「自己PR」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自己PRとは

2019-05-17

転職おもしろブコメおじさんをアピールしたら落とされた

※この増田フィクションです

エントリーシート自己PRとしてはてなでのスター率を書いておいたのね

事前にこれはウケたなってプコメピックアップしておいて

案の定食いついてくれたのでポートフォリオ見せたら大ウケ

そのまま面接も和やかに進んでめちゃくちゃ手ごたえがあったんだけど

さっき通知が来て不合格だった

手書きメモが一枚入ってて

業務時間中にはてなをするのはやめましょう』

だって

2019-05-13

就活やめたい

20卒だがもう疲れてしまった。就活をやめたい。

人事という言葉を聞くだけで吐き気がする。同じ人間だとは思えない。

そりゃそうだろう。気軽に他人人生を握ってしまえるんだから、まともな感性が残っているわけがない。機械AI判断された方がよっぽど納得できる。

いいなぁ、俺も就職したい人間に偉そうに精神論を語ってお金がほしい。

「君にはビジョンがないね」とニヒルにいってお金がほしい。

正直な話をすると、自分履歴書自己PRに一切困らなかった。色んな役職についていたし、プレゼン大会に行ったり、活動共感できる一般社団法人のお手伝いをしたり、充実した学生生活だったと思う。自分がやりたいからそうしたこと殆どだ。軽度のアスペADHDを併発していて、よくいる興味関心にだけはバリバリのめり込む発達障害自分だ。

実際、そういった経験履歴書自己PRにすると「よくできていますね」という評価が大抵だった。

ゼミ研究活動が楽しくて、卒論とは別に論文を書いたこともある。大学内のコンペにそれを持ってったら、他の学生卒論をよそに一番いい賞をもらった。

別に、嫌いじゃないのだ。そういうの。文章かくとか。

まぁでも実際はどうだ。どうせ企業は少しとがったマネジメント必要アスペなんかいらないのだ。まるで選考が通らない。就活はじめてから20弱は落ちた。内定はなし。

企業は、突出したものよりも、平均的で、無難で、問題が無さそうな人間がほしいのだ。

自分になにかしら悪いところがあるのだろうと、エージェントを使って面接フィードバックを聞いたり、直接自分が聞いてみたりした。これは自分が実際にもらったフィードバックだ。あまりにも信じられない

物事を一貫して話していて、きちんと考えられているとわかるし上手いと思う。しかしながら、新卒らしいフレッシュさがあまりに感じられなかった」

「このプレゼン選考は、正しい正しくない関係なく、仮説をたて検証しているかどうかを見ている。君のはそれができているし評価は高いよ。強いていえばこれを完全してほしいけど、それを学生に求めるのは酷だから、今は気にしないで」

→なぜか落ちた。学生に求めるのが酷な部分もできる学生が欲しいのだろうか。

訳がわからん

落ちるから自分に非があると思ってそれを探ろうとするとむしろ今までの行いを誉められるのだ。

もちろん、就活を始めたての頃は話がまとまってなかったりトチったりと自分でも思い当たる点があって落ちる選考もあったからいいが、最近のこいつらは本当に訳がわからない。

なんだよ、新卒らしさって。言われなくても俺は勝手20卒に分類されるんだよ。同年代が全部似たような特性を持ってたらキモくないか? いや、お前らは奴隷がほしいからそういうのじゃないとダメなんだよな。

発達障害から、明文化されないコミュニケーションというやつは本当にダメだ。普段の会話ですら、よくすれ違いを起こすのに、情報の非対称性がある現場自分が上手く立ち回れるわけがない。

何か致命的なものを見落としているのかもしれないが、それを読み取ることは今後も難しいだろう。

所詮アスペなんて誰も欲しがらないのだろうとしか思えない。一応就活は続けるが、不労所得が手にはいるなら一刻も早くこんな茶番から逃げ出したい。

anond:20190513103628

就活辛いよな。頑張ってるのに報われない気持ちになるよな。

頑張ってること聞かれても学業アルバイトサークル課外活動しか答えられないけど聞き飽きてるよなーとか。

自己PRって何……自分が売り込める価値って……とか悩むし。

でも、ありきたりな答えになるけど、こんなに時間使っていろんな企業を見比べられるのって今だけなんだぜ。

追い詰められているとなかなか考えられないかもしれないけど、君は選ばれるだけじゃない。君が選んでいいんだよ。

釈迦に説法になって申し訳ないけど、BtoBニッチ業界全然知られてない超優良企業かめちゃくちゃある。

そういう企業って認知度ないか年末くらいまで採用やってたりする。

そんな気持ちになれないかもしれないけど、新卒特権だと思って、前向きに望んでほしい。健闘を祈る。

就活

就活、してますか。しまたか

内定、ありますか。私はありません。

第一志望の企業エントリーが通った。嬉しい。

どうにか、この企業から内定がいただけないだろうか。

そんなことをずっと考えて生きてるんだけど、これって恐ろしい。

だってもっと他に色々考えられた。就活は恋…?

ってのは置いといてさ、就活。お前は一体なんなんだ。

四半世紀も生きてないわたしにはアピールできるところもなくて、履歴書自己PRがいつまでたっても埋まらない。

たとえ四半世紀生きていても、自己PRは書けないとは思う。

みんなはどうやって乗り越えたんだろう。就活、楽しかったですか。

2019-05-11

就活がいやだ

つらい。どうしてこんなことしないといけないんだ

自己PRがない。売り込む要素がない。詰んでるじゃん

2019-05-09

シューカツ

個人面接

自己PR、志望理由短所、苦手な人はいるか、ストレスは溜め込むほうか、なぜこの大学に入ったのか、うちでやってる事業について理解はしているか希望する課に配属されないかもだが大丈夫か、ほかにどんな企業うけてるか、休み変則的になるがいいか、などなど。

最後質問はあるか、については本日面接評価をお願いした。

途中言葉が詰まったりしたけど質問に沿った回答はできた。

顔が少し怖そうなオッチャンだったが、最後らへんは柔和な表情になってくれてた。

あと少し背中丸まってたかもな。腹筋意識しないと。

来年自分がどうなってんのか全然検討もつかないが

早く自立して自由になりたい

社会の中の一人の人間になりたい

けど生き急ぐことはない

いろんな意見を聞きつつフラットに考えねば

2019-05-03

anond:20190503114724

Twitterを一人言を書くために使っていて、日頃誰とも交流していなければ、重大なことを書いてもスルーされるでしょう。私は別に自殺願望とかないからどうでもいいことばかり書いているけど、たまに「イイネ!」を押されたり自分あてのツィートが来ると「読んでくれてる人いるんだぁ…」とびっくりする。

仮に私が元増田のツィートを見たとしても、単なる構ってちゃんなのか本気で死にたいのかは分からない。全然ツィートしなくなっても、本当に死んでしまったのか、単に忙しくてツィートする暇がないだけなのか分からない。

有名人とかでまめに自己PRとかのツィートをしている場合は、自力でツィートできない状況になったら家族なり事務所なりから何らかの状況報告をするだろうけど、一般人存在感なんてその程度。

2019-04-18

個人的就活まとめ

就活終えたのでまとめとして自分が何したかを書いてみたけど投げるところもないのでこちらへ。

IT系大企業の話なので他の業界だと違うかもしれません。あと就活開始当初からほぼITに絞っていたのでインターンの話は業界が決まってる人向けかもしれないです。

誰かの役に立つといいな。

インターン

長期ではなく1,2日くらいの短期間のやつでも早期選考に乗れることがあるので本命なら行っておくべきだし、本命と同業種のところもできれば参加しておきたい。そこで会った社員の方の名前お話した内容は絶対メモっておく。長期でやらかすと選考にも影響するって噂も聞くけど短期ならまあ大丈夫(だと思う)。グループワークで成果を上げるよりもその会社とのつながりを深めることを重視。

ESや適性検査面接といった選考有りのインターンも受けとくだけで選考に慣れるのでおすすめ。本選考より倍率は高いので落ちても気にしない。


ES

幼少期から今までの出来事やその時の気持ちを洗い出すってやつ、軽くでもやっておくと後々役立つ。ESでも面接でも"自分だけの体験+その場の感情や考えの変遷"をアピールできるとつよい。

ESを元に面接される場合ほとんどなので志望動機以外のエピソードはなるべく同じものに揃えておくと楽。同じ体験を使って会社雰囲気によってちょっとだけ結論(その体験から得られたもの、とか)を変えるくらいで。同じエピソードを使いまわしておくと色んな面接で同じ体験を深掘りしてくれるので数をこなすごとに深掘りに耐えられるようになってくる。その会社ESには書いていなくてもふとした質問に対して具体的な体験談をぶつけていけるのでつよい。ESを書くために拾い出した過去出来事達も想定外質問の答えの役に立ったりするのでおすすめ

結論ファーストで書くこと。きちんとした文になっているか、誤字脱字はなるべく日を置いて確認すること。(とはいえ自分も締切ギリギリに書き上げたのがほとんど)

文末の工夫として"考える"、"思う"以外の語彙を増やす。"確信している"とか"期待している"とかポジティブ感があるものおすすめ。"強く"、"深く"、"心から"みたいな副詞有効的に使うと論理的文章の中にも熱意とか人間味とかが伝わる気がする。

あと提出するESちゃんと記録しておくこと。自分就活関係は全部Evernote管理していました。

・適性検査

がんばれ

面接

緊張しやす性格だったので最初の方の面接は全滅。緊張は仕方ないとはいえ場数を踏めば多少は慣れるのでやはり場数こなすべきかも。ここで本命インターンしか行ってないと早期選考のせいで初めての面接第一志望!ってことになりかねないので(自分はそれで死んだ)他社のインターンも行っておくことを改めておすすめしたい。それか外資とか選考が早いところで慣れておく。

→準備

〇ンキャリ辺りで過去質問やその傾向を拾い上げてくる。自己PR志望動機+過去質問パターン+逆質問の準備で大体なんとかなる(ならないこともあるけど)。

そして想定される質問文に対してどう答えるかを提出したESも踏まえて考えてひたすらEvernoteに書き出す。どうゆう答えをしてその理由にどの体験を持ってくるか、さらにその体験でどう考えていたか台本を書くつもりで全部文章にする。そしてそれをひたすら音読する。

緊張しがちで頭回らなくなるタイプなので準備は(面接当日の1時とかからだけど)きっちりやりましたがこの辺の必要性は人による気がする。あと軽く吃音があって緊張するとそれが出てしまうことがあるので音読で口を慣らすのはマストでした。会社に行く電車の中でも書いた文章読み返しながら小声でモゴモゴしてたのでマスクしていたとはいえ怪しい人だったかもしれないけど人生がかかってるから許してほしい。

面接に向けた企業研究会社HPから社長メッセージ中期経営計画決算報告、新しめのプレスリリース辺りを見てました。

あとはアピール方法として"御社自分との関わり"を押し出していく。インターンでも面接でも、"御社の〇〇さんに座談会でこういう事を聞いた"、"1次面接の△△さんのこういう考え方に共感した"みたいな具体的なアピールをしておくと志望度が高く見えるし、面接官がその人を知っていると共通点として盛り上がれる。製品を知っている事を求められそうなら調べておく。何か小さい頃に使ってたとか最近思わぬところで社名を見たみたいなエピソードはそこそこ使える。

面接

なるべく笑顔とはいえニヤニヤしてても気持ち悪い気がしたので自分はひたすら期待の眼差しを向けていたつもり。

答えに詰まった時は"一旦落ち着かせてください"って言って時間をもらったり、それでも頭が真っ白になったままの時はとりあえず話し慣れているエピソードを話し始めてその途中で"質問なんでしたっけ?"みたいに聞き返ししてから無理やり結論をそこに着地させたり(今思えば論理性皆無)。詰まってもこれで切り抜けられた事はあります。(もちろん容赦なく落とされることもある。)

面接官と共通話題を見つけて盛り上がられると楽しく面接を終えられて気が楽です。大抵最後逆質問なのでそれがうまくいくと印象が上がる気がするので前半詰められてもなんとか挽回できます

逆質問事業内容について聞くと下調べが甘いのがバレるので面接官の方の働く上での心持ちだとか将来期待していることとかそういう個人的な事を聞いていました。あとは自分が他社にもらった負のフィードバックや悩みに関して改善方法を聞いてみたりしました。この辺は居酒屋上司相談するくらいの気持ちで。

面接

面接官の名前絶対覚えておいて面接終わったら即メモ。帰りの電車で聞かれた内容とそれに対してどう答えたかをひたすら書き出す。これをやっておくととりあえず反省点が見つかるのと次の面接でも答えが矛盾しなくなる。面接増えてくるとどこで何の話したのかわからなくなるので必須。次の面接に進めたらこメモも見返してまた準備を、の繰り返し。

・まとめ

和やかな面接に当たることが多かったので就活中結果を見るのは辛かったけどそれ以外は大体楽しかった。色んな企業本社見れてラッキー!って思ってたし逆にべ〇サールとかで説明会する会社クソって思ってた。本社入れてくれや。

基本Evernoteタスク管理ES面接準備をしていました。会社ごとにノートブック作ってそこにtodoとかESとか面接内容とか全部ぶちこんでました。todoリストにはタグつけてtodoリストだけ一覧表示できるようにしてたりtodoリスト題名会社名と次の日程と用事(【4/2ES締切】〇〇社)入れておくと一覧で見た時に各社次にやることがすぐわかって楽でした(伝われ)。Evernoteの良いところは家でも電車でも色々書けるところと企業webページをそのままクリップできるところ、不便なところはES書くにあたって文字数が数えられないのと文章校正機能がないところ。

純粋に色々な人の話を聞けるという意味では就活は楽しかったです、とはいえ結果出るまではクソ辛い。

2019-04-12

自己PRが言えない

就活面接とかESのなかで使う自己PRが書いても書いても嘘っぽく感じる。人からこうだよねとか言われても自己分析キット使ったりして自分なりに納得しようとするけど、納得できない。自分PRするとこなんてないがな。全てが億劫

2019-04-08

婚活アプリ地雷しかいないって言うけど

そもそも婚活アプリ自撮り登録して、自己PRできる多少顔の整った男、しかもいい年して独身ってお察し案件じゃん

ヤリチンモラハラか頭のおかしい男やろ

女はまだ自撮り文化あるから普通の女も混じってるのかもしれんが、男は自撮りするのは限られた人たちだし。

もさい自撮りとかぎこちないPRとかエスコートできない男には見向きもしないくせによーいうわ

2019-04-05

驚くほど白紙人間

ここまで来ると才能なんじゃないか?ってぐらいなにもない。

昨日なにしたかな?って日記の一つや二つ書こうと思って思い出してみると本当になにもしていない。すごい。こうやって無為に過ごした日々をノーカウントとして、今まで必死で生きた日々だけをカウントしたら多分365日にもならないんじゃないのかな?そのぐらいなあなあで生きてる。これって生きてるって言うのかな?死んでるんじゃないのか?でも怪我したら血が出るし生きてるんだろうなあ。心臓も動いてるしなあ

なにもないを才能にできないのかな。波風立てずに安穏と日々を過ごせるのだってつの才能じゃないのか?ちがうか。甘えか。そういえば甘えって言葉大嫌い、自分理解できないものを甘えって切り捨てるの本当に嫌い、歩み寄ろうとか分かろうとしないお前の姿勢メチャクチャだよ〜〜お前が気持ちよくなるためにわたしが生きてるわけじゃないよ頼むから死んでくれよお〜〜

逸れた。本当になにもないんだ。驚くほどなにもない。履歴書真っ白だよ。自己PRで何日悩むんだ、志望動機で何日悩むんだ。志望動機は百歩譲ってまあ書けても、自己PR、お前は本当に何者なんだ?私は何者だ

就活うつって言うけど就活以前にうつになったからこれがうつなのかどうかが分かってしまう、答えは「あの時ほど辛くないからまだ就活うつじゃない」なんだよなあ。面白くなってきた、ごめん嘘、全然面白くない。寝て起きたら全くの別人で、書いても書いても足りないぐらい自己PR要素山盛りの人間になってたらいいのに。内定の山だったらいいのに。企業をこっちから祈りするぐらいの余裕があればいいのに。

2019-04-02

マッチングアプリで不真面目な人を回避する方法とは

「本気で付き合える人と出会いたい!」…そう考える人にピッタリなのがマッチングアプリであり、出会い系と違って真剣な人もたくさんいるから、男女問わず役立つアプリだと言えるでしょう。安全性も高く、業者ほとんどいません。

ただ、「マッチングアプリを使っている人はみんな真面目なの?」と聞かれたら、『さすがに不真面目な人も多少はいる』と言わざるを得ないでしょう。どんなに厳しい運営だったとしても、悪ふざけみたいなノリで使う人はいますし、これはどんなアプリでも同じです。

また、他人迷惑をかけたならともかく、不真面目な人でも『同じような目的の人』とマッチングした場合、とくに問題はありません。お互いが遊び目的ならば誰も悲しむことはないし、こういう出会いダメというわけではないのです。

ただ、問題なのは『真面目に相手を探しているのに不真面目な人とマッチングしてしまう』という点ですね。真面目な人からすると「この人とは真面目に付き合えないのに、なんで絡んでくるの…」と思うでしょうし、そうなるとアプリを使い続けるモチベーションも消えてしまます

そのため、真面目にマッチングアプリを使っていくなら、『不真面目な人を回避する方法』を実践しましょう。不真面目な人を完全に排除するのはアプリ側も難しいので、自衛意味も込めてチェックしておいてください。

不真面目な人を回避するなら、まずは自分プロフィール欄をチェックしましょう。ここでは自由自己PR記載できるのですが、その際に「真剣恋愛結婚をしたいです」といった内容を書いておくと、不真面目な人が寄りつきにくくなります

不真面目な人であってもプロフィールをチェックする人は多いですし、こうした内容を書いておけば「この人はちょっと重そうだなぁ…」と自分から避けてくれるのです。自己PRが無記入だと、無差別に声をかけられるかもしれません。

それでも話しかけられた場合、会話を続ける前にブロックしてしまいましょう。人の話を聞かないユーザー相手にしていると言いくるめられることもありますし、時間無駄もつながりますので、下手に気を遣うと自分が困るでしょう。

マッチングアプリでも『とくに婚活目的の人が多いアプリ』の場合、不真面目な人はかなり減っていきます。「恋愛もしたいけど、やっぱり将来は結婚もしたい!」と考えているなら、そういうアプリをチョイスするといいでしょう。もちろん、出会い系は使わぬが吉ですね。

2019-03-18

anond:20190318060722

就活してるけどさ、自己PRとか志望動機とかさ

基本的日本語PC基本操作できますとか立地や給与時間の条件が合いますくらいしかないのよね

それなりに興味ある業界だし経験積みたいとかも一応あるけど、めちゃめちゃ憧れてて徹夜勉強するし人生捧げるし休日出勤も辞さな覚悟、ではないのですよ

でもそういう勢いで書いて更にすごい技術とかすごい経歴とかすごい特殊能力とかあるような人じゃないと採用されないのかな、なんて思っちゃう

2019-03-12

結局、大きくは学歴能力は相関する

例外の話はおいといて…

最近自分出身大学以外のOB訪問も受ける機会が増えたのだが、残念ながらそこから見出されたことは

大学偏差値能力如実に相関している

ということだ。

正直これまで学歴能力関係ないと思っていたのにそれは甘かったということに気付かされた。

偏差値低いやつが、添削してもらいたいと持ってくる自己PR支離滅裂だし、そもそもコミュニケーション(会話のキャッチボール)できないし、OB訪問をすること自体目的になっているし…。

できるだけ学生否定せずにポジティブアドバイスを心がけているが、偏差値低いやつマジムリ。

旧帝一橋東工大早慶以外は結構辛い。

2019-03-11

就活って難しい

3月入ってから2週間も経っていませんが、すでに第1志望会社に落ちました。とても辛いです

どうせもう縁が無いだろうからぶっちゃけると某アイドルゲームを作ってるB社です。

割と前から就職したいと思っていて、インターンシップにも参加して、早期応募で採用面接等を受けました。

1次面接からずっと「この会社とは何かズレてる気がする。人はめっちゃいいけど、なんか違う。」って心のどこかで感じてたんですよね。

ただ、まあ割と楽に最終の役員面接まで行けたので上手く行くと思ってました。

はい、最終で落とされました。この会社は割と早くに連絡をしてくるので1週間近く経ってる時点で怪しいとは感じていました。

お祈りメールを受け取ったときもそこまで落ち込みませんでしたね。割と自分的には鬱になるのでは?ぐらいに考えていたのですが、あっさり受け入れました。

で、その会社第1志望ですでに選考を受けていることは親に伝えていましたから、結果を報告しました。

すると「ちょっとゆっくりしてから探したらいい。最悪、院に行ってもいいから。」と言われました。

正直、お祈りメールを受けたショックよりこの親の優しさに泣きそうになりました。

よく考えると僕が何かの選考で落ちるって相当久々なんですよね。

僕は中学受験しましたが、その学校には割とすんなり入ることが出来ましたし、大学もあまり苦労せずに入ることが出来ました。

多分、そういう事情を知っているからこそ優しくしてくれるんだと思っています

親って大切にしないといけないですね。昔、迷惑を相当かけたので本当に申し訳なく感じます

ただ、実を言うとB社を受ける前に某白猫とか黒猫とかが付くゲームを作っているC社も受けて落ちてます

ただ、ここは第1志望では無いですし、元々インターンシップに応募して落としたにも関わらず新卒採用受けてくれとかいう謎なことを言ってきたので試しに受けたという感じなので、ほぼほぼノーカンです。


さて、ここからが本題です。第1志望最初に受けて、ここが通れば他の選考を受ける必要が無いと考えていたので、落ちた後のことを何も考えていません。

自分が行きたいのはゲーム業界のはずです。「はず」なんです。

なのですが、本当にこれでいいのか迷っています

今までの人生を振り返った時にゲームをそこまでやってきたかと言われたら、やってないとはっきり言えるレベルでやってません。

苦手なんですよね、ゲームプレイするのが。

ゲーム自体は好きなんですけど、自分プレイするのがとても苦手です。誰かがプレイしているのを見たり、自分ゲームを作ってみる分には結構面白いと感じるのですが。

ただ、今までゲームをそんなたくさん作ってきたかと言われてると、これも作ってないとはっきり言えます

基本的アイデア力が無いので、「こういうゲームがあると面白いかも」みたいなのが全然思いつきません。ただ、他人意見を聞いてそれにアドバイスみたいな感じで意見を出すのは割と得意だったりします。

さて、こんな僕にゲーム業界ゲームを作ることが出来るのでしょうか?もっとゲームが好きで昔から色んなゲームプレイしてきたっていう方のほうが向いてると自分では思います

でも、他に興味がある業界がありません。自分で作ってきたものには、機械学習を用いた画像認識Webアプリケーションなどがありますけど、これを仕事にしたいとは全く思っていません。

自分は飽きやすいので興味が無いことを始めたとしてもすぐにやる気が無くなります。多分、半年ももたないと思っています

からこそ、少しでも興味のあるゲーム業界を目指しているのですが、現実はとても厳しいものです。

自分がやりたいことも割とここ数年の間にコロコロ変わっているので、ゲーム業界就職したとしても5年10年後には多分違うことをやりたいと思っている気がするのですが。


あと、もう1つ悩んでいることがあります。勤務地です。

B社を志望していたときは「絶対東京がいい」みたいなことを考えていたのですが、落ちてから冷静に考えると「別に東京じゃなくてもよくない?」ってなってきています

正直、東京はたまに行く分には楽しいのですが、住むかってなるとなんか違う気がします。

ただ、イベントとか趣味関係(B社の某アイドルゲームですw)を考えると東京近郊に住んだほうが楽なんですよね。

今は実家の近くである大阪を中心に会社を探していますあんまりないんですけどね。

いっそのこと全然違う場所就職するのも面白いと考えています。例えば、金沢にあるD社とかはエントリーを考えていたりします。

どこで就職しても難易度はあまり変わらないとは思いますけど、東京よりかはちょっと離れた場所のほうが楽なのかなとかは思ったりします。


さて、ここまで色々書いてきましたが、多分殆どの人が「こいつ、文章書くの下手くそだな」って思っていると思います自分でも思っているぐらいですからw

文章力が無いとエントリーシート書くのもなかなか辛いんですよね。

てか、自己PRとか志望動機とかってどうやって皆さんひねり出しているんですかね。正直、第1志望以外はほぼ適当に見つけた会社なので、志望動機なんて書けないんですよ。

エントリーシートを書いていると自分が今までどれだけ何もせずに人生を過ごしてきたかがよく分かります


結局、自分がやりたいことを見つけることが出来ず、特にこれと言って特別なことをしてこなかった人には就活というのはとても辛いものということを少し実感しました。

就活なんてまだ始まったばかりなのに何言ってんだ、こいつ」と言われるかもしれません。ですが、第1志望をすでに落ちている身としては今後の就活なんて消化試合みたいなものです。やる気なんて全く出ません。

親に言われた通り、院に進むのも手だとは思っているのですが、今の研究室でやっていることを院に進んでまでやりたいか?ってなるとやりたくないです。

研究室も割と適当に選びましたからね。正直、結構後悔していたりします。ゲーム開発に全く関係の無いことですし。


新卒採用なんて人生で1度しか経験出来ないことなので、色々飛び込むのもありなんですかね...

2019-02-13

池江選手24時間テレビみたいな気分で応援してる奴は脳の容量が少ない、自己PRすり替えてる奴はクズ医療福祉利権関係者残酷。駒としか見てないことを正直に話す桜田は正直者。

スポーツ選手ほとんどが20代中盤か後半から人生下り坂になる。

歳を取って鬱や依存症貧困問題に陥らず充実して生きられる確率の低さを考えると、自然死ねる時に死んでレジェンド扱いされることは悪くない話だと思う。

うさんくさいイケメン

今回「青汁王子」なる人物逮捕されたというニュースを見て、初めて彼の存在を知ったわけだけど、コイツ見るからにうさんくさくね?商売とかやるときは、顔立ちが整ってるかどうかよりも、「この人から買いたい」と思わせる信頼感と愛嬌大事だと思うんだけど。個人的にはジャパネットたかたの前社長とか好き。なんか「高田社長オススメなら買いますよ!」って言いたくならない?まぁ実際のところそんなにジャパネットで買い物はしてないけど、少なくとも青汁王子のところから買いたいとは思わない。

あと、政治家でやけに若くてイケメンなのもうさんくさい特に「まだ30代!」などと若さアピールするのとか「○児の父」とか、個人的属性しか売り物のないヤツはダメっぽく見える。申し訳ないけど、こういう時は学歴効果絶大。特に今まで政治家として実績のない場合、「東大法学部卒」とか「早稲田政経学部卒」とかいうのは効くね。「弁護士」とか「元○○省キャリア組官僚」みたいな頭よさげ資格や経歴も頼りになりそうな気がする。整ったカッコいい顔よりも柔和で信頼感を感じさせる顔とか、頭良さそうで頼りになりそうな顔の方が有利じゃないかと思う。具体例思いつかないけど。

個人的には嫌いだけど、選挙活動自己PRうまいなと思うのは橋下徹。お前結局大阪府大阪市をさんざんかき回して何を残したのって感じだけど、弁護士という賢げな資格を持っているうえに物議を醸すような発言をして、「この人なら何かやってくれそう」と期待させる能力天下一品だと思う。

結局政治家能力判断する手段ってほとんどないかイメージ知名度選挙なっちゃうんだよね。それにしても小池百合子の「12のゼロ」とかい公約アホだよなぁ…。「花粉症ゼロ」とか「満員電車ゼロ」とかやれるもんならやってみろって感じだし、「原発ゼロ」って都知事権限であれこれできるもんじゃないだろう。あの都知事選で小池百合子が勝ったのは、彼女知名度が高いのと、自民公明が推薦する候補を間違えたからとしか思えない。

2019-02-06

雇用保険貰えるなら職業訓練行くと元気になる

毎日学校通って勉強すんの

コースによっては3ヶ月〜半年や年単位のとかもある

久しぶりに勉強するからなんか結構夢中になって出来るの

知らないこと知るってことがとてもいい事してるように感じてきて元気になる

んで資格とかも取れる

資格取るためにも勉強するの

取れなくても一生懸命頑張ったことに変わりない

それが既に自己PRとして書ける

頑張ってきたことがアピールに繋がる

転職出来そうな気もしてくる

就職支援として履歴書の書き方とかも教えてくれる

ネットで調べれば分かるやんって思うけど添削もしてくれる

勉強しながら書類添削もしてもらえる

行った場所勉強添削と2つのことが出来る、一石二鳥

そしてお金が貰える

毎日真面目に通って勉強してるだけでお金貰える

学校通って偉いね勉強して狙いねお金あげようね〜ってなんかもうヨシヨシされてんのかって思えてくる

コースによるけどその期間はお金が貰える

教科書代と試験受験料だけ払ったらあとは払うものない

逆にお金貰いながら無料学校通える

私が行ってたところは先生も(クセが強い人もいたけど)優しいしクラスメイトにも恵まれたからめちゃくちゃ楽しかったし頑張れた

資格取れたか自己肯定感高まったし今就活中で早く見つけたいって焦りはあるけど精神は安定してる

自分がどれだけ頑張ってどれだけ成果を出せたのかが分かったのもあるからだと思う

マジで行ってよかった

2019-01-05

anond:20190105183413

とりあえず身長年収自己PRありましたらお願いします。

あと結婚したら私にオタサーをやめて欲しいと思いますか?私は続けたいんですけど、渋い顔する人が多いんですよねー

2018-12-30

自分」を説明するのが苦手

説明能力は人と比べても高いほうだと思う。

今までも人に勉強のことやら何やらを説明して、「わかりやすい」と言われたことが何度もある。

ポイントを整理して話して、相手の反応を見つつ、

理解しづらそうに見えるところは厚めに説明して、

「もうわかってるよ」みたいなリアクションだったら、適度に割愛しつつ話す。

いわゆる説明が下手な人、という枠には入らないと思っている。

ところが、「自分」を説明する機会になると、途端に困ってしまう。

たとえば自己紹介とか、就職活動自己PRとか。

趣味は割とコロコロ変わってしまう方だし、似てる芸能人みたいなのもいない。

すごく明るいわけでもないし、ヤバいコミュ障という感じでもない。

普通」と言われることもあれば、「ちょっと変わってる」と言われることもある。

キャラ立ちに悩んでる、と言われればそうなのかも。

こんな悩み持ってる人他にいません?

ググっても普通説明が下手な人へのアドバイスしか出てこなくて困ってます

2018-11-28

インハウス就活のすゝめ

底辺司法修習生によるインハウス就活のすゝめです。

 

Not for you

 

For you

1.就活開始

9月は飲み会で忙しかったので10月から就活を開始しました。

意識が低すぎて弁護士会主催の合説には行きませんでした。なんとなく……。

就活に利用したのはdodaMS-Japanひまわり求人コネです。

前二者はネット登録したあと対面のキャリアカウンセリングに行きました。

行ったあとで気が付きましたが、カウンセリング私たちクライアントへの紹介に足る人間かどうかをチェックする場だったっぽいです。

面接よりきっちりした服装で、面接よりしっかり準備して受け答えするほうが良さそうです。

ジュリナビキャリアにも登録したのですが、電話カウンセリングで「万が一来夏まで就職先が決まってなかったらまた来てね」と言われ、門前払いでした。

dodaでもMS-Japanでも「再来年1月の就職でいまから活動をはじめるのは早すぎる」と言われましたが、結局いろいろ紹介してもらえたのであまり気にしないで良いと思います

2.服装

就職活動なのか転職活動なのかよくわからない立場ですが、年齢的には転職活動なので、

といったところでキャリアアドバイザーの方の装いを少し固くした感じにしてみました。

もっと服装の細部はまったく見られていないような気がしました。きれい無臭ブラックスーツさえ着ておけばほかはある程度までは許されそう。

3.dodaMS-Japanひまわり求人

doda
MS-Japan
ひまわり求人

4.コネ

ふだんから周囲に「インハウス志望です」と言いまくっておくと、思いも寄らないところから引きがあったりします。

5.応募

転職サイトを通じた応募はボタンを押下するだけなのでめっちゃ楽です。

合格10月11月就活は予想以上にお祈りされるので被りは気にせずやたら応募しまくるのが良いと思います

条件面では「実務経験3年」などは無視して大丈夫ですが、「製造業界での知財実務5年以上」など詳細なものになってくると未経験者が応募しても無意味だったりします。

応募する前に公式サイト最近の業績を見たり「カイシャの評判」や5ちゃんスレなどをチェックしたりしたほうが良いと思います

社内に弁護士いるか/その弁護士は何期でどこのロー出身か/弁護士がやめまくっていないか/ここ5年の業績・株価はどうか/

なぜインハウス募集しているのか(清算訴訟一時的対応係ではないか)/業界の将来性/残業の量

などが自分に合う企業かどうかのチェックポイントなのかなあと思います

6.書類

履歴書と経歴書を用意します。

経歴書は、A4・2~3枚と言われていますが、A4・2枚を厳守したほうが良いと思います

字数を気にせず書いたものを2枚に収めようとすると、どの項目も触りの部分だけを記載することになるので、面接での質問のとっかかりになりやすく、自分としても一度まとめているので話を広げやすかったです。

なお司法試験受験者は経歴書を答案のように書きがちですが箇条書きのほうが良いような気がします。箇条書きの経歴書を「読みやすい」と言ってくれた面接官がいました。

箇条書きの項目は、

など。

志望動機は、

など。

志望動機を書くに当たっては「みんなの就活」がかなり参考になります

とにかく経歴書全体で平仄が合っていればなんでも良いんじゃないでしょうか。面接矛盾したことを言わないよう自分の中にケースセオリーを作ろう。

7.面接

新卒エントリーサイトに目を通し、1分くらいの自己紹介とそれらしい志望動機を用意しておけばあとは流れで大丈夫だと思います。とにかく謙虚に明るく……。

企業なんて星の数ほどあるので変な面接をするところには入らなくて良いかな……という気分で受けると楽です。

8.雑感

 

以上です。

わたし就活をするに当たってひとりで悩みまくったことをまとめてみました。

2018-10-25

anond:20181025232032

面接性格自己申告とかもうやってない気がする。人手不足無意味自己PRも廃れ気味。

2018-10-11

就活について

なんでみんなあんなに自己PRとか長所とか堂々と語れんねやろ

謙虚さがないよね。

ジャパニーズじゃないわ

だいたい自己PR ってなんやねん

協調性があります

サークルでは部長で日々団員をまとめました。この協調性武器に貴社でも成果を出す仕事をしたいです」

みたいなんばっかや

「性欲があります

サークルでは童貞で日々団員をオカズにしていました。この性欲を武器に貴社でも精子を出す仕事をしたいです」

とでも言え、くそ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん