁そばで、青菜ニンニクゴマトッピングされた麺が赤いスープに浮いている。

見た目ほど辛くはなく、塩味も薄め。

味の強い印象のある韓国料理も多くは辛味や酸味で、塩味は強くない。

良く韓国人が日本料理を「しょっぱい」というが、あれは多分本音だ。

韓国人がという問題ではなく、日本料理はアジア圏ではやはりかなりしょっぱい。

昼時ともあって客は引きを切らず、赤い麺は次々とサーブされ、店内では老若男女が麺をかっ込んでいた。


腹も満たされたので店内を出て西面の路地を歩くと、路地にはおでん屋台が軒を連ね、おでんを煮るクルクルパーマのオバちゃんの前で、お姉さんがおでんを食っていた。

屋台で出されたもの屋台の前ですぐ立ち食いする」という光景は其処彼処で見られ、それが小綺麗なお姉さんだったり、中高生だったりするのは面白い光景

社会を平すと1980-90年代あたりの日本」という印象はここでも感じるところで、「日本から見る韓国って、なんかある意味、変に期待値が高すぎるんじゃないかなぁ」と思った。


西面駅から地下鉄に乗って沙上駅で降り、最寄りの釜山西部バスターミナルで光州行きのチケットを買い求める。

メモを見せて買い求めると、指示されたバスの出発は10分後だった。

異国の地だというのに時間の余裕がなくて焦るが、なんとか乗車。

バスは直ぐに発進した。


窓の外に連なる緑の山々を見ながら、度々遭遇するオバちゃんクルクルパーマや韓国女子ファッションについて考える。

若い子たちは男も女も洗練はされているのだが、どうもテイストが一緒で、オバちゃんの高いクルクルパーマ率にしても、どうも社会の均質性が高いように感じられる。

よく聞くのは熾烈な受験戦争や、男がひたすらに目指し、自慢するという高スペック

この社会で、勝てる奴やハマれる奴は過ごしやすいのだろうが、そうでない奴にとって、韓国社会はキツそうだなぁ。



光州へ


3時間の乗車の後、バスは光州 バスターミナル U・SQUAREに到着した。

熱気と緊張感あふれる釜山と違って、降りた瞬間になんとなくユッタリとしたムードを感じる。

韓国第4の都市とは言っても、街の様子も釜山とはまあまあ差があるようで、バスターミナル最寄りの農城駅からホテルのある尚武駅まで地下鉄で向かうと、地下鉄も空いていて、街行く人もまばらなノンビリした地方都市という感じだ。

すれ違う人のファッションも違いがあり、釜山よりはリラックスしていて、素朴だが小綺麗なナリをしている。

自分のしたい格好を勝手にしているという意味ではこっちの方がオシャレなんじゃないかなぁ」と感じる。

そしておそらくは、だが、光州、全羅南道の人は、きっと釜山と血の意味で、人種ちょっと違う。

ことなく顔がより日本人に近かった。

かつて日本にやってきた渡来人は、この地方朝鮮人だという話を聞いたことがある。

日本ではあまり有名とは言えないこの地は、実際はより日本に近縁なのかもしれない。


ラブホと見まごうばかりにオシャレなデザイナーズホテル hotel stay 53にチェックイン

部屋もベッドも広くて清潔で、「この値段でいいのか」と思うほどリーズナブルだったが、オシャレすぎてアメニティがみつからなかったので、最寄りのロッテマートで買い出しに行き、ついでに市内散策


地下鉄で数駅移動して見て気づいたのだが、光州は夜が早く、大方の店は22:00には閉まってしまう。

夕食にあてにしていた店もラストオーダーに間に合いそうもなかった。

予定を変更し、バスターミナルのあった農城駅に引き返して徒歩15分ほどの場所にあるらしい24時間営業食べ放題の店に向かう。


地図を頼りに歩くが、沿道の小規模な店舗は尽く閉店しており、ほとんど人とすれ違わない。

「本当にここであってるのかな」と思った矢先に、ガソリンスタンド脇にその店があった。

オロジベッパンマン(ひたすら白飯のみ)」

どうも殆どタクシーちゃん地元の人しか来ないような店らしい。

席に座ると、自動的にオバちゃんご飯スープとデジカルビを持ってきてくれる。

あとは中央にあるお惣菜を自ら盛って食うシステム

何をいくら食べてもお値段一緒、6000ウォン

ビュッフェといういうにも素朴すぎるスタイルだし、店内もオッさんとオバちゃんしかいない学食といった雰囲気だが、食の都、光州の惣菜はどれも美味しく、食べ放題白飯が進んだ。

初めて訪れた街の夕食としては上出来だろう、会計を済ませて、レジのオジさんに覚えたての韓国語で感想を伝えた。

「マシッソッダ(美味しかった)」


【3】2019 春、韓国、釜山・光州  3日目|5月、1980 - 2019 へ >>

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん