「配置転換」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 配置転換とは

2021-06-05

増田のようにならない為にはどうしたらいい?

増田と同世代自分独身ぼっち

一緒に働いてる30代の後輩が気になって仕方がない

仕事で打ち合わせが多く、そのたびにわくわくしてしまっている自分がいる

まずいという自覚はあって、

仕事以外の雑談は一切しない、個人的な連絡先は聞かないようにしている

ただ、、打ち合わせするとわくわくしてしまうし、

休日にふと何してるんだろと思ったりしてしま

接触がなくなれば落ち着くと思うので、やばいと思ったら自分配置転換を願い出るつもりではいるが、

正直この状況がつらい


こういう心情とどう付き合ってるんのか、教えてほしい

たのむ

anond:20210605112607

2021-05-31

2年ぐらい前に損保ジャパンが4000人介護事業配置転換したけど

あれ追い出し部屋だったんだろうか

あの後コロナ航空会社も似たような事をしてる気がするが

2021-04-21

anond:20210420234526

自分が書いたのかと思うほど自分と同じ思考だった。

入社とか配置転換とか、新しいコミュニティに入り込む時は特にそうなるわな。

専門的な知見を身に付けて自分仕事に自信を持つとか、

趣味とか宗教とか家族とかプライベート精神的な拠り所を作るとかして、

しかしたら少し嫌われるかもしれない自分の素を程よく、臆することなく言える心持ちにするしかないで。

時間かけて考えても結論出ない類の問題なので、

まああんまり考え過ぎてパンクせんように気を付けて。

2021-04-04

妹の会社の同僚の女が上司不倫略奪婚し男のコネからか昇格し社内で権力ふるって休み取りまくりでやりたい放題、という愚痴をかつて聞いていた

が、その後、妹の会社社長が倒れ代替わりし、体制が変わったあたりで同僚女上司の男が好き勝手できなくなり、同僚女も同様に配置転換など求められることになったらしい

が、同僚女はそれらを拒否し、他社に転職すると辞めていったのだとか

長年にわたる妹の愚痴も聞かずに済むようになったと安堵したのが2〜3年ほど前だろうか

今、無料で読んでるマンガがまさにその通りの展開でムカムカしながら読み進め、解決したあたりで妹の同僚女の話に似ているのだと今更に気づいた

世間には案外ありふれてる話なのだろうか

2021-04-02

令和の蟹工船から降りた話

昨年の秋、技術者派遣転職した。

蟹工船に乗せられる寸前で船を降り、仕事を辞めた。

新卒入社企業で外れを引き、大学の専攻と異なる部署に配置され数年。

元の業界に戻ろうにも業務経験は無し扱いを受ける。

転職サイトのエージェントから経験を積むためにも技術者派遣が良い、と勧められた。

数ヶ月の就職活動の後に、某派遣会社から内定を貰った。

入社後はエンジニアとしての研修を受けながら派遣先とのマッチング機会を待っていたが、

一ヶ月を過ぎた当たりで不穏な話が聞こえてきた。

地方工場へ、期間工労働派遣。数十人単位で送られるらしい。

いたことはある。入社前や入社当日に「新卒入社社員が外部研修として向かうもの」と説明された話だ。

「中途入社社員は既に社会経験があるので、増田さんは行かなくて良いものだ」とも担当者から聞いていた。

その時は、今の時期になってやるんだ、くらいの感覚だった。

数日後、肩を叩かれて別室へ。

労働派遣に行くことが決まった」と説明を受けた。

新型コロナウイルスの影響もあってか、どこも受け入れが厳しくなった矢先の話だとか。

数週間の後に荷物をまとめて、地方引っ越し。最低半年従事してもらう、だとか。

何かがおかしい。

そう感じて、転職サイトのエージェントに「入社前の説明と異なる命令を受けた」と連絡を入れた。

面接担当者との対話の機会を作ってもらい、話を聞く。担当の手違いで行かなくて良いものだと伝えていたという。

から会社命令として行ってほしい、と。

話が違う、と伝えた。

最初から行く可能性があるのなら、内定を受けるかも考えた事だろう。

エンジニアになるため入社したのであって、期間工になるため入社した訳ではない。

面接担当者研修担当者、偉い人、様々な人と面談を行って、辞める話を伝えた。

「今は苦しい時期だが、リーマンショックの時も東日本大震災の時もうちはリストラをせずに持ちこたえてきた」

「今回の危機会社一丸となって乗り切っていきたい」などなど、ありがたいお言葉を頂戴した。

まり、今までもそういうことだったんだろうな、と合点が行った。

辞職の意志を示し続けた結果、「じゃ、今日付で辞める?」とさらっと言われて、月末付で退職した。

引き止めはしたけれど手慣れているな、と感じた。

そうして令和の蟹工船を降り、転職後数ヶ月でニートとなった。

今までの転職エージェントに連絡と苦情を入れる。「担当者が異動したので新しい担当を付ける」との事。

逃げられたな、と直感転職エージェント会社も、そういう派遣を行うことは知らぬ存ぜぬの一点張り

話にならないので、別会社転職エージェント登録した。

その後はハローワークや労基と揉めたりしつつ、なんとか失業保険を受けた。

しばらく堕落した生活をしたのち、転職活動を再開。

4月から内定を得て、今月ようやく社会に復帰した。

もちろん、技術者派遣だけは避けた。一連の話をした所、「うちも苦しければ期間工派遣を出す」とはっきり話してくれた。

そしてお決まり台詞が飛んでくる。

「今は苦しい時期だが、リーマンショックの時も東日本大震災の時もうちはリストラをせずに持ちこたえてきた」

配置転換派遣先変更もリストラだろうに、とは、言わないでおいた。

辞めずに送られた同期たちはどうなったのだろうか。

思ったけれど、連絡を取ることは辞めた。無理に深淵を覗きに行く必要もない。

いま、令和の蟹工船の中で、どんな怨嗟や怒号が飛び交っているのか。

それを知る必要は、どこにもない。

2021-03-14

anond:20210314102411

女の上司いたら注意してくれそうだけど男の人だと色々言われちゃうから難しそうだね

配置転換でもお願いしたら?

2021-03-06

anond:20210305212529

バカには想像力が欠如しているので最後の一個を使い切ったときに「次の人が困る」や「次がすぐにないことがある」といったことが考えられない。

なので特に気にせずそのままにしてしまう。

自分が当たり前だと思っていることもこうなったらこしろといて欲しいということをすべて伝えなければ相手にはわからない。

自分がその立場になった時にどう思うか?」という思考回路がないので一から形成しなければならないのでとても疲れると思う。

放置するか、嫌われるのを理解しながら物凄く細かく指示するか、配置転換か何かで逃げるか、の3つしか多分選択肢はないんじゃないかな?

「気付くように性格を変えさせる」というのは多分無理。他人を変えるなんておこがましいんだよね。

2021-02-27

夫と子供がいる女性と付き合っていた。
彼女都内公団住宅に住んでいた。夫の人がリストラされたためパートタイムで働き、病弱な子供の世話もよくしていた。
勤め先でたまたま知り合い、折に触れて身の上話を聞いているうちになんとなく、そういう仲になってしまった。
かかわった年数は長かったけど、同衾したことは数回しかない。彼女が泊りがけで表に出るのは難しかったし、相性もあまりよくなかったのか、お互い行為に没入できなかった。
夫の方には何の恨みもなかったので、罪悪感をスパイスに盛り上がれるような関係でもなかった。私は無理にがんばらないタイプなのだ努力が足りないのかもしれない。

でもキスはいっぱいした。
週末の昼下がり、彼女の家から数駅離れた駅前で待ち合わせ、特に見るべきもののない町並みを散歩し、見知らぬマンションエレベーター適当に上の階のボタンを押して、ドアが開くまでキスをし続けた。
彼女のことは大事に思っていたし、でも夫や父親の代わりになるのが無理であることもわかっていた。だからキスするしかなかった。当然、住民に出くわして赤面したこともしばしばだ。
彼女は「私は都合がいい女なんだからどうぞ弄んで頂戴」と悪ぶっていたけど、本当のところはどうだったのか。

パート先の不満やしがらみを日々愚痴りながらもそこから決して離れようとはしなかったのと同じように、きっと家族関係も保ちながらキスだけの交際で満足しているのだろう、と勝手想像していた。
しかし送ってくるメッセージが次第に真剣味を帯びてきて頻度と分量がどんどん増し、これ本当に自宅で書いているんだろうか、だとしたら家で端末に一日中かい合っているんじゃなかろうか、という規模になってきて、同居家族が気づかないわけがないと思うに至った。
これはまずい。既にもう背徳行為はしているわけだけど、露見することで周りの人をさらに不幸にする前にどうにかしなくてはならない、と思った。
責任を取るとか取らないとかい関係ではなくあくまでも対等の立場のつもりだったが、身一つの私と比べて彼女は失うものが多すぎる。加えて私にはどうしてもその先に踏み切れない事情があった。
夫と子供から彼女を奪う悪役になったら一生負い目になるな、という思いももちろんあったが、問題だったのが彼女の文才のなさだった。

飲食店勤めの彼女には小説家になる夢があった。なろう系というのだろうか、小説投稿サイトで発表している(もちろんペンネームだ)作品について感想を求められたりもした。
からさまなイケメン登場人物について「このキャラあなたモデルなの」と言われたこともあり、まあストーリーの都合上無理やり美化しなければいけない事情があるのだろうと苦笑するしかなかった。私は自分の分をわきまえている。
残念なことに、彼女には小説家の才能が決定的に欠落していた。なんというか、言葉が上滑りしているのだ。好きそうな小説雰囲気を真似ようとしているのはわかるが、読むのと書くのとでは話が違う。
ストーリー凡庸だとか構成よろしくないとかのレベルではない。自分の頭の中の設定を文章他人にうまく伝える、という第一歩の部分で、彼女はもう失敗していた。
夢見がちなのは悪くないけど、そのイメージを人にわからせるためには客観性必要だ、自分だけわかっていてもだめなんだ、ということを最初は間接的に、次第に直接的に伝えた。こちらの言い方も悪かったのだろう、最初は聞いてくれていた彼女も「あなたに何がわかるの」と耳を貸さなくなった。
医者とか有名スターとかが登場する話より、日頃話しているお店の話から膨らませていった方がリアル面白いエピソードがいっぱいあるんじゃないの」と言ったら「あなたは何もわかってない」と拒否レベルさらに上がった。そういう日常が嫌だから創作に走っていたのだろうか、とこれは後知恵だけど思った。

そんな関係に数年前、私の配置転換で終止符が打たれた。
出世の望みは絶たれたけどまあのんきに釣りでもして暮らすかね、と思ったらしっかり三人前ぐらいの仕事を背負わされ、支店残業続きの毎日だ。世間は厳しい。
飛行機代出すからたまに遊びにおいで」と彼女に言ったが、パート主婦には無理であろうこともわかっていた。「もしかたらこれを機会に彼女が一大決心するかも」というずるい期待もほんの少しだけあったのだけど。
そして、もしそれが実現しても、才能のない作家志望者との同居に私が耐えられるかどうか微妙なことも知っていた。もともと小説の話がきっかけで付き合い始めたのだったけど、同じ言葉が通じない相手との生活には現実感を覚えられなかった。
メッセージのやりとりは次第に間隔が空き、やがて途絶えた。SNSなどの共有はいつの間にか解除され、モデル小説も消えていた。そういうことなのだろう。

コロナで長らく出張とはご無沙汰だったが、来月末に久々の東京本社出張を予定している。
彼女の唇の感触を思い出す。そばに行くことを思うと少しだけ心は騒ぐけど(会社そばにもキスしたビルはある)、たぶん彼女彼女なりにけりをつけた関係だろうから今更波立ててはいけない、と思った。私はがんばらないタイプなのだ

2021-02-03

ショーン君さあの続きanond:20210203122538ごめんよ切れてた

女子大生起業家@DM解放中🇨🇳🇯🇵🇺🇸 @SeanKy_

山口先生問題提起に対して

1) 元々出世意欲が低く打診しても断られる

2) 夫選びの指向寿退社が多くなる

3) 進学段階でSTEM専門職パスを選ばない

という問題があり、ここに手を入れたくても女性自由意志に反したり、プライベート干渉する必要あり難しくなるのです。

まるで“山口先生が知らない問題であるかのような口ぶりだが、2)と3)は山口先生の解析で男女の賃金格差の主因足りえないことが示されている(個別でも組み合わせても)。山口先生研究で(たぶん)扱っていない1)についても要因の一つたり得るがエビデンスは少ない。

1) → 出世意欲の男女差では賃金/管理職割合格差説明しきれない(調査も少ない)。

2) → 勤続年数が同じ(寿退社しない)でも格差は残る。また夫選びは勤続年数に影響を与えるファクターたり得るが、勤続年数そのもの格差の主因ではないことは今言った通り(※7)。

3) → 学歴補正しても格差は残る。また大学での専攻の男女差でも格差説明しきれない。

※7:ダグラス=有沢の法則というものが知られており、これは夫婦間の給与格差が大きいほど妻の就業(継続)確率が下がるというもの日本ではちらほらとエビデンスがあり、勤続年数を媒介として男女の給与格差に影響を与え得る要素の一つ。

※(Repeat)※

女子大生起業家@DM解放中🇨🇳🇯🇵🇺🇸 @SeanKy_

最後にもう一度確認です。私と山口先生は結果としてのファクト認識は共有しています。そこに異存はありません。

twitter.com/SeanKy_/status…

問題解釈のほうです。確かに前世紀なら男女雇用機会均等法などを必要としていたこともあり、男女差別があったと言っていいでしょう。

女子大生起業家@DM解放中🇨🇳🇯🇵🇺🇸 @SeanKy_

しかし、2020年女性管理職30%の目標起業が本気で取り組み、男性の育休を強制的に取らせる施策が広がるこの時代に、女性に昇進を打診しても断ってしま問題や、自分より所得の高い夫を選び寿退社してしま問題、進学段階で工学系に進まない問題に取り組む必要が出ているのです。

本気で取り組んですごーい。2020年までに女性管理職30%の目標が出たのは2003年で、女性躍進法が2016年、そして今年やっぱ無理だから2030年までに延長。本気の努力凄いなあ。男も強制されると育休をとるなんてスゴイね!ほんとに凄い時代だよ取得率8%だけど。

なおショーン君の挙げたいずれもが男女の給与格差の主因ではないことは既に示した通り。解析結果を“ファクト”と呼ぶなら、君が挙げた3つは解釈どころではなく“ファクト”に反する主張だよ(※8)。

そして実はさりげないすり替えがある。「自分より所得の高い夫を選び寿退社してしま問題」?先のツイートでも「2) 夫選びの指向寿退社が多くなる」と言ったね。

思い出してほしいが、夫選び云々でショーン君が言ってたのは「女が転勤についてこない夫を選ぶ問題」だ。

これが寿退社(結婚を機とした離職)とどう関係するんだ?結婚したら即座に転勤を命じられる慣習でもあるのか日本には。寿退社するなら転勤は関係ないし、転勤時の夫婦の不一致で辞めるならそれは寿退社じゃない。

いやまあ『「妻の出世邪魔する夫」を選ぶ妻』より、「金持ち男と結婚して退社する女」をディスる方が楽とは思うがね。

※8:繰り返すが、それらは当然ファクターの一つたり得る。もっと言えば説明力があんまり高くないファクターでもある。そしてそれだけでは説明できない男女格差存在するのが“ファクトである

女子大生起業家@DM解放中🇨🇳🇯🇵🇺🇸 @SeanKy_

みずほ男性の育休取得率100%に 18年度目標

2016年

nikkei.com/article/DGXLAS…

男性育休100%宣言(有名企業100社以上)

2018年には確認

work-life-b.co.jp/mens_ikukyu_10

男性の育休取得促進へ 法改正案を今国会に提出へ 政府

2021年

www3.nhk.or.jp/news/html/2021…

2019年の男の育休取得率8%弱なんだけど。みずほ2015年で1.5%、2021年現在未達成(恐らく)。宣言するだけで「頑張ってる!」って……

まあ男にも男の事情があるのさ。男が育休取れない(“取らない”とは言うまい)のは女の育児家事ハイウェイトと鏡うつしだ。根性論でどっちが悪いというもんでもない。

女子大生起業家@DM解放中🇨🇳🇯🇵🇺🇸 @SeanKy_

大企業/大きな事業所では私の論が成り立つが、小さな事業所では成り立たないのはnoteでも書いた通りです。

ただし、両者は表裏一体で、大企業では休職退職に対する労働力の調整を転勤の強制によって行えるのに対して小さな事業所ではそれが出来ないわけですが、


女子大生起業家@DM解放中🇨🇳🇯🇵🇺🇸 @SeanKy_

中小企業配置転換や転勤させるにもその補充元がいないので、最初から問題回避するために退職休職をしなそうなメンバーを選んでいるというセレクションバイアス差別の原因であり、解消するには「転勤を受け入れる従業員のいる大きな事業所しろ」という話になってしまうと。

間接差別統計的差別を直球でぶち上げてくるなんて、ショーン君は凄いなあ。

間接差別

第7条 事業主は、募集及び採用並びに前条各号に掲げる事項に関する措置であって労働者性別以外の事由要件とするもののうち、措置要件を満たす男性及び女性比率その他の事情を勘案して実質的性別理由とする差別となるおそれがある措置として厚生労働省令で定めるものについては、当該措置対象となる業務性質に照らして当該措置実施が当該業務遂行特に必要である場合事業運営の状況に照らして当該措置実施雇用管理特に必要である場合その他の合理的理由がある場合でなければ、これを講じてはならない。

簡単な要約は

間接差別とは、

性別以外の事由要件とする措置であって、

② 他の性の構成員比較して、一方の性の構成員に相当程度の不利益を与えるものを、

合理的理由がないときに講ずること

厚生労働省令における具体的な措置は以下

労働者募集又は採用に当たって、労働者身長体重又は体力を要件とするもの

コース雇用管理における総合職労働者募集又は採用に当たって、転居を伴う転勤に応じることができることを要件とすること

労働者の昇進に当たり、転勤の経験があることを要件とすること



統計的差別

Beckerの嗜好に基づく差別

直接の関係は無いけど文脈的に紹介が必要かな。

「ある企業一定の嗜好をもって被雇用者を選別する場合(白人がいいとか男がいいとか)、実際のパフォーマンス白人/黒人男性/女性で差がなくとも格差が生じる。ただし、それは経済的に不合理であり(より優秀な黒人白人を逃がす)、合理的被雇用者を選ぶ別の企業との競争で不利になるため、差別的な企業市場から淘汰されていく」という理論

Phelpsの統計的差別

統計的差別論にはいくつかのタイプがあるがここではPhelpsのものを紹介する。

「“雇用者側が評価する資質について、志願者/被雇用者には個人差がある”かつ“雇用者側が評価する資質について、志願者/被雇用者の属するグループ間に統計的な差が存在する”ことが前提。そのうえで、志願者/被雇用者個人資質を見極めるより、グループ間の統計的な差を知る/調べる方がコストが低く済む場合個人ではなくその属するグループに基づいて扱い(雇用の可否、賃金や昇進、教育投資等)を決定する方が(経済的に)合理的である。その結果、統計的差別は淘汰されずに市場に残り続ける。」

例を挙げるなら、ある女性社員個人が早期に離職するか分からない場合女性全体の統計的データをもとに長時間労働せず早期離職するもの判断してOJT等の投資を控える。

3人に2人の女性が早期離職する場合、大きなコストをかけて誰が辞めるか誰がそうでないかを見極めるより、全員に投資しない選択をした方が安く済む。

3人に1人の女性社員長時間労働を厭わず定年までバリバリ働く場合でも関係ない。合理性の前の致し方ない犠牲というやつである

別の例なら男性保育士男性女性より圧倒的に性犯罪を犯しやすいという統計的データにもとづき、男性保育士性犯罪リスクを厭って採用を見送るあるいは女性保育士より低く評価するなど。

山口先生は長年この統計的差別批判している。「差別はいけない」というだけでなく、「本当に合理的かそれ?」という批判である

詳しくは山口(2008,2010)でも読んでくれもう疲れた

完走できなかった感想

いやあ疲れました。ここまで書いてもうギブアップ。まだ件のtogetterまとめは続くけど、これ以上はキツい。精神的にも実作業的にも。

山口先生も災難だったろう。自分名前出して間違ったこと言ってる人がいるから訂正したら、論点ジャグリングしながら錐揉み回転で突っ込んでくるんだもん。そら逃げるわ。

この増田書くのに結構時間かけて文献読んで論理チェックしてと、得るものは無し。絶対コラムとか講演のために時間使った方がいいわ。不毛

そもそもネットバトル自体ツイッター歴1年と3カ月、総ツイート500ちょいのライトユーザーたる山口先生には厳しかろう。

もっとネットバトルに慣れてる、そうだなNATROM先生あたりならきっと最初に「まず“時短や離職で賃金格差が生じた”というのは撤回するということでよろしいですか?」とか詰めるだろう。

まれ、ここまで書いた分だけでも賢明諸君はいろいろ察してくれるだろう。僕ぁもう疲れたよ。

念のために言っておくが、山口先生や他の研究者が挙げている男女賃金格差の要素は、それぞれ解決すべき問題の一つである正体不明ファクターなんて対処しようがないからね。

しかしその解決社会的な要因あるいはシステムへの介入(企業自助努力だけでなく国からの援助も含む)によるものであり、個々人の意識や行動にそれを求める精神論はお呼びではない。

最後一言で件のtogetterまとめの流れを言えば、“起結転転転転転転転”。ではさようなら

参考文献

山口一男 (2008) 男女の賃金格差解消への道筋統計的差別経済的不合理の理論的・実証根拠日本労働研究雑誌 50(5), 40-68.

山口一男 (2010) 常勤者の過剰就業とワーク・ファミリーコンフリクトRIETI-DP 10-J-008

山口一男 (2014a) ホワイトカラー正社員管理職割合の男女格差の決定要因.日本労働研究雑誌 56(7), 17-32.

山口一男 (2014b) ホワイトカラー正社員の男女の所得格差格差を生む約 80%のメ

カニズムと要因の解明.RIETI-DP 14-J-046.

山口一男 (2016) 男女の職業分離の要因と結果―女性活躍推進の今一つの大きな障害について. RIETI-DP 16-J-001.

馬欣欣,乾友彦 (2016) 正規社員管理職になる決定要因およびその男女間の格差従業員企業マッチングデータに基づく実証分析―.RIETI-DP 16-J-015.

馬欣欣,乾友彦,児玉直美 (2017) 管理職における男女間格差 : 日本従業員企業マッチングデータに基づく実証分析 (小特集 日本格差問題).経済研究 68(2), 114-131

Gijsbert Stoet, David C. Geary (2018) The Gender-Equality Paradox in Science, Technology, Engineering, and Mathematics Education. Psychological Science 29(4), 581-593.

Gijsbert Stoet, David C. Geary (2020) Corrigendum: The Gender-Equality Paradox in Science, Technology, Engineering, and Mathematics Education. Psychological Science 31(1), 110-111.

Sarah S. Richardson, Meredith W. Reiches, Joe Bruch, Marion Boulicault, Nicole E. Noll, Heather Shattuck-Heidorn (2020) Is There a Gender-Equality Paradox in Science, Technology, Engineering, and Math (STEM)? Commentary on the Study by Stoet and Geary (2018). Psychological Science 31(3), 338-341.

ショーン君さぁ……

とある増田経由でこのtogetterまとめにたどり着いたが。これはひどい

山口一男(シカゴ大学社会学教授) vs 女子大生起業家 https://togetter.com/li/1659464

本来最初の2ツイートで終わった話。

山口先生の解析では山口(2008)で“男女の所得格差男性に比べ女性非正規雇用が多いことが一因ではあるが、より大きな原因は正規雇用者中の男女格差で、特に女性管理職昇進率が男性に比べ著しく低いことが要因だ”ということが示され、さら山口(2014ab)で勤続年数・就業時間・年齢・学歴職場の種類だけでは男女の管理職割合/所得格差説明しきれない(これらの項目が全て同じだったとしてもまだ大きな男女格差が残る)ことが示された(※1,2)。

まりショーン君の「山口一男氏を始めとして、多くの研究から所得の男女格差女性が辞めたり時短にした結果によって生じているもので、そうしなければ女性所得男性並みであることが分かっておりますので、女性も自信をもって主たる家計支持者になって大丈夫ですよ。」は間違い。

しろ何で山口先生名前出したん?たぶん読んでないでしょ君。それで本人から訂正されるって一番恥ずかしいやつぅ。

……とまあ本来はここで終わり。あるいは、少し後退して「賃金の男女格差の要因の一部には女性が辞めたり時短にすることが含まれうる」と主張を弱めるか。はたまた「貴方論文/解析は間違っている」と文献を挙げるか自分研究結果を出すか。

しかショーン君は別の道を選んだ。

※1:就業時間管理職割合関係因果が両方向(長く労働する社員管理職になりやすい/管理職になると労働時間が長くなる)だが、前者だけを考慮している。そのため、就業時間の実際の説明力は解析結果よりもっと弱い。

※2:平均の就業時間ではなく、就業時間区分に分けてその割合で解析している。理由としては平均値だとあまり男女差は無いが、区分分けすると“長時間労働者”区分割合で男女差が大きくなるため。平均差より区分分けして解析した方が労働時間説明力が高くなる。山口(2014a)では具体的に述べてはいないが山口(2014b)では週当たり平均労働時間の男女差は約4時間だが区分分けすると労働時間50時間以上の区分女性割合男性3分の1になる。

恐ろしく速い論点ずらし。俺じゃなきゃ見逃しちゃうね。

ここからショーン君は鮮やかな論点ずらしを見せる。「男女格差女性が辞めたり時短にした結果」という自分の発端のツイートとそれへの指摘は無視して、別の話を始める。

まあショーン君も実際に解析結果見て「あ、ヤベ」って思ったんだろうなあ。他の人の研究でも女の時短とか離職は数あるファクターの一つに過ぎないし。

『「男女格差女性が辞めたり時短にした結果」ではありませんよ。要素の一つにすぎません』に反論しようがない。

でも凄いよショーン君は。まるで最初からそう言ってたみたいに論点ずらすんだもん。ネット論客かくあるべし、みたいな?尊敬はしないけど。

女子大生起業家@DM解放中🇨🇳🇯🇵🇺🇸 @SeanKy_

まずファクト確認として、

1) 日本でも同じ勤続年数・職位・職階であれば所得の男女差はない

2) 日本所得の男女差はa.勤続年数・職位・職階分布の違いとb.職種分布の違いで説明できる

というのが基本かと思います

うんうん。まあもう少し言えば補正後も男女差は残るし、職階分布の男女差の説明変数の一つが勤続年数なんだけど、まあ細かいことはいいんだよ。

女子大生起業家@DM解放中🇨🇳🇯🇵🇺🇸 @SeanKy_

山口先生と私が違っているのはそのファクト解釈です。山口先生は例えば《意思決定ラインの登用には男性が優先されていると考えられ》とここに男女差別があるのだという解釈になっています。ですが、この解釈には直接的なエビデンスがありません。

うん?差別?突然出てきたが何の話だ。実際に解析結果では「係長課長部長という意思決定ラインの登用には男性が優先されている」し、少なくとも引用元では山口先生はそれを差別と呼んでいないぞ。

事務職コースみたいな、女性が多く(というか実質女性向け職)かつ賃金昇給が低く抑えられている企業コース制度のことは間接差別だと言ってるけど。

女子大生起業家@DM解放中🇨🇳🇯🇵🇺🇸 @SeanKy_

2020年管理職30%目標など企業努力しており、その中で問題になってくるのが「女性に昇進を打診しても断られる」「管理職候補だった女性寿退社してしまう」という問題です。女性の昇進意欲については山口先生の間接的データ解釈とは別に直接的エビデンス存在します。

うぅん!?“昇進意欲”なるもの唐突に出てきた。え?女の時短や離職で賃金格差が生じてるんじゃなかったの?

しれっと別の話始めないでよショーン君。たぶん山口先生も混乱したでよ。

女子大生起業家@DM解放中🇨🇳🇯🇵🇺🇸 @SeanKy_

例えば、『多様な選択可能にする学びに関する調査報告書』(gender.go.jp/research/kenky…)では女性の昇進意欲は男性のそれの半分です。パーソルの調査rc.persol-group.co.jp/research/activ…)でも同様の結果で、日本女性アジアの中でも管理職昇進意欲が最低で、男女のオッズ比も最も大きい。

女子大生起業家@DM解放中🇨🇳🇯🇵🇺🇸 @SeanKy_

女性に昇進を打診したのに断られる」という企業困惑は実際そうでしょう。引用から図表を持ってくるとこのようになります

女子大生起業家@DM解放中🇨🇳🇯🇵🇺🇸 @SeanKy_

この問題日本に限った話ではなく、例えばスーザン・ピンカーが「なぜ女は昇進を拒むのか」(hanmoto.com/bd/isbn/978415…)という本を書いていたりしますが、この本の主張はともあれ多かれ少なかれ「女性に昇進を断られる」という問題現実的な話ではあります

いやしれっと進めないでよね。それに女は昇進意欲が小さいんじゃい!と連呼されてもさ、それが職階分布の男女差をどれくらい説明できるのかなんも言ってないじゃん?(※3)

いやはややっぱりすり替えうまい。女は昇進意欲が小さいというエビデンスを、それによって職階分布の男女差ひいては男女の賃金格差が生じているというエビデンスに誤認させてる。

山口先生がただ結果を述べているだけなのを「男女差別があるのだという解釈」ということにして信頼を毀損しようとする。

やりますねえ!

※3:たしか昇進・労働意欲の影響を調べた解析もあった気がする。あ、これだ馬&乾(2016)。これだと係長への昇進は意欲で一部説明可能だが課長以上はできないって結果。ちなみにこの調査では、管理職割合については属性格差(人的資本の男女差)より評価格差(人的資本評価における男女格差。例えば同じ人的資本を持つ男女では男性の方がより評価されるなど)の影響の方が大きく、男女の職階差は差別的扱いに由来するもの結論付けている。馬ら(2017)でも昇進意欲の影響を見てるがこちらはもっと説明力が少ない。

アクロバティック!

女子大生起業家@DM解放中🇨🇳🇯🇵🇺🇸 @SeanKy_

次に、寿退社の話です。スローター仕事と家庭は両立できない?」とその種になっているコラム"Why Women Still Can’t Have It All"(theatlantic.com/magazine/archi…)やサンドバーグ「Lean In」では夫選びの重要性が説かれます。妻の出世に協力的な夫でないと出世は難しいと言う話です。

こらまたアクロバティックな方向転換。なぜに夫選びの話に?

43歳でFacebookCOO(その前はGoogle、さらにその前は米財務省首席佐官、その前はetc.)のスーパーウーマンシェリル・サンドバーグが「女のリーダーなすぎ!女だからって仕事辞めなくていいよ!子育て仕事も両立できるし、バリバリ働けばキャリアだって男に負けない!頑張れ頑張れできるできる!!」と抜かすLean In (悪意的要約)と、それに「いや無理だし」と返しているアン・マリー・スローターを同じ意図引用するってどういう脳みそだ。ほんとに読んだん?

夫選びに限定したって、サンドバーグは「理解のある夫くんが居れば無問題」、スローターは「夫は重要だけど、それだけじゃ無理」と言っている。

ちなみにショーン君の引用しているアン・マリー・スローターの文は日本語訳があるので置いとくよ。→https://courrier.jp/news/archives/77602/

女子大生起業家@DM解放中🇨🇳🇯🇵🇺🇸 @SeanKy_

最近共働き志向の中では「出世に伴う転勤・引っ越しについてくる配偶者か否か」という問題で表出しやすくなっています先生研究者ですからポストを得るのに引っ越し必要であり、現実的引っ越しについてくる配偶者か別居を選ぶかしか選択肢がないのはご存じでしょう。

女子大生起業家@DM解放中🇨🇳🇯🇵🇺🇸 @SeanKy_

ただし、引っ越しについてくる夫を選ぶ女性が極めて少ないのは、中野円佳「育休世代ジレンマ」(kobunsha.com/shelf/book/isb…)4章2「なぜ夫選びに失敗するのか?」や、

女子大生起業家@DM解放中🇨🇳🇯🇵🇺🇸 @SeanKy_

あるいは有名どころで上野千鶴子インタビュー(toyokeizai.net/articles/-/224…)にもそれは表れています他人白河桃子『「専業主夫」になりたい男たち』も同じ旨が書かれます

女子大生起業家@DM解放中🇨🇳🇯🇵🇺🇸 @SeanKy_

女性結婚相手選びで所得を重視するのは婚活産業少子化関連の調査から明瞭で、言ってしまえば女性自分出世邪魔になる夫を選んでしまうのですが、ここを変えようとしてもプライバシーへの干渉になるので、現実問題としてはここが非常に大きなボトルネックになっています

まだまだ続くよ夫選びの話。ええい印象論はいい。エビデンスを出せエビデンスを。

って言うか最初に言ってた寿退社の話はどうなった。転勤・引っ越し寿退社に何の関係があるんじゃ。

ちなみに山口(2014a)は制約は多いながらも「既婚および子供の有る女性/男性は、そうでない場合より昇進し難い/易い」という解析結果をだしている。あとさっき引用した馬&乾(2016)では結婚女性の昇進に影響なし、男性プラス

しか解釈は容易ではない(※4)。「夫が足引っ張るせいで妻が出世できない」のエビデンスには全く足りない。

あとこのツイートからわかるのはショーン君の「女が悪いフィルター」の強さかな

出世邪魔になる夫」の問題じゃなくて『「出世邪魔になる夫」を選ぶ女』の問題って言うんだぜ。賭けてもいいが、ショーン君ならDV被害DV男を選ぶ女の問題って言ってくれるはず。

※4:パターン単純化しても↓である

①/② 結婚男性/女性(の昇進)にプラス/マイナス効果を生じる

③/④ 独身男性/女性(の昇進)にマイナス/プラス効果を生じる

⑤/⑥ 昇進が男性/女性結婚プラス/マイナス効果を生じる

⑦/⑧ 結婚男性/女性(の昇進)に影響がない

①~⑥は全部同時に成立しうるし、①③⑤は⑦と、②④⑥は⑧と、⑦は⑧と排他である

さらプラス/マイナスが具体的に何によってもたらされるかも考えねばならない。超複雑!

後方宙返り3回ひねり

女子大生起業家@DM解放中🇨🇳🇯🇵🇺🇸 @SeanKy_

最後専門職の話。これは、実は「ジェンダーギャップ指数が良好な国ほど女性STEM系進学率が低くなる」現象があり、Gender-Equality Paradoxという名前他国でも問題提起されています(eprints.leedsbeckett.ac.uk/id/eprint/4753…)。

問題提起?されたなあ確かに。その論文Stoet&Geary (2018)の信頼性についてだがね。

発端はこの論文に興味を持った他の研究者がデータから結果の再現を試みるも失敗したこと。よく見たらデータ自体も合わない(例えばポーランド女性STEM学位取得率は43%だが、論文中では27%くらいになってる)ことが判明。著者らに問い合わせたんだ。

すると――聞いて驚け!――この論文の著者らはMethodsにも書いていない、非公開の独自計算方法を用いて数値を算出していたのだと。

でまあ指摘を受けた著者は論文の大幅な――元論文の1割以上、1,113語にも及ぶ――修正をしている(Stoet&Geary, 2020)。

その訂正の多さもさることながら、元論文では言い切っていたところを「傾向(propensity)」という弱い表現差し替えてる。つまり非公開の手法データいじって主張を誇張してたわけだ元論文は。

ぶっちゃけ個人的にはアウトもアウトな話だと思うんだけど、皆さんどう思う?

さらにそれを指摘した学者らの出したRichardson et al. (2020)では、国の数や男女平等指標等が変わるだけで男女平等STEM分野の男女格差の相関は消えることが示された(=Stoet&Geary (2018)に再現性なし)。Richardsonら曰く「複数指標手法を試して結果の一貫性確認すべき。自説に合う結果が出たやつだけ使うのはダメ」とのこと。

おっと、引用元解説を長々しすぎた。Gender-Equality Paradox云々は置いといて、ショーン君が言いたいことは分かるよ。「女の選好のせい。女が悪い」でしょう?

良い手だが、それは結局ファクターの一つを提示したに過ぎない。それの説明力や、それがどの程度社会的形成されたものであるのかが重要だ。

ちなみに山口先生の解析では、男女の専攻の選好は理工学部を除き、男女の職業分を説明しない。その理工学部にしても最大推定で約50%しか男女の職業分離を減少させない(※5)。

勘違いしないでほしいが、男女の選好の違いは男女のSTEM分野ないしより広い範囲職業選択において重要ファクター一つであることは間違いない。

論点はそれがどれくらい生物学的(対処不能)でどれくらい社会的(対処可能)であるかということだ。極端な主張の人達――100%生物学的 or 100%社会的――もいるがね。

※5:

男女の大学の選好の違いの多くは、男女の職業分離を説明しないが、例外理工学部女性の増大で、もし理工学部女性割合男性と同等になり、かつ彼女たちの職業分布男性理工学部卒の職業分布と同じになるという2条件が満たされるなら、タイプ1型(※6)の専門職割合の男女格差が最大の推定でほぼ半減すると期待できる。

(山口,2016より引用)

※6: タイプ2専門職教育・養育、医療健康看護社会福祉分野の専門職から医師歯科医師大学教授(教員)を除いたもの

タイプ1専門職医師歯科医師大学教授(教員)およびタイプ2に含まれない専門職

女子大生起業家@DM解放中🇨🇳🇯🇵🇺🇸 @SeanKy_

山口先生問題提起に対して

1) 元々出世意欲が低く打診しても断られる

2) 夫選びの指向寿退社が多くなる

3) 進学段階でSTEM専門職パスを選ばない

という問題があり、ここに手を入れたくても女性自由意志に反したり、プライベート干渉する必要あり難しくなるのです。

まるで“山口先生が知らない問題であるかのような口ぶりだが、2)と3)は山口先生の解析で男女の賃金格差の主因足りえないことが示されている(個別でも組み合わせても)。山口先生研究で(たぶん)扱っていない1)についても要因の一つたり得るがエビデンスは少ない。

1) → 出世意欲の男女差では賃金/管理職割合格差説明しきれない(調査も少ない)。

2) → 勤続年数が同じ(寿退社しない)でも格差は残る。また夫選びは勤続年数に影響を与えるファクターたり得るが、勤続年数そのもの

2020-12-20

組合員

我社もご多分にもれず、組合員は少なく、非組合員が多い。

なかなか納得がいかないのだが、パワハラだとか、意に沿わない配置転換だとかがあると急に組合に入ろうとする輩がいる。

困っている人をほっとくことはしないので、どうぞどうぞと入ってもらうのだが、そういうやつのいい加減なこと。

段落すると「迷惑をおかけしそうだから」とかいってまた組合を辞める。

また何年もかけて労働条件改善を実現する。

すると非組合員が「うちの会社理解ある」とほざく。

組合が粘り強く交渉たから実現したんだよ。バカ

フリーライダーな奴らは来世はゴミムシだと思う。

2020-12-05

いっそのこと飲食とか夜の街の人々を医療職に配置転換できたら人余りのところから人不足のところに人が動いて便利なんだけどな……

2020-11-12

anond:20201111124055

トラバブコメも「なんだ偉そうに」的な反応が目立つけど、増田はこういう職種従事者を劣った人間だとは言っていない。

世間から軽んじられている人々を憐れみ、それに気疲れしてるということが増田からは読み取れる。

もし今後増田自身がそういった生活余儀なくされても同じトーンで「模範的な”一般市民からうっすら侮蔑を向けられているのがつらい」と愚痴るんだろう。

おそらく地位や名声、収入格差QOL、交友関係といった格差にまつわる事柄が、

生い立ちや個人資質、今までかけてきた労力の差といったパーソナリティに集約されるのが、増田にとって不快なのだと思う。

僕は小売店でずるずるバイトを続けている身分だけど、誰と話しても「こんなとこでフリーターに甘んじてるような奴は思慮も複雑な感情もないただのでくの坊だろう」という前提で会話は進む。

大学院に通うバイト仲間もパートのおばちゃん毎日午後8時に同じものを買って帰るリーマン子連れ主婦徘徊する老人も毎日へとへとな店長も近所に住むが疎遠になってしまった幼馴染も、

みんな自分生活はだれにでも代替えできるものではないと思っている。

みんな「まああなたにはわからないでしょうけど」というものアイデンティティに組み込まれている。

でも実質的には障碍者でもないなら人間社会なんていくらでも配置転換可能だろう。

教育さえ施して周囲がそれ相応の扱いをするならば、

パートのおばちゃん大学院研究漬けになって若妻が企業戦士になりしなびたおっさん子どもを連れた主夫になり俺がへとへとな店長で幼馴染が孤独に惨めにずっとフリーターってこともあり得るはずなんだ。

各々人間の間に蔑みが生まれるほどの能力差なんてあるのだろうか。

でも今の生活が崩れるはずがないという安心を得るため、自尊心を埋めるために、人はそれを人間としての程度の違いとして扱っているんじゃないのか。

公権として格差規定して人を縛れば、それを個人パーソナリティと紐付ける余地はなくなる。

魚屋の息子だから魚屋になるしかないような社会なら、あんたは馬鹿から東大に進学できないのだというような発想はどこからも生まれない。

人として程度が低いかコンビニバイトしてるしかないのかと打ちひしがれるか、コンビニバイトするような身分じゃなければあれができたと空しく妄想してるか、

どっちがマシなんだってことが増田の言いたかたことなんじゃないの?

カーストでがちがちに決められているよりこの世界のほうが絶対的に良いって言える根拠ってどこにあるの?ってことでしょこれ。

2020-11-02

会社知的障害者を持て余してる

10月から子会社社員がまとめて転籍してきて一緒に働いてるんだけど、人事が子会社で雇ってた知的障害者を連れてきた

うちには障害者雇用専門のグループ会社があって軽作業とかを任せているから、子会社障害者本来はそこに配置されるべきなんだけど

「本人は高校卒業するまで健常者として生活してきて、スーツを着てデスクワークというのにすごく憧れを持っていて…」

って何だそれ

デスクワーク全くできないじゃん

元々子会社では農作業だったそうだし

結局まともにデスクワークできないから一日中あちこち拭き掃除したりコピー用紙補充したりとか、そんなのを「総合職」としてやってるらしい

掃除とか専門の業者委託してるからいらないしコピー用紙の補充なんか気づいた社員が気づいた時にやるからいらないんだけど

高校までがどうだったか知らないけど、他の社員に声をかけられた時の受け答えは完全に健常者のそれではないよ

ぼかさず言うとアウアウアー系

うちの上司が何事かとそっちの方を見るくらい

でもこういうのを本人の意に反して障害者雇用会社配置転換したらやれ差別だってなるんだよね

普通総合職は転勤も含めて配置転換なんか本人の意思関係ないんだけどね

会社はこれからどうするんだろう

2020-10-30

良い会社なら若手の離職率が下がるという間違い

良い教育提供する

→若手社員市場価値が高まり転職率アップ。

良い福利厚生

→まぁ、悪くはないんだけどもしど田舎ならあまり効果はない。

良い職場環境

和気あいあいとした職場?活気のある職場?良い職場環境なんて千差万別からまり効果はない。


効果のある施策

業務明確化効果中)

所謂ジョブディスクリプション。業務関係ない仕事カットインほどやる気を削ぐものはない。

給料アップ(効果大)

→月20から23万とかチンケなレベルじゃなくて、学生時代にしっかりと成果を上げているならそれに見合った給料を出す。

見合った給料合意プロセス

→難しいけどこれができたら大体の問題解決しそう。

どうしようもない無能社員ダメ社員特に年功序列で上がっただけのヤツ)を徹底排除効果大大)

ダメな先輩の存在は本当にやる気を削ぐ。降格、配置転換場合によってはクビも視野に。

そんな殺伐とした環境は嫌?

→そんなことはない。大抵職場殺伐とさせるのはどうしようもない無能だ。

どうしようもない無能とは?

バグが多いとかそういう類のものはチームで解決すべき問題だと思う。そうではなく終始業務分担の話をしたり、自分の尻を自分で拭こうとしなかったり、自分世界で一番不幸な人かの様に振る舞い他人の不幸、苦労に目を向けず仕事を平気で擦りつけてくる類の無能だ。

鬱病を患った人も場合によっては無能になる。正直マネージャーメンバーが期待する業務をこなせないなら、負荷の少ない業種への配置転換をした方がお互いの為になると思う。

「こいつ、仕事できねぇな」と部下から上司からも思われる職場仕事をしてたら絶対鬱が加速する。

この増田で言いたいこと。

・俺の後ろにいる鬱だと言えば何でも許されると思ってる俺より2倍くらい給料貰ってるあの人をどっか遠くへ飛ばしてくれ

2020-10-14

配置転換を命じられる可能性があった」のが

正規職員優遇理由になるのもよく分からんわ。

仕事内容と直接関係ないじゃん。

やっぱり職能給ではなく身分制

2020-08-26

anond:20200825185628

「人の目がないと仕事しにくい」というのは研究開発技能系の職種だと、「自分仕事にその程度のモチベーションしか持ってない」という意味なので管理職からしたら配置転換候補にあげとくべきだろう。

けど事務系でも、「リモートワークだと仕事しにくい」→「だからしない」ですませられるなら、上司目標設定管理能力がない。

結局は、with新型コロナ時代に合わせた、新しい仕事管理の仕方がまだ未成熟なだけで、今後、四苦八苦して整備されていくものなのだろう。

2020-08-14

組織に8年以上属したことがない

保育園:4年

小学校:6年

中学校:3年

高校:3年

大学:4年

大学院:2年

1社目:8年

2社目:1年

1社目の8年ですら這いつくばって死にそうになりながら耐えてやっと8年。

ずっと同じところにいると頭おかしくなりそう。

2社目は大企業から配置転換とかで気分転換できると良いなぁ。

2020-08-07

anond:20200807081338

リスクなくイケメンおっさんに迫られる」ならいいけど、それはフィクションの中だけの話でしょ。

現実社会関係の中でそういうことをしちゃったら、人間関係職務上の様々な問題が生じるわけで、しかも主導権を握ったのはおっさん側でも、なぜか女性側が配置転換されたり、リスクを引き受けさせられることは多いよね。

そういうリスクをあえて犯したいリスクジャンキーもいるだろうし(サークルクラッシャーってのはそういう人なのかもね)、リスクに対する想像力が欠如している人もいるだろうけど。

2020-08-03

anond:20200803092923

事務所内において事業主労働者に対して性的関係要求したが、拒否されたため、その労働者解雇すること。

出張中の車中において上司労働者の腰、胸などに触ったが、抵抗されたため、その労働者について不利益配置転換をすること。

営業所内において事業主が日頃から労働者に係る性的事柄について公然発言していたが、抗議されたため、その労働者を降格すること。

事務所内において上司労働者の腰、胸などに度々触ったため、その労働者苦痛に感じてその就業意欲が低下していること。

・同僚が取引先において労働者に係る性的な内容の情報意図的かつ継続的に流布したため、その労働者苦痛に感じて仕事が手につかないこと。

事務所内にヌードポスター掲示しているため、その労働者苦痛に感じて業務に専念できないこと。

こんなことできるの?すごいね

2020-05-26

育児から逃げたくなった

育児のことでうつ病になった。

薬も飲んでるし定期的にカウンセリングも行ってる。仕事休職中。

長い長い休校期間で子どもとずっと一緒の生活休職したのは体を休めるべき時期なのに、うつ病の原因となったものと表裏一体の暮らし

これがとても辛い。

自分の子供なんだから責任を持て」と言われるのはわかっているけれど逃げたい。

仕事うつになったなら仕事休職するか辞めればいい。パワハラ上司うつになったら違う職場配置転換転職したらいい。仕事うつになったなら逃げる方向性が明確である

自分の子ものことでうつ病になった場合はどのようにして逃げるべきなのか、それとも逃げられないのか、少し距離を取るだけにとどまるのかがよくわからない。

現状は疲れてきたらなるべく子どもそばに行かない、という物理的な距離を保ったり、家族の協力を得て、時々子どもたちを預かってもらっている。しかしそれは逃げ、というより、距離置き程度な気がする。心は逃げることを望んでいる。そうでもしないと自分の体を傷つけてしまいそう。

どうやってこの気持ちと折り合いをつけつつ、うつ病から回復していったらいいかわからん

2020-04-16

産業構造が変わるくらい、新しい産業は稼げているか

コロナによって産業構造が変わるとか、新しい産業への配置転換が始まるとか言われているが・・・

今のところ自動車しか日本では稼げてない。半導体関係は軒並み衰退した。

Googleだ、Amazonだ、Facebookだ、Microsoftだとか言われるが、国内企業が主導権を取れているものがない。


これからソフトウェア時代だ、と言われ続けているが、AppleGoogleアップデートに振り回されている。

メディア黒船の方が視聴率取れるのか、そちらばかり注目される。目立たないか国内への投資もされない。

色々と時代遅れだとかはあるが、最先端コードだけでお金を出してくれる人ばかりではない。

2020-04-12

コロナを機にテレワークができる産業かに産業構造変わった方がいんじゃないのか

人が少ないっていってるのだから配置転換できるところはしたほうが。

2020-03-22

コロナで今後起こりそうなこと

 妄想だがいい線いってる。

 増田メモっておく。

 3連休活動的国民諸氏の活発な移動により、あちこちクラスタが出来たと思う。(一番はSSAでやってる奴かもしれない)。

 医療資源の局地的枯渇、主に人口密集地において。全体の崩壊にはまだ余裕がある。

ここでかねがね行政が温めていた「東京老人地方移住計画」の逆回転を図る。

東京老人地方移住計画地方高齢化率のピークと、首都圏高齢化率のピークにズレがあるのに目をつけた行政

地方で先行して「老人福祉最適化した」医療資源をそのまま使おうという魂胆で、需要者を強引に地方移住させて首都圏医療体制の変更に伴う負担回避しよう、というアイデア

ここでは需要者を地方押し付けようという発想だったけど、そうではなく、医療資源供給者を集団生地へと配置転換する。

この際に転換するのは人工呼吸器など特に不可欠な資材。これを地方特にまだコロナの発生していない地域から不要不急の装備」として感染集団生地移転する。

地方からはもちろん反対の声が上がるが、この時アシストになるのが高齢者ヘイト世論

地方はどうせ高齢者しかいない、贅沢な高齢者福祉で使わなくていいのに使われている資源はより緊急に必要とする若者に充てられるべき、という空気が急速に醸成される。

・この先はどうなるか分からんけど、こんな感じで都市部資源を集中してどうにかする、という発想が出てくる。

田舎ヘイターブクマカはてなーには、ある意味喜ばしい展開。

田舎でもしこの先感染爆発があったとしても、そこで医療アクセスできず、不十分な医療によって間引かれるのは「田舎者」でありダイキライな「高齢者」だから

この気分は割とネット上では共有されてるっぽいので、こうした政策の実行に際する抵抗は薄いとみている。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん