「単線」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 単線とは

2019-01-11

東武野田線なにげに凄いんじゃね?

アーバンパークラインという舌噛みそうな横文字路線名とか、未だに単線区間があるのはともかく、

今や東武の全路線を見渡して、区間にわたって大きく黒字(≠トントン)なのが、唯一この路線だけとか。

幹線系統でも伊勢崎線東武動物公園以北が、日光線南栗橋以北が、東上線小川町以北がそれぞれ赤字

支線は赤字かせいぜいトントンレベルと。

なんつーか、幹線差し置いて輝くのは、他の大手私鉄だと井の頭線に似ている気がしなくもないが、

微妙ダサい大手私鉄である東武の中でも一際パッとせず、過去には汲み取り式トイレの多さで悪名高かったレベルの、

まさに東武冷遇路線と言われた野田線が、今や東武全体の稼ぎ頭の一員とは驚く。

姫宮ななが気がつけば15年くらい起用されていたり、鉄道むすめ会社キャラ数でも多分一番多い以上にびっくりである

それでも赤字路線抱えまくりなのは事実なので、今後経営危機に陥らないことを祈る。

2018-12-08

田舎だなと感じる所

個人的に訪れた町などで田舎だと感じるポイント

あたりかな?

2018-09-27

anond:20180927143302

単線田舎育ちから見たら都会の電車とか駅とかでけえんだよ。驚くわ。

そして人がいっぱいいるっ!

2018-06-09

新しい高等教育を考えた

普通科高校をほぼ廃止し、専門高等学校をつくる。残った普通科高校国家公務員地方公務員養成のための高校にする。専門高等学校農業漁業工業保育美容看護介護などにする。あと一般企業職種ごとに高校をつくり、製作委員会方式出資する。

とりあえず普通科高校はいらない 単線教育官僚養成のためだけでいい

2018-04-25

ブコメ比較 ももクロ

上:ももクロ:コンサート、大勢のファン予想に近江鉄道苦悩 - 毎日新聞

下:ももクロ春の一大事2018in東近江市で3万人のファンを捌く運営の手腕 - Togetter

お気に入りにするべきブクマカ

b:id:tetsuya_m

1編成の定員260名、増発は30分に1本が限界、最寄り駅は無人でICOCCA、Suica使えず…検討するまでもなく最初から無理ゲーっぽい

流石だ、無理ゲーとか書いてごめんなさい

b:id:sora-papa

地元民として言うけど、絶対ムリ。小さな2両編成の単線路線だよ?

つの間にか大成功で終わってた。混乱不可避とか書いてすまんかった。でもあの交通事情で混乱しなかったのは想像を絶する凄さですお。(・∀・)

お気に入りにするべきでないブクマカ

2018-01-22

自由恋愛」の終わり

昨今の#MeToo運動や世の中の流れ、あるいはLINEおじさんをバカにする傾向を見ていると、「ああ、自由恋愛は終わったんだな」というのをしみじみと思った。「自由恋愛」とは永遠不変の金科玉条ではなく、戦後数十年間の一時的理念しかなかったのだ。単線的な進化史をあえて描くとするならば、「仲介恋愛」(お見合いから自由恋愛」となり、これからは「契約恋愛」となるだろう。

仲介恋愛」の時代に、自分意思よりも仲介者(家族や親類)の意思が優先されるのはどうなんだ、という問題意識から自分意思相手を選ぶ「自由恋愛」へと発展した。しかし、「自由恋愛」がセクハラデートレイプなどのバグを生むことがここ十数年で問題視されるようになった。「俺は気に入られているはずだ」という勘違いから暴走していくセクハラデートレイプは「自由恋愛」における重大な欠陥だ。この欠陥を埋めるには「契約恋愛しかないだろう。どのような形になるかはわからないが、お互いが同意していると明示された状態でないと、デートするのは非常識、という状態だ。例えば、相手が「デート指輪」を受け取らないと、デートに誘うことは非常識、というのもあり得るだろう。

仲介恋愛」は家族間の契約だった。「契約恋愛」は個人間の契約になる。相手自由に選べる。「仲介恋愛」と「自由恋愛」をアウフヘーベンしたものが「契約恋愛」だ。

自由恋愛」とはたった数十年間の理念だったのだ。今までの自分恋愛を振り返り、センチメンタルな気分になった。あの誤解の積み重ねによる感傷は、これからは古いものとして打ち捨てられていくのだ。「この子セックスできるかも」とドキドキし、実際にできたときの昂揚感を味わうことは、もうできない。

         ,, _

       /     ` 、

      /  (_ノL_)  ヽ

      /   ´・  ・`  l    自由恋愛は死んだんだ

     (l     し    l)    いくら呼んでも帰っては来ないんだ

     l    __   l    もうあの時間は終わって、君も人生と向き合う時なんだ

       、 _      ィ

     /      ̄   ヽ

     / |         iヽ

    |\|         |/|

    | ||/\/\/\/| |

2018-01-07

それでも、なんだかんだ成人式って行ったほうがよくない?という話

副題:イケてない人間成人式をどう迎えたらよいのか?

大学の同期が成人式をむかえる前に書こうと思っていたが、結局こんな時間になってしまった。

この時間になって成人式ねーうん・・・みたいに思ってネット見てる人間が見ればそれでいいや。

成人式に行かない人って、いったいどんな理由があるんでしょうかね」というのは、改めて考えてみるとこれがいまいちよく分からない。

あるいは自分がなんだかんだ言って結局行った方の人だからなのかもしれないが、行くのを結局決めたのは前日の夜になって「ああやっぱ行こうかな、一応準備だけしておいて寝坊したらあきらめるか」といった具合でいたら当日きっちり目が覚めたので、ええホントに行くの俺?みたいな思いを抱きながら行ったという有様だったので、その辺のところ行くまではかなり割れていたのだが、実際行った後になってああやっぱ行ってよかったなとなるような強い価値観の変化があったので、そのあたりのことがいまいちよく思い出せないし、結局行かない側の人ではなくなったので、行かない側の人としての物言いをしなくなったからだと思う。

というのも、その成人式人生三回目のセンター試験の一週間前だったし。

その頃の自分に何があったかというと、まあなんだかよくわからないことになっていた。少し本題とずれるので、結論だけ見たい人は読み飛ばして構わない。

単にシンプル物言いで表したり表されたりしたくないだけなのかもしれないが、一年目も二年目も、センター利用で受かった大学にそれぞれ親に入学金と半期の学費それから半期の休学費用をハタかせておきながら大学受験をおかわりしていたかである

結局一度目はもっと高いランク大学に行きてえと抜かす自己肯定感の欠如と、それでいて自分の有様をよくわかっていないが生きる上では大切な若者特有の貴重な熱意を、18,9年生きててそれだけしか身に付けなかったんかとばかりの崇高な偏差値という単線指標に振り向けて、それさえ達成できればこれまでも中高大と一度たりと第一志望というものに受かったことのない過去自分の救済になると信じて突っ走ったものの、大元問題が何一つ解決されてないがゆえに何一つ解決するはずもなく、終盤完全に行動の伴わない支離滅裂メンヘラという訳の分からない人になりながら本試は全て落とし、所属するが故の苦い部分から解放されもはや生きてるだけで自己肯定感補填できる依存先と化していた元の大学と、唯一受かった1ランク上の、しか受験が終わった後になってどうやら自分本来大学でやりたいと思っていたものと違うらしいということが分かった大学のどちらにすればいいか迷っていると口にし親父を激怒させて終わった。

二度目のほうはもはや凄惨と言う他はなく、元の問題、つまり自己肯定感の欠如であるとか偏差値以外の指標を実のところ持ち合わせておらず、大学受験というそういうことの最後の振り分けが終わった後でじゃあ自分が何をすればいいのかがわからない、自分に好きなことややりたいことがあるんだかないんだかわからない、ましてそいつを新しく見つけ出すこともできちゃいないし、前の大学の専門や多分野性は楽しかったし、自分のやりたいことのような気もしていたがそいつ自分でかなぐり捨ててしまった。そうこうしているうちに時間は過ぎ、周囲にいる一つ年下の人間はめいめいにそれを見出したり、あるいはそうでなくても仲間を見出していく。新しい人間を迎えるムードチャネルは閉じていき、ただ一人、コミュニケーションに長けているわけでもなく、まして19になって未だ携帯電話さえ持ったことのない現代人にあるまじき自分人間関係からも完全に弾かれたまま過ぎゆくただ時間に溺れ流されていた。前期の単位は夏前に再受験が決まって期末を受ける必要もなくなっていた前の大学のさえ下回り、初めてのバイトもクビになり、夏が終わるころには高校のころ深刻であった鬱状態が完全に再発状態となり、対人恐怖に加えて社会恐怖に陥り、狭いキャンパスの狭い学科で知っている人間と会うのも、知らない人間がそれぞれ彼らなりの為すべきことや適応見出しているさまを目にするのも耐えられず、大学は来てもまともに講義に出ることもなく普段人の来ない大学非常階段で横になりながら、人の話し声や足音におびえ、ただ一日中耐えぬ眠気と抗うつ薬副作用からくる体調不良でくたばっていた。

そのような状況を見かねてか、というより、自身家族学生相談室もお手上げ状態と化しており、少時に発達障害でかかっていた大学病院心理士やら全落ちした中学受験時代予備校先生にまで話に乗ってもらい、しまいに温情で元の大学に戻るなり、また別のところに入りなおすなり、リセットの機会を与えてもらったというのが11月、という有様であった。

というような具合だったので、高校を出てから二年間の間で、自分人生高校を出るまでは同期で同い年の(自分の周囲にいた)人間が辿っていたそれからは大いに逸脱していた。

二度目の大学の同い年の同期とも、ましてや歳の違う同期からも逸れていた。少なくとも、当時の自身にとってはそうだった。

もとは転勤族で住んでいる地元にそれほど愛着があるわけでもなく、昔から付き合いのある人間もいない。親類ですら、精神物理的に最も長い付き合いがあり、肉親としての付き合いらしさを覚えはじめていた爺さんは最初大学受験の途中で突然死した。ましてや住んでいるところの人間など、地理的なり関係性的になり分断が続いたので、初めて親しいらしき人間関係が三年を超えたのは、電車で一時間高校を出てからのことである

↑以上読み飛ばし

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

↓読み飛ばし

そんなわけで当時の自分は、血縁地縁または精神的な人間関係という側面において、また学年や同期など社会的地位としての側面において、そして以前より自分が持っていたイメージ(と現状との乖離)という三つの面において、一般的な「20歳」という存在から離れていた。(すくなくとも、当時はそう自覚していた)

はい成人式ハガキというものは、本人のそうした事情自意識とは全く関係なく、ただいつ生まれてどこに住んでいたかということ以外何一つ問わず、だれの元にも届くものである

ハガキが届いた時点で、すでに自分人生が同年代の多くの人間が歩んでいるのと同じような人生など望むべくもないと思ってはいても(事実そうだとしても)、である

これは生まれ20年の1月を迎えるまでの経緯がどんなに平凡であろうが特殊であろうがおそらく同じことだが、成人式というものは、義務教育を終えた人間に来る、「ただ同じ年(度)に生まれたというだけで世間から全く同じ扱いを受ける」最後の機会だろう。ひょっとしたら最後ではないかもしれないが、少なくとも当分同い年というくくりではこれほどの等しさと無差別性を持った体験をする機会はないだろう。たとえ義務教育をどっかでドロップアウトしようが、義務教育後に社会に出ようが、小中高のどっから私立なり特殊学び舎に通っていようが、あるいはそういうことのなかろうがである

分かりやすいので義務教育を例にとってはいるが、それ以外であっても人間この国で20年も生きていれば意識しようがしまいがなんがしか本人なりの本人しか持たない(あるいは似たような人しか持たない)部分というものが出てくるものだし、そんなことはないと思っていてもそう思えること自体がそうである

これは多分行く前はあんまり分かりにくいことだと思うが、ともかく成人式というのはそういうもの可視化してくれるこの上ない機会だと思うんすよね。

自分が変わっていようが、あるいは変わっていなかろうが、それがどう変わっていて、どう変わっていないのか。会場に集まった普段どこに住んでたんだみたいな70年代珍走団の生き残りみたいな連中やら、無数にいるスーツトレンチコート羽織った黒い大群やら、量産型みたいな晴れ着の女やら、(ときキンキラキンの)紋付袴決めた男達やら、そこにいる連中すべてがまぎれもなく自分と同い年という光景は、少なくとも成人式以外にあるまいと。自分が前日にやっぱ行ってみようかなってなったのは、そういう風な光景って実際どんななんでしょってのを見てみたかったのが一つある。これ考えても実際に見てみないと絶対からないぞと。少なくとも、行ったことは何かの話のタネになるが、行かなかったら何にもならない。あとでやっぱ行けばよかった、がシミのように残ると思った。

成人式ハガキをなくしたのならなくしたと言えば現地で何とかなるし、着ていくものがないならまぁ少しでもちゃんとしてそうな格好をしていけばよいだろうし、そういう成人式だってあってもよいだろう。別に地元友達がいなかろうが、それはそれで自分にとっての成人式はそういうもので、そっから見える光景というものがあるだろう。ひょっとしたら、意外な出会いというものがあるかもしれない。俺の場合は誰一人知り合いとすれ違うこともなかったが、それはそれで面白かった。久しぶりにでも会いたくないやつがいたとしても、そいつと会うのはその日が最後だ。遅刻したって別に会場に入れてくれないということはないし、まあ既に終わってても贈答品くらいは貰えるだろう。

いずれにしても、成人式に行くことによっぽどの、それこそ生命危機が伴いでもしない限り、積極的に行かない理由をひりだすことはないんじゃないか

仮に生命危機があっても相手少年法適用外だ。別に贈答品目当てだってよかろう。地方によっては金券まであるらしいし。ぶっちゃけ、ほかの自治体のでも潜ってる人はいるし、そういう手もあるだろう。

成人式という上に述べたような場で何が起こるか、あるいは自分にとっての成人式がどういう場で、どういう体験をしたかってのは、これまでの自分を同じ年齢の違う人間という物差しで照らし合わせて改めて見直すことができるいい機会になりうると思うし、あるいはこれから自分がどうするかを決める上で一つの観点を得られる機会となることもあるだろう。

俺の成人式の話をすると、その日の朝は普段より早く起きて、普段予備校に行く格好のまま家を出て、最寄り駅のトイレカバンに忍ばせたスーツと革靴(最初大学入学祝い)に着替えて行った。

贈答品は会場に一番近いマクドナルドクーポンなのは事前情報で知っていたので、特に期待はない(要らねえけどなんかムカついたから二枚使った)。

日本で最も規模のでかい成人式ひとつなので、夥しい人間がいた。その中で明らかに事前の期待を裏切ってよかったこと・面白かったことが3つと、クソだったことについて書いて終わろう。

まず前座で良かった点、開式の国歌市歌斉唱。これは完全に盲点だった。いや、人生であれだけの人数で国歌市歌斉唱するという機会は以前もなく、おそらく今後もそうないだろう。規模は地元によって変わるところなので一般化はできないが、大勢国歌だとか市歌だとかをまともに歌ってみるというのは、歌というもの(または斉唱)が持つ効果について体感することができたし、本人の政治的スタンスによって様々に見方があるものだと思う。

クソだったのは、少しは面白い話するかとほんのちょっぴり期待していた林文子(市長)が死ぬほどつまらない話しかしなかったこと。マジで役に立たねえ話しねえ。1行で要約すると

携帯電話が普及して直接コミュニケーションをとれる機会が私たち世代より減ったと思うので密接な人間関係を築けるよう頑張りしょう。」

いやもっと役に立つ話しろとは期待が高すぎたかもしれんがせめてなんかそれについて掘り下げた話はできないのかよなんだそのお手本みたいなお年寄りのお手本トーク・・・というもの。これはこれで、ある種の貴重な機会かもしれない。毎年使いまわしてる可能性があるから横浜市民は要チェックだ。

輪をかけてクソだったのがその次の新成人スピーチ。まあ新成人代表なんぞに選ばれてスピーチを打つやつはまず間違いなく模範的成人みたいなやつかそれに類するものだと思っていたのだが(それ以前のスポーツ選手みたいなのの紹介とかもそうで)、そいつの語り口が聞いていて気に食わなかった。正直後のインパクトで話してた内容をあまり詳しく覚えてないのだが、まあ今はボランティアかいろいろやってます系の大学生自分人生を語るというものだったんだが、その途中で(当人人生実態としてどうであれ)妙に「こいつスピーチの話術として落としをやっているな?」というところがなんか聞いていてイラついてくるのである。「いじめられもしました」の言い方が湿っぽいんだよなんか。でもお前いい人に囲まれててよかったねいい人生だねと市長スピーチに続いて半ば来たことを後悔し始めたのだが、ここからがとてもよかった。

乱入である

これは行く前と行った後で最も価値観が変わったこである。かねてから成人式乱入というものはまぁおよそまともなものではないと思っていたが、しかしその場ばかり、その場の自分にとっては違った。

むかし怪獣特撮怪獣が町を破壊するシーンで喝采があがったとかいう話が少し分かった気がした。

成人式というのは、その主役は新成人である。そこにいる、会場に座っている全ての人間が主役である。彼らの社会的日向日陰此方彼方近郊遠方、全てを問わずしかし彼らのものであり、選ばれた新成人と、一世一代の晴れ舞台乱入を試み壇上へ駆け上がった名も知らぬ煌びやかな和装姿の彼と、私と、あるいはすれ違うこともないがしかしそこにいるはずの知人どもとの間に、いったい何の違いがあるというのか。誰が彼と彼らと分かちうる権利を持ちうるのかと。成人式とは、生きてきたこと、為してきたことの如何を問わず万人がそこにいる場ではないのかと。

ひとり私は拍手し、心の中で喝采をした。壱萬の大群と自ら選んだわけでもない代表者という構図の中に包まれていた会場を破戒し、否、そうではない、と示した彼の姿に。

そのように見出した彼の姿に心打たれ、ある種の感謝と、自らの肯定を覚えたからだ。彼の行動によって、万人の場としての当市成人式は成立をなしえたのだから

最後に。これは来ていちばんよかったと思えた光景なのだが、式が終わって駅に行くまでが死ぬほど混んでいたので見物感覚で大回りして駅の空いてるほうに向かっている途中、まあいかにもあまり中学休み時間窓際で話してそうな感じのイケていなさそうな感じの風貌のダウンジャケットの男二人が、しかし久しぶりに会ったと思わしき感じで、いかにも久しぶりにやるその頃の二人のやり取りという感じで楽しげに歩いている、その光景を後ろから見ているときだった。

こういう成人式も、あるのだと思った。

2017-07-24

墓参り行った

母が入っている墓は父の家から単線JRで1時間ほど行った田舎小高い山に存在する。

電車は1時間に1本。

母は自分実家の墓に入ってる。父が再婚したら後妻と一緒は嫌だから彼がひとりで死んだならその時一緒に入れてくれが遺言だった。

クラシックな人だと思ってい父はそれを守った。父は再婚している。

回帰省した時は大雨で墓参りができなかった。

今回は一人で電車に乗ってのんびり行こうと思っていたのだが、思いのほか父が体調がよいので車で一緒に行ってくれるというので快諾。

予定より1時間早く出発することになり、私が宿泊しているホテル前で待ち合わせて、途中父の家に寄り墓参りの準備が万端に整われていて驚いた。

水、マッチ、ろうそく、線香はもとより除草剤や丈の高い草を刈る用の枝切狭みや虫除け用のシャツや歩く用靴まで(私はサンダル帰省していた)。

そこから私と父の1時間ドライブ。二人とも朝食は食べていなかったが、まあかまわない。

途中父が道の駅に寄って何か食べようと提案してきた。私は帰りの方がいいんじゃないかと言ったが、帰りはもう身体がだるくなってどこかに立ち寄ろうという気力がなくなるとのこと。

年寄りの言うことだし、車は私が運転しているわけではないので従い道の駅に寄った。

てっきりうどんのようなものを食べると思いきや、暑かったのかソフトクリームを食べようと提案された。

父はバニラ、私はブルーベリー。見本よりも大きくまかれたソフトクリームはやや薄味だったが、血糖値を上げるには十分だと思った。

コーンは日世のフレアコーンだったが巻かれている紙がスポンと抜けるタイプではなく、ここを剥がしてくださいと書かれている場所を剥がさないとキレイに撮れないタイプだった。

父が紙を食べそうなエリアまで突入したので剥がすよう促したが、年寄りは小さな字は見えにくいし紙が重なってる箇所わかりづらい。仕方なく私が剥がすべく受け取るとコーンは原型をとどめる程度に砕かれていた。

なんだかそれはちいさな子供が鳥の雛を握り殺したみたいだった。

そんなことを思いつつ、私はこの人の面倒を見ることはできるかもしれないと自認しながら、でも、もっと今までもお父さんでいてほしいと思いながら墓参りをして帰った。

何が言いたかったのかわからなくなった。

父がかわいいおじいちゃんになりつつあるのが嬉しかったのかもしれない。

2017-05-31

働き方改革労働者へのパターナリズム

2013年安倍晋三総理に就いた後、アベノミクスと呼ばれる大規模な金融緩和と機動的な財政出動によって、名目GDPは47兆円増加した。2017年第一四半期の経済成長は年率で2.2%と、潜在成長力の0.7%を大きく超えている。失業率も2.8%まで下がり、ほぼ完全雇用状態だ。20年間のデフレによる経済停滞で錆付いていたギアが徐々に回りつつある。ここ数年の日本経済政策成功を収めつつある。しかし、アベノミクス第2弾の中心にある働き方改革成功しそうもない。

1.働き方が問題

そもそも長期的な成長力を示す潜在成長力は、土地労働力資本ストック生産性の上昇率からなる。日本人口減少社会突入しているので、土地労働力資本人口減社会投資が集まらない)は停滞かダウントレンドにある。つまり成長戦略には、生産性を軸にするのは極めて正しい。ここで、具体的な課題として取り上げられてるのは、以下の問題だ。

a.正規非正規処遇の差(同一労働同一賃金

b.長時間労働

c.単線的なキャリアパス

お分りだろうか?働き方改革は、日本生産性の低さを主にミクロ労働現場に帰責している。例えば、人も金も突っ込んでいるのに儲からないのは、社員身分制のように正社員パートに分かれており、テキパキ働かず、無駄残業をし、ずっと同じ会社に勤めているからだという話だ。スタートアップが「日本生産性を上げたい」など言い、単なるSaaS提供するのとノリは近い。

2.日本のテキパキ度と生産性

実は日本労働時間は、「24時間働けますか?」と言っていたバブル時代と比べても20%ほど減少している。つまり20年間経済停滞したものの、単位時間あたりの付加価値は上がっている(テキパキ度上昇)。しかし、OECD生産性ランキングは落ち続けている。生産性購買力平価ベースGDP就労人口で割って出す。つまり分子の売上が一定なら、いくらテキパキ働いたところで全く影響がない。有名な話だが、日本祝日は16日あり諸外国よりも多い。テキパキ働き、休みを取らせることを強制すると、使用者労働コストが上昇するので、結果的給与が減額されるのを恐れたサラリーマン有給を取らないどころか、休日返上で働き出す(パソコンの電源を切って働く、退勤打刻をした後に働くなど)。結局、今の労働環境の延長線上にある光景ではないだろうか。※もちろん、労働法的な論点重要だが、成長戦略とは別途取り扱うべきだ。

3.責任があるのは雇用者産業政策

当たり前だが、高い生産性というのは、同じ労働力でも、より高い付加価値を生み出す。つまりビジネスモデル問題で、ここで帰責されるべきは、個々の労働者ではなく、労働集約的なビジネスモデルを維持している雇用者と、うまく生産性競争する環境チャレンジを促進するセーフティネットを用意できない行政にある。マクロ的な(ケインズ的な意味ではなく)産業育成構造問題があるのに、ミクロ労働者責任転嫁してきたのが、バブル崩壊以降の日本現場だ。ワークライフバランス議論は定期的に盛り上がり、クールビスだの、プレミアムフライデーだの国辱的な施策が残る。日本人ビジネマン自分で着るものも、働く時間自分管理できない。そのような古い産業を残しているのは誰?

何故、このような労働者に帰責する生産性議論が延々と続くのかと言うと、政労使に、社会を変えるインセンティブがないからだ。

政治家:大企業との繋がりが深く、新興企業との競争を促進することが難しい。労働者に飴を与えれば票が入る。

労働者:企業の中にいるうちは、新たな競争に晒されることを望まない。労働時間短縮の飴がもらえる。

使用者:略

これでは、全く自浄作用が働かない。

興味のある方はこちらもどうぞ。

不安個人、立ちすくむ国家違和感の正体

http://anond.hatelabo.jp/20170521174022

2017-05-02

http://anond.hatelabo.jp/20170502165004

撮り鉄に限った話ではないけど、

周りの人に迷惑をかけない最低限のマナーをしっかり守って楽しまないと、

否定的な人が出てきてしまますよね。

個人的には綺麗な風景を走る単線写真とか好きなので、

そういった作品が見れる機会が無くなるのは寂しいですね。

2017-03-09

一駅乗り過ごしちゃった増田電車新で出す魔たっゃち私語刷りの帰依と日(回文

昨日久しく

電車乗り過ごしちゃって、

やむなく一駅歩いたんだけど、

んもーって感じよね。

自業自得の嵐なんだけど。

田舎単線だったら一駅乗り過ごしたと言ったら

帰れないわよね。

幸い、私が一駅と言っても、

いや、じつはね本当は二駅乗り過ごしちゃったんだけど。

でも、まあ歩いて帰れる距離よ。

昨日は半月みたいなお月様で、

月明かりに照らされて夜のお散歩もまたいいわね。

このくらいの寒さなら汗もかかないし。

日頃、車で通り過ぎる景色

歩いてみると違った景色面白いわね。

いろいろな発見があるわ。

まあ、ドンマインドよ。

ドンマイケル

でも錦織圭コーチ

本当にマイケルドンから笑っちゃうわよね。

うふふ。


今日朝ご飯

またまたポテサラサンドウィッチよ。

大好物があったのでご機嫌さんです。

デトックスウォーターオレンジオレンジと言ってたけど、

たまには素のレモンでもいいかなと思ったし、

たまたま

国産レモンがあったから1つ買ってみたの。

そんなレモンウォーラー

最初レモン買おうと思って手に取ったらザテレビジョン手に持ってた!

ウケるわ!


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2017-01-11

単線デマというデマ

身近な四国人間に語らせると「単線」「複線」という認識勘違いだという。

曰わく、

君等が「単線・複線」と勝手区別して思い込んでいるのは、駅周辺でだけ上下線に別れているだけで、駅と駅の中間経路では一本になってしまう「オマエラがいう単線」だ

田舎単線鉄道だとか言って馬鹿にするのは間違ってる

から上り方向のトラブル下りストップしてしまうだろ

単線」だからだよ

かいう主張なのだ

2016-11-24

today

非増幅スピーカーアンプ付きに改造した。

やっぱり撚線は接触不良起こしやすいようだ。

単線に変換する方が無難だなぁ。

熱収縮チューブとか使わないとならないから面倒だけどね。

昨晩家で使ってみた。許容範囲だな。

ノイズにはあまり強くないようだ。

音量はあげられない。まあいいでしょう。

どこかの百均販売しているようなケーブルほとんどないような

スピーカー作ってみたい。

ただし、アンプ内蔵に改造する。

ハウリングを起こすかな?

まあしかしうまくいってよかった。

2016-10-27

ほぼ30年ぶりに西武特急秩父に行ったら

数年前の話。

あの花の影響で、明らかに地元民じゃない若者(=聖地巡礼者)がやたらいっぱいいたことより、秩父鉄道とつながっていたことより、東急車両が走っていることより、都内が高架複々線化されていたことよりも何よりも、飯能まで複線になっていたことが凄まじい驚きだった。

「もうすぐ飯能かあ…直前の信号所から単線になって、いよいよ都会を離れてしまった感が出てくるんだよな…って、あれ?複線のまま右手から単線が…え、飯能?え?複線化されてた!?マジ?うそでしょ!?」

文章化すると実に頭の悪い感想で恐縮だが、一人でパニクって言葉を失った。


実に30年ぶりに乗るまで、自分にとっての西武線小学校上がる前の記憶で止まっていたので、そりゃもう心底驚愕した。

一応あの花秩父鉄道東急・高架複々線の話は情報として知っていたので、そんな大きな驚きはなかったけど、それ以上新しい情報なんて無いと思っていたのが間違いだった。

そんな筆者の幼少の記憶に必ず出てくるのは、5000系レッドアローである。でも何故か行きしか使わなくて、帰りは黄色普通電車だった。

まさに行きはよいよい帰りは…を地で行く行旅で、帰りは山間単線で延々揺られるのが超退屈で嫌だった。

でも飯能からちょっと行って複線になると、ようやく都会に戻ってきた→家が近い!と少しだけホッとした。

から単線→複線という儀式(?)は、忘れたくても忘れられない記憶になってしまった。

ちなみに30年前を最後秩父行きで西武線を使わなくなったのは、熊谷から荒川沿いのアプローチ秩父に行くようになったから。

更に、今世紀に入ってから秩父行きそのものがご無沙汰になっていたと。


いや、幼心にすごく不思議だったんだよね。

飯能から池袋方面に出発する時は単線なのに、隣の元加治に着いた時は複線。なんで???という感じ。

それで一回、子供だったら必ずやる、かぶりつき前面展望をやってみて謎が解けた。

駅も何もない所にポイントが有って、そこで複線になるんだ!!

信号所などという存在を知らない当時の自分にとって、これまた「いつの間にか複線」を上回る衝撃だった。

この時点で一生忘れられない記憶として確定したと言っていい。


それなのに、飯能まで複線になっていた。

都会が更に伸びた!くらいのインパクトだった(飯能市の人ごめんなさい)。

それで帰宅して早速調べてみたら、こういうことだった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%A0%E7%B8%AB%E4%BF%A1%E5%8F%B7%E6%89%80

なんと、敵は八高線だったのだ!

絵本で、単線非電化ローカル線ガーターの下を黄色西武電車がくぐる絵があったけど、それか!!

あの本、なんて本だったか全く覚えてないけど、wikipedia読んだらその絵だけ記憶から蘇ってきたとか、一体どうなってんだ。

ということで、3度目の衝撃を飯能から受けた。


余談その1

10000系の2代目レッドアロー個人的にかなり微妙

初代5000系の美化された記憶込みだけど、あんまり魅力的には思えなかった。

まあ、新幹線東京から近くなったことだし、なるべく早く富山まで乗りに行こうと思っている。


余談その2

秩父は第二の故郷だけど、上に書いた経緯から飯能にもお世話になっている。

なのでお礼に天覧山には登るつもり。

ヤマノススメで登場した時は別の意味でびっくりした。


余談その3

敵と書いてしまったが、八高線高崎高麗川の車窓は最高である

実際に乗って感動したあの日から十年以上経ってしまったけど、またそのうち乗りたい。

2016-07-15

today's good things

良かったことども

動作試験したけど、片側の音声だけに限定する素子

←うまくいった

よっしゃ来い!!

単線ケーブルって適当な硬さがいい感じ!♡

あとは長距離自転車通勤できた。パンクもしなかった。

息子に絵本および紙芝居読み聞かせしてあげたわ。

これもいいことだろう。一日一善やわぁ

2016-07-06

スローライフ

スローライフっていう言葉が嫌い。田舎なめすぎ。おたくのいう田舎って軽井沢の別荘地なんじゃないのって思う。うちなんて、電車は1時間に1本の単線だし、車で20いかないとコンビニないし、こないだやっと下水がきたし、消防団の結束がなぜかすさまじいし、若いと全員入ることになるし、すごいサイズの緑の蛾が扉にとまってるし、冬にズボンホストカメムシポケットたまるし、家の裏に光あてると鹿の目が20個以上ひかるし、堆肥おいてあるところからクワガタいっぱいとれるし、家の前のやぶで木苺とれてうまいし、10分あるくとアケビが見つけられておいしいし、山菜とりほうだいだし、5分かけて谷へ降りるとホタルだらけだし、オオサンショウウオ歩いてるし、星めっちゃ綺麗だし、夏でもエアコンいらないし、水は湧き水でめっちゃうまいし。田舎なめすぎ。

2016-06-15

自作ヨーグルトメーカー完成!

ヨーグルトメーカーといってもヒーター部分だけ!

工夫したところ

☆ ニクロム線をボルトペアで締め上げ

☆ 躯体を木材として余計なところの絶縁を対策しなくてよいようにした。

  ヨーグルトメーカーの温度なんて50度まで到達するかどうかだし

  木材でも耐熱性はオーケー

☆取り回しのケーブル単線にした。(切れにくくなる)

☆取り回しのケーブルをひっかけるためにねじに横穴を設けた

  (切れにくくなる、基本的にはんだ付け不要になる)

具体的な工程

☆ 木板へのけがき

☆ 木板切断

☆ 木板ボール盤ミリング 直径3ミリ程度 2か所

☆ ねじボール盤ミリング 直径1ミリ以下

☆ 木板への4か所穴ミリング

☆ ドレッサーで研磨

☆ 木工用ボンドで木板どおしを接着

☆ 基板を混合タイプ接着剤でつける

☆ ストリッパーケーブルの被覆をむき

☆ 配線

☆ はんだ付け

☆ ニクロム線をボルトで締め上げる

☆ 動作試験

この設計に至る前の考察
木板をつかうと余計なところが導通されなくてよい

ワッシャーで挟み込むイメージ。木板にきり穴を空けよう。

穴の大きさをぎりぎりに設定してねじの接着を回避した。

から順にナット☞銅線☞ワッシャー☞ニクロム線☞ワッシャー☞ナット

ユニバーサル基板を使ってUSBケーブルとは接続か??

USBケーブルって「へちょすぎる」。細すぎる。どっかで切れやすい。

テンションがどうしてもかかるからケーブルを迂回させた。

ねじの横面に貫通穴を空ける。自転車に使われているテクニック

ユニバーサル基板のところが外れやすいが それはダメになったとき

適宜修繕するとしてほかの場所は疑わなくてもよい。

こういうメリットがもたらされる。

2015-12-29

文化教養がないということ」を読んで

じっくり批判することもできるが端的にいくぜ。ブコメでも言い尽くされている感もあるが。

まず文化単線的にとらえ過ぎ。もちろん東京中心ってのは否めない部分もあろう。だが世の中大阪もあれば北海道とかもある。カップ麺の味付けすら、現代私たち統一できていない。

文化ってのは多様性だ。そして本来平等な・フラットものだ。ただコンサートホール美術館に行くことが「文化的」と捉えるのでは極めて了見が狭い。そういうもの文化だし、批判の的になっている「東京底辺」にも文化がある。美術館とかコンサートとかキラキラしたものの、こんな一つの物差しで測るから、狭い「文化教養」があるかないかの議論しかできない。そして物差しの数値が30センチだろうが2センチだろうが、本来は良くも悪くもない(しかし現状では「東京は素晴らしい、なんでもある」というある種のアトモスフィア形成されてしまっているのだが)。

では何を見るべきだったのか。地域にある美術歴史だ。「何もない田舎」ってよく俎上にのぼるけど、本当に伝統も何もない超歴史的・脱歴史的土地などあり得ない。SFじゃねーんだから。例えば埼玉なんかバカにされるけどさきたま古墳群ってすげーだろ。はにわ! 稲荷山古墳もすごい。鉄拳! あと群馬館林藩とかやべーじゃん。他も譜代大名が入りまくってる。こういう場所江戸幕府を支えていたんだぜ。こういうのって多分かなり「何もない」の裏返しで「こんなものしかない」「恥ずかしい」と思われがちだが、本当は、胸を張るべきところ。未来に向けては、こういう気恥ずかしさを払拭することが文化を考える上で極めて大切だ。

話戻すけど、話者は東京中心文化に毒されすぎ。折角文化というものに興味があるのに、一つの物差ししか持っていない。若い人だと思うのに、そして田舎出身なのにこれはもったいない。都会と田舎だけで物差しは二つになる。物差し二つあった方が色々便利だろ。脳の中もおんなじだ。コンパスや分度器だって持っていたっていい。もちろん、文化の網目の中に東京大阪といったコアがあるのは否めない。だがそこから広がる多様性。これを幅広く測るスキルがこれからの「文化」を担い、あるいは語るものに求められるのではないか。話者の狭い了見では狭隘文化観が再生産されかねない。わりと真面目に極めて危険な態度だと思う。

2015-10-12

うちの県の増田養成施設では

増田ホットエントリしてはてなトップにでるだけでは駄目だ、と教わる。

狙ってだいたい8ブクマ、60ブクマ、100ブクマ、250ブクマ(これがはてなトップに出た際の目安ブクマ数)、500ブクマに出来るように頑張ろう、と教わる。

ホットエントリの際のブクマ数を単線的に見るのではなく、それぞれの数固有の性質があると教わる。詳しくは私のブクマ生活に関わるので言えないが。

8が一番難しい。

2015-09-14

明日結婚一周年

都内に住んでて共働き。2DK賃貸マンションに猫一匹と。

同居して4年。式はしないで籍だけ入れたのが、去年の9月

お互いに没頭できる趣味がそれぞれあって、共通の趣味マンガ海外ドラマ

ふたりとも無類の猫好き。

お互いいい歳。

から子供はできたらできたで、できなきゃできないでいいよね〜ってスタンスで。

猫もいるし、趣味もあるし、って。

籍は入れたけど、それまでの生活特に変わりなく。

朝起きて仕事行って、くたくたで帰ってきて。

一緒に晩酌しながらドラマ見たり、猫愛でたり。

家事は分担して。

休日ラーメン食べに行ったり、散歩したり。

平均より若干低い世帯年収貯金もそれほどなく。

だけど質素暮らし高望みもせず。

自己実現なんて遥か彼方。

何者にも成れず、でも時間と共にいつしかそんな自分も受け入れて。

SNSに載せられるような、魅力のある幸せではないけれど、幸せ暮らし

先のことを考えると不安でたまらなくなる。

過去の行動や発言を思い返すとうわあああああってなる。

他人比較して落ち込んだり、いや自分の方がまだマシだとかグルグル考えたり。

からなるべくそんな思いから気をそらし、お酒でアタマ麻痺させて寝る。

でもそうすると眠りが浅くなって寝不足になる。

そしてまた不安になってお酒飲んで寝る、の繰り返し。

もし病院に行ってたら、なんらかの病名が付くような。鬱とか??

でも、みんなこんなもんじゃないのか?と思ってやり過ごす。

こんな感じだから、独りで居るのはつらい。

つらいというか、自分には無理。発狂しそうになる。

いつも側に相手が居て、猫も居て。

不安や後悔や比較呪縛スッキリ消えたわけでは勿論なく。

でも、やっぱり全然楽。

生き易くなったのは間違いない。

そんなこんなで、このまま寄り添って生きていこうと。

そしたら年末に、どうやら妊娠たかもってなって。

どっちでもいいと思ってたはずなのに、嬉しかった。ものすごく。

そこから怒涛の日々が始まって。

切迫早産の恐れがあるってことで、春くらいから奥さんは休職することに。

歳も歳なのでなるべく安静に安静に。

自分にできることはなんでもやって。

で、車の免許がないと。

これから何かと必要になると思い、有給全て使って合宿免許へ。

めちゃくちゃ勉強して練習して。

とにかく1日も伸ばせなかったから、もう必死でやってなんとか取って。

で、部屋が狭いと。

環境も悪い。歩道も狭く車通りも激しい。

てことで、引越し

いろいろ考えて、もし自分事故病気で死んだらとか。

で、中古マンションフラット35で。

物件を探して、決めて、ローンの手続きが終わるまで、全部で1ヶ月くらい。

あっという間に買って、すぐ引越し

もうお腹も大きくなってたので、引越しの準備もほぼ自分がやって。

で、郊外の、最寄り駅にコンビニもないようなところへ。

ボタンを押して乗り降りする、単線電車を乗り継いで、通勤時間は今までの4倍に。

で、夏の暑い日の朝、陣痛きて。そのまま入院して。

で、慌ててたのか疲れが溜まってたのかなんなのか、こんな大事な日にギックリ腰をやるという。

陣痛で苦しんでるのに逆に心配させるという。ホームラン級のマヌケ

で、這うよう付き添って、立ち会って、産まれて。

出産後4日目に退院して。

お互い田舎東北九州で、帰っても頼れる家族もなく。

周りに友達どころか知り合いもいない、土地勘もないところで、2人だけの子育てが始まり

そこから今日まで、約1カ月。

もうただただ、毎日眠い…。

長くなっちゃったけど、子どもコスパが悪いっていうのを読んで、どうしても書きたくなりました。

要するに、コスパなんて言い出したら、そりゃ悪いでしょう。

ここまでいくらかかったか、これからいくらかかるのか、考えると怖いので考えません。

時間も労力も、湯水のごとくです。

今年になって自分趣味時間ゼロです。

ダイエットなんてしてないけど6キロ痩せました。

で、今は毎日死ぬほど大変ですけど、ほぼ毎日今日人生最高の日だ、と思います

ほぼですけど。

不安や後悔や比較呪縛は消え去りました。というか、そんな暇がない。

倒れるように寝て、気がついたらまた一日が始まってる、その繰り返しです。

これだけ幸せをもらって、もう十分です。

将来この子から何かリターンをもらおうなんて思わない。

もうもらってるから

猫は最初なかなか新しい環境に慣れず心配したんですが、今や前よりのびのび暮らします

2015-06-22

田舎者が初めて京阪電車に乗ってびっくりしたこと

地元沿線は1~2時間に1本くらいの単線

初めて私鉄京阪に乗ったとき

片側二車線でビックリした。

なんなんこれ?電車で片側二車線とか!

あと、淀屋橋から出町柳まで1本なのに(宇治線かのことは一旦おいといて)

途中乗り換えがあるとか意味不明だった。

終点まで行くから何でも乗ってOKと思ったら、

萱島まりとか、枚方まりとか、途中で止まってびっくりした。

いちいち、そういうところで乗り換えて、乗っていくってめちゃ面倒くさいと思ったから。

あとで、最初から急行とかに乗ればOKと気付いた。

東京電車とかはもっとすごいんだろうなって思った。

2015-02-19

http://anond.hatelabo.jp/20150219145654

シンデレラガールズにはアニメ版ゲーム版、そして俺らの妄想版という3種類のシナリオがある。それらは決して同一ではない。

同一ではないが、同一時間軸上で進行はしている。これらの事を顧みると、伏線ではなく並行世界上の別シナリオ――

まり単線/複線という意味での「複線」の方が言葉として正しいのではないか? 増田もそう思わないか?

2014-03-17

フェチ写真集の提案

スクールガールコンプレックスとか、階段少女とか、くろタイ女子とか、水中ニーソとか、

そういうの出してるとこに提案。

田舎の、単線の駅で、夕方親の迎えを待つあか抜けない女子高生ってよくない?

あいう子を写真におさめてほしいな。

電車で1時間以上かかる県庁所在地のいい高校に、無理して通わせている親の愛情とか、

学大変だろうに毎日朝早くから遠くまで通う健気さ? がんばってる感とか、

車がなければ機動力ゼロ女の子が、親が必ず来ることを信じて無垢に待っている無防備さとか、

いろいろ想像力が掻き立てられるんだよね。

女子高生って大人とこどもの間の存在だけど、女子高生を楽しむときって、女子高生と親を切り離して

若い大人として考えるよね。

でも、女子高生に親の存在を感じさせると、体は大人、心は子供みたいな形式を楽しめる気がするんだ。

子供としての女子高生、ってコンテンツだね。

そして、女子高生の待つ親に、自分投影させることもできる。

なんか、だめかなあ?

2013-10-11

http://anond.hatelabo.jp/20131011004226

腐女子が作品を語るとき腐女子目線で話をし過ぎて何言っているのか(なぜ盛り上がっているのか)よくわからないという体験をしたことがある。

書いてある通り、腐女子界でのイベントやいざこざ・事件は、腐女子でない人でも知りたいor知っておきたい人は多くいるだろう。需要があるはずだ。

だがその時に、腐女子じゃない人に対してもわかるように、しっかり翻訳して話をしてほしい。

その作品に、なぜ萌えるのか?なぜそこにグッとくるのか?

どうせ腐じゃない人にはわからん!なんて姿勢は採らずに、丹念に解説いしてもらえれば、おもしれーなと思う。

それと腐女子一人称問題に付言しておくと、だいたい腐女子をみてると、一人称が「俺」に限らずなんか変なチョイスする傾向にあると思う。

中村桃子『〈性〉の日本語』(NHKブックス、2007)に「なぜ少女自分を「ぼく」とよぶのか」という文章がある。

高度経済成長期の女性人生の流れ、すなわち「こども」から専業主婦代表される「おとな(婦人)」へと進展する際に「○○ちゃん(自分名前一人称にする)」を用いるこどもから、「私(わたし、わたくし)」を用いるおとな(婦人)への、単線一人称のみが用意されている。しか人生多様化現代おいてはそう簡単にはいかない。子供でもなく、専業主婦代表される婦人でもない身分が発生する。少女などがそうだ。そうした既成の枠組みにとどまらない女性自己表現するためには、「私」ではダメなのだそうだ。だから「俺」や「うち」を用いる少女、男のような言葉遣いをする少女が現れるのだという。

ここから私が想像するに、一人称が「俺」とか「拙僧」とか変なのをチョイス(「私」以外をチョイス)するってのは、腐女子サブカルチャー担い手としての、一種の気概なのかと思う。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん