「ラヂオの時間」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ラヂオの時間とは

2019-09-03

三谷幸喜が好きだった話

かつて私は、三谷幸喜が好きだった。

その飄々としててちょっとネガティブで、でも面白いものを書くことに真剣な、三谷幸喜とその作品が好きだった。

以前はドラマでも映画でも舞台でも、なるべく追いかけていた。

王様のレストラン」のお洒落さとユーモア。「古畑任三郎」のイヤミスブラックさと程良いミステリー感。大河ドラマ新選組!」の熱い青春ストーリー

HR」なども、革新的な挑戦だっただろう。

「恐れを知らぬ川上音二郎一座」は綱渡りのような舞台にずっとハラハラするのに爽やかだった。

「おのれナポレオン」は舞台をフルに生かしていて観客ごとナポレオンの思惑に巻き込まれるような感覚を覚えた。

映画では「ラヂオの時間」が好み。

「ありふれた日々」も単行本を買っていた。DVDも揃えていた。

もっともこれくらいのファンなら、にわかに過ぎないだろうということもわかっている。

ところが、近年の作品になるにつれ「あれ?」と思うことが増えた。

お約束の畳み掛けネタに笑えない。

「この役者さん、前も似たような役で出てたな……」と思う。

どうにも面白くない。退屈で欠伸が出る。

清須会議」は開始15分しないうちに睡眠導入用BGMになった。

真田丸」は「新選組!」に比べて作品から勢いが感じられず、周囲で絶賛されている理由が全くわからなかった。

ちなみに「ギャラクシー街道」は予告から絶望した。もはや語りたくも無い。

私の嗜好が変化したのもあるだろう。

三谷さん自身プライベート生活環境の変化が、作風に影響したという事情もあるかもしれない。

いずれにせよ、大好きだったはずのものが次第に受け付けなくなるのは悲しい。決定的な理由、大きな理由も思い付かないから余計に虚しい。

ただ、最近はいわゆるアンチ意見のほうが納得出来てしまう。

信者も受信者も歳を重ね考え方が変わっていく以上、仕方のないことなのか。

ところが先日、某局で二時間ドラマ枠で「君たちがいて僕がいる」が再放送されていた。

実演販売人を主役に据えた、人情コメディである

なお、若かりし日の渡辺謙石黒賢メインキャスト(この二人が今も第一線で活躍している時点で凄い)。

期待はしていなかったが三谷作品の中では見たことが無かったので一応と思って録画し、暇だった今日の午後に見ることにした。

面白かった。

時間ドラマなのに人は死なず、ミステリーサスペンスもお色気も無い。

もちろん特別予算をかけたようなシーンも無く、舞台の大半は地方商店街駅前で画面は至って地味だ。

ほとんどが渡辺謙の軽妙な実演販売トーク石黒賢の執念めいた奮闘で成り立っている。

ネタバレは避けるが、「衝撃のラスト」なんていう安っぽい展開も無い。

でも、面白いのだ。

テンポの良い会話が疲れた心に心地良い。染み入る人情が胸に刺さる。

くすっと笑った所で、はっとした。

私がかつて三谷作品に求めていた、そして今も求めている、あたたかな笑いがそこにあった。

新作映画の公開に向けてテレビ露出されることも最近また増えたが、私はその度にチャンネルを変える。

三谷さんの「面白さ」がほとんどもうわからいからだ。

作品についても、当人についても。

それでも多分、これからも私は、少なくとも過去三谷作品についてはことあるごとに見続けると思う。

名作は廃れない。

かつて面白いと思ったものは、大抵は変わらず面白い

新作の「記憶にございません!」はどうだろう。

面白い、と思えない可能性が怖くて映画館に行くのを躊躇う映画など、正直私にとっては三谷作品くらいかもしれない。

しかし、「君たちがいて僕がいる」を見たことで少し気持ちが揺らいだ。

……あと10日ほど、迷ってみようかな。

2019-03-11

カメ止めつまんない

カメラを止めるなという映画

要はマイナー映画の中からこんな面白い作品発掘した俺カッケーってことでしょ?カメ止め推してる人ってあんまり映画見てない層だよね。三谷幸喜ラヂオの時間だっけ?アレと似た構成じゃん。

2019-03-09

カメ止めの適切な評価

初見の楽しみが大きい作品からネタバレ禁止空気ができて、でも面白いと評判になると期待値が上がりすぎてよくない。

「言うほど面白いか?」という感想は期待しすぎるほど出てきやすいのではないか

役者全員ほぼ素人自主映画がここまでヒットしたのは大したものだが、「自主制作にしては」といったゲタをはかせてもらった上でのものだと思う。

たとえば「面白いとき三谷幸喜程度には面白い」くらいにしておけば、過剰な期待を煽らずにすんだのではないか

「ショウ・マスト・ゴー・オン」とか「ラヂオの時間」なんかは同じ種類のシチュエーションコメディだしね。

プロデューサー役の関西弁のおばちゃんが今後どういう仕事をするか期待してる。

2018-08-15

三谷幸喜ファンが「カメラを止めるな!」を見てきました。

この作品ネタバレの有無とあわせて語られることが多いけど、公式サイト掲載されてる文章ネタバレになるんだろうか。

http://kametome.net/introduction.html

---

とある自主映画撮影隊が山奥の廃墟ゾンビ映画撮影していた。​本物を求める監督は中々OKを出さずテイクは42テイクに達する。そんな中、撮影隊に 本物のゾンビが襲いかかる!​大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。

”37分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップゾンビサバイバル!”……を撮ったヤツらの話。

---

この「構造」について明かしているということは、ここがばれても映画面白さを損なわないという目論見があるのだろう。

そして、自分もそう思う。

映画を見ながら何度も笑ったけど、この構造あくまで前提であり、その上でおこるドタバタの積み重ねとそのスピード感が笑いの対象だった。

映画を見ながら思い返したのは「ラヂオの時間」と「THE 有頂天ホテル」。

区切られた時間・制約の中でゴールにむかって邁進するも、いろんな邪魔はいり、それに立ち向かう中で笑いが起きる。

前者が制約に重きが置かれ、後者邪魔(とそれへの立ち向かい)に重きが置かれているとするなら、カメラを止めるな!はそのハイブリッドなんだろう。

素直に笑えて楽しい映画でした。

2018-05-20

804

1977

幸福の黄色いハンカチ

青春の門 自立篇

竹山ひとり旅

八甲田山

はなれ瞽女おりん

1978

事件

愛の亡霊

鬼畜

サード

柳生一族の陰謀

1979

復讐するは我にあり

あゝ野麦峠

衝動殺人 息子よ

太陽を盗んだ男

もう頬づえはつかない

1980

ツィゴイネルワイゼン

父よ母よ!

動乱

二百三高地

遥かなる山の呼び声

1981

STATION

ええじゃないか

日本の熱い日々 謀殺・下山事件

泥の河

遠雷

1982

蒲田行進曲

鬼龍院花子の生涯

疑惑

未完の対局

誘拐報道

1983

楢山節考

家族ゲーム

細雪

戦場のメリークリスマス

南極物語

1984

お葬式

おはん

瀬戸内少年野球団

天国の駅

麻雀放浪記

1985

花いちもんめ

恋文

Wの悲劇

それから

ビルマの竪琴

1986

火宅の人

植村直己物語

キネマの天地

新・喜びも悲しみも幾歳月

人間の約束

1987

マルサの女

竹取物語

ハチ公物語

夜汽車

吉原炎上

1988

敦煌

異人たちとの夏

ダウンタウンヒーローズ

華の乱

優駿

1989

黒い雨

あ・うん

社葬

本覺坊遺文 千利休

利休

1990

少年時代

櫻の園

死の棘

白い手

1991

息子

あの夏、いちばん静かな海

大誘拐 -RAINBOW KIDS-

八月の狂詩曲 (ラプソディー)

無能の人

1992

シコふんじゃった。

いつかギラギラする日

青春デンデケデケデケ

遠き落日

ミンボーの女

1993

学校

月はどっちに出ている

虹の橋

僕らはみんな生きている

わが愛の譜 滝廉太郎物語

1994

忠臣蔵外伝 四谷怪談

居酒屋ゆうれい

119

四十七人の刺客

ラストソング

1995

午後の遺言状

きけ、わだつみの声

写楽

Love Letter

1996

Shall we ダンス?

学校II

スーパーの女

スワロウテイル

わが心の銀河鉄道 宮沢賢治物語

1997

もののけ姫

うなぎ

東京日和

誘拐

ラヂオの時間

1998

愛を乞うひと

踊る大捜査線

学校III

カンゾー先生

HANA-BI

1999

鉄道員 (ぽっぽや)

菊次郎の夏

金融腐蝕列島 呪縛

御法度

梟の城

2000

雨あがる

十五才 学校IV

バトル・ロワイアル

ホワイトアウト

2016-03-20

2015後半・2016年に読んで面白かった漫画たち

順不同

一応ネタバレ注意

出会って5秒でバトル

出落ちみたいなタイトルだけど、王道異能力バトルもの

ある日突然、謎の組織拉致され、能力を与えられた一般人たちが、命がけのバトルを強制される、というありがちなストーリー

まだ話数が少ないが、主人公が頭を使ってトリッキー能力いかすタイプなので面白くなりそう。

登場人物が不自然ペラペラ自分能力を話したりしないのも良い。

波よ聞いてくれ

作者は、無限の住人とかブラッドハーレーの馬車の沙村広明

素人主人公ラジオパーソナリティになる話。

理由は分からないけどなんか面白い

主人公性格がさっぱりとしてるところとか、主人公の語りが面白いところが要因かも。

ラジオドラマアナログ音響効果というとラヂオの時間っぽい。

グッド・ナイトワールド

作者は「世界鬼」の人。

ネトゲ舞台

まだあんまり先が見えないけど設定は好き。

魔法少女サイト

よくある異能力モノに魔法少女要素を少しだけまぶしてスプラッターとかを足した感じ。

同じ作者の魔法少女オブザデッドと同じで、絶望的な展開で風呂敷を広げていくところは面白い

うまく畳めるのかが少し心配

サツリクルート

異能力で就活というのが斬新。

主人公が地味な能力なので今後どうなるか楽しみ。

財閥関係就活の設定とかは無理矢理な気もする。

2015-11-29

[]11月29日

○朝食:なし

○昼食:どん兵衛

○夕食:キャラメルコーン焼き鳥の缶詰

調子

風邪がぶりかえさないよう安静に布団で横になっていた。

明日からお仕事なので、ちゃんと行けるようにゆっくりむきゅーむきゅーした。

Netflix

レンタルビデオをなんだかんだで毎週借りてるのを考えると、こういうのの方がいいかなーって思って登録

いろいろあるなかでNetflixにしたのは、めしばな刑事たちばな咲-saki-シリーズがあるってのと、

XboxOneでも見られるってのが理由かなー。

仮面ライダーW 運命ガイアメモリ

平成ライダー第二期一作目の劇場版

僕は仮面ライダーの中でもこのWがかなり好き。

その中のいろいろあるエピソードの中でもこの劇場版は屈指の出来。

特に9つのフォームを使い分けながら戦うWとエターナルのバトルは何度見ても飽きないなあ。

あと台詞回し

切り札は常に俺のところにくるようだぜ」

「僕は人間で、探偵で、仮面ライダーだ」

「いまさら数えられるか」

などなど、名台詞オンパレード

何度見てもいい出来だなあ。

魔法少女まどかマギカ10話「もう誰にも頼らない」

言わずと知れた超有名アニメの超有名エピソード

オーラスオーラスオープニングテーマコネクト」が流れるところは何度見ても感動してしまう。

ラヂオの時間

僕が選ぶ日本一イケメン唐沢寿明が登場する映画

ちなみに僕が選ぶ日本二位のイケメン佐藤浩市が登場する映画ザ・マジックアワーも見られるのでいつか見ようと思う。

(あれ、二つとも三谷幸喜だな)

閉鎖劇、コメディお仕事論、僕の好きな要素がたくさん入った大好きな映画

それにしても、唐沢寿明は格好いい。

2011-05-13

催ニー

ラジオドラマには無限可能性がある」はラヂオの時間の中のプロデューサーセリフだけど、

催ニーの音源やばい無限可能性ある。

いや、催眠にかかったわけじゃ無いんだ。全然かすりもしない感じだったんだけど、これはくる。

普通におかずとして最強だ。

エロメディア受け手にこんな近いのは他に無いんじゃないか

これ以上を目指すとすれば、おそらく道具だ。

突っ込んだり、突っ込まれ系も敷居下げそう。

ストーリー中にどういうふうに使うか触れられていればある意味チュートリアルになる。

2009-07-13

ドラクエ9やってみた ★★★☆☆

あまりの前評判の酷さとamazonの酷評で興味を持ち購入した。

発売日翌日に近所の某巨大おもちゃ屋で普通に入手!

時間やってみて・・・

所々、オンラインアクションゲームだった頃の名残が目立つ。

そしてそれが現在仕様に全然合ってない。

単純に作りこみが浅いというより、ある程度仕様が確定してから無理矢理方向転換させたような応急処置感を感じる。(映画 ラヂオの時間みたいな感じ)

その部分にさえ目をつぶれば、ストーリーも今のところ問題ないし、バランスなんかむしろ良いと感じる、良くも悪くも普通RPGだった。

結局、発売の延期を含む告知の仕方が壊滅的にヘタクソだったってのが多くのアンチを生んだ原因なんじゃあないかなーと思った。

正直、3>4の時の変化の方が衝撃的だったんだけど、少数派なのかね。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん