「数学科」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 数学科とは

2017-06-25

これから時代数学科物理学科は使える。

理学部系(数学科物理学科)は使えないと言われながら進路を決めて来たけど、

ITが発展してきた今、データサイエンスとか金融系のアナリストとか言われてる分野じゃめっちゃ強いやんけ。

わい工学部、圧倒的劣等感に苛まれる。

外資系投資銀行クオンツとかアクチュアリは数学科物理学科が強いし、お給料バカ高いよ。うらやましいよ。


暗号理論情報幾何学宇宙物理学、楽しそう。

2017-05-23

結構身に染みる話だ

数学科ならアクチュアリ系の資格統計系の資格を今から取ることもできるかもしれないですね。

アクチュアリの全部門資格を取れれば保険業界に引っかかるかもしれません。

http://anond.hatelabo.jp/20170523021920

2017-03-30

一応理学部数学科というところを卒業しているのだけどSPI全然出来なくて泣いた

2017-03-02

1500円以内のおすすめの本(数学情報科学)を教えてください

会社お金で、ある上限金額まで本を買えるのですけど、あと1558円残ってしまいました。

この金額以下で買える何かおすすめ数学情報科学の本をご存知でしたら教えてください!


このあたりの本は大抵2000円超える気がしますが、安くておすすめがあれば知りたいです!


ちなみに、

私は数学普通理系大学生並に(数学科理論物理に及びませんが)学びましたが、

情報科学ほとんど勉強していないです。

情報科学では、入門的でためになる本を知りたいです。

数学応用数学分野に興味があります

(四月から働き始めるので、仕事に対する考え方とかメンタル的な話にも興味があります。)

2017-01-03

塾講バイト中学生必要条件十分条件を教えた

私は某大学数学科学部生です。塾でアルバイトをしており、先日、中学1年生のクラスで1次方程式の解き方を教える機会がありました。その際に起きたことについて書いておこうと思います

私の認識では、中学数学において「4x-6=xを解く」とは「4x-6=xを満たす実数xをすべて求める」ということです。中学数学参考書は「4x-6=x, 3x=6, x=2」という書き方しかしておらず、これでは、「4x-6=x⇔3x=6⇔x=2」なのか「4x-6=x ∴3x=6 ∴x=2」なのか分かりません。前者であれば問題ありませんが、後者であれば論理的に不完全であり、x=2が実際に4x-6=xを満たすことを確かめねばなりません。

中学1年生にこのようなことを話半分に説明したところで、理解してもらえるはずありません。しかし、このことは本質的であり、また、中学校曖昧にしたまま方程式を解かせるから高校数学論理と集合で多くの人が躓くのだと私は考えています。そこで、1コマまるまる使って論理命題必要条件十分条件の授業を行いました。それから、1次方程式を解くときの式変形では式だけを並べるのではなく、式と式の間に⇔か∴を挿入し、その論理構造によっては検算も行うように指導しました。結果、生徒の多くは戸惑いながらも喜んで授業を吸収してくれ、小テストでも多くの生徒の理解確認することができました。

ところが全く予期しないことに、保護者数名から苦情が入ったようで、塾長からかなり厳しく叱られてしまいました。「教えるべきレベルを逸脱している」とのことでした。塾長英語国語社会担当数学素養がないのもあるのか、方程式を解くということについて必要条件十分条件概念本質的であり、教える必要があるのだと力説しても、「必要ないし、普通の内容を教えることに時間を使え。ここでの方針に従えないならしかるべき措置をとる」とまで言われる始末でした。

仕方がないのでそれからテキストに徹底的に従って授業していますが、指導方法について、私が間違っていたのでしょうか。モヤモヤしています

2016-11-27

掛け算の順序には意味がある

私は,某国立大理学部数学科学生です.先日,掛け算の順序問題についてどう思うかと友人に尋ねられました.その際に,友人と議論したことを踏まえて,私の意見をまとめておこうと思います.

1. 掛け算の順序には意味がある.

 掛け算の順序には意味があります.インターネットには「掛け算の順序には意味なんてないのに,うちの子担任意味があると教えている! 文章題の採点も,"正しい順序"の式を書いていないと間違いにされてしまう!」と激怒する親御さんが度々現れますが,文章題の採点基準については後述するとして,なんにせよ,掛け算の順序には意味があります.

 小学校では,「3×4」を「3+3+3+3」で《定義》しているはずです(もちろん,「3×4」を「4+4+4」で《定義》してもよいのですが,そのように教える先生はいないでしょう.この文章では,以下「3×4」を「3+3+3+3」で《定義》しているものとして話を進めます.)つまり,「3×4」は「3+3+3+3」という《意味》であり,「4×3」は「4+4+4」という《意味》です。掛け算に意味がない,つまり「3×4」と「4×3」は同じ《意味》だと言う人は,「3+3+3+3」と「4+4+4」が同じ《意味であると言っているわけですが,そんな馬鹿げたことがありうるでしょうか.

 「でも,実際に3×4=4×3になるじゃないか!」と言う人がいるかもしれません.確かにそうなります.しかし,「3×4=4×3」とは,言い換えれば,「3+3+3+3=4+4+4が成立する」という定理なのであって,全く非自明なことです(敢えて"非自明"という言い方をしましたが,乗法交換法則を,小学生にも分かるように説明できる大人は,そう多くないのではないかと思います).

2. 文章題を「正しく」理解するということ.

 小学校における文章題の採点で最優先すべきは,「正しく」理解していない生徒にマルを付けたり,「正しく」理解している生徒にバツを付けたりすることがないようにすることです.

 さて,文章題を「正しく」理解するとはどういうことでしょうか.例を出して考えてみましょう.

問題:1皿につき5つの飴が入っており,皿は全部で3皿あります.さて,飴は全部でいくつあるでしょう.

解答例A:5×3=15 答え15個

解答例B:3×5=15 答え15個

 ここでは,実際の教育現場先生がこれらの解答をどう扱うべきかという話はしません.これらの解答を書いた生徒がこの問題をどのように捉えていれば,この問題を「正しく」理解している,あるいは「正しく」理解できていないことになるのか,という話をします.

 解答例Bについてのみ議論すれば十分かと思われますので,解答例Aについては各自で考えてください.

 解答例Bを書いた児童が, 例えば以下のように捉えているならば,この問題を「正しく」理解しているとは言えません.

生徒X:飴が1皿につき5個入っていて,皿は全部で3皿ある.従って,飴の総数は5+5+5=3×5=15個(※掛け算の《定義》が分かっていない)

生徒Y:数字の3と5が出てきたから,3×5=15個(※最も危惧すべきパターンです)

 逆に, 解答例Bを書いた児童が, 例えば以下のように捉えているならば,この問題を「正しく」理解していると言えます.

生徒Z:飴が1皿につき5個入っていて,皿は全部で3皿ある.従って,飴の総数は5+5+5=5×3,ところで掛け算の交換法則から,5×3=3×5=15個

生徒W:皿は3皿ある.もしも1皿につき1つの飴が入っていたとしたら飴の総数は3である.ところが,実際は,飴は5個入っているから,飴の総数は3+3+3+3+3=3×5=15個.

 要するに,「3×5」という立式をする際に,「3+3+3+3+3という計算をするのが妥当な状況である理解している」あるいは,「5+5+5という計算をするのが妥当な状況である理解しており,かつ,掛け算の交換法則理解している」状況のとき,「3×5」と立式した生徒は,この文章題を「正しく」理解していると言えます.

3. 実際の教育現場での採点基準について.

 2.での議論を踏まえれば自明に分かる通り,立式だけでは必ずしもその立式をした児童文章題を「正しく」理解しているかどうか判断することはできません.従って,別の方法判断せざるを得ないわけです.私は,式を書くスペースの他に,図や文章説明する余白を設けて,児童記述させればいいのではないか,と思います.授業中に,そういう説明の仕方についての指導も行えばなおよいのではないでしょうか(式を書くだけでなく,その説明もするという訓練はとても大切なことですし,理解度が深まることも期待できます).もちろん,式は正解になりうるが説明欄が意味不明という状況もあるでしょう.そういう児童に対しては,個別に「これはどういう意味なの?」と訊き,十分な答えが得られたら正解にしてあげるべきだと思います.「そんな時間や労力はない!」などと言われそうですが,理解していない生徒がマルをもらったり,理解している生徒がバツをくらったりする現状は,やはり異常ではないでしょうか.

追記1.

ですから先生は,掛け算の《定義》を児童にきちんと伝えておくことが必要だと思います.

追記2.

インターネットには,Zは可換環から云々との意見がありますが,小学生にとって自然数は,極めて素朴な対象として存在しているのであって(人類にもかつてはそうだったのでしょう),従って小学校算数は,小学生にとっても直観的に明らかな事柄から,内容を自然拡張するようにカリキュラムを組むべきだと思われます.掛け算を習ったばかりの小学生にとっては,「×」は可換環Zに定義された乗法ではなく,前の数を後ろの数の回数だけ足すという記号です.

2016-11-09

東大卒っぽいはてなブロガー

ブコメから勝手想像しただけなんだが、ここら辺の人たちは高学歴ぽい。

asazuki508

私も同じような感じだった。おそらく、図学も得意なはず。化学論理的な刺激があまりなくてつまらない。

kotobukitaisha

東工大数学専門の特別入試とかあったはずだから、そちらを狙ったらどうか

nagisabay nagisabay

理数系オール満点国語8割英語5割はいたなあ

chazuke

高2ならまずまず。高3だと、浪人視野に入れるほうが、、おすすめ阪大数学科

hidamari1993

英語もうちょいできないと辛いな

hyougoishin7

まあ、化学なんか覚えるだけやからどうとでもなる気がするが。

augsUK

自分の知ってる数学もの凄くできる人は国語英語も恐ろしくできた。脳のできが根本的に違うくらいじゃないと数学理論物理で食ってくのは難しいのかなと思ってる。

Luigitefu

現役でこの時期この点なら余裕やろなぁ。なお、化学物理と合わせての時間制限なので、多分物理時間配分多く割振ったために低得点なだけと思われる。国語の点数が一番レア

2016-10-24

http://anond.hatelabo.jp/20161024040352

こういう子ども実在するとしたら、数学科に行くんだろうなあって思った

ばりばりの理系っつーのかな

自分には全然理解できん世界だわ

0.999999... = 1 が理解できない中学生

中学生「0.999999... = 1 に納得がいきません.なぜこれが成り立つんですか?」

先生分数 1/3 を小数で表すと 0.333333... ですね.つまり

1/3 = 0.333333...

です.両辺を 3 倍すれば

1 = 0.999999...

になります

中学生ちょっと待って下さい!まず

1/3 = 0.333333...

っていうのはなんですか?」

先生「1 ÷ 3 を筆算してみればわかるように,商の部分には最初の 0. のあとは

ず〜っと 3 が続きます.その様子を表現したのが 0.333333... です」

中学生「なるほど,ただの表記法ということですね.でもその場合,0.333333... を

3 倍したのが 0.999999... になるのはどうしてですか?」

先生「例えば,0.333場合で考えてみましょう.これを 3 倍したら 0.999 ですよね?

0.3333 の場合は 3 倍すると 0.9999 です.これは 0. のあとに 3 が何個ある場合でも成り立ちます

中学生ちょっと待って下さい!確かにそうですが,それは 0. のあとの 3 の数が 3 個とか 4 個とか,

もっと多い場合,例えば 100000 個ある場合ですよね?

一方,この表記法は 0. のあとの 3 の数が ◯◯個あるとはいえません.

から,それに 3 倍するって計算はできないんじゃないでしょうか?

実際,0. の一番右側の 3 がないから,筆算ができません」

先生ぐぬぬ

小学生もっというと,0.333333... がただの表記法にすぎないなら,0.999999... っていうのだって

0.333333... を 3 倍した数を表記しているだけってことですか?

ただの表記法問題なのであれば,わざわざ 0.999999... って書かなくたって

0.333333... × 3 = 1 と書けばいいんじゃないですか? 1/3 = 0.333333... なんだから,3 倍したら 1 なんだし.

そう考えてみると,0.333333... × 3 をわざわざ 0.999999... と書く意味はなんなんでしょうか?」

先生「それは,0.333333... × 3 が 0. のあとに 9 が無限に並んでいる数,つまり 0.999999... に

ピッタリ等しいということを表現したいからです」

中学生「あれ?0.333333... とか 0.999999... というのは筆算の結果を表現したものではなかったのですか?

でも 0.999999... って何を筆算したら出てくるんだろう?

あ!1 ÷ 1 の筆算で,最初に商に無理やり 0. を立てれば 0.999999... が出てくるけど,だからなんなんだろう?」

先生ちょっと話がそれてきたので,今までのことは一旦忘れて,別な説明をしてみます

x = 0.999999... (1)

とおきます.これを 10 倍すると

10x = 9.99999... (2)

です.(2) から (1) を引くことで

9x = 9

が出てきます.よって,x = 1,つまり

0.999999... = 1

が成り立つことがわかりました」

中学生ちょっと待って下さい!なんか騙されている気がします.

まず,10x = 9.99999... というのはなんですか?」

先生「x の両辺を 10 倍しただけです.

0.999999... は 0. のあとに 9 が無限個続くので,10 倍したもの9. のあとに 9 が無限個続きます

中学生「うーん,なんか騙されているような…….

9x = 9 が成り立つのは何故ですか?」

先生「(2) から (1) を引いただけです.

「x = 0.999999... は 0. の後に 9 が無限個あるので,

10 倍したあとも 10x = 9.999999... のように

9. のあとに 9 が無限個続くのでこうなります.」

中学生ちょっと待って下さい!それっておかしくないですか?

0. のあとの 9 の数が 3 個の場合を考えてみると,

x = 0.999 (1)'

10x = 9.99 (2)'

となって,(2)' から (1)' を引くと

9x = 8.991

よって,x = 0.999 になりますよ!なんで無限個のときはこういうことが起こらないんですか?」

先生ぐぬぬ

※どう?皆さんは説明できる?

個人的には 0.999999... = 1 が成り立つことを,

中学生いかなる質問にも対応しながら説明できる割合は(※中学数学範囲を超えても良い)

小学校教員 0%

中学校教員 0%

高校教員 5 %

理系大学生 10%

数学科学生 30%

だと思ってる.

2016-08-26

仙台高専学科改組で何が変わるのか?

仙台高専では来年から学科改組が行われるようです。

http://www.sendai-nct.ac.jp/news/2016/07/13/newly-004002.php

この変更点は大雑把に言って次の3点でしょうか。

(1)入学の時点では専門を選ばないようになる(ただし、建築以外)

(2)学科名が変わる

(3)4年次から配属可能応用科学コースができる

それぞれについて見てみましょう。(筆者は広瀬キャンパスOBなので名取キャンパスについては基本的スルーします)


(1)入学の時点では専門を選ばないようになる(ただし、建築以外)

今までは入学時点で「知能エレクトロニクス工学科に行きたい!」などと専攻を選ばねばいけませんでした。

しかし、高専志望の中学生普通中学生よりも工学に興味を持っているとはいえ、自分に合ってそうな専攻を選ぶのは難しいことです。

たいていの中学生学科名前ウェブページ雰囲気で決めると思います

ゲーム製作したくて情報システム工学科に入学した人が、回路系の授業で苦戦したり、CGの授業が実はほとんどないことを知ったりして、「どうしてこうなった……」となることだって珍しくありません。

(もちろん、卒業後にゲーム関係企業就職することは可能です。)

他にも、情報システム工学科と情報ネットワーク工学科の違いが中学生にはほとんど分からない、という問題もあります

そこで導入予定なのが科類制ですね。

建築系を除くと、とりあえず入学時点では広瀬に行くか名取に行くかだけ決めればOKで、1年間高専で過ごしてから専攻を選ぶわけです。

この1年の間に、先輩からの話を聞くなり、シラバスを読むなりして、どのコースに行くのがベストかを考えられます

1年生の頃は専門の勉強ほとんどないし、その専門の勉強も内容は(広瀬では)学科共通だったので、特に問題はないかと思われます


(2)学科名が変わる

名取の方はよく分からないのでスルーします。

広瀬の方では情報ネットワーク工学科が情報通信コースに変わります

この学科名の変更は大したことがないように見えますが、実はそうでもありません。

仙台電波の頃には「情報通信工学科」という学科がありましたが、そちらに戻そうというわけです。

その背景には情報ネットワーク工学科の不人気さがあります

先ほど中学生学科名や雰囲気で志望学科を選ぶと書きましたが、なんとなくパソコンネットが好きな中学生にとって「情報システム工学科」と「情報ネットワーク工学科」はどちらの方が魅力的に映るでしょうか?

今までの入試倍率を見ればその差は歴然です。

H22 情報システム:2.7倍、情報ネットワーク:0.7倍

H23 情報システム:2.1倍、情報ネットワーク:2.3倍

H24 情報システム:2.5倍、情報ネットワーク:0.9倍

H25 情報システム:1.9倍、情報ネットワーク:1.0倍

H26 情報システム:2.9倍、情報ネットワーク:1.4倍

H27 情報システム:2.1倍、情報ネットワーク:1.1倍

H28 情報システム:2.1倍、情報ネットワーク:1.3倍

平成23年度を除くと情報システム工学科の倍率の方がずっと高いです。

(H22が仙台高専としては初の入試で、このとき情報ネットワーク工学科の倍率がとても低かったため、H23では確実な合格を狙った層が情報ネットワーク工学科を志望した、と筆者は予想しています。)

情報システムの方がなんとなく楽しいことをやってそうに見えるのでしょう。たぶん。オープンキャンパスCG作品の展示をしていた影響もあるかもしれないけど。

ネットワーク」という言葉を使うと、どうしてもシステムとの違いが分かりにくいのでしょう。おそらく。(受験生アンケート調査してみたいですね)

そこで、仙台電波の頃の学科である情報通信コースにしようというわけです。

通信」という言葉を入れることにより、このコースにはある種のブランドのようなものが生じると考えられます

今や仙台高専という学校名になりましたが、もともとは東北無線電信講習所→官立無線電信講習所仙台支社→官立仙台無線電信講習所→国立仙台電波高等学校仙台電波工業高等専門学校という経緯があるわけです。

電波高専は各地方存在していた無線電信講習所が元になっています。(電通大ももとは無線電信講習所!)

仙台高専広瀬キャンパスにとって、通信というのは花形分野なのです。

実際、キャンパスを見るとまず目につくのが大きなアンテナだったり、アマチュア無線部が強かったりします。(今も強いですか?2期性がたくさん入っていた覚えがあります

また、かつての仙台電波高専仙台電波高校時代卒業生が今やお偉いさんになっていたりするわけです。

電波という名前こそなくなったものの、愛子学び舎通信を学んできたというのは必ず評価してくれる人がいるでしょう。

そういった点で、この学科名前の変更は大きな点です。(情報通信コースに優秀な学生が入ることを祈っています!)

ちなみに、情報システム工学科と情報ネットワーク工学科の違いは、電磁波工学などの通信関係をやるかどうかの違い、先生の違い、就職の強さの違い(?)などが挙げられます

ネットワーク関係に関しては両学科ともCISCOe-learning教材を使って学びますが、情報ネットワーク工学科の方がより力を入れている印象です。

また、通信には法規知識必須ですが、情報ネットワーク工学科ではそれも学べます

目指せ一陸技!(通信を大プッシュしたわりに、筆者は一陸特しかとってなかったりします……)


(3)4年次から配属可能応用科学コースができる

これに関してはHPではあまり説明がなされていませんね。

数学理科を深く追求して,サイエンステクノロジーに結びつけるために必要なことを幅広く学びます。」とだけ書いてあります

これの詳細についてここで書くのはまずそうな気がしますし、これから変更があることも十分考えられるので、具体的なことは書きません。

そこで、高専にもこういったコース需要がある、ということだけ説明しておきたいと思います

高専大学と違い、本来モチベーション研究ではなく、技術者養成です。

その意味で、応用科学コースのようなどことな理学匂いを漂わせるものは不適なのではないか、と思う人がいるかもしれません。

しか高専数学科物理学科があったら困惑しますよね。

しかし、応用科学コースはおそらく大学工学部で学ぶような基礎的な数学物理学程度の内容を教えるようなものになるかと思われます

高専若いうちから専門の教育をするのが最大のウリなわけですが、専門の内容を正確に理解するのに必要数学物理の授業はそれに追いついていません。

電子回路を例に挙げてみましょう。

電子回路を学ぶ際に必ず半導体の物性を使います

半導体の物性を理解するためには量子力学統計力学知識が不可欠です。

しかし、量子力学統計力学は知能エレクトロニクス工学科以外では学びません。(一方で、電子回路は全学科で学びます

知能エレクトロニクス工学科でも、正確に半導体物性を理解するのに必要なところまで物理を学ぶかは怪しいです。

そうするともやもやとしたものが残ります

それ以外にも、高専ではフーリエ解析ラプラス解析を学ぶ前に交流回路網の計算を叩き込まれたりします。

工学部生が聞いたらびっくりするような話だと思います

数学物理が追い付いてない以上、「それはそういうものから原理は気にせず覚えてね」という指導にならざるを得ないわけです。

その結果、「もっと原理を深く知りたい!」という人や、「これだから工学は嫌!」という人が出始めてきます。(これで工学が嫌になって理学部に行く人もいますが、大学工学部はその意味では高専よりずっとまともなので、工学部に行くという選択肢簡単に捨てたりしないといいなと思います

そういった需要を見込んでの応用科学コースだと思います

大学編入志望の学生が集まりそうな感じはしますが、そもそも大学編入したい人は専門をより深く勉強したい勉強好きの人が大多数だと思うので、まあ問題ないんじゃないでしょうか。

一部の人が望んでいるかもしれない、編入試験特化型の授業にはならないと思います


以上、学科改組で変わる3点についての考察でした。

筆者は仙台高専教員でも職員でもないので、ここで書いたことが間違えている可能性は十分あります。ご了承ください。

2016-06-28

http://anond.hatelabo.jp/20160627215042

理系にいろ。文転して何になる?何にもならない。何も身につかない。

数学が嫌いでも、数学科に行かないかぎり問題ない。ただし勉強はしとけ。

理系からといって、言語社会科学勉強しちゃはいけないわけではない。

大学に行ったら(というか今からプログラミング言語を学べ。

大学を出たら(もしくは大学にいるうちに)企業しろ。そのために社会科学への興味が大いに役に立つ。

2016-03-13

http://anond.hatelabo.jp/20160312175256

続き

なにかの拍子に

数学とか物理が1番簡単じゃん。1番教科書薄いんだから社会科の科目とかって字も細かいし、多いし、まとまってないし、」

と言ってたことがある。

彼にとってはそうだったんだと思う。

自分も、理数系の科目ではたびたび全国模試偏差値70くらいはとっていた。

偏差値70といえば、上位5%以上なので、ある種の陶酔感があったし、数字神秘を感じたような気がした。

でも、彼と話すと自分の感じてるそれは違うのだと思い知らされる。

成績の問題ではない。

数学を使いこなして、いい点を取って、偏差値70、俺sugeeeeeee!数学楽しい!」

と思ってる横で、

数学とか物理って電卓みたいなもんでしょ。ちょっと慣れれば誰でも使いこなせる」

という風な態度にハッとさせられる。

自分電卓を使いこなして電卓に憧れてるピエロなのだと。

彼は、スマートフォン教室に通う老人をみるような、不思議な気分で皆をみていたに違いない。

しかし、彼は彼で、楽しそうではあった。

それが、数学物理教師が、理学部物理学科、理学部数学科を勧める理由だったと思う。

でも、彼は数学にも物理にも興味がなかった。

例えるなら

スマホをいじるのが楽しいスマホでいろんなことを出来るのが便利!」

というような感情を抱いていただけで

スマホとはなんなのか?スマホの真髄とはなにか?」

などとは微塵も思ってなかった。

彼の思考は完全に実学向きで、今でも就職先では優秀な社員をしてると思う。

器用すぎるところが災いして、おそらく生涯、一技術者として生きると思う。

あるいは、任天堂岩田聡社長のように、技術者としてはスタンドプレイ典型的なパワーコーダーでも、ポジションが変われば全体最適のためにその能力魔法使いのように発揮する人間なのかもしれない。

2015-09-07

最近塾講師始めたんだけど

いまさらだけど、受験勉強ってあん意味ないよな

東大京大数学とか、なんの役にたつんだよって思う


数学

実際、大学数学科に進んだやつの話聞いても、受験数学なんて分からんとか言ってる

大学でやるのは解析学とか線形代数とかそんなとこだろ

頭の体操はいいかもしれないが、大学でいらんもの社会ではなおさら必要ないと思う

新課程では行列無くなったらしいし、ますます何がしたいのか分からん


理科

はっきり言っていい加減すぎる

用語とか実際の現場では言わないだろって表現が多い

例えば、伝令RNAとか。メッセンジャーRNAだろ。伝令とか聞いたことない

電子軌道なんか簡潔にしてあって分かりやすいけど、実際は電子挙動高校化学で習うものとは違うわけだし

簡潔に表現したものを突き詰めて覚えなくても、大学でちゃんと覚えりゃいい


社会

一般教養としてある程度は必要だが、何年に何があったかとかどうでもいい

だいたいでいいだろ、そんなもの


国語

現代文文章の読解力を深めるためには必要だが、古文漢文って意味あんのか?


英語

色々ディスったが、英語はやっといた方がいいぞ

文法も必要

「文法教育無意味、話すのに正確な文法なんて必要ない」、なんて話もよく聞くが、デタラメ英語がどれだけネイティブイラつかせるか

文学的表現も時には必要だ。簡単な小説くらい、読めるようにしといた方がいい

単語熟語は覚えておいて損はないし、今じゃ使わないような古臭い表現もうっかり使って笑われたら、それはそれでユーモアで返せばいい

TOEICとかも単語は偏ってるし、あまりこった文法とかでないし、純粋英語勉強できるのは高校時代だけだと思う


意味ないとか言いながら、意味あるものもあるんだが、東大レベルまでやる必要性を感じない(英語以外)

やりたきゃ大学行って、その専門を突き詰めればいい

高校の簡潔に表した勉強を、アホみたいにやっても仕方ないし

関関同立MARCHくらいまでやっとけば、高校勉強なんて十分じゃないか?

東大生も、遊びたい盛りの高校時代をやりたくもない勉強に費やしたという努力と忍耐力は評価できるけどな

2015-08-03

http://anond.hatelabo.jp/20150803022052

トンデモ扱いと言うのは、ツイッターなどで見かける核融合核分裂などへの、研究者の反応を指していました。

そんな事を言っていた人がいたのですか・・・どうもすみません

なんともおかしな話ですね。核融合核分裂研究トンデモ扱いを受ける理由がわかりませんし、

そもそも素粒子理論の人に取ってはそれらの分野は専門外なはずです。

ツイッターからといって適当な事を書いてしまったのかもしれませんね。

ニュートン日経サイエンス物理記事結構読んでますが(特に特集は)素粒子関連がかなり多いですね。もっと物性などを取り扱って欲しいですね。

これは僕も思います

宇宙素粒子ばかりですよね。なぜ物性を取り上げないのか・・

数学出身なので物理事情に疎く参考になります

数学科出身の方だったのですね。

すごいなぁ。ちょっと憧れます

よかったらそのうち数学の話でも語ってください。

プルーフ・オブ・マイ・ライフ」という映画数学科の人たちの研究の様子が描かれていたのですがかなり衝撃的でした。

2015-06-19

http://anond.hatelabo.jp/20150619222002

ごめんなさい、何を否定されたのかわからない。

こちらの意図としては、

1.彼女出身大学数学科偏差値は50より上らしい

2.彼女自身と会話してみても頭が悪いようには感じない

3.「あーしバカからさー」は謙遜ではないかと思っている

ということなのだけど。

たぶんこれも偏見なのだろうけど、そもそも進学先に数学科を選んだってことはそれなりに理系への興味があったんじゃないかと思うんだけど、それを「すごい」と伝えるのもよくないことなのかな。

http://anond.hatelabo.jp/20150619214339

ぐぐった感じだと、いちおう偏差値50よりは上っぽい。

でも、話している感じでも頭の回転とかははやそうな感じなので、謙遜だと思うんだけど。

しか数学科からすごいというだけだと一方的というか押しつけが強すぎたのかもしれない。

そのあたりは実際、その女相手に限らず対人関係全般における自分問題点ではあります

http://anond.hatelabo.jp/20150619213118

偏差値40台の数学科って日本にいくつあるっけ。

数学科からすごいってのは世間知らずすぎたね、

どのくらい誉めようとねばったのかわからないけど、相手が否定してるのに食い下がって学年で下から数えた方が早い子に頭良いねって言い続けた、とかなら普通キレる。

先入観で相手を枠にはめようとした自分の非を相手が機嫌悪くしてもわかってくれないんじゃ誰とでも険悪になるわ。

理系の女

大学数学科卒らしいのだが、妙に自己評価が低いのか、あーしバカからさー、みたいなことばかりいう女がいて、こちらとしては数学科だなんて聞いただけでなんかすげーみたいな先入観があるものから誉めようとしてるのに、逆になんかへそを曲げられてしまって、何が地雷だったのかすらわからない。

特別に親密になりたいというほどでもないのだけど、身近にいる以上は険悪になるのもどうかと思うのでそれなりにうまく折り合いをつけたいのだが、なんだか腫れ物に触れるようになってしまい、それがまた先方の気に障るらしい。

どうしたらいいのだろうか。

2015-06-17

人文学」は縮小してもいいんじゃないかね?

承前人文学はなぜ必要なのか?

http://ask.fm/tiseda/answer/128366284606

なんというか、タイトル煽り気味だけど、酔ってるし眠いので、まあそこのところは目をつぶって欲しい。でも割と本音なんだ。

んーんと、まずさ、伊勢田先生は上記のエントリで「人文学のもの」「大学における人文学教育」「大学における人文学研究」「大学における人文学研究者雇用」の必要性で分けて考えようって提案してるんだけど、一方で「人文学といっても多種多様」って書いてあるように、人文学って雑多な括り方であるって言ってるわけでしょ?なら、そもそも「人文学」っていう単位学部学科を作研究室ポストを用意する必要ってあるのかって言われると実際のところ微妙だと思うんだ。

ラバラな研究を個々の研究者がやってるのはまあいい。大体、理系学問でも理学工学で分けたり、その中でも理学だと物理化学とか生化学とか地球環境学みたいに複数領域にまたがっていて、その境目は曖昧というか連続である、っていうのはまあ多くの人が納得してくれると思う。

んで、例えば倫理学とか研究室科学哲学研究者のための研究室ポスト理学部工学部の中でを用意すれば、上記の「人文学のもの」「大学における人文学教育」「大学における人文学研究」「大学における人文学研究者雇用」は解決できると思うんだ。基礎科学哲学教室?とか科学論理学?みたいな適当名前をつければ存続はできるはず。確か北海道畜産大学心理学先生がいたり、農業環境技術研究所統計学者の先生がいたりするでしょう?ただし、ここで「大学における人文学教育」がおろそかになってしま危険性は考えなければならない。これは、個々の分野に統計学はいるけど、統計学部・統計学科はほとんどなくって、分野ごとにあんまりよろしくない統計手法が用いられているような状況を考えてみると少し心配になってくる。でも数学科の下位分類に統計学教室はあるし、ここ最近ののツイッターとか見てると情報を交換し合えばそこまでバラバラでとりとめのない体系にはならないはずだと思うんだ。希望的観測だけど。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん